スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
毎年忘れる開設記念日
えっいつのまにか七周年……?


ブラウザのアプデの影響なのか若干挙動が変わっててやりづれぇ


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~ あとがき 勝負一番目 ~ 勝負三番目

目次 現行スレ

153 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:15:39 ID:d53490d6


それでは今作のあとがきと裏話、解説諸々です。
徒然なるままに思いついたことを書きつけていきますが、しばしおつきあいを。
特に興味がない人、作品の裏を知りたくない人はスルーしてください。
人によってはイメージが崩れるかもしれないからね。さて、開始です。

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    みなさんお久しぶり!作者代理の夜神月だ!
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/  
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     もうゲイリ=ゲイリー言うのも疲れたので、
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'       普通に喋るよ!ハハハ!
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


やる夫作者歴もそろそろ丸9年になろうとしているようです。
長い間読者の方に応援して頂いて、誠にありがたい限りです。
周りでは書籍化したり賞を取ったりする人もちらほらいて、この界隈もだいぶ発展したなぁと感慨深し。







154 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:16:46 ID:d53490d6


まず、このお話を書こうと思ったきっかけから。
ご存知の通り、私は恋愛系・ラブコメものを好んで書く人間です。


.       レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ
.         /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハl
       jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
       l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;
        ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',
        |ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ
.         ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!    ラブコメ大好き!!ラブコメ以外考えられない!
          ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ
.           ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj      ここはひとつ、思いっきりラブがコメった甘い作品を書いてやろうかな!!
          '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!
.            |.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
.            レl', t、::`::--イ::::/  l>y、
.         イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_

とんでもない作品を書いてやろうと思いました。
ホールケーキの上にパフェ乗っけて黒蜜ぶっかけたみたいな、そんな作品を。
とにかくみなさんを砂糖の海で溺れさせたかった。アクセル全開ブレーキなし、そんな覚悟で考えていました。





155 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:17:41 ID:d53490d6


それでまたなんか書こうと思って、色々と頭を捻りまわしてたわけですが。


==-- ミ
:.ー-:.:.:.:.:.:.> .
:、:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:`丶
:.:.\:.:.:.、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{      ネタはチラホラ思いつくけど、これ絶対長編に仕上げられないよ・・・
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ      いいとこ1、2話の一発ネタで終わっちゃう・・・
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.|
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ


書きたい場面、書きたいシチュは閃くものの、その前後がなく、お話が止まってしまうことが多かったのです。
ただの思いつきを作品に昇華しきるだけのイメージがなかなか湧いてこない。
今までのような長編にしていくにはどうしても何かが欠けていました。




156 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:18:14 ID:d53490d6



私のスマホのメモ帳に、思いついたネタのリストがあります。
それをちょっとここに書き出してみましょう。


            / .::::/::,イ:::ノ::/:::i:::::l::::`ヽ
            〃 .::i::::|,イ::l::/:;ノl::i:|:::/l:::i:::::゙l
           /! .:::::l:::i'l::!::|:l:/::i::/l:;イ|::::l::i:::ハ
           l l .:::::::::'::i::l:::/!ィ'ハ::::ノ/!ノtlイ::::i
           |1i.:::,、ヽ:|Vナf゙テ、ソイ/;'ヒナ'l::/
           ヾ. l(rレ、l `ー¨‐'  i'  `゙ ´i/     「キスをしたい話」、「王子様(女)の話」
            `、ヾ_j l゙      、 〉  ,'     
              ゙l.:::::ハ     ,... ..  /       「どう見ても自分のことが好きな話」、「からかい下手な話」
               ,l´゙レlメ、゙ヽ、   ` ¨´/
              ,<ヾヽ-、__ `゙ヾ`、t‐-'"         「同性愛者たちの話」、「作家と編集者の話」
         /`ー‐`、二=三ヽ-、ソ
        / ..:::::::::::::::::::::::::::`゙ ̄`ヽ、         「ファッションヤンキーと隠れ漫画家の話」・・・
        l :::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
       ,.ノ :::: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
      ,." :::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              r、
      !  :::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`- 、          `込._,--、
     ノ :::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|         /      k'
    / .. ::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ____,,..-‐=ヘ、     }'
  . '´ ..::::::::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ ヽ、‐-'"
  l ..:::::::::::::::::ィ、 ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ゞ-''


はい、意味がわからない。いや自分の中ではなんとなくわかるのですが、それにしても雑すぎる。
内容の良し悪しは置いといて、ひとまず思いついたものをそのままメモに残していたわけですね。
この中から長編を書こうかと思ったのですが、どうも書けない。作品のビジョンが見えてこない。
しかし思いついたものは面白そうだし、ボツにするのも忍びない。どうしようかと途方にくれておりました。




157 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:19:20 ID:d53490d6


・・・ところで、長編のネタを考えつつも、一方ではこんなことを考えておりました。


                 ...--...
               ィ´:::;::::::::::ヽ`:.、
             /::::/::::イ:::}:::::',::::.
               |:::/:::イ从::リ::::::i:::::       x ‐≠‐ 、
               {:{i:/tッ从l{tッYrv::!      〈.1     }
                 Ⅵ! 丶   ,リ.ノ:::!       乂   {    オムニバス式の短編集っていいよね!
                从 v ァ   イ::i:リ         ドー==1
                丶 _イィ ̄.ゝ-―...、    l........... l    一つの作品世界で色んな人物が主役として生きている!
                   _汽 /../......./´.......`ヽ l............ l
                  _ノ/ 7..く........../...........⌒ニ=!..............l    有川浩さんみたいなラブコメ短編集を自分も書きたーい!
                 //_| /........〉......{.........../.../... !...............l
               /..../ニ| !......./..........',.........{....{.....∧......... /
            7.../ニ| !...../..{...........′...丶.乂.....丶_/
            /..∧ニ| !.../.....乂..........`....厂 ̄  ̄
             i...′ 寸 !./......................... /
              |..′′`゙弌ニ三≧_、...{..く{
               |.′l /  V................ヽ........',
               |l !|/    ∨..`ニ=―=.../
               }l l|     V....................〈
           /|l  ! _ ..イ   ∨.................⊥.
          /..l} j  _ ..::´  丶............\...\
.            /....リ {      -‐=‐ \............ ̄..丶
.           /.......Y }ィf´  __   `{.\ .................> ..
.          /...... 厶斗<  __  ̄ V....≧s。.....................>
.         /.........{L斗ャ:≦.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:}...............\........../
.        /...........「.:.ll:.:.:.:.:v:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:|............... ノヽ/
          /............,|.:.l.:|.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:|=-‐  ´
         /.........../.{.:.|:.|.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:}

僕の好きな恋愛作家さんに、有川浩という方がいます。「図書館戦争」や「空飛ぶ広報室」の人ですね。
その作品の中に、「ラブコメ今昔」や「阪急電車」など、多くの恋愛短編集があります。
特に「阪急電車」は聖地巡礼をしたくらいのフェイバリット作品で、大ファンなのです。
いつかはそういった形式の作品を書いて見たいなぁと、うっすらと考えておりました。




158 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:19:45 ID:d53490d6




     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
             リl::l゛、           ./  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/






            ___,、___                  \人_从人__从_从人__从人__从人__从人__从人_人ノ/
         -=テ::::::::::::::::::::::::\                >                            <
         フ::::::::::i::::::::::::::::::::::::ヘ                >  一発ネタを全部繋いで短編集にすれば  <
        -=テ::::::i::i' 。、::::::iテ、:::::::ヾ                >  ボツにしなくていいんじゃね!?      <
           i:/::::7ヾ´  ヾヘ! ノ:::::::ハ            >                            <
          i!ヘ:::ヤ,.==、   i ヽ-、',__, -- 、    /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒⌒YW⌒⌒YW⌒⌒Y\
           ヾヘヾッ  .ノ::、     i ヾ:.  ヽ
              ヽ_, イ::::  ',  ::.  ,ハ  ',,   ヘ
                    j -、 ',  /.... ',  ヽ,   ヤ
                /i l ヽ ' /:::     、    ヾハ
               7  >-、 ' ::      ヾ_..、   ヾ,
                   i     ヘ       ノ::ハ ヽ  ヤ
                  ヤ -、_   ヽ、     '   ヤ   ヘヽ_
                  i   >、  〉:::::::ツ     ヘ     ヤ >- 、
                 |     | ̄`ヽ ヘ:::::...........::::::ヘ   .ヤ:.   `':-、
                i      i    \ヾ::::::::::::::::::::/ ヽ j:::.  : : :.:.::::\
                ヤ    i        >-、::::::::::::j    7:::::... :.:.:.:.:.::::::::ヽ
                 i    j          ヽ::::::7   7:::::::::::::'"  "'::::::::
                 |     i            i:::::7  ./:::::::::::::i    ,;:::::::::
                _,イ 〃 j         ∠::7  .7:::::::::::::::|    :::::::::
               /     /          /<テ>、..:7::::::::::::::::i    .::: ::::
              〃   ノ        /::::::フ ヽ i':::::::::::::::::::i     ::: :::
            /  /          i-':::::_:::/、 / ノ::::::::::/ ̄ヤ    ::::::
     , -- 、____/   /            |、ヽッ、ヽヽ__/::::::/     .ヘ
   ==テ--, 7  :. , イ            j:::>-'"¨:::::::::::/         ヘ
   〉テ==ナ:-i  /            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ
   ヘ、 i~|i~l、:: /             7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i'               \
     ¨`‐‐‐‐'              7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ              \



暴挙。
このような感じで今作のコンセプトが固まりました。
お前ホント勢いと思いつきで生きてんな。




159 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:20:22 ID:d53490d6


つまりこのお話は、ある意味では私のわがままの産物みたいなものなのです。
「このお話は絶対に面白い、どうしても読んでもらいたい!!お蔵入りにさせてたまるかよォ!」
その気持ちが昂りすぎてついにキレた私が、全てを叩きつけるように皆さんにお出ししてしまったわけです。



   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|         
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !       
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |         
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |        
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||        
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|   
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//        
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/       
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!        
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /            
  '             ヽ- ,.. ノ               
  \     `ー------- '/ ヽ           絶対に書ききる!!!!(決意)
.    \            /    ヽ
      \       /      |                  
      /ヽ、   ノ         |        
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l           
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |


こうしてこのお話の原型が動き始めました。
この時、2018年の春。なんと構想から完結まで1年半も掛かってしまいました。
そんなに話数も多くないはずなのにね。



160 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:20:59 ID:d53490d6


タイトルのお話。
「恋愛騒動七番勝負」には元ネタがあって、これは皆さんもお察しかと思います。
スマホゲーム「Fate/Grand Order」より、「英霊剣豪七番勝負」が元となりました。
FGO、サービス開始当初からプレイしている程度には好きです。イベントも走ってます。ガチャ運?そうねえ・・・

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/    七番勝負の頭にくっつける言葉、ちょっと悩んだよ!
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′    
:、l:|ハ     、____    /::i/'′    語呂のいいタイトルにしたかったからね!
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           |           .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                    :                 |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |


これに伴い、短編集の数も全七話に決定。
元ネタよろしく七番目の最後に最終勝負を入れようかと思いましたが、これはやめました。
話数が増えるといろいろ大変だったので・・・。




161 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:21:51 ID:d53490d6


副題の「ネタバレすると二人はくっつく」。これには二つの意味があります。
一つは、このスレは結果よりも、過程を楽しんでもらおうと思ったため。
皆さんに置かれては、恋の結果を気にせずに「この二人はどうイチャイチャしてどうやってくっつくんだろう?」と、
その辺りの推移をなんの憂いもなく楽しんでもらおうと思ったのです。どっしり腰を据え、安心して砂糖漬けにされて欲しかった。

そしてもう一つ。

                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、
          ////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、
       //,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!::i
         l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V::|
         l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{:::!
         l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ:::!
         l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:!:::j
         l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:!:::!
        !ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:!::i   読者の皆さんは、アレでしょ?
         l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l:リ
          ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ    「どうせお砂糖の作品なんだから、どうせ最後にはくっつくんでしょ?わかってるよ」
          ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!,′
           ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./     とか思ってるんでしょ?そうだよ!今回もくっつくんだよ!先に教えといてやるよ!!
       / ̄`トい `                 リ l//!レ'ヽ
        /:::::::::::l:.トい                     /イ!:::::::ヽ__
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!::::::::::::::::::`ー‐‐、_____
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:::::::::::::::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
 .r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __    ,∠   _「_j::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',   >-- イ    7T7:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !
 ::::::::::ヽ::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ノ⊥ノ:, ---、:::::::::::::::::::r:ゝ::::::::::::::::::::::::::::}  |


まさかの開き直りである。そういうとこだぞ。
あと、一回くらいは、副題をつけるっていうのをやってみたかったんです。
あれ?三つの意味があったな。数も数えられんのかこいつ。




162 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:22:25 ID:d53490d6


次に、各話ごとのキャラ解説と裏話に入っていきます。
まずは勝負一番目から。
主人公は「とある魔術の禁書目録」より、御坂美琴。


                         / /        /        Y  ∧
                     / /         〃   /          Y  ハ
                       / /  /    //   /l       ノ   |,   `ヽ
                   / <\/   /: //   / ノ    /    | `'く  `ヽ
                     / ii:: \> /:: l//::\/イ  / /   :l   |   >  ハ
                 / l i::   l ∧:: | {::  / ヽ.x'/   /::l  ノ   |::  ∧
                   / 八 i:: }:.l | ヽ|∧: / イイ::    /: ノイ厂`   |::  !ハ
               / イ:: 从/:::l |  |_、」{_   | !:::  /イx=ミ    八:: リ
  ー一へ、  __, /⌒ヽ |:: {{|/`ヽ:::l   ´⌒ヾヽ 从{:: / イ::r う::ハ /::/}:/
          ̄`ヽ∨'-     ∨八( く从|  ///       ヽ{   辷 シ′^/::/〃
           {``     l::  \ー                    ``  /イ /   .
                     |:::::  トー:i              '   // ,′ノ′
       ___/ヽ     从::::  | 八       ト  ___        /
      /    {      ..イ}:./!:::  |   }     V^__ フ     .イ
.     /     ヽ  _ ノ ∨ノ:: ノ:ノ,r‐v′`  .           .イ
     /      \  ノ ハY⌒く.  \   `  __ . <::. |
   /  `ヽ     Y __  `ヽ::::::.、   \     ∧::: /l::/ヽ|
    l       \   / r‐  `ヽ V::::::i    \  ,/ ハ /八{
   ノ        \ { !_      j:::::::|     ハーヘ  }\
  {   `     厂ゝ----   .イ::::::::|    / |O| ヽ   l`:: ..._
   \     >一'    ___..イ l:::::::::l  /   j j  ヽ  j:::::::::::`ヽ



七番勝負の先鋒、見事に勤め上げてくれました。
キャラクターの力強さも相まって、大変疾走感に溢れた作品になったかと。
原作でも、ラブコメに寄った際の御坂の可愛さはピカイチですね。どるーん、待ったー?




163 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:23:13 ID:d53490d6


このお話はまず初めに、「御坂を使う!」ということが決まっていました。
やる夫スレにおける御坂って、結構好きなんですよ。
以前参加した飲食短編祭「青春の芋けんぴ」でも起用していました。可愛いし、セリフが悩むことなく湧き出てくる。
頭の中で御坂が勝手に喋っている、そんなイメージ。好き。


              /: : : : : : : : : : /: : : : : : || : : : : : : :ヽ
.            /: : : : : i : : : : : /: : : : : : : ||: : : : | : : : i
.            : : : : : : |: : |: : / i: : : : /} : { : : : /|ヽ: : }
            { : : : : : : |: : |: /,斗=≠十: :\:/ | { |: |
            i : : : f{∧|: : |: | |/ |/  |: : :/ 、/ :.|: |
         ': : : : { ( |: : |: |., ==ミ、 !/  /㍉: |: |
        /: : : : : ヽ |: : |: | ..:::::..       ≠、.' : /:/
          {: : : : : : : :`∧: !: !           ...::.':/|/
         ∨: : : : : : : : i∨、|           ' //  |!
        /|: : : : : | : i:j    、   ` ‐   イ:.|  |!
            j/i : : : | : ト゜     ` ,.―‐ .´i: :i: :|   }!
          / .| : : :∧:.| >、  / : i : l: l l: :|ヽ!  j!
        -=≡三、 ヾ!    >くヽ∧ l! l |ヘ{
      /―― 、 : : ヽ     }  {\ |:l∧j
     / __  、: : : :\.   /   {  |ト、
.    , /    ヽ ヽ: : : : :ヽ_ハ   {. ||: :>、
    i'        、  、: : : : : : :∧  {. ||: : : :|iヽ
    |           、 、: : : : : : : ヽ.  ||: : : :|} }
    |         \\ : : : : : : \'ノ : : : l} |


中でも起用を決定づけたのは、他スレさんの御坂が私にとって非常に魅力的だったからです。
ABC ◆AdVoHBYtEQ氏のペルソナ系オリジナルスレ、「やる夫のディストーションクラブ」がそれです。
この作品を読んで、御坂をヒロインにしたいという欲が止まりませんでした。
私はこうやって、他の作品の影響を多分に受けやすいタイプです。他のキャラにもそういうのがある。
ディストーションクラブ、皆さんも是非読んでください。




164 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:25:47 ID:d53490d6


次に思いついたのは、御坂ヒロイン話のコンセプト。
このお話の描きたかった場面は、「告白の練習をしていたら相手にそれを目撃された」というところ。
あの第一話の「わああああああああああ!!!」のシーンですね。
まずそこだけがポンっと思い浮かんでいたのです。これ以外はなんもなし。
そこから二人の出会いや関係、お話のオチまで、全てを肉付けしていきました。

                           _ _ _____
                             ̄`ア ̄. .ミ. . 、
                  . ´    / . . ∠二. . .   \\
                   /    . . {. . .厶.--  .  . . . 丶ヽ.
               , ' .    . .    V´:_:_:_: . .  `ヽ. . .    、
                  //   . /    .i-:-:- : : ミ . 、. .\ . .
                  , .´    . .′  .  j三≦:_: : : :ヽ.\: . 丶 . . .  ,
               /  . . ,  . ;. .  i. .¦ ;⌒'Z:≦三厶 \: . .\ . . ′
               .′. . ./. . . .!. . . .!!. .| U,   `≧=‐: : . 、\: . . 、 . . ,
              . . : 〃 : : : : i:i: : : :ii : l /  __、 `弋マ⌒ヽ ヽ: . .\ ′
              i: : :/ i{: : : : : i:,: : : :iヘ 〈, ,ki弍弌    } ,〈__} }: : : : . . `ヘ
           ;i: /{: :iヘ: : : : :i:iヘ、_;_V^v;代礼ッ-     }^7 ハ : :ヽ: : : . ',
            リ/ ': :Vヘ: : : :!:!_、\i ″ '^゙ / / / ;  'V ∧: : ,: : : 丶: : ′
          ノ'   . . 、:、 : :V劣ぃ  / / / / / U   ‐〈: :}: : ′: : :i: :\: . 、
                  、 ヽ:\从_):ツ,   ' ′         V: :}: i: : : :i : : : ヽ. \
                     \:\iバ'/〈        -ヘ       ∨:i !: i: : ! ; : !.\\ ` ‐-
                      \;!: ∧u  ___/__,ノ′ .   _厶'ヘi:|: |¦ iiヘ. :`トミ
                      i: ': 介: ., └'´   /  . ´    V: : :} }: :リ \i
                      i i:/: | i: i`>: .,_.イヘ /      _〉: :, :ハ/
                      i i{: : ! !:!i' : :{: :{ : j/        ´ ∨/
                     いV:乂j:!: : : 、: 〈′    /     〈
                    ノ'ヘ{ i : 、: :{\〉   /          ,
                        jハ{\:∨  .      __     ′
                               `}__/__ _      `ヽ、   '.
                              /ア >--      \  ,
                            〃{,/     \        }
                          /′/           \ .    .′
                             ,   {/          ∨   ,


一番目・前編、実にすらすらと書けました。
シチュエーションが実に御坂に馴染む。馴染むぞ!WRYYYY!という感じ。
おかげで楽しかったよ。サンキュー御坂。フォーエバー御坂。




165 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:27:13 ID:d53490d6


相手役のやる夫。
やる夫スレであるからには、やっぱりやる夫を出したい!ということで起用。
御坂とはいいコンビになってくれたと思います。


               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/


やる夫スレ黎明期のやる夫といえば、クズでニートのダメ人間。ある意味ではそれが本来のやる夫とも言えるでしょう。
しかしやる夫スレ中期にデビューした私の中のイメージは、明るくて良い奴で、どこか抜けてるおバカな友達というところ。
今作でも私の中のやる夫を目指して、まっすぐに書きました。思えばやる夫もスラスラ台詞が出てきたなぁ。
あと、あんまりだおだお言わせないようにしてます。なるべくですけどね。なんとなくそっちの方が好き。




166 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:28:41 ID:d53490d6



・・・ところで、この話を書いてた頃のこと、あまり覚えてないんです。
何しろ1年半も前なので。完成してからだいぶ寝かせてしまっていたなぁ。
ぶっちゃけ、前作の「かくれ奈さんはかく語りき」を投下する前には完成してたんですよ。
ある程度書き溜めを作ってからと思ってたら、こんな時期まで引っ張ってしまった。

           .  -――ー-,. .
         / . : : : : : : : : : >: .\
          /廴 : : :′: : : : : : :> : .  }ヽ
        /^ 7 ー { | - - : :く - ヽ ヘ'.
      / 〈〉′:./i:.!.{ :/: : iハ 「Z_: : '.: :ハ
     .: .: il:. ./:i:.l:..: V:イ .:l:. :i |  ミ:. i : .|
      |i.:.:.|{:.:廴|:ト:.{:、V}:..:|:.:/}} u_.ヽ| : .|
      |l:.i:从.:|从{≧ー乂/}ナ≦´  ト} : .i.!
     N{Vハ{弋:::歹  / 弋::::歹 ノ-、: .|′
       { (i///        ///i) }: .{
       |ヽ._. u         u ;イ:.. i:|
       | /八           小!:.. l:{
       ノイ: .:l i> . ^^^^^^^^. イ:.:. {|:.:i:N
     / }.: .:li:|!:.:iL i ー i爪li:.:|i:.:. ||:.从
       {∧:|}ハノ` ァi r '´ V:小:. :ノ' ′
        {__V ヘ _/ ,} }ヽ ノ`ー<:{
     /´      〈 j        `ヽ、
    / i         ヽ{          ハ
   ,′|!         |            i′ l



       /  ̄ ̄ \
      /ノ  ヽ__   \
    /(―)  (― )   \
    |.  (_人_)   u |
   \   `⌒ ´     ,/
     /         ヽ
.    / l   ,/  /   i
    (_)   (__ ノ     l
    /  /   ___ ,ノ
    !、___!、_____つ



とはいえ、あまり苦もなく書けたのは確かです。
話のオチも、やる夫と御坂らしくて個人的に好き。ありがとう二人とも。愛してるぜ。




167 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:30:29 ID:d53490d6


勝負二番目に移ります。爆豪とキル子のお話ですね。
このお話を思いついた時のこと、今でも鮮明に覚えています。
時は2018年5月。ちょうどゴールデンウィークで、実家へ帰省していた頃でした。
第一話の御坂とやる夫の話を書き終えて、さあ次をどうしようかと思案していたのですが。


              ,.ィi〔/:::;::::::::::::::::::}:::::}::i::::: ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.           /::::::/:::::{:::::::::::::: /:::::ハ::V::',::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /:::!::::::〈:::: ∧::::::::: /:::::/:::}:::}:::|::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          /::/|:::::::∧::::::::\:::/::/:: /::/:: |:::::l:∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.         /::::i::{:::::::: ∧:、:::::: \:::: : /::/:: : |:::::|:::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
        /;:::: |:::∨:::::::∧:\::::::::\/::/:::::::::|:::::|:::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.       /::|::::::{:::: ∨:::::::∧ ,メ、:::::::::〕iト::...._l: : |::::::: |:',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     i::::|:::::::V:::::∨:::::::::::v'〃´゙\::≧=-:}::::リ::::::: |:∧∧:::::::::::::::::::::::::::::::|
      !:|::V:::::::V::::::\::::::八:{ fハ ノ\` V:: /:::::: : |::::!', ∨::::::::::::::::::::::::: |
.     |:i|::::V:::::::\:::::::\::::ト、 ゞ'     /:::/::\:::: |::::|:|  :ト、:::::::::::::::::::: : |
.     |{ i::::::V:::::|:r‐ 、::::∧、\      厶イヾ\:V::|Ⅵ:!} / /::::::::::::::::::::::::|
.     |i l:::::::V:::!l fハ/\::', `ヾ         ゙}:リ }:! レ /:::::::::::::::::::::::::::!    新宿に四川料理でも食べにいこーっと!
    八 ∨:::::\l :X. ::::::.ヾ           j/ }' r::'::::i:::::::::::::::::::::::::l
.         ∨:{::::::\ ヽ:::::^::     __/        ! |:::::|::::::::::::::::::::::::!    まったく、辛い料理は最高だぜ!
        ヾ\:{‘,       _ -‐  7           从!::: lV::::::::::::::::::::{
              \',   r ',..γ´:::: /           /: : l::i::| V:::::::::::::::::l
.               ‘ ,  \:::{:::::/          /: : :.j:/}:! !:::::::::::::::i
                  \   ̄-::'        , ': : : : : : リ ハ:::::::::|::リ
                   \          / : : : :     l  }::/i::|/ヽ
                   \      ,. イ: : : : : : :   l: : :}' }'( } ∧
                     丶__  <: : : : : : : : : :   l: : : : : : :/   \
                      ヾ‘,  \: : : : : :     l : : : : : /
                      厂 ̄ ‘,   ゙ : : : '    l : : : : :/



私、お砂糖なんて名前ですけど、辛い食べ物も好きなんです。
で、久々に馴染みの店に行こうと思って、行ったんですよ。四川料理。美味しかった。
ちなみに西口にある「天府舫」ってお店なんですが・・・え?興味ないって?あ、すんません。



168 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:32:01 ID:d53490d6


それでまあ、確か麻婆豆腐かなんかを食べて、満足して店を出たわけですが。



.       レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ
.         /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハl
       jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
       l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;
        ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',
        |ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ
.         ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!    ごちそうさまー!あー美味しかった!
          ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ
.           ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj      さーて、それじゃ買い物でもして家に帰ろ・・・
          '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!
.            |.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
.            レl', t、::`::--イ::::/  l>y、
.         イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_




      , --...- .._          /
     , '"::::::::::::/:::::::::::ハ 、     .|       .,,,,
    ./:://:::/::::l:::::::::|::::::::ハ     |    .l|l " 'i!
   /::::/::::/:::/::::l::::::l::::|:::::::::ノ::::、  .|   .||   il'"
  ./:::l;/::::l::::/:::::::l::::ノ:/:::::::::ハ:ハ     |   o  .o
  .|:::::/::::/::/:/:/|:::::::/:::://l:::::::ハ / \
  |::::/::::/::::l::::/,::::/:::::ノハ |:::/ハ -  \
  .| l |::::|l::ル/ ・ `ル//ノ ・/`l::|:リ  ヽ   /ヘ__/
  .|::::l:::::::|/  ` ̄´   i ̄.´/|::/
  `::::::ミ::::|l      _ ;   l::/
  l::::::ミヘ:|   ._    _,  .l::/
   l|::ハ ` 、   ~ ̄二´  /|
   ハ::|  `       .//
     l::|   ` 、_  /リ
     ,《|..,,__     ´ |
   i!i!i!`  ~""'''‐v,-'、"l~'''‐- ...
-'''i!i!i!i!i!`、   /ヘ彡.|\ |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!'''‐- .
i!i!i!i!i!i!i!i!丶  /  iミ.|  |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iヽ
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`、/  l.ミヽ .|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ  |ミミ\|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|





169 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:32:58 ID:d53490d6




                     / : :/: : :/: : : : : : ',: : : : : \: : : : : : : : : : : : : l: |: : : : :',
                     ': : :/: : :/ : : : : : : : ',: :\: : : \: : : :\ : : : : : l: |: : : : : :.
                   /: : /: : :/: : : : l: : : : : ', : : \: : : \ : : : \: : : :l: | : : : : : |
                   .': : /: : :/: : : : : : : : : :l: :',: : :',: \: : : \: : : :l: : : l: | : : : : : |
                   |: :/: : :/: : : l : : lハ : : l\',: : :',: : :\: : : \ : }: : :l: ,' : : : : : |
                   |: l:l: : :| : : : l : : ト、: : :',: : : : : :',: : l \: : : `:}: : :l/: : : : : : :|
                   |: l:l: : :| : : : |、 : |=ミ、: :',、: : : : :l\Y´ 三≧=7: :/: : :l : : : : l
                   |:.从: : : : : : {<{: | o \', \: : :',γY´ o У:/: : : :l: : : : ,'
                   V |l: : :|: : :l :lゝ: |  -‐'^  \: ',  ゝ  -‐'ハ: : : : :l、: : :,'
                     ', : |',: :.l: ',             \       / }: : : / }: :/
                      ',: |:,',: l\ゝ      ,              }:l: :/ /: /
                       ',:|',: ',|           {            |:/ /: /
                       V从         丶_ _,         |iチ: :,'    ヤンキー少年と恋愛漫画家ヤンキー少女のラブコメを書こう
                         八                      /l: : :,'
                          }丶     , -─- 、         ' イ: :,'     配役はヒロアカの爆豪と学ランキル子で(確信)
                            八:{\    ̄ ̄ ̄ ̄    /   }: :|
                           |  \    ̄ ̄    /     }: :|     
                           |   \        /   / /ト {
                          ,ィ^l    \     /    /  ノ }、    
                         // l        ̄ ̄       / /   }ニ=
                        /ニ′ \      ヽ       //    }ニニ\
                       /ニニ      \        , -'"      }ニニニ',ニ=-
                 -=ニニ/ニニニ      \     , -'"        ニニニニ',ニニニ=-
            -=ニニニニニニ/ニニニニ|       , `---´-、            ニニニニ',ニニニニニニ=-
     -=ニニニニニニニニニニ,'ニニニニ=|        ////////∧         ニニニニニ|ニニニニニニニニニニ=-
-=ニニニニニニニニニニニニニニ{ニニニニ|     ∧////////∧      /ニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニ


なんか、降ってきた。
店を出て1分ほど歩いたところで、作品が形になって降ってきた。
なんなんだそれは。そんなのネタ帳に書いてなかったろ。




170 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:33:34 ID:d53490d6


そんなわけで主役に抜擢されたのは、ヒロアカより爆豪勝己。
口の悪いヤンキーキャラということで起用しました。爆豪、結構好きなキャラです。


                             /V             ⌒Z
                         /                  /
                     <               く
                     /         、    ア  \
                     <    {/   V  \     \ 〈⌒
                    /        {   /   、ノ /  \
                    7   i{ { /Vハ  /\{、    {   く⌒
                        ⌒Vハ 辷tッフv 辷tッフvハ 厂
                         V⌒`     l     j⌒)ハ{
                    _ ‐ 、乂',    `     , ィ
                    _ ‐ ⌒\\公 、 v二 )  イV }
                  _ ‐    _ \、 ヽl \__   イ })ニ}
             _ ‐     /く^ー ノノノニニl   r==≦ニ=}
           _ ‐      /   ^ー ⌒ ̄)_|   }ニニニニニj\
         _ ‐      _ ‐ __  イ ̄ニ= ノ  ノニニ=‐/ニ/^ 、
       _ ‐       イ⌒ニ= l   {ニニニニ|  } {ニ=‐/ニニ/   }\
     _ ‐       /_} }ニニニニl   {ニニニニ|⌒ 〉ニニニ==‐{   }ニ=\
   _ ‐        /____}ニニニニl   {ニニニニL /二ニニニ=‐{   }ニニ=‐\
   /          / ̄⌒ ̄ニニニニl   {ニニニニニ{二ニニニニニ={   }ニニニニニl
  , /      /ニニニニニニニニニ{=‐l   {ニニニニニ{二ニニニニニ={    ,‐=/ニ/]
  ,/      /\ニニニニ=‐ ⌒{=‐{     ̄ ̄ ̄{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /ニ/// }
  {    ー  }ニニ}=‐        {=‐{_____{___________/ニ/_{ {   }
   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄          {ニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニニ/ニ\\ }
                        {ニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニ={ニニ=‐l l }

原作では全然ラブコメに縁がない爆豪、その辺りではキャラ再現に苦労しました。
いや、セリフは割とポンポンと出てくるんですけどね。
あんまりラブラブコメコメしすぎると、もう一人の私が「爆豪はそんなこと言わない」と囁いてくるのだ。つらみ。




171 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:34:53 ID:d53490d6


爆豪を書くときに意識したのは、「口も悪く素行もよろしくないけど、根本的には善人である」ということ。
原作でも彼はキレキレに尖っていますが、彼がヒーローを目指す信念とひたむきさには一点の曇りもありません。


                     /|/!
                  ,、 /    /  _
                  / ∨    ´ ̄  >
               マヽ            フ
               ミ,      /!シ|   ヽ ー,
              /      メ _::::::ヽ!:ヽ| r <
             〉 ,     lj ゝ‘ !::::::_::∨ ノ
              フ / | ト' - 、   jゝ’:l ゝ
              / x ヽ ' ソ   マ- `ヽ、  ! メ
                从` |    ヾ- 、 ノ ./ソ
                 ヾl > 、 `  /
               _xェzzf ̄|ヽ      T
         x≦ニ<   j  l  \   /ヽ≧x
        f  ヘ       メ .j イ´ ゝ ノ T` ヾ≧x
     f ̄ .|   ヘ  /  \ //!   |!  |ヽ 〉   `ヽ
     |   |x≦ ̄ム    // |   |  | ∨    / |
     |x≦///////∧  ∨  l  .l  |   〉   / |
    γ////////////ム  ヘ   !  .|  |  /  ./  ,
    ム/////////////∧  ヘ  |  |  / /   /  メ
    l///////////////∧  ヘ l j //    | ./
    |/////////////////ヽ  \ ! /      l ,'
    `Y////////////////! \  |         .l  }
      マ///////////////ム //\ ○     j  〉
       マ.///////////////\.///\  ‐- _ |  |
        マ/////////////////\//_ヽ_    ヽ ハ
       マ//////////////// /  x ´二ヽ 、  ヽ.ハ
       マ///////////////  .//ニニシ///>ヘ |             _
          ∨///////////  ./ / ニニニ///_////// >  --一=  ̄
        ____ヾ////////シ   メ メニニニ/  ̄
  f  ̄       ム/////   / /ニニニ}
  ヘ           Y///ム   /./ニニニシ
   ∨        ゞ‐一ヘ / /ニニ/
    ∨            ゝ 一


「クソが」「ボケが」と汚い言葉を連発し、上辺だけじゃなく常に本気でキレまくる。
しかしその根底にあるのは、悪意ではなく善性。
このギャップが爆豪の魅力の一つなんじゃないかなぁと、そんなことを考えて彼の動きをイメージしました。




172 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:35:56 ID:d53490d6



あと、なんていうか原作の爆豪って割と常識人というか、意外と所帯染みてるんですよね。
乱暴な言動や行動の端々に隠しきれない育ちの良さを感じてしまう。
クラスメイトにキレ散らかしながらものすごい包丁さばきで料理作ったりしてるし。
そりゃヒーローに憧れるくらいだしな。お母さんに愛されて育ったんだろうな。さてはいい子だなテメー。


         /                 >
         /  ア⌒               \
      <                         >
      /     \{   >          \  〈
    ∠          N     \   \}   >
     /             ∧ \{⌒`V 、     \
     7 ∠     ∧{/V ‐ 、  {\{―\ }  厂
     '   7    V  { ̄ ̄ ``\{ '´ ̄  V /V
    厶ィ  Y⌒\  N\_ fうノ    fうイN
        И 人(  } V          l  ̄  リ
         }ハ 介= 、   u          l
            VハN人        r ┐   ノ
            }  个s。      ̄  /
    _ ‐   ̄⌒ ‐ _   ≧s。 __  イ_
    {⌒  _       ‐ _    {⌒\  \
    {__    ‐ _  _ ‐ ⌒',   ` 、  ', ̄ ',
   / ̄⌒\   { ̄  O  }       \ ', O }
   ,        、 {    O  }_ l___  ハl O }、
  ,       {\,   O  }\   / O ー=く ヽ
  {        {ニ=',___/   、/ O /ニ= }   l
  {        {ニニニニニニニニ\       〈ニ=‐ }   |


こういう「粗暴に見えて意外と冷静でマトモ」みたいなところをピックアップしたりもしてました。
キル子の怪我を気にしたり、カバンのチャック閉めろと言ったり、三年なんだから勉強しろと言ったり。
キル子にもやらない夫にも、よく読むと至って普通のアドバイスをしてます。マジメー!




173 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:37:04 ID:d53490d6


二番目のヒロイン、キル子feat学ランスタイル。ヤンキーな女の子のイメージで起用。
僕はね、学ランキル子が大好きなんだ。
長身、長髪、巨乳、学ラン。最高すぎる。私の性癖を完全に撃ち抜きに来てる。
作者様に感謝。あなた最高だ。ありがとうありがとう。

                        ____
                       ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......、
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                  .:.:.| :.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:. |:.:.:|:.:.:i:.:.:
                   |:.:.|_:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:._|:.:.:|:.:.:|:.:.|
                   |:.:.i.x=ミ  ̄ x==ミ|:.:.:|:.:.:|:.:.|
                   |:.: 《廻}   廻} 》:. |:.:.:|:.:.|
                   |:.:从 ′ __   |:.:.:|:.:.:|:.:.|
                   |:.:.|:.: 、 マ_ w) .イ|:.:├-、.:|
_                 |:.:.|:.:.:.|>r-‐个 .|:.:.:|′:〉"⌒ヽ
\:  ̄¨¨: :ー--‐冖¬-――= |:.:.|ー' :-个ー┤ .|:.:〈: :/: : : /: :∨
: : ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|:./\: : : :\_:j\!:./∨: : : :i| : : |
: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !′: : \: : : : {  !;′.〉: : : ┴<∨/
_:/---―――――――=弌、 : : : : : : : : : : _j    `ー‐-=ミ、 ` 、
                 ` <: : : : :jレ': : :〉     \    }\: :∨
                    \ : ′: :/ 丶、 ___、_ ノ ‘, }
                      Ⅵ: : /      ̄ ̄ ̄     ∨∨/
                        圦 /           _. イ: : ∨
                       ノ ト、          厂∧: : : : ∨
                     _/ :小 ≧=-=≦     .{: :i/∧ : : : :
                >''" ̄: : : /|            :{ : |  ∧ : : :
              / : : : : : : / : ′           .{: ∧ /∧ : :
              / : : : : : : / : : /          {: : ∧ /∧ :
             / : : : : : : / : : : /             ∨: :∧ /∧


苗字の「逆札」は「さかふだ」ではなく「ぎゃくさつ」です。
これは◆UkaYc1itRwさんの作品「やらない夫は相談を聞くようです」に出てきたキル子ちゃんから拝借しました。
勝手にお借りして恐縮ですが、この作品、私は大好きなんです。同じくこの方が書かれた「箱女」もおすすめ中のおすすめ。
この二つも是非読んでみてくださいね。




174 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:37:17 ID:d53490d6



一人称は「アタシ」。なんとなくなんですけど、学ランキル子の台詞にはカタカナが似合う気がするんです。
バクゴーとか。ガクセーとか。上手く言葉にしにくいんですけど、音を伸ばす発音をしがち。
この方がなんかヤンキーっぽいような気がして。私だけかなぁ、この辺の感覚。

                    ___
                     ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
.               :.:.|:.:.| :.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:. | :.|:.:.:
             |:.:|:.:.|_:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:._| :.|:.:.:|
             |:.:|:.:.:|___  ̄ ̄ ___|:.:|:.:.:|
             |:.:|:.:.:|t¨¨茴     ^¨¨茴フ|:.:.:|:.:.:|
             |:.:Nr v'/r┐   ,   ////|:.:.:|:.:.:|
             |:.:||{_>' /  ___    ,:|:.:.:|:.:.:|
             |:人`    `ヽ マ_ ノ . イ: |:.:.:|:.:.:|
             |:.:|个z_    ) ‐-<,ノ∧:.|:.:.:|:.:.:|
             |:.:|:.厂 : ≧s〈 7   ∨: :〉|:.:.:|⌒ーヘ
             |:.:l/: : : : : : :/〈    |:/: |:.:.:|: : :/∧
             |:/ : : : : : : ;′ 〉   ∨: : !:.:/: : ′:∧
              /: : : : : : : ;′/ 〈   \ j;/ : 〈: : : : :|
.             / : : : : : : : ′;′  ',   _∧: : : : ∨ : :/
            /:i|: : : : : : : { :| ̄ ̄ ̄  |: : : : : } : ;′
           ,: : |: : : : : : : {: ノ -=ニ=-   .j: : : : :ノ: ;′
           j{: : ∨/: : : : /´     ̄   ,/ : : /: : {
       ___/⌒: :、: : : :_: イ-= ⌒  ー=/-=彡: : /〉
    厂ア´: : : : : : :个‐: ⌒/        ./: | : : : : / :∧_
    ,:/: : : : : : : : : : : : : : /       .|: /: : : : : : /|: |⌒≧=‐┐
   .′/: : : : : : : : : : : : : /|           V: : : : : /: : |:|: : : : : : |
    | : ′: : : : : : : : : : :/:ノ        j: : : : : : : : : :|: :∨/: : : :|
    | : : : : : : : : : : : /: :く_       ,: : : : : : : : : : |: : :∨/: : :|
   '; : : : : : : _/⌒~^ア_j{_≧=-~t'^7: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : ノ
    ',: : / ̄    /: : : : : :  ̄ ̄ ̄¨i: : : : : : : : : : :∧: : : : : /
     ∨        ,: : : : : : : : : : : : : | :|: : : : : : : : : :| \: : /
           /: : : : : : : : : :‐-: : |: |: : : : : : : : : : |> . ∨
           ,: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :|: : : : :> .
.          { : : : : : : : : : : : : : : : : : \__/: : /:〉: : : : : : : : >.
.          {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸¨¨⌒[_: : : : : : : : : : : : : : .、
            ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、   ~ - :__ : : : : : : : .、
            /∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   r―---┘: : : : : : : :\


学ランキル子はカッコいいAAと可愛いAAが実に豊富!重ね重ね作者さん素晴らしいぜ!!
その魅力を十分引き出すため、台詞回しには気を使いました。
スタイル抜群で芯の強いおねーさんが、実は恋に恋する乙女だった展開、大変僕は好みです。
このお話も楽しく書けました。満足満足。



175 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:37:58 ID:d53490d6


・・・あと、第二話前編にでてきた「あの叫び」。
一連のセリフが作者の心の声なんじゃないかというコメントもありましたが。

                           ___
                    ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
                  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                   /:./:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
              ,..:.:.:./:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
                /:.:.:./:.:.:.:/:.:.:/:.:.:\:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. ,’ :.:.:.:,
            /:.:.:./:.:.:.:/:.:.:. 7 ―-\、′:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:}!
              /:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:/ x≠ミ、ニ丶、:.:./:.:.:.:.:.:./|
             ./:.:.:./:.:.:.:/:.: o:/ 《  廻}i三三ニ`←一: /:.’
            /:.:. / .:.:_/:.:.:.:.:/ ゚ ゙Uー '三三x=ミ. `rv':./  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从从_人__人_人/
           ./:.:.:./ 厂/:.:゚ :.:/o     __ ‐ニ三! 廻}》/:.:.:/.   ≧                                 <
         . -─―-く :;′:.: /\ ,.ィwv \   `ーJ,:.::.:/. -=ニ  テメェに恋愛作家の悲哀が分かるかあああああ!!≦
.       //∧: : : : : :`i.:.:.:.:.i: : /∧   ヽ `7  /:.:.:/     .≧                                 ≦
.     /: : : :/∧ : : : : :|:.:.:.:.:|/ \\   j/  ,.イ:.:.:/o゚    ./Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WWWY⌒W⌒Y\
.   /: : : : : : :/∧: : : : |:.:.:.:.:| \ \>'´  /.,′ ;′
.   : : : : : : : : : : /,: : : : |:.:.:.:.:|  .イ>‐-- z< o |:.:.:.:|                
.   : : : : : : : : : : : :i : : : |:.:.:.:.:|  _∨: : :/     |:.:.:.:|    __      
.   : : : : : : : : : : : :| : : : ! :.:.:小.´ ∨:く       |:.:.:.:| _∠_`\--、       
.   : : : : : : : : : : : :| : : : ∨ :.:i∧  \ :\    |:.:.:|//ヽ \ \ }     
                                           


                       、丶`  、丶`
                  /{、丶` (、丶` /__
             __/             /
             \                ``~、、
             /       ′     \     >
           _/       /      ∨       __、
            ア        ∧       \      \
          ∠    |        ', /        、 丶  (⌒`
          /_   |  | _   ∨   /     \    \
             ⌒/   |  | ⌒/V、∧   / _V ノ、l   !   |⌒
           厶ィ |  l 斗tッ=ミ∧ l 斗tッ=¬ /|  |
             厶{ И∧ 乂___ 三三三ー=≦V⌒\_|
                八乂V ∨      l       爪  「
              }\__', u     j     /ノV\}
                И  込、      __   /            
                 }/}/}\   ' ´    イ 
                  ∧   、    /{
                    ,     ̄   {
                      rく}           {>、
                      /  `丶、    ∧  l\
                     /',    /',  /  , !   、ー  _
          _  -=ニニ{   ,  /  ',┐ {   ',」    丶⌒ ̄  ‐ _
       r=ニニニニニ=‐  {   ', /    \ノ   ',    \       }


ここはノーコメントとさせていただきましょう笑。
なんであんなセリフを書くことができたんだろう。ふしぎだなぁ。




176 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:38:28 ID:d53490d6



勝負三番目、美樹さやかとねらう緒の話。
実は、このお話のプロットというか、アイデアはだいぶ前にできていました。
「男の子をからかって遊ぼうとした女の子が、逆に男の子の好意に押されてあたふたする」というのがコンセプト。


               .. .. --:7:ヽ――: . . ..、
             /: : : : : ::l: : : : : : : : : : : :.\
            ,. : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
            ./: : : /: : : :/:/l: :i: : : : : : : : : : : : :.ハ
           /:: : :/: : ://:/ !: l: : : :l: : : : : : : : :l: : :.
          ./ /: /:: ::/l::ll:l   !: !::. : :|: :l : : : : : |: : : :!
         /: :l: :イ:: /_.l斗lイ l::ト、: :、!: : |: : : l: : |う): :l
        ノ : ::|:: :l::/  l' l!.  ',l \lー:l:、: ::|: : l)): : :!
         | : : |: :.レ       i!   ヽ \: ::|: : l::::: : |
         | : : |: : | x==、       _  ヽ.|:: /:|::: :l|
        /イ: .:| : :| , , , , ,      ´⌒ヾ.  |/.: :!::::ハ!
       ./' l: ::|: : |      .,     , , , , , l::: : |:::::lヽ._
            |: l:|: : |    ,、____.       /! ::/:::/
            ヽト:ヽ::l>.  丶 __.ノ     .ィ::ll :/l:/
            ヾ',lハlヾ>,.      . </レ./:/ /
             ヾ. {ミ===`T´=='=}   /'イ
         __ /`v‐,ィヽ、.  ||  /.l__
        ./ /  ̄二l_――.、._}{_.ァ――"'、 ̄ ̄ヽ
       .ノ  |   --、}:::::::::>{::::}<:::::::::::::/   ∧
     /  l |   ィ }:::::::::::/´Tヽ::::::::::::::::l   /  \

これのヒロインにまどマギの美樹さやかを起用し、ささっと嘘予告に仕立てる。
2018年の2月に、「からかい下手の美樹さやか」と銘打って投下していました。
タイトルは「高木さん」のもじり。お前にはオリジナリティというか、独自性がまったくないな。反省しろ。
ちなみにこんな感じでした。相方も違うし色々とふわっとしている。
ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-21615.html




177 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:39:02 ID:d53490d6



美樹さやかを起用した理由は、私がこういう「元気で可愛いお調子者の女の子」が好きだからです。
私がキャラを起用する理由なんかそんなもんです。好きは全てに優先するぜ!
そしてそういう女の子を恋に叩き落としてやりたかった。返り討ちにあって慌てふためくがいい。

                   _____
                   ´     `丶、
              /::.................::........   \∩
             .::::.......〈::::..........::::............(\r(ヽヽ
         / /   /::..../::..∧:::....... |:::::......... \`ー' }
          /   ;::::....::: /__ノ:::..... |\ー∨:: と,,__/\
            |::::.. |:Y⌒い:::::Ν'⌒い::::....|ハ
.        { {    |:::: 人|  Vソ\|  Vソ|:::::∧:∧-==∧
              И:::.. i|//   __,..ィ//│:厶八 マZマム
               ::::::[:ゝ  ヽ _ノ イ|/:;ン⌒'ー┘
              \   \| V⌒マぇ_r≦  Υ        _〉
                丿  \__》〉レ'⌒}}/ /)ノ^゙¨¨´
                  く_    {:::::}:::}::::::;ン¬'´ ニ⊃
                \  〈ン>'Z´  」  ┴っ


それと、不亦/心駄 ◆U87dUIT4yoさんの作品「やる夫とさやかの脱!恋愛弱者講座」が大好きでして。
「私もさやかちゃんを可愛く書けるんだ!できらぁっ!」という謎のライバル心から起用を本決定。
何度もよそ様からインスピレーションをもらって恥ずかしくないんですか?5回くらい全通しで読んだわ。好き。
あと、小説作品の書籍化おめでとうございます。買いました。この場で報告してもおそらく目に届かないと思いますが、一応。




178 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:39:23 ID:d53490d6



そしてこの時は嘘予告を投下して満足し、そのまま放っておいたわけですが。
七番勝負を作るにあたり、ネタをサルベージしたのです。
だってさやかちゃん好きだったし、あたふたする女の子も見たかったからね。

               /: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : .\: .\: :\
                 /: : :/: : : : : /: : /: : :/ |: : : : : :|: : : : :ヽ: : ヽ: : :.
                  /: : :/: : : : : /: : /: : /  !: : : : : :ト、:|: : : |: : : |: : : :.
              |: : : |: : : : : :|: :/|:`:癶、_ l: ハ: : : :! |:|\:_|: : : :i: : : :
              |: : : |: : : : : :|:/メ|ン ̄`ヽヾ! ヽ: : iニリ_'"}:j: :.i: :|: : ト、::.
              |: : : |: : : : : :レ  , ´⌒ヽ.  ...ヽソ,, ´⌒ヽ. : :.l: : i \
              /: :_:_i: : : : : :.|. . {     }     .{     } 〉: :.!: : !
              /: :/ |: : : : : :.| .乂__,ノ     .乂__,ノ .!\|: : |
             /イ:|  !: : : : : :.| .:.:.:.:..:.:.:.:..:.:  , .:.:.:.:..:.:.:.:..:.:|: : : : :.!
                 |: : ー!: : : : : :.| u / / /  / / / |: : : :.│
                  ..:. : :.|: : : : : :.ト、                 /: : : : : !
                 .:. : :ヽ:∧: : :.l :、   `ー '        /: : : : : :/
               \/|:ト、ヽ: : L  >:.. ____. . . : : : /|: : : ハ:/
                    ヾ ∨x:├`≧ 、_ ⊥::┐/|: / .|: / /
                >x-'"  >   ̄ ┐|┌'}、 '"   /
             / ̄  \     \___/┼|y _77:. 、
           /  \   \/ ̄    Y ̄}'   \ \


さやかは犠牲になったのだ。お砂糖の性癖の犠牲にな。
勝負二番目を書き終えた2018年の初夏頃に、意気揚々と書き始めました。




179 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:40:01 ID:d53490d6



・・・・・・が。


:.:.:/|:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.イ:.:.:/:.:.:/:.:.//:.:.:/1{:.:./:./:.:.:.:ハ
:./:.:|:.:.リ:.:.:.:.:.:.://:.:l:.:.{:.:.:/:./⌒V/\/!|イ:.:.:/:.:.:./:.:.:.!
/:.:/|:.:l:.:.:.:.:.:/|/:.:.:l:.: |/!K. (_) }}∠L:.||/:.イハ:.:/:.:.:.:.l
:./ l:.:l:.:.:.:./:.:|:.:.:.:.|ハ! / `¨¨!=   イレxz=ミ!/:.:.:.:ハ!
/  l:.l:.:.:.イ:.:.:l:.:.:./  !  u  |     {{ へ.0.リ:.:.:V.|
  !:.l:./:.|:.:ハ:.:/              ヾイリ:.:./Vリ
、 ハ:.:.:.:.|/  |/  u         r=-  ,' |:.:.イV
:.:ヽ|/|:.:.{   {               / ,:.:./
!:.:.:.|`¨!:{             ___  u ハ{
i:.:.:.{  ツ           γ´ー- 、_ア  ./
ヽ:.:|              `¨⌒ー'′ ./        
 ヽ!   \           __,  ./         ・・・・・・おかしいな、全然書けないぞ?
ヽ      丶          ̄  /
. 丶       \           u   ,′
  \       .> 、      /
    \         ア¨¨¨¨¨¨´
     \     , イ|ハ
       \ ,.イ リN:::::ヽ


どうしたことか、三番目前編を書いたあたりで、筆が全く進まなくなりました。
納得のいく展開が書けない。いいセリフが浮かばない。何もかも思いつかない。
ひょっとすると、前編を書いたところで脳みそが満足してしまったのかも。
もともと嘘予告で止まってたのもそれが原因だったのか?
生みの苦しみは数多く経験してきましたが、ここまで完全にストップしたのは初めてのことでした。




180 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:40:32 ID:d53490d6


思いあぐねてトチ狂ったお砂糖、ここで再びの暴挙に出ます。
なんと別作品の投下を始めました。これが前作「かくれ奈さんはかく語りき」だったのです。
いや、これも投下は2018年夏なんですけど、書き始めたのは2017年秋とかなんですよ。
合間合間にちまちまと書いていて、さやかちゃん話が止まったのでこっちに全振り。


             _. . . -―――‐-. . ._
           . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        / : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : : : : :.
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.
      i: : : : : : : : : |: : : : : : : : : :/∧: : : : : : : : :|
      |: : : : |: : : : i|: : : : :|: : : : : :/∧ : : : : : : :|
      |: : : : |: : : : i|: : : : :|: : |: : : : :/ハ: : : : : : :|
      |: : : : | : : : 从 :‘,:|\|\: : : l|:|: : : : |: : :|
     .八: : : : : : :/  \V     \从|: : : : |: |: ;=- _
        ‘, : : ∨ _,、  、\、   """" |: : : /|/|/ : /⌒  .,_
        、: : : ∨// 〉   -┐  ./|: : / /: : : /      `  .,_
         \:/// イ < _,ノ /  |: / : : : : /         `  .,_
          〈    |≧=‐r-<     ,|/ : : : : /            `\
            .斗-=ミ:!    _//: : : : : / 〈  `ト .,_    /
              j/      ト     ./: : : : : /    |   `  .,_/
          { _  -―‐v|     /: : : : : /     V∧       |
          √      |:|  / / : : : /      V∧     .|
          |      |:‘,∨ /: : :/           、   .|
          |      |\ヾ/ _/(          ;    \ /\___
          |      | 厂 ̄  ノ          /      \     _
          |      | L__. イ|                `丁 ̄`´
          |      |  厂  i|.|                  \__
          |      / / / i| | -‐                 /:
          ∧     ./  { /   ||',ヾ\               /: :
           \__/ ``{ /  .∧| ', \`                 /\
                  { |  /                    /: : : :
                  { | ィ(                 _xく_ : : : : :
                  {/ ∧                _,. <: : : :`\: : :
                   /∧   ___,. . . . : :< : : : : :\ : : : : ヾ:
                      ̄ ̄  |: : : : :∨/: : : \: : : : : \: : : : :

余談ですがこのAAは頂いた支援絵のAA化です。嬉しい。
話の本筋とずれるのでかくれ奈さんの話はここまで。




181 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:40:59 ID:d53490d6


時を同じくして、2018年夏。普通のやる夫板に一つの作品が投下されました。
あるひと夏の青春群像劇、「ヤルヨミ市に花火があがるようです」。
夏の爽やかさ、人間の愛しさと切なさ、人生の素晴らしさを書ききった傑作短編集です。


     乂_            |: /|:.|::::::::: }:::::::::: }/|:.:/::::://}:.:// /:/
 あ う    /          __ |/ :|∧ u 〈  、    l:/ U   }//ィ:./、
 あ ぎ   /_.          /  } ./ } :.,   __ ノ`ヽ     / |/}ニ〕iト
 あ ゃ    /.         /  / ./  }:.: :, }}ニ二二ハ u   / / }ニニ
 あ あ  ∠          |  {  / / }/ 丶`マ::::::::::::::}  / /  }ニニ
 あ あ   <         |  {/ /__/ニム `¨こ¨´       }ニニニ
 あ あ  「        l /   /=>―‐ ァ=ム ____/  /   }ニニニ
 あ あ  N       _ |/  //   イニニニ{\__/ ̄\_ }ニニニ
 あ あ  |      /二/  /  />'´}≧=‐ニ{.  }---{    } ‐=≦
 あ   「.       /二ニ/  '´  // /ニニニ {  }i:i:i:i:i{.   /ニニ /
 あ   <       |ニニl          /ニ 寸ニニ={  }i:i:i:i:i{   /ニニ /ニ
 あ    _>     |ニニl.       /::l |二ニ寸ニニ{. }i:i:i:i:i{ /二ニ /ニ
  ∧  「      |ニニl       /:::: //ニニニ寸ニ{ }i:i:i:i:i:{/二= /ニニ
\{ 丶{       |ニニ|    /:::: //ニニニニ 寸 { }i:i:i:i:i:{ニ=/ニニニ
.             |ニニ|.   /:::: //ニニニニニニ\{/i:i:i:i:i:i{/ニニニニ


面白かった。ものすごく面白かった。涙が出るくらいに面白かった。
しかも私が今書いてるものと同じ、オムニバス式短編集で、こんなものをお出しされてしまった。
無理だ。こんな素晴らしい作品、到底かなわない。私には書けない。
やめてくれカカシ、この作品は俺に効く。こんなん筆折れてしまうわ。
あ、誤解なきように言っておきますが、別に恨み言を言っているわけではありません。
ヤルヨミ市、メチャクチャおすすめです。皆さんも是非読んでください。こいついつもおすすめしてんな。




182 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:41:52 ID:d53490d6


まあ、その頃にプライベートでも色々あり、創作意欲が完全に沈黙。
勝負三番目を書きかけの状態で放置してしまいました。
正直、日の目を見ないでお蔵入りもあり得た。非常に危なかったです。


ーr---- 、
:.:.}:.ハ:.:.:.:.:.:.:> 、
:.//:.:l:.:.:.:.:.∧:.:.:.\
//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./
ィテ/ ¨==/   \!'
/イ:.| u     _ ノ
|:∧|         ′    いやいや、ダメだダメだ
|′      ,仁_ア′
ゝ.      〈こコ ′     ちゃんと最後まで書ききらないと・・・
  >     = }
     _> --く
、 . イ  {     .}
. Y }! , 、!    /
 〉.ノ! /   イ
/|¨::{ {  /  〉
 !::::| レ'  /
 '::::| /  /
  |::i/  /


なんとか自分を叱咤して、エディタを開く決意を取り戻すところまで復活。
多分、これが2019年の1月とか2月とかじゃなかろうか。
だいぶ時間がかかってしまったが、ここからやっと再スタートです。



183 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:42:41 ID:d53490d6



しかしお砂糖、ここで再びトチ狂う。


                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、  ええい!さやかちゃんは後回しだ!
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }  まずカンを取り戻すために新しいカップルの話を考えるぞ!!
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ


まさかの圧倒的スルー。
勝負三番目を放置し、全くのゼロから勝負四番目を作成開始。
スランプがよほどトラウマになっていたようです。ほんと挫折しなくてよかった。




184 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:42:54 ID:d53490d6


そんな経緯で完成したのが、藤丸とミクさんのお話でした。
つまり勝負四番目は、実は三番目だったというからくりなのです。


          /   ヽ'   /   /     /  \
        /        /    ,.l     /    ヽ
        /      |-- '/    / |    /i     '., 
i´ヽ !´ヽ  /   /  l \/  ,  /  l    ,' |      l、
\ \ヽ ヽ   /   .| _ /   l  /  ̄ ト   /   l     | ',  
 .ヽ \'  ' , / /´i  l/ ゙|  | /   l  i/ ..._ |    i l |
\ \ ヽ',. ヽ .l | .|!  l i !-==x、 | /!   `'l    |i .| l
、 ヽ ヽ  '   \|  l l ヽ | | |' ヽ丶` V/ __   |    l| l  |       にゃははは、驚いたかね?
 \ `     /  | |  l .l |   _  '   ̄ヾx l   /l / _ l     _
.、       /     l!   | .|   iヽ、`ヽ. 丶ヽ ゙' |  ./ //´ !|   ./  ,
 \     !     |ヽ、_,ヘl \ 、  `/    // / '/ / .l /  /
   ヽ         / /  |  ヽ _´....   イ'/./  ノ   レ '  />'´
   | \     /  l  ヽ   / 〉     ´  | /    l   ' ´   ,.
   l / /`   /   |   \ ノ  |丶-―-、  l |   /     ,. ィ' ´
  / /    /    ヽ /´ r<i  l     ヽ | l   '     ' ´ ̄ ̄
./ r v'     /     ` // ト| ヽ/   ,   |l ,|        =二  ̄_
r- //     /      / / /l l  |   /   ヽ/  、 __ ..... __


こっちは何も考えずに手癖でガッと終わりまで書けてしまったのだなぁ。
まあ四番目は後日解説するとして、一旦さやかちゃん話に戻ります。




185 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:43:11 ID:d53490d6



さてなんやかんやあって四番目を作り終え、三番目の作製に立ち戻ってきました。
しかし相変わらず作業は難航。泥の中を掻き分けるような苦しさともどかしさです。
そんな中でお砂糖、ある致命的な事項に気づきました。

               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
     ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll        ・・・・・・・アレ?
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/      
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|        よく考えたら僕まどマギ本編見てねえな???
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l
                ̄ ̄ ̄

そう、実はお砂糖、魔法少女まどか☆マギカを未視聴だったのです。
キャラの知識はネット情報とやる夫スレを介したもののみ。
やる夫スレのさやかちゃんが好きで好きで、つい原作を知ってるつもりになってましたが、全然違いました。
おまえ、お前それはやっちゃいかんだろう。キャラを起用するならちゃんと原作に触れろってお母さんいつも言ってるでしょ。
原作に対するリスペクト無くしてやる夫スレ作者なし。極刑レベルのミスですねクォレハ・・・。




186 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:43:53 ID:d53490d6


で、大いに反省していざ本編を視聴したわけですが。



                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  な     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  ん     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  だ      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  こ     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  の      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  神     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  作     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !!    l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /


見事にどハマりしました。ひええ・・・面白すぎるよぉ・・・。
今まで見ていなかったのが本当に悔やまれる。高校生の時にリアルタイムで見ておけばよかった。
私のバカ!ウカツ!こういう出会いがあるからやる夫スレはやめらんねえんだよなぁ・・・。




187 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:44:33 ID:d53490d6


そして原作にどっぷり浸かった結果、やはり五人の中でさやかちゃんが一番可愛いという結論に至る。
いやこの辺のアレコレは軽く戦争になるんで置いとくとして、とにかくさやかちゃんが可愛かったんです。
そして台詞や心情をしっかりと読み込み、理解し、お砂糖の中のさやかちゃんに対する解釈が確立。


                           / /:::;イ::''´-=ニ二      }::i |:::::::::::::::.ヽ
                             ,彳/.: ´  /.: ´    , イ:/  |::i |:::::::::::::::::ハ
                         /,イ:::イ/  ,>´</   /:::// ,イ://::::::::::::::::::::::::.
                          //::::/ / /イ// ,ィ::::::::/ :/::::::://::::::::::::::::::::::::::::.
                       イ/::::/ /,イ/:/'´::/, '/:::;ィ/.:::::::/i:::://::::「!::|',::::::::::::::::::',
                     /イ:::::////:/ / /´/< / /::::::://::://:::::::}}:::! }:iY::::::::::: i
                      〃:/i//!|./:/ /イ:/:/ / 〃i::::::::://:/イ::::::;〃|i:| l:|}:::ト、::::: !
                      ′,イ/: |:!{://// /::イ | /::/ //:::::::::/7::::::::l」 }:i| |:ヽ!:::::′
                          /!i| i:|〃 /::::// /:::! j !:: |//.::::::::://:;::::}i::::i/ / !:::::::: i{
                           /イ/ {/ ィ::::::// /:::::| ハ |:://:::::::::::/ィ::::::|::/ ///:::::::/{
                         i/ィ/:::::::::/ /弋ぅ、::i レイ:::::::::::::,戈ぅ 7i/./イ:/::::::/ |`
                             彳i::|{::::::::::レ:/`ーァィ::::::イ//:::::ゝ-‐.:::´/ /::::/イ::::{ i:|
                         ヽ|::!/{:::::::::lヽ. / 7:/ /ィ::::::::::ヽフ::::::::::/7':::::::::::ゞ
                           >::::::::::.     ´   |:::::::::::::::::::::::::://::::::「i:::::::      
                       _ -ヲ´::::::/`i::::::::.     、__|:::::::::::::::::::::::::l/:::::::::レ::::::::
                      .   ´  /::::::::::/  |:::::::::ヽ ヾ、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     書ける書ける!筆が進むぞ!!
                .  ´     ,イ//l:::::::/  |:::::::::::::.\   ー}:::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::
                . ´     /:::::/ 」::::/    ',:::::::::::::f、:::.. '´ i::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::     僕が一番さやかちゃんを可愛く書けるんだ!!
             <        {::::/ /.::::/    }:::::::::::::', ヽ:`ー:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::
            /:::::ヽ      |:/ /:::::/     ',:::::::::::/ヽ  `ー:::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::
             /.:::::::::::.'.     |' /:::::/     ,へ}:::::::/  \  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }::::::::::::::::::ヽ:::イ   /.:::::/     /.::/}:::::::::\  ヽ`:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            r 7::::::::::::|',::::::::',:::ヽ /::::::/   ...::´:::::://::::::::::::::::`ヽ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            | {::::::::::::::| ヽ::::::ヽ:::} {::::::::: ̄´::;イ:://::::::::::::::::::::::::ゝ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          }トヽ::::::::::',  ヘ::::::::::i |:::::::::::::::/ /::. 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |::::', }::::::::::ヽ }:::::::::| |::::::::::::::| /.::::.ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ハ:::ヽ::::::::::::::ヽ!::::::::| |::::::::::::::´::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /{   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それまでうっすらと思い描いていた展開をかなぐり捨て、書き溜めは新たなるステージへ。
原作のキャラクターに沿った、よりさやかちゃんらしいさやかちゃんを召喚することに成功(?)
台詞や動きもしっくりときて、スイスイと筆が進み、めでたく完成へこぎつけたのでした。
やっぱり版権キャラをお借りするなら原作に触れないとダメだね。猛省である。みんなも気をつけようね!




188 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:45:20 ID:d53490d6


そんなわけで前置きが長くなりましたがキャラ解説、主人公兼ヒロインのさやかちゃんです。

                     r 、...-――- ...
               . イ:| ..:..:....:....:.....:.....:.. ミ...、
                /........:| ..:...:......:ヽ:、:...:. \:.. \
               /  ./ /| ..:...:{:......:|:..ヽ\ヽ:.ヽ:.....ヽ
            / ..:..:,i:/ i:i:...:.乂:__ト_:..ト:..ヽi:.....∨:..‘,
             / .:′/{/___乂..:..:..ト.丁x=ミ、..:i!..:..:..iう):..:
            ,′:|...:|l ,ァ=ミ ∧{:..:{  'f.::うi}ト、|..:..:...i)):....{
          /イ 八 :{ { ん:.1  \}   ヒ..ソ |:..:...|::.八:.、
        /´ |.八:..ド ヒツ  '   / /i ハ|:..:...「i:.i:. ト\
         | ..:ト\/i/            |:..:...|ノ::|:..|
           : ...:|:{     __ .  ≦ `i   |:′:..};⌒}:}r‐y
       _ r‐ ミ...:込.   ‘廴     ノ   j{:..:.../ /7 ム=、
      〈 v`{__ノ ヽヽ:{:> ..         . イハ|r<トイ (_/ノ ム
    r―廴}     __}_ :ト、:{::.:ir≧i‐_ ...斗≦}八 __入  ( イノ ノ
    > ._)    ( __,.. ヽ≧八¨¨}}r― ´  人r乂      ‘ァ'
    〈 Y、   /    ハ>‐‐ミ }}}_,. ≦ ̄ ̄ 〉{ \下 ==イハ
    ヽノ \ _ , ィチ 〉.........:={:..:}-:............. 〈八  了不´ |
        { `廴_ /  {............:.:.廴「`:.............. } /  // }:{   {、
       ノ /:ハ:i   {:.:.:.:.:.::イ| |ヽミ::........:.:.{ム:、 j::{ |、 ノ}'\
        ,イ{ {:/  }:}   ノ</::/八.{ ∧:{>ミ:.:.〉 ト __ノ 八:∨ム  ノ


明るく可愛く元気よく。三拍子揃ったお騒がせ女の子。
持ち前のお調子者っぷりを発揮して先輩であるねらう緒を翻弄します。
それだけで終わればさやかちゃん大勝利だったんですが、残念この世界はラブコメだ。




189 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:46:05 ID:d53490d6


ところで、さやかには絶対にしてもらいたいことがありました。
それは「自分のした行いをちゃんと反省してもらうこと」。
彼女の行動は言ってしまえば、自分の勝手な都合で他人を振り回しているわけです。
嫌がる顔、困った顔が見たいから、しつこくちょっかいをかけるという。
二次元の女の子なら可愛いだけで済むかもしれませんが、リアルに居たらちょっとイヤですよね。

                       ,. .. -‐..…..‐-. .,
                   ,: : : : : : : : : : : : : : : 丶
                      /: : : : : : : ; : : : : : : : : : : :.
                  /: : : : : : : /: : : :; : : :/゙i : : : :.
                    /: : : :/: : : :′: .:/: : :/ |: : : : :l
                 ′: : ; : : : : |: : : :{:. .:/ |l: : |:.|
                 |:; : : i : : : : |: : : :|: 7 ‐- |:.リ: :|:.|
                 |:!: : :,: : : :.:.:|:.: .:.:Ⅳ斗气j/.:!:八
                    八: :/: : : : : |: : : :|ヽ Vソ |:::|′ 〉
                  У-‐ ¨ ̄ ヽ: |  `゙  八{
                /〈          \ー―ヘニ>Y
                  〃  丶           ̄ ̄ ゝァ}
                ′    \    __..._    《 j
                /        ` 7´> '" `ー‐、‐^′
            /        ::.〃    /    ;
            /        ∠く    .'    ′
             /   _      ∠ニ≫ュ.、 , _    /
              /   }}∨   〃ニニニニ.'   `ヽ′
             ,′   }}ニV_彡ニニニニニ7   /i
          レ==彡二二二二ニニニ7    /|
           マニニニニニニニニニ7   { : |
             `マニニニニニニニ7    ゝ辷=_、
                  `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄八 _         ヽ
                               ¨  ー==′


なので、さやかにはちょっぴり痛い目を見てもらうことにしたのです。
どこまでも真っ直ぐな先輩の好意に、やがて彼女は自分の行いを省みるようになります。
心のどこかで膨らんでくる先輩への気持ちと、今までしてきたことへの罪悪感。
やがて相手を弄って愉しもうなどという考えは消え、ただ相手のことを想う純粋な気持ちだけが残りました。




190 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:46:49 ID:d53490d6


そして彼女は、黙っておけばそのまま手に入ったはずの幸せを、自分の意思でかなぐり捨てました。
相手への申し訳なさ、自己嫌悪、気づいてしまった恋の切なさに、彼女は大粒の涙を流しました。
ここに至ってようやく彼女はその罪を許され、想い人と歩む資格を手に入れることができたのです。

                  __
               ,....::/::::::::::::::::::::::::::.....
               /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:.:.:/:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:,
          /: : /: : : |: : : : : :| : : : : : :\|: : : :.
.         〃: ; : : : : |: : : : : :|: : : : : : : : | : : |:i
            '. . :| : . /:/\ : . : |: . : . : . : . | : . |:|
         '.. : .|: . :|/  __i: . : |\: : . :.|: .:|. : .;.:|
.          〃: . :|: . :|'"´ ノヘ:.:/ `ー-ミ|: /: :./ :|
         /,.イ:.八:.:.ィ=ミ.  /  x==x.|/: :./: : |
       / |: \\ゝ::::::  、   ::::::::;゚/:./}:/:.:|
          | . . . ヾ\        ノィ /ノハ |
          八 ヽ {\。( ̄   ) ,: ノ|/ /  ゙|
           \{\ 介  .. _ .。 <{ ハ |i/
               __} >‐┬‐< {八 jノ'
            ィf´  \__|__/¨`ヽ、
          x '"   |:|  ....-─r‐┬‐-...  |:|  >x、
.         /    |/:::::::::::::ノΥ\:::::::::::\  / i!
       ノ    ,  |\ ::::::::::::::∧:::::::::::::::::/ /  |
.     /   /   |:| \ ::::::/ |i::::::::::/|:|  {   ∧


まあ、大げさなことを書き立てましたが、要は悪いことしたんだからしっかり反省してねということです。
自分勝手なことをしておいて、何事もなく好きな男の子とくっついて終わりってなったら、みなさんどうでしたでしょう?
そりゃなんだか納得いかないぜ!っていう人も多いんじゃないかと思いました。
そんなわけで、勝負三番目の後半はちょっぴりシリアスめな感じに。こういうお話もたまにはね。





191 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:47:09 ID:d53490d6



・・・・・・あとは、まあ、単純にさやかちゃんを泣かせたかっただけなんですけどね(台無し)



          . /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.ミ:.. ,
       ‘ ,:':.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:\ :
       . /:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ .
      : /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:人:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ハ ;
       .:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.: ̄/ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.',:.十‐:.:.',:.:.:.:.:.:.:.
      . i:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:./     V:.:.:.:|:トハ:.:.:.:}:.:.:.:i:.:.:| :
      , |:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:z=====ミヽ:.:.ハ| z==ミノ:.:.:.:|:.:.:} ;
        : ',:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:./c((___))   V   ((___))|:.:.:.:.}:.:.:′
        ヽ:.:.∨ハ:.:.i ー v┘     ーyイ:.:.ハノイ/ ,
       : V:.:.:ゝ、从  |!   __   リ:.:.:.|:.:/  ‘
         ,: 从:.:.:.:.:.:.八. ;j   ` ー ´  l!:.:.:イ:.′ ,
         ‘.\:.:.:.:.:.:>。、      イ:.:.:.:ハ{ :
           : )ノ\ト __} `辷二「__从ノイ  ;
         ぷ      : 「 ̄ ̄} 厂 L   __
          る   ; 〉__| |―┐/ニニ}―  , ぷ
             , ―― /ニニニYニYニニニニヽ  \ :  る
        ぷ  /     |ニニニニ 人ニニニニハ   ヽ ;
           る :/      ヽニニニニ} {ニニニニ/    }


いやだって、酷い目にあわないさやかちゃんなんてさやかちゃんじゃなくない???
別にね、キャラをディスってるわけじゃなくてですよ。
こういう、元気さの中に潜む自己嫌悪と自暴自棄な立ち回りこそ、さやかちゃんの魅力では???
僕はいつでもキャラの魅力を存分に引き出したいからさ・・・これも仕方ないことなんだ・・・
さやかちゃん、大好きだぜ。これからもいっぱい泣かしてやるからな(歪んだ愛情)




192 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:47:39 ID:d53490d6


もう一つ付け加えるならば、原作セリフを多用できたのもさやかちゃんを書いてて楽しかったところ。
特にクライマックスのシーンはものすごく楽しかったですよ。すっごくさやかちゃんがさやかちゃんしてた。


        /.:|:..:.|:..:..:..:..:..:..:..:..:./.:..:../   /'       |:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..|:..lN、:..:..:..:./     |:..|:.∧:..:..:..:..:..: |:..:..:..:..:..:
        ./.:..:|:..:.|:..:..:..:..:..:..:..:./.:..:../,xィ壬三ミx、`ヽ |:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:.`\:./     :|:..|/ ∨.:..:..:..:. !:..:..:..:..:..:
        /.:..:..:|:..:イ:..:..:..:..:..:..:./|:..:.イ/"    __  ㍉   :|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.イ:..:..:..:..:..,\    :|:..|   ∨.:..:..:. |:..:..:..:..:..:
     /.:..:..:..:Ⅳ:|:..:..:..:..:|:..:/ .!:../     ム:心      |:..:..:..:..:..:..:..:..:/ :|:..:..:..:..:/   \  |:|   ∨.:...:. |:..:..:..:..:..:
    ./.:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..:|:/  |:/     _,ノ㍉}}    |:..:..:..:..:..:|:..:./  | :..:..:../=─      |:..|    |:..:..:..|:..:..:..:..:..:
    ’:..:..:..:..:..:..:..Ⅳ.:..:..:.|′ |′    /:任''7:リ    |:..:..!:..:..:..!:./   .|:..:..:./ x=ニ三≧x|:..|    |:..:..:..:.|:..:..:..:..:..:
    |:..:..:..:..:..:..:..:..:∨.:..:.l!         / 廷ヲ:/     |:../|:..:..:..|/    !:..:./   ´       Ⅳ   |:..:..:..|:..:..:..:..:..:
    |:..:./:..:..:..:..:..:..:.∨.:..|    (~: : : .廴_,ノ      |:′∨ ..:!    |:../      ,.x=ミ マ:,  :|:..:..:../.:..:..:..:..:..:
    |:..:′:..:..:..:..:..://∨:|    /´ ⌒  ̄`        |!  ∨.:|    Ⅳ      勺ム沁 マ,  :!:..:../.:..:..:..:..:..:..:
    |:..:!:..:..:..:..:..:.//  Ⅵ  .:                |     Ⅵ          んィ//リ:::}}  l}  |:..:/.:..:.,;,.:..:..:..:..:
    |:/|:..:..:..:..:..//   / / .: / / /    ,                     /::::////::::リ  il!  !:/.:..:..:,,;,.:..:..:..:..:
    |' .|:..:..:..:../ ′     .         "′                   /r 廷ヲ :/  ⅲ |'.:..:..:..;,,;,.:..:..:..:..:
       |:..:..:..:〈/{      .:                             r'⌒: .{:{     ,/       !:..:..:..:,,;,,;..:..:..:..:.,;
       |:..:..:..:..:マヘ    .:                           `~  : : : .-=≦       :|:..:..:..;,,;,,;..:..:..:..:,,;
       |:..:..:..:..:..マム  ::                       ̄ /        : : . :        |:..:..:.,;,,;,,;..:..:..:..;,,;   あたしって、ほんとバカ
       |:..:..:..:..:..:.|\:.、:!         、__                    ─‐      `::       |:..:..:,,;,,;,,;..:..:..:.,;,,;
       |:..:..:..:..:..:.|//` .J         }   `  .                  /   ::       |:..:..;,,;,,;,,;..:..:..:,,;,,;
       |:..:..:..:..:..:.|////丶         `  ..,  `_、              ─‐ :         |:..:.,;,,;,,;,,;..:..:..;,,;,,;
       |:..:..:..:..:..:.|//////|\                                   .       |:.,;,,;,,;,,;..:..:..;,,;,,;
       |:..:..:..:..:..:リ//////|//\                              .       /.:.,;,,;,,;,,;,.:..:..:.,;,,;,,;
       |:..:..:..:..:./'//////,Ⅳ//,丶                             :       /.:.,;,,;,,;,,;,,;..:..:..:,,;,,;,,;
       |:..:..:..:./////////| ∨///\                          ,:      ,.ィ/.:..;,,;,,;,,;,,;,,:..:..:..;,,;,,;,,;
       |:..:..:.//////////,! ∨////\                          /:! -=≦ニ/.:..:,,;,,;,,;,,;,,;,.:..:..:,,;,,;,,;,,;
       |:..:.///////////,|   ∨/////≧=───────────=≦三(.ノ三三三/.:..:,,;,,;,,;,,;,,;,,:..:..:,,;,,;,,;,,;,,;


このセリフもきっちり出せてよかったです。
ネタとかギャグとかじゃなくて、シリアスな場面で使えたのもよかった。
まどマギ本編のこのシーン、私は何十回もリピートしたぞぉ・・・。




193 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:48:02 ID:d53490d6


さやかの相方役、ねらう緒です。
最近はねらう緒もお砂糖作品の常連になってきたかな?
イケメンで可愛い系の顔立ち、ラブコメに起用しやすくて好き。


             /    ____ノ __
            /  ,..-:::<--‐'"::::::::::::::::"'--..、
           〃 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
             ヾ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ
          y'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヘ
          ./,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヘ
          〃'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::i` ≦::::::::::::::∨::::::::::::::i
        /;7::::::::::::::::::::::::::::::::::/.|:::::::::|'"  `<:::::::∨::::::::::::l
        〃;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::} 〃爪示ヤヽ:::∨:::::::::l
           .|:::::::::::::::::::::::::::::::/¨ |:::ijノ 弋ナァタ. ' |:::i`ヾ:::::::/
           .|:::::::::::::::::::::::::::::心` `|/     ´¨¨`` |:::|ノ::::::/
            ',:::::::::::::::::::::::::::|歹    ,        |:::|::::::,'゙
          ',::::::;、:::::::::::::::|-..、             /||ノ::::::!
           ヽ::{ ヽ::::::::::::|     ' `     ,イ .|八从{
             ヽ|  ヽ:::::::|> 、__   _ .イ _|__
                  >、|-─  ̄| ̄     |ヘ    V
                / ヘ  ./|      | ヘ     .V
               /  ム /        __| ヘ    V__
              ム'"´ V  ̄ヽ  / ̄ |  ヘ_ -‐ ¨   > 、
             /   ./{ヽ、     >´|\         /\
            ノヾ ,' /  .{  `ー─ '゙   |  \      /  ∧
           ∧   .ソ    |         |    \  ./     ∧

苗字は「砂井原」と書いて「すないばら」です。
これについてはオリジナルで、「ねらう」→「スナイプ」→「スナイパー」→「すないばら」となりました。
ねらう緒の苗字って他になんかあるんですかね。あまり見たことないような。



194 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:48:30 ID:d53490d6


今作のねらう緒は、さやかの嘘の告白をまるきり信じてしまう、お人好しな男の子。
もっと言えば純真、ピュアってやつですね。あまり人を疑うことを知らないタイプ。
きっと幼少から極めて平和に育ったんだと思います。さてはお前も良い子だな。


      /                            `ヽ   \
     /:.                             ∨..::∧
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧:::::::::::::::::::::::::∧
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::: }
   |::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!\::::::::∧/\::::::::∧::::::::::::::::::::::::::}
   |::::',::::::::::::::::::::::::::::::/∨:::::::::|  \/.    \::::∧::::::::::::::::::::::::}
   |::::∧::::::::::::::::::::::::::i_ノ∨::::::|≧=-ー‐‐‐‐-- \::l:::::::::r´ヽ:::::}
   |::::::∧:::::::::-=≦::∧  ヽ:::|           ヽ}::::::::::}  }::::}
    乂/∨::::::j{::::_,。zzzA 彡 `|   -=ァァ==t==ミ  !::::::::::|. ノ::::}
        ∨::八'"{{  ヾ|         .{{   }}    |::::::::::.|:::::::::}
      .∨::::ハ ゞ===イ        ゞ== イ   ,':::::::::::.ハ::::/
       ∨:::::}::::::::/::|./////////   f⌒Y:::::::::::/:::/
         ` r '::::::::::::|          ,、ァ  {  yア:.:.:/:./
           { 乂:::::::|    -=≦ ̄ ノ  乂 ノ/:.:ハ/
            乂_>、| ___ `´ -=≦{三三〉/
           〈三三〉_/   //∧_∧_〉 }   l{
           \ ̄     /  ハi:i:/く  乂_ ,.イ
            ゝ- -=≦/   7i:i:{ /     |


性根がピュアピュアな感じなので、自分をかまってくれる上に顔が良い後輩女子なんかにはコロッと落ちる。
しかし自分で告白する勇気はない程度にヘタレ。誤魔化すように大声を張り上げ、必死に平静を装っていました。
そこに当の後輩から告白なんかされちゃった日には、そりゃもう舞い上がってしまいますよ。




195 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:49:04 ID:d53490d6


あと、この先輩、どうやらちょっとMっ気入ってるようですね。
さやかに色々からかわれながらも想いを寄せるようになっていったのはそういった側面もあり。
勝負三番目の最後のセリフでその片鱗を伺わせています。


                         > - … ー-
                    /   ,..: ´        `
                   ′  /            \
                      /   /               ヽ
                   / . . . . . . . .. . i. . . . . . .',. . . . . 、
                    i::::::::/..:':::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
.                 i:::::/..:::i::::i:::::::::::::::,斗‐ミ:::::::::::::::八‐-:::::::::}
                    i:::Y:::::::|:::{:::::::::::::::::/  ハ::::/:::/,.xz 、:::::: ハ
.                 i::::::!::::¦ :::::::::::::斗≠ミ i:::;ィノ.fんjノ|::::/|
                i::::::i:::::::|::::::::::::::::::/んjリ  レ゙  ゞ'′!/:|
.                   i:::::::', ::(|::::::::::::/.7¨~ ////,//`ヽ|
                  {:::::::ヽ:::ト、::::::::| / / )       ヽイ }
                {:ト、.:r.-=、 ::::| .乂 f  r~'つ ,'  /
                 ∨ ∨ .>、.|   乂   ̄  イ  /
.                      ∨   ∧   ヽ:ー - ′   {-‐、
.                       」\ ./ .∧ニニ--, Y  ゝ-‐'ニY  \
                    ,.-‐' ̄    ∨ Yニニ--.! l、ニニ-`ヽ. 八
               ,   .>、  ∥  }.    |斗.ヽ     ヽ  ',
                 j        ヾ.√  .}.    |     ヽ     ヽ. ',
                  {          |!ヾ  八   |`    /マ      ヽニi
              八     `ヽ!  ヾ|     |Y     .マ      、`、
                ヽ       八  ,ハ    .!ハ      X      \
                 、        ム|     |..ハ     .i∨      .ヽ
                 γ     . ム     | .ハ    _ |_∨      -
                   \     j!     | ヽ |     | '、         }
                     \   {!     l  N     |   \     j
                    fマ   :{!     !  .|     |   } `ー-=彡
                      乂`、ニ',    ソ   .|     |    }
                         ',/ヽ 、   .,:'   .|     |   j


なんだかんだでまんざらでもなかったわけだなオメー。
そういうのは顔が良いから許されるんだぞ。
でも流石にあの地獄弁当だけはマジでゲロマズだったらしいね。
気合いだけで完食し、顔色一つ変えませんでした。さやかへの愛故に。ちょっと良い奴過ぎないか。




196 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:49:38 ID:d53490d6


まだまだ途中ですが、今日はこの辺で終わりです。めちゃくちゃ長いよ!正直全然終わらないよ!
何しろ実質7作品分のあとがきを書いているようなものなので・・・。
勝負四番目以降は多分、再来週くらいには投下します。長い上に忙しくてなかなか時間が・・・すみません。
まあ私が単に書きたくて書いてるだけだから。脳内データのアウトプットって楽しいねん。


     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |     またね、みんな!
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |      ゲイリー!
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|




197 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2019/10/02(Wed) 21:50:36 ID:d53490d6
ということで、一旦終わりです。
ちょっと語りすぎてうざいだって?
いいんだ、ここは私のスレなんだ・・・。

198 : 普通のやる夫さん : 2019/10/02(Wed) 22:14:49 ID:5c2b0e0c
たんおつです
英霊剣豪はやっぱりそうだったかww
こっちのスレタイも語呂よくて好き

199 : 普通のやる夫さん : 2019/10/02(Wed) 22:22:49 ID:79d23114

作者さんにとっては途中でメインの筆が止まっての逃避作だったのかもしれないけど
かくかくはかなりの名作だと思ってる

201 : 普通のやる夫さん : 2019/10/03(Thu) 00:02:55 ID:ad5f1028
乙です

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 7204 韓国の徴兵制 (06/05)
  • 国際的な小咄 7203 中国の外交官、補足 (06/05)
  • 国際的な小咄 7202 そりゃお前さん、習近平が嫌いになるな…… (06/05)
  • 国際的な小咄 7201 Antifaに謝れ馬鹿モンが! (06/05)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第50話 Lost Soul (06/05)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 9ヶ月目 (23) (06/05)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 9ヶ月目 (22) (06/05)
  • ご加護なカンジ 16 (06/05)
  • やる夫とかがみは世界を探す あとがき (06/05)
  • イナズマイレブン/ロリ/ショタ 35 (06/05)
  • 娯楽的な小咄 55 クッキーづくり (06/05)
  • 娯楽的な小咄 54 AI少女 (06/05)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson26『きらきー再び』 (06/04)
  • やる夫たちでソードワールド ゴブリンハイキング、ハイキングに出かける (06/04)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson25『この先生き残ることはできるか』 (06/04)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson24『オラわくわくしてきたぞ』 (06/04)
  • やる夫とアドラーさん転移 その5 (06/04)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 54 (06/04)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 53 (06/04)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 52 (06/04)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 14 (06/04)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 13 (06/04)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第27話 (06/04)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 小ネタ サイクリストのタトゥー (06/04)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 お知らせ (06/04)
  • 英雄を作ろう! ~013話:真名を呼べない御方の人類宇宙勝利計画~ シヴ・リン編 その2 (06/04)
  • 英雄を作ろう! ~013話:真名を呼べない御方の人類宇宙勝利計画~ シヴ・リン編 その1 (06/04)
  • 英雄を作ろう! ~013話:真名を呼べない御方の人類宇宙勝利計画~ キャラメイク (06/04)
  • 英雄を作ろう! ~013話:真名を呼べない御方の人類宇宙勝利計画~ アリス編 その12 (06/04)
  • AA劇場・ウィルの冒険 第46話 (06/04)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 75 (06/04)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 74 (06/04)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 73 (06/04)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第49話 魔王、覚醒める (06/04)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 埋めネタ リメイク版第一話 (06/04)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ82、とあるJCの帰宅風景 (06/04)
  • ボンドルドは未来を見届けたいようです 第二十一話 (06/04)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第九十五話 (06/04)
  • 国際的な小咄 7200 めのまえが まっくらに なった (06/04)
  • 国際的な小咄 7199 一応考えてみると (06/04)
  • 国際的な小咄 7198 Antifaについて、聞いてみた (06/04)
  • 国際的な小咄 おまけ イッチの製作法のみんなのイメージと実際 (06/04)
  • やる夫と幽香 その4 (06/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 12 (06/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 11 (06/03)
  • ご加護なカンジ 15 (06/03)
  • ご加護なカンジ 14 (06/03)
  • できない子とSCP 64話(前半)「SCP-5031/               」 (06/03)
  • やる夫はどこまでも遠くへ行きたいようです 第2話 サイクリスト (06/03)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2異世界食堂できない夫
    3気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4英雄を作ろう!4ローグライク異世界転生
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5やる夫はソロハンターのようです
    6あさねこの小話空間6やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです
    7あんこ時々安価で鬼滅の刃7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    9IT業界のやる夫さん9ドクオが異世界転生したようです
    10やる夫たちでソードワールド10ダンガンあんこ
    11やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです11オーバーあんこ
    12アメリカンヒーローアカデミア12やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    13ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1113カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    14アカガネ山のやる夫14やる夫たちは三連星(代理)のようです
    15やる夫はギルドを経営するようです15やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    16あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG16レベルを上げるスレ
    17ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱17ニューダンガンあんこV3
    18できない子とSCP18証言と証拠は安価とあんこの後で
    19めぐみんの楽しい独身生活!19やる夫はLVが上がらないようです
    20やる夫は人形使いと呼ばれるようです20やる夫は学園生活を楽しむようです
    21森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠21できる夫達は呪われた地で抗うようです
    22コンピューター様、情報更新は義務です!!22STALKING!!
    23やる夫は竜の人財のようです23やる夫は光を目指すようです
    24イナズマイレブン/ロリ/ショタ24やる夫の野望
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    26カリブの海と海賊たちのはなし26やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    27やる夫は死なせてもらえないようです27金欠ほのぼの冒険物語
    28白頭と灰かぶりの魔女28やる夫は妖精郷を救うようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29やる夫提督と艦娘の日常
    30やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです30やる太は異世界日記を綴るようです
    31やる夫がロードバイクに乗るようです31やらない夫が霧の街を攻略するようです
    32やらない夫は集われるようです32魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    33蒼星石は亡国の王子のようです33北方人民共和国の興亡
    34正義屋さん34やらない夫は宿を再興するそうです
    35やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです35やる夫ファンタジー
    36やる夫がKenshiになるようです36怪獣育成日記
    37ダンガンカオス37Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイを
    38いきものがかりたち38やる夫、デビルサマナーになるってよ
    39やる夫が時をかけて世界を救うようです39やる夫元・提督と元・艦娘の日常
    40ペンドラゴン40主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す


    過去ログはこちら
    人気ページランキング