スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
したらばあああああああああああああああああああああああ

ウィークリーのページランキングで使用していたサービスが完全に沈黙したもよう……。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
データの取得は復旧していますが名前の取得がうまく行ってないようなのでまた非表示です
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 5

目次

456 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 20:06:45 ID:VdWAkPkF



                                           --   、
                                      /       \
                                  ' / /  ハ :: :i i :}ヽ
                                     ! l l /i  /__l l/l i i ',
                                      ; l i/7ハ /´ィ示イ /i  l
                                   从弋iソ  ^''゙'彡イ l  {
                                     l /ト-  `     ,'  i  l
                                    j/ ハヽ  ´`  , イ   |  i
                                    /  / /::: 〕 -< l;;;!   l /il
                                    '   /-‐== l Y  l;;j   l/ l
                                  /   //l;;;;;;;;;/=l;;;;;;;;;/  l//∧
                                 /{  i//};;;;;;;/  ゞ;;;;/  / l///∧
                                //7  l//\/  /\/  / ム////∧
                               /∨ ハ   l/ハ//l /// i/ ///////∧
                             /   ∨∧  il  \ゝ/>'  //////////
                              {   /-=彡ヽト_//=-- 二 /// ヘ////|
                             \ /_Yヽ| ̄   ̄l  {//////l  l////|
                               <´ --,イl       i  l//////l.  l////l
                              /} --彡八     ノ  }//////l   l////|
                              '/ヽ_,,.- / { l ̄ }{  j//////l  l////|
                                  ̄

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  というわけで改めましてこんばんは。
. .┃|(
. .┃|))  明日はまず(FGOの生放送とか卓とかなろうとか)投下できませんので少しだけ22時頃からやる予定です。
. .┃|(
. .┃|))  さてさて、先に軽いシステムだけ解説しておくことにします。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




457 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 20:11:30 ID:VdWAkPkF



                                   -―――-
                                  /            \
                                  /  /  / /         \
                             /  / /   / /|
                             | |  /   // l |   }     }
                             | | |  / ―八|  /      } |
                             | | | | | ´ xセ笊ミく ∨/      } |
                                  示k| |/ j Vり ノ ∨/   /  } |
                              V八{       //    /   } |
                                  | ヽ        //    /    |
                            | 八        / ,   /, |
                                  |   \`    / ,   /|| |   |
                                  | / | }う¨´_/ /   /{ || | |  ||
                                  |./ /「ニニ/ /  /八八| | | l ⅱ
                     r‐   ―┐   / /-|ニニ/ /   /ニニニ>―  八
                     |       | / /二[// /   /ニニ/ニニヘニ∨Λ
                     |       |/  /ニ//{ {  /ニ/二二二ヘニ∨Λ
                     '/_ _ ___√  /ニ/ / 八 V /,/二ニ|二二ニヘニ∨Λ
                       ∨ : : : :/ //ニ./ /  ノ \ \ ノニニ |二二ニニヘニ∨ \
                   r――┐  / /ニ{  __彡く\ \__,>ニ |二二二二}二∨  \
                        {二二フ(\{ {ニニ\ \ (__ `'トー ニニ |二二二二}ニニノ
                  〈 二二つ Y }\ニニ ([}|ニト-「)ニニニニニ``ト二二二厂::..\::::ノ }
                    {二フ {   ノV-\ニ.([}|ニ|{]「)ニニニニニ/|ニニニニ|:::::/::: /  ノ
                       / :⌒\    ノニ\ニ([}|ニ|{]「)ニニニニ-/: |ニニニニ|::/ /  /、 \
                   {: : : : : : `'ー<ニニニ\.[}|ニ|{]「)ニニニニ/:::: |ニニニニ|/  /  )  }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) 某ギャルg……SRPGやRPG用語で呼ぶところの【絆イベント】或いは【夜会話】システムです。
. .┃|(
. .┃|)) 基本的に「依頼と依頼の間」、或いは「依頼の途中」に発生するものと定義します。
. .┃|(
. .┃|)) 発生回数はその時点で夜会話が出来る人数に応じて変動します。
. .┃|(
. .┃|)) また、>>1に書いてある数少ない安価要素の一つがこれに当たります。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


459 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 20:14:23 ID:VdWAkPkF



                                お         /          ヽ、
                               い
                                  /                ハ
                                   ,′   ノ     X、_/ /    }
                              ひ    {  /{ /!   /__/ /
                               ぃ      x㌻' (¨´ ''¨ミx /     !
                                      }   ""      ""/   /   !
                                     / {  }_ _γ   /  /
                                   込、  ¨´乂 /   /    }
                                   {  //≫ 。   _/   Λ   / {
                               rx^㍍^x / {  〈^fヘ7ヘ{   ′}!  / 八
                              Λx^㍍^^x爻^ヘ__i:iニニニ〉 / 从-=ヘ  ハ
                              /i:i:i:iヘ^x㍍^  ノニ气ニ/   /ニニニ、 l
                          /{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iΛヘ:i:}ニ{    /ニニニニ乂|
                            < 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈   l}ニ|   /ニニニニニ=、
                          ヽ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉  j/ノ   /ニニニニニニノ
                             八 \:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   /  ,./}ニニニニニ〉Λ
                               〈乂ヘ   Yー彡イ  气 ̄   ノニ〈ニニニ/Λ
                              }乂Λ ノニ气 乂  ノ^ヘ^ヘニニ}ニニニ} )) 〉
                             〈ヘノニニニニハ  γノ^ヘノ^ヘ 乂ニjニニニ/ 彡イΛ
                            /ニニニニニニ}  {ノ^ヘノ^ヘノ^,ィヘニニニ{ 彡/ 〉
                             {ニニニニニニニ}  〈⌒~、 ィニニニ气ニニ〉  / /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  具体的に説明すると、この夜会話は「ランダム選択」と「(ある程度)任意選択」の二要素があります。
. .┃|(
. .┃|))  この「任意」とは対象を安価で決定する、という意味があります。
. .┃|(
. .┃|))  但し、この任意は基本的に一回だけです。
. .┃|(
. .┃|))  例を出すと、夜会話回数が「3」なら「ランダムで二回」「任意で一回」取る形ですね。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


460 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 20:17:58 ID:VdWAkPkF



                                          -‐====‐-
                                       /              `ヽ、
                                     /
                                     /  ,′       /   }      `、
                                  i{   _/ /}     ′ {
                               ,′  ハ  レ~"''从   /  ∧   }
                                /  / }! ハ  {芹豕k、 / X"~}ノ }i/
                              ′ / }i  ∧ 代_!ノ ゝイノ云ミケ 刈
                               /   ′ ノ  Ⅳヾ,,      弋ソ//Ⅶ
                            /  /  /l  杁       ' "イ´  ヤ
                              /    イ j!  州ヽ   ─-  ノ「 ̄ ̄ ̄|
                           /  / l }!  {`ヽ、>、 _ 。r≦/,'|______|
                         /  /_,.。s≦}i  i{   \   {ゝ// |:::::::::::::::::|
                             /  /\ニニ}  i{ミx、 ∧ /´}`'ミx|:::::::::::::::::|
                           /  /ニニニヽ,ニl   }、{≧=‐、У_ノ≦二|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                        /  /ニニニニニニ寸!  {ニ∨三≦廴}三三'ヽ : : : : ノ
                           /  /ニニニニニニニニヘ  }ニ寸㌣ } 代 \ l `ーァく
                     ,′ -=ニニニニニニ}  }ニ〃/、 l  l ∧ニ〉 //}
                            {-=ニニニニニニ}i  {ニ∨ニヽ, l  lj{ニ/ / ∧
                      /   乂ニニニニニニハ   ト、ニニニ∧  j{ニ/   / ノ
                        /  /   ヽニニニニニノハ  弋`ヽ、ニ∧メ./      /人
                     ′/    /ニニニー7匕ニ乂  ヽニニ\ニヤ/      /ニニ\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  対象がダブろうがなんだろうが進めますが、同一対象は一回の会話ポイントに付き「2回」としておきます。
. .┃|(
. .┃|))  絶対ネタが尽きますし、そんなに集中してたら他のキャラクターが全滅してしまいそうですし。
. .┃|(
. .┃|))  まあそういう訳なので、22時から「章間:夜会話」。
. .┃|(
. .┃|))  お楽しみにお待ち下さい。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


465 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:05:37 ID:VdWAkPkF



                      /   / /    / l|  リ  .ヽ    丶
                         / /   , '   .' /  リ /,′ノ、'.    '.
                       ' '   /! {  .' ′ '  / / ' ! '. .  ',
                      i! {   / i:、!   !  // /∠ - - ∟ i ; i  ,
                      |゛ l   { Λ:. 、 .   / ''7´ィ.zェェェ}z ;/ ,   ,
                     }. 、:.  !j .斗七'' ', ;{ .イ '/{:.:.:.い ハレ/ /
                      |゛、、 イ! ,,z-=ミ 、i{.' !'乂;;シ リ/ Λ} ! ',
                      | ゛、、く´{...I!...} ヽヽ゛       /イ/  l::. !  .
                        l   !ヽヽミ゛ ゙ー''′   、     '/ |   ':: l  .
                         l   ! l `:ヘ `          __      ,:|    : l:  .              ……さて、少しだけ針を進めましょうか。
                     l !|!   ::ヽ     <  ノ    /::|   l.i: : '
                      l i ! l     ':::.、     `     イ:::::|     !:: i '
                         l i : .l     !::::i>... _    / |:::|   l:: !  ,  , --=z .,_
                      l i i .:!     l::::i::::::::i:_:」       .{`_|     l:: !  i..///7=- .,_¨=- .,_
                    l i :l.::!      !:::!:::::Λー'' 、   /´ ̄ |    i l: !  |///////////7=- .,_L
                      !.:  ::::l .     l;⊥=-┴ー、ヽ /  ,ィ=|.   l  l:⊥ィ///////////////////
                    !.:. .;x:|  '   l !三三Ξ=-ヽ,}|,/=Ξ| '.  l  l:/:'///////////////////
                   l:::/:ァ'::!   '.  l .三三三三,ノ{__}ニニΞ| ' !   !':///////////////////
                  l.:ノ:';〈'.:. 〉   '. ;バΞ_ニィ´ニリ' lヽニΞ|  '.|   ∨//////////////////
                      l//〈´:.:.:.{Λ  丶 ',´Ξ三三7l l lヽ_=| 、! .: .///////////////////
                  /:/;〈´:.:.:.:.', :}゛、  \',_三ニ=/ l l l l ヽ| . ヾ .:.///////////////////
                   〈.:':〈´:.:.:.:.:.:.:〉' : \   \;;>シi l l l l/:.:.! :.  ///////////////ヾr v_
                 ,∨(.:,:ィ:.:.:.:〈 丶'.  \   \:.:\l l l/:.:.:Λ :. .〈/////////////ハ、ヽ ヽ\


469 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:08:10 ID:VdWAkPkF






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))               少しずつ、少しずつ。 進む足取りは、何処か遠く。
. .┃|(
. .┃|))               何かを見るように――――何かを、感じるかのように。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






470 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:12:31 ID:VdWAkPkF



                                 \:.:.:.:.:.:`丶、.:<
                                  ~"''彳.:.:.:.:.`丶、.:.<
                                     ``ヽ、.:.:.:_`丶、:.:..<
                                        `''"~-‐-.`丶、.:.:ヽ
                                          }h、.:.:.:.:.\:.:.:.∨
                                           〕iト _:.:.ヽ.:.∨
                                              }h、.`:.:i
                                              _,,...,,_   ',.:i:i
                                           /. : ..:::`丶、i|
                                          /: : .::.`ヽ、::::::`.ヽ
                                         /: : ..:::::::::::::::::.丶、 .:::::ヽ
                                        /`丶、:::::::::::::: : : : .::::ヽ、:: .ヽ
                                      / : : .::::::::ヽ、:: : : ..:::::::::::::: .\. 丶
                            _        / : : .:`ヽ、::::::: : . : .::::::::::::: . : : : .\ `,
                              ニ=-_ _>''~: ..::::::::::::::::::`:.、: : .:::ヽ::::::: . : : : . .  ヽ/
                              ニニ=-{: : : ..::\:::::::::::::::: . :ヽ.:::::::::: ヽ _ :. .   /
                              ニr<ム: ..::::::::::::\:::::: . : : .::::ヽ:::: . /,-、\_ /
                              ニ,'  \:、:::::::::: . . \. : .:::::::::::::ヽ :人\::\/>
                              ニ{   ∧ヽ. : : : : : :厶.:::::::::::: .: : : : .\.\ ~"
                              彡、    ノi丶、< : .//∧::::::: . : : :  //
                              彡从  :}i  厶;ヽ.:::::/∧:: . : :  //
                              彡ミ从心:.i     ',ニ\:::::::',::  //
                              彡彡ミ从;;{      ',ニ∧/ヽ//
                              ;;彡彡彡从     〉¨ヽ:\/ ~/
                              彡彡彡彡人   ノ   ヽ::≧'
                              彡彡彡彡彡\ 乂    ',::: ‘,
                              彡彡彡彡彡彡ゝ{    丿   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  次の街……アルトリウスが向かう街の中継地点となる、街と言い張る村までは徒歩で二日程。
. .┃|(
. .┃|))  その場所までは「彼」と共に歩くことになった顔ぶれは四人に増えていました。
. .┃|(
. .┃|))  だからといって、何かが極端に変わることはなかったのですが。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


471 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:16:15 ID:VdWAkPkF



                        : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                        : : // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                        : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : /: : : :|
                        : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : : :./.: : : :. :. :./.: : :. :.|
                        : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : :./.: : : :. :. :./: : : :./:.|
                        : : : : : : : : : : :./: : : : : : : /: : : : : : : : \: : : : : :./: : : : /: :.|
                        :.: : : : :. :. :. :./.: : : : :.//___/___\: ://.: : : :./: : /
                     : : : : : : :. :./: : : : : // ./: : : : :.斗==ミ、⌒¨ /__,/.: :./
                        : : : : : : : :/: : :./: :.i{ { /.: : : : :./ {; n;; } ヽ    _/:: / j_/
                     : :. :. :. :./: : :./: : :八 i{.: : : :. :i{ 乂シ     /\:/
                     : : : : :./: : :./: : : : : |`{.: : : :. :i{         / /: }
                        : : : : /: : : : : : : /.:.:.| i{.: : : :. :i{         V : /
                     :. :. :. .:./: : : :/: : / {.: : : :. :i{       /.:.:/
                     : :. :./.: : :. :./: : /─込: : : :八   ‐ _. イ.:/          んー……。
                        : :/ : : : : : /: : / /'⌒\: : :.><⌒:./
                        : : : : : : : : /: : //     `、: :`─=≦
                        : : : : : : : : : //        `、: :`、
                     : :. :. :. .:./ /         }: : : :}
                        : : : : :/  ハ          {: : : :}
                     : :.//  ∥∧           [__/
                     :. :.:.//\/i{/_∧        [二/\
                        : : :/ニニニニ//ニム      _[二二/
                        :..:/ニニニニ_|ニニニ=}__。s≦ニニ/ニ{

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  前方に案内を兼ねたアルトリウス。
. .┃|(
. .┃|))  その次に旅慣れないルーナとマナカが続き、最後に並ぶのが「彼」とアカネ。
. .┃|(
. .┃|))  仮にどの方向からか襲撃されたとしても、何とでもなる陣形での行進です。
. .┃|(
. .┃|))  ……真ん中の二人の疲労があったので、休憩は多めに入れていたのですが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


472 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:19:19 ID:VdWAkPkF



                                     -=: : : : ̄: : : : =-. .
                                   ───: : : : : : : : : : : : : : : :"<
                                  :' : : : : : : : : : : : : :"''<: : : : : : : : : :ヽ
                                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : ム_
                                ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V:: :: :: ::f :: :: : :.
                              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::|: : : : : :.
                                : : : : : : : : |: : : : : : : : :: :: :: :: ::|: : : :: ::|:: :: :: :: :.
                            i∧: :: :: :: ::|ヽ :: : :: :: ::|: : : : : ::|: : : :: ::|: : :: :: :: :.
                            | ∧: : : :: ::|  \: : : : |: : : : : ::|: : : :: ::i!: : : : : :: :.
                            |::: ::\: ::',::| -‐ \: : |: : : : : ::|: : : : : :i!: : : : :: :: :.
                              : : : :ハ\:',{ イ斤 テヽ:|: : : : : :i! ハ: : : ',: : : : : : :: :.
                                 ∧: : : :}  \ V タ ハ: : : : :/  i: : : ∧: : : : : : : :.
                                ∧: :ノ   /////,': : : ::/  イ、/ー-、: : : : : : : :.
                               iヽ\       /: : :/   ./。s≦/: : : : : : : : :.
                               | : \}ヽ‐、    /: / 。s≦/////:/ ',: ::、: : : : : :.
                               |: : : : /\__ <  ///////////  V/ \ : : : :.
                               |: : : : >、 ___}__/////>''"/" ̄ //// \: :: :.
                               | : / マ寸 >‐-、./>''"/__ イ  。s≦///////≧s。
                               |:/ |  i .r:::::ー -ソ}ニL /   |   V/////////////|:.
                               l:}_|_|/::::::::ヾー〈Y ハ  ̄ ̄| ̄/:V////////////| 、:.
                                 /|  l ./::::::::::::::_`Y 乂ノ   。s≦////V///////////i!:/>。
                               __|_/:::::::fヾ::/_::ノニニム  V/////// V/////////∥///:∥
                                i   .ィ::::::::::」:::V::Tニニ二V V/////// \///////∥///:∥.
                                | /::::::::ノ:::::::::::ヾヽ二ニニi! /V/////////\////∥/// ∥: :.
                              ノく:::::へ:/:::::::::::::::::::: iニニ/´ |  V//////////≧s:∥///::∥:: :: :.
                               __`|__.〈::::::::::::::::::::::::ト、ニV___|__.V/////////////////:∥: : :: :: :.
                               /    |   ヽ::::::::::::::::: ノ:::\    !   .V////////////////∥: : : : : :: :.

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   冒険、というのを舐めていたということではありません。
. .┃|(
. .┃|))   寧ろ只の村人などよりは遥かに身体能力にも優れている彼女です。
. .┃|(
. .┃|))   単純に、長期間の移動。 そして休憩、また移動。
. .┃|(
. .┃|))   その繰り返しに対して耐性がなかった。 只の、それだけのこと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


473 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:21:45 ID:VdWAkPkF





                               | / !   i  i!     ,       /  / ,'   ト 、ヽ
                               !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                              lハ | |/  >  `  ´   イ /イ /| ハ, | ´
                                   ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                         辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                                ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                             y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                             /       _   ヽl!'´               Y
                              l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                              |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そういう意味では、もう一人の被害者――――マナカのほうが適正はあったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  表情を変えずに、只々付き従う。
. .┃|(
. .┃|))  それは、内面が壊れているのと同義では有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))  それでも、その程度の壊れ方で済んでいるだけ――――優秀だったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


475 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:24:01 ID:VdWAkPkF



                                                  ,
                                                  ∥
                                               //
                                              /.:.:/
                                          {.:./
                                      ,-‐  "¨~~~~¨¨¨i!¨i
                                  |_,,..     -‐   ─i!.。|
                                   |            i!.。|!
                                    |_,,..     -‐   ─.i!.。|!
                                     |          i!_._!!
                                     |   _,,.. _,,..ェェェェi! ||
                                     |"¨~  ィi〔| ', ',  \丶、
                                     |_、rf〔 _,,..ニニニニニ ..,,_〉
                                   !>''~‐-.........,,_:::::::_,,..!,。。、..,,__
                                     /ミミミミニ=-..,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.: >''~ミニ=-..,,_
                          ,-‐──‐=ニ"~ミミミミミミミミミミミミ~"""~ミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                         彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))     さて、そんな中。
. .┃|(
. .┃|))     一日目の夜がやってきました。
. .┃|(
. .┃|))     事前に決めていた通り、夜番は五人での交代制。
. .┃|(
. .┃|))     そんな中、「彼」の番の時に掛かった声は―――― 【1D4:3 (アルトリウス・アカネ・マナカ・ルーナ)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


478 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:28:51 ID:VdWAkPkF



                                            _
                                       ,   ' ´    `ヽ=- .,
                                   , '"                `ヽ
                                   /                   ':,
                                  〃  ,.:'´         `ヽ     ::.
                                  /  ,:'               ';      :.
                              /  /   /    .i          i     ::,
                                /  /   ,'    /!     i   |     i
                            /    i :i !  / :|  i  i ト、 l       !
                               /   i  LムA.、/  l ,ム;-:A〔 ! /       i |
                            /    l |∧|: ∨  |/  |/ リ lイ      | |
                         /  , /  :ゞkf斧芸x    z斧芸ミ!   !    ! !        ……少し、良いですか?
                            厶イ /   ハ`'弋ソ       弋;ソ !   !    ' ゝ
                              | / !   i  i!     ,       /  / ,'   ト 、ヽ
                              !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                             lハ | |/  >  `  ´   イ /イ /| ハ, | ´
                                  ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                        辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                               ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                            y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                            /       _   ヽl!'´               Y
                             l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                             |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    「寝なくて良いの?」 「彼」の問い掛けに、小さく首を横に振るマナカの姿がありました。
. .┃|(
. .┃|))    「……眠れないんです。 色々と。」
. .┃|(
. .┃|))    それ以上深くは、告げませんでした。
. .┃|(
. .┃|))    それ以上深くは、聞きませんでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


479 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:32:16 ID:VdWAkPkF



                                     x≦       ミ 、
                                      /     :      \
                                   /       :
                                    /     i    i      i    ′
                               / ′   l                 ′
                                /      l    !      l    ′
                                / ′    !              l
                                  /   i      |           l
                              /イ '     i         l      !
                               / | ⅰ ¦  l     ¦           l
                                  , ⅱ l       、       ! {  ノ      聞いておきたいことが、あって。
                               Ⅵ∧{  八  |_', ∧ ハ Λ ハ〃
                               '′` ~___}ヽ: :∨ : {_  ′'′
                             ,.-r~イ´     ̄ ̄  ̄   ̄二7:‐-、
                               / : :ヽ  ゛               /: : : Λ
                             ,/ : : : 'ゝ 二ニ二,_二,__二___彡' : ': : : Λ,
                                / : : : : :i: : : : : :l:l:l<:l:>l:l:l: : : : : : ! : : : :Λ
                             ,/ : : : : : :!: : : : : l:l:l<:l:>l:l:l : : : : : l; : : : : :Λ,
                           / : : : : : :/} : : : : :l:l:l<:l:>l:l:l : : : : : {V: : : : : Λ
                         ,/: : : : : .:./ j: : : : : :l:l:l<:l:>l:l:l: : : : : :! Ⅵ.; : : .:.Λ,
                              /: :, : : : .:/  l: : : : : :l:l:l<:l:>l:l:l: : : : : :l. ∨ : : : : ∧
                             ,/: :ヽ: : .:./   l: : : : : l:l:l<:l:>l:l:!: : : : : l  ∨ : : ノ ∧
                       /: : ; : : .:./     }: : : : : l:l:l<:l:>l:l:! : : : : {    ∨ : : : : ∧

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  無言で、何も言わないことで先を促しました。
. .┃|(
. .┃|))  「何故、私を連れて行ってくれることにしたんですか?」 マナカの問は、極めて単純で。
. .┃|(
. .┃|))  それ故に、「彼」には明確な答えを持たない質問でも有りました。
. .┃|(
. .┃|))  だから―――― 【1D10:8 (1-3:気紛れ 4-6:考えがあって 7-9:見捨てられずに 10:熱烈)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


480 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 22:34:26 ID:+NRvgCmH
やっぱお人好しなんやなぁ


481 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:35:10 ID:VdWAkPkF





                            | / !   i  i!     ,       /  / ,'   ト 、ヽ
                            !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                                 lハ | |/  >  `  ´   イ /イ /| ハ, | ´
                                ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                      辷ヽ<フ7ソ: :.|、             お人好し。
                                   ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                                y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                                /       _   ヽl!'´               Y
                                 l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                                 |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |
. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「……見捨てられなくて、かな。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」の答えは、只管に甘い答えでした。
. .┃|(
. .┃|))  ですが。 もし、仮に。 「幼馴染」が、同じ状況に陥っていたら。
. .┃|(
. .┃|))  一も二もなく、同じ行動を取ったでしょう――――その、代償行為にも似た、何か故だったのでしょう。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


482 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 22:35:15 ID:7KVr8Ujn
善人であろうとする事はいい事だ
諦めんなよ


483 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:38:12 ID:VdWAkPkF



                                '"              `ヽ
                         /                   \
                        /                       ∨
                           /       ∧                    ∨
                        ′ /  / l   |  、  l      l
                       ′ / l /     |、   l      l
                     |  /  / l |   | |  l l    l    ∨
                     イ{ /  ,|、}  |   | |  | l     |     ∨
                     | }  ̄``ト、   __ _ ノ リ|    |     ∨
                     }/ __r==ミ、 ノ从ノ__}/ ``ト ノ   l
                     ,′ ¨i` r ハ    jI斗==ミx、__   |  l   {\        ……私も、女ですから。
                    ,′  :}i. 、ゞ'′     乂ソi/⌒   /  l  } ノ
                          圦   、     ` ¨¨   /  / / /`'"
                     |     /(\  、           /  // //             生きていくだけなら、何とでもできます。
                     {、 //'   \  ‐ '    /  // /
                    ヽ { ' _   ヽ__,,. 。s≦ /  //イ
                         /    ̄ '\ヾy'^´// {/: 人
                      /    ヽ    {:ヽイノ: : : : :/' \
                       |      、   l: O: : : : :/     \
                     /|         `ヽ ` ^ ー '"        `ト 、
                    {( /l  l        '" ̄⌒¨    ー'¨     ∨
                    Ⅳ' l  l                            Ⅵ
                       ノ ∨|   |                   i         ├-  、
                   ゝ、 `¨¨¨^`丶 _____        l        :|、 l l }
                   /  丶  {             `` ー l-      :| ヽノ {
                                             `ー-'  }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「ですから、お邪魔になるようなら。 売るなり、捨てるなり。 お好きにして下さい。」
. .┃|(
. .┃|))  マナカの囁きは、葉の擦れる音と似た響きでした。
. .┃|(
. .┃|))  「おやすみなさい。」
. .┃|(
. .┃|))  再度、囁き声が聞こえるまでの間。 二人の間にあったのは。 風の、囁きだけでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


484 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:40:52 ID:VdWAkPkF



                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
                :::::.o::::.::::。::::*。::::o::::.。::::,::::゚::::::::::::::::::::::::::::::゚::::。::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::。.:::::
                ::::::::::::.::::.::::。::::::::::::::.*::::。:::::::::::o゚.::::.::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::。,::::゚::::。:::::::::::::::::+::::.゚:::::::::::::,。゚::::::::::::::::::::。::::::::.::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::。::
             ゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
                :。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
                ::::::::.::::。::::::::::::::::::::::。::::.。*::::。゚,::::::::::::::::::::::::+::::o:::::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::
                :::,:::::::::::.::::.::::。:::::::::::::::::::::::::.゚。::::+,::::,.゚。:::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::*::::。+::::.。::::+::::゚。::::::::゚::::゚.::::゚:
                :::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
                ::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::::::::::::。::::゚.。::::::::::::::::::::゚。*゚.。。 o::::,`゚:::::::::::::::+゚。:::::
                :。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
                ::::::::::::::::。:::::::::::,:::::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::,.:::::::::::::::゚:::::::::::。::::+。::。 o:::::::::::.゚,。o::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::。゚.:::::::,。:
             ゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
                ::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::。::::゚::。゚::::。::::。::::゚+:::::::::::::::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::.゚。゚。:::::::::::::::::::::::::*::::o::::.゚
                :::。:::::::::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::.::::::::,:::::::::::.::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::゚::::.::::.゚::::.゚.:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.:::::::::::::::::::::::::
                :。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   助け出したのは、正しかったのか。
. .┃|(
. .┃|))   連れ出したのは、正しかったのか。
. .┃|(
. .┃|))   ――――そう、思ってしまうくらいには。
. .┃|(
. .┃|))   何もない、夜でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


485 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 22:41:32 ID:7S06o2+i
おお、もう

486 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 22:42:19 ID:7KVr8Ujn
何とかしてやりたいのぅ


487 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:42:44 ID:VdWAkPkF



                                      /`ヽ,
                                     〈 rー-、 l}
                                     |.| | Y \
                                     l}  >'  ̄ ` 、
                                     / } ̄ ` -、/ ノ7
                                       / /.l <:::::::::`':::::|
                                    /イ/,l ̄\::::::::::∧ __
                                   i l}  /   |:::::/ヘヘ/ /` ー -、
                                   l l_ノ ,  レ'/'__ノ/ , o≦ ∨/
                                 r- ' l l 、-- / 〃 {_-- 、/ /  ∨/    ……そうだな。 戦いにおいて一番大事なものは?
                                 l    ヽ_) / / ノ 7ヽ) ---- 、   ∨/
                                /  ___ /    /  /;;;l ー--- 、__`∨}
                            (_____/  /    / イ  /;;;;;;、r、_______  ` v'\__,
                          (ー、____フ       /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{-ヽ;;;;;;;`;;;..⌒
                         , - ー―           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ニ、-、_--- 、
                        //==フ-ィ/  , ,  〇/ ̄ `ヘ''''''''''''イ ''|ニニト,------1,   __
                           /  / ヽ/ニ}   Ct`  , --、γー 、ー}   {-v-ー¨〈  〈__}
                          /    / 、____/ ⌒ トr}'¨乂___ノ-、__ノ--'.,  }¨¨ '  {l / ./
                          |  r 、_ ----、 ノ  /-'  ̄イ L__   i  l}  ¨L__ ̄__}/ ./
                          |  >      `、   /   イ〈_ `_ー-、` ー/イ、   L_____} /
                          ∨        |/    ノ   i \ ` ' /;;;   {l- 、_ 〉、
                                    /    '     };;;;;;\__/;;;;;;,   /\___イ,

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  翌朝。
. .┃|(
. .┃|))  動き出し始める前、日も昇る前に目覚めている姿が3つありました。
. .┃|(
. .┃|))  《深淵歩き》アルトリウス。
. .┃|(
. .┃|))  そして、「彼」とルーナの三人です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


488 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:47:01 ID:VdWAkPkF



                               _ . : : :  ̄ ̄ ̄: : : : . _
                           :'": : : >: : : : : : ───-
                         :': : : : : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                          x=、: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                          ,::: ::::Y: : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : :.
                          ,: : : : :|: :: ::|: : : :|: : : /ヽ: : : : : : : : :r── 、
                      : : : : : |: :: ::|: : : :|:: ::/ ∧:: :: :: :: :: ::ゞ─:i:i:ヾx
                         : : : : : :|:γ''|: : : :|: :/_   ∧: : :: :: ::/>─‐:、i:iヾ
                      : : : : : ::|: i .|: : : :| /  `  ヽ: : ::l/ 」て:ヾi:i:y'
                        : : : : : : |: :, |: : : :て示≧ヽ  \{´ 」:::トxi:Yノ
                    :: :: :: :: ::|:: :ゝ',: : : |`ゞ ' "      yi斧::::|i:i:ソ
                     |:: :: :: :: :|ヽ:: ::ヘ:: ::| ""      vシ: : :八
                     |:: :: :: :: :l > へ:|ι       , ""イ: /i:i:i,           ……腕力ですか?
                     |:: :: :: :: :| マ/ニ=- ヽ __     ,i:|:/i:i:i:∧
                     |:: :: :: :: :l  V////////// ´ イ: :i!:'i:i:i:i:i:i:∧
                     |:: :: :: :: :| /  ̄ ヽ //三三ア: : ::Vi:i:i:i:i:i:i:∧
                     |:: :: :: :: :|/     / 寸ニ≧、: : : : :Vi:i:i:i:i:i:i:i/` 、
                     |:: :: :: :: :| \  ./   ',ニ/ヽ、: : : Vi:i:/ ̄|
                     |:: :: :: :: :|/   ×      /ニニヽ\:/ ̄   !    !
                     | : : : : : / /  \   /\ニニニ、 ヽ___.|__|__
                     |:: :: :: :://     \ /ニニ\二ニヽ ヽ   .|    | i
                     |: : :: ::/       i /ニニニニ\/ ム \ .|    |
                     |: :: ::〈 /         V\ニニニ:/\ニニ:   |    |  i
                     |:: ::: ::/          |ニニ\ニ/ニニ:\i!  ヽ.─‐┼‐
                     |:: :: ::i  \    / ニニニへニニニ/} 、   \  !   !
                     | : : : !    \ /  |ヽ/ニ二\ /ニ/   、    |  ノ
                     |: : :: ::    /\   |//ヽ.ニニ/\ /     ≧ =≦
                        : : :: ::i ./    \ |/// \/////i!
                         :: :: ::|        |/////:|///// {
                          : : :        {///// |///// |
                         ヽ:::{          i/////::|///// |
                            ヽ   ヽ \ イ//////|///// |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ルーナの答えには、「確かにそれもある」とだけ。
. .┃|(
. .┃|))  ただ、「彼」の答えは違いました。
. .┃|(
. .┃|))  「相手の動きの大本を理解することだと思います。」
. .┃|(
. .┃|))  つまり、自らの修練自体よりも「相手」を重視した考え方です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


489 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:50:13 ID:VdWAkPkF



                                      __
                                     / , - 、 l〈}
                                      / ./   }-vト、
                                 / / / |`ー ' /、ヽ,
                                ' 7  / / /   {l i ` -\
                                 /∧{ / 〈__ _ ヽ_\  ` \
                                     /: :_:_: `: ー、|__  ヽ|
                                    /: : : : : : : : : : : :|:::ヽ/
                                  , :': :-: :-: :- :、:::::ヽ: ::|:
                                 /: : : : : : : : : : : :\::::::::l}
                                /:_: :- : - 、:_:::::::::::: : : ヽ/.,          ……そうだな、それは真理の一つだ。
                            _ . -':::'::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::: : : : l}
                           /::::::::, : : :-: : : -: 、_::::::::::::__::::::::: : :|
                            /,: :': : : : : : : : : : :: :::::::::::::::::::::\:::: :\
                          /: : : : : ::::::::::: : : : : :::::--:::::::::::::::::::. -:::: :|
                            /: : : : : : : : : : :, - ': : ::::::: : : : : ::::::::::::::::::: l,
                        /: : : : : : : : : : : : : :: ::::::: : : : : ::::::::::::::::::: : : : ` ,
                        /: : : : : : : : : : : : : : ::::: : : : : :::::::::::::::::: : : : : : : :l}
                       {: : : : : : : : : : : : : : ::: : : : : : ::::::::::::::: : : : : : : : : :l}
                       |: : : : : : : : : : : : :::: : : : : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : l}
                       |: : : : : : : : : : : : :: : : : : : :::::::::::::: :: : : : : : : : : : : l}
                       、: : :: : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : : : : :::::::: |
                        、: : :::: : : : : : : : : : : : : ::::::::::::: : : : : : : : : : ::::::: : :l

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  言ってしまえば、戦場に於いて関係してくるのは大きく分ければ3つしかありません。
. .┃|(
. .┃|))  「自分」、つまりそれまでの訓練や残った体力、道具などの理解。
. .┃|(
. .┃|))  「相手」、つまり戦う相手の消耗度や得意・不得意とするもの。 そして急所の位置などの把握。
. .┃|(
. .┃|))  「戦場」、つまり戦いの状況や周囲に落ちている物。 それらを利用できる機転の3つ。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


490 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:53:52 ID:VdWAkPkF



                           / ̄\
                          /  /^ヽ >、
                          / i /   { _ノ- 、_
                             l  i l }\{_____、 r\
                         | ノ ノ/r r、 :____LL   >,
                         |/ ./ ` t': :-: ----、_/
                         /_ノl  〈: : : : |ニニニニ|: |
                       ,/イ \|  /: : : : 、ニニニ/: l}-、_
                             /: 、: : : : 、ニ/: : :l}r::::i
                          /:': : :ヽ::::-:::_:`/: ::::::/:: : |\- 、_
                        __,<: : : : : : : :` :--: : : ー': : : : :::::: `,) `s。,        だから、まずは相手を確りと「見」ろ。
                      _/: : : ::::::\: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : :l} i    ` ,
                      {: : : :、: : : : ::::::ヽ: : : : :: : : : : : : /:: : : :/}/ 、   `l}
                      |: : : : :::ヽ: : : : : : :\: : : : : : : /: : : : /: i >r、   |      ……一人ずつ相手をしてやる。 順番に来い。
                     ノ: : : : : : :::::ヽ: : : : : : : : `:-: :' : : : : :/ /_, -{ i ` --
                    {: : : :ヽ: : : : :::::::\: : : : : : : : : : /: : : :/ {l__/ |〉、_ .|
                     >: : ::::::::ヽ: : : : :::::::`:::-、:_:_:_ /::: : : : :/  l-' .l}  `|
                    /: : : : : :::::::::::`::-:-:_:_::::::::::::::: : : :: : :/ ' __l}  `t、 |
                    {: : : : : : : : :/:,::::::::/`、__ ̄  T ' __/--|   .| `|
                    |: : : : : : /:/::::/`---------ー'¨ I ` l l}`-___\|
                    l: : : : :/:::::/:::/ ¨/ | \  }  } {__l} - '¨{l ヽ   j'.,
                    l: : : : '::::// /|{   l}  | _l_-_¨_   l .l  | / /
                    |: : : :::// {l    i_ヽ__ '-< ' l}  I  ̄ ¨7--- /___/
                    |: : : //::::::::、__ - / 、 _) }`-、__l}  // /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何となく、理解はしていたことでした。
. .┃|(
. .┃|))  老人との戦いは常に同じ相手であり、故に癖を狙ったりそれを引っ掛けられたりすることの繰り返し。
. .┃|(
. .┃|))  そう言った把握を可能な限り即座に行えるようになれば――――「彼」の戦いの幅は少しだけ広がります。
. .┃|(
. .┃|))  自らの鍛錬は勿論ですが、時折は誰かの相手をするのも良いのかもしれない。 そう感じるくらいには。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


491 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 22:54:41 ID:7KVr8Ujn
経験を積まなきゃ


492 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:55:44 ID:VdWAkPkF



                                        __   /\/\
                                      //⌒\//'⌒〉〉、 \
                                         { {     { {  // \/
                                      \、   { {_,/   \
                                   -─━ \-{ {_/       \
                               /.: : : : : :. :.⌒\ {ニ}_____/ ̄ ̄¨7
                               /: :/⌒V'⌒\ : : :ヽ  \           /
                              /: : : : : : : : : : : : : :.\:. .:.\  \       /
                                /: : /: :/.: : : : : : : :.| : : |: : :∨\  \__/
                            /: : / \_,: : :.、__/: :|: : : :∨: :\   \
                              | : : |__|____/|__|.: : : :.|__: :|∧       、
                              |.: : :.ハ__    ____|.: : : :.| }|.:.:.      \
                              |: : :.圦 vリ    vリ ノ|.: : : :.|_ノ: | /∧        \
                              |: : : :i:|, ,  '     , , ,|.: : : :.| : : |: :/∧       |
                              |.: : :.八         u |.: : : :.| : : |: : : :|         |
                              |: : : :|: :\  ─    ィ|.: : : :.| : : |: : : :| ∧      |  (魔法で薙ぎ払っても魔法返しされるしなぁー……。)
                              |: : : :|.: : : :.〕iト 。s≦   |: : : :/.:. .:.|: : : :| ∧     /
                              |: : : :|: : : : :.-─ ハ   |: : :./-ミ.:.|: : : :|
                             |: :rく|: :/ /  /、 _...-|: : /  ∨/: : :|   ∧ /
                            |: |ニ\   i   i    /|: :/   ∨ ┐|    ∨
                               ∧〉\ニ\_|\__|‐=≦__/ / ,/ /ニ二/:.|
                              |ニ\ \ニ〉ニ∥⌒}}ニニ{i:i}ム∨ニニ二∧:|
                              /ニニニ\/ {ニニ\_∥ニ=| |ニ、寸 ̄_,∧
                            _-=ニニニ=_〕 八=ニニ{i:i:}ニニj/二=‐寸ニニニ_∧
                          _-ニニニニニニニ〕   -_ニニニニニニニニニニ=〉ニニニ=Λ
                          _-ニニニニニニニニニ-_   }ニニニニニニニニ=‐─ニニニニ=‐Λ
                  ________{‐=ニニニ>''~ >─‐┐ァ─‐<_ニ二ミメ、ニニニニニ=‐〉____
                         マニニ/}h、  /、| | |/ /ヽ  ヽ`'マニニ心ニニニニニ/
                          {ニ/i:i:i:i:i:i:i〕iト- =<\//} .。s≦i マニニム=/⌒´
                          }/i:i:i:i>''~         `¨¨´   `'マiマニニ_}/
                             ̄                     `¨¨¨´

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  さて。
. .┃|(
. .┃|))  眠っていた二人も起き出し、移動を始めます。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」の心の中には、昨晩の出来事が残ったままでは有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))  それでも、時間は決して止まってくれないのですから。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


493 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:57:42 ID:VdWAkPkF



                                        ,',
                                        !i:!
                                       _,,':i:! .=-、       ,ニ=ニ..,,_ _,,.,,_
                                          >''~.:.:',i, ../ ∨/    辷‐ヽヽヽ. . : :',
                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:,ィi{.   ∨/. rヾ. .ヽ...丶 ム: :_,,.!
                                       {,,__,,.. -=ニ:.:.:.:.:.:.:.. _ ∨/ゝ'‐-ノ. . :..  _!-、
                                       ∧/∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:‐:.. _∨/  ~"''、丶`: . \
                                       ∧/∧_:.:.: -‐:.:.:.:.:_:.  ∨     ',: : : : . . .\
                                       ∧/∧:.:.:.:.:.:._:.-_,,..-=- ..、      ',: : : :_ -==-、
                                     ∧/∧:.:._,,..-‐ ヽ ヽ _,,..-'、     ヽ=ニニニニ=-_
                                      /~"'i'"~ i ヽ >''~ミミミミミニ=-,_ .}_,,....,,_ニニニ=-_
                                _,,.. -‐ ''"└‐- !---‐丶`ミミミミミミミミミミミミミニ-=ニ=-ヽ-=ニ=-,
                               彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ''"ミミミミニニ-=ニ=-,-=ニ=-
                            彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ'´ニニニニ-=ニ=-,-=-'
                                 彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ''~ニニニニニニニニ=-
                               ""彡ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ''~ニニニニニニニニ=-`
                           _,,..ニ=/-=ニ=-ヽミミミミミミミミミミミミミミミミミ''~ヽニニニニニニニ=-`
                      _ ‐.:.:.:.:.:.:.:斗-=ニニ=-{ヾミミミミミミミミ>''~"~"~.: .>''~~''<ニ=-`
                  >''~:.:.:.:._: -‐:./-=ニニニニ=-,  ~"''''''''''"~     ...:.:./-=ニニ=-,i:i~
                  :.:.:.:>''~ニニ/-=ニニニニニ=-i : .  : :     :.:.:.:|-=ニニニ=-.ii
                  /ニニニニ-=ニニニニニ=-' }  : . . . . . : : :   :.:.:.|``: . . 丶` :i:',
                  ニニニニニ,',,_~"'' -=ニニ=-'ニ i : .  : :   . .  :.:.:.|:. :. :. :. :. :. :i:::i
                  ニニニニニ{-==-..,,___,,../ニニ : .  : :  . : : . :.:.:.|:. :. :. :. :. :. .i:::|
                  ニニニニニ',-=ニニニ=-!ニニ i : .  : :  . : : : . :.:.:.!:. :. :. :. :. . . !::!
                  ニニニニニ',-=ニニニ=-ニニニ! : .   : :  : : : . :.:.:.|:. :. :. :. :. . . |::|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  その日の晩は、早めに川辺での休息となりました。
. .┃|(
. .┃|))  理由は単純で、村に到着する時間の調整のためです。
. .┃|(
. .┃|))  日が昇る前から移動すれば、朝には村の入口に差し掛かれます。
. .┃|(
. .┃|))  そんな折、「彼」に近付いていったのは――――。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


494 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 22:59:19 ID:VdWAkPkF








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))         【安価】:任意選択相手決定
. .┃|(
. .┃|))         アルトリウス/アカネ/マナカ/ルーナ
. .┃|(
. .┃|))         23:00~23:06 まで、1ID一票。 出揃ったらダイスを振ります。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








498 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:05 ID:0pfRtJcx
アカネ

499 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:07 ID:8UW3WZWv
アルトリウス

500 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:33 ID:MVkotnux
アカネ

501 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:39 ID:deAUtp01
アルトリウス

502 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:53 ID:+NRvgCmH
ルーナ

503 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:55 ID:UF/59/qV
アカネ

504 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:00:58 ID:d2yMGp2l
アルトリウス

505 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:02:43 ID:V2ij/QKG
ルーナ

506 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:03:44 ID:Qg2GnO88
マナカ

507 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:05:02 ID:Tk5FBlFu
マナカ

508 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:05:32 ID:7S06o2+i
アルトリウス


509 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:09:00 ID:VdWAkPkF






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))              >>498-508 【1D11:3 のキャラ
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






513 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:12:59 ID:VdWAkPkF



                                    _,... -─……‐- ..,_       _____
                               : ''~.: : : : : : : : : : : :. :. :.`丶、/       /
                                  /斗─-ミ: : : : : : :.<⌒''~---ミ======‐ 〈
                            /⌒.:. :. .:./ ̄:/.: : : :. :.\.: : : : :. :./,       |
                             |.: : : :. :. :./: : : :/ : : : : : : : : \: : : : : /, \__/
                             |.: : :. :. :./: : : :/.: : : : : :. :. :.|: : /, : : : : /,___/
                             |: : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./| : : /,: : : : :./,   \\
                             |: : : : :.|: : : /|: : :./: : : :‐----: : /,: : : : :./,    \\
                             |.: : : :._|_/|: : /: : : : : :/__|/,zzz|.: : : :. :.|\   \〉
                             |: : : : :.|__/ ハ_/|: : : : : :ィ斧笊7¨|.: : : :. :.|  \   \
                             |: : : : :ィ斧芋=ミ ── 乂こツ  :.: :. :. .:.|\  \   |
                            _| : : : : :| 乂;こツ       """´ |.: : : :. :.|  |   l    |     なぁ、マスター。
                              / |: : :. :.圦 """    、      |.: : : :. :.|  |   |  /
                          | |.: : : :. :.|::.                 イ|.: : : :. :.|  |\ |/
                        /| |.: : : :. :.|i{个:...    ⌒  イ   |.:.:|.: :. :.|/ニニ}
                            {ニ∨| : : : :|: |ニ、      =‐‐< /   |.:.:|.: :. :.|ニニ/
                         \/:/ : :.:.:/:.:|ニ\     \ /     :.: : : :. :.|二[:.:|
                          ‐=/:/: : : :/:. :.∨ニニ\______ ∨_______人: : : : 人ニ[:.:|
                      ‐=ニニ/::/.: : : /::. :./.|ニニニニニニニ≧≦ニニニニニ\: : : : \:::\
                      ニニ/: :./.: : : /:. :.:/ :.|ニニニニニニニニニニニニニニニニ}ニ\: : : : \:::\
                      =/:..: :./.:. :.:.r‐v⌒Y⌒Y ‐=ニニニニニ=-‐‐--==-}./⌒\: : : : \:::\
                          ̄ ̄ ̄人人__人__ノ     ̄          // /  \ ̄ ̄
                                    \           ̄ (__/ / / / 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    「どうかした、アカネ?」
. .┃|(
. .┃|))    川沿いで水筒に水を補給している時を見計らって、アカネが姿を現しました。
. .┃|(
. .┃|))    「無理、してへん?」
. .┃|(
. .┃|))    その言葉には、一瞬だけ反応が遅れました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


514 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:22:41 ID:VdWAkPkF



                                     __   //⌒ 〉〉 __
                                    、丶`: : : : : : :``~、、 ///⌒\
                                  /: : : :/ : : : : : : : : : : :\/___彡'
                                   :: : : : :./.: : : : : : : : : : : :. :. :.: .    |
                             /.: : : :. :./: : : :/.: : : : : : : : : : : :./,__|
                              /.: :/ :. :./: : : :/: :. :\.: : : :. :./: :/,\
                               /.: :/ :. :./.: : :. :. :. :.| : : i|: : : : :.| : |: :|i \
                          /.: : : :. :./: : : : :|___|_八: : : :/_:/|i 八  \
                           / : :/ : : : : : : : : | jI斗==ミ  ̄斗ミ八:⌒   /
                               :: :/.: :./.: :. :. :. :.|   Vツ     Vソ: :.:/, |\/
                           /: : : : :./: :|.: : : : :.| ""       、 "'}: :.|/, |
                           /.: : :. :./: : :|.: : :. :.込            人: | /,|
                           / : : : : : : : /|.: :. :. .:.|i|: :     (  ) /: : : |: :/,
                           /: : : : : : : :/: : : : : : :.|i|   〕iト .イi/: : : : |∨ `、       なんかずっと顔が暗いで?
                           /.: : :/ : : :./: : : : : : : :i|i|       {i:i:i_|.: : : : : :.∨:.`、
                     /.: : :./. :. :.∧.: : : : : : :八 ‐-   .ィi〔ニ|: : : : : : : 乂.:.`、
                      / : /.: : : : : :./ ∧.: : : :. :._/}h、   {={  |\: : : : : : :/: : :`、
                   : : : /.: : : : : : : :./ /{丕丕}ヽ=ニこ〕iト マL__|__ノ\: : :.:/.: : :. :.`、
                   : : /: : : : : : : : : : :.|/: : : :ヽ |ニニニ二二_{i{巛}}}/{丕丕}: :./.:. :.:.`、
                   : /.: :. .:.|: : : : : : : /.: : : :. :.}」__=_ィi〔 ̄乂__ノ/i|.: : : : ∨ /.: :. :.`、
                   /.: :. :. :.|.: : : : : :._{: : : : : :/ニこアニ{i:{二二二}i:}i八: : : : :.∨.: :. :. :./,
                      : : :. :. :.|: : : : : 〈人: : : :./ニ二〈二乂zzzzz彡' \ハ: : : : :.|: : : : : : :/,
                   : : : : : : : : : : : :∧ニ\: (ニ二二〉_二二ィ(ニ二二二}: : /)/.: : :. :. :. :./,
                      : : :. :. :.|.: : : :./ ∧二_\二二_{=ニニィ(ニ二二二ノ/_/:.:.:.:. :| : : : : :i
                      : : :. :. :.|.: :. :. :./: /ニニ二二二{_二二ィ(ニニニニニニマL : : :| : : : : :|i
                      : : :. :. :.|.: : : : : :.∧ニニニニ二{ニニ二ィ(ニニニニγヽ=マL.: : : : :. :. :.|l
                      : : : : :.人 : : : : / ∧二二二二{ニニ二ィ(ニニニニ二乂ノニマL: : : : : : : 八
                      : : : : : :. :.\.: : :./ニニ二二二{=ニ二ィ(ニニニニ二二二爻 : : : : : /
                   : : : : : : : : : :.\/ニニニ二二八ニニ爻ニニニニ二二二〈Y〉.: :. :./

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「え?」
. .┃|(
. .┃|))  「多分、前の依頼が終わってからずっとなー。」
. .┃|(
. .┃|))  完全に無意識でした。
. .┃|(
. .┃|))  知らず知らずに、何かを引きずっていたのでしょうか。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


515 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:23:16 ID:UF/59/qV
やはり最初の相棒枠……理解者だ……


516 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:25:19 ID:VdWAkPkF



                          -‐     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ‐-   _
                                               |
                                                    |
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ i冖 ‐-  _ |
                                  |        |         ¨|
                          ∥            |   γヽ   |       |
                          ───────┤  乂ノ   |_     |
                          ┌──────┤        |__  ̄ ‐-.!
                          │ニニニニニニ └────‐┘ニニニ=┐ |
                          │ニニニニニニニニニニニニニニニニニ| !
                          │ニニニニニニニニニニニニニニニニニ| !
                          │_______| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .!ニニニニ.| !
                          ________|    γヽ   |二_ ─┘.|
                                   |   乂ノ   |       ̄¨|
                                   |         |      |
                                   |    γヽ   |      |
                                   |   乂ノ   |      |
                                   |         |         ノ\
                                   |    γヽ   |      /\ \
                                   |   乂ノ   |    /\ \ \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「僕らしくないかな?」 「少なくとも、今はなんか違う感じやなー。」
. .┃|(
. .┃|))  ……簡単に割り切れるなら、恐らくこうは考え続けていないでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  何も考えずに進んでいけるのなら、それは確かに気楽なのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  それでも、「彼」は考え、引きずって。 そうやって、生きてしまうのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


517 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:28:13 ID:VdWAkPkF



                                      、
                                 !`、
                                      ,':.:.:!
                                      !:.:.:.',
                                ,'.:.:.:λ
                                `、:.:r'’
                                ニ=--===========-、
                                  |_,,.. -‐──‐─── |
                                  |             |
                                  ├‐───────┤
                                  |_______( ==||
                                  ├- ...,,_          ̄||
                               // / /ニ=-、     .||
                                 `フニ=-'<..,,_/ / }h、   :||
                          _,,..<"~ニ=-、:i:i:i:i:`'<_/ }h、_||
                            >''~ミミミミミ`丶、:.`丶、i:i:i:ヽヽ、i }
                      /ミミミミミミミミミミミ~''<:. ``ヽ、i}:.:.¨',..,,
                        /ミミミミミミミミミミミミミミミ\:. :. :.\-‐:.',ミ`、
                          /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ}~''<:. ~"'リ`、ミ`、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「そっか。」 「せやでー。」
. .┃|(
. .┃|))  例え、そうやって引き摺っていくとしても。
. .┃|(
. .┃|))  全てを引き摺る事のできる、芯が未だ見いだせていないからこその顔に出る現状なのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  ……芯。 何を根底に据えるか。  お人好し、と言われた。 彼女の言葉が、妙に脳裏に響きました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


518 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:29:52 ID:VdWAkPkF






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    歩いて、歩いて、歩いていきます。
. .┃|(
. .┃|))    先達と。 救えた少女と。 重荷を背負わせた少女と。
. .┃|(
. .┃|))    そして、それらを共に背負う相棒と共に。
. .┃|(
. .┃|))    ――――そして、次の村に差し掛かり。 「彼」が、視界に捉えたのは。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






519 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:30:31 ID:VdWAkPkF






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))                 人の、悪意。 そのものとの、対面でした。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






520 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:32:00 ID:VdWAkPkF






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))             ――依頼:2 揺動、扇動、集団感染。 悪意の果て――
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






521 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:32:31 ID:UF/59/qV
嫌な予感しかしねぇ……

522 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:33:05 ID:+NRvgCmH
めっちゃ不穏だ…


523 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:33:36 ID:VdWAkPkF



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ,,_
                               ``ヽ、、   _,,..,_
                                     `丶/   \
                                       {       .}
                                       |\___/|
                                   /|,,_ _  _,,::!∨
                              ニ=-{...| ‐-|。!-‐::| .}`、ニ=- ..,,_
                             、丶`ミミ`、.', !.r., !_|  リ /.: }ミミミミミミ
                             彳ミミミミミミミ`、',.{::|//_/ノ.: ,'ミミミミミミミ
                            彡ミミミミミミミ{∨:::::::}h-‐‐-、ミミミミミミミミ
                              彡ミミミミミミ人::::::::::::リ  ./ミミミミミミミミ、
                              ヽ''"~ニニ=-ノ:::::::::/〕iト、i~~\'ニヽ''"~=-',  >''"''<
                             |-=ニ=ィi{::::>。,,':{:/ .:.:.:.   ',-=ニニニ=-, ,:゙,:゙  O `、
                              `、ィi{ニヽ_::::.. /-',  .:.:.:.  .:',',-=ニ=-''././   ,ィi{ヽ, .',
                               ',-=ニニ=-/.:{  |',  .:.:. __| \_,,..-‐,'..,'   /     .',
                               ',-=ニ=-'.: .:ニ=| {-‐=ニ~  ',  ',-=ニ'...' O.,'      ',
                                〕iトィi{      !ニ,  .:.:.:   ',.  ',-='...'  .'         |
                               、丶`.:~">‐--‐.',¨.',  .:.:.   }  .}-i!..i! .i!        |
                             /.: .: .: .: .!.:.:.:.:ノ`、}.:.:', .:.:.:.  |  .| i!..i!O.i!       .|
                             /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:{:..:.:.}.:.:.:.', .:.:.   .!   .|.i!..i!  !       |
                          /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:.:.:゙:.:ノ',.:.:.: ', .:.:  !.  ',|...|  |         |
                           /.: /: .: .: .:/ニ{.:.:.:>''~}h、````.', :.:.  |    |...|  |         |
                       /.: //-=ニニ=-/ / ,' リ     ',ニ=-、|    |...| O|         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         《無銘》の【彼】:主人公

         【白兵】:2Lv      (戦闘で最も基本になるステータス。)
         【魔法】:3Lv      (一つの依頼終了までに【魔法Lv/2】回だけ、任意の判定に【魔法Lv/2】D6のボーナス)
         【探索】:4Lv      (奇襲成功時一度だけこのステータスで判定できる。 また、目標値を【Lv】D6減少する)
         【制作】:2Lv      (一つの依頼終了までに【制作Lv/2】回だけ、任意の判定を振り直すことが出来る)

         《現在の目標》
         ・【海沿いの街】に辿り着く
         ・もっと強くなる

         《装備》

         武器:ロングソード  (戦闘判定ダイス:d6)
         防具:チェインメイル (戦闘目標値:-3)
         道具:回復薬     (消費で戦闘判定を二度振り)

         《スキル》

         【影渡】:「己の気配を同化させる才能。 他者から発見される可能性のある判定に対し大幅なダイスボーナス」
         【風魔法】:「風魔法を放つ事のできる魔力属性。 他者からの風魔法に対する抵抗にダイスボーナス」
         【凡骨の一矢】:「決して揺るがない誓い。 戦闘時、目標値が自分のダイスの期待値以上の場合ダイスボーナス」

         《コミュ》

         【アカネ】:マスター、無理せんときやー?
         【アルトリウス】:ふぅむ……?
         【ルーナ】:……体力的にはまだ負けてますか。
         【マナカ】:……お人好し。


524 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:34:35 ID:VdWAkPkF






                                     _______,へ______
                                   rく           ノノV〉,         ヽ
                                   Vヘ          ((. V〉,           ヽ
                                   Vヘ        )) .V〉,         ヽ
                                    Vヘ        //   V〉,          ヽ
                                    Vヘ.      //     .V〉,            ヽ
                                     Vヘ.     `'      V〉,            ヽ
                                     Vヘ、 ______  V〉,          ヽ
                                      Y≦三三三三三三≧∧≦三三三三三三≧






525 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:36:47 ID:VdWAkPkF



                                      _ ____
                                       :´: : : : : : : : : : . . .
                                 /: : : : : : : : : : : : : : : :.\
                                    /: : :/: : : : | : : : : : \ : : : : \
                                /: : : : : : :.|:∧: : : : : : :廾ト : : : :ハ
                                  /: : : : : : : :从/⌒ヽ: :ィ笊=ァY:ノ
                             |: : : : : : : // 芹芥ト )ノハ_ツ_ {从___
                          -…- ..__ 厶: : : : /∧ `乂ツ    '  V: : : : : . .、             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   乂__ノ´: : : : : : : : \:_:_Y: 彡イ }: : .、         ,  从⌒ヽ : : \           |.  少女は、全てに諦観し。. .|
                    Y⌒\ : : : : : : : :_:_:ソ: : : 人.:_: : :\   `   /: : Y  \: : : .          .乂___________ノ
                  〃⌒ニ=‐-≧=‐-: : : :/: : /: : : ∧: : : : . ー‐─<: : : ノ    ゚: : : : .
                   /: : : : : : : : : : : : :-‐=彡 : : : : : : : :/ ∧: : : : : : : : . 、 :X¨{ 乂_ノ: ) : : ノ
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :八:\: : : : : : : :Χ::::::{_ Y: /: /_,
             /: : : : : : : : : : : :.. -─‥………‥─=彡:.:.ヽ:.:.〕ト : : : : : : \:::{_〃 / : ノ          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            〃: : : : : : : : : : /:(     (/ |: : :/∨:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\人ハ: : : : }\{: /: :Y¨         |..少女は、「彼」を支え続ける。. |
            : : : : : : : : : /: : : :\     )八 : { /:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∧: : :(: : :Y^):ノ            .乂____________ノ
           八 : : : : : : : : (⌒ヽ: : : : \     ヽ |:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨¨¨{l:.|: : : ): : :V
             `   : : : : : \: : \: :)V      |:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂: : 人: : :}
                   : : : : ヽ: : :シ        ハ:.^Y:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.乂__彡': : : /: ハ :′
                    \: : :Υ       /:.:.:.:.:.:.:/¨\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(:{ /: :イ〕: /___________
                     ): :ノ        /:.:.:.:.:.:.:/   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y⌒7Y__〕 ′_______.ィ1__
                     /: ´       __/:.:.:.:.:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 乂__〕{〔:./       |liliトく
                      (/         ノ:.:`:.:.:.:.:.:./     .∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〔 { 圦      |liliト│
                            イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      /:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〔 { 〕:.廴____  (_ノノ、
              _  ┌  ____....:〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__.. -=ァ’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ィi芥¨¨::::::::::::}  |lili(ノ }
                }::\:|::::::\:.:.:.:/}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:._____/:::: :冂\_::::::::/____|lili|  }
                _/\::::ニニ7^ヾ:::ノ:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:′:.:.:.:.: -<::::::::::::::::/|八::::::::¨¨、  ⌒Y_ノ
           ______{/:.:.ィ〔   /:.:}::::「:.:.:.:.:.:.:/ {_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>─‐┘:/  }\:::::::::\¨¨¨


526 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:37:39 ID:UF/59/qV
二人の少女から感じる圧倒的ヒロインオーラよ


527 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:38:57 ID:VdWAkPkF



                  /   / /    / l|  リ  .ヽ    丶
               / /   , '   .' /  リ /,′ノ、'.    '.
             ' '   /! {  .' ′ '  / / ' ! '. .  ',
               .i! {   / i:、!   !  // /∠ - - ∟ i ; i  ,
               .|゛ l   { Λ:. 、 .   / ''7´ィ.zェェェ}z ;/ ,   ,
                 }. 、:.  !j .斗七'' ', ;{ .イ '/{:.:.:.い ハレ/ /
               .|゛、、 イ! ,,z-=ミ 、i{.' !'乂;;シ リ/ Λ} ! ',             抱いた想いに善悪は無いわ。
               .| ゛、、く´{...I!...} ヽヽ゛       /イ/  l::. !  .
              l   !ヽヽミ゛ ゙ー''′   、     '/ |   ':: l  .
               l   ! l `:ヘ `          __      ,:|    : l:  .            それを貫き通した後で……後世の誰かが、名付けるだけ。
              .l !|!   ::ヽ     <  ノ    /::|   l.i: : '
            l i ! l     ':::.、     `     イ:::::|     !:: i '
               l i : .l     !::::i>... _    / |:::|   l:: !  ,  , --=z .,_    ならば、「彼」は――――何を選ぶのかしらね?
            l i i .:!     l::::i::::::::i:_:」       .{`_|     l:: !  i..///7=- .,_¨=- .,_
             .l i :l.::!      !:::!:::::Λー'' 、   /´ ̄ |    i l: !  |///////////7=- .,_L
            !.:  ::::l .     l;⊥=-┴ー、ヽ /  ,ィ=|.   l  l:⊥ィ///////////////////
             .!.:. .;x:|  '   l !三三Ξ=-ヽ,}|,/=Ξ| '.  l  l:/:'///////////////////
            .l:::/:ァ'::!   '.  l .三三三三,ノ{__}ニニΞ| ' !   !':///////////////////
           .l.:ノ:';〈'.:. 〉   '. ;バΞ_ニィ´ニリ' lヽニΞ|  '.|   ∨//////////////////
            l//〈´:.:.:.{Λ  丶 ',´Ξ三三7l l lヽ_=| 、! .: .///////////////////
           ./:/;〈´:.:.:.:.', :}゛、  \',_三ニ=/ l l l l ヽ| . ヾ .:.///////////////////
         〈.:':〈´:.:.:.:.:.:.:〉' : \   \;;>シi l l l l/:.:.! :.  ///////////////ヾr v_
          .,∨(.:,:ィ:.:.:.:〈 丶'.  \   \:.:\l l l/:.:.:Λ :. .〈/////////////ハ、ヽ ヽ\


529 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/27(月) 23:41:33 ID:VdWAkPkF



                                       :    ̄   : .
                                       / /            丶
                                    / /〃   イ   ;   }:.   \
                                       ′ !/ / l  /  イⅰ| :.ハ
                                   ⅰ 七7  ̄ ! ′ リ :| l   il ⅰ
                                  Ⅵ{:ⅰ乍 ̄′/ // :∟!   l! !
                                        '个ミ jル'/ノ /   lつ〉  ! l
                                     / ノ    ´ ´ /  :!)/  : :|
                                 /  `   ,     ′  ;:´ :   .:!
                                    ′ .:.ハ´    . /   /: :    .:.!
                                   ∠=-―‐-=ー≦、 /   Λ: !   .:ⅰ
                                _ △` Ⅵ | .: ハ Y/   '/ Ⅵ{  .:.:ⅰ
                                 }-ー_ヘ ', !| :! Ⅳ~‐/   /彡乂i:.  .:.:.ⅰ
                              / {ニ=-八r―ミ r'彡´/′   /く:i:i:i:i:\ .:.:. ⅰ
                         //  }ァ~{_ `ア三ア //   .'//i:i:/:⌒ヽ. ⅰ
                          〃 / /´   ` Y:i:\/ ,.://   //´:i:/:i:i:i:i:i:i:Λ.ⅰ
                           /{ :./〈     ⅰ{// / ′.:/./i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l: ⅰ
                           /ⅰ :{(:. : :> _:.   \ノ ./ ´/' /:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7!:. ⅰ
                      / λ {(: : : : :.くi:`/´*ヽ イi:i:/ /:i:i:i:Ⅵi:i:i:ー:i:i:i:i:7i|:. ⅰ
                       /:| { ヽvゝ-=イi:r:{.* * ∨/ /:i:i:i:/:i:`:<i:i:i:/:i:|   ⅰ
                         {:Λ {  /:i:i:i:i:i:i://:i:i:\* *,彡:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:/⌒:l:i:i|:   ⅰ
                     乂 \ {i:i:i:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:\*_}\:i:/:i:i:i:i:i:i:/~-=イi:i:|   ⅰ
                             Ⅵ>' ー―---==ミアi:i:i:´:i:i:i:i:i:i:/: : : : : : :L斗 i ⅰ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  というわけで本日は此処までです。 お疲れ様でした。
. .┃|(
. .┃|))  先に若干ネタバレするなら次の依頼のモチーフは旬のネタ。
. .┃|(
. .┃|))  それに頷くか、抗うか。 「彼」を見てきた貴方達ならば、聞くまでもないでしょうけれど。
. .┃|(
. .┃|))  ――――「支える」異性が増えるだけ。 「彼」は、何かを得るのでしょうから。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


531 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:43:16 ID:DIC0Nx6w
おつです~

532 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:44:00 ID:7KVr8Ujn
おつー
嫌な予感が凄いぜ・・・

533 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:44:10 ID:MVkotnux


534 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:45:14 ID:0pfRtJcx


535 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:45:17 ID:N6t3Qo+3
乙でした
悪意か……先行きが不安だあ

536 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:46:11 ID:7S06o2+i
乙ー

537 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/27(月) 23:47:58 ID:LEe6iHs8
乙でした

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第91話 (02/27)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第90話 (02/27)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第89話 (02/27)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第88話 (02/27)
  • 国際的な小咄 6838 ニポンゴムツカシ (02/27)
  • 国際的な小咄 6837 厚い信頼 (02/27)
  • 国際的な小咄 6836 ネットで定義されている上級国民っぽい人なら (02/27)
  • 国際的な小咄 6835 ウイルスを生物兵器にしようとしても (02/27)
  • 国際的な小咄 おまけ したらばが死んだからと言って (02/27)
  • やらない夫千年紀 第二七話 (02/27)
  • 岸波白野は生まれつきチートのようです 第48話 (02/27)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン㉖ (02/27)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第八十三話 (02/27)
  • デーモンルーラーやる夫 (02/26)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission36休息会話 (02/26)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission36『韋駄天ギルド』 (02/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第2回!探索者格付けチェック」 その3 (02/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第2回!探索者格付けチェック」 その2 (02/26)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 2 (02/26)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 1 (02/26)
  • 正義の味方 左衛門 第弐拾弐話「継承、そして存続。」 (02/26)
  • 正義の味方 左衛門 第弐拾壱話「熱い氷山」 (02/26)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その70 (02/26)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その69 (02/26)
  • 英雄を作ろう! ~012話:~ その7 (02/26)
  • 英雄を作ろう! ~012話:~ その6 (02/26)
  • 英雄を作ろう! ~012話:~ その5 (02/26)
  • 英雄を作ろう! ~012話:~ その4 (02/26)
  • やる夫とばくだん 11.超神機 (02/26)
  • やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです 5話・軍事強国 (02/26)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第87話 (02/26)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第86話 (02/26)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第85話 (02/26)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第84話 (02/26)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第10回 (02/26)
  • 魔女はやる夫になるようです #49 (02/26)
  • 真・オールダイスで異世界転生 4(完) (02/26)
  • 国際的な小咄 おまけ 大学の部活の後輩から言われたことが、多分このスレのみんなが抱いてるイメージと違うんじゃないか疑惑 (02/26)
  • 国際的な小咄 6834 イルベの負の連鎖 (02/26)
  • おふぃすれでぃ☆アサ子ちゃん 第24話 (02/25)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission35休息会話 (02/25)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission35『後ろを振り返れば変異』 (02/25)
  • 正義の味方 左衛門 第弐拾話「拳と拳と尻尾と剣」 (02/25)
  • 正義の味方 左衛門 第拾玖話「山、戦場、氷にて。」 (02/25)
  • 正義の味方 左衛門 第拾捌話「果たし状。」 (02/25)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】雑談:メイドインアビス (02/25)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 第17話 次元回廊 Interstice of the Dimension ~次元のスキマ~ 後編 (02/25)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 第17話 次元回廊 Interstice of the Dimension ~次元のスキマ~ 前編 (02/25)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 登場キャラクター紹介 (02/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/1)
    ※完結作品は集計した時点の前月(12月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3異世界食堂できない夫
    4あんこ時々安価で鬼滅の刃4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5やる夫は魔導を極めるようです5ドクオが異世界転生したようです
    6止まんねぇけどぐだぐだな鉄血のオルフェンズ6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7アカガネ山のやる夫7やる夫はソロハンターのようです
    8◆s90IbI9oR2の雑談etc所8ローグライク異世界転生
    9やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やらない夫は小さな村の冒険者のようです10やる夫たちは三連星(代理)のようです
    11アメリカンヒーローアカデミア11やる夫は妖精郷を旅するようです
    12見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記12ペットやる夫の怠惰な日常 キュケオーン番外編
    13やる夫は宿屋を経営するようです。13オーバーあんこ
    14やる夫はギルドを経営するようです14レベルを上げるスレ
    15やる夫と翠星石は喧嘩友達なようです15食事処 ~やる夫の大釜~
    16ドラマを作ろう16やる夫はLVが上がらないようです
    17白頭と灰かぶりの魔女17金欠ほのぼの冒険物語
    18やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。18やる夫は魔女に支配されるようです
    19できない子とSCP19俺の息子は転生者
    20やらない夫千年紀20やる夫の野望
    21やる夫は死なせてもらえないようです21STALKING!!
    22NINJAのススメ22カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    23やる夫は竜の人財のようです23やらない夫が霧の街を攻略するようです
    24ドラクエⅤの世界でビルダーズ24やる夫、デビルサマナーになるってよ
    25ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26証言と証拠は安価とあんこの後で
    27コンピューター様、情報更新は義務です!!27怪獣育成日記
    28やる夫は人形使いと呼ばれるようです28やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29あんこくさい連合頑張る!
    30やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです30路傍の果ての英雄譚


    過去ログはこちら
    人気ページランキング