スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 7

目次

649 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 06:56:54 ID:enPGwBer
オハヨウゴザイマス
すっかり今日が休みだと気付いてなかった……ゲリラの用意だけは整えよう……

650 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 07:43:26 ID:AbPo5GcT
備える!


651 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 09:54:32 ID:enPGwBer



                      _, -‐===‐-
                           ⌒>       `ヽ、
                           /              \
                           /   ヽ     `、
                              / /       }i
                         / /      }i }   i}
                       ∥ ∥  ,  ト、 }i ∥ { リ
                            ∥ {{  i  从ハ〃l }イ
                            il  i{  l  { ノハ } 从
                            il  }i  l  } j斗 ノヽ、
                           γー、 ト、 八  { ノ以    i
                      | }, Y込   乂!`ゝ、   ′                           _
                      l 〈 `{   `ト、从     ,ィ                           __,/´:::::::::::`Y]
                           圦 V゙h    ⌒ヾ                                /,£' |、 :::::::::::::ノ|
                       ≧从    圦__  ノ                           / £ :|   ̄   |
                              }叺    八                             / £  ゝ、   ,/
                             斗 从  / ∧                             / £    _ ̄ ̄
                           /リ≧ュ}、  / ∧                           / £  /    \
                       /∥ミxf抃、  / ∧                       / £' /|三三三三! ヽ
                         / ∥:i:i:i:i:i:i:i:从  / ∧                      / £  / :|=㏄㏄三/|   '
                            ∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=ー≪ミメ、                / £  /  |=㏄㏄=/ :|  i|
                      〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7⌒州:i\ \i廴             / £     |三三=///   i|
                           ≧x,_:i:i:i:i:i:ijイ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ Y:i:\              / £   |   |三ニ ///   /
                           ニニニ≧x,{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} |:i:i:i:i:ヽ         / £'    |   |三///   /
                           ニニニニニ≧x,_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i/           / £     |   |二/ '   /
                           ニニニニニニニ≧x,:i:i:i:i:| |:i:i:i/            / £      ヽ   |__/    /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   悪意の血晶。 本来なら、一人の少女を蝕んだ上に咲く筈だった、悲劇の花。
. .┃|(
. .┃|))   読み手の意思によって覆された悲劇。
. .┃|(
. .┃|))   だとしたら。
. .┃|(
. .┃|))   この先に待つのは、きっと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




652 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 09:57:24 ID:enPGwBer



                                           | \ ____ /
                                      _ /     ト_
                                 , ―  ̄          l   ̄ ̄ ̄ ヽ
                                   /      ―- _   _ -      .|
                                |              ` ´          |
                                 |                     |   |
                                  |      ,          _ -',.   |
                                  |     .}~~~~,ヘ^l_~~~    .}   |
                                  |    |     // ' 「〉    .}   |
                                   |    |    〈    .|     }   |
                               |    |       }    ノ    ノ   . |
                               |    | __ ノ    /    }    .{
                               |    >      / }    /|     |
                               | /        /   {     } |     |
                               |       /     }   人 |    |
                                 〉  __ <     {     } l    |
                                   /  ̄  ^- _      }    }\'   .|
                               /        ~ ~ ~~~~~{    ノ  ' , |
                               /  ~~>―― 、     } /     ヽ|
                                 /  /      ヽ     { /        }_
                             / /    _ ~~~_ヽ    }-、  /~~~Y  二l

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  細かい状況を完全に把握している時間はありませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  まず間違いなく、今意識を失っている男性たちが目覚めれば騒ぎになることは必須。
. .┃|(
. .┃|))  そして恐らく、その騒ぎの対象として被害を受けるのは彼女と、『魔女』達。
. .┃|(
. .┃|))  即ち、自分よりも弱く見える存在達。 女性です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


653 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:00:35 ID:enPGwBer



                                      /⌒\ ̄ ̄ ̄¨'' ミ      >‐-ミ
                              _>'' |    \        ≧x,/\  | `ヽ
                                  /    |         ≧x,_   └|ヘミ   、|  ,イ '
                              /               ≧x,_ └|ヘミ      }
                              八     i              \└|ヘミ   }}
                            /    /  ヘ           ヽ   \ヽ|┐ミ 彡 ノ
                             /    /   ハ   ヘ  \    ヽ   \└|   イ
                         / ./|:  /  人 ヘ.   ヘ   \    ヽ    \i亠、
                           i ./ .!/   , '   ト-ヘ   ヘ ヽ .:|\   ヽ   \〈
                           |//   イ  ', !.  ヽ  |\ \}  \   !     \
                           /  , イ: |-‐ヽ{‐   ハ  }  \-\ ..!\|‐- __ _ \
                         / , イ    i rfzzzzzz  } ./  rfzzzzz !    ト、 \〉 ̄
                          {/  |     i 乂zン    |/   乂zン |    i ヽ  ', 〉
                          {   .ト,    ', 、、、、、    、    、、、、、 ハ   /  ハ.  } 〉
                             ヽ   }ヽ              / }  /  .ノ /〈 〉
                                 }    |  ' .              / /  / ∠ イ  〈 〉
                              ,'   |   ゝ    ⌒    イ   /   {    〈 〉 〈 〉
                                /イ   .|   。r‐>   __  </≧/   '    〈_〉 〈 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   ですが、状況を把握しないままに動くのもまた悪手であることに間違いはありません。
. .┃|(
. .┃|))   故に、貴重な時間を割いた上での問い掛け。
. .┃|(
. .┃|))   それによれば、この悲劇が始まったのは凡そ二週間程前の事だったそうです。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


654 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:04:38 ID:enPGwBer



                        :/: : : : : : : : : : : : : : -――‐-\‐- 、\.  \: : :-、:_: : :.\ \
                        l: : : : : : : : :≦二 _      l|    l  \.  \、: :\\: :|
                        |: : : : : <―- . _   `   l| ・  /   } /r 、\ヽ:|、 ヽ| \
                        l: : : : : ー-= ニ. _ `丶    リ、__,//     ヽヽ ', '|      }
                        : l: : : : : : : :.\\`丶  \ /^¨´        l | |     /
                        : |: : : : : : : : : :.\\ \             | | '   /
                        : |:.、: : : : : :\: : :\\  \, -‐- 、       l/ //⌒ ー
                        :.丶:\: : : : : : :\: : :\丶  ヾ   ヾ     / / -―=ニ二
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l\.   l! ・  l|  __,/ /
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: :.\ l|   〃 /^ヽ /⌒ヽ _,ノ^
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::  |、リー=彡∠´ ̄``ー '
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::  |: : /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  物事の発端は、月に一度か二度やってくる行商人の去った二、三日後に始まったそうです。
. .┃|(
. .┃|))  咳をしていて、体調を崩し始めていた老人が亡くなりました。
. .┃|(
. .┃|))  元々身体が弱く、何時亡くなってもおかしくはない状況であったことから。
. .┃|(
. .┃|))  その埋葬は直ぐに行われたそうです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


655 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:07:35 ID:enPGwBer



                                 _ ,
                               ト'´_,.>ァ‐ 、
                               { / //. : :i: \_
                              _//. : } : : :ヽ : : \_
                             └〈 : : : ノ. : : : : \;_;_; L_,..、
                               `マ¨. : : : : : : : :`⌒,>'广¨二二"ニ   …‐- 、
                                ヽ: : j : : : :i : : 厂/. : : : : : : : : : : : : : : : : . \
                                  ゙〈 : : : : : : :〉 { : : : -‐… : :¬'' : T^\: .\ \
                                   ヽ: : : : : :} }: : : : :_;_;_;_;_;_; : : : }   \: :\ \
                                     \: : 「 / 丁´      |: : |    \: : : . \
                                 ヽソ /: ;ノ        | : : !      ` 、 : : : ,ゝ、___
                                   `~¨´          } : : !         \/     」
                                                V⌒丶..__      └-‐'^¨¨´
                                                {__     }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ――――然し、問題は収まりませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  一人、また一人と同じように咳をし、倒れていく数が増えていったからです。
. .┃|(
. .┃|))  村にたった一人だけいた、薬師も賢明に尽くしましたが。
. .┃|(
. .┃|))  その咳の理由は突き止められず、被害は増していくまま。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


656 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:18:40 ID:enPGwBer



                            ;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: | .l
                            ;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;  | .l
                            ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:::::  |´
                            ;;;;;;;;;;:;:;:;:;| ;:;:;:;:;::::::   |
                            ;;;;;;;;:;:;:;:;:;| :;:;::::::::  l |
                            ;;;;;:;:;:;;:::;:;|  ::::::   /l |
                            ;;;;;:;:;:;:;: `‐´   // /                ,--、
                            ;;;;:;:;:;:;:;:;:;:   ,./l/  /ト、         ,,ィ''^\   {  ヽ
                            ;;;:;:、_‐┬┬‐' l/  //;:;:;ト、        _i´ ヽ,_丿、  ヽ:::‐´ヽ     /`ヽ
                            ;;;:;:;: `.┴┴‐'´  //;:;:;:;|  ̄弋─-- {,ヽ-‐ヽ::  \__ヽ::::  ヽ   /  /
                            ;;;;;:;:;::::::::::::::::::  //:;:;:;:;:;|    \   l¨ヽ:: ヽ::::  \ ヘ::::  '、--i::  |
                            ;;;;\:::::::::::    //:;:;:;_:;:;:|      ヽ   l:: ヘ::: ヽ:::::  ヽ '、:::  ヘ |::::: |
                            ;;;;\\__//;:;/ l;:;:|ヽ、     >  l:::: ヽ::: \:::::  ヽヽ::::  ∨:::: ト
                         \ \__//   l;:;:|  ヽ、 /   i::::::\:::: ヽ、:::  `y:::::  ヽ::: | i
                              \/^\/    l;:;:|  ::::: ``ヽ、    l::::::::ヽ::::::: i:::   ::      | ヽ
                               く    ,>、    l;:;:|   :::::    `ヽ、 l:::::::::::ヽ:::::::  ::::::   ::    | |
                             /;;;;ヽ  /;:;:;:\  .l:;:|   ::::::     / ヽ::::::::: :::::::::: ::::::   ::   ;;| |
                            /;;;;;;;;;;;;/|::|ヽ;;:;:;:;:;:;:;\l;:|  ::::::::    /:   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::     ;;;;|;;;;|
                            ;;;;;;;;;;;;;;;| |:::| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Y  ::::::::::   / ::    \::::::::::::::::::::::::::     ;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;| |:: | |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| :::::::::::::   i ::::     \:::::::::::::::::::::::    ;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;| |::..| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| ::::::::::::::   | ::::::      ヽ ::::::::::::::::::::   ;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;| |: | |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::  |:::::::::.       `ヽ、__:::::::::::::: ;;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;|_!: | |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:::::::::::::::::  |::::::::::::.        |;;;;;;;;;ヽ__;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;;  |_|;:;:;:;:;:;:;:;:;;:|:::::::::::::::::: |:::::::::::::::.       {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;;   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|::::::::::::::::: |::::::::::::::::::.      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;;.   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.      |;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ――――そんな中、誰かが呟きました。
. .┃|(
. .┃|))  『魔女の広めた病なんじゃないか?』と。
. .┃|(
. .┃|))  魔女。 魔法を扱う女性、ではなく。 呪術と呼ばれる、特殊な属性を扱う女性の総称。
. .┃|(
. .┃|))  理由は分かっていませんが、何故か男性には扱えない属性として知られた存在。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


657 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:25:02 ID:enPGwBer



                            :::::::::::::::::::::         ヽ、
                            ::::::::::::::::::::::          ヽ、
                            :::::::::::::::::::            ヽ
                            ::::::::::::::              ゙l
                            ::::::::::::::::::::::::            |
                            ::::::::::::::::::::::::::::::  ,,   .,,,_    ,l
                            ::::::::::::::::::::::::::::  '",,r-、  ゙   /
                            ::::::::::::::::::::::::::   /'"゙゙゙゙'''ヽ;,ヽノヘ
                            ::::::::::::::::::::::::::::::::::l     |i / ノ
                            ::::::::::::::::::::::  ヾヽ、,,,,,,,ノ" / /
                            :::::::::::::::::::::::::::::::`'i,ヾ、 ''" /ノ/
                            ::::::::::::::::::::::::   ヽ、 /,/"
                            ヽ::::::::::::::::::: ,i ;  ;| i´.,l"'''ヽ
                            ::::ヽ::::::::::;,;r‐'ー-;;、l゙ l /|\ "ヽ,,
                            ::::::::::ヽ::::::`二ニ゙" ,//l | |  |  \
                            ::::::::::::::ヽ、    ,,ノ" ,/l | /  |    ゙ヽ,
                            ::::::::::::::::::::゙''''''''''"   / /  ノ      \
                            ::::::::::::::::::::::::::::::  //   /         ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  その言葉はまるで魔法に掛けられたかのように村人に広まっていきました。
. .┃|(
. .┃|))  魔女が悪い。 魔女が潜んでいる。 魔女を殺せばいい。 魔女を清めてやれば――――。
. .┃|(
. .┃|))  そして、最初に村人達の狙いとなったのもまた。
. .┃|(
. .┃|))  必死で治療を続けていた、薬師だったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


658 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:32:04 ID:enPGwBer



                                     _________
                                  , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                           i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/
                           {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ
                         `ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
                         ::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′
                         :::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/
                         :::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'
                         :::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧
                         ::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\
                         ::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ――――ですが、その薬師には娘がいました。
. .┃|(
. .┃|))  捕えたのは薬師だけ。 散々に甚振り、辱め、最後には乾きの中で死に絶えさせて。
. .┃|(
. .┃|))  それでも尚、咳は止まらず。
. .┃|(
. .┃|))  故に、村人達の狙いは別の人物へと移り変わり――――悲劇は、こうして起こりました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


659 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:44:04 ID:enPGwBer



                        /   .\!\  `、           u. ,'     ||i:i:|   ∨i∧
                          {      .!  \_\     r っ    .//|    |i:i:! 、  .∨i∧
                          ヽ  ./..|   | \          /  |    |⌒  ∨ ∨i∧
                         ,'  |   |  ` ~、.  .。r≦ {   |    |        \i:\
                          {  .|   |``~、、          _.、‐'|    |    }    \i:i\   私は、匿っている場所を知っています。
                          |  .|   !     \    _.、‐''゛   |    ./     {      \/
                            八   ‘,                 /      !          ですが、これではもう……。
                            |    \.  ‘,           / /
                            }     \ ‘,        --‐ ''゛  |        !
                                  ̄⌒                         |
                          |    {.            .:.         |       .!
                                         ::.           |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  少女の声は、気付けば慟哭となっていました。
. .┃|(
. .┃|))  何故、どうして、私達が。
. .┃|(
. .┃|))  おそらくは、悲劇を目の当たりにしてきたからか。
. .┃|(
. .┃|))  或いは、彼女自身がそうなりかけたからか。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


660 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:46:54 ID:enPGwBer





                              `'''>: : : : : : : : . . . . .  . . .   . . . : :   . :  ` ‐ァ
                                  <      . . . . . . . . . . . . : : :   . . : :   . . : l´
                                 ,、-'ヽ、_ . . . . . . . .   . . . . . : : : :    . : : : : └ 、,
                              -'"´ ヽ  ヽ: .  . : : : : : : : : : : :      . . : : :    . : :  `''‐ァ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「……取り敢えず、その『魔女』の場所を教えてくれるかな。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が言った言葉は、極めて単純でした。
. .┃|(
. .┃|))  場所が分かっているのなら。 迅速に用意が整えられるのなら、一つだけ手段は残されているからです。
. .┃|(
. .┃|))  つまり、逃亡。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


661 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:51:34 ID:enPGwBer



                                             _ --
                                            , ' ................`ヽ
                                  ,、  ─―-ミ{V乂........................
                                 。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
                             /    , '    `~、/ ⌒\>、.
                                 i          \   ⌒\>、....../
                           /        |           \  /⌒__><
                                 |         \   \イ    }::::\
                          /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\    ……この教会の裏の倉庫、その地下です。
                           ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
                           |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}  匿っていた私が言うのも何ですが……。
                           |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zン .レ'   \} :::::|   〉:::::,'
                           |/ .| .∧ 乂zン  `ヽ      /   / |::::::: |   .:::::/   知る人は殆どいない、代々の秘匿された場所ですから。
                               | ./ } ',     `        /   / |::::: |  /:::::.
                               レ'  ,'  込     ー‐   /  ./. .:|::::::: |. / ::::/
                             /  /   ≧s。 .__. イ  .∧.  |::::::: |/::::::/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……その場所は、出向けば直ぐ様対応可能な距離でした。
. .┃|(
. .┃|))  この状況下で嘘を言う必要性も見当たらず。
. .┃|(
. .┃|))  急ぎ、その倉庫へと向かう前に。
. .┃|(
. .┃|))  聞き忘れていたことだけを、聞きました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


662 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 10:55:46 ID:enPGwBer



                                         _ -/.Y ‐- __x≦`ヽミx、
                                      ィ /   | | `  、`ヽユ__ }Уム
                                       /  | / .| |\   \i ヽ寸//イ!j
                                          ノ// ./ {、.  \__ \}.ト`}イノノ
                                       / ,イ //! ハヽ、   \ー、 \ヒィ
                                 イ ,イl、|/イハヘ. ヘ \ー-、、ヽ`ぇ、ヽ!
                                       { ハ{ |イ l-‐一\ ヽ ー‐--ヽヘVム|`ト、\     ……ファリエルと申します。
                                     ヾ. { '| c毛芯` `ヽi芯灯oj i).}| i!% ヽト
                                  ノj ヽ| ハ }     イ'   /イ ムハl ヾ、 }ヘ    それと、その。 あの。
                                       ´  ノλ ソ    ′    {レ/.ハ  % ヾ、
                                     / /.λ个  -‐-  イ//.∧ ::.  %  }ヘ
                                   八.{|/ ハヾ` ≧-≦チ// /jl  }  ヘ |:::::.
                                    ヾ./ .ム }.  }l|l{  {' iソ/ノ _ノ   }:,!:::::i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「君の名前は?」
. .┃|(
. .┃|))   「彼」一人では、『魔女』に信用されるどころか敵として判断される危険すら有りました。
. .┃|(
. .┃|))   だから、彼女を連れて行くのは必須事項。
. .┃|(
. .┃|))   ですが、時間が足りないのもまた事実。 ですので、「彼」は割り切って行動していました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


663 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:01:06 ID:enPGwBer



                                   /⌒\ ̄ ̄ ̄¨'' ミ      >‐-ミ
                                 _>'' |    \        ≧x,/\  | `ヽ
                               /    |         ≧x,_   └|ヘミ   、|  ,イ '
                           /               ≧x,_ └|ヘミ      }
                           八     i              \└|ヘミ   }}
                         /    /  ヘ           ヽ   \ヽ|┐ミ 彡 ノ
                          /    /   ハ   ヘ  \    ヽ   \└|   イ
                            / ./|:  /  人 ヘ.   ヘ   \    ヽ    \i亠、
                        i ./ .!/   , '   ト-ヘ   ヘ ヽ .:|\   ヽ   \〈
                        |//   イ  ', !.  ヽ  |\ \}  \   !     \
                        /  , イ: |-‐ヽ{‐   ハ  }  \-\ ..!\|‐- __ _ \    ……余り、見ないでください。
                      / , イ    i.ィf忙卞z   } ./  ィf忙卞z .!    ト、 \〉 ̄
                       {/  |     i ヒン.ノ    |/   ヒン.ノ  |    i ヽ  ', 〉
                       {   .ト,    ', ///   、   /// ハ   /  ハ.  } 〉
                          ヽ   }ヽ            .u / }  /  .ノ /〈 〉
                              }    |  '             ./ ./  / ∠ イ  〈 〉
                           ,'   |   ゝ   ~~   イ.  /   {    〈 〉 〈 〉
                             /イ   .|   。r‐>   __  </≧/   ',   〈_〉 〈 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ですので、着替えをする時間もなく。
. .┃|(
. .┃|))  彼女――――ファリエルを背負い、裏口の窓から移動し始めました。
. .┃|(
. .┃|))  先程まで起こりそうだった悲劇の直後に、男性に触れられる。
. .┃|(
. .┃|))  それが、どれだけの負担を掛けるか分かった上で。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


664 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:06:11 ID:enPGwBer





                                        /`――∧-∧、
                                      ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、
                           /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________
                     __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、
                     _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、
                   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三三三三三三\ェェェェェェ〕――
                 _  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\''""``ヾ;;,,■~ ←この辺り


. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ファリエルの言葉を鑑みるに、彼女はこの場所で生活していた修道女だったようです。
. .┃|(
. .┃|))  ……この世界にも、神を信仰する宗教は存在します。
. .┃|(
. .┃|))  但し、実在性は疑われたまま。 神は何もせず、傍観するだけ。
. .┃|(
. .┃|))  ですので、実際の修道女や神父の役割といえば冠婚葬祭に携わる。 その程度のモノでしかありません。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


665 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:08:03 ID:enPGwBer



                                      ______
                                   /::::::::::::::::::::::::丶
                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'
                                i:::::::´::::::::::ー―゚′::`:r --v
                                 ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚ー/
                                 >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ
                                /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/
                                  /::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/
                               人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/
                                _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                              ::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::/::::::\
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、そんな村人に携わる彼女までもが犯されそうになったということ。
. .┃|(
. .┃|))  ――――つまり、村人の暴走は。
. .┃|(
. .┃|))  完全に歯止めの利くところではなくなっていました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


667 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:10:45 ID:enPGwBer






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【判定】:隠密移動:【探索】:目標値20+5(ファリエル) 【4D6:21(6+6+3+6)】+【4D6:14(2+6+4+2)】 (《影渡》ダイスボーナス)
. .┃|(
. .┃|))  「彼」に対する感情:【1D100:100+30 (救出補正・どの程度信頼したかの目安)
. .┃|(
. .┃|))  『魔女』の状況:【1D10:8 (1-3:そろそろ危険 4-6:後一日程度 7-9:多少余裕 10:熱烈歓迎)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






668 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 11:11:59 ID:TpcYNBRw
クリったw

669 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 11:13:14 ID:8vQEImry
クリったぞおいww

670 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 11:14:40 ID:VAP2KF1N
クリティカルは流石に草


671 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:16:01 ID:enPGwBer



                                __
                               ,, -/  `  ̄ ̄ `ヾ
                            /  {    \  \ `ヾ
                            ´  /|    i   \     `Y
                            ,.:    / V  |    `゙'' <_ }   __,.ィ
                        /    / ノ∨ .{\, --- 、     ̄ ̄ /
                       /イ / .// _ \乂 ` <    \ ̄      ……其処です。
                      '⌒´j/j//{./´ ___ \ Vィffミ、 、   \
                            /.イハ  ハ ィfチ"`  .}/     }\ ヾ 、\    この建物の奥、床の下に。
                        // ヽ\ 乂__   /__    ._ノ  ハ } V.ハ
                        { {_ノ! .jハ  ー ´  r'   ソ  `i  | j/|  .} .ノ
                           }   Y ヽ    ー   ィ|  | | .|/
                            /   }  }>  _ <{ {  {  |
                           /__  .j/  ハ-- '~V~`>ト .|  ! .|
. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ファリエルに案内された場所は、薄く埃が積もってさえ見えるような倉庫でした。
. .┃|(
. .┃|))  彼女が言うことには、普段使用しない道具や冬季用の薪などを保管しておく場所とのこと。
. .┃|(
. .┃|))  確かに見れば、薪割り用の斧のようなものも隅に並べられてありました。
. .┃|(
. .┃|))  ……そして、匿っている場所は荷物の下だと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


672 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:27:00 ID:enPGwBer



                                               /
                                                 /
                                             /
                                               /
                                           ‘
                                            /
                                         /                     /
                             _   _ _         .                     .
                        ゝ-、\ゝ-.、 ヽ r、   /                   イ
                       _  \\__.〉 .ゝ' } /                 .  <
                         ゝ . `ヽ .)      ¨             .. <
                          \ ´                  .. <
                           \               . <
                               ヽ       . <
                               }     /
                               _./  _ イ
                           ゝ--=≦

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  恐らくは合図なのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  不定期に、何回かに分けて床を叩く少女。
. .┃|(
. .┃|))  外を警戒してはいますが、現状はまだ落ち着きを保っているようでした。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


673 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:31:55 ID:enPGwBer



                                  /  ノ/ -=彡__
                                 ′>'" /: : : ⌒: : ア´
                                 { /: : : : 、: : : :“''*、: : \
                                 《: : : : : : : \: : : 、 \: : :ヽ _
                               /ヽ: : : : : : : : :ヽ: : :\ h、: : ∨⌒
                               V\:ヽ: : : V: : : :.V: : : : ⌒: : : :∨
                               V Vム  .:: : : : :}: : : : : : : : : : :ト、
                                   :::ヽ∨: : : }: : : : |: : : : : : : : :〕iト :゙''≪__
                                   : : ム 》: : |: : : : !: : : : : : : : :|、∨≧=⌒        ……お前か。 どうした、なんかあったか?
                                从ヽ: ´ 从}: : : /: : : : : : : : : ! ミ、
                                  ∧   .ノ: : : : : : : : : : : : ハ彡
                                 / ∧/_从/: : 仆: }: : : { ゝ:⌒孑、
                                _   ノ j{′/: }{ / \/:: :: :: :: :: :: =彡
                             ミ=-:: :: :: :: :: :: :: :: {/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                             厂:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                            从:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                             廴:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 、\:: ::
                           >'"  ≧=- ア´⌒ヽ≧V:: /⌒/≧=--_-_-_-_
                          《=- 、-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_V-_-_-_-_-_
                             V-_-_.∨-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_.V-_-_-_-_-_
                              V-_-_-\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-.}-_-_-_-_
                              }-_-_-_-_\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ′-_-_-_-_

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  すると、床を持ち上げるようにして一人の男性が姿を見せました。
. .┃|(
. .┃|))  今いる場所から見える範囲で考えれば、恐らくは人一人が立つのが精一杯の高さの隠し部屋。
. .┃|(
. .┃|))  そんな中に入っていられるとすれば、恐らくは彼が『魔女』の最後の砦だったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


674 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:36:06 ID:enPGwBer



                                           _ --
                                          , ' ................`ヽ
                                ,、  ─―-ミ{V乂........................
                         。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
                           /    , '    `~、/ ⌒\>、.
                               i          \   ⌒\>、....../
                         /        |           \  /⌒__><
                               |         \   \イ    }::::\
                        /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\
                         ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
                         |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}
                         |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zン .レ'   \} :::::|   〉:::::,'
                         |/ .| .∧ 乂zン  `ヽ      /   / |::::::: |   .:::::/       ……救援です。
                       | ./ } ',     `        /   / |::::: |  /:::::.
                       レ'  ,'  込     ー‐   /  ./. .:|::::::: |. / ::::/        それと急いで準備を。
                           /  /   ≧s。 .__. イ  .∧.  |::::::: |/::::::/
                           /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/          逃げ出す機会です。
                           / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
                      / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /
                         ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
                     { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /
                          '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
                        八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
                          \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
                           \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  端的に、そして内容を詰めた会話。
. .┃|(
. .┃|))  要件しか伝えないような言葉でしたが、相手も確かに頷いて。
. .┃|(
. .┃|))  そして、「彼」を見た上で目付きを鋭くしました。
. .┃|(
. .┃|))  ……少なからず、実戦経験がある。 「彼」もまた、その青年に対してはそう思ったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


675 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:38:32 ID:enPGwBer





                       /  }N 込   ′        __ ノ  .Ⅵ
                        {   }/   \   _    _/  }} ‘, Ⅵ
                        八{ //  |\ 〕ト _  イ  |  ||   , {
                         }/ i{  {  } }  「   / |   }  八    , {             おかあさん……。
                        / 八 ∧\/¨ノ     L ./ /  \  ,{、
                   //´   V  \>__   ___  / /ー-- 、、 } { \
                      / i{   厶イ  ヽ   ____ .厶イ/     YV}/\  、
                       { i!     }}    / \   //      }      、 \
                  八 i}     }} / ̄ }   、.//      ,   \     \
                     /  }     i/   ̄}    .V /     /\  \       、
                    /   」廴 -‐ /     」    }ゝ‐- ___ /    、  \
                    \ ̄ ̄ ̄   /    /v廴   i{      ̄ ̄ ̄ L _   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  その「準備」は、可能な限り素早く行われました。
. .┃|(
. .┃|))  隠していた荷物、持ち出せた金銭類、薬を作るのに用いる薬草や魔物の素材等々。
. .┃|(
. .┃|))  隠し部屋に持ち込まれていた荷物の殆どを詰めるのに有した時間は、恐らくそう掛からなかったでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  ――――そんな、部屋の奥。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


676 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:46:55 ID:enPGwBer



                           , ァ
                       / /
                      /  /
                         /  ././'‐ ィ
                    〈   ,' 'ヽ `イ
    _ ,. 、., 、._______., ヽ (. ,._'ノ  `―――――――――――――――――---------------------------    -  ._
   ( {  {  /////// !|二二!|        ――――――――――――――――――――――――――――――         >
    ´ ` ´ ` ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ノ ( ` ̄,ヽ  ,. ----------------------------------―――――――――――――‐     ‐   '"
                    〈   ', ゝ'  .ゝ
                     ヽ   , ヽ.、! `
                       ヽ.  ,
                       \ ヽ
                           ` ー

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  其処には、一振りの剣が安置されていました。
. .┃|(
. .┃|))  一体それが何なのか。
. .┃|(
. .┃|))  何故、そんな場所にあるのか。
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:6 (1-3:知る由もなく 4-6:何かが……。 7-9:呼ばれ 10:熱烈)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


677 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 11:47:44 ID:TpcYNBRw
嫌な予感しかしない件について


682 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 11:58:33 ID:enPGwBer



                                                               /   __ /  /   _、-ッ,
                                                           /   /、/l ./  _,,,///
                                                           /   / ,i / / _,,、-'`i' ,i'.E/
                                                          /    /`/、|_、-<  l /_/_,/
                                                            /   _、.'-i' ヽヽi  j_ノ-' `''"
                                                        r---''"   ) /j_ノ'''"
                                                       _,,ゞく ̄ ̄`i ::( .i|'"    ,
                                                   _、-''"  _ノ∩三/:://
                                                _,、-''"  _,、-'' ,ノ"='"/
                                             _,,、-''"  _,、-'' つ /'
                                         _,、-'''"   ,、-''"  ,、-'"/'"
                                       ,、-''    ,、-'"   _,、-"_、-
                                   _,、-'"    ,、-"   _、-" ,,-"`"
                                ,、-''"    ,、-"   ,,、-" _、-''
                             ,,、-"     ,、-"    ,,、-" _、-
                           ,,-"    ,、-"    ,,、-"  、-"
                        ,/"    ,,、-''"    _、-''"  ,、-"
                       ,、・"   ,、-"     ,,、''"  _、-"
                        /    /     ,、 "  _、-"
                   /    /     _、-"  ,、・"
                  /    /   _、-''"   _、-"
                /    /  _、-"   、-'"
               /  _、-'"'''''"" ̄   _、-"
             / _、-"      _,,、-''"
            /、-''"  _、、-ー''""
             ̄ ̄ ̄ ̄

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ――――何かが、語りかけてきた気がしました。
. .┃|(
. .┃|))  何を話しているかは分かりません。
. .┃|(
. .┃|))  何を言っているのかも分かりません。
. .┃|(
. .┃|))  それでも、確かに。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


683 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:02:05 ID:enPGwBer









                            ┌───────────────┐
                            │. ――.;.;.;.;.;.;.;.;を.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;た――.  │
                            └───────────────┘









. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、気付けばそれを手に取って。
. .┃|(
. .┃|))  何かが、聞こえ――――。
. .┃|(
. .┃|))  その剣は、霞か魔法であったかのように。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」の前から、消失したのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


684 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:04:51 ID:enPGwBer



                                 ___         __
                          ┌‐-.、 -''"       `'' ‐、,,--、 /ヘ   !  \
                         __.',    `           / ィ 〉l .|  |ヾ,l ハ
                      ,、r''´  ',         ヽ、--   ゝ` ノ ヘ |  トУ  λ
                      /  /,.  ',    ヽ    、 ヽ    / .ィ、.〉 |   |ヽ  / l
                    /  〃 /    ',    丶   `' 、    `┐└.、|   | !ノ ヽ!
                   /    //  / .ハ       \     `''‐、  L__‐ /l   | l ll /
                   リ !  /  ,ィ  | ヽ、    \     `'‐、 | ィ、7 / 〃/
                   '.Vl,、 '´ / |.  │  ヾ 、     \ 、     `'‐┐ ̄7‐'''":
                   / ,、ィ´!   '、  ヽ   ヾ、.、,   、 `'マ-.、,    ヽ' > ! :.:.:
                  / ,ィ'∧、`'l´ ̄``\ \  ''ヽ',~`'‐.、, ヽ'ヽ'、 ``'i‐.、,. ヽ l :.:.:       ……あれ、其処の剣は?
                 //.l l ヽヽ', _、=.、,, ヽ、 ヽ.  _,,リ.,,,_  `iヽ, ヽ   !ソ/\ ヽl :.
                   〃 . l l  ヽl.',.l.l::;;cl`  `ヽヽ"l:::;;;cl`ヽ l  ヽ ヽ. !⌒',  ヽ',!
                 {.ゝ  ヽ`ー-ァ| l `ー'‐    lノ `ー‐'‐  ,'      .Vニノノ   ヽ
                   ヾ`~   ̄ |. |        ′       /ィ /  / ,'_/
                       |. ',    ′      / /  /  ,'
                        ! / .\     、- ,   / /  ./  .,'
                         〃   /` 、. `´  / ,〃   /   /`ーォ、
                       /   /    `'‐-,.-l //     /  /,,、.r'" `'‐.、_
                     ,、r'´   /     /ハllトV   /  /        `

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「分からない。」
. .┃|(
. .┃|))  実際それしか言えませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  何があったのか、何が起こったのか。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」自身にすら、理解できなかったからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


686 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:05:25 ID:1BidmBFR
強化フラグか呪いフラグか

688 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:06:53 ID:8vQEImry
うわぁ謎だ……出目が高ければ何か分かったんだろうけど


691 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:12:02 ID:enPGwBer



                                   乂(: : :〈: : : : :.i|(: : : : : ヽ: :.\
                                     Y⌒≧=人: : : 八ヽ: : : : : ∨: : \
                                   _ノ: .|: : :i|: Y´⌒   Y: :.Y: :.\⌒´
                                    ⌒ア: |: : :i|: :}     _八: :{: ::|: : :\
                                  ノ: |:.|: : 八(_  __(:ィッノ)/Y:{: :_(⌒
                                  ⌒ア:.|: :(:::::ィッァ)⌒≧=‐=≦|ノ^)\
                                     /: 八: :\=≦ 、{      .: ./(⌒
                                     /⌒人(⌒   ` '_   イ人__
                                 ノ{ノ⌒≧s\  _ィvV イ  八<⌒        此方は終わったぞ、ファリエル。
                                √(i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\     /{i:i:i:i:i:i:ヽ(
                                〉⌒i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} 个 :. ィ(  |i:i:i:i:i:i:i:i:\__
                            ____ミ⌒i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. ',     .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア⌒
                           _-_-∨_-_圦__i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ     { ∨i:i:i:i:i:i:i:i:(ミ
                          /_-_-_ ∨-_-_\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧=〈0o。。o0Vi:i:i:i:i:i:i:i:\
                          _-_-_-_-∨_-_-_ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧  ⌒   Vi:i:i:i:i:i:i:i:(丶
                          {_-_-_-_-_ ∨_-_-_-_\i:i:i:i:i:i:i:/∧  _   V/i:i:i:i:i:i:i:〉≧s。   /
                          |_-_-_-_-_- `、_-_-_-_-\i:i:i:i:i:i:i::./   ヽ v/i:i:i:i:i:i:{-_-_-_ ∨
                          _-_-_-_-_-_-_\-_/-_-_-_.\i:i:i:i:i:{       }i:i:i:i:i:i:i:リ_-_-l-_-_
                         ハ-_-_-_-_-_-_-_./_-く-_-_-_-\i:i〔 __ l  _ 八i:i:i:i:i:i/-_-_.|-_-/
                         _-_-_-_-_-_-_-_- /-_-_ \-_-_-_-Y{(::::::Y l (:::ヽ|∨i:i:/、-_-_リ-_/
                        _-_-_-_-_-_-_-_-イ-_-_-_-_-\-_-人{∧::ノ.人\: !∧ノ-_\-_-_/{
                        _-_-_-_-_-_-_-/-_-_-_-_-_-_-.\(⌒ ∧〈 ^ \`! -_-_-_-Y-_-_
                       _-_-_-_-_-_-_Y∨-_-_-_-_-_-_-_-_-_-.| ./∧rrrry リ  v-_-_-.{-_|-|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ファリエルも、そして勿論「彼」も首を傾げていました。
. .┃|(
. .┃|))  彼女曰く、代々伝えられてきたものであり詳しい話は聞かされていないとのこと。
. .┃|(
. .┃|))  で、あるならば――――あの剣は一体。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


692 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:18:18 ID:enPGwBer



                                 ∨ ',{ ',             ノ .|  |/  .!:::!
                                   ハ   ',    ` ─    イ  .!      .|:::|
                                / ∨  ',~、、 .___. ィi〔 .!   !      .|:::|
                                 ∧  ∨.  ∨___.|/`、  |  .!   ∨   ..|:::|
                                 /  ヽ ∨  ∨  ト  | | 八   ∨  八::..
                                     ヽ ∨  ∨  |. `、|   __ `、  ',    \:\
                           /       ヽ∨  ∨ .|  |__/ \}          ̄
                                    ∨  ',─'''〈:::::::Y: : : : |   }
                       /                : : : :.ヽ::::|: : .:.:.:|
                       |               ',   :: : : :.:| ̄ト、: ::|   /
                       |/|                  |: : : : :|  |: :∨| イ>
                            |イ|/∨`、_/|ノ| ト.八. .{: : : : :|  |: : : .:.:.:|>
                            :: : |    | : : ∨..|  \{_:_:_/   ヽ:_:_:_:.|_
                          ,':.: : |    |: : : : : : : : |: : : : :ノ 。+・'‘´: : : ヽ `‐ミ
                           /: : : :|    |: : : : : : : : | ̄ ̄/‐-、: : : : : : : .   〉
                            {: : : : :~) (~: : : : : : .:.:.:|  /: : : : : :`、: : : : : :|_/
                            | | ̄ ̄   ̄ ̄|: : : : :.∨ : : : : : : : : :} : : : /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))               ――――そして、その後の話をしましょう。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


693 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:21:07 ID:enPGwBer



                                    /   ___  ` ,   /  /   /
                                   /   /     `;;, l} /  /   /
                                  /L /|     ノ;;; '/  /   /
                                  / , `  }  ,,,;;;;;;;;/  /   /
                                ,/ '  ィ /、;;;;;;;;;;;/  /   /
                               / ;イ '〈  };;;;/  /   /
                           / /0ノ フ i /: :ヽ_ /-: : ' ̄: : :` : : 、
                              | レ-_ノィ /: : : : :/: : : : : : : : : /\: : : 、
                              | l / レ' : : : : , : : / : : : : :/   \: : \
                              ヽ /ニ、: : : : : : l : : : : :ィ :/ /   ェ .\: : : 、
                                ∨ニニ\: : : : . : : : : :/    ノ;;;  ヽ |: : : : ,
                               { < \ニニ\: : ; : : : :l  / フ;;/  ム  l: : : : : ,
                            __/ >\\ >ニニ |: i : : : : ヽ ;;; ヽ    ノ ;; /: : : : : : : ,
                          ,x: : , '⌒ヽ.>\/ヽ:': -': : : : : : ;;`.;;; \  / イ;; : : : : : : : ,       一体何処に……何?
                         /: : / 、 \ヽ: : : ;;;;;;;;;: : : :;;:l: : : : : ;; , \  _ //;;;;; : : : : : : : :
                        l: : :,,{、 \ヽ 〉/;;;: : : ;;;;;: : : ノ : : ;; : :;;;;iヽ - 、 / l;;;;;;;;;: :;;;; : : : :
                        ノ: ://ヽ-';;`;;;;;;;;: : :;;;;;: : : : : : :;;;: : : ;;;;;l  ` - /.l;;;;;;;; : :;;;;;: : : :
                    , : : ': ://;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;: : ;;;;;;;: : : : : : : : : : ;;;;: {--___  ! l;;;;;;;: : :;;;;: : : : :
                   : : : : イ/;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ : ;;;;;;; : : : : : : : : : ;;: : :lニニ  ).l;;;;;/: :;;;;;/ : : : :
                   : : : :|/ ;;;;;: : : : :-----';;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : /--- / ` l;;;/ ;;;;;/: : : : : :
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : :イ;;;;;;;;/: : :;;;; : : :i : : : : : :/:: : :;;;;l ヽ <  o l;/: : /: : // `
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/: :^ : : : : : : : : : :: :l;;;;: : :;;/  };| \ /: : : : : /-、
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;): : : : :/;;;;;l: : : : : : : :N: : :;;: :: : {---、 ヽ ,/;: : : : : |---、____
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: イ: : /;;;;;;;;;i: : :/: : : l;;;;l: : :/;;;;/-- '、 `/;;;;;; : : : : :| '   `,-
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;/: : /;;;;;l: : l;;;;;;;;;;;l: /;;;;;;;;;ll;;;/: :/;;;;;;l ___  |;;;;;;;;;: : : : : :<ー乂__ノ___
                   ;;;;;;;;;;;;;;/: : : ー': : : : :ヽ;;/:/;;;;;;;;;;;;ll/: :/;;;;;;;/   `/;;;;;;;;;;;: : : : :/;;ノ   `ー
                   ;;;;;;;;;;;;;{: :i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;N/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/-、___/;;;;;;;;;;;;/: : : : | 、   イ
                   ;;;;;;;;;;;;ヽ:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| - .|;;;;;;;;;;;;;l: : : : : |  -- ノ `

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  先ず最初に行ったのは、一度隠れ部屋に潜んでもらってからの同行者との合流でした。
. .┃|(
. .┃|))  其処には既に戻っていたアルトリウスの影もあります。
. .┃|(
. .┃|))  無論、何処に行っていたのか訊ねられましたが――――中で起こっていることを説明すれば。
. .┃|(
. .┃|))  彼の判断は迅速でした。 曰く、『急ぎ逃げた方がいい。』
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


695 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:32:19 ID:enPGwBer



                             {   ___  __ _,..  --  ....,_
                        乂_ .>''~: : ⌒ヽ : : : : : : : : : : ~、、
                            >''~: : : : : : : : :/〉.: : : : : : : : :. :. :. :.\
                      ,..:'~: : : : : : : : : : : ://: : : : : : :_: : : : : : : : \
                     /.: : : : : : : : : : : :./~: : :、丶` : : : : : : : : : : : : : 、
                    /: : : : : : : : : : : : /: : : / : : : : /: : : : : : : : \: : \
                       /.: : : : : : : : :. :. :./.: : :./ : : : : /: : : : : :./.: : : : : : : :. :.\
                   |: : : : : : : : : : :/.:./ :/ : : : : : /: : : : /: / | : : : : : |: : : :. : \
                   |.: : : : : : : :./.: .:./: /:/: : :.: ̄/ ̄¨¨/冖/‐ |: : : :.|: :|: : \.: :. :.\
                     八: : : : : :/|.:. :.:./: /'〈___:/|/:.:i:芸斧冬ミ,,  |: : : :.トミ.: : : : : : :.|⌒
                       \: : :/ /.: .:./.: : :. :./:. :. : : /, {,/しt/} ヾ./___/|:/|: :`: : | : : |
                         \{ /.: .:./: : : : :/.: :. :. :. :./, 夊z少     ,ィf灯ミ、.:..:.|\/
                         /.: .:./: : : : : i : : : : : : : /,       弋ノ .ノ─‐┘
                          /.: .:./.: : :. :.:/|: : : : : : : : /,         ,   /: : : :|          ウチも行くんやね? 分かった。
                     /.: .:./: : : : :./ :| : : : : : : : : /,         /: : : :八
                       /.: .:./: : : : :./ : :|.: : : : :. :. :. :./,  ⌒    イ : : : : : :\
                      /.:.:/.: : : :..:/: : /|.: : : : : : :. :. :./,       ィ | : : : : : : : \
                     /.:.:/: : : : : : /: : / i|.: : : : : : : : :. :./,>‐=:升:.:|  i|.: : : : : : : : :. :.:
                    /.:.:/: : :. :. :.___/_/l|.: : : : : : :. :. :. :./,_:|.:.:.:|:.:.|  l| : : : : : : : : : : |
                   /.:.:/: : :../ ̄   ⌒\|: : : : : : : : : : : : :|\.:.:|:.:.|   \.: : : : : :. :. :.|
               ./.:.:/.: : : :./             \.: : : : : : : : :. :.|/|.|__:.:.:|    \:_:_:_:_:_:_/
           /.:.:/.: : : : :./        _       \:_:_:_:_:_:_:_:/ |.| | ̄ ̄\   / ̄ ̄\
          /.:.:/.: : : : : :./         `_       /  ̄ ̄\// /     |  |: : : : : : :.ヽ
          .: :./.: : : : :.//         `_       i: : : : : : : .:ヽ/     /人  |: : : : : : : :.:
          .: : : : : : :./ ./           `,      |: : : : : .::___i_      \|: : : : : : : : |
          : : :. :./  ,                 }     i| : : : : 〈_/ _  \     \.: :. :. :. :.|
          :..:./  ./             {    八 : : : : 〈_/ _____   \__    \.: : :. :|
          ./    ./              } }      \: : : :〈_// __     ∨ 、    \:.:/
                  /             //          \.:. .:.〈_/ \   ノ ノ\    \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  但し、「彼」を含めた全員で移動するには流石に目立ちすぎます。
. .┃|(
. .┃|))  故に、アルトリウスと話して決めた結論。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」とアカネ、そして自分で引き取ったのだから、と言われたマナカ。
. .┃|(
. .┃|))  三人で移動し、次の街まで中の『魔女』を逃げ出させるということでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


696 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:33:12 ID:TpcYNBRw
逃げるのが一番だね

697 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:36:06 ID:8vQEImry
逃げるが勝ちよな、こんな状況では…


699 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:42:48 ID:enPGwBer



                                      -───‐-
                                  >'"──-: : : : : : : : : "'<
                               /: : : : : : : : : : : : :"'<: : : : : : ヽ
                              _.:': : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :._
                             //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V: : : /: : :ヽ
                                ': : : : ::∧: : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::i:: : : : :.
                               ': i: : |::/ V: : : : : : ::∧ : : : : : : : |: : ::|: :: :: :: :.
                              ' : |: : |/ー- V: : : :: ::/ .V: : |: : : : |: : ::|: : : : :: ::.
                            ':: ::|: : | ≧ x \:: ::|/ ー-ヽ::|: : : : |: : ::|: : : : : :: :.
                           : :: ::|: : | V ツ   \{  ≧ x |: : : : |`Y |: :: :: :: :: ::.
                             i!: ::∧: :            V ツ :: : : : : }::|: : : : : : :: :.       まあ、アルトリウスさんに教えを乞える訳ですし。
                          : : : : : ヽ:.   '        .': : : :/イ、.|: : : : : : :: :i!
                           i!: : : : : : ::ヽ             /::。s≦/// |: : : : : : : : :
                          : : : : :>'"  >  ヽ  。s≦/////////|: : : : : : : : i!
                             i!: : : : :\      フ  ヽ/////////:/ i!: : : : : :: :: ::
                          : : : : : :  へ  .|、´    _V////// ∥ |: : : : : :: :: :i!
                          i: : : : : :/  }:\| ≧=≦ニニ}/// >─<.|:: ::/|: :: : ::
                          |: : : : ::  /二∧二二二二|//、/ ̄_ `イ//i! : : : i
                          | : : ::/  .:'ニニニヽ -=≦⌒Y./ _/////// ∥:: :: ::|
                          |: : ::  Y\ニニニへニニ人_ノ>'"////////// : : : : |
                          |: :/  {ニニ\./ニニ\/.////////////::/ : : : : : |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  それはつまり、アルトリウスとルーナ、二人と別れることを意味していました。
. .┃|(
. .┃|))  ただ、現状は時間が最も重要視される状況下。
. .┃|(
. .┃|))  細かい挨拶すら抜きで。
. .┃|(
. .┃|))  ――――「彼」等は、その地獄から抜け出したのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


700 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:44:23 ID:enPGwBer






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))             ――依頼:2 揺動、扇動、集団感染。 悪意の果て:了――
. .┃|(
. .┃|))                依頼クリア:【1D4:1 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






701 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:45:09 ID:TpcYNBRw
終わっちゃったw

702 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:45:59 ID:IMn+Bt3e
ガチ戦闘に備えて上がる白兵


703 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:46:29 ID:enPGwBer



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ,,_
                               ``ヽ、、   _,,..,_
                                     `丶/   \
                                       {       .}
                                       |\___/|
                                   /|,,_ _  _,,::!∨
                              ニ=-{...| ‐-|。!-‐::| .}`、ニ=- ..,,_
                             、丶`ミミ`、.', !.r., !_|  リ /.: }ミミミミミミ
                             彳ミミミミミミミ`、',.{::|//_/ノ.: ,'ミミミミミミミ
                            彡ミミミミミミミ{∨:::::::}h-‐‐-、ミミミミミミミミ
                              彡ミミミミミミ人::::::::::::リ  ./ミミミミミミミミ、
                              ヽ''"~ニニ=-ノ:::::::::/〕iト、i~~\'ニヽ''"~=-',  >''"''<
                             |-=ニ=ィi{::::>。,,':{:/ .:.:.:.   ',-=ニニニ=-, ,:゙,:゙  O `、
                              `、ィi{ニヽ_::::.. /-',  .:.:.:.  .:',',-=ニ=-''././   ,ィi{ヽ, .',
                               ',-=ニニ=-/.:{  |',  .:.:. __| \_,,..-‐,'..,'   /     .',
                               ',-=ニ=-'.: .:ニ=| {-‐=ニ~  ',  ',-=ニ'...' O.,'      ',
                                〕iトィi{      !ニ,  .:.:.:   ',.  ',-='...'  .'         |
                               、丶`.:~">‐--‐.',¨.',  .:.:.   }  .}-i!..i! .i!        |
                             /.: .: .: .: .!.:.:.:.:ノ`、}.:.:', .:.:.:.  |  .| i!..i!O.i!       .|
                             /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:{:..:.:.}.:.:.:.', .:.:.   .!   .|.i!..i!  !       |
                          /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:.:.:゙:.:ノ',.:.:.: ', .:.:  !.  ',|...|  |         |
                           /.: /: .: .: .:/ニ{.:.:.:>''~}h、````.', :.:.  |    |...|  |         |
                       /.: //-=ニニ=-/ / ,' リ     ',ニ=-、|    |...| O|         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         《無銘》の【彼】:主人公

         【白兵】:3Lv      (戦闘で最も基本になるステータス。)
         【魔法】:3Lv      (一つの依頼終了までに【魔法Lv/2】回だけ、任意の判定に【魔法Lv/2】D6のボーナス)
         【探索】:4Lv      (奇襲成功時一度だけこのステータスで判定できる。 また、目標値を【Lv】D6減少する)
         【制作】:2Lv      (一つの依頼終了までに【制作Lv/2】回だけ、任意の判定を振り直すことが出来る)

         《現在の目標》
         ・【海沿いの街】に辿り着く
         ・もっと強くなる

         《装備》

         武器:ロングソード  (戦闘判定ダイス:d6)
         防具:チェインメイル (戦闘目標値:-3)
         道具:回復薬     (消費で戦闘判定を二度振り)

         《スキル》

         【影渡】:「己の気配を同化させる才能。 他者から発見される可能性のある判定に対し大幅なダイスボーナス」
         【風魔法】:「風魔法を放つ事のできる魔力属性。 他者からの風魔法に対する抵抗にダイスボーナス」
         【凡骨の一矢】:「決して揺るがない誓い。 戦闘時、目標値が自分のダイスの期待値以上の場合ダイスボーナス」
         【???】:「地下で手に入れた剣。 謎の声が聞こえ――――。」

         《コミュ》

         【アカネ】:急ぐで、マスター!
         【マナカ】:……本当に。
         【ファリエル】:あの、その……。


704 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:47:13 ID:enPGwBer






                                               ,斗-、
                                            > ´   \
                                           r‐、/        \
                               _______| |\\          \
                             rく         `V〉,\\__       \
                             Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
                             Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
                              Vヘ             V〉,    , <>'
                              Vヘ             V〉,   < /
                               Vヘ           V〉 〈//
                               Vヘ、 ______  ,∧_/
                                Y≦三三三三三三≧厂






705 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:48:40 ID:enPGwBer



                                        _ ____
                                   :´: : : : : : : : : : . . .
                                   /: : : : : : : : : : : : : : : :.\
                                /: : :/: : : : | : : : : : \ : : : : \
                                  /: : : : : : :.|:∧: : : : : : :廾ト : : : :ハ
                              /: : : : : : : :从/⌒ヽ: :ィ笊=ァY:ノ
                               |: : : : : : : // 芹芥ト )ノハ_ツ_ {从___               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      -…- ..__ 厶: : : : /∧ `乂ツ    '  V: : : : : . .、         |.  闇に消えるはずだった贄。  |
                     乂__ノ´: : : : : : : : \:_:_Y: 彡イ }: : .、         ,  从⌒ヽ : : \          .乂____________ノ
                      Y⌒\ : : : : : : : :_:_:ソ: : : 人.:_: : :\   `   /: : Y  \: : : .
                    〃⌒ニ=‐-≧=‐-: : : :/: : /: : : ∧: : : : . ー‐─<: : : ノ    ゚: : : : .
               /: : : : : : : : : : : : :-‐=彡 : : : : : : : :/ ∧: : : : : : : : . 、 :X¨{ 乂_ノ: ) : : ノ
               / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :八:\: : : : : : : :Χ::::::{_ Y: /: /_,      ..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            ./: : : : : : : : : : : :.. -─‥………‥─=彡:.:.ヽ:.:.〕ト : : : : : : \:::{_〃 / : ノ       .| 表に出ることのなかった剣。. |
           .〃: : : : : : : : : : /:(     (/ |: : :/∨:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\人ハ: : : : }\{: /: :Y¨         乂____________ノ
           .: : : : : : : : : /: : : :\     )八 : { /:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∧: : :(: : :Y^):ノ
          .八 : : : : : : : : (⌒ヽ: : : : \     ヽ |:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨¨¨{l:.|: : : ): : :V
            .`   : : : : : \: : \: :)V      |:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂: : 人: : :}
               : : : : ヽ: : :シ        ハ:.^Y:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.乂__彡': : : /: ハ :′
                \: : :Υ       /:.:.:.:.:.:.:/¨\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(:{ /: :イ〕: /___________
                       ): :ノ        /:.:.:.:.:.:.:/   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y⌒7Y__〕 ′_______.ィ1__
                 /: ´       __/:.:.:.:.:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 乂__〕{〔:./       |liliトく
                  (/         ノ:.:`:.:.:.:.:.:./     .∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〔 { 圦      |liliト│
                        イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      /:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〔 { 〕:.廴____  (_ノノ、
                _  ┌  ____....:〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__.. -=ァ’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ィi芥¨¨::::::::::::}  |lili(ノ }
               .}::\:|::::::\:.:.:.:/}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:._____/:::: :冂\_::::::::/____|lili|  }


706 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:49:33 ID:m6OC8cNT
この剣って隠しアイテムなんか?


707 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:50:22 ID:enPGwBer



                            ´/        /  }  、  ヽ
                           / /   , ´//  /  /   . .  ゛.
                             / /   / "// / /  / リ   !i i
                          '   / '   / / /  / 〃 ' 从 '   ',
                         ' !:  ' / / イi ' .′ ' シ 从 /リ :' ;    !
                        ,:li i --i /、j'! / / / /_' //| ' /  .' !
                           ; /, !i. 、x==ミl|>'/ / 彡_‐∠_' i // /
                           /' / !いヘ (....I!..}V' /  '/7´::い`リ, / /  ′  本来なら、「彼」の運命は決められたように流されていたはず。
                           / / .::! ゙ミ  `='′从   ' .乂゙:ノノ// /′ ′
                       /   ∥ Λ:/:/ =≦l ̄l\ :/:/:/:/ / ';′
                       ' ′∥ .-=≦     |  |  \  ' ' '∥'  ′   ――――それが変わった。 本の中身もまた、切り替わる。
                      '   ,.l≦           |  |   \ / イ∥′.
                      '   .: |             |  |     \ //′
                      '   /:/ .|             |  |       |./'   ′    ……どうなるのかしらね。 《路傍》の、英雄譚は。
                /  '.:: '  .|             |  |       |   ′
               / /.: // .|      {`ヽ {`ヽ       |i\′
              /  '" .:/ ' 彡/".!         ヽ  \  ヽ      | ‐zミ:、
            /   .::/ 彡'´//!       -=≦ヽ ヽ  .i     |i:i:i.リ.}゙、
          /   ..:.://´ //..../i    -=≦r―--ヘ  ヽ l\   |i:i:/:/i;ハ
          '  .: .:.:.://{ //..゙..../ ≦三>´ ヽ ____ `ヽ  >、\ i|:/:/i:/:/
        '′.:. .:. .:./.' イ//{.....゙..7:i' .' ∨"   (    x≦ニニ≧x ソ :'/i:/


708 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:50:59 ID:RNYw46BV
はてさて

709 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:52:20 ID:TpcYNBRw
まあ一流のバッドエンドより三流のハッピーエンドだよ


710 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:53:48 ID:enPGwBer



                     _, -‐===‐-
                    ⌒>       `ヽ、
                    /              \
                          /   ヽ     `、
                       / /       }i
                        / /      }i }   i}
                      ∥ ∥  ,  ト、 }i ∥ { リ
                     ∥ {{  i  从ハ〃l }イ
                     il  i{  l  { ノハ } 从
                     il  }i  l  } j斗 ノヽ、
                    γー、 ト、 八  { ノ以    i
                     | }, Y込   乂!`ゝ、   ′                           _
                     l 〈 `{   `ト、从     ,ィ                           __,/´:::::::::::`Y]
                    圦 V゙h    ⌒ヾ                                /,£' |、 :::::::::::::ノ|
                      ≧从    圦__  ノ                           / £ :|   ̄   |
                       }叺    八                             / £  ゝ、   ,/
                      斗 从  / ∧                             / £    _ ̄ ̄
                          /リ≧ュ}、  / ∧                           / £  /    \
                      /∥ミxf抃、  / ∧                       / £' /|三三三三! ヽ
                        / ∥:i:i:i:i:i:i:i:从  / ∧                      / £  / :|=㏄㏄三/|   '
                     ∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=ー≪ミメ、                / £  /  |=㏄㏄=/ :|  i|
                     〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7⌒州:i\ \i廴             / £     |三三=///   i|
                    ≧x,_:i:i:i:i:i:ijイ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ Y:i:\              / £   |   |三ニ ///   /
                    ニニニ≧x,{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} |:i:i:i:i:ヽ         / £'    |   |三///   /
                    ニニニニニ≧x,_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i/           / £     |   |二/ '   /
                    ニニニニニニニ≧x,:i:i:i:i:| |:i:i:i/            / £      ヽ   |__/    /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) ……何だこれ。
. .┃|(
. .┃|)) あの、一応言っておくと信頼度ダイス自体も一定値以下なら戦闘発生&被害発生&剣未入手の筈なんですが。
. .┃|(
. .┃|)) と言うか信頼度130って一目惚れを通り越してもうニチアサでヒーローに助けられた子レベル。
. .┃|(
. .┃|)) どうすんだろうこれ……これ手に入れちゃうかー……なら三章決まったなー……。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


711 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:55:00 ID:RNYw46BV
そ、そうなのか(不安を感じつつ)

712 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:55:30 ID:m6OC8cNT
これで名前が残らないってそういう呪いを受けたとしか思えんレベルや


714 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:56:12 ID:enPGwBer



                                      /            ヽ

                                 /     ,イ   /} /i    ハ
                                    {  /{ / l  // ∨ |    }
                                    ヽ { x≠ミ ∨ x≠ミ /
                                     }  :/:/: 、  :/:/: 〃     i
                                     / |       。 /  /   i|
                                     / 人  `~~(  '  /  }
                                    { //个s。     /  /  /  i
                                rfヾv、ミ_// _|-、」アYT^f7   ∧  ,'  i|
                                /:、゙`Y⌒hrヽ-VYニニニニ/  / }  i
                              /: : : :`~、Y _ノ,_/ヽニニ/  ,  /二ニ= 、 i
                             /|: : : : : : : : :¨¨: r-、:: ::∨  / /二二二L i|
                             く∧: : : : : : : : : : : ゝ ヽ:: |  ' /二二二二ニ、
                             ヽ∧: : : : : : : : : : : ) /::/  /二二二二二ノ
                              人\: : : : : : : : /  '/ /仁二二二二二{
                             / ∧ >ー‐ イ  くー '´ ノ二ヽ二二二ニ∧
                             } /∧ 〉二\ \ ヽ厂)<`Y二〉二二ニ/
                             | //二二二二ヘ  ヽ/r‐人厂)二L二二/   i
                             |仁二二二二二}  ( /レ'⌒)r‐ニ乂二二{   l
                             {二二二二二二}  Y⌒≧=ーイ二二二)   i|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) と言うかファリエルのダイスが暴れまわった関係で『魔女』の二人とメインサブが入れ替わったんですけど。
. .┃|(
. .┃|)) どんどんヒロインが増えていく……男友達の影が全く見えないが「彼」の胃は平気なのだろうか……。
. .┃|(
. .┃|)) 取り敢えず一旦ここまで、午後はやれるようならやってます。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


715 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 12:57:31 ID:bXG8mE9a
うわー、どうなるこれw


716 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/29(水) 12:58:50 ID:enPGwBer
(実際使ってみて思いましたが髪下ろしたファリエルのほうが好き。 もう少し増えればいいなーと思いつつ食事に入ります)

718 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 13:22:52 ID:AbPo5GcT
一旦乙

719 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 13:32:17 ID:ANa+dDpK


720 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 13:46:13 ID:+w3P66H9
ぬっ、投下があっただと!?
一旦乙ー

721 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 13:48:43 ID:a1u/GrA3


蔵人さんは友達ポジじゃないのか

722 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/29(水) 14:16:27 ID:IcPAJJw6
乙ー
何かやばい武器が…

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5600 クッソ酷い話 (10/22)
  • 国際的な小咄 5599 韓国の儒教について、辛辣で笑う一言 (10/22)
  • 国際的な小咄 5598 魔界都市鎌倉 (10/22)
  • 国際的な小咄 5597 法に関する大事な話 (10/22)
  • 国際的な小咄 おまけ ええ……(困惑) (10/22)
  • 国際的な小咄 5596 ドイツのボードゲームの立ち位置 (10/22)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その18 (10/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その5 (10/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その4 (10/22)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第3話「抗え!バロンの暴虐」 (10/22)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第ニ話 「非情なるグッドデイ」 (10/22)
  • 国際的な小咄 5595 有馬温泉のうまい奴 (10/22)
  • 国際的な小咄 5594 韓国人の驚愕 (10/22)
  • 国際的な小咄 5593 コスタリカ評 (10/22)
  • 国際的な小咄 5592 だいぶ無理があるその立ち位置 (10/22)
  • 国際的な小咄 5591 佐竹はどちらかというと (10/22)
  • 国際的な小咄 5590 両班とかいう謎の組織 (10/22)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 192 《DAY200》 (10/21)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー ── 第7話【エルダーの季節なようです】 (10/21)
  • ドクオが異世界転生したようです 第62話 (10/21)
  • 国際的な小咄 5589 国際系のスレ的にぶっちゃけると (10/21)
  • 国際的な小咄 5588 ここを誉めたらいい (10/21)
  • 国際的な小咄 5587 スーダンのやばい問題 (10/21)
  • 国際的な小咄 5586 二宮といえば (10/21)
  • 国際的な小咄 5585 印パは世界の火薬庫の一つ (10/21)
  • 国際的な小咄 5584 個人的に心を痛めている問題 (10/21)
  • ユーノは輝く者のようです EX 解説 (10/21)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 07 仮面を取れ (10/21)
  • アメリカンヒーローアカデミア 4 (10/21)
  • 女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝 その23 (10/21)
  • 国際的な小咄 5583 造幣局にドイツ人を連れて行った感想 (10/21)
  • 国際的な小咄 5582 追加で突っ込み来たぞ (10/21)
  • 国際的な小咄 5581 ジンギスカンは (10/21)
  • 国際的な小咄 5580 別記述 (10/21)
  • 国際的な小咄 5579 上級国民って法の下ではないよ、という話 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その4 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです 番外編 ある日の疑問 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その3 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その2 (10/21)
  • 国際的な小咄 5578 多分クレームが出る (10/21)
  • 国際的な小咄 5577 ポーランドとかいうバーサーカー (10/21)
  • 国際的な小咄 5576 苛烈な社会の果て (10/21)
  • 国際的な小咄 どう答えろと!? (10/21)
  • 国際的な小咄 5575 タイ米の焚き方 (10/21)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第4回 (10/21)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第2話「深き霧!ミストの谷の幻獣」 (10/21)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十三話 楽園に囚われしものたち(前編) (10/21)
  • やる夫は竜の人財のようです 第8話 (10/20)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第46話 (10/20)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ