スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ16「彼方より来たる」 その6

目次

995 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:17:22 ID:rEnq48Ke



                _,rュ_rュ,,_
             jI孑'⌒"´   ``v厂\
            _jア.         /   \`'~ヘ
.          f7     r―-  }  (◎) \ :i}
.          f7  ⌒Y厶\\.,_八~ヘ,__ \)
         / ≠ヘ {_,   \\~'\______フ
        //  /_ノ    とつ{      ヽ
      / ./    ∪      ,/≠^ヽ      ',
.     / ./⌒ヽ.          i!   `'!      ′
    { 廴ノ }.          i! ⌒ミt、 '!       ,
.    `ァ‐‐ァ'′.         i!      '!     ′
.     /   i{          i!  ;j抖=ミki|     ト ,
     i ,/ 圦     i    :i!   {r':::j:次!    | } i
.    j八        l    i!   弋ーツリ;.    jレ゙|   いあ! いあ! こんばんはー!!
      ハ ,  '、   |   i!    `¨¨./ ./    .八|
.      j,ハ、 \ |  :i!  '    //  //./
        厶\ 、|  i!.,_ _.,. ー=≦ァ'/イ/V
       _fニニム jI斗rセユ_ (ヽ厶≧x彡仁ニ=x
     fニニ抖r≦ニ≠ニ>く_|fニマムニニマニ込xニユ、
.     x≦ニ{ニニ≠ニ≠ニ7]ニニム_ムニニニマァニムム
    }ニニニ込≠ニ≠ニ7ニ|ムニム_ム二xf仁ニニニム
   _厶ニニニ仝kニニニニ7ニ=|_ムニム抖r今ニニニニニニト、
.   /ニニ}ニ7ニニニニ≧=‐-=ニ辷ム孑仁ニニニニニニニ二ム
  /ニニ7{ニ7ニニニニニニニニニニ{辷ニニニニニニニニニニニニニニム
. |ニニ7=}ニニニニニニニニニ二ア=仝kニニニニニニニニニニニニニニニ
. |ニ7ニニニニニニニニニニ=孑ニニム=≧ニニニニニニニニニニニニニ
  マニニニニニニニニニニニニjニニ二ムニニニニニニニニニニニニニニ}
  ムニニニニニニニニニニニニ7ニニニニニムニニニニニニニニニニニニ二}




1001 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:19:27 ID:rEnq48Ke



                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__
                /              _       \
                /      / ̄     /     ヽ
                /               /     _ミ}_    \
          /       /              /¨¨¨¨ヾ \     \
          /         /     /     /     \         \
            /            /     /         \ \
         /  /      /     /     /                 ’
.        /  /                  / ゙ ' ―-      ¦ ¦
       /  /                  /            |       |
.         ,イ       ¦          /      __      |       |
      { /|            ¦   |    ´___   | |    |
     /' |            |   |   〃 ̄ ̄ ̄㍉,    |
      {                      |          ,乍ミ、 ¦  l   !   ¦  さて、エンディングから始めていくよ。
       ` ¦                 |       { ///】  } /  ¦
                          人        乂/ル' /∧   /   /  ・・・・ただ、今回、シュヴィ以外、精神か肉体か両方の
          \               |   /        `ー―‐’ 7 〉 /'i  /
          \            从////’/////////////// / / レ'     損傷で病院送りだけど。・・・・どうしよ、これ。
.            И       /                 _彡ハノ/ /
             \     /                  ム  |/
.                \  {        /丶        /二≧ ,
             /二\ ト 。             __ ,≦二二二 ≧ ,
               /ニニニニニ≧ ,      ,イニニ㌦二二二二二二ノ
.              〈二二二二二二ニ アー,≦二二二二\ニニニニニ!
              >―――‐/ ̄ ̄/二二二二二二二\二二二_」\
                /二二二二/二ニニ/二二二二二ニニニニニ\二ニニニ\
            /二二二二/二ニニ/二二二二二二二二二二二\ニニニニ}
              /二二二二/二ニニ/二二二二ニニニニニニニニニ}ニニニニi
.            {二二二ニ/二}二{二二二二二二二二二二二二二|二二ニ ¦
           |ニニニニ/二{ニニl二二ニニY二二ニニニニニニニ|二二ニ |
           |二二ニ/ニニ|ニニ!二二二二\二二二二二ニニニ|二二ニ 〈
           |ニニニ|二ニ |ニニL二二ニニニ\二二ニニニニニ|ニニニニ〉


1002 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:19:46 ID:rEnq48Ke





                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘





1003 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:20:15 ID:8K+MKgzD
いあー 警官のマミさんは現場復帰できるのか否か

1005 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:21:58 ID:R/iRxCDi
元のSAN値が低かったうえに激戦だったから……

1006 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:22:26 ID:EjcyCZ0l
むしろpc全員生き残ってるのが奇跡なレベルなので


1008 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:23:35 ID:rEnq48Ke


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│                                                           .│
│西園寺 世界の始めた個人ファンドは結局、第1回のファンド計画が立ち消えた結果、     ......│
│                                                           .│
│頓挫することとなった。                                             │
│                                                           .│
│彼女自身、最後まで納得しておらず、ぎりぎりまで募集を続けていたが、初回の見学者から   ..│
│                                                           .│
│行方不明者が出たこと等、不吉なことが続いたため、買い手がつかなかったらしい。       ..│
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘


                 ,. -‐- 、
                 /     \
              /          ヽ _ ,......, _
                '      _,...ィ:':.:V:.iヽx:.:,、:.:.:.:`ヽ
                  ,.:.:':.:/:.:./:.:.:i:.:.:.:ヽ:.:`ヽ:.:.:.ヽ
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.∧
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:ハ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:i:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:',
.              /:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.i:.:.:i:.:.:./:./i:._;/L:.:.:.:.i:.:.:.:.ハミ!
            |:.:.:/:.:./:.:.i了≧x、i:.:.:i;:ィ≦/  V:.:.:i:.:.:ハ:.:|:|
.              |:./.i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i  \:.:.{ /:'乍ミぇ!:/i:.:.i:.:i:.i:.!
                V i:.:.:i:.:.:.V:.i._  ヾ!   ir';;;:リレ i:/、:レ:.:i              【その後の彼女】
                V゙ V:. ト '' ̄`'    弋_ジ  /ノ .}:.:.:∧_             【【1D10:2
                     \ヘ    ,          / /:.∧: f ヽ            1-3 怪異関連には懲りた。地道に堅実に行こう。
                 i:.:.ヘ   、 --      /~:.:.:.:.:.:∧:| |                 4-6 絶対に一山当てて、本家を見返す・・・・!
                    /:.:.:.:.:.丶. ゝ- '  .ィ.} `<:.:.:.:.:.:/ .{_ ,... -―- 、     7-9 手段は何でもいい。本家に痛い目見せてやる・・・・!
                i:./i:.:.:.:.i:.:., >r.< /    ./;;i'Y  ヽ_,..,_  _,,.. -‐'        10 佐比売「ウチで働きませんか??」
                i/ V.'"´   i'ク /  .i.   /;;i/.{  f"´  `ヽ
                     ,.ィ::i       |  /   i.   i;;i/ ハ. {` ゙̄`'' /
               /::::::::|.      |. /      i;;i.i  {ハ弋`'ー  /
              /V::::::::::i./ ̄ヽ,z.i/ ̄'ヽ     i;;i ',  ヾ`''ーァ―'
             /  V::::::/.{:.:.:>{ニ}<:.:.:.:}`7t-、,i;;i ヽ  ヾ=‐''´/
           /    V:://:.-:.‐7o.ト、:.-:.‐ゝi .i. i.Vハ - 、     /
           , '       .V{`ヽ--''{o{ Vー‐'´ .{. { .i .}:::ハ.  `ー!´
        /   \     ヽ {   {o.{       |. | |/::::::ハ  ノ!


1009 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:24:12 ID:EjcyCZ0l
ある意味一番幸福やで

1010 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:24:21 ID:R/iRxCDi
おい10w

1011 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:25:01 ID:aZ69xVJC
長生きするタイプやな


1014 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:27:26 ID:rEnq48Ke


┌───────────────────────────────────────┐
│  しかし、怖い目にあって懲りたのか、危険な橋は極力、避けるようになったようだ。       .│
│                                                         .│
│ もともと金儲けへの嗅覚は優れた女性だった。                           ..│
│                                                         .│
│ 賭けに出られなくなったこともあり、大きな儲けは至難の業だが、確実に資産を増やし、   .│
│                                                         .│
│ ひとかどの人物にはなるかもしれない。                                │
└───────────────────────────────────────┘

                 , -- 、
                 /    ヽ
              /        ,ヽ-‐===‐.、
               {    ,ィ:.´:.:.:.:.:.::.:`:.:.:、:.:.:ヽ
              '、  /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.∧
              ,.':.: /:.:/i:.:.i:.:.:.:.i.ヽ:.:.:.:.:.:∧彡'、
                /:.:.:/:.:/:.:i:.:.i:.:.:.i'了≧ト.:.:.∧:.:.:ヽ
                  i/i:/:.:.:i:.:,イ:.:.i :./ 乍心 V:.:リ:.:.:.:.:\
                {ハ:.:.:i:.:if示V.  ヒzリ }:./ヽ:.:.:.:.:.:.:\
                     V:.i∧ ヒリ    ̄  i/.ノ:.:.:.:.r、:.:.:.:.ヽ、
                     ヾゞ:ヘ ' _ , u  イ!:.:.:.:.:./ /:;>´ィ゙:、
                       |:.へ、    イ  |_:.:.:/ .r'´ .くニ‐'フ
                       |:ハ:.:.:.:`:´:! ィ   ヽ| i ヽ 、 <_
                      V. \:/´   ,..ィ,ノ!     ,-、>゙
                     `>'´   /:::::::|゙>-==<x ゙ー'
                     fニ弐   ./:::::::/|        |
                 伝丞込x,/::::::::/ ,.|       .i
                      少三V//{::::::::::i,ィ'´,-|      |
                    Y  i i i |::::::::∧'´  .}       |
                    V i,レ'´V::::::::::ヽ ./       .i
                   Y´i:::::::::::ヽ:::::::::::|.弋        }
                       |::::|::::::::::::::}::::::::::≧:ヘ       /
                     i::::!::::::::::::::!:::::::::::::::::::>x  /
                    i:::i:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::i `´
                    {:::!::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
                     {:::i:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::{
                  ,':::i:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ハ
                      ,'::::i:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ハ
                     ,':::::i::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::: ハ
                    ,'::::::i:::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::: ハ




┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 彼女自身、理由も経緯も話さなかったが、毎年、どこかへ花を手配していたという。               .│
│                                                                  │
│ 周囲は色々と噂をしていたが、最期のときまで、彼女が誰に花を贈っていたか、知る者はいなかった。   .│
└─────────────────────────────────────────────┘


        _,. -ー- 、、
      /       \
     /          _>、_,ィー-- 、,_
      |      _,.-‐'"/    ヽ   `ト、
         _イ´/        \     \
        /  /       :    \:.     ヘ
       /      |   :.:|  :| |\:..  ヽ、  :.:∧
.      /  /  / :|   :.:| -┼--<_   |:.    i,
      l .:/ :.:| :..|/ :.:| :.:./-ェ,_  '|:.:.:.|:.:.:|:.、 ヽ
      | ./! :.:.|:.::./\ :.:.|:../ イi爪心、|::.:.:|:.:.:|:.}\::.\
      || |  :.:| :.:.:|r'示Y:.!/  {l:.O:リ //|:.:/V  \_)
      |{ l   :.| :.:.:l{ ヤo:}\   `-‐' /   jレ' 人..    `ー─-- 、、
      ヽ \ V :.ヘ Vノ          x_/:.:..\:..    \   )
.           \\∧  '           /.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\..   \
           / l/:.:.ヘ、  ⌒     イヽ.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:..  |
            | /|:.:.:..:.:.> 、    _.    ∨:._\:.::.   \ \: |
           | ヽ:.:.:.:.:.:.:.\>'"i    / ̄   \\  ) )  )
          |  \ \:.:. \ /〉 /   ___,,.イ:\. /./ /
.            |    \  >'/ <     /:::::::::::::::::::ヘ / 〆
           \ v-、, /_イ、     /::::::::::::_>‐--ヘ
            /  V⌒~  〉    /::::::::_>'"     i}
            {ヽ ノ弋__ノ 〉    /::: /           |
          // ハ \  __>‐┬┘:/   /     |
         . // /人. ヘ /    |::::::./   /        j
         / レ-‐''" } )/     !:::::.l /        /
          〈     l./       |::::: |/           /


1015 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:28:34 ID:8K+MKgzD
保身に走ってたけど、事件を通して一皮剥けた感じがするね

1016 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:28:37 ID:oVlBi9i2
かぐや様と敵対するのも面白そうだったがこれもよし

1017 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:28:45 ID:EjcyCZ0l
まあ、どうしようもなく悪辣って人物ではなかったからな
良くも悪くもcoc世界では普通すぎた


1018 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:29:04 ID:rEnq48Ke


【一方の吉良 吉影】


                       ____
                      /    ̄ ̄≧x
                  ___/ ─‐、 二ニ=- ≧x
             /// ,ィ77Tl!∧   =‐- 、\\
.         ,. -‐=ニミ{ l/////jル'^V ヽ---=≦、\ ヽ\
      / ,z==ミヽV 从ル'"    ヽ-------、}\\ \}
.      / l / / 三三ミ/'         ,. ─< ∨ヽ =‐--、=ミヽ
     { l ノ{ 〈 (に'         // ̄`ヾ j三=--ミ、\ヾ ,
     乂{jl\ヽ \   {   i´ / / __,. -─  \ ヽ__\__ヽ i    【【1D10:8
.     { l|ヾミミソ }  )   ヽ人、/ / / __,xく"ラ     ,ォ=ミ、,--、ハ
.     人 ヾ.// /{___   l {し'   ノ rf::タノ      / }ミ、/   V   1-3  真面目に働こう。
.      `7/ i /     __  `'^   ´ ̄^`      /  ヾ/ /ヽ ',  4-6  怪異への狂気から金を集めようとして、とちった。
       |l l/l  r‐ == \      ̄      │     /ヽ ‘,i   7-9  純粋に不正でやらかした。
.       /|l /,∧ l /  ,ィニ, |'"´ ヽ            l    i  } i│    10  魔術師になった。
     |l lリ〈i{ |l/j/ ア rfリ |/ ̄ __            !     |  ノ //!
     |l \ \ミ‘, ´' ̄ \  `7            :.     !__//jリ
      乂==\_ ̄∧.      \/   ____,.   :.    l__/ |
         ̄ ̄ `ヽi∧       __// ̄          j    /\ ____
               }リ ヽ.     /ー‐'   ,        '   , / /        | ̄ ̄
           /  / \.      _,ノ ̄          , ′ ///,       |
             ヽ ^ヽヽ                / /// /          !
               \ ー\      ___   ///// /        |
                ` ー‐\ /: ̄: : : : : : :`7 /// /          |


1019 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:29:51 ID:oVlBi9i2
ありゃー

1021 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:30:35 ID:R/iRxCDi
やってしまいましたなぁ


1023 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:31:10 ID:rEnq48Ke


┌──────────────────────────────────────────────┐
│銀行員 吉良 吉影。彼もまた、日常へと戻って行った。                                ....│
│                                                                    │
│しかし、精神の均衡は崩れたままであり、徐々に周囲から不安視されるようになった。               ..│
│                                                                    │
│結果、今まで目立たずに立ち回ってきた不正が発覚。窮地に追いやられた彼は職を辞することとなった。     │
└──────────────────────────────────────────────┘


                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ
                         ___/==一  ー=ミ  \ \ \
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }}
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=ミ
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ }
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 <⌒\ }{,/^^⌒Y⌒ヽ}八
                   }乂________彡' /  } }^⌒´    ::  |⌒) |/
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ /   J   .::  {_/ 丿
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.... U ::.. ノ}{(´
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{ )〉〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}(: |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉


1024 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:34:21 ID:rEnq48Ke


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ マリア・カテンツァヴナ・イブ。 彼女は空鬼との戦闘で重傷を負い、入院することとなった。         .....│
│                                                                  │
│ 全治【【1D20:6】】週間。重傷である。                                             │
│                                                                  │
│ 仕事については「休んでもいい」と言われているが、どうせ溜まった仕事を押し付けられるだけなので    .│
│                                                                  │
│ 何故か傷のない胃が一番痛いマリアだった。                                          .│
└─────────────────────────────────────────────┘


              _.
                l\ヽ., . .,___. _  _ _,../,;:l
               †;:;\-‐-ノ.:.:.:. ̄. ̄.; /;:;:†:l
                 ;/ .:.:.个:.‐:‐:‐.:丶、\.;::/
                 ./:.:.:.:/.:{.:.:.\:.:.:.:.:ヽ:.:.:,.\\
              /:::,''/:::/::::|::ヽ:::ヽ,::::::',:ヽ:::::.ヽ ヽ
            /::/:::(::|l:::::|:::::::::ヽ::ヽ ::|: :::.):::)⌒):}
           l ::(::::(::::|l: ∧ヽ ::`ト-ヘ:|ヽ-|_ノ|,人:|
             '、::::l::::|:::l|-孑ヘ:|\| 三三.Ⅵ:::::|、:.ヽ
               |.::∧:l:小.=彡     |  | l|:::::l::ヽ:.ヽ
               ヽ{ハξヘ| │ x.   |  | リ!:::|:/l:∧:.ヽ  く
          く   \マ:个ーtz‐r-r=彳´「∬厂  ̄`\ヽ  す
            す    /::^∬《ヾ┃ /》/´| ∬. . . . .   〉ヽ  ん
             ん  .:/;:/ ∬ .{.ヽ ,./ }. . . _.´∬. . . . ..、:. ハ  :
              : . /;:∧;:∬/⌒ヽ/  ̄`ヽ∬\  .|:.:\∨
               ノ..::.::.::.::∨   /      j〉==ミヾ/:.:.:;. j/=-
             ,.:;⌒つz//レ─-、|     .,/    }斗─-'-`.;\
          ::.:∠.::.::. . :7{」___,,」,___  /    /゙寸_》\.::\:―.::.:._
.        ⌒Z_∠:-=っ/{ ~X ̄ {^ X ̄¨`{-一'´  八___》\-、.::-`
          /:.::.::.:://{__X____.{._X_  ∧     /小、 ̄  \>\
               _/></>< `トイij}___/ノ
              /__/___ ノ ヘー---‐'´
              {__{_____jz=‐┘


1025 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:35:06 ID:R/iRxCDi
全治一か月半か。
その後も通院とかあるだろうからなぁ

1028 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:36:43 ID:lIUih0bI
マリアさん…(ホロリ

1029 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:36:53 ID:oVlBi9i2
マリアさん重傷だ
キャルちゃんがヤバそうだ


1032 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:39:21 ID:rEnq48Ke


┌───────────────────────────────────┐
│ 残った彼女たちのことを語るには、まず、彼のことを知る必要があるだろう。    .│
└───────────────────────────────────┘



                          /ニ `ー - <
                    >- - 、}ニニニニニニ l- <
                _  」ニニニニニニ.\ニニニ ヽニニ .∨
                 `Yニニ }ニニニニニlニニ.\ニニニ\ニニ.|
                 | ,ニ/ ニニ l\ニ |',ニニ.\ニニニ',ニ l
                 , /ニニ./ニ / _\l ',ニヽニ .\ニニ ヽニヽ
                   //.ニニ {ニく´    } ニ}ニニ }ニニ`ミ、丶∨
               //ニ`} ニヽニ.゚.    ノニ.人.ニ 人ニニ} 、.Y
               .'/lニニ/ニニ∧ ニ/  くニ.〈 _{ニ}.ニニニ ∨
               {' .{ニ{ニニ. ̄_ヽ  `}/ __} / /' }ニ .〈
                 `ヽ ヽニく.´「 ̄「`  { くア'L ノ_ヽ /  }ニ }
                 人 {`Y 入_ノ_   `ヘ{  ̄ ̄ }'  .lハ}
                   ヘ{ l      ,          / .∧
                      ∧    〈{        /-<
                        、   __   7   , }.∧{
                        \         ./  }' l }' >-  -<
                          「 ヽ     / ̄\.  |_/: : : : : : : _ > 、
                       _ l /   -<     \: : : : : : : : :/: : : : : ∨
                _ -― < ̄: : : :「/,            \: : : : :./: : : : : : : : :∨
          >-< : : : : : : : : : : : : : : : {/ ,              \: :/: : : : : : : : : : :}
          ,' l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ .く  ̄`ヽ.           ヽ: : : : : : : : : : ∧
          ,': :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :47` 人: : : : :.>- _      ∨: : : : : : : :∧
          ,': : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :47 : : : : : : : : : : : : : : `l     l__: : : : : :.∧
          ,': : :.l: : ./: : : : : : : : : : : : : : 47 : : : : _: : : : : : : : : : |     |  > 、∧
       {: : : .l: / : : : : : : : : : : : : : :..47: : : : {ニニニニニ}: .| ̄ ̄ ̄ ̄: : : _.l: : 〉
       l: : : Ⅳ: : : : : : : : : : : : : : : :47: : : : : : : : : : : :  ̄: : |___: : : -: : : : : | {´


1033 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:39:56 ID:oVlBi9i2
慎二…

1034 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:40:34 ID:HZQHQndG
いいやつだった


1035 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:42:03 ID:rEnq48Ke


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│ 間桐 慎二。 彼は洋館での見学中、何者かに襲撃され、連れ去られたこととなった。               │
│                                                                    │
│ その際の交戦にてキャル、マリアが重傷を負い、マミが発砲して撃退したこととなった。              │
│                                                                    │
│ 彼の所在を追うために警察の調査が入ったが、手掛かりは遥として見つからず、やがて            ....│
│                                                                    │
│ 迷宮入りとなった。彼の生存は絶望視されている。彼については様々な噂が飛び交うととなったが・・・・。    │
│                                                                    │
│ ―――真実はあの場にいた者のみが知っている。                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘



.      ∧::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::: |::::∧::: ////|:::::::::::: l ::: |:.
       Ⅵ ::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::: |∧` ∨///∧:::::::::: |::::::l:::::::::::: |:::::::::::::::{
        Ⅶ ::::::::::::: / :::::::::::::i:::::::::|´: : :`´ : : : :..|::::::::::ノ ::: | :::::::::: l ::::::::::::∧
.         |:::/ :::::::: / :/:::::::: /| ::::: |: : : : :    .: :l::::::: l :::::: | ::::::::::::| ::::::::::::::: 〉
      / ::::::::::::::::: /:::::::: /. | ::::: l: :      /:::::::ソ:::::::::{、 ::::::: l ::::::::::::::/
     /::ノ ::::::: /::/:::::::: / ヽl ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,... -‐ 人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ - 、 l::/`.     ´〉/ - __/   `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソ-=z___{´      /′,イ´ ̄¨`ミ、  /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ//¨ ̄ ̄`゛        ″      ¨  /ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /¨         /l            //  l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|            /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :   .r-     `     、      /  ./
           ヽ  ',: :     丶f==========ソ     /  /
            ハ、_、: .     ` ̄ ̄ ̄ ̄´      /イ¨´
               }::.. : .              /::::}
               lハ:: l` 、            < l::::/
              _lハ|::::::>. 、       <    |/
             「ー.. |::_:::::::≧ 、 ≦.       l― - 、
.               |: : : : ̄|::::l>..― - ― ――.┴ ´  |
.               |: : : : : :|::::|::::::|                |
            , <´ノ: : : : : :|::::|::::::|               l
          : : : :{:. :. :. :. :.|::::|::::::|               廴
              : : : `ー -=-.|::::|::::::|      _  -=   ´  /L
            `ミ、   〈:::〈::::〈_ -=  ´  _   -=-  _/
           .: : : .     /:::/::::/ _  -= ´ -=-  _-=´
              `ミ、./:::/:::/   /
                   |::::l:::「   ′


1036 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:43:50 ID:R/iRxCDi
慎二が押してくれなかったらマジで全滅もあったろうからなぁ


1039 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:47:07 ID:rEnq48Ke


┌───────────────────────────────────────┐
│巴 マミ。 間桐 慎二 行方不明事件の当事者のひとりであり、警官でありながら、     .....│
│                                                         .│
│みすみすと彼を攫われてしまった。しかし、重傷者が複数出ていたこと、発砲してもなお、   ..│
│                                                         .│
│捕らえられず、その後の調査でも影も形も出ないことから組織的な犯行と判断。        ...│
│                                                         .│
│むしろ、死傷者を最低限にとどめたと評価され、処罰を受けることは免れた。          ..│
└───────────────────────────────────────┘


                    _,>'´           \'//////,|
                     ⌒>'´/                  \//// |
                   /   /          }    |      ヽ///
                 ∠   ′   l     /   /l   |     ∨
                   /    i     -|- /|  /  |        | |
                ′   |     }/}i/  }/   ̄「  /     | |
                  | /  }iィ'  イT心      ⌒}iィ′     |
                  }iィ′/| ∧弋り     下てハ |  |  / |
                    }i/  }iイ |゙゙゙゙     弋ヒzリ }  |/  ̄ ̄ ̄|
                 | ̄\  ∧  ′     ゙゙゙゙ 厶 /    __,」
             __|    \| \ `  ´     /}イ   /  /  ̄|
             {     \   \_,」≧r=-  --イ  {_|   / ̄/   /
              \    \__ r‐´ |_厂 ̄ ̄ _/ 〉-<=7′ / ̄ ̄|
               / ̄ \___} / / 「]\  「7:::::∨     {__,/  _,/
              >ーァ┘    {__/ 7 イ'|\\{7::::::::::\     /\_{>― -- 、
             |  /      /   / /:| |  \}\::::::::::::厂| ̄\    }   ̄`ヽ |
            }iィ′    ´   く_/ |_|      ゝ-イ__/   }ー‐イ      \{
                    {     i|             {       ̄ ̄{=- 、
                         八         /> 、          |
                     --イ::::i|> ____, イ::{   \        |
                          | :::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::: \   \___,丿
                          ::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __,  -――――――  ―ァ-
                       /∨:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                __/::::
                     ′ \::\::::::::::::::/  ̄ ̄        \            |:::::
               _      /    /\::\:::/                 \          |::::
.            /:::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄\/´      |              __       /::::
          |::::|       /        /        |\           _ ´:::::: \    /:::::
          |::::|      /            ′     _|    、      /::/ ̄ ̄|  /::::::
          |::::l__/             /    _/:::::::|    \   /::::/'|  _/\|/:::::/
          |::::|::::::::: \          |  /:::::::∠二|__  \,/::::/ | ̄    ー‐'′





┌─────────────────────────────────────────┐
│しかし、あの事件以来、物音がすると「空鬼が来た」という強迫観念にとらわれるようになり、    ..│
│                                                          ......│
│夜もロクに眠れていない。                                            │
│                                                          ......│
│アレ以後、彼女は頻繁に警察署に泊まり込むようになった。何故なら、そこにいるときだけは     .│
│                                                          ......│
│彼女は寝るときも拳銃を手元に置いておけるからである。                          │
└─────────────────────────────────────────┘


                                  _
                               ___} >=ミ____
                       -- 、    -、__∠   _(_/Χ_ノ、///\
.                  / ̄\\ \ 彡' ∧厶=ミ(_/(__/ -=ミ∨/∧
.                  Y⌒ヽ ヽ ハ i\  ∧\`7ィ´lノ -===ミ///〉
                       ∨ 〉 |\∨ニ=‐‐ミ厶ィ〃´  / ∧'′
                         `¨¨´  __i__ -=ミ∩|仞ヽフイ// //
                          /  __)フ⊆ニ》〉_   仞フ /イ ┐_
                          _ ┴=ニ二ノ r⊂ニ} \-=彡イ ノ ノ7 〉
                   _  -=ニ二〉〉ニ=-ィ」」 ̄\ノ  \ ̄ ̄Υ/ /_
                  -=ニ二二二二//二√::ゝ-- '  〉、__ - __ノ⌒V>〉
                -=ニ二二二二二二>'" ̄ ̄`ヽ:::::::〉-'_ -―‐ァ┐   〃 /
        -=ニ二二二二二二>''" {/    -―‐‐∨_´    ,///∧ 从(_
   -=ニ二二二二二二二>''"   / /  ∧∨       >┐///:`: : .、
 〃ニ三三いニニ二>''"     ///  / ∧∨   /  \|77: : : : : : : 〉
 {{ニニ三三ヲ〉〉>''"        ∨ /_/_/_∧∨ /  /: : :\:_:_:_: : : :/
  7入三>''".             / 〈//////\〉`7〉〉 /: : : : : : :.\:::i:/
  `                   `丶∨-i///∠彡'//≧==ミ: : : : : : : ∨
                          `ー―┘ ̄///,'/〉:i: :〉: :./
                           「 ̄ {/>''"//{:_:_/:/
                         __ >'"////////>'"
                        __/////////>''"
                      /´   ̄>''i"´/
                    /   /   し'
                   /  i /
                     {_/


1040 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:48:10 ID:R/iRxCDi
狂気残ったかー

1041 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:48:24 ID:EjcyCZ0l
リザルトで快方に向かうとええなぁ…


1045 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:51:51 ID:rEnq48Ke


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 傷が残ったのは彼女も同じだった。肉体、精神の両方に重傷を負った彼女は            ......│
│                                                            ....│
│ 大学をいったん休学した。 夜、魘されて飛び起きることもままあるが、恋人と共に過ごしながら  ....│
│                                                            ....│
│ 徐々に快癒に向かっているそうである。・・・・・見せかけは。                         │
└──────────────────────────────────────────┘



                    | \:~、、                   //.| :|
                    |   \: : >. : :  ̄ ̄ :  ̄ : 、、  //   |: |
                    | フ ̄ /: : : : : : : : : : :`: : : : : :\´r‐‐ァ、/ /
                      ァ  /: : : , イ: : : : : \ : : : \ : : :ゝ、  ヽ/
                       〈ィ/: : : //: : : : : : : : \: : : :\: : : :}  ノ'
                      /: : : :///: : : : : : : : : : : \: : : :ヽ: : ゝ.ィ'
                  /: : : :/ /: :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : : : |
                    /: : : :/ /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : '.: : : : : : : :|
                      {: : : :/ /: : {: : : : : : /: : : / : : : : :│: : : :!: : : !',
                      |: : : { {: : ∧: : : : /: : :/ ヽ: : : : :|: : : : |: : : |:.',
                      |: : : | |: '`ー、、 /,: /   __、: : : |: : : : |: : : | : 、
                      ゝ: : | イ てミx  ´´ ´ ̄  丶: :|: : : : |: : : |: : :',
  r''´`ヽ              /`| |', ゞソ      イて示ミx /: : : : ,' }: : |: : : }
   `ヽ_ノ',             /: : : :ゝ ', ' ' ' '  ,     ゞソ  / /: : :/ノイ {: : : :!
      |: : |           `¨´{: :{ : { : \、        ' ' ' ' ノイ : /: : : :ゞ|: : :│
      |: : |          ゝ: ヽ:\ : : \   ‐ -    // /: : : : : :,': : : : :|
      |: : |            /´ `i ̄ ̄|マ、` ー‐ ''  ´{/{: :/: : : : : {: : {: : : : :j
      |: : |         /    |    | \\ヽ   / ,イゝ〉、、: : : ヽ : : : : :/
      |: : |          |     |    | |. \ヽ}__/_/.│ |   |` ー- 、: :/
      |: : |          |     |    | | | /  ヽ | | |   |     i: : |
      |: : |          |__ノ|    | | / 〉 __ 〈 \ | |   |     |: : |
      |: : |           /     .'   | / : /     }: : :} .|   }     |: : |
      |: : |         /,.rッ rッ/ __|,/ : /、,、,、,、, }_ノ___ {    {: :│
      |: : |      ´ ̄ { /: :{´: : : : : ` ̄ . . . ! !. . . . .! !: : : : :',ー― ''{: : :',
      |: : |          ,レ': : : ',: : : : : : :| |. . . . | |. . . . .| |: : : : : }     ヽ: :\
     人: : 、      /〈: : : : : :', : : : : : | |. . . . | |. . . . .| | : : : : ' rッ  rッヘ : : ヽ
      \: \    /: : : }: : : : : : 、: :〈二| |. . . . | |. . . . .| |二〉:// ヽ .} \∨: : ',
       \: ヽ/: : : : : :}: : : : : : :}: : : : :| |. . . . | |. . . . .| |: : :/|: : : : : ヽ|: : :` : : : i
            / : : : : : : /: : : : : : /: : : : //. . . . .! !. . . . .! !: : {│: : : : : :/ 、: : : : : :|
´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : : ://ヽ : : : /: : 〈ニ//. . . . .//. . . . // : : | |: : : : : : {: : \ : : : !
: : : : : : : : : : : : : : : / イ_ノ: : /: : : : : ://. . . . .//. . . . //ニ〉 /│ : : : : : \: : ヽ、: :!
´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´   { : : / : : : : : : //. . . . .//. . . . //: : : / .| : : : : : : : : \: }、\







――彼女が本当は何を考えているか。それは、或いは彼女すらもわからないかもしれない。



                                                    r-=ニ _     _ _
                                                   ]:::::r'\i:i:ヘ-=ニ:i:i:ニ=- _
                                                 ]::广/i:i:i:i:i:,:i:i,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ニ=─=_
                                                   /i/:ii:i:,. '"~i/i:i:i:i:i:i:i!i:i:i:i:i:i:^;i:i:i:i(,. '^:/
                                                 /i/i:i:i,. '~,i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i!i:i:i:i:i:i:K:::::::::/
                                                ノi/:i:i, , '^i:i/}'i:i:i:i:i:/i:i:/}:i:}:i:i:i:i:i:i:∨/
                                                /i/:i:/ ,/:i/-= {:i:I:i:i:/i:I/=}i/}:i:i:i}:i:i:i∧,
                                                  /i/i:i/ ,/ij竓弌{:i:i:i:i/{:i炸弌ミ}i:i:i:|::i:i:|:i:i.
                                            ,'i/i:i:i,' ,i:i:i{:::,廴ノi:i/ }/:_ヒ ノ::}:i:i:/:i:i:i|:i:i}
                                            }i{:i:i:{ {i:i:i{:'" ̄ '" ,   ̄´~:}:i:/i:i:i:i:|:i:i}
                                                 :i}:i:i:| /:i:i:i:ゝ           /i:/ i:i:i:i:}:i:i:!
                                               :{:i:i::':i:i:i:i:i>    ` ´   ノi/}:i:i:i:i:i/:i:i:i|
                                             |',:i::i:i{:i:r ,:i:i:i:i- _  _ -i:i:i:/:i:|:i:i/}:i:i:i:|
                                                 \:\V/:\i:}  ^'ォ_r'^ {:/:i/:i:i/:i:i:/
                                                  \i\ゝ' , \{:::::::::}/^∨"'' ,i:/i:/
                                                ノ^/  ,/  /i} {i\  ',  , !〈
                                                 /:i:i:/  /  (_'  i}{i '_)  ∨| i|i<
                                           /:i:i:i:i:/ Y     i}{i     ヤ,/{:i\
                                             /i:i:i:i:i:i:/=-'{  _   i}{i    r-= .} / ̄\i,
                                          /i:i:i:i:i:i:/ ̄'"r '~  |\/{\/| iニ={/ニニニ/i:i\
                                             /i:i:i:i:i// ̄'∧.ニニ| |::::::::::|:::::::::::| |ニ={ニニニ/i:i:i:i:i:i:i:\
                                           /i:i:i:i:/i:i:i,∨/ニニ}:=ニ| |::::::::::|:::::::::::| |ニ=|ニニニ|i:i!i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                                        /i:i:i/:i:i:i:i:/ⅥニニI|=ニ| |::::::::::|:::::::::::| |ニ={ニニニ| |'\:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:iニ=-
                                       /i:/i:i:i:i:i:i:/  Ⅶ二}=ニ[ }::::::::::|::::::::::{ ]ニ=-=ニニ| |   \i:i:i:i:i\:i:i\__ _i:i:i:i:i:i:ニ=-  _
                                       /i/:i:i:i:i:i:i:i:i/   ,Ⅷニ,'ニニノ::::::::::|::::::::::::∨ニニニニニ=-_   \i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i: ̄ ̄\  -=ニi:i:\
                               / ̄ ̄ '"/i:i:i:i:i:i:i:i:i:/_ -=ニ/ニニ/ \/⌒\/{ニニニニニニニ=-_   \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\   ∨:i:i\


1046 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:52:47 ID:R/iRxCDi
正義の方に振れちゃったからな


1048 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:53:29 ID:rEnq48Ke


 ――――そして。




            /:::::/  ______
          /:::::/  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^''::::\
           |:::/_/:::/-‐ '''^""´´ ̄/ ̄ ̄ ̄\\― .,
         /|:::|_./:::::/ ̄ ̄ ̄~゚^''  {        \\   \
.         / Λ:|/::/::::::: ̄ ̄~゚^'':::::::::::\        \\  \
      _/__/:_::⌒\::::::::::::::::::::::::::::::::::\::\          |::::|     \
    /::::::>''"::::/:::::::::::\:::::::::\:::::::::::::::::: \::\,_\   j/     \
   /:::: / :/:::::::::|:::l>\::::\_:: \:::::::::::::::::: \:}   \           \
  /::::::/::::::::|:::::::::::|:::|   \::::\ 、__ :::::::::::::::: \    l\            \                    【彼女は・・・・】  【【1D10:8
. /:::/ |:::::::::_|:::::::::::|:::|    ノ |:::::::::|     \::::::::::::::::::\  |  \            )
//  |::/__|::::::::八::| "´   \::::::\ xf勹㍉::::::::::::::::::::::\ノ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                       1-3  怪異事件に首を突っ込むようになる。
      / /:i:i|:::::::::::: \ ≫==ミ \:::::: { )ノ } }}\「 ̄~'\: \                               4-6  自らの道を行く。
.     | |i:i圦::::::::::::::::f( )ノハ    \::Vン  √:::::::::::::::::::::\: \  __             r――――         7-9   慎二の進路を継ぐ。
     Λ \iiΛ::::::::::八乂;;ツ      \:\ 〈 ̄|:::::::::::::::: |\\:::ヽ  ⌒|\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \       10   熱烈歓迎 PSI研究所
.   / |\__/ヘ::::: \::\''       _ \:VT::|:::::::::::::::: |::::::\\:}  |:::|/               \    \
.    |  | /「∨::Λ::::::::\::\┐   ´   ィ{\|:::|::::::::::| ::: |::::::::::::\   |:::::|                 \     |
.    |/ |  | ∨::::\ :::::: \( }ー――<  / ∨:::: / | ::: |::::\____ノ:: ノ       |\       |    |
      |/  l\:::: |\::::::::::\___  / / {:::::|| : |\:::::\:::::::_/           |::::::|       |    |    ___
     |     | : :\|_/ \:::::_\  `\ / 八:::: | 八::::: \\:::::\          \|::::|       |    |   厂二二二」
     |     l\::::::|_/::: \:::::\\   ノ~\ \|  \:::::::\\:::::\            |::::::|       |    |   /二二二く
     |     |  \::|::|_|::::::\_\\ {    \Л   }\::::::γ⌒ヽ::\_______/:/         |    |  ./ 二二二二\
     |     |    |::| :: |:::::|:::|   }::::} \ ノ勹 ノ__    \:乂__,メ______/           |    | /ニニニVニニニ
     |   ノ    |::|\|:::::|:::| ___,ノ:ノ/ ̄  〈/  ノ\ ノ \::::::\___              /   / /二二二-「\ニニ
     |   /    |::|  |:::::|:::|   _/    /   /   \__\:::::::::::::::::::::::\         /   / \ニニニ|  \
     |_/  {   |::|/|:::::|:::|  (⌒\   /  /      \   \:::\ ̄\::::\ ____ /   /     |\ニ二|
              \_|::| :: |:::::|:::|  /\  \{   /                \:::\  \::::\        /     |ニ-\- |
           {     |::|__,ノ::: | Λ {   \  \ {                 ノ\:::\/\::::\__/  __ /ニニニニ|
.           \ー―:|::| :::::: ノ/γ⌒ヽ   \  \_________/______\:::\  \::::}   \   |二二二二ニニ |
                 ̄|::| ̄/::/ {     }    \_)     |::::: (______ |:::::::}/ ∨     \|二二二二ニニ |
                  |::| {:::{  乂___メ       /       |::::::::::ノ:| \     |::::::ノ  ∨}         \二二二二二 |
                ノ:ノ  \\       /\__ノ}  /::::/)ノ  /\  ノ/   ∨        \二二二 /
                   \______/\:::::::::::::::::ノ  /:/       {ニニ\         ∨          ̄ ̄ ̄


1050 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:54:15 ID:EjcyCZ0l
シュヴィ、ほんとシンジが好きだったんだな…


1057 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:57:56 ID:rEnq48Ke


┌──────────────────────────┐
│ カウンセラーになるという自らの進路を変更。         ..│
│                                     ...│
│ 慎二が目指した道を彼女は歩くこととなった。         ..│
│                                     ...│
│ ・・・・まるで彼は自身と共に在るのだと言わんばかりに。  ....│
└──────────────────────────┘


             /::/::/::::::::::::::::::::::`ヽ              /:: :: :: ::./
            /:::::/:/:::::::::::::--:::::::、:::::::::\            7:: :: :: ::./ __
           _..:;/>::{;':::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ       7:: :: :: ::/´:: :: :)
      o'^_ノ⌒ヽΥ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨/      /:: :: ::_:/:: :: :/
.     ./ ./i:i:i:i:i:i:i:i:} !::::::λ:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::V/   γ´  ̄:: :: :: :/
.  ....__{ {/〉:i:i:i//::::7 ∨:::::::::::ヽ::::::::::::::::::`::ー―::ソ    {:: :: :: :: :: ::./
.  / _{ く__/ー<ノ:::::::;  ∨:::::::::::::` `ヽー―::―:::´/,    .丶:: :: :: :: ::l
...<_[/,-┐f二/::::::::::;     :::::::::::::::::`  \::ヽ:::::::l二T7    ∧:: :: :: ::l
.  <__ソ... イ ./:::::::::::l   _ヽ:::::::::::::::`,z示沁::::::::l7/, .    7::.∨:: :: :ム
.    ∧ {/::/ 7:::::::::::::l       \:::::::::..仡/爿l:::::::l:::::::/、   :.:.:.:.∨:: :: :ム        【彼の夢】 【【1D10:8
      `{::::{ {:::::::::::::::lィ笊芹芯   ヽ:::::::ヾ ´  l::::::l::::::::::::,.   :.:: :: :.∨:: :: :::.
.       {::::ヤ {::::l::::::::::lヽ 乂沙゙    \:::::\ }::::::!::::::l:::::::.、 :: :: :: :: V:: :: :: ::.         1-3 投資家
        l\\::::l:::::::∧ /_`ヽ     \:::::ソ ::li:::::: :l::::::::::ヽ:: :: :: : V:: :: :: :::.        4-6 経営コンサルタント
       l:::::\::、l:::::::::∧ヽ \¨    ⌒  ヽ:::\li:::::::::l>::、:::::ヽ:: :: ::|.v:: :: :: ::.:.         7-9 学校の教師
       l:::::::::::ヽl:::::::::::::ヽ_l   ー-- 、_ / ヽ:::::ヽ:::::::l:::/`ヽ:.ヽ:: ::l .v:: :: :: :: :.          10 精神科医
       l::::::::::::::丶:::::::::::{ > 、  .  Yl.    }、:::::∨:ヽ' /: : : :マ ヽ l  v:: :: :: :: :    .
       l:::::::::::::::::/::\::::∨   ヽ   ノ}   .7 ヤ:::::∨:::λ: : : : :}、 } l  v:: :: :: :: :::.
       l:::::::::::::::l: : : : ヽ:::\  .l   ;___ォ/ヤ:::::∨:::::}: : : : :l l//_ .ノ-- 、:: :: ∧
      /:::: :l::::::::!: : : : : :ヽ::、\/\  }:::::::: / /l:::::::::l:::::::}: :.__: :lノ/: : :`ー、`ヽ:: :: ::l
      ,::::::::::l:::::::::V: : : : : :.ヽ.∨\ .\}ヽ ノl///::::::::l:::::::}l┘└llヽ: : : : : :.:丶 丶:: l
     ./:::::::::::l:::::::::::V: : : : : : :ヽ}: : : \  /' / ./::::::::/:::::::; ソーγヽ \: : : : : :ヽ l::/
    /:::::::::::/i:::::::::::::V: : : : : : : }: : : : : :>-'l /::>:冫:::::/: :l_/   }__ 丶. : : : : .ヾ
   ./:::::::::::/ .;::::::::::::::V: : : : : :. } : : : : : : /:{/:::/::::/::::::/: : (__/ /  }-、 .\
  /:::::::::::/ ./:::::::l:::::::::V: :/: .:/: : : : : : : :/   V:::/:: ::( . ̄/ ! ./  /  }- 、
./::::::::://::::::::::l:::::::::::V: : : :/: : : : : : : :/   .∨:::::::::::`ソ_lノ  /  /'  .}
::::::::::/..:::::::::::::::::::,::::::::::::..: : :/: : : : : : : :/     :}::::::::::::l }、_/  .,  /_ /






┌─────────────────────────────────────┐
│ 自信ありげでありながら、どこか斜に構えていて、自嘲気味な彼女の様子は、       .│
│                                                     ...│
│ 時に彼が乗り移っているのかと思うようなときもある。                    ...│
│                                                     ...│
│ 彼の今際の時、彼女は何を考えていたのか、それは彼女にしかわからないだろう。    │
└─────────────────────────────────────┘


                               ---ミ
                ⌒}}     /⌒        /:::/ ⌒ヽ
            /:.  .:/  .:/⌒ }  _____  //__//////\
              ′  .:/   // ⌒} 、丶`⌒ヽ):: :: :: :: ニ=- _
    \=- _ .   {{:.  .:   //   / /^{:: ::/:: :: :: :: :: :: :: ::ニ=- _ :\
     \::::\ .  乂_/  //   ../ /  人::′:: :: :: :: :: :: :: :: :: ⌒ヽ
       \::::\___    ∥   .::/r   .: :: :: :{:: ::人:: :: :: :: ニ=- _/,
         ̄ ̄〉∧   {{   .:, ' /  /:: :: : /{:: ::::.:.{ 、:: :: :: :: :、:: :: :: .    「ニ=-  _
    _____〈__ 〈‐=ニ乂..__ノ//  /:: :: : /_'/:: :: ::{___\:: :: :: :\:: :: .\_|  .r-ミ ヽ_
  \      .      〕i:i:i:i:i\{//  ′:: ::/⌒'/:: ::斗劣= \:: :: :: \:: :: :\|_____{、  ハ
    '‐=ニニニニ==‐‐┐〈i:i:i:i∨\/  /. :: :: /乂’ノ/:: ::{廴ソ。o/\:: :: :: \:: ::ハニ⌒ヽ  .|
                V∧____∨/  //l:: : /{/i:i:i:i:iノ丶八  r‐ '/ハ\(\:: \( ノニニ=‐   |
             /○〉 V / L.|:: :: ::込´  r―\:.  /⌒人‐‐‐‐┘⌒}ニニニニ/   |
          ∠二___, \_____ノ八:: :: ハ个。、 ̄  \:. . :: :: :: \:: \______  ‐=ニ=-   _
             //      /_-_\(∧ 〕i:i:> < (\‐\ : :/:: \:: \:: :: :: :: :: :: :: :  ⌒ヽ
           //     //_-_-/「/^\(´     ニ=- _::::/\ /,:: :: :: \、丶`/    \/,\
       //    ‐=ニ{ /_-_-/〈_ノ`   `、r「\____/⌒ヽヽ   ハ /, /``~、、‐‐‐‐‐‐‐‐)ノ---ミ_____r
      //‐=   ___」\{_-_-_/((◯し^\       /i:i:i{((◯)) }  .} }   /:: ニ- _  ------------ミ
     // ‐=ニニ=‐  ノ__ /((◯/ | //  丶  ',_/⌒Υ______八 / .八 ``~、、:: :: ニ- _ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ::
   く__‐=ニ=‐     rく‐┐_-_________ノ/    ',  ',  八ニ= /_____/ ∧'/ニニ=‐``~、:: :: ニ- _
    }=‐     ______}-ミ/¨¨¨¨¨¨¨¨(_ ・       ',_./  .ノ/ /⌒ハ∨∧ }ニニニ=-  _``~、、ニ- _
          /ヽ)_-_-/_-_-_-//{i:i:〕・    }   '/  ⌒7〉\  ∧」〉〉人ニニニニ=‐  \:: ::  ニ=- _
        /ハ/_-./_-_-_-//_-_}i:〔        '/  ∧. : : \ ∧:: :: :: \ニニニ=‐   \:: :: :: .\: \
        _-_-_{_-_/_-_-_-//r/ .:i:i:i:〕  .:   '.{    / ∨'/:: :: ::\ハ: \:: :: \ニニ=‐    `、:: :: /,\::\
      {ニ=‐//_-_-_-./ ̄ ノノノ__}i:i:i:i:〕 j{   \  ノ \V '/:: :: :: :\:: :: :\:: :: \ニニ=‐   Y:: :: :.
      {_-_/^{/_-_./_______ /〈i:∧i:i:「  ´    Vi:i:i:i:\  \ '/:: :: :: 、:: :: :: :: :\:: :: \ニ=‐    }:: :: ハ
      {-ミ/\_//_-_-// 〈V∧i:|       \i:i:i:.>\ >ハ:: :: :: :: \:: :: :: :: :\:: :: \ニ=‐  . :: :′}
     〈__ノ_/^{./_-_-/i:i/   }V∧        ///⌒ヽ∧'/:: :: :: ( \:: :: :: :: :\:: :: \ニ=‐. ::人
    _ノ_-_ 〈_-_-〕_-_.//i:i/   / \\    . . . / /    └」〉'/:: :: :: .  \:: :: :: :: :\:: :: \//=‐
    ノ_-/⌒〉/_-/ /i:i/   .:i:〕  ⌒\. : : :   /      |    '/:: :: :: :: . \:: :: :: :: :: :: :: /⌒ヽ=‐
  く__/   /_-/ /i:i/    .:i:i       ‐=ニ〉〉      |、   '/:: :: :: :: \  - _:: :: :: :: :: :: :: ∨(_
  く     /_-/ /i:i/    √ノ      / ̄/        . :\   - _:: :: :: :\    ニ- _:: :: :: :: ::
 r「\__/_-/ /i:i/       √      ./  /        八:: : \    ニ- _:: ::\       ニ=- _::\
「⌒ /⌒  /i:i/      .√i:|      /  /        /\:: : : : \        \
⌒/    /i:i/        .:i:i:i|    ./  /        /  \:: :: :: :\        丶


1058 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:58:14 ID:hfbNJuX8
一人だけ不定入ってないシュヴィはなんかシンジとの関係がいい方に回りすぎた結果悲劇になってしまった

1059 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:58:42 ID:PaGD8k+O
どんどん株が上がっていくシンジ

1060 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:58:52 ID:EjcyCZ0l
教師かぁ

1061 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 21:59:03 ID:hfbNJuX8
教師志望とかシンジさん…


1064 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 21:59:56 ID:rEnq48Ke



       / ''^~く_l\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:..::::::::::::::-..
      / __ノ⌒ヽ .\\:::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<⌒ヽ:::::\
    / /i:i:i:i:i:i:i:i:}  < |/  |::::::::::::::::|::i::::| ::::::::::::::::::ヽ  \::::
.  /. {/〉:i:i:i:i/    li    |::::::::::::::: !::i::::| ゚+,:::::::::::::::..  )::::::)
.  |  ゝ,/i:i:i/    ./-‐─''''T::::::::::::::|::i:::T'''''‐-::::::::::::::::: レ<
   |    ̄     /   ─‐|::::::::::::::|::i::/‐-- `+::::::::::::: \::::>
   >+     ,.:+''゚:ト・''i: ̄ ̄.T|:::::::::::::|:::/ィ' ̄ ~T7!::::::::::::「T7
. /   /`'‐-‐''゚’:::::::::| l [  [] |.|::::::::::::::/ | l^j | !.!::::::::::::|/
. |_/:::::/:::::|::::::::::::::::| ゝ.ヽ__,ノ/:::::::::/  ゝ,_,ノィ.|:::::::::::::|    【教職課程で学校に入りなおしたか、超特急、ほぼ徹夜状態で
.. . /:::::::/::::::::|::::::::::::::::|      /.::::::/ ,       |:::::::::::/
 /::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|      /::::/  ´ . .    |:::::::::/     単位を取り巻くって、1留とかで教職まで終えたかは不明】
./::::::::::::::::::::::/:|:::::::::::::|.     /::/          |:::::::/
::::::::::::/::::::::::/::ヽ:::::::::::|` 、  /::/.  -─-     イ:::::::/
:::::::::/::::::::::::/:: ::ヽ  ::|: : : '/::/..        イ:: : |::::::/
.:::::/::::::::::::::/:: ::.::ヽ   :|:: ::/::/:: ] ` i ‐. ' ´:::|:: : : : |::::/






         //    . \:::\/::::/
          /..-‐:::::¨ ̄::::: ̄¨:::::::::<
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      ,;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::/ ̄ ̄「ニ]ソ+、:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./::::::::::/  ,;:::‐:::::.、  ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::`\
    /::::::::::: i  {::::::::〇:::i  | l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
   ,':::::::::::::::l  ヽ::::::::o;ノ   j.l|:::::::::::::::::::::::::/^i::::::::: |
   !:::::_::_::_::ト、   `¨´ _ ノ / :::::::::::::::::::::/  i:::::::::::!
  i/┌‐┐  t-....―<__,イ::::::::::::: :::::::::/  .|::::::::::!
  ,ノ ./  / /:::::::::::::/´/:::::::::::::::::::::::/ ̄  .|::::::::::!
..└-「ニ二/:::::::::::::///:::::::::::::::::::::::/===x_/|::::::::::!
/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ <_,|::::::::::::: ::::::;j芋' / /:::::::;:'   【ともあれ、彼女が死に物狂いで自分の進路を変えたことは違いないだろう】
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::ー―.イ::::::::::::::::::/'{'  { /:::::::/
::::::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::/ !::::::::::::::::::l   //:::::::/
:::::::::::::::::::::::/ !:::::::::::/   !:::::::::::::::::|  /i/:::;/
::::::::::::::::::::/^ヽ!::::::::::( √|:::::::::::::::├::'/::;:/
:::::::::::::::::/、  ヽ:::::::::ヽ{ヽ!::::::::::::::::!::/:::;イ
::::::::::::::::{  、   \:::::::ヽ l::::::::::::::::|::レ::::|
::::::::::::::/  `ヽ   ヽ::::::::l::::::::::::::/l:::::::::::!
:::::::::::/     \__ \:::!::::::::::/ .!:::::::::{
::::::::::|     _  ``=、__」::::::;イ ,!:::::::/
:::::::::{   ; '´     ミ !::/ Ⅵ::::::/
:::::::::|    |′        l/ ヽ  l:::ノ


1066 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 22:01:00 ID:rEnq48Ke




ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三

 クトゥルフ神話TRPG シナリオ

                     彼方より来たる

__                                              Fin       __
三三三二ニ=―-   ______               _______   -―=ニ二三三三
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ




1067 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:01:04 ID:oVlBi9i2
ビターエンドだがこれでもよくやったと思う

1070 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:02:21 ID:R/iRxCDi
PCは一人も死ななかったからなぁ

1071 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:03:07 ID:agkIm5LH
殺意高すぎるシナリオであった
むしろよく生還したと褒めてあげたい


1072 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 22:03:11 ID:rEnq48Ke



                     ---- 、
                    '"~ ̄~"'   >―  .,
             /     /⌒ /"⌒丶 \
             / /     /               \
            /  /        /
.           /  /     /   /へ<~\
.             /       /       |           |
                          |    |     |
                      |ノ'''ー-    |    |     |
.          |  |     |  |    ___       |⌒y  |/   というわけでシナリオクリアお疲れ様でした。
.          |||     |  |     j勿笏==x   |「 /〉 |
.          |||     |  |       {:(;;::ハ|   | 〈/├ノ    ビターながらハッピーエンドです。ただ、何と言うか・・・
.          ||| |     y笊_     乂;;;;ツ|   トく|从
         人| |     l |;;ハ     ''''" |  ノ从|
           | | |  |ノ'''″、      ノイ  \
           人 | |   圦    r‐;;;;ク  ,.:      \
              |八/弋´ ̄>―  _..イ::  /    \
            /  /⌒      \  ノ    ____)
              {   {           \   /      \
            \  \            | ̄    __
             / \_\        /|    /    \
             √     |\
                √       ∨    / 「 /         |
             √     |  |______/  |/  /         |
           √       |        |_/        /
               {         |          ノ
               {         |       / 〉           /
             \     |       / \     / /
              \    |             /   /
               \_,/\          /    /
               √     \___       /
               /                 /Λ
                 /                 /   }





                    _  -‐   ̄ ヽ__
                 _ -‐    _         ヽ、
               /    /     \ -―- 、   \
              /    /       ,、,- 、   \  \
             /    /        /    \    \  ∧
           /               /      、   ∧ ∧
           / /  /           / 、_   __  、   ∧ ∧
          / /  /           l ~ ` ̄     、  l ∧ ∧
          │ l  /           l l   _     、  l ∧ ∧
          l l /             l l  , -‐- 、   l  l   }  }
          リ l l         l  l l   ,-‐-、\  l  l   l  l
            l l    l     l  /ソ   フ 。 } ミヽl  l /l l  l
            l l    l     l /      乂..ノ   》 l/リl/ リ   l    ・・・・今までの中でも指折りにクトゥルフした感ある。
            l l    l      l / ,       ー‐彡 リ ,-¬/ l  /
            ソ l   、    リ           u   }◇/ l/     こう、狂気と悲劇がその後に与えた影響とか。
             リ マ   、   │         し  イ フ リ/
               マ   、   │ ,---‐ヽ    / 川{  リ
                 \  、  │ `ー  ´ _ イ
                  `  、  ト  _     │、_
               ___. \ l  -┤    u \三≧ ー- 、
               「::::::::::::::\三三ミミノ    ,  -‐::::´::::::::::::::::::l
              │::::::::::::::::::\  ´    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              │::::::::::::::::::::::::\__   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
               l/::::::::\::::::::::::::::\` /:::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::〉
               }:::::::::::::::\:::::::::::::::::∨:::::::::_:::::-‐:::´:::::::::::/:::::::::{
              /::::::::::::::::::::::`:::::::ー-/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│


1074 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:04:06 ID:8K+MKgzD
いやぁ・・・ビターエンドだったけど、これはこれで面白かったな

1075 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:04:11 ID:EjcyCZ0l
生還乙ー

シンジが糞野郎だったらハッピーと言えたかもだけど、なまじ良い奴すぎたから…
だが、良い奴じゃないと空鬼襲撃や爆弾起動が凄い難しかっただろうから…

ハッピーでも後味の悪さが残るのは王道cocよなぁ…

1076 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:04:31 ID:hfbNJuX8
悲惨過ぎないのが余韻がありますな

1077 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:04:56 ID:lIUih0bI
セッション乙ー
そう言われると確かに

1078 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:05:06 ID:HZQHQndG
怪異感とかビター感は初回以来な気はした

1082 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:06:04 ID:oVlBi9i2
>>1078
確かにそんな気がする

1084 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:07:05 ID:hfbNJuX8
初回と比べるとまだマシな終わり方ですよねって考えると初回ほんまアレやな

1085 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:07:05 ID:/GtlVzBO
最近のはスグリの主人公っぷりが凄かったからこういうのも良いね


1089 : 小梅太夫 ◆uTi5mKlV6rpm : 2019/09/28(土) 22:10:59 ID:rEnq48Ke



               ___
                    `
.            /      ___
.        /      /~^~ヽ     :,
.          / /  / / |  、_ :,     :,
         / /  / /  :|     :,       :,
      / /  / /  | ,≫==ミメ   |
       | |          |    r=ミ ヾl |  |
       |||      l N    廴リ  }} ∧  |   これまでを振り返る感想、とこんな感じだったから。
       ||| l|  |  |/:.: ,   ー‐一' レ  } ハ|
       人|| l|  |  |:.:.     :.:.u:.:.:.:._[]ノ
         || l|  |  |   r―‐っ   :′
      ,人| l|  l ∧        ィ __
         \|\|\ ≧s。._.。s≦乂}ニ/=,\
.            x≦ ヽlニ/ ノ    /ニ/二ニ 〉、
     -ミ    /二(※)=|      /(Y)--ミ,/=∧
.    /二二ヽ.  }ニニニニト、 -‐/=,/二二 \ニ∧
   /ニニニ ‘:,/\(V)二 |    /=,/ニニニ\ :,ニ∧
.  /=,/二ニニ=‘:, | 丶二ニ|ー‐‐|=/二二ニニ∧∧ニ∧
  {ニ/二ニニニ ‘:,ニ}} \ /|: : :|/ニ/二ニニ∧∧ニ∧
  ∨二二二二ニ }ニ{{ニ=|_l: : //二ニニニニ∧∧ニ∧
  |ニニニニニニ{= }}二 |_|:  〈二二ニニニニニ}=∧ニ|
  人/ ̄ ̄ ̄ アニ{{ニ=|_|: : :寸/ ̄ ̄ ̄\/ニ=∧=|
    |ー―‐=≦= }二}}二 |_|: :  Vー―――‐┘ニニ||
    |二ニニニ /}二()二 |_|: : :  Vハニニ|ニニニニ |/
    ∨二二ニ//ニニニ |_|: : :  Vハ二ニ\二二= /
     \ニ //二二二ニ|_|: : :   Vハ二ニ=≧=≦
       ̄ /二ニニニ |_|: : : : : Vハニニニニ\


血は海の水よりも濃くて → ビター。クトゥルフ

とある漫画家に起こったこと → ハッピーエンド。ていうか、澤永が色々持って行った。

おまえがちょうどいい → ハッピーエンド

情欲の檻  → バカ、やらかす。

白無垢の母  → フルボッコ(PCが)

腕に刻まれた死 → 黄金の魂による黒幕フルボッコ

幻月環 → リア充つよい

猗窩座殿 → なんか死んだ。

永咲桜の怪 → ビターだったけど・・・・・。

大正クトゥルフ  → 黄金の魂

格付けチェック → 令嬢強い、ふみふみなんだこいつ。

奇妙な共闘 → 猗窩座殿って強かったんだ。

スグリシリーズ → ハッピーエンドでよかった・・・。
※奴良くんの話もビターだけど、そこからジェットコースターだったのでひとくくり。


1091 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:12:26 ID:8K+MKgzD
スグリは母親正気に戻して弟取り戻して、死んだ友人は生き返ってのの大団円だから、もう探索者させたくないわw

1092 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:12:27 ID:oVlBi9i2
> なんか死んだ。


1093 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:12:37 ID:lIUih0bI
アカザ殿の評価がww

1094 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:12:38 ID:hfbNJuX8
白無垢はフルボッコ過ぎてビターとかいうレベルですらなかったからなぁ…
あと桜www

1096 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:15:02 ID:56K5Lb+w
アカザ殿強かったというか、やっぱり熊ってやべーんだ感

1097 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/28(土) 22:15:37 ID:R/iRxCDi
アカザ殿が活躍すればするほど上がる熊の評価

関連記事
68581 :日常の名無しさん:2019/10/05(土) 20:13:31 ID:-[ ]
今回の結末もドラマティックだったけど
やっぱりいきなり導入で死んだアカザ殿とか
死んだのに生き返っちゃったふみふみ見てると
ダイスに翻弄された結果ってやっぱ面白いなって思っちゃう
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • 国際的な小咄 6252 欧州の歪みのはけ口 (12/11)
  • 国際的な小咄 6251 前半は聞いたことあった (12/11)
  • 国際的な小咄 6250 ユーカリさんパナイ (12/11)
  • 国際的な小咄 6249 例のあの事件の後しばらく後のフランス君 (12/11)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5,5話 『テックハンター・やらない夫の起源』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.13『スエラの炎と月夜蜂』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.12『"夏の思い出"セイバー』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.11『風の旅団(真面目なサブタイトルが久々すぎて背中が痒い)』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.10『ポニテ+剣士=可愛い』 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その16 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その15 (12/10)
  • ボイスロイドな日々 その2 (12/10)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ