スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
リンクミスの報告は助かるのですが、書いてないURLの質問等は基本的にNGとさせて頂いております。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 18

目次

1889 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:23:04 ID:jZAdzb+2





                                / '" ,.-'--――--`ヽハ!_ヽ、     '   ∨
                               {二二二ニニニニニニニ=-_  , -'
                                 ヽ==二=ニニニニニニニニニ>、
                               {二二二二二二二ニニニニニニニ7
                                  /ニニニニニニニニニニニニニ,-='
                              /二二二ニニニニニニニニニニニ{、
                                  <ニニニニニニニニニニニニニニニ=-、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「少し遠出する事になった。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が夕食時にそう告げたのは、セイラを保護してから5日程が経った日のことでした。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




1890 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:27:57 ID:jZAdzb+2



                                    ,....-へ-. .、
                                     ,. :'´: : :/: : :.ヽ: : :`: .、
                                    /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                              , :" : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :.゚.、
                                /: : : :/: :.l:/.l:|: : :.l: ト、: : : ヽ: : : : ゚,
                            {:.: : :.:{:.,'_」l斗ト; : :|: }弋.‐-: :',: : : : ゚,
                            |:.: : : :.:!r==ミヾ.゚,: :トノ.r==ミ }: : : : : : }
                            |: ; : : :.{乂ヒリ.  ヾ{ .ヒリ少.|:.: : : : :l:|
                            |ノ| : : l:|           |: :| : :l:从
                                  |ハ: 从     !:.       |: :l : ル′        遠出? 依頼か?
                                 ゚;小            .从:}:/
                                  ∨ト、.   ー_¬  , イ:.:/ ′
                                 r―‐--┴――-、_,.イ.__レ'___
                               /  > . - ―一 ´ ̄    ∧
                              __/      > . __       / .〉
                          ___f´  > .        `ヽ.      ∧
                         f´         `> .- ――…―.--/ ノ\
                         { , .- ――――≠ .._ `≧――一 ´一′ _>―┐
                        >ii´ニニニニニニニニOニ人    > ._______> '' ´  .} .}.\
                    /二||ニニニニニニニニニニ/.  \ー―一/ |ニニ\ー-ミ__/一′ニ\
                       iニニ.||二ニニニニニニ二/    ヽ┬ ´   |ニニニ ー―一 ´ニニニニニニヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「ええ」と、普段は館の管理やそれに付随する役割などで生計を立てているらしいレンに答え。
. .┃|(
. .┃|))  「ちょっと、翁からの依頼がまた。」
. .┃|(
. .┃|))  「あの人も随分気に入ったなぁ、お前のこと。」
. .┃|(
. .┃|))  それだけなら良いのです。 あの人は、「彼」の事情を汲んだ上で幾つか依頼を提示してきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1892 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:31:12 ID:jZAdzb+2



                                   ト、__
                               .ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ::.... 、   ,ャ--、
                               ,:':.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ厶---ミx
                          ,.ャ--、   /:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:f   l!    !
                       .--"―‐- ミ/:.:.:.:.:.: ゙、 :.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. |   l!    !
                        f     ゙,  .′:.:.:丶:.:.ゝミュ:.:.:.:.:.:.>,:.:.:.!   l   |
                        ∨    i   !:.:.:.:i:.x⌒ヽ:.:\` ーミ⌒  l  ,.==ミ、 .}
                       ∨   __l_.i:i:.:.:.:ヘキ==ミxヾ〉   ィ斗テレ’    i
                        ツ /    jハ:.:.:.:.:i弋zソ \     ゙ ー' |_ r‐ォ r、|ヽ
                       ゝf     /:.:.:ヽ:.:.:!       ′     ノ¨  ̄   ヾ:ハ        ああ、その話。
                      :     /:.:.:.:.∧:.:!          〈 / ̄ミxrノ:.:.:ハ
                          キ./〉〈/:.:.:.:.人 ヾ:ゝ    f_!    ノ∨     | ヽ:.:.ハ\      私も聞いてるけど、急ぎのが二つあるって。
                          ∨ ./:.:.:.:/  i`ヽ/>.       イシ/ ヽ.    l  :.:.:.ハ. \
                           {_./:.:.:.:/  i!  ヽ-ノ\  ̄  ノ j ハ  ∨   |、  、:.:ハ.  ヽ
                            /:.:.:.:/   .l!   .}| /ヽ./ヽ " i l  ∨   ! ト、 i:.:..ハ    、
                       /:.:.:.∧    l!   .!|/ 丶/ / \! 、  .}ミ、 } l ヾ:.:.:.ハ    :.
                        /:.:.:.:i! i.゙.   ∧   ノ__j_./ ム--'--「ヽ.ノ \j"   |:.:.:.:ハ.    i
                         /:.:.:.:.:l| l ソ / /      `ソ       ヽ \ /   |:.:.:.:.ハ    |
                        〃:.:.:.:.:.l| ` ヘ/ /       .:           ヽ ∨    !:.:.:.:.:ハ   i!
                         //:.:.:.:.:.:.l! ./ / .′                  ゙ }     |:.:.:.:.:.:.i   |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「恐らく、その何方かだと思います。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が選んだのは、大量に出没した子鬼の討伐。
. .┃|(
. .┃|))  ――――それも、今までは子鬼の影も形もなかった地方の小さな領での物でした。
. .┃|(
. .┃|))  妙な違和感と。 そして、呼ばれているような錯覚を覚えたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1893 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:31:15 ID:jKpzVcB/
厄介な案件だな(確信)


1894 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:34:29 ID:jZAdzb+2



                                   /⌒ヽ       / ⌒ ``ヽ、
                              >''"/   ヽ─-   //⌒ニ| !!. ',
                         /   /           `丶、-=ニ/ || .}
                                        \    \-=ニ 〃 ノ
                            /              \     \ 〃/_
                      /   /      {     \        イ : : : : :>、
                         /  / |   \      \      ´ ̄ ̄ \:.\
                         /    ./  / .|     /\     \  \  \.    \ \
                   /         |.   /   \      \  \  \    \\
                      / ⌒7      /-‐‐ |   /  -‐‐- \     `、  ヽ、  \    '; : :,
                     / /   /     |   {       !\    `、  ',\  ∨   }: : }
                          /        八                  `、   ヽ ∨   !: : !
                        { イ  ,イ {笊竿ミ ヽ  ヽ.ィ竿竿ミ } |  :|\   ', }     }  .j: : !
                      ∨|   | | ' 乂ソ   \ } Vzソ   / !  :!  \  ∨  .} .ノ   /: : ;
                         八  | |乂 \、、、 '  }/  、、、/    :|  ノ ‘,  '  ノイ  /: : /       ……一人ですか?
                     \| l   |⌒          ⌒7 /  イ     .}      /: : /
                          |  八      _ _   u / /  /| :!    } /       ⌒ ´
                          |  |s。       ./ / /  /..|/   ノイ
                          |  |      - イ: : :__.    /
                          | |  .|    >''~`、/  { | /_
                          | |  .|>''" /|:|\   .! !    ニ=- __
                          | |  .}  /  八  \ | ./        ≧=-、
                          |    八//  |    .|/!     /⌒ ヽ   ヽ
                            /|  / 〈   /  ト、__/| |   /: : : : : : ∨ /
                       { |/   \_/ ./ |___ノ ∨/: : : : : : : : : ∨
                       /乂 ‘,    /  !     /: : : : : : : : : : : : W
                        / 乂  \  ./  |    イ: : : : : : : : : : : : : : :}

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「推定数から考えて一人じゃ絶対無理だって。」
. .┃|(
. .┃|))  一応翁の方からも、見所がありそうな新入りに声をかけるとは言っていました。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、此方からも何名か連れていきたい。
. .┃|(
. .┃|))  ……そう告げれば、椅子をガタッと鳴らして立ち上がる複数名。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1896 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:38:17 ID:jZAdzb+2





                               l//三三三三三ニ==、:::::| ̄ ̄
                                l三三三三三三三三三三>
                              __/三三三三‐-三三三三三l
                            /:::::<三>'TTT T::`<ヽ三三三>
                            //::::::l|・ ・| | !iiiii! .l:::::::::::::::`ヽ三三>、
                            //::::::::::::l|・ ・| | iiiiii .!:::::::::::::::::::::::::::/ニニl

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何故そんなに立ち上がっているのかが分かりませんが、取り敢えず黙りました。
. .┃|(
. .┃|))  そうすればすぐに座る複数名。 微妙な空気が流れました。
. .┃|(
. .┃|))  「……取り敢えず、此処から3~4人は連れていきたいと思ってる。」
. .┃|(
. .┃|))  誰にするかはまだ決めていない、と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1897 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:42:27 ID:jZAdzb+2



                                         --ミ
                                       // ̄ヽヽ
                                -‐……‐- { {--< .} }ヽ
                               /.: : : : : : : : : :. :.\ ∨/ } } ̄\
                            :: : : : : : : : : : : : : : : : :\| |_//   /
                               /: : : : : : : : : : : : : : : :.'/: : :.ヽ 〈   /_
                           /: : : : : : : : : : : : :|: : : |: :'/: ヽ: :/,_/   〉
                         : : : : : : |: : : : |.:. .:.|: : _: :'/: :/,: :/,   /
                            i.: :. :. .:._l.斗: :.|: : :i|: : : |、:`'/: :./,: :/,\
                            | |: : : : :.| |_ハ__八___,、zz-| : : /,: :/, \
                             八|'/: : : :|_,、zz-     ̄ ,,,,|.: : :./,: :/,  \
                         | \_:ハ ̄             |:.:. :.:./,: :/,   \     (不味くない?)
                              \:|:: 仏'''' u  __ , /|: : : : /,: :/,   /
                             |: :.|.: :. :.)iト   ._  /|_;,;|: : : : :/,: :/, / ||
                             /: : |.: : :. :.| : : __〕   人/|.: : : :. :.}: :/, || ||
                         /.:..:.人: : : :.| ̄\      / ::.: : : :./ヽ.:.i || ||
                           /|.: :. :./ \: :|    \___/ 人___/}  l:.| || ||
                       / .|: : : :|  {二}___人__/{_ノ|  |/  {} {}
                         /  |: : : :| _/:.:/ニニニ/⌒ヽニ二二|: :/_|   〈〉〈〉
                           /| : : /=|: :.|ニニニ圦_ノニニニ|:/二二〉
                       / .| : :‐=ニ\|、=(__乂__乂_)ニニニニニつ
                         | : : と_イニニニ二{ \__)ニニニニ二.|
                           |  |: : : :/ニニニニニニ圦___ノr<__ニニ二二|
                           |  |: : :/ニニニニニ__// ⊂ニニヽ_\ニ二二|
                         人: :| 二二/ニ/ニ/ ニニ⊃ {ニニ\ニニ|
                        {  ヽ|ニニニ/二/二乂⊂ニニ イニニニ|ニニ.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……妙な雰囲気が流れましたが。
. .┃|(
. .┃|))  取り敢えず簡単な勝負で決めると(「彼」の意思を無視して)決まりました。
. .┃|(
. .┃|))  何方にしろ、アカネは万が一の際に連絡手段として離れて移動するのはほぼ確実。
. .┃|(
. .┃|))  ……魔力を異常に消費すれば、手元に召喚できる。 それを、書物から読み取っていたからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1898 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:42:58 ID:ofoh4h9n
これマナカ連れて行った方がいいか、トラウマで駄目かどっちだろう

1899 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:44:41 ID:Vqm5bTZ5
マナカさんはヒーラーとしてはそれなりに行けたと思うが……
相手は子鬼だからなぁ


1900 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:44:46 ID:jZAdzb+2



                                   二 ニ 二 _   _. - ≠ミ
                              f ̄`´.__       `rY.フ{ ./{  }ヽ
                               ´|    `\  \ミ、{Yノ V | /.ハ
                            /  .人        \   ∨辷ハ、 { ∨  リ
                           /     \   \  \. '. 乂{ }弋__.彡イ
                             /   / / { \   \  \l}  辷ノ、V ハ
                          ′ ./ /{  |   > .   \  ` </  }∨∧
                           { { / /´V.人     ` <ヽ-=ミ、 \ l! ∨∧
                            人/ /ハ \ \   ィ芹芯ミ ト、 \ V.  ∨∧
                           //{ ./} ∧.イ心`ヾハ   Vしrリ}  | }  〉ハ.   ∨∧
                       // .| {、|   《 マ.ツ  リ  ::::¨´:/  八 / .} }.   ∨∧
                         { { .人V  .ハ :::: ' _    ./  / /、_.ノ .!     ∨∧
                         |人__.ィ≧=-彡 .  `′   /  /〃  ≧彡     .∨∧
                              /  /    .> - <,′./-《           ∨∧
                          __/  /      _ ノ 》  /  ≧=ー‐---=ミ、   ∨∧
                       ´〃 /     <ィ≠r‐/ ./、_/         ,rv\_  \ \
                     /   /  /   . < ./: :/.V  /{          rク  乃   \ \
                       /    l{ ./  rく    》、/: /{  {.人        厂{ >、.rく     ∨∧
                    {      | {   》´ . イ<: : 7/ ハ从{         rf、_ `¨´ヽ       }  }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【判定】:誰にするか決めるよ 【1D5:2 (マナカ・ファリエル・レン・セイラ・ゴリラ先輩)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1903 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:45:27 ID:Vqm5bTZ5
ファリエルか
だからゴリラ先輩はやめて差し上げろとww


1905 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:46:41 ID:jZAdzb+2



                                        rzx、,. =-‐:,.ィ≠y!、
                                      ,...:|=: :_≫zrzくzzx.j.j: :.`:..、
                                 〃: :{ニzアア´: :`マュxン:.‘:.,:.:‘:,
                                /: :〃:¨´//: : :r: :、: : ヾ\: :.‘:,: ‘,
                                   /: :/: : : //: l: : jrマ:‘,: マヽン: : :‘:,:‘,
                                   ,′: : :.く/: : !: :│ マ:.‘,: :マ‘,ヽ. .‘,.‘,
                               i: :.!: : '' . .|.  |. . ;  マ:.ヽ:,.斗=ミ: :从: :‘,
                                !: :|:.: : : :_;L=≠ミ:, ‘,´ヽ:\:‘,: :!λ:j`:,
                                  |:i: |: : : : :.ハ: : l_ヽ:‘,  ヾ;ィf瓧芹: :ノ、j: :! ‘:.,
                                  |:.!:Ⅳ: :.l:..{ィf芍≧ミ    心zソ;イ: !ノ: :| リ:j
                                !:Ⅳ‘:.,小ゝ夊zソ      `¨¨¨´リ: :.|: : |彡ヘ
                                  从.マ:.:λ: :ヽ、¨´     ;       厶: : j: : ト、
                                   乂!i : Ⅳ:.入`¨      ,  ./: :/j: : ‘,`ー
                                    /:ノ: :.ハヾ、: >.. `¨ fヽ./!: ¨´ト; : : i从
                             ー=彡イ:.f: : :.|:ハ: : :,rz!f ヘーヽヽ.ト、:ノ!:}: : :j!|`ヽ
                                    {:.λ: : Ⅳィf升ニ}.\ヽ\ヽヾマュxノ:.;ノ.リ ′
                               ∨ィ>、:.ヾニニニ=ム=ュヽ.ヽ `′ヘマイニニ≧x
                                    {=ニニニニニニニニ≧zュ、`   .ヽ .マニニニニニハ
                               iⅥニニニニニニニニア:j::o`ヽ    マニニニニ7: }
                                 | マ=ニニニニニニニア:::/i::::::::{::ヽ   .Yニニ7:  !

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))      【判定:2】後二人決めるよ 【2D4:7(3+4)】 (マナカ・レン・セイラ・森の賢者パイセン
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1906 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:47:59 ID:FHYAJt+2
ウホ
そして今回は愛歌様当たらないでよかった…子鬼は不味い

1907 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:48:07 ID:Vqm5bTZ5
ファリエル・セイラ・先輩か
気のせいかマナカはダイスに恵まれない印象があるような、ないような

1908 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:48:56 ID:7bBcVjrN
小鬼にマナカ連れてくのはアレだし・・・


1909 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:49:45 ID:jZAdzb+2





                                !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                               lハ | |/  >  `  ´   イ /イ /| ハ, | ´
                              ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                    辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                                 ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                              y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                              /       _   ヽl!'´               Y
                               l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                               |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  マナカとレンを置いていく。 途中で遮って判断したのは「彼」でした。
. .┃|(
. .┃|))  理由といえば極めて単純な話。
. .┃|(
. .┃|))  子鬼が既に村を襲撃している。 村が最低で一つ滅んでいる。
. .┃|(
. .┃|))  ――――ならば、攫われた人間達は?
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1910 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:51:28 ID:ofoh4h9n
うーんでも離れるのも怖い
アカネやレンを信頼するしかないか


1912 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:52:50 ID:jZAdzb+2



                                            , .ニ====ニ _
                                         ,.ィ'": ,rz=≠ェz、: :`:ヽ、
                               ,.ィf斧≧=r=fア'´: ̄:`イコ}: : : : :.‘ ,
                               ,:夊ェzzzア¨^マェzェ≧ン: : : : : : : :‘ ,
                             ,.イ: : : ,4=7: : : : : `¨`マ≧、‘: :,: : : : : :..‘
                                 /: : ,ィ:,4沙' : : : : : : : :.、:.`マム: ‘:,: : : : ::.:.‘
                              /: :./ : : : : : : :,イi:ハ: : : : :.ヽ:. ヾ_ヌ: :.‘,: : : : : :.‘
                                /: :.,' : : : : : : : :{   !: : :l: : :ハ: : : : : : : ;: : : : : : :.i
                            ′: ! : : : i: :!: : :|:   Ⅵ:.ト、: :l:l: : : 、: : : }: : : : : : :..!
                          i: : :.|: :, :斗=ト、:.;    Ⅵ:!ハ斗!=ミ、 Y: :.!: : : : : : :.|    ……ああ、うん。
                          |:|: :.!: :!: : Ⅳマ: :.‘.,  Ⅵ .j.;ハ:_: : :.从;j: : : : : : ::|!
                            从: :!: i: : :{ィf茂ミ、:.ゝ   ィf芍斧芹ヽ、:.|"ハ: : : : :!:.;    私が見ておく。 此方は任せて。
                                Ⅳ:|!:.゚。:.λ弋r゙':}   ´ 乂:r゙':ツ: : :..:.|f^i.!: : :..:l: ‘
                                 VⅣ:ヽ: :.ゝ^~´ ,     `¨"/: : : :.j-',ノ:.ヽ: :.ト、‘:,
                            ヾ:ゝ、:圦          厶イ: :j-:'ハ‘,ヽ:‘..ヽ: :.,
                                  j:.!: : `:入   r― 、      厶:イ:.:.:.:j:.:‘,:ヽ‘, `ヽ
                              j: I : :/ : j:〕>.、  ー '    , イ   :{:.:.:.::ト、::ヽ゚。ヽ‘,
                                从!:∧: :j:.{:.:.:.:.:>...r '"´    :ト、_:_!_,):.:ノ:.ヽ:ヾ\
                                  入( ヽハ:ト、:_:,:rzzェ!      .;ィ升三=ア¨'ヽ、ト、ヽ `ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  二人に共通している点。
. .┃|(
. .┃|))  「己の意思でなく、身体を弄ばれた」事。
. .┃|(
. .┃|))  逆に言えば今回連れていくメンバーはそれらを味わったことがない顔ぶれ。
. .┃|(
. .┃|))  嫌悪感はあると思いますが……越えてもらうしかありません。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1915 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:56:20 ID:jZAdzb+2



                                    -‐…・・・・・・・…‐-
                                 /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
                                /斗-==ニニニニミ、:. :.:. :. :. :.ヽ
                                 ':. :. /:. :. :. :.|:. :.:.| :. :. :. \:. :. :. :. :. .
                              /:. :. :/ : :. :. :. |:. :.:.| :. :. :. | :. :. :. :. :. :. :.
                                /:. :. :.':. |:. :. :. : |:. :.:.| :. :. :. |:. :. :. i:. :. :. :.i
                            /:. :. :. L: |:. :. :. : |:. :.:.| : : : : j:. :. :.:.|:. :. :. :.|
                            :. :. :. :.ハ::.|:. :. : : i|:. :.:.|:. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :.|
                            i:. :. :. :.i_ :. :. :.:.八:―ト:..,_ /:. :. :. :.|:. :. :. :.|        ……ふぅん、そういうこと。
                            |:. :. :. : 灯ハ :. :. { _、:. :. :.:/:. :. :. :. ,:. :. :. :.:|
                            |i: :. :. : ハ vj \:.|  f ≧ト:. :. :. :. :.i ):. :. :. |
                               八:. :. :. : }     ヽ  乂 ソi:. :. :. :. :.|' :. : : : |
                              \:. :八`        |:. :. :. :. :.|、:. :. :. :|
                              |:\:. ヽ 、       |:. :. :. :. :.|∧ :. :. |
                              |:. :. :. :ト\ `    イ |:. :. :. :. :.|......,:. :. |
                              |:. :. :. :|/..`¨´ヽ   |:. :. :. :. :.|. /. \:|
                              |:. :. :. :| }   /  }   |:. :. :. :. :.|/.......... \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  取り敢えず用件を告げ。
. .┃|(
. .┃|))  館を一度出て、用意を整えようとすれば。
. .┃|(
. .┃|))  「お兄さん、ちょっと待って」と、レンから声を掛けられました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1916 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:04:39 ID:jZAdzb+2



                                __    _ ,ィァ≠ュ
                               ,.f.=ミ'ィ´:_:`:ィア¨:.‐..}.i
                          ,.:': !'.;_:_;.:ィニア=マミニヌ、ヽ
                             /: : :,ゞ:ィ=ア´: : ;ヽ:、`マ_ソ:.ヽ゚.。
                        ,′.,イ. ,ー':./;ィ:,' :|: !マ.゚。 、.`、: :ヽ゚:。
                            ,: : /: :,:.':/:/:/: ;' :.i:.ノ マ.:゚。:ヽ:‘,:.V:゚。
                       !: :f: :/:./;/;イ:.:/: :Ⅳ  }:Ⅵ: :V:.゚。: Ⅳ:}
                          |: :.Ⅳ_:/儿斗Ξミ、   j斗zzト:リ:/.j:/
                        从: f´了イ叱禾ら'`   示r斥Ⅳノ .´
                     /:./:.人.r!:.:.ヽ夊z;リ    弋;j´∧:゚。
                      ,彡':.:/:.:./7!:代:.ゝ¨´     '   .,': :}:.リ
                    7:.:./:.:./:イ:lゝ、ヽ、    v::;ァ  .ィ:.;ノj/
                    !:.:,':.:.;イ:.:{:.:ト、从´ .>..__.ィ:´ム‘:,        合わせたりする時間はなかったけど、これ。
                      |:.:!:.:.λ:.:i:.:.゚。ヽ:ハ    {L:_:l:.:.:.:ム:‘,
                    Ⅵ:.:.:゚;゚。:,!ィチュ、:.゚。ュf⌒ヾ二≧ュ、.j_
                          \:.,.ィf三二二ユ!:}ニム::ヽ:`マ二ニ=ム
                     ,4三二二二二二二ム::::ヽ::ン二ニ=ム
                       iヌ´::..` マ=二二二二`¨ム´マニニニ=ム
                       iコ::.:. .  `マ二二二二ニム:. マ二ニニム
                        l=!::.:. .  . .:マ=ニ二二二ム_,._Vニニニ=ム
                        l=}::.: :    :〔::マ=ニニ二二}.r i.`マニニニム
                        lニLrzvrzr=≧7::.`マ=ニニ二|こ¨´`マ二ニム
                        lニlフ介`、ヽrz∧:: ::`マニニ二|ふ  :.Уマニム
                        Ⅳ.くノハ j〉ノ .::{!V:: : ::`マ=ニ!ふzf⌒〕坏マ:ム
                     }アヌソ Y"´  .:|!.}:: : . .::`マ=|ふノ.v‐゚.。ヽj.`マj
                     7f .|:. .,'.ノ   .::V::: : :  . :: :`ミ!ふ .ヽ.У.゚ュ、
                       {::ム.i:. :! !  _,rzく::: :      ノ℃o ハぷ゚。ふ
                     V´.|:. .マムソ入ぷゅ-v-、,ィぷ℃o  .::パhくぴ
                           斗<´ぷ´  ℃oぷ〕ぃハ℃o   . ぴハ℃oヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  渡されたのは、長剣……の中でもやや長く、両手でも片手でも扱える剣。
. .┃|(
. .┃|))  バスタードソードなどと呼ばれる部類のものでした。
. .┃|(
. .┃|))  「この間の依頼で拾ったの。 ちゃんとしてるかはわからないけど、使って。」
. .┃|(
. .┃|))  ……確かに、武器にも困っていたところです。 有難く受け取りました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1917 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:07:35 ID:jZAdzb+2



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ___/:::::::::::::::::::::::::r'三三三ヽー-`ヽ、   ̄ ̄` /、
              ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ヽ、三`三三ヽ、/三ヽ、
          ., -‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'´ ̄ ̄`ヽ、・ ・ ヽ \三`ヽ三三三ヽ、>>、
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!/三`ヽ、 ヽ・ ・ ヽ ヽ三三\三三三三/
        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'´三三三三:ヽ、 \・ ・ ヽ \三ヽ三二三ニ{、
        .::::::::::::/:::,.-‐-、::::::::::::::::::!三三三三三三:\  ヽ・ ・ ヽ V三三ー三彡/
        .::::::::://:::::::::::::ヽ:::::::::::/三三三三三ヽ三三ヽ ヽ・ ・ ヽ ∨三三ー彡'`ヽ、
        .::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::/三三三三三三, -――ヽ ヽ・ ・ ヽ Vゝ=彡'¨l三ニ` ー- 、__
        .::::::::|::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三三ニ/::::}:::::::::::::::\ ヽ・ ・ ヽヽ、 V:::::|ヽ、三三三三|ヽ
        .::::::::l:::::::::::::::::::::::::::/三三三三ニニ/:::::/::::::::::::::::::::lヽ ヽ・   / `i V::::l::::::`ー-..、三三! l` ̄ヽ、
        .:::::::::!:::::::::::::::::::::::/三三三三三/::::::::///::::::::::l ヽ `/ / l_ lV::ト、::::::::::::::::`ヽ/ ./   , !
        .:::::::::|::::::::::::::::::::/三ニニニニ/:::::::://<::::::::::::::/  ∨ ./ / !、l ヘl三` ‐ 、:::: //   〈_/
        .:::::::::|:::::::::::::::::/三三三ニ/::::::::/::::::::::\::::::::::::/     \/ // } }ヘ三三l  ̄`´ ̄ ̄ゝ-'
        .、:::::::ヽ:::::::::::/三三三三/:::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/-―    〈_// ∧,ヘヽ三ニト、
        .:::::::::::::: ̄::/三三三三/::::: /::::::::::::::::/:::::::::::::/      |:l >'/./ヽ∨\三三l
        .、::::::::::::::: /三三三三/::::::/――一'::::::::::::::/       l/\/、・ ・ヽV ヽニ/
         .ヽ、:::::/〈〈三〈〈三/::::::/::::::::::::::::/ ̄ ̄            l   \ ・ ・ヘ 〉  ヽl
            .`¨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         《護者》の【彼】:主人公  《護者》:「誰かを助ける際に於ける戦闘ペナルティ軽減」

         【白兵】:4Lv      (戦闘で最も基本になるステータス。)
         【魔法】:3Lv      (一つの依頼終了までに【魔法Lv/2】回だけ、任意の判定に【魔法Lv/2】D6のボーナス)
         【探索】:4Lv      (奇襲成功時一度だけこのステータスで判定できる。 また、目標値を【Lv】D6減少する)
         【制作】:3Lv      (一つの依頼終了までに【制作Lv/2】回だけ、任意の判定を振り直すことが出来る)

         《現在の目標》
         ・【海沿いの街】に辿り着く
         ・己の力を理解する

         《装備》

         武器:《バスタードソード+3》  (戦闘判定ダイス:1d6+3)
         防具:《魔装》マナコート  (戦闘目標値:-【魔法Lv+1】、魔法によるダイスボーナス効果を恒常的に一回失う)
         道具:《なし》    ()

         《スキル》

         【影渡】:「己の気配を同化させる才能。 他者から発見される可能性のある判定に対し大幅なダイスボーナス」
         【風魔法】:「風魔法を放つ事のできる魔力属性。 他者からの風魔法に対する抵抗にダイスボーナス」
         【凡骨の一矢】:「決して揺るがない誓い。 戦闘時、目標値が自分のダイスの期待値以上の場合ダイスボーナス」
         【抜剣覚醒】:「誓いの形。 終わりの終わり。 発動後、汎ゆる判定ダイスを倍加する。 複数発動後ペナルティ」

         《コミュ》

         【アカネ】:マスター……。
         【マナカ】:……。
         【ファリエル】:……えへへ。
         【レン】:……嬉しい、ってこういうこと?
         【セイラ】:……護って、くれるんですよね?
         【ボンドルド】:身に余る、力でしょうか。


1918 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:08:51 ID:Vqm5bTZ5
マナカの沈黙が怖い……

1919 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:09:58 ID:0ortS03N
マナカのコミュ増やさないと…


1921 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:13:41 ID:jZAdzb+2



                      , -- ‐--、ー -‐――――‐ ー‐ ‐‐ ─- -- 、
                     , ′      ヽ     `ヽ   `ヽ   `ヽ    \
                    /  , '^  ̄`ヽ、  ヽ       ',     ',     ',     }
                    |   i : : : : : : : i    |     :l      :l      :l      |
                    |   l : : : : : : : l    |      :l      :l      :l     |
                  |   l : : : : : : :.!   .|      :l      :l      :l     |
                       |   l : : : : : : :l    |      :l      :l     :l      |
                    |   l : : : : : : l   .|      :l     :l     :l     |
                       l.  l : : : : : : l   |     :l     :l.     :l      |                 〈_〈 i、
                     l.   、: : : :: ノ   l____:!___:!.___:!___!     ___ __ _    _、シ从ヾ、
                      , l_..,, -ー==ー- ,,. __,!_______________| ̄,ゝ   _  ̄_,,シ:'「ヽヽ. ヽヽ
                   //:|==‐-- ===l〃,二ニヽ -------------------// //⌒  ̄「|    |.|_ へ.__)
                  i l ├‐-――--- //、 |l//ゞ、 ______/二ヲ〈,> / イ{   ノ  |,|(   U
                     i l`、|__ _  ___ i l`、`!//! i_____//ヾ、|レ,ヽヽ´ニニニニニ0ニニニコ /
                     li-‐ヲト'、ー「|  ̄ .   i├--( )-‐l | l iー‐l|、- !| .| L__( )-‐l |  :/  | |   :/ } j{
                      !v  |lヽ//     | レ 'l|\シ/  v'´_|l ヽノ i !, フ「iヾ.ン,!i  :/   ヒ}  :/  《_,/
                   ゝ、i_l.シ       .ヾ.' _lレ .ノ   ゝ_i_!,シ  ゝ '、!L_,ン
                                `ー- '           `ー‐'



. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  馬車は走ります。
. .┃|(
. .┃|))  目指すは、馬車で三日ほど離れた山沿いの領地。
. .┃|(
. .┃|))  ――――《何もない場所》と名付けられた。
. .┃|(
. .┃|))  木と、草と、果物のみが立ち並ぶ。 静かな、土地でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1922 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:18:58 ID:jZAdzb+2



                                     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                     |                             |
                                     |____________________|
               ,ハiヽミハiヽミ                   |                           |
             ,,/"・,,/"・,, ミミ                 | .| ̄ ̄ ̄ ̄|  .| ̄ ̄ ̄|.  .| ̄ ̄ ̄ ̄|..  |
             (。/(。/ )   ミi┬―┬‐'⌒ヾミミミミ彡   .| .|        |  .|      |.  .|        |..  |
                ノ  ノ    |_|_____.|二ニニニニニニニニニニニ| .|____|.  |      |.  .|____|..  |
               ,(  ,( 、  ,,)_.||_彡(  ,,ノ         |              |      |                |
                ////( ノ."    ,ノ.ノ, (      |二二|              |      |                |
               // // \\Yフ  , '/  い         .|_______|___|________|
              くノくノ    ″"  くノ    //"       |_,,‐‐、 ,,‐‐、__|三三三|___.,,‐‐、 ,,‐‐、___|
          ____________くノ_______'、___ノ'、___ノ_______'、___ノ'、___ノ______
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【夜会話:対象決定】 【1D3:1 (ファリエル・セイラ・KGS)  ※同行者は別ルートです
. .┃|(
. .┃|))   ※今のヤバさ  【1D10:7 (1-3:村二つ目 4-6:旅人含め 7-9:陥落寸前 10:/(^o^)\)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1923 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:19:46 ID:0ortS03N
アカン!

1924 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:20:01 ID:OWLFiVli
おおい!!?

1925 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:20:22 ID:Vqm5bTZ5
ファリエルさんプッシュ期間始まった?

と思ったら向こうが終わってる感じだった(白目)

1926 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:21:28 ID:va/3eMZE
なんとか持ちこたえてくれ


1928 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:25:14 ID:jZAdzb+2



                                        _ --
                                       , ' ................`ヽ
                             ,、  ─―-ミ{V乂........................
                            。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
                        /    , '    `~、/ ⌒\>、.
                            i          \   ⌒\>、....../
                      /        |           \  /⌒__><
                            |         \   \イ    }::::\
                     /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\
                      ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
                      |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}
                      |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zリ  レ'   \} :::::|   〉:::::,'
                      |/ .| .∧ 乂zリ  `ヽ      ./   / |::::::: |   .:::::/       ……何だか、静か過ぎませんか?
                          | ./ } ',     `        /   /..|::::: |  /:::::.
                          レ'  ,'  込     (  )   ./  ./   |::::::: |. /:::::/
                        /  /   ≧s。 .__. イ  .∧. |::::: |/:::::/
                        /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/
                        / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
                         / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /
                      ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
                        { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /
                       '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
                     八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
                       \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
                        \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ギルドが出してくれた御者の頭越し。
. .┃|(
. .┃|))  馬車の中で立ちながら先を見ていれば、隣にファリエルが立っていました。
. .┃|(
. .┃|))  「【1D10:4 (1-3:確かに 4-6:警戒を 7-9:はい、そこ 10:熱烈)」
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1931 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:32:20 ID:jZAdzb+2





       {:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ‐-|:::::::l: : ヽ、_ト、   |ニニニニ三三三}:::::. }ニ} i:l                {......:::::_:::::::ァ‐i:/   , -‐=ニ二二二二
        丶:\:.ヾ‐┬-、ヽ |::::::丶.: : : :|. \ ゙、二二二二三三,':::::::..∨l_」   l   |   、  _ハァ''゙´ `¨´ .j′ /⌒ヽ二二二二二
         \:.:.:ヽ::l_  ∨.|::::ハ::::i _ !  ヽ_\ニ二二三三/:::::::::_/ 〈 _,ィュ_|  _ ! _.ィュ二ニノ      / /二(_ノニ二二二二
           \\ハl`ー'‐|::::|ノl:::|´ ヽ|`、 / ヾ‐ニュr‐ ´ ̄ ̄ ̄  ...... ヽ二ニ‐=二ニ二ニ/ ̄     _ノ /ニニ二二二二二二二
            \丶  _j .::|:::;ヘ\_」 ∨fj   `、::::l / ̄`ヽ ャ::::::_:>-、/ヽ、二ニ{二´ _____, -‐''゙´ _ノニ二二二二二二二二二
              `ー` /.:.::|i:::!  ∨ \|    ヽ::l' ┌-.、 丶ヽ{: :_;ィニ=‐ュ_{二ニ/二 -‐''゙´ _  -=ニニ二二二二二二二二二二二
             /,.イ.:.::::l l::::', /   .:::l   .::::::/7l .|二ニヽ ヽヽニニ)三三=-‐''゙´ _  -=二二二二二二二二二二二二二二二二
           /.:/ /.:.:::::,' l::::;'  _.二!  .  .::::::l j二二ニヽ、 `ニ二 ̄_ -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄
          ./.:/  /.:.:.::::/  Y /=ニ∧  :: .:::/ ./二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄
        /.:/   /.:.:.::::/   { (=ニ_ニ-‐ゝ .:/ /二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄       _...........-‐::::::::::::::
      /.:/   /.:.:.:::::/    ゝ'゙´ __ _>'7  {二二二二二二二二二二二ニニ=‐  ̄      _........-‐:::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::_:二=
      .:.:./    /_/⌒ヽ、  (  >{ { `  {  `ー、二二二二二二>'''" ̄     _ .....-‐:::::::゛:::::::::::::::::::::::_:::_::二-‐<二 ̄
      /  ,.-‐/ ./  ,ィニ二>''゛´  .. .......::_:`ヽ   `ヽ二二二ニ/     _,...:::::::´:::::::::::::__:_:::::-‐::::::i ̄:::::、   :::::、\:: ̄ヽ_,-
       __r'゛ / ,  /=/¨´   .....:::;ァ、_! !/´  ̄ヽ`ヽ   ヽニニ/   ,..:::::´::::::::>''"´ ̄ :::i       ::::::l   :::i    :::丶 \::::::i::::
      ´  lニ/  l  |二〉ェュ、>'゛l´  ヽ´     :丶 丶  ヽ‐'  /:::::::_ァ‐  ̄:::!    ::::l     :::::::|   :::l     :::::::ヽ \j::::;
        ,イニl  |   l二二二/  イ.   i¨ヽ   .:::::::∧ 丶     /::::::/,イ   .:::::j     :::::l    ::::::::|    :::l    ::::::::::、  丶'
       /二/   ハ_ノ二二ニ〈 /jニュ_  |ニニ\ .::::::::::l ヽ  、   /:::///  .::::::l       :::::|     .:::::::::|    ::l    ::::::::::::、  ヽ
      二ニ/   ノ二二二二二ニ/二二二l二二=、:::::::_l,ィ´ \ ヽ/:::/-‐'::/   .::::::::l       ::::::l    .:::::::::|     ::l    ::::::::::::::i
      =/`ー'-ヽ二ニニニ>'二二二二/ニニニゝ'´     _\l::/::::::::/  .:::::::::j      :::::::l     .:::::::::l      ::l    :::::::::::::::l
             `弋ニ ̄二二二二ニ/二ニニ/ _ -‐.7 ̄ \:`:::::::::/   .::::::::/     :::::::l    .:::::::::::!       :l     ::::::::::::::::l
               `゙<二二二二/二ニ/x<7::::::::/    /::::::::::/   .:::::::::j      ::::::/   .:::::::::::j      :l   ::::::::::::::::::l

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「警戒――――。」
. .┃|(
. .┃|))  「ああ、勘付くのが遅いわよ。」
. .┃|(
. .┃|))  ピリッとした違和感。 周囲に何かがいる。 そう思い、叫び声を上げれば。
. .┃|(
. .┃|))  とっ、とっ。 二回の移動で馬車の上に跳ねた姉弟子……アナスタシア。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1933 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:38:22 ID:jZAdzb+2



                                               -――-
                                           /:. :. :. :. :. :. :. :. \
             ___                       -=二:. :._:. <二二``丶、:ヽ
              ̄ ̄\、                    /' /:. /:./:. :. :――:. :. }⌒トヽ}
             r====ミ}}    ____( 、( 、____   /'   '-=彡/:/:. :. /:. :. /:. :. :':. :.ヽ― 、
            ____r┻<――― \:. :. :. :. :. :. :. :.\   |   |:/:. /:. :. /:. :. /:. :.ノ:. :. :. }   \
            :. :. :. :. :. \  )        /:. :. :. :. :.:.――\   八:. :.{:. : /_彡:. :/:./:. :/ ̄`丶、ヽ
            :. :. :/:. :. :. ヽ〈⌒ヽ    ,:. :. :. :. :. / ̄ \:. :. :. ――\:. :. i弋ソ /' ィ_ソ:./_xixixixixixヽ!
            :./:. :. :. :. :. : ) )___/:. :. :. :. :/     >――=二ヽ从   '__/⌒~コ_ \xixixix|      __
            :. :. :. :. :. :. /<   _从:./V} /   /:. :. /7―=ミ:. :. :.ヽ\_/'/    /  \ \xiノ      /:::::::::::::)―
            :. :. :. :.彡'  / `¨¨´ ̄ ̄|:.| ヽ/  /:. :. :./  /    >――<    / , ―<\ /_   /::::::/ ̄\::::
             ̄//  ,          、:\  /:./:. :. :., ―{   /:::::::::::::::::::::::::::\ノ / /===``  、 ― /::::::::/_ヘ:::::::::::i::::
             ' /  /           `¨⌒ ':./|:. :. : i  |  /::::/ ̄ ̄ ̄\:::::::∨,  ,-=二=-__  \:{:r――ヘ:::::::::: |::::
            / ,'  /               {' |. :. 从   |  {_ イ///////// \::::V  ii-=ニニ=- __ \    }:i:::::::::::::::
             /  ,            __      人:. :. :. \ 7':::::::::\___ /:::::/  ̄  |i-=ニニニニ\ ヽ   /::::::::::::::::::
               /        // ̄``丶、    ト――ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト-'⌒) |l-=ニニニニニ|  |--'::::::::::::/ ̄
            / ,      _ ――――<: : : \  { r‐ '"::::::: {:::::::::::|:::::::|:::::::::::::l   '  -==ニニニニニ|  |::::::::::::::::/
            ュ_{_  -‐ / /  /: : : : : : : :\ : : :\ /――'⌒、::::::::::|:::::::|:::::::::::::|/ /-=ニニニニニニ|  |:::::::::::/、
              /   / /  , : : : : : : : : : : :\_ノ      _ \::::::、:::::>'"   -==ニニニニニニニ|  「 ̄    \
            ,/ 二二  ´ /: : : : : : : : : _/ __  {___,.> '" _ -=ニニニニニニニニニニニ|  |        ヽ
              / ⌒><: : : : : : : _,,..   _ -= へ _  ̄ ̄ _ -=ニニニニニニニニニニニニニ |  |          i
          /  /: : : : : >‐     _ -=ニニ { 乂 ))-=ニニニニニニニニニニ=-      ―――――┘          |
            / , -――-< _ -=ニニニニニニ≧≦-=ニニニニニニニニ=-    <       ヽ           ,
            _:,.::::::::::::Y'⌒Y::::ヽ-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-    <_> \      |          /
            /::::::::::::::乂_,ノ:::::::::V-=ミ-=ニニニニニニニニニニニ=-   <_ノ: : : : : :/ /     /        /
            {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} \ \-=ニニニニニニニ=-    <_∧、: : : : : : :/ /     /_   - ―=彡
          :::::::::::::::::::::::::::::::: ∧  \ \-=ニニニニ=-   -‐ ――――\、___:/ /    /    _    __/
            -=、::::::::::::::::::::::::: イ: \  \ \-=-    <         / // ̄\、_/   /         \
            -=ニ>――=彡'⌒\ \  \ \  <    ―――=≦   / / / / /   \ /            /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  くるり、とその場で一周すれば。
. .┃|(
. .┃|))  木々に隠れていた物陰から、幾つもの首が宙を舞います。
. .┃|(
. .┃|))  「……取り敢えずは簡単に掃除したけど、この辺一体もうヤバいわね。」
. .┃|(
. .┃|))  ……一体何だこの人。 そんな認識が最初に。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1934 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:41:18 ID:jZAdzb+2



                                         __
                                 _.. -‐-  rイn||`ヽ
                               , '´   \.   `ヽn彡}
                              / /  <|\\\\ `,´|/
                               /  /   |  | \\∨`}´、
                          。s≦\.,'// //.|  | | \|∧リ∨}
                       >´``ヽ j リ////ニ}  |ヾ\| ∨リ/ン
                               `! { | ○ ヽ.」 ○ヽ |,'
                            _` ! ト        }リゝ        ……今何が起こったんですか?
                            。-‐  -‐-| !、 ┌‐┐  夕,'
                       / /´     j ∧s。  ̄ . </
                                 j  ∧\ ~iイ/ {=┐
                            ゝイ {   } /~|-‐‐‐‐x|〉
                            {‐t .人   {  .{   / ヽ    n.n.n
                            /  |:: :: ` ゞ 」、 |ヽ_/¨¨\`ヽr 、.|.||.||.|
                           /  C‐ 、∧jj/ 、 ̄\____/:: ソヽ,.。-‐t,,i
                         /┐ .C_l:: :: | | \____|リ リ:: :: :/|l .ゝヽ:: :: }-,
                            |:: :| |:: :: :: :: 厶 |   |  | | |--イ/:: :: :: :i:: ::」´

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「僕にもわからないけど……明らかに腕前に格差あるよね……。」
. .┃|(
. .┃|))   身のこなし、判断速度、戦闘の勘、見えなかった何か。
. .┃|(
. .┃|))   逆に言えば、この人が一人なのも理解できた気がします。
. .┃|(
. .┃|))   強すぎて。 或いは、邪魔になってしまう。 ――――それだけではない、とも思いました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1936 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:45:35 ID:jZAdzb+2



                                         __     _
                                    >''"       >< || \
                                 ,  '              \ / ヽ
                              _/                / ‘,/ }
                            ⌒7    ./           /   /
                                           /    / }彡 /
                                | /|   :|           /  . イニ\
                                |/ |   :|、          ./   /|ニ|\.ニ\
                                 |   :| }              ' |ニ|  \.ニ\_____
                                 |   :|ノ`丶          /  .|ニ|   \ニニニニニ|
                                 |   :|    丶、/// /   八ニ\    ̄ ̄ ̄ ̄
                                 | :| |─、 _,,.. ──〈      \ニ\
                                 | :| |  /       \__   \ニ\
                                  /⌒`~、、 __ -‐   \ `ヽ  \ニ\
                                /⌒ヽ                 ヽ }     ̄⌒
                                 /  /::::∧               \
                            /  |___ ∨                \
                              /   __| '                    \
                          八   (::::::::::::::∧                    \
                             |\ |:::::::::::::::∧               __ -‐ ̄
                             |  /─‐‐/ ∧           __ -‐
                             |_  |:::::::::八   `'' ────     |
                              丿:::¨ ─/  ゝ   |!    |!    |!   :|
                              ::::::::::::::, '     ‘, |!    |!    |!  八
                               __/      ∧ .|!    |!    |!    \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:3 (1-3:いつかは 4-6:でもあの時 7-9:私は 10:熱烈)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1937 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:48:58 ID:jZAdzb+2



                        , ― 、 ==ミ、 rY⌒ヽ
                       /   \ \ =( ノソ)
                        /i{.  、\  \ ヽ ゞ-彳
                    ァ'.  \ `¨¨¨>.ヽ、_≧=-\
                    /  |レ',.', >=- 、ヽ  ',   ',
                /イ l /从ヾVイ"う芯.   ',   }!
                   l{ | ,'l {笊ハ    ゞ'´八 八  ,イ
                 ゞ.乂ハ ツ、   ""./  /_ィ          ……大丈夫です。 いつかは。
                    。゚/  l"" ャ⌒)u/⌒廴  `守
                       / , 个。、. ´ /⌒:ヽ. `Y ャ  寸
                  o ,'  {  _,、フ.: : : : : :\(  V   ヽ          ,、丶```~、、
                    从 ゞ_ハ |.{ |\: : : /: : ,イ)  VzzzzV        >''">''" ̄ ̄ \\
                      〈ヽ、〉'_}. |:/: : : :/. 乂_ノ⌒)_ス.   ≫'´`''<――‐-=ニ  _\\
                       /´ : : :l 〈: : : : : /|.       '、_>'{  ヽ    ヽ.   `ヽ:::::::::ヽ::`~''<
                       | : : : : : :l_ | : : : /: |\_____,イ/ ,    ',\  ヘ     ヽ:::::::::',::::::::::::::`守
                    ',: : : /: } | : : : : : |.        / / ./  >''  |   |     ヽ  }:`` 、   }寸
                      ヽ彳: : :ヘ.| : : : : : |\____/‐i{  /    /   ,'      ', . l   \ノ. マ
                          ∧ : : : : | : : : : : |.       {_./´      /   /       ノ:'´!  ,. イ   ',
                        ∧ : : : | : : : :/ |>――‐{ /.      /   /      / / }''´      几
                            ∧ : : | l : :/ : :〉ニ=- 、 ∨     /   /       ァ'´./.:::イ         ,′',
                         \〈: :∨: : :l|.     /     /   /     ,イ、._ァ''¨´         ハ  V
                              | : : : : /|     /     /   /    .イ  /            / ヘ  ∨
                              | : : : / :|.    /    /   /.     .イ   /          /.  }   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「だと、良いよね。」
. .┃|(
. .┃|))  道程は、未だ先で――――。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1940 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:52:00 ID:jZAdzb+2



                         ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
                       ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                                          ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                                         ノ (                             |::| ..:::|
                                  、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
                                ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                         ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
                 工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }    ...`=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
                 __|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!    |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
                 _|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::ゝ  ...|:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
                 __|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .::::::::::::  、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
                 _|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
                 __|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェ  ...::... .   .
                 _|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ   ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、
                 __|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、v,;.wVゞ;v;.  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )
                 _|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  .._/\二:   ::Vィ'  (ソヘ (::.:
                    : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
                   )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
               (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
                    _ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
                       _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、近くにやってきた時には。
. .┃|(
. .┃|))  既に焼かれ、未だ燻るこの世の地獄が待っていました。
. .┃|(
. .┃|))  苦しみながら死んでいったのであろう焼死体。
. .┃|(
. .┃|))  明らかに裸で、首を切り裂かれながら死んでいったと思われる半分ほどが焼けた死骸。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1942 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:55:21 ID:jZAdzb+2








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【判定】:知識:【魔法】:目標値12 【3D6:8(2+1+5)】+【1D6:6 (※適切な助言が可能な人物に因るダイス・ボーナス)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








1943 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:55:52 ID:va/3eMZE
危ない危ない

1946 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:59:40 ID:Vqm5bTZ5
セーフか
ホント毎度毎度ギリギリの綱渡りしてんなぁ


1947 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:59:52 ID:jZAdzb+2





                               rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                             lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                 Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                             <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                            ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                             r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                           ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                            l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                             /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                          /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「いや、これは……。」
. .┃|(
. .┃|))  死骸に触れれば――――帯びた、魔力の残滓。
. .┃|(
. .┃|))  「多分、人は人でも……。」
. .┃|(
. .┃|))  ファリエルがそう呟けば、初めて見る死体に怯えたセイラが「彼」の背中に抱きつきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1948 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:02:44 ID:jZAdzb+2



                                    _,、丶`.:: .:: .:: .::\              /ニ7
                                 r-‐‐=ミ\.:: |\.:: .:\          _ ニ
                               j|.:: .:: /.:<.::. |⌒ヽ.:: .: \         _ 二
                             八.::.:<:イソ ̄ ::. |ノ.:: .:: .:: .:: .:.        _ 二
                               }.::.::ノ   |.::.::| 、.:: .::\.:: .: :.      _ 二{
                                  从:人   ノ.::从 \.:: .::\.::.}i    ノ)//{
                                  /.:::个/ ̄ ̄\ ̄ ̄\: 八 __ V::::::::::::ク
                                 /.://.:/      ∨ ̄ ミ</    ノ=ミ/ \
                               /⌒7 '.::.:{  ,.   二二〕  | | ヽ   ̄ |::::/:ハ \ \
                                /  { {从ハ///////i   | |   | ヘ_ / ̄\:|   >  >
                                 /  {〈_ /'//////∧__ //⌒Y/| \   \〕 / /      ……誰。
                          __ ,、丶`  / 、  i /// ̄ ̄ ̄|人 /// |i \ / / | |
                        _|        / / 〕 \' / ̄ ̄ |  ∨_彡'__∧ 〉| | |
                     ⌒>\ \ ___,、丶` /  /   八    ____〉___///::::::::::::::::Y | | |
                     /.::.::.:::へノ     /   〉-=二二ヽ _/\ \V/::::::::::::::::::::} | | |
                    /.:: .:: .: /      /   / 〕二二=-  〈   〕 〕〉:::::::::::::::::::::: 、 ∨ ,
                     /.:: .:: .: /     /     /「 ̄ ̄     \___ /:::: 〉::::::::::::::::::::::∨ /
                 :: .:: .:: :/     \__/ノ二=-      \::::_{⌒ヽ::::::::::::::::/ /
                    {.:: .:: .: i      <_彡/        /      /:::::::::::::〈 :::::::::::::/ /
                 i|.:: .:: .: |      (:/ '        /        \:::::::::::::人\::::/ /
               八.:: .:: .:.      //          i         ∨ ̄ ̄\_:\
                    、.:: .:: .:、  / ,          |          ヽ:::::::::::::、) ``~、、
                  \.:: .::∨   /             人      、  \ {::ハ::::{\〉      ``~、、
                      〈.:: .::/   /            \      \   \ ヽ:)            \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「……それは《ゾンビ》と化した、蘇った死骸でした。」
. .┃|(
. .┃|))   街の向こう側から、通りの向こうから聞きなれない声がしました。
. .┃|(
. .┃|))   アナスタシアが、声の後に反応した。
. .┃|(
. .┃|))   つまり、それだけ其処にいる違和感がない相手だったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1949 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:05:09 ID:8Ve2Tmiq
誰だ……!?


1951 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:06:34 ID:jZAdzb+2



                    'i:i:i:i:i:ij:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:/:i:_;i:、丶´i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                   j{:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i/:i:i:i:i:i:i:/:i:´7"i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:_ノ:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                      ハ:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:⌒7:i:i:i、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂_
                       {:i Ⅵi:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i:i/:i:/:i:i/:i:/:|:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:;' ⌒
                      乂ヽj!:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//:i:i/:i:/:i/:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:\:i:乂_:i:i:i:i:i:i/-
                      ハ:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:_;;:、丶´:i:/:i:i/:i:/ヽ:i:i:i:i:/;::i:i:i:i:i:i:`⌒、:i:i:i://///\
                       ノイ!:i:ハ㍉:;i:i:i:i/i:i/_:i/  ,ィチ示ハ:/:i:/i:i:i:i:i:i_:i:i:i:i:i:i:>///////ハ
                           八:i:i! 乂ツ//j/⌒     乂::ツ i:i:i:i/:i:i// /:i:i:iji:i:i:ゝ////// ∥
                        >''~///_:. `"_/  ′      ー‐''厶イi:i:/  イ:i:i:i:iハ//////// ∥
                    >''~////// }',                    从/ /  |:i:i:i/////////// /   ……ギルドから依頼を受けてきた、【クルス】と。
                 >''~////////  /∧   /                    ムイ///////////
         _  -≠ニ -‐…… ミ:/  ///∧  、 _               ,.:′  ./〉/////////     見る限り、貴方方もそうですね?
          ̄ ̄         ,.:′ /////> 、.,,_        ,      /   /__//////>''"/∧
                   / , -‐-―''"   .ハ  ̄    ̄      イ_- _ /-_-/ />''"//////∧
                    ノ/    _,,.、丶´///丶 ``    、丶`/_-_-_|_-_></////// / //∧
                 ,.:/   γ'"////>-、////ー‐<  /-_-_-_>'"///////////:/:////∧
                ./´  、ヽ`  ̄``'<  ////// }、   /-_-_>'"//////////////:///////∧
               /、ヽ`    , -.. _  `K///////,-_Υ_-_>'"/////////////// //////////\
               ,.://   _,.. -‐…、/> ___>/////:|_-_>'"//////////////////://///////////\
             //,:′/       `、  //////////////////////////>''~//////////////////∧
         .///  ´     イ⌒ヽ ノ ///////////////////////>''~////////////////////////,
      ..///:/       イ  ノ{_,:′'///// ////////////////////////////////////////////,

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  黒いマント、その下から見えるギルド員を証明する紋章飾り。
. .┃|(
. .┃|))  警戒をある程度緩めた上で、「……そうですが、一体何が。」 そう、問い掛けました。
. .┃|(
. .┃|))  「恐らくですが……【1D10:4 (1-3:恨みが 4-6:おかしい 7-9:裏に 10:熱烈)」
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1952 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:08:33 ID:ofoh4h9n
おかしいとな?

1953 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:09:33 ID:8Ve2Tmiq
おかしい、ねぇ……


1955 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:11:48 ID:jZAdzb+2



                                >………<
                               >''´/::::::::::::`ヽ::::`'' 、
                           乂.-=彳:::::/:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::ヘ
                              ,ィ::::::::::::八::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::ヘ
                           /:::从:::::::::::::):::ゝ::::::::::::::::::: }::::::::::ハ
                              {イ::::::::ヽ:::::イ:::::::::人:::::::::::::/:::::::::/::::::〕
                            }::::::-=≦::::::::::::::::::ヽ:::イ::::Y:::イ::::::::ヽ
                          ゞ彡::八:::::::::/¨Ⅳ::从::::::::ハ:::ソ::::::::::イ
                             ゝ:(ノ::,ァ'゙ "芯ソ≫爻::::::::彡ヘ::::::ミ     ……少なからず、違和感があります。
                                く       ノイノ -彳::ソ
                             , ―、       ' '^¨「:::::ハ{
                            /\-、_〉    _,,    |::从
                        _√\ ',>、_,,、<´_ ‐''´`∨ /
                          | `ヽ }ノ /_} ̄.       ∨
                          | ゝ'‐'  ,イ//ハ   ∧  ,x<}
                          |     ,ィ//// `    ,。<////ム
                        ,斗∧__l////  ,,、</////////心、
                          /)h〈__,,、|/// ////◎//////////心、
                    〇////////////////////////'//////ム
                      〇//////////////////////////////////ム

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「到着した時点では、死体だらけの街となっていた」
. .┃|(
. .┃|))  「周囲を探索し始めたところ、死体が全て起き上がってきた」
. .┃|(
. .┃|))  「致し方なく、生存者を探した上で街に火を放った。 それが約四半日前だ。」
. .┃|(
. .┃|))  彼、クルスが言うことを纏めるとこうなりました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1956 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:14:38 ID:jZAdzb+2



                                  /⌒ヽ
                             >''"/   ヽ─-
                              /   /           `丶、
                                       \    \
                           /              \     \
                           /   /      {     \
                              /  / |   \      \
                        /    ./  / .|     /\     \  \  \.
                        /         |.   /   \      \  \  \
                     / ⌒7      /-‐‐ |   /  -‐‐- \     `、  ヽ、  \
                          / /   /     |   {       !\    `、  ',\  ∨
                         /        八                   `、   ヽ ∨
                       { イ  ,イ {笊竿ミ ヽ  ヽ.ィ竿竿ミ } !  :!\   ', }     }       ……おかしいですね。
                           ∨|   | | ' 乂ソ   \ } Vzソ   /.| :!  \  ∨  .} .ノ
                        八  | |乂 \、、、 '  }/  、、、/    :|  ノ ‘,  '  ノイ
                          \| l  |⌒           ⌒7 /     :|    .}
                               |  八      _ _   u / /  /|  :|  } /
                               |  |s。       ./ / /  /..|  :| .ノイ
                               |   ||      - イ: : :__.   /   .:|
                               |   ||    >'~`、/  {   ./_    :|
                               |   |>''" /|:|\   .|    ニ=-..._|_
                               |   }  /  八  \| ./       ≧=-、
                               |    八//  |    .|/!     /⌒ ヽ   ヽ
                           /|  / 〈   /  ト、__/| |   /: : : : : : ∨ /
                            { |/   \_/ ./ |___ノ ∨/: : : : : : : : : ∨
                            /乂 ‘,    /  !     /: : : : : : : : : : : : W
                             / 乂  \  ./  |    イ: : : : : : : : : : : : : : :}

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「はい」 「そうよね」 と、口々に漏らす女子二人と不詳一人。
. .┃|(
. .┃|))  どういうことか、と尋ねてみると。
. .┃|(
. .┃|))  「起き上がった死体、ゾンビが生まれること自体はおかしくはない。 問題は、その量」とのこと。
. .┃|(
. .┃|))  ――――周囲の怨念を集め、生まれる起き上がった死体。 街全てが起き上がるのは、異常だと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1957 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:19:03 ID:jZAdzb+2



                               、、-=≧:〉―、、
                             ゝィ::::''":::::/::ハ:::ヽ`''-ァ
                             ,イ::::八{::::::/::/:::::::::::',Y::::ヾ''
                          、z彡::::::::::::::/:::{/::::::}:::::::ハ}:::::::ヘ
                        /::/:::::::イ:/{:::::::::::::メ:::::ソ::::ハ::::::ミ=-
                         lハ::人:::{:{:::::::/::::,イ:::::}从::::::::::::≧     それも有り、どうしたものか思案していたところです。
                          ゝ彳:::::::::::::イノイ:::,イ:イ、::::::}Y::乂
                            从:::::::::ム::::::Y::/〃沙 }::://:ハ!
                           ゝ:::::::伐ツゝ::{     从'::::{
                              ヾ爻   }     / ヘハ
                                 ` 、  -_ ‐ イイ´{、、
                                      >、__.イ  父Vム
                               _>''~ニニ}、.   _,イニニh、
                            {ニニニニl `¨¨./二二二ニ)h、、
                            |二二ニニ|    /ニニニニニニニ)h、、
                            lニニニニ|.  /ニニニOニニニ/ニニ〕
                                 ヤニニニ|.  /ニニニニニニ/ニニニ/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……確かに、明らかな異常事態が同時に進行しています。
. .┃|(
. .┃|))  方や、子鬼の軍勢。 方や、街で起こった死体の群れ。
. .┃|(
. .┃|))  で、あるならば――――。
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:8 (1-3:先ずは報告を 4-6:子鬼を 7-9:死体を 10:熱烈)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1958 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:19:40 ID:0ortS03N
いけるか?

1959 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:20:02 ID:8Ve2Tmiq
よし、今回は高いな


1961 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:23:08 ID:jZAdzb+2





                              rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                                  lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                                  <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                                 ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                            r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                          ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                           l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                            /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                         /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「手を分けましょう。 僕達はこの死体に関して調べます。」
. .┃|(
. .┃|))  「……成程、分かりました。 では俺は子鬼側に回ります。」
. .┃|(
. .┃|))  手早く緊急時の狼煙や連絡手段を確保。
. .┃|(
. .┃|))  馬車で三日もあれば端から端まで移動できる距離感の領地です。 ……そう、余裕もありませんでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1963 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:25:55 ID:jZAdzb+2



                               _   -―‐ -
                            ,, -‐==ー \:. :. :. :. :. `丶、
                        />''" ̄ ̄``丶、\:. :. \:. :. : \
                        /: / :. :. : : : \:. :. :. \:.:',:. :. :. :. :. :. :.\
                        ':. : /:.i:. :. :. :. :. :. \:. :. :. :. :',:. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
                      /:. :. /:. :| : : :. :. :. : |:. :.\:. :. :. :',:. :. :.',:. :. :. :. :. :.
                      ,:. :. :. :. :. |:. :. :. :. :.:斗:. 匕 ̄ ̄ :. :. :. :.:',:._:. :. :. :. :.
                      :. :. : i:. : |:、:. :. :. :. : |\jI斗=ミ:. :. ',:. :. :.', 〉 :. :. :. :.
                      i:. :. :. |:. :. :. \ : :. :. | /^f⌒刈 》 : : :. :. : V:. :. :. :. :. :.       死体に関して、はいいけど。
                      |:.|:. :. |:.イ∨  \:. :.|   ゞ  ´ ’ :.:.i:. :. :. i:. :. :. :. :. :. :.
                      |:.|:. :. |:从x≠ミ   ̄        |:.:|:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :.      具体的にどうするの?
                      |:.|:. :. |:. : 、 vソ ,          j:/:. :. :. :|:. :. :. :. :. :. :. :. :、
                      |人 :. |:. : ハ               /' |:. :. :. |:. :. :. :. :. :. .: :. :. \
                       |:. \l: イ :. .     , -      /|:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
                       |:. :. :. : i:. :込               ' |:. :. :. |:. :. :. :. .: :. :. :. :. :. :. :.:.\
                       |:. :. :. /|:. :. :个         /  |:. :. :. | 、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
                       | :. :. , |:. :. :.:|:. :. :. :. :. ー‐ '⌒ハ _,|:. :. :. |ー―――   :. :. :. :. : : \:. :.、
                       |:. :. :  |:. :. :.:| :. :. :. :. :. :. :. へ<_>- _:|/       ヽ:. . :. .: :. :. :. :.
                       | : : i  |:. :. :.:|:. :. :. :. :. :. /:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i/\         :. :. :. :. :. i |:.|
                       | : : |  |:. :. :.:|:. :. :. :. :. r '":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::(:i:i:i:i:i:i\      i :. :. :. :. :. | |:.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「【1D10:1 (1-3:遺品調査 4-6:外部の確認 7-9:巣の調査 10:熱烈)を。」
. .┃|(
. .┃|))  ある程度割り切って、それも手早く調べなければならない状況下。
. .┃|(
. .┃|))  ……アナスタシアがいてくれたおかげで戦力は確保されています。
. .┃|(
. .┃|))  其処には、素直に感謝しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1964 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:27:09 ID:0ortS03N
ここで腐るか


1965 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:27:29 ID:jZAdzb+2



                          / : :. :. :. |:. 斗≦三三三三三三三三三三三三≧ト:|:. :. :. |:. ヽ
                            :. :. :. :. :.:.|:. :.:|:. :. :. :. :. :. :|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. | :. : .
                            |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :. :. :. :. : .:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. |:. :. :i
                            |:. :. :. : :. |:. :.:|:. :. :.|:. :. :.:.:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :.:.|:. :. :. :.:|:. :. :. |:. :. :|
                            |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :‐---- :.イ:. :. :. :. :. :. `~‐--:|i--‐:. :|:. :. :. |:. :. :|
                            :. :. :. :. :.|i:. :.|:. :. 人:. :. :. :\:. :. :. :. : ハ :. :. :.八:. :. : i|:. :. :. |:. :. :
                         i : : :. :. :八:八==========: \:. :. :/ ==========八 : : : |:. :. i
                         |:. :. |:. :. :. :.i ヽ  )i j 刈     \/    )i j 刈 / i:. :. :.:|:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. : :   乂辷_ソ   . . . .   乂_辷ソ   ,:. :. :.:.|:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :.         . : : : : : : : .          .: :. :. :. |:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :. .             '           / : : :. :. |:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :.込                   イ :. :. :. :.:.|:. :. |
                           /|:./|:. :. :. :. :. :.个         _       个 |:. :. :. :. : |\:.|ヽ
                           , : /  |:. :. :. :. :. :.:.|   >  .   ( ⌒ )   . <  |:. |:. :. :. :. : |  ヽ:. :.

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))        【手分けしよう】 【1D3:2 (ファリエル・セイラ・アナスタシア)
. .┃|(
. .┃|))        【判定】:遺品調査:【探索】:目標値15 【4D6:10(3+1+3+3)】
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1969 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:29:13 ID:jZAdzb+2



                                          -―- _
                                       、‐゛    .::/ ``丶、
                                      / /   :/  \   ヽ
                                     '.: .:':  /  .'     ヽ    ',
                                   /.:' /.:' /  .:'  :| .:|.:|  i :ハ
                                  ,.:  i :ト/:._ |.:.:i  .:| .:|.:|  |/ ',
                                   i :|  ィ=ミ.:八从 ̄ :| .:ト.:|  l/ヽ
                                   | :| .:| f心    ,冬トミ、:|  |//i i
                                   ∧ :| .:| ヒ::リ     ヒ :::リ 狄  :'_ソ |
                                 , .: :| 人"" ,    ,,ー'_彡'   //| |
                                / /.:.:|  i />、 、    イ{//  ;i|'八八
                                  / ,:  |  | 〕:个 ‐<へノ/   ∧//,\ 、
                               / :イ   八 :| 〕八:::::゚。_。:::゚/ イ  ,/|////,ヽ\
                              , / :|  , | : |  ヘ_ )::(⌒) / : :! .:i  ∨////|
                               i   |..:/|7.:从  (∨ ⌒V/八 :|   \//∧
                               |   |:, .:|_,/  ヽ  〉人 _ノミ/  ヽ  {: /\{ 、
                               |   |.: .:|/  __ (/ 八  )   `、 /    >
                              |.: .:|  ̄ >人:::::乂トミ{/  ,.へ V    |\
                              |  〔 / 7 ∧::::::∨八 /:::::::7 トミ _|  i
                                八  〈ニ ' /二i:::::: ∨〉/|:\:::::|\!二 |二\|
                                /\ ∨::i 二=|::::::::::∨:/::::::::::::|二二 /二二\
                               /二ニ=\、:| 二=| ::::::::: |/::::::::::::: |二二,二二二ニ
                               /)乂_,.彡⌒ \:ニ八:::::::::::|::::::::::::::::::〉二ニ{二二二二
                           イニ⌒辷=‐----|ニ:/ニz\ :: |:::::::::::::::/二二 }二二二二

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))     【《制作振り直し》:判定】:遺品調査:【探索】:目標値15 【4D6:7(1+2+3+1)】+【2D6:11(6+5)】
. .┃|(
. .┃|))     ※《孤高の天才》発動ボーナス:セイラ同行&生存ボーナス
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1970 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:30:06 ID:Vqm5bTZ5
セイラさん!

1972 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:30:59 ID:7bBcVjrN
やはり天才か



1973 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:32:26 ID:uYRZUTZB
ん、これどういうことだ?
セイラ同行でボーナスが入るってのは分かるけど、振り直しにしかかからないのかな?


1974 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:35:25 ID:jZAdzb+2



                                        -――-
                                    。≦        ミ== 、
                                  / /           ヽ  、ヽ
                                 /  /   .i    i  i    ,  ,,
                                 /   i   .|i  ./i  .i  i  ,  ,ム
                                 i   l   .|i  i i   il i..i_ i   k }
                                 |   i   .|.i_l_L l |.リ´}./ |i .i  } }
                                 |/アヽ   ≦ヽ{  ヽ{ .レ .f芋}}.i .}, i j
                                 |{ { /ヽ   ィ芋示`    っリ リ}j }./
                                 |.}、__ノi   .{`つ .リ    , ""リ} / i
                                 |l  { .l、   ∧ ""      /i   i
                                 |l  i i ∨  ∧ミ    ´ ./ i   .i
                                 |l   i i ∨ ∧¨≧ミ=イ   i.∨.∧
                                 |l    { .l r ミ、 .∧、-≧oトャ、  i.i∨∧
                                 |∨ // i   ヽ } ヽ `}ヽ} {ヽ }i ∨∧
                                 |. ∨/  .}/    ヽ}\ヽ j{ ヽ{ i .}i ∨∧
                                 |  }  ././    / ヽ ` =}ゝ'ヽ ト }  ∨.ム
                                 |  | ./.i/     `ヽ   マ=-ヽ∨ミ 、 ∨ .i
                             ,  j/ j'         \ .LLL}`ヘ ,t`. ∨.i
                                ,  /-.ァ><><> 、/二ヽi   .} i」マム ∨i
                               , ./ /> ヽ>´\/\|) .V=-t.ノrミ i∨i  } |
                               / , ./i  \    _  /∨∧`¨ ヘi i i マ.i }ノ
                           / , / i    ≧<   .Y  ∨ム   { l__i__}ノ――― 、
                             , ./ i     .∨   .l   ∨ 。o≦ 、        .iミ
                            , i  .l      .},   ∧. 。≦/≦彡        ___{
                               i |   .l   {   .}∨  ∧  {/ヽ  ∧。o≦二 ─ ミ
                            i  |  .l   {  .ム∨   }  。o≦  。o≦

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) ※>>1973
. .┃|(
. .┃|)) 幾ら天才でも切っ掛けや何も知らない状況では分からない、つまり「二度目以降に失敗しない」スキルです。
. .┃|(
. .┃|)) 「改変前」でも持ってはいましたが暗殺されるのが当然初めてなのでそのままつれてかれてアウト。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1976 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:38:14 ID:jZAdzb+2



                               ,        、
                               /         ≧、
                                /                 ヽ
                            /  /          }   .ム
                         / .i / i        i i  i  i. ∧
                           i i .| / .i  i  j   i  .} i .|  i- 、i
                           ,i.i |  ム /.i i.i  iヽ__Ll- .i  l¨ヽil
                           lil. ├ .;-ヽL i | .ャィi .}/j ヽ.l  l .ノj i
                           }i  .i ハ ヽ ヽ{ ヽ| ,r≦芋ァ  }tイ、i
                           il  i 示芋ミ      ヒツ'ハ  l | ∧
                          i |  .i、ヽ ヒツ         ノノi  j .|  ∧
                          l l i .i  ミ   '     //i .i .i   ∧      先生、これ……。
                          マ l l  i  ヽ>i .、 `  / 7Lャ ..i .i \  /
                           7 i  lヽイ { .l ヽ ≧' ノ  | .i l   `ム
                        j .ム .l   } .i  ヽ>={   /i .i|    ∧
                          i /ヽi .l   { i  イ .jマ /.j  lヽヽ  /l
                          j.ム´ .i  i   ヽ/    Y ィ l  l  ∨  ./i
                       i.i ァ┐l  l  ム> 、 __  ィ ヽ.|  i  ∨ /∧
                            /.i   Li  l  ハ ` < /i/i `>-ヘi   |   | ̄iム
                         j .|.ヽ .i  iヽ.ハ\   .i´ ̄  イj|  |/ </ / ∧
                         i i .ヽi  .i .ハヽ.ヘ =┴‐‐∧/ .l  |    .}   ∧
                         | i  j.i  .i .l l   .i   .i    |  |、   .∧   ∧
                         | .l ./.i  .i | |   .i   .i    .|  i.ム   ∧  ∧
                         i  i/ .i  .| .| ノ   j   .l     | ./  i    .∧   ム
                            i / l , ┘./   j   l    j/ ヽ |.、     ∧  |
                         V  }'/7´   ,,,,/ 、___}__      .ミ ヽ   ∧  l
                         {   //    / / i/ ヽ   ヽ     {.i  \   ∧ |
                           fミヽ .//    ノ /  .i  ヽ ノ     {マ       >'

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  セイラの状況を確認しながらの調査でしたが、直ぐに「彼」よりも手早く調査を行っていたセイラ。
. .┃|(
. .┃|))  そんな彼女が見つけ出したのは、一つの死体が握る破れた布のような物でした。
. .┃|(
. .┃|))  火で焼けなかったのか、或いは火で燃えない対策が為されているのか。
. .┃|(
. .┃|))  一度祈り、手を広げて布を調べてみることにしました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1977 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:38:55 ID:ksLUsz87
こんな感じに皆スキル持っててサポートしてくれるのか…


1979 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:43:22 ID:jZAdzb+2





                              lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                  Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                              <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                             ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                        r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                            ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                             l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                        /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                           /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:10 (1-3:焼かれて文字が 4-6:微かに 7-9:ん? 10:熱烈
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1980 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:43:49 ID:jZAdzb+2
はい、君はいつも重要な場所でそうやって引き抜いていくよね(震え声

1981 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:44:16 ID:Vqm5bTZ5
い つ も の

1983 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:45:09 ID:7bBcVjrN
プロット破壊準備完了

1984 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:45:15 ID:ofoh4h9n
ここ重要なんか、やったね!


1985 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:45:52 ID:jZAdzb+2





                               rlV::|ヽ _ ヽ        u   !::/ニ三三三/
                                   lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                 Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                                   <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                                  ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                             r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                           ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                            l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                             /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                          /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  恐らく、下手人……或いはそれに近い人物から破り取ったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  手で護られ、そして火に強い対策をしていたことが幸いし。
. .┃|(
. .┃|))  其処に刻まれていた紋章と、名前を。
. .┃|(
. .┃|))  はっきりと読み取ることが出来ました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1986 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:47:11 ID:Vqm5bTZ5
ばっちり証拠が残ってたか


1987 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:47:12 ID:jZAdzb+2








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|)) 不可思議な色合いと、六芒星のような刻印。 そして――――”無色の派閥”と書かれた、ローブの破片を。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








1989 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:48:38 ID:jZAdzb+2



                                       -‐    ‐- . _
                                   "           ` 、
                                     /' /  /         ヽ   ヽ
                                  / , ′ / ,   /         } ',
                                    / /  '/  / ,/ /   .'    リ ! :l  .ハ
                                   / .'  / /'/ / //  /   /  l l  ! !
                              '  {  ' イ'/l 'l '/ '/  / /j /!; ,! ; .! l
                                   '  l ; /_| ',,| /|l' '/ ,〃 /_// リ|′/i l
                                : .! ゙、 {´ |{ !{ |l '/'//イ /__/.′^| /| |
                             ! :゙! l: 、、ィ≡ミ、/ / {'ィ=≡ミ、 ! イ' l! l
                               l ::  :|Λ`      '′      /'/' l  |
                                 l ::  .l Λ'""    、      '""/   |  !
                                  ! ::  :l :l∧       _       /l  l| 'l
                              l .:::  ::| l::l:::\  ` ‐ ´   ..イ:::!  l|/ |
                               l .:  .:::| l:::|:::l:|:`i...     . イ::::l:::l   |' !
                                l ::  ::::l  ::l|::::l:::「¨¨≧≦.-‐'¬!_:!   | l
                                 l :::_::::! l::l| ̄`¬=;、_V ィ''´´;;;l  l l_ l
                              /.:.::.:Y | l::l !;;;;;;;;;;;;‐-;{⌒};;;;;;;;;;;;;j  l i゙!.:.`ヽ
                             イ.:.:.:.:.:.:/ l !:l |_;;;;;;;ィ;;/Τ!;;‐-;;;;7 .′| !:.:/.:Λ
                              イ.:.:.:.:.:.:.:/ ',l! l:l :|、;;;;;;;;;;;;;/ ! l ヾ;;;;;;;;'  ,′:l |:/.:.:.:.Λ
                             /.: :.:.:.:.:.:..,'  ', .:l |.:.>、_/l l l l ヾ_7l i   j }'!:,:.:.:.:.:.:',
                         j!.:.:.:.:.:.:.:.:' ゙:、 ',:j K.:.:.:.:.:', l l l l /.7 ', :|  /リl/.:.:.:.::.:.:i',
                             l!::::.:.:.:.:.:.|   ゙:、ヽ,リ:.\:.:.:.:',l l l l:'.:.;  ',.:! //l !、.:.:.:.:..:.:.i.:,
                           /::〉ヾ::::::::.!   〉、 ゙、.:.7\:.:.', ! !'.:.;.:イ ', ゙、//',' l `、.:.:.:.:.:.}:.l
                          ////.'.:.:.:、`:.:l  /  /:、 ヾ  | \∨ィ" l ! ∨イリi ! リ:ニ二//
                         / //:/.'.:.:.:.:.:.:.:Λ''   / j゙:、 ゙、 ! /:.l:゙、 ! l/<、//,/ /.:.:.:.:.:{:{
                     / ::':'::/.:':.:、.:.:.:./ノ_,. /、/.:.:.\ミ| `:.l:7  /'、´゙、/,/ /、__,:ィ:.|:|
                       ,'  {:::::/.:'.:.:.:.`´7:':/ヘ  V.:.:.::{ }l   八ー'" ノ:\ \个ー-‐".:.:.|:|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  サ モ ン ナ イ ト。 はい、頑張れ。
. .┃|(
. .┃|))  というわけで本日はここまでです。
. .┃|(
. .┃|))  段々酷いことになってきたり情報出始めたりですが頑張りましょう。
. .┃|(
. .┃|))  「幼馴染」が出るの何時になるんだろう……お疲れ様でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1992 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:49:23 ID:7bBcVjrN


1993 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:07 ID:va/3eMZE


1994 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:09 ID:CEuIo5ct
乙でした

1995 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:14 ID:Vqm5bTZ5
乙でしたー

要するにあれか、よくいるやたら規模のデカいアカン連中ということか?(震え声)

1996 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:51:01 ID:0ortS03N


1998 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:52:51 ID:jZAdzb+2
>>1995
簡単に言うとサモンナイト3の元凶にしてバカが異様に力を持った集団。
超テロするよ! って感じだと思えばいいです。 マジ寝てろよ無職。

2000 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:54:49 ID:Qph7RJsO
乙。魔剣打ち直しはよ

2001 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:55:31 ID:Vqm5bTZ5
おk把握、それはアカンですわ(確信)
しかも無職なんかいww

2003 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:59:37 ID:i159/ZeC
早くウィスタリアスにならねえかなあ
全ターン無償で抜剣覚醒したいんじゃあ


2006 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/05(火) 00:06:48 ID:VSQTrN3P
(出来ればいいな……)>>無条件毎ターン発動

2009 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/05(火) 00:27:12 ID:vd9TYxQM
無職の派閥は確かに迷惑だし消えたほうがいいが、ブチ切れた理由もわかるのがあれよね……w

2010 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/05(火) 00:27:40 ID:vd9TYxQM
あ、素で無職と無色を間違えた


2011 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/05(火) 00:34:54 ID:VSQTrN3P
もう無職でいい気がしてきたぞ……(
関連記事
56155 :日常の名無しさん:2019/07/28(日) 07:17:07 ID:-[ 編集 ]
無職の派閥・・・恐ろしい派閥だwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 岩崎さんは無口 第62回 (09/23)
  • やる夫は(人間の女の子には)モテない冒険者 (09/23)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 番外編「出番なき者たち」圭一編 (09/23)
  • やらない夫は2038年の警察官 日常パート1 (09/23)
  • やる夫は竜の人財のようです 第4話 (09/23)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第三話 (09/23)
  • 国際的な小咄 5265 このスレを国際系のスレ作りのハードルを下げるといったやつからこんな突込み (09/23)
  • 国際的な小咄 5264 私が想定していたのはそういうことだったんだよぉ(血涙) (09/23)
  • 国際的な小咄 5263 ちょっと今まで議論していた (09/23)
  • 国際的な小咄 5262 旅人が見た衝撃光景 (09/23)
  • 国際的な小咄 5261 あえてこの国の人に聞いてみた (09/23)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十二話 「フィッシュメンタル・スカイボディ」 (09/22)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十一話 「エニウェイ・タイマニン・イエス・ディス・ウォー」 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その4 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その3 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その2 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その1 (09/22)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その5 (09/22)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その4 (09/22)
  • 国際的な小咄 5260 NYで安くてうまいもの (09/22)
  • 国際的な小咄 5259 高句麗について (09/22)
  • 国際的な小咄 5258 日本のチョコの甘味 (09/22)
  • 国際的な小咄 5257 剣道やってる奴曰く (09/22)
  • 国際的な小咄 5256 恐ろしきかな教育とは (09/22)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 188 《DAY195》 ~ 《DAY196》 (09/22)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 5 後編 (09/22)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです age of twilight”act 6” (09/22)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 06 (09/22)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第9話 (09/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ