スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
リンクミスの報告は助かるのですが、書いてないURLの質問等は基本的にNGとさせて頂いております。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 14

目次

1330 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:09:24 ID:c0JnOp+o



                                   ´ ̄ ̄ ̄`
                                /                 ヽ
                                ′                 '、

                              /                       '、
                              ,′               j{     !      ',
                                 ∧       八    |  l
                            l  |    / '、ヽ、} 斗匕~ヽ、|  |
                            |   |   ィ" ̄ヽ, {∨ ィ示万ゝ  h、    !
                            人j、',  ィf芋ミ、`乂  弋辷ノ|  | ,゙
                              { \}  {弋tり 〃 `''~    |  ソ    i{
                              ヽ |   l       、     |  i{    ハ
                                |  ト、           ノ /'     ',
                                 h,  |ミh、    ̄   /! 'ヒ7
                                 |∧ :|   7≧=‐‐=≦斗 /イ       }i、
                                 |{∧ |  / , /::.ヽ j{_、r7 ,'::{_    抖、
                              /i{∧弋ノ  i{::::::::只::::/ /   /ニニニ7ミメ、
                                /ニ}iニヽ、_ノ j{::::::/}:{/ 〃 /ニニニニ/ニニニハ
                            /ニ弋辷介ーイ人//  ,'i{/ニニニニ/ニニニニニハ,
                              /ニニニニ7ニ',ニニニハ/   ,'Yニニニニ/ニニニニニニニニハ
                          /ニニニニ7ニ个、ニ/    / }ニニニ/ニニニニニニニニニニハ
                            /ニニニニニ'ニニ/ニ乂!       丿≦´iニニニニニニニニニニニニ斗
                            ,'ニニニニニイニ/ニ(  |     { / )ニニニニj{ニニニニニニニニニニ〃
                             {ニニニニニ7ニ'ニニ) ,乂  ノ( (ニニニニノニニニニニニニニニ〃
                            }ニニニニ/ニニニ‐=彡 ノ ヽ  }ミメ、ニiニ〈ニニニニニニニニ〃
                            {ニニニニj{ニニiニニ( 乂  厶イ )ニニiニニ}ニニニニニニニ〃
                           }ニニニ人ニニ',ニニ) || ヽ{  || (ニニニiニニ',ニニニニニニ斗
                            {ニニニニニ}ニニiニ( || }{  ||  )ニニ'ニニ}ニニニニニニ}!

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  セイレムのテーマソングを流しながら過ごす午後。
. .┃|(
. .┃|))  ……満ち足りてると言って良いのか?
. .┃|(
. .┃|))  さーて少しやりますか。
. .┃|(
. .┃|))  途中で多分コーヒーでも買いに行くので投下感覚空いたりしますが御容赦を。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




1334 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:14:16 ID:c0JnOp+o



                                           _
                                 ,、 ⌒ヽニ/ レ、`丶、
                                /  /  :'    ∨  \____
                             / / /  /        ∨ ノ;〈  ノ )ヽ
                             _,,.、丶´  '  /   '      :、〉;〈 / //ハ
                              / _彡 ァ‐/:{  '| / |     \ 7 /  }
                          /'⌒7 /} /{‐}/‐ i| 八  !_  \   \ /  '
                           〈(  i ' j/ j ィ=ミ八 { \(ヽ   \   ヽ /
                          `⌒八 ノ i vツ  ヽ ィ=ミ、ト 、    、  (
                             /   ;      ) ゞ ツ八 \   )⌒\、
                             //   {    '      / ノ   ハ{ \ \、     __
                           , /   / ヽ  v  >   〃   ,:' 八  ヽ  Y    (¨¨¨¨(
                          ∨  /⌒ヽ \__ ,. ((    / ,:/ \ ハ  |―=彡'¨¨⌒´
                           ノ /  __ ) ノ/{ ̄ ̄/ ヽ 彡'( ハ>  ヽ i  厂 ´
                         /⌒\)ァ'"  >===vノ/ /ノノ_         / /            大分見えてきましたね。
                          /'   7 / /:::/:::/::/ 八(/   >-=ミ 、 〈 (
                           {i    〕 _/ .::::,' 7:::: ,.::::}}  ノ'::::::|   i:.〈  、`¨¨¨¨  ̄\
                        八/: 〕((⌒ヽノ /ノ::::V|:::ノ'  >:::::::::|   |:i 〈    ‐-ミ   /
                         ,.:::::::::::〉、:::::/ /::し 彡イ  x'::::::::::::::|   |:K´        \(
                           /{:::::::::/人:7 /___彡 /:::::: /¬::)  _|:|            ヽ
                       ├|::::::::{ { {  ~~~/::::::::::: 〈__rミ   (___|
                         ヽ:::::八  }  }   } 〈::::::::::::::::::: r-' (⌒) |
                         〕== ヽ {  {    〉::::_::r‐ '  /:::ヽ: !
                          {:::::::::::i 〕   }     {:::::::::::メミ<__彡'
                          |:::::::::::| 〕   {    /:::::::::/  /::〉
                         ――::. {   、  〈:::::::: /  /:/
                           |:::::∧      /:\:/  /:∧
                           |:::/::∧    /:::::::::::::::r― \\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  馬車からを身を乗り出して外を眺める少女。
. .┃|(
. .┃|))  御者は若干邪魔に感じているような、それでいて何処と無く嬉しそうな不可思議な表情でした。
. .┃|(
. .┃|))  その言葉を聞いて、手荷物を手早く纏めていた「彼」。
. .┃|(
. .┃|))  ……正直な話、同行者をどう扱っていいかで悩んでいたので。 一度問題を投げ出したのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1335 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:17:46 ID:c0JnOp+o



                         "''''''""""""''''';:;:;,.,,..... ..              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"
                  ,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
                ':.,    '"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''    ⌒)_          ...::::::'''
                ::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._         )      """  ^^
                    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....      .......  ^^
                、、、、、.,;:'''"""        ⌒Y⌒                       ""'''''"''''':::::;;;,,..;;::...........................;;;;;;:::
                __________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ ________
                   ::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . ....:: ::...:::.. ..:::.......    ⌒Y⌒   ... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
                  ̄ ̄\::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. .::::::::....... .......:::::.. . ..    . .. .::::: :: :. _,. - ―――――
                  ̄ ̄ ̄|.. . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.:    . : .: ....  .. .. . ...  _,. -''"´. . . .: : : : ::::::::::::... .
                       |.:.:. . .:.  :: .: ...     ... .. . . . . .     .: ...      .. . ___, ィ´        . . . .: : : : :::::::... .
                       |:::::::.............  .....::::::::::::.....    ...::::::::::::::....... .   _____|\                . . . .: : : : :::... .
                 ___| .::::::......   llY⌒Yl ..::::::::::.... .   llY⌒Yl .:..:::. .|   _____|  \                . . . .: : : : :
                 ___  \:::::::...... __|| [囗 .!__ ...::::::....  __|| [囗 .!__ .::.. |  .\   |   \               . . . .:
                    :l\  \__||       |_____||      |__|  |\\─|     \
                    :|  \  \                          |  | |: \\!       \
                    :|   \  \ [囗   [囗   [囗   [囗   [囗.|  | |   |: l  . . .: ' ; . \
                    :|.      \  \                   |  | |   |: |             \
                 ______,:|     /   /l________________|  | |   |: |     __  . .. : ; .\
                     \   /   /. |                      |  | |   |: |    l´! ヽ      \
                 :::::::.. . . .\ /   /::. .|                      |  | |   |: |    ||   |
                 ::::::::.. . . . /   /: : . |                 ___|_|_|__|___!. ;' ..||   |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   . /: : . . |               |\ 、 ────┤.. ;'.||   |
                ──────‐': : . |               |  \\ . . . : ::::::::|  ,  \  |
                :::::: : : : . . . .  |     |               |   \\ . . : :::::| ; , .  丶!
                ::::::::: : : : . . .   |     |                   \    \\. . :::|
                ::::::::::::::: : : : . . |     |                    \    \\. |
                ::::::::::::::::::: : : : . . |     |                     \    \\
                :::::::::::::::::::::::::: : . .|     |                     \    \\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  遠目には初めてみる、遥か彼方まで広がるような湖――――「海」というのでしょうか。
. .┃|(
. .┃|))  幾つもの船が街に繋がれているのが見えます。
. .┃|(
. .┃|))  それだけ、人の数も多いのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  ……この手紙が本当に役立つのか。 それもまた、不安の一つでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1336 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:21:48 ID:c0JnOp+o



                              x====z‐"X"≧=ニソ
                              \\/// }\ ヽ: :ヾ
                            /: : : X/: ./ ,': : :`  \: :\
                           /: : : : :// : : / /: : : : : ` __ゝ: : :ヽ
                            /: : : : //: : : /__/ : : : : : : : : : 、: : : ヽ
                            ,: : : : ; ,'' : : : : : : : : :,' :人人: : : : 、: :ヾゝ
                         |: : : : : : : / : :イ: ,': :,': :j   i: i: i `: : : :ヾ
                         | : :|: i: : : :| : : | :i: : |:: :|    j: |: l: }: : : :リ
                         |: : Y: 、: ;l: : : |;:l: :千.八   州ャァイ: : ,イ
                         | !/ :ゝ: :ヽ: : :不,ィセテミ`   "ij;;i 》{/;;
                           j: }: : : :{ `{: :ゝ、《{ し::;j     `" {":ゞ       どうするの? 宿でも探すの?
                         j: ;j: : : :λ_l: : ゝ}   `'"    、  l : :l
                        ノ: j: : : : : l: `: : :`ト 、         ,': :イ
                         イ: : : : : {: : :ヽ: :\     "゜ /: :/
                          イ: : : : : : : : :、: :ヾ: : > __   ./: : ::イト
                          {: : : ∧: : : ヽ: 、: 丶 "   ,'": : : : /: l
                        、: λ: ヽ: : : : : \: : ヘ  /_ニゝ: : : :j
                         ` ゝ \: \: ヾ: : ヾ: : }   ,. lニ\ヾゞ
                             /ニニニニニニニ\-., ' lニニゞ
                         /ニニニニニニニニニ \ jニニリ `ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「何より先にやることがあるよ。」
. .┃|(
. .┃|))  極めて単純で、そして極めて重要なこと。
. .┃|(
. .┃|))  現在の「彼」の身分を保証する根底作り。
. .┃|(
. .┃|))  つまり、冒険者としての登録です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1337 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:27:15 ID:c0JnOp+o





                         / '" ,.-'--――--`ヽハ!_ヽ、     '   ∨
                              {二二二ニニニニニニニ=-_  , -'
                          ヽ==二=ニニニニニニニニニ>、
                              {二二二二二二二ニニニニニニニ7
                           /ニニニニニニニニニニニニニ,-='
                             /二二二ニニニニニニニニニニニ{、
                           <ニニニニニニニニニニニニニニニ=-、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「まぁ、武器がなければ依頼受けるのも難しいけどね。」
. .┃|(
. .┃|))  仮に同行者全員を同じPTとして考えた場合、今現在で前衛を張れるのはいます。
. .┃|(
. .┃|))  問題は後衛と斥候。 後方からの爆破で簡単に潰されるでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  なので、先ず登録だけを済ませた上で「姉弟子」の元へ出向こう。 それが、考えでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1338 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:30:19 ID:c0JnOp+o



                                             _ -==ミ__
                                     __    .:/⌒¨ア):::::::/
                                 _ -=ニヽ/_: 〕iト ノ{__ //__::::/
                                   : : : : /⌒ : : ヽ: : :.{{i:i:∧/⌒ヽ\
                                 /: : :./: : : : :..l: : : ∨.八i:i:∧____)i:)_
                                  : : : /.l: : : : :.:|: : : : V/: ∨ノ≧=‐ 彡./
                              ′: .:{:人: : : : .l: . : .斗.: : :人\ノ}\/
                             ノ : : ¬=- _: :/´ 八」: {: : : ..\.ノ\\
                             〃.: : : :  TT\(   TTY...: : : |: {|人::::{\\
                              l: : : 、ヽ∪     ∪ .:.:...:.. .|: {|  V:.  \\
                              |: : : :|ハ""  ,   ""}: : : : |: {l v人:.  )i:i:)
                             /.|: : : :|込   , 、  ィ.: : : :.:.|: {:.  v:::\ ⌒´
                               /: .|: : : :|: : : >  _ ィ( }: : ::.:..|: vi:.  ::::: \
                           /: : .|: : : :|─く⌒V  .{/ .: : ::.:.:|、 vム  V:::::::::\
                             /: : : .|: : : :|  /⌒ヽ../ /: : :.:...:|  vム  ∨::::::::::(
                              : : : :.人:.:.:.:|  (i:i:(⌒)i:) /: : : : :.:.| v/∧  ∨:::::::ノ
                            : : : : .(: : ヽ__〉___〉⌒Y/ 〈: : : : : ノノ  V/∧  寸/
                         ノ: : /⌒YY〔((ニ人((ノ⌒ヽ)\___/__/TV∧
                           : : /: : : ノ: : ハ \_/⌒YY/ニ/⌒Vニニニニ{: {人ヽ
                         : : : : : :/Y: : : : :} //ニニニニ}i:{ニ‐: : : : Vニニ=-_人i:i:ヽ)

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))     【判定】:最初の 【1D10:7 (1-3:幼い 4-6:仮面 7-9:ヤバい 10:熱烈歓迎)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1339 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 14:31:06 ID:c4/KLcsx
ヤバいかー……


1341 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:34:24 ID:c0JnOp+o





                       l|、::',ヽ       |:::!:::::::::::::!  `ヽ::::::::::::::::|
                       l| ';∧、___   l:::!:::!::::::::l     ヽ:::::::::::!_,、___
                       l| ';∧ ー     l/l:::l:::::::::l==ニ三Vヽ::::,'三三三>三>
                             ';∧       ィl:∧::::/三ニ/三三∨三三三三三}
                            ';:::ヽ -‐ァ<ニ/三V三:/三三三三ニニニニニ/l、
                            ∨-‐'ニ三/三三三/三三三三三三三三/三三ヽ、
                           /三三/三三三三三三三三<ニ三三三三彡ニ/ニニヽ
                          <三三/三三三三三三三三三三三三三三ニニ/三三三ノヽ
                              ヽ三三三三三三/三三三三三三三三三ニ/三三ニ/三ニ\
                           }三三三三三三三三三三三三三三三ニ/三三三/三三三三>
                           /三三三三`ヽ=三三三三三三三三三/三三三三三三三三/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  さて、移動するとして何処にギルドがあるのだろう。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」としても無論やってくるのは初めてです。
. .┃|(
. .┃|))  なので、地理地形などは全く分からず。
. .┃|(
. .┃|))  誰かに聞こうかと、馬車の近くを見回そうとすれば。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1342 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:37:06 ID:c0JnOp+o



                                  - ―― -  _
                                  ´         _丶 _
                             , ´   _,r''7-‐=ニ二二二三ミミ、
                       /  l`¨゛  /二二 - ―  ̄   `ヾ、ー-、
                      /    | :   ilニ/               \}. |
                         /      l :   |/      l     丶    ヾ、
                      /       .|:   | . /   ..:i |     :l     、ヽ
                        ,       .|:   |.: /  / .:::l .j     :|     } ヽ
                         |     :  |:    |:: /.::: / .:::/:/  l  .  .:}    /  ハ
                         |      :  |:    |.:/:::::/-‐/‐ハ、 /: : .:/    /   /
                         |     ::  |::.   l/::/ __// ∨:: .: .::/ ‐-/::    /
                         |    .:: : r| :  /:/ Y´:::0l`ヾ  l:::..:/,z、´l::::::   /
                         l   .:: .: { | ::  l:/l 乂::::ソ   //´ /:ア,}/:::  /
                      j   .::: .::::::`l ::  リ |  `¨`      ,i:ソ/::::_/l
                      /.: .::: .:::::::::::| ::   |          、¨´7'"´   |       あら少年…………とお仲間?
                       /.: .:::  .::::::::::::| ::   |             /:::     |
                    /.: .:::::   .::::::::::::::| ::  :. l\      σ  イ:::::  ::.  |       何かお悩み?
                  /.: ::::::  .::::::::::::::::;| ::  :: |. >. _  <  |::::::  ::  |
                  / .:: :. ::::: .:::::::::::::/ | :  : |    i、 _ -―l::::::. :::. |
                ヽ ::::. ::::>――‐'‐- 、| :  : |     |、\ヽ、  l:::::::. ::::. l、
                  、 ::::./           | :.  :: l\   l ヽ. \`ヽ!::::::. ::::. l ヽ
                   !/             l:.   :: li \ ` ヽ  \丶::::. :::::. |  丶
                _,、_,/             l :  :. l   \  .ハ  丶 、::::::::::. l   ヽ
               〈 `7                l :.   :. |   __ヽ  l  _ヽハ:::::::. l     l
               ゝ'/               ハ:. :. :: |´ ̄   ̄ ̄___ -li :::::. |.   |
               ヾ{               ‐ - 、丶:. :. ::. l -‐  ̄ ̄    〈∨〉ヽ:::. |_ -‐,〉
                |      ,  ´ _  ― - 、`.ヾ ::. :. ト、/〉.        〈∧〉 l::. |-‐ i´
                ∧.    /,. <:.:.::==‐-:::::ヽ∧ :::. ::. ヽゝ          |::. l‐ニ{
                / ヽ  / ./:::.:.:::/:.:.:.:ニ=‐-::::::∧ ::::. ::.丶           |::. |=三〉
              ./ /ゝ、/ ./:::.:.:./.:.:/>‐  ̄ ̄ ̄ `丶:::.::::.ヽ.          |::. |-‐┴┐

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  馬車を待っていたのか、と言うより御者を待っていたのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  何かを届けにやってきたのであろう女性が「彼」に対して近寄ってきました。
. .┃|(
. .┃|))  それに対し、返事を返そうとすれば――――。
. .┃|(
. .┃|))  ……最初に感じたのは、「中」にある「剣」の振動でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1343 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:40:30 ID:c0JnOp+o





                                rlV::|ヽ _ ヽ        u   !::/ニ三三三/
                                    lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                  Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                              <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                             ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                              r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                            ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                             l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                              /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                           /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  初めは、何かの違和感かとも思いました。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、明らかに「彼」の精神を揺さ振るような振動。
. .┃|(
. .┃|))  直ぐにそれは治まりましたが……。
. .┃|(
. .┃|))  前を見れば、その女性も同じような不可思議な顔を浮かべています。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1347 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:45:32 ID:c0JnOp+o



                      / : :. :. :. |:. 斗≦三三三三三三三三三三三三≧ト:|:. :. :. |:. ヽ
                  :. :. :. :. :.:.|:. :.:|:. :. :. :. :. :. :|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. | :. : .
                  |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :. :. :. :. : .:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. |:. :. :i
                  |:. :. :. : :. |:. :.:|:. :. :.|:. :. :.:.:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :.:.|:. :. :. :.:|:. :. :. |:. :. :|
                  |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :‐---- :.イ:. :. :. :. :. :. `~‐--:|i--‐:. :|:. :. :. |:. :. :|
                  :. :. :. :. :.|i:. :.|:. :. 人:. :. :. :\:. :. :. :. : ハ :. :. :.八:. :. : i|:. :. :. |:. :. :
                     i : : :. :. :八:八==========: \:. :. :/ ==========八 : : : |:. :. i     ……まっさかねえ。
                     |:. :. |:. :. :. :.i ヽ  )i j 刈     \/    )i j 刈 / i:. :. :.:|:. :. |
                     |:. :. |:. :. :. : :   乂辷_ソ   . . . .   乂_辷ソ   ,:. :. :.:.|:. :. |
                     |:. :. |:. :. :. :. :.         . : : : : : : : .          .: :. :. :. |:. :. |
                     |:. :. |:. :. :. :. :. .             '           / : : :. :. |:. :. |
                     |:. :. |:. :. :. :. :.込                   イ :. :. :. :.:.|:. :. |
                 /|:./|:. :. :. :. :. :.个         _       个 |:. :. :. :. : |\:.|ヽ
                 , : /  |:. :. :. :. :. :.:.|   >  .   ( ⌒ )   . <  |:. |:. :. :. :. : |  ヽ:. :.

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  きっと気のせいだ。 そう結論付けて、ギルドへの道を訪ねました。
. .┃|(
. .┃|))  後ろにいる四人もまた、奇妙な二人を見て首を傾げていました。
. .┃|(
. .┃|))  ……恐らく、そのうちの二人は。
. .┃|(
. .┃|))  それだけではなかったと思いますが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1349 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:48:42 ID:c0JnOp+o



                                    -―-
                                      /:. -==ミ:. :. \
                                     //:./:. :. :. ヽ:. :. :.
                                    /:. :. |:. :.斗― :. :. i:. .
                              ':. :. :./_{ :. :. |x=ミ:. | : :.
                             /イ:. :. :i x=ミ:.ノ v^ソ:.:.|. :. :.
                               /' :|:. :. :ハ vソ ,     |: |:. :. i
                              人:. :. :. 、  r‐  ノ: |:. へ
                                    {:. :. :|: :.〕i r - 〔:. :.l/ _}_
                                    ト==:|:. /V}  |:. :/  /|....ト        ああ、ギルドね。
                              / //:人......\ /: /  /゙ |....|..
                                  / ̄ /:/\\......{:. :i // |....|..
                            ,......... /:/..r―‐=人:.:|===〈         中心街ってわかる?
                                 /i......./:/....|〈〈〉)   \    | \
                           ,' 「= /:/....人:}ハ{     :}     |.......
                                {_:∨:/// ∧       ノ_   、.....
                                /  i:. ,  ̄ ̄\ _/_\\ヘ}
                               ,  /|:/     /   \ ̄ ̄ゝ) _))
                               i 〈  (  //
                           〉  //
                                { ,// /    人
                                // ,    /   \        /
                                   /'    /             / /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  気を取り直して、改めて場所を教えて貰い。
. .┃|(
. .┃|))  礼を言って別れました。
. .┃|(
. .┃|))  ……後ろの四人に、動く旨を告げれば。
. .┃|(
. .┃|))  ほんの少しだけ、距離が近づいてきていましたが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1351 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:52:51 ID:c0JnOp+o



                        | |.   //. | |    | |    | |. //.  | |   | |    | |  ||   |:::::|
                    __| |  //  | |    | |    | |//   | |   | |    | |  ||   |:::::|
                       :.:.:.:. | |. //.   | |    | |    | |/.    | |   | |    | |  ||   |:::::|
                    二二「|二二二二二二二二二二i「|二二二二二二二ニニニニニニ〕::: |
                    ─‐┴┴‐──────── ┴┴───────────‐ ┘:::|
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕h、
                    ______________________________ 〕h、
                    三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 〕h、
                    -_-_-_-r|i:i:|_-_-_-_-_-_-_-_-_-_|i:i:l-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|i:i:|-_-_-_‐>''~
                    -_-_-_-r|i:i:|_-_-_-_-_-_-_-_-_-_|i:i:|-_-_-_-_ ______ _-_-_-_-_-_|i:i:|二>''~
                    二二二 |i:i:|ニニニニニニ二二|i:i:|二二坏_______〕-_-_-_-_-|i:i:|''~
                     ̄ ̄ ̄ |i:i:|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |i:i:|^| ̄|/i:i:i:i||i:i:i:i|}|:i:i:i:i:| l| ̄ ̄ ̄| ̄||i:i:|
                           |i:i:|....................................... |i:i:|. |  | |i:i| ̄|| ̄ |}| ̄|i:i| l|................|  ||i:i:|
                           |i:i:|...........〔lXl〕...................|i:i:|. |  | |i:i|  ||   |}|  |i:i| l|................|  ||i:i:|
                           |i:i:|....................................... |i:i:|. |  | |i:i|  ||   |}|  |i:i| l|................|  ||i:i:|
                           |i:i:|....................................... |i:i:|. |  | |i:i|  || ∩|}|  |i:i| l|................|  ||i:i:|
                    ──┐ |i:i:|...r──‐ 、........._...... |i:i:|. |  | |i:i|  || j |:|}|  |i:i| l|................|  ||i:i:|
                    __「 ̄ ... |i:i:|.....〔 ̄ ̄ ̄」. 」|...... |i:i:|. |  | |i:i|  || ∪|}|  |i:i| l|................|  ||i:i:|
                    ─── |i:i:| ─────── |i:i:|‐|  | |i:i|_||__|}|_|i:i| l|................|  ||i:i:|
                    ___ |i:i:| _______ |i:i:|_,|_| |i:iト、i:||i:i:i:i|}|:i:i:|i:i| l|................|_||i:i:|
                     ̄  ̄ ̄|i:i:|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |i:i:|  ̄ ̄〕h、:〕  ̄ ̄ ̄ ̄j_〕 ̄ ̄ ̄ ̄ |i:i:|
                           〔三〕          〔三〕                        〔三〕

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  指示された場所へは若干手間取りましたが、確かに言われた付近にありました。
. .┃|(
. .┃|))  他の街などで見かける場所より、遥かに大きく。
. .┃|(
. .┃|))  そして何階建てにもなっているのは、ある意味でこの都市のギルドが支部としてトップクラス故なのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  その扉を開き、手近にいた女性へと尋ねました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1353 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 14:57:52 ID:c0JnOp+o



                                  :-‐─‐-
                                  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.
                                : ´.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                           /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,..:.:.:.:.:.:.:.:\
                         /.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:'.
                          //.:.:.:./.:.:/∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:'.
                        У/.:./.:.:/─ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂 ∨.:.:.:ハ.:.:.:.::.'
                        j:/.:.厶_/   ∨.:.:.:.:i.:.:.{:./   ∨.:/,:j.:|.:.:.:|
                        j|.:.:匕:7  ,ィチx弋.:.:N.:.:.У^≧x、∨И.:|.:.:.:j
                        i|.:.:|f.:7i イ レ歹  ̄  ̄   レ歹ヾ 刈.:.j.:.:.:|
                        i|.:.:|乂」   -ゞ´ j      ゞ… j⌒ 7.:.:.j
                        i|.:.:| i i                /!.:.:/!         はい、どうかしましたか?
                        jk.:.i /ヽ:i      _      r一'.:.:|.:彳{
                        j k.:ヾ.:.:.ハ    ´ー`    イ.:.:.:.:.:.:.|.:.:抖
                        /j ゞ、\.:.:.j> .      イ i.:.:..:.:.:.:.j.:/.:.:{
                         |.:{ /.:.:.: ̄.:/:.:.:/〕>一      k.:.:.:.:.:.:j/j/.:.',
                        ヘ/.:.:.:.:.:.:./.:./.:.:.:.:j       L.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:'.
                      //.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/ ̄7      〉^寸.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:`、
                   ,.'".:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:./  /       /    寸.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.\
                 ,.'".:イ.:.:f__y.:f゙´   /     /      j/.:.:.j≧zx.:.:.:.:.:`:.:.、
               /.:.,ィ´ |.:.:.{ニ\/.:.:{    /冫。,. ´/       j.:.:.:.:j二二≧zx:、.:.:\
              /.:./   ヾ、ゝニ人.:.:\  /    /   ____ル.:./二二二二ニ \.:.\
              {.:〔     }ニ二≫-ゞ-个、.!  /  __厂ニ二二|二/.:/二二二二二]、 ヽ.:.j
              丶>   ニニ〈 二二斗 j ,/ イ´⌒ヽ、二二二j/.:/ニ二二二ニニ7.:.:\ У
                    二二\ニニ| У/二二二二ヘ ニ二/.:.:..iニ二二二二ニ,:.:.:.:.:.:.i
                     ,ニニ/ニ\二i j/二二>゛´ニニ二二〈.:.:.:.{V二二二二∧.:.:.:.:.:.|
                     jニ/二二二ヘj,/二二>´ニ二二二二二ゝ、k」二二二ニ/丿.:.:.:.:.:j

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「師匠から、この手紙を預かってきたんですが……。」
. .┃|(
. .┃|))  そう言って、受付の女性に封蝋で止められた一通の手紙を差し出しました。
. .┃|(
. .┃|))  「はい、預かり……………………へ?」
. .┃|(
. .┃|))  それを受け取って、裏を確認し。 固まりましたが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1355 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:01:03 ID:c0JnOp+o





                          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l ヽ!
                            /;. '"/: :' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : リ
                            '"   .//l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : :/
                               '  .l.: : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : /
                                 l:l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; }:,:'!:/
                               __j'-!:.ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : :,:イ'j/_ソ.___
                         ,.ィニ二_ニl:!ニヽ : : : : : : : : : : : : : :./三三三三ニニヽ
                        (二二二二二二二ニニニニニニニ二二二二二二二ノ-_
                            )ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ)
                          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/-_
                          ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                          ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「しょ、少々お待ちください。」
. .┃|(
. .┃|))  若干声を焦らせながら、その場を去っていく受付の人。
. .┃|(
. .┃|))  一体何なんだ、と首をひねりました。
. .┃|(
. .┃|))  隣の、手が空いた受付の男性が此方に声を掛けてくるまでの間。 暫し佇んだままで。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1356 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:08:09 ID:c0JnOp+o



                        、 __,,... 。s≦´::::::::::::::::::::::::``''::::∨
                        `ミx::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.、:::::::::\
                      {、___/::::::::::::::::::::ヾ::ヾ、:::://´`::::::l:::}:::`i_
                      \:::::::::::::::::::::::::::::::;ミゝー'/::/、:、::,、:::::::::::::/ト、
                        /:::::::::::::::::::::::::;ィ   /:/  ` ` ヽノ/;//l:ヽ
                   `ー=彡:::::::::::::::::::::::::::ミソ   _':/.          }//}:::ト、
                       //:::::::::_::::::::::,ィ  '__/_ ヽ、._      }//::/'ノ
                       ///:::/ ``Y::/ ヽ`xf:_テミx ;’ _,._-= }/:::/
                       { }):〈 〈 /|::ソ .    `¨-‐'   { 't::メ、/、:(
                     、 _    ノ:::∧ヽヾ}::{ ‘;        | ` ¨´'  `ー
                    \⌒´:::':::::::::ゝ- }::| ‘;       ' _,i  /             おや、彼女が席を立つとは珍しい。
                   \__≧=''::::::::::Ⅵノ::::ソ,  ,ィ、';;;;;;; ;; ;;;,, /
                    \:::::::::|:::|:::::::Ⅵノ:::::彡  '  ̄`ニミx'''/ー'/             他に要件があるのならお聞きしますが?
                  Ⅳ /:::ィ::::|::A:、:::::} ^'ー、:::゛.._i、   ,/i  /:::ヽー,
                 :: ヽ{,'´//{::|i:i:i:ヽト、   ``ヽ_::`ー'::::::Ⅵソ:ヽ:ゝ/,
                 ‘, ‘, / / λi:i:i:i:i:l ‘, l    ``ヽ,、::;:;/、\////,
                 ‘, :‘,/ / Ⅵi:i:i:l  ‘ ,l    / / `ヾ\ヽ.\///,
              。s≦ , 、 ‘,./ /Ⅵ:i:l    \_ ' ,' }    \l ∨//,
                 ゙: : : : ‘, 、‘, / / Ⅵl     ,ィヘ、  / , 、   ∨、∨//,
                ゙: : : : : l‘, 、‘ ,/ / `l   /i:i:\ヽ' / /l\  ∨、∨//,
                , : : : : : l. ‘,  、‘ ,  l_ イ、\i:i:i:i:i\ゝイ``ー^ヽ、_∨、∨//,
                 : : : : : l ,‘,ィx' o`x) Ⅵ\:≧s。.i:i:i:i:i:i-‐i:i:i/l:i:ト、i:/i:`ヽ∨ィ'

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「登録願いも出したいんですが……。」
. .┃|(
. .┃|))  「おや、登録希望者でしたか。 でしたら、此方の紙と……当ギルドのルールを軽く。」
. .┃|(
. .┃|))  幾つかの雑談を交わしながら、紙を書き上げ。
. .┃|(
. .┃|))  提出した頃に、丁度席を立った女性が戻ってきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1357 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:13:20 ID:c0JnOp+o



               /: : : : : : : : : :.l:. l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               : : : : : ィ: : : : : :l:. l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.V
               : : :./: : : : : : :.l:. l: : : : : : : : : l l: : : : : ::l :.\ : : : : : :V
               ::イ: : :.l |: : : : : :l :l: : : : : : : : :i i: : : : : : :ト、 : ::V: : : : : V
               : : : : : l:|: : i: : : : い: : : : : : : :l l ̄「 ¨\| V: :.∨: : : : V
               : /: : l|: : :|: : : ::;Ⅳ: : : : : : ::l: ト;;;;l:: : : ::ヽ :|\::∨: : : : V
               : l: : /l: : :|: : : : : :\: : : : : :l::l '入: : : : : ::|: : Y:∨: : : : V
               : : ,イ. 、 !::::l: : : : : : : : : : : : : l:l  /\;;├:┘: ::!:Y∨: : : :i
               :::/   `x_l:i: : : : :l: : :::l: : :l:::l:l/   \: : ::\|: :Y∨: : ::i
               /     l:>、: : ::l : : ::l ::十升 - i .,   `マ‐-: ::::|: : : : : i
                 ヽ_≧.,_ .i : : : i : : :i : :l : lr''二'' ‐ .,_  \: :, =、: : : :::i
                   zr" _ ヽ \__, \ い,Nィ"::::::::ヽ  "、  V λ V: : ::i         あ、あの……代表がお呼びです。
                  ,/ ,ィ:::::::::ヽ '   ¨ "`''`  l::::::・:::::::',     ./ ).}: : : i
                    l::::::・:::::::',         ヽ:::::::;C      7 ,イ: : : :V        お手数ですが、此方に来て頂けますか。
                 ヽ:::::::;C   .  '          ///  ,r ,イ i: : : : ∨
               'i, ///        '          u  ./ ̄ .ハ.∨: : : ∨
               、.'i,                         /三三三, V: : : :Ⅵ
               三'i,                      /三三三三, V: : : Ⅵ
               三込,           ⊂⊃     , イ三三三三三 ':, V: : ::Ⅶ
               ~‐ 、``'=-、  ィ‐- 、 f=-、.  _<.|三三三三三二台-<: : : Ⅶ
               :.:.:.:.:.:.`` ‐- ,≧込  `込  ≦´  ヽ:.:.:.:.:`'≦´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : ::Ⅶ
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.,Y    ``'-、`”`-、 .V.:.:.:.:.:.:.:`'-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:::::\
                  :.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:r"        `-、 .\ V.:.:.:.:.:.:.:.:.::`-、.:.:.:.:.:.:.:~^l::: \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  時間がかかった理由でも聞こうかと思いましたが、それを遮るようにまくし立てられました。
. .┃|(
. .┃|))  同行者は後程登録するとのことで(これは、パーティを勧められるのを避けるためでもあります)。
. .┃|(
. .┃|))  現在は近くの食堂で食事を取っている時間帯。
. .┃|(
. .┃|))  ……後で説明すればいい。 そう判断し、後を付いていきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1358 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:18:27 ID:c0JnOp+o



              三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三二三
              ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三
              三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三ニ三
              _三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三_三
              _________________________________r=============
              :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/  ===============  \            / /r === 、
              ’..:..:..:..:..:..:..:..:./´                            `\..:..:..:..:..:..:..:..: / /.| |  |======
              ∧..:..:..:..:..:../                                 \ :..:..:..:..:..: }. }  | |   |
              /∧..:..:..:/                                   \.:..:..:. / /.  | |   |
              、/∧===================================================== / /  / | |   L ___
              「| ̄|==================================================== ´=´=..´=.| |   | ̄ ̄ ̄
              | |  |         .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ./</\>\. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:..        | | |   | |   |
              | |  |         .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../ ^}{   }{^ ゚, .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:...     | | |   | |   |
              | |  |.        .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../、 / \/ \ , ゚,. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.      | | |   | |   |
              | |  |       .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../ } {.    }{.    } {. ゚, .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:    | | |   | |   L _____
              \. !       :;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ..|/ ^ 、. /\ ./ ^ 、|... .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.    | | | /| |   「 ̄} { ̄
              } { \.        .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. ....|   } {   } {.   |... .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.    | |. / } {| |   |   } {
              } {. } {\      .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .|   | |   | |.   |.. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:..    |/} {l } {| |   L. _.} {
              } {. } {  \.      .:;:;:;:;:.:.:.:.: . |\. .| |   | |. ./.|.. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.   /} { } {. } {|_.」   { ̄ ̄ ̄
              } {. } { } { \     :;:;:;:;:.:.:.:.: |. ` | |..===.| | ´ ..|. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:  /.. } { } {. } 「 |   | ̄ ̄ ̄
              } {. } { } { } { \.     ,:;:;:;:;:;:;: |   | |   | |.   |.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:. /} {. } {} { } {. } |  |   |
              } {. } { } { } { }. \   .:;:;:;:;:;:|   | |   | |.   |:;:;:;:;:;:;:;:;:. ./} { } {. } {} { } {. } |  |   |
              } {. } { } { } { } } {\r= 、.....:;:;|   | |   | |.   |;:;:;:r= 、/} { } { } {. } {} { } {. } |  |   |
              } {. } { } { } { } } { }| | l   |   | |   | |.   |.  | | l. } { } { } {. } {} { } {. } |  |   |
              \ } { } { } { } } { }| | l   |   | |   | |.   |.  | | |. } { } { } {. } {} { } {/|  |   |
              \\ . } { } { } } { l/| l   |   | |   | |.   |.  |\.{. } { } { } {. } {} {.//|  |   |
                   \\.{ } { } } //.} {.  |   | |   | |.   |.  |.\\.} { } { } {. } //.  |  |   |
                    \\} { }.//|| ||} {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .}|| ||\\.} { } {//.   |  |   |
                     \ //|| || ||} L ______________ 」.|| || || \\//.     |  |   |
                        // || || || ||}/  三三三三三三三三三 ゚, || || || || |\\.        |  |   |
                      //l|. || || ||/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ || || || || ||\\..    |  |   |
                //||. ||. || ||/三三三三三三三三三三三三三三\|| || || || || \\    |  |   |
               //l. ||. ||. |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\i.|| || || || l\\  |  |   |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) 昇る際に話を聞けば、ギルドからの「依頼成功度」と「難度」に応じて幾つかの階層毎に依頼を区分していると。
. .┃|(
. .┃|)) 一階、先程の受付は主に依頼を受け付けたり、或いは簡単な依頼など。
. .┃|(
. .┃|)) 二階以上になれば、戦闘や護衛。 或いは貴族からの直接依頼などの重要度が増した扱いになるそうです。
. .┃|(
. .┃|)) ……ところで、「彼」が案内されたのは最上階なわけなのですが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1359 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:20:33 ID:c0JnOp+o



            ./: : : : : : : : : :.l:. l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            .: : : : : ィ: : : : : :l:. l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.V
            .: : :./: : : : : : :.l:. l: : : : : : : : : l l: : : : : ::l :.\ : : : : : :V
            .::イ: : :.l |: : : : : :l :l: : : : : : : : :i i: : : : : : :ト、 : ::V: : : : : V
            .: : : : : l:|: : i: : : : い: : : : : : : :l l ̄「 ¨\| V: :.∨: : : : V
            .: /: : l|: : :|: : : ::;Ⅳ: : : : : : ::l: ト;;;;l:: : : ::ヽ :|\::∨: : : : V
            .: l: : /l: : :|: : : : : :\: : : : : :l::l '入: : : : : ::|: : Y:∨: : : : V
            .: : ,イ. 、 !::::l: : : : : : : : : : : : : l:l  /\;;├:┘: ::!:Y∨: : : :i
            .:::/   `x_l:i: : : : :l: : :::l: : :l:::l:l/   \: : ::\|: :Y∨: : ::i
            ./     l:>、: : ::l : : ::l ::十升 - i .,   `マ‐-: ::::|: : : : : i
              .ヽ_≧.,_ .i : : : i : : :i : :l : lr''二'' ‐ .,_  \: :, =、: : : :::i     あ、ここです。
             zr" _ ヽ \__, \ い,Nィ"::::::::ヽ  "、  V λ V: : ::i
            ,/ ,ィ:::::::::ヽ '   ¨ "`''`  l::::::・:::::::',     ./ ).}: : : i     ……それでは。
              l::::::・:::::::',         ヽ:::::::;C      7 ,イ: : : :V
              .ヽ:::::::;C   .  '          ///  ,r ,イ i: : : : ∨
            .'i, ///        '          u  ./ ̄ .ハ.∨: : : ∨
            .、.'i,                         /三三三, V: : : :Ⅵ
            .三'i,                      /三三三三, V: : : Ⅵ
            .三込,           ⊂⊃     , イ三三三三三 ':, V: : ::Ⅶ
            .~‐ 、``'=-、  ィ‐- 、 f=-、.  _<.|三三三三三二台-<: : : Ⅶ
            .:.:.:.:.:.:.`` ‐- ,≧込  `込  ≦´  ヽ:.:.:.:.:`'≦´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : ::Ⅶ
            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.,Y    ``'-、`”`-、 .V.:.:.:.:.:.:.:`'-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:::::\
            :.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:r"        `-、 .\ V.:.:.:.:.:.:.:.:.::`-、.:.:.:.:.:.:.:~^l::: \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) その中でも北東側に位置する一室。
. .┃|(
. .┃|)) その前までやってくると、受付の女性はそそくさと階下に去ってしまいます。
. .┃|(
. .┃|)) ……一体何故なのか。
. .┃|(
. .┃|)) 不可思議に思いながら、入室しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1360 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:23:10 ID:c0JnOp+o



                                    }ハ  }i^' 弌 ~"''~、、
                                    j{:;ト     `'弌is。.,_ ``ヽ、
                                      /ハ′ . --  __/ // _、-一
                                  ,ィ(ノリγ´;:;:;;;;:::;; ノイ/,.ィ㌻
                                  ノ(__乂_{;:;:´ ィc>`Y:::{ィ㌻  k,  K
                                /⌒ ̄竺ヒcr:、 rv'^>'"´ |k |彡, |彡,
                                 ̄⌒'ー-弍トュ勹丁_┌ー┤} Y´| Y'´} )k、
                                   | K |V洲i洲| | |√ j{ h_ノ | ノ ノ ノノ_≧s。.,__
                                   人|∧| Ⅶ豼北| |i.:.:/.:.:|V_ \_//'/  -=二      貴様か?
                                 /( 乂 V∧⌒'<_Ν,|i.:/.:.ノ  ⌒>シ'゚.:.:/ /^\_ ー
                    /           /::::\/(⌒丶、____〉リ { ̄_┌┘イ⌒Y ヒ辷ツ⌒¬
                  /{ /{_)k_,へ、      ,ィ(;:;:炒'⌒辷=-ァ'´/ ̄>'゚ / ,ィ灸乂__ヘ、_ ̄ア⌒
                k { 弌'^'<^'く⌒i^ルイ ,ィ(炒'´辷つ(__)ー'´ √>'゛ r'´ ,ィ(灸淡ァァァァァイ淡)'⌒\
                辷√7'く^ヤy'^i_j'/.:.√辿j「;:;:(;:;:;:;:)Y´--=彡イ.:.:{、::{::ゝ价淡淡淡淡淡渋'「 } i⌒
                {⌒''弍 ゙:,_}ノ_ノ-=弍⌒'¬- 二_ノ´__彡ヘ::::X丈::::}乂淡少'´ ̄ ̄`'守:{.:.:{::::
                >''>'^'く_\__彡'ノノ^^'=- _  ̄ ̄   ̄``丶)ノ:::人:;:`'㍉ ̄``丶、.:.:.寸.:.i}:::::
               _/^シ^Y(√うぅx\(二_.:.:.:: : : : : .``丶、   -==ニ Y<⌒ヽ``'㍉``丶、;:;:;;::::::∨ハ::::
               {∨〈`くi:i:7二刈i:i:i:`'<うぅs。:::::::: : : : : : : : . .._-二 } \ノノ´⌒\;:;:;:;:\;:;:::::∨〈::
               {i:i:小:::::〉ハニニり从リi:i:∨:〉ilili:i:\::: : :  ̄\: : . .  ノ.:.:__彡⌒ヽ \ ̄\:::::::::::::∨
               Уi }_}ノ洲{ニニ{ハ洲i洲{::乂i:i:i:シ^\丶、.:.:.:.:、_ 〔::: : 〈;:;:.:| : : : \ \: : Y´::::::::::
               /i i i{_从洲〈ニ={/i:i:i:i炒乂_彡';:;:;:;:;/\;:;:\.::.::.::.く::.⌒ヽ〉ノ;:;:.::.::.::.:).:.:.:...> ノ刋:::;;:;:;
               { i ij{ j{洲洲ニニY⌒´:: {\_;:;:/丁^ヽ;\:;:;`丶、:::\::/;:;:;:;:;:;:;:;/>__、rf〔ili{;:i;:;::::::
                乂j{ j{州i洲{ニニニl: : /: :`Yililili:i:i:i:i:}i:i:;:;:;}´;:;≧s。.,_,.。sS「≧s。。ィ^>イilililililililii:i:iリ;:;:::::::
            <⌒ヽ乂洲ノilシLニニ〈:/: : : _「丁TニTニ=‐< ̄_ -─- _二─<ilililililililililili:i:i:i:i:i:j{;:;:;:;:::
      _    ____二二ヤi:i:沙゚: :_「>'⌒ヽ ̄  >ァ二 ̄`丶〈`'く_ -─ァ ァ‐-- _`'<ilililili:i:i:i:i:i:/´.:.:.:::::

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……扉を開ければ、感じたのは妙な圧迫感でした。
. .┃|(
. .┃|))  恐らく。 老人の本気を見せられた、味わった時のような。
. .┃|(
. .┃|))  そう言った経験もあったので、ある程度耐性は付いているとは言え。 初対面の相手です。
. .┃|(
. .┃|))  「ええ――――手紙を渡したのは僕です。」 なので、しっかり挨拶をしました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1363 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 15:24:14 ID:c4/KLcsx
やっべぇお方だ!?

1364 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 15:24:33 ID:s8YSPPO9
暗部だな…!


1366 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:27:26 ID:c0JnOp+o





                          / '" ,.-'--――--`ヽハ!_ヽ、     '   ∨
                               {二二二ニニニニニニニ=-_  , -'
                                 ヽ==二=ニニニニニニニニニ>、
                               {二二二二二二二ニニニニニニニ7
                                  /ニニニニニニニニニニニニニ,-='
                              /二二二ニニニニニニニニニニニ{、
                            <ニニニニニニニニニニニニニニニ=-、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「要件があるなら伺いますが……。」
. .┃|(
. .┃|))  「――――ふむ。 貴様が手紙に書かれていた最期の弟子、か。」
. .┃|(
. .┃|))  ……一体何を書いていたのかは知りません。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、その声色には。 何処か郷愁と、感傷が混じっていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1367 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:32:25 ID:c0JnOp+o



                      |i:i:i:|                            {i:i:∧
                      |i:i:i:|                            ∨i:i:i\
                      |i:i:i:|\)、__rー 、_     ______       ∨i:i:i:i:\
                     /i:i:i:|三三三三三三三`¨¨¨¨´三三三三三\         \i:i:i:i:i:i:.
                    彡i:i:i:i|、三i.三三三三三三三三三三三三三三\         \:i:i:i:i
                    i:i:i:i:i:∧\.ii:.三三三三三三三三三三三三三三三\       ∨i:i
                    i:i:i:i:i:i:i∧.:i㏍:._三三三三三三三三三三三三三三八_ト、(\__ノ}ノ:i:i
                    i:i:i:i:i:i:i:i∧㏍:. \)三三三三三三三三三三三三三三三二ニ .:i:i:i:i:i
                    \i:i:i:i:i .:i㏍:.  乂三三三三i.三三三三三二二ニ _ ニ-  -ニ.:i:i:i:i:i:i:i
                      \i:i: .:i㏍:.ニニ{^\三三ニ.ii:三二ニ=-         )ニ  -ニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                       \i:/ .㏍:.ニノ  `⌒)_ .㏍. ̄         (ニ_ -ニ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                          / .:i㏍/  _X⌒ヽ.:㏍:            - .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                      /二.:ii㏍ii:.ミ、入   .:i㏍:.ノ{            -.i:i:i:i:i:i:i:i:i/       現在は此処を預かる主。
                        /ニニニニニ)、i: ゞソヽ  .i㏍)ー=う)           -i:i:irぅ/┐
                   /}\ニニニ/ \:i::.ノYー { ゞンヘミ、  .ri         `¨¨´__ノ{_       ”ハサン”とでも呼べ。
                      | | |ニi∧:;:;:;:;: ̄:;''   乂.:i:i:i:.ノ \  ゞ       `¨/ (ニr'
                      | | |ニi:i∧_rァ_/⌒ヽ_    ̄     )  r=ミ     ニ`¨¨´ニ)       ”翁”と呼ぶものもいる。
                      | Ⅵ_| ニi:i:i:i:i:i:i:}i| イi:i:i/ r{⌒Y^ー=彡ー( \_|     ニ二三三
                      | Ⅵ ニi:i:i:i:i:i:i:i}i|、^⌒ ,.:  _ ノ、i:i:i:. i:i:i:i `⌒iヽニ ニ  ニ二三三三
                      |  },イ-=-i:i:i:i:从从从从从从ノ}i:i. i:i:i:i:i:i:i:i:i:r、)二二三三三三三
                      /}/ 人ニニニi:i:|⌒^`'┴┴、/⌒´ '  i:i:i:i:i:i:i:i:i:\二三三三三三三
                    /ニニ/)ノニニニi:i|i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}    i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ニ三三三三三三
                    ニニニ⌒)i:i-=ニニi:i|i:i:/^}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{     i:i:i:i:i:、__ノrくニ三三三三三
                    、/)/.:::::: -ニニi:i|i:/i:i: 、i:i:i:i:i:i:i:i/⌒、i:.. .:i:. i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:\ニ三三三三
                    ニ(ニ::γイニニニi:|/i:i:i:i:i:\i:i:/i:i:i:i:i:ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)i:i:i:i:i:i:i)三三三三

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「■■■■です。 ……あの、師匠とはどんな知り合いで?」
. .┃|(
. .┃|))  「同期だ。 奴が先に上に行き、その後は我。 既に退いたがな。」
. .┃|(
. .┃|))  ……ということはどう若く見積もっても老域。
. .┃|(
. .┃|))  にも関わらず感じる圧迫感は、練り続けた技故なのでしょう。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1368 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:36:02 ID:c0JnOp+o



                                  _  ト、
                              /}_/三ミ、}ニ>
                                L./ニニ二∧´ト、
                              } {ニ三三三\}ト、
                             }、}、/ニ三三三三\}
                             }/____三三∧
                             /ニ=-  ____  -=ニ三\          ……ふむ。
                         /三三三三三三三ニニ,,>{
                           {ィー一<三三三,>''"ニ=\        貴様、装備はどうしている。
                         ∥ニ二三`¨¨¨¨´三三三三ニ\
                             ∥ニ二三三三三三三三三三ニ∧
                           ∥ニ二三三三三三三三三三ニニ∧
                         ∥ニ二三三三三三三三三三三二∧
                             ∥ニ二三三三三三三三三三三三ニ∧
                           ∥ニ二三三三三三三三三三三三ニニ∧

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ふと、マスター…………”翁”が、「彼」に問い掛けてきました。
. .┃|(
. .┃|))  「少し前の争いで破損しまして……。」
. .┃|(
. .┃|))  「”繋ぎの街”での争いか。 耳には挟んでいるが……貴様も関わっていたか。」
. .┃|(
. .┃|))  ……どういう情報網を持っているのか。 怖くて聞けませんでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1369 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:40:47 ID:c0JnOp+o



              |i:i:i:|                            {i:i:∧
              |i:i:i:|                            ∨i:i:i\
              |i:i:i:|\)、__rー 、_     ______       ∨i:i:i:i:\
             /i:i:i:|三三三三三三三`¨¨¨¨´三三三三三\         \i:i:i:i:i:i:.
            彡i:i:i:i|、三i.三三三三三三三三三三三三三三\         \:i:i:i:i
            i:i:i:i:i:∧\.ii:.三三三三三三三三三三三三三三三\       ∨i:i
            i:i:i:i:i:i:i∧.:i㏍:._三三三三三三三三三三三三三三八_ト、(\__ノ}ノ:i:i
            i:i:i:i:i:i:i:i∧㏍:. \)三三三三三三三三三三三三三三三二ニ .:i:i:i:i:i
            \i:i:i:i:i .:i㏍:.  乂三三三三i.三三三三三二二ニ _ ニ-  -ニ.:i:i:i:i:i:i:i
              \i:i: .:i㏍:.ニニ{^\三三ニ.ii:三二ニ=-         )ニ  -ニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i
               \i:/ .㏍:.ニノ  `⌒)_ .㏍. ̄         (ニ_ -ニ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                  / .:i㏍/  _X⌒ヽ.:㏍:            - .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                    /二.:ii㏍ii:.ミ、入   .:i㏍:.ノ{            -.i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                /ニニニニニ)、i: ゞソヽ  .i㏍)ー=う)           -i:i:irぅ/┐
                 /}\ニニニ/ \:i::.ノYー { ゞンヘミ、  .ri         `¨¨´__ノ{_      ……そうだな。
              | | |ニi∧:;:;:;:;: ̄:;''   乂.:i:i:i:.ノ \  ゞ       `¨/ (ニr'
              | | |ニi:i∧_rァ_/⌒ヽ_    ̄     )  r=ミ     ニ`¨¨´ニ)      貴様を試したい。
              | Ⅵ_| ニi:i:i:i:i:i:i:}i| イi:i:i/ r{⌒Y^ー=彡ー( \_|     ニ二三三
              | Ⅵ ニi:i:i:i:i:i:i:i}i|、^⌒ ,.:  _ ノ、i:i:i:. i:i:i:i `⌒iヽニ ニ  ニ二三三三     明朝、此処に来れるか。
              |  },イ-=-i:i:i:i:从从从从从从ノ}i:i. i:i:i:i:i:i:i:i:i:r、)二二三三三三三
              /}/ 人ニニニi:i:|⌒^`'┴┴、/⌒´ '  i:i:i:i:i:i:i:i:i:\二三三三三三三
            /ニニ/)ノニニニi:i|i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}    i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ニ三三三三三三
            ニニニ⌒)i:i-=ニニi:i|i:i:/^}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{     i:i:i:i:i:、__ノrくニ三三三三三
            、/)/.:::::: -ニニi:i|i:/i:i: 、i:i:i:i:i:i:i:i/⌒、i:.. .:i:. i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:\ニ三三三三
            ニ(ニ::γイニニニi:|/i:i:i:i:i:\i:i:/i:i:i:i:i:ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)i:i:i:i:i:i:i)三三三三
            ニニニニニ/ニr 、__,ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`⌒ー―一
            ニニニニ/:::ニ乂__,、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:.(;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i
            /⌒)/:::::ニニニ=-`⌒⌒''<,_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\rii:i:i:i:i:i:)i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「彼」を上から下から見た上で、翁はそう低く囁きました。
. .┃|(
. .┃|))  「一応は大丈夫だと思いますが……何を?」
. .┃|(
. .┃|))  「依頼だ。 ある程度信頼が置ける人物でなければ任せられないような、な。」
. .┃|(
. .┃|))  ……暗に。 「老人の弟子ならば、この程度熟してみせろ。」 そう、言われている気がしました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1371 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:44:34 ID:c0JnOp+o





                             _,_イー=ニニニニニ二\  ´ ´/ニニニヽ、
                              ,イ. \.  \マニニ\.ニニ二>-イニニニノ二二ヽ
                          {/,\.\.   \.マニニ\ニニ二二二/ニニニニ}
                           /////,'ヽ ヽ.   ヽ.マニニ>ニ二二<ニ二/ニニ/
                           /////////,ヽ ヽ.   ヽ\ニニニ>ニニ>'"ニニ,.イハ、
                      ///////////>'ヽ ヽ.   ヽ \ニ二二二//ニ/ヽ//,>、
                  /////////>'" 、.  ヽ. ヽ.   ヽ ヽニ=ニニニ/ ,. /、////> 、
                   ////////>'"    i   ヽ. ヽ.   ヽ. ヽニ二>'"    l   `</////
                 ,.'//////>'"    _,.. l ./  ヽ ヽ.   ヽ. ヽ/ ',    .l  、   `'<//
                 //////    ,. '    '"     ヽ ヽ  /   〉、 、     〉   、.   `

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「内容と報酬は。」
. .┃|(
. .┃|))  「鍛冶師の紹介、作成に必要になる素材一式、後は正式なギルド員として認める……と言ったところか。」
. .┃|(
. .┃|))  そして、一拍を開けて。
. .┃|(
. .┃|))  「内容は単純だ。 単なる子供の、家庭教師。」
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1372 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:45:30 ID:c0JnOp+o








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    「但し。 【1D10:6 からの、な。」
. .┃|(
. .┃|))    (1-3:男爵 4-6:子爵 7-9:伯爵 10:公爵)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








1374 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:48:45 ID:c0JnOp+o



                              rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                            lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                            <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                           ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                            r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                          ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                           l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                            /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                         /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……暫くの話の後。
. .┃|(
. .┃|))  結局「彼」は、それを受けることにしました。
. .┃|(
. .┃|))  但し、鍛冶職人の紹介は前払い、という形で。
. .┃|(
. .┃|))  ……どうしてこうなったのだろうか。 そう、悩みながら。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1376 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:51:11 ID:c0JnOp+o



                           |l   |::ヘ. ̄  l      ̄   l/!:::://∧ヽ、_
                              rlV::|ヽ _ ヽ        u   !::/ニ三三三/
                                  lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                            <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                           ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                            r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                          ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                           l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                            /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                         /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ※子爵に決定したので此処でダイスを振ります
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:8 (1-3:成り上がり 4-6:伯爵家の分家 7-9:代々 10:熱烈歓迎)
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:8 (1-3:養子 4-6:妾の子 7-9:実子 10:熱烈歓迎)
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:3 (1-3:農業 4-6:商業 7-9:外交 10:熱烈歓迎)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1379 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 15:58:45 ID:c0JnOp+o





                                rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                              lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                  Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                              <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                             ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                        r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                            ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                             l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                        /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                           /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【1D2:1 (その足で鍛冶屋に・先に姉弟子達の元に) 向かうことにした「彼」。
. .┃|(
. .┃|))  向かう途中で、そういえば四人を置いてきた事に気付きましたが後の祭り。
. .┃|(
. .┃|))  そんな折…… 【1D4:3 (アカネ・マナカ・ファリエル・レン)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1381 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:11:51 ID:c0JnOp+o



                                        __     _
                                   >''"       >< || \
                                ,  '              \ / ヽ
                             _/                / ‘,/ }
                           ⌒7    ./           /   /
                                          /    / }彡 /
                               | /|   :|           /  . イニ\
                               |/ |   :|、          ./   /|ニ|\.ニ\
                                |   :| }              ' |ニ|  \.ニ\_____
                                |   :|ノ`丶          /  .|ニ|   \ニニニニニ|
                                |   :|    丶、/// /   八ニ\    ̄ ̄ ̄ ̄
                                | :| |─、 _,,.. ──〈      \ニ\
                                | :| |  /       \__   \ニ\         あの、私は同行者いますから。
                           /⌒`~、、 __ -‐   \ `ヽ  \ニ\
                               /⌒ヽ                 ヽ }     ̄⌒
                          /  /::::∧               \
                           /  |___ ∨                \
                             /   __| '                    \
                         八   (::::::::::::::∧                    \
                            |\ |:::::::::::::::∧               __ -‐ ̄
                            |  /─‐‐/ ∧           __ -‐
                            |_  |:::::::::八   `'' ────     |
                       丿:::¨ ─/  ゝ   |!    |!    |!   :|
                       ::::::::::::::, '     ‘, |!    |!    |!  八
                              __/      ∧ .|!    |!    |!    \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何故か視線の先に、ファリエルの姿がありました。
. .┃|(
. .┃|))  誰か見知らぬ男に誘われ、それを断っている姿が見えます。
. .┃|(
. .┃|))  初めは知り合いなのかとも思いましたが、聞こえてくる話からすればそれもまた違うようで。
. .┃|(
. .┃|))  ……見過ごすのも何なので、介入することにしました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1383 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:15:36 ID:c0JnOp+o



                             _________
                          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/
                   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ
                 `ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
                 ::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′        ……チッ、何だよ男連れかよ。
                 :::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/
                 :::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'
                 :::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧
                 ::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\
                 ::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「どうかした?」 そう近付いてみれば、相手の男は分かり易く舌打ちをして去っていきました。
. .┃|(
. .┃|))  見るからに身体に似合わぬ大剣を背負い、それに合わせたのか全身金属鎧。
. .┃|(
. .┃|))  ……ああ、素人。 或いはまだ初心者なのだろうと察するには分かりやすい素材だらけでした。
. .┃|(
. .┃|))  あんな装備で機敏に動けるのかのほうが心配な程に。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1385 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:18:57 ID:c0JnOp+o



                                /⌒\ ̄ ̄ ̄¨'' ミ      >‐-ミ
                              _>'' |    \        ≧x,/\  | `ヽ
                            /    |         ≧x,_   └|ヘミ   、|  ,イ '
                        /               ≧x,_ └|ヘミ      }
                        八     i              \└|ヘミ   }}
                      /    /  ヘ           ヽ   \ヽ|┐ミ 彡 ノ
                       /    /   ハ   ヘ  \    ヽ   \└|   イ
                         / ./|:  /  人 ヘ.   ヘ   \    ヽ    \i亠、
                     i ./ .!/   , '   ト-ヘ   ヘ ヽ .:|\   ヽ   \〈     何処行ってたんですか……?
                     |//   イ  ', !.  ヽ  |\ \}  \   !     \
                     /  , イ: |-‐ヽ{‐   ハ  }  \-\ ..!\|‐- __ _ \
                   / , イ    i.ィf忙卞z   } ./  ィf忙卞z .!    ト、 \〉 ̄
                    {/  |     i ヒン.ノ    |/   ヒン.ノ  |    i ヽ  ', 〉
                    {   .ト,    ', ///   、   /// ハ   /  ハ.  } 〉
                       ヽ   }ヽ            .u / }  /  .ノ /〈 〉
                           }    |  '             ./ ./  / ∠ イ  〈 〉
                        ,'   |   ゝ   ~~   イ.  /   {    〈 〉 〈 〉
                          /イ   .|   。r‐>   __  </≧/   ',   〈_〉 〈 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「知り合いだったなら悪いことしたけど……。」 「違いますよ!?」
. .┃|(
. .┃|))  去っていく姿を見ながら、そう問い掛ければ。 力強い反論が帰ってきました。
. .┃|(
. .┃|))  そして同時に詰られました。
. .┃|(
. .┃|))  「と言うか、食堂に行ったんじゃなかった?」 「遅すぎるから探してたんです!」 とのお返事。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1388 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:23:33 ID:c0JnOp+o



                                         >''"~ ̄` '<
                                    トs。___/ Yメ ==ミ>、∨
                                >''"~  ̄  |   ``丶、アォ,.イ ヽ.}ハ
                               /         |        \. rj-、 ,リ }
                                      八        \V少リノ
                             /     ノ      ヽ      、  ヽ‐‐ :::\
                        /    /   /    `、      \ ヽ \:::ヽ
                            /   /    ∧ `、         ∨ \::ヽ
                        {    /  /    ./ ‘, `、   ∨    ∨  ::::.
                         /      斗―─ミ ',  .ト ─ミ ‘,  ヽ ∨ .}:::|
                           八  / /  .!  /          .| ヽ  ト .  ', ∨.|:::}
                             y ./ |  |  /        .!  .|  ヽ | ‘, |\{ .j:::,'    …………あの。
                            / /  .|  | / x=== 、  .}  ノ_  | ! .}  |  /::/
                          { ハ  .|  | ∧ ::::::::::::   // ⌒㍉ ト/! .|   /::/     少し、怒ってもいいですか?
                            \|  ', ! ',         、  :::::::::   |  | ./  {:::i
                           ∨ ',{ ',             ノ .|  |/  .!:::!
                             ハ   ',    ` ─    イ  .!      .|:::|
                                / ∨  ',~、、 .___. ィi〔 .!   !      .|:::|
                           ∧  ∨.  ∨___.|/`、  |  .!   ∨   ..|:::|
                           /  ヽ ∨  ∨  ト  | | 八   ∨  八::..
                               ヽ ∨  ∨  |. `、|   __ `、  ',    \:\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「ごめん、完全に忘れてた。」
. .┃|(
. .┃|))  思い切り怒られました。 若干理不尽な感じを受けるほどに。
. .┃|(
. .┃|))  「まあ、私ならいいですけど……マナカさんとかだったら、どうなってたか。」
. .┃|(
. .┃|))  ……そう言われれば確かにそうです。 面倒を見ることを考え始めた「彼」としては、反省しきりでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1389 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:26:27 ID:s8YSPPO9
また一つ学んだねw


1390 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:27:26 ID:c0JnOp+o



                                      _
                            ,、 ⌒ヽニ/ レ、`丶、
                           /  /  :'    ∨  \____
                              / / /  /        ∨ ノ;〈  ノ )ヽ
                        _,,.、丶´  '  /   '      :、〉;〈 / //ハ
                         / _彡 ァ‐/:{  '| / |     \ 7 /  }
                     /'⌒7 /} /{‐}/‐ i| 八  !_  \   \ /  '
                      〈(  i ' j/ j ィ=ミ八 { \(ヽ   \   ヽ /
                     `⌒八 ノ i vツ  ヽ ィ=ミ、ト 、    、  (
                        /   ;      ) ゞ ツ八 \   )⌒\、
                        //   {    '      / ノ   ハ{ \ \、     __
                      , /   / ヽ  v  >   〃   ,:' 八  ヽ  Y    (¨¨¨¨(
                     ∨  /⌒ヽ \__ ,. ((    / ,:/ \ ハ  |―=彡'¨¨⌒´
                      ノ /  __ ) ノ/{ ̄ ̄/ ヽ 彡'( ハ>  ヽ i  厂 ´
                    /⌒\)ァ'"  >===vノ/ /ノノ_         / /          ……今、向こうは三人で動いてるはずです。
                     /'   7 / /:::/:::/::/ 八(/   >-=ミ 、 〈 (
                      {i    〕 _/ .::::,' 7:::: ,.::::}}  ノ'::::::|   i:.〈  、`¨¨¨¨  ̄\     場所だけ連絡してあげてくださいね。
                   八/: 〕((⌒ヽノ /ノ::::V|:::ノ'  >:::::::::|   |:i 〈    ‐-ミ   /
                    ,.:::::::::::〉、:::::/ /::し 彡イ  x'::::::::::::::|   |:K´        \(
                      /{:::::::::/人:7 /___彡 /:::::: /¬::)  _|:|            ヽ
                  ├|::::::::{ { {  ~~~/::::::::::: 〈__rミ   (___|
                    ヽ:::::八  }  }   } 〈::::::::::::::::::: r-' (⌒) |
                    〕== ヽ {  {    〉::::_::r‐ '  /:::ヽ: !
                     {:::::::::::i 〕   }     {:::::::::::メミ<__彡'
                     |:::::::::::| 〕   {    /:::::::::/  /::〉
                    ――::. {   、  〈:::::::: /  /:/
                      |:::::∧      /:\:/  /:∧
                      |:::/::∧    /:::::::::::::::r― \\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「分かった、分かったよ悪かった。」 「許しません。 罰として二人で歩いて下さい。」
. .┃|(
. .┃|))  ……傍から見れば、恐らくは。 そういう関係に見えてもおかしくはない言動でした。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、「彼」はその真意に気付くこともなく。
. .┃|(
. .┃|))  受け入れるしか無く、二人で移動をし始めました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1392 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:31:42 ID:c0JnOp+o



                                                       _   ___
                                              ___   . z/´  7/` /ヽ
                                           , rニ/  /`y´//   /   / /~ヽ、
                                          /{  /  / / /    /   //  /Y
                                          ,' { /  //  /    /   //  /  }{
                                           | .| |  |/   /    /   //  /    |
                                           | .{  |  |   7    /   / /     }{
                                         圦{  }   }  |   /   ./ / イl~ヽ リ
                         -‐‐‐- ...           i|  }  .}  .l   7  / /イ| | .| リ
                     , ´        ` <      ,イ ン′臥   |  7  / /1| |7 7  '
               。‐<__. ´    i     \`>ヾ、 .。'  /  /  /   /  /イ| ソ| |7 7  '   .。-‐
                ,Y {/  /7      | ゞ \   \  `ヽ‐-/  /  /  / / イj ソ { / 7   |  厶弋
               {l  l/ ,/7        リ人人\.\   \ ∧j__'_  /  /  / / l|  { l/ 7   | r辷、  弋
               [ |  | [7 /  i    リ   }\ヽ`ヽ」<  \i气气ニ\  /   / / | |  { 7 7   |/  \、
                {l∨∨[]/  |    リi   |ニ\ニ ∨}\  y   Ⅲ\′ .//j___|_|___| | 7|    |      |_/
                ∨ゞ `/l  |   リ | り  ..zznx. }」  y リ     Ⅲ\-‐‐-´、::`ヽ :: ::\7 |   |      /
                 `-‐7人  |   | | , zチ 炒乍 }  / イ、       Ⅲヽ: :: :: :: ヽ、::.y:: ::|| ∧  |   /  /
                  /7    /   ./ | /  乂_ツ// / / Ⅲ      Ⅲ|:: :: :: :: :: :: y┘:/.|∨∧,'   /` --´
                //′ / |  /zzx|/      // //リ Ⅲ       Ⅲ|:: ::/\: :: ',: :/l\∨∧x __ -‐- 、
              // / /| ∨ {廴炒\       /  / /Ⅲ       Ⅲ|:: :\  /: :{}′<。∨∧_.。 -‐- .
              / /// /::∨ \`ヽヽ¨´  i   /  /zz`ヽ、     Ⅲ|:: :: :: `ヽ`´り     j  j
               {:: :|/{ /:: :: \ `ヽj ゝ _ ノ/ //-‐-:: ::_::_::`:: ‐- x__Ⅲ|K二ニ´k/    / /
                `‐l |/x< ̄ >s。> ,ゝ、ゝ{  ゝ‐      `,rイム、:: :: :: ヽ}´  .。   -イ ./
                  /xー―-  _ . 。 }  \ >‐----‐<`ヽ/´.z `ヽ:: :: /, <. -‐
                  |/                ~¨¨´ ̄ ̄`ヽ」 └x ,'´ン-イ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))           【1D10:2 (1-3:隣り合って 4-6:手を 7-9:腕を 10:熱烈歓迎)
. .┃|(
. .┃|))       ※アナウンス:ちょっとしたら多少AA募集しますので用意だけお願いします
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1393 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:33:33 ID:px5EpK+I
控えめ!


1395 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:36:31 ID:c0JnOp+o



          .-‐<ヽ/   /./   ト、 ヽ \  <> ヽ
          .ヽヽ 〉∧´./ /,    i\\.ヽ \ \ヽ  \ヽ
           ! .} 〉∨/   ,  /   ! i ヽ` .< .\ \}  }} 〉
          .ノ ノr' ノ/   / /   ∧}  }\、 ` <、 \ノr ´
          .' r' ノ./  , ./ /   / }}  i ̄ヽ}>- \ .Ⅹ   _
          .r' r'.∨  , / /   ∥ リ  } _。≦ニュ! .!卞ヽ ) /r ´
          .テ、./  ,/ /   ,イ  i  ,リ乍儿} ア!.∧{ .) )´ ゝ
          .∨/  イ . /  ∠≦幵  /' 弋勹 `.レ } ヽr'ニ=-、 \ヽ
          }/ / } ./ノ  /{マ儿} リ/   `´  〈/  \‐- = -r' )
          .}}/∨ イ/  人卞 ノ /'    ヽ    ゝ、〈 ⌒ ̄< ̄/`::::<=、
          .}}=={{∨(' / \\´ (      ,   / }r'-   < ./::::::::::=::/⌒<ニ======、 /
          .}}=={{  (.{、\ \\   ‐-    /__ノノ__ __ 〈 /::::::::::=::/:::::::::::::::::::::<  ∨       ……ふふっ。
          .'==∥   ` } ヽ  ヽ ) __     ∧ ̄〈 r‐==‐- 〉、_:_:::=:/::::::::::::::::::::::::::::::`:::::<
          .= ∥⌒ 、 _.ノ ∧ 、\ \   > ̄'{ \ /ヽ=-- --‐‐=⌒ヽ_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
          ノ'⌒ヽy _ ノノ} ヽ `  < _   ∨=={====\=======⌒}}‐-==ァ.、::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ
                (、     ノ  ) ヽ----→ ヽ´ ̄ ̄7\==ノニニニニニ))/' ===/  .∨::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∨
              .\‐-   イ-‐ ´   ` )⌒ )  /===={{} ̄ ̄ ̄⌒` ‐=r'  \ ∨、:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   ̄ >::::弋ヽ```  (/  ´  {{====={{}    ヽ    ヽ   ヽ∨\:::::::::::::::::::::::::::::}}
                    {:::::::::::::::弋ヽ```       〉-‐-=r''{ヽ    ヽ   ヽ    Ⅵ:::{:\:::::::::::::::::::::::リ
                    }_:_:_:_:_:::::::弋ヽ ```      }======} ヽ    ヽ   ∨  ⅶ入.,、::::::::::, イ ´
                    ∨   .}:::::::::::弋ヽ ```   r-‐‐‐-='  ∨    ∨   ∨   ⅵ    ̄
                    }   _リ:::::::::::::::::冫⌒勹ュ```     {{     、    ∨   ∨  、ヽ
                    !、 (::::r-‐‐-ュ::::::::::::::::ヽ弋ヽュ``` 、、{!    ∨    、    ヽ  ヽ.ヽ
                    }r' .`´    {::::::::::::::::::::∨_ノ弋ヽュ  {{    ∨    ヽ   \  \ヽ
                     {,-、 {⌒r‐‐.':::::::::::::::::::::ノ> 、\  ∨` \   \     \   ヽ   \ 、
                    人:r' `ゝ::::::::::::::::::::::::/...............>ヽ、   \   \    \    \  \\、
                     \  .∨:::::_:_:_:/::::}}/レ、.M/∨>、   \   \    \    \   ` < <
                       `《=={{¨:::::::::::::::::::!   `      入ヽ  \   \    \    \    \ ` <

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  裏路地を巡り、鍛冶師の下まではやや時間がかかります。
. .┃|(
. .┃|))  それまでの間、付かず離れずで歩いてくるファリエル。
. .┃|(
. .┃|))  何処か楽しそうなので、それを邪魔することもなく。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1397 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:42:00 ID:c0JnOp+o



                                       __
                                      ,, -/  `  ̄ ̄ `ヾ
                                   /  {    \  \ `ヾ
                                   ´  /|    i   \     `Y
                                   ,.:    / V  |    `゙'' <_ }   __,.ィ
                               /    / ノ∨ .{\, --- 、     ̄ ̄ /
                              /イ / .// _ \乂 ` <    \ ̄
                             '⌒´j/j//{./´ ___ \ Vィffミ、 、   \
                                   /.イハ  ハ ィfチ"`  .}/     }\ ヾ 、\
                               // ヽ\ 乂__   /__    ._ノ  ハ } V.ハ
                               { {_ノ! .jハ  ー ´  r'   ソ  `i  | j/|  .} .ノ
                                  }   Y ヽ    ー   ィ|  | | .|/
                                   /   }  }>  _ <{ {  {  |
                                  /__  .j/  ハ-- '~V~`>ト .|  ! .|            ……はい、楽しいですよ。
                                 / _.> ´ /  /____ノ Y {___  }  }--- 、_
                              / ./   ./ /r'': : : : ア}:Y:{: : :ー―ァ ',      ≧=- 、
                              / ノ    //{ {: : : :{: : /芥、: :}: : : /   ヽ rv'{^´ `⌒ }
                              / ,ィ、_  .{ { マ ハ ア: : : :i! : :ヽ:_:_ノ }  ト V: : : V   /
                           _.ィ´⌒´  /: :メヾ= ヽ. ヽ:_: : :ハ: : : :}  / / } }: : : : !  .r'
                           }    ,.イ: : : : : : :メ、_  ー-'   Y´  .//: : : : : : :\{__ メ
                          レィ  / { : : : : : : : : : :`:j__ ノ :..,: ヽ__r {: : : : : : : : : : : ノヽ
                              ⌒{  、: : : : : : :_:_: : :.ノ   :i!:    }--=: : _:_:_:イ   }
                               {>、  >ィ´} : : : : :{     .:ハ:.   ノ:_:_:_: :/ヽ,,   ,..:'ノ
                               |  ` ̄ }_ノ:´ ̄:ヽハ   .: :. :.  V: : : :ヾ /⌒| ̄´
                            八      ⌒∨: : : :ハー-    、__./: : : : : ,}_ノ  }
                             \       }: : : : : :,     /: : : : : / /  ノ
                              ∨|    ハ: : : : : :',    .,: : : : : : ハ {  /
                                |/|// '; : : : : :.',   /: : : : : :/  !/
                                 /   '; : : : : :.', ./ : : : : :./  |
                                /     }: : : : : :.∨: : : : : ./   i!

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「楽しそうだね。」
. .┃|(
. .┃|))  そうとだけ言いながら。
. .┃|(
. .┃|))  そんな時間は直ぐに終わりを迎えて――――。
. .┃|(
. .┃|))  ※性欲度に関してですが、「彼」の防壁が壊れた&特定条件で再度判定します。 内面が幼すぎるのも原因なので
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1398 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:46:47 ID:c0JnOp+o



                                rlV::|ヽ _ ヽ        u   !::/ニ三三三/
                                    lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                  Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                              <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                             ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                              r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                            ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                             l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                              /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                           /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「此処かな。」
. .┃|(
. .┃|))  若干古びた扉、隙間から漏れてくる熱気。
. .┃|(
. .┃|))  明らかに鍛冶師の仕事場でした。
. .┃|(
. .┃|))  その中に、足を踏み入れて――――。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1399 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 16:49:58 ID:c0JnOp+o



                                         /             \
                                             ` 、
                                      ノ   ′         `、 、  ′
                                  {  {     j ∧  '    '  ′
                                       }  {、   i|,/_、  { } | ' i{
                                     ',  i{ `、  { z- ,,\}^j i{V,
                                    \'{菊Ⅵノ ̄'萄   ′i{ノ ', {
                                        | }:Λニi     ニニ /  {   {
                                        |ノ  |i:、  、,  ,:/   i{   ,{
                                       /′ i| ⌒>x< /    {   {
                                  //  |二ニ=‐-Y/     {_____ i{
                                     //  八二ニニ=/′/ / ,:i:i:/⌒ヽ
                                 / ,   /i:厶ヽイ //   / ///:i:i:i:i:}‘,
                                   / ,  /i:ノニ>i| / ' / / /゙:i:i/i:i:i:i:i:ノ リ!
                               / / イi:i:⌒:Λ:i|//  /:i:i:/;ノi:r '〃/
                                / / / ノ:i:i:i:i:ノ八j'゙  // }i:i:i:}:i:i:i:| r:゙/{
                                  /  {,/ {;i:i:i:i:ノ { i{ / / (:i:i:7i:i:i:i:ノ// {
                              /i   {  ハi:i:i:{ ) {ノ /{  }:i:7:i:i:i:///  {
                               {人丶\{ |i:i:i:ゝ } / /、  \:i/i:i:i:///   {
                             人__\_`く:i:i:i:i:){ {人 `、 ̄{i:7:i:i:/// / / ノ
                               / /  /⌒:i:i:( { ヽ {⌒, '/:i:i:i:j j {ノ / /
                              /  ,i{  /:i:i:i:i:i:i:i} ( { j   /:i:i:i:i///{ {. ィ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   ※「鍛冶師」を募集します。 1ID一人まで。
. .┃|(
. .┃|))   因みに決定の仕方はダイスで四人選んで、それぞれを1d10に当て嵌めた上で決定。
. .┃|(
. .┃|))   具体的には「見習い鍛冶師」「同年代の鍛冶師」「職人鍛冶師」「親方」の四択です。
. .┃|(
. .┃|))   休憩兼ねてるので16:55~18:00まででお願いします。 一旦お疲れ様でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1401 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:57:12 ID:13doQ0mi
一旦乙乙
ミルカ・クロッツェ(アトリエシリーズ)

1402 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:57:51 ID:240K8Mwv
一旦乙
ダンマ・バク(2ch)

1403 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:59:15 ID:l36tlEIV
たん乙
ネロ・クラウディウス(Fate)

1404 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 16:59:49 ID:rTJ2/RyP
一旦乙
鋼鉄姫ユーミル(クイーンズブレイド)

1405 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:00:03 ID:4NEyfh/l
一旦乙です
斎藤一(るろうに剣心)

1406 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:00:26 ID:K8mw8O4Z
犬井灰根(パワプロクンポケット)

1407 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:01:03 ID:6NC048ee
ロゼッタ(ルーンファクトリー)

1408 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:02:04 ID:W77waI2+
一旦乙
ロン・ベルク(ダイの大冒険)

1409 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:03:33 ID:FFWO3Guw
一旦乙ー
楠リッカ(GOD EATER)

1410 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:03:40 ID:OXw91zce
一旦乙です!
ゴドー(ベルセルク)

1412 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:04:41 ID:Jtgf/S3c
乙です
アラトロン・トルストイ(ファンタシースターオンライン2)

1413 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:05:33 ID:GNMltfq0
一旦乙
三世村正(装甲悪鬼村正)

1414 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:07:19 ID:NbciH3re
一旦乙で

やらないのか夫(やる夫派生)

1415 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:08:32 ID:swONA62v
一旦乙
クー子(這いよれ!ニャル子さん)

1416 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:13:01 ID:cu0jn2uN
二代目メルク(トリコ)

1417 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:34:16 ID:csY1x4lU
直政(境界線上のホライゾン)

1418 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:34:39 ID:7mO7cG9H
一旦乙です
衛宮士郎(Fate/stay night)

1419 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:50:59 ID:fB5iWO5d
アイザック・クラーク(Dead Space)

1420 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:51:36 ID:72jOhsl8
柚原春夏(ToHeart2)

1421 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:53:00 ID:cioitmD+
一旦乙
星月・フェラーリ(ガリレイドンナ)

1422 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:56:42 ID:rwe+KCpB
ウリバタケ・セイヤ(機動戦艦ナデシコ)

1423 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 17:59:10 ID:Ge05xanP
一旦乙ー

ハクメン(BLAZBLUE)


1424 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 18:01:33 ID:c0JnOp+o
(どこから増えた)

1425 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:04:41 ID:fB5iWO5d
キャラ安価があるとどこからともなく現れる。それがROM勢

1426 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:07:03 ID:K8mw8O4Z
ほら、あなたの後ろにも


1428 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 18:08:39 ID:c0JnOp+o
まあとりあえずダイス先に振りましょうか。 えーと……>>1401-1423?

1432 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 18:12:39 ID:c0JnOp+o
じゃあ23票か……【4D23:65(21+17+11+16)】

1433 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 18:13:32 ID:c0JnOp+o
(まともに初心者っぽいのが見えねえ……まあ割り振って決めるか……)

1434 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:14:53 ID:13doQ0mi
初心者…初心者とは…

1435 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:16:19 ID:Ge05xanP
ウリバタケ、アイザック、村正、士郎?


1436 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/02(土) 18:21:26 ID:c0JnOp+o
……えーっと……多分そうかな。

んで士郎10、アイザック7-9、ウリバタケ4-6、村正1-3でいきましょうか。

【1D10:9

1438 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:23:14 ID:K8mw8O4Z
別ジャンル(大工とか)からの転向組なのやもしれん

1439 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/02(土) 18:23:57 ID:hGmVmpzF
手足を執拗に狙って踏み潰しそう

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 岩崎さんは無口 第62回 (09/23)
  • やる夫は(人間の女の子には)モテない冒険者 (09/23)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 番外編「出番なき者たち」圭一編 (09/23)
  • やらない夫は2038年の警察官 日常パート1 (09/23)
  • やる夫は竜の人財のようです 第4話 (09/23)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第三話 (09/23)
  • 国際的な小咄 5265 このスレを国際系のスレ作りのハードルを下げるといったやつからこんな突込み (09/23)
  • 国際的な小咄 5264 私が想定していたのはそういうことだったんだよぉ(血涙) (09/23)
  • 国際的な小咄 5263 ちょっと今まで議論していた (09/23)
  • 国際的な小咄 5262 旅人が見た衝撃光景 (09/23)
  • 国際的な小咄 5261 あえてこの国の人に聞いてみた (09/23)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十二話 「フィッシュメンタル・スカイボディ」 (09/22)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十一話 「エニウェイ・タイマニン・イエス・ディス・ウォー」 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その4 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その3 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その2 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その1 (09/22)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その5 (09/22)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その4 (09/22)
  • 国際的な小咄 5260 NYで安くてうまいもの (09/22)
  • 国際的な小咄 5259 高句麗について (09/22)
  • 国際的な小咄 5258 日本のチョコの甘味 (09/22)
  • 国際的な小咄 5257 剣道やってる奴曰く (09/22)
  • 国際的な小咄 5256 恐ろしきかな教育とは (09/22)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 188 《DAY195》 ~ 《DAY196》 (09/22)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 5 後編 (09/22)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです age of twilight”act 6” (09/22)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 06 (09/22)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第9話 (09/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ