スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やらない夫と真紅が、小説を読むようです 8.「シュガータイム」

目次 現行スレ

423 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:41:20 ID:awMx2fZQ





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
          8.「シュガータイム」



                          ,iー..
                       /  /
                         /  /
                      /  /
                   /  /
                     / . /
                  / . /
                 /  /
                   / . /
                 /  /
             / . / -''''^゙''''ー-.._
             , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
        .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
          l./    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
       ’                      ̄ ̄




424 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:41:43 ID:awMx2fZQ


   「彼女と最後に会ったあの日、僕は一冊の小説を受け取っていた」




            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


      「その小説は、彼女が敬愛してやまなかった作家のものだった」

425 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:42:06 ID:awMx2fZQ


   「物語の主人公は、大学生の女性だ」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


  「彼女は、彼女の弟と、友人、そして恋人と大学生活を過ごしている」

      「何の変哲もない、学生生活だ」

426 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:42:28 ID:awMx2fZQ


    「そんな学生生活は、少しずつ、ゆっくりと溶けていく」


               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


      「まるで、紅茶にいれた砂糖のように、ゆっくりと」

427 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:43:07 ID:awMx2fZQ


    「そして、彼女たちは溶けゆく時間に、様々な思いを馳せていく」

      「喪うことがあれば、得るものもある、かけがえのない時間」

               ,.-、
             /  .l  /`ヽ
            /   ./ /   / .,..-、
            /ヽ/    / /   / ./  l
        /   l   l ./   ,'  /  /
        /   |   | l    l ../  /.,..-、
        l   イ   l j   .| /  /./  /
         .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
          l   .l  \       〈./  /
          |    `ヽ .\         ,'
        l      \ `''-..,,__    .|
         .',          '.,       |
          .',        l       |
           .ヽ              ./
          /       l      /
         ./       /   /
        /       /   /
       ./             /
      /            /
      ./           /


        「そんな時間を、シュガータイムと呼んで」

428 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:43:46 ID:awMx2fZQ


   「小説は、短くも綺麗にまとまっていた」


.                    ∧
.                   / :|
.              ____/    |
            \        |     ____
.         /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
.       /            、   | ./         \
.        ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
 / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
 / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
 7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
}:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       「僕はそれを読み終わって、ひとつのことを考えた」

429 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:44:13 ID:awMx2fZQ


   「これは僕の自惚れなのかも知れない」

     「けれども、僕が楽しんでいたように――


                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


           彼女もまた、僕と過ごした時間を楽しんでくれていたのだ」

     「それはきっと、僕の勘違いではないだろう」

430 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:44:35 ID:awMx2fZQ


   「たったそれだけのことを考えただけでも、僕の胸は痛み、熱くなった」


                                  i
                / ⌒ 丶           i
               /        丶         l、
            /            丶        l;
             .|               ヽ       ノl l
    ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
    |||      |                       |     '! |                    |||
    |||      |                       i  . ノ .|                     |||
    |||      |                     /   |                      |||
    |||      |                    /   l                       |||
    |||      |                   i   /   .l                    |||
    |||      |                   /   l                       |||
    |||      |                   /    l                      |||
    |||      |                   !/     l                       ノ||
    |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
    |||      |                    !  l                  / /!!!
    |||      |                    i   i .l                   /   / |||
    |||      |                     ! l               /    / |||
    |||      |                     l                /    /.....|||
    |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
    |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
    |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
    |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
    ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
    |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


              「僕の思いは、何も届かなかった訳ではないと分かったからだ」

    「それを知れた嬉しさと、それを分かち合えない寂しさの双方が、僕の胸に広がった」

431 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:44:56 ID:awMx2fZQ


   「そして、小説の本編を読み終わったあと、

       僕は何気なく、あとがきを読んだ」



                 |        |
                    人、       |
                _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
        _, 、 -― ''"...:::::::\ ::::::::::::::::::7、
       /.;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..-、_
      丿;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'ー、
      r ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: !
     / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:: |
    / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: i
   / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'''丿;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:: !


     「それが、ひとつのターニングポイントだったのだ」

432 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:45:19 ID:awMx2fZQ


   「あとがきにあったのは、ひとつの言葉だった」


       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


      「だがその言葉が、僕の胸を大きく叩いたのだ」

        「そして、僕は彼女と同じように、ひとつの答えを見つけることになる」

433 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:45:42 ID:awMx2fZQ


             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|




「『どんなことがあってもこれだけは、

    物語にして残しておきたいと願うような何かかを、

      誰でも一つくらいは持っている』」


    「その言葉に、僕は大きな衝撃を受けたのだった」

434 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:46:04 ID:awMx2fZQ


   「僕はそのときまで、
    
      自分が物語を書く側になることなんて考えもしなかった」


                  |       j |,|l ノ__ _
                  |     /    /ィ : : : : ヽ
                 _/:.`ュ'ニニr´   / : : : : : : : ヽ
          __ ,.< : : : :{/:::ハ人   rノ∨ : : /: : : :',
       /: : : : : : : : : ク:::〈´∧'--:´" : :.∨.:/_/ : :l
      / : : : : : : : : : : /::::::i /:.∧ : : : : : : :∨ : : : : : : :l
    / : : : : : :Y : : : : :|:::::::y : : :∧ : : : : : : :∨ : : : \ !
  / : : : :\ : : :i : : : : : |:::::/: : : : :∧ : : : : : : : \ : : : : :〉
/ : : : : : : : : :\ :i : : : : : |:/: : : : : : :.∧ : : : : : : : :ハ : : : :|


 「だが、この言葉を目にしたとき、僕は伝えたい何かを見つけてしまったのだ」

   「それはとても強い衝動で、僕はその衝動に押されるように、物語を作り出した」

435 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:46:48 ID:awMx2fZQ


   「僕が描いたのは、ハッピーエンドの物語だ」


              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i



      「どんな紆余曲折があっても、最後は丸く収まる」


    「そんな話を、僕は書き続けた」

436 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:47:46 ID:awMx2fZQ


   「そして、その中のひとつが幸運にも、ある賞を受賞することになった」


     「それは、僕が大学を卒業した次の年に書いた、中編小説だった」


                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ


       「その後も、微々たるものとはいえ、

             僕は物書きとしての仕事を得ることが出来た」


         「これは本当に、幸運としか思えないことだった」

437 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:48:09 ID:awMx2fZQ


  「僕の小説は、いつだってハッピーエンドだったものだから、

     これもまた、奇跡的についてくれた担当編集者には

          『水戸黄門小説』などと呼ばれていた」


                        ,. ‐''"``'' -、
                     .r''"       ,>
             .    ///// ‐ _.,.. ‐''":/
               /////   /::::::::::/
                 / /     /:::::::::/
                  / '     /:::::::/´ヽ
                 ///    /::::, '-、  ノ
                 ///  // /::::/ ,ノ/ヽ
                / /    /:::::::ゝ'"  ノ
                /     /::::::i´、ノ ,/ヽ
               ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
           ///  ///::::::::::,へ、,. イ


  「つまりは、『お約束』に満ちた小説だったということだろう」


    「ここまで話せば、あとはもう、皆さんご存知のことだ」

438 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:48:59 ID:awMx2fZQ


   「大学を卒業して数年が経った今も、
      
       僕は鳴かず飛ばずの小説家をやらせてもらっている」





               |        
             |          |
            j、_       |
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
        i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
        ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |




     「そして、このエッセイを書かせてもらっているのだ」

439 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:49:23 ID:awMx2fZQ


   「僕にこのエッセイの仕事をくれたのは、

         いつもお世話になっている、担当編集者さんだった」



              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i


    「エッセイのテーマは『読書』に関するものならなんでも、

          ということだったので、僕は二つ返事でそれを承諾した」

440 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:49:45 ID:awMx2fZQ


    「ここまで読んでくれた方々には分かってもらえるだろうが、

       このエッセイは、たった一人の女性について書いてきた」


                 i¨丁¬
            ___ rーr‐t_|__,L__」___
        r--‐_¬_,¬ニコ二ニ.! |「 iコl
__      |ニ|-―|. ̄l._|L.||--i |「 iコ|
  ̄¨¨ ―-- !_ ¬. ̄| __,|L.||--| |「 iコ|
  ¨    |   |二!二l!_jL.||--| |「 iコ|         ┌──┐
____      「 |___|_j!_jL.||二| |「 iコ|       __rュ _|    |
|  ̄ ― ! -- |___|_j!_jL.||--| |「 iコ|_tュ   ___!_ココ._l.____|
|       .   |___|_j!_jL.||--| |「 iコ| |丁二|!二||t|t|王王王丑!¬‐、
|       !_   |二!二|!二|L.||二| |「 iコ|t | _「ニ|!二||t|t|五IT.王丑!エ|ェl_
|       .   |--!--|!--||-||--| |「 iコ|t |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |丁!T!T Lコ_
|       !_   |--!--|!--||-||--| |「 iコ| |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |t|_L l |ヨ圭{ _iョ
|       .   |ニニニニニニニ !「 iコ| ̄ ̄l丁二.]|t|t|ロロ |叮t丑!エ|ェl-t辷,⊥!⊥.L」_!_}
世ュ_  _t_ュ_ ___L.亡!__!_┌|,ゞ;ゞt.L._L.||_L 「 |`ヽ 小.l |ロロ |叮}辷宀>'_´イlii|コi| |コ|丁iヽ
辷リL.t市¬宀t叩「}    |..上LLゞ;ミミ父j込廴!辷五L⊥!---―¬冖t∠ニニニニニ==
 } |__」..L..⊥ --亠‐… ''' ¨¨ ̄ ̄ ̄       __|!|!|!|!|!|!|!|!|ニ辷ュ‐…'.¨´. ̄‐ ‐ - ‐-
¨¨ ̄                 __,.  -‐  _, ̄-‐にフー:'¨¨:´ ̄.  .  .  .
            __,,.: -‐ ¨ ̄_,,. -‐;;::´ ̄:::.::.:.::.:.:. : : : : . . . :  .  .  .  .
    __,,.. -‐__,. ̄_,,. -‐;;;:;:" ̄;;:;::;::;::.;::.::.::.::.:.:.:.:..:..:..: : : : . . . : .  .  .  .  .  .
~ ̄__ -‐ _´..-‐;;:: ̄;;:;::;::;::.;;:.;:.;::.;::.;::.;::.;::.::.::.::.::.::.::.:.:..:..:..: : : : : : . . . . :  .  .  .  .  .
_,,.. -‐;;  ̄;;;:;;;:;;;::;;::;:.;:;:.;::.;::.;::.;:.;::.;::.;::.;:..;::.:::.:::.::.::.::.::.::.:.:.:..:..:..: : : : : : . . . .  :  .  .  .  .


     「長々と書いたわりに、ただの失恋話ではないか、と思った人もいるかも知れない」

       「だが、僕はこのエッセイという、
   
         ある種、公の場といえるものを私物化してでも伝えたいことがあったのだ」

441 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:51:04 ID:awMx2fZQ


   「それは、恋が実らなかったとしても、寂しくても、
  
          僕は彼女に恋をしたことを、後悔していないということだ」


            r1
           jこ!
           ノ-‐',
          j,. -‐ヘ
          厂_,. -‐',
           ノ-‐ ' ´_,.i
        /r‐_ 二 -‐l、
       ∠ニ二三ニ三ゝ、
      ,イ=ニ二三三チ==、!
     / ! l_L⊥ ┴ァ'     ト、
    ├ー!l {」{_{_ L/ ヽ、ヽ、、 ト、ヽ、
    レ‐i!T{丁フ′`ミミヽ>'´::ヽ、',
     ',___Vて「 --=ミミ,>'´三ミ,:::'、ヽ
     ',. ヘ{{!| -=三/r=ミミ!|li|::: ', l
      ヽノヽ_! =ニj//r,))}}jij:::  ! !
       `ヽ/」三シ!l!t三彡j/::  | l
         ヽレ'´ !三彡'ノ  :.   !
          ト,彡'ト-‐ '´    :;:,. l
          | V´/! : :. :. ::.  /
             ! `くイ :; ,: ::, .:::/
           l   _,へ ___,. -‐ '′
          し'′


                 ,zー=ニニ二三ヾヽ
               ,Z三二ニニニニヾヾヽ
                   ⌒うミニニニニニミニヾヾヽ____
               , =≦三ラヾミニ二三> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、
               /, ‐ァ=ァ=ニ三Xミニン'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(   c >
             〈///, -ァ‐ァ=ァ=X .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
  .           ノ'´///////>=ァァァァァァァァrmヾゝ
             {////////, イ ////////l川
             〈////////リリ/////////|川
           レ //////} ,ハ//////// レ{人j」
           ヾ∠∠∠∠/ // ////////'´
                        〈/ ///////´
                       ////⌒´
                      ⌒´


    「僕は本が好きだったから、彼女と知り合えた」

      「そして、恋をすることが出来て、いま、こうして文章を書けている」

442 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:51:32 ID:awMx2fZQ


   「僕が伝えたいと思ったのも、文章を書こうと思ったのも、

                        彼女がいたからだった」


               /.:::::,'
             /.::::::::/
             ,' .:::::: ′   .,ヘ、
           .゚.::::: °    /.:::Yヽ、
  ,.。 :―:- .。.   {.::::{      i.::::::}.: )ト、
/.::::::::::::::::::::::::`::... 、 人     ,ノ´ j-‐-、 \
.::::::::::::::::::_____.::::ヽ ゙'ー/.::::::/| l.  \ ヽ、__
.:::::,. :::::゚:::::::::::::::: ,..。 xー<.:::::::: ノ | |    .)´  / ̄` 。   
/.::::::::_,.。:  ゚              | |    // ¨´        ヽ  
:  ''"´                 __ノ 人   ′            ゛. 
                    /⌒¨¨⌒゚ヽ{               ', 
               "         ヽ               l 
                   ′         ',              j  
                  '           ト、      ,、__,r‐iノ  
               {              j \     / } O /) 
                  ',              '   ゚ 'ー-t_く_,ノ'´  
                  V ,:ヘ_,:ヘ   /        ̄
               〉"ノ`ー-‐'ヽ/
                 ゝ.{__   ノ_)
                     `ー'´



                             ,.ィ<゙゙>.、
                            /,ノ. _人  `ハ
                               ii'  ゙!´  `r‐ヘ !
                              マ、_,ノー-ィ′ /メ
                              ゝ.、_  〉‐タ'
                              `==´


    「僕がいま、こうしていられるのは、彼女が居たからだった」

443 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:51:57 ID:awMx2fZQ


   「僕は、彼女過ごしたあの一年で、多くのものを得て、多くのものを失った」

        「でも、多くのものは僕の中で、大切な思い出として生きている」

                      /⌒ム=─-  、
                   厶=¬ミミ>ミ>へ
                 <-ヘ.(c゚) ヾミ>ミ>ミヘ
                   ゙⌒ヒ__,r' 八ミ>ミ>ヘ
                     ` T爪川ハミミ>ミハヘ
                      j川ノハハヘキミ>ミミミ、
                      レ'リハハハヘヘミ>ミ>ハ
          ___       __厶仏川ハハ从キミ>ミミヘ
 rf≦二ミーr=≦三二ミ><∠三-─=ァ彡'ノ川fハ从ミ>ミミヘ、
,ィ'三>ミ二ブ⌒ア7二三アニブ=<二三/f/川ハハ从ハ〉ヽ〉ヘ〉リハ
辷ミ>ミr<辷彡x=ニ∠二x/仁三/∠イ斗ァ'/ハハ〉ヽ〉rfミ>ミ从リ
   ̄ ミ辷彡イ〈/j/(/rf〈/<二三彡/〈/川」八j八j八ハハヘ八j{
      `ー'く_.イ/仏川/ソソシ彡イ〈/辷彡イ〈ハ/〈シハヘ」川ハヘ〉ヘ〉
         ヾ{{//シシシシ/彡'"シ彡'川从ハハハリハノ川j川l|
             〈 Vリ从川ソメ/彡'彡彡巛ノノ从川リ川Vソノレリリ
           ∨{//川{f彡'リ从/シ∠彡仏リ川巛巛j川ハ/
            Vノ川 川/リハ彡'(二彡'リ川 j,ハVヘ川ハV
             ヽ(〈//彡'彡(二三彡彳彡川ハ>>'
              `彡∠三= 仁三二ニ≠-rッ==''"
                     ̄ヘ. 〈   {.〈
                            Vヘ.   Vヘ
                            〉 L.._< L.._
                      <r-、三フ⌒ーミ

           ___
           |    |
           |    |
           |    |
           |    |
        ,,,.   |    | ,'"';,
      、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
       ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
       ∥  `i二二二!´ ∥
       昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
      | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
      |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
      |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
   ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
     |  |:::  |: :    : : |::   |  |
     |  |:::  |: :    : : |::   |  |
    /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
   _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


     「そして、僕にとっての彼女のように、全てが変わるような、

        そんな出会いが、誰にでもあるのだと僕は思うようになった」

444 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:52:27 ID:awMx2fZQ


   「だから、僕が伝えたいことはもう一つだけある」

  「僕たちはどこかで、なにかを通して繋がっている」


              ,-r_'Zヽ1Yヾ_ュ-、
           r'`7ヽ,イ_スTゝ‐zヘjヽ.
         l`スZ_Y_い_,-ヘlイ_j、T,ゝ7
        _,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._
        ヽレv'ート、/7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ′
        ,レ'Tー!7´ト、_K´Yヽノ、j-イ゙Y、
        ,ゝiくヽレくY_ノvヽい'ーくメゝト!、
           レ'人ノ`{二XX二}`;ヘレ′
            ´     /{/}\    `
                 └v{/}v┘
                 {/}
                 {/}
                 {/}
               _{/}_
                i´‐一''┴─`i
              l∧ ∧∧ ∧l
              `l工 工 工l´
        __ __ _|_|_|_| ____ _ _
.         ニニ/ / l_|_|_|_l. / l |ニニ
       ニ/ / /  /  /  / ¦ |ニニ
       ̄` ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ´ ̄


    「そんなことを信じたくなる出来事が人生にはある、ということだ」

   「そして、僕にとってその出来事は、読書だった」

445 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:52:49 ID:awMx2fZQ


   「それを伝えたいがために、僕は担当編集者にお願いをして、

     ただひとりの女性に向けたラヴ・レターを書くことにしたのだ」





 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |    おぉ、今日も海が綺麗だろ。
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´       絶景絶景!
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧





 「当然、最初はダメだしをされると思っていたが、
   彼女は、僕の馬鹿げた告白に興味を持ってくれたようで、強く後押しをしてくれた」


  「その代わり、もし、僕が彼女に再会できたら、三人で食事をしたいと彼女は言っていた」

     「再会することが出来れば、の話だけれど」

446 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:53:22 ID:awMx2fZQ

 
   「とにかく、そうだ」

    「僕は出来ることならば、彼女にこのエッセイを読んでもらいたかった」


                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒)
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧


   「だから、僕はこの単行本のタイトルを『くじらの叫び声』にした」

              「彼女が言っていたことを、そのまま拝借したのだ」


     「もし、彼女が読書を続けていたなら、きっと、一度は手に取るだろう」

447 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:53:52 ID:awMx2fZQ


   「そんな僕は、いまでも、彼女と初めて行った海にひとりで行っている」



        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´




          「そして、大きなあくびをしているのだ」

            「いつか、誰かがそれを聞いてくれると信じて」

448 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:54:15 ID:awMx2fZQ


   「さて、長々と書いてきたが、ページも少なくなってきた」


       「そろそろ、終わりにしようと思う」


                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ


     「この馬鹿げた企画を通してくれた担当さん、僕が読んできた小説、

               そして、他ならぬ彼女に、あらん限りの感謝を込めて」

449 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:54:36 ID:awMx2fZQ


   「僕はあなたを、心から愛していた」


       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ



       「それが本当の思いで、僕の全てだった」

           「だから、今なら胸を張って言える」


              「僕も、そうだ」

450 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:55:07 ID:awMx2fZQ

             
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
               「あなたに会えて、本当に良かった」

451 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:55:37 ID:awMx2fZQ
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
                    | ┏───┓ ∥|
                    | │      │ ∥|
                    | ┗───┛ ∥|
                    |            ∥|
                    |            ∥|
                    |            ∥|
                    |______∥|
                     ) ≡≡≡≡≡≡)
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                             
                                             
                                             
                                   (了)

452 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:57:11 ID:awMx2fZQ
                                        
                                        
                                        
                                        
                                                   
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                              ふふっ…

453 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:57:56 ID:awMx2fZQ
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                   「あとがき」                
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          ,

454 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:58:29 ID:awMx2fZQ


    「言ってしまえば、これは完全な蛇足だ」

       「本に収録されることもない、僕があとから付け足しただけの文章」

            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)  ・・・さぁて、そろそろ帰るだろ。
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |   いい気分転換も出来たし、次につなげるだろ。
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|    しかし、我ながらひとり言が増えたなぁ…
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__     これも職業病か?
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


    「いわば、僕のための記録と言ってもいいかもしれない」

455 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:59:03 ID:awMx2fZQ


   「それはそう、当たり前の日常の一片だった」

    「僕はいつもどおり、彼女と行ったあの海でぼんやりとしていた」


              - 、
            /.:.:..   ,
            ',:.:.:.   ,    …んっと、よし、行くか!
            ',:.:.:._ j
               √::::.:.:.>‐- 、
          /..:::.:.:.: :.: : : : : : ,
         /.:::.:.:.:.: :.: : : :/.::.:.:.: }
           ,´.:::::.:.:.:.: :.: : : } :.:.: : イ
        / .::} :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : |
         / .:.:.:i :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : |
      / .:.:.:.:.| :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : {
        {::::::.:.:.:Y::::::.:.:.:.: :.: : | :.:. :.Λ



                       __
                   _/:.:.|_,::=ォ
                   }ュ_l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.{ xト、
                    {.:.:.、:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:ン:.:.└ォ
                <´:.:.:.:.:ト、:.:.、!:.:,:.:.:.:.:´:.:.:L
                ソ:.:.:.:.:.:.゙ x三≦:rド:、く:.:ツ   …あら?もう帰るの?
              ):.:《>:八ュ「' `¨´ `´>K《
                 ゝ:.Ⅳ  仆》       :l:! 》、
                弋:!  :{:{       l:Y  !
                   }  :.N       ,"!  {
                l|  |ゝ、    , ' 人 :!
                斗   x _ミ;  彡く |  :.
                /イ :  .ハソネ六<:、ゝ. :. │
              ゝ\ツ xン:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V〉:ハ. |
              У /:.:.:.:i_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「  キ ト、
.               /  :/:.:.:.:.:.゙.、:.:.:.:.:.:.:.:彡、_ V ∧
             {「   ハ:.:{:.:.:.:.:∧∧:.:.:.:.:.x:.:.:.ミゝ.∧
           シ  才:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.〉:.\:.:.:.:.:ソ:.:.:.:人∧
.           /  /`トx…ミ辷三_:.シ:´ ̄`:ト-’  、 ヽ
          , '  . :´  八:.:三二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ト :八_.    \ \
        {  ,’ ,.イ:.:.:.三二メ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:{、    \ \
.          |  !  {:.:.:.:.{三:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ.     \ \
        :、  、 !,fーYⅣ:.:.:.:.:.:.:メ三三二:.:.:.:.:ゝ.}     ,:ツ ´  ̄}
          \ \ト ‐’:l:{:.:.:.:.:.:.:.{:三三三二:.:.:.: ∧   / ..-一′


 「そして、もうそろそろ帰らないといけないというときに、後ろから声をかけられたのだ」

456 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:59:30 ID:awMx2fZQ


     「僕は、その声が誰のものかと考えずに振り返って、言葉をなくした」


                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |   えぇ、仕事もあるの…で…?
                     '、'ーー´     |
                   |        |
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     …え?
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |    
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}

457 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 22:59:52 ID:awMx2fZQ


    「何せ、数年前に会ったきりだった人が、そこにいたのだから」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\   …遅れて、ごめんなさい。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、  
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"    本当に待っててくれたのね。
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ



              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i   …本当に?
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./   夢…じゃないよな?
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
         /   丶  -       〉/ 
     ,.-/|     ( \   u  !
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \


   「言葉をなくすのも、当然だろう」

458 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:00:31 ID:awMx2fZQ


  「僕は本気で、自分が夢を見ているのだと思った」

    「彼女があまりにも、昔に見たままの彼女と変わらなかったからだ」


              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'   ふたりが同じ夢を見てないなら、ね。
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ



                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |   …ははっ。
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |    まったく変わってないだろ。
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',    そっか、また会えたか…。
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|


   「だが、どうにも夢ではなかったらしい」

459 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:01:00 ID:awMx2fZQ


   「彼女はそこにいて、僕もまた、そこにいた」


            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)    …ずっと、ずっと待ってただろ。
          |     ` ⌒´ノ
             |        |      ――おかえり。
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|


                    r=ミ r=ミ
                  ノrヘ ∨从_`Yマ、
                     /:/  Y´_,ノ:.:.:.:.:.:.`ー'⌒ー'⌒ーヘ
                    《《  ノ´:.:.ゝ'"´i:i:三二ニニニ≠-\
                    /ゝミ彡:./i:i:i:i:/:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:......
                   //, ノ:.:. /i:i:i:i/:.:.:.:.:.しヘ:ノ⌒ー'⌒ー'⌒ヽ:.:.:.:.`.:.:......
                  ,/:.//(_:.:. /i:i:/:.:.:ノし'´              \ー'⌒ーヘゝ、
                《_//:./(_:. /i:i/ :.:.:ノ   /       /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:./ (_:./i:i/:.:ノ´ / /       /  / /       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:)
                |:.i| (_:.|Ⅳ:ノ / / /-ミ /    / / /      i:.:.:.:.:.:.:.:.:_;ノ
                |:.i| / 《薔》 / /l,,l,,/ / ヽ   / / /    / / i:.:.:.:.:.:_;ノ
.                《_j/ (_|i:i| l ィf斧抃ミメ、 / / / /    / / /:.:.:.:.ノ
               /   (_|i:i| l |弋z::ツ ミ / / /_ / /   / / /ーヘノ    ――ただいま。
                 /   /ヽ| l | `¨´     / /__/`ヽ/ / / /
                / ___,/ーヘ| l |        f斧抃ミ / / / /
.             //:.:.:.:.:.:{i:i:i:i| l |        , 弋zツ ////i|
         / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:| r-ミ  ` ー    ー=彡'´|// i |
        / ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}i:ノ ,l:.:.:.`ー‐r―――'-ミ| | |/|  i |
       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //:.:ミメ、:.:.:.:.)__,ノ´`ヽ)l |  |  i |
      '    /:.:.:.:.:.:.:._彡/ /゙ /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:):ノ:.ノ:.:.:.:.:'., l i|  |  i |
.      '   /: .:.:.:.:_彡: / / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー{:ノ:´:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽヽ ヽ  ヽ\
.    {   /:=ニニ=:.:.:.:.:{/  //:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:..:|i:∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \\\ \\
     ヽ/:.:.:.:. -=ニ=-:ヽ/ ,':.:.:.:.:.:./:..:.:.:. |i:i:Λ:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  \\\ \\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :./ / /i:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:. ノi:i:i:i:i\:. .:.:.:.:.:.:.:.:',   \\\ \\


    「あたりまえの挨拶が、あまりにも嬉しかった」

460 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:01:29 ID:awMx2fZQ


   「話したいことがたくさんあったはずなのに、
              
               言葉を口にすることが出来なかくてもどかしかった」


                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__         いや、話したいことが山ほどあったのに、
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、   まるで言葉にならんだろ…
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:‐=彡ヘ_:.:.:.:.:.:\             ___
  └ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\,__ ___,..,,__/_i:i:i:\
    .┘:.:.:.‐-:.:.:.:.:.:.:.:_;.ニ=‐ \:.:.:.:_:.:.:.:.:.マi:i:V/.:.:.厶ィ竺≧:i:i>
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>   :.   `⌒7:.:._:.:.:.Ⅴ:i:i∨:.:/_八 /:K
  辷_:.:.:.:.:.:.:.:./ /   ;    (:.`⌒'ト:.:.Ⅵ:i:iV.:ム:个/:什 \
    _):.:.:.:. ′/     /    イ 「工):.:.:.\}i:i:i:iv:.:.:.:l〈:/川 \':.
   〔:.:.:.:.:./ ' .: ,  {  斗‐/_} ハⅥ:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:l:.:._八:.   {   }i;
     7.:.; / / l {   f'′'ィf苅7/ 川^):.:.:.:.fく天ミv:.:.:__:〕   ,  /:′
     }.:.:|:i{ | 八_{__ j「}/^V)ソ ′j;仏L;_:.:.:込=乂:.:.( |i:|   Ⅵ/     慌てなくても、時間ならきっと、たくさんあるわ。
     \|:i{ l 、 i{f笏v           | く:.:.厂i:i厂.:.:_}j:ノ}    \
        j八ドヘ イヒr'            | }V:i:i:/.:.:.:./ ′ {      :.    あなたの言葉を借りるなら、そうね。
.           } l `  _,       | }:.V仏ィ'ア     :      ;
.           } 人  ´  ┌‐‐…::v Ⅸ乂/ |     |     |
         ,:〃 个 .   |ニニニ;  厂\マ_ |    |     |
          // l  | __,..≧=Vニニニ} 仁i⌒l)トL,    {      ,
.         //__」i斗ニニ{fツ,仁ニニ7 √.:.:.:.:\ :.:.\   ,     ′
         〃くニニニニ≧7ニニニ/  ;ヘ:.:.:.:.:.:.:};.:.:.:.:.丶 ′     :.
         {{  Ⅵニニニニ{ニニ∠, くL,}_:.:_/'′.:.:.:.:.:.:\ヘ,     丶
         ハ  \_ニニニニア‐-==≧-‐=ニ  ̄  >.:.:.:.:.:.V{      \
.       {└‐ =ァ{ニニニ/ニニ<__/ ̄:.:.ア ∠;__ :.:.:.:.:.:.:.:.≧=-‐…ー┐ \
.       _^ニ≠_う\ イニニニニヘ:.:.:.:.:_/r≦:.:.:.:..:.:.:\:.:.,;__:.:.:.:.:.:.:.:.:/|   丶
   ___ ⌒ーfア.:.:/ /ニニニニニ|.:.:.:.:>ア .:.:.:.:.:.:.:.:.:.-―┐l.:.:.:.:.:.:./ニ:/ :.


   「彼女はそんな僕をみて、くすり、と笑っていた」


     「昔と変わらずに、いたずらな笑顔で」

461 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:02:01 ID:awMx2fZQ


   「そして、言うのだ」


                   , '⌒V _ _
                / ィ=才´ ̄  ̄ヽr― - .、
              イ /       v;;,     \
          _....ィ::://         ´      ヽ\  ノ.ヽ
         ラ:::イ/ 〃  / /           、  .Vハ  ',
     _.....ィ:::::::::イ/ / /  /        ;        ;   ',j:: V ',
   r::´;;;:イ:::/.// / /  / .     /     i   !     !j:::::V ',
.   >´::::x.'´  j/ /}  ノ /  / i../ ;i   :} :!    !  i  Y::i::::V !
  /:::x'´V.   乂:::j  / ./  /   !!  :{   メ.ji  i  !  i  :i:::l::::::i !
../::://:::/  ノ川:リ .乂 /升/―、ハ  j!/// :i ノ :j   :j  j!::|:::: | _ト、
ノ::/  {::{  /::::イ::人从 /リハ!ニ=、{ 八 { . //ィ ̄ヽ リ  /  i!:::j::::::| !:::ヽ   砂糖のような時間が溶けても、
::/  j:::! (:::イ::xイ人 :乂 {テイ:=::=ミ ヽ ヽ./イーミメ,/イ /:/   i!::::|:::: | |ハ::::',
{   j:/  `ー'´| j{ Y { メ ヾ 弋:z:ソ  `ノ   x=::=`ミilⅣ// /イ :/j::::::| || ヽ::\   あとには甘い甘い紅茶が、残るんでしょう?
{   j/.      | j!  ii i! i!:从   ̄      弋:zソ/ //  小!/ :i :::::i :リ! ヽ::::\
          メ  ノ j! i从 ` ""  、      ̄ /イ/  /∧{{_ノ::::: | /::廴 _ ):::/
        /    .从八>.    、_     ""// 从 ノ/ `ー=≠ !:::i::V- ''´
.        /  ./ ,/ :八 ゝ\     ̄    イ{./  .::/__ i   :i::::iヽ\ _
      ノ . . /./ //((r..、_.>:..-. -::<´:/:: 乂 //:::::::::::::ヽ{i  .::|::::! `ー '
     ((.  //:⌒::ー{ili}ー))::{:V⌒V::/:イ::/:::/   //::::::::::::::::::::V / 八:ヽ
     )///::::::/::::: }ili{:::(::::V/::::::/:::{:::/::/:::イ  .ノ:::::::::::::::::::::/:∧{  ヽ:!
    /./.У::/::::::::{ilil{:::::::ヽ{ィァソ::イ /::/  /::/:::::::::::::::::::/::{:::j!
     V// :::、::::::{ilil{:::::::::ゞミ=彳::::/  /:::: /::::::::::::::::::::{:::::::i:::!i
   / (::::i:::::::V::{ilil{::::::::::::(::::::::::/ //ilil{:::{::::::::::::::::::::::i:::::::j:::!ハ
   //   }j:::::::::V{ili{:::::::::/::::::::::/ // {ilili{::::::i::::::::::::::::::::::::::_:ノ:/  ',
.  /    (:::!::::ヽ::::{ili{:::::::i::::::::: / /:::::::::{ilii}:::::::ヽ:::::`:ー:::''´:::::∧   '.


        「僕がとても喜んでしまうような、ロマンティックな言葉を」

462 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:02:27 ID:awMx2fZQ


   「『読書をしていれば、世界中の誰かと繋がっていられる』」

     「彼女が言ったその言葉は、本当のことだったらしい」


                    / ̄ ̄ \
                ⌒  ⌒   \
                 (⌒)(⌒ )   |
                (__人_)     |        …そうだ、担当さんに連絡しなきゃだろ。
                 '、`-ー-′     |       . -,
                      | ``       |    / /    こうして無事に会えたのも、あのエッセイのおかげだし。
                      |       ィ { r 、 / /
                     `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
                 /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
             _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、   ちょっと電話してもいいか?
          // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
          j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
         i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
           i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
            | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i




 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :    えぇ。
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、 
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{     食事の約束もあるんでしょ?
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:    私、なんだか楽しみだわ。
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

463 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:03:04 ID:awMx2fZQ


    「僕たちは読書を介して、また繋がることが出来た」


                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒)   そうだな、きっと真紅と担当さんは気が合うと思うぞ。
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ    なにせ、俺以上の読書家さんだからな。
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、    それは楽しみだわ。
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


       「そして、もう一人」

464 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:03:45 ID:awMx2fZQ


    「これは後になって分かったことだったが、
      僕の担当者は彼女のいう、大切な友達だったのだ」


                  . .-、
               /: : : :.|
               /: : : : : : |
           |: : : : : : : :.|     …はぁい、あら、先生?
.              |: / ): : : :|
           |/ /: :__:|          …えぇ、本当ですか?
.            / //    ̄)
           ,  /  ∠二 ´、
            | ./  / , --‐く        はい、はい…
            |/  / /  , ーヘ.
.            ,        /: : : : :\
           ,       i: : : : : :.ヽ\      もちろん、喜んで行きますわぁ!
             ,     |: : : : : : : :ヽ>
               、     ト、 : : : : 彡'
             __,}      !. ` ̄´         …えぇ、おめでとうございます。
           /レ'     ,'
          /  ‘,    /
.         /    ‘,  ∧
        /      ‘, ,': :}



            , --    ―- 、
          /          l  \
         /  ,   : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ
        /  /    l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
        ,'. : ::l    : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i
         l::: : :|   : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l    
   /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = l:'   、 '|' i:l :l
   !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/    こんなことってあるのねぇ!
  i:;:;:;:;   l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ
 、 |;:;:;:;:;.  ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ   \_ ノ l|       一体、どんな人なのかしら?
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:-::.\ー --- イl i     ,:'{
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\  /:;:;
    \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r-'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;: ィ
  _ _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .l:.  | ̄l¨ヽ    ∨!:;:;:;:;:;:;:
  \;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:_ヽ. |  ハ_   _マ\;:;:;'
    丶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ヽ:. : イト、: . Vー' └1' _,‐〕/:;:;7
    <;:;:i: .:;' .イ. . ::.T:ー-イ|」ヽ〉:. . ∨`'´`〕' _, -};/
       l. ::| l:: ;. : :. ::i  : :.\  . :; -∨`'´}i┘  |、
        | .::|:' :/ . :. :.:.\ : :. :.:ヽ/{り〉. \ l:|   V\
       l l:|. :.} :. i:. :. :.:.:.ヽ: :. :.::.V´. .: : |」::',    ∨:丶、
       丶|:l:|: |', l:. :. :. :.::.i:、:. :. ::', . ..: |ハ:::ト  / |:.ト ̄
        lイ|/ ヽ|\ト、:ト:|:::. :. :. :', . .:. . |丿:::ト-':l::.| l|
            |   i  } ヽリ:: .ヽ:. ::.l . :: . lイ\::ト-‐'}::|


    「僕はそれを聞いて、また驚いてしまった」

      「こうも人間の縁とは不思議なものなのか、と」

465 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:04:23 ID:awMx2fZQ


   「僕と彼女が再会できたのは、僕の書いたエッセイがあったからだ」

     「だが、そのエッセイを書く機会を与えてくれたのは、他ならぬ担当者だった」

   「つまり、僕たちのうち、誰か一人が欠けただけでも、こうして出会えることはなかったのだ」

    「これはもはや、奇跡に等しい」


            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)   担当さんも喜んでくれただろ。
          |     ` ⌒´ノ
             |        |     食事はいつでもいいそうだ。
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ     また、連絡するだろ。
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|



          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ   えぇ、ありがとう。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧  じゃあ、また連絡してね。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i
./     /:::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::\::::::::::レ':::::) ){   | ;
    /: :∧::::::::::::::_:_イ::::/:::::::::::::::::::::>z::::::::( ( .八   | i


     「だが、僕たちはまた、出会うことが出来た」

466 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:04:46 ID:awMx2fZQ


  「もう、愚直な『くじら』は、海を眺めて叫ぶ必要がなくなったのだ」


              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶     あぁ、また連絡するだろ。
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !l斗十 |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、| |│ /:||\ i   イ  /  .′ !::::\    えぇ、また、ね。
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  |'   _   ,乂::ノ / 、ヽ. /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  |ァ==ミ   /レ')/ゝ/) イ .:/  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |             r=ミ、 / ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ ////          `/レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        ′ ///∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     ` ー     イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)



   「この日限りで、『くじらの叫び声』が聞こえることはなくなるのだ」

467 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:05:14 ID:awMx2fZQ


   「『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れられない』」

     「それは、小説『パイロットフィッシュ』にあった言葉だ」

     「だか、その言葉が意味しているのはきっと、悪い意味だけじゃないのだろう」


           / ̄ ̄ \
           ⌒ `'⌒  \
             |(⌒.) (⌒ )   |
          |(__人___)    |
              |         |
              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i


    「人はどんなときも繋がっているという、良い意味も持った言葉でもあるのだ」

468 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:05:37 ID:awMx2fZQ


   「僕たちは多くのものを失って、また、多くのものを得てきた」


                         ─- 、
                       /    ヽ
                       |      |
                       |      |
                       |   ュニニヽ、
                        ヽ/ : : : : \:\
                          i : : : : : : : ヘ :.ヽ
                         ', : : : : : : : : ', : :'.,
                         ', : : : :.\ : i : : :.'.,
                  .        i:', : : : : : ヽト、 : : :',
                  .       iハ : : : : : : |: ', : : :.',
                         リ.:i: : : : : : :! : : : : : ト、
                          i : !: : : : : : :|: : : : : : i:.',
                           i : :i: : : : : : :|: : : : : : | :.',
                           i : :r : : : : :丿 : : : : : | : :',
                          ,' :.7 : : : : : / : : : : : : |: : :
                          / :/ : : : : : / : : : : : : : i : : i


       「そして、残ったものは小さなティーカップに入った、一杯の紅茶だ」

469 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:06:09 ID:awMx2fZQ


     「その紅茶はとても熱くて、時に、火傷をさせられてしまう」


                                         _
                                 ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_
                          ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
                         ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
                              ヽ   ` '!                      /    .i ',
                            i                         ∨      ./ /
                            i      :                 ハ   ./ /
                                 i   ./                 ハ_ / ./
                                i /                      ヘ  /
                --------      /                       ∨
         ..:  ´             `   :..                          i
       〃       .................................        ヘ                         i
        ::.   .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  ノイ                       i
         ∨≧ ., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,. ≦./:                         /
     _   : ` ー- 二ニニニニニ二 -一 ´. . /                    /
   / r---、`ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       / `ヽ .,_            _,.  <
    i  i' ´  ヽ )                       /     \    ー---一
   入 :.     `.                   /         ヘ
  i.  \ `  ー---、                  , '           :
  ハ   `  ー---、ヽ             , '          /
   \     ハ  `ヘ.,_          _,./  /       ./
  . . \     \      ̄ ̄ ̄    /       /


                  「だが、一口飲むだけで身体は温まっていくのだ」

470 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:06:50 ID:awMx2fZQ


    「僕たちは、そんな紅茶を抱えている」


                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´


            「それは、とても幸せなことだと思う」

471 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:07:14 ID:awMx2fZQ


     「なぜならば、その紅茶は、とても甘いからだ」


                       ___                   ,. -‐- ..__
               r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__    _,. -=彡‐ '´ ̄´   ̄ ` ─
            ∠´                           ヽ /ニ´- ´  ___.
            |-、                           _ イー--‐=ニノ   \
            |  `丶──--______--── ̄    ノ'、  ` ̄`ヽj___  `丶..___
            ヽ                             | (ゝ-──'   ‐'`)
            ヽ                            |  `ヽ‐----─ '´`)'"ノ    ,.--
            ,.,,ヽ                         |   /ゝ-r- ..___.,/,/─--‐'"
        ,,, ,,--''´r'ヽ                          ノ //   ヽ-─--'′
     , .‐'´  -:'"゛  \                     /// `''ー-、
    r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
  (     lヽ、  . : ::     `--_____--´:::j      ノ      )
    ヽ、   ヽ、 `''ー-、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
      `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
         冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐'''´


         「どんな人の舌でも溶かしてしまうほどに、甘いのだ」

472 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:07:42 ID:awMx2fZQ





              / ̄ ̄\
            /  ⌒´  ⌒
.           |   ( ⌒) (.⌒)
           |   (___人__)
               |        ノ
             |          |
            j、_       |
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
        i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
        ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |


    「僕たちは、そんな紅茶を飲みながら、また本を読むだろう」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

473 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:08:12 ID:awMx2fZQ





    「そう、僕たちのシュガータイムは、まだ終わらないのだ」




                             _______
          /⌒ヽ_               |)(_)(_)(_)(__|r^ヽ
         /⌒/--->、           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ||
       /⌒/、 \-/ //-> 、           |           | //
      __|⌒i'⌒)\三ll三rヽ^)三|         , -|           |/´
    /  |||||l^ヽ(⌒)(⌒ヽノ⌒)、). ̄ \  r'  ヽ____ノ'´ ヽ
   /   |三三三三三三三三三|     \ 、 `       ´ ノ
  (      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ) ゛ =========== "
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                

                                               _______
                            /⌒ヽ_               |)(_)(_)(_)(__|r^ヽ
                           /⌒/:::::::::> 、             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ||
                         /⌒/::::::::::::::::::::::::;> 、__.       |           | //
                        __|⌒i:':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':| ヽ     , -|           |/´
                      /  |  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ノ \ r'  ヽ____ノ'´ ヽ
                     /   l   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄   \ 、 `       ´ ノ
                    (      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ) ゛ =========== "
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







              「これからも、ずっと、ずっと、ずっと」










                           終

474 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/03/22(木) 23:09:56 ID:awMx2fZQ


ということで、「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」はこれにて終幕、です。
「えー、なんだよこれー」って思われた方がいらっしゃったら、それはすみません…!

今回、土台とさせていただいたのは、小川洋子さんの同名小説です。
正直に言いますと、この小説を>>1が読んだことで、この「小説スレ」を書き始めました。
それぐらい、印象深い作品になってます。

なにはともあれ、今まで、こんな作品に付き合っていただいて、誠にありがとうございました。
心から感謝しています。繰り返しになりますが、本当にありがとうございました!

                         、__ __
                         Y´、。ハ
                          V人` \
                           }  }` ー'
                        , 彡  j
                       〃 }  ,ハ
                    .  /,  / , ,;リ      
                      , //,イ, , ; ;/
                      i'//イ{; ;. イ
                     小У!{'´ !{
                         }{  }{
                         }{  }{       ◆gDQ5bE8qg2

475 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:13:16 ID:MYO2sccc
最終話の投下乙でした!

銀ちゃんが絡むところが完全に予想外で声が漏れましたw
そして、これまでのやらない夫の語りが実はエッセイだったと言うのも良い意味で驚きました。
日記または回想の可能性は考えていたんだけどなあw

とても良い物語で、最後までほっこりさせていただきました。
あとは番外編でしょうか?
そちらも楽しみにしております。

476 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:16:03 ID:UGhZdBr.
乙でした。完結おめでとうございます。
編集者が銀ちゃんであると分かったところでハッと息が漏れました。

なんといいますか、配役ももちろんなんですが、
このスレは地の文が一番の魅力であったと感じました。
やる夫スレでこういう読後感を得られるとはなあ。

楽しいスレをありがとうございました。

477 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:16:31 ID:3l9eLGic
お疲れ様でした
あまーい!紅茶のように甘く優しいほんのりしたひとときを過ごさせて頂きました。有難うございます!
(半ば予想はしてましたけど、)担当編集さんが銀ちゃんなのが分かった時は、背筋がぶわっとして顔がにやけてしまいましたw

478 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:17:02 ID:wGLzm1j.
もう乙していい流れだよね?
そうだよね?

ってことで乙でした!!

最後まで本当に楽しめました!
ありがとうございました!!

479 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:19:41 ID:6tCp/31.
乙でした……圧倒的乙……!

人間の細やかな感情を描くのってすごく難しいのだと、しみじみ思います
それをここまで上品にまとめ上げてくれて、凄く感動しました
作者さんは以前にもやる夫スレなど創作はなさっていたのかな?とても完成度が高かったです

次回作などあれば、全力で追いかけますよ。良い話を有難う。

480 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/03/22(木) 23:22:51 ID:T8Ao7o/c
乙でした!

真紅が何やってたのかとか、この先どうなったのかとか、すごい気になる。

好きな雰囲気で、とても面白かったです。恋がしたくなりますねw
また、何か書かれるのであれば楽しみにしてます。







小川洋子「シュガータイム」


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ドクオが異世界転生したようです 第69話 (12/09)
  • やる夫とアリスの異世界出会い譚 (12/09)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 8 後編 (12/09)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第23話「巨人の最期!明かされし衝撃の真実」 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5話 『望まぬ逃亡』 後編 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5話 『望まぬ逃亡』 前編 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第4話 『計画』 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです キャラ紹介 (12/09)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その14 (12/09)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その13 (12/09)
  • アメリカンヒーローアカデミア 56 (12/09)
  • アメリカンヒーローアカデミア 55 (12/09)
  • 国際的な小咄 6237 私が食べた中華に料理された鯉たちは (12/09)
  • 国際的な小咄 6236 聖なる水か石の油か (12/09)
  • 国際的な小咄 6235 マジかー、マジだった (12/09)
  • 国際的な小咄 6234 学生運動に対する反感 (12/09)
  • 国際的な小咄 6233 この冬おすすめお手軽旅行二選 (12/09)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第十話 「戯れのシャーデンフロイデ」 (12/09)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー ── 第10話【開票! エルダー選挙のようです】 (12/09)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑨ (12/09)
  • やる夫はカントーを冒険するようです あらすじっぽいもの (12/09)
  • 魔女はやる夫になるようです #44 (12/09)
  • やる夫は竜の人財のようです 第14話 (12/09)
  • 国際的な小咄 6232 価値観の対立 (12/09)
  • 国際的な小咄 6231 グローバると (12/09)
  • 国際的な小咄 6230 大坂は回ってみると (12/09)
  • 国際的な小咄 6229 みんな感覚がマヒってるぞー (12/09)
  • 国際的な小咄 6228 プシャー (12/09)
  • ハルヒはツンネコのようです 第58回 (12/08)
  • やる夫はギルドを経営するようです 29話 覚醒するdragon (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです 5人目のPTになる"かも"しれないキャラの安価 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです 第二回 なぜなにミストキャッスル~! 今まで登場したサブキャラ紹介 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.9『ヤムチャしやがって…』 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.8『男のヤンデレキャラって少なくて困った』 (12/08)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その3 (12/08)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その2 (12/08)
  • やる夫とベネット (12/08)
  • やる夫は異世界で皆を助けていくようです 偶にはこんなifの話でも その3 (12/08)
  • 国際的な小咄 6227 まるで話がかみ合わんぞ! (12/08)
  • 国際的な小咄 6226 何だろう……このなんとももにょる感じ (12/08)
  • 国際的な小咄 6224~6225 誤字訂正、してるつもりでも集中力が ~ こんなイッチが提供してます (12/08)
  • 国際的な小咄 6223 ですよね (12/08)
  • 国際的な小咄 6222 北京の料理は (12/08)
  • エデン 第七話:「それでも夢は生きている」 (12/08)
  • やる夫とばくだん 6.戦いをもたらすもの (12/08)
  • BLUE METAL 第十話 「 水のアイオーン 」 (12/08)
  • やらない夫とまどかタイタス おまけ7 (12/08)
  • やらない夫とまどかタイタス 第43話 (12/08)
  • 国際的な小咄 6221 トロツキーの死 (12/08)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ