スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】魔王tanasinn. 6

目次

2657 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:32:28 ID:jm4//E8H
続きやんぞ!!
もう我慢できない!!

2658 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:36:47 ID:jm4//E8H



【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【CA / ̄ ̄ ̄ \ TION】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【C/       (・ .\ON】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】 / ________i N】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION  l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION  l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::iN】【CAUTION】【CAUTION】   今回の内容は今まで悪趣味やってきたことは
【CAUTION】【CAUTION  ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l 】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION  l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^ N】【CAUTION】【CAUTION】    『大概』やると思いますし
【CAUTION】【CAUTION  ヽ〃 l    .,__,   i  N】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【 l::し .!    .丶_ン′ :ION】【CAUTION】【CAUTION】    恐らく【両性具有さん!?】も出てくるであろうと思います!!
【CAUTION】【CAUTION】【CAUT≧=‐---‐''.´  ION】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】    苦手な人は明日以降に見るんだ!
【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】
【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】【CAUTION】    そうすればワンチャン飛ばせるから!!



2659 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:40:13 ID:jm4//E8H
それでもいいならば、続くがいい……!!



2660 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:43:30 ID:jm4//E8H



圭圭7        ,佳圭圭圭圭圭> '"                   ,.。x≦圭圭圭圭>''"´               i
圭圭|       佳圭圭圭>''"                     ,.ィ升|圭|圭|>''"´        ,.。ュ:‐:‐:‐:ュ。.,_    |i
圭圭|        炸圭紗'"        _,,..           升l圭>''"          ,.ィ≦圭圭圭圭圭ム  ..||i
圭圭|        |圭ア      ,..。x≦圭紗"          イ圭少´        ,.ィ≦|才冬|圭l圭l圭l圭掛,  Ⅷ
圭圭|         |ア´  ,.。x≦圭圭圭:少"           .イ圭7         ,.x'圭ア    `゙ミ圭圭圭圭ム  Ⅶ,
圭圭|            ,.ィ升圭圭圭圭圭7.         ,.x'圭ア            イ紗'"           寸圭圭圭掛x、守㍉
圭圭l!       ィ佳圭圭圭圭圭圭7        イ紗'"        ,.x'紗'"             寸圭圭圭掛x 寸沁
圭圭ll        |圭圭圭圭圭圭圭7      ,.x'紗'"           '".    ,.。ュ:‐:ュ。..,_       寸圭圭|圭|心.Ⅶ沁
圭ニ从       |圭圭圭圭圭圭刃’      ,.x'紗'"         _,。x"       ,.x'ア ̄`¨“''守      守:圭圭圭抄 寸lム
圭圭ハ        |圭圭圭圭圭ま刃      '"          イll′     '"        ㍉、    `寸圭紗′_,ィ升lム
圭圭圭}      |圭圭圭圭l圭lヲ′          _,.。x"   ,:l紗'                      寸x   `㍉x。.,,_,.ィ升才"´ム
圭圭圭|       .Ⅷ圭圭圭圭タ          .イllア   ,イ紗゙                      ヽli、    `守圭才 ,.ィ佳lli,
守圭サム.     Ⅷ圭圭l圭タ       _,,..ィ升ア.   .イア           :‐:ュ。.,_              `㍉       _,,.ィ佳ll佳沁
  マ圭掛、       Ⅶ圭圭タ     ,,.ィ≦l圭l紗"   〈掛    '`¨“''㍉、.`“'气≧。.          `゙ニ三圭圭ア  炸致
心、 マ∨ム     Ⅵ圭ぐ      佳圭圭圭ム     寸L ,.。x"    寸x   寸会                  ,.佳致゙⊿
圭㍉  寸掛、      Ⅵll掛,    .,佳圭圭圭圭リ     Ⅷ抄"      Ⅷト、  寸掛。                   ,.佳紗゙,.イァ
圭圭l!  寸掛、     寸l圭l     ,佳圭圭圭圭′        マ.        Ⅵl}   寸掛x                ,.:佳ア´.イア
Ⅶ圭|!ト、   寸掛,     マ圭ム  佳圭圭圭圭〈                   炸    Ⅷ圭心            ,.イ紗'" ,.イllア
.∨圭ll,マム.  寸ム    寸圭ム Ⅷ圭圭圭圭仏                ,.ィ≦7       炸圭掛,       ,.x'紗'"  ,.:佳ア
  寸从Ⅷヘ   `守ト、    寸圭ム Ⅶ圭l圭l圭l圭lト、         ,.ィ≦圭l7       ,.佳圭圭|ム.      '"  _,,..ィ升ア
   マムⅥ爪   `守ミ、   寸圭ムⅥ圭圭圭l圭l圭l≧x。、_,,,.ィ≦圭l圭抄    ,.イ圭圭圭|圭|心、.  ,.ィ≦少寸紗"
    寸Ⅶ代x.   寸ミ、  寸圭沁ゞ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭′   〃圭l圭l圭圭圭圭紗升紗''",.ィ才
        Ⅷ圭心、   寸x、  守圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭7    ,.佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭紗´   ._,,.ィ"


2661 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:46:43 ID:jm4//E8H



                      ト
                 ト   ___i|    \
                 |   `  |     \ー―― 、 /\ __
                 |      :|      :.\.     \jI斗 ヘ\
                jI斗   / :.        \      \   ∨ /、
             「 ̄    |   .:′ :.         \      ヽ   ∨ \
            j{       :.   .   ∧            ヽ  \ }!
          /∧     :.  .i{  / ∧     、     :.Ⅵ  :}!
         「  ./ ∧    :. .:i{   ./ ∧    i|\      Ⅵ  ;
         {     :.     ∧ i{  i|从ト 、 :i| ー―.     Ⅶi/
        ∧    ∧  ./ ∧ i{  i|弋ぅッ\ i{斗ぅぇミ、   Ⅶ
        / ∧  i{ ./ ∧  ./ ∧ :. .:i{乂  ノ \ ゞ ” "^:.  .Ⅶ   /
        / ∧ :∧ :/ ∧  ./ ∧ :. 从⌒       ムイヘ   l   ./     ./    ─────ここ、は?
       // .∧   、/ ∧  ./  、 { { .、 、__ u  .イ/ ハ |   /;     /
      / _/斗   、 {\  、 {\ \乂:.}\   ィi〔 // .ハ | . , /    ,
    .-=≦⌒...../⌒\、 \ \∨ \{-\リ ノ 斥: :/ /!{/  .:}|イ/     /
 /..................../    .:\⌒\(:.\/ \-=^廴 _乂_ノ=-/  / リ ,    /}  /^
,....................../   "´   "´  .\、  ヽ 「  {ニ=-  ̄ / ./  {/  / ,ノ/
................./  /   /jI斗-=彡´     }!|__//⌒¨ ,/ { /  /__/⌒
............../  .:′   ,  ´   /                _/ ィi〔∨ /≧=- __
......./j{   j{   /    /                 ⌒¨´}: :\ .∨ /  }:.
./. :,ハ  i|\ ./{jI斗 ´            /             `ヽ    ∨  }:..


         /: :/:/: : : :/: ハ: : : : : : : ::/|/ |:l: : :|: : :`ヽ、 /
         |: : !: ! ―/|-/__!: : : : : : :/ !|  |:i: : |: : : : : :Y
         |: : i: |: : :/,|/__ |: : : : : :/-t;---|、!:_:|: : / : : :|
         |: : |: |<:Tr.tう=ミ !: : : : :/ ト--.、| V: :/: : : : |
         |: : |: :|: |rっじり::::!: : : /:::::イにテヽ、|:/: : : : :.|      何処でもないです。
\   r ==.、 |:i: :|: : :!:|゙ー ':::::::!: :/:::::::::::弋りソl,.>/: : : :l:|:|―-
::::::ヽ ||'、'、'、'、,|:!: :!: : |!       '´    ` ー- /:/: : : : :/:.|::::::::
:::::::::::V| || | | |::|:!: :.、: .|.、     '        /:/: : : : : /!:|::::::::    アーサー様の城でもなければ、貴方の部屋でもない。
::::::::::::::Y |vvv!::::!、: : :ヽ|ヽ    - 、      /:/: : : : : /:::/::::::::::
:::::::::::::::ヽV| | | |:::::、: : : ト、\        ,イ: /: : : : :,イ|::/::::::::::::   現実でもなければ……幻でもない。
::::::::::::::::::| LLL!::::!ヽ: : :ト、> !\   ,. イ/ ,rソ: : : :,.イ_!!|:::::::::::::::
::::::::::::::::::| | ,.- |:::::/―ヾ:、  |,イ / ̄`ヽ{  /: : :/:::/―|:::::::::::::::    あえて言えば……『夢』ですよ。感覚の伴う、ね。


2662 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:49:34 ID:jm4//E8H



                      ト
                 ト   ___i|    \
                 |   `  |     \ー―― 、 /\ __
                 |      :|      :.\.     \jI斗 ヘ\
                jI斗   / :.        \      \   ∨ /、
             「 ̄    |   .:′ :.         \      ヽ   ∨ \
            j{       :.   .   ∧            ヽ  \ }!
          /∧     :.  .i{  / ∧     、     :.Ⅵ  :}!
         「  ./ ∧    :. .:i{   ./ ∧    i|\      Ⅵ  ;
         {     :.     ∧ i{  i|从ト 、 :i| ー―.     Ⅶi/
        ∧    ∧  ./ ∧ i{  i|弋ぅッ\ i{斗ぅぇミ、   Ⅶ
        / ∧  i{ ./ ∧  ./ ∧ :. .:i{乂  ノ \ ゞ ” "^:.  .Ⅶ   /
        / ∧ :∧ :/ ∧  ./ ∧ :. 从⌒       ムイヘ   l   ./     ./    夢……?
       // .∧   、/ ∧  ./  、 { { .、 、__ u  .イ/ ハ |   /;     /
      / _/斗   、 {\  、 {\ \乂:.}\   ィi〔 // .ハ | . , /    ,
    .-=≦⌒...../⌒\、 \ \∨ \{-\リ ノ 斥: :/ /!{/  .:}|イ/     /
 /..................../    .:\⌒\(:.\/ \-=^廴 _乂_ノ=-/  / リ ,    /}  /^
,....................../   "´   "´  .\、  ヽ 「  {ニ=-  ̄ / ./  {/  / ,ノ/
................./  /   /jI斗-=彡´     }!|__//⌒¨ ,/ { /  /__/⌒
............../  .:′   ,  ´   /                _/ ィi〔∨ /≧=- __



         /: :/:/: : : :/: ハ: : : : : : : ::/|/ |:l: : :|: : :`ヽ、 /
         |: : !: ! ―/|-/__!: : : : : : :/ !|  |:i: : |: : : : : :Y
         |: : i: |: : :/,|/__ |: : : : : :/-t;---|、!:_:|: : / : : :|
         |: : |: |<:Tr.tう=ミ !: : : : :/ ト--.、| V: :/: : : : |
         |: : |: :|: |rっじり::::!: : : /:::::イにテヽ、|:/: : : : :.|       そろそろ来ますよ。
\   r ==.、 |:i: :|: : :!:|゙ー ':::::::!: :/:::::::::::弋りソl,.>/: : : :l:|:|―-
::::::ヽ ||'、'、'、'、,|:!: :!: : |!       '´    ` ー- /:/: : : : :/:.|::::::::     構えても何しても無駄です。
:::::::::::V| || | | |::|:!: :.、: .|.、     '        /:/: : : : : /!:|::::::::
::::::::::::::Y |vvv!::::!、: : :ヽ|ヽ    - 、      /:/: : : : : /:::/::::::::::     ここがどういう所か、一瞬でわかりますよ。
:::::::::::::::ヽV| | | |:::::、: : : ト、\        ,イ: /: : : : :,イ|::/::::::::::::
::::::::::::::::::| LLL!::::!ヽ: : :ト、> !\   ,. イ/ ,rソ: : : :,.イ_!!|:::::::::::::::
::::::::::::::::::| | ,.- |:::::/―ヾ:、  |,イ / ̄`ヽ{  /: : :/:::/―|:::::::::::::::


2663 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/03(火) 23:52:12 ID:jm4//E8H



                 ヾ-=      _   __
                    ∨ ≧=z=イ  ` <: : : : :|
               ,ト . _. ィ∨     ≧=-    ≧=-.'-x
           _/_}    ̄∨       \  }    ハ_
             . '< |     ハ   \.      \ト、 }   } ≧=-
       ,<    .|      { .ゝ  {\_   ∨リ   |      |
       .>      八    | 斗ヾ.八 .rzァ、   .∨ / ./  .}  ト、
      ./    ト    .ヾ{   |  .ィタヾ .{   .}}\  ∨ /   .ハ  ! ̄ヽー―――   来る……?
      〈     | \  __!  八{ヾ.!  _' , u 从 }\ { /   /ィヘ} |: : : :  ̄`\
    _. \   |   V  .\  ヽ ヾト .    イユ::リ  .ヾ ./ .〃-:ハ !ミ 、_: : : : : :\    気配も魔力も、微塵も感じな─────
 /   \ハ  .ト、  .{-ィoヽ\ { }\≧={ 〈{/ //}./::{: : :Y  |: : : : : : : : : : /\
./  r―ュ/ /:\八: :\ハ  ./⌒}ヾ--ィヾヘ//>'〈_ゝ/_: ̄: : : :.!  | : : : : : : : : :/
    ̄ イ /: : : :\{/ ,r.〉 ./:>'-‐-< _., ´_>./   \ ヽ: : : | .八: : : : : : :./\
  ./ ./: : : : : : :\/ .{> ´/フ     /  Y  /      Y. ∨: j /: :: : : : : : :./   .\
. /  .ハ: : : ,<   ィ/  /フ     ′  / /      }  ∨/ュ、: : : : :_:_:./
´    / }/    / ,′ .{〈.       !  / /       从 .}/ /--z-'、 \
    / /   /   {  .ゝ\    |  | ./       /   ./、/   }  \.  \
  .//     〃   .八    ヾ \   ゝ .|/      ./  ./ {_,ィ=ニニミ、__  .ハ
. /「    / {    /> .__ >-ィ≧ゝ-=ニニ__イ    //  / .r <ヽヽヽ }  }
/  .!     /_ !.=≦   |::::::〉-ハイ:{i i i ./::/:::/::::Y´ハ     {´  ̄ .ゞ-⌒ヾヾヾ}|  .|


お手数ですがこちらからどうぞ
































































2773 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:18:05 ID:DN1LN/Zj



                        _...斗s、
                     _...斗s≦ _...斗s。、丶.
          _...斗s≦ _...斗s≦      \. 丶.
     _...斗s≦ _...斗s≦                \ 丶.     パタン……
    \    \                       \. 丶.
      .}\    \              ,ィi       \  丶.
     _.}.:.: \    \      _.. o..,。s=s。.          \  へ.             なるほど、な。
     .\\.:.: \    \    ‘''‐-(   j} .)¨'''‐ 、       \  ヘ.
      .\\.:.: \    \      ` r-ァ'' `¨¨¨´         .\  ヘ
          \\.:.: \    \       oノ′              .\  ヘ
           \\.:.: \    \                          .\  ヘ
            \\.:.: \    \                  _...斗s≦      丶
             \\.:.: \    \          _...斗s≦        _...斗s≦_ム
              \\.:.: \    \_...斗s≦       _...斗s≦三三二=‐};|}
               \\.:.: \          _...斗s≦三三三三三三ニ=‐ ,}ソ
                      \\.:.: \_...斗s≦三三三三三ニニニニ=‐_...斗s≦
                       \\.:.: ミマ三三三三ニニニ=‐_...斗s≦
                        \\.:.: }三ニ=‐ _...斗s≦
                         \ヽィ_...斗s≦


2774 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:20:28 ID:DN1LN/Zj



           i
            |
            | -'" ̄ ̄
           |
          {  、____,,〃
           ヽ   ̄             /                      できない夫が苦手だったのも解る……。
           |          u     l|     /
           |               }   /    .:____        いや、ごく一部、狂った奴らだというコトは解ってるが……。
           |  _          /  /   ,. ≦//////////
           `ー┐ , --      ./  /   / ̄\//////////       ああなる可能性があるとなれば、うん。
                 └´{__       /  /  /   .////////////
                  '.     / __/ /    //////////////       そりゃアイツも女が苦手になるかもな……。
                   |    / ///   ////////////////
                  \___/./    //////////////////        できない夫には悪いことをした……。
                       /    ////////////////////
                      /    , ´/////////////////////        嗤って済まない、俺もちょい……うん。
                      /     ////////////////////////
                  /     /////////////////////////        考えを改めようか。


2775 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 13:22:11 ID:4/ACGodf
タナシンもひく女の情念w


2776 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:25:03 ID:DN1LN/Zj



            ´ ̄ ̄`   、
       /          \
      /             \
.    Y              U   丶
    |                    丶
    |                  /ヽ
    |              _       ィ:::7;,ハ
    |       |    /  ,_、  `=彡  |
    |     ij.       ィ::::厂;;   \  │    で……ああいうのが、『僕』への耐性を高く持つ可能性がある……と。
    |              ^===彡       \ |
    ヽ                      ´ l    なんだかなぁ……。
     \           |           |
       \         U           |      や、普通か。
         \                ,_-、 |
           \                /こ´ !     できない夫の時点で普通の奴じゃなかったんだ……。
             |     \            丿
           /|       `ニ==‐┬=≦ __    脳の障害を持ってたし、常人では、僕は無理かもしれなくて……
           |  \      \:::::::::::::::::|     ∧
           |    `  ー-=ニ二::_::::|     //∧  『狂人』やそれに近いヤツのほうが……か。
            /               `ヽ   ////∧


     / ̄ ̄\
   / \  ヘ. \
    |  (●)(●) |
    |     |    │    そう考えるとやっぱできない夫は本当にいいヤツだったんだなぁ……。
    |   __`___ u |
    |   ./__ヽ .|     『俺』に適性があって、脳が治って……というか人並みの機能を得るまでに回復して、
   ヽ         /
.    ヽ       /      それでなお人に優しかったし……。
.       /    く
      |      |       うん、やっぱりできない夫が特別だった可能性が高いんだ。
      |      |


2777 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:29:26 ID:DN1LN/Zj



            | -'" ̄ ̄
           |
          {  、____,,〃
           ヽ   ̄             /
           |                l|     /
           |         u     }   /    .:____      基準を見直……いや、それはダメだ。
           |  _          /  /   ,. ≦//////////
           `ー┐ , --      ./  /   / ̄\//////////   できない夫のような人間、というか性格の存在に俺は力を貸すべきだ。
                 └´{__       /  /  /   .////////////
                  '.     / __/ /    //////////////   できない夫の姿を借りといて、できない夫が進んでやらないことをやるっていうのは……。
                   |    / ///   ////////////////
                  \___/./    //////////////////    できない夫が進んでやらないようなことをするような奴には……渡せない。
                       /    ////////////////////
                      /    , ´/////////////////////



        {   r'´::::ゝ斗ゝ-‐:{  ',:::::::::::::|:::::::::::::::::|::::,
        r≦´:::::::::::',:: ::: :::::i!:{   ',:: ::: :::|:::::::::::::::::|:::::,
        l:::::::::{::::::::::::',:: ::: :::ト:{ _,, ',-‐::::{:::::::::::::::::|::: :}
        l:::::::::{::::::::_::{ムィ:::::{ リ .,ィ行云ミァ::i:::::::: ::|::::::|      「やっぱ今までの僕の考えは正しかった。
         |::::::: ヽ'´,ィ==ミ、:::{.    ∨ r刋 }::|:::::::::: |::::::
          |:{:: :: :Ⅷヽ{杙_ハヽ{     込z斗}:;':::::::: : |::::,'      『耐性だけで考えるとあの子に協力してた』。
         }:∨::::::Ⅷ::込z斗         };::::::::::::::,':::;
         {:::ト::::::::∨:::}           /}::::::::::::/::::}       だけどあれは貸してみてわかった。
         マ:{ ∨:::::∨:ヽ.     _ _,   / ;::::::::::/:从{
        マ! .∨::::::ヽ:个:..       /}::::::::/}/         『絶対に乱用する』。次はアーサー様とやらに使うよ、
           ',  ヽ:::::::::{、::::}、{≧ュ、_ /  ,::::::/ /}
          ',   ヽ:::{ .ヽ{ /.r‐‐t ゝハf ;::::/_,.ィ .ハ         あのまま力を使いたい放題にすれば。
                 ヽ   ir' {{  } .}.}/イ¨   fヽ
                _  -‐| .{{ ,イ }.}ゝ- 、>´.γ´ >=- 、  そういう奴にはやっぱ貸せない。」
           γ´// /   | .{{ ,'  //     ././>´  __,,..ヽ
           ,' ,'.,' ,'  /ゝ_{{ {_,.イ/>´\  ,' ,'/  r'´    ∨
             i  {.{ .{/               ヽ{ .{{   .}       ∨


2778 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:34:52 ID:DN1LN/Zj



           i
            |     _ ,,...
            │  〃´
           | /' ,,ィ¬i                           ……できない夫、お前みたいに優しい友達を、まだ探すよ。
          { ′イ、リ /
           ヽ   ー'′           /                 僕の力は強すぎるよな、やっぱり。
           |         u      l|     /                     キミ
           |               }   /    .:____   だから今のまま人間へのお礼として魔物への動きの抑制をして、
           |  _          /  /   ,. ≦//////////
           `ー┐ ,  -       /  /   / ̄\//////////  ココを立ててくれた竜王達のお礼として、魔物を守る。
                 └´{__       /  /  /   .////////////
                  '.     / __/ /    //////////////  僕が一歩進むだけで、皆には100歩は影響が出るからね。
                   |    / ///   ////////////////
                  \___/./    //////////////////



            |
            | -'" ̄ ̄
           |
          {  、____,,〃                                ……彼女が友達になれない相手だったのは、残念だ。
           ヽ   ̄       u     /
           |                l|     /                 でも約束は守ってくれたから、お返しである『テュレンヌ』への
           |               }   /    .:____
           |  _          /  /   ,. ≦//////////       仕返し……いや、逆恨みだけは、やらざるを得なかった。
           `ー┐ , --      ./  /   / ̄\//////////
                 └´{__       /  /  /   .////////////       ……律儀になるのってのは難しいんだな。
                  '.     / __/ /    //////////////
                   |    / ///   ////////////////       断ることもやっぱり大事か。
                  \___/./    //////////////////


2779 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:37:00 ID:DN1LN/Zj



                           |
 :::::::__,,」       ,-‐─‐-、   |
 :::::::  ̄ ̄                  |
 ::::x三ニト、       ,xr≦=ュ=x、   │
 :::〃 fr=㍉ヾ:::::     ハ!  fr‐㍉Y  │     ……できない夫。
 ::::::、_ゞェ1:::::::::::i   :::ヾ=`ー"
 ::::::::  ̄´::::::::::::::::|              !      なんでも引き受けてるように見えた、僕の親友。
 :::::::::.. ::.::::::::::::::::|               }
 :::::::::::. ::::::::::::::::::::|         U    /      君ならどうするよ、アレを見て。
 ::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ          /
 、::::::::::::::::::::::::::::::           /
  ト、::::::::::::,-‐―   ――-、   ,.イ           【魔王tanasinn.第一章:勇者 終わり】
  fニヽ::::::::::::::  -‐-       / |
 /!⌒ヽ::::::::::::::::      /  │
 ::::::ト:::::::::ヽ::::::::::     /    ,ト―- 、
 ::::::!::!:::::::::ヾヽ-----イ:::::    .:/1   ! ̄ ヽ__ ,.--.、


2780 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:40:19 ID:DN1LN/Zj



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''         …………。
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´スーパーゲル状|  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘデロドロンドリンク/ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |      何?これは。
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./      「【お前が描いた作品だよ。(震え)】」
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、


2781 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:43:16 ID:DN1LN/Zj



      / ̄ ̄\
    / ー'  ー\    「太古の王にしてtanasinn.の唯一の友人の答え」
    |  (●) (●) |
.     | u    |   |     (願いを聞いた段階で)
     |   ___´___  .|
.   l^l^ln      |     それはマズいでしょって言うよ。
.   ヽ   L     |
     ゝ  ノ    ノ     誰も得しないでしょ?
   /   /     \
  /   /        \         【至極当然の答えを出す太古の王(嫁さんが沢山)。】
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


2782 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:49:43 ID:DN1LN/Zj



    |.:/.:.:.:/.:___二二二>、\.:\.:\.:.:ヽ.:.:.:.:/.://ノ
    V.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´ ̄ ̄`:^ヽ\∨:///
     V/.:./⌒、二ニ-─'´   :::::::::::::::::::::::::`^ヾヘヘ.
     从:/ニ二彡.:.:/        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}.:|
    ∨{   ノ/.:./        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|.:|     本当はもっと普通の凌辱(普通の凌辱なんて恐ろしい単語が出るスレ)
     __! ヽ ∨ノ:ヘ!      ..::::::: ̄\、:::::: |!:j/:ノ i.:i
  / ノ从ハ__ リ       ( ヽ===っ≧シノV" / /     描写も入れたかったんだッ……だけどッ……!!
./ ∨'´  :::|          i ! :::::::´::::::::::::f7 /:/
   ∧   ::|          ノノ ..:::::::::::::::::::!′ ノ       色々試してたら、できなかったッ……!!
     ∧ .: l弋      /´ ,.  '^、⌒ .:::::i
     丶:: |:::::\:.   /  ,.__   ::`r‐‐′          唐突切り替えの描写とかッ!挑戦した【これが(ry】とかッ……!!
       \::::::::::\  /  〈-、  `rr‐'::::ヽミヽ
、        \::::::::::` (j    `、ニシ:::::::::::::∨ミi         最後のとかを考えてたら、普通の凌辱(おかしいでしょこの単語)がッ……!!
ミ\      /⌒}:::::::::::::::\.....` ̄/::::::::: ::::::::\|
ミく \   /::::::::|::::::::::::::/:`ー‐'ノ:::::::   ::/⌒\       できなかったんだッ……!!


2783 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:49:55 ID:DN1LN/Zj



      { { / /            ||      ,. ----- 、i{////
      { {  /                l|     /ノ ___   i{////
      { { ./{    / ̄ ̄`ヾー_、 :、    :'´ / -===ミ  j{////
      ∨  ;     /     --- 、     \ /  ./〃γ7ぅ  ヾ j{////
         `{  {       -==ミ \    {      乂jツ  ノ .j{////
        { j八      /γ7ぅ        {:.    ミー―=彡  :i{////     ま、そういう悔いはあるけど
      -=彳 い     ゝ 乂jツ ノ/      :::::.          i{////
        |  い、    ミー‐=彡'′     ::::::.          i{////     コマ割りとかの挑戦は成功し、
        |  ゞ{                 }:::::.             i{////
            :                 }:  〉:、         i{////    切り替わりは(書いてる私は)抜きづらい(おおよそ次のを考えるので手一杯だから)
           \ 、__j:,           〈__rヘ_ノ⌒′ \      .:i{////
           \  :,        /    {__j ___    ヽ    .::::i{////   というのがわかったので収穫はありました。
              ーヘ      /    --  ___ ヽ      .::::::j{////
                       /-┬  「 「 jい,     ::::::::/!////   それと【これ(ry】は私には難しかったです(コナミ)
                 、       /」-┴:::::: ̄ ̄::::::,    .:::::::' j{////
                 \     j{:::::::: -‐: : : ̄`ヾ}   .::::/{ j{////     「禍々しいおべんきょう。」


2784 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 13:52:48 ID:DN1LN/Zj
ではピザ買って食ってくる。
「なんか食いたくなったので。」

2785 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 14:02:42 ID:LhGHQvcT
乙ー
今回ハードだったわあ

2786 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 17:21:57 ID:rPaAMKrM

こういうのは割りと好きだわ人が人を蹴落とすのとは少し違う

2787 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 18:01:25 ID:lYSr2xcp

できない夫は本当にいい奴だったんだなぁ。
ギンさん、絶対にこの後問題行動起こしそう、そして人狼女王がそれに対して処刑命令発しそう。

2788 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 18:28:02 ID:On6OWMOt

これはひどい…


2789 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:28:03 ID:DN1LN/Zj
俺復活ぅ~(起きただけ)

2790 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:29:44 ID:DN1LN/Zj



                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::ヽ
              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::\:::::::::.
.         /::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::',::::::::.
           :::::::::::::::::':::::::::::::::::{从::::\::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::i
          ,::::::::::::::::i::::::::::::::::::{   \:::\::::}:::::::::,:::::::::::::i:::::::::}
          ::::::::::::::i::|::::i:::{:::::::::{   -‐─:::Ⅵ::::::/:::::::::::::::}:::::::::
.         :.:.::::::i::::l斗-{八:::::::{  ィチ示ミ、}::::/:::::::::::::::::}:::::::::    「誾さんをこんな風にしてしまうアーサー様とは一体……。」
          l.:.:::::|::::{::{行ミ、\::i  込ツ   /::/:::::::::::::::::::'.:::::::::
          ',:::::::|::八{.入ツ  ヽ    , , '::::::::::::::::::::::::::/::::::/    【なんでや!アーサー様関係ないやろ!?】
           ':::::::|::::::И, , '       /^7::/:::::::::::::::/::::::/
         ∨::::.:::::从   __  ¬    '::/:::::::::::::::/::::::/
            ∨::::::::::込、 乂_ ノ    //::::::::::,.:::/:::/
          ∨::::::::::::个: .      .: /::::::::::/::/从{
.             ∨::::::::::{N.:.>-< /イ::::::::::/}V
                ヽ:::::::::{.}//.r‐‐t ゝハf ;::::/_,.ィ .
              ヽ:::{.|'..ir' {{  } .}.}/イ¨   f
                _ ヽ‐| .{{ ,イ }.}ゝ- 、>´.γ´ >=- 、
           γ´// /   | .{{ ,'  //     ././>´  __,,..ヽ
           ,' ,'.,' ,'  /ゝ_{{ {_,.イ/>´\  ,' ,'/  r'´    ∨
             i  {.{ .{/               ヽ{ .{{   .}       ∨


2791 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:36:53 ID:DN1LN/Zj



            ´ ̄ ̄`   、
       /          \
      /             \
.    Y              U   丶
    |                    丶
    |                  /ヽ
    |              _       ィ:::7;,ハ
    |       |    /  ,_、  `=彡  |    (あれ?
    |     ij.       ィ::::厂;;   \  │
    |              ^===彡       \ |    できない夫の玄孫の次の代で国が大災害に遭ったけど、
    ヽ                      ´ l
     \           |           |     民やできない夫の広義的な子孫、んでもってその玄孫の息子も
       \         U           |
         \                ,_-、 |     その当時では土地の復興が無理で、『散り散りになった』から
           \                /こ´ !
             |     \            丿     国が亡くなったんだよな……?
           /|       `ニ==‐┬=≦ __
           |  \      \:::::::::::::::::|     ∧   んで、その先で王族をやれるノウハウを持ってる奴って……。)
           |    `  ー-=ニ二::_::::|     //∧
            /               `ヽ   ////∧


            ´ ̄ ̄`   、
       /          \
      /             \
.    Y              U   丶
    |                    丶
    |                  /ヽ
    |              _       ィ:::7;,ハ
    |       |    /  ,_、  `=彡  |     アーサー、できない夫の子孫の確率、高くね……?
    |     ij.       ィ::::厂;;   \  │
    |              ^===彡       \ |    というかそうなると、また女同士が勝手に争ってて、
    ヽ                      ´ l
     \           |           |     またその中心のできない夫、その子孫のアーサーが困ってる、
       \         U           |
         \                ,_-、 |     あるいは困ることになるの……?
           \                /こ´ !
             |     \            丿     えぇ……?
           /|       `ニ==‐┬=≦ __
           |  \      \:::::::::::::::::|     ∧   「もうそういう呪いだろ。」
           |    `  ー-=ニ二::_::::|     //∧
            /               `ヽ   ////∧  それについて僕は一切関係ありません。(断言)


2792 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:37:59 ID:DN1LN/Zj



            ´ ̄ ̄`   、
       /          \
      /             \
.    Y              U   丶
    |                    丶
    |                  /ヽ
    |              _       ィ:::7;,ハ
    |       |    /  ,_、  `=彡  |    【関係ないも何もお前こそが全ての原因なんだよなぁ……。】
    |     ij.       ィ::::厂;;   \  │
    |              ^===彡       \ |
    ヽ                      ´ l
     \           |           |
       \         U           |
         \                ,_-、 |
           \                /こ´ !
             |     \            丿
           /|       `ニ==‐┬=≦ __
           |  \      \:::::::::::::::::|     ∧


2793 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:45:20 ID:DN1LN/Zj



      /      /  /i      \ ´ ̄  < / ^ヽ\
               /  :{            ミ、ヽー、 \ー-
              /    /   :.              `ヽハ
          /   /    ∧          \ `ヽ  .:}
          〃   ./   / ∧     i      ∨   \ .:}
            j{   /   / / ∧     {      ∨    ヽ}
         j{           /{: /   \         、  .:i    「テュレンヌさんもっとAA増えて……!!
         j{   !:       ′∨ /   i/_、__       \ .:i
         j{   !     i! |   ∨   .:i!. \ `ヽ    \    エロも通常もエロもあとエロのAAももっと増えて……!!(届かぬ思い)」
            j{        ハ ィf込沙 .、  i!_,zz_\        \
          j{  i    ′ |.wxw  \  ! 込沙ヾ       \
         j{  |   | \!    /  \!  wxw/ ≫x
           j{     | 乂_>         ∠ イ  i}≧s。 _
          j{      |∧   {:.、  、_,     /}    /   /
            j{:.    |: ∧. ',! \     イ  /  /.    /  }
       \  j{` 、  :|  ∧ ', ハ> </ ./il/ //     /  ,/
       \\ j{   ヽ 人 .、 \! :} }i! i! /  ./r////   ./  ,/
        >\{   \ \{`ヽ\リ>< :{  / /  ,   // . /!
           \     \ \ r ´  ∨ ̄  ./  イ./ イ`/
                   \{ | / /   ̄/イ  ./ ヘ  ./
                   \ ̄  _ /          / /


2794 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 18:51:54 ID:DN1LN/Zj



                 ヾ-=      _   __
                    ∨ ≧=z=イ  ` <: : : : :|
               ,ト . _. ィ∨     ≧=-    ≧=-.'-x
           _/_}    ̄∨       \  }    ハ_
             . '< |     ハ   \.      \ト、 }   } ≧=-
       ,<    .|      { .ゝ  {\_   ∨リ   |      |        >>2787
       .>      八    | 斗ヾ.八 .rzァ、   .∨ / ./  .}  ト、
      ./    ト    .ヾ{   |  .ィタヾ .{   .}}\  ∨ /   .ハ  ! ̄ヽー―――    「むしろ問題を起こさせてそうするに1ペリカ。」
      〈     | \  __!  八{ヾ.!  _' ,   从 }\ { /   /ィヘ} |: : : :  ̄`\
    _. \   |   V  .\  ヽ ヾト .    イユ::リ  .ヾ ./ .〃-:ハ !ミ 、_: : : : : :\
 /   \ハ  .ト、  .{-ィoヽ\ { }\≧={ 〈{/ //}./::{: : :Y  |: : : : : : : : : : /\
./  r―ュ/ /:\八: :\ハ  ./⌒}ヾ--ィヾヘ//>'〈_ゝ/_: ̄: : : :.!  | : : : : : : : : :/
    ̄ イ /: : : :\{/ ,r.〉 ./:>'-‐-< _., ´_>./   \ ヽ: : : | .八: : : : : : :./\
  ./ ./: : : : : : :\/ .{> ´/フ     /  Y  /      Y. ∨: j /: :: : : : : : :./   .\
. /  .ハ: : : ,<   ィ/  /フ     ′  / /      }  ∨/ュ、: : : : :_:_:./
´    / }/    / ,′ .{〈.       !  / /       从 .}/ /--z-'、 \
    / /   /   {  .ゝ\    |  | ./       /   ./、/   }  \.  \


2795 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:02:11 ID:DN1LN/Zj
しかし今回は色々……ハードやったなって……(現実を受け止める)

2796 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:11:09 ID:DN1LN/Zj
前の気圧差攻撃も中々刺さってる人が多いみたいでしたね()

2797 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 19:12:42 ID:PS3IFsW9
えげつなかったわ……マジで……


2798 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:14:33 ID:DN1LN/Zj



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i   >>2795
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    ?  どっちが?
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :     「【両方って言われたらどうすんの()】」
          ≧=‐---‐''.´


2799 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:17:56 ID:DN1LN/Zj



        乂__
        ⌒〕iト ̄~^ニニ=- -‐‐- _
           ア゛  _、く⌒\``  `丶
         /   ´/   \  :. \
           / / .′   |〉     \   ,
      // / /  {    |:Λ  V/  ヽ. ′
    __彡' / .:  :{    |、Λ. V/   ∨/,
       { / /{  i|! {  |\.〉 }',}   ∨/,
      /イ |  i|八 乂 !:::::\..} | } .}  W/,    「こう、『取り返しがつかない』感じの……ね。」
    彡' : :| :i.| .〕iトミ〉,  八^''ー-:Ⅵ.} .}: }八 { ′
      j: : :|/|.{ _,ァzzzャ:::、  ,ィf笊灯 / } Λ{\、
     ∥i: :l} { :.八Li:i:ノ:::: \ ' ゞ^' ' }/  j\ 乂. \
     ∥:j | } |i小── ⌒:i \゚。 ̄ /}  // :{ トミ
    ∥ l :| }.ⅱ Λ     __  V}  / .// {: l  ,
   /' l |:{ |〉. 公。,   '⌒^ }} .イ  // | l: ′
   /  :l .:.|:{ |:ハ }: |: > __ .ィ({ / //:} l: l  :
    .: .: :l八.|i:リ ノ:.:|:_」ニニ§ニニL{ //:.:} }  l  :
     .: ,':_」.rヘ|/イ-<「 ̄ "  ̄ _}{. { {、,ノ ノ   l', :,
    , _-=ニト、| イ  jI「 ``   '^~ .}{ヽУr'゙ "''<, ′
   ' :}-=ニ{ヽ|,ノ}、jI「       }ト、{,ノ}     Y ',
  ,: _-=ニ〔ーr一〕ニ=- _    r廴{__〉 ./     l:. ∨/
  ′_-=ニニ7冖',ニニニニニ=-7=--rL/}______ :l∧∨/


2800 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:21:22 ID:DN1LN/Zj



                  ___`ヾヽ
              -=≦:::::::::::::::::::::::::::::::`― 、、
.           >''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::ヽヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\::::::::::::\
.    -=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::、
        ,イ:::::/::: /:::::::::::::::::::}}::::::::∥:::::::::',::::::::ヘ:::::::::::::ヘ
.       /:::::::/::: /:::::::::::::::::::∥::::::∥::::::ヽ:::::::::::::ヘ:::::::::::::ハ
     /::::: ∥::::{:::::::::::::::::::〃::::::〃:',:::::\ヽ::::::::乂::::::::::} }!
.  -=彡:::::::{{::::::乂:::::::::: ,イ::: }!::/::|::ハ:::|:::::ヾ::::::::::::::>:::ヘ     「ただ『やってしまいました』だけではダメなんだッ……!!
.    Ⅵ::::从 ::|:::::{:::::::::::::::::}!_,,斗―::|:::::ハ:::::::::::八::::::::::ヽ、
      V::::::::ゝ::――:::::::::::::}!:::/レ_}ハ:/}:::::::::从ハ::::::::ハ::!    必要なんだッ……!!『どのぐらいのものを失ったか』、
      ノヘ:::::::::ハハ{―从:::::::ハ/,ィ竓竿ミァ::::::/イ::}〉ノ::::/ リ
        人:::::ヘィ笊うミゝ:(   ∨rソ/:イ:::::::::l.イ:/:イ      その指標ッ……!!その証ッ……!!被害の、確認ッ……!!」
          `ミh、 ∨ン    .:/:/:/:/: |:::::::::: Ⅳ
         /::::ヘ :/:/:. `           |:::::::::::l
          /::::::::人               ,::::::::::,'、
         ,イ::::::::::/ )h、 _ ` ´  .,ィ( ,:::::::: /: :`''<
.        /:::::::::ア /: : : } `h、_ イ ,、‐/::::::::/ : : : : /`''ー 、
      ,::::::::::/.∥\ヘ: :} }  {∧_/::::::::/: : : :/: :/:  ̄:ヽ
.     l::::::::/ ∥x: : : ∨ /ニニニ只ニ,::::::::/: : : :/ : : /: : :/ ̄ ̄ヽ
.     |:::ハ! _| }}: : ァ―'‐v‐vニニl {:::::::/: : : /: : : :{: : :/     ∨__
.     |/  {. ∥:.〈 二`'{_ノ=|. |ニl:::::,': : /: : : : :{: : :|      }: : `ヽ


2801 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:38:59 ID:DN1LN/Zj
心が洗われる(現れる)ような悪趣味を……!!

2802 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/04(水) 19:44:33 ID:DN1LN/Zj
風呂入って来まーす。

2803 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/04(水) 19:46:15 ID:On6OWMOt
いってらー

関連記事
63896 :日常の名無しさん:2019/09/11(水) 00:22:46 ID:-[ ]
一番やべぇのはやる夫が贈り物や未輝前でのキス拒否なんかするからIAさんが諦めきれないことだろw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
AAで学ぶ一般医学基礎 7 脂質の基本構造と機能 (09/18)
  • AAで学ぶ一般医学基礎 6 炭水化物って何ぞ (09/18)
  • 翠星石の『細川煩擾記』 第四章 木沢長政の最期 (09/18)
  • 翠星石の『細川煩擾記』 第三章 畿内の聖戦 (09/18)
  • 翠星石の『細川煩擾記』 第二章 三好元長の憂鬱 (09/18)
  • 翠星石の『細川煩擾記』 第一章 細川晴元の復讐 (09/18)
  • 新月の夜の幻葬読書会 103 (09/18)
  • 国際的な小咄 7554 初めてのカフリンクス講座 (09/18)
  • 国際的な小咄 7553 総員補助準備! (09/18)
  • 岸波白野は生まれつきチートのようです 第55話 (09/18)
  • やる夫は駅の記憶を集めるようです 質疑応答2 短距離通勤でおすすめでんこ (09/18)
  • やる夫は駅の記憶を集めるようです 質疑応答1 初めのうちに取っておくべきおすすめでんこ (09/18)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 125 (09/18)
  • ご加護なカンジ 第二部 28(完) (09/18)
  • 蒼星石は亡国の王子のようです 第五十話 (09/18)
  • 国内的な小咄 1044 おう……ブラウブリッツ…… (09/18)
  • 国内的な小咄 1043 山形の子に聞いてみた (09/18)
  • 国内的な小咄 1042 ものごっつわかる (09/18)
  • 国内的な小咄 1041 ひゃぁたまんぬぇ! 松本いきてぇ! (09/18)
  • 国内的な小咄 1040 東葛地域は…… (09/18)
  • 国内的な小咄 1039 地図を見ると、悲しくなる (09/18)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫でソロプレイ:ルナティックモード 3 (09/17)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫でソロプレイ:ルナティックモード 2 (09/17)
  • 読者投稿:就活生とかの初めてスーツ初心者向け講座 (09/17)
  • 読者投稿:美術館、博物館のススメ (09/17)
  • 読者投稿:駅メモ布教するよ4 一周回って基礎編 (09/17)
  • AAで学ぶ社会医学基礎 3 医の倫理と生命倫理に関する各種規範 (09/17)
  • AAで学ぶ社会医学基礎 2 現在の医療的倫理問題 (09/17)
  • AAで学ぶ社会医学基礎 0~1 医学の歴史 (09/17)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その48 (09/17)
  • THE COOKPIT nonfiction ~空の話をしよう~ 第一章 第二航空戦隊 艦攻隊 その二 (09/17)
  • THE COOKPIT nonfiction ~空の話をしよう~ 第一章 第二航空戦隊 艦攻隊 その一 (09/17)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 教えろ役人!3 ポケモン駆除と保存 (09/17)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ 割とそうでもないのよ、これが 他 (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ29「呪釣人の物語」 その3 (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ29「呪釣人の物語」 その2 (09/17)
  • AAで学ぶ一般医学基礎 5 生体内の糖・脂肪、基礎 (09/17)
  • AAで学ぶ一般医学基礎 4 核酸って何? 割とマジでわからん (09/17)
  • AAで学ぶ一般医学基礎 3 塩基、ヌクレオシド、ヌクレオチドってなんじゃらほいほい (09/17)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九話 (09/17)
  • ぶりぶりざえもんの冒険 怪奇ハタ人間編 第17話 新世界へのパスポートだゾ 前編 (09/17)
  • ご加護なカンジ 第二部 27 (09/17)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 94 (09/17)
  • 59号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです ふぉーるあうとすりぃ うらばなし 8 (09/17)
  • 国内的な小咄 1038 やっぱそっかー (09/17)
  • 国内的な小咄 1037 一気に近くなった (09/17)
  • 国内的な小咄 1036 なん……だと…… (09/17)
  • 本編には全く関係ないCMネタ ローカルcm 林泉堂CMギバサ涼麺編 (09/17)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第10話 (09/17)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第9話 (09/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/8)
    ※完結作品は集計した前の月(7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4それ行けサイヤ人やる夫!4女神転生・超儀典 やる夫の割りと暇な女神転生
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5ローグライク異世界転生
    6やる夫博士とゆかいな仲間たち6異世界食堂できない夫
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8やる夫たちでソードワールド8やる夫はソロハンターのようです
    9やる夫は魔導を極めるようです9コンピューター様、情報更新は義務です!!
    10できない子とSCP10やる夫はギルドを経営するようです
    11白頭と灰かぶりの魔女11やる夫は男子校?に通うようです
    12デーモンスレイヤー12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1113レベルを上げるスレ
    14新やる夫はスライムベホマズンのようです。14ドクオが異世界転生したようです
    15アカガネ山のやる夫15やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    16IT業界のやる夫さん16やる夫たちは三連星(代理)のようです
    17やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。17STALKING!!
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18魔法使いはオタクばっかり
    19やる夫達は人間ではないようです19やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    20やる夫はアーランドの冒険者になるようです20アメリカンヒーローアカデミア
    21英雄を作ろう!21ほむ×やら
    22ご加護なカンジ22やる夫はLVが上がらないようです
    23◆25NC1ovscM総合23証言と証拠は安価とあんこの後で
    24かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~24やばキャン凸
    25森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠25やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    26ジーク君は半妖の少年のようです26主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    27やる夫は竜の人財のようです27巣作りドラゴンちゃんは語りたい
    28やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです28やらない夫とたぬきの嫁入り
    29やる夫は恋を応援するようです29オーバーあんこ
    30そんな二人は同棲中30やる夫の野望
    31やる夫は軟式野球をするようです31やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    32魔女はやる夫になるようです32できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    33ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱33めぐみんの楽しい独身生活!
    34二人はヒャッハー世界の何でも屋34逆転教育実習生やる夫
    35やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです35やる夫ファンタジー
    36【新訳天庵記】やる☆おだ36やる太は異世界日記を綴るようです
    37正義屋さん37ダンガンあんこ
    38ロケッ都団が征く!!38ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです
    3959号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです39あんこ町の住人は星人と戦うようです
    40やる夫の兄はブラコンのようです40やる夫が大樹の正体に触れるようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング