スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 10

目次

851 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:07:43 ID:vxLTzhzV



                                             _
                                     _,,.、丶´     `ヽ、
                                    イ/      \    \
                                / /          ヽ   ヽ
                                / 〃  j        l       ',
                              / /イ  ∠{  i  }‐x+- /
                                /{ 从 / 八 {   {,ノ }/} /    j
                            /  У圦}イ忙㍉(\イ芹芋ゞ    ,  リ
                              / 人戈ゝVjノ     V_ソ/   /{ ノ!
                               ∧ ∧    '    彡イ /i !
                           ,ノ  斗 { { h、   へ   // / i l  '、
                             /} / 八 弋ヾ f气ァ-r=≦ゝ//,' i l  ',
                             /{ハ′  ゝ、r‐=ゝ=-X‐ァ/,′ /ト、.i_l,   ',
                           /人乂 ノ /:i:i:i:i:}ニニニ〔〕〃 ノ  イ.:i:i:i:i:/ゝ  ‘,
                             {イ 八 / 〈:i:i:i:i:乂ニ7´ ̄r匕  ノ:i:i:i/i:i:i:i:ハ
                                V゙ 人/ニ>''~⌒ _,.。s≦:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:ハ   ヽ
                                 {:i:i入,/   /ノ  ノ:i:i:i,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ    \
                             ∨{:i彳  ィ Y´ _,x彡i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ    `、
                             ゝ|:i:∧/ ヽノ⌒j:i:i:i:i:i:i:i:j{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7
                                  }:i:|i:{ }:i:i:〈  ノi:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  `、
                                , イ:i:i:|i:} }:i:i:ノ 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、:i:i:i::i:i:i:i:i/ }   ハ   '、
                          /:i:i:i:i:i:i:|i:} }:i〈 ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/´∨:i:i:i:i:i:{,/   / }   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ちょっと途中で離席するかもしれませんが進めておきましょう。
. .┃|(
. .┃|))  多分今回若干長め+依頼中夜会話が発生する、かな?
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




855 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:13:56 ID:vxLTzhzV



                                           > ─
                                    _,,....    イ // `丶、
                                 >''"        ̄``~、、ー=彡
                                /        ./           .ノル}
                            /||  / /   |          \ノ
                             八 //     .|       \    ヽ_______
                             {  / //  .八           \  ∨ニニニニニ\
                             | / / /     \   \.  \  .ト、 ∨ニ=- ̄ ̄\ニ\
                          / , イ   {   /|   |\  ヽ   \} .ヽ}⌒\=-   \ニ\
                           /⌒/ :|  /| _,ノ   !  \ ‘,ヽ.  \     ヽ=-.   \ニ\
                           { ..:|  | ∨    \ ヽ   \ }  \  ヽ     }ニ}      ̄⌒
                           八 .|  | xセ万ぅ  \ \xセ万 .}  \ ',    |ニ|
                             ¨|  |        \}  / .八  ヽ }   .|ニ|
                               /|  |         `    /\   \ ノイ     |ニ|
                       ヽ⌒>'' ⌒   |  八     _ _  /   \  \     ̄
                       /〉   |||  八.   \        イ ヽ.    \  \
                         ̄ノ  |||    \   ヽ> - <     ̄||| ̄ゝ \  ヽ
                     /  (:::::〈   |||     \.  ∨__         |||. 〈`ヽ  ヽ
                     /     〉 .|||        ヽ   }:::::::...      |||  〉     }  |
                       (⌒〈.  .|||        /:::'  /八::::::\    ||| ./{  }  | ノ
                    〈   }::::::::〉. |||     /::::::} //| |:::::::::::\  .|||.イ::|  /  /
                      _,,....,,_:⌒ヽ.||     ⌒⌒/|!  |! ̄\/  |||ノ:::| {
                     ヽ  |::::::::::::〉||       / !!  !!   \ .|||:::::::|_ :
                      ヽ |:::::::::::八从∧ハ/   .!|  !|     \ノ:::::::::::ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  道程は茂みの中から森の中、そして踏み固められた土の道へと変わっていきました。
. .┃|(
. .┃|))  ある程度方向だけは教えられていたというのも有って、「彼」は常に進む方向を確保。
. .┃|(
. .┃|))  それに合わせ、『魔女』達による案内で段々と街へと近付いていました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


856 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:15:59 ID:vxLTzhzV



                                          _
                                     ,   ' ´    `ヽ=- .,
                                       , '"                `ヽ
                                 /                   ':,
                                〃  ,.:'´         `ヽ     ::.
                                /  ,:'               ';      :.
                                  /  /   /    .i          i     ::,
                              /  /   ,'    /!     i   |     i
                                /    i :i !  / :|  i  i ト、 l       !
                             /   i  LムA.、/  l ,ム;-:A〔 ! /       i |
                                /    l |∧|: ∨  |/  |/ リ lイ      | |
                             /  , /  :ゞkf斧芸x    z斧芸ミ!   !    ! !
                          厶イ /   ハ`'弋ソ       弋;とつ   i     ゝ
                            | / !   i  i!     ,       /  / ,'   ト 、ヽ
                            !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                                 lハ | |/  >   ^   , イ /イ /| ハ, | ´
                                ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                      辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                                   ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                                y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                                /       _   ヽl!'´               Y
                                 l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                                 |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  途中、旅をする格好でなかったマナカが腕を切るトラブルなども有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))  総じて言えば、大きな問題は起こらなかったと言ってよかったと思います。
. .┃|(
. .┃|))  初めは視界の彼方、そして少しずつその町並みが確認できる所までやってきていました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


857 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:21:12 ID:vxLTzhzV



                    ∥                            ∧          _____| .::|─Λ
                    ∥                       Λ   /| |n_n_n     ∧  n_n_n_n_| .::|⌒| :|へ
                    ∧                      i.  | i'´ ̄`i∨  . ::|ニニニニニニ|...    ∨  .| :| ̄|
                ∧ヘ                 Λ | |'´.:∧| |  . . ::| ロ ロ ロ ロ .|::: .   .:.:|_n_n_n_n_n
                ΔVΔ                    | :|ヘ| | / n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n . :::|     ..:|
                ||:||:||:||            n_n_n_n_n_n_n_n_|::.: .               . :.:::|_n_n_n_n_n_n_n_n_n_
              _||:||:||:||            |::.:. .        |::.:.n.    n    n   .n.:.:::|       / ̄
                |===ト、  │       |:: . . `=f==f===|::.:. .. i | i             . :.:::|  n   ,∠___
              \\|_| \n_∥_n_n    |:: []__|_|__.|::.:. .. l!ヘl!  「|  「|   ____|____.|] [] [] [] [
              ]士ェェェェェ| ∥::ロ:ロ|___、 |::.|X⌒X⌒X⌒X|::::.::. |曰||  .|.|'⌒|.|  /_n_n_n_.n , .|========
               | /Λ /Λ:| //\ :::|─‐ヘ.∧二二二二二二二二|TT|  :|:|   |:|  .| :|ロ|: |ロ|: |ロ|: / |工工工工
               | || ||. || ||::| _./__.,>:| ゚_゚::゚::| |_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l]_l.|.|_l.|-──────────|ェェェェェェェェ
               | ||_||. ||_||::| | 「| 「|| .∠∧┴/_n_n_n_n_n_n__/ l] l] l] l] l] l] l] l] l]|┴r┴r┴r┴r
              ]士ェェェェェ] | l」 l」|ヘ、| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_n_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | ∠二二ヽl=|====| ̄|::| |:::::| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ | ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ /_n_n_n_n_n_
               | ||:::::::Λ::| l: | 「| 「 ∧      ∧      .∧      ∧      .∧      ∧
              ┬┬┬| :|┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :l┬┬┬┬| :l┬┬┬┬.| :|┬┬┬┬‐
              ∧∧/`| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ| ::|ヘ/'∨∨ヘ| ::|ヘ/∨∨ヘ|
              ./⌒ヽ :| ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ | ::| ,〃⌒ヽ | ::| 〃⌒ヽ |
              二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二二;l二
              _l'__;l__ l>┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬┴┬┴‐┬┴‐┬
              __;l__l/´,>┴─┴‐─┴‐─┴‐─┴─┴─‐┴‐─┴─┴─‐┴─‐┴─┴─‐┴─‐┴
              _;l__;l_/ ./::::/´ . |
              __'l_,∧/::::::/  .|  |
              _;l__l :::|\/   |  |
              __;l_|ー'|:::::|    | ./
              _;l__l :::|:::::|__|/
              __;l_|ー'|:::::|
              _;l__l :::|:::::|
              __;l_|ー'|:::::|
              _;l__l :::|:::::|
              ──┴::l,_,,|/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  やってきた街は「繋ぎの街」と呼ばれる様々な場所に向かう中継地点でした。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が現在の目的地とする「海沿いの街」まで行くのであれば、この街からの馬車を経由するのが最短。
. .┃|(
. .┃|))  同行者達が何処に向かうにしろ、一度この場所までやってくることは無言の同意でも有りました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


858 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:24:46 ID:vxLTzhzV



                                    /  ノ/ -=彡__
                                   ′>'" /: : : ⌒: : ア´
                                   { /: : : : 、: : : :“''*、: : \
                                   《: : : : : : : \: : : 、 \: : :ヽ _
                                 /ヽ: : : : : : : : :ヽ: : :\ h、: : ∨⌒
                                 V\:ヽ: : : V: : : :.V: : : : ⌒: : : :∨
                                 V Vム  .:: : : : :}: : : : : : : : : : :ト、
                                     :::ヽ∨: : : }: : : : |: : : : : : : : :〕iト :゙''≪__
                                     : : ム 》: : |: : : : !: : : : : : : : :|、∨≧=⌒
                                  从ヽ: ´ 从}: : : /: : : : : : : : : ! ミ、
                                    ∧   .ノ: : : : : : : : : : : : ハ彡
                                   / ∧/_从/: : 仆: }: : : { ゝ:⌒孑、
                                  _   ノ j{′/: }{ / \/:: :: :: :: :: :: =彡
                               ミ=-:: :: :: :: :: :: :: :: {/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::         あぁ……くっそ。
                               厂:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                              从:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                               廴:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 、\:: ::
                             >'"  ≧=- ア´⌒ヽ≧V:: /⌒/≧=--_-_-_-_
                            《=- 、-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_V-_-_-_-_-_
                               V-_-_.∨-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_.V-_-_-_-_-_
                                V-_-_-\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-.}-_-_-_-_
                                }-_-_-_-_\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ′-_-_-_-_
                                |-_-_-_-_-_.ヽ-_-_-_-_-_-_-_-_-_ | j{-_-_-_-_-_/
                                |-_-_-_-_-_-_V-_-_-_-_-_-_-_-_ '∥-_-_-_-_
                                |-_-_-_-_-_-_ ∨-_-_-_-_-_-_-_/.∥-_-_-_-_
                              -_-_-_-_-_-_-_}-_-_-_-_-_-_-./ ∥-_-_-_-_
                              V-_-_-_-_-_-_.!-_-_-_-_-_-_,イ=∥-_-_-_/
                              }-_-_-_-_-_-_′、-_-_-_-_-_-_∥-_-_-_
                              |-_-_-_-_-_-_|、-_\-_-_-_-_-j{-_-_-_-_
                               ′-_-_-_-_-_′\-_-_-_-_-_.j{-_-_-_-_
                             /-_-_-_-_-_-_/-_-_-_-_-_-_-_ j{-_-_-_-_
                              /-_-_-_-_-_-_/-_-_-_-_-_-_-_-.j{-_-_-_-_

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) つまり、ある意味気紛れで助けた「魔女」達を連れていく義理はこの場所まで。
. .┃|(
. .┃|)) 仲間として見るつもりがない「彼」としては、頭数が増えすぎるのもデメリットでした。
. .┃|(
. .┃|)) それだけ取れる行動も減りますし。 そして、動きも鈍くなるが故でした。
. .┃|(
. .┃|)) ですが、そんな中でも何人かは未だ同行を希望していました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


859 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:29:07 ID:vxLTzhzV



                                               =≠ミ
                                   >、- ―=≠ミ< }Yヽ { ヽ
                                    ´    トv、       ヽノヽ.ノハ
                              //´  __l|   \} ヽ   人ノ-<.リ
                                 /´  .  ´  |    \  \/ ヽ リ
                              /   /  / |      ∨  ∨ }Y、
                              ,′  ./ ./ ./|   } {  ∨  ∨ |: \
                            }/  / /}/}/ .l   |.从  .∨  ∨〉: : 〉
                           / { ./ / 【 /=人  | ヽ{\ .} } 人: /
                               V{/{  {.イ芹下 ヽ | .?鞍ミxYN  }/
                                人{ヽ人込rリ  .)ノ ハし/》}   |
                               }l V{ ヽ::::       ゞ≠ /人.}八        私は、貴方に付いていきます。
                                 | l込     、 ′   彳 ./ ゝ.>-
                                 | | 八> .    ' . イ  ./
                                   从 ハ\>=≦-}/  ./、
                                  ィ{{ .∨ ヽ 7ヽ__| /}. Y  >ァ
                               <   }ト、人 ハ/´: |>‐≠ミ、 《
                            }- 、乂.八 ヽ Yヽ}: : : : {: : : : : : :/ノ、       r、 r、
                             /  }: 乙   Y  |: : : : | : : : : : 《___ \__     .| | | |  /.}
                          /}  _| : : 乂___.| .八:_:_:_トz‐=≦: : : : :`ヽ_ヽ r 、j. V .{_/ /
                        /¨´ (_:,、 : : : : Y } ∧: : : : : :{≧=-<> ´: : :リ ヽ  __ .{
                        〃)  r.、  >: : : :| j/l|. \ : : 人   } .}: : : : : ∧  rヘ: : : : ヾ__
                          《: {  Y: ̄: : : : : :V l!  }≧=-^ ノ .ノ: :_:_://`^ヘ : : ∨: : :}_ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) 一人はマナカ。 最低でも、住む場所と仕事が見つかる程度までは連れ歩くと決めていました。
. .┃|(
. .┃|)) そしてファリエル。 彼女の場合は自分の意志で、と何処か潤む目で「彼」を見つめていました。
. .┃|(
. .┃|)) まるで、一挙手一投足をその目で見るが為、と言わんばかりに。
. .┃|(
. .┃|)) ……変に付き纏われるよりはマシではありましたが、違和感を感じるのもまた事実です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


861 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:33:16 ID:vxLTzhzV



                                           --ミ
                                         // ̄ヽヽ
                                  -‐……‐- { {--< .} }ヽ
                                 /.: : : : : : : : : :. :.\ ∨/ } } ̄\
                              :: : : : : : : : : : : : : : : : :\| |_//   /
                                 /: : : : : : : : : : : : : : : :.'/: : :.ヽ 〈   /_
                             /: : : : : : : : : : : : :|: : : |: :'/: ヽ: :/,_/   〉
                           : : : : : : |: : : : |.:. .:.|: : _: :'/: :/,: :/,   /
                              i.: :. :. .:._l.斗: :.|: : :i|: : : |、:`'/: :./,: :/,\
                              | |: : : : :.| |_ハ__八___,、zz-| : : /,: :/, \
                               八|'/: : : :|_,、zz-     ̄ ,,,,|.: : :./,: :/,  \
                           | \_:ハ ̄             |:.:. :.:./,: :/,   \
                                \:|:: 仏''''    __ , /|: : : : /,: :/,   /      んで、取り敢えず報告やったな?
                               |: :.|.: :. :.)iト   ._  /|_;,;|: : : : :/,: :/, / ||
                               /: : |.: : :. :.| : : __〕   人/|.: : : :. :.}: :/, || ||
                           /.:..:.人: : : :.| ̄\      / ::.: : : :./ヽ.:.i || ||
                             /|.: :. :./ \: :|    \___/ 人___/}  l:.| || ||
                         / .|: : : :|  {二}___人__/{_ノ|  |/  {} {}
                           /  |: : : :| _/:.:/ニニニ/⌒ヽニ二二|: :/_|   〈〉〈〉
                             /| : : /=|: :.|ニニニ圦_ノニニニ|:/二二〉
                         / .| : :‐=ニ\|、=(__乂__乂_)ニニニニニつ
                           | : : と_イニニニ二{ \__)ニニニニ二.|
                             |  |: : : :/ニニニニニニ圦___ノr<__ニニ二二|
                             |  |: : :/ニニニニニ__// ⊂ニニヽ_\ニ二二|
                           人: :| 二二/ニ/ニ/ ニニ⊃ {ニニ\ニニ|
                          {  ヽ|ニニニ/二/二乂⊂ニニ イニニニ|ニニ.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「そうだね。」と、「彼」はアカネの発言に頷きました。
. .┃|(
. .┃|))  何にしろ、先程の村で起こっている状況を伝える必要性が有ります。
. .┃|(
. .┃|))  伝えるべき相手としては幾つか候補が有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))  別れる前に、アルトリウスに告げられた人物に伝える。 そう、決めていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


862 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:40:34 ID:vxLTzhzV



                                 /|゚。
                             / ,|',/,
                                  / /|:V/,
                              / / :|: V/,
                              / / :|: V/,
                               /_/__|__Vヘ
                              //__..|___\\
                             |⌒|'´ ̄` |'´ ̄`' l´゙|
                             |',.ィ| ∩∩:|:∩∩ :|∩
                             | |:|| |:::|:::|_|_|::|:::| |:l||   ,、     _
                             |'´ | ̄,..。s--冂 ̄|`'| ,.ィ㌻㍉。 。s彡ミx
                             j ,.ィ㌻   ̄凵\| ,ィ㌻: : :,.。s彡'゙´  ゙'㍉。
                          rt=≦ニ㌻ _    _,ィ㌻: : : ,ィ㌻         ゙'㍉。
                          |_|‐| |‐|: /^マム。s≦ |::|,.。o≦i|::|              |     __
                          |_|‐| |-|/   マム^ ̄|::|-=≦ :|::|     Y^Y       :|     xヘム
                          |_|-|_./   ::::: |:::|7777777,\|::|     ,ィiト、      :|‐‐‐‐'‐ 、 マム
                    / ̄  /    :::: |:::|/////////,ヘ    。si(////)is。   |///////\マム
                      _/   __,,..′  「」::: |:::| ̄^ ̄^ ̄^ ̄|。si(////////////)is。ーーーーー\|
                     f}j--=≦   .|    :::: |:::l ,.。s≦7777≧s。^ ̄^ ̄^|´l ̄^ ̄:|`|^ |__    |
                      ||:::.    /|     t=彡////////////\   :| :|    :|:::| |////≧s。 :|
                 /:|  |‐‐  |‐|    :::: |:::l^^^^^^^^^^^^^^^ | Y^Y.:| :|::Y^Y_:|:::「l:|竺竺竺竺≧
          .,.ヘ   /\ |=|  |‐‐  |‐|    :::: |:::|      「」   |  |__| :| :| |_,,| |:::|_l:|    ,-、   |
          .|::::::|  |:::::::: ||_,|__†__ .|    .::: |:::|'⌒ヽ      ,ィ=ミ   :| :|    :|:::| |    |__|   |
          .-─      ̄     | |   †   †.|:::|.† 「」 †    † | | | ̄| | :| †  |:::| |  厂ヽ   |   †
          .三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  向かった場所は、街に入って直ぐを西に進んだところにある教会でした。
. .┃|(
. .┃|))  この辺りの幾つかの教会を管理する役割をも持った施設であります。
. .┃|(
. .┃|))  端的に言ってしまえば、ファリエルの上役――――のような人物たちが働く場所。
. .┃|(
. .┃|))  とは言っても、既に彼女自身は襲われたことで修道女の役割を放棄していました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


863 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:44:23 ID:vxLTzhzV



                                          、
                                     !`、
                                          ,':.:.:!
                                          !:.:.:.',
                                    ,'.:.:.:λ
                                    `、:.:r'’
                                    ニ=--===========-、
                                      |_,,.. -‐──‐─── |
                                      |             |
                                      ├‐───────┤
                                      |_______( ==||
                                      ├- ...,,_          ̄||
                                   // / /ニ=-、     .||
                                     `フニ=-'<..,,_/ / }h、   :||
                              _,,..<"~ニ=-、:i:i:i:i:`'<_/ }h、_||
                                >''~ミミミミミ`丶、:.`丶、i:i:i:ヽヽ、i }
                          /ミミミミミミミミミミミ~''<:. ``ヽ、i}:.:.¨',..,,
                            /ミミミミミミミミミミミミミミミ\:. :. :.\-‐:.',ミ`、
                              /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ}~''<:. ~"'リ`、ミ`、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……そんな、厳かであるべき空間では有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))  実戦を経験した「彼」には、何処か言い知れない騒がしさを感じていました。
. .┃|(
. .┃|))  子供や大人が騒ぐようなモノでなく、密かに行われる――――争いのための。
. .┃|(
. .┃|))  そんな中で…………。 【1D10:10 (1-3:無 4-6:黎 7-9:滅 10:熱烈歓迎
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


864 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:44:33 ID:vxLTzhzV
ま た か

865 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 13:44:41 ID:V6mFAyoe
熱烈ー!

866 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 13:44:57 ID:IuDcwrH4
持っておる

867 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 13:45:44 ID:V6mFAyoe
プロットさんなんですぐ死んでしまうん?


868 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:47:23 ID:vxLTzhzV



            急げ! 封鎖しろ!
                                                                   :i
                 ,ィ:i:i:i:iヽ
                 ソ:i:i:i:i:iノ
                 ]:i:i:i:i:i∟
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ                                               :i:
               j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、
               ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕                                             i:
              ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂                                      _          i:i
               __了:i:i:i:i:i:i:i:i:i「                                    〔:i:i}         :i:
           /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<_ヽ                                  _,ィ:i:i:i:it、       :i:
              Ⅸ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\                                   r':i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
               |:i:i:i:< >:i:ir=ニ_:i:i:i:i:|                              ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|           出入り口封鎖続行中です!
           八:i:i:イ ヽ:i:i:i{   `=′                             ‘⌒>:i:i:i:i:i:i:iト!         i:
               }:i:i:|   }:i:i:{   ,..、                                   r/{:i:i:i:i:in:i:L
. _            `;i:|  }:i:i:|  ,!:i:L__,             ,f:i、                  r/ ヽ:i:i:ハ:i:i:j       i:
. 二ニ=、___,-=‐==ニ=┴-=`:i:i|_{:i:i:i:i:/          ノ:i:i(                    r/    {:i:| 〈:i:}          :
       . ̄          ̄ ̄`¨¨`二ニヽ.__        ヽィ:i{                 '     |:i:| |:i|       ┴
                               ̄ ̄ ̄ ̄丁TヽL._________ ___        ___」:i∟l:i∟===‐‐=ニ
                                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`~´ ̄

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  どやどや、と入り込んできた人影達が有りました。
. .┃|(
. .┃|))  誰しもが何処かしらに傷を負い、中には肩を借りて移動している人物すらいます。
. .┃|(
. .┃|))  明らかに大怪我――――負け戦でも経験したかのような。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


869 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:49:07 ID:vxLTzhzV



                                       -  ―  - 、
                              /    ,-  ⌒  、 \
                             /          、       \
                               /          ヽ、
                                 /    ,      /  ! ヽ       i
                             /     i      /| ∧! -и!     |
                                l |     !  /、/ !,/ ノ  ,ィ示ヘ,ノ、 |
                                l |   | レ、/|,ィ芹芍´   弋゚ノ |、l |
                           ,    !   |〈(弋゚::ノ        l,ノ|
                            /   |   l!         '     l |/|
                               イ /   l!   |心     r ,   /  人      …………何でしょう?
                            レ'丶、 |、 | !、}->、     /-/、 `
                             \_\ゝ、\ 、 >t― '   丶ゝ
                                〔ニ/   \ヽー┴― 、
                            〔ニ l            \
                                 / 〕ニ!         / >、_ \
                             / |ヾニ>、____ノ {-': 。:ヽ)_ ゝ
                               /: : :|: ;⌒ー、l_ハ_l_,-、_ノ´: : l : !
                           /: : : :|/: /|: :|: : : : /: : : : : : : 。 : |
                              /: : : : :|Y´: l:ノ: : : : l: : : : : : : : l : :l
                          /: : : : : :|:|><|: : : : !: : : : : : : :。 :/
                            /: : : : : : :|:|><|: : : : |: : : : : : :/ /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  はっきりと言えば異様です。
. .┃|(
. .┃|))  これ程までに警戒した状況下。 先程まで、街中には広がっていない不安感。
. .┃|(
. .┃|))  つまり、此処で押し留めている何かがあるということです。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


871 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:53:22 ID:vxLTzhzV



                         :::::/三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三ニニ∧::::::::::::::::....
                        ::::::/三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三二∧_::::::::::::::::::::::...
                       ::::_:ノ三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三二二≧x:::::::::::::::::::::...
                 ::iー、::::::::/二三三三三三三二二二::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三二二二二二`ヽ:::::::::::::::_:::::::..
              _:::::::::::、ニヽ‐′-x三三三二三三二二;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::::::::::二二::::::::::::::二二二二二二二ー-‐'":ノ::;:ィ::::
              :::{;;ヽ'ー:゚二二二二\;;;;;;;;二三二二;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二二二二/ー-::、/:r'/⌒ノ)::::
              :::::\;;丶;;;;;;;;;;二二;;;;;;;`{::::二:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二二二乂二⌒^二ニ/::::::

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「おや」と、奥から声がしました。
. .┃|(
. .┃|))  かつん、かつん。 鎧の足音が教会内に響きます。
. .┃|(
. .┃|))  その方向を向いてみれば、恐らくは。
. .┃|(
. .┃|))  明らかな実力者が此方に向かってくる光景が有りました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


872 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 13:59:44 ID:vxLTzhzV



                                ,....-―.、
                              {::i~二i:::|--n- 、
                                ,!:j´-‐:!::廴.!l:::.. 丶
                                / ,.ィ::∩i‐-::、::`ヽ::::...ヽ
                              / /:::|::i! |:l:::::::::::ヽ:::::ヽィ⌒゙j
                           ' :i:::::::::|::i! |::!:::::::::::::‘,:::∨¨(,.、
                          j l::::::::::|::i! |::l:::::::::::::::::〉:::/:://ュハ
                           i! :|:::::::::::!:i! l:::l:::::::::::;ィ{/(:::{({i二!}
                          j ト∧:::::::::l::i! l:::l::::::://ヽ:::::ハ;Ⅶァノ
                          | {//i'\::::l::i! l:::l/////}::::∧ゞ¨
                            乂 ∧'//ヽl::i! l:::l/////j::::/ヽ='′             お客人でしょうか?
                           ヽ∧///l::i! l:::l'///:::/:;::':j!i¨ ‐-、
                             {::::ヽ//l:i! l:::l'/::::/;:'::ノ::i!..::.... `i-、
                           /´.>x\!::!j::ノ'/:;::'/::::::i!:::::::::::: i::::i!`ヽ、
                            r‐'゙ .:::::i!:::\>--.':::::{/:::::::::/i!::::::::::: i::::i!::::....i }¨)
                       /i! i .:::::::::i!ヽ:::::::::ー-‐::'::::::::_;x<::i! ::::::::::i:::i!::::::::j!:i!::i!`ヽ、
                      ,r'i ..i!::i:::::::::::i!:::::`ー-::::::::::_;x<:::::::::::i! :::::::ノ::j!:/ヽ/::i!::i!:..`.ー _¨ - 、
                    /i! l.::::i!::i:::::::::::i!、:::::::::::::"¨¨::::::::::::::/::i! r'゙::∠i{o:_:o:::ノ::i!::::::::::::::/:.ヽ:..'.
                   //i!:l::::::i!::i :::::/:::::`::-:=:-‐_…_T¨´::::::;i! {:::/ニ==<ハ::::,:′:::::::::/::::::::∨:、
                 r'゙r'゙:::::::i!:{>-<゙ ノ|\::::::∠Y゙yく,n ヽ:::::/i! ::j!.\/ヽヽノ:::::::::::::/::::::::::/::::.
                  }::ヽ   〉..\./}i:l |:::: `j l | | i }ヽ }"::::::;i! ::{!/.ヽ/.i}::::::::::::::j'::::::::::/::::::::..
                 j 〟\lヽ/.ヽ.jl:l |\:::::i l | | | l } !::/::i! :∧../..ヽン::::::/¨Y¨}::::::/::::i::::::::
                 ,′::::::::゙:{!./.丶.ノ,′..|::∨::}、rj {.} lj i/. l´::/i! ::i弋==゙l:}:::::{_:/:::/::::/::::::|:::::::.
                   / ..:::::::::::ゝ==彡/i::| |::,′j...}! ' ´l'j.... l/:::::i! ::|:::∧:::ij::∨::/::`:′/::::::::l:::::::::
                iー==:::::::::::/i!:::i:::il::| |:;::::/....'、‐_二¨{...... l:::::/:i! ::!:::::∧:::::::∨::::::::::/::::::::::l:::::::::::
              /-‐:::::::::::::::ノ:::i!:::l:::i!::| |j::/..........`¨. ̄.......... ∨:::i! ::|::::::::∧::ij::∨:::::/::::::::::ノ::::::::::::

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何処か重苦しい雰囲気を引き摺った男性でした。
. .┃|(
. .┃|))  妙に響く声は、教会内を反響して「彼」の耳へと届きます。
. .┃|(
. .┃|))  一度、小さく唾を飲み込みました。
. .┃|(
. .┃|))  「《黎明卿》に、報告があって参りました。」 それを告げるだけで、少しだけ苦労する程に。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


873 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:03:18 ID:vxLTzhzV



                                __       ____
                              /_:::::i  - 二三――- ヽ、_
                              i::/ _i::::|′/--   __ヽ:::丶::`ヽ
                          j::jイア:::j_ /    .::::::::::::::: ̄ー::::}―┴‐-、
                          /:::{/:::::: o`ヽ、 /o:::::::::-=二-――<::::ノ¨´
                          ,::ィ::::i-―- 、 o\  /示ミヽ::x<二ノ´~二ヽ-‐
                            j i:::j     ヽ  Y //ィiイム i二ニ/_斗/
                       i |:::l     /.::::://={ i!ゝ/ィlニ_-イi::::::::j
                        | |:::{     ,′:::j! {ニゝ=ニ=‐}二//:::::::′
                        ! |:::l     /i:::::::乂_ー-ニ二二ニ¨ノ:::::::::′       ああ、それなら私ですが――――ふむ?
                          {  !:::l  /:::乂_:::::::::: ̄ i{ ̄ ̄::::::::::::,斗
                            ‘,‘,::, {::::::.:.:.:.:.:.:. ̄} o l!-..― 77/ |
                         ‘,‘,::,!:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  l}::::::///′  .|
                           ‘,‘,:::,::::::.:.:.:.:.:.:.:ノο}ゝ'///  /.|
                               \\:::\:::::.:.:./ /////  //.!
                                \\:::\/  /////: // /|
                                \\::::} /////::: ノ/ /:.:.:.:l
                               ヾ〈>'入//::-二-‐′:.:.:.:',
                                  (ー-/:::/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:∧
                                   〉"::::::(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.>

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  目の前の発言に、何処か納得する部分すら有りました。
. .┃|(
. .┃|))  背負う重さと、引き摺る重さ。 違うはずなのに、何処かアルトリウスと似通った空気を感じたのです。
. .┃|(
. .┃|))  「アルトリウスから、と。 そう名前を言えば分かると言われました。」
. .┃|(
. .┃|))  そうとだけ言えば、小さく頷き。 此方へ、と案内されたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


874 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:07:31 ID:vxLTzhzV



                            V//: : : : :::::;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_、‐''゛  _、+''∧三三三
                            V//: : : : : ;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,、<   ,、:仏:::::∨∧三三
                    |:丁 …‐- .   V//: : :::;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、丶`    .ィi〔三ニ∧::::∨∧三三
                    |:::|::::::::::::::::::::\  V//: : : : ::::::;:;:|::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _、<    .ィi〔三三三ニ∧::::∨∧三
                    |:::|:::::::| ̄\:::: |   V//: : : : : :::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '゜    >く三三三三三二:「 ̄ V ̄
              ‐-   _|:::|:::::::: ̄ ̄::::::|   V// : : : :: :::|: : : : : : : : : : : : : : : : ::/ \ .,、<三二ニ=-  "¨ : : : :└‐‐┘
              '''  ー-  二_ '' …‐-   __V//: : : ::::::|: : : : : : : : : :: : : : : xく.   /.:.:.:.::::::|::::.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :
                       ¨" ''' …‐-  二] : : :.::.:.|: : : : : : : : : : : : :/ ``>'’: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : :
                                    | : : : :.:.|: : : : : : : : :_/___/ `:, : : : :.::.::|.:.: : : : : : : : : : : :
              ¨" '' …‐-   _          | : : : :.::|: : : : : : : :_ア ̄ ̄ア {    } : : : :.:.::| : : : : : : : : : :
                         ¨" '' …─-=彡 : : : : :|: : : : : : :_ア___ア゜: 乂__ノ : : : :.:.:| : : : : : : : :
              …‐-   ...__         _}   : : : : |: : : : : : / ̄ ̄ ア゜: : : : :     : : : :| : : : : : :
              ‐-   __     ¨" ''' …ーr'''′   : : : |: : : : : /    /: : : :          :| : : : :
              : : : : : : :.: ̄丁 T¬… ┬-く      : :|: : : :√ ̄  7: :.:          |:◯: :
              :  : : : : : : | :|: : : :   )::::::)      : :.|: : : : |   __, |         __ |: ||     _______
                 : : : ::  | :|: : : :  (::::::(        :|: : : ::|   |:::||      _| ̄| __|___|| _____|_:_:_:_:_:_:|_:_:_:_:_:_:
                  : : :  | :|: : : :   l ̄:|     . . . :| : : : |  |:::| |       {:::::: ̄{ ̄:::::::::} ∟三三三三三三三三三
                   ⊂ニニニ⊃  |. .     |::::::|    __  ┐: : ::|  /::::∨-‐ ''弌''¬zュ-|¨L;;;;;;;;ノ__ |::::::::|===||─:|:|::::::::::::::::
              ,>弋___ア<    _」:: -‐┓  「::::::: ⊂二二⊃|::::: :|  ⊂⊃ }. ..「 }} )( ,、-─‐-ミ¨" ''  ¬弌|:|=====
              ≧=‐----=≦r''|  | ̄::::::::::::_」 -┴''"¨乂⊂⊃_ノ| ::⊂⊃ ゝノ ノ. . V/  (乂__乂)       ´|‐_──
              :||¨丁ii¨丁「:::::|:_|_ ⊥ -_二¨-──- ミ   |  |  | : |::::::| >''" ̄ ̄`丶、 ≧=‐‐=≦   , '゜_ -‐_~:|___
              :||:::::::jIニ=-=ニ⌒  γ(   _  -─- ミ ),  `'ii'´  ゝ |::::::|\<´ ̄ ̄>''゙/ (..)   _、‐''゛  {:r:i::::_」:|┘
              ''"´         \`'<__  - ´ノ _ 」|_     ̄   \  ̄  /  ̄_、‐''゛   __   |::|'´ :|:|:.
                           ≧s。.,___,,.. - ¨    `ヽ       `¨¨¨¨´  _、‐''゛  _、‐''゛::::〉  |::|  :|:| :.
               ~ -                {⌒>、    _  ┘         _、‐''゛  _、‐''゛::::::::::「:|   |::|-=:|:|  }
                  ~ -           \廴ノ _、‐''゛          _、‐''゛    /:::_:: : _、‐''゛|::|   |::|i:i:i」:|⌒
                      ~ - _       `¨¨¨´         _、‐''゛       {::::|:|‐''゛   |::|-‐'' |::|'´_」:|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  案内されたのは、恐らく普段は教会の人員が食事をとる食堂でした。
. .┃|(
. .┃|))  促されるままに席に座り、差し出された蒸留酒を一口だけ煽ります。
. .┃|(
. .┃|))  喉の奥がかっ、と熱くなって。 疲れが少しだけ和らいだ気がしました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


875 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:11:14 ID:vxLTzhzV



                                     ____
                                    /7ニ77…….. 、
                               ィ 77  ̄\: : : : : \
                                 〃 7/´ ̄\ \: : : : : \
                                 〃 //     }。 }レ'´: : : : :ヽ
                            〃 //   _..ノ ノレ'´ ̄`ヽ: : }
                               〃 / L_ _ ィ ニ く ノニニコ  } V!
                                i1 l l「 ̄   ヽヽ 人_ _ノ Ⅵ    それで、《深淵》のからの話ですか。
                                l1 l l|     / ∧: : : : : : : ノノ
                                l1 l l|   . ィ´/: : ヽY´_,. イ
                                lL 「リレ'´. ィ´: : : :,.ィ'´  ̄``ヽ
                                L_ _. ィ´: :レ'´ /       \
                               /: ハ レ'´.:.:.:./  ,.  ´ ̄ ̄`ヽL
                              / /マノ .:.:.:.:.:.:./,. ィ´ ,.  ´ ̄二二ミミヽ
                            イ  /`V .:.:.:..:.:.イ´  / /   /. :.: .: .:. `ヽ.:`ヽ
                       / /  ,∧    ,.イ  ノ  / /  / .: .:. :./. :/.:.:.:.:.:j.:,}
                          / /  /   V祈ヽVヽ,ハ /__/__ノ. :. :. :. .:/.:.:/.:.:.:.:.:.ノ;ノ
                     / /  /   ∧手ノノ ノV.⌒.VハV. :.: .:.:.:.:/::;;:/.:.:.:.:.:((.:.:\
                         / V  /   /  Y´  レイ>X< i l .i.:.:.「「7/;:;:;:/.:;:;:;;;:;::ヽ\.:\
                        /: V  /   /   i   レiXXXソノ.:ノ.:.:///;:;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;);).:.:.!
                       /.: V  /   /   ,ハ  レイ≧≦.:く ./77;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.く.:.:.:.:j
                      / .:./ .:.:/ .: .:./ .:. :. :/. :. :.: i.:. :.ハ.:j :.,:!./.: /;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;三三ミミヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「彼」は、その場にいる《黎明卿》……ボンドルドに対して説明を行いました。
. .┃|(
. .┃|))  現在あの村で起こっていること。 それに伴って言い掛かりを付けられた『魔女』を救い出したこと。
. .┃|(
. .┃|))  まだ目的があるので面倒を見ることも出来ず、出来れば保護して欲しい事。
. .┃|(
. .┃|))  それら全てに、『魔女』達の目を見た上で頷いて。 その上で、こう告げました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


876 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:16:41 ID:vxLTzhzV



                                    _ -‐……‐-  _   }{\
                             - ::::::::::::::::::::::::::: \:::\ }{ }{
                              /::::::::::::::::::::::/ ::::::::::: \::ヽ]{ }{
                              /::::::::_ -‐…<:::::::::::::::::::::::::::\:::\ハ
                             个:::::::√::::::::::::):iハ::::::::::::::::::::::::::::::V:::::}{
                            V//∧:::::::<:i:i:i:iノ::::\:::::::::::::::::::::::V:i:{l
             .-‐…‐-  _         }////≧=‐‐=彡':::::::::::):、:::::::::::::::::: V:{l
        /::::::::::::::::::::::::::::::\\ニ=‐=入'//////////////:::::\:::::::::::::::::}i{l
      ..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\:::::::::::::\{ニニ\ ///∥::::::::::::::\:::::::::::,'リ
      ..:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::\ニニ}'//,∥::::::::::::::::::: `、:::://
      ..:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::::[\ニノ//∥::::::::::::::::::::::::::∨/       ……申し訳ありませんが、現在は村の救援も。
      ..:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::'//, ::::::::::::: [:i:i:i\///\::::::::::::::::::::::://
      ..::::/ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::'//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i\//∧::::::::::::::: //         そして、街から出ることも許可は出せません。
      ..‐ニニニニニ}::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:∨/∧:::::::::, ', '
      ..ニニニニニフ:::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\'/,\, ', '
      ..ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::}><_/、
      ..二ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }//}:::::::::::::::八:i:i:i:i:i:i /::::: }/}{:::::::::`、
      ..ニ‐ ̄:::::::::::::::::::/ ̄\:::::::: }//,:::::::::::::√:i:i:i:i:i:i:/{ ::::: }/}{::::::::::::::.
      ..::::::::::::::::::::::: /ニニニ‐_:::::::V/∧::::::::√_::i:i:/ii{ ::::: }/}{::::::::::::人
      ..:::::::::::::::::::/ニニニニニ}::::::::V/∧::: √} }'∨:i:i:{ : : ノ/}{::::::::::::::::::\
      ..:::::::::::::/ニニニニニニ7:::::/ ̄`ヽ:√:} } イ:i:i:i{/ . /}{::::::::::::::::::::/}{
      ..:::::::/ニニニニニニ/:::::/ / ̄\√ ' '  〉:i:///イ:::}{:::::::::::::::::/ 八
      ..:/ニニニニニニ/::::::::::' ,'\/ヽ{    /:i∥ ̄`}{:: }{::::::::::::::/::::::::: \
      ..‐ニニニニニニ/::::::::::::: { {/ ̄ ̄ ̄\/:i:i:}{/\/}{:: }{::::::::::::::::::::::::::::::::}\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  今起こっていること。 町の住人には告げられていない事実を、伝えてくれました。
. .┃|(
. .┃|))  曰く、現在敵国――推定”帝国”、或いは”共和国”――の工作部隊が潜入している。
. .┃|(
. .┃|))  そして、それを支援する形で闇の組織が協力し。
. .┃|(
. .┃|))  文字通りの形で暗闘となっている。 最低限何かしらの結果が出るまでは外には出られない、と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


877 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 14:18:41 ID:V6mFAyoe
また影渡が活躍しそうだな

878 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 14:21:19 ID:CSV5NvI5
教会がなんでそんなことに関わってるんだろ


879 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:23:51 ID:vxLTzhzV



                                 ::__::::...
                                   :::::l:i=il:::::::...
                                  ::::/三三ニ\:::.
                                  :::::/三三ii三三ハ:::::
                                :::i三三三||三三ニ}:::
                             ::::{三三三||三三ニヽ:::
                             :::::::/三三三||三三ニ/{_:::::.
                               :::::;:ィ升三三三||三三/三ニヽ::
                          :::::::ノ三三三三三||三三三三ニ゙x::::::::..
                        ::::::/三三三三三三l!三三三三三三≧x:::..        ――――無事終わり次第、使いを出します。
                          :::::/三三三三三三三三ニ三三三三三三ニヽ:::.
                      ::::/三三三三三三三三三二三三三三三三三ハ::::.      暫くは、宿で待機を。
                        ::::i'三三三三三三三三三二ニニ三三三三三三三}::::::..
                        :::::::}三三三三三三三二二二ニニ三三三三三三三ハ::::::::::...
                   ::::::::/三三三三三三三ニニ/ iiiヽニニ三三三三三三三ハ::::::::::::...
                       :::::::/三三三三三三三二二、 lllノ二三三三三三三三ニ∧::::::::::::::..
                   :::::/三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三ニニ∧::::::::::::::::....
                  ::::::/三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三二∧_::::::::::::::::::::::...
                 ::::_:ノ三三三三三三三二二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三三三二二≧x:::::::::::::::::::::...
           ::iー、::::::::/二三三三三三三二二二::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二三三三三三二二二二二`ヽ:::::::::::::::_:::::::..
        _:::::::::::、ニヽ‐′-x三三三二三三二二;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::::::::::二二::::::::::::::二二二二二二二ー-‐'":ノ::;:ィ::::
        :::{;;ヽ'ー:゚二二二二\;;;;;;;;二三二二;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二二二二/ー-::、/:r'/⌒ノ)::::
        :::::\;;丶;;;;;;;;;;二二;;;;;;;`{::::二:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二二二乂二⌒^二ニ/::::::

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そうして、彼は「彼」が泊まるには格が足りない……と言うよりも、高い宿を紹介・確保してくれました。
. .┃|(
. .┃|))  宿代は全て彼等が持つ。 だから、申し訳ないから――――。
. .┃|(
. .┃|))  そう請われてしまえば、「彼」は断る口を持てません。
. .┃|(
. .┃|))  そして、当然。 マナカとファリエルも同じく、それに従う形になりました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


880 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:27:36 ID:vxLTzhzV



                                /⌒\ ̄ ̄ ̄¨'' ミ      >‐-ミ
                              _>'' |    \        ≧x,/\  | `ヽ
                            /    |         ≧x,_   └|ヘミ   、|  ,イ '
                              /               ≧x,_ └|ヘミ      }
                              八     i              \└|ヘミ   }}
                            /    /  ヘ           ヽ   \ヽ|┐ミ 彡 ノ
                             /    /   ハ   ヘ  \    ヽ   \└|   イ
                         / ./|:  /  人 ヘ.   ヘ   \    ヽ    \i亠、
                           i ./ .!/   , '   ト-ヘ   ヘ ヽ .:|\   ヽ   \〈
                           |//   イ  ', !.  ヽ  |\ \}  \   !     \
                           /  , イ: |-‐ヽ{‐   ハ  }  \-\ ..!\|‐- __ _ \
                         / , イ    i rfzzzzzz  } ./  rfzzzzz !    ト、 \〉 ̄
                          {/  |     i 乂zン    |/   乂zン |    i ヽ  ', 〉
                          {   .ト,    ', 、、、、、    、    、、、、、 ハ   /  ハ.  } 〉    ……恐らく、一大作戦の最中ですか。
                             ヽ   }ヽ              / }  /  .ノ /〈 〉
                           }    |  ' .              / /  / ∠ イ  〈 〉
                              ,'   |   ゝ    ⌒    イ   /   {    〈 〉 〈 〉
                          /イ   .|   。r‐>   __  </≧/   '    〈_〉 〈 〉
                            / i   |>''〉   \    /  { ',   ',≧x,_.   〈_〉
                            /¨¨i    |  〈     /`¨¨´ヽ    }  ',   ',  〈⌒\ /
                          /  / |  , '   〉    /⌒⌒⌒',  ノ .∧   }  /``、 ∨ /
                       {  .': :.| ./ \  ヽ/∨:..r‐‐‐ュ: :∨/ / .}  ,' _| : : : ヽ ∨
                      八 .{: :ハ {: : :./     /: : 〉  〈: : ヘ|/  /  / |¨ : : : : : } |
                            ヽ 〉: : \: : ``i  ./: : .〈   〉 : : ',  / , '/: : : : : : / .!
                            }. `ー───|  /: : : : 〉  〈: : : : ',∠イ/``~、 : : /  .!
                       /        |  〉: : : 〈.   .〉: : :〈 /``~、.  `´   ,'
                           {.  〈 ̄ ̄ ̄ ̄|  ¨|¨¨¨|   |¨¨¨|¨ |: : : : : : \.    !
                         \  i: : : : : : :..:!  |_.!   !.____|  .! : : : : : : : /  r‐ }
                          \i____ノ\  /      ヘ  // : : : : : : /  /  丿
                          |     |  ∨        ∨ /: : : : : : :/   .イ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  教会を去り際、少しでも内側を知るファリエルに訊ねました。
. .┃|(
. .┃|))  …………やはり、教会内にも幾つかの派閥と呼ばれる仲間分けが存在するそうです。
. .┃|(
. .┃|))  冒険者ギルドなどと協力をし、平穏を護ろうとする穏健派。
. .┃|(
. .┃|))  協力を拒み、彼等が村人を保護することで上に立とうとする過激派。 何方にも寄らない中立派、と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


881 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:30:56 ID:vxLTzhzV



                                         ィ===-、
                      |、      _ ___ハ-、____  Y--ヽ ヽ‐ヽ
                      { \__, <_  /  ヾ ヽ-、`≫xz==ヽヾ ',ミ',
                      ゝ、____, ィ.    /.   ヽ    へノヾYソ}}',.} } }
                         //     /    }       ヽ',〉、}}ソ_ノ_
                     ___,ィ彡 /  /{ |     }      、 V〉i==、
                        / /   /‐'V     |.       ヽ ∨}ヽ:ヽ
                  {(  /. ,イ |   |--∨    ト、.   i| ヽ、゚ヽ、ヘ',__',__ノ)   実際、冒険者ギルドと同程度には広がっていますから。教会。
                  `¨=<-ノ,ィ j{  ヽ'. i|     | '.   ハ. ゝ、`ヽミト、ー‐‐''"
                    ‐''" /  j{  /  八、   } }__/ .|ハヘ>-ヽ、ヽ',::',
                      | 从 |  ┯━┯ハ   |,,┯━┯  ' }リノ  `¨{::}
                      | __ |  |::: :: :|  ヽ  } |:: ::: :|   V
                      | /  i{   乂__ノ     )! 乂__ノ   }iへ  ′
                      |.|{⌒八⊂⊃         ⊂⊃ 八ヘ }  |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  要するに、どっちが上かを競おうとする人物が何方の組織にも存在するという話。
. .┃|(
. .┃|))  その中でも、《黎明卿》は教会の実働部隊、『騎士団』の中の一部隊を預かる長とのことでした。
. .┃|(
. .┃|))  ……そんな人物と繋がりがあるアルトリウスが何なのか、という気分になりつつ。
. .┃|(
. .┃|))  一歩を踏み出して………… 【1D10:5 (1-2:マナカ 3-4:ファリエル 5-7:アカネ 8-10:「彼」)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


882 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:34:27 ID:vxLTzhzV



                                                     斗-ミ
                                      _,....-──- ...,_     //⌒ヾヽ┐
                                       ,..:::´ : : : : : : : : : : : `:::..,//  /}i } |
                                  /.: :./⌒.: : : :. :.⌒\: : :..ヽ/ / /==ミメ
                                 ,.:.:. :.:./.: : : : : : : : : : :. :. :.',:ヽ:.`、ヽ,/  |┐} }
                                   /.: :. :./ : : |: : : |: : : : :.|: : : :.',: ': /,i:i:}_____|__//
                               :.:./: :/: : : :|.: : :.|.: :. :. :.|.: : :. :.', .':./,/\.、 i|\
                                   |: :|: :.|: :__|_/ |: : : \|__: |.:..:.|..:|   }i} l|  \
                              |: :|.:.:.|__|__:_: | : : _ハ__/.: .:.|.:.:.、//  |_/
                               |:..:|.: : : |xァ冬ミ ̄ ̄ ァ冬ミ、|: : : :|.:.:|_X__/ \
                                | : |.: : :.〈弋こリ     弋こリ 〉.: :. .:.| : : |_| |_|  \
                                :: :.|: : 从、、、、   ,    、、、、,从.: .:.|: /, {il} {il}   /
                              /.: .:.|: : : Λ              /: : : : :|: :/,j从j从/
                              /.: : : |: : : :.Λ、   (  )    /.: :. :. .:.|:..:./ \/      んぉぅ!?
                               /.: : : : |.: : :. :.Λ> ..,__,   </: : : : : :..|:.:..:/,
                                /.: : : : : |:.:. :.:._:_Λ__}    {_/.: : : : : : :.|: :.: /,
                           /: : : : :γ|: : :/ } }:∧[_/⌒\]| : (\(\.:.|\.:.:/,
                            /.:. :. .: ./ | / 〉// 〉∧{‐- -‐ }| : (\\ ∨ |: : /,
                             / : : : : : |  / /// /.:.:.∧、 --ミ/'|: : :\\ ∨ | : : /,
                         /: : : : : :_-二{     {.: : : :.}iァ--ミヽ|.: : : :.}    }ニ-_.:.:./,
                           /: : : : : 〈二二}   └‐ ┐{i(巛)i}=}⊂_ー'     {二ニ=: : /,
                       /: : : : : : : マ二/   _/ ̄乂_____,,ノ_\_\_   ∨ニ〈.: :. :./,
                         /: : : : : : : /ニ/   /ヽ_://ニニ二\_/:/,∧   ∨ニ}.: :. .:./,
                           /: : : : : : : :.|_/   /ニ/: :∨ニニニ二二/: : :.|.∧   ∨=_.: : : :./,
                       /.: : :. :. :. :./二/   /二|: : : |ニ(薔)=ニ|.: :. :.|ニ∧   ∨=_.:. :. .:./,
                         /.: : : : : : : :.|_-/   /二=|: : : |ニニニニニニニ| : : /ニニ∧   ∨_|.: :. :. :./,

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  どん、とアカネと誰かがぶつかりました。
. .┃|(
. .┃|))  話をしていた、というのもありますが。
. .┃|(
. .┃|))  互いに不注意だった、というのが最も正しい理由だったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


883 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:39:37 ID:vxLTzhzV



                         /: : : : : : :/ ,.: .: : : :/:,r=ミ/ : : : : : : : : :マ〉: : : : : ‘,〉: : :.‘,
                         ;′/.: : : :/.:/ : :,: : / /´ ′.: : :/: : : : : :マ〉: : : : : :}': : : : :.
                          : : ′ : : ′′:/ .,イ ;′ i: :{: : ,′: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
                        {: :{: :{: : :{: :{: : ハ :i i {  ! {: :.{i : :i: :. :.{: : :.|: : : : : : : : : :|
                         乂{、{: : : : :{ヽ{、j_j_レ'_   Ⅵ: :.{:Ⅵi: :. :.{: : :.! ‘,: : : : : : :|
                             ヾ : :乂{ァ≠ミ、    _y廴{__Ⅵ_: : {、: : :.ト、: ‘,: : : : : : :|
                         人.: .:{〈 { 刈ヽ     ァ≠ミ、: : :.マ\ i: :\{: : : : : : :
                             ′ \{.  乂ン      {i'^ハヾー‐':}.: :ヾ: : :. :.}:. :. : :¦
                         i{ : : : : i ::::::::::::         代__少' 〉 ;.: .: :}: : : : }:. :. : :!      あ……と、ごめんなさい。
                            八: : : : i       ;.             /: : : :}: : : :.; : : : : :.
                        ≧=圦               ::::::::::::../.: .: : :; .: .: .: .: .: : : :‘,
                          ′/ :.、   -‐ 、       厶イ___,/__,/.: .: : :‘, 、‘,
                           { __′: :i\          u    .ィ7,ヽ: : : : : : : : : : i: :V゙,
                          / i: : : :| |丶         <  〉//}.: .: .: :}.: .: .: .:|: : }マ〉
                        '  人 : : ! !/ 个ーr―=≦    /// ノ.: .: : :ノ.: .: .: .:|: : }
                       。s≦三≧s。.  {.\{ヽ{////{ '       ./// /: : : :/、: :,ノ.: :ノ: :ノ
                  <三三三三三三≧s。.{'/////,{___,.。s≦三`Y///´7: : />-ヾ_/{/
                /三三三三三三三三三三ヾ´ ̄ `/三三三三i/// 厶イ//´/込、
               三三三三三三三r‐ァ‐─一''三三/三三三三三,!////////´ ̄ ̄`ヽ
               三三三三三三//三三三三,/三三三三三三,|//////       ∨

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  アカネとぶつかったのは、まだ小さく見える少女でした。
. .┃|(
. .┃|))  手には黒い鞄を持ち、年に似合うと言ってもおかしくはない人形が中から見えています。
. .┃|(
. .┃|))  見るからに旅人のような格好をしているのは少々気にはなりましたが。
. .┃|(
. .┃|))  それを差し引いても、真摯に頭を下げている姿には何も言えるはずもありません。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


884 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:42:47 ID:vxLTzhzV



                                            __   /\/\
                                          //⌒\//'⌒〉〉、 \
                                       { {     { {  // \/
                                          \、   { {_,/   \
                                       -─━ \-{ {_/       \
                                   /.: : : : : :. :.⌒\ {ニ}_____/ ̄ ̄¨7
                                   /: :/⌒V'⌒\ : : :ヽ  \           /
                                  /: : : : : : : : : : : : : :.\:. .:.\  \       /
                              /: : /: :/.: : : : : : : :.| : : |: : :∨\  \__/
                                /: : / \_,: : :.、__/: :|: : : :∨: :\   \
                                  | : : |__|____/|__|.: : : :.|__: :|∧       、
                                  |.: : :.ハ__    ____|.: : : :.| }|.:.:.      \
                                  |: : :.圦 vリ    vリ ノ|.: : : :.|_ノ: | /∧        \
                                  |: : : :i:|, ,  '     , , ,|.: : : :.| : : |: :/∧       |  すまんなぁ、ウチがボーっとしとって。
                                  |.: : :.八         u |.: : : :.| : : |: : : :|         |
                                  |: : : :|: :\  ─    ィ|.: : : :.| : : |: : : :| ∧      |
                                  |: : : :|.: : : :.〕iト 。s≦   |: : : :/.:. .:.|: : : :| ∧     /
                                  |: : : :|: : : : :.-─ ハ   |: : :./-ミ.:.|: : : :|
                                 |: :rく|: :/ /  /、 _...-|: : /  ∨/: : :|   ∧ /
                                |: |ニ\   i   i    /|: :/   ∨ ┐|    ∨
                             ∧〉\ニ\_|\__|‐=≦__/ / ,/ /ニ二/:.|
                                  |ニ\ \ニ〉ニ∥⌒}}ニニ{i:i}ム∨ニニ二∧:|
                            /ニニニ\/ {ニニ\_∥ニ=| |ニ、寸 ̄_,∧
                                _-=ニニニ=_〕 八=ニニ{i:i:}ニニj/二=‐寸ニニニ_∧
                              _-ニニニニニニニ〕   -_ニニニニニニニニニニ=〉ニニニ=Λ
                        _-ニニニニニニニニニ-_   }ニニニニニニニニ=‐─ニニニニ=‐Λ
                      ________{‐=ニニニ>''~ >─‐┐ァ─‐<_ニ二ミメ、ニニニニニ=‐〉____
                             マニニ/}h、  /、| | |/ /ヽ  ヽ`'マニニ心ニニニニニ/
                        {ニ/i:i:i:i:i:i:i〕iト- =<\//} .。s≦i マニニム=/⌒´
                        }/i:i:i:i>''~         `¨¨´   `'マiマニニ_}/
                           ̄                     `¨¨¨´

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「いえ、私もごめんなさい。」
. .┃|(
. .┃|))  互いに謝り続ける光景に介入し、そのくらいで。 そう言って収めました。
. .┃|(
. .┃|))  何処かに向かう途中だったのか、先の方向を見続けています。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


885 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:46:37 ID:vxLTzhzV



                                 __    _ ,ィァ≠ュ
                                ,.f.=ミ'ィ´:_:`:ィア¨:.‐..}.i
                                 ,.:': !'.;_:_;.:ィニア=マミニヌ、ヽ
                              /: : :,ゞ:ィ=ア´: : ;ヽ:、`マ_ソ:.ヽ゚.。
                               ,′.,イ. ,ー':./;ィ:,' :|: !マ.゚。 、.`、: :ヽ゚:。
                             ,: : /: :,:.':/:/:/: ;' :.i:.ノ マ.:゚。:ヽ:‘,:.V:゚。
                              !: :f: :/:./;/;イ:.:/: :Ⅳ  }:Ⅵ: :V:.゚。: Ⅳ:}
                           |: :.Ⅳ_:/儿斗Ξミ、   j斗zzト:リ:/.j:/
                               从: f´了イ叱禾ら'`   示r斥Ⅳノ .´
                            /:./:.人.r!:.:.ヽ夊z;リ    弋;j´∧:゚。
                             ,彡':.:/:.:./7!:代:.ゝ¨´     '   .,': :}:.リ
                           7:.:./:.:./:イ:lゝ、ヽ、    v::;ァ  .ィ:.;ノj/         ごめんなさい、私まだ用事があって。
                           !:.:,':.:.;イ:.:{:.:ト、从´ .>..__.ィ:´ム‘:,
                             |:.:!:.:.λ:.:i:.:.゚。ヽ:ハ    {L:_:l:.:.:.:ム:‘,
                           Ⅵ:.:.:゚;゚。:,!ィチュ、:.゚。ュf⌒ヾ二≧ュ、.j_
                           \:.,.ィf三二二ユ!:}ニム::ヽ:`マ二ニ=ム
                            ,4三二二二二二二ム::::ヽ::ン二ニ=ム
                              iヌ´::..` マ=二二二二`¨ム´マニニニ=ム
                              iコ::.:. .  `マ二二二二ニム:. マ二ニニム
                         l=!::.:. .  . .:マ=ニ二二二ム_,._Vニニニ=ム
                         l=}::.: :    :〔::マ=ニニ二二}.r i.`マニニニム
                         lニLrzvrzr=≧7::.`マ=ニニ二|こ¨´`マ二ニム
                         lニlフ介`、ヽrz∧:: ::`マニニ二|ふ  :.Уマニム
                         Ⅳ.くノハ j〉ノ .::{!V:: : ::`マ=ニ!ふzf⌒〕坏マ:ム
                            }アヌソ Y"´  .:|!.}:: : . .::`マ=|ふノ.v‐゚.。ヽj.`マj
                            7f .|:. .,'.ノ   .::V::: : :  . :: :`ミ!ふ .ヽ.У.゚ュ、
                              {::ム.i:. :! !  _,rzく::: :      ノ℃o ハぷ゚。ふ
                            V´.|:. .マムソ入ぷゅ-v-、,ィぷ℃o  .::パhくぴ
                            斗<´ぷ´  ℃oぷ〕ぃハ℃o   . ぴハ℃oヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  彼女は【レン】と名乗り、再度謝った上で用事があると去っていきました。
. .┃|(
. .┃|))  ……この街中で、何人が身動き取れなくなっているのかが不明ですが。
. .┃|(
. .┃|))  できるだけ早く動けるようになればいい、と。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」は、自分と彼女の先を祈りました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


886 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:48:08 ID:vxLTzhzV



                                         _,... -─……‐- ..,_       _____
                                    : ''~.: : : : : : : : : : : :. :. :.`丶、/       /
                                 /斗─-ミ: : : : : : :.<⌒''~---ミ======‐ 〈
                                 /⌒.:. :. .:./ ̄:/.: : : :. :.\.: : : : :. :./,       |
                                  |.: : : :. :. :./: : : :/ : : : : : : : : \: : : : : /, \__/
                                  |.: : :. :. :./: : : :/.: : : : : :. :. :.|: : /, : : : : /,___/
                                  |: : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./| : : /,: : : : :./,   \\
                                  |: : : : :.|: : : /|: : :./: : : :‐----: : /,: : : : :./,    \\
                                  |.: : : :._|_/|: : /: : : : : :/__|/,zzz|.: : : :. :.|\   \〉
                                  |: : : : :.|__/ ハ_/|: : : : : :ィ斧笊7¨|.: : : :. :.|  \   \
                                  |: : : : :ィ斧芋=ミ ── 乂こツ  :.: :. :. .:.|\  \   |
                                 _| : : : : :| 乂;こツ       """´ |.: : : :. :.|  |   l    |
                             / |: : :. :.圦 """    、      |.: : : :. :.|  |   |  /
                               | |.: : : :. :.|::.                 イ|.: : : :. :.|  |\ |/
                             /| |.: : : :. :.|i{个:...    ⌒  イ   |.:.:|.: :. :.|/ニニ}
                           {ニ∨| : : : :|: |ニ、      =‐‐< /   |.:.:|.: :. :.|ニニ/
                              \/:/ : :.:.:/:.:|ニ\     \ /     :.: : : :. :.|二[:.:|
                               ‐=/:/: : : :/:. :.∨ニニ\______ ∨_______人: : : : 人ニ[:.:|
                           ‐=ニニ/::/.: : : /::. :./.|ニニニニニニニ≧≦ニニニニニ\: : : : \:::\
                           ニニ/: :./.: : : /:. :.:/ :.|ニニニニニニニニニニニニニニニニ}ニ\: : : : \:::\
                           =/:..: :./.:. :.:.r‐v⌒Y⌒Y ‐=ニニニニニ=-‐‐--==-}./⌒\: : : : \:::\
                               ̄ ̄ ̄人人__人__ノ     ̄          // /  \ ̄ ̄
                                         \           ̄ (__/ / / / 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))        【依頼中:夜会話】  【1D6:1 (アカネ・マナカ・ファリエル・レン・ボ卿・???)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


887 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:49:16 ID:vxLTzhzV



                                                ,斗-、
                                             > ´   \
                                            r‐、/        \
                                _______| |\\          \
                              rく         `V〉,\\__       \
                              Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
                              Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
                               Vヘ             V〉,    , <>'
                               Vヘ             V〉,   < /
                                Vヘ           V〉 〈//
                                Vヘ、 ______  ,∧_/
                                 Y≦三三三三三三≧厂


. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))              ……一度保存します。 再開は、栞を手繰って下さい。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


890 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 14:51:05 ID:vxLTzhzV



                                              ´/        /  }  、  ヽ
                                             / /   , ´//  /  /   . .  ゛.
                                         / /   / "// / /  / リ   !i i
                                            '   / '   / / /  / 〃 ' 从 '   ',
                                           ' !:  ' / / イi ' .′ ' シ 从 /リ :' ;    !
                                          ,:li i :'__i '/ l'! / / / / ' //| ' /  .' !
                                       ; /, !i. 、x==ミl|7'/ /`ー-_=∠_-j '/,  /
                                       /' / !いヘ {....i!...}∨ /  '/7´::い`リ, / /  ′
                                       / / .::! ゙ミ  `='′从   ' .乂゙:ノノ// /′ ′
                                         /   ∥ Λ          '' ̄'"/ / ';′
                                   ' ′∥ / ∧     ′    . ' ' '∥'  ′
                                  '   , /  ' ハ:丶    --    / / イ∥′.
                                  '   .: / / //:リ::::::;丶、   /  '/:,://′
                                  '   /:/ / r=-____::::VΛ≧≦"   /!///'   ′
                                  /  '.:: ' / /ハ三三_≧Vj/_//  /ノi:\  ′
                                 / /.: // /' /;_}三三三}ニ//  /´:i:i:i:i:i:i\′
                                /  '" .:/ ' 彡/"/}≦!ニ彡ア/ "   /i:i:i:i;i:ィ=‐zミ:、
                              /   .::/ 彡'´//....{≫ゥ、ニ7/´ / /,:ィ彡i:i"´:i.i:i.リ.}゙、
                            /   ..:.://´ //.....,.イi:i:/ . '/  /   イ/´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:/i;ハ
                            '  .: .:.:.://{ //..゙...../iハ:i:{ '/ /  //.':i:i:i:i;i:i:i:i:i:i:i:i:/:/i:/:/
                          '′.:. .:. .:./.' イ//{.....゙..7:i' .' ∨" /  / / !:/;i:_:i:i:i:i:/.:'/i:/
                         '′/:.:. .:.:{ ゙/ "、`ー{.....゙..|i:〉' /  /  / / 'ノ/:i:i:i:`//":i:i:/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   一旦ここまで。 再開できるようなら再開します。
. .┃|(
. .┃|))   しかしまた10ですか。 超ハイペース進行ルートですね、運に祈れ。
. .┃|(
. .┃|))   そしてアカネかぁ……となると進行方針もある程度確定。
. .┃|(
. .┃|))   砂糖イベントまでが遠い。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


891 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 15:01:38 ID:0XKWQQo7
一旦乙
砂糖イベントは幼馴染に再開してからかな

892 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 15:12:31 ID:mCCwRhRk
乙です
そうか、幼馴染が他のフラグを建てずに早くコイとダイスを操っている…

893 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 15:31:07 ID:F9947Lf/
一旦乙ー
ダイス様は熱烈がお好き

894 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 15:37:41 ID:4afmAqCX
一旦乙です

895 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 16:49:15 ID:hOYHi8lA


896 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 18:25:43 ID:vxLTzhzV
ささやき いのり えいしょう ねんじろ

899 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 18:28:01 ID:FPf6FeLR
*はいになりました*


901 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 18:43:45 ID:vxLTzhzV
少々作業中なので夜……深夜にやれれば、ですかね。
今のところ諦観・相棒・信愛・幼馴染の4枠。 誰が好きですか(

902 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 18:49:01 ID:CSV5NvI5
あかねちん

903 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 18:49:11 ID:UdCU/WLu
幼馴染はまだ何とも言えんが、信愛いいよね!

904 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 18:49:36 ID:F9947Lf/
了解でーす
みんな好きだけど、やはり「彼」の原点である幼馴染には頑張ってもらいたいかなぁ

905 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 18:50:37 ID:gFwzJwPj
幼馴染以外を主人公が選ぶ姿が想像できない

そういえば一夫多妻は普通の世界なんですか?


906 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 18:56:32 ID:vxLTzhzV
>>905
一回どっかでこっそり言いましたけど、「強い、或いは面倒を見られる」人間が一夫多妻、或いは一妻多夫するのはそこそこ見られる世界です。
理由としてはどっちにしても損耗が激しいので。
後者は(基本的に男性の方が死亡・損耗率が高いという理由から)余り見られず、前者のほうが一般的って感じでしょうかね。

908 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 19:13:29 ID:vxLTzhzV
ンアー、多分回せる総数考えるとヒロイン7~8が限度だよなぁ……。
ある程度ポジション分けて配置してるから回せてますがそれ以上になったら順次削除かな……
あ、恐らくと言いましたが投下するなら早めに夜会話選択安価だけ撮っておくことにしますね

909 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:15:36 ID:UdCU/WLu
削除ってどういう事なのだろう…

910 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:16:53 ID:ZK08JLEJ
そらもうサクサクよ


912 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 19:19:01 ID:vxLTzhzV
増え過ぎたら(それまでの経験とか運とかの要素も無論ありますが)フェードアウトするかロストするか。
殺伐加減ではwiz#1クラスだと思います。

913 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:19:49 ID:F9947Lf/
人数が増えれば増えるほど、描写しきれないキャラが出てきたりしますねぇ
ある程度、数を絞るのは良いことかと

914 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:21:21 ID:IuDcwrH4
ふ、増やしすぎないという選択肢は…?

915 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:26:33 ID:FPf6FeLR
減らすんじゃなくて増やさない方向でどうか一つ…(震え声)

916 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:27:26 ID:F9947Lf/
すべてはダイスの導き次第じゃないかな…(クリった感情判定を見つつ


919 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 19:32:53 ID:vxLTzhzV
仕方ないな……(とは言っても既に想定外だったヒロインが二人ほどいるんですよねー……)
まあギリギリいける範囲だと思うのでがんばりますか

920 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 19:35:33 ID:7gXPgxzY
かつての仲間が敵になるのも、何処かで幸せになってる(かも)とかも、面白いからダイス監督にお任せなのだ!


921 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 19:45:23 ID:vxLTzhzV
卓まで時間あるのでもうちょっとしたら9時まで投下しましょーかねー
……ああ、まあ、うん、幸せになれるといいよね……(モチーフにしてる設定群を見ながら

924 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:05:49 ID:vxLTzhzV





                                `¨ - 、
                                    | `Tー―ーヽ、
                                    |  !      `ヽ
                                    r /      ヽ  ヽ
                               、    /´ \     \ \_j
                                ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
                                            ゛'^´


. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  宿を取ったその日の晩の事です。
. .┃|(
. .┃|))  時期が時期故か、或いはそれだけ旅人を押し留めていた数が多かったからか。
. .┃|(
. .┃|))  一人一部屋とは行かず、それでも男女で分けて二部屋を借り受け。
. .┃|(
. .┃|))  何をするでもなく剣を磨いていれば、部屋をノックする音が聞こえていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


925 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:10:02 ID:vxLTzhzV



                      _,... -─……‐- ..,_       _____
                       : ''~.: : : : : : : : : : : :. :. :.`丶、/       /
                    /斗─-ミ: : : : : : :.<⌒''~---ミ======‐ 〈
                    /⌒.:. :. .:./ ̄:/.: : : :. :.\.: : : : :. :./,       |
                     |.: : : :. :. :./: : : :/ : : : : : : : : \: : : : : /, \__/
                     |.: : :. :. :./: : : :/.: : : : : :. :. :.|: : /, : : : : /,___/
                     |: : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./| : : /,: : : : :./,   \\
                     |: : : : :.|: : : /|: : :./: : : :‐----: : /,: : : : :./,    \\
                     |.: : : :._|_/|: : /: : : : : :/__|/,zzz|.: : : :. :.|\   \〉
                     |: : : : :.|__/ ハ_/|: : : : : :ィ斧笊7¨|.: : : :. :.|  \   \
                     |: : : : :ィ斧芋=ミ ── 乂こツ  :.: :. :. .:.|\  \   |      マスター、ちょっとええ?
                    _| : : : : :| 乂;こツ       """´ |.: : : :. :.|  |   l    |
                / |: : :. :.圦 """    、      |.: : : :. :.|  |   |  /
                  | |.: : : :. :.|::.                 イ|.: : : :. :.|  |\ |/
                /| |.: : : :. :.|i{个:...    ⌒  イ   |.:.:|.: :. :.|/ニニ}
              {ニ∨| : : : :|: |ニ、      =‐‐< /   |.:.:|.: :. :.|ニニ/
                 \/:/ : :.:.:/:.:|ニ\     \ /     :.: : : :. :.|二[:.:|
            ‐=/:/: : : :/:. :.∨ニニ\______ ∨_______人: : : : 人ニ[:.:|
        ‐=ニニ/::/.: : : /::. :./.|ニニニニニニニ≧≦ニニニニニ\: : : : \:::\
        ニニ/: :./.: : : /:. :.:/ :.|ニニニニニニニニニニニニニニニニ}ニ\: : : : \:::\
        =/:..: :./.:. :.:.r‐v⌒Y⌒Y ‐=ニニニニニ=-‐‐--==-}./⌒\: : : : \:::\
            ̄ ̄ ̄人人__人__ノ     ̄          // /  \ ̄ ̄
                      \           ̄ (__/ / / / 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  入室に関する許可を出せば、その場にいたのはアカネでした。
. .┃|(
. .┃|))  普段は大体一緒にいるので使用していませんが、仮にも護衛獣。
. .┃|(
. .┃|))  念話や大まかな位置の把握なども出来るのですが……それをせずに、直接の話。
. .┃|(
. .┃|))  顔を合わせての会話の必要性と考え、腰掛けることを勧めました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


926 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:12:54 ID:vxLTzhzV



                    -‐     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ‐-   _
                                         |
                                              |
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ i冖 ‐-  _ |
                            |        |         ¨|
                    ∥            |   γヽ   |       |
                    ───────┤  乂ノ   |_     |
                    ┌──────┤        |__  ̄ ‐-.!
                    │ニニニニニニ └────‐┘ニニニ=┐ |
                    │ニニニニニニニニニニニニニニニニニ| !
                    │ニニニニニニニニニニニニニニニニニ| !
                    │_______| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .!ニニニニ.| !
                    ________|    γヽ   |二_ ─┘.|
                             |   乂ノ   |       ̄¨|
                             |         |      |
                             |    γヽ   |      |
                             |   乂ノ   |      |
                             |         |         ノ\
                             |    γヽ   |      /\ \
                             |   乂ノ   |    /\ \ \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「それでどうかしたの?」
. .┃|(
. .┃|))  彼女に尋ねれば、若干いいづらそうに。
. .┃|(
. .┃|))  それでもはっきりと、一つの意思を告げてきました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


927 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:15:47 ID:vxLTzhzV



                               __   //⌒ 〉〉 __
                        、丶`: : : : : : :``~、、 ///⌒\
                      /: : : :/ : : : : : : : : : : :\/___彡'
                       :: : : : :./.: : : : : : : : : : : :. :. :.: .    |
                       /.: : : :. :./: : : :/.: : : : : : : : : : : :./,__|
                        /.: :/ :. :./: : : :/: :. :\.: : : :. :./: :/,\
                   /.: :/ :. :./.: : :. :. :. :.| : : i|: : : : :.| : |: :|i \
                    /.: : : :. :./: : : : :|___|_八: : : :/_:/|i 八  \
                     / : :/ : : : : : : : : | jI斗==ミ  ̄斗ミ八:⌒   /
                   :: :/.: :./.: :. :. :. :.|   Vツ     Vソ: :.:/, |\/
                     /: : : : :./: :|.: : : : :.| ""       、 "'}: :.|/, |
               /.: : :. :./: : :|.: : :. :.込            人: | /,|
               / : : : : : : : /|.: :. :. .:.|i|: :     (  ) /: : : |: :/,            この街にいる間な、マスターから離れてもええかな?
               /: : : : : : : :/: : : : : : :.|i|   〕iト .イi/: : : : |∨ `、
               /.: : :/ : : :./: : : : : : : :i|i|       {i:i:i_|.: : : : : :.∨:.`、
               /.: : :./. :. :.∧.: : : : : : :八 ‐-   .ィi〔ニ|: : : : : : : 乂.:.`、
          / : /.: : : : : :./ ∧.: : : :. :._/}h、   {={  |\: : : : : : :/: : :`、
             : : : /.: : : : : : : :./ /{丕丕}ヽ=ニこ〕iト マL__|__ノ\: : :.:/.: : :. :.`、
             : : /: : : : : : : : : : :.|/: : : :ヽ |ニニニ二二_{i{巛}}}/{丕丕}: :./.:. :.:.`、
             : /.: :. .:.|: : : : : : : /.: : : :. :.}」__=_ィi〔 ̄乂__ノ/i|.: : : : ∨ /.: :. :.`、
             /.: :. :. :.|.: : : : : :._{: : : : : :/ニこアニ{i:{二二二}i:}i八: : : : :.∨.: :. :. :./,
          : : :. :. :.|: : : : : 〈人: : : :./ニ二〈二乂zzzzz彡' \ハ: : : : :.|: : : : : : :/,
             : : : : : : : : : : : :∧ニ\: (ニ二二〉_二二ィ(ニ二二二}: : /)/.: : :. :. :. :./,
          : : :. :. :.|.: : : :./ ∧二_\二二_{=ニニィ(ニ二二二ノ/_/:.:.:.:. :| : : : : :i
          : : :. :. :.|.: :. :. :./: /ニニ二二二{_二二ィ(ニニニニニニマL : : :| : : : : :|i
          : : :. :. :.|.: : : : : :.∧ニニニニ二{ニニ二ィ(ニニニニγヽ=マL.: : : : :. :. :.|l
          : : : : :.人 : : : : / ∧二二二二{ニニ二ィ(ニニニニ二乂ノニマL: : : : : : : 八
          : : : : : :. :.\.: : :./ニニ二二二{=ニ二ィ(ニニニニ二二二爻 : : : : : /
             : : : : : : : : : :.\/ニニニ二二八ニニ爻ニニニニ二二二〈Y〉.: :. :./

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……珍しいと言えば珍しい言葉です。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、その理由を尋ねれば。 アカネにとっては、恐らく優先するべき事柄だと「彼」は思いました。
. .┃|(
. .┃|))  「今日ぶつかったレンって子、見つけて私一人で謝りたいんや。」
. .┃|(
. .┃|))  一度謝ったとは言え、あの場で主になったのはどちらかと言えば「彼」。 そして。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


928 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:19:38 ID:9Gsh4U/G
だ、大丈夫かな…
アカネを信じるか


929 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:20:02 ID:vxLTzhzV



                         /⌒ヽ /〉  ̄ ̄: : : :..、
                     {{ /}}' /__.: : : : :. :. :.`、
                       /⌒ヽ// /  /.: : : : : : : : :.:
                       〈{ i: :/{_{ 亅 /.: : : :. :. :./,: .:.i
                       `T7 / /〈_,>/: : : : : : : /,.: :}
                        人¨∨/∧V :/.: : : : : : : :. :.:
                     |i: :∨ ∧V : : : : : : : : : : {
                     |l: | l,//∧\: : : : : : : : : ::
                       |人|_/ ⌒.: : : : : : :. :./,         んでなー、此処にいるだけでもええから遊んでみたいなー、って……。
                       |: ハ: :i: : : : : : : : : : : : : :/,
                       //⌒i: :}.: : : : : : : : : : : :. :./,
                       : :   |: : : : : : : : : : : : : : : :./,
                         | |   |: :: : : : : : : : : : : /,: : : ::
                         | |   |/.: : :.i : : : : : : : : : : : : /,
                      rく二二.: .: .:: :|.: : : : :. :. :. :./, : : /,
                    マこニニ.: : : : :.{.: : : : : : :. :. :./,: : :./,
                    }ニニニ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./,
                         ニニニ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/,.: : :./,
                  _/ニニニ.: : : : : : : : : : : : : : : : :. :./,.: : :./,
                   }こニニ|: : : : : :.|.: : : : : : : : : : : : : : : : : /,
                  }ニニ二|: : :|: : : |: : : : : : : : : : : : : :.}:/, : :/,
                      √ニニ/|: : :|: : : |.: : : : : : : : : :. :. :./: : : : :./,
                   √ニ/_i|: : : 、: : ト: : : : : : :.___/|: : :ハ: : }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……確かに、アカネにとっての友人と呼べる人間は数が殆どいません。
. .┃|(
. .┃|))  それも、同年代(と言っていいのかは分かりませんが)の同性などは皆無。
. .┃|(
. .┃|))  少しでも、思い出みたいなものを作りたかったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  ――――何しろ、彼女を呼んだのは「彼」自身。 友達から引き離したのも、無論。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


930 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:20:25 ID:IuDcwrH4
はい、よろこんで


931 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:24:20 ID:vxLTzhzV



                            \:.:.:.:.:.:`丶、.:<
                             ~"''彳.:.:.:.:.`丶、.:.<
                                ``ヽ、.:.:.:_`丶、:.:..<
                                   `''"~-‐-.`丶、.:.:ヽ
                                           }h、.:.:.:.:.\:.:.:.∨
                                            〕iト _:.:.ヽ.:.∨
                                               }h、.`:.:i
                                         _,,...,,_   ',.:i:i
                                            /. : ..:::`丶、i|
                                           /: : .::.`ヽ、::::::`.ヽ
                                    /: : ..:::::::::::::::::.丶、 .:::::ヽ
                                   /`丶、:::::::::::::: : : : .::::ヽ、:: .ヽ
                                 / : : .::::::::ヽ、:: : : ..:::::::::::::: .\. 丶
                             _        / : : .:`ヽ、::::::: : . : .::::::::::::: . : : : .\ `,
                         ニ=-_ _>''~: ..::::::::::::::::::`:.、: : .:::ヽ::::::: . : : : . .  ヽ/
                         ニニ=-{: : : ..::\:::::::::::::::: . :ヽ.:::::::::: ヽ _ :. .   /
                         ニr<ム: ..::::::::::::\:::::: . : : .::::ヽ:::: . /,-、\_ /
                         ニ,'  \:、:::::::::: . . \. : .:::::::::::::ヽ :人\::\/>
                         ニ{   ∧ヽ. : : : : : :厶.:::::::::::: .: : : : .\.\ ~"
                         彡、    ノi丶、< : .//∧::::::: . : : :  //
                         彡从  :}i  厶;ヽ.:::::/∧:: . : :  //
                         彡ミ从心:.i     ',ニ\:::::::',::  //
                         彡彡ミ从;;{      ',ニ∧/ヽ//
                         ;;彡彡彡从     〉¨ヽ:\/ ~/
                         彡彡彡彡人   ノ   ヽ::≧'
                         彡彡彡彡彡\ 乂    ',::: ‘,
                         彡彡彡彡彡彡ゝ{    丿   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「良いと思うよ。 僕は止めはしないし……何かあったら呼ぶから。」
. .┃|(
. .┃|))  見るからに顔色が喜色に変わりました。
. .┃|(
. .┃|))  この程度でいいのなら。
. .┃|(
. .┃|))  ……少しでも、気を紛らわせられるようにと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


932 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:25:24 ID:vxLTzhzV



                                      、
                                       !`、
                                      ,':.:.:!
                                      !:.:.:.',
                                      ,'.:.:.:λ
                                      `、:.:r'’
                                      ニ=--===========-、
                                        |_,,.. -‐──‐─── |
                                        |             |
                                  ├‐───────┤
                                        |_______( ==||
                                  ├- ...,,_          ̄||
                                     // / /ニ=-、     .||
                                 `フニ=-'<..,,_/ / }h、   :||
                                _,,..<"~ニ=-、:i:i:i:i:`'<_/ }h、_||
                            >''~ミミミミミ`丶、:.`丶、i:i:i:ヽヽ、i }
                            /ミミミミミミミミミミミ~''<:. ``ヽ、i}:.:.¨',..,,
                              /ミミミミミミミミミミミミミミミ\:. :. :.\-‐:.',ミ`、
                          /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ}~''<:. ~"'リ`、ミ`、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))        【判定】:???:【探索】:??? 【4D6:19(2+5+6+6)】
. .┃|(
. .┃|))       +【判定】:???:【魔法】:??? 【3D6:8(3+3+2)】
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


933 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:27:25 ID:vxLTzhzV



                                                  ,
                                                  ∥
                                               //
                                              /.:.:/
                                                {.:./
                                      ,-‐  "¨~~~~¨¨¨i!¨i
                                  |_,,..     -‐   ─i!.。|
                                   |            i!.。|!
                                    |_,,..     -‐   ─.i!.。|!
                                     |          i!_._!!
                                     |   _,,.. _,,..ェェェェi! ||
                                     |"¨~  ィi〔| ', ',  \丶、
                                     |_、rf〔 _,,..ニニニニニ ..,,_〉
                                   !>''~‐-.........,,_:::::::_,,..!,。。、..,,__
                                     /ミミミミニ=-..,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.: >''~ミニ=-..,,_
                          ,-‐──‐=ニ"~ミミミミミミミミミミミミ~"""~ミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   さて、寝ようかと。
. .┃|(
. .┃|))   鎧を脱ぎ、ベッドに横になりました。
. .┃|(
. .┃|))   明かりを消せば、聞こえてくるのは微かな静寂。
. .┃|(
. .┃|))   そして、「彼」の鋭敏な耳に聞こえてくる、幾つかの言葉。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


934 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:30:36 ID:vxLTzhzV




                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   |. .○○○○。  |
                   乂______ノ





                                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                              |...×××? ×××。
                                              ヽ_________乂_






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  細かい言葉は聞こえません。
. .┃|(
. .┃|))  聞こえる言葉は「彼」の知る言葉でもありません。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、何かを複数人で話しているのが聞こえ。
. .┃|(
. .┃|))  最後に、こう聞こえました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


935 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:32:16 ID:vxLTzhzV








                                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                 |. はい、よろこんで。
                                 ヽ_________乂_










. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何処かで、聞いたような。
. .┃|(
. .┃|))  何処か、鈴の音を思い出させるような。
. .┃|(
. .┃|))  遥か昔、聞いたような。
. .┃|(
. .┃|))  そんな、幼い声でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


937 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/30(木) 20:33:17 ID:vxLTzhzV



                                         -‐    ‐- . _
                                     "           ` 、
                                 /' /  /         ヽ   ヽ
                              / , ′ / ,   /         } ',
                                / /  '/  / ,/ /   .'    リ ! :l  .ハ
                               / .'  / /'/ / //  /   /  l l  ! !
                                '  {  ' イ'/l 'l '/ '/  / /j /!; ,! ; .! l
                               '  l ; /_| ',,| /|l' '/ ,〃 /_// リ|′/i l
                            : .! ゙、 {´ |{ !{ |l '/'//イ /__/.′^| /| |
                               ! :゙! l: 、、ィ≡ミ、/ / {'ィ=≡ミ、 ! イ' l! l
                                 l ::  :|Λ`      '′      /'/' l  |
                             l ::  .l Λ'""    、      '""/   |  !
                              ! ::  :l :l∧       _       /l  l| 'l
                                l .:::  ::| l::l:::\  ` ‐ ´   ..イ:::!  l|/ |
                           l .:  .:::| l:::|:::l:|:`i...     . イ::::l:::l   |' !
                            l ::  ::::l  ::l|::::l:::「¨¨≧≦.-‐'¬!_:!   | l
                             l :::_::::! l::l| ̄`¬=;、_V ィ''´´;;;l  l l_ l
                          /.:.::.:Y | l::l !;;;;;;;;;;;;‐-;{⌒};;;;;;;;;;;;;j  l i゙!.:.`ヽ
                         イ.:.:.:.:.:.:/ l !:l |_;;;;;;;ィ;;/Τ!;;‐-;;;;7 .′| !:.:/.:Λ
                          イ.:.:.:.:.:.:.:/ ',l! l:l :|、;;;;;;;;;;;;;/ ! l ヾ;;;;;;;;'  ,′:l |:/.:.:.:.Λ
                         /.: :.:.:.:.:.:..,'  ', .:l |.:.>、_/l l l l ヾ_7l i   j }'!:,:.:.:.:.:.:',
                           j!.:.:.:.:.:.:.:.:' ゙:、 ',:j K.:.:.:.:.:', l l l l /.7 ', :|  /リl/.:.:.:.::.:.:i',
                         l!::::.:.:.:.:.:.|   ゙:、ヽ,リ:.\:.:.:.:',l l l l:'.:.;  ',.:! //l !、.:.:.:.:..:.:.i.:,
                       /::〉ヾ::::::::.!   〉、 ゙、.:.7\:.:.', ! !'.:.;.:イ ', ゙、//',' l `、.:.:.:.:.:.}:.l
                      ////.'.:.:.:、`:.:l  /  /:、 ヾ  | \∨ィ" l ! ∨イリi ! リ:ニ二//
                     / //:/.'.:.:.:.:.:.:.:Λ''   / j゙:、 ゙、 ! /:.l:゙、 ! l/<、//,/ /.:.:.:.:.:{:{
                       / ::':'::/.:':.:、.:.:.:./ノ_,. /、/.:.:.\ミ| `:.l:7  /'、´゙、/,/ /、__,:ィ:.|:|
                   ,'  {:::::/.:'.:.:.:.`´7:':/ヘ  V.:.:.::{ }l   八ー'" ノ:\ \个ー-‐".:.:.|:|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   はい、じゃあ卓なのでここまで。
. .┃|(
. .┃|))   >>930 良かったですね、先読みできましたよ?
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


938 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:33:24 ID:9Gsh4U/G
ーーッ(微トラウマ

939 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:35:17 ID:HnvLBJZe
乙ー
英雄伝説の闇部分も練り込んでいるって言ってましたなそういえば

940 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:36:10 ID:F9947Lf/
乙でしたー
探索が言葉を聞けるかの判定で、魔法が言語を知ってるかの判定だった感じかな

941 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:36:14 ID:M+VBfBkM
乙ー
わぁ、わぁ…(

942 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:39:02 ID:SCZDs8r0
つまり……どういうことだキバヤシ!?
説明しろ苗木!!

945 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/30(木) 20:40:29 ID:FPf6FeLR

止めてくれカカシ その術はオレに効く・・・

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第25話「最後の戦い!青き星の祈りと暗黒の憎悪」 (12/14)
  • 国際的な小咄 6291 平然と買っていく (12/14)
  • 国際的な小咄 6290 あー、日本人はその傾向強いかも (12/14)
  • 国際的な小咄 6289 日米の宅配ピザ (12/14)
  • 国際的な小咄 6288 長崎以外にもある長崎の民が愛するリンガーハット (12/14)
  • 国際的な小咄 6287 意外と多い (12/14)
  • 国際的な小咄 6286 社民と立民の結婚 (12/14)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第21話 「渋い声の動物は、だいたい強キャラ」 (12/14)
  • できない子は空虚なようです 第十一話 (12/14)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(48) (12/14)
  • アメリカンヒーローアカデミア 61 (12/14)
  • ロケッ都団が征く!! 第十九話:大惨事スーパーヒロイン決戦 (12/14)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その22 (12/14)
  • 国際的な小咄 6285 ちゅうごくじんうるさい (12/13)
  • 国際的な小咄 6284 蚕の落とし穴 (12/13)
  • 国際的な小咄 6283 理想の速度 (12/13)
  • 英雄を作ろう! ~009話:検証;初期コミュ力オンリーの神はどこまで神格を伸ばせるか~ その2 (12/13)
  • 英雄を作ろう! ~009話:検証;初期コミュ力オンリーの神はどこまで神格を伸ばせるか~ その1 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.19『ミスト・キャッスル』 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.18『シャルロッテ』 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.17『任務達成?』 (12/13)
  • 国際的な小咄 6281~6282 なぜ日本人が除外されると思ったのか…… ~ まって、何そのパワーワード (12/13)
  • 国際的な小咄 6280 ひげ、ひげ、ひげ (12/13)
  • 国際的な小咄 6279 人体って、スゲー (12/13)
  • 国際的な小咄 6278 筋トレしたら (12/13)
  • 国際的な小咄 6277 韓国悪口今昔 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ