スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
稀にTwitter制限されてたりするみたいなので気づいてなさそうだったら教えてください…

コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その13

目次

349 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:12:06 ID:ir3Sw3hh



           / ,1ヽ /  /    / /  /    ヽ ヽ ヽ
    r-、      メ| i. V   く  / 〃 〃   |! !  ',  ',ハ
    └- \   く. i _ゝ  /シ_></ //  / ! l!   !  |! !
        `ヽ  /V ,'   rf7 ̄:::ト< / / |! / !  i}  l l !
 ‐- 、     ィ⌒`ト{V i    { i;;;;;::リ  >'/  _,.!=ヒT´/ | / リ
 ‐-、_\  〈 ー- .._ | {   !ゝニソ /'´  /:;;;;リ ,)lハ ソ ノ
    `ヾゝ、__二=ー- | 1   ! ヽヽ,. - 、   ( ;;ソ / ヽ \       さて、始めて行きましょう!
      ``=ー_ ''T「 !  i|   /   `7  `` ∧  ヽ、ヽ
     ,.ィ::´::くく:::::`ヽト、i   !ト、 {     / _,. '゙ ヽ   トい      円卓は崩壊しますがゴリラはなんかしれっと生き残りそう!
.   ,ィ _;:::::::::::ヽヽ::::::ヽ::ヽ l L`ヽ、.__,ノ ' ´ _,. - 、_ヽ   i ヽ!
  〈_, ======= 、:::| リ ニー- / -‐<::::::::::::::::`ヽ  !  i}
  ff:::::::::::::::食::::::::::::::::::l| /ヽ!_,... -ヾ介ヾ-...ヽ::::::::::::::::::ヽ } ノ
  |l::::::::::::::::仆::-、:::::::::::l|V /          ヽ::::::::::::::::::V
  |l::::::::{{_:::frくメ、)::::::::l|レ     _,... --─- 、ヽ::::::::::::::::}
  |l::::::::::::ヾリ:::レ,´:::::::::::l|    /  ,.ィ|! 、  ヾ::::::::::::/
  ||::::::::::}三三三{::::::::::l|、 _/   /  l! ヽ   i::;:::::く
  |l:::::::::::::::}k !|::::::::::::::l| T  、  、   _,. ,. i}://
  ||:::::::::::,ィ| 刈Y:::::::::::l|  〉、  ヾヽ ヾ  〃//|:::::/
  |l::::::::::(:::|!  !|ノ:::::::::::l|_V  `ヽ、._ ヾヽ!シ / i|_,.::{
  ||::::::::::::::|!  !|:::::::::::::!|  \  _,....ニー-r'-=- |::::::l!
  ヘ::::::::::::::ヽ 7:::::::::::::7i    i   -'"イ | l!ヾ !::_,..ゝ_    ,.-、_,....,_
   ヘ::::::::::::::::::::::::::::::/__>r────‐ ┬┬‐‐T// r=> 、__く//   \
    ヘ::::::::::::::::::::::::/  /        i i   Y ̄`ヽ  r '7 /    / }




351 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:15:02 ID:ir3Sw3hh



                           。
                      。  。     |.    。  。
                      |.  |     |:|     |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|.       。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   || l|| l|/⌒ヽ||: ||!|/⌒ヽ||| l|| l|}|iiiiiiiiiiiiiiii|{|| l|| l||/⌒ヽ|!||: ||/⌒ヽ|| l|| l|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   |∬||∬||:.  ||§|!||:.  |||∬|∬||}|iiiiiiiiiiiiiiii|{||∬|∬|||:.  ||!|§||:.  ||∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   |凶||凶|iニニニi|凶|!|iニニニi||凶||凶|}|二二二|{|凶||凶||iニニニi|!|凶|iニニニi|凶||凶|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                      . -=≠ =ミ
              _    r-く//∧  V⌒ヽ
            . -|   ` マ ー<⌒Y!  V⌒i
          /  |      `マ >⌒Y !  l}
         /     !        `マ>⌒トv/
        /     从    \     `マ>く
       /     / ∧     `  .    `マ
     . '    /  . ' ∧           .   `  .
.    /   //  / /  \  \       \    \
    /  . ィ /  ∧     \  -\─-   ∨\.  ヽ      はあ、息子も成人したしそろそろ王妃としての義理果たしたろうから
   .'   / i!/  /.斗\‐     Yヽ、 \      V ノ\ ハ
    l  /   !  /! 八  \    l ィ〒Tト\    V\ ル'      女としての幸せを追求したい、ですか……。
    l /{  |  i∧ ィT 〒 \  l| 乂..ソ ! !\ li }\ \
   ∨〈  l! l| ∧ 乂..ソ   ヽ !  """ ! !  )ル'\ \ \
    )ハ  |从! ∧"""    . )ノ    i |  l|  \\ Vハ
    ハ リ l|  | i ハ      _ _    ハ 乂. リ   \\ i
          V l |ル \    ‘ー‐′ /  ! `/       \\
          !∨ ∧   >   __ . イ __ /  ∧       Vハ
          !/ /  〉  j/   「li 「「 ̄ ∨ ∧ ハ       Vハ
     そ 「「「| 〈  /  ̄〈〈   | l| | !   〈  〈 i !       iVハ
    そ l l l ト、 \ 、  \_.| l| l |_ ∧  \V≠=- .__   リ Vハ    そういうのは一時の思い出にしておいた方が
    そ l l l | (\ ) ) /.:::::::::〔::::::〕::::::::\ 〉   )     ///そ'/ Vハ
.    /そl l l |     く:::: :: :::::fYヘノ:: ::: :::::::\ル'    /// そ/  Vハ   お互いのためになると思うんですがねえ……。
   / /そ 从    ∧::// Y !\:: :: :: ::/       /// そ {   }/i!
.  / /.:::::そヽ ヽ  /.:::::::::::/ ハ V:::\::/、     /// そ.从   jレ'
  . /: :: _::__そ\\i:::::::::::::/  Y  V !::::li::ハ   // そi  i゙\
  i |┘   |.::そ\\:::::::i   l   l::l:::::jレ'´ .// て : ::|  i /
  l |┐__j:::| |そ\ /l   |   |::レ´─</ そ´::_:::::: )  !/
.  从__: ::::::::::.:::| |  そ./\  .::.  /::::ヽ─<そ´|:::|  し'  リ
   人 ヽ. :::::::::| |   /.::::::::\ /.:::::::::::::∨ /  リ::リ___  /
      }┤=≠:| | /.::::::::::::::::i :::::::::::::::::::::V   /::/:: :: :::し'/
      |│::_::_::! !く::: ::: ::: :: :::::|:::: ::: ::: ::: :: ::〉 /::/:_::::://



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   聖杯探索から帰って日常に戻ったある日、王妃にして親友のグィネヴィアから
  ランスロットとの恋や彼と幸せになりたい旨の相談を受ける。


352 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:15:06 ID:T1rcRrXt
実家に帰らせていただきます、が使えるしね

353 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:16:13 ID:q0V0xl9S
カムラン全滅後にしれっと自分の子供にブリテン継がせていそうw

ファリエルパッパ大勝利やでw


356 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:19:19 ID:ir3Sw3hh



                         _ _ _       --、
                    「   、     . :>‐‐Y  ‐=彡、
                     ⌒/,: .    \: .   \⌒)   -=彡
                /  . .. :/,: .    \: .  (⌒)   -=彡}
                / / . :/ . :\: .      : .、 (⌒)   -=彡}
                '⌒Y . :/(  . :′ \: .     : .\(⌒)__ .-=ノ
                  {/ :i  \(     \: . \: .   \⌒( V∧     というかぶっちゃけ王もうすうす気づいてると思いますよ。
               /(\.:{ ─ \   ─\: . \ `⌒\′V∧
                    、 ',:. ┳┳ \. ┳┳ .、 ⌒` }-〈 \V∧    愛人として騎士を囲う程度にしておいて
            (      : . ┗┛  )' ┗┛ ./Ⅵ  V  } ⌒'V∧
                     | :. ' '  ,    ' ' /    /_ ノ    V∧    お互い齢食ったら昔の話と水に流すのが……
                     | 込          .. : .. :/ :/         V∧
                 . :  / > ´ `  / . ::/ :/-- 、       V∧
               /.. : /     `¨¨: /  . :/ :/ . .:   \--------、
            . :   ノ .:/   . :(___ /  . :/ :/. :         /⌒ヽ
           /  ⌒´ : /  / /: : : //7 ′:{         / . . . ./   はあ、だめ……なら全力を尽くしますが
              {/   / :/  ,  /: : : : :.:{:/,: { 人{         ,.  \. ..{
          (     | .:′ { .└: : :、: :/: :八: : :.                 --    今の地位を捨てるくらいの覚悟はお願いしますよ。
                 八: .  {  /: : : : :}: : : : : : :| \.     //,     \
                 ー‐ 、: : : : 」\: : : : 」      /: : : :/,   (⌒Y\



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ファリエルは何度も思いとどまるよう説得するも彼女の決意は固く、それならばと協力を開始する。
 このままほっとくとどんどん派手に関係を重ねてそのうち皆にばれそうだと考えた説もある。


358 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:21:42 ID:+tOnvrBm
せめてばれないようにやれ

359 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:23:34 ID:T1rcRrXt
ずっと抑圧された生活をしていたから、これだけは譲れんかったんや……


360 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:25:38 ID:ir3Sw3hh



                          > ─
                   _,,....    イ // `丶、
                >''"        ̄``~、、ー=彡
               /        ./           .ノル}
                 /||  / /   |          \ノ
                  八 //     .|       \    ヽ_______
            {  / //  .八           \  ∨ニニニニニ\
            | / / /     \   \.  \  .ト、 ∨ニ=- ̄ ̄\ニ\      まあ言うたらなんですがこんなの
               / , イ   {   /|   |\  ヽ   \} .ヽ}⌒\=-   \ニ\
          /⌒/ :|  /| _,ノ   !  \ ‘,ヽ.  \     ヽ=-.   \ニ\   何とかして無理を通すしかないわけで……
                { ..:|  | ∨    \ ヽ   \ }  \  ヽ     }ニ}      ̄⌒
                八 .|  | xセ万ぅ  \ \xセ万 .}  \ ',    |ニ|
                  ¨|  |        \}  / .八  ヽ }   .|ニ|          お二人に出家するなり探索の旅に出たりで
              /|  |         `    /\   \ ノイ     |ニ|
      ヽ⌒>'' ⌒   |  八     _ _  /   \  \     ̄          いったん人の目を離したところで死んだことにして
      /〉   |||  八.   \        イ ヽ.    \  \
        ̄ノ  |||    \   ヽ> - <     ̄||| ̄ゝ \  ヽ            別の名前で第二の人生奥てもらうくらいしか思いつかん。
    /  (:::::〈   |||     \.  ∨__         |||. 〈`ヽ  ヽ
    /     〉 .|||        ヽ   }:::::::...      |||  〉     }  |
      (⌒〈.  .|||        /:::'  /八::::::\    ||| ./{  }  | ノ
   〈   }::::::::〉. |||     /::::::} //| |:::::::::::\  .|||.イ::|  /  /             とりあえず関係各所に話は通しておこう。
     _,,....,,_:⌒ヽ.||     ⌒⌒/|!  |! ̄\/  |||ノ:::| {
    ヽ  |::::::::::::〉||       / !!  !!   \ .|||:::::::|_ :
     ヽ |:::::::::::八从∧ハ/   .!|  !|     \ノ:::::::::::ノ



    二=/           丶~ }
 (´ (  /               \冫
  \j..:′    `丶          。ヽ
   /         \   ヽ  x_   | シ
  .: i    {  .|{X^ー=ミ  j く ヽ :| ソ
  |.x 、   ト :|-x芹f^7 \ i.  \} | ノ::::ー:-:::::  ̄ \
  |.爪 \ _ ヘ :| 八tソ ′  } ハ   \::::::_:::二ニ=-‐… ¨¨^      まさか自分の妻の円満離婚の根回しを
  |.|{ 、 {x弍、ヾ  ¨´    j′:::..   ヾー-=ミ::::::::::::ヾ ̄…:::::::」
  j八 ヽ 代tj         /Ⅵx    。                 腹心に相談されるとは思いませんでしたよ。
     \ `圦 ヽ        ,:′ }l_\  }
      \ \  ー’   /  /.厂 _.)ノ=‐-ミ
        、 >   ∠、_/ーr:.:./:ソ:.:.:.ヽ\.:.:.:.:\
        .ハ  リ `.マ升="´  ||:./.:.:.:.:.:.:.:.:.\\.:.:.:.:.}
         .i .j  .{ ミC 彡   リ x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ.:.:l
          ,' ノ  =|,,__ _ = -0 : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         / / /:://      \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,         ……まあ、彼女にも彼女の父君にも恩はあるし
        ノ ′ /, x" 、      \, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          〃”彡 ミ  \     ,,⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\       お互い不幸にならないならまあ・・・・・
        /  《          0 、::::::,,x:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       /             /   ミシ../\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-= 。
        {            /     /../  .\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..>彡ヘ
        ‘,     //  /      /../     \:.:.:.:.:.:..//   ,
         ゚.\∥/ ”  /\     ,√./       >:.:.//  /  ,
        ゙廴」斗=彡=0   \_  /../       f- "…  /  ./
           {  || ー--     / ̄~フ...{        \   \ /  /
            '.  {| \     /   ./ 爪 i          \   \ /  ,
            '. .{|.  \  /   / .'ハ..{           \   \  /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして王を含む関係各所にそれぞれ秘密裏に接触。何とか筋書きを立てて
  王妃とランスロットに死別()してもらいつつ第二の人生を歩む準備を進めていたところで――


361 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:31:18 ID:ir3Sw3hh



    /  }/l      /   /    |    |∨^\   `、        l  \
.      //,l    /   ,:´    |  |    |     `    |  |  l     l¨¨⌒
      {//l  /     /  |    |  |    |       |  |  l     l
.     /〉/l/     l    |:   /|  |    |     |  /|  |  |    | l
      {/     |  |  _」  / :|  |    |     |: / :|/|  |    |\l
.     ^マ777    |  |  /|``'~、、|\  |    _|/∠=-─ァ|\  |       なーアグラヴェイン!
        | \l   /|  |: 厶|/==‐-ミ'ー\|    ´/'つ::}:}/ / /\|
        l  |: /|  |: /|∧\( つ{:::}::}`'        戈ン゙ / / l        ちょっとあのむかつくランスロットを追い落とす
       l   |∧|  |/\ '、  戈こン              / / l l
      l   │    \`、                     //  │l        ちょっとしたうわさ聞いたんだけど調査してみねえか?
.        l    |       ^ト\           /     /│  |│
.        |    |  |     :|     __         /l |  │|
.        |  /∧  |〉    |\   \v-----‐=ァ   .イ/ l |  │|\
.        |////∧: |∧   :|//|丶、    ‐--‐''´ /////l|  八|'//\     あいつなんでも大物の夫人と不倫してるらしいぜ。
     ///////∧|/∧  |//|      .     /'//////,|: / ////// \
.      <\//////////∧ :|'/ノ      ^''ー‐'^ | ///////|/ /////// />
     //\\/////////∧|{               |\/////////////// ※実際はまだ兜被ってます
     ////\\///////八゙、            }}\'//////////



         ,..-─===ニニー-..、
       _ .イ:::::::/:: ̄:::::‐::::::`:::、ヽ
       「::::/:::/::::::::::::::::::::::=-:::_::::::::\
       ハ:::{:ノ/"´ ̄_z:::::::::::、::;へ:ヾ::::}      その言い方だとまるで私がランスロット卿に私怨を持っているように聞こえるだろう!?
     〈::::∨"      `ヾ::::://^ l::、::ヾ
       X/{ 、 ノ   /┐   ヾハ.ノ/::::ヾ::|      私はブリテンの未来のため不安材料をなるべくなくしたいだけだ!
     〃ノ  {、L_,zヘツ'゙   〈 { ノ:::、:::::ヾ_
     {| `゙<ぅ!  ー-    j   ハ\::≧::::≦⌒
      \ ハ |l    _ -‐、   / }从:ト、::ヾミ゙ヽ   _,._,._
         ー'_,ィ'-~_ン' /  ノ'ソ }:ハ:丈ヾ≠^"
            ヽ~´ ̄   /    ノ,/"ヾ
        ┌- ∧  _/       /"       だがそういうふしだらな関係は個人的に好かぬ。
          .|: :/::/: ̄t\__  _メ
     ∧ /!:.l::/:::::ハ,_丶ヾ/′          調査するなら協力しよう。
     /:| У : |: l:!::::::i: :ヘ, `ゾ
    ハ:.|/: : ヽl: ヾ:::::| : : ∨



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   やっぱりなんだかんだ情報というのは洩れるものであり、勘のいい連中が騒ぎはじめる。


362 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:33:11 ID:T1rcRrXt
アッくんファリエルに真相を聞くって選択肢はないんですか……?


364 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:34:31 ID:ir3Sw3hh



                                      i:\:_. : . : . : : : : : : . : : : : : . : . : .\
                                         ∨: : `ヽ. : . : : : : : : : : : : : . : . : . : .\
                              ,. -=: : ̄:.:\    ∨: : : :ハ. : . : : : : : : : : : . : . : . : . : . :i ,r─. 、
                        /^:': : : : : : :.:.:.:.:.:\    ヽ: :/: |. : . : : : : : : : : : . : . : . : . : : .l !:\. : \
                       /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:\__、丶: . :!: . : . : : : : : : : : . : . : . : : : :/ |: : :} : . : ∨      _
                 ,.ィ;へ _ -=、/: : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.: : :.:.: : : . : . |: . : .,o∽∽∽o: . : . : . : : :乂_j:_:ノ : . : . :!    /'  \
               /:::/::::::::\ニ>'|: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:. :.:.:.:. : : . : .|: : : 9: : : : :.:.:.: : :゚o; . : .: : : : : . : ./. : . : . !     /: { /⌒
             <i:\、::::::/>_∠--─┐ : : : : : : : : : ;-: :.:.:.:.:.:.:.: : : : . :| : : 9: : ∨:.:.:.:.: . : . ゚o; .i: : : : . : /: : . : . /    /: . :∨
            _-ニ\i\'_∠ニニニ/-_-ヽ: : : : : ; : : :/,ィ/≠=、_:. : : : .ヽ: § : : ∨:.:.:.: . : . : .9:!: : : : . :i: : : . : /   ./ : . : . ∨
         _ -ニニニ>ヽi:i>、ニニ/-=ニニ{: : : : : ゙ー,.イ:{:::{::/::/::::::乂_≠-≦_: : : : :∨:.:i: . : . : §: : : : . :| : : . : {   / . : . : . : ∨    まさか王妃と不倫していたとは!
        _ -ニニ> ´   ´ |\/ニニニニニ>- _:ノ::厂`ヾ斗彡≠ミヾ、     ゙ヾ、: :ヽ:∧ : . : . ゚o; : : . : !: : . : . 、_/:_. -r‐ 、 : . \
    _ -ニニ> ´          ノ: :.:.\ニニニ/ニ-=ニf::メ 、 , ,   {  ィ:ヾ::::}:.      ー-、:.:∧: : : : |:゚o: : . /: : : . : . \'_ノ: : : :ヽ: . : ∨  この罪は重いぞランスロット卿!
_ -ニニ> ´             /:/: : :.:.:`ヾ/ニ/三三N、㍉、〈__∠_、 );:::::{:.:.:.        ヾ、:∧: : : |: : ∽o: : : : . : <: : : : : : : : ∧ : . ハ
ニ> "            _/: : : : : : :.:.:.:{ニニ!ニ三三〈{  ̄フ/ヾ゙゚‐'` /´}:;ハ:.:.:.        ヽ:.:! : : !: : : :/: ゚o; <: : : : : : : : : : : : . :| : //
"                /:,: : : : : : : : : :.:.:∨ニ|ニ三三.∧ _ゝ   /´' イ从:j:.:.:         ミ、 : : l :_/:/: 9: : : : : : : : : : : : : . : .∟'/
               /:.; : : : : : : : : : : : :.ヾ=辷三/=∧レ_ ̄7 / /从{`:.:.:          j : /: : . : : : :§: : : : : : : : : : : . : . : ./
             i:.:,: : : : : : : : : : :、丶` ̄ { ̄ニ三{ニヽ二´イ /.ィ:.:.:.:            〈≦:_:_: :-: : : :.§: : : : : : : : : : . : . :/
                ,.j:.: : : : : : : : :./       ∨三三∨ヾー≦-=7;{:.:             { ̄: . : . : . : . o . : . : . : . : . : 、丶`
            /:.:.: : : : : : : /          \三三\ー≦斗"三',:.            jノ: : : : : : ;o∽: : : : : : : :、丶`
              i:.:.:.:.: : : : /               \三三≦三三三=,:.            /: : : : : ;o : : :_: =-  ¨
               |:.:.:.:.:.: /               丈ニr==-、三三、:.         メ : : ;o∽:_:_:/
           i:.:.:.:./                  _入ヾ≧≦ ̄才ニ、:.        ィ;o∽: : :_:ィ¨´
           |i:.:/               /三三三≧ヾニニニニ/ニヽ:.:.     /ニ7ニニニニ\
              W              └──z──‐べニニ"ニニ/\   メニ/ニニ=-‐=ニL
                           _ -ニニニニニニ\ニニ/ニニ}`~^ヾニ≧ヾ/ニ斗─-=\
                       _ -ニニニニニニニニニ}=≧"ニニニメニニニニニ} Y三斗-=ニ三/
                       /ニニニニニニニニニニ.ハニニニニ/ニニニニニ.イ  |ニニニニY



      / : : l: : : : : : : : : /:::>、: : ,:<:::ヽ: : : : : : : : l: : ,
.      / : : : l: : : : : : : : /ー-- 、Vz--‐‐‐V: : : : : : : l: : : ,
     l: : : : :l: : : : : : : :,            ,: : : : : : l: : : :l
     l: : : : :l: : : : : : : l       :        .l: : : : : : l: : : :l
     l: : : : :l: : : l : : : l       l   '     l: : : : : : l: : : :l
      l: : : : :l: : : l : : : l      l ./     . l: : : : : : l: : : :l
     ノ: : : : :l: : : l : : : l      l ′     .l: : : : : : l: : : :l
 .   //l: : : : l : : リ:ー---==ミ、  ,ィニ=‐ ┼ 一 : : l: : : :l     く、仕方ない。ここは通させてもらうぞ!
   // .l: : : : l: : /: :ゝ乂;;;ノ ア .', / ゝ 乂;;;ノア: : : : :l: : :トヽ
.  //  l: : : : l: /: : : : : l            l : : : : : : l: : :l ヽ:',
  l:l   .Y : : l/: : : : : : l      l      .l : : : : : : l: : :l  }:}
  l:l   l: : :/ : : : : : : ノ.     j      l:l: : : : : : :l: : :l  l:l
  l:l   /: :/: : : : : :l /l              l:lヽ: : ',: : :',: : ', l:l
  l:l  /: :/: : : l: : : :lヽll     ` ´    .リ .〉: : ',: : :',: : :', リ
  ヾ /: :/: : : : l: : : :l: : l\  ─‐‐‐--    /l: ',: : ',: : :',: : :ヽ
   ./: :/: : :/: :.l: : : : V l  ヽ        /  l: : ', : } : : ',: : : ヽ
  /: :/: l: /l: : :l: : : : : Vl ', ヽ ___  イ ,  .l : : }: :l: : : :}\: : :.
 ./: :/l: :l:/: l: : :l: : : : : :V、 \      /  /∧:.l: リ: : : :l: :l V:∧
 l: :/ .l:.: : : :l: :八: : : : : :V>o。     。o<///∧l:/: : : : l: :l V: }
 レ'  .l: : : : l: : : :l: : : : : :l/////>--<//////// V: : : : : l: :l  }ノ
    l:斗七^ヽ: :l: : : : : :l//////--.--∨//////// : : : : : l:.人_
 </////////Y: : : : : :l/////.三三三∨//////: : : : : : /イ/////> 、



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そして根回しが終わる前に証拠を押さえられ、ランスロットはその場でアグラヴェインを退け逃走。
 殺すつもりがあったかはともかくアグラヴェインが死亡してしまう。


366 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:39:39 ID:ir3Sw3hh



                __     _
           >''"       >< || \
        ,  '              \ / ヽ
     _/                / ‘,/ }
.      ⌒7    ./           /   /
                        /    / }彡 /
       | /|   :|           /  . イニ\
       |/ |   :|、          ./   /|ニ|\.ニ\
.           |   :| }              ' |ニ|  \.ニ\_____    なんで相談と化せずに即行動に移すかなあ
.           |   :|ノ`丶          /  .|ニ|   \ニニニニニ|
.           |   :|    丶、/// /   八ニ\    ̄ ̄ ̄ ̄     アグラヴェインもランスロットも……。
.           | :| |─、 _,,.. ──〈      \ニ\
.           | :| |  /       \__   \ニ\
         /⌒`~、、 __ -‐   \ `ヽ  \ニ\
       /⌒ヽ                 ヽ }     ̄⌒         話し合えば解決できる問題だったじゃないか……。
        /  /::::∧               \
.      /  |___ ∨                \
     /   __| '                    \
.    八   (::::::::::::::∧                    \
.       |\ |:::::::::::::::∧               __ -‐ ̄
.       |  /─‐‐/ ∧           __ -‐
.       |_  |:::::::::八   `'' ────     |
..     丿:::¨ ─/  ゝ   |!    |!    |!   :|
     ::::::::::::::, '     ‘, |!    |!    |!  八
..      __/      ∧ .|!    |!    |!    \



              /       ヾト、
             /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                 厂/ , --  ヽ}}        \}_
                fブ ̄/              \ ヽ
               /ィ' /               ヽ.   :ヽ|
            ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、
              // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨
           〃 〈_/ / /イ',   / ,    / |  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、
             /    ∧.イ / /  / /   /  |  | ト、.:::| リ  i:::::iV      そんなことより人死にまで出たから
         /   / ,.! .〃 /  / /:l   /   |   | |. |::::|:..}  .!:::::トト
         ,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.Ⅳ i. トi::::|ハ!      なあなあにできなくなったじゃないか!
         {   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、| |
                l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ:::::|        これだけ大騒ぎになると何かしらけじめつけないと
              j! i:::ハ (__辷_う       (__辷ソ /./ |. i:::|
                〃 i::|∧           :       / / ハ! ,ハ. i::|        鼎の軽重を問われる!
                / |  i::|〈`ト、 i       .:!     / イ // li | V|
            〈 |  i:::| l:::个ト      r― 、   / /j! /  ハト. ||
                Ⅵ  !::| |:::::| j:。ヽ    ー '  / /.:。:. / /イl| |.||
                || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、  / /}  ||. || |
               || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
          ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||
      ,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::| |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄
     /:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二
   /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
  /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::
 /:::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/          ||          ヽ::::::/:::::::
.〈:::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/    ,、 - ― :┴: ‐ 、       ∨:::::::::::::



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  事ここに至ってなかったことにはできず、王は自らの王権を守る意味も込めて王妃の処刑を決定。


367 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:40:23 ID:l1ODBvpJ
モルガンの子供勢は基本余計なことしかしない

368 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:40:50 ID:aams7mUz
そらモルガンの子供だしな


370 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:43:25 ID:ir3Sw3hh



                         _ --
                        , ' ................`ヽ
              ,、  ─―-ミ{V乂........................
             。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
         /    , '    `~、/ ⌒\>、.
             i          \   ⌒\>、....../
       /        |           \  /⌒__><
             |         \   \イ    }::::\
      /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\
       ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ     何も殺すことはないでしょう!?
       |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}
       |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zン .レ'   \} :::::|   〉:::::,'     それこそ王の器が問われかねませんよ!?
       |/ .| .∧ 乂zン  `ヽ      /   / |::::::: |   .:::::/
.        | ./ } ',     `        /   / |::::: |  /:::::.
.        レ'  ,'  込     ー‐   /  ./. .:|::::::: |. / ::::/
         /  /   ≧s。 .__. イ  .∧.  |::::::: |/::::::/
         /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/
         / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
.       / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /
       ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
         { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /
        '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
      八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
        \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
         \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/



         | i  i i i   |   |   |{     }i 、    .|\    i
         | l  l l l   |  i|   l:l      |:| l\   |::::::\  |
          | |  l | |  |i  ||   |:|    |::l |:::::\ l:::::::::::ト、 |
           | li  l | l   l:l   || rヘl::| i|   |:::l. |::_,斗十'¨ ̄厂}`|
           |从 | l i |  |::| i{ |ト、{::::l:::|.||   |::TT_::::::::::::::::::::::::::::|        私だけの問題なら我慢もできるんだけど
        _|'__| i| | | |x士仕辻仕土ヽ从.  |:::}ノ:::::::::::::::::::::::::::::::| l | i
..     ∠三l三l ll 从j 从::::::::::::::::::::::::ゝ ::\ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l | |     噂が噂を呼んで太子の血縁まで疑われ
    ∠三三三_N|Ⅵ }∧.|\::::::::::::::::::::::::|\`/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::l.| | |
..  ∠三三三/ /| | | {′N  \::::::\__/ |            \l.| | |     彼自身が毅然とした態度を取らないと
 ∠三三三ヲ/ ∧| | |    |     \ ::::::::::: }              }| | |i
,往三三三三} }ミ|i| |   |      \ :::::: `::ヽ ______    /|| | l.|     最悪私の意志とは無関係に廃嫡する羽目に……。
l三三三三三| |ミ|j| |   |       >、:::::::::: `ー= ̄   / 从 | | |
l三三三三三| |ミl | |i  │ i       |三≧. 、 ::::::::く   /.三| }| l l
l三三三三三| |ミl | ||  │ |     从三三三三>、}_/三三ノ/|| | |
寸三三三三三三| | ||  │ |       {{ミ厂 ̄\三三三三三/ ̄ノ| | |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ファリエルは何とか処刑を止めようとするも、ことが太子の継承問題まで行くとなりうまくいかない。


371 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 20:45:31 ID:T1rcRrXt
不貞を働く王妃の子供は、果たして本当に王の子供か?って話だもんな


372 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:46:40 ID:ir3Sw3hh



           |    イ           |      l        l \\
           |   / い.i          l      |       ./   ヽヽ
           レ /__ V∧ ヽ       ノ     !     ./. ′   ) )
           | /  -- V∧ ', V     .i     /    イ  ′   ,'ノ
i           kr─ テ示ヘK不.', V    ハ    ./   /   .′
|           ト,っら些zノヽ', ヽ:! ∨  ,′,   ./ イ/    .′       あるいは、我が子が自らの手で
.';          |  ´´ ``  ヽリ   ∨ /  ∨ /レ' ./    ′
∧          l             ∨   v′  /     ′        ランスロットを処罰すれば噂も消えるでしょうが
.ハ         .l               ′レ'   '     ′
`=';         |                j      イ     .′         ランスロットを処罰しておいて王妃は無罪にはできません。
 /::         .|              ´   / .|     ′
./: :;:         |           _,      /   !     ′
.: : : ;         .|、       ´ ̄    イ    .!    ′           ……グィネヴィアも、子を守る道を選んだようです。
: : : : i         | >          ´      |    .′
゙::::\|        .|::::::::::::::}> ___  ´::{       .l   :′



               _ -/.Y ‐- __x≦`ヽミx、
            ィ /   | | `  、`ヽユ__ }Уム
             /  | / .| |\   \i ヽ寸//イ!j
.             ノ// ./ {、.  \__ \}.ト`}イノノ
.          / ,イ //! ハヽ、   \ー、 \ヒィ
       イ ,イl、|/イハヘ. ヘ \ー-、、ヽ`ぇ、ヽ!
       { ハ{ |イ l-‐一\ ヽ ー‐--ヽヘVム|`ト、\
.        ヾ. { '| c毛芯` `ヽi芯灯oj i).}| i!% ヽト
        ノj ヽ| ハ }     イ'   /イ ムハl ヾ、 }ヘ         申し訳ありません。私の力が足りないばかりに……。
       ´  ノλ ソ    ′    {レ/.ハ  % ヾ、
           / /.λ个  -‐-  イ//.∧ ::.  %  }ヘ
         八.{|/ ハヾ` ≧-≦チ// /jl  }  ヘ |:::::.
          ヾ./ .ム }.  }l|l{  {' iソ/ノ _ノ   }:,!:::::i
          ソ /ノイへ{:Y:},へハj({( {    .l:::. l:::::|
.        < { ム'´ /::/::L;;」:ヘ:ヘ`ヾーミ>   !:::| `ヾ
.    r<    ヽ{( ./::/:::::j|l|ヤ::ヘ::ヘ ノ) )}  >ュ
    入ヘヘ     `У:/::::: /|l|::マ:::ヘ:::く イ  / /入
    / マ.ヘヘ     ̄入/::|l|::::}__;ィ´     / / ハ
.   /  /`マヘヘ     /::::::::::|l|:::::::::::|    / / ハ:.{ ’
....   /:.:.:.:マヽヽ   `ー┬‐.l`.┬一  .//ヤ:.:.八 ヽ
 ノ ヘノ_ -‐,:.:.マ\`ー-- |.. l|l !--一 /_{`´:,‐- _:.ヘ ::.
. {.. `´_ ___ヤ:.:.:.`ヘ_,ー- ノ.. l|l !-一,ァレ`:.:.:.:./_. `´ }
 ヽ  {_ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ}. `丁   l|l  `丁 .{レ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`} .ノ
   \. \:.:.:.:.:.:.:.:.:`!  |!   .l|l   |! .ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:/`/
     | く_:.≦=―}  |!   .l|l   |! 「`<二:.:.:.:>  >
     ̄ヾ {:.:.:.:.:.:.:.ヽ |!   .l|l   |!ノ:.:.:.:.:.:.:.:`ソ`r‐’


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   さらにグィネヴィアからも子を優先するように頼まれ、しぶしぶながらファリエルも妥協。
  子が母親の処刑を主導するという事態を甘受する羽目になる。


374 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:51:44 ID:ir3Sw3hh



                      /   /   /.:.:.:.:.:/.:.:}::.:.、::.:.\::.:.ヽ::.:.\
                  |   |   i|:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
                  |   |   i|:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.}:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
                  |   | ト、 ∧:.:.:.:.:|:.:.:从/|:.:.;イ:i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.|    それで、重ねてこんなこと言うの非常に申し訳ないですが
                  |   |十ヘニヽト、l: .:l/::「/::l7Tニ/|:.:.:.:.:.|
                  |   トィ斧=ミ      ィ斧 =ミ:.:.|:.:.:.:.:.|    あなたにも共犯の嫌疑がかかってますし
                  |     弋r:::リ   l.    ヒrリノ .:.:.:.:.:.:.|
                  |   l           |:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|    そうでなくても処刑を救出するうわさが鳴りやみません。
                  |   ト、 u      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'}:.:.:.:.:.:|
                  |l            ∠二ヽ.:.:.:.:.:.:.:./Y .:.:.:.:.:|
                  |l    l /\      .:.:.:.:.:.:.:.:./∨.:.:.:.:.:.:|    ランスロットの処遇が決まるまででいいので
                  lヘ  i|,/.:.:.:.}\  .:.:.:.:.:.:.:イ::::::::.V.:/.:.:.:.|
                    从 i|.:.:.:.:/|  ≧   =升:.:|:::::::::::.マ.:.:;イ |    夫妻でしばらく謹慎をお願いします。
                          ヽl:.:.:/ {ニニニニニニニ}::::::::::.}ノ iリ
                     厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〉 ̄ ̄ヽ
                         ′               /.:::::::::::::::|
     _________ /|                 /.::::::::::::::::::ト、 ________
   /.:.:.:.:.:.:.   二二二二二二 ノ              /.:::::::::::::::::::::|二二二二二二   ::::::::.ヽ
  /.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈)━━━━━━┳━━━━━━(〉:::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::.\
  ,.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./           ┃          \::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::.\



                 /⌒\ ̄ ̄ ̄¨'' ミ      >‐-ミ
               _>'' |    \        ≧x,/\  | `ヽ
             /    |         ≧x,_   └|ヘミ   、|  ,イ '
         /               ≧x,_ └|ヘミ      }
         八     i              \└|ヘミ   }}
       /    /  ヘ           ヽ   \ヽ|┐ミ 彡 ノ
        /    /   ハ   ヘ  \    ヽ   \└|   イ
.       / ./|:  /  人 ヘ.   ヘ   \    ヽ    \i亠、
      i ./ .!/   , '   ト-ヘ   ヘ ヽ .:|\   ヽ   \〈
      |//   イ  ', !.  ヽ  |\ \}  \   !     \      いえ、今までの私の活動を考えれば
      /  , イ: |-‐ヽ{‐   ハ  }  \-\ ..!\|‐- __ _ \
    / , イ    i rfzzzzzz  } ./  rfzzzzz !    ト、 \〉 ̄     その懸念ももっともです。
     {/  |     i 乂zン    |/   乂zン |    i ヽ  ', 〉
     {   .ト,    ', 、、、、、    、    、、、、、 ハ   /  ハ.  } 〉     親友の最期の意思を破壊しないためにも
        ヽ   }ヽ              / }  /  .ノ /〈 〉
            }    |  ' .              / /  / ∠ イ  〈 〉     家族で所領に戻っていましょう。
         ,'   |   ゝ    ⌒    イ   /   {    〈 〉 〈 〉
.        /イ   .|   。r‐>   __  </≧/   '    〈_〉 〈 〉
       / i   |>''〉   \    /  { ',   ',≧x,_.   〈_〉
       /¨¨i    |  〈     /`¨¨´ヽ    }  ',   ',  〈⌒\ /
     /  / |  , '   〉    /⌒⌒⌒',  ノ .∧   }  /``、 ∨ /
.     {  .': :.| ./ \  ヽ/∨:..r‐‐‐ュ: :∨/ / .}  ,' _| : : : ヽ ∨
.    八 .{: :ハ {: : :./     /: : 〉  〈: : ヘ|/  /  / |¨ : : : : : } |
       ヽ 〉: : \: : ``i  ./: : .〈   〉 : : ',  / , '/: : : : : : / .!
       }. `ー───|  /: : : : 〉  〈: : : : ',∠イ/``~、 : : /  .!
        /        |  〉: : : 〈.   .〉: : :〈 /``~、.  `´   ,'
      {.  〈 ̄ ̄ ̄ ̄|  ¨|¨¨¨|   |¨¨¨|¨ |: : : : : : \.    !
.       \  i: : : : : : :..:!  |_.!   !.____|  .! : : : : : : : /  r‐ }
.        \i____ノ\  /      ヘ  // : : : : : : /  /  丿
           |     |  ∨        ∨ /: : : : : : :/   .イ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして責任を取るような形で、一家は謹慎を命じられ親友の死に目に会うことも禁じられる。


376 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:55:49 ID:ir3Sw3hh



                     ニ=-―-‐=ニ
                  、ヽ/ ./ {、  ` 、 `` .、
                    / //  /!  V:\  ヽ ヽ\
                  / .: Ν  ゙ ゚  ∨ \  ', ',マ:}h、
                    / /  l{ l  ! ∧  V   ヽ ′ i V:i心
                / l/l  ! :八 V  :ヽ ヽ  l ! Ⅵ! 寸i心
                  ∥!l{ l  | :{  \ヽ :ハ\ 丶 l{ !Ⅵ   寸i心
                 i | :! .Ⅳヽ ! 丶 l-‐ 、\ } !.人 l\ l^寸iム       こんな処罰は納得できません!
                  1 .!ヽ{ 斗-‐、l  | リ ーrzzzォ‐/ ! !| }iトl/  マ:}
               | .:! ヽ. -rzzzx .l/   ヤ//リ } /./ Ⅵ ,7           抗議の意味も込め非武装で参加します!
               l:i:i:i:}、\ ヤ//リ     `¨´ /イ' /}、,/
                  从i:/ \{ `¨´ 、       ⌒!/!/
               |:i/     :.             .: V/
               ′    个 。,   ̄    /ィi彡V/
                        > .,_ ィi「:彡::::::::::::>-―‐ <
                         「ニ!:::::::::::::::/     -―‐` 、
                            斗ニ!::::::::::::/    /    /::\.}
                      __ r.::::´::::ム=!::::::/    /  、ヽ`:::::::::::::≧s。,
                  /   、:::::::/ニ:/ヽ`  i{ ./  i´::::::::::::::::::::::::::::::::::≧s。,
               、ヽ`{     7  ̄/      Ⅵ  .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                  i{  ‘,     /   /   、丶⌒ 'ヽ  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/
                 乂  }_  _/   /- ´        ヽ/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                     ゝ/       ′           \!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  /    .゙   ゙             ! l:::::::::::::::::::::::::::::/:::::: _彡'
                     i    l   ‘,                 l ‘:::::::::::::::::::::::/:: ィi「:i:i:i心
                 八    ‘,   ヘ                 l  乂:::::::::::/:::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:沁
                  \_   ヽ __‘ニ=- ― =ニ           ̄⌒' ー ^ 、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i心
                  ⌒Y  ̄                 √             `'守:i:i:i:i:i:i:i:i心
                      /i:ム                    √              寸:i:i:i:i:i:i:i:i心



                 __   __
              .  ´       > --      .
           /       . ´            `  .
          /        /                  \
            {!       /                     ヽ
          ゝ._   /                    ヽ    ',
              /             /il       ',    '.
               , '        , '  , '  /  | l l  i        |
            , '  , '      //__/  /   .l l l  l i   l   |    あの、ちょっと待ってガレスちゃん。あとガヘリス君。
          // / //    // / `/   /´「 「 /`メ   !   |
.         // / // / / // _ム._ /  /  レレ'__  ハ i   .リ    君の兄が殺されたからことがここまで大きくなってるんやけど
         //  レ' / / / / K´{r'::::::}      ´{k:::: .}ヾ ll !  /
.        //   / / /  i !i  ´ ̄        `ー‐'  リ ト./      他の人はともかく君らまで無言の抗議ってひどくない?
        i/   / / /i. /i ハ       .          /  l !
        |    レ'/ / !/.!入ヘ              /  i iノ
        |    i/ /  ハj 弋ヘ     ‐=-、     /  / i!
              i /  /  |  乂\          /  / ,'
              |へ !  ⊥. --‐‐‐\       ..イi  / /
              | /X ̄ _. --ァ'// | >  .  ´ .| ! / /
              |' r' ´ ̄ // r─┴ -----‐─‐ ┐レ'
       ___ .八 乂 . ∠/--┤「 ̄ ̄ | 「 ̄ ̄ ̄ .|
   .  ´      ` 二 ´=彳´ ̄ !     | |      「 ̄ ``ー‐‐ ‐ ´ ̄`  .
. /    ,.  ´ ̄    ,. --/ /``ー ._    | |      ___ `==' ̄ ```ヽ `丶、
     //      ,. --  / `ヽ.  ``ー ┴‐‐ ' ´ ̄  __ ヽ          \  \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ランスロットの人気もありこの処罰に不服なものも多く、
  非武装で警護に参加するなど無言の抗議活動をするものも少なくなかったという。

  じゃあ処刑を止めたら今度は強硬派がブチ切れるのでやるしかないんだけど。


380 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 20:59:31 ID:ir3Sw3hh



         _「~ …       , '/⌒ ゙
           r/         /     \)
       〈 /    /  /      i    ヽ〉
          Y /  , '  /       .i、  ヽ ハ
         ,' | ./  /  /ィ     /へ ハ リ
.       { .| '  .////   / /--.l  .i }    おかしい……みんな幸せになろうとしてるのに
         ' .| | ./ /'゙/   イ./   |  ! i
        .,.l l/ 〒〒7   イ /'〒〒 l  .//     まるで虚淵結界に入ったかのようにすべてがから回っている……。
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
          ゙ .| `ヽ            ノ|  |
          |   、          /|  |
           ,   ト\  ´ ̄`  . イ i  j      とはいえ、王太子のためにも処刑をやめるわけにはいきません。
           ,  | /::i> __ <l::ヽ j  ノ
           、.|/::/ゝ__,,,,__ノハ i:::::ノノ        王妃を奪還する者が出ないか警護のものは厳重に注意を――
            Y、,゙=--; ;-=":ヽ:::」
           _ /:::l:::::::| |:::::::|:::ト ..、_
    / ”:::::  ̄ ̄ ":::::::::__,,, 人 ,,,__::::::::::::::: ̄ ̄":::::~ \


                    ┣┓    ┏.
                     ♪' ┗┓   】┗・━┛†,   †∇
                   】  /;;〉┗・…'’  〔;;;!  ¨`・━┛【_┏'¶
                 †∇  /;;/   |;;∟、 |;;;L_  「;;!   /7 †
                 ┃! /;;;;レ>/;;Γ´_ノ;ィ;;;r‐┘_」;;レ //_, ┗・・・┓
                     ¶  ノ;;;;/<ィ;;/};!.く/,;/};;ト[__;;;;;;;r'_/;;r‐┘  ,・’
               ┏┛/,;;;/  ,/;/     く/└'</レ ̄7/!|  「!_ 【
               ┃/;;;;;;;;;|  〈/┏━…・〓¨¨ ̄`・. く/ N-=,´r┘`┫
                 】`~'/;;/〕!   【_         ┗〓・. .〈/i」/7 ┃
              ┏' ,/;;/_j;;L,,/┏’             】 ==' , コ┗,
            . ┏'  ,/;;/L:;;;/_【               ┗┓〈/|」  ┃
           ┃ ┃ ,/;;/ /}「【 ̄】.゙:..:..:..:..:..:..:..:           ¨¨】 「l_┗・,
              j【   ‡ /;;/ ┏・¨`  ’.゙-‐… ‐=ミ `:.、         ┃=,゙ r┘【
     .     】【  ┃/;;/  【゙,. ''"   ,;7      ` 、ヽ.       † 〈/|j┏'`
      :      ┃【 _】^´   ,†´....   ,; 7          ゙'<>''´ ` 、 】_   【
    ┃    ┃┗'’「;;〕  †    ,;^7   .r=ミー― 、r く Xー===ミ‘⌒】┏’
    ┏‡      ┃   };;レ  【     ,:仁'     }i ‘,. ヽ  ‘,  ヽ    /⌒.゙】†`
    ┃†    ┏'  _/;;/ ┏'..... ,:仁7 .r‐‐く__ }  Ⅶ }\ノー=ミ7 _.  【
.   】┃  ┃ 】r;;;;;;;;;「  【..... ,:仁‐'__ァ=ミ>'⌒7   j} .;、 i}Y⌒〈´ i}.  _】
    ┃;   †¶ 】 7;/};;| ┏'’. ,:仁ニ >‐ 、 ヽ  '゙⌒'く ./、 V,ノ  .iノi}  ,
    ┃【   †┗'/;/_`´ ┃     ,,:, ´゙^マム/   ノく  ヾ乂___,ノ .; /i}
   ┃【_  ┃ ,;;//;;〕  【    _,ィ‡../ /___ハ j}‐r=彡、__ヽ乂}  {  7ィ 」!
   ,┃`¶ ┃ ///;;;L/┃ ┏',f′.゙i} /´ ̄ ノ´ Ⅵ____  /ー'⌒'く____j{Y´\ ` 、
.   ;†’ `, ’〈/ 「;;/  【 _,,,【..} ,ノ´-‐≦   .{「 ̄`V^ー‐ 、_j}、_,乂 ー‐ ヽ  \-、
   ┃  ┗’ /;/ ,イ  【,¶′【...'´        ノー‐‐く\__  〈 j{「   }≧s。.ム   )]}r┐      ./ >
   ,¶    /フ;;/,/;;!  ∇┏’          フ   i} ⌒'r'⌒i       `7´才' i ̄}ー=ァ/ /
r━┛   /´/イ;」/;;/    【            .く`ー‐‐く7⌒''「 ー''r‐ -   ..,,   ¨´人,ノ`r'´ ̄ У
'’   /;;/ ,/;j |;{ノ;;」___ ┏'’.      .<   ≧s。..,,」   乂_,ノ        ̄}ァ=‐ ` 〉 `X 乂_
   く;;/ /;/〈;;」;;;;;;;;;;;;;;;;7`━;     j{         ノ}≧=彡く         ノ     ≧s、\ ]}\
      /;/ /,;;;;/];;;;;/   【,,..゙/,乂       /ノ       \     才       ノー 、ノ{\ \
       /;/´;;;;;;;;;;;| 「;;;;{  /  ̄【.  /^≧=====彡く{      ノ ー‐=≦⌒ .、    才 ., ´ ヽ}  }i:i:i:\
     /,;;;;;;;/!;;;;| 「;;;;{// ┏┛..゙{i     //  )     (          ー=≦⌒'く乂__ ; 从i:i:i:i:i:\
    /,;;;;;;;;;;/ 」;;;{ 」;;;;;;;;;/ ┏’.....´V7ー―=彡 '   {{     }}≧s。..,, __       乂__,ノ   〈   i}\i:i:i:i:i:\
  /,;;;//;;/ 「;;;」/;;;;;;/ ,¶./  :} /       /i}     {i        ̄二ニニニ7圦    \,ノ  \i:i:i:i:i:\
_/,;;;/ ノ;;/  [;;「/,;;;;/   イ【_,,.... ムイ      /  }      {               /´  \   /     \i:i:i:i:i:\
;;;;;/  /;;/  /,;;;;;;/  ´ ̄【  ,.イ ノ   ,. イ    乂   ノ            ′    ヾー/        \i:i:i:i:i:\



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   で、そんな処刑場に案の定ランスロットさんのエントリー。王妃を奪還すべく単騎凸をかます。


381 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:00:19 ID:ln8YnqcW
円卓最強のエントリーだ!
実際ここで見捨てられるならそもそも浮気してない

382 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:00:48 ID:PUKR5Ea4
まあここでギネヴィア見捨てられるなら不倫とかしませんよねぇ…


385 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:03:35 ID:ir3Sw3hh



                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   非武装だったガレスやガヘリスを含む警備の騎士がバッタバッタとなぎ倒され、
  処刑を主導していた王子もランスロットへ一騎打ちを挑みあえなく打倒される事態を引き起こす。

  もちろんランスロットはそのまま元王妃を連れて逃走した。


386 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:05:52 ID:T1rcRrXt
争え……もっと争え……

387 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:06:09 ID:l1ODBvpJ
王妃の決意を完全に無駄にする間男

388 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:06:57 ID:w4E3kF3x
寧ろここで見捨てるなら何の為に浮気してたってなるからね


389 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:07:31 ID:ir3Sw3hh



                      __ __           ___
                 i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
              r─/´            ヽ、/        }
               イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
            く  /     :/             ヽ.`\
              /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
            ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
            /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ    さすがにこんなもん許されるかあ!
           ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ
              /    !/≧:≠`\.:/ / / /メノノヘ:/      ランスロットをブチ倒すぞ!
          ///    / /   《:::0:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
          / //  /イ :/    `='′::::::::::::::::::{;ソ イ:ヽ.:|、     コンスタンティン夫妻は居城の留守居を!
          //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ
           |リ :/  || |:\    .r、__   / |   :| :ト、
           | :/   :レ′|   \   `ー -'´ / /|  ハl :}
        _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
 ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
 ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
 :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
 ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
  ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/



             /        /         /         /
..           /..         /..         /        /
  / ̄〈     // ̄〈  .  / / ̄〈      // ̄〈     /
  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/ l/",ニヽ~'ヽ/
  ノl_[,#゚ -) 0´|   ノl_[#゚ -) 0´|   ノl_[,#゚ -) 0´|  ノl_[,#゚ -) 0´|
  ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ    ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ
   |ヽ0´|      |ヽ0´|       |ヽ0´|       |ヽ0´|
  ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ
 /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z___________________
                  く ̄\     く ̄\     く ̄\     く ̄\
                  /二、"ヽ    /二、"ヽ    /二、"ヽ     /二、"ヽ
                  (゚#]__ノ    (゚#]__ノ    (゚#]_ノ     (゚#]__ノ
                  r'⌒ヽii     r'⌒ヽii     r'⌒ヽii     r'⌒ヽii
                ─|   | |   ─|   | |   ─|   | |   ─|   | |
                  ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ
                  U"`ヽ)     U"`ヽ)    U"`ヽ)     U"`ヽ)



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   さすがにランスロット討伐を命じるアーサー。1/3以上ランスロットにつく円卓の騎士。
  ブリテン側と大陸側に分かれてお互い殺し合いを始める円卓の騎士。


390 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:08:33 ID:E/4saVO0
1/3以上ランスロットに付くってよっぽど人望無かったのねアーサー王………

391 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:09:32 ID:YsRXJUHa
もしくは単純に気に入らない騎士がいるとか、そもそもとしてランスロットに雇われてきた騎士だったとか
これ旨い話じゃね説とか

392 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:10:02 ID:ln8YnqcW
そもそもランスロットが人気者でもあるから


393 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:10:07 ID:ir3Sw3hh



   ∧_∧
  ( ・∀・)
 ==○====○===X二>
  / /(_)           <<;;;:'⌒;;.'つ
 (__)     /|          ヽつJ;・;;';;                     ∧∧ ,、,、
            lX/                   <:::::..^),.             (゚o ゚il)(o;,,)
        //                     ヽ;:,ζ;;・.:.          / つ._,,O
          /∧_∧                   し´∴;;,;;:,.,.;:,        /   〈
      (^( ・∀・)つ                    :;, ;: ;,;         (_/ ヽ)
        //\   (               ∧_,,,       ,.;:・:,、ノvヽ
     //   ) (__)      と'⌒@(;;゙o;;。)つ       ;:,.〉 〉ヽ)
        (__)          と;;;・;;            (/
   ∧_∧                                         ∧ ∧
  ( ・∀・)            ヾ\                       (゚Д゚'il)
 ==○====○===X二>   ∧_∧`\                    /0 #;つ
  / /(_)        と(  ・∀)ヾ ) ー‐‐ニニ         =======/ ,:;*===X二;;>
 (__)            ヽ    ○                    (_/ ;.8;.)    ;
                 / ∧ \                   .;∞;∞;;;,    ・
                (__) (__)



                              _ --、
                          。r≦イ / ̄ `
                      。r≦>、 〔∨( /  i  _
                   。r≦>r‐/_廴〕> ゞ、 __ノ / ヽ---ュ
               。r≦ニ r'⌒Y|i i/  )ゝrヘへ`´イ-i / -彡へ
            。≦ニニニ / )  l:|i/⌒V7 ∨ュi___ Y廴i| , //´\  〉
          /ニイニニニ,/ 人 〔_〕   V  / __ノ才 i| i //7  Y__     わ、私はこのようなことをしたかったわけでは……
          /ニ/ニニニニ/  ̄> 八rv_,人_/ゝ〔    i|⌒ゝイ_/\r'
.       /ニ//ニニニニ,/  _i /  i ̄ヽゝ ̄〕/--〔〕〈 / ⌒√i ̄ ̄      しかし私のせいであることに変わりはない……。
..    /ニ/ /ニニニニ,/  /r⌒i| 八 〈 ^⌒ゝ _彡イハ   |\〕
    /'⌒´   /ニニニニ,/ / i人  ∨へ __{ n Y´   彡' ヽ彡'___|ハ
.          /ニニニニ,/_〔/゙|  } / 〕、\-<)フ  ̄イ    〕V ̄ヽ〕
        /ニニニニ=/´ァ   八- |i  〕、 \rュノ--<ァ    |i i___ 人ハ
         /ニニニニ=/   /  __/-=ミ\__i|___|i__ノ==ゝ-   |i' ̄    |i
.       /ニニニ==, |-==ミ___/=i   |i人 〔O〕 /   r ヽ   .   ___,|i
..     /ニニニ/|=i _/ _/ / /__   /   =r=∧  |i  li  \,/  ̄|i
      /ニニニ=/゙ |=/ | ∧ , ゞ  ___) ' _) i  人  乂ノ ,彡、  、   |i、
.    /ニニ从/  __ 〉-=ミ /廴彡' ̄li  i  |八/ 〕 込__r-〕r 、/r≦丁)ii
    , ニニ /   r≦ミ/ )/__/八,/ ̄ハ i|- ) /  八   i<ヾ〔\ へ   -
    i=/∨  ,八ニニFシ/ __/7 \_彡へ.i| r彡ヘ\/  \彡ヘ  7/7_(ノニニハ
    |/    /ニ 、彡'/ /  /入 _/   `¨´  Ⅵ__∨/⌒ヽi   辷ニVニ /ニニ=- _
    |   /ニニ/ ,  /  /   /          、〕i ̄∨/〔 i|i     ̄Vニ乂ニニニニニ=-

    乂_彡┘



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  円卓の騎士同士が争い、ガウェインすらもランスロットに倒され、アーサーも一度捕えられるなど
 血で血を洗う激戦がフランスで繰り広げられていたところで――


396 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:13:02 ID:ir3Sw3hh



  (_∧ \/ ̄______,,..   -‐――-ミ∨  \     \\ | \―-ミ
.   \ ∧ `''<___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、__  i}ヽ   )      )  l| |ヽ\ ̄`\
-‐=''ニ¨>ヘ      / ./ ̄ ̄ ̄ ̄~>‐く//>'ァァァ<     /  ∥ ! ', \  ∨
       \    { /_ ,.   -‐  rく////_,,..>''二ニ=‐<     / /  i}   ) .} ∨
_______ / ̄ ̄ >‐八{      厶‐''"~´   , /彡 __  `''<_/ /_∠=‐'  ∨
/ /    /     ゝ______/  ‐-   /// ̄ __ ``      ̄\      /
  ./   // /ア ̄ ̄   /   ´ ̄``ヽ、l/  /     ``~、、__ ヽ ∨--‐ '' ´
  |  //|//      ./ / / ̄``~、、/ ̄ ~"''~、、      \\ |\    \
  | //' /        / / /         |     !   l\      \\ヽ|       }ヽ
  |l/∥ /      ノ // /    /     |     !   | ‘,       \V\___,/ .}
 八 || /      / ∥/  / /    / |  !  ∥  |   !   |      \__/  /
    ll∥乂____>''´   /  /     /゙\|  ! //  ∥ .!   |     \\____/
    レ′ /`―z――‐ァ´ / ./     /゚´⌒l  | //   .//^ |>┼-ミ     ’,\\ ``~、、
ー=彡 /乂_∠___彡/ /  ./   ./ /|    |  ! /  // /|  ∧ | `     ∨|\\  \\
>― ´  癶     / /   ./   ./ |L_ |彡! ! // / ∧,竓竺ミh、_,!  | } l  } ∨  ‘,',
      /  \__//'  // / /   |||  ̄∥/| l // /  ,ィf^⌒ ヽ`ヾl´| /∧l / 〈     ノノ )
,_彡 °    >''´ /  // /  ′ ./|||  / / .| /八_- 〃{::::〇:::::}. ∥=彡'-=ニ´_,癶二ニ=´- ''´     こんなことする連中に
  乂__{>''´_彡/ .// /   |⌒7=‐-廴_' /彡| |    `∥ 乂_::::_ノ 〃 //  ∧ \ \\
    人 ̄ .// / ∥/ |   | ∥ .八 /  ̄ ̄|ヽ!   ./  -‐= ''^^「 //   / ! ∨/} .} ヽΥ       王を名乗る資格なし!
.       >--=ニ´__彡|/ |   | |_,ィf竓芋芒斧=-j  ./       //ノ ./ 乂__ノ_ノ  } jI斗‐
ミ''‐--‐ ´   /   /  ,  |   |./l~\ 乂:::::;;  ''´   ∧      ノ´  ̄ ノ ノ >‐--‐ /
ミ`''<__,彡/ /   / /!  ./ .l`、 ^ ̄    |  / ヘ       _ ィ -=彡ヘ乂,,_彡' /
  ,> .,__//   / /l | ∧ ∨\_ノl   ノ/ _,,  -‐__''二_//  ./  |\  _,/
/     ./ 乂.=彡/ ∥| / ゝ ,_ ̄__彡 ′、_x'__、-''"´    ノ∥  ./  ./ / ̄//     /      今から俺がブリテンの王となる!
  `ー=ニ´____/  ̄/ -=彡' {′ / ∧ ∨/ \  `"''<> .,__//l\/ |  / / / /     |:
 l /⌒ヽ    ィ/ /     / ./ ヽ \   ,> _   `" ー‐ ´  〉、`ー┴ ''´  ∥       | :
 l/| /⌒ー彡/ __,,. イ  / ./    \\_⌒))∧~ニ=- _  \イ_ミ=-----=彡 |      |:
 | マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       厶イ          ̄ ̄  ∧      ̄ >  __   彡/|      |:
,'∧ \__(____/  / /       __     圦___r―― /  ,ィi「ililililil厂 / .|      |:
/ ∧     |乂     / /   ,、丶`      >‐/: :|ilili| : : : /  /∥ililili/  / ./|      |:
./  `'ー―\` ――__/ _/          ∨: {: : :/ililil| : : / / : : |ilil/   /イ从         | :
{         ̄ ̄   ア゜            \__;∧ilil/ : : |∥: : : : |/           }      | :
乂_    /⌒``~、、  /                 ∨: : :八{: : : : : ヽ           {         >
l ̄ __/: : :.//777,>′      /        〈: : : : , -、: : : :.:/    ‐-      j     /
| ̄: : : : :..:/ /////            /         ‐-∨: : {  } : :/            ヽ
乂__.ィ∧∨/            ∥           ∨: :ゝくア            ∨ /
――‐<: : ! |′            {>''´           ∨: : ア        _、 -―- 、 /
: : : : : : : :.:||             /                 ∨/      _、‐''゛ __  \∨_
: : : : : : : :.:||           ∠二ア7ァ。,_             ∥    _、‐''゛ _、‐''゛: : : : :\ `寸三ニ=



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   残った騎士たちを連れてブリテンを守っていたモードレッドが反旗を翻し、ブリテン王を名乗る。
  同時に子飼いの騎士たちによってブリテンを瞬く間に制圧し始めた。


399 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:18:27 ID:ir3Sw3hh



                       /( )\    ___
                      (   ̄\\ / /  \
                \------- \   \(  (__  )
                 \  >''" _/⌒ン⌒\--<⌒∨ノ
                  /_ // ̄ ̄{ ̄ ̄ ̄`丶 人
                 // _ノ:/{ /⌒V ̄ ̄`丶、 \:\
                    / :/  (/{  / ⌒\:/⌒\  \ノ : }
              // :/  / .://    .:{    \  \.:}
             (//   rヘ/ .:/   :/ :∧  `、 `、   : .
            /    /(ン.://    :/ :/~、   `、 `    \
  (___(___,,.、丶´.:    .:// ,'    :/ :/  {.:\:.  `、    :}  }
  \      .:/     _:ノ   :{   :/:{.:.{    .: .:/⌒ }  .:/  ,
     ----/     /.:.:/    :{  .:/―‐{-  ‐\斗==ミk : /  /
       / .:/  .:/  .:/  /.: : { :/{斗=ミ      乂ツ } :/  /(           というわけでファリエル先生……いやファルゼン卿
.      / .:    :/:/.:.:/  / .: .: {.:/从乂ツ          ノ/:_ :/.: >- 、
        ///:/ .: .:i :/ .: . 人.:.\_      `    ⌒7:{{ }_/ )  :}\       俺について新しいブリテンの柱になってくれ。
      { . .:/ ⌒7.:  .: .: :/ノイ/ }:\.: (⌒      _    . : {∥  / .:/ ))``~、、
      { .:/  /  . : 八 {__彡'.: .:.:.\>    '    /{.: ∥--:/ .:/\:/        、 戦えばまず俺がかつ。卿らを殺したくはない。
        :/:   .:   .: /  \_/.: /.: .} :)ハ) >--. : : :∧: ∥{:{-.:  /‐--\          \
       {/\ {i:  .:/   /   /  .:./}/ ⌒ノ}. . .  :/ ヽ{i :{:{ノ :/(    \       }
       {    从  (  ((  ̄) //  .:./-/ ̄   . . . . ./ ∥¨´{. ./'⌒      \      /
            ヽ.:)  \_:ノ/{  :∥/ (  ̄\____∥ :∥                   /
              /  /:i:i:i:i:i/: { :∥'  _\_/ ̄ ̄ ̄  :∥   /: . .     _  -‐   ̄
                /:i:i:i:i:i/  { 八 ///   . . .     {i    {. . . -r‐''"~
             /:i:i:i:i:i:i{   / _  ̄  -‐=ニ二三 ̄ ̄\  }. . . . }
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} / ̄   (___/__ノ        \ }. . . ./
          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/         -=‐     . . . . .    }:∧. . ./
          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ . . . . . . . . _. . . . . . . . . . . . . . . . }/∧ /:{
        ⌒\:i:i:i:i:i:i:i:i:i{. . . . . . . .''"゚~ ̄~゚"'' . . . . . . . . . . .,八 . /:八
           \:i:i:i:i:i八. . . . . . . . _ -=======‐- _ .イ. . . / /〈:i\
           〈:i:\:i:i:i:i:i\_ - ~   .:         \\////∧:i:i\
           /:i\i:i\:i:i:i:}       ,'          . . //////∧:i:i:i:\ ̄三二ニ=‐-



                  i´ヽ-‐   ┬、>,─<
                  /.i   ヽ   〈 .〉ミ川.|三i
               /   .ヽ    > ヽノノノノ三 i
                   /  /∧  iヽ_     >三 /_
              i,/厶-ヽ .!´,-_ヽ、、  \‐-、\::::::\
             /./.i´_二 ヽヽ´ヤツ .i ヾヽ ヽ:i ヽiヽ::::::\       前から王になりたいといってましたが
                i/.ヽ ヾ゙ヾソ   `ヾ  /  )!/ ),!::i  '  `i::::::i
             `  i`=-' ´  , ' ./ / .'i  ´i:::::i    /\i       まさかこんなことをするとは……。
               ノ  ヽ ` ´ /.ァ´  /   i::::::i  /:::::::/
             _>'   / ` /∠/  ./_,ァ┴-┴z::::::::/        心の鍛錬はどうやらサボっていたようですね。
      > ´ ̄ ̄    / _ノ|! /  ノ ,%゙≦`ヽ  `Z::<
     //`フ ,´-==-'.〃i´ >/`='  ! 〃z゙i   i  ン
     .i´ //   ∑ ∥ .X´//  .∧  \Z;;;;二) .(〉、
     ヾ┤i´    ∑ |i ヽ、/ `i`-〈  ヽ i ヽ=c .c=ヽ、
       ヽ!     ./::Z.ヾ/  /  ヾ´彡´Z),!-‐'::、'   i:::::|
        ヽ-'  /:::::::}/|  i   | /ヾ^i:::::::::::::::::i   i:::::i
             ヽ;;;;;;;i .|  |   1   ,!、:::::,::-:{─-メ/            あなた、多勢に無勢です。子を連れて落ち延びてください。
              /::::::i /  !   i   / ∧::::::::i  .i
           〈;;;;;;;/./  /   .|  ./ / .i::::::ノ--、〉             私は少し時間を稼いでから合流します。
            /::::/ /  ./   .i   i i.   ヾ::::::::i:::::i
         /:::::::/ /  i   /   i i   .i::::::::i:::::i
        /:::::://  ./   /   i i   i:::::::i:::::i



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そしてそのままキャメロットの留守居をしているファリエルとコンスタンティンに恭順を命じるも
  夫妻は当然のように拒否。籠城戦の構えを見せる。


403 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:23:03 ID:ir3Sw3hh



                           _
                       __,<⌒ヽヽ)-―‐-ミ
                     ////⌒ヽ∨///// ヽ)
                      (  ノ//////>-―━━‐-
                       }///// /  -――- ゝ―::::::.、
                       (/////.:'              .::::⌒ヽ
                       \ //:.   .:/  :/ .:| \\:. :. \
                     ノ八'    .:/   .:/  .:| :|:ヽ \:. :. :.
                       / (/,'i:. :./:/   .:/   , .:|: `、  :. :. :、
                      ,  /ヽ:.:., .: /  . :/   /  :|:  i   i|.:.:ト\
                        / / .::/V , .:/.:/    / i  :|:  / 八:ノ
                    / / .: //⌒  .:/ _/__ | :八/灯∨:. :\       心の鍛錬をさぼってただと!?
                   ,: ( //    :/イ_ ィf笊㍉ /  代ソ |iヽ: ,.: :.
                    人 '⌒7     .:/ 八  乂ソ       ,  八 i/ |i:.i       俺が王になるためにどれだけ苦労したか
                      \_: , .:/:i:/.:イヽ\        _  ,:  /:.:八|
                  / ̄ ̄i/  ノ' ̄ \\`    ヽ::::ノ イ人 //         わかってて言ってるのか!
                 /     ' \      ヽニ=‐->一 '| 二 /´ ニニ=‐-
               /          \     i /      イ-‐…====…‐- \
                |            \    |_〉――=彡ヘ-‐…・・・・・…‐- ミ \
              /:i\           |     |     _}_',             \
           _、‐゛:i:i:i:i:i:i:\         ,    '     /    ',               )}
  ______ 、‐゛:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\      /  /    /       i             /'      _
/-_-_-_-_ 、‐゛:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/\___/  /     /         j            /  _ -=二
_-_-_-_-/:i:i ̄>'" ̄ ̄``丶 イ {   i| ̄ ̄  \  /       /             _ -=二二=-
)_-_-_-∨:i:i:/     ̄ ̄    \ ',  ||       \         /        _ -=二二=-
{_-_-_-_ ∨/ /     _ \ }/,、/'\_________\__,/     _ -=二二=-
``~、、-_/ /    /     八//\     | >-r 彡'    _ -=二二=-
_-_-_-_\{  {   /      ―― \// =----/'  ∧  _ -=二二=-
_-_-_-_-八  :、  i   /     __\'///// 〈  /_ -=二二=-
_-_-_-_-/\ \ |   :'    /  __\//}>イ ` <ニ=-<
_-_- ,/     `  ` 、 {   ,  /_'⌒〈  ∨}\  ̄ ̄/   }i==---ミ
 ̄ ̄|       ` ‐――∨://⌒〈  〈  ∨ 人 ̄ ̄{   / ::|       \
    |             L{  〈  〈  〈=彡} } ≧=---=≦:::::::::|        \
    |          _ -=∧  〈  〈彡'__ノ∨::::::::::::::::::::::\:::::::::\           \
   :、     _ -=二二=- \彡彡'\(__,/ ::::::::::::::::::::::::::: \:::::::::\           \
     \   { ハ二=-          /|  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\           \



                         _ --
                        , ' ................`ヽ
              ,、  ─―-ミ{V乂........................
             。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
         /    , '    `~、/ ⌒\>、.
             i          \   ⌒\>、....../
       /        |           \  /⌒__><
             |         \   \イ    }::::\
      /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\     それは聞きました。
       ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
       |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}    その時私も聞きましたよね。
       |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zン .レ'   \} :::::|   〉:::::,'
       |/ .| .∧ 乂zン  `ヽ      /   / |::::::: |   .:::::/      王になって何がしたいのかと。
.        | ./ } ',     `        /   / |::::: |  /:::::.
.        レ'  ,'  込     ー‐   /  ./. .:|::::::: |. / ::::/
         /  /   ≧s。 .__. イ  .∧.  |::::::: |/::::::/
         /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/        その先を考えず王になりたがっているから
         / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
.       / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /    あなたは志が小さいのです。
       ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
         { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /
        '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
      八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
        \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
         \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   夫と子や重要書類を逃がしつつ、巧みにモードレッドを挑発して時間を稼ぐファリエル。


406 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:27:39 ID:ir3Sw3hh



  -=ニニニニ=- _                 /{
      -=ニニニニ=- _               /  {
          -=ニニニニ=- _         /⌒{  {_ノ(
               -=ニニニニ=-  __ ノ    {   \(___/
                   -=ニニニニ/  / ̄ ̄\_) ) (__
                       -=ニ//  ̄ ̄ / ''"゚~ ̄~゚"' <⌒
                    /   \:ノ∨ :{  .:}   .:\ `丶、     お前がそれを言うか!
                   |\:/   /: : )\__  ''"゚~ ̄ ̄~゚"''  \
              __|∨  .:/: : : : :\     /   /  )   \   ただ騎士になりたいというだけで祖国を捨てた女が!?
            /: :/: :| \/: : : :\ ̄ ̄   :/ / /  :/ :\
          /⌒7: /人   ∨ ̄ ̄\ ̄\ :/.:/)/}   :/ヘ  :.  :}
             (___\/ ̄\   \(从.:}.:灯~㍉从 :/  }  .:}   :}_\__
            / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∧   \ :从 乂ツ  )/ _/_/ : }  从     ( ̄三二=-    _| ̄ ̄|\
              /   |        /\ /  \       〈ツ 八:/ /___:\(__{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    |  |
          |   |        // ̄ 〈  / ̄|       〉  //)/゙⌒|\ \ ̄ \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   / /
          l/ ̄\ /\xへ      ∨/ ̄|\ `  ' ィ: :\( ̄ ̄ |.  \ \   \_____:/   / /
         /\___< >'"\ \    |    |  うZT爪\: : : : \  人    \ :i:i:i:i:i:i\   ⌒\/__/
       ___/\____//-〈  \ )ーく     \ // 从ZZZZ/ ̄\: : :\ /\.    \:i:i:i:i:i/ ̄ \_/ へ)_
      )\  \/.// (  \_ノ(_/  \    ∨|/\/     __ \ )  |  \   \ /    / |-L_/ミ._\
      (__/  /{:i:i:\ノ-------<  | ̄\/ ̄|   〈   \ 〈  _|   ∧___/   ∧ |:i:i:〈_/_/ / {
      〕_/  / \:i:i:/:i:i:i∧ ∨:i:\ |   |   |__/  \__ ∨ 〈 ̄〈. ∨     /:)\|:i:i:i:i:i:i:i`¨/〉ニ- _
.      /    /     T:i:i:i:i:i:i:i:i}    ̄〉:i:i|   |   | ̄|  / ___ V∧    ∨____/_)/ ̄\:i:i://  -=ニニ-
      /  /:i:i\___/:i:i:i:i:i:i:i:i/__/:i:i:i∧.      | ∧ ^〉       V∧    ∨___)/       \)/       -=ニ〉---へ
       ̄ ̄\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ̄/ ̄/---/ ̄:/∧       / Y〈      Y 〉 ∧    |///       /〉          \/⌒\\
             ̄ ̄ ̄ ̄/  /  /:i:i:i:i/  | ̄∧    /\/  \       //⌒\.  |           / /           〔___/
                 \ \:i:i:i:i:i/    〕 / ∧   /  〕     \   /:i:i:i:i:i:i:i:∧ |         /\./



                   _/⌒"/\―-ミ_ __
         ____   / /    /      \ ><⌒\
         |: : : : : : : :..\ ' / ;'   /    \   ⌒7: : : :.\ \
         |: : | ̄ ̄\ /    |   / |   \ \⌒/: : : : ___.:∨ |
         |: : |: :\__/  /-|   { 八―- \ ∨: : : : /:../: :| /
       _|_|__/  /∥ 八  〈 ∧ \| ̄ ̄ ̄ ̄\/: : :| 〈___
        〈: : : : : ./  /人:Yィ苡\ ∨^苡㍉:.: : : : : : : :../\_/∧⌒\   ええ言いますよ。私は志が小さいですからね。
       〉: : : :/ ⌒Ti  |川 , , r'  \  , , |: : : : : : : : /  /_// \_ノ
       〈/: : .人( : : 八 |- {      )  /V" ̄ ̄ ̄\_/|_ノ⌒ヽ: :|    それでも多少は騎士になってどうしたいかくらい
       L:/: : :.\__\/人  V  フ  ( /: : : : : : : : : :| |: |    | :|
       /: : / ̄ ̄ ̄.:/:/心  ^  /|:: : : : : : : : / : \|   . :.:|     考えてましたけど。
        |: :.:.// ̄ ̄ ̄     / \__ / /:|: : : : : :../: : :. .:| |:\ /.: /
       \/   _____/))灰| ̄  L 〉____:/⌒): : : .:|_|\ \.:/
          /   /   / //厂厂L/|  〈\: : \: : : : :../   ): : )
          //  /  ( (//: /: /: |人   \\___/  / : /
       |/__〕 | ̄| ̄ ̄ ̄:.:/^7: :.:|: :.:\   ): : : : :/ \__⌒冖^
        _〕 | | |:.:八: : : : :/ :/: : :.:|: : : | ) /: : : :.:/   〈_
          _] _| | |/: : :\/  /: : \__/: : : : : :/     [_           あと国を捨てたとは失敬な。実家はいまだにいい関係です。
          _] _| | | ̄ ̄|  { /: : : : : 」: : :八: : : : : /       [_
          _] _| | |〉i   |  |:/|____/: : /  \: :../     /〔_
          _] _| |/ _}  :|  / / |__/   ' :/____/メ⌒
          _] _|/| ,;   |  |/ /从(  |   / /vぃい父(´
          )_/ ノ     |  |_/〔´  |  |  /
         /  ,   |   )/   |  | /
         ,  ;'  |   |    |  |
          {   {   :|  |   |  |


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   キャメロットの守りは固いがさすがに多勢に無勢。
  またモードレッドの戦術眼もありじわりじわりと城を攻略されていくファリエル。


407 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:28:16 ID:T1rcRrXt
王になって何を成したいのかという問いに、答えを出せないまま……

412 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:34:11 ID:T1rcRrXt
ちゃんとパパの許可を取ってから出立したっつーの
ちゃんと孫の顔も見せに行ってバッチリ歓迎されたぞ

413 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:36:59 ID:YsRXJUHa
ファリエルとモードレッドの最大の差は親がどう考えているかの理解率だな
ファリエルは考えを理解したうえで説得して行動に移したけど
モードレッドは考えを理解できないから行動に移した


411 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:33:41 ID:ir3Sw3hh



.   ト、
   \\       ト.、
      \.\.       \\
       \ \       \\                              ト.、
         \ \      \\                          \\
           \..\      \.\                        \\
              \. \      \ \   /.`::::..、     ,.-::.、        \\         /`:::..、   門を開けたぞ! ファリエルの首を取れ~!
.              \ \       \..\ /   ::::::ヽ    .,.' ,  ::::ヽ         \.\        .'    ::::ヽ
                  \ \.     \.,'l7/_,. -‐ '" ̄ ̄`il'/〉 __-―┐        \ \     !i'/>_ -‐  ̄ ̄`,
               \. \      |.!'l.r  o __ -‐=ニ二二ニニ=-_- __     \..\  ,! '"_. 、  o__,..-――‐- ___
                \. \  ,. - '"`ヽニニニニニニニニニニニニ>、.ニニニ=-\ >'"     '.二二二二二ニニニニニニニ
                  \>'"       .l二ニニニニニニニニニニニニニ=―--  ∠___  __!,.--- 、二二ニニニニニニニ
                 // /;        l_\二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}二ニニニニニニニニ
                ,ゝ‐- .へ/        .lニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ二二ニニニニニニニ
               , '        > 、    .lニニニニ、二二ニニニニニニニニニニ三三三三三三三三ニニ/二ニニニニニニニニニ
                  /          \   ;ニニニニ\ニニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三{二ニニニニニニニニニニ
             /                /二ニニニニニ\ニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三,二二二二二二二二ニニ
              /―- _           ./ニニニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニ三三三三三,二二二ニニニニニニニ
               /      .> 、       ./二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}=ヽ二二二二ニニニニニ
.             /          \    ,イ二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|ニニ\二二二ニニニニニ
.            ,            \ .,イ三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニリニニ=\二ニニニニニニ
             ,             /三三二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/二二二二二二二ニニニ
             l/`'.ゝ、        /ニ三三三二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニ



                           /⌒ニ`~、、
     >''" ̄ ̄ ̄ヽ        (乂) 、-=ニ/ |乂`ヽ
   /  >''"⌒ 、 \____ (乂)  \-=ニ 〃 Yヽ ~''<
   \__/      \__ 乂 `ヽ//\ 〃  人 }.\  `ヽ
        >──────  乂 ノ⌒乂ノ⌒乂_ ノ  \    \
        / >───── ~``\___ /  /
.        从  \     /  /         _、‐''゛      |   `、
.         \/       /      >''"        /|
                   {     |    /   _,,.. -‐ '' "´ \ |    }
                    |  /  /|  |    トミ. ノ     .|     囀るな! 単騎働きも連携もできない小童どもが!
                     八   |   |/乂 |  |     んソ/  ∧  ノ
〕h、              _ \  ._、+''"~: : |  |    _ / ./ } ./
.  〕h、   _,,... -‐ '' "´   `丶、\: : : : :.:.|  | /  __/ ゝ .ノイ
<    〕h、⌒ ̄ 7  ./|  ____ \\.: : :..|  |⌒ ̄  ヽ /
  ''<    〕h、 / /::::::|/ } {  \\\ 八   `、   /
      ''<    〕h、::::: ( ̄ ̄  ̄ ̄ )\\⌒ヽ.  \ ̄
        ''<    〕h、 ̄ ̄| | ̄ ̄:::::::∨\. \
      / {::::''<    〕h、 ̄ ̄ ̄`ヽ::::∨ |ノ: : `、  .}             〕iト
           \::::::''<     >< __::::Y  .|: : / }  ノ             /:::::::::::〕iト
.     /     \:::::::::''<  /      `ヽ:::: | ̄ ノ /              /::::::::::::::::::::::〕iト
.   // /      ヽ {:::::::::::/    /    `丶、 ⌒             ヽ::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
 /: :   /         八:::::::::{   ./  /     \        __          ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
. : : : / /      /    \::::\__/  /    /  /.      /  \       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
: : : :,' /     /   /   ̄   ̄{‐‐、/   ,  〕h、 /:::::::::::::::{       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
: : :   ,'      /   /       八  ヽ-/    /:::::::::::::::::::八     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
: : : {      /    /    >''' "´  \___ノ `''<./:::::::::::::::::::::::::::::::::::‐─:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト
: : : | |              /                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : /| |     |   |   /            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 / | |     |   |   {              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




      /     ,ノ./      /  /    ./  ./   ./     ./.     ∧∧        ./ . /     /    ./
     ./     / /      /  /    ./  ./   ./.     ⊂二 ̄⌒つД)つ     ./ . /     /    ./
     /    / /      /   /    ./  ./   ./     ./      ̄ ̄   . /      ./ . /     /    ./
    ./    .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
   ./     ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
.  ∧_∧../ /      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /        ∧_∧  /    ./    ./
 ( ;´Д`)ー'⌒Y   . /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  (´Д` )     ./    ./
./ . ノ ノ __,, ノ  ./  /    ./  ./   ./     ./      ./   /.         ⊂    ⊃    ./    ./
゙...(_ (_,ノ (_(__,.J ../  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./  /    /     ../    ./   /
   .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  〇──〇'    ../    ./   /
   ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
  ./ /     /   /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
 / /     /   /    /   /   ./     ./       (  ./      ./ . /     /    ./    ./   /
,/./      /  /    ./  ./   ./     ./         /⌒⌒)⌒。>   . /     /    ./    ./   /     「「「うわー!」」」
../      /   /   とと ̄⌒`ヽ     ./     と/ ノ_,U Iコ >つ      ./    ./    ./   /
"     ./   /    /   と(*。0。)っ          .  し      ー°  /     /    ./    ./   /
     /  /    ./  ./.  ∨ ∨  ../      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
    ./.  r─--、  r‐、  ../     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /       /
.      /:::::::::::::::\|:::/   /ヽ  ./      ./   /      ./ . /     /    ./   lヽiヽ,、        /
   /::::/ ̄\::::::|/  /::::::::{      r──-、         ./ . ,i′   ./    .  ⊂(Д` )):      ./
 _ノ´::::/      ヽ、::::\` ̄ ̄        ヽ::::::::{´      ../ . /     /    ./.  r─'  ,r:'::       ./   .,
/::::::::::::{          ソ::::::|       r─、___j::::::::L__  ./ . /     /    ./   しウ /:: :       . /   ./
ヽ__r‐'´       /:::::/    .ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  i′   ./    ./    .  し'::       /   ./
  /    ./   /:::::::{_     L_r──-、:::::::::r─── '       /    ./    ./   /       /   ./
. /.      _r‐'´::::::::::/           // |::::::::{   ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
″   ..  \___r、/           /::::/ |:::::::::!   / ./     /    ./    ./   /       /   ./
   ./   /   ./     ./.      /:::::::/  _}::::::〈  ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
   /  ./   /     ./       {::::::::::/   `!::::::::|   /     /    ./    ./   ./       ./   ./
  ./  ./   /     ,i′.       ` ̄     >::::::|   ./     /    ./    ./   /       /   ./
                       <::::::r、:{
                          ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   とうとう城内に突破され、有象無象を蹴散らしながら後退を強いられるファリエル。


414 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:43:02 ID:ir3Sw3hh



              __
          /⌒/ 〃⌒ ̄ ̄ ` 、
        厂 {  ( ){{    \ \ \      __( ̄ ̄⌒\
       , ‐ {   \{/⌒ヽ \ /、  、 ',  __/           {
    _/   \/   /i} }\/L斗==r ', ',/⌒\  ヽ  ',     {
    ´ ′ \   {   /i:/ /、 \} f示ノ  ', ',/⌒\ 、}_j     ',
  {     ',ー'^,  {i:i{ f示≧=┘   ', }  ',    ⌒\ \    ',
  ⌒\    l   ', Ⅵ {\  ` __    ',    マニニニニニ=-\ \   \
     ',  j    , _リ {\\└ '   ∧}\  }\     \} \ \   \    ち、癪だがあの女だけは
       , /⌒}厂',_ j<⌒V⌒\/{__}_/⌒\、/\    、 \   \
      r} ∧イ}}⌒ ̄ /⌒ ̄\,____}工厂 \\/\ }⌒\i:\__/、  ≧=― '   俺が出ないと倒せそうにないな。
      }{∧ 〉ィ__/⌒〕=―‐=ミ、 「⌒}__}__ハ\ア \i:i:i:i\ \
     j{{ / 7⌒ /ア⌒     )) \「⌒ ̄ ̄人⌒V{ノ⌒\、__ノ /        対軍じゃまだまだその腕は健在か。
     /⌒ ̄/⌒ア^-――  r/ _j{   /  \_j\__/'\_/
     ,ー‐,/  /⌒\     / 厂「⌒>'´      ', \   ',
    i{⌒7  /ア\/⌒厂V  〔{ Lj /         }く⌒^\ ',
⌒\ V/\/^\    、/__ノ   〔{ 「{ハ         / { \  /
   \「⌒ ー- 、_/⌒V{    /r {\〉        ∧ハ  、,′
      、 __/_\___ハ___ /_」__{\}⌒` 、    イ i{ノ{\
        V⌒V⌒ ̄ア⌒V/⌒ ̄ ̄ i{ア⌒ト  ̄}アー=≦⌒リ
\____v≧==r‐'    V/,      {{   L 「厂{T ┘
          V⌒v      〉〉〉    〈〈\__{ ノリ
         ',\}  / ̄⌒\     } }     「_ {
         ', }// ̄⌒\j\  / 7\_/ ̄⌒\
          V〈/ /}/}/}   \  、 厂ア   __}_
          V/ ̄ ̄ ̄\   、 }\/ // ̄ ̄⌒\



                          ∨/∧
                         ∨/∧
                              ∨/∧
                              ∨/∧--,
                  _____ ∨//¨ 〉
     _, ──-───‐  ‐/⌒::::::::::::::::::::::{¨ ∨ / 〉─ミ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-─- ミh、∨__/|  | `丶
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__、+''"~        〈 y 〉 |  |  /`、─ 、
   |::::::::::::::::::::::::::r---| \. _     \   \八.|  |/ _ }//∧
   |::::::::::::::::::::::::::| /|     \``~、、`、  〈 x 〉|  |ヽ __ ,'///∧
   {::::::::::::::::::::::::::::/                  〕h、 〉y \.  |  ヽ , '_,,.、丶´
    .::::::::::::::::::::::: /   ト              ミh、-イ___ イ
    ',:::::::::::::::::::::/イ  | \      .トミ.    \   \::::::\ 八     /  ̄ ∧    出てきましたか、モードレッド。
    ',:::: / ̄ ̄/   |   \.    |  "''~、'、‐┬─ \::::::\ `ー一'''´ ////∧
     y'.:.:.:.:.:.:.:.:/ / .i ``~ \  .! -‐ ~   .! .|`、////\::::::`ー一―-ミ/// ∧   確かにあなたの力量ならば
    〈.:.:.:.:.:.:.:/イ   ',  x≠ミ \| ィf忙卞、}  ! }//////〕iト──‐- 、::::\//∧
.     }.:.:.:.:.:./.八    `、乂 ヒリ   \.乂ヒリ / :|./////:::/ //////// `、::::`、/∧  私を一騎打ちで仕留めることも可能でしょう。
     〉.:./ /.  \|ヽ,      ,     /  .ノ////./::::::,' /////////// ',:::::ハ/∧
.     |.:/  /       } ∧        /  /‐‐ ミ /{ :::::{ //////////// }:::::::}/.∧
     /  ,'       .ノ  ,'\  ‐ ‐- /   /      \ヽ::::ヽ///////////ノ:::::ノ//.∧
      {       _,,.、丶 ,イ  > __ { //   >''"~ ̄ ̄ 〕h、////////-イ////.∧
      i  {ー=辷___彡'  / ノ    j丿./   ,イ /::::/\:::::::::::::\_.////////////∧
      |  i            {       /  / | {::::::\   \/  /`ヽ///////////∧
      |  |   _,,.. -‐ '' "´~"''~、/      i ∨::::::::\   /:::::::::::::`、//////////∧
          | /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::}        /  ∨:::::/   \/⌒~"`ヽ. ////////.∧
       ',  ',{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'        /  /::/  ./\/   \::::::::}./////////.∧
      ' , ∨:::::::::::::::_、/:::::::::::::::::::/      , '  , '::::\ /:::::: /__    /::::\ /////////.∧
       /::\_、‐''゛ /、::::::::::::::::./    /  ./::::::〉::::::::::::::::::{:::::\ /::::::::::::::::\.////////.∧
       \:::::::::::::::/|:::::`──┐  ./   /{:::::::::ハ::::::::::::::: i::::::::::ヽ!:::::::::::::::::::::::\.///////∧
.           \::::/  |::::::::::::::::::/  /  / .八:::::∧/\::::::xf〔:::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::\//////∧
          {    / ̄| ̄ ̄ /  /:    `/ ∨// ¨  \::::::::ゝ\::::::::::::::::::::::.:.. //////∧
.          从  ,'   ノ  ̄ ̄  >'´  :    /   ∨//////////////\::::::::::::::::::::::::\////∧
              ', : イ‐── '''´    :   /    ∨/////////////// \::::::::::::::::::::::::\//.∧
              ', ',     :      :   /     ∨/////////////////\::::::::::::::::::::::::\/∧
                }  ',     :      :   ,'       .∨////////////////// \:::::::::::::::::::::::\∧



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   だが決め手に欠けるモードレッド陣営、ファリエルを塔の上に追い詰めつつ
  最後はモードレッドが自ら彼女を討ち果たそうと剣を取る。


415 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:46:20 ID:ir3Sw3hh



    ,/       ...、   \          !./    ./ ./   /  /    /     ._ / ゙,..-'"        l
  /           {, \,   .\        //   ./ ノ゛  /  ./    /   .,/,゙/               l
.∠,_          `'-,.l    \      l !   .,i^/   ./  ./       / /
_,__゙゙''''ー-..,,_      \      \     !/  ./ /   /   /     / /
    ´`"'ー ,,,゙''-、、         ヽ   // ././   /   ./  _/´./.゛ '.''.¬- ..,,_    ._,, ー''"゛._.. -''″
        .、  `''ーミー..、       ヽ  !.l゙ ./ /   ./   ./ ,/゛ ./            _,ニ=ニ,,_ ._..-'"゛
          /      .`'- \ ,,      l .| !,iゞ ,i′ ./   .メ'" .,..-''゙       ._.. -''″   .,..-'"゙''ー ,,,
       l     _   `'-、 ゙゙'゙‐''-  ll゙l/ ./  ,i′   .,/゛     ._..-‐″     ., /        `'''ー ..
       /     .\/      \   .\'"   ! /    /     ._..-'"゛         ,/゛           ____,
      /            、    `'、      ゾ   /      .'"         _,,,,,xニ-―¬''''''"゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
____l_______l____/          .i______________________
     │           !
''''¬―ー'ト--.---------_,l__                             ー--........,,,,_、
     !          │  ̄ ゙゙̄,゙./                ______            ̄''''― ..,,_.
     .!    _、         !    / ´                \       ゙̄”`-二"''''''''''¬――---__二
     ! .,..-'´        !   ./イ         r─つ    \.     `''-、   `'''ー..,,,
    ._|‐"              l   /      . 、  |  .″.l   i 、.\       . \      `'''-..,、
  _/│       .,、     .,/,i'     /  l   .\.  .l .,iヘレヽ ヽ, `'-     . \       `''-、、
-"  .!      : ‐゛    . / ゙./     /   ヽ .,―‐=、 .゙ ″   .゙へ,゛、       \   .`'-、   `''-..、
    l             /  /     ./     .l. l     `'-  、    ` \         \   `'-、
   .l      _. . /   ./     ./      .l│       ..l.     ヽヽ         \    . \
   l  ,,  / /   ./      ./ .ヽ     ! !        ..l     ヽヽ             \     \
   ,.!‐゛   ` ./    /      /   .ヽ    .}.!       .、  .l.     ヽ.l,      、、   .\
  '´.|    /     ./      ./ ,、.,  ヽ   ,!.|   ヽ   / '‐ l      ヽ.l   .\   `'-、  \
  │  /     ./      / / ./   .ヽ  .!.l    ヽ  ..l   l      l..l.   .ヽ,    \   .\
   | /      /      / : ゙        ヽ .!}     、  l   .l     、 ...l,ヽ          `' _,, ノぐ
  .レ"   .,.  ./       /              ヽ:!|      `'-、、   .l   .l .ヽ l, l      ._.. -''″ \. `
../.|    ./   /       ./ 、    \.      l(,      、  `'‐、, │   l.    l l.  ...-'"       .\.
"  |      /       ./   ヽ    `'-     \     `'-、  `' !、   ゝ   .l l



                                                            ̄ 二二ニニ==---
                                                                ̄ 二二ニニ==---
                                                                    ̄ 二二ニニ
                                                                          ̄
____
   ̄ --===- ____
         ̄ --===- ____
             ̄ --===- ____
                    ̄ --=ニニ=- ____                   /⌒ ヽ_
 ̄ 二二ニニ==---                  ̄ --=ニニ=-r‐、 ___            i{ N、}、 \⌒`
   ̄ 二二ニニ==---                     ̄ ̄└‐<ニニ=-     /⌒ゞ,八{ _ _ l\ \
      ̄ 二二ニニ==---                          ̄ ̄ -=ニニ/   厂^{个=个「 /⌒/\   ああそうだ!
         ̄ 二二ニニ==---                        ¨Y   { V´  ̄ `V__/   }
             ̄ 二二ニニ==---                     人   \{≧=‐=彳     ,'   あんたじゃ俺に勝てねえ!
                 ̄ 二二ニニ==---                        ≧=‐「⌒ T ⌒\_ ィ
                      ̄ 二二ニニ==---                    } J { し /L   ノ
                           ̄ 二二ニニ==---              ノ       { {/^}∧
                                 ̄ 二二ニニ==---     /\ ___/^{⌒^′j_
                                        ̄ 二二ニ=/  /⌒i{ \  「⌒ ̄ {                 _
                                                ̄ ̄ ̄ 二二ニニ==---  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄







ニニ==---
   ̄ ニニ==---
       ̄ ニニ==---
           ̄ ニニ==---
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   二合、三合と打ち合い、ファリエルの剣が欠け、次第に鎧もかけていく。
  騎士としての力量として、モードレッドの方が上なのは誰もが認めざるを得なかった。


416 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:47:26 ID:T1rcRrXt
>剣が欠け、次第に鎧もかけていく
あっ(察し


420 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:50:15 ID:ir3Sw3hh



           ── 、
          / | |  | /⌒\ __
       /  ..| |  | / ._、+''"~   ~"''*、
       {    /⌒/          ─‐、
       八 / 〉 ./    //         |__
        \_〈_/ /  /           / ∨
         /〃  / /     >'"|    ./  .∨
        / 〃|  / / >' ─-、 .|    ∧   {
.      /  〃/! .| //xf芋ミk、/  ./‐‐,.! .乂_
   /  // /.{⌒!  / ん:::ハ /_,、丶xぅ芥x }..| .|⌒    ええ、そうですね、ですので――
      / / /.八__|  |  乂ン  ̄    ん::::ソ  |/
 /  ./   /     | |         , .乂ン ./ 从
.   /   ,'  ,'    l ..ト.            ./| |
. {  |     {    .| .八 \   ` ─ '   / | |
八    {   ‘,  八  ‘ } ≧s。 _  イ   ! !
  \|  ‘,  ‘,    \ ',~"''~{__ヽ、    / ./
       \____\ ̄ ̄ \{  /::\::|::::\ //
            / |\      /::::::::.∧::::::./イ
           .| |. .\     /::::::::::| | :::::: / ̄─┐
        / : |   | \. .〈___|| ヽ:://⌒` .!
          /( ̄    ̄)\ |___| /   ニニ⊃
      /: :  ̄|  | ̄ : : : \  ._/    ニニ ∧_
       .{: : : : : : |  |: : : : : : : : / {   ⊂ニ、 /: : : 〉
      \__:.: : |  |: : :ヽ: : /  |  >‐-、ノ/〉 Y
        |: : :.|  |: : : :|/、   .乂ソ | .乂/|: : |
        | >''"~ ̄`ヽ  \__/   |    .!_:_:!
           \   /        /  八__/}



         ┌―――――――――――――――――――──┐
          (" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄(
          〉             〉                   Y
         φ             φ                  Φ
         /             /                     l
         /              /                     l
        /               /                    l
        /               ;  /               ;       .i
       /              / ./              /        |
       /                /                      l
      /               ;   /               ;       ./i
     ./              /  ./              /      .//
     ./      ;       /  /      ;       / ; ___,//|
    /      /     /  /      /      ./   / `)./ ./ |
  /     /⌒ヽ、_,ノ⌒/      /⌒ヽ、_,ノ⌒ヽ、__,ノ,.-‐'"/||
  く,.____,_,.'-‐'" ̄´   `く,.____,_,.'-‐'" ̄´   ` ̄_____ /...||
       || ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄     ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄        │|
       ||                                  │|
       「─―――――――――――――――――――──「
       └─────────────────────┘



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そういうと、ファリエルは突如後退すると物見の窓に足をかけ――


424 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:54:24 ID:ir3Sw3hh



                                      _,,....,,_
                        /⌒ ∧┌、⌒ "''<>'">-<``丶、
                   /⌒/    /    \ ⌒  ∨: : : : \ \ \
                         ,'        ヽ'⌒ /: : : : : : : \  人
                 / /       {    \   \_/: : : : : : : : : : :∨ ノ
          ─────-/          :ハ  ト、   \   {: : : : : : :/: :,' : : ∨ }    / ̄ ̄\
.        /: : : : : : : : : : : :/ /      |ヽ | \   __}___{___{: : : 八 ┐/ / ̄ ̄\\
..      |: :. :: : 、: : : : : :.:{/   八    | ̄ \~" \ / : : : : : : : : : : : \: : : : :.:}、/       } }
.        |: : : : :.:.ゝ、_/  //-‐\  l  斗r==ミk {: : : : : : : \.: .: |  |\  ノ:| \     / ./
.       |: :::: : : : :.:{/   /  {斗==x\.{  ゝ 乂r.ツ }: : : : : : : : : \ |  |: /ー  厂\\ ⌒¨´
.      _.,|,... -‐ ' /  /|   ', Vzソ  \    、、、  {____________|  |Y)__/   }: .}
      〈: : : : : : :/ ./ : : |  |\} 、、、  、        〉⌒: : : : : : :.:.八 ̄∨|     .|: :|    ここは時間を得たことで良しとして
      ∨: : : : :{ /.: : : : :| !  ト      __     /: : : : : : : : : : : : :.\ ∨|     .ノ: /
      ∨: : :.八{: : : :.:-八 |  圦   ∨   ノ   / : : : : : : : : : :.: : : : : :\八  /:.:/     お暇させていただきます。
.        ∨: :-=二 ̄: : : : \  |. \   ""´    {: /.: : : : : : : : : : /: : : : :\\: :/
          ^ノ: : : : : : : : : : : : : `ノ   :}\     /∨/ : : : : : :__/ : : : : : : : :} \\
      /: : / ̄ : : : : : : :_/    ∧ ` ー  /  ∨ /: : : : : : : : : : : : : :⌒/   \\
.       {: : : : : : : : :/  ̄ ̄     /  \__ノ__|  :{ ∨ : : : : : : : : : : : : : :/      }: :}
       \: : : : :/  /  ̄ ̄ ̄ \ ___/∧ |  ‘,\⌒`ヽ : : : : : : /      /: :     私を討ったと宣伝したいなら
         \/  / // / /⌒  /:.:.┌|⌒〉:.八   ‘,: \: : : : : : : イ \<    /: :/
        /  / .〈// //__/:.:.:.:. ||:.:// \ \   ‘, : :  ̄: : : : . |   \>⌒)ノ      どうぞご自由に。
.        /  /  〈// /|.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|L_/:.:.:.:.:.',、\ ‘,::.: : : : : : :.:.|    ‘,>
        |  /  〈// /∧.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /| |:.:.:.:.:.:.:.|.:.| ‘, }:: : : : : : : : ∧     ‘,>
        |  | 〈/ /.// : \_____/:/ |.:.:.:.:.:.:.:|.:.| / ノイ : : : : : : : / } \   <
          \| <|| | .::.:.:.:.:.:..:.:.::.:. /|:| :.:.:.:.:.:.:∨// /、: : : : : : : /     )   }<
.            <|| 〈_____.:.:.:.:.:. /   | ,' .:.:.:.:.__ノ// /フ\: : : : :/    /  ノ<
.            <| | |  :.   ̄ ̄    :| |_/ ̄ | // /フ   \: :/   ̄   /\{
.            <| | |  人     |    | |.:.:.:.:.:.:|// /フ |  ノ____、‐''゛\{
.            <| | | .// `|  |    | 〈_____ノ /フ | /∨∨∨八/\{
.             ∨ / ,   |  |    |  ///フ    l /
                ∨ {   |  |    |///フ |   |
                   }   |  |    |  /フ   |   /
                 ノ   |  |    |/イ     |   /
                /    |   |       |     :|
              ,'    |   {       |        |{
                       {       |    |   ∧
               |    {         |    |   ∧
               {    {    |      :|    |     ∧.




|l!1!|!l                     i| !i| !li| |i! |! |               __.  イ / ___  ___     !|!l
|l!1!|!l                       i| !li| |i! l:           γ´   / / / //    .!|!l
|l!1!|!l                         l !li| |i! |           /   / / / //      .1!|!l
|l!1!|!l                       !li| |i!               /  / / / //       !1!|!l
|l!1!|!l                        li| |i             /  /  < / γ⌒          .|l!1!|!l
|l!1!|!l                           i| |!:            /  / 。o≦             |l!1!|!l
|l!1!|!l                        :!| |             /      /               |l!1!|!l
|l!1!|!l                       | |         /  / ー- ´              |l!1!|!l
|l!1!|!l                       | |         ./  /                        |l!1!|!l
|l!1!|!l                       | |        .γ⌒´                     |l!1!|!l
|l!1!|!l                       |           rー--                     |l!1!|!l
|l!1!|!l                       |             ./  /                   |l!1!|!l
|l!1!|!l                                     / /                      |l!1!|!l
|l!1!|!l                                 __,、  / /                       | |l!1!|!l
|l!1!|!l                             /  廴丿  ̄ ̄ ̄>              i| |l!1!|!l
|l!1!|!l |                           /    -≠ミ   ζ                    l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |                              /  /   /  /_..、 rー ラ          l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                            |.¨´    ./  // γ´ /γ´              .l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                            |i   ../  / / / ノ /  ヘ            || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                           |/レ'i  ....´ ̄   γ´   //          || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!,                        |/|i | i              イ/                || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!i                        |    l     /                  i    i.|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l                     |i | |     И  /|                   l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l                  \儿八ノ     |从/ i| /                    l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l                  \ノ           i|レ'  iレ/                    l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!|.i                   ⌒ヽ         И  イ/                    l|.i  .l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!|.|                   \ノ           /(//                .l|l|   il:|| |l!1!|!l



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            そのまま蹴り上げ、当の下へと飛び降りていった。


425 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:55:17 ID:sifI34DS
正面から戦う必然性はないからねえ

426 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 21:55:29 ID:BSCddNXH
サラダバー!


431 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 21:58:50 ID:ir3Sw3hh



           , -‐- 、
             , ´ ̄  ヽト.
         .′{   .:.i  }!
         {  ヾ {=====i.
            }.:/   .:___i     やりましたな我が王!
          /ェ=-‐ ──t='
        _≦/ト:、 、ニニイ      この高さからならいかにあの超人ファルゼン卿と言えど生きてはいますまい!
     . -‐  ̄:.`:.<}  Vト、
    //    .:.:.:. ト、.  〉. `>、
     ト'⌒ヾ/_   } i i`i i.',  i i
    Y⌒ヽ/7////ー' ///ハ ヽ{ニ|
   /⌒ヽ/:7//;イ/ ' ' ' /ヽ |ニ!
  /ヘ-‐=-厂.:. .:.     }  `|/ }}、
 ,/ュェニニ}ト.ニ二二    ´   !´  i|
.< }´/ニ二}',ニ二  :.:.:   .:}二ニ}
 V/ニ,<ニ{  }ニ二_ .:.:.:.   ./ {/ /|〉
  \/∧ Y /ニ二    ‐-=ニ=‐ヽ{:  i
.  //  ヽ|/⌒ヽニ二_      /∧ !



                          /        . //    :/  /    /::::|::  \
                            /         /.:/  ..::/ \ .:/ /`'~ |::    `、
                        /      _,,.、丶´ .:/  :/:斗==ミx//::     |::
                          / .    ̄ ̄ ̄:/ .:/ :/ .:∥   ヒ)\ ::  '" | :/    i
                      /. . .     . . . / .:/.:/  .:∥ \_   __彡    |/.:: :/  |
                    /.:/. . .   . . . . /  /    .::i{_    "⌒   ノtテミ ̄.:∧  |
                   /  /. . .  . . . . . ./        /⌒    ___     >  )|.:/.:∧从        /_7  馬鹿なことを言うな!
                  /  :/. . . . . . . . . .:/      /   / V-  \   `¨ . ./ニ=-  _      /ニ /
                   /. . . . . . . . . . .:/ .:   /::λ  /Y: :\_:::::\_) ___彡 -ニニニニニ-  _/ニニ/   あれがあの程度で死ぬか!?
               __/. . . . . . . . . . //. . :  /∥:/八  { {: : : : : :ヽ : /  /:i:i:i:i:i/ニニニニニニニニ/
            ⌒>-. . . . . . . . . . . . /. ./. .. /ニ.∥∥/∧ \ 、: : : :ノ∨ /:i:i:i:i∧/ニニニニニニニ/
            ⌒ -=ニ __.,,.、丶´ /..:/. . /ニニ∥----< 、    ---  イ:i:i:i:i:i/ニニ ----------<
             / ̄ ̄\_____./=|__./ニニニ{iニニ/ニニ.\_  イ/:i:i:i:i/ニ/   )/         \      仮に死んだとしても遺体がない限り
            /       // /ニニニ/ ̄//\ニ./ ニニニ/ニ/ / ニニニ/  /           \
           /        _/::::/ニ/:::: /       \ニニニ./ニ/ /ニニ- /                      \   誰もそんなこと信じぬわ!
          /    _     /i:i:/::::: //:::: /   |        \_/ニ/  :|=- '   /:、    ___              \
.      /    /:i:i:i:\/:i:i/|: ::::  :: /    |     /::::::::::::∨       /:i:i:i:\/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\           早く落下先を探せ!
.      /    /:i:/\:i:i:i:i:/ .:|:: : :: /_.∧ ---------ミ  : : : : : |∧    / \:i:i:i:i:i:/ ̄ ̄\:i∧
   /    /:i:/     ̄     :|::::// ∨|////////// >∧  .::|::::::.  /、    ̄        〉:i:i〉 ---------
  〈   /:i:/     / \    |:/      |///////// :∨  :::|::::::::/:/  \     . . . . . ./:i:i:/. . . . .
.  ∧ 〈:i:i:i〈     /:|   | 、 ./        |// / / /        :|::/ : /   /\: : : : : : : : /:i:/: : : : : : : : : : : : : :
.  / ∧  \:i〉   / |   | ∨       |/// /          ::|:::::::::/   /: : : \: : : : : : ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :
.  // ∧      〈  |   | /     / ̄ ̄ ̄ ̄\      /|::::::/   / /  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   敵将討ち取ったと喜ぶ騎士たちを尻目に、モードレッドは完全に逃げられたと舌打ちし追撃を命じる。


435 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:02:40 ID:ir3Sw3hh



           \  \  \
            \  \  \
        ___  ⌒ヽ ( { \  \
        \____ >乂_\  \
        _/     / '" ̄  _ >\
       '⌒7  /  /イ    //'"⌒ヽ  \
     __ ノ   /  ((,人  /,         `>   _
    >――=彡  /' ̄ / /:i   | 、  \ 〈 \ | |
    ' / _彡 /i ∨ :/ :ハ {  |ヽ{\    }\ | |  {\
   // )/  {/   | / / ,  i从≧..,,_   >-、 i:i:i:i:i:ト:i\} }\ __   そうだ、あの程度で先生が死ぬはずがない……
  ((  ' \___彡 イ /人:{'弋ソ`   rソ i |,从:i:i:ム:i:i:i\   V /' }
   \     `¨¨⌒´¨¨ ∨/  ト     ,  从:i:i:i}}:i:i\:i:i:i:i: \/ , /   あの人はもっと巨大な乗り越えるべき壁なんだ……。
  }\___彡-―‐- :八 从   _  ァ /  ヽ厶:i:i:i:i \乂ノノ /
  乂___  -――- \ { 个  .,__,. イヽ\ハ  \:i:i:i:iノ-vへ/= ミ
             ∧ _\⌒7〈__ノ ハ`―===≦ //__ノ -- Vハ
             }// ̄ ̄``丶、 ̄ ̄∨___彡<__/ /  Y
              //  ――《《   ∨ ̄ \         /-―― ハ _
            ///       ゞ'   {\_}ハ      '  ___{ { 人
             / /          _ノ⌒∨⌒\__ //__ }V/ /ヽ
          }/    {       //〈:. :. :.}\∧}:. :./ /:.=≦:. :. :.7人<ノノ、
          \  人      // /|:. :. }:./ ̄}==≦:.\:. :. /    \::\
            `  ___彡 '  / / :. :. /  |:. :. :. :. :. \ : /        \::\
                }\__彡<,/:. :.:/  人:. :. :. :. :. :. ∨         \::\
                ∨ {   V , ̄ ̄ ̄/ T ` ――― ´          \ノ ̄ヽ
                    ∨ }    V ,     {  |                   }乂 )ノ
                  } :j    }/}      |                   `¨¨´
                 /> 7    |/|      |
                 /:. :. :} /_    |/|      | へ
                 /:. :. :. ://\:. :. ‐-  _   ∨\ \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうして、モードレッドはキャメロットを占領し、アーサーたちを迎え撃つ準備を始めた――前に


436 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:03:56 ID:T1rcRrXt
うわぁめんどくさい、知ってたけど

437 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:05:21 ID:YsRXJUHa
承認欲求が強いからその分だけ相手も兄弟であってほしいんだなと
認められたいし、乗り越えたと証明したいという

438 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:07:27 ID:JDtiizX1
敵は強大であってほしいなんて思うから心の鍛錬さぼりマン扱いされるのだ

441 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:07:40 ID:Fk7+CWDK
好感度高ーい、拗らせすぎだよモーさんw


442 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:08:03 ID:ir3Sw3hh



            ―-ミ
        / ノ    -‐……‐- _
         彡イ /ー=彡         ̄ 7
        {    ー=辷彡'   /     \
         八 {{ /    /  /     イ  \
           \,' >''~      / / ,' \  \
        >''~ _,,.. -‐ '' "´/ // / !  \⌒
       ⌒ ̄{⌒ |  | x芹ぅ // / | \ ∨    てこの原理ってあるじゃないですか。
             :  :|  | 乂ツ  / /ィf卞  } ヽ W
              彡|  |     {/   Vソ | |/ .| }    視点から距離が遠いところから力を入れると
             \_|  |     '    ノ |  } /
                r|  ト    r ァ   / | |  |/     巨大な物体でも動かせるというあれ。
           ノ |  |个s。.    イ  | |
.     ___、‐''゛  |  |\   ア       | |
    /⌒\    \|  | /⌒八     | .ノ
   /::::::_::::ヽ   :|  ノ / ::::::::::: ´"'‐- .,_|イ
   /:::::::|  |::::::\   | ./ 〈:::::::∧::::::::〉   }ヽ         さすがに地球を動かすのは無理でもですね――
  ..:::| ̄   ̄|:::: \.|/ ./\/ ! ',/',   /::_:_∨
  {:::: ̄|  | ̄:::::::::::}乂/:::::::| |:::::::::::〉 /::::| |_W
   :::::::::|  |:::::::::::: /   \_./ |_/-イ| ̄  __W       塔の先端に強い衝撃を与えて倒壊させるくらいはできるんですよ。
  八 ::::: >''"~ ̄``{    |!   |!    |!ハ ̄| | .W
   \/    ─ 、 ',   |!   |!    |! }:: | |:::.
     ‘,./    ‘, |!   |!    |! ノ!::: ̄::::::.
       ‘,.      ヽ .|!   |!    |! ∨ ⌒ ∨



                       A        / 〉 }[ }
                   ,′}          ′ /}[ /\
                     /i i八       ′' / A/}___{
                      ,′/ iハ     . :/ /i/i//^^7
                  、/^ヽi i}     , / /ィiアヽ i{
                 //\/⌒ヽ    / ィiア^^ヽ Ⅵ\
                ′_ノ(/__/7   〈iア^> ´^ヽ V V^^}      __
             _A   V^v/^7 i /   / ィi(_〉i i iハ V V,,}_______/i7}
            /7 }   } i/i / /    i//¨){\i i iハ V V}_/^77 /¨}
   __          ′ ,   八//、`   /´ ./iノ ィi)i i i {^ V V__//i/⌒}
  /7{         {/{ i iL  ′{//   < _,/〉 / Vi i i i V iV V7/  A
  ,' / ′      ノ__Ⅵ^^} {,,,/i/     .\/イ⌒ヽ Vi i i i V iV ∨i / / }
  i/ {__    /j j^Y^\} ^7       }\j:i:i:i:i:ハ Vi i i i V iV ∨ / /        __
  ^^7⌒>   ,′ ^{\\ \ ′        }i i \:i〈 ハ Vi i i i V iV Vi /      __}.:{
  i /i/{  _/__/ /\ \\ノi\         八i i i i\V \vi i i i V iV V/       /:/.:.{
  | j ∧/7__7 /\ \_\\ `、       ^7}h、i i i i >、i i >i i i i V iV {      ,:./.:.:∧
  | ji/ jV i 7 /\__i>、 >ハハ__j}      ^⌒)hi/i// j \ i iV i〉{        {∧ /.:.:i
  | .八,ノ〈 !iレ'、丶` _,.ィi{7//ア        ^⌒i>イ、  /{ i \ Vヽ〉     .{./V,;,;L_
  |/<>i> \/ ィi{ア^i//i/         /{    \>\{ { | i : \iム    .//^V^^Y
  'i /\_/ ィi{ア゛i_i_i_/^~´         / .{      ]__} { { | | i  }7^^     il/.:.:/ .:.:.:|i
  /\i_/ィi{^アi i i i7^~    /{      { .:.:〉       ]__} { { | | | i ′    八.://\ .|L _
  i i i 7_/i アi i i i i/      ′::       八/        \ { { | |_|_|/      /.://\.:.:.:Ⅵ.:.:.i
  i i /7ア-‐…‐-ミ     .:.:.:.{‐i     iV       /\ 〉〉〉〉/     ∧/イ/.:./ヾヽ/^〉 _|i
  ‐=≦ -‐…・・・‐ iL,,_  ノ .:.:.{ i|r‐i           、`7 / ////    ./.:.:{ : |.:.:イ.:.:.:/i∨i/ . ::||7^ヽ
  i i i i i、丶` ,、丶`} 7: 、/.:.:/^7.:リ .:.|       /\/ / / /// {  /{__/{.:.:/.:./ .:.:.|./r…v{ .:.: 八.:.:.:‘,
  ‐=≦ ‐=≦^i / /i/ .:./.:.:/.:./ /{ .:.:| /{  /___/ / / ///\〉/ :{ .:///.:.:.:/ .:.:|  }{_ :/.:.:.:〉.:.:/\
  i i i i i i i i7 |' /i/、 ./.:.:/.:./ / .{_i.:.|i/i/iVi/^^7 / / /// .:/ヽ  :{イ//.:.:.:r‐''^~~^ハ_/^7 .:.:/.:.:/}.:.: ′
  i i i_i_i_i_i_7i i |/i/\\:/.:./ / .: { l/i/i / /{/ / ///{\/\{  :{//.:.:./:|i   7!Tハ . {  :/.:.:/.:{.:./.:.
  i i i i i i7∧i.i.i|i/\:.:\\' /.:.:.:/ // //アi /// } /〉  {  /.:.:.:./} : 八} ii/ | ! ! ,.イ.:./.:.:.:V.:.:
  i i i_i_7/ !i:i:/\:.:\.:.\\/i// /{ {ア\!{//\i//⌒Y{__,'‐=彡'__}_/  } {{ i/ j___}L_\ .:.:八.:.:
  i i i i7/} i }i:/\: : /`、.:.:.:/i//i i i \\\i i //} i i Y} {} | L]i : : : / 7 _7 八/, /~^7⌒V{___ _.:.\
  i i i i{i{ Ⅵ〕iト、: : //i/i/〉i// i/\i i i i i i\\〉:i/i∧/ ̄7} |_L]|⌒7 7 i7 /  }⌒ヽ_/__/iV^^~~`
  i i i 州VⅥ: : : :.//i/i//i///\i i>、i i i/^7i/ii/i/^^} i i/⌒7⌒j / 7 i7 /  /⌒ヽ} \/~~V^^~~`
  i i /i i i VⅥ.:..://i/i//i/丶 ///i i/ ./i//⌒} /i//  / /7 / 7 i7 /  /⌒7ヽ} -‐…ァi V^^~~`
  i /i i i i:∧i>イ/i/i/i/  ,ィi(ィi(ィi( .i .i/ ./i//  /}i// /  / /i/i/ 7^ヽl{,,/  /i  /i i i\r‐ '゛ ir‐…‐ァ‐
  /i i、丶^~´i j /i/ / /⌒Y´/i Yi ア /i// _/..:∨.../  / /i/i/___〈/ Vi  /iノ、/i iⅥi i i\  i|  /\
  i j j j j j j i/i / ィi   |~~^7i i /⌒7 j{i{⌒\ :ハ/  /i/VV\_iハ   V^ヽ,  >i iⅥi i i i \|>´>、
  i j j j j j/i / /i i:l   |~^7i i/  .// 八i\ \〈 i/イ\ j i〉  V>ハ   V^iハイ i i i 〉i i i i i/\\


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ファリエルの置き土産でキャメロットの物見の塔が一つ倒壊し、何人かの騎士が巻き込まれ――


443 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:09:13 ID:T1rcRrXt
そりゃ鋼鉄の巨人倒せて塔が倒せない道理はないわなwww

445 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:09:39 ID:xQtWhjOn
さすが森の賢者のあふれる知性……


450 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:14:13 ID:ir3Sw3hh



                                >≠ミ
                     ハ二ニ=--=ニ.  r、_/´/ ニ=-\
                _/  V´\r 、   `ヽ >-{ ̄ ̄ ̄`ハ
             /ヽ〃      \≧=- . \ノ`ヽ   ./.∧
             /  /l{         ` < ニ=-ヽ_.人=彡イ /}
           /    / |    |  | \   ≧=-  二ニ=-<.ノ
          ./    / { l    {  |   \      ≧=- _ ≧=ミ、
         /  //  | ト、 .八 人=ミ、 \=-=ミ、    \/≧=- .、 \
        .′ .//  .ハ.{ \ {\ \ ` .、\  }≧=ミ、 \: :\ \ハ
        { ./   .イ{´ ヽ.  ヽゝ ` .ィzzx、 }\Y=Y.  \ }、: :\ } }   せめて誇りなさいモードレッド。
        | / /{ {ハ x≠ミ、 \`ヽ.´込rリ》.| | |  }   } ハ: : : :∨
        / /{ 乂  }《 込リ   `ヽ} :::::::: | | | /    j∧. \: : :}     私はあなたと戦うくらいならば
         {./l人_| .ハ :::::::::    ノ     | | |イ    /Vハ  }: ノ
          八乂__} ハ     '        .从 |   ./  \\〃      こうした方がマシと判断したのだと。
         ≧=- Y 込.     r   フ    イ / リ          >/\
             ハ  } >      / ./ / /  ノ{ィ{__  /:/ \:\    実際その通りなので。
                 ( .} l|rク´ ̄ 千f 「 ./ /イrク´: Y\乙{: : {   \:\
              〃| l|    /_.}_|_|/_/ 厂: : : : :}.  ヽて八    Vハ
              /: r| l|  /⌒}: : : /: :} rく : : : : : /   Y{: : ',   .}: : }   それがせめて私から送れるものです。
               /: 《リ リ ./: : : : |:_:イ: : : :|r{: : : : : : /    ./| V ハ  .ノ: :/
              ./: : :/ / .〈:_:_:/ノ { .!:. :. :.|く: : : : : :/   /: | }: : :}   ̄
           〃、 : : } ./ /: : / .ハ{ヽ:_:/: : : : : :.〈   /: : | |:_:_:|
         /、 ./: : :〃./: : / / / : :| rィ: :/⌒ゝ _.) _./: : : |
        ハУ: : : {{7`ヽ/ / /: : : |rク: 〈____r. 、   (_:_:_: : ;
         {{: : : : : : :/  /   / /rクく{: : : : : : : : :_:ノ .r. 、  .}: !
         .八: : : : : :{ ./  /  l{ .八: : : : : : /   乂:}、 .!:.{
            ヽ : : : | .{   .′  l|    〉、: : : /   /: : : :Y:.リ
            f: ̄: ̄'. |  .{    l|  .r〈:_:_: :./   イ: : : : :/
          }: : : : : :V{   |    l| /: : : : :/`\/:rf¨¨¨¨´
            {: : : : :. :.V'.  l    l|./: : : : :/   /У!
          `f二ニ=-} |  |   .l| 7`ヽ:./   /:/ |
             |: : : : : :V'  |   .l|/: : : :≧=ァ= ' | ゜
             |: : : : : : } | |   ./: : : : : : :/   .! {



                く///:: :: :: :乂__           /  j::::::∨〉   /x≠ミ '´ ̄`Y: : :
               /^//:: :: :: :: : i{│          厂∨:::::/:::{  /,ィ⌒ヽノ`¨¨¨´: : :
  ∠二ニ=--rニ廴_  广V::/ :: :: :: :: :: i{│          厂¨/::⌒i::::} /: :乂___ノ: : : : : : :/
/-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニxく二∨;;:: ::;; ::; :: :::i{│……ァ       { ̄{::::::::/、_∨`ー──── /: : :
-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-く/___〉:: :::;;, ::;;, ::;;i{└二-〈       } ̄ }:::/_‐/:://二二二ア/\: : :
ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニく\ニス_/_::;;, ::;;, ::;;, ::>'" 。oく      / ̄/;;/_‐_‐{:〈/:_:_:_:_: ::/'´: : : : : : :
,_  ̄ ‐-=ニ_-ニ-い::Yニ7ニ〈::;;, ::;;,>''"。o≦::;, ::ヽ    / ̄ヽ{'´_‐_‐_ハ/___//_〈: : : : : : :/: :
ニ-ニ-ニ=- _  ̄ ー}::}ニハノニノ>''"。o1::;;, ::;;, :: :: :〈  _‐_‐_‐/7┘_‐_‐ア:/:::/: : : // ̄ ̄ ̄: :/\
-ニ-ニ-ニ-ニ-ニニ==-- |:::}_ノ^Yコ。o≦::;;, ::;;, ::;;, :: :: ::;;,`'く_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_/:/:::/: : :://: : : : : : : く:::::::::::
ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ|:::{ニ广Vヘ::;;, ::;;, ::;;, ::;;, ::;;, :x<ニ=- _‐_‐_‐_‐_‐_‐∨::/:_:_:_//: : : : : : : \\/
-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ- {::{ニノニj_ノ::;;, ::;;, ::;;, ::;;, /\ニ=‐マ_‐_‐_‐_‐_‐_ /:::メミi:i:/:⌒≧s。., : : : : : : :
ニ-ニ-ニ-ニ-ニ‐ニ-ニ-, ┘}-弌ニ广7^^'::;; ::;; ::;;/ー=ニニ=- 乂_‐_‐_‐_‐_:/:::/_‐_‐_‐: : : ::::::::::≧s。.,_: :
-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-く/ニ-ァーヘ/ヽ::;;, ::;;, ::;//^ヽニ=-くつニTニ_‐_‐:/:::/_‐_‐_‐_‐: : : : : :::::::::::::::::〈
ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-{ー{  }∨ 〉::;;../ヽ/:::/^ヘ:∨ニ=-〈ニTニT‐:/:::/ニT广ニF_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-ニ-r┴j /ニ∨::;;,.ヘ、j::::ん‐ハ:::Vニ=-く二Tニ/:::/ー‐く⌒ヽ/二ニ7_‐_‐_‐_/
ニ-ニ-ニ-ニ-ニ‐ニヘ‐ニ-ニ〉 ̄广「二ア/ー-:/^Yニつヘ:::Vニ7_\‐/__/二フ  〉ー〈_/_‐_‐ /::::::::
〉ニ-ニくつく`ーァ‐ァ'^7ニニ77ニフノィ^7ー'´|::::::|/\ {^V^ヽ|ーく ̄」_ >'´_‐_‐ヘ_‐_‐_‐/ ̄ ̄ ̄
::::7_/∨ヘノーく/>'´〉/ / ̄〉‐r'´广7ーく |::::: |\/ {⌒ヽ'^ヽ ̄\__ノ´ / ̄ ̄// ̄ヽ /ー─--:/
i:〈_/\∧/ニニ癶く二フ∨〉ーrニニ「T_トv'^|:: :: | ̄ \乂_ソ_/-─…ュニスー'´ ̄``ー <ノ:::::::::::::::::/
弌i:\/_/_く,へ/_/\:::∨ニニT「 :|二ー/_|`¨´|`7ーァヘニフー〈⌒ヽ /: : : : : . . . . . . /二二二 /
  `'弌i:i:i::::く ̄::|_|/\/7^\二|_|/7_‐_ |::::::: |/二V⌒ヽ ̄ヽ: : :\/ ̄\:_:_ / ̄_〉_:::::::::::/_‐_‐
〕ト。  `'弌i:i:\/^\/ ̄\//\_‐_‐:|:::::::::|ハ..:::トx'´ ̄ 〉: : :/\__/^\ \/\   ̄ー'. : : :
'<i:i〕iト。 `'弌i:i:i:i:i:::: : : : :_‐_‐\/\ 乂_/^刈'´ /\/ ハ::..  /::|\:: :  ̄_,.、-\__〉''´ ̄
ト `'<i:〕iト  `'<i:i:i:i::::::.:.: : : :〈〉 ̄ \/、 ̄二 /  / ̄/`ー‐': : \ \'´:.:.:.:::::::::.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;
i:i:i:i〕ト `'<i:〕ト  `'<i:i:i:::::: : : :〈〉  '´ ̄'´<>  \/〉'´ ̄ . : : : /´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.;:.;:.;:.;;;;;;;;;;;;;



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   逃走中に城壁を破壊し堀を埋め立て要塞としての防御力が無茶苦茶になったと伝えられる。


451 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:14:59 ID:T1rcRrXt
「キャメロットを崩した」という逸話のお陰で6章に召喚されたら障壁無視して城門ブチ抜きそう

452 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:15:58 ID:sifI34DS
FGOでロードキャメロット貫通とかかましそうだw

453 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:16:20 ID:i7ZJYQZf
キャメロット崩壊の立て役者…
もしかしてマシュ特攻なのか?


458 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:21:22 ID:ir3Sw3hh



                                                ,. -‐……‐- .,
       ,. -─……‐-  .,                                   {≧=──=≦:}
      {≧=--   --=≦}             _       __          { : : : : : : : : : : : ::}
      { : : : : : : : : : : : : ::::}__ ___,      |:| ̄|」 ̄|」 ̄|」 :|         { : : : : : : : : : : : ::}
      { : : : : : : : : : : : : :,.:} |」   :|/|     |:|    _    |            |⌒⌒⌒⌒⌒^ |
  ___ .r-ー|⌒⌒⌒⌒⌒⌒^ |   _   : |/|     |:|    | | ̄|」 ̄|」 ̄|_| ̄|   .| : : : : : ::::|
 ̄ : | l  : :| : : : : : : : |__,,」」.. ┴、──ー─┘ ト、─:| |          :|   .| : : : : : ::::|
: : : :∪ : :.::| : : : : : : : |________〉|: : :l⌒l   | | \| |          :|   .| : : : : : :.::|  r─r┐_
:_:_:_:_:_:_____| : : : : : : : |: : :// ̄:|: : :|  |    |_|  |\|          :|ー=ミ| : : : :  : : _|_|: : :| | | : :
lヽ_ヽ_____| : : : : : : : |: : :{ { : : : :|: : :|  |__|_|  |\| ̄ ゙̄l \ー\「」┬ '"| : : : : : : {ゝ─‐‐| | | ̄
-:| : : : |____| : : : : :  : : : |:_:_ \\: : | ̄     rっ ヽ:|\{ニア  l | `ヽ、`'く_「|‐:|  r‐┐┌─┐rー‐ ┐r┘: :|
 |,.。o≦_| : : : : : : : : |ヽ ̄~|\`ヽ、      'vr===|  | |   l |   `ヽ、`'く|: : :└┘ : :∪ : : ∪  : :|
 ̄ ̄ ̄)ー| : : : : : : : :|::|⌒i_|__,,≧s。\     {:l__|  ヘ :| |: r┐ |:     \:| : : : : : : : : :: :: :: :|
 ̄ ̄ ̄ |‐:|、 : : : : : : : :| |''' "" ̄ ̄: :.::|    'v:,====┴=ミ|;;| |      /,:| : : : : : : : : : : : :.::|
: : : : マニム:: :: :: :: : : :|゙| : : : : : : : : : : :|     'v:,       `Y⌒ヽ:_:_/^::::/_| : : : : : _ : : : :  : |
 : : :  マニ,ハ : : :  :   : |:|`ヽ/ ̄ヽ:_:_:_:_|_,,...   ム斗rzzzzzzz廴_|--=≦___トミ : : :  |;;;;;;;| :  : :   : :|
:   : :  : : : :|:: :: :: :: :  : |ヽ/__}--──  ''  ̄_,,.. ---─  ⌒ ̄:.:.:. | : : ≧=-  廴__|_ : : : : |
 : : : : : : : | : : II :  : : :|| |--──  ¬冖二_マムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : : : : : : : :// ̄`ヽ、ー<
  : : : : : ::| : : : : : : リ }_ : : : : : : : : : : : :ト、: : :マムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. | : : ロ : : : : : : ://: : : : : : :`ヽ、
 : : : : : /^ヽ : : : : :/ /_|_,,.. 。。  --‐┴`ー‐、マムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| : : : : : : : : : :∥ : : : : : : : : : : \
 : : : : : {::::::::::| : : 。o彡/    _,,.. 。。 --─r┘マムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.| : : : : : : : : :.::i| : : : : : : _ : : : : :
 : : : : : :ヽ:: : |¨¨¨´:::::::/:| ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : ::| マムマムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: | : : : : : : : : : :i| : : : : :.:i|::| : : : : : :
 : : : : : /ヽ::|::::::    |_:_/ : : : : : : : ::_:_  --─ ''  ̄_マムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| : : : : : :.:|``::i| : : : : : i|::|: : : : : :
 : : : : : | /:|::::    |:::|--──' " __,  -‐─ '''  ̄|マムマムマム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| : : : : : : |;;;; |i| : : : :.:::i|::| : : : : :
 : : : : : |´: : ::|:.    {:::|--─ '' ": :,ィ⌒\: : : : :::::::::|:::マムマムマム'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、: : :  ̄: i|: : : : : :i|::|: : : : : :




                                       ,ィ===-、
                  |、       ___ハ-、____  Y--ヽ ヽ‐ヽ
                  { \__, <__ /  ヾ ヽ-、`≫xz==ヽヾ ',ミ',
                  ゝ、____, ィ.   /   ヽ   へノヾYソ}}',.} } }
                   //     /.     ',     ヽ',〉、}}ソ_ノ
                ___,ィ彡 /   /{ |    }     、 V〉i==、:: ̄''‐-
                 / /    /‐'V     |.     ヽ ∨}ヽ:ヽ‐‐、:::::::::ヽ、
            {(   /. ,イ  // /, --∨    }---、  ヽ、゚ヽ、ヘ',__',__ノ)ヽ:::::::::ヽ    さて、集合場所に来ましたけど
            `¨=<-ノ,ィ ,イ.   ,'  __ } }   } __ゝ、', ゝ、`ヽミト、ー‐‐''"  ヽ::::::::
              ‐''" / / {    { ,ィ示ミハ   リィ斧ミト', ヘ>-ヽ、ヽ',:',.     ヽ:::::::',   どれくらい落ち延びられましたか?
                 {//{ ', {  《 乏;り{ . ヽ  } 伐り 》ヘ }リノ  `¨{::!       ヽ:::::',
                   乂ゞ--ト、Y-、乂¨¨i{    )! `¨´// }/リ'.     }::!        ∨::',  ちゃんと主だった人物はそろってます?
                  "''‐i |ヽ ゙从.::::::::    ::::::::〈 イ / /.      }::!.          V:::}
                    | | , {ヽ}   ー ‐  .ノ}//. /     ノ:,'    ,ィ     V:::〉
                    ', ! | ',ヽ{'>。、  , イ // /    イ::/   、‐'::{.     }:::::}
                     ヘ{. { ', ヘ汽', ` ´-┴//. /!   ,ィ":::::/     ヾ::::乂=--イ:::ノ
    ,-、 r.、           r───‐', ',  ', ハ.ハ /イ{ { |// / {___/::::::::/       `¨─''"´     各種目録も持って逃げられたと。
   ,イ、__>{ ',           〉 }}}    ヘi  }  } ̄ ̄ト.、// / `¨¨ ̄「「〈__.      {`/\
  ,-、゙ヽ ', Y ∨.     , イ〉 {{{    ,,>、ノ_.リ{ | |..リ.ヘ{ i. {、..   川〈>Y     }/二二\      よろしい。ではしばらく遊撃戦です。
. r' ヘ ヽ {¨`  |  ァ───〉 .}}.',  /ゝイ/ソ ハ_{_}_人,',\乂ソ}  ///〈  ',     { //‐‐-'. !
 ', ゝヘ_}''    } / >  ̄`ヽヽ 川 《ゞ彡イ'/ {ハ}::::::ヽゞゝ彡} // 〈、 ,,-{--、 i、'‐ィ'゙‐- .i_
. `i    ヽ  ,イ'Y─‐ト、   /〉、', ',゚。 ∨イ::::::::} ',}::::::::::{`ヽ:::ノ///〈 `´  ヽ く{ 从vvvvイ{、
  乂  vvvノ^/ {  /  ヽ . ,'  〉 ゞ三イ::::::::::::|.  |::::::::::}  ¨ノノノ     /´  |',    _ノ〈
  乂^^_,,, イ ∨__     ', {   ^ヽ___ヽ===彳 .{====}==彡イ {ヽ //    ',{  ̄ ̄   }



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そしてそのまま旦那と子供たちと合流しモードレッド軍にタゲ集中をかけながら遊撃を続け、
  アーサー王が上陸するまでコンスタンティンを旗頭にレジスタンス活動をつづけたという。


463 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:25:43 ID:ir3Sw3hh



                         _ --
                        , ' ................`ヽ
              ,、  ─―-ミ{V乂........................
             。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
         /    , '    `~、/ ⌒\>、.
             i          \   ⌒\>、....../
       /        |           \  /⌒__><
             |         \   \イ    }::::\
      /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\       ……とはいえ、ここまで騎士が反乱に与したとなると
       ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
       |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}     ランスロットと和解でもしない限りいいところ共倒れでしょうね。
       |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zン .レ'   \} :::::|   〉:::::,'
       |/ .| .∧ 乂zン  `ヽ      /   / |::::::: |   .:::::/
.        | ./ } ',     `        /   / |::::: |  /:::::.
.        レ'  ,'  込     ー‐   /  ./. .:|::::::: |. / ::::/
         /  /   ≧s。 .__. イ  .∧.  |::::::: |/::::::/
         /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/
         / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
.       / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /   まあなんにせよ私たちができることは今を生きることと
       ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
         { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /  将来に向けて準備することだけですけど。
        '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
      八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
        \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
         \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   その後カムランの戦いが起こり、多数の騎士が戦場で散り、
  コンスタンティンが後継者として即位したのはあまり有名でない話である。


465 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:30:21 ID:ir3Sw3hh



                                        ___
                                     __ ´........  丶
                         「^〕iト _  ¨  ̄ ̄ ¨ {V乂 ......
                        _{   ⌒〕iト      ⌒\>、_......    }
                         / {、      ⌒〕iト  ., __ ⌒\>、....... '
ニニニニ=-- ___               /  {....  丶          ----⌒__><
ニニニ==---------  ______     '  { ....、  \         \       \
⌒          ̄ -=ニニニニ=---/ /  :.  \  \ -─      ` <⌒}\  \
                 ̄ -==//  '   ハ  丶 ´\¨¨ ⌒\丶   \,  丶)⌒
               __  --===/ ィ   斗乂....  <⌒>ィチ笊ミV⌒}  }\ ',
        _ ---===-  ̄ ̄  ̄ // i  : 八  ⌒㍉ ヽ´ vツ  } ,:   i ハ:}   __ ____     まあそのあとまたブリテンgdるんですが
   _ -=ニニ=-  ̄       __ -ァ/Y |   i ⌒笊心  \}  .:.:.:.:. /   }/ ノ' (_ ィ  }/  〉、 _
_ -=ニニ=-  ̄         ノ^yノ_ノ/ /}{  { 、 乂 ゞ' ,         '/     }    /    / / /   せっかくですのでその戦乱のさなかうちの息子が
ニニ=-  ̄        _r '¨^,. -‐' // ゚。  :. . .ー‐ト.:.:.       /ィ    '  /       /
=- ̄             /..  ̄ 〕iト  ノ   \ 乂__ }込、  ー ´  /ノ}    / /       ィi〔      騎士の祝福を受けどうなったかという伝説を――【1D10:4
/               /..: .: .: .: .: .: 〉    , ¨¨⌒7   〕iト . __ /_ /   /r ¨  ̄ ¨ < ´
               /..: .: .: .: .: .: .'   /  /}/  厂⌒¨ 7/}{ /   / }.: .: .: .: .: .:/^'Y
          rく ____ .: .: ./   /  ∠ __ ィi〔 _____ ノ' 乂'   / j.: .: .: .: .: .:{ ∨(__,      1~3:いずれわかるさ、いずれな……
          ^7.: .: /.:.\_/ //  /.: .: ./..}.: .: .: .: .: .「^7.:.:{  / /.: .: .: .: .: .: Vハ__(      4~6:サクソン人をしばき倒して王と認められる
          /.: .: /.: .: .:/ /^/  /.: .:/..  ハ.: .: .: .: .:介{`ー{  ,  {斗------r、〉  _ \     7~9:父が王座を追われたので大陸に渡りフランク王の宰相に
             ′.: , .: .: ./ '     /.: /..  /.: .:>ァ´/{.: .: .:.∧ {  /}.|.: .: .: i.: .:{^⌒^.: .) ',     10:北方に遠征して後のノルマン人をシバいて王に
            /.: .: /.: .: .:.  }   { .{/..  /.: .:// /.:乂.:.:/  ヾ / | |.: .: .: |.: .:{.: .: .: .: .}  }
        ,.: .: .: .: .: .: .{¨¨^\乂..\ /.: .: .:/ '  /.: .: .:|V/    ' | |.: .: .: |.: .:{.: .: .: .: '  ,
.          .: .: .: ′.: .: .:{、/.: ./  ¨¨ 7〈.: .: .:/     /.: .: .: .{ V/  /  | |.: .: .: |.: .: vミ.:/ /
        {.: .: , .: .: .: .i }...V/⌒} ̄.: { {⌒ヾ .:   {.: .: .: .: 〉 }/ /   | i.: .: .: ., .: .: V.:〉_ノ
       ∧.: .: .: .: .: .: j ..}/ .人.: .:圦 〉      ⌒ ¨ 7´ j//   |.: .: .: .: .V/.: .V /
          、 {.: .: .: .j.: ‐ 冖´  ¨¨ }丶 --ノ、    __/ . . . ./  / ',.:、.: .: .V/.: .V
           --  ´        '    ,    ̄ 〉⌒-= 〈   ,    、.:.\.: .: V/.:ノ
                              /    /    /  /       \.: .: .: ./
                          /    ′   /    /  ,        ‐‐
                     /   /     ′   /
                   __,           /    /  ,
                  ノ.:./    '    /         {


470 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:34:56 ID:ir3Sw3hh


4:サクソン人をしばき倒して王と認められる



                  i´ヽ-‐   ┬、>,─<
                  /.i   ヽ   〈 .〉ミ川.|三i
               /   .ヽ    > ヽノノノノ三 i
                   /  /∧  iヽ_     >三 /_
              i,/厶-ヽ .!´,-_ヽ、、  \‐-、\::::::\
             /./.i´_二 ヽヽ´ヤツ .i ヾヽ ヽ:i ヽiヽ::::::\    gdgd内輪もめしていた応急をしり目に
                i/.ヽ ヾ゙ヾソ   `ヾ  /  )!/ ),!::i  '  `i::::::i
             `  i`=-' ´  , ' ./ / .'i  ´i:::::i    /\i    侵入してきたサクソン人をしばき倒して子分にし
               ノ  ヽ ` ´ /.ァ´  /   i::::::i  /:::::::/
             _>'   / ` /∠/  ./_,ァ┴-┴z::::::::/     零落しつつあるブリテン人とアングロサクソン人が
      > ´ ̄ ̄    / _ノ|! /  ノ ,%゙≦`ヽ  `Z::<
     //`フ ,´-==-'.〃i´ >/`='  ! 〃z゙i   i  ン         共に生きられる新たなブリテンの王になったそうです。
     .i´ //   ∑ ∥ .X´//  .∧  \Z;;;;二) .(〉、
     ヾ┤i´    ∑ |i ヽ、/ `i`-〈  ヽ i ヽ=c .c=ヽ、
       ヽ!     ./::Z.ヾ/  /  ヾ´彡´Z),!-‐'::、'   i:::::|
        ヽ-'  /:::::::}/|  i   | /ヾ^i:::::::::::::::::i   i:::::i          伝説上のウェセックス王セルディックが
             ヽ;;;;;;;i .|  |   1   ,!、:::::,::-:{─-メ/
              /::::::i /  !   i   / ∧::::::::i  .i            その人であるとする話もありますね。
           〈;;;;;;;/./  /   .|  ./ / .i::::::ノ--、〉
            /::::/ /  ./   .i   i i.   ヾ::::::::i:::::i
         /:::::::/ /  i   /   i i   .i::::::::i:::::i
        /:::::://  ./   /   i i   i:::::::i:::::i



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   いずれにせよ結局こいつの子孫が再びブリテンを統一したらしい。えらい遠い子孫だが。


476 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:38:48 ID:ir3Sw3hh



            __          ─    ,ィッ,,,,,,
          /'´     >         .ノヽi   '<≧s。
         i i     /        ≧s。,,|イミi ヽ,   }i、 `ヾii。
         { }i,   /       .s。     .ヾ__}i .'.,    }i,  .マi
         乂 `''‐彡´       ヾi。     ゝミi, ',    }i,  }}
            ̄ .i´  i .i    }i ヽ ヾ。   , .ヾ{ ヽi     .}i, //
            ノ   i .i    .}i.、 ヽ ヾ。  }i、 乂 ヽ    マiイ
            .i{i   .{i ',.     }i,.\ .\、}i__ i  iゝ-`'     .iマi
   , 、  ,.、    .|i{i,  .{i .乂   .}i, イ.んミア .i  i .)  .∨ {i、  .Ⅵ      といったところで、このお話は
   | .|  .} i     .乂}i,  }i,ヽi、__、  乂  ゝ‐' .|ノ', iイ   .∨ ヽゝ ヾ、
   | .| /./  ,ィ'i   | .}i,  .}i,、マ戈iノ''─`    /i .i:::i    ゝ。 \_        ここでいったん幕とさせていただきます!
   | .|././ .//   イ} i\i、ヽ ". 、.   ,   /:::i i::::i     .}i,""´
  vヾ ´ イ /     |.| i::::::ii::::≧s。, ー   /::::::iノi:::i  .∧  ヽ,_
  マ     ,。二ソ   i.i .∨::i.,:::::::::/i:::::≧sイ >''´:.:.∨  /:::::{"'''''''''´
   |     i       ヾi。ヽi.}:::::/ .i:::彡,ィヾ,:.:.:.:.:.:.>ノ /  ─<
   |    ,         ヾ ̄ ̄イ ̄ノ.ヾ,イi>''´          ∨        皆様、ここまでお付き合いくださり
   |    ,'         ∥    / ヾシ´   ヽ, i ノ      .∨
   i    マ}i,       .∥ ,。iィ三三三三三三三}コ         ∨        誠にありがとうございます!
 ./i    .Ⅵ      ∥/./   /'´      ヾ}i         ∨
,イ'´::∧_,,。イ/i、     ..i,イ /   .//      _,。 i ∨         ∨
∨""´_,,。vイiシ:.∨   .i{´ .{i     {i.i      /  i}  }i、.          ∨
. ∨二ニ-‐''´  .∨  丿  Ⅷ    i.i      /  ./    .}i、        .∨     さて、次はバランス不明、バグ上等で
  ∨        ヽ,イ   .マ  _.i.i___./_ ノ    i} }i、       .∨
  .∨        }i     ヽ彡.[[_]]三三三三Ξ]〉   ∥  .\       ∨    数値データをぶん回す成長話を試験運用したいんですが
   ∨       i     .ノ''´ ̄ i.i ̄ ̄ ̄ i ̄'''´'<  /    .\
    .\      .i    ,イ.i    i.i     .i     ヽイ.        \         皆様それでよろしいでしょうか?
       \       / .i    i.i     i      /           .\
        \    /   .〉、__  i.i    .i     /             \
         \_/    .// .|i二ニア──i".i}─'''"i|               \


478 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:39:56 ID:XmSRft5o
お疲れさまでしたー。
ゴリラは凄い。FGO時空は見てみたいw
次回はそれでOKです。

481 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:41:34 ID:SnN5MlzP
お疲れ様です!

フィートもモリモリだぞ!!

483 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:43:00 ID:re1uYMAF
乙でした
やっぱりゴリラはすごい、そう思った


484 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:43:04 ID:ir3Sw3hh



                                   ,...--..._
                      _,....---........_  / _,..-..、 ``ヽ、
                  ,、丶`⌒ヽ::/"^⌒ ``ヾ⌒ヽ ::|::  ハ
                  / :::,,. -r-..._ ::-‐::::ー-......_\::〉::/:: / :::}
                /,....::´ _ :::|   Υ ^⌒ヽ-..、::`ヽi\::/ :::/}
                 / :::/   ∧   ::{::: \ \ \: Ⅵ〉-=彡′
              / :::/.::  ∥::.、 :::、:::. \ :.、 ',::. Ⅵ〉=彳
                  ′/ ::/:::/i{ :: \  \:::   \:} ::: Ⅴ|/ハ
                {: / ::/::/ /i{ |::: |\  \:::   \:i   }/\/|       さて、せっかくですのでファリエルさんの
                 Ⅴ ∥/:: /,斗-:、:: ',:: ト、‐-\:::   \:∧///,|
             丿::: i{/::: イ  乂ト:\ Ⅵ  \ Ⅵ::ー-.\∨/∧       適性を考えようかと思ったんですが……
            ⌒i{::.ⅱ::|: {ィ㌢芳ミ\\|ィ㌢芳㍉}::j{:: ::| :\///,
                 八 :i|:: |::ハ 乂^ソ  _),,ノ 乂^ソ  }::ハ ::| ) :::)\/\_
                   Ⅵ:: |:: 乂vぃv  、  vぃv_ノ/ :|  |⌒´  \/\ 二=- _
                /\__(⌒:、   _  _   .:⌒〉  :|\|        \/\ \ニ\    どうすればいいんだこの破壊者。
             〈 ̄|  | ::|:: ̄| >.... ___ ....< /  / |  |  ̄ 〉    ∨_∧ \ニ\
             //, |  | ::|::  |  \_  _/:::/  ::| ::l  |  /      |///|   ∧ニ|  とりあえず水着バーサーカーが
            /〈:∧ '/ :| ::|::  |   /_Υ_\ ::|   ::| ;′/ /:::\     |///|  /=_\|
.         _ノ   `>:, '/:乂|::  |\/:::|::::::|::\ |   ::|;′  /:::::/_ \   |///|/ニニ/  ステゴロで滅茶苦茶思想なのはわかりますが。
.        〈/ (⌒)__〉 '/:   |::  | /::::::::|___|::::::::||   ::|   /::::::::ノ  \ |///|\__彡
         } 、/:::::::::⌒::\  }:: :|./:::::::::::|:ii:|:::::::::|乂 :| /}=-:〈  (::| / \/_|
         人;:\:::::::::::::::::/\}:: | \::::::::|:ll:|:::::::::|  \}´ ::}:::::::::\/:|,イ
           |\:\:::::::::::{ { }:: :;::ー-\_|:ll:|_:::/-一 )\::}:::::::::::::/:::|
           人〈:`ー-....__{ /:: / { /:::::::::∧::::::::\  }〈:: }:}_:: -‐::::::/
          |\::::::::::ー=彡:´) .{ \_/__.\:_/ / )ノ/_:::::::::_/|
         ⅱ::::: ̄::: ̄:∧: 〉-‐:}'" ̄ 〉 _,..イ ゙゙̄フ^'  /:::::: ̄::::::/:             _
         八__:::ノ_:::/:/|\ /  -‐{'"  |  /   ./\:::::::::/::::|           /|   __
         \:::: ̄:::::::: /| i:Y     }    |   |   /  |:\´::::::/              |  | /   /
 _         ``~ミ/ l | :: 乂   }    |  ;′/ イ |  ;∨ノ                 |  |/    /
| |            /   | |  |::  \  〉  :|_,/、丶´ | | / \     ___       |  ./   /
| |_          / / \ ! |  |::  | ``ー‐ 彳  |   l |:/   /,    |   |      ,′/ /   ___
人 从_ _,,.... -‐/  / / \l  |   |  |   |  |   | | \  /,    |   l     // /  / /
 ̄\ \::  __/  / /  /| |\:-..,,_|  |   |   |  / .|:  \  \  |  /    / /   / /
――\ \/  // / .:/ .| 乂,:\ 〈   :|  ,.、丶/ ̄ |  |  |. \  \/  /-=二 , - |  / /
  //ヽ/   .// /  :/  |   |、 \〉_ -‐/ /   i|  |  |   |`、  `、/    /   |/ /      __
//   /  ./ /′ :/  |   | |  |/ ::/ / /  ./|   .|  |\ | |   |   /  / /_,....-‐   ̄ ノ
/  / ./ / /  /   .|   | |  |  /  | |   ||  .|  |  \ |   |ー--‐ '"  ̄_,... -‐   ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   まあドラゴン乗り回してたしライダー適性はありそう。セイバーもアルトリアさんほどじゃないけどある。
  城を暗殺したと言い張ってアサシンという主張も最近の風潮なら通りそう。


488 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 22:47:17 ID:ir3Sw3hh



                       __  -‐-
              /" '' ‐- ...,,_ イ ⌒ヽ __  |   `ヽ
            >─/        ̄``~、、 ノ  ハ
           /   /                } }  .}
         /                   `、ノノ  ノ
        /       {       .|\       \   ー=彡
      ⌒7           |  \       \__}. イニ\
       /     ∧     |. -‐‐\ \|  \ニ\ニ|
        /  /  /-‐     |     \ \   \ニ\        なんにせよ言えることは軽く知ってる人がバスターゴリラと思ったら
.      / / /      \   八 ィf忙卞、\ } ̄|⌒|\ニ\
      / ,. イ  | xf忙㍉ \   \V少リ  }.∨ | !ニ|\ニ\     なぜかクイックやアーツ主体の謎生命体になってて文句を言い
..   /⌒    | V少リ     ̄⌒ ""´      |  |ニ:   \ニ\
    {  /.|     !  ""´   `    ```|    |  |ニ|    \ニ\  ガチ勢から「あの人結果は無茶苦茶だけどスゴイ計算してるぞ」とか
.   八 |. |     ! ```            |    | .八ニ ヽ     \ニ|
.      ヽ|. | /|  .|‘,      - -      /|    |   \ニ\     ̄  「本人がゴリラだけで戦闘スタイルは全然力任せじゃないぞ」とか
         | /   .!  \            //    .|    \ニ\
         |/ .!  |   个 。  ___ .。s个 /     ノ       ̄      「ゴリラだから森の賢者呼ばわりじゃなくてがちで賢者やぞあの人」とか
.           |       | \_/  !/    /
.           |  |_. -=≦|  / \  / /  /≧=- __           なんか愉快なことを言われそう。
.           |  |      \/ _ \{ ./|  ./     〈 ヽ
         八 |        /i:i:i:i:\|/ .| イ     〉::::.
          ,'  ヽ|      /i:i:i:i∧i:i:i:i\ !/      〈:::::::::}
          .::::::::|      /i:i:i:i/| | \i:i:i:i|        〉:::::::{
        |:::::::::|.       \_/i:| |i:i:i:i\/        /:::::::八
        |:::::::八       /i:i:i:| |i:i:i:i|       ..::::::::::::::.〉
        |::::::::::::::..        ̄ ∧ ̄      /:::::::::::::::/
.       八:::::::::::::::\     /  ∨     /:::::::::::::::/
         \::::::::::::::\__/    ∨__./:_:_:_:_::::/
           ∨ ⌒ ∨          /__  〉
              ∨ ⌒ ∨          .|::::::::::::\/


489 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:47:53 ID:T1rcRrXt
宝具はセイバーなら剣を放り投げて殴りかかるベオウルフスタイル、
ライダーで呼んだら竜馬を一時だけ竜に戻して攻撃かな

490 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:48:50 ID:sifI34DS
イングランドの母として後世で強調されてルーラーという線…?

491 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 22:48:57 ID:8kI8cNq7
まあ計算の結果パット見脳筋ムーブが最適解だった人だから
数学計算的防衛に定評のあるレオニダススタイル!w


512 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 23:20:02 ID:ir3Sw3hh
なんか何も考えずにつくったらスカスカシステム適合セイバーというよくわからない存在になりそうになった。

511 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 23:18:38 ID:RaE77Zqr
滅びをなんとかしたいと世界と契約して聖杯戦争に参加したら、滅んだけどファリエル達によって実は結構なんとかなってたことを知り、
「あれ?これ私が聖杯戦争頑張る必要なくね?」となり聖杯ガチ勢からエンジョイ勢に鞍替えするアルトリアさん


514 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 23:22:34 ID:ir3Sw3hh
>>511
まあ言うてもブリテンは滅んでアングロサクソンからイングランドになってるんでその点微妙っちゃ微妙。
たしかそういう混血していってブリテンの血脈残す道もあると指摘されてたけどアルトリアさんそっち行きませんでしたし。

あとまあ、型月時空だとコンスタンティン自体オミットされてるのでそれごとオミットされてる可能性も……。

518 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 23:36:49 ID:ir3Sw3hh
話だけ考えるとまずアーサー王伝説と現在のイングランドを結び付ける感じの女傑が考えられて
そこから設定もりもりされてこんな感じになったという流れな気がする。

517 : 名無しさん@狐板 : 2019/09/14(土) 23:36:01 ID:+tOnvrBm
円卓の騎士でもないですし、☆1のセイバーですね


519 : ◆l872UrR6yw : 2019/09/14(土) 23:38:44 ID:ir3Sw3hh
>>517
実際その辺のまともに戦闘できる低レアセイバーがいたら便利っちゃ便利なんだよなあ……。
最終的には高レアで殴った方が強いとはいえ。
関連記事
65186 :日常の名無しさん:2019/09/17(火) 04:23:02 ID:-[ ]
ナイスゴリラ!
クラス?言葉の剛剣でブチ抜いて来るからセイバーで良いのでは?
聖杯戦争に呼ばれて世話になったファリエル達が『表向き』軽く扱われてたらセイバーブチ切れそう…
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
読者投稿:哲学者の生き方 (09/28)
  • 読者投稿:将棋の世界について「フリークラス と 引退」 (09/28)
  • 読者投稿:腹から読者投稿を出す (09/28)
  • 読者投稿:日本に於けるウシの話 (09/28)
  • 読者投稿:レーザーポインター (09/28)
  • 読者投稿:デスクトップパブリッシング (09/28)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 126 (09/28)
  • やらない夫千年紀 第三三話 (09/28)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 外伝 AI、あやまります (09/28)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ30「狂気の峰へ」 その5 (09/28)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ30「狂気の峰へ」 その4 (09/28)
  • 国内的な小咄 1105 トミニなの? トミギなの? (09/28)
  • 国内的な小咄 1104 これで君もクリアできるぞ! (09/28)
  • 国内的な小咄 1103 野田が微妙に不便な理由 (09/28)
  • 国内的な小咄 1101~1102 明智君!!! ~ 信長の野望創造の優れた点 (09/28)
  • 国内的な小咄 1100 知り尽くす、ということはあり得ない (09/28)
  • 国内的な小咄 1098~1099 行ってみると楽しい佐賀の駅 ~ 波佐見の真実 (09/28)
  • ご加護なカンジ 【埋めネタ5】バトルロワイヤル Ver.加護 2 (09/28)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 241 《DAY258》 ~ 《DAY259》 (09/28)
  • ぶりぶりざえもんの冒険 怪奇ハタ人間編 第20話 地底科学基地だゾ (09/28)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十六話 探され、見つけられ… (09/28)
  • 彼らは未来を切り開くようです 第八章 怨毒の澱 その四 (09/28)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第67回 (09/28)
  • 読者投稿:筋トレの基礎(3) 基本中の基本:筋肉が力を発揮するのは縮むとき! (09/27)
  • 読者投稿:筋トレの基礎(2) ・BMIと体脂肪率測定方法いろいろ (09/27)
  • 読者投稿:中の方々へのお便り:「日本人と中国人の権力システムの認識の違いとかって実際のとこどうなんです?」 (09/27)
  • 読者投稿:ゲーム実況配信の歴史みたいなもの おま指編 (09/27)
  • 読者投稿:おれが言葉に暴力性があると考える理由 (09/27)
  • 読者投稿:大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼 (09/27)
  • やる夫は竜の人財のようです 第45話 (09/27)
  • やる夫達は星の海を渡るようです 後編 (09/27)
  • やる夫達は星の海を渡るようです 前編 (09/27)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その12 (09/27)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 11 後編 (09/27)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 第17話 AI、問題だらけです (09/27)
  • 国内的な小咄 1095~1097 個人的に歩くとおすすめな区間 ~ 東京メトロと都営地下鉄 ~ 東京を安く楽しむ方法 (09/27)
  • 国内的な小咄 1094 意外と間違えやすい二つの地 (09/27)
  • 国内的な小咄 1093 乗ってみよう死んでみよう (09/27)
  • 国内的な小咄 1091~1092 岩手三大麺 ~ 冬の遠野 (09/27)
  • 国内的な小咄 1089~1090 もうたまらん、この粘着き!!! ~ 大洗について意外とみんな知らないこと (09/27)
  • 国内的な小咄 1088 おいいいいいいいいいいいいいい! すごいセリフが飛んできたぞおおおおおおおおおっ! (09/27)
  • カレドニア千年王記 幕間 蒸気機関は時空を越えて (09/27)
  • 【新訳天庵記】やる☆おだ 第79話 : 本能寺が変ッ!(後編) (09/27)
  • デーモンスレイヤー 56 (09/27)
  • やる夫は恋を応援するようです 埋めネタ 登場人物紹介 (09/27)
  • やる夫達は人間ではないようです 14 (09/27)
  • やる夫王子の暇つぶし 第5話 (09/27)
  • 読者投稿:お祭りの感想から 2chエロツクールスレといふもの (09/27)
  • 読者投稿:おまけ 『国内製クロテッドクリームの一覧』 (09/27)
  • 読者投稿:内閣府特命担当大臣解説の訂正・補足及び豆知識の話 (09/27)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/8)
    ※完結作品は集計した前の月(7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4それ行けサイヤ人やる夫!4女神転生・超儀典 やる夫の割りと暇な女神転生
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5ローグライク異世界転生
    6やる夫博士とゆかいな仲間たち6異世界食堂できない夫
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8やる夫たちでソードワールド8やる夫はソロハンターのようです
    9やる夫は魔導を極めるようです9コンピューター様、情報更新は義務です!!
    10できない子とSCP10やる夫はギルドを経営するようです
    11白頭と灰かぶりの魔女11やる夫は男子校?に通うようです
    12デーモンスレイヤー12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1113レベルを上げるスレ
    14新やる夫はスライムベホマズンのようです。14ドクオが異世界転生したようです
    15アカガネ山のやる夫15やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    16IT業界のやる夫さん16やる夫たちは三連星(代理)のようです
    17やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。17STALKING!!
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18魔法使いはオタクばっかり
    19やる夫達は人間ではないようです19やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    20やる夫はアーランドの冒険者になるようです20アメリカンヒーローアカデミア
    21英雄を作ろう!21ほむ×やら
    22ご加護なカンジ22やる夫はLVが上がらないようです
    23◆25NC1ovscM総合23証言と証拠は安価とあんこの後で
    24かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~24やばキャン凸
    25森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠25やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    26ジーク君は半妖の少年のようです26主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    27やる夫は竜の人財のようです27巣作りドラゴンちゃんは語りたい
    28やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです28やらない夫とたぬきの嫁入り
    29やる夫は恋を応援するようです29オーバーあんこ
    30そんな二人は同棲中30やる夫の野望
    31やる夫は軟式野球をするようです31やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    32魔女はやる夫になるようです32できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    33ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱33めぐみんの楽しい独身生活!
    34二人はヒャッハー世界の何でも屋34逆転教育実習生やる夫
    35やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです35やる夫ファンタジー
    36【新訳天庵記】やる☆おだ36やる太は異世界日記を綴るようです
    37正義屋さん37ダンガンあんこ
    38ロケッ都団が征く!!38ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです
    3959号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです39あんこ町の住人は星人と戦うようです
    40やる夫の兄はブラコンのようです40やる夫が大樹の正体に触れるようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング