スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
PR
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

路傍の果ての英雄譚 2

目次

87 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:03:45 ID:xiaADpRh



                               _, -‐===‐-
                              ⌒>       `ヽ、
                              /              \
                                    /   ヽ     `、
                                 / /       }i
                            / /      }i }   i}
                                ∥ ∥  ,  ト、 }i ∥ { リ
                               ∥ {{  i  从ハ〃l }イ
                               il  i{  l  { ノハ } 从
                               il  }i  l  } j斗 ノヽ、
                              γー、 ト、 八  { ノ以    i
                               | }, Y込   乂!`ゝ、   ′      あら、栞から読み直す?
                               l 〈 `{   `ト、从     ,ィ
                              圦 V゙h    ⌒ヾ
                                ≧从    圦__  ノ        ……お茶は入れ直しておくわね。 ごゆっくり。
                                 }叺    八
                                斗 从  / ∧
                              /リ≧ュ}、  / ∧
                          /∥ミxf抃、  / ∧
                            / ∥:i:i:i:i:i:i:i:从  / ∧
                               ∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=ー≪ミメ、
                               〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7⌒州:i\ \i廴
                              ≧x,_:i:i:i:i:i:ijイ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ Y:i:\
                              ニニニ≧x,{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} |:i:i:i:i:ヽ
                              ニニニニニ≧x,_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i/
                              ニニニニニニニ≧x,:i:i:i:i:| |:i:i:i/




88 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:06:38 ID:xiaADpRh






. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「彼」は、老人に付き従い道なき道を進みました。
. .┃|(
. .┃|))   そんな道を軽々と歩んでいく老人に対し、「彼」は文字通りついていくのが精一杯。
. .┃|(
. .┃|))   体力の違い、というのも無論あったのでしょうが。
. .┃|(
. .┃|))   恐らく、歩き方一つ取っても「知識」が足りないのだと。 「彼」は疲労の中、思っていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






89 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:09:36 ID:xiaADpRh



                               _   ,.、
                                / ``ニ´'. ヽ
                           >/       ハ 、
                          ,/.ノ、ゝ、_  _,. '"  `ヽ
                          ヤ 、、ゝ、, 、"´  , '"  ,.."
                          ゝ ,.ー-´、 「冖,",  ,..i'"`、
                         / 7 二`iノ彡彳,. ','Y,  ヽ
                        /   7 厄7ーrー'" 、 .,' ,!;';  ハ
                        ゝ、,、 | `r' /._、./ー'ミ !,'`;';';'   /ゝ、
                      / ハ〈  _,,rくw-‐`'`./i ヽ;'  /    `ハ
                     /_/´  ヤ /ハ ヤー‐‐ ' イ  .i;' / ̄```冖ハ        (――――ふむ。)
                    7´ ``ハ    ゞ、i i ``ゝv'イ';`、,| 7     ;';  ヤ
                   7 .:;;';'/ ∨    ,' |`、/;' Y  ';' |. ヘ   i'; '. ハ
                   r'ニ、/,'   `ゝ、_ ,' ヽ. ';'  /    ;'|.  〉.  i';'; /  ∨
                   | イ ',    ,/.   y' 、  y◎  ;';! /   i';'; i   .!
                     7/     , '/ .,:;'  !、  ヽ |    !./     i';', i   .!
                  /      /乍;'   ! ヽ   `|    |     i;';.i  ,',  !
                /       '!乍;    !  ヽ  |.@.  ,;!   ,'  i';.i ;' ;';  !
                ヽ      ,';';'乍;'.  ∨   ヽ    ,'ハ   ',  .i;i;'; ;';'   !
                 ヽ    ;';' '乍;';' . ∨ヽ ヽ ヾ|   ,'; ;'!   ',  ii;';';'; ,  !     ,、
                   ヽ ,. '"圭;';';'  ∨  ヽ ヽ |  ,'; 乍|   ,'   ||';';'./,  `、    /. i
                   ∧圭乍;',';', ソ 、   ヽ.ヾ|.@   乍|  ,'   iv' |i    ,!  ,./ /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  但し、老人の考え方はそうではありませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  敢えて辛く険しい道程を選び、「彼」を試していたのです。
. .┃|(
. .┃|))  例えば、肉体の丈夫さはどうなのか。 危険な場所を先に感じられるかどうか。
. .┃|(
. .┃|))  そういうことを何も知らずに、面倒を見てやるというのは老人にとって不義理だったからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


90 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:13:46 ID:xiaADpRh



                                     _  --  __
                                _,. -≦ 三 三 二 二`> 、
                               //;/'/'/;/ - 二 - 二 =-ヽ
                               ///;/;/;/'_´/,. -  ─ -  、 ヽ
                             /'//;/;/;/ィ´'"'´─ 二_=-= _  ` 、‘,
                               / !川 ' レ´       ー‐ ,Z_-ミ`ヾ、ヽ i.',
                           'ヾ _ -‐ _ - _二 `    , -zミヾヽ\ ヽ !;i
                          i |、ヽー  ̄  _ィz-_-xィ_     ̄三ヾ、_ヾ、i ;リ   _,//
                          、乂ヽ、  、 _,z=≠_二 _``_ - \_三>/Y、∨γ≦彡´__,
                          `ヘミ込     'ィ t.・ソ`,ィ, ´  `>彡 //〈 |i ソiリ-ミヽ\、
                            ヾtッ :. ヾミ二´ ´ '′  /'//; ′>/.!/イ≦ミヾ\ヾ、ヽ
                          _,. '",.|:.:/ ':  、  _,. -、    / i ; イノ /_∠‐_二 ̄7 ソ ヽ
                      _, '"_,/´ .|:/   _`¨/⌒ミ、:;   ::  ; _,. ‐,.´ '"     ;
                   r_<´ - ''"     ゝ-r‐'"ー " ミ≦`:;ヽ _,. <, イ´          i        (……面白いな。)
                    `ヽ\  、、     .ヾ乂ー=` ̄ _,. <´ - '"            !
                      `ヾ\ ヽ\   .i ,,.....、 マ x                 !
                         ヽヽ ` ー _ .!     入.ヽ    . . . : : : : : : : : : . . . ./
                         i i  . : : : :`ー‐<:.:.: ヽヽ     . . -‐ _:_: :=: /
                            i ! . : : :  、-/: . :〉;ィ:´. ヽヽ . . : : : _,/ -‐   、)
                          ノ i     ハ: . : .ハ: . : . :_,У: : : ,、 '"          ヽ
                       / '"    /: . :ヽ: /!:‘,//: : : i .!          ‘,
                      ∠ _`     /: ,ィ : У: ヾ、/. : : :  ! |              ‘,
                        /   /:_//: . :/: . : . ハi . : : : :  .! i            ‘,
                        /  /'´  /: ┌': . : . /'. : : : : :  .| !              i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、「彼」に対して判断した内容は「面白い」ということでした。
. .┃|(
. .┃|))  肉体は貧弱。 知識は少しばかり持ってはいますが、周囲を調べる技術が無ければ何の役にも立たない。
. .┃|(
. .┃|))  何かを作れるわけでもなく、極めて。 そう、極めて極一般的な村人であるはずなのに。
. .┃|(
. .┃|))  不平や不満を漏らすこと無く。 それどころか少しずつ自分で考え、理解しているように見えたからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


91 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:17:15 ID:xiaADpRh



                                                  :;:, .:.
                                    パチパチ…    . . .:', .:.
                                       ::... .   . .':::;:, .:.
                                    ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                                    ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                           _/        .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; .ヽ     ヽ  \ _
                        _/;@/    / ',:; .::)       て:;;':.  |@ヽ、 キ''フ ヽ@`ヽ.
                       /",:;ン   |`ゞ   ...:.(ノ        (::..  ゞソ 'ゝ  l ;;ゝ、 `くッ_:\___
                        __/,/   _//´  ...::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.   ヽ:; |   ヽ -ハ     `vヾ、
                     /V   ./ :;/'..;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.   ヽ,キ_  ヽ@|        \
                         /     /@,;)ゞ.::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...  /_ ス    ヽ
                       / ̄                              ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、「彼」にしてみればそんなことは当然のことでした。
. .┃|(
. .┃|))  自分は何も知らないし、何かを出来るわけでもない。
. .┃|(
. .┃|))  目の前に自分が知らないことが出来る人がいるのだから、少しでも覚えて助けになれるように努力する。
. .┃|(
. .┃|))  「自分の底を知る」「身の程を弁える」。 「彼」は、自然とその言葉の意味を理解していたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


92 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:19:04 ID:xiaADpRh



                                             ri1
                                          {\{/゙j
                                       } ,:,{,/
                                       } :;:;{
                                     {^y :;:;.
                                        };' ‘  ゙'.
                                      /  :;;: ;;i
                                         /' 。゙゙  ;;|
                                      /j{  :;:;:; ;:ト
                                      ,:.j{ :;:; 。 ,:,:i i〉
                                    ,:.{{  :;:;:   ゙゙j/
                                     ,:.{{ 〟  ;:;:/
                                     { {{  ‘゙’  ,;{
                                   V  ゙゙  ',::
                                        V ‘,...., ゙,.!
                                       V ゙~" ;::|
                                        },.:'´ ̄ ゙|
                                         {   . :@:|
                                      ヽ..:ri=ミ,ソ
                                       ゙|:l
                                         | !
                                         | |
                                         |:.|
                                         |:.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「彼」は師匠――老人に、そう呼ぶように言われました――に訊ねました。
. .┃|(
. .┃|))  「これから何処に向かうんですか?」と。
. .┃|(
. .┃|))  老人は答えます。
. .┃|(
. .┃|))  「昔使っていた庵さ。 君には、色々と教え込みたくなってね」と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


93 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:22:16 ID:xiaADpRh



                                       r:i、
                                      }h}:i:从 /7
                                      ⌒^ヘ.;.ヽ/
                                             }.;.;ム
                                         j.;.;.;:ム
                                       _ィ./.;.;.;::::::}
                                     ^У.;.;.;.;::::::}
                                       /.;.;.;.;:::::.;.;.}
                                        γ.;.;.;.;::::::.;.; /
                                     {/;.;.;.;.;.;.Y;./
                                     {i.;.;.;.;.;.{i;.}ニ彳
                                      {/7.厂};.}
                                         y./::::::j!
                                         //乂ノ
                                    //

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  川魚に舌鼓を打ちながら、師匠は語ります。
. .┃|(
. .┃|))  「恐らく、君が最後の弟子になるだろう。 だから、聞きたいことは何でも聞きなさい」と。
. .┃|(
. .┃|))  だから、「彼」は問い掛けました。
. .┃|(
. .┃|))  「おじ……師匠は、一体何をしていたのですか?」
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


94 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:25:38 ID:xiaADpRh



                                    _  --  __
                               _,. -≦ 三 三 二 二`> 、
                              //;/'/'/;/ - 二 - 二 =-ヽ
                              ///;/;/;/'_´/,. -  ─ -  、 ヽ
                            /'//;/;/;/ィ´'"'´─ 二_=-= _  ` 、‘,
                              / !川 ' レ´       ー‐ ,Z_-ミ`ヾ、ヽ i.',
                          'ヾ _ -‐ _ - _二 `    , -zミヾヽ\ ヽ !;i
                         i |、ヽー  ̄  _ィz-_-xィ_     ̄三ヾ、_ヾ、i ;リ   _,//
                         、乂ヽ、  、 _,z=≠_二 _``_ - \_三>/Y、∨γ≦彡´__,
                         `ヘミ込     'ィ t.・ソ`,ィ, ´  `>彡 //〈 |i ソiリ-ミヽ\、
                           ヾtッ :. ヾミ二´ ´ '′  /'//; ′>/.!/イ≦ミヾ\ヾ、ヽ
                         _,. '",.|:.:/ ':  、  _,. -、    / i ; イノ /_∠‐_二 ̄7 ソ ヽ
                     _, '"_,/´ .|:/   _`¨/⌒ミ、:;   ::  ; _,. ‐,.´ '"     ;       今では、只の君の師匠だよ。
                  r_<´ - ''"     ゝ-r‐'"ー " ミ≦`:;ヽ _,. <, イ´          i
                   `ヽ\  、、     .ヾ乂ー=` ̄ _,. <´ - '"            !
                     `ヾ\ ヽ\   .i ,,.....、 マ x                 !
                        ヽヽ ` ー _ .!     入.ヽ    . . . : : : : : : : : : . . . ./
                        i i  . : : : :`ー‐<:.:.: ヽヽ     . . -‐ _:_: :=: /
                           i ! . : : :  、-/: . :〉;ィ:´. ヽヽ . . : : : _,/ -‐   、)
                         ノ i     ハ: . : .ハ: . : . :_,У: : : ,、 '"          ヽ
                      / '"    /: . :ヽ: /!:‘,//: : : i .!          ‘,
                     ∠ _`     /: ,ィ : У: ヾ、/. : : :  ! |              ‘,
                       /   /:_//: . :/: . : . ハi . : : : :  .! i            ‘,
                       /  /'´  /: ┌': . : . /'. : : : : :  .| !              i

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    「 【1D5:3 (騎士長・魔術学部長・暗部の長・冒険者ギルド長・仙人) だよ。」
. .┃|(
. .┃|))    軽々しく、それでいて確かな誇りを持った言葉でした。
. .┃|(
. .┃|))    成程、と。
. .┃|(
. .┃|))    それだけを返して、食事中の話はそこで終わりを告げました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


95 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:26:44 ID:3OhsAGTR
薄々わかってたけど、結構ヤバイ人だった

97 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:27:09 ID:F66rUV1x
暗部か。どんな組織だったんだろう


99 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:29:55 ID:xiaADpRh



                           ¬ー- ..,,__         ヤ
                                  ``¨ ¨ ¨ ¬ ヤ
                           `` ー ..,,_            ヘ
                                 `` ー一 '' ¬ _,,¨;\
                           彡丶、 _      -‐━==''"  \
                           彡 三三`` ー- 、、,,_        ヘ
                           ;彡 三"  `ミヾヾミⅷv !llliiー- ..,,_   ヘ
                           \≦、'"     __,,,`_ヾソ 7       ̄ `
                            '  ; ,   '" ´ 、{マ`  /
                           ,  ;';';';      ̄,:   ヤ
                              ';';';      ̄    i、
                              ' '  , ' ,.._      |、ヽ
                                 , ≧彡´  `i' ¬ ヽ.ヽ
                           ヘ    "´`´´`ヾ'ノ      ヽ.ヽ
                            ヘ      z /  ,',     冫冫
                              \、    ,'i;';  ,';'   // ヽ
                              /"\   '" i;|  ,';  //    `ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   静かに眠る「彼」を眺めながら、老人は久しぶりに過去を思い返していました。
. .┃|(
. .┃|))   王国を護るために、幾度となく手を汚してきたこと。
. .┃|(
. .┃|))   その過程で失ってきた部下達、そして一部の騎士たちの偏見により暗部を追い出されたこと。
. .┃|(
. .┃|))   その後、何人かの弟子を取りながら流浪し――――今に至ること。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


101 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:33:04 ID:xiaADpRh



                                   、 ´ |  `   .ソ,!ヘヽ
                                       ヘ ,,,`´、、、 .,',i´
                                    ヘ.´‐ ̄`./,''i、` 、
                                      // .i圭乍´.,'' ヽヽ ヽ、
                                 / / .i `"  ,'  ,,' ,    ヽ、
                                  /   ヤ .f``   ' ´.,' ,'     ヽ、
                                 /     ヤ.ヤ  i   ./ ,'       ヽ
                                7 .i  i   .i i  .i  /  ,'       _ .|     ……この子がどうなることかね。
                                 i.、 ヤ .i.i   .i i. .i  /  / ,'i    i/  .|
                                i , ``i .i.i    i i `.i ./  /  ,';|   ./   .|
                                |,'  .|i .i.i   .i i|l:::!/ ./  ,';|  ./r,'   .|
                               7   |li i.i    i ヤi.i ./   ,',i| .//   .|
                               7i  \||li.i.i _,, -;,- 、/_   ,';il|、/     .!
                              7!   -‐'""´   /     ̄` 、l|_';';":,´`  !
                              /  ,.';','     i    ;';ヽ   ` ヾ;`;   !
                              i   ,';','      i:i    ',',ヽヽ      `  .!
                              !  ,';''      i::i     ',' ヽ ヽ       ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  老人が得てきたモノは計り知れず、その過程で様々な物事を血肉に変えてきました。
. .┃|(
. .┃|))  既に、自分の手は黒く染まっています。 そして、それ自身を老人は何処か誇らしくすら思っています。
. .┃|(
. .┃|))  ただ。 「彼」には、その知識を与えながら。
. .┃|(
. .┃|))  別の道を歩んで欲しい。 それもまた、老人の抱く本心でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


103 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:35:55 ID:xiaADpRh



               :....   :. :. .... ..                 ..
       .,_:.                 :. .... ..                 ..
       '"                ..   .. . ...    :.  .:.:.:
          '''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.    ....
                 ,.,;:;:;:;:;'''"..,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,                                    ,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...
                 ,;:,.'""   .,,_,,,...;:;::''""''''"                          .,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
             ,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''"".';:;:;,.,_,.            :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                      ::;
               ,,.,;:;:;:;;:'""''""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_.:::::::::;;;;;;;;;;;''           ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
       ':.,  …'"  ...,,,,__...,,;:;''..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''  .:::::::. .""
       ''''"""'''"""".""""""""'''''""""""      " "'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
              ,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
       ,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""   :.    ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
        .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..     ;;;;;;;;;;;'....,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
                  :.  . . .   . .. ..   . "';:,.__,  ""'''''''''::::.""'''''''::::;:;:;;,.., ''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
          :.  .. . :.:.. ..  . . .. .,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
           .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
       …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__    ....  ... .  .. .                           ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
       :.:..,;:'"""""""""                             .: ..
          ;:,.,.,.,...._

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  日はとうに沈み、今日は月が二重に映る「巴月」の晩でした。
. .┃|(
. .┃|))  老人は眠りにつく前に、月に一つの祈りを捧げます。
. .┃|(
. .┃|))  「どうか、彼に健やかな道程を」と。
. .┃|(
. .┃|))  ――――師匠と弟子、老人と「彼」の短くも長い日々の始まりでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


105 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:40:01 ID:xiaADpRh



                                          ,z、
                                       _>'"  ` ー ´ ` 、
                                      z'_-‐'"´´ ``<   Ⅴ
                                  ,. - '". :. : ̄ ̄: Г: ー-`、:.,_ Ⅴ
                                / . :. :,.. :''": ```: ヾゞ丶:;:;:;:,. . :``- 、
                               / . :. :. :_,斗.==〒 ̄ ̄><:;:;:;:;:;:;:, . :\
                               ゝ . :, '"乍;、、. ヾ派ヾ'"ミヾ、 ミ ミ><:;:;;: . :.ヘ
                               ゙マ_`:-〉ヾ_'’ ` "f、テ ,  ミ ヘ ヾ圭≧:;: ハ
                                  `"!´fj7  `  ̄ ′ 卜/∨ヘ !幵ノ` 冫
                                   ! `'_  ヽ     ' _又.〉| ソミ彡´'"
                                   ! ,r,`ハ;、ヾ、ヽ、 " -‐/;イ派ミ ミ、、
                                   八>.iv_w_w_沙   !`-'イ派ヾヘ
                                  >"  | - ‐   _ ,..《圭仆 ハヘヾ一ラ
                                 f .   |_,,.._-‐ョ'ii"圭圭㌢,',',:,:,   ∨
                                 |     |ミ、  ̄冖≡或圭,',',',',','  Ⅳ
                              i.    Ⅷ、ヽ  z、  /乍, ',','    i
                                _χ_ .   Ⅷ > 、、` /乍' !',',   i_ヽ
                             >">" ヽ、.  Ⅷ:::::::::;i|ハ=,'4:::::ヤ    ト 、` 、
                          _>,">"   ;、 `  ゞヽ:,乍:::::Y:乍ゞ:圭   !|  ヽ ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「彼」と師匠の日々は5+【1D2:1】年に及びました。
. .┃|(
. .┃|))   その間にも、幼かった「彼」はめきめきと成長していきます。
. .┃|(
. .┃|))   師匠の技術を学び、知識を蓄え、根本的な基礎を鍛える。
. .┃|(
. .┃|))   何もない、山奥の庵だからこそ。 「彼」が学びたいことを学ぶには、十分の環境でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


107 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:42:47 ID:xiaADpRh



                                             ;
                                         ξ

                                        ,,:;;#圭#;;       ポ タ ッ
                                           ;;;#圭#;;
                                         :;;;#圭圭圭#;;     ポ タ ッ
                                          ::;;;圭圭#;;:
                                       ;#;;

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   一年目。  【1D4:4 (白兵・魔法・探索・制作
. .┃|(
. .┃|))   「彼」は根本からして足りなかった基礎を徹底的に鍛えることに専念しました。
. .┃|(
. .┃|))   師匠から教わるまでもなく、理解していたからです。
. .┃|(
. .┃|))   どんな学問でも、知識でも、基礎の上に成り立っているという事実を。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


108 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:47:06 ID:xiaADpRh



                        /  ,.,、; '彡          _,,.. 、 --─ 一一 ' "
                          ,..、;i'彡彳"` _,,.._-‐=='"三 彡 ニ ミ 派、   i | r
                       '"``_>┏;= ゙'_",``‐`    ニ. , -、 ミ ミ ミ ㍉ . ノノノ. f
                       <"  八_ 'iヲノ "~   `= //.ゝ《 二 ニ ┼i彳 彡 ノノ
                            /  - '     γ" ′ア‐i } 彡 派 ニ 二ノ
                           /     =-ヽ、 ;: " _"_~冫ニ 彡 Y ミ ミ ニ <⌒   ……才能持ちかな?
                             /  __ . '" . ミミi‐ 二 三──-- 三 二`_¬ ‐-゙.,_ ` `
                          ーイ ,;、、、;:.`イ ! |              ̄ ¬ ‐`7
                        _,..≧彡ヾ イ´    〉. i                  ∧
                       Ⅴ圭圭 トr "'     i. i              ゙:;、  ∧
                        Ⅴ圭圭圭!    >∧.i  ,.:';';';';';:    、、..,,...,_ :;、.〈
                         Ⅴ圭圭 ー-マ"へ  .i ;':' "        ``;';';';.. "'/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   そんな中で、「彼」は自分でも理解していなかった一つの事柄を教わりました。
. .┃|(
. .┃|))   恐らくは先天的、村で過ごしているだけでは目覚めることもなかったであろう才覚。
. .┃|(
. .┃|))   それは 【1D5:5 (読書・竜会話・不屈・魔力察知・影渡)。
. .┃|(
. .┃|))   少なくとも、万人が持つ事は殆ど無い。 俗に《スキル》と呼ばれる才能の一つでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


109 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:48:34 ID:F66rUV1x
これまた暗部にピッタリな…w

110 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:49:48 ID:kZ1BwzwD
らしい流れ


113 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:53:53 ID:xiaADpRh



                                     _   ,.、
                                / ``ニ´'. ヽ
                                 >/       ハ 、
                                ,/.ノ、ゝ、_  _,. '"  `ヽ
                                ヤ 、、ゝ、, 、"´  , '"  ,.."
                                ゝ ,.ー-´、 「冖,",  ,..i'"`、
                               / 7 二`iノ彡彳,. ','Y,  ヽ
                              /   7 厄7ーrー'" 、 .,' ,!;';  ハ
                              ゝ、,、 | `r' /._、./ー'ミ !,'`;';';'   /ゝ、
                            / ハ〈  _,,rくw-‐`'`./i ヽ;'  /    `ハ
                           /_/´  ヤ /ハ ヤー‐‐ ' イ  .i;' / ̄```冖ハ       ……これも因果というやつかな?
                          7´ ``ハ    ゞ、i i ``ゝv'イ';`、,| 7     ;';  ヤ
                         7 .:;;';'/ ∨    ,' |`、/;' Y  ';' |. ヘ   i'; '. ハ
                         r'ニ、/,'   `ゝ、_ ,' ヽ. ';'  /    ;'|.  〉.  i';'; /  ∨
                         | イ ',    ,/.   y' 、  y◎  ;';! /   i';'; i   .!
                     7/     , '/ .,:;'  !、  ヽ |    !./     i';', i   .!
                        /      /乍;'   ! ヽ   `|    |     i;';.i  ,',  !
                      /       '!乍;    !  ヽ  |.@.  ,;!   ,'  i';.i ;' ;';  !
                      ヽ      ,';';'乍;'.  ∨   ヽ    ,'ハ   ',  .i;i;'; ;';'   !
                       ヽ    ;';' '乍;';' . ∨ヽ ヽ ヾ|   ,'; ;'!   ',  ii;';';'; ,  !     ,、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【影渡】と呼ばれる、自分の気配を他者や自然に溶け込ませる事ができる《スキル》。
. .┃|(
. .┃|))   この世界において、【ステータス】などというモノは例外を除き見ることは出来ません。
. .┃|(
. .┃|))   それでも、そういうものが存在すること。 そしてそれらが体系化・情報貯蓄されてきたことには変わりません。
. .┃|(
. .┃|))   そして――――後天的にすら、取得できるという事は。 老人のような練達な人物には周知の事実でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


114 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:55:31 ID:x8Y9K7WD
これは記録に残らなかったんじゃなくて残せなかったのかな。


115 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:56:01 ID:xiaADpRh



                                              /´l   _
                                              ,'  |./ /
                                          /´',  l  /  /
                                          |  ', |./  /
                                   f´',  ',   , j ,   /
                               _   {  ',  ,   ', {,'  /
                                   '、`丶 ,   ', ',  V   !〉
                                    \  ',   ', 〉 ´/   |
                                     丶、ヽ  '、/    ,'
                                       \}         /
                                         |       ,/
                                        /     /l
                                    {       / ,'
                                        i\ _,/_/
                                         >'´:::::::::::::`ヽ
                                         |:::::::::::::::::::::::::',
                                         |::::/\:::::::::::::::',
                                        〈::/   丶---イ
                                         i|       ',
                                         |  , -―- 、 ',
                                         レ'´        ',

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「それで、どうすればいいのですか?」と。 老人へと質問を投げ掛けました。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」は、知る前と知った後でも変わりません。
. .┃|(
. .┃|))  才能があろうと、無かろうと。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」は自分にできる努力を続ける。 ただ、それだけだったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


116 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 21:56:16 ID:F66rUV1x
ああ、存在しなかったとされる英雄ってそういう…(


117 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 21:59:20 ID:xiaADpRh



                      ¬ー- ..,,__         ヤ
                             ``¨ ¨ ¨ ¬ ヤ
                      `` ー ..,,_            ヘ
                            `` ー一 '' ¬ _,,¨;\
                      彡丶、 _      -‐━==''"  \
                      彡 三三`` ー- 、、,,_        ヘ
                      ;彡 三"  `ミヾヾミⅷv !llliiー- ..,,_   ヘ
                      \≦、'"     __,,,`_ヾソ 7       ̄ `
                       '  ; ,   '" ´ 、{マ`  /
                      ,  ;';';';      ̄,:   ヤ           ああ、そうだな……。
                         ';';';      ̄    i、
                         ' '  , ' ,.._      |、ヽ
                            , ≧彡´  `i' ¬ ヽ.ヽ
                      ヘ    "´`´´`ヾ'ノ      ヽ.ヽ
                       ヘ      z /  ,',     冫冫
                         \、    ,'i;';  ,';'   // ヽ
                         /"\   '" i;|  ,';  //    `ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  決して「危うい」と、老人が思うことはありませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  「彼」の性格はこの一年、そして村での生活で理解しています。
. .┃|(
. .┃|))  ただ、それでも。 支えてくれる人間は必要なのだろう、と。
. .┃|(
. .┃|))  老人は、去った「幼馴染」を思い出しながら。 知り合いに文を出す事を決めました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


118 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:02:26 ID:xiaADpRh



                                       /::::::::::........./      /
                                   /::::::::::...... . ′      /
                                     /::::::::::........./      /
                                      厂¨ ¬ ... /      /
                                   //:::::::::...........  ト     /
                                   〉/⌒¨     ____ > ⌒ヽ
                                    {i{      ^Y`ヽ  __.,   {
                                  ノ≧=-     ゝ    ___,ノ   ト
                                 / //    \    ‘'〈    / i}
                               乂 i{        :.    ∧ー一′ハ
                              /⌒ヽノむx __       `ヽイニム. -=′
                               }  .:}  [ ¨⌒ヽ      ハニニ=-  -{
                               }  .:∧__[     丶 ___/ノニ=-    -{
                                 :{ 厂` ..       ハニ=-      -{
                              /  .: [{     `  〈ノ=-       -{
                          /     廴__        _)ニニ=-     -=/
                              ′      }⌒¨   ァ⌒ニニ=-  -=≦廴  __
                                  )   }     /二二二二二二二ニ=-  ノ{
                             {          /二二二二二ニ=-        /,
                               、         ′ニニ=-               /,
                             \       イ‐二二二ニ=-           /,
                            ≧=-  _‐二二二二ニ=-             /,
                                      _‐二二二ニ=--             /
                                    _‐二二二ニ=-         /
                                        _‐二二二ニ-           '’
                                        \二二二ニニ=--  ≦「
                                          「 ̄ ̄           |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   二年目。 【1D4:3 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))   「彼」は、初めて武器を握りました。
. .┃|(
. .┃|))   その時渡されたのは極めて一般的な、俗に「ロングソード」と呼ばれる長剣の一種。
. .┃|(
. .┃|))   「命を奪うことの出来る重さ」というのを。 身に沁みて、理解したのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


119 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:06:18 ID:xiaADpRh



                                                             /:             ..::::/
          ̄ - _                                                  /..::          ...::/
         - _    ̄ -  _                                          ..::              ...:::/
            ̄ -  _      ̄ - _                                  /             ::/
         _        ̄ - __     ̄ -  _                            /  \         ..:::、ヽ`
           - _          ̄ - __      ̄  - _     ,. ‐┐          、ヽ` ̄ \  \  ::::、ヽ`
                ̄ - __         ̄ - __      ̄>'' >――   _,、丶`__ ̄ \   \  ヽ /
                       ̄ - _        ̄ ->    /  ヽ .:             \   \  }  イ
                        ̄ - __   /    / >  _ノ--、__:. :.  ,. --- 、\ ,、丶`
                              ̄/   >''/_/:: )/  /:::   /―┐    } /
                            /__>''″  /::.   /::: /::::.  /:.  /\>―┴ 、
                                       〈:::   〈::   l::::   {::  {=-/  〃//)
                                   ``~、\  ‘,  ‘,    ̄|=- ∥///
                                         ̄\ ___ ,、丶`>-乂シ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   幾度か振り、その度に刃筋が歪んでいれば正され。
. .┃|(
. .┃|))   正しい振り方、正しい力の入れ方、そしてそれらを無意識に叩き込むための無数の素振り。
. .┃|(
. .┃|))   例え、「彼」に魔法の才能があってもなくても、老人の方針は一貫していました。
. .┃|(
. .┃|))   つまり、「最後に信用できるのは、それまでの経験と己の肉体だ」という脳筋理論です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


121 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:11:32 ID:xiaADpRh



                              ,.. 、 /  ,.,、; '彡          _,,.. 、 --─ 一一 ' "
                           ,.- 、 ,'-、.f ,..、;i'彡彳"` _,,.._-‐=='"三 彡 ニ ミ 派、   i | r
                        ,. 、,' :,:、'"`/'"``_ > ┏;= ゙'_",``‐`    ニ. , -、 ミ ミ ミ ㍉ . ノノノ. f
                     , -、,: : |i = レ `'~><".  八_ 'iヲノ "~   `= //.ゝ《 二 ニ ┼i彳 彡 ノノ
                       /!  i_ .. ,'! _, -‐<';._ !     /  - '     γ" ′ア‐i } 彡 派 ニ 二ノ
                       ! ! .:}_ ,. }:,:-':': "  ,'/    /     =-ヽ、 ;: " _"_~冫ニ 彡 Y ミ ミ ニ <⌒
                    ! `~ :.`:.:':.: "   , 'i.    /  __ . '" . ミミi‐ 二 三──-- 三 二`_¬ ‐-゙.,_ ` `     ふぅむ……。
                      i           ,':!    ーイ ,;、、、;:.`イ ! |              ̄ ¬ ‐`7
                    !          ,:!  _,..≧彡ヾイ´    〉. i                  ∧
                     i` ‐ 、 . : ‐ ' " ~  Ⅴ圭圭圭トr "'     i. i              ゙:;、  ∧
                     i  ;:  ゙   |     Ⅴ圭圭圭!    >∧.i  ,.:';';';';';:    、、..,,...,_ :;、.〈
                       ! -一 "  ̄ ` 二ーi   Ⅴ圭圭 ー-マ"へ  .i ;':' "        ``;';';';.. "'/


                         1.オーソドックス
                         2.防御偏重
                         3.攻撃偏重
                         4.オーソドックス
                         5.防御偏重
                         6.攻撃偏重
                         7.オーソドックス
                         8.防御偏重
                         9.攻撃偏重
                         0.熱烈歓迎

                         【1D10:2

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(                        スタイル
. .┃|))  そんな中で、「彼」に最も合っている戦闘方式を見出していきました。
. .┃|(
. .┃|))  極めて騎士的な、剣と盾を用いた古くからの戦闘方式なのか。
. .┃|(
. .┃|))  防御に重点を置き、足捌きと盾の技術を中心とした隙を伺う戦闘方式なのか。
. .┃|(
. .┃|))  攻撃に重点を置き、無理にでも相手の防御を打ち貫く戦闘方式なのかを。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


122 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:12:29 ID:zizFv3om
密偵スタイルかな?


123 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:15:11 ID:xiaADpRh



                                   ,z、
                                _>'"  ` ー ´ ` 、
                               z'_-‐'"´´ ``<   Ⅴ
                           ,. - '". :. : ̄ ̄: Г: ー-`、:.,_ Ⅴ
                         / . :. :,.. :''": ```: ヾゞ丶:;:;:;:,. . :``- 、
                        / . :. :. :_,斗.==〒 ̄ ̄><:;:;:;:;:;:;:, . :\
                        ゝ . :, '"乍;、、. ヾ派ヾ'"ミヾ、 ミ ミ><:;:;;: . :.ヘ
                        ゙マ_`:-〉ヾ_'’ ` "f、テ ,  ミ ヘ ヾ圭≧:;: ハ
                           `"!´fj7  `  ̄ ′ 卜/∨ヘ !幵ノ` 冫
                            ! `'_  ヽ     ' _又.〉| ソミ彡´'"
                            ! ,r,`ハ;、ヾ、ヽ、 " -‐/;イ派ミ ミ、、     成程なぁ。 実に面白い。
                            八>.iv_w_w_沙   !`-'イ派ヾヘ
                           >"  | - ‐   _ ,..《圭仆 ハヘヾ一ラ
                          f .   |_,,.._-‐ョ'ii"圭圭㌢,',',:,:,   ∨
                          |     |ミ、  ̄冖≡或圭,',',',',','  Ⅳ
                             i.    Ⅷ、ヽ  z、  /乍, ',','    i
                         _χ_ .   Ⅷ > 、、` /乍' !',',   i_ヽ
                      >">" ヽ、.  Ⅷ:::::::::;i|ハ=,'4:::::ヤ    ト 、` 、
                   _>,">"   ;、 `  ゞヽ:,乍:::::Y:乍ゞ:圭   !|  ヽ ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そんな中で最も才覚を示したのは、防御に重点を置く戦闘方式でした。
. .┃|(
. .┃|))  耐えて、耐えて、耐え忍んだ先の一瞬の隙を狙い穿つ戦い方。
. .┃|(
. .┃|))  比較的身体が軽かった、というのもおそらくはその理由の一つだったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  そして、その戦い方は彼の持つ《影渡》とも比較的相性の良いものでも有りました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


124 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:17:07 ID:OEqRlRtY
隙を突くのに最適ではあるな


125 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:20:09 ID:xiaADpRh



                                   | l   |
                                  |/{ ̄'⌒ヽ
                                  ∧ ,.ィ´ ̄'⌒ヽ
                                  〈/ ,.ィ─   ┴、
                                  { / {       }
                               V⌒ヽ  /{ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                |   i'´   _    )    __
                          \  \ j___/  K_  i ̄ ̄
                          \  \ | l   | ̄` |
                           \  \  「|\   |   /         /
                            \  \|」  \ |  /   __ -‐= ´    x<
                            ゙     \r─ヽ   l|、 ̄ ̄     ̄≧==─<
                              | ̄ヽ. \ l| \
                                   |     \\.  \r─n
                                  |   │ Y \.  \ノl|
                                 |   l   l \ \  | l|
                                |   |   |.  \ \j リ
                               |   |   l.   匸,ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「数打ち品だし、君にあげよう。 大事に使うといい。」
. .┃|(
. .┃|))  戦闘方式が判明した後、老人からそのままその長剣は譲り渡されました。
. .┃|(
. .┃|))  それに大喜びした「彼」は、とても。 それこそ、毎日のように磨き、手入れを欠かすことはありませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  老人が苦笑の笑みを浮かべる程には、大事にしていたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


126 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:22:38 ID:xiaADpRh



                            /  ,.,、; '彡          _,,.. 、 --─ 一一 ' "
                        ,..、;i'彡彳"` _,,.._-‐=='"三 彡 ニ ミ 派、   i | r
                           '"``_>┏;= ゙'_",``‐`    ニ. , -、 ミ ミ ミ ㍉ . ノノノ. f
                           <"  八_ 'iヲノ "~   `= //.ゝ《 二 ニ ┼i彳 彡 ノノ
                                /  - '     γ" ′ア‐i } 彡 派 ニ 二ノ
                               /     =-ヽ、 ;: " _"_~冫ニ 彡 Y ミ ミ ニ <⌒
                           /  __ . '" . ミミi‐ 二 三──-- 三 二`_¬ ‐-゙.,_ ` `    ……一つ、言っておくことが有る。
                              ーイ ,;、、、;:.`イ ! |              ̄ ¬ ‐`7
                            _,..≧彡ヾ イ´    〉. i                  ∧
                           Ⅴ圭圭 トr "'     i. i              ゙:;、  ∧
                            Ⅴ圭圭圭!    >∧.i  ,.:';';';';';:    、、..,,...,_ :;、.〈
                       Ⅴ圭圭 ー-マ"へ  .i ;':' "        ``;';';';.. "'/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   三年目。  【1D4:2 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))   既に日々の日課となった剣術とはまた別に、新たな事を学び始めました。
. .┃|(
. .┃|))   俗に「魔法」とも呼ばれる、自身と世界の魔力を混ぜ合わせる技術のことです。
. .┃|(
. .┃|))   それを学ぶ前に、老人は一つの事柄を話しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


127 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:23:29 ID:yeZoYUxr
今13歳かな

128 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:25:36 ID:kZ1BwzwD
バランスよく鍛えとる


129 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:25:46 ID:xiaADpRh



                       ¬ー- ..,,__         ヤ
                              ``¨ ¨ ¨ ¬ ヤ
                       `` ー ..,,_            ヘ
                             `` ー一 '' ¬ _,,¨;\
                       彡丶、 _      -‐━==''"  \
                       彡 三三`` ー- 、、,,_        ヘ
                       ;彡 三"  `ミヾヾミⅷv !llliiー- ..,,_   ヘ
                       \≦、'"     __,,,`_ヾソ 7       ̄ `
                        '  ; ,   '" ´ 、{マ`  /
                       ,  ;';';';      ̄,:   ヤ               魔法が扱えるかどうかは先天性の物だ。
                          ';';';      ̄    i、
                          ' '  , ' ,.._      |、ヽ           .  仮に扱えなければ……別口を用いる必要がある。
                             , ≧彡´  `i' ¬ ヽ.ヽ
                       ヘ    "´`´´`ヾ'ノ      ヽ.ヽ          もしそうなれば、来年までは基礎に専念する。
                        ヘ      z /  ,',     冫冫
                          \、    ,'i;';  ,';'   // ヽ
                          /"\   '" i;|  ,';  //    `ヽ
. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) それは、ある種の忠告でした。
. .┃|(
. .┃|)) 魔法は、世界と自分の魔力を混ぜ合わせるもの。
. .┃|(
. .┃|)) そして、自分の魔力の性質次第で扱えるかどうか。
. .┃|(
. .┃|)) 扱えたとしても、使用できる属性には制限が存在していたからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


130 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:29:24 ID:xiaADpRh



                                   _,, - 、
                                       ,;;'州州州リ;ヽ
                                、.f!!!''"' "''''''"'ミリi//,.
                                /_、,、,  r'ゞ''='zミリ彡`ヽ
                                /i`ェy.i  ュェ  r'ヾ≦-
                                   、 ´ |  `   .ソ,!ヘヽ
                                 ヘ ,,,`´、、、 .,',i´
                                    ヘ.´‐ ̄`./,''i、` 、
                                // .i圭乍´.,'' ヽヽ ヽ、
                                 / / .i `"  ,'  ,,' ,    ヽ、   じゃあ、その石に「自分から力が移動する」イメージを。
                                  /   ヤ .f``   ' ´.,' ,'     ヽ、
                           /     ヤ.ヤ  i   ./ ,'       ヽ
                                7 .i  i   .i i  .i  /  ,'       _ .|
                           i.、 ヤ .i.i   .i i. .i  /  / ,'i    i/  .|
                          i , ``i .i.i    i i `.i ./  /  ,';|   ./   .|
                          |,'  .|i .i.i   .i i|l:::!/ ./  ,';|  ./r,'   .|
                               7   |li i.i    i ヤi.i ./   ,',i| .//   .|
                         7i  \||li.i.i _,, -;,- 、/_   ,';il|、/     .!
                              7!   -‐'""´   /     ̄` 、l|_';';":,´`  !
                              /  ,.';','     i    ;';ヽ   ` ヾ;`;   !
                        i   ,';','      i:i    ',',ヽヽ      `  .!
                        !  ,';''      i::i     ',' ヽ ヽ       ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【1D100:36 (30以下で扱えない、50以下で単属性、80以下で二属性、それ以上で特異)
. .┃|(
. .┃|))   【2D5:8(4+4)】 (炎・水・土・・雷)  ※扱える場合は左から採用、重なったら単属性&威力ブースト
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


132 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:31:55 ID:xiaADpRh



                              ,.イ       ,. イ     " "彡
                                     , イ,;ⅳ"   / ,  ノ/|
                              彡   ,.イ iii{ⅳ´ ',. ス' '"  f::f
                                ,.イ" 、、ゞ´ , 'r'"ー’"     !:
                              '_、vミ_.、  ,.  ="     ヽ
                              ``ゞ、 '-、;Y  、   _, , ,, ,、,、
                                  ヘ.`´|    "´´_,.-一〒        ……風、かな?
                                   ヘ. .!    '"_ー_ 三≡ , イ
                                    `.|  ,.ノ 、三彡`` ,.イ´ , イ
                                     ーヘ入、ヾ`,` イ .イ´
                                       `ゝ 、´/,.イ´
                                     //
                                       //
                                      ヘ ヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  その訓練を始めて三ヶ月ほどが経過した頃でしょうか。
. .┃|(
. .┃|))  ある時不意に、石に力が移動する感覚を得て。
. .┃|(
. .┃|))  石が不自然なほどに綺麗に、二つに割れて落ちたのです。
. .┃|(
. .┃|))  ……これが魔法なのか、という妙な達成感と共に。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


133 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:33:08 ID:F66rUV1x
気配を消し、風を操り、それに紛れて一瞬の隙を狙うスタイル……暗殺者ですねコレは(

134 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 22:34:20 ID:p2UaT/eg
アサシン過ぎるw


136 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:35:30 ID:xiaADpRh



                       ,.. 、 /  ,.,、; '彡          _,,.. 、 --─ 一一 ' "
                    ,.- 、 ,'-、.f ,..、;i'彡彳"` _,,.._-‐=='"三 彡 ニ ミ 派、   i | r
              .,. 、,' :,:、'"`/'"``_ > ┏;= ゙'_",``‐`    ニ. , -、 ミ ミ ミ ㍉ . ノノノ. f
           ., -、,: : |i = レ `'~><".  八_ 'iヲノ "~   `= //.ゝ《 二 ニ ┼i彳 彡 ノノ
          /!  i_ .. ,'! _, -‐<';._ !     /  - '     γ" ′ア‐i } 彡 派 ニ 二ノ
          ! ! .:}_ ,. }:,:-':': "  ,'/    /     =-ヽ、 ;: " _"_~冫ニ 彡 Y ミ ミ ニ <⌒  全く、そういう所まで私と似なくてもいいだろうに。
          .! `~ :.`:.:':.: "   , 'i.    /  __ . '" . ミミi‐ 二 三──-- 三 二`_¬ ‐-゙.,_ ` `
         i           ,':!    ーイ ,;、、、;:.`イ ! |              ̄ ¬ ‐`7
          .!          ,:!  _,..≧彡ヾイ´    〉. i                  ∧
           .i` ‐ 、 . : ‐ ' " ~  Ⅴ圭圭圭トr "'     i. i              ゙:;、  ∧
           .i  ;:  ゙   |     Ⅴ圭圭圭!    >∧.i  ,.:';';';';';:    、、..,,...,_ :;、.〈
          ! -一 "  ̄ ` 二ーi   Ⅴ圭圭 ー-マ"へ  .i ;':' "        ``;';';';.. "'/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、「彼」は老人から幾つかの魔法を教わりました。
. .┃|(
. .┃|))  先程のように、物体を斬り裂く「風刃」。
. .┃|(
. .┃|))  自らの歩みを高速化する「瞬歩」。
. .┃|(
. .┃|))  短時間、空を”跳ね回る”「空歩」など。 ……老人が現役時代にどれも使っていたものなのだとか。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


137 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:39:49 ID:xiaADpRh



                                           ,. ‐''"``'' -、
                                     r''"       ,>
                                  ///// ‐ _.,.. ‐''":/
                                       /////   /::::::::::/
                                 / /     /:::::::::/
                                 / '     /:::::::/´ヽ
                                ///    /::::, '-、  ノ
                                  ///  // /::::/ ,ノ/ヽ
                                 / /    /:::::::ゝ'"  ノ
                                 /     /::::::i´、ノ ,/ヽ
                                   ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
                             ///  ///::::::::::,へ、,. イ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  また、それ以外にも学んでおくべき知識に関する教授も有りました。
. .┃|(
. .┃|))  騎士などの目上に対する礼儀作法、食べられる食材の見分け方、魔物の弱点の貫き方etc...。
. .┃|(
. .┃|))  悪い言い方をすればごちゃごちゃとした知識。
. .┃|(
. .┃|))  それでも、楽しんで学んでいたのは「彼」の性格故だったのは間違いありません。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


139 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:42:28 ID:xiaADpRh



                                       ,
                                    /!
                                    /;l
                                    //!
                                    /i/ !
                                  ,!ミ!/圭圭圭圭圭≧ 、   _
                                 /佳佳圭圭圭圭圭圭圭i≦イ`
                                   /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭℡
                              /圭圭圭圭圭圭㍑ィ卅ミ圭圭圭、
                                  佳圭圭圭圭㍊イ´ ´    ̄ヾミ圭fミ、ミ、≧、
                               i圭圭圭圭㌢"゙i|__,,,...==-、ー .,Ⅷl!'/"´ ̄`
                               |圭圭/,l㌢{ ハ/ヽゝ ヤ|ニ{   マi ヤニi
                               |圭圭|り ソ ゞ_ヽ .,_   ヾニ!  ` .ヤニi
                              /ィ!圭圭 /  \ニ\  ヽ!     マニ、
                              /'ハ圭リ/     `ヽ、\      ヾキ
                               |/ |圭/         `丶_、_     `
                              ′ |llll!
                                 |lll!
                                  |ll!
                                  !l!
                                  !i
                               |'

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   四年目。   【1D4:3 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))   今年行う予定の事は、それまで聞いたことのない新たな技術でした。
. .┃|(
. .┃|))   ……時折老人の頭上を飛び回っていた謎の魚っぽい生命体。
. .┃|(
. .┃|))   これに関する教授なのだそうです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


141 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:46:54 ID:xiaADpRh



                                       _,, - 、
                                     ,;;' 川 川 リ,ヽ
                                    、.f!.!'."' "'.'.'."'ミ: ;i//,.
                                    /_、,、,""r'ゞ''='zミ ;彡`ヽ
                                    /i`ェy.i  ュェ .= r'ヾ≦-
                                 、.'´ |  ヽ   .ソ,!ヘヽ
                                     ヘ ,.'`´、`、 .;',',i´
                                  ヘ.´‐ ̄`./,''i、` 、
                                    // .i圭乍´.,'' ヽヽ ヽ、
                               / / .i `"  ,'  ,,' ,    ヽ、        契約獣とか、護衛獣と言ってね。
                                /   ヤ .f``   ' ´.,' ,'     ヽ、
                               /     ヤ.ヤ  i   ./ ,'       ヽ
                              7 .i  i   .i i  .i  /  ,'       _ .|
                               i.、 ヤ .i.i   .i i. .i  /  / ,'i    i/  .|
                              i , ``i .i.i    i i `.i ./  /  ,';|   ./   .|
                              |,'  .|i .i.i   .i i|l:::!/ ./  ,';|  ./r,'   .|
                             7   |li i.i    i ヤi.i ./   ,',i| .//   .|
                             7i  \||li.i.i _,, -;,- 、/_   ,';il|、/     .!
                            7!   -‐'""´   /     ̄` 、l|_';';":,´`  !
                            /  ,.';','     i    ;';ヽ   ` ヾ;`;   !
                            i   ,';','      i:i    ',',ヽヽ      `  .!
                            !  ,';''      i::i     ',' ヽ ヽ       ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  なんでも、これは魔法の分野の一つ。 【召喚術】に関係する技術なのだそうです。
. .┃|(
. .┃|))  召喚し、契約を交わしさえすれば死するまで共にいる一心同体の存在。
. .┃|(
. .┃|))  無論、呼ぶこと自体にも本来ならば才能が必要とされるそうですが。
. .┃|(
. .┃|))  ……老人が取り出した古びた羊皮紙は、そんな常識を打ち破るインチキでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


143 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:50:28 ID:xiaADpRh



                     _ ,,...,, _
                    ミ ミ ミ ミ ミl:l:i: 、
                    ミ ヾ、、ミ ミ ミ ミミヽ、
                    ミヾ`` `ヾヾヾ`ヾヾ、ミ 、
                    ヾ          ヾ、ヽ
                           ー-一    `ヾ
                    {{r|r彡/彡彡   /rz,,,z,ヤ
                    `"   `ヾ   , ≦'"'彡'_}
                    _,,_-_‐_ 、   ' ,.., _  .i
                    ヾ"心`,.`     r,〒ヾ_.i         , - 、     昔ちょっと伝手で手に入れてね。
                       ̄,. ' '"  ヤミ''.´ i     , -、 (,
                             ヤ   |     f    ̄   _
                      /  _ ,. 、 _ i 、   }     `      ',
                      ,/, ' , , `''"`ヽ,_ 7 .f ``、,-  、 ` ー ´
                     / v 'w w_' " `-`‐`.:.'‐-ゝ ..,,__  ヤ
                     " ' -‐¬i.:.:.:.:ヤ.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:i.:.:.:.:iリ|/. ヘ
                          ヤ、:,'iiヾ、:イヾ、:イヤイリ/;`  ヽ
                    丶 、 _   .ヘ圭圭圭圭圭圭乍- '   ソ
                    ミ 乍圭圭圭≧圭圭圭圭乍´_i_,. イ ,'
                    ミ   `乍圭乍  ⅷ圭圭ⅷ´_ ̄_i_,. イ
                    ミ     ``ヾ'ヽ、   ヽ 'ー- ..,, i ,,.., 乍
                    ミ      .!:.:.:.:`:.、 `ーi-' - - 乍圭

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) なんでも、本来は才能を必要とする召喚の前提条件を無視できるという明らかに異常な値段のするだろう術式。
. .┃|(
. .┃|)) 「流石に使えない」と抵抗こそしたものの。
. .┃|(
. .┃|)) 「私の弟子は全員これで召喚しているから」と、召喚を断るのは極めて難しそうでした。
. .┃|(
. .┃|)) ……まあ、それでも最低限魔力を外に出せる事は必須だったらしいのですが。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


144 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:55:16 ID:xiaADpRh



                                            _,. -‐
                                         , ′       _,.
                                        /      r ′
                                        /          i
                                         ,:'  _,        }
                                     ,:' , ノ        ,ノ
                                   // /ヽ    f ′
                                   j./ ./!つ j  ノ
                                   Y /{ i  / /
                                     l }i ゝノ  ゝ ′
                                    i_ノ l
                                       ゝ′

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   恐る恐る、「彼」はその羊皮紙を片手に魔力を込めました。
. .┃|(
. .┃|))   少しずつ朽ちていくそれに申し訳無さを感じながら。
. .┃|(
. .┃|))   そして、それが完全に灰となった後――――。
. .┃|(
. .┃|))   【1D10:6 (1.金 2-5:赤 6-9:青 0:耳)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


145 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 22:58:58 ID:xiaADpRh



                                                _ -==ミ__
                                        __    .:/⌒¨ア):::::::/
                                    _ -=ニヽ/_: 〕iト ノ{__ //__::::/
                                      : : : : /⌒ : : ヽ: : :.{{i:i:∧/⌒ヽ\
                                    /: : :./: : : : :..l: : : ∨.八i:i:∧____)i:)_
                                     : : : /.l: : : : :.:|: : : : V/: ∨ノ≧=‐ 彡./
                                 ′: .:{:人: : : : .l: . : .斗.: : :人\ノ}\/
                                ノ : : ¬=- _: :/´ 八」: {: : : ..\.ノ\\
                                〃.: : : :  TT\(   TTY...: : : |: {|人::::{\\
                                 l: : : 、ヽ∪     ∪ .:.:...:.. .|: {|  V:.  \\
                                 |: : : :|ハ""  ,   ""}: : : : |: {l v人:.  )i:i:)
                                /.|: : : :|込   , 、  ィ.: : : :.:.|: {:.  v:::\ ⌒´
                                  /: .|: : : :|: : : >  _ ィ( }: : ::.:..|: vi:.  ::::: \         ……ん?
                              /: : .|: : : :|─く⌒V  .{/ .: : ::.:.:|、 vム  V:::::::::\
                                /: : : .|: : : :|  /⌒ヽ../ /: : :.:...:|  vム  ∨::::::::::(
                           : : : :.人:.:.:.:|  (i:i:(⌒)i:) /: : : : :.:.| v/∧  ∨:::::::ノ
                               : : : : .(: : ヽ__〉___〉⌒Y/ 〈: : : : : ノノ  V/∧  寸/
                            ノ: : /⌒YY〔((ニ人((ノ⌒ヽ)\___/__/TV∧
                              : : /: : : ノ: : ハ \_/⌒YY/ニ/⌒Vニニニニ{: {人ヽ
                            : : : : : :/Y: : : : :} //ニニニニ}i:{ニ‐: : : : Vニニ=-_人i:i:ヽ)
                           : : : : :./: : }}: : : : ノ//ニ(〇)ニ}i:{ニ′: : : :.ニニニニ-_: :\(
                        : : : /: :.:..:.八: :/∥ニニニニニ }i:{={{: : : : ノ}ニニニニ-_ : : : ∨ /
                           :/: : : : : /:...ィ(ニ‐{{ニニニニニニ}i:{ 八: / ノニ/ニニニ-_: : : :.∨ /
                        : : : : : :..:...{/‐ノ/ニ‐{{ニ(〇))ニ.}i:{ニ ィ(: Yニ./⌒ヽニニ: : : : : ∨
                        : : : : : : : /ニ‐/ニ〈〈ノニニYニニ<i:i:i〉ニニ)ノニ/ニニニ‐\l: : : : : : :.
                        : : : : : : _-ニ./ニニニニニニ |ニニニ∨⌒ニニ/ニニニニニ=-_: : : : : : :.
                        : : : : : _-ニィニニニlニニニニノ〈⌒7\‐=ニニニニニニニニニニl: : : : : : :
                        : : : : //.人ニ=八ニニニニニ∨彡 V⌒ヽニニニニニニニ |: : : : : : :
                        : : : /ニニニ⌒ヽ ニ∧ニニニニ ∨⌒ヽVニニニニニニニニニ |: : : : : : :

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  目の前にいたのは、「彼」よりも拳二つ程背の低い少女でした。
. .┃|(
. .┃|))  ……彼女が本当に護衛獣とか呼ばれる存在なのでしょうか。
. .┃|(
. .┃|))  老人に縋るような目をしてみれば、間違いないと頷かれます。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


148 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:02:22 ID:xiaADpRh



                  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                  : : // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                  : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : /: : : :|
                  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : : :./.: : : :. :. :./.: : :. :.|
                  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : :./.: : : :. :. :./: : : :./:.|
                  : : : : : : : : : : :./: : : : : : : /: : : : : : : : \: : : : : :./: : : : /: :.|
                  :.: : : : :. :. :. :./.: : : : :.//___/___\: ://.: : : :./: : /
                     : : : : : : :. :./: : : : : // ./: : : : :.斗==ミ、⌒¨ /__,/.: :./
                  : : : : : : : :/: : :./: :.i{ { /.: : : : :./ {; n;; } ヽ    _/:: / j_/
                     : :. :. :. :./: : :./: : :八 i{.: : : :. :i{ 乂シ     /\:/
                     : : : : :./: : :./: : : : : |`{.: : : :. :i{         / /: }
                  : : : : /: : : : : : : /.:.:.| i{.: : : :. :i{         V : /
                     :. :. :. .:./: : : :/: : / {.: : : :. :i{       /.:.:/         ……護衛獣?
                     : :. :./.: : :. :./: : /─込: : : :八   ‐ _. イ.:/
                  : :/ : : : : : /: : / /'⌒\: : :.><⌒:./           ウチが?
                  : : : : : : : : /: : //     `、: :`─=≦
                  : : : : : : : : : //        `、: :`、
                     : :. :. :. .:./ /         }: : : :}
                  : : : : :/  ハ          {: : : :}
                     : :.//  ∥∧           [__/
                     :. :.:.//\/i{/_∧        [二/\
                  : : :/ニニニニ//ニム      _[二二/
                  :..:/ニニニニ_|ニニニ=}__。s≦ニニ/ニ{

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  彼が話を聞いてみれば、名前を「アカネ」と言う異界の生命体なのだといいます。
. .┃|(
. .┃|))  実際、その世界とは境界が緩いらしく。 時折人間や物品が渡ってしまうのだとか。
. .┃|(
. .┃|))  そして、その世界にもこの世界と同じように【召喚術】の概念は存在していました。
. .┃|(
. .┃|))  ※ダイスの数字見間違えましたが一度出しちゃったので続行します、申し訳ない
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


150 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:03:37 ID:F66rUV1x
アカネチャンカワイイヤッター



147 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:00:45 ID:x8Y9K7WD
金がマキマキで、赤が茜ちゃんだとすると耳は誰だろう?


152 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:07:11 ID:xiaADpRh



                                               __
                                              /   \
                                           /       }
                                   ,. . :: : :  ̄ ̄.: :. :.:. :....       /
                                /.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :.\ / ̄ ̄\
                                /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.\
                               :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.     /
                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ: : : : : : : : : :.─‐
                           /.: : : : : : : :./.: : : :. :.|.: : :. :.∧: : : : : : : : :.::
                              ′.: :. .:./: :./.: .:.|: : : :|: : : :ヽ ∧: : : : : : : : : :
                        :.: : : : :./: : /: : : :|   |: : _ハ:∧: : :.'/.: :.|: :/,
                        : : : : : : |: :,.斗匕 i|: : : :| 、.: : :..:.| ̄.: :. .:.'/.:.|: ::/,
                         i.: .:.|: : :.| : : _|__八 : : | \,_|___∧: : : '/ : : :/,
                         | /∧:.|:.Lィfて灯冬ミ  ̄   ィfて灯冬ミ: : :|.: :. .:.: :
                         |: :/∧|: : 圦 乂_歹     乂u歹 ノ.:..: : |: :|: : : i:
                            〉.: :. :.| : : |xix`¨        ¨´xix|: : : :|: :|.: : :.|:      えーと、えーと……よろしゅーな、マスター?
                        /.: : :. :.|: :.人                   |: : : :|: :|.: : :.|:./,
                          /.: : : :. :.|: : : :.}h、    c~っ   イ:|: : : :|: :|.: : :.|: :/,
                      ′: : : : :.|.:. :. .:.|:..: :>┐   _  < : : |::|: : : :|: : : : : |: : :.:
                       : : : : : : : _|.:. :. .:.|___/|       |\_|: : : :|─< :|.: : :.i
                       i: : : : :./ |.:. :. .:.|  ‘,         /  .|: : : :|    ∨/:: :|
                       | : : : : {  |.:. :. .:.|   `、      /    |: : : :|    }:.:. : :|
                       | : : : : } 人: : : :|    \   /    /|: : : :|    .√:. : |
                       |.:. .:./∧  \__,〉____,><__/,人_/   √: : :.|
                       |:.:.:.:. /∧   ./_|: ヽニニ/  八 \ニニ/: :|',   .√.: .:./
                           '/: : : :/Λ  /ニ乂:::|ニニ{__/二\_)二|: :/=', .√:.:.:/
                          '/:.: :. :. :.} {‐=二)ノニニニニ/⌒ヽニニ二.|:/ニ=}  { : : /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  笑いをこらえているような老人の姿が「君」の視線の外で見えます。
. .┃|(
. .┃|))  ただ、それに対して何かを言えるような立場でもありません。
. .┃|(
. .┃|))  そして、何処か所在なさ気な少女……アカネの姿もあります。
. .┃|(
. .┃|))  だから、「宜しく」と。 そう言って、手を差し出しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  >>147 きりたん砲


153 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:07:43 ID:kZ1BwzwD
かわいい

154 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:08:14 ID:F66rUV1x
かわいい

156 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:10:15 ID:dP+mSzhp
かわいい


157 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:12:06 ID:xiaADpRh



                                        〈\ __
                                     __〈\/⌒〉 __
                                 _、丶`⌒: : :. ̄``~ミ/⌒〉─
                                   /⌒.: : : : : : : : : : : :. :. :.ヽ/  /
                                /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\/
                                 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                            /: : : : : : :./.: : : :. :. :. :./: : :.|: : ヽ\‐'
                             /.: : : :. :./: : : : : : : :__/.|: : :ハ___ハ/
                       /\__/: :/: :.∠: : : : : : : : : : / |__/,イj ∨\
                     |\|___/: : :/r‐‐/i:i ̄\/━┯┯  |::| {: :∨/
                     乂_.: : : :. :. :. :./:人_/i:i:i:i:i:i:i:i:i\| 弋ノ    ¨,,,Υ 〉
                     /: : : : : : : : : : : : : |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\,,,,   _  _イニ}、
                         \/ : : : : : : : : : : |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/〕ト---<__/|: : :.〉
                      /: : : : : :__/|______./、 \ \|_|/ |:_:_{___
                        /_、丶`    /.: : : :./    ヽノi:i:i_(薔)、 _/i:i:i\
                             〉___/ ___/i:i:i:i〈/{_〉 `'i:i:i:i:i:i:i:i:|
                                    /i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:_:_:/i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                                 /∧i:i:i:i:i:: :/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:___i:i/
                               /∧i:i:i:i:i:i:i:i:/\i:i:i:i:i_,>''、`⌒
                                      \i:i:i:/ ,   ̄ |、  / \
                                     ∨  ∧   .| \   ./
                                         /∧,__,'| /   /
                                       /∧   .|/ \/
                                            /∧  .|i:i:i:/
                                          /∧__.|、_j
                                             /ハi:i∧
                                          /∧i 人
                                              /个: i_}

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    五年目。 【1D4:3 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))    この年は、召喚した少女……アカネとの連携の習熟を図るための一年でした。
. .┃|(
. .┃|))    アカネは武器こそ持っていないものの、発する声に魔力を載せる事で「衝撃波」に。
. .┃|(
. .┃|))    また、体術を多少なりともこなし。 更に魔力を融通することで「炎魔法」を使用さえ出来ました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


158 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:13:28 ID:F66rUV1x
探索重点か。やはりアサシン…!


160 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:16:30 ID:xiaADpRh



                                        ,. z ─ z .、     j!
                                      イ三三三二ニニミ、 ,ィ≠─
                                    r〃丕三三彡二ニニ=マイ仁ンイ
                                   , .、    .У´ _ _  ` ヾ彡イイ」!三ニ=一
                               /  ヘ   「l ー─     `ミ三イ7ハ、ヘ
                             l ミ  ヘ   xzz、 yxz≠zィ  、彡イ7ヤヘハ `
                             l ミ  .∧.   Y.rj   tテ ,  /レ' ハ' __
                              _j_7ヘ   ∧ _ ,j .7        r  ’ イ///ム
                           _r">’、 ヘ   ∧/∧ ー,,,,,zzx、  ィー"//> ".l
                          「; i !  .r.、 ,  j ヘ./∧ ニ ̄ ´ / __.j// .7
                          l! .j .ヘ  l _! ,   !///≧=一 = 一 "    ,'
                             !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
                             ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉        はい、剣の軸がブレてる。
                           ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
                           ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l
                             ヽ  ,ィ≧x\//>'┘  ./  ≧≠="   .!       アカネ君、君は動きが単調すぎるね。
                           ィチ≦'"´ .j j// l   .i/ '      `ヽ  .!
                           〈 ̄       ハ/j = l  ,'   _ z = z ヘ  l
                           l    _zイ.ヤlj   .j  l ,   ,.        j  !
                           lzzzzイ'    Ⅵ  ,'  j!  /      /,イ  l
                              V     \ /  / イ _ z    /7 .   !
                                   V      ー.v< _      ./j7   l
                                 V     ,イ j! 、       ,ム/    .j
                               V      / l! ヾ      .///     ,'
                               ,ィ.、       .j!       ///    イ
                               //l \          イ//'     l
                                //7l   丶       ,.'// 7       .!
                             ////!   j .\     ////7        .l
                             ,'.///.!  l  Vヾー "////.7         l
                             l////!  l   .\//////_/         .l
                              l////!  l      ̄ ̄            .l

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ただ、そんな有能な彼女との二人でも師匠一人に敵いません。
. .┃|(
. .┃|))  動きの基礎を読まれ、首元に手刀を寸止めされる。
. .┃|(
. .┃|))  足を払われ、顔の真横に拳を叩き付けられる。
. .┃|(
. .┃|))  魔法を使用しても、その魔法が「向きを変えて」此方を襲ってくる始末です。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


161 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:17:46 ID:F66rUV1x
流石だぜ、師匠


162 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:23:18 ID:xiaADpRh



                                                                 ィi〔
                                                           ィi〔
                                                            ィi〔
                ≧o。., __ __                            , ⌒"'‐⌒>''"
                ⌒ `≧o。., ‐-=ニユ≦=‐─ ‐              /    />′
                       ⌒` ≧o。.,  ` " '' ‐-=ニユ≦=‐─ ‐     /     {:i/ :{
                            ⌒` ≧o。.,       ` " '' ‐-=ニユ′    ヤ{  ',        /:i
                                ⌒` ≧o。.,     {:i:i:i:i:i:ノ      マ,  ':,      ./:i:i:i:i:
                                      ⌒` ≧o。.,\:i/        \ :\    /:i:i:i:i:i:
                                             {           〕iト.,:\., /:i:i:i:i:i:i:
                                             ハ 、_____     _,_,ィi〔〕ト、≧{:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                             ハ.,,,,, _  ̄ :} ̄/  Y:i_:i:i: ̄:i:i:i:i〕iト
                                                 〕iト‐<__ }   {  \:i:i:i:i{: : : : :
                                                     ≧==' 、,,,ノ`` \:_:_ノ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) 「アカネ!」
. .┃|(
. .┃|)) いつしか、「彼」は名前を呼ぶだけで――いや、名前を呼ばずとも――連携を取ることが出来るようになっていました。
. .┃|(
. .┃|)) それは。 互いの考え方や行動の選択基準などを理解した、というのも重要な事なのでしょう。
. .┃|(
. .┃|)) ただし、決してそれだけではありませんでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


163 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:29:06 ID:xiaADpRh



                      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                      : : // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                      : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;. : : : : : : : : : :./.: : : : : : : : :./.: : : :. :. :./.: : :. :.|
                      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : :./.: : : :. :. :./: : : :./:.|  . __n_
                      : : : : : : : : : : :./: : : : : : : /: : : : : : : : .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;  `て 「.  .....三
                      :.: : : : :. :. :. :./.: : : : :.//___/___\: ://.: : : :./: : /  ....r'丿.    ⊇)
                   : : : : : : :. :./: : : : : // ./: : : : :.斗==ミ、⌒¨ /__,/.: :./
                      : : : : : : : :/: : :./: :.i{ { /.: : : : :./ {; n;; } ヽ    _/:: / j_/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;     /\:/
                   : : : : :./: : :./: : : : : |`{.: : : :. :i{         / /: }
                      .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:/         わーってる!
                   : :. :./.: : :. :./: : /─込: : : :八   ‐ _. イ.:/
                      : :/ : : : : : /: : / /'⌒\: : :.><⌒:./
                      : : : : : : .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`、: :`─=≦
                      : : : : : : : : : //        `、: :`、
                 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
                      : : : : :/  ハ          {: : : :}
                   : :.//  ∥∧           [__/
                   :. :.:.//\/i{/_∧        [.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ニム      _[二二/
                      :..:/ニニニニ_|ニニニ=}__。s≦ニニ/ニ{

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  それは、丸々一年共に、一つのことを行ってきた故だったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  いつしかアカネも【影渡】を身に付け、共に動き出すことを可能としました。、
. .┃|(   ・ ・ ・ ・
. .┃|))  世界を騙す――――それが「彼」に与えられた、目覚めるはずのない才能。
. .┃|(
. .┃|))  だからこそ。 「彼」とアカネは、文字通りのパートナーとして確立されていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


164 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:30:28 ID:xiaADpRh









. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))    ――――そして、六年目。   【1D4:2 (白兵・魔法・探索・制作)
. .┃|(
. .┃|))    この年、彼が行えたのは。
. .┃|(
. .┃|))    或いは行ったのは、殆ど単独での修練でした。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛









166 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:34:31 ID:xiaADpRh



                    / , イ             / ' ,.,.,:;:;:;:;':', イ圭圭圭㌢  ;';';';';'"   "::;:' .i 三 彡 シ シリ ソリⅧ ミ ≦ミ
             / / ー--ュ     .   ./ ' ';';':' ' ', イ圭圭圭㌢    ';';';'    '_/ 彡 彡,彡シ ..,,Ⅷ` ソヾ! ヤ`
            /i  イ,,・=, ´          .i  ' '  , イ .i圭圭㌢''''"`,`-≧-、';'   ;';';f,. -‐ ' ´        ';'三`ミ;≡ヽ
              .7.!   iノ`¬'   . . . .   i   ./  i乍"    '" ミ シミヽ,-‐ ´      ,      i  ';';';';';';';';';';'ハ
           7 '   i 二ノ   /_`i     .   .i  /   .i"  / `` 三ヾイ' ´           ' ':':';:;:,.,.,. ;!i  ';';';';';';';';'i
             .r .{   .ヤ   .i   i       i/     ー ' {从ミヾ,州ヘ          ' ; , ,    '':';';';';';!|ii   ';';';';';';'i
             .{    .ヤ   /  .i     .           ゞ-iヾi,`!州ヘ       ,.;   '':';';';';:;:,.,.,. '':':';';'Ⅵi ';';';';';';i
             i  i   .ヘ  /  f               ,. ェョl| ヽ.|i `州 ヤ    ,.;';''     '':';';';';';';';';';';';';';';Ⅵiii;';';';';'i
            .|;'    ; , , `´   i     .       ヤ;'圭圭圭; |,|| .州i, ヤ    ,';';'        `':';';';';';';';';';';';';';'Ⅷi;';';'i
            .|;';    ';';''     f  . . .        乍圭圭圭.ゝ|li,,l州||キ   ,:';';'    ,      "';';';';';';';';';;';';';'Ⅷ;'i
            .|;';         ;';|      .        `乍圭圭圭圭 ヤ .キ, ,:';';';'   ,.;';'  , , , ,   ,.,'Ⅷⅷiiii;';';';';;';';ヽ,
             !;'         ;';';|     .         `乍圭圭乍,‐ソ i ;.';';';'   ,:;';';',.;:';';';';';';';';:;:,. ヾヾヾヾⅧⅷ;';';';';7
             ヤ       ,:';';7                乍圭圭/'`ン´  i _'_,'  ,:';' イ¨ゞ'´ ̄   ̄```ヾ、-、 `ⅥⅧⅣ、
             .ヤ;      , '':'/      .           乍㌢イ∠,. イ .i   ,.,:;./ /   ,.,.;:;:;:;:;:;:;.,.,.,.,7 .7丶、 ⅥⅧ7
             キ;' ,';   ,.;:;';7                   /イ圭圭   ノ ,:;';';';'ノ‐、  '" ̄ ̄ ̄ ̄`/´);';:;.,.,   7ⅧⅦ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   理由は、老人の命の灯火が消え去りかかっていたからです。
. .┃|(
. .┃|))   既に十分過ぎる程に生きてきた老人では有りましたが。
. .┃|(
. .┃|))   遂に、限界が来たと。
. .┃|(
. .┃|))   ただ、それだけの摂理に沿った出来事が襲ってきたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


167 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:35:16 ID:dP+mSzhp
悲しいなぁ

168 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:36:18 ID:F66rUV1x
別れの時か…


169 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:37:21 ID:xiaADpRh



                                _,... -─……‐- ..,_       _____
                                 : ''~.: : : : : : : : : : : :. :. :.`丶、/       /
                              /斗─-ミ: : : : : : :.<⌒''~---ミ======‐ 〈
                        /⌒.:. :. .:./ ̄:/.: : : :. :.\.: : : : :. :./,       |
                         |.: : : :. :. :./: : : :/ : : : : : : : : \: : : : : /, \__/
                         |.: : :. :. :./: : : :/.: : : : : :. :. :.|: : /, : : : : /,___/
                         |: : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./| : : /,: : : : :./,   \\
                         |: : : : :.|: : : /|: : :./: : : :‐----: : /,: : : : :./,    \\
                         |.: : : :._|_/|: : /: : : : : :/__|/,zzz|.: : : :. :.|\   \〉
                         |: : : : :.|__/ ハ_/|: : : : : :ィ斧笊7¨|.: : : :. :.|  \   \
                         |: : : : :ィ斧芋=ミ ── 乂こツ  :.: :. :. .:.|\  \   |
                        _| : : : : :| 乂;こツ       """´ |.: : : :. :.|  |   l    |      マスター……。
                          / |: : :. :.圦 """    、      |.: : : :. :.|  |   |  /
                      | |.: : : :. :.|::.                 イ|.: : : :. :.|  |\ |/
                          /| |.: : : :. :.|i{个:...    ⌒  イ   |.:.:|.: :. :.|/ニニ}
                        {ニ∨| : : : :|: |ニ、      =‐‐< /   |.:.:|.: :. :.|ニニ/
                     \/:/ : :.:.:/:.:|ニ\     \ /     :.: : : :. :.|二[:.:|
                      ‐=/:/: : : :/:. :.∨ニニ\______ ∨_______人: : : : 人ニ[:.:|
                  ‐=ニニ/::/.: : : /::. :./.|ニニニニニニニ≧≦ニニニニニ\: : : : \:::\
                  ニニ/: :./.: : : /:. :.:/ :.|ニニニニニニニニニニニニニニニニ}ニ\: : : : \:::\
                  =/:..: :./.:. :.:.r‐v⌒Y⌒Y ‐=ニニニニニ=-‐‐--==-}./⌒\: : : : \:::\
                      ̄ ̄ ̄人人__人__ノ     ̄          // /  \ ̄ ̄
                                \           ̄ (__/ / / / 〉

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  故に、「彼」は最期まで老人から離れることをやめませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  少しでも聞いておくべきこと。
. .┃|(
. .┃|))  ちょっとした違和感から得る進歩へのヒント。
. .┃|(
. .┃|))  老人が持っていた、幾つかの《スキル》について。 学ぶことはそれこそ、山のように残っていました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


170 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 23:37:33 ID:kZ1BwzwD
寿命削るような人生送ってそうだものな……


171 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:40:05 ID:xiaADpRh



                          / ' ,.,.,:;:;:;:;':', イ圭圭圭㌢  ;';';';';'"   "::;:' .i 三 彡 シ シリ ソリⅧ ミ ≦ミ
                      / ' ';';':' ' ', イ圭圭圭㌢    ';';';'    '_/ 彡 彡,彡シ ..,,Ⅷ` ソヾ! ヤ`
                      i  ' '  , イ .i圭圭㌢''''"`,`-≧-、';'   ;';';f,. -‐ ' ´        ';'三`ミ;≡ヽ
                         i   ./  i乍"    '" ミ シミヽ,-‐ ´      ,      i  ';';';';';';';';';';'ハ
                      i  /   .i"  / `` 三ヾイ' ´           ' ':':';:;:,.,.,. ;!i  ';';';';';';';';'i
                        i/     ー ' {从ミヾ,州ヘ          ' ; , ,    '':';';';';';!|ii   ';';';';';';'i
                                 ゞ-iヾi,`!州ヘ       ,.;   '':';';';';:;:,.,.,. '':':';';'Ⅵi ';';';';';';i
                                ,. ェョl| ヽ.|i `州 ヤ    ,.;';''     '':';';';';';';';';';';';';';';Ⅵiii;';';';';'i
                             ヤ;'圭圭圭; |,|| .州i, ヤ    ,';';'        `':';';';';';';';';';';';';';'Ⅷi;';';'i
                              乍圭圭圭.ゝ|li,,l州||キ   ,:';';'    ,      "';';';';';';';';';;';';';'Ⅷ;'i
                              `乍圭圭圭圭 ヤ .キ, ,:';';';'   ,.;';'  , , , ,   ,.,'Ⅷⅷiiii;';';';';;';';ヽ,
                               `乍圭圭乍,‐ソ i ;.';';';'   ,:;';';',.;:';';';';';';';';:;:,. ヾヾヾヾⅧⅷ;';';';';7
                                乍圭圭/'`ン´  i _'_,'  ,:';' イ¨ゞ'´ ̄   ̄```ヾ、-、 `ⅥⅧⅣ、
                                 乍㌢イ∠,. イ .i   ,.,:;./ /   ,.,.;:;:;:;:;:;:;.,.,.,.,7 .7丶、 ⅥⅧ7
                                 /イ圭圭   ノ ,:;';';';'ノ‐、  '" ̄ ̄ ̄ ̄`/´);';:;.,.,   7ⅧⅦ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ――――ただ、それら全てを学び切るには時間が足りませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  老人は最期の時に語ります。
. .┃|(
. .┃|))  「私の弟子――――姉弟子のもとに向かいなさい」と。
. .┃|(
. .┃|))  それだけの準備はしてきた。 出る前に、倉庫の隅を探しなさい。 と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


172 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:42:41 ID:xiaADpRh



                         z‐ --‐' `、
                        /_,.. -‐‐ ー ‐∨
                        7 _,.. -‐ ¬ 冖` <
                       /   _,. rfzノノ宝、" ``                    _____
                      ,.イ,. -‐ "= 派彡 ミゞl i                     /ヲー‐ '.      そ 本
                     "  八 ≡/-‐¬ ー-!〈_                   7 ,' ̄.,`7   世 キ こ .の
                        >"         `Y                  7  ,' ./". . . .界 ミ. が 外
                       /      ,.,:;:,.,.    !、               ,-' ., 、 ./ . . . .の . 一 .を
                       ヽ    ,.; ' " ' " `     `丶、           7  ``´、      .   部 . 見
                       ζ、               `ヽ         ヌ.,_    !      .   で .な
                      /, '"          ,      i /ゝ、,、      | .;:,` 、. !         あ  さ
                    z", "           ,:;    ,:' |'  ,' `ヽ、    | ;';  ,`!'        . り. .い
                    /-'    ,.        ,:';    ,:';. | /    ヽ、 , i  '; ' .!       . . 全
                   ハ     ;';      ,:';:'     ,:';'.  |/   ,.    ヽ、:;  、  !           て
                   ∧ ∨    ';';:,    ,:';';:    ':' .  |,. ,. '"  ,. - '     、. !          だ
                  7 ,ゞ |      ';';.,.,.,.,.;:';';';'.        |'",.__- '"      `、ヽ !
                  7  `';';|  r ヽ  ':';';';';';':' '      (_`) |"´  ̄``ー- 、.,_ _:;!
                 7    '|  ` '     _ ,._、,,-,、., _ _ _ |
                    7 .  i '!,. ,-‐ ¬ '" "'!ll|||lll!!''"   ,','  ``|
                    i     i, |" ,','       ,','      ,','    |
                i      i:,|  ,',',     ,',      ,','    |
                |     i;|  ,','     ,',',     ,',',  .    |
                   i     i|  ,','     ,','     ,','      |
                   | . .,.,.  |  ',',     ,',',    ,','      _,.!
                i ,.;';';';';.,.i┘、 ,_',    ,',','    ,','   _,. '"  |
                〉;';';';';';';';'!、., _  `` 丶、,',',   ,','_, '" _,.. - '",!
                !;';';';';';';';'7 ', ``ー-,、 `` ー '" ,. '"    ',|
                    !;';';';';';';'7', ','   ',',"`ゝ_   ,. '"       ,'ハ
                 !;';';';';';'7 ,' ',   ',', ,',',', `" ,',      ,',',ハ
                  !;';';';';',| ,'  ',',   ', ,',',   ,',',      ,',',' i
                     !;';';';'7 ,',  ,',',  ', ,',',',   ,',','     ,',','   |
                  !;';';'|  ,',',  ',','  ',',',','  ' ',',     ',',',   |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……そして、老人は。 「彼」に、人生の指標となる言葉を残して逝きました。
. .┃|(
. .┃|))  その表情は何処か満足そうで、安らかで。
. .┃|(
. .┃|))  それを看取った「彼」は、たった一滴だけ。
. .┃|(
. .┃|))  老人の……それこそ、第二の父のような師匠の顔に、涙を零しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


173 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:45:52 ID:xiaADpRh



                             /.: :. :.\ /.: : : : : : :.`丶、: : : : : : : : : : \__,ィi〔 ̄ ̄ミh、\
                            / /⌒ : : : : : : ⌒\.: : : : : :.\: : : : : : ィi〔ニニ寸ム      ):i) |
                         / /.: : : : : : : : : : : :. :. :.\.: : : : : :.\: : : : ⌒ヽニニ}ニ}_____,ィi「  |
                           /: : : : :/: : :/: : : : :| : : : : : : :∨/: : : : : : : : : : : :ノニ///==ミh、    |
                      ,: : : : :.,:: : :.,: : : : : : |: : : : : : : : ∨/.: : :. :.∨/:<|:i|マA`寸}h、}:i}__,/
                        ′: : : ′: :′.: :. :. :.|: : : : : : : : :/, : : : : : : ∨/:.:.|:i|: マA `寸h,\
                         |: : : : :|.: : :.|: : : : : : :|: : : : : : :|: : /, : : : : : : :∨/ |:i|.:.:.マA   マiA \
                         |: : : : :|.: : :.|: : : : : : :|: : : : : : :|: : : |.: : : : : : : : :. :.|:i|:..:.|'マA /i|i:i|
                         |: : : : :|.: : :.|: : : : : : :|: : : : : : :|: : : |.: :.|: : : : : : : : 乂ニニニニ彳|i:i|
                         |/V:_|:斗┼: : : : :、:|: : : : : : :|: : : |.: :.|.: : : :. :.|.: :..: :. :.| |i:i|\|i:i|
                        / 人〉ぅテミメ、: : : : _/ト、、_: : :.|: : : |.: :.|.: : : :. :.|.: :..: :. :.| |i:i|  |i:i|
                         ∧  \  `Y  ̄   L_____``~、、|.: :.|.: : : :. :.|.: :..: :. :.| |i:i|  {ニ}\
                         ∧    ヽ/:/:    チ冖冖¬ミ:‐┘: :|.: : : :. :.|.: :..: :. :.| {ニ}  寸.!
                        }     }   ′  ////r─こつ.:.:|.: : : :. :.|.: :..: :. :.|  寸  | |
                      /   /:.、        〈 ̄ ̄  \__|.: : : :. :.|.: :..: :. :.|      |⌒
                      /   //: : : \ (`~、_ 〈 ̄ ̄    Υ\:..: : :|.: :..: :. :.|__,/
                    /    ./⌒|.: :. :. .:.|\   ┘ Υ ̄    |: : :.∨: :|.: :. :. :./,
                   /    /=\|.: :. :. .:.|    ̄/ ̄\〉、    |.: :. :.∨ |.: : : :. :./,
                 /     ./二二|.: :. :. .:.|    ,/      ̄}\|: : : : :∨: : : : : : : ∨/
                       /ニニニニ|.: :. :. .:.|    i|ヽ   --‐ /  i|.: : : :. :.ヽ.: : :. :. :. :.∨/
                   /二二二|.: : :. :.人    i|     ,/  /i|.: : : :. :. :.∨/.: :. :. .:.∨/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  普段は騒がしい程のアカネも、今日ばかりはと静かに泣きじゃくっていました。
. .┃|(
. .┃|))  ただ「彼」は、それ以上泣くことは決してありませんでした。
. .┃|(
. .┃|))  それだけの、別れを。
. .┃|(
. .┃|))  老人とは、とうに済ませていたからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


174 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:49:54 ID:xiaADpRh



                                          /          /
                                          /          /
                                           /          /
                                          ,'           ,
                                          /              /
                                            /              ,
                                       /              {
                                         /              l
                                  r‐ 、 /                 ,
                                 /  /                  l
                         , - 、____{_/                 ,
                          {                              /
                         l `ーr-、,,..::''                /___/
                         |   | ノ                  /l  l
                         |   /               ,.イ  ゝ_j
                            ヽ/         _____/l  !
                       , - '´       __ /l   l     弋,ノ
                          {     _,. -r '´    弋__ノ
                      ‘,     {ヽ  |
                       }     ! ヽ_ノ
                       |  ,  j
                       ', ノ  /
                        ヽ、__/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) そして、倉庫の隅から出てきたのはチェインメイルと呼ばれる編み込まれた金属の鎧。
. .┃|(
. .┃|)) それらの一式が、使い込まれたように滑らかに輝いて置いてありました。
. .┃|(
. .┃|)) ……嘗て、老人が漏らした言葉。
. .┃|(
. .┃|)) 「友人の形見」というのは、きっとこれで。 老人が渡そうとしたのもまた、きっとこれだったのでしょう。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


175 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:54:12 ID:xiaADpRh



                             `丶、、
                             `ヽ、、     !\
                                   `、:、   !//\
                                     \、  ∨//∧
                                       \ニ=.∨//∧
                                        f‐- -∨//∧
                                        |:.‐- -.∨//∧
                                       !_:.:...   ∨//∧
                                        | ̄‐-_!∨//∧
                                       !:.:.:{ ===! .∨//∧,,..,,_
                                    /',:. :.. . ̄| 。|∨//∧ミミミh、
                                  ∠'..,,_/,: : .  | 。| .∨//∧ミミミ.. \
                                    彡ミミミミミ``ヽ、! |:.:...∨//∧ミミミ  ヽ
                              彡彡ミミ,-、ミミ',:.:.::ゝ-''"::.∨//∧ミミミ}‘,
                                彡彡-=ニニニニニ=-、:::::::.:..∨//∧ミミニヘ.. `、
                                彡ミ-=ニニニ=-''~._,,..-..,,',.:ヽ,,_.∨//∧ミニニ:',  ',
                                   彡'-=ニニ=-' ./-=ニ=-、::..ヽ:.∨//∧ニニ .∨∧
                                 7h、ニニ=-.{ ,'-=ニニニニ=-、'~ ̄∨//∧ニニニ:∨∧
                              i!xxx``ヽ、{ {-=ニ=-ィi{ z-=..,,__.∨//∧ニニニニ',  ',
                                i!xxxxxxxx"''丶、‐.,'   ヽ-‐‐-..,,_´=- ..,,_ヽ,,_ニニ:i!  i!
                                 ,iヽxxxxxxxxxxx/:`ヽ、   γ~"`´、..,,_ _,,..,,_ ~"''~-‐-
                               /i:. :..}h、xxxxxx /:.:.:.:.:.:.〕iト..,,_{:. . . : ヽ、 :. :. : . ~/''~、、乂
                             _/:i:. :. :. :. :. :. :. :./ . :.:.::::::::::::::::::{ ``ニ=-......,,_,,....-=个ニニ:‘,. ',
                         ノ:..:./:. :. :. :. :. :. :. :.{. . . :.:.::::::::::::::.:.乂_ノ:/ニニニニ∨∧ニニニi.  i
                              {:.:.:.{:. :. :. :. :. :. :. :..ノ. . . . :::::::::::::::.:.:.:. :. .iニニニニニゝ-"ニニニi.  i
                             ~"''i:. :. :. :. :. :. :../ . . : : .::::::::::::::::.:.:.: : :.iニニニニニニニニニ.i:  i
                             γ_:. :. :. :. :. /. . : : :.:.::::::::.:.:.:.: : : . . :iヽ、ニニニニニニニニニ .}  }
                               {_ ニ=-..ィi〔..,,___,,..:::::::::::::.:.:.: : : : : .',辷〉ニニニニニニニ.i:  i
                                }:~"''ィi{  ‐-‐_,,..-=ニ.:.:.::::::.:.:.:_,,.、=ニ ',~ニニニニニニニニ,'   i
                           {:. : ∧..,,_,,..-=ニニニ=-、"''''"~:::.:.i_,,..-=、二二二二二二 /  i
                                i:. :. /-=ニ ニニニニニ=-_::::::::::::::i -‐''"`、ニニニニニニ/  ,'
                               i:. :..{-=ニ ニニニニニニ=-,:::::::_,,..ゝ; ヽ ヽ.、二ニニ-=ニ  ノ
                           >''~;;',.  ',-=ニ ニニニニニニ=-,''"、  ;  . : : `、~''<_>''~
                       ,ィi{;;;;廴;;;\ !-=ニ ニニニニニニ=-,:::::',. . ',  ヽ: : `、
                      弋__,,..>''~ :!. ヽ-=ニ ニニニニニ=-,:::::.',: . . `、.: .: .: .: ~''<_
                               |   ヽ-=ニ ニニニニニニ=-,::::::.',: : : . `、.: .: .: _─
                               L..,,__,,ヽ-=ニニニニニニ=-:::::::::',: : : : :. ヽ、.: .:  ̄_

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  それらを身に付けてみれば、誂えたように身体に合いました。
. .┃|(
. .┃|))  細かい理由は分かりませんが――――恐らく、老人の友人もまた。
. .┃|(
. .┃|))  老人のような、誇り高い男性だったのではないのか、と。 何故か、強くそう思いました。
. .┃|(
. .┃|))  だから、それを受け継ごう。 「彼」は、そう決めたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


176 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:56:23 ID:xiaADpRh



                                                      ノi
                                                    ノ:./
                                               ,'.:.,ィi{
                                           i.! ~"'' <
                                            i.!‐- ..,,_ !
                                              ,。'..,,_‐- ..,,_ !
                                         _,,.. -=ニ"~ミミミミ~"''‐"-..,,_
                                   >''~ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                                    >''~ニニ=-}   `````````..ィi〔-=-ヽミミ
                             >~-=ニニニ=-i      ..::/、xx-=ニニ=-゛゙
                               γ=.、ヽ-=ニニ=-i /   ...:/.: .: .ヽx-=ニ=-,
                               λ-=-` `,-‐ ''",'   ..:::/.: .: .: .: .: :',-=ニニ=-,
                                 '-=ニ=-,  / . : : ._,,....,,_.: .: .: .: .:./:〉-=ニ=-{
                                   ヾ''"~: } {.、丶`-‐_,,....,,_"''~、'/-=ニニ=-}
                                   ヽγ~"}´/ィi〔.:{.: .: .: ``ヽ/ ̄`ヽ、_,,..丿
                                    ゝ、ミ'//. : : : : ',.: .: .: .: .: .:ヽ
                                      _~'//. : : : : : :.',.: .: .: _,.。 *'\
                                _、‐''゛.:.:.',. : :ヽ: : : : i''"~:::}=ニニニ=-_
                                _、‐''゛.:.:.:.:_、‐''゛',. :`: : : : : }h、:::,'‐=ニニニ=‐,
                        _、‐''゛:.:.:.:._、‐''゛    .`、. : : : : i-=ヽ-=,ィ:h、-=ニ=-_
                      _、‐''゛.:.:.:.:_、‐''゛        ',. : : : :!-=ニヽ:.:.:.:.:.:ヽ-=ニ=-,
                  >''~:.:.:.:.:.:_、‐''゛                ',. i : :!、-==-',丶、:.:.:}-=ニニ=-,
                   ∠└┐_、‐''゛                  " 、":::',-==-}  >-‐''"~}ニ=-
               辷_,,.. -=ニ                      ゝ‐-,ニ=-'./ヽ-=ニニ=<,'

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   ――――この一年、鍛え続けた事で至った《スキル》。
. .┃|(
. .┃|))  ...>>58-77 ※一芸~は除きます
. .┃|(
. .┃|))  ...【1D17:16】
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


76 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/25(土) 19:27:33 ID:RGnVuIdh
【凡骨の一矢】
相手よりレベルが低い時一度だけ判定にボーナスを得る


177 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/25(土) 23:59:08 ID:xiaADpRh



                              \:.:.:.:.:.:`丶、.:<
                               ~"''彳.:.:.:.:.`丶、.:.<
                                  ``ヽ、.:.:.:_`丶、:.:..<
                                     `''"~-‐-.`丶、.:.:ヽ
                                             }h、.:.:.:.:.\:.:.:.∨
                                              〕iト _:.:.ヽ.:.∨
                                                 }h、.`:.:i
                                           _,,...,,_   ',.:i:i
                                              /. : ..:::`丶、i|
                                       /: : .::.`ヽ、::::::`.ヽ
                                      /: : ..:::::::::::::::::.丶、 .:::::ヽ
                                     /`丶、:::::::::::::: : : : .::::ヽ、:: .ヽ
                                   / : : .::::::::ヽ、:: : : ..:::::::::::::: .\. 丶
                               _        / : : .:`ヽ、::::::: : . : .::::::::::::: . : : : .\ `,
                           ニ=-_ _>''~: ..::::::::::::::::::`:.、: : .:::ヽ::::::: . : : : . .  ヽ/
                           ニニ=-{: : : ..::\:::::::::::::::: . :ヽ.:::::::::: ヽ _ :. .   /
                           ニr<ム: ..::::::::::::\:::::: . : : .::::ヽ:::: . /,-、\_ /
                           ニ,'  \:、:::::::::: . . \. : .:::::::::::::ヽ :人\::\/>
                           ニ{   ∧ヽ. : : : : : :厶.:::::::::::: .: : : : .\.\ ~"
                           彡、    ノi丶、< : .//∧::::::: . : : :  //
                           彡从  :}i  厶;ヽ.:::::/∧:: . : :  //
                           彡ミ从心:.i     ',ニ\:::::::',::  //
                           彡彡ミ从;;{      ',ニ∧/ヽ//
                           ;;彡彡彡从     〉¨ヽ:\/ ~/
                           彡彡彡彡人   ノ   ヽ::≧'
                           彡彡彡彡彡\ 乂    ',::: ‘,
                           彡彡彡彡彡彡ゝ{    丿   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  自分は、決して天才には敵わないだろう、と理解していました。
. .┃|(
. .┃|))  自分の努力を軽く飛び越え、その上の領域まで至るのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  ――――だからこそ。
. .┃|(
. .┃|))  老人「達」に恥ずかしくないように。 一矢を練り続けよう。 それが、「彼」の抱いた決意でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


178 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:03:03 ID:Npc8VRNB



                               /⌒ヽ /〉  ̄ ̄: : : :..、
                                 {{ /}}' /__.: : : : :. :. :.`、
                             /⌒ヽ// /  /.: : : : : : : : :.:
                             〈{ i: :/{_{ 亅 /.: : : :. :. :./,: .:.i
                             `T7 / /〈_,>/: : : : : : : /,.: :}
                              人¨∨/∧V :/.: : : : : : : :. :.:
                                 |i: :∨ ∧V : : : : : : : : : : {
                                 |l: | l,//∧\: : : : : : : : : ::
                                   |人|_/ ⌒.: : : : : : :. :./,
                                   |: ハ: :i: : : : : : : : : : : : : :/,
                                   //⌒i: :}.: : : : : : : : : : : :. :./,
                                   : :   |: : : : : : : : : : : : : : : :./,
                               | |   |: :: : : : : : : : : : : /,: : : ::        ……せやな、マスター。
                               | |   |/.: : :.i : : : : : : : : : : : : /,
                                  rく二二.: .: .:: :|.: : : : :. :. :. :./, : : /,
                                マこニニ.: : : : :.{.: : : : : : :. :. :./,: : :./,
                                }ニニニ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./,
                               ニニニ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/,.: : :./,
                              _/ニニニ.: : : : : : : : : : : : : : : : :. :./,.: : :./,
                               }こニニ|: : : : : :.|.: : : : : : : : : : : : : : : : : /,
                              }ニニ二|: : :|: : : |: : : : : : : : : : : : : :.}:/, : :/,
                            √ニニ/|: : :|: : : |.: : : : : : : : : :. :. :./: : : : :./,
                               √ニ/_i|: : : 、: : ト: : : : : : :.___/|: : :ハ: : }
                               _=ニ〈=八: :Ν\|ニ\/ ̄こムこニ|/  }/
                              _ニニ∧ニヽ|ニニニニニニ二ムニ=_
                           /ニニニ/ニニニニニニニ二二二ムニニ_
                             {エニニ/こ二ニ/ニ二二z|ニニニニ〉ニニ_
                           ‐ニ二|ニ二二/ニニ二二|二二>'ニニニ
                              ‐=ニ| ¨¨¨´   | |    ¨¨´ ハニニ
                               ‐=ニ|        | |      ∧ニニニ
                            ‐ニ|‘________} {_______,  マニニ
                             ‐= ‘,.: : : : : : :| |:.: : : : : : ′  二
                             ┘ ‘,: : : : : : | | : : : : : ;′   マ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   一度、深く礼を行い。
. .┃|(
. .┃|))   「行こう、アカネ」。
. .┃|(
. .┃|))   そうだけ告げて。 老人の眠る庵を後にしました。
. .┃|(
. .┃|))   決して、振り返ること無く。 後ろから聞こえた声は恐らく、空耳だったのだと信じて。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


179 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:04:20 ID:Npc8VRNB




                                             ,斗-、
                                          > ´   \
                                         r‐、/        \
                             _______| |\\          \
                           rく         `V〉,\\__       \
                           Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
                           Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
                            Vヘ             V〉,    , <>'
                            Vヘ             V〉,   < /
                             Vヘ           V〉 〈//
                             Vヘ、 ______  ,∧_/
                              Y≦三三三三三三≧厂




180 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:04:52 ID:Z5Y4x1Oh
完全に刺客向けのスキル構成に
まさに暗部

181 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:06:19 ID:XP7sdp+V
格上を相手に一瞬の隙をついて一矢を放つ
すごく…暗殺者です…

182 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:06:19 ID:DMuLLp1w
こういう主人公大好物過ぎるのだがヤバイ


183 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:06:38 ID:Npc8VRNB



                                   _ ____
                                    :´: : : : : : : : : : . . .
                              /: : : : : : : : : : : : : : : :.\
                                 /: : :/: : : : | : : : : : \ : : : : \
                             /: : : : : : :.|:∧: : : : : : :廾ト : : : :ハ
                               /: : : : : : : :从/⌒ヽ: :ィ笊=ァY:ノ
                          |: : : : : : : // 芹芥ト )ノハ_ツ_ {从___
                       -…- ..__ 厶: : : : /∧ `乂ツ    '  V: : : : : . .、
                乂__ノ´: : : : : : : : \:_:_Y: 彡イ }: : .、         ,  从⌒ヽ : : \
                 Y⌒\ : : : : : : : :_:_:ソ: : : 人.:_: : :\   `   /: : Y  \: : : .
               〃⌒ニ=‐-≧=‐-: : : :/: : /: : : ∧: : : : . ー‐─<: : : ノ    ゚: : : : .
                /: : : : : : : : : : : : :-‐=彡 : : : : : : : :/ ∧: : : : : : : : . 、 :X¨{ 乂_ノ: ) : : ノ         .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :八:\: : : : : : : :Χ::::::{_ Y: /: /_,          |.. .そして、「彼」は旅立った。   .|
          /: : : : : : : : : : : :.. -─‥………‥─=彡:.:.ヽ:.:.〕ト : : : : : : \:::{_〃 / : ノ        乂_____________ノ
         〃: : : : : : : : : : /:(     (/ |: : :/∨:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\人ハ: : : : }\{: /: :Y¨
         : : : : : : : : : /: : : :\     )八 : { /:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∧: : :(: : :Y^):ノ
        八 : : : : : : : : (⌒ヽ: : : : \     ヽ |:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨¨¨{l:.|: : : ): : :V
          `   : : : : : \: : \: :)V      |:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂: : 人: : :}         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                : : : : ヽ: : :シ        ハ:.^Y:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.乂__彡': : : /: ハ :′         .| 老人の最期の言葉。 「幼馴染」との約束を胸に。
                 \: : :Υ       /:.:.:.:.:.:.:/¨\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(:{ /: :イ〕: /___________    .ヽ_____________________乂_
                  ): :ノ        /:.:.:.:.:.:.:/   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y⌒7Y__〕 ′_______.ィ1__
                  /: ´       __/:.:.:.:.:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 乂__〕{〔:./       |liliトく
                .(/         ノ:.:`:.:.:.:.:.:./     .∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〔 { 圦      |liliト│
                         イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      /:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〔 { 〕:.廴____  (_ノノ、
           _  ┌  ____....:〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__.. -=ァ’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ィi芥¨¨::::::::::::}  |lili(ノ }
             }::\:|::::::\:.:.:.:/}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:._____/:::: :冂\_::::::::/____|lili|  }
             _/\::::ニニ7^ヾ:::ノ:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:′:.:.:.:.: -<::::::::::::::::/|八::::::::¨¨、  ⌒Y_ノ
        ______{/:.:.ィ〔   /:.:}::::「:.:.:.:.:.:.:/ {_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>─‐┘:/  }\:::::::::\¨¨¨
     ./:.(__ {レ’⌒_} /:.:.:.く::ノ:.:.:.: / V⌒{_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/¨¨/::::::::::::::::::/   i}:.:.:|:::::::::::::::..、
    ../:.:.:.ノ  Y⌒Y^/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.V⌒ヽ  \_r… く  人:::::::::::::::/   }:.:.:|:::::::::::::::::」
      |:.:.:(/ 人 Y⌒\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.\__   ノ⌒Y  ノ⌒V¨¨厂  /   }:.:.:|/¨¨¨\
  ______,|:.:(_/:.:.:.`「\_\:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.乂__ く  .ノ  ノ⌒:.:/   ′  八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
...:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.: し :.:.:.:.:¨¨¨¨¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_\__Υ_ノ⌒ :.:.:/   /       \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__.:.:.-‐=ニ:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /        、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /       /          〕ト:.:.:.:.:.:.:.
..  〕ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       .′             |   \:.
..._/   〕ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         /            |    ゙
.〕   /   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/           /                }


184 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:08:32 ID:Npc8VRNB



                                    ´/        /  }  、  ヽ
                                   / /   , ´//  /  /   . .  ゛.
                               / /   / "// / /  / リ   !i i
                                  '   / '   / / /  / 〃 ' 从 '   ',
                                 ' !:  ' / / イi ' .′ ' シ 从 /リ :' ;    !
                                ,:li i --i /、j'! / / / /_' //| ' /  .' !
                             ; /, !i. 、x==ミl|>'/ / 彡_‐∠_' i // /
                             /' / !いヘ (....I!..}V' /  '/7´::い`リ, / /  ′
                             / / .::! ゙ミ  `='′从   ' .乂゙:ノノ// /′ ′    続きは――――そう、貴方の心の中に、よ。
                               /   ∥ Λ:/:/ =≦l ̄l\ :/:/:/:/ / ';′
                               ' ′∥ .-=≦     |  |  \  ' ' '∥'  ′
                              '   ,.l≦           |  |   \ / イ∥′.       一度、休みましょう。 ……お茶でも、如何?
                              '   .: |             |  |     \ //′
                        '   /:/ .|             |  |       |./'   ′
                        /  '.:: '  .|             |  |       |   ′
                       / /.: // .|      {`ヽ {`ヽ       |i\′
                      /  '" .:/ ' 彡/".!         ヽ  \  ヽ      | ‐zミ:、
                    /   .::/ 彡'´//!       -=≦ヽ ヽ  .i     |i:i:i.リ.}゙、
                  /   ..:.://´ //..../i    -=≦r―--ヘ  ヽ l\   |i:i:/:/i;ハ
                  '  .: .:.:.://{ //..゙..../ ≦三>´ ヽ ____ `ヽ  >、\ i|:/:/i:/:/
                '′.:. .:. .:./.' イ//{.....゙..7:i' .' ∨"   (    x≦ニニ≧x ソ :'/i:/


185 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:09:47 ID:Npc8VRNB

【データが完成しました】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ,,_
                               ``ヽ、、   _,,..,_
                                     `丶/   \
                                       {       .}
                                       |\___/|
                                   /|,,_ _  _,,::!∨
                              ニ=-{...| ‐-|。!-‐::| .}`、ニ=- ..,,_
                             、丶`ミミ`、.', !.r., !_|  リ /.: }ミミミミミミ
                             彳ミミミミミミミ`、',.{::|//_/ノ.: ,'ミミミミミミミ
                            彡ミミミミミミミ{∨:::::::}h-‐‐-、ミミミミミミミミ
                              彡ミミミミミミ人::::::::::::リ  ./ミミミミミミミミ、
                              ヽ''"~ニニ=-ノ:::::::::/〕iト、i~~\'ニヽ''"~=-',  >''"''<
                             |-=ニ=ィi{::::>。,,':{:/ .:.:.:.   ',-=ニニニ=-, ,:゙,:゙  O `、
                              `、ィi{ニヽ_::::.. /-',  .:.:.:.  .:',',-=ニ=-''././   ,ィi{ヽ, .',
                               ',-=ニニ=-/.:{  |',  .:.:. __| \_,,..-‐,'..,'   /     .',
                               ',-=ニ=-'.: .:ニ=| {-‐=ニ~  ',  ',-=ニ'...' O.,'      ',
                                〕iトィi{      !ニ,  .:.:.:   ',.  ',-='...'  .'         |
                               、丶`.:~">‐--‐.',¨.',  .:.:.   }  .}-i!..i! .i!        |
                             /.: .: .: .: .!.:.:.:.:ノ`、}.:.:', .:.:.:.  |  .| i!..i!O.i!       .|
                             /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:{:..:.:.}.:.:.:.', .:.:.   .!   .|.i!..i!  !       |
                          /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:.:.:゙:.:ノ',.:.:.: ', .:.:  !.  ',|...|  |         |
                           /.: /: .: .: .:/ニ{.:.:.:>''~}h、````.', :.:.  |    |...|  |         |
                       /.: //-=ニニ=-/ / ,' リ     ',ニ=-、|    |...| O|         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         《無銘》の【彼】:主人公

         【白兵】:1Lv      (戦闘で最も基本になるステータス。)
         【魔法】:3Lv      (一つの依頼終了までに【魔法Lv/2】回だけ、任意の判定に【魔法Lv/2】D6のボーナス)
         【探索】:4Lv      (奇襲成功時一度だけこのステータスで判定できる。 また、目標値を【Lv】D減少する)
         【制作】:2Lv      (一つの依頼終了までに【制作Lv/2】回だけ、任意の判定を振り直すことが出来る)

         《現在の目標》

         《装備》

         武器:ロングソード  (戦闘判定ダイス:d6)
         防具:チェインメイル (戦闘目標値:-3)
         道具:

         《スキル》

         【影渡】:「己の気配を同化させる才能。 他者から発見される可能性のある判定に対し大幅なダイスボーナス」
         【風魔法】:「風魔法を放つ事のできる魔力属性。 他者からの風魔法に対する抵抗にダイスボーナス」
         【凡骨の一矢】:「決して揺るがない誓い。 戦闘時、目標値が自分のダイスの期待値以上の場合ダイスボーナス」

         《コミュ》

         【アカネ】:マスター!マスター!あんなー!


186 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:10:12 ID:IePpbuY2
むしろよく記録が残せたな、感心するは。

187 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:11:34 ID:lo/NEAbc
忍術で戦うニンジャみたいなのが出来ましたね


188 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:11:52 ID:Npc8VRNB



                                     __
                                ,
                                 / / /   ∧      \
                              /   / / {  /ーVハ   i
                               /  ; ,   |  ,=ミ、 ヽ   ハ
                             ,   ヘ/从i|  { Ⅵ}iV i  , -、   ;
                                {{ Y  |ヽゞ `´  从/x=ミ从/
                            /  八 (v  |        イ vソ/ /
                            ,     ヽ}   |       ノ _ 彡イ
                             i   i    l   |     r ァ   八i|
                             |   l    |   个           イ  i|
                             |   l    |   l   \_  -=彡 |   |
                        / \_il   ノ|   |ヽ /-、      |   |
                       /ニ/ハ≧≦iV    }__V /__ ,/|   |
                      /ニ/ニニ=iニ\={     }ニニ}ニニ=ヽ. |   |i
                    , ニ/ニニニ== |ニ }ハ;   ,ノl/   Ⅵニ=/_ |  ,八
                     /ニ/ニニニニニ=i|ニ/ニ(  / i|\  Ⅵ_彡ヘ人   ヽ
                      {ニi{ニニニニニ∨=/ ∨{ 八/∧ V_彡イ⌒ヽ   i
                    、ニ 、ニ\ソニニ}={ 人 / /\ハ }// ∧ミx ソ∨八_乂
                      7≦≧、ニ=- 彡=i{   \彡'  \ |//__V彡___/_ハ ̄
                    //ニニニ √ニニニ| \  \  (>=ミY  |  | |  >、
                      //ニニニ /  \== 八  \   > ´__ヽ l  i|  | | / ノ ヽ
                  //ニニニ /    Ⅵ、ニヽ 彡 /   ´ ノヘil  i|  | | /´  ノ
                 ノ , ニニニ/       }乂ー=彡 ,/    ' ノ}ヽ i|  | | { /
              / { /ニニニ/      |ニ==彡ノ        ノ≦ ̄ ̄≧彡{
             ((   /ニニニヘ=-----=≦ /         イ  乂二二乂 人_乂
                 \ iニニニニニニ<   /    _   <\ノ / / / /  ̄

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   というわけで長丁場お疲れ様でした。
. .┃|(
. .┃|))   本日の投下は以上となります。
. .┃|(
. .┃|))   寝る前に一応AA募集だけ投げておくことにします。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


189 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:12:34 ID:XP7sdp+V
乙でしたー
良い物語だ。続きにすごく期待

190 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:13:00 ID:LIVBrAY+
これは面白い

191 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:13:04 ID:GmpX3e7c
乙です

192 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:13:09 ID:pFkZY6YS
乙です

193 : 名無しさん@狐板 : 2017/11/26(日) 00:13:44 ID:lo/NEAbc
乙です


196 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:16:07 ID:Npc8VRNB



                                    -‐====‐-
                                 /              `ヽ、
                                     /
                               /  ,′       /   }      `、
                                  i{   _/ /}     ′ {
                               ,′  ハ  レ~"''从   /  ∧   }
                                /  / }! ハ  {芹豕k、 / X"~}ノ }i/
                              ′ / }i  ∧ 代_!ノ ゝイノ云ミケ 刈
                               /   ′ ノ  Ⅳヾ,,      弋ソ//Ⅶ
                            /  /  /l  杁       ' "イ´  ヤ
                              /    イ j!  州ヽ   ─-  ノ「 ̄ ̄ ̄|
                           /  / l }!  {`ヽ、>、 _ 。r≦/,'|______|
                         /  /_,.。s≦}i  i{   \   {ゝ// |:::::::::::::::::|
                       /  /\ニニ}  i{ミx、 ∧ /´}`'ミx|:::::::::::::::::|
                           /  /ニニニヽ,ニl   }、{≧=‐、У_ノ≦二|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                        /  /ニニニニニニ寸!  {ニ∨三≦廴}三三'ヽ : : : : ノ
                     /  /ニニニニニニニニヘ  }ニ寸㌣ } 代 \ l `ーァく
                     ,′ -=ニニニニニニ}  }ニ〃/、 l  l ∧ニ〉 //}
                      {-=ニニニニニニ}i  {ニ∨ニヽ, l  lj{ニ/ / ∧
                      /   乂ニニニニニニハ   ト、ニニニ∧  j{ニ/   / ノ
                  /  /   ヽニニニニニノハ  弋`ヽ、ニ∧メ./      /人
                     ′/    /ニニニー7匕ニ乂  ヽニニ\ニヤ/      /ニニ\

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   キャラクター名(原作名)の記述の仕方で、「1IDにつき3キャラクター」までを募集します。
. .┃|(
. .┃|))   一部既に出すことを決めているキャラクターもいますので、その場合は無条件で不採用という形で。
. .┃|(
. .┃|))   また、「同じ冒険に出る」事はあっても「判定に介入」することは無い、と断言しておきます。
. .┃|(
. .┃|))   詳細なデータ管理は「彼」で手一杯です。 一部イベントでのボーナス付与程度が精々でしょうか。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


199 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/11/26(日) 00:19:29 ID:Npc8VRNB



                                           -‐…・・…‐-
                                        /           \
                                   , ′             ヽ
                                      /         ,      ',
                                  /  , _/L   、/i /!     |
                                     ′ /| / |   ,//`/|    |
                                     | | |z=ミ∨/ z=x /   ,   !
                                     ヾヽ| '''' ′    '''''' 〃 /  .,′
                                      / |  。i_,、_,、/o  ,:′ ./  i |
                                  / .人 ′  ヽ /  /    |.|
                                    ,:' | //个s。   _ /  / |   ,' |
                                 fヾv、ミ__/ .|-、{ニニニ/  / ./  ./ | /
                                 /:、゙`Y⌒hrヽ-V:i:iY:i:/:i:〉 ./ /ア≦ニ、 ∨ /
                                /\: `ヽ Y  _ノ: ゝ!:i:}:i:i:i| ./ |/ニニニ| .∨
                               八: : : :``Y: :.T: : : :ハ: :.Y `|∨  /ニニニニL|
                               ソ.∨: : : : :|r :ゝ-:n|` ゙ヽ:.!.|  ./ニニニニニヽ
                               ヽ \: :|: : : : : : :i ヽ .|// /  ./ニニニニニニ/
                               人  ∨: : :_: :/  ,i// /}ニニニニニニr' \
                              〈  /|  ゝ――イ  r<二  /ニ\ニニ―{ ヽ. ヽ
                               | ./.ハ /ニニ}\/\  /  /\ヽニニ|ニニニ八 i | //
                               |/ r―'ニニニニ| r' У }ヾ { ̄ヽ∨ニ!ニニ| У//
                               |∨ニニニニニ:| | 」 _{__r'  i´ /ニ∨\ニ| / イ、
                               {ニニニニニニ| Yニニ≧≦ニ/ニニニ》〉  .//

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   募集開始は本日0:25~一旦本日14:00まで、ということで。
. .┃|(
. .┃|))   明日は夜にTRPGセッションが有るので昼までの募集と夜からの募集と二度に分けます。
. .┃|(
. .┃|))   つまり、「1ID3キャラクター」を二回募集する形ですが、同一IDで一回目と二回目に同じキャラは遠慮して貰えると。
. .┃|(
. .┃|))   というわけで――――長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫は恋を応援するようです 第47話 (10/19)
  • アメリカンヒーローアカデミア 2 (10/19)
  • アメリカンヒーローアカデミア 1 (10/19)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 第十六話 (10/19)
  • やる夫は(人間の女の子には)モテない冒険者 02 (10/19)
  • 国際的な小咄 5559 理と法について、韓国人に聞いてみた (10/19)
  • 国際的な小咄 5558 多分スレ住民からは畜生といわれそうなあんこスレ (10/19)
  • 国際的な小咄 5557 あくまでも私の予想ですが沖縄は…… (10/19)
  • 国際的な小咄 5555~5556 逆もまたある ~ 昔の羽州は (10/19)
  • 国際的な小咄 5554 鳥かごの狂気 (10/19)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 秋 (10/19)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その17 (10/19)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 04 スクラップブック (10/19)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 03 すずめばちの巣 (10/19)
  • 国際的な小咄 5553 やべー奴過ぎて草 (10/19)
  • 国際的な小咄 5552 韓国人から見た儒教 (10/19)
  • 国際的な小咄 5551 なんかわかる(Byいろいろ) (10/19)
  • 国際的な小咄 5550 島原とかいう地獄 (10/19)
  • 国際的な小咄 5549 田舎の教育格差の問題を見て思い出した話 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その9 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その8 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その7 (10/19)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その6 (10/19)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 埋めネタ (10/19)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第23話 (10/19)
  • 国際的な小咄 5548 コストコのジャーキー (10/19)
  • 国際的な小咄 5547 まとめの人にわかりやすく言う、本スレの流れ (10/19)
  • 国際的な小咄 5546 負の連鎖 (10/19)
  • 国際的な小咄 5545 西欧の庶子 (10/19)
  • 国際的な小咄 5544 すごい邦訳 (10/19)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第1話「なぜだ!?非情なるバロン王国」 (10/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 予告編 (10/18)
  • カーきゃん□ 16回目 「『次回!いよいよ新章突入!!』って煽りが入りそうな話」 (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 02 ホテルへ (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 01 その日まで (10/18)
  • ユーノは輝く者のようです Prologue 一つの可能性 (10/18)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その六 (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏③ (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏② (10/18)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 夏① (10/18)
  • 国際的な小咄 5543 酒が飲めるぞ (10/18)
  • 国際的な小咄 5542 ブラジルの笑えない笑い話 (10/18)
  • 国際的な小咄 5541 メキシコのあるあるネタ (10/18)
  • 国際的な小咄 5540 内政物 (10/18)
  • 国際的な小咄 5539 人を殺すとき、或いはやる夫スレを作るときに大事なこと (10/18)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その39 (10/18)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その38 (10/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その1 (10/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク15 (10/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ