スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

白頭と灰かぶりの魔女 今までのおさらい

目次 現行スレ

265 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:03:23 ID:bFMV9xMA00



               z'⌒_^`ヘ、
                  イ/ f´:.:.ハ,ハ
         _        Vい__{:.:.ノ ア        どうもこんにちわ
       i:ハヽ.   __ ,/.-‐;.:.:``く
        |:r':.:.: ̄:.:.:.:`´く´ :,!:.:.:.:.:.:.ヽ          ハイヌミです
       }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.i          思えばここでハイヌミと名乗るのは初めてな気がします
        /:.:.:.: .:.:.:.:. ..:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
       ,':.:.fぅ:.:.:.:.:.:rぇ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:l         みなさんの反響である程度満足していたものですから、
.      {:.:r 、_;.-、:.:.`¨_:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|         あまり交流するような必要性を感じなかったものもあります
     ヘ:{ 、_゙T⌒¨´ ヽ:.:.r1:.:.:.:rヘ:.:.j
      }!ヽ  `´  , '⌒:}_}:.:.:.j  ヽ!         とはいえ、そろそろお話も情報過多になってきて
      {|  ` -     /メヽ;ハ  }|         疑問が飛び交っていることに危機感を覚えましたので
.       ドヽ_    _,.〃 }:.:.ハ}  i ∥
       l! `ーtュ-‐''´  l:.:.!´   { jj          このあたりでちょい今までのおさらいをしようかなと……
        ',  ーtt__,    l:.;'   `¨′
        i!   |^´ l   |:i
         !  l  |  l:l




.




266 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:13:08 ID:bFMV9xMA00



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (●) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


まずは白頭の略歴から


???が異世界へと現れた年=ここでは仮にD0年としましょう。年数はおおよその仮決めです。まあ参考程度に
_____________________________________________
      | 
      | 
D-12  | ???、現実世界で誕生
D-7   | ???、夜の公園でやる夫と出会う
D-2   | やる夫病死
D0     | ???が現代から未知の異世界にやってくる。
      |   ギルド?という集団に所属。ガッツ、カヲル、マドカをメンバーに活動。
D08    | ???が何らかの理由で組織を離脱。仲間を引き連れて王都へと赴き人間側の勢力に加担
DXX....  | ???が自分の感情を模した3体の白頭を生み出す。
D21    | 王都に愛歌をはじめとする最盛期の賢者が誕生する
D22    | ???がギルド側の主力を掃討。???は命を落とし、一三人の魔女を生み出す。
DXX....  | 王が魔物の居なくなった大陸全土を統一
D105.......| ミクが???の所有物であった白頭、ハクトウ、ビャクズを開放し、育てる。
D120.......| ミク、白頭を放棄し、彼の記憶を抹消して森に捨てる。
D120.......| 白頭、愛歌と共に生活することに
D122.......| 邪念の魔女が死に、魔女狩り編が勃発。白頭消息不明に。
D123.......| 白頭、愛歌と再会
D124.......| 魔法学校編へ
D125.......| 解呪編へ
      | 
      | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際は不変と狂気が生き別れの姉妹であったり
無痛が元邪教所属であったりと細かいところはありますが
大きな流れはこんな感じですかね
一応すべて本編に出している情報です
???はAA的にはできない子のことを指します。以降大賢者とします。


.

267 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:20:53 ID:bFMV9xMA00



■大賢者とは? 神とは?


 大賢者は現代知識を持っており、一部の言葉は異世界の中にも残っています。
 つまり異世界転移者という立場にあると言えます。
 もっと言えば、しきにゃんの世界に出てきたできない子本人です。
 その経緯はいずれ……。

 そして神とは、この世界を気まぐれに眺めている存在であり、大賢者とは別人です。
 その神は、世界の秩序を保とうなどという気概はありません。すべてを放棄し、
 きままに世界に干渉しています。

 そんな二人の関係も、多くは謎のままです。
 二人の間でのみ成り立つものとして『神力』というものが存在します。
 神力とは――神の視点でない者がその構造に干渉することも、観測することもできない奇跡を指します。
 二人はその『神力』を唯一認識できる存在のようです。

                          __
                         / /⌒  ___
                   ____(  (___⌒\ノ__
             {______) ̄\/ ̄ ̄\   < ̄`
             ⌒ヽ __ ⌒ヾ::...::/ ̄\:.         。
                 .   ´ ̄`⌒ ⌒ ̄ ̄ミメ、::.      \
             ,  '   .                ::.      \\
            /                   ヽ、::.     |⌒
                                  ヽ::.    |
         /               i   、           ゚。  人
           /             |     ‘,      ‘,   :.    \
        /′ /    ′  /  |      |       ‘,. 八 \⌒
.        ′      |    '    ト、    ト、      、   i   }::。 \
        i   |    |   ハ   i| ヽ  斗‐\   ‘,     Λ:.\⌒
         |   |    |   !_ヽ  i|   \ |   ヽ   i     { .::|\\__ノ|
          |   |    ト、/|   \{     y'"斧芋ミY  |{  i   / |::| }\_ノ
        }|   |    | \{           弋//ツ ,  八 } /. |::|  ',
.         八  八    { y汽斧ミ           厶イ  .{イ|└┘}  ヘ
        \  ー ゝ ゛ 弋/ツ            八  i|| 「:「 ̄  } ヽ
          `   iー<⌒     、        /   ||::| |::|    /\}
.             |    ヽ              ノイ  .|::| |::|.   ./
               ノイ  } ::.       n     イ |  .八| |::|.  /
                i /i.  个 .         /__| j  / |::| |::|   .{
             .レ .|/    .「≧=‐- ‐く,,,,,,,,,,|.}/ .|::| |::|. ,  }
.              rー―――――┴- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;└-ニ,______/ヽ/
              ,'"ー-___         ` ー-;;_;;;;ノ  ̄ ̄ ̄二ニヽ
           /三三三三三二二≧‐-_      ̄  ̄.'ーニニニ三三三!
            /三三三三三三三三三三三≧‐-_.       ̄ーニニ三゙
        /三三三三三三三三三三三三三三三≧=-__      ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
     /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ、
     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三三三三三三ニヽ
.     {/          ̄ ‐-._                       __..、ヽ



.

268 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:24:58 ID:bFMV9xMA00




しきにゃんのやる夫と白頭は別人?

 ずいぶん前ですが、疑問の多かったコメントにお答えしておきます。
 結論から言えば別人です。やる夫は本当の人間ですが、白頭は大賢者から見た彼自身をイメージして作られています。
 いくら外見を模倣できても、大賢者はやる夫の内面を知りません。そのあたりは完全に術者の想像で作られることになります。
 往々にしてこのお話には他者に創造された人格というものが存在します。
 魔将に叱り、白頭に叱り
 そういったものはたいていの場合別の実在する誰かの精神の一部を模倣して作られている、という位置づけになります



                r=====ミ_                                   __// ̄\
          -‐‐寸二二ニ\ \                             _...-/.:.:/:./.:.:.\:.:.:.}_
.        /     ≧=- ミニ‘:,ノ                           ,...:.:.:./.:.:/:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、
       |      ⌒   ⌒寸ニ}                       /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:|.:.\:.:.:.:.:.:\
       |   ( ●) ( ●) /ニ/                      ,:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:. {.:.|.:.:.:.: /.|.:.:.:|.:|.:.:.\.:.:.:.:.:.:
       /     ,,,,       ,,寸/   ‐- ..,,_  .            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:._|___|:.:.:.\.:|.:./ |.:.:.:|.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        |      (__人_)   /      /             ,:.:.:.:.:.:.|.:.:.: ̄|:.:.:|.:.:.:.:.|.:.l7 ̄ ̄ :|.:|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.j
.     ∧            /      /                  i:.:.:.:.:.:.|.:.:_:.|:.:.:|.:.:.:.:ハ| ===ミ .:.|Λ.:.:.: |.:.:.:.:j
         \         ___ /    _ /               |.:.:.:.:. :千丁::::ト从:.:.:| 7:::::::::「 Υ /.:.:.:.:.:.|.:.:. j|
        /≧   ==( 「=/   (   ∨                 人.:.:.:.:.:弋 L ノ  \| L  ノ メ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.|
         l    ー―'′′       ヽ 丿                 l\.:.(_            _ノ.:.:.:.:.:.:/.:..:.:j.:|
         |   ___/  ≧=‐-  '′                l.:.::「⌒  、__,、__,     ⌒:./.: /.:.:.:.:j.:人
                =ミ    } =ミ     .               l. 八     V:::::::::j        /.:. /.:.:.:.::j.:.:.:..:\
                /  ∨ ー'′ |                    l.:.:.:. \     ¨´     /.:./.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         人___|   '′‐- 、_ ノ                     |.:.:.:.:\.>         __ {.:/.:/.:.:.:/:.:. |.:.:.:|.:.\.:.:.:}
               ≧彡              .            /八.:.:.:.:.: \|:.`ニニT  _|い /.:/.:.:.:/.:.:.:. |.:.:.:|\.:.\′
                                       (.:.( Λ.:.:.:.∨.:.:.:.:.:/「只L/\{.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:|. /\.:.\
                                         \ ノ.Λ.:.:.:.∨.:.r/  〈人〉  _{.:.:{.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|.:.:.:|/.:/ \.:.\
                                         /.:.:.:.:Λ.:.:.:.}.:.:| \     /. . /、 \.|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l.:\   ).:.:.`、
                                     -‐彡Y´ ̄ヽ.:.:.:.ノ.:.:乂. .| >-ミ. . .ノ.:.:.:\\.:.:.:.:.|.:.:.:|.:.:.:.\/.:.:.:.:.ノ
                                /.:.:._彡{ニニニニ∨.:.:.:.:.:|. . /ニニニ∨{.:.:.:.:.:.:.:}.:.:}.:.:.:.ノ.:.:.:|.:.:.\.:\/
                                (.:.:.:(_  (.:.∨ニニニ} .:.:.: /. . |ニニニニニ| ヘ.:.:.:.:.:ノ.ノ.:/.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                            .      ー― ヽ   ∨ニニ〈 ̄ ̄{. . .|ニニニニニ|. . \ ̄.:./.:.:.:.:/.:.:.|.:.:.:.:.:|\.:.:ヽ
                            .        )ノ   ∨二ノ―ノ. . . .|ニニニニニ|\. . }_.:.:(.:.:-‐彡.:.:.:ノ.:.:.:.:ノ  ).:.:ノ
                                         ̄   └―‐乂ニニニノ ̄廴_ノ \ (.:.:( ̄ ̄__彡



.

269 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:25:22 ID:bFMV9xMA00




■魔物って? 魔将って?

 現状語れる範囲でおさらいします。
 魔物は、人類の存続を脅かす群衆でした。人間を食らって、人の生活圏を侵してきました。
 魔将はそんな魔物のリーダーのような立場の存在で、全部で13体います。世界各地の地下に拠点を持っていたようです。
 
 魔物・魔将に関しては以下のような特徴があります。
 ①魔物から見て人間は、忌むべき怪物に見え、言葉が通じません。
 ②人間から見て魔物は、忌むべき怪物に見え、言葉が通じません。
 ③白頭は上記①②のことを明確に認識でき、かつどちらの勢力からも人間に見えます。
 ④魔将は上記①②のことを明確に認識できますが、人間勢力側からは人間に見えません
 ⑤魔物勢力は生物からソウルと呼ばれるものを徴収してその存在を維持します
 ⑥魔将は神の一部でできています。
 ⑦各々の魔将と13人の魔女の呪いはリンクしている。詳細は不明

 以下、出ている範囲の魔将情報
 狂気:シェイプシフター
 無痛:レッドドラゴン                  〈三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 忘却:ソウルイーター                 }ニ/寸三三三三三三三三三三三三三三三ニ
 ??:ドリームキャッチ―               }/    --==ニ三三三三三三三三三三三三
                               /  ‐-     ‐-  -=ニ三三三三三三三三三
                               /ゝ、  ‐-      ‐- ___ -=ニ三三三三三
                              ,州///=-   ‐-    〈 l.l.l 〉''‐    -=ニ三三三
                              i州////////=-   ‐- ¨''''     ‐-   -=ニ
                            / //{////////////=-   ‐-        ‐-
                           /  // ∨////////////////=-  ‐-
               .              { /イ   ト、////////////////////=-   ───
                         ≠ ハ {:i:{   从 `"o寸///////////////////////////
               ァ=──<_,,,,/´  } ./i:i}   `丶、,,__ヾ≪////////////////////////  
                  __..-'゚   /   ,イ,' :i:,'      ̄三彡三ニ-≪//////////////////  
               イ    /.  {   {:i:i:{ :i,       :::::::::::Y//⌒ヾ三≪´ ̄ O ''≪三三j州  
              .,    ∥  :{   ',ニ\!___  ::::::::::://::::::::::: `ヾ`ゝ、     マ=三}州 
         ,  ┏┛┸, .;{   {.    寸ニニニニニ/ ::::::::: //:::::::::::      `¨¨¨彡´==ミ州 
       ,┏┛━‘ ’‘ ┓;.・   {.     寸ニニニ/     /イ::::            '‘   /イ/ 
        ;】  ヅ憮逝エ゛ 【┏┛  ',.     寸ニア     ヾム         ‘' "     ''. /:::
        〝┯┓,  ,〟】‡’{{{   ',      マ{    _    ゞ=仍              ノ:::
            `¨‘┳┷    {{{    ',      マ、 ‘  ̄ 、                〃 ''"´
               {{.    マム   ',      マム   、  `''- 、            ,イ〃___,イ
               {{     マニヘ  ム         マム  ゞ=-   `'' 、   /\ /ニニニニ/
               {{      マ.ニニム      マ三ニ=zzzzzzzx__‘_ノニニニニニニニニ/ /
               {{       マニニム      マニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-''"
               {{         寸ニニヘ        ',ニニニニニニニニニニニ=-''"




.

270 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:27:35 ID:bFMV9xMA00




■レプリカについて

 神の精神と記憶によって作られた模造品です。以下の特徴があります。

 ・オリジナルはレプリカをいくらでも生み出せる。
 ・生み出すには人間の体を触媒にする必要がある。元が人間なので子供も孕めるみたい。
 ・たいていの場合神の記憶を見せられた個体はその事実を受け入れられず自死してしまう。

 該当者として今の時点ではっきりしているのは以下4名
 狂気の母親(死亡)
 ファースト(死亡)
 セカンド
 サード

            ....-::……:::-.......
          /:::::::::::::::::::::::::\::::::::::..,
           //::::::::::/:::::::| |::::::::::::::::::::::::\
        /:::/::::::::::/:ィ⌒| |:::::::::::|:::::::::::::::::::.
.       /:::斗― /___    |:::::::::::|::|::::::::::::::::::
      /::::::::::::::: 勹不ぅk   ̄ ⌒ヽ ::::::::::::|
        ::::::::::::::::: | ーこソ    ぅ尤kト:::::::::::|
        {:::::::::::Λ:| ''''      ^こり 》::::]\:|
        ∨::::::::::Λ         ′ ,, /:::::l
.         ∨::::::::::Λ    。      从:::::l
          ∨::::::::::ノ、          ノ::::::::::::l
        ノト::<こノト .    < \:::::::::l、
        〈:::::::ノ:|:::::::::\ う爪ニ\   \こノ、
       <:::::::::八:::::::::::::::>   Vニニ\   |::::::::::\_
    /⌒ ⌒く:::::ノ\:://⌒7二二ヘ、乂::::::::ア⌒
.   /  \   く:::::::::ノニ\  ん=/ | : :\  ̄
        \   く::::::)ニニ\{/:::::ノ : : : : 、
    {        丶 j「::::ヽ`ーく::::)く    ∨ : :}
    {〉         ノ:::::::: } /:::Γ:::::\  ∨: }
    {Λ  \   /イ::::::://::::: |\::::::::::.   } /ヽ
    {: Λ   V  乂::/ {:::::::::|  \::::::| 八
    {  Λ   ∨     {:::::::::|  |::::::::| /    }
    {      }      八:::::|∥|::::::::|       ノ、
    }    \ {⌒       \:「∥ ヽ :::| {   _,. ヽ
    }       j  \ ⌒\.: : :||: : :.)::ノ ∨ ̄     }
   r-: : :>ーく    \  : : : ||: : : : : {_   -‐ヘ
  ノ       >―ァ=- _  ||   ノニニ\    )
  {_   . : : : : : : /ニニニ/ー‐ァ'⌒`ー气ニニL.,_,./
   ⌒\     「ニニニ/  └―へ   ∨ニ「
       〕iト .,  {二二 |     \‐┘  }ニノ
      /      ー{二二 ト     / / < ノ/Λ
.     /     /  LニニLノiト .,_ し'∠\) ヽ Λ
    {    〈     ̄ ̄ 7   (/(/⌒ : : : .  Λ
    Λ    \ . : : : : : /  Λ   \ : : : :ノ   }
    /ニ\      ̄ ̄   / Λ         /



.

271 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:28:17 ID:bFMV9xMA00





■白頭、ビャクズ、ハクトウについて

 大賢者に作られた存在です。
 ただ作られた目的も、存在する理由も不明です。
 大賢者の特性の一端を引き継いでいる3人にはそれぞれ神力に干渉する力を持っています。




           -─‐──‐-、
        /             \
       / ;              ヽ.
      l  U                l
      |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
      !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
       ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
        /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
        /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
.       /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
      /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
   , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
  く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
   `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄


┌──────────────────────────────────────────────────┐
│ 白頭:嘆きのデルツェハイル                                                     ......│
│  神力の特性を打ち消します。神力によって復活する心臓を止めることができたり、魔女の呪いを無効化します。   ....│
│  また、魔物も本来の人間の姿に見えるようです。                                         ..│
└──────────────────────────────────────────────────┘


              .'  ,ゝ-‐‐-.、   .,)´     ,  .
                   /:::::::::::::::::::゙i,__
〃'          ,'`´. .i::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::ー-.、 ,    ,ヘ
 `      ,〃" λ、 `i:、_::::::::::,ノi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    ´,
     彡"     {. ,_,i:`ー`::::'‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    〟
.   メ          ゙´{::::::::(__,、___)::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     ・,
   ノ"          !::::::::::i!ェェェi!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、〟'
. 〃            }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ`
 l|´              i:::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、    〃
 i             i::::::::::/, ′ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ´、
、,ヽ         ¨  /::::::::〈     ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     `,
         ,    ./:::::::::::::i ,、 ,. i::::::::::::::::::::::::::::::::::| "  冫,
     .   ,/′   !:::::::::::::i ´     」::::::::::::::::::::::::::::::::::i、〝 ノ
       '´       i::::::::::/     f^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : ".
              !:::::::::i__..=-‐:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 !
          ,.=-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
       ,.='´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V   ;′
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨,〝.
        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::;、_――'"´`゛ー-、_::::::::::::::::::::::::::::::::∨,
     .∨:::::::::::::::,-'"´ |:::::::::,-、i       ,ー-':::::::::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::::::::/   _ノ:::::::::i .リ      'つ:::::::::::i`、::::::::::::::::::::::∨
     }::::::::::::::/   ヾ´(/|:iヾ'-       /,'フ:,:::,、::|. ヘ::::::::::::::::::::::∨
 .   /::::::::::::::7     `゙ `゙ヽ       ` i::i i::i ヾュ ヘ::::::::::::::::::::::〉
、.   丿::::::::::::/      i〉  ,           `゙ `゙`    ヘ、::::::::::::::::ヽ
┌────────────────────────────────────────────────┐
│ ビャクズ:憤りのヴァエンタ                                                     │
│  白頭の殺した不死以外の神力の特性を白頭経由で奪い取ります。自動で体内法陣化するようです。      ......│
│  また、手に入れた特性に関しては、同種の特性を敵側に用いられても打ち消すことができるようになります。  ....│
└────────────────────────────────────────────────┘




          ____
        /      \
       / ⌒   ⌒ _人__人ノト、__ヽ
     /   (⌒)  (⌒「  \ n    L
     |       __`___ ノ    l^l.| | /)   了
     \      `ー'´ )  /| U レ'//)  |
     /         .く.     ノ    /  >
     /          フrニ     ノ   /_
     |  l             !ヽ、_,__/   (
     |  !             }
     |   |           |
     |   |          |
┌───────────────────────────────────────────────────────┐
│ ハクトウ:嘲りのジユシード                                                              ....│
│  神力の特性に触れることでそれを複製できます。ただし不死はその絶対数を増やすことはできません。                 .│
│  不死の絶対数は白頭経由で手に入れることができます。                                           ...│
│  神力の恩恵が少ない代わりに、多くの魔力量と魔法知識を保有しています。シンタックスなどの連携魔法が得意なようです。    .│
└───────────────────────────────────────────────────────┘





.

272 : ◆5QXHO4/GJY : 2019/09/11(水) 20:29:29 ID:bFMV9xMA00










           ((   z'⌒_^`ヘ、
                  イ/ f´:.:.ハ,ハ  ))
         _        Vい__{:.:.ノ ア   
       i:ハヽ.   __ ,/.-‐;.:.:``く       おさらいとしてはこんなところとなります。
        |:r':.:.: ̄:.:.:.:`´く´ :,!:.:.:.:.:.:.ヽ  
       }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  
        /:.:.:.: .:.:.:.:. ..:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ちょっと分かりにくいところもあるかも。。。
       ,':.:.fぅ:.:.:.:.:.:rぇ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:l      少しでも皆様が色々思い出すきっかけになれば幸い
.      {:.:r 、_;.-、:.:.`¨_:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|        何か不明点などあれば、お気軽にお申しつけ下さい
     ヘ:{ 、_゙T⌒¨´ ヽ:.:.r1:.:.:.:rヘ:.:.j
      }!ヽ  `´  , '⌒:}_}:.:.:.j  ヽ!  
      {|  ` -     /メヽ;ハ  }|  
.       ドヽ_    _,.〃 }:.:.ハ}  i ∥          とりあえず直近、週末に無痛IFでお会いしましょう。
       l! `ーtュ-‐''´  l:.:.!´   { jj  
        ',  ーtt__,    l:.;'   `¨′        でわ、また――
        i!   |^´ l   |:i
         !  l  |  l:l





.

273 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/09/11(水) 20:56:16 ID:6gbqt86o00
おつかれ
まだ先は長そうってことは分かったのです

274 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/09/11(水) 21:57:46 ID:dmCZFUZUMM

無痛ちゃんだあああああ

275 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/09/12(木) 00:18:57 ID:l171HbLU00
乙です
できない子の目的がまだわかんないな…
神様に反逆したけど勝てなかったからしっぽ巻いて元の世界に帰ろうとしてて
その為に必要な綺麗な魂?を白頭に作らせようとしてたと思ったけどそんな役割与えた相手に
危険な魔女や魔物を殺すような能力なんてあげる必要ないよな

関連記事
97883 :日常の名無しさん:2020/03/07(土) 15:57:49 ID:-[ ]
めぐみん大活躍のタイミングでお師匠の姉妹のエピがあったから
狂気と忘却が姉妹かと思ってたけど、不変なのか
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第50話 さよなら、やる夫 (前編) (06/28)
  • アクア様がみてる 第6話:走るって素晴らしい (06/28)
  • 昭和名馬列伝 第4章 キタノカチドキ伝 第4話 (06/28)
  • 読者投稿:参院選が始まったので 参議院議員の実績開示 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:共産党について 2022 参議院選挙政策 (06/27)
  • 読者投稿:自民党の公約について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党 玉木代表の原子力潜水艦保有論とその背景? (06/27)
  • 読者投稿:変態技術? 新500円玉 (06/27)
  • やる夫とほむら(眼鏡付き) (06/27)
  • 1周目シモンとニアとやる夫の―――― (06/27)
  • ナニモノ 8 (06/27)
  • 国内的な小咄 2071 修士が少ない理由 (06/26)
  • 国内的な小咄 2070 はい (06/26)
  • 国内的な小咄 2069 学部生を含めると (06/26)
  • 国内的な小咄 2068 じわじわと効いている (06/26)
  • 国内的な小咄 2067 実際どんなもん? (06/26)
  • 国内的な小咄 2066 いや……そうでもないと思うです (06/26)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 22 (06/26)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 39 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十話 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十九話 (06/26)
  • ナニモノ 7 (06/26)
  • 読者投稿:リンガーハットの自販機 (06/26)
  • 読者投稿:北東北の小咄: 待ってた!ずっと待ってた!! (06/26)
  • 読者投稿:政策に関連して出てくる「LGBT差別」これって何なんでしょう? (06/26)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~世紀末覇王~後編 (06/26)
  • 読者投稿大会:おっ〇いまつり (06/26)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 04 (06/26)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第五話 雛鳥の意地 (06/26)
  • このクソッタレな世界に復讐を! No.43 Explore (06/26)
  • やる夫とばくだん 30.ウラエウスの出現 (06/26)
  • やる夫とばくだん 29.マーズ・ミステリー・リサーチ・7 (06/26)
  • 国内的な小咄 2065 吉野家の親子丼 (06/25)
  • 国内的な小咄 2064 恐ろしい話をしよう (06/25)
  • 国内的な小咄 2063 各党首の字 (06/25)
  • 国内的な小咄 2062 割るビールやで (06/25)
  • 国内的な小咄 2061 もうだめだぁ (06/25)
  • 国内的な小咄 2060 性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律案 (06/25)
  • やる夫とベネット その後のお話 (06/25)
  • やる夫とデマ子転移 その2 (06/25)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ エヴァ (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その2 (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その1 (06/25)
  • 国際的な小咄 9006 ピューリタンを簡単に (06/25)
  • 国際的な小咄 9005 キラキラしていると思っている過去はやばかった (06/25)
  • 国際的な小咄 9004 腐るほど (06/25)
  • 国際的な小咄 9003 実に矯風会 (06/25)
  • 国際的な小咄 9002 それ以上に (06/25)
  • 国際的な小咄 9001 ひぃぃぃいいいいい! 世の理が壊れる (06/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!