スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
PR
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その25

目次

4313 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 07:42:43 ID:nrKU1h+r
おはようございます。
欧州はおおよそデモクラティアを採用して衆愚政治から迷走したり独裁者めいた奴が出たり万物の根源が水か火かで論争してたりするころですかね。

4314 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 09:56:22 ID:CqIMqLe3
今のカルデアの版図ってどれくらいだっけ?


4325 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 20:18:13 ID:nrKU1h+r


【ちなみに現状のカルデア文明圏(さすがに一つの国家ではないはず、最低でも連邦制レベル)】


                        【この辺から北欧】
         √  _ア.弋  .}            { _У。Ⅵ _,,.ノ     {
         ′  .{   __〉  V         _〕〔C乙└く     .ノ             ★
       く_,,.. ノ__,ノ^′  {__     ___ _〉 廴,_rz,. 。s≦`ー┘
               え,,__    _〕   /⌒^
            r≦_r气____,,戈 __,rく                 ★
               ______ノ⌒^′「ケルト」
          r‐‐ヘ__} ̄\                                 ★
              \_                                                /}
            ]                                      ___    / /      ★
               〉                                       /⌒¨ア く__,,.イ★
   r‐‐  ..,,_    {                ___                     _j  └ヘ_/⌒ ^≧s。.,_
    .〉     ^⌒''*=┘           _     {⌒V}           ★    /              \★
   {              r‐‐ 、__ /⌒ヽ   ト、 .乂              ,′   Black Sea     __ノ
   /                  _j      r┐人   V  ^''*、               {        。s≦=‐‐-=≦ ̄       ★}
 /            ,.,*''”        V   \  \__   ヽ[ギリシャ]      ★≧xr‐‐ '′
 7              /          rヘ     \_  `ヽ、  }    rzrヘ{⌒7く_/
_└‐┐        >   C ゚       ノ }      ^ヽ .r‐、> V   乂,,__   乂
   八_,--=z,,__r‐┘          `ー′       .〕 〉    \____<^  _戈_★               ★
    ヘ,__       ___     __     r‐=‐ヘくノ      く⌒ r㍉ c 。 く_    r气____,,ノ^^!
  /  `^⌒ー=≦ ̄ ̄    `´ ̄  ⌒>x.  ^⌒\〉          トfN} 。 ゚ c `^ー=彡  ___ァ、  Y
                         〈     Mediterranean   r-=┐ rj       廴_ノ   }
                           冫                 ⌒^´            /
                               廴__                                ,′
                              ̄ ̄


        ,--、    __,,,-、,,             ★
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`★
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ★    ★\,    7
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{                          ★`=-  {´,
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。     ★          `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/            【アケメネス朝ペルシャ】
,         /
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
      ,、←エジプト(もうすぐまたペルシャに食われます)
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----



 〃  ///  \ /   ノ ̄[\ト、`''ー─‐''´    _/
/|  〃  |    V  / |   弋 ト、    '⌒丶 ̄ ̄``丶
  `'ー|   |    | ̄^~''ー-'⌒ヽ弋__} \ \   \丶
`''ー /|  八     | /,ィア   〉ノ /\_ヽ     }  }    ザックリだいたい★の部分あたりの文明の十字路に
   /|    \   |斗r少っ / ノ{   __>l     / /
  { |    Lr| 人   / /ニVト、_ノ‐|   / /     堂々と居座ってるわね。
  ri /| | |ヾ|/ j`   {/| /二ニニニニニ| ' 厶ィヘ
  |丶_乂八lレニ>-_ `_─===─ニニニニレ    | |    よくアケメネス朝と喧嘩にならないもんだわ。
 ト\_,,斗ャ/}‐''´ ̄ ー、\ニニニニニニア     | |
/ニ/〔_ノ/_(~__ ヽヽ、 VJニ/|ニニニ/ /   )| |
ニ-/<>/‐=ニニニ\)JUニニ{ `''ー‐''゙_,ィア    // 八
ニ/<>/ニニニニニニニニ>''~''ー‐<7ニ/   // /ニ}


4327 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 20:34:34 ID:Oip2iBg+
前々から思ってたけど古代カルデア文明圏って欧州の蓋みたいな位置取りだよね




4329 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 20:49:26 ID:nrKU1h+r



              .,ィ       _.._
              { ヽ   , : ´_   ` ヽ、 イ=、ヽ、
              弋 `-ィ ,:  ヽ"  -  ! {、, ‐ゝ!、
                7  {    ド 、´  Vィ≠、⌒
                ,:   :.    .!  ヾ   Yヽ  :,
                l  :. ハ  ; }/_,ィ ヾ,:ィ´`}トヽ:':、
          _         ト._! ,:'.代.リ   {ヽ) v、 } ハ
    _ ≠  ̄|lll|     ': ヽ .似lノ       r イ ヾ ; .!
   ..|      |lll|      } ヽ トゝ ' .._    ノj..ノノ  ;  jヽ、  ,ィ     さて、じゃあ各地への文化伝搬の話でもしつつ
   ..|      |lll|   _.. ィ ノj ` 、`-'  //    }。}、  ̄ ノ
   ..|   ,ィ,. |lll|   ` ̄´ ノ  ; ` ‐'ィ,:' -≠ ¨ ノ ハヽ=ニ'       チマチマ進めていきましょうか。
   ..|  rイ/./ _|lll|      /  _... ィ(゙ノV   /,:´¨} ; }  ヽ     ,..
   └、{ヘj .{__l_} ヽ \¬" ノニニ/トィ彡!  / /_{ 人{ {、 ヽ`¬-' "ノ
     `¨ト、_ ヽ ヘ   `¨7ニ/イィハ从!{  ハ'三_': {三ニヽ{ニ!ト...__ イ
          v∞∞、  / /〈〈ィ/ハ从ハヽ {三ニl三三三三ニl\
         ,.8     ヘ / V({({ハイ/  j`三ニ}三三三三ニl  ` 、     ……ギリシャがデモクラティアを採用して
         {8      }ヘ  \V/    ,:三三j三三三三_/、    ` ̄フ
         ヽ    >-l ハ  ノl:.    .{三ニニ{三三三三/ ヽ ―― ´   ローマが共和制になっ他のっていつ頃だ……?
          \イ三ニノニト' / ` ... /三三ニl三三三ニj    :,
            '三ニ/三j  ,!    ./三三三l三三三ニl     :,
            !ニ/ニニノ  ハ    〈三三三,:三三三三}\    :,
            ':三ニ/ _ / l    v三ニニ{三三三ニニ!  : ヽ.  :
             ヽ'   / }!     v三ニl三三三ニニl  :,  :, .}
             /    ./ ,!     v三_!三三三三l   :,  ': !
            /    ノ  ,!      }三ニ!三三三ニ    ヽ .,ノ
           /   /  ,!       ヽ三'ト、三ニニl     ヽ
          ./  ./   .\        \=!、  `ヾ:!ハ ト、   \
         /  / _、ヽ  \. \       ィ、ヽ   .}. }ノ  `ト ...__>
         / //フ ヽ¨ヽ≧くヘ\    /,≠ヽヽ   !\.._
        /'} /// ノフ-‐": : : : : ` <、 /./: : : : : : \__ .{-‐ '
       ./ ノ/ トY´: : : : : : : : : : : : : : :`:<: : : : : : : : :ヽr,、}
      ,: /  j ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : : : : : :';⌒、
      {///{ }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : j: : : : : : : : : :.!  ヽ
      {.イノ//ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'l: : : : : : : : : :}ヽ 、 、 ≧x、
―――――{ノソ'―――――‐フ: : : : : : : : : /.l: : : : : : : : : :l―――`―``――――
                 /: : : : : : : : : / .l: : : : : : : : : :l


4330 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 20:55:32 ID:nrKU1h+r



                                      || |i^| ||
             。s=s。         |        ,ィ|_|ニ|_|i、
             |_」L」|        。o≠s。   f´`i Y´ ̄ `Y
             |_」L」|      ,.イ -ミ`ヽ `ヽ_|:::::| _,|::::::::::::::|
             |: : : ::|  ___/γ´___Yニ≧x}ハ∠i:|::tt:::tt:|_
            ィzzzzzァニニ丁 ̄|i^i^i^i^i| | ゙̄|`i¨||::|::|::::::::::::::|_\ィ⌒ト。
       。siIIIis。|nnnn|¨¨¨゙|ニ∠ニニ∠ニニニトxz||::|::|::tt:::tt:| : :|i|_| ̄_|_|__
       |nnnn||¨・¨・¨|゙¨¨¨|^Y^| |⌒| |^||^i^|: : ||| ̄|::::::::::::::| : :|/_|‐/
      ,。s=ニニ=s。.二ト竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺|| ̄|::tt:::tt:| : :|::::|: |: : : : : : :
    〈_,。s====s。,〉 ||⌒||⌒||⌒||⌒||⌒||⌒||⌒||⌒||||  |__,ィ⌒'| : :|::::|,、‐'"⌒^^
      | :.:.:.:.:.:.:.:.:._|_||-=宀冖二 ̄ ̄ ̄二冖宀=─|| ∧_|ィニニヽ;';';';';';';';';';';';';'
_,、-‐''":| ::.:.:.:.:::::∧∧ : : ::_:_:_:_:_,、-‐─────…宀冖二 |_|_,。o≦ ̄ ,: ,: ,:
: : : : : : | :.:.:.| ̄|¨:||¨:| ̄ : : IIII : : ,: IIII ,: : :. : : :  ̄,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,:
┌r┬ー| :.:.:.|  |‐:||‐:| : : : : : : : ,: ,: ,: : :.  : _ ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,:
┘|¨|  | :.::.:|  |‐:||‐:| : : II : : : : : : : : : : : | | | : : : : : : :ハ,.。o=s。
_|_,| _|_::::::| ̄| | ̄ ̄~7,从/ ̄ ̄ 癶ニニTTxxXXx |_|ハ∧____。s1 |/__
¨¨¨ヘ/\ ̄\:. ̄:.:.:.:. :. :| |I I|\:.:.:.:./  ) ;';';';';');';';';';';')─ | |──‐ |:l:| :|_ i i i i i
:_:_/___ヽ/ ̄ ̄二二二二| |I I|:.:.:.\ ̄ ̄(;';';';';';'(;';';';';';';'ミx:.:.「」:.:.:.:.:.:./|:l:| :|__∧_,i_i
:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./‐\:.:.:.:.:.:.:|ZZZZZZZZZZZZZZZ|;';';';';';';';'㍉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| /∧ i i
 ̄ ̄::\/____\:_:_::|| ̄ ̄ ̄|¨| ̄ ̄¨ | | | |;';';';';';';';';'゙;')⌒| |⌒| |⌒| | |口| i i
 ̄ ̄∧/ ̄ ̄___ノ竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺彡ィ.. |_| _|_|_|_|_|口|_i_i
:.:.: .:// ̄癶/ヽ|:|: :.:.:.:| : :.。s=ニニ=s。: : :.:| | | | |    | |:{ ̄ /^>s。.,_  |_|_
 ̄ ̄\∠____|  |:|: :.:.:.:|/_>-==-<_,`ヽ| | | | | :|| ̄| |:{:.:.//:.:.://:.:.>s。∧
 ̄ ̄\| I I I |  |:|: :.:.:.:|:. /:::::/\ |::|`ヽ:: | | | | | :||_| | ̄|ー‐r<_ィ㌻   `㍉
 ̄:.\ヘ¨¨¨¨¨ヽ |:|: :.::.::|::::| : _|\| |::|:::| |: | | |_| | :||_| |;';';';';';';';';'; |,.。s。., ;';';';'
:.:.:.:.:.:_:\\:.:.:.:.:.:\ニニニ7´ |: /|\ |:::|マ二二二二:i|  |二フ;';';';';';‐'":.:.:.:.:.:癶;';';'
:、 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\: :|:::::|:::::|/^|'^|zzzz|: |: :.::/ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄\≧s。/TTT\
ムヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.\::::|:::::|/| |::::Y^|: |: : /is。: : :|  |: : : : .。s。:癶__\ ̄| ̄|
: ム \_, -  ̄ト _ - ¨ |:::|:::::|/| |_| .|: |,ィ癶::::::::≧s。|。o≦/_‐_≧s。/ ̄ ̄ ̄ ̄
: : :ム |:|┌ 「 」 | || 」 ┘|:::|:::::|/|/  ,ィf㌻  >s。::::/_‐>' | ̄「ト ._/:_:_:_:_:_:_:_:_:_
: : : : 刈 r .「 」 | || 」 ┘|:::|:::::|/    イ_,.。o≦'゙:.:.:.:.`' < // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: . _,。s1┌ 「 」 | || 」 ┘|_ノ/     /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::/_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
≦,┘|:|┌ 「 」/_リ。o彡′    / 。o≦≧s。:.:.:.:.:.:/::::,.イ_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
「_,.┘|:|┌ 「 」|:i|,.イ |     //,.。o≦アヘ\/::::::,イ_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
「_,.┘|:|┌ 「  x、| 」 '"     |/: : : :/: : : /::::::::::,イ_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
「_,.┘|:|┌ 「<。.イ       /: : : ::/: : : : /:::::::/_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐
「   |:| 。o个x|: ┘     /: : : : /: : : : : /:.:./_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   さて、各地で高度な文明を築き上げていたカルデア文明であるが、
  当然ながらその技術力は他の地域からも強く注目されていた。


4332 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 20:59:54 ID:nrKU1h+r



                        ,ィ,
                       ./〉ム
                      /  〉ム
           . .|i 、   >──./   .〉ム────>
           . .|i〈 .\:.:.:.:.:.:.:. ∥  . .〉ム:.:.:.:.:.:.:/∥
           . .|i〈  .\:.:.:.:.∥     .〉ム:.:.:/:.: ∥
           . .|i〈    \ノ      .〉ム/.\::∥
           ./マ〈       ,,。=====ゝi}   ∨
          .、イ:.:.:.:.マ〈   >''´ 、、 .∨  ヽ,∨., ..∨
           `<:.:..マ〈./.   |i  }i,ヽ, ∨、  .i! ∨..∨           とはいうものの、一朝一夕に技術が身につくはずもなく
           . .从ヾi|  .{  i|i   |i._,,,。=ッ、  i} .}i.、.∨
             |i.i .i i| .',',从|ト、  }iゞ戈リ}',', .i .i ヾ。is。,,_,ィ       地元によその技術を根付かせるのは大変なので……
             |i.∨从 .',',vッ圦ヾ   `"´i}i ,' 从.、 .i`''‐=。
              ∨、ヽ,.从乂シ 、   .∥../| .|i ヽ,',   `ヾ、<
                .ヾヾミ.}'<、ヽ.   ー` /イ//i | .|.∨ ',ヾ。   .ヽ \
                `"ノ } } i| } 〕≧πノ./≧vゝ''"'< `"''   .∨ ',
                 イ'.丿iノi|__iノ >从/ ,  ./    .∨     .}  ,
              >''´,イ ノ´ / vノ{.∥.,' ./  ,    .}\    .ノ  ,
            >'´'´./ />'´ゞ'´ ,。.∥ i{ .i . ,/    ,' \`<イ  ノ     だいたいの場合「暇してる坊主を引っこ抜く」という
          ,ィゞ´ >/ >'´ッゝ´ /  .リi...i!  , {    .,< .}is。 ` 、
        ,イ.' >'´ ./{/ v/,ィ.、_,ィ' ,ィ、 .ノマ', .∧i!   .,:::::,.`i ', .ヽヽ, .ヽ,    硬軟織り交ぜた形で知識人を呼ぶことになります。
       .// /   i.∧ v∧_,ノヽ、/ヽ,、_ノi.}ヾ、  )ニニニニ=‐'´/. .', .', \  ヽ
        .{ i'./   /.{  vi、       ノノ、   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  ヽ, i   ヽ .∨
      ,ィ'ヽ/   イ ∧乂 ヾv。,,_v、,,。彡ヾ  , ィ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:) .\  \   ∧ .∨
     .// ,'  ./ / ヽ:.:.`"iヾ/}{.∨ }ゝ''"´ ∥、:.:.:.:.:.:.:.:/ .}  `''<}is。 ∧ .i
     //  .i  ,' / >'.∨:.:i /./.,'.',i!∨}ゝ  ノ{ マ:.:.`'<丿.../  / .∨ `''<s。 .i
      i/   ∨ .i>''´ >'´∨i.{/_/ i }.i!.》}ゝ   ∧.}:.:.:.:.:.:.:.{| ノ /イ  .\  .ヾ} ノ、
     i   >ヽ ゝ。´ / .}i|.i{ `...i ゝi! .}ゝ    .ヽ,:.:.:.:.:.// ./ .∨ ∧、ヽ, 丿'  ∨
      /.'´  `>''´ /.ノヾ{.  . i  ` .}ゝ   /:.:.≧s/ /i  i/i  .∨ ∧,。イ 、 ', ∨



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   宗教的情熱も相まって、商人の交易路を伝い各地に神官が向かうことも増えていったという。


4334 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 21:13:05 ID:nrKU1h+r



.                   /⌒フ
         /  ̄ ̄`丶、   /   ノ                 {\
 < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乂辷 } く __,,> __             jV/\
   `'< _ .ノ  ノ/: : : : : :     : : : ⌒  `ヽ         //∧/:i}
    /: : /⌒イ/: : : : : :   /⌒   : : : `ヽ、 \      〈/\/У
.   /: : /: : : / /: : : / : : : /: : : : : : : : : : ',: : : \ : : .     /   //
   ′:/ : : : ′: : : / : : : : / : : : : : : : }: : : : ',: : : : ヽ : : .  /   //
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :‘: : : : : : : :/i: : : : : ', : : : : ’ : : . /   _‐
. /: : : {: : : : i: : :V/: : : : : ,′: :_j_/_i}: : : : : :i_: : : : i: : : :ヽ   i |
 ′ : : : : : : {: : : ヽ: : : : : {: ://レ'  i : : : : : :}  ∨: : l : : i: :}   { |    この結果女神様が各地の神様に習合されたり
. {: : : : :i : : : {: : : : {: : : : : {>'゙____  /}: : : : :ノ___} : : i : : | ノ  { |
 V/: : : : : : :{: : : : {: : : : : jI斗=劣ミヽ /: : :イjI斗劣i〉: : l : : }i    i |    気がついたらしれっと女神が追加されてたり
.  \ : : : : : }: : : : ∨ /: :.ハ{:.:J:.:.:i}  ⌒´   {:J:.i} ハ ノ : : リ   _‐
   ‘,: : : ノ: : ノi :∨\: : :乂 _ ツ      乂ツ /: : :/__:ノ  _‐      それ関連の信者が増えたり聖地が勝手に増えたりと
    ∨/: ⌒: : :l : :∨: :\: :\:.:.    '   :.:. ): : /    //
     ‘,: : : : : :レ' :∨ : : : : ⌒o。    ‐    <: : :}     //  __     宗教的な影響も各地で生まれた。
      ヽ: : : : : : : :ノノV: : :\⌒ヽ`__Ti爪/__ レ'___,//   从)
       ∨ : : : : : : : : V:.:.:≫'  {〉─‐‐ヽノ:.:.:}: : : : : : ://_从i/
.         ∨ : : : : : : : : : 〈 ⌒V\:.:.:.:.:.ノーz:人{i: : : : //ノノ∨/
.        ∨ハ: : : : : : : : :{ ̄V\/`¨¨´   (_i{\ _//_}⌒ヽ\
         }i ∨/: : : : : :乂__廴 \    、 \_〉弌》\}、_   ⌒
         }i  ∨/ : : : : : : : /⌒Vj〉(⌒))__ノ}iト、__ノヽ」
         リ   `'く: : : : : : /  /, /^ミ辷彡'\ノ⌒V/ ̄_ ̄ \
                ̄  ′/{ ///^ヽ \ `゙'くi}ih、_ `ヽ :.:⌒ヽ `丶、
               _ /ィi(i///⌒ )∧ヽ     ∧__ V :.:.:. \  \
.            、ヽ`_,,..少'゙ ノ ://、  /:}i:.{ :.:\  ./⌒´ \/⌒\  \
          ,ィ?’ / i / /,/:.} `/:.:./_j:.:V:.:.:.{\/          丶   V/
.          /   /__{i/  (/__j__{ー''⌒¨¨Vーi{⌒            \i}
        /   /   /  //   {\V       廴i}_                 ノ
        \_/  /___〈/   乂jノ       ` ̄`
            \____j{



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      余談だが、実はローマ神話でもエポナは神として認められていたりする。


4337 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 21:32:44 ID:nrKU1h+r



                         -――-
                    ,.:/ロ □ | □ ロ\
                //   -‐  ̄| ̄ ‐-   ∧
                   // / ...-‐.:.「 ̄:.:.‐-... \∧
               _{// .//.:/|:.:|:.:ト.:.:|:.:ト:.:.\ ∧_
                  |-┘/:./:.:.:| L」斗 |:.|:.:| Ⅵ:jハ└-|
                   ]_ノ:.イ:._」┘     ̄   リ八 _[
                |:./:|:{ --一     ―-- }:.:、:|      もちろんそうしたことに対する反発もあったけど
                j':.:.rⅵィ炸ぅt、 ― xf'炸フ ⅳl.:|
                 ノ:.:八 } { ゞ゙′}   { ゞ゙' } { ノ|:.:.,      その辺はやりだすと(興が高じて)長くなるので割愛して……
              イ:.:.:{:.:.:.:ゝ.| ー ' ′ ー ' イ.:.:|:.:.:.,
              |:.:.:.:ヽ:.:|:.:.|:.、   _    //.:.:.:|:.:.:.|
              }ヽ:.:.:.Y:し.:.:.:.> ´ ` イ:.:イ:.:.:./{:.:.八     宗教的な影響と技術の流入が入ってくれば
                }イノ:.:|:.:.:.:/|     |\|:.:./:/イ
                 ,.∠-‐ ´|  \  /  ト厶、 {       文化や思想も当然ながら流入して影響を与えてくるわね。
                 /       ∨ γ⌒ヽ ∨    \
                ,           ∨{    }∨     \     特に今までにない衝撃的なものならなおさら。
                ノ           ∧ー‐∧           ヽ
              く\         ///}///∧        ’,
           / \\      〈///|/////〉        |
           /     \\     / ヽ へ厶/      _  -‐|
        ,       /{ヽ \// || | |_ -‐__ ̄ ―r‐┘
.        /      ,У    \/  || └―‐   ;   |
       /   =- _/     乂_      -=ニ=-     __ノ   |
.     ∨    ヽ     }≧=-: : : |: l: : -=≦∥      |
      ∨     \    |: : : : : : : |: |: : : : : : ||      |
.        ∨      \  ノ∩: : : : : |: |: : : : ∩{|      |



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
【具体例】

                   _」L∟ニ∟L」_
              _ -:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ‐ _
            .. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ..__ /}
            / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\ :\ノ
           .: :: :: :: :: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`、 ::`、
         / :: :: :: :: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: : i :: :: :: :: :: :: :: :: `、 ::`、        個人は総て人として尊重されるべきものである!
.        / :: ::/ :: :: :: :: ::/ :: :: :: :: :: :: :: : : | :: :: ::i\ :: :: :: :: :` :: :`、
       /:: :: :: :: :: :: :i ::/i : : :: :: :: :: :: :: : : | :: :: ::|:: ::\ :: :: :: : V/:∧
.      /:: :: :/:: :: :: :: |:/_.|___.:: :: :: :: .::_ |_:: :: :i|:: :: :: \ :: :: :: V/:∧     個人の自由と尊厳のために国民の統合があり
.     /:: ::/i:: :: :: :: イ√V∧ :: :: :: ::i : : : 八 ::ニ=‐ :: :: :: :\ :: :: V〈⌒
.    /-=≦:: : ! :: :: :: :: | {  V∧ :: ::V/ :: ::/  ∨  ∨:: :: :: :: |≧=‐ ::}      国民の統合と幸福と安全のために国家があり
        i : : | : : :: ::苹苹苹苹`、:: ::'.:.:.:ィ苹苹苹苹 } :: :: :: : 八.:: :: ::.}
        | : 八::: :: :: ::. |: :{ : }: i \/  l : {: :} : ! } :: :: :: :__ : : : : : }      国家の存続と発展のために政府があり
        |:: :: ::`、 :: :: `、乂ゝ:'乂 /\ .乂 ゝ':乂 / :: :: ::/: ii : : :: : }
        |:: :: :/\:、:: :`、 ¨         `¨´ / : ://. 八:: :: ::八      政府の運営のために為政者の権力がある!
.        八/:: :: i::\<⌒    r‐‐‐‐‐       /: / へ_ノ:/∧:: ::V∧
        // i:: :: /|:: :: \      :.:.:.:.:.:.:.:}    ⌒ア :: :: :: /:: :∧:: ::V⌒     決して逆ではない!
       ´  ∨/八:: :: :: :≧=- _ゝ   ' _  ‐=≦ : : : : : / :: /:/\ :∨
          V/ ∧:: :: :: :: :}:: : ノ三二二三V:: :: :: :: :: :/〉: /:/   \〉
          V/ ∧`、 :: :: }:イ‐=ニ{ニ=‐< }::/:: :: :/ニ/: /⌒
            ⌒⌒\`、:.:.八\‐={ニ=‐⌒ }:{:: :: /‐=ニ}∨
              / ∧(‐==‐`¨¨¨´‐=ニ=-V /⌒`<`、
                {‐ニ∧‐=ニニ=‐=ニニニ=‐V⌒`<ニニ}


‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



4338 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 21:35:12 ID:Oip2iBg+
古代カルデアは異世界文明

4340 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 21:40:58 ID:Adgl9zDM
古代中華さま「うちの墨子が似たようなこと主張してるんだよなぁ」


4341 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 21:44:19 ID:nrKU1h+r



                  ; r・'⌒ ̄~`> ;
.                 ./<´`>.       ≧.、
..                ∠,,;_`´ . ァ       >,
.               / ̄`.'≧,、   <^\    〉
.             ;r-/ c   ァ.`≧、  `・´     .〉、
.            /-'゙ヘ、        .》,;  <^\   〉ヘ
         _;.ォづ´~   .\    o  . 》,;  `・´    〉 ヽ
       ;.≦<'´       .\       》,;       〉 ハ
.     Z゙ .´  ス ;,≠z´ ; <´  .\      》,      .〉  ハ
..  ゝ'⌒j,kチ'^X´~;ォ´; <゙ ; <´   j\     》;    .  )!  ハ
..    (け《 yj´.X". 〈  ;<   .  y゙ .\     .》,    ..}  ハ
..    ヾ:ゞj{( (( ' j{  ./    . ;/} .. ッ\    》;    }   ハ
.       、,{k{!i《  {(     メ゙ ノ..  ;イゝ \    》;   .} .ヘ .}      別に大っぴらに広めるわけじゃないにせよ
        ゞj゙浅ヾォィァャ..オ`メ、 .ノ  ,' 从 ヽ \   〉   |ヘ ヘ!
.        ,!. {゚i}j !´~ ."ル´  冫、   ル `>、 .\  .}  ..j ヘ .}       どれだけ気を遣おうと人間である以上は
        j!'´~'S!、   、,;__;.イル彡'メ、ル(( \\ .>; ..}   )!、 . }
.     ;れゝ;  .〉...\ `'⌒びミ`、彳ソζt.`\` \ )!  }/.. \j         自然と地元の価値観を通して物を語るわけで
    ;わ (. j゙ `シ  ;,>。  .匕(心ヾイ 巛ヤシ .ヽヾ>}/\ 。゜/j
..  〈.'  :  )i `  .( . \ 刄ミヒソ)ゞ ξ彡ゝム-ーュ \ 。>´ .j(         こうした文化思想の伝播を止めることはできない。
.  ゝ ヽ、 ,'. ゝ   ゝ; .. )! ゙” ̄ ”     r''´~ ゙} ヘ,`・´ ヽ \
.   `S、    )i;.ゞ、 ..`'.'.^          ζ´ ;,ゞj!  ))   ))  )ゝ、
..   ,.イ^  .( ヽ               ;kォ彡k´  . ))  ))   ) ソ)
.  _j( .;ィ゙ ;   ,ゝ。,≠=-rー'''´~゙´><´       ソ ) (  j(  ) ))
.  ((.< ゙Y( .<ζμヘ;   __}; ォ・'´ j{   ))ヽ.  >´/ ( (( ヽ{(j~      自然と、カルデア文明の行動様式が
.   `~ ..ヤ^ヾ `~ ` ;。イ《j゙    . {`\ く  ヾ、(( ((  (( \(   |
.           __z´ ,∥/    . j(  .`ヽ`ヽ ヾ`ヾ ) (      }      技術とともに伝播していくようになり――
.       ; <´  《^j|!〔_    __;;,ゞ; .ヽ y  `S、  })<`ヽj   / /
..    ; <゙    ォ≪y' ̄ ̄`゙~´ 、 . ). ))  ))`J;,~  /  /
.  γ´      、《>^      (  `〆;。イイ~´   ト      .j
. j!'     ;,x'´      ー≠。,,;;_`~~~´        j    __ :イ
.. j!  .  ;if´             . ̄~~~~`'''''=≠--f-=''´~ ̄ j゙.{
. i  . j゙   `\ ヾ、__                メ      .j {
. λ  . j   .        ̄              . メ  ノ.  . ; ネ
.  ゝ .イ                            ノ   /. {
..   `j'                              ./. ./




                    _ _
                > ''" : : : : : :"''<
             ィi〔.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト、
            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ . /
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ /
            ,'.:.:.:.:.,'.:.:.:.i .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:. ∨
          .:.:.: : ,'.:.:.:.:.| .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.i.:.:.:.:.
         .:.:.:.:.i {.:.:.:.:.:| .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.|:.:.:.:.::     反発して排除に走ったり、すっかり染まった異文化が誕生したり、
            .: .: ‐|‐ :‐:‐:|七 : |.:.:.:.:.: i>…|:‐:‐:′.:.:.:
         .:.:.:.:.:.Ⅳzzzzzz⌒ ⌒´ zzzzzzⅥ.:/.:.:.:.:.:.     あるいはそれぞれ固有の文化を通して咀嚼した結果
           i.:.:.:.:{ Y ┗┛      ┗┛ ∨.⌒j:.:.:.i
           |.:.:.:.:{.∧               ,: :j /.:.:. |     元が何だったのかよくわからない何かになったりするわけですね。
           |.:.:.:.:Ⅳ:.      i         /_ノ.:.:.: . |
           | .:.: :|.:`ハ            U /7.:.:.:.:.:.:.:.:!
           | .:.: :|.:.:.:.}:.、   r: : :ぇ    イ/.:.:.:.:.:.:.:.:.
           | .:.: :|.:.:.:.}.:.:.h。,      .ィi{_j{/.:.:.:.:.:.:.:.:|
           | .:.: j[.:.:.:j⌒^}: :〕iト 。o≦: :j^j⌒!:.:]^i.:.:.:.:.|
           |.:.:./.[.:.:/....i...j_:_:_:_:_:_:_:_:_:_} .}.....!:.:]..j:.:.:.:.:|
        >…{...[ア{......|.(‐=ニニニニ=‐Ⅵ....j:._]..j:.:.:. ノ
     / ......... {...[....\⌒`<ニニニ>'⌒j.....7 }"" ''<
     ′ ........... {...[......./〕iト....{ ≧=≦{....ィi〔......Ⅳ..................ヽ
    {................... Ⅵ.....................................................Ⅳ........................
   /〔.......................v/............................................. V/............................}
    {..〔........................}.................................................. {.............................ノ


4342 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:04:23 ID:nrKU1h+r



                 > ‐…・・・…‐ <
                 ,ィi〔:.:.:. i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト、
                /.: .:.:.i.:.:.:|.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / . : .: .: |.:.:.:|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  /
             ,′ : i .: .:|.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /
             ,′ : .:|.:.:.:.|.:. .: :.:.:.:.:|.:.:.:.:.:Ⅵ.:.:i.:.:.i.:.:.:.:. : ∨
             : .:.:|.:.:.:.|.:.:. ィi{ ̄!\:.:.: Ⅵ:.!:.:.j:.:.:.:.:.:.:.: W     変化という点で一番わかりやすいのはさっきの思想でいえば
           Ⅵ: .:.:|.:.:.:.|⌒ ,⌒-‐=ァ.\ >‐ミ |.:.:.:.:.:.:. : W
                Ⅵ : レ´  ⌒乂シ   ´ /う..i:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:W     「人」の範囲をどこまで認めるかとかですね。
               Ⅵ vリ       ´     ::/ /:|.:.:.:i.:.:.:.:.:.{
             ⌒/               ,イi.:|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:      だいたいの場合は「軍役を負担する成人男子」とか
               ヽ           : : |.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  ∧   、、      .: .: : : .|.:|(.:.:.:.:Ⅵ:.:.|      「労働せずとも哲学的思索を行える哲学者」とか
                   \     ,.ィi: : : :>'"⌒}.:.:.:.Ⅵ:.!
                  ヽ。o≦_]: : :{´:r‐…・・・・・・…‐ ミ     そういう範囲を人として、奴隷を人扱いしなかったりします。
                    _j{ i ]i‐={....!.......>‐‐‐<...........〉
                       /⌒{ i ]i=={....!/........................."'<
                   }../j レ'"⌒ア..........................................ヽ
                   /'".................{.................................................}[
                 /........................八.............................................. }[.:〕iト
                /.................................. ...........................................ノ.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト
                   /......................................ハ___........-‐…‐-.... ., .{[.:Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               {............................................√..........._,.、、、.,_..........{[.:.:Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}




[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   まあこうした話は枚挙にいとまがないが、いずれにせよ各地で民主制や共和制が増えた。

  一方東方では民主制と共和制の区別もわからなレベルで思想を抹殺した。


4344 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:11:45 ID:nrKU1h+r



                     /⌒
               __    //       -―   ̄)
                 ,} {^\  { {    ./       /
        iレ      〃八 {\ ヽヽ_ ∠      /
      .| {      / {  、 V > ´     ` <==彡
      .| レ    ./ イ ィヽ/     ',    ヽ `''<
      .} イ  /{ {/ イ∠/  /     i   i . ∨    <
     〈 イ /レ イ /  /  '   {   } } !    V   \ \     まあだからといって奴隷や貧民に
       V {/   }==ミ. {.イ  |  i从 i 从ハ/  }  V.     ',\!
        } /   /ム イ V i | .《 じ 从/ じ 》ィ  从ト` 、   ',      そういった思想が広まらなかったかというと
       /  .ィ∧ ヽ彡 V. ! ト   ,   .イ /!.ハ  }ヽ!ヽ.  }
       {   {∧ V }=ィ  \ハ .ゝ   。 イ_/ / .} ∧!   } /      もちろんそんなわきゃないんだけどね。
       ,  /  ',  V=イ }ヽ イ/: :|` ̄´{/: メ、 j/    //
       .ゝ′  ヽ V=ィ} {  乂: : :{- -/: : /ーァ、  /
             乂 / ト   \: }  .{:./  イ  ヽ           そういう人たちは日々の生活で精一杯だから……。
              \/ ム    イ`元´ミ=-   ーへ
              }>==へ -=イ}==={ヽ        {          __
              ノ=-  \\ リ` T´! ≧=- __ イ        /  }
             ./      !ヽヽ!    |   |      ',__ -―  ´    /
            /    -― { \\  .!   {       ',         .′
            ノ /   __ >-、ヽヽ. |  > ⌒ヽ    }=-- 一    |
    _ -=  ̄      ´     |Tー`-く     \           ,
    ゝ         /       ||    〔                 ,
      \     /           ||_ ノ、ヽ                  /
       \             |/  乂 \\            /
       く ー 、             /:i:\  | ー へ \         イ
        \   \       イi:i:i:i:i:i\!  {\\< __   /
          \   `  丁 ´ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i   |  \\    /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そこらへんは呼ばれた神官もいきなり無茶なことしてもうまく行かないとある程度割り切ってます。

  大半の人は。


4345 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:14:02 ID:nrKU1h+r



               , 、ー-、             /  /ヾ>―、   /
              ィf  Y  }_            /  //`|   }/
                 / >'''""⌒   ̄`゙ 、     |  {( |⌒| /\
             //      、,,   " ̄ ヽ  ヘ,;: \|⌒|, |...::::::|
          // , ⌒ヽ    ヾ      \  \  .|⌒|, |:::::::::|
       >"´  {/          ,         \ ..\|⌒|, \/
     /     ∥           !        ヽ  |⌒|、 Y
..    /"´)} ,  /     ,                 ヽ |⌒| :| |
.    /'  ノ/) /     |  /}                 |⌒| :| |
    /" / /       |イ⌒ミ,イ    ハハ⌒ヽ |      i'|⌒|∥ ∥     ついでに、こうした神官が呼ばれる際に
       /  イ        |,ィ云f、}/ | /y云抃  )}    ハi.|⌒|/ ,/
      ./   |  ハ   ∥i:::jっ  |/ イf:j:イ∥}  /  } | ' |,/ /       もっぱら期待される知識は何かわかるかな?
     / ,,イ |   /f Λ 弋_ッ    乂ツ  /リ/  ハ| / /
      // {( }ノ| / 戈  乂          / ,/リ、ノ  !〈 / |
        /   }ノハ   Λ   ー  ´ イ  //`ヽ   . `,|⌒|
         /     ∨\ Λ `゙  -イ  / //}}   〉   .|⌒|
.       〈   ,       \__\_   ト、/"///∥ /}   |⌒|
        \/...:::ー-、     Λ〉    V'///∥/ /   |⌒|
        ∥          Λ〉    r''V//人 イヽ r/\|
         i!  . . . ,,, -ー=ニミ、Λ〉    }∠  }! |) | {  へ Y
       ∥: : :   __         》}!\/Λー-< ノ 〉 ,ィヘ !
      人: : :/.::   \   ..:::;     }! `X' ∨  Λ ゝ、 |⌒|/
        \|     \...::;;゙゙    }!    i{    Λ / |⌒|
         {        Y      /    i{     ',/ . |⌒|
         |::..   x-=}     /     ∨    }! /|⌒|ニ\
         |:::;,ィ=ニマ       /        ∨    } / :|⌒|寸ニ\_
  __  。s―=ニニ=''"}!'     /        ∨   i{  .|⌒| ゙寸ニニニニ二ニ=- ,,,
/ニニ/=ニ二二=''''"   ∥    /         }!  ム ..|⌒|     ̄ ̄   ̄=ニ、
ニニ/     /     ∥   /           i   ノ\|⌒|             ゙Xニ〉
ニ/      /       i!    Λ            |       |⌒|           ,。仁/
ノニニニニ/ノ         !   //〉              |       |⌒|\        /ニニ/
――//        |   ///..:::          |       |⌒|  \     /ニニニ/
 ,/:::/         |   ///:::::::          |       |⌒|   \  /ニニニニ/


4346 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:15:46 ID:K+4+yph+
まあ医療関係かな

4347 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:16:27 ID:DdbH41TA
冠婚葬祭?

4348 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:16:32 ID:lCrvN/IF
数学とか基礎科学とか…?

4349 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:16:34 ID:Oip2iBg+
日常系のちょっとした知識?


4352 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:28:18 ID:nrKU1h+r



     /: : : : : : : /: : : : : : ヽ、ー‐ー ヽi\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \'  / /ヽ_ ヽ 、
   /: : : : : : : : : : : : : i: l: 、: : : \`l‐7/、: :\ ̄
  /: /: : /: /: /: : : : : |: ||: ヽ: : : : ヽ!\::::\: : \
 l: /: : /|: /: /ヽ ,.: : : |: |ヽ: |: : : i: :| l、.:ヽ::::ヽ: : : \
 |/!: :/ !:/|:/ー!:|i: : ./レ __\|: :|: :/l ! !.;!.:ヽ::::`、ヽ: `、      そうだね、粛清じゃなくて傷病治癒だね。
. ! !: :|  ! /,‐,、`l: / ''`i'イ'フ/: |: : :!/ !.;.;|.:.!:::::::|::::!ヽ: !
  ヽ: |: : : | .lヽソ |/  ヽン//: : :/  |.;.;/!.:`、::::|::::|  `      というわけでその辺の技術研究も進んで――【5D10:25(3+5+5+10+2)】
   `ヽ: : |ヽ `' 、   ,, //|: /    !/ `| ̄::::!::::!
     \: ! ヽ″  ‐   '/l/     ′ l::::.::/::::!        (高い順に生物、医学、公衆衛生、あと何か思想的なサムシング)
      `ヽ |ヽ!` iー '  |/7ヽー!    |::::/l::::/
     、/^`/::〃ー!   7/::::/ ヽ7  i:://:::/          1~4:さすがにまだ英雄ユニットレベル
     / ! /::::/丶  _,'/::/ー   \!/ l/           5~9:テクノロジーを開発しました
    / l ! !::::ヽ    !::/    ー/` l               10:魔術も込みで例によって謎の進化を
   l ヽ冫、ヽ::! _/ _ ー ′‐ -'/  |
   /  /  iヽ/! l::::/l''  、   /   |
  ソ  i  ノ /|::|/:/ /!   \      7


4353 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:30:47 ID:lCrvN/IF
生物が謎の進化…?
ヤベー品種改良とかやってらっしゃる?

4356 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:32:21 ID:Oip2iBg+
家畜を掛け合わせてより優れたKATIKUを作るのか


4359 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:36:25 ID:nrKU1h+r


生物:魔術込みで謎の進化を
医学、公衆衛生:テクノロジーを開発しました
あと何か思想的なサムシング:なんかこの時代には早すぎる思想が英雄ユニットによって考えられているようです



              /        j|              |{^}}
               { ,∧      _]:|      /    __|{,/
             Ⅵ:i刄,_   _}i:i|      (_,. -=ニ^¨' トミー‐==ニミ,
             Ⅶ:i:i:i[_  ,]:i:i:i|     ,. :'" : : : : : : : : : : : \_______}}、
             Ⅷ:i:i:i:{  {:i:i:i|  ___,/: : : : : : i: : : :i: : : : : : :^¨¨¨¨: :\
              }:i:i:i:i:i[_|V寸,_| ⌒7: : :|: : : : i : : ∧: : : : : : :||.: : : : :.\
                 [¨ニ=-ト'   ゚'く  ′ : |: : : :允欠外: : : : : : ||:: : : : :i⌒\
              | j{,___乂,_   .} |: : :允外'′Vり |: : :/.: : :.||: : : :i :|    )      そうした意味合いも込めて、
             _|_{,,____{ ,外   j{ :|: :/: :vタ,   " _] : / : : : :||: i : :i :|
               { .-ァ,___圦_|  j{  |:∧:i:i:..   _  ムイ: : :./|,」 : i : :i :|          医学に加え都市建設における公衆衛生など
               { ‐‐マ__]: : 刄,ノ   |′}从/>ー‐=ニ⌒¨¨^}  |: : : : :Ⅳ
              ^T¨{__ト,: : : :.}、      {__/ -=ニ=‐ ,〉,,__|∧:. :.:|           おおよそ古代で出来うることは技術を確立したよ。
               人 [__]{____ノ .\____  ,'"冫〈___ : : : : : : : : ,,__〉〈::|
                   `ー=ニ]\___  }¨^У   .′ ]: : :\ : : : : :ー={  Ⅵ
                 ] . :'"    ``: .: :{   {  |/⌒〉 `ー=ニ ,,___]``_ノ      __,, -=ァ
            ____ _/         ∧.〉,_  /マ ニニ〈_∧: : : : :: : : : [__,, -=ニ¨: : : : [_
.            . '" ___,艾ニニヽ  j{   /ニ 〉  /: : : V ニニニニ}___,,: : :-=ニ¨ : : : : : : : ー‐=ニ}   生命の神秘に関してはまだまだ謎が多いけど
            ′ ,{{__∧_____}}┐j{  /ニニニ/: : : : : : :'こ三彡 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :[
.           |___アニj{     _jノ'"i{ /ニニi⌒ニ=‐ : : : : : j{_ニ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|    魔術的な疑似生命とか錬金術とかそういう魔術もあって
.           [ニアニj{     _jノ|  ,|_ム=ニ¨: : : : : : : : : :.:.j{_ニ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
.            Ⅳ_ニj{    _jノ]_[r‐{.: : : : : : : : : : : : : : : : j{ ニj{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,__[    じわじわと理解が進んできたっぽい。
         _jアニニj{   _jノ [  |: :∨, : : : : : : : : : : : ::.:.:j{ ニj{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
         /_ニニj{  ___jノ: : {___|__彡、: : : : : : : : : : :.::.:.j{ ニj{ ニ=-: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
.      /_ニニニj{    [| : :___| |ニニニニ\: : : : : : : : : : :j{ ニj{: : : : : : : ニ=-: : : : : : : : ¨⌒ア      あとは……おもちゃの蒸気機関つくったり?
.    _/_ニニニニj{     }/  | |_ニニ二二\ : : : : : : : j{ ニj{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : __/
 -=ニニニニニニニj{    {_   :| |ー=ニニニ=-‐`ー=ニ,,___j{ ,ニj{ : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
{_ニニニニニニニアj{     \  | |             ,j{ _ニj{‐-=ニ,,,_____/ : : : : : : _jノ
刄ニニニニニ/ニi{_,_,_,_,_,_,_,_ノ  | |               j{ _ニj{\: : : : : : : : : : : : : : : _jノ
  ⌒¨¨¨¨ |ニニニニニ〉      :| |              j{ _ニj{  \.: : : : : : : : : : : :_jノ
         |,ニニニニ.′    :| |          ,j{ _ニj{    \: : : : : : : : :_jノ
         |二二ニ|      :| |            j{ _ニj{      \: : : : : _jノ
         |二二ニ|      :| |           j{____j{        \ : _jノ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 魔術の方が効率いいのでこれ以上技術進まない問題。現代が石油社会なのとだいたい一緒やな。


4360 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:40:04 ID:nrKU1h+r


【一部の英雄ユニットにしか理解できない謎思想の一例】



                 __  ... -───-
                ⌒>rヘ.:.:.:.:.: ̄~^''.:.:.:.:.:.:〕iト
                /.:/ハ.:.:.\丶.:.:.:.:\.:.:.:.:\.:.:.:\
               //.:/.:{.:.\.:.:.\\.:.:.:.:\.:.:.:.:\.:.:/,
         卜... .-=彡:/.:/{.八.:.:.:.\.:.:.\\.:.:.:.:\.:.:.:.:\:/,
         ≧=- .//.:/.:{.:.:.:\.:.:.: \.:.:.\\.:.:.:.:\.:.:.:.:.:./,
              ⌒7/.:/{:八.:.:.V/ ''^~ ̄.:.:.:.:V/\.:.:.:.\.:.:.:.:/,
                //.:/.⌒ヽ.:.:.:.V/ィぅ笊㍉.:.:.V/.:.\.:.:.:.\.:.:./,      貧民が腹を空かせているのを見て
              ノ.:{.:.:{.:示㍉\:.', vツ ノハ.:.:.V/.:.: }\.:.:.:.\ /,
.             ⌒Y{.:.:{. ハ У  \    /.:}ハ.:.:V/.:八.:.\.:.:.:.\≧=-   食物を施すと聖人だと呼ばれる。
             }{.:.:{.:.:.}  `     ノ.: 八ハ.:.V/{.:.}\.:.\.:.:.:.\(
             }{.:.:{.:八   , ,  ⌒7/ }. }\〉{.:.}.:.:}\.:.\.:.:.:.ハ
             }{.:.:{:(⌒\     /{(.:/.:八. { {.:.}.八.:.ハ.:.:.:.V/.:.}
.              八.:.V〉  )≧=- <: : : /:/{:.ハ{ {.:.}(.:.:.\}.:.:.:.:}.:.八
            ⌒\〉   V/\.:. } : : 〈:/: V/._}ノノ \V/}:.:.:.:.}/{⌒
                       V/ )ノ:   : : :/ / ̄ ̄~'' :}.:.:. /: {
               _ ─ァ ァ <  _ -─./ /: .      V/{.:.:.{
          -ヘ__ /  / /       // / : . .      \.:.:.{ -=ニ ̄  貧民が腹を空かせているのは何故かと聞くと
         /: : : :\:/ / /       / . : /          /: : : : : : :
          /: : : : : :ノ-=ニ=- -=ニニニ- _ ./{   、       ./: : : : : :/: :   共産主義者と呼ばれる。
          {: : : : :_-ニニニ-/-=ニニニニ-v.{.{   . :``~、./: : : : : ://: : :
        V/: : {ニニニニ-{-=ニニニニ-..ハ.{  / : : ://: : : : : :/: :/: : : :
         \ : {-=ニニニ-八-=ニニニニ-/∧ . :  : ノ:{: : : : : :/ :-=ニ ̄: :
          \V/ニ=-  -=ニニニニ-./ニニ- _/ ̄ : /// : : : : / :
            〉/     . :/   /^ -ニニニ-{: : : : :// : : : : /: : : :
             //     . :/  /: . .  \-/八: : :// : : : : /: : : : : :
          //       . :/ /: .   . :/ハ}./: : :\ : : : : : /: : -=ニ ̄
           //      . : //: .   . :/ ://ノ: : : : :〈 ̄ : /: : : : : : : : : :
        //{      . :/: .   . . :  //: : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : :
       / . : :{     / /  . . :  ./ 八: : : : : :「: : : : : : : : : : : : : : :/



4362 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 22:44:38 ID:ZqSX4aKG
共産主義を理解して呼ぶ奴誰だよwwww

同じ英雄ユニットか?


4366 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 22:57:13 ID:nrKU1h+r



              ,.
              /!
           / .! , r ― ‐., 、
           >、 {′     ,.'   ` 、
         ,イ  `   ,            ヽ
        /  / /  .,'   ト 、.        ヽ  _ _
          / ./   ,'    !    }  ヽ、    、 }´_ \
.       ,' ./ ヽ、!   /|    リ    ヽ    ,r=≧ 、``ヽ
.       ,'  i  イ` ゝス,.!   ス.___',__   ハ ハヽ、.\    ……やっぱりこの文明もう私いらなくない?
.        l  ilイ゙t=/≧ス l   ./il  _  ',  ノ {`ー'}ハ ハ }
     /.{ 从 /` 仍心 l ./丿イ,乞、゙`ハil ′{、_ ,.} !. ヾ}    まあそれはそれでいいけど――【1D10:6
    / ノ! 从 /l  込少 !ノ   込刈}  il´ヽ {  }!
   `ー  i!!人{ {! :::::::::::::      :::::::::::  イr ! } l{`゙´} !       1~2:戦乱の時間だ~!
      /  ミ `i    ,     ::::::::: ,r '!′ !>=从       3~5:というわけで普通に事故研鑽に励む
、_  ィ ´  ,   ヽ、  l  `ヽ u   イ    ル` ゙ !ハ      6~7:アフリカ一周横断レース開催
 `ー一 ' ´/-‐-= r  > `   , イ/     / ハ  } ヽ      8~9:ペルシャ戦争開催(アナトリアを挟んで)
.     /:.:.:.:.:.:.:// イ` ー ´, ィ//    ,r ‐. .、ヽ、\ \      10:覚醒イベント
__., r ´:.:.:.:.:.; / /  ハ._ ,r ' ´ /:,'    /:.:.:.:.:.:.ハ`ー ゝ、 \.,
ヽ/:.:.:.:.:. ;r ',.イ  //{´,.r‐-、  .,':.:{  ,ィ´.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、   ヽ ̄
 |:.:.:.:.:,.':.:,イ  .,r ' 〃 {ス二丶\_{  / il {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}从  \
 |:.:.:.:,':.:,'   .} 〃 ト- ,r彡彡彡ハ/ .ハ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ハ\  ハ
 |:.:.:.{:.:.i   从/_ {ゝ´彡彡"   ハ /:.:.:.`ゝ==r:/  ハ  ',  }


4370 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:04:04 ID:nrKU1h+r


6:アフリカ一周横断レース開催



                                 「|、
                                 | | \
                                 ,小:|  \
                              / :|:::|    \
                             / . ::|:::|     \
                           /    ,|:::|       \
                          /     ,小:|       /
                        /    .. ./ .|:::|      . ../ .イ
                       /     . ../ .|:::|    .....// :.
                     /        .. ./   |:::|    ..../   ハ
                    /      . . ../  |:|   . /    |  ,
                       /       : : :: |   |:::|  . . /    :|  ′
                   /           : : :: | /^||:::|. ...../       .|   ,
                     /          __|'  ,厶__]. ./       |   ′
                 /           ,>''~   / l |:::| /       .|    ,
                  /       >''~     /\ |:::|         |    ′
                   /    >''~         /   \.         |     ,      _
               />''” /           /     \        |     ′   .|| ./ \
                      /            /         \       |       ',   .||/    \
                  /            /         \     |         ′  ||     |
              /            /            \ . . .|        ,  ||     |
.             /              .|             . |. .. .|        ′.||     |
            /               |              . . . :|. .. .|         ' ||     |
        /____二二ニニ=-ァ冖 ¨ ̄            . : : : :|. ./         _,>||     |
    -=二ニニニニニニニニニトく______________|____,..二ニ=-‐''"~ ̄|| ̄| ̄√ ̄
                 `'弌`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨幵幵¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨>''~ ̄
                    }`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨㌻ ─ ‐ ‐ ‐ ‐
              - -  - 二二三三ΞΞΞ三三三三三三三三三三ΞΞ三三二二─ ‐ ‐
                ‐  ‐ 二二二三三二二二三三三三三三三三二二── ‐   ‐ ‐
                  ‐  ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ────二二二二二二二二── ‐ ‐ ‐  ‐  ‐



                      ヽ
                      |ヽ
                      { ヽ、
                   _ _ _,.ゝ  `ヽ_
              ,  ' "´          ゙ミ:,、
          ,,. ' "               :::::\
    `、ー - rニ ; /                 :::::::::ゝ,
     ヾ、_;:::::::::::.イ           ヾ::     \ :::::::::::::\.,_ _,.ィ   フェニキア人がアフリカの南端まで行ったらしいので
         `,ゞ ,          \  i::     ヘ :::::::: :::::: .., /
       / /        i:::    ヘ  l:   ト  ヘ:::::::::::::::ヘノ    これから各地の再確認と地球の半径計るために
      /  /      ,.ィ  |:::    ヘ }:    !  ヘ:::::::::::::::ハ
    /   /     // |  |:: ハ |ハ ! |;i  j ::;|   | :::::::::::} |i     我々も紅海を抜けて出航します!
   /   ,:'::      /ハ刈ト  !:| |ル';斗≧ミ从/ /;リ   ::::::::::::i| ||
  //  /::::/       iィァ=ミハ, l::|:メ〃 トィ,;f} 》;::/ イ   :::イ:::::,' i|
 /  ,..:':::::::::/   i:|   { ftハ`ヽ !リ   廴ソ//::;:::〃  :::,':::::::|  |
./   ,'::::::::,ヘ! ,.イ  i\ ヘ ゞ'′ ヽ     ~< 彡/ヘ  ::|::::::::|_ |i     エジプトはペルシャに抑えられてますが!
 /::::::::/  〉 ::::ハ  {::::丶ミゝ  '      / /  :: \:|-=彡 ̄`l
/:::::::::/  / ::::::::ハ  |:::::小.   r─‐-,  ∠._,' .;  /:}::::`  ::::::::::}
::::::::/   / ::::::/  |  |::::i::::::ゝ.   `ー '  _,.r- !/j  ,':::|::::  ::::::::::::廴,_
:::::/   / :::::/   |  |::::::::::::::::`ヽ._,. /   ' / ,.'::::|::: _,.;r=≠≦::::::::::\
::/   / :::::/    ,'  ,'::::::::::::::::::::::::::::/   ..::::/  ,'::::/:::/、::::::::::::::: :::::::::::/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   フェニキア人に遅れることしばし、上記の宣教活動と並行してカルデア人によるアフリカ周回も
  数多くの記録によって確認されている。


4375 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:08:37 ID:lCrvN/IF
紅海ってことは西回りに帰ってくるのかな?


4376 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:11:55 ID:nrKU1h+r



                -‐…‐-
             ´           `
.         /  ., ´ ヽ           \
        ,   /   /               ヽ
     /   /     /            .::.:.,
.      ′ .廴__/                 .::.:.:′
.     .                      .:...:.:.:::.
    l                    .:.:..:.::::.:lニー
.     .                       ..:.:.:.:::.::.:::. ニニ--
      '                 ..:.::..::::.:.:::::: ′二ニニ
.     .                ..:...:::.:.:.:..:::::::::从二ニニ=ー
.       .             .....:...:.:.:.:.::::::::.:::::イ三二ニニ
       \          ...::.:.:...:.:.::::::::.:..::/三二ニ
            .    ....:.:.::::.::::::::::::: . イ三二ニ
              `     _:::: : -<三二ニニ
               ー=ニ二三三三二ニニ




                               _,,イ
                            。s≦. . . . /_ _
                     _/ ̄/. . . . ̄ ̄`ヾ=- 、‐-= 、
                   / , '´ ′/. . . . . . . . .i i. . . .> 、 \
                  //. /. . ./. . . . . . . . . . . i!.!. . . . . 、.\
                  /. ./. . . ./ . . . . . . . . . . .ハ.|. i. .!. . . ヽ. 丶
.               /. ./ . / . /./. . . . /!. . . . . /. .リ. .!. !. . . . .丶__>
               /. . ./. . . /. /.イ. . . .ィ./、.i. . . /. i/. . .!./. . . i.!. .‘,
              i. . ./. . . ./. .'′i. . . /.i/. .、!. . . . .i!. . _.L!_. . /i!. . . ',
               |. ./. . . ./. /. . !. ./. ._斗ャミV. . .i!. .// i!i. .//、. . . 、\    なお途中で取引が必要になるかもしれないので
               |./. . . .//..i. . . レ. .、iV.ハ.|   V. .ハ./z=x !/. . . i 、. .i``
               |i、. . .〃. . . V. . . . .‘,ヾ!z=ミ ∨! ' 仍刈' !. . . .!. iヽ',     比較的安くて需要のあるものを積んでいきます。
              人ミ.>'/. . ./.∨.\. . ',《 ら心  ヾ  マッ イ.|. . . ハ. !、
            / . . `|´i. . /i. . . .∨. .丶. ', 乂ツ   丶:::::/ !i. . .ハ |. .ヽ
          / . . . . . ,' |. /.,' . . . . ∨. . .``、:::::::       ノ.!./|. ./. . !|. . . .\
            . . . . . . ./  !/ /. .,ィヽ_{¨{V. . . ', >o。 _´ < . .〈 | /\ |l. . . . .ヽ丶
       /. . . . . . . . . . ,'  / / r' .{/ ヾ〈∨. . ‘,  γ  } V. . . !′  ヾ\. . . .',ヾ
      /. . . . . . . . .. . /   r‐イ  丶  \、∨. . ',ヽ '  / ./∨. .ハ    ‘,.i 、. . .',
.    /. . . . . . . . . . ./    ハ `=-  \  ヽ∨ . ',   { / .ノV. i、',    ', ! ヽ. . ',       そうだね、ビー玉だね。
    /. . . . . . . . . . ./    /. }、   ≧=-丶   V. . i ヾ { ィ´.Ⅵ. .!ヾ     '!   、. .i
   ′. .. . . . . . . , '     /. / \      ̄ ∨ハ!>、゙!∨  }.|Vi          V.!
.  i. . . . . . . . . .,.'     /イ7    ー―― ア¨ !/¨`  }》 、 / | リ       _ rV,、‐、,、っ
.   l. . . . . . . ./      /./{/     }  /'´   ′ /イ}ヾノ》 .!   __γア./´ ゞヾY゙! ',.i
.   |. . . .. . . .'     , ' ./ {     }  イ  、     V /}} ヘ} k ゝ<   /   {`ヽ .イ ///‐′
.  !. . . . . ./    , '. . {      }/. 〉、 丶   _ ィ: :.}} ヾ \    '    {`` ー<}´
.   | . . . . /     /. . / {  、    .}. . < ヽ  `¨  /: : : }}\   \  {    }:::::::::::::/
.  |. . . . ,'    /. . ,イ {  丶   /. .r' \       : : : : : :丶    \{    ∨:::::::;′
   !. . . .′  r―.//  .}     /_     丶     /: : : : : : :/:      丶 r-、  V:::;′
   ∨. .|   ./ // .{        //          /: : : : : :/: : : : :} \    }  ヽ¨ー〈 、
.   V. |  ./ /  {       / {  /     /: : : : :/: : : : : : : :`:ヽ 丶   \ }   .マム
    ヾ! 〈 /         ./ { ./    /、: : : : : : : : : : : : : : : У }  \  ヾ    } }
       ∨         ′ .Y    /: : `: :、: : : : : : : : : :/: : : }   ヽ   ` 、 } }



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   このカルデアのガラス球は実際各地で宝物として珍重されたらしい。
  実際製造コストと積載量と作れない側の需要を考えたら大正義すぎるから困る。


4377 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:13:26 ID:Oip2iBg+
異世界転移ものでよく使われるぐらいにはメジャーなガラス玉
いっぱいあって綺麗とか便利よね


4380 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:20:07 ID:nrKU1h+r



              , ‐--<
             _ノ ヘ/ニ ̄ヽ〈〉 _
           />"ス  ”ヽ (__/ !
          ⊂l l⊃  ∧   ヽ,,/ /--<
           (||)  ./  ',  / ヽ   \
           <>  /    ',  `V` ヘノ⌒"
              ヽ   / <⌒ -‐ '  ̄ ' 、
             ゝ ̄ ̄<⌒>/: : : : : : : : : : : : : \
              ヘ三三>/: : : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ
              く_///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' ,
              l._/ .//: ハ: : : : : 人: : : : .i: : : : : ヽ: : : : ゝ
              《| | 〈 l ./ /: : : /l i ',: : : ∧: /!: : : lヘ: __>      文明レベル高い奴相手にハッタリかましたいときは
.              | |  |/ /: ./y≠、.',: ./ t≦-ヘ: \i: : : \
.              | | .∧.|/∧ .んハ .V f不Y / \l l: !/ ̄      無色透明なビー玉をとにかくたくさん
              (⌒ヽ l l l 入 弋ソ   てソ∠__   ト〈=》
               ゝ__ 〉 Ⅵ l:.:.:.ヽ  `_,   . / ∧  l i`´ヘゝ_     隙間なくびっしりハニカム式に並べるんだ。
            - '´{三,/ ヽ ', .l:.:.:.:.:.:.>ー イ=t/ /く \i !   \\
         -<     {一}\ j_八:.:.:./::|/  /ヽ! i  `ゝ`',    ヽ ヘ   そしてそのあとにこういうのさ。
     , .,,' ´       l^'l L_::::\:./::::〈 !c>/::::./| | ヾ∥:.:',     i 》
   ///         | .|  入:::::il\::::>彳/::::∧ \/:.:.:.:∨     l /
   l .( ./       /.| .| /::::.|:::::|:::::`ー-ソ::::::::::::::\  ヘ_:.:.:.\   .i1   「どれでもお好きなものをどうぞ。どれも同じですので」
   ∨/  l    /  .| V:::::::::::|:::::',:::::::::::::::ヘ:::::::::::::/ \  ヘ:.:.:ヽ  |.l
    .!   l   /    | .|::ヾ:::::::i:::::::',:::::::::::::::ヘ:::::::/ >──`ヽ ヽ_:.ヽ i i
    l    l  / ./   | .|:::::::::::人:::::::ヘ:::::::::::.__人::::::::::::::::::::::ヘ i::::\∨ヘ   わかる奴はホントにビビってくれるよ。
.    \ . i / ./|   < >:::::::/ー \:::::\::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::∨:::::::::::|  j
      .\人| / |    ○:::::∧⌒)  \:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  .l
         | 〈 l    ヽ::〈.:.:.:\0  `ー─< __ヘ:::::::::::::::::::::::::::|  ./
          ', ! !     |::li.:.:.:.:.:`ー─<⌒>-从:::::::ヘ ∧:::::::::::::::::::::::/  /
          リ i     .∧i.:.:.:.:ゝ,,.__.:.:.:.:`i´.:.:.:.:.:ヽ:::::ヽ ∧::::::::::::::::::/  /
.           |  .∧ { |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.\::ヽ ヘ:::::::::::::/  /
            ∨ ! ', 〉」 ̄`ーi^~r一=(_)⌒ ̄ゝ`  ∧:::::::::/l ./
..           人 ヘ 7 ∥    | |    i  彡彡\`ヽ \/.l /
             `ー'  `ー┬─”'ー  人彡彡彡i彡从     !ノ
                    |  |   /彡ゝ ̄`´ ∨彡从
                    |  |   从彡ヾ彡彡彡ヽ )v ソ
.                    !  .i    ヘ彡人∧彡ゞ .〈
                     |  !     ハ 从 从 ーヘノ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   とまあ、こういうことをやりつつ地球のおおよその直系を図ったりアフリカ製図したり
  特産品を探ったり宣教したりしていたらしい。


4382 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:26:10 ID:6Q3FVPpz
同一規格で透明なガラス玉を量産なんて紀元前にやっていいことじゃないw


4383 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:30:59 ID:nrKU1h+r



      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、    とまあ、そうこうしてるとこっちへの信仰心も増えてるし
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人   せっかくだからこれを機に色々と研鑽を――
         \\ 八  'ヘ |          _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \      制度改革【1D100:98】
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \     武術研鑽【1D100:18】
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \   魔術研鑽【1D100:56】
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___      天地合一【1D100:30】
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---  内観瞑想【1D100:21】
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \  その他自由枠【1D100:60】
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ


4384 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:31:37 ID:K+4+yph+
制度改革が進んだな

4385 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:31:58 ID:azGiDRsZ
制度がなんか凄いことになってる


4389 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:36:27 ID:nrKU1h+r


制度改革【1D100:98】→そろそろ内ゲバになりそうなのでその前のボヤで済むよう色々制度改革を議論してもらいました
武術研鑽【1D100:18】→まあなんだかんだ武術系じゃないのでちょっと基礎を磨いた程度です
魔術研鑽【1D100:56】→現代に移動したり聖杯解析したりして魔術や異界との接続などへの技術は高めました
天地合一【1D100:30】、内観瞑想【1D100:21】→ただ、これ以上の天地合一はさすがに厳しいものがあります
その他自由枠【1D100:60】



                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|   ……さて、この自由枠を全部
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉          天地合一や内観瞑想に突っ込めば
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|
               込     '          r‐ '  / | .N \! :}           何かしら新たな道が開けるかも……。
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒


【突っ込んでみますか?】


4390 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:36:44 ID:K+4+yph+
いいんじゃない

4391 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:37:39 ID:Oip2iBg+
道が開くならやろう
古代カルデア文明も手がかからなくなってきたし

4392 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:37:40 ID:ZqSX4aKG
イイと思います


4395 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:42:10 ID:nrKU1h+r



            /. : :     _______________       : : .\
         :/. : :      /. :                        : .\      : : .\:
      .:/. : :      /. :                        : .\      : : .\:.
      /. : :      /. :       __________         : .\      : : .\:.
   :/. : :      /. :       /. :              .\       : .\      : : .\:
.....:/. : :      /. :       /. :                : .\       : .\      : : .\:.
/. : :      /. :       /. :       _____      : .\       : .\     : : .\
: :      /. :       /. : :      /. : :      : .\     : : .\       : .\      : :
: :    |. : :     /. : :      /. :          : .\      : : .\     : : .|    : :
: :    |: :     |. : :    /. :      __      : .\    : : .|     : :|    : :
: :    |: :     |: :    |. :     /. :  : .\    : .|     : :|     : :|    : :
: :    |: :     |: :    |: :   |: :     : :|   : :|     : :|     : :|    : :
: :    |: :     |: :    |: :   |: :     : :|   : :|     : :|     : :|    : :
: :    |: :     |: :    |: :     \: .  . :/    : :|     : :|     : :|    : :
: :    |: :     |: : .    \: .       ̄ ̄      . :/    . : :|     : :|    : :
: :    |: : .     \: : .      \: .          . :/      . : :/     . : :|    : :
: :      \: .       \: : .      \: : .      . :/      . : :/       . :/      : :
\: : .      \: .       \: .        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       . :/       . :/      . : :/
.....:\. : :      \. :       \. :                : ./       : ./      : : ./.:
   :\. : :      \. :       \. :              ./       : ./      : : ./.:
      \. : :      \. :        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         : ./      : : ./.:
      .:\. : :      \. :                        : ./      : : ./.:
         :\. : :      \. :                        : ./      : : ./.:
            \. : :      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       : : ./.:



                  //   _  ---  __
                 ( (__、‐''゛  -─   }ミ、\_
                  ア   /      ,′ r‐'人⌒ト、
                 '   /  /   /ミ V(r廻)ハ 〉
                / /  L/  '    /\ミ Lノー彡<_)
                l/| l | レ{`/  _/´ ̄` V (_レ廻ソ>
                ノ| |i 灯k  ̄ 斗茫ァ ∨``~-ぅ
               ー‐V从 vリ    ヒzリ  n )、__ノ刋
                _/-‐}i゙ '        oノ──‐ノ      では、制度改革の話はまた後日に回すとして
                 _、‐入  、 _,    /^i ー─'''"
             _,,..-‐',゛‐''゙  丶、   イ _|\\         今回は天地合一し涅槃に至ることに専念して――【1D60:18】
             く < ̄     /  ̄ 〔<ア王>〕、\\
        | ̄|    ``~、  /  ヽ  ⌒マノJ   >''゙/
        |~|   <r'⌒'´ _ノ   ゙, ───  < く  ヽ
        |: : |     ) ,.:'´  _ ノ :::::::::..   r='‐'   |
        |: : |   _/⌒({,  ,.:'´   ___  ::::   、    |
        入(   { ( r廻)/ _ -──‐  ::     |   |
        r'|\)(\VΥノ}トレ────‐  }    |   |
        LLーr'  }乂辷ノ 丶─────ノ    /!    |
        ‐┴‐ー-、、 r‐(\)、───‐イ\_/│   |
               ̄<_jソ廻>、────‐ア |
                   |ノK廻 ) \───‐{   ',    丶
                  ノゝー‐く   ``'~─-}  Λ     ∨
        _、‐ヘ    ノ{ 〈 廻ノ〉(ノ王ヽ_   \_∧   ∨
     _、‐''゛──‐\/ 丶  r⌒ゝ辷ノ=ミ、__  \L∧    ∨__
   /ァ───‐∨〈     \乂_ソ-(/廻)〉 |/\ /\Λ  ∧V//|
  <l─|────‐∨ ̄| __ \(廻}〉=彡ヘ }^>///|/\∨/∧V/|
   \|─────∨/こレヘ 人   ̄\(、_> _/////|///////∧l∧
,..-─────/‐\───‐\} /⌒V__/ ////⌒\////////ゝ-、
\────/──‐\───/──‐V////// //////\////////
/───/────‐\─/────V///,( //////////\////


4396 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:45:35 ID:nrKU1h+r


シンクロ率:82+18=ちょうど100%



                                      ,....::::::::::::::.、.、
                               ,.::::::: '´      マ 、
                                  ,.::::: '          }'∧
                                  ,::::: '          ,'//}
                                ,:::: '          イ//,'
                              ,::::'         ,. <////
                          ,::::'     ,. .<'////,>'
                           ,:::' ,. . <//////////
                        ,.. <////////////>'"
                      ,..<///////////> '"
               ,..<'//////////,> '"
               ,. </////////,> '" .:'
           ////////,> '"    .::'
          ///// > "          .::'
        i///´             .:::'
         {'/、            ..:::::'
          ヾ::::::::......................:::::::/
            ゝ::::::::::::::::::::::::::.'"
            ` ー‐  ´



          ,ィ
         / .{
           { .i   ,. =-―   ‐-= ,_
         '、_ 、 '´    、  _    ` 、
         ノ       ⌒/   `   _ 、 ヽ
        / / /        !_ _ ,   _ `ヽ  ',
.       / / /      |   `' 、`ヽ  ,γ´ `ヽ
.       ,'  {  {   j |    l       'ゝ  ゝ/_'⌒ヾ、}      ――カルデアスの動き、軋み、魂……
         ! ー-= 、__,l_l    l、_  _ _  ゝ_-(い `ヽ
.       i  ', .i.  !_ハ  /! !   ̄     〉 (Y) .}`ヾ}
.       i.  .ー===zz / .!.j ー====x 〉、.(Y) |
         V :iハ'  {   }ノ  ,ノ   {   } .::) i (Y) '、         なるほど、私がこうしてあがいていたのも
.      ノ ィ、j.ハ  、_ ノ      '、 __ノ /_ノ r=:{  ` ー- 'ノ
   、ー ´  ,ィ' 八                 /  (,、 ハ`、‐-‐ ´     ほんの瞬き程度のこと……。
    `  ̄ ,/,  { >。,    r 、   ,   ´  ,// ``' }
.       //!   l ゝ,j__.` rー, o‐ 7´マニ{/  ,// i   j
      //| |_/ ´} 、:>'´ ! ヾ:::::ムニ{  ,.イ/  1   ノ
        i ' .!  ,/ヾ、ノヽ)ー、〈_,ツ::::::}ニ | ム乂  1 /
       、! .ハ .ム,,,;:::}マ;:::::::::::;{:::::::::::ムニ:!/マ `ヽ ´`' ,,__  ィ
      _ノ ィ {ニΞγム:::::::::/ ';:::::::ムアニマム  ,  、‐- ‐  ´
     ̄  ´ {/`ー "ニマ::::::/   ;:::::{三三ニム/    ヽ


4397 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:46:46 ID:Oip2iBg+
低いなーと思ってたけどちょうど100%か、運命的だな

4398 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:47:50 ID:ZPtjFFyG
ピッタリは逆にすごい


4400 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/26(金) 23:50:37 ID:nrKU1h+r



      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、       拒絶するでもなく、飲み込まれるでもなく、
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人       ただここにあるのみ……
         \\ 八  'ヘ |          _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---    具体的にいうとカルデアスに食われてるのは
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \     否定しようもない事実なんだから
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-      まずそこは素直に認めて受け入れて
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ    あるがままに合一を果たす、と。
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ピッタリ100%になったので割といい感じに天地合一が図れそうです。


4401 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/26(金) 23:52:46 ID:Oip2iBg+
わぁい、ぴったり100%ポーナスだ


4404 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:00:20 ID:D26E/1Dm



/' |             /  V  / /      \/_         }//
  |         _ -──'''"  /        /    ̄ ̄`ヽ   }/         |
  | |           / _,ィzz≦ ̄/       / ̄_,ィzzzミ、_    }         |
  | |          ' ィア´  rn 寸         / ィ7 rn   寸、  '⌒ヽ      |
  | |         丶{l′   ヒリ /       /     ヒリ   }r‐¨ '/ヽ',    |
  | |、      | / ヾ  __ /      /  ',    、_ _ ^ソ  ,⌒i  |    |   まあ要するに今現在リアルタイムで
  | |‘,      |,'       //  / \  ',           ) ノ
  从 |  ,     |      // /   | ``~            厶'  ノ     |   カルデアス煮込み続行中なわけで
. / | |  ,    ',      //     i|            /   /      |
/  ||   ,   ',                          /、_ィ        |   慣れてただけで痛いもんは痛いんだけどね!
    |      ,                __           /              |
        -─丶  ',丶         /      ヽ          '               |
     ノニニニ \ ', \     {v ⌒^⌒ v}      /      |       |
  _ -=ニニニニ   \l  丶       ー─‐'      /     /|           |
=ニニニニニニニ   \    >            イニ\    / |         |
ニニニニニニニニ       /ニニ>     <ニニニヽ    / |        |



             ||
             ||
             _____||
             |i:i:i:i:i:i:L_
           ̄ ̄ ̄|______
.       ____   __ |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| __
        {ニニ=-i-=ニニ}:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i|/ニニ=-  __
        ─‐=L-=ニニノ、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ニニニ=-{ニニニ}
.     __  __  二ニ=-へi:i:i:i:i:i「 ̄--、----- ¨¨´   というわけでこの状況を認めたうえで
    {ニニニ=-「ニニニニニ}:i:i:i:i:i{-=ニニ=- r─ ─ 、
      --=ニLニニニ=-'i:i:i:i:i:、-=ニニニ{ニニニニ}   管理者権限とともに一体化を図ります!
     _____    _二ニ=-へir‐‐<二ニニ=── ¨´
    {ニニニ=-「-=ニニニニ}{ニニニ=--r ── 、
     --=ニニ」ニニニ=- 'i:i:i:i、-=ニニニ{-=ニニニ}    慣れれば平気なんだから
.     r─ -- __ > ⌒ ヽ:i:i:i:i:i:ir‐‐ <二ニニ=-- '
    、-=ニニ「ニニニ=-}:i:i:i:i:i:i:{ニニニ=-r─ ─ 、    要するに煮込まれたって大したことはないんじゃ~!
      ニ=-」-=ニニ=- ':i:i:i:i:i:i:i:「、-=ニニ{ニニニ}
            ̄  ̄}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  -----  ¨´
                 ̄|i:i:i:i:i:i:i:i:|
                  |:i:i:i:i:i:i:i:i|
                     ̄ ̄ ̄|____
                    |:i:i:i:i:i:|
                 ______|:i:i:i:i:i:|
             |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:「 ̄ ̄
             |i:i:i:i:i:i:i| ̄
               ̄|i ̄
                ||
                ||
                ||


4405 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:01:12 ID:D26E/1Dm



                           [][]
                    / ̄ ̄ ̄ /
                     ̄ ̄/ /
                        ___ノ /
                        /____,./

                            ,_
               _______√ `′ ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                   /' 7'7./ 7
                                   ー'ー' / /
                                   __,ノ /
                                  /____,/  [] [] /'7
                                          //



4406 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:01:21 ID:SWUsh9d+
うーん、この覚悟ガンギマリー


4408 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:02:12 ID:D26E/1Dm



.¨-_  \_二ニ=-ミ彡''´ /、 \  \\ \/ _」二⊥二L。s≦/,|ノ|/  / /  ,∧三二ニ=-ミ彡'///// 〈 /
.   ¨-_ /==ニ/ヽ/__/. \ \    ̄\/  j_|‐- |====|=ミ|``|ノ|_/ /  / ∧三二ニ=-ミ彡'///|.   ∨ /
`'<⌒/==ニ/ヽ/__/¨-  \ \/ ̄ヽ\/=|三⊥ニニ⊥こ|>''゚ /|'´  /  / ∧ニ=-圦-=ミ彡グ |.    ∨ /
-ミ `'<77ミメ、/__/  ¨-_  \/\ /ヽ>''´_ -===- _`' < / |  /  / _ ∧二=|i∧-=ミ/  |   ∨ /
  ``ヽ、`寸//////,\  ∧¨‐_ \/ /。sS'゚,.。s≦三≧s。`ヽニ〕h、|/ /  / ∨,」_ |/\/    | -=ニ¨ ∨ /
.``~、、`ヽ|‐__/¨─_ ̄/ / /_  ̄‐__ア,イ=ァ'゚/>-─-ミ=二\ \_彡、 /   _∧ 〉///≧s。/゙|   /|     ∨ /
``~、、`ヽ |ニ=-   ̄- / / ̄‐ _ _ア∧]/ /|//ニ|三|二:、\ニ二ヽ ´,=彡, _ -二 ∨ヽ/ヽ/  ,|/   | _  -=∨
 -=ミ `ヽ.| -=ニ二=- _ ∨    ̄7∧_/ /_」ム斗=≡二二ニミメ、込 Ⅶ彡,   x仝x  | ./|  /.|     |'´
ー=ミ `ヽ、|    -=ニ二=- __厂|'_j{ニ厶=-┴‐'´ー───‐---≧-゙-=ミ」。s个////>'゙  |/  .|  / |    _,,..
‐=ミ ``ヽ |-      -=ニ>''"´__, -rr‐…ァ…・・・・・…─ rr‐-- ..,,,___``'<^'7´  ,/|   _,|/  _| -=ニ ̄
-=ミ.  ``ヽ|二ニ=-      乂 (_〕.\圦乂__{イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,小,‐=イ .}三} ,〉  ノ‐|-=彡'  | _,,彡'|   ノ'´|_,. -=ニ ̄_
=ミ  ``ヽ|三三二ニ=-  _ `¨'ハー-', Ⅶ‐-圦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//| .}-こj √__j-=彡三L ヘ、 -| ~   _,|=彡'  |-=ニ ̄ _
=ミ. ``ヽ、| ニ=-  __xヘ__ 二ニ=小,‐小 Ⅶニ乂_≧s。,._,ィ'.イ‐j √∨/‐|=/ニ三┐_ア  /ニ¨|_,. - ~ |-=彡_,.|-=_二二
s。. ``丶、| ̄,二ニ=- ', '二=- _ -∨=ヘ マ三〕h、弋=彡ニア /ニア /ニi|/==二jIア  /-=ニ| _,. -|=彡'´xf〔////////
///≧s。.,_|二ニ==‐  ', 〉 ニ=-,  ',、=公。゙'<ニニ〕iト.`¨¨´,イア゚ ィi{ア゚レヘ-=〔  \ /-=二|_,.  -=|ニィi〔//////////
////////刀ア7ァァー-=ニこ二二二   〉\==ゝ `'<三三>''’,ィi〔/ニ/ /-=〔  ─=ニ二⊥=-‐ァi〔/////////////
///////////////////////////ヘ。s≦77≧s。≧=‐[_]‐=≦_。s≦--─一ァァ77ア刀////////////////////////
--───……宀宀¬ニ=-r-─…¬冖ニ¨ア<`¨¨¨¨¨¨¨¨´>x¨¨ 冖¬…─-ミ‐-二冖¬…─‐‐--==ニ二__
--─…宀宀 ''' “” ̄く    `¨¨  …──乂_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__乂--──… ¨¨´    > ̄”“ ''' 冖¬…─--  ...
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋=-  __ _‐  ̄ :/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ \  ̄‐____,,,...- ¨ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::^^''=- _、+`≫''’: : /: : : ,i' : :  'i, : : :\ : `'<'+。__,,..。s≦:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: _、+`≫''’|: : ::/: : : : ,i゙ : : : ゙i, : : : \ :.:.:|'<^'+。_::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::_、+`_≫'’: : : :|:/: : : : : ,i゙ : : : : ゙i, : : : : ::\:|: : : `'< ^'+。_::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::、+`__≫'’: : : : : :/: : : : : : :i : : : : : :i, : :  : : : \: : : : : :`'<⌒^+。::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「|


4410 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:08:34 ID:D26E/1Dm



      /            ________________          \
   ./           /                        \          \
  ./           /                                \          \
/            ./                                  \          \
           /                                  \          \
        ./          ,. ―――――――――‐ 、             \
       ./          /                   \.            \
      ./          /                    \          \
   /          /                          \          \
  /           /                          \          \
 |           /          _______          \            |
 |          /.          /          \.           \.         |
 |           |           /             \          |        |
 |           |          /                 \.          |        |
 |           |          |                    |          |        |
 |           |          |                    |          |        |
 |           |          |                    |          |        |
 |           |          |                    |          |        |
 |           |          |                    |          |        |
 |           |        \                   /          .|        |
 |           |.           \             /             |        |
 |            \             \_______/           ./          .|
 |           \                                 /             |
 \.             \                            /             /
.   \.             \                        /           /
     \.             \                   /           /
.      \           \                    /           /
         \            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ./
             \                                    /           /
\          \                               /          /
  \              \                          /              /
    \           \                           /             /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、       ……ふう、カルデアスと一体化したはいいけど……
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人
         \\ 八  'ヘ |          _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \   出られるわけではないのよね。あたりまえだけど。
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「星の声」と「鏡像転写」が以下のように変化します。

・星の声:カルデアスと一体化し内部計算を自在に操れる。並行して通常の機能も行使可能
・鏡像転写:カルデアス世界を並行世界と認識させたり、内部状況を固有結界的に世界に投影できる


4411 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:11:27 ID:bAs065JL
せ、世界を神代回帰できる主神が降臨した―?!(コナミ感)

ていうか、星の声で好きな結果を演算して転写で出力できるってすごいな(感覚マヒ)

4415 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:24:32 ID:rk7Hyj0g
なんかどえらい事になって来たのは判った(粉蜜柑

4416 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:25:31 ID:sLCeum1v
星一つを掌握したってことだからな


4418 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:27:36 ID:D26E/1Dm



          ,ィ
         / .{
           { .i   ,. =-―   ‐-= ,_
         '、_ 、 '´    、  _    ` 、
         ノ       ⌒/   `   _ 、 ヽ
        / / /        !_ _ ,   _ `ヽ  ',        要するにカルデアスの本来の機能はそのままに
.       / / /      |   `' 、`ヽ  ,γ´ `ヽ
.       ,'  {  {   j |    l       'ゝ  ゝ/_'⌒ヾ、}    うまいこと剪定されないよう調整していけば
         ! ー-= 、__,l_l    l、_  _ _  ゝ_-(い `ヽ
.       i  ', .i.  !_ハ  /! !   ̄     〉 (Y) .}`ヾ}     今の世界も並行世界の一種として
.       i.  .ー===zz / .!.j ー====x 〉、.(Y) |
         V :iハ'  {   }ノ  ,ノ   {   } .::) i (Y) '、       汎人類史に認識させられるかもしれないって感じね。
.      ノ ィ、j.ハ  、_ ノ      '、 __ノ /_ノ r=:{  ` ー- 'ノ
   、ー ´  ,ィ' 八                 /  (,、 ハ`、‐-‐ ´
    `  ̄ ,/,  { >。,    r 、   ,   ´  ,// ``' }
.       //!   l ゝ,j__.` rー, o‐ 7´マニ{/  ,// i   j       あとは……このカルデアスの機能は置いておきつつ
      //| |_/ ´} 、:>'´ ! ヾ:::::ムニ{  ,.イ/  1   ノ
        i ' .!  ,/ヾ、ノヽ)ー、〈_,ツ::::::}ニ | ム乂  1 /        並行世界ごと脱出する感じで行けばワンチャン?
       、! .ハ .ム,,,;:::}マ;:::::::::::;{:::::::::::ムニ:!/マ `ヽ ´`' ,,__  ィ
      _ノ ィ {ニΞγム:::::::::/ ';:::::::ムアニマム  ,  、‐- ‐  ´
     ̄  ´ {/`ー "ニマ::::::/   ;:::::{三三ニム/    ヽ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  これはロストベルトの王ですわ(確信


4419 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:28:03 ID:Bl9Dfv3f
否定できないw

4420 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:28:14 ID:Q93dU8Mn
まあそんな感じ

4421 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:28:36 ID:XTCTLCax
ラスボスですわ


4422 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:29:54 ID:D26E/1Dm



                  //   _  ---  __
                 ( (__、‐''゛  -─   }ミ、\_
                  ア   /      ,′ r‐'人⌒ト、
                 '   /  /   /ミ V(r廻)ハ 〉
                / /  L/  '    /\ミ Lノー彡<_)
                l/| l | レ{`/  _/´ ̄` V (_レ廻ソ>
                ノ| |i 灯k  ̄ 斗茫ァ ∨``~-ぅ
               ー‐V从 vリ    ヒzリ  n )、__ノ刋
                _/-‐}i゙ '        oノ──‐ノ    さて、では今回はこれで締めとさせていただきます。
                 _、‐入  、 _,    /^i ー─'''"
             _,,..-‐',゛‐''゙  丶、   イ _|\\       皆様、ありがとうございました!
             く < ̄     /  ̄ 〔<ア王>〕、\\
        | ̄|    ``~、  /  ヽ  ⌒マノJ   >''゙/
        |~|   <r'⌒'´ _ノ   ゙, ───  < く  ヽ
        |: : |     ) ,.:'´  _ ノ :::::::::..   r='‐'   |
        |: : |   _/⌒({,  ,.:'´   ___  ::::   、    |
        入(   { ( r廻)/ _ -──‐  ::     |   |     ちょうど100%だからだいぶ大盤振る舞いしたけど
        r'|\)(\VΥノ}トレ────‐  }    |   |
        LLーr'  }乂辷ノ 丶─────ノ    /!    |     これひょっとしてロストベルトの王というより
        ‐┴‐ー-、、 r‐(\)、───‐イ\_/│   |
               ̄<_jソ廻>、────‐ア |         タイプアースもどきなのでは……?
                   |ノK廻 ) \───‐{   ',    丶
                  ノゝー‐く   ``'~─-}  Λ     ∨
        _、‐ヘ    ノ{ 〈 廻ノ〉(ノ王ヽ_   \_∧   ∨
     _、‐''゛──‐\/ 丶  r⌒ゝ辷ノ=ミ、__  \L∧    ∨__
   /ァ───‐∨〈     \乂_ソ-(/廻)〉 |/\ /\Λ  ∧V//|
  <l─|────‐∨ ̄| __ \(廻}〉=彡ヘ }^>///|/\∨/∧V/|
   \|─────∨/こレヘ 人   ̄\(、_> _/////|///////∧l∧
,..-─────/‐\───‐\} /⌒V__/ ////⌒\////////ゝ-、
\────/──‐\───/──‐V////// //////\////////
/───/────‐\─/────V///,( //////////\////


4424 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:31:37 ID:uHN7A7KW
乙ー

4425 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:31:52 ID:uJDLsylL
ロストベルト:電脳人理演算カルデア?

4426 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:32:02 ID:sLCeum1v
乙でした
タイプアース亜種タイプカルデアスって感じかな?

4427 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:33:34 ID:tNgXjxQ/
乙でした
これはラスボスの風格

4428 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:34:23 ID:bAs065JL
乙でした。

特異点というか地球に対するアヴァロンを支配する異星の神に見える。


4430 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/27(土) 00:48:03 ID:D26E/1Dm
クリプターを復活させてロストベルトをばらまいたのはオルガマリー所長だった……?(謎理論

4431 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:48:40 ID:Q93dU8Mn
原作でもそうなる可能性がワンチャンあるかも

4432 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/27(土) 00:49:43 ID:sLCeum1v
それやられると悲しい

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5553 やべー奴過ぎて草 (10/19)
  • 国際的な小咄 5552 韓国人から見た儒教 (10/19)
  • 国際的な小咄 5551 なんかわかる(Byいろいろ) (10/19)
  • 国際的な小咄 5550 島原とかいう地獄 (10/19)
  • 国際的な小咄 5549 田舎の教育格差の問題を見て思い出した話 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その9 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その8 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その7 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その6 (10/19)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 埋めネタ (10/19)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第23話 (10/19)
  • 国際的な小咄 5548 コストコのジャーキー (10/19)
  • 国際的な小咄 5547 まとめの人にわかりやすく言う、本スレの流れ (10/19)
  • 国際的な小咄 5546 負の連鎖 (10/19)
  • 国際的な小咄 5545 西欧の庶子 (10/19)
  • 国際的な小咄 5544 すごい邦訳 (10/19)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第1話「なぜだ!?非情なるバロン王国」 (10/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 予告編 (10/18)
  • カーきゃん□ 16回目 「『次回!いよいよ新章突入!!』って煽りが入りそうな話」 (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 02 ホテルへ (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 01 その日まで (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Prologue 一つの可能性 (10/18)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その六 (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏③ (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏② (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏① (10/18)
  • 国際的な小咄 5543 酒が飲めるぞ (10/18)
  • 国際的な小咄 5542 ブラジルの笑えない笑い話 (10/18)
  • 国際的な小咄 5541 メキシコのあるあるネタ (10/18)
  • 国際的な小咄 5540 内政物 (10/18)
  • 国際的な小咄 5539 人を殺すとき、或いはやる夫スレを作るときに大事なこと (10/18)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その39 (10/18)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その38 (10/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その1 (10/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク15 (10/18)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その5 (10/18)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その4 (10/18)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その3 (10/18)
  • やる夫は願いを叶えるようです 小萌先生の秘密の授業~アルシャード編 第4回 レベルアップと経験点の使い方について (10/18)
  • 国際的な小咄 5538 一姫二太郎 (10/18)
  • 国際的な小咄 5537 かす汁 (10/18)
  • 国際的な小咄 5536 カトリックの貞操観念? (10/18)
  • 国際的な小咄 5535 本スレに関する割とアレな本音 (10/18)
  • 国際的な小咄 5534 民主党系列支持者の方には申し訳ないが…… (10/18)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 IFルート (10/18)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 5(終) (10/18)
  • やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです 最終話「やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです」 (10/18)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その16 (10/18)
  • やらない夫とまどかタイタス ラクスの逆襲 その2 (10/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ