スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

ネギ・ポッターと炎のSASUKE杯 あとがき

目次

7038 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:25:13 ID:9Ssbc4Lz
昨日(から今日の明け方にかけてまで)の
ネギ・ポッターはお楽しみいただけましたでしょうか。
第4部は見てからやるね。

7039 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:27:06 ID:I9m4l4P1
サスケ杯完結乙でしたー
ナーシアさんとトーマス先生が良かった

7040 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:28:29 ID:6Xm/VxGr
しかし超高速でヒロインの座をかっさらっていったナーシアさんであった…
赤毛の妹とかいらんかったんや!


7041 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:33:49 ID:9Ssbc4Lz



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l   実は、ロンの妹を出さなかった理由は私の中でですが、あります。
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i    それは……ガセなのかどうかの真偽は私では尽きませんが、
      l::し .!    .丶_ン′ :           原作者様
          ≧=‐---‐''.´      【偉大なる魔法使い】が「ハリーをロンたちと家族にどうしてもしたくてこうしてしまった」という所があるらしいから。


         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i     恐らくそれは【魔法使い様】が作ってる最中には最上だと思ってつくられたもの。
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    しかし終わってみると「こうしたほうがよかったかな~」と反省為された部分。
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    それをした方がいい悪いは解りませんが、少なくともそれをせずとも原作たる「ハリー・ポッターシリーズ」は
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :     名作足りえるのです。 が 。
          ≧=‐---‐''.´




7042 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:38:09 ID:9Ssbc4Lz



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\       その噂部分をも私はハリポタ『関連』のネタととらえ、
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\    『ではそうしてみましょうか!』とした結果こうしました。
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ  【ハリー枠】がもっとも交友を広められるタイミングって、
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广  恐らく『ここ』だとおもったから。
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'    だからナーシアさんには少なくとも第五部のヒロインとして
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /      出向いていただいた。
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /    そして──────
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /


                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!    演出の関係で、時空をゆがませてまでも踊っていただいた。
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'      「うろ覚えだったというのもあるけど『取りあえず踊るタイミングがあったな!よし!!
                }//! 、   ,  ,  .小
               {/l.! ヽ   ー  //,l`      貴様らにはペアになってもらうぞポッター!!相手にお辞儀をするのだーーー!!』してもらった。」
                    rニ=--、\    ' !ィi
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l      【貴様らには私の掌で(仲良く)踊ってもらうぜよ……!!】
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ


7044 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:41:48 ID:9Ssbc4Lz



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ    ついでに使いたかったバジリスクにも出てもらって
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ    お辞儀もカットだポッター!!
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、   ,  ,  .小      (演出の関係で)古い格式を破り捨てねばならん!!
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi      お辞儀をカットするのだぁーーーーーーーッ!!!
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ










    |.:/.:.:.:/.:___二二二>、\.:\.:\.:.:ヽ.:.:.:.:/.://ノ
    V.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´ ̄ ̄`:^ヽ\∨:///
     V/.:./⌒、二ニ-─'´   :::::::::::::::::::::::::`^ヾヘヘ.
     从:/ニ二彡.:.:/        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}.:|
    ∨{   ノ/.:./        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|.:|
     __! ヽ ∨ノ:ヘ!      ..::::::: ̄\、:::::: |!:j/:ノ i.:i
  / ノ从ハ__ リ       ( ヽ===っ≧シノV" / /    ほんとはお辞儀させたかったけど時間と
./ ∨'´  :::|          i ! :::::::´::::::::::::f7 /:/
   ∧   ::|          ノノ ..:::::::::::::::::::!′ ノ       「戦うまでもないわ!」調になった結果カットになったんです!!!
     ∧ .: l弋      /´ ,.  '^、⌒ .:::::i
     丶:: |:::::\:.   /  ,.__   ::`r‐‐′         みなさんほんとうにごめんね!!きっとこのスレを見てる総勢1億人は
       \::::::::::\  /  〈-、  `rr‐'::::ヽミヽ
、        \::::::::::` (j    `、ニシ:::::::::::::∨ミi       「お……お……。」って構えてたに違いないのに!!!
ミ\      /⌒}:::::::::::::::\.....` ̄/::::::::: ::::::::\|
ミく \   /::::::::|::::::::::::::/:`ー‐'ノ:::::::   ::/⌒\      【人数も何もかもを総称して言うけどんな訳ねーだろ。】


7045 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:46:31 ID:SG5j9/BG
お辞儀様と殴り合うのは後のお楽しみ
てかAAが忍殺さんだから怖いよなw


7046 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:47:26 ID:9Ssbc4Lz



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     あと今回がここまで長くなった理由はわかる通り
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"      その「ヒロイン」の関係が大きくある。1作目は「こんなのどうでしょう(水曜)」的に流してて、
   `i, `r、 u  ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙       2部でダラダラしすぎてたから3部で「カットしよ!(監督登場)」した結果、
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_      この4部では「もっと物語にせなアカン!!!」と奮起してやってみました。
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   まぁラストを決めてたからそれに向かって如何に矛盾がなく如何にキャラを動かすかは結構悩んだ。


                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ     ディオフォイで大体片付いたけど。
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、u  ,  ,  .小       「最終兵器オリジナル枠。」
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi       あとナーシアさんをヒロインにすんのすっげーむずかったっすよー!?
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__  表情が硬いか笑顔かのどっちかだったからメチャクチャ表現練ったよー!?
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ  その結果トリッキーで気難しい秀才であり、ネギに近い人物として書くことになった。
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二l
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl   根本は違うけど類似してる、みたいな。
. lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二l


7048 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:50:37 ID:9Ssbc4Lz













                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ     まぁナーシアさんをヒロインにするのが難しかった別の理由は
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ     マルタさんっていうジョナフォイに一途で完璧なヒロイン(攻略不可)が
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ  u   ,   ,!   jソ/′
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、    いて相対的に「あっちの方がいいじゃん(無慈悲)」になりそうだったからなんですけどね。
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,   なんであの人あんなに強くしちゃったの。(懺悔)
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |  でも『あのジョナフォイ』の彼女、というか許嫁だしより一層完璧にしたかったんですゆるして!!!
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !
.: .:. :.: .:. :..: .: ,,r'"´  ̄  ̄ `ヽイ;:'´  _,レ^ー-、_   ,r‐y `i j,リ /     ! |
.:.:.:.:.:..:.:.:;:;:;/     `,   ヽ:;: ;:,イ.: .: . . . . ̄`ゝ‐'T二レ'゙ /    ,! 」
:::::::::.::;;:;:;:/        j     ト、''´.: . .: :. : :.: . . .: . . ,.   /    | 1


7049 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:50:42 ID:SG5j9/BG
ナーシアさんとネギ君はすごいお似合いだと思ったわ

7050 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:51:15 ID:aEfb2kh4
ナーシアちゃんとネギ君は正直めっちゃお似合いだと思いましたねぇ
いちゃいちゃして、どうぞ!!



7047 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 15:47:43 ID:aEfb2kh4
闇祓いや大人の魔法使いの強さも分かって良かった(小並感)
フォイのお父さんかっこよかったよ……!!


7051 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 15:57:24 ID:9Ssbc4Lz



            ,、、、、.__
       ,.....,_  ./. 、, ---  ̄ ̄\  ,.、、、,
     ,/--、,ヽ<   `-、,_ _、-'´  'y ' ,r‐‐ヾ,
     /'´   \\         ,/ /   .ヽ    >>7047
    ./      ヽ.ヽ       //      .':,
   /        .':, ',      ././        .',
  ./   、、、,    い,     /./     ,、-'   .i                       ブラボー     ライナー
   `''' ‐- 、,_`ヽ 、、  .い{}ニ{}ニl//  〃 /     l   「今回の作品の根本に『なんで【ムーディー枠】が【クラウチjr枠】にやられたのか』
        `'kz.、ヽ、 い  ././ 彡' _,,、zt‐''''`` ̄
         l \``'‐、i,ヽ、ノ,ノ,...- ' , -'´l         っていう疑問から来てるからね。
         .',ヽ .\::::::`- '´::::、- '   l'
          ,l ヽ, `zゝ- '`´  /  l           小説版を申し訳ないが読んでいないんだ、私。だから憶測だけど『【ムーディ枠】が
         (` i ,_ ヽ, .{ {.○'  / ,rz .i'‐、
        ,./ ヽ`'‐ヽ>)   ,、- ' / い└、         【クラウチjr枠】にやられた理由は『改心したとかどうとか言われて精神的に油断していた
       ,/, -、_`ヽ、 (.{ ○'  ./ //  \,
     ,r '´ ヽ,_ヽニ‐、 //,-、_  //,r='"   `ヽ,      ところに付け入られた』と思ったから』という部分がある。」
  ,、-'`´     .`''‐  ヽ,'ゝ='、´''´ `        `ヽ,


           ト、      │|     /レ           /
 ̄"'''- ..__、    、ヽ、    凵≡彡  //    __,,.. .-‐ '''""
 l| \::::::::::::<ヽ_____ヽ、l! ‐-ミ圭彳ソ //_ _,--,イ 7::::/::::/ l|
  |!  丶、:::::::\ヽ, イ`ゝヽ        /,'∠ト,ヽィ/,..-'''" ∥!i:
  {!   `丶::::::::: ̄ ̄へヾ     // ::::: ̄ ̄//   / !}     「だからそれを踏まえて今回の最大の根元は『【ムーディ枠】が実力を全力で発揮して
   l| k.l     ̄`\::::::::::: `、`、  ,',.'/::::::::, -'"', -'"   /  !|
   |! |i         "'''- .._丶--‐', -'", -'" ノ    メ  !|      動いていてかつ、ウチのメンツがガチで【ヴォルデモート勢】を警戒する』っていう動きにしたんだ。
    l| ハハ        「厂' ̄ ̄ ̄' ̄   /    ハ  l|
   |i  k.l ヽ     |_|┌-----┐    l!   l,.仆、 メ      『あ、マルフォイ家はいい人ね?これは世界の心理だから。(鋼の意思)』に基づいて。」
   k.l  ヽ!  \    |l L::::::::::::::∥   イ   彳  /
   卜!  ヽ   ゞ   !l   ̄ ̄ ̄   从  / /  l,!ヽ       【そのマルフォイ家への拘りのおかげで大分変わっちゃったんじゃないですかね……?】
  / ト、!   ヾ丶 ヾ  l |           ノ  / /  l,リ  ヘ


7052 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 16:00:59 ID:H3ghcwtS
ジョナフォイの友人選びネタもあって凄いシックリ来たから、アレでよかったと思いますぜ


7054 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:04:53 ID:9Ssbc4Lz


                           「説明しよう!マルフォイ家とは【偉大な原作者様】がお創りになられ、

                            悪趣味スレ主が不敬にも弄り回した高潔で誇り高い一族である!!

                            今日も魔法界の平和を守り、醜き闇の魔法使いに鉄槌を下すのだ!

                           ゆけッ!僕らのマルフォイ一家!!!!!!!(マルタ嬢は内定済み)」

                                    【マルフォイ家がこうだからしょうがない。】
                 ) /⌒ヽー-、
          ヽ、 r‐=ミイi〔:/: : : : : : jイ⌒ヽ__                                     ____
           _ノ:}ー': :/: : /: : : : : : : : : ノ : : : : : `ー=彳        ,,,.. .... 、,..- 、 .          / ̄ ̄ ̄  __  ̄\
         (: : V: : {/: : / : /: /: : : : : :≦=- : : : }: (      /´//////////``.        _/   ミ、 / ̄ ̄`    }
      }V{ (: : : :\:{ : : {: :/: /: : : : : : : : : : : ̄ミ.:ノ⌒     /" /////////// ///.      /      ̄\ //⌒        \       >―ァ. . -―-
      \:ヽ\:\: \ : V/: : : : : :、: : : : : : : : :ミ :乂ノ    .i ////////////////////  ト|     \  /             |     /( .r――ァ: : : : : : : ``
      , }≧: : :ー=ミ: ヽ: : : :ィ: : : : : :\: : : : : :\: :メ    ./ /////////// //、,/,,./.  │|\      / ̄ ̄\      ヽ     〉 >、 ./.:/:. :. :. :.∨:\: ヽ /|
       }乂 : : : :ハ: :/(⌒^ヽ:i:|ヽハィ=ミ : : :ー-=ミ: : :⌒ヽ  .|//////////////; .      \ヽ\   /     \          |   / / (  ヽ:.:/:.: :.:._|:| : ∨: :`、 . |
       \ー=彡: {从、 : }从斗ャ≦ヘヽ: ::Z彡: : : : : : ::}  .i///-、////-////=/ , i.    / ̄\\≧i{L              |   |/| |\ i/:.:./ |:| : : ∨: : |: iノ
        ⌒ヽ: : :{ ≧ミ {ィ手ィ忙ソノ  ∨/ }: : : : : }::乂_, ///, 、i////´':;迩リミ=;泛/  // / ハ    /| l| ト、           |    ∨: |: :ヾ/  .:|:|〉 : : ∨: |: |',
           \::, 忙ソ} ⌒ヽ::.      ;こノ: : : : : 乂__  .i//ゝ` .|//,     ::::'" i.   | { i{ ( ノ     |ハ人| \\___   !    |:r:, : : |¨¨  ̄从-\、:∨: :,. ',
                ヽ {:ノ {   : `:.   | :. \: : :_:_{__(//,: `ヽ//,i     _,,;;:-.   V\_ミi{⌒\__   _/ ̄ヽ } /⌒厂  |     |:{/: :| 仗芯  `\ \{: /⌒)
                  , ゝフ      ::    | :!   >二フニニi>V   ヾi、  :  ,;彡=≡ミ    ( ハ`代うゥ{∨ /ィ代灯ノ  } レ'^} \ |     /: : :|乂::::   , ィ_テ〉:イ\
                 ′ -ー-   :   /,.斗ャ≦三三三.,i´i \   ヾ、       '⌒゙.i.      ヽ∧  ̄`/|⌒ '  ̄`  .             /: : : :|   r― 、 ::::/: /: :{
                ゝ `i⌒´   //   =ニ二三三 /i、::: ::\  :: `=-:; 、_  :::,ノ.         廴|    Lj_      | |_  l | l|  /^|: :.|:.| \ ゝ- ´  イ: /: / ∨
                  ハ :..   //   =ニ二三三三 //,ヽ ::  ::ヽr--=、_ニ´ヽ.          ∧    ヽ       / | }/ リ リ ⌒7: 从 |:.|}   -=¬ "´/: / \∨
    ___∠二二二ヽ斗i|ゝー彳/斗-‐――- <三三三////\:: ::::|:: :.. ::::,=、:::::::i" /`ー-v' )/|∧   `こ ̄´   /.        -| |ー‐ヾ|:.|ゝ     /^: | |   \
  ∠二二二二/⌒\ー‐┴―‐<´  、 =ニ二三三\三 //////.\:::|: ::::::...`=´:::::://.       / /  ヽ   ´ ̄ /  //   | ̄ '  :| |〉   |:.|‐-  ''"´   /| | |  ./{
≦三三三三三三三三\ニニニニ\ニ\ニニ二三三三\ ////////`´ ̄`ー--='"//..    __/ / \ \___/  / /   |  |   /,ニ\ :i:.|\人/}  .ノ=i | |\|=|/{
                                                     / |   \     /  /      |    /,ニ=-.リ<二=>''"ニ=ヽi |二ニミニア


7055 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:06:17 ID:9Ssbc4Lz


                     「この並びが(経済的にも家柄的にも実力的にもキャラ的にも性能的にも)つよすぎる。」

                                        【つよい(事実)】

                 ) /⌒ヽー-、
          ヽ、 r‐=ミイi〔:/: : : : : : jイ⌒ヽ__                                     ____
           _ノ:}ー': :/: : /: : : : : : : : : ノ : : : : : `ー=彳        ,,,.. .... 、,..- 、 .          / ̄ ̄ ̄  __  ̄\
         (: : V: : {/: : / : /: /: : : : : :≦=- : : : }: (      /´//////////``.        _/   ミ、 / ̄ ̄`    }
      }V{ (: : : :\:{ : : {: :/: /: : : : : : : : : : : ̄ミ.:ノ⌒     /" /////////// ///.      /      ̄\ //⌒        \       >―ァ. . -―-
      \:ヽ\:\: \ : V/: : : : : :、: : : : : : : : :ミ :乂ノ    .i ////////////////////  ト|     \  /             |     /( .r――ァ: : : : : : : ``
      , }≧: : :ー=ミ: ヽ: : : :ィ: : : : : :\: : : : : :\: :メ    ./ /////////// //、,/,,./.  │|\      / ̄ ̄\      ヽ     〉 >、 ./.:/:. :. :. :.∨:\: ヽ /|
       }乂 : : : :ハ: :/(⌒^ヽ:i:|ヽハィ=ミ : : :ー-=ミ: : :⌒ヽ  .|//////////////; .      \ヽ\   /     \          |   / / (  ヽ:.:/:.: :.:._|:| : ∨: :`、 . |
       \ー=彡: {从、 : }从斗ャ≦ヘヽ: ::Z彡: : : : : : ::}  .i///-、////-////=/ , i.    / ̄\\≧i{L              |   |/| |\ i/:.:./ |:| : : ∨: : |: iノ
        ⌒ヽ: : :{ ≧ミ {ィ手ィ忙ソノ  ∨/ }: : : : : }::乂_, ///, 、i////´':;迩リミ=;泛/  // / ハ    /| l| ト、           |    ∨: |: :ヾ/  .:|:|〉 : : ∨: |: |',
           \::, 忙ソ} ⌒ヽ::.      ;こノ: : : : : 乂__  .i//ゝ` .|//,     ::::'" i.   | { i{ ( ノ     |ハ人| \\___   !    |:r:, : : |¨¨  ̄从-\、:∨: :,. ',
                ヽ {:ノ {   : `:.   | :. \: : :_:_{__(//,: `ヽ//,i     _,,;;:-.   V\_ミi{⌒\__   _/ ̄ヽ } /⌒厂  |     |:{/: :| 仗芯  `\ \{: /⌒)
                  , ゝフ      ::    | :!   >二フニニi>V   ヾi、  :  ,;彡=≡ミ    ( ハ`代うゥ{∨ /ィ代灯ノ  } レ'^} \ |     /: : :|乂::::   , ィ_テ〉:イ\
                 ′ -ー-   :   /,.斗ャ≦三三三.,i´i \   ヾ、       '⌒゙.i.      ヽ∧  ̄`/|⌒ '  ̄`  .             /: : : :|   r― 、 ::::/: /: :{
                ゝ `i⌒´   //   =ニ二三三 /i、::: ::\  :: `=-:; 、_  :::,ノ.         廴|    Lj_      | |_  l | l|  /^|: :.|:.| \ ゝ- ´  イ: /: / ∨
                  ハ :..   //   =ニ二三三三 //,ヽ ::  ::ヽr--=、_ニ´ヽ.          ∧    ヽ       / | }/ リ リ ⌒7: 从 |:.|}   -=¬ "´/: / \∨
    ___∠二二二ヽ斗i|ゝー彳/斗-‐――- <三三三////\:: ::::|:: :.. ::::,=、:::::::i" /`ー-v' )/|∧   `こ ̄´   /.        -| |ー‐ヾ|:.|ゝ     /^: | |   \
  ∠二二二二/⌒\ー‐┴―‐<´  、 =ニ二三三\三 //////.\:::|: ::::::...`=´:::::://.       / /  ヽ   ´ ̄ /  //   | ̄ '  :| |〉   |:.|‐-  ''"´   /| | |  ./{
≦三三三三三三三三\ニニニニ\ニ\ニニ二三三三\ ////////`´ ̄`ー--='"//..    __/ / \ \___/  / /   |  |   /,ニ\ :i:.|\人/}  .ノ=i | |\|=|/{
                                                     / |   \     /  /      |    /,ニ=-.リ<二=>''"ニ=ヽi |二ニミニア


7056 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 16:07:56 ID:aEfb2kh4
強い(確信)
第1部から読み直さないと……どこらへんからでしょうか……


7057 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:10:05 ID:9Ssbc4Lz
ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-26989.html

私の作品はこちらに多数まとめて頂いております。
まとめサイト運営様も忙しいから偶に別の記事に飛んでしまったりするので、
そのあたりは自助努力で補おう!
これだけの数をまとめてるのは大変であることは確定的に明らか!
感謝以外要らないよね!!アリガトウゴザイマス!!

7058 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 16:14:20 ID:aEfb2kh4
わーい!アリガトウゴザイマス!!
これからも楽しみです……!!


7059 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:14:48 ID:9Ssbc4Lz



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ    なお、おまとめ頂いておる
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、   ,  ,  .小      このまとめサイト様からジャンプして閲覧可能なR18作品群、
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi      カテゴリ欄だけを見ると合計119作品あるわけだが……。
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__    そ の 内 の 7 7 作 品 が 私 の カ テ ゴ リ 内 作 品 で す 。
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ   「ほんとうにッ!!ほんっとうに申し訳ありませんッッッッ!!!!!!」
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二l
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl
. lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二l


7061 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:15:59 ID:9Ssbc4Lz
計算違いがあるかもしれない(数字実は弱いよ民)だから計算違いがあったらゴメンね!!

7062 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:19:23 ID:9Ssbc4Lz



            >―ァ. . -―-
           /( .r――ァ: : : : : : : ``
             〉 >、 ./.:/:. :. :. :.∨:\: ヽ /|
           / / (  ヽ:.:/:.: :.:._|:| : ∨: :`、 . |
            |/| |\ i/:.:./ |:| : : ∨: : |: iノ
           ∨: |: :ヾ/  .:|:|〉 : : ∨: |: |',
           |:r:, : : |¨¨  ̄从-\、:∨: :,. ',    「両親にもちゃんと感謝してるしドラゴン倒すし
           |:{/: :| 仗芯  `\ \{: /⌒)
              /: : :|乂::::   , ィ_テ〉:イ\       相手の家族にも感謝してるしドラゴン倒すし
.             /: : : :|   r― 、 ::::/: /: :{
         /^|: :.|:.| \ ゝ- ´  イ: /: / ∨      ジョナサンが好きすぎるしドラゴン倒すし
        ⌒7: 从 |:.|}   -=¬ "´/: / \∨
.        -| |ー‐ヾ|:.|ゝ     /^: | |   \     成績優秀だしドラゴン倒すしニューレコード出すし
       '  :| |〉   |:.|‐-  ''"´   /| | |  ./{
      |   /,ニ\ :i:.|\人/}  .ノ=i | |\|=|/{    実質超高学歴&高家格男子校なのに代表に選ばれるしドラゴンも倒す
      |    /,ニ=-.リ<二=>''"ニ=ヽi |二ニミニア
      八  ..:/,ニ/二=->〈-=ニニニ| |二ニニ={\   サブキャラヒロイン。
    /: : \ |_/,ニニ=-/:| 、\-==ニニi |ア´  `:.:.:.\
   /:. :.: :.:>ミi__/,ニ=/ |__|`、 _/ヽ-==:| |/  ヽ{: :./, \   これを超える程ネギにお似合いなヒロインをつくることを……強いられているんだ!!」
 /: : : : : : ⌒\ニ/,ニ{、   `、   ∨ニ| |     :|:. :.:/,  \
. : : : : : : :/   iヽニ/,ニ{: ヽ   `、> ∨:| |      ノ\: : \  ~"''~、、
: : : : : :/     i=ム ./,_{  >''~    ∨/   .<   \: : \


7063 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:26:12 ID:9Ssbc4Lz



                ,
               /
              / ,、 ,..-ー''ニ=--
             .入┘丶: : : : ニニ==--
           /: : :ヾ|: : : : : : : : : : ヽ丶
         //:/: : :/㍉`ヾ、 : : :ヽ: :ヽ丶ー`   「Q、どうやって勝ったの?」
        //;イ: : :./  |: :l`、示: : ヘ : ト、:ヘ
         ./"l,|: :-/- 、_|: | >、-ーヘ: |ヘヘ:|    移動魔法を使っても意味がないと思わせて
          |,|: :/, 'てヽ`l  'r下ヽl: lヘl ヘ
          |(|:/i `弋;j O-O弋;丿iヽ|)      授業タイプ、言ってみれば『古来の決闘タイプの戦い』にして
           |`ヘ    '    /r'|
            ` \   ̄  /´         強い魔法撃たせた。
          ┌―千〒ー - ‐〒干―┐
          ノ   ̄ヽi、   ,.i/ ̄  ヽ    それに対してそれより発動の早い魔法を何発も撃ちこんで対応した。
         <,ー--、__ヽ/__,--‐‐、>
         イ       》ll《        ヽ    エクスペリアームズ、知ってるだろ?
        /       ∥.llヾ、       ヘ
        /    l   ∥ l.| .ヾ、   .l   .ヘ    【要約:あっちはゲロビうってきたからこっちは乱射して杖を狙った。】
       i    .|   ` .| l     .|    ヘ


             /: : /: :/: :/: : : : : : : : : : : : :\<:ヽ
                /: :. :./: :/: : |: : : : : : : : |: : : :`、:.:.:\
            :.:./: :.|: :,:.:.:./|: :. :.|: : : : :|: : : : `、: : :/
            |/: : :.|:.:.|: /⌒ : : | : : : ∧-ミ:.:.`、:.//
            |: /: |:.:.|/=ミ`、:.:.|: : :./  \: : : : : : /    「それどうなんよ、貴族的に。」
            |∧: |:.:.| .ん心`、|〉:./>テミヽ: : : :/
                /:.八:.| 乂,ツ  /  {ノ ハ〉: : :⌒    うーん、あくまでアレは私が最初に警戒して『移動魔法を使った』のが
            /: :./\         ゝ-/: : : : : |
              / : ∧ 八    '      /:/|: : | : |     いけないわね。
            ∥: /:.∧  ¨ヽ__ ( )   ⌒/:.:.:|: : | : |
            /|: /|⌒ ̄~"ヽニミ、_   イ: : : :|: : | : |     そうでなく、本当に古来の『決闘』にすればそんなことをさせなかった。
.         /:.:.:.|: : |/|`、  マニニ}>ァ/ : : : : :∥:.:.| : |
       . : : : :ト |: : |二| 〉  ¨¨¨ / {\:.:._/: : /: : :.     儀礼的にね。
      , : : :ト、:i=|: : |二|./     /   __i} ./: : /|!: : : \
     .: .: : :寸\:.:.:.|、=/     /_,へ__ i}/: : /=||ヽ: : :    でも私は特技である移動魔法を中心としたやり方を選んで、ポッター君が対応してきた。
     : : : : : :寸/\: `、     ./\|_∨|シニ/: /ニ|| ∨
     |: : : : : : ヽ ./\`、   /ニニ〉ハ〈_=//二ニ|| ./ニ     だから『中途半端に切り替えることになった』の。
     | : : : : : : ノ /   \ ./二二ニ||寸二ニニニ||/ニ=
     |: : : : : : |       /二二ニ=|| 寸二二ニ=||二ニ     そう!だから『ルール的にも儀礼的にも問題はないのよ』!今回はね。
     |: : : : : : |         {二二二=||  マニニニ||二ニ






                                . .―…―. . .
                             / |: : : : : : : : : : : :. :.|\
                             ┌ |  ノ: : /: : : : :``: :、: :乂 )―ァ
                             | :ヘ/:.. :.|: : : : :| : : : : \ノ }く
                         < 〈 /:. :. :.|: : : : :|: : :. :. :. :.\ ゝ >
       . . . .――――― ミ         ./:} :| |: /| |: : : : :|\|\: \ : \{
    . . :_: : : : : : : : : : : : : : : :\     ./ / ノ| |/ :| |\:.:.:.∨(_ >≠―――       負け惜しみになるけど、本当に選択をまちがったなー!
   //: : :, 、丶――――\: : : :.\   /:.:/:.:.| |ー乂.- \: ∨七' |: :|: : : : : :\
  /: /: : :/    /⌒)_/:ヽ: : : : ) //: : : :.| | ゞ==彡   ゞ==彡 |: :|\ : : : : : \     最初に古来の方式にしてれば、
 .: : |: /      八`¨¨: : : : : : : :./イ/ :  ̄ ̄/乂ハ      '    ./\∨ \ : : : : : \
 |:.:.:|: {         ̄ ̄ ̄ ̄ 、丶`: : : : : :/: : : :: 从    r 、   /: : : :\: ⌒: : : : : :. :   私が勝ってたと思うの!
 |: : \\_____, 、 丶: `: : : : : : : : /: : : : : :/: :>  ゝ '  イ|/\: : : ∨: : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : :/丶` _,ノ  ¨  乂__\: :.∨: : : : : : :    【※その方法だと本当にマルタ嬢が勝ってたと思います。】
  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :. ̄ ̄: :/ `>''~|=|``   ''" /=/ ``ヽ~、、: : : :
    ー―――――――――――――   f ∧∧/|\|∨^∨|/|/_/|/>_   ー
                           <ム|>''⌒{二二二二ニニ/ ̄ ̄ヽ__ノ
                          /ヾ     寸/ {_} 寸/     /\


7064 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:33:21 ID:9Ssbc4Lz



     ` <: : : : >:.    ',: ヽ  ',:}
. . .-: : : ̄二ニニ:-:-: : : : >.',: :∧  }:}/{
: : : : : ;<: : : : :x<: : : : : : : : : : : ニ7ノ}リ'
ア7/: : : : :イ: : : : : /: : : : :,: :,: : /: 人
./: : : : : :/: : : : : :/: : : : : /: /: //: ハ`≧、
: : : : :,イ:/: : : : : : ; : : : : /: : :/: イ: : : : ',:ハ
イ77/: :/: : : : : イ: : : :`7ー-/、/ }: : : : ',: ハ
∧V;イ/: : : イ': :イ: : : : /:/z=tテミ、}',: : : :.ト、ハ
/∧∨' ://iγ´|: : : /レ {{  {ノ| { ',: : :.iマ} ヾ   「ナーシアさんに使った戦法、結構危なくない?」
//,'V////i/{ ヾ|: : /    Lj/`「}: : ; }
///´ヾ、////,\.|: /      ‘ー'ヾi: ;'      ああ、メチャクチャ危ないと思う。
/////∧//   |/、     __  { i,'
// ∨' , マ    l  ヽ     ̄´ ´         シカマルとかが相手だったら絶対にあのまま魔法を撃ってくると思う。
/  ,-/  \     , 、   イ
 ,く:.:.:\   \  /__   ̄            それでやられると思うよ、俺も。
'´:.:.:ヽ:.:.:.:\   `ヘぅ、}
:.、:.:.:.:.:.\.:.:.:.ヽ  イ;;;;;;}l、              だが相手がナーシアで、俺達はお互いに焦ってた。
:.:.:.\:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.\ヽ-{、',、
:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\;;;',:V`:.:、           だから─────


             /
            /;   ,
             // //
         _; {/: /-: 二: : :―-:.. __
        ..>':{ {´,、: : ̄: : : `: : <
      . .<: : : : { { |: `: : : : : : : : : : \ヽ
    /,イ: : /: : : :`{!ト、: : : : :\: : : : : ヽ\:\
   /: /: : :/: : : :/: ハヘヾ、: : : : : ヽ: : : : :',: :ヽ`\
  イ: ; イ: : :.,': : : :/ /  ',:`ヾニ==-:',: : : : :',: : ハ
.////: : : :{: : : ;': /   ',: : {ヽ: ',: : :',__: : : :}ヽ: ハ
.  /イ: : : :イ: : 十ナzzz- 、V: {ヾィ七て',: : : : i∧ 、ハ
  ´ i: : :イ/i: : : i{ 〃ス、ミ  V:{ ''スハミ、 {、: : :.iマ} ヾ、    「つまずいたフリ」には気づくと賭けて、「偽物の、その場で拾った杖」には
   i: :/ lγ!: : i {{ ヒノ::}   V{ トイ:} }}い}: : i }
   l/  l∧',: :.i  `ー' ○-‐-○ー'  {_ノ',: :i        気づかないことに賭けた。
     l   ',: iム       '    j   ',:i
       ,,,v//ヽ   ヽ   ア   イ   `        アイツなら絶対に『フリ』に気付く。それに対処してくる。
     ┌こ二7>ヘ>    , イム斗ァォ
     |`ヽ、ヾ、 ヘニニニTニ7ヽァ´/ |          多分俺が使った魔法であり、俺を確実に倒せる方法……『背後を取る』っていう行動をしてくると考えた。
    /   `ヽ、ヽ、マ//| | |/{//   ヽ、
   ,{-‐- .. _   `ヾ、マ/! l |/ /  _ .. -、 }、        そしてそれに俺は山張った。んで、勝っただけ、それだけさ。
 γ´       > Q、ヾ.l/ ,ρ<     \


     /ニニニニニ>''´:::/ ::::::::::: |::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::マ==ニニ==∨/
     |======/:::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::``::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::マニニニニW
     |=====/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::: }\ニニ==W
     |====/ ::::::::::::::::::::::::: |::::::::::|  \:::::::::::::::: ,`Y:{_:::::::::::: } ::::::::::: }<⌒ニニニW
     |===/:/|::::::::::::::::::::::::::|:::::斗――.\:::::::::::: , .| |.\:::::::`:::::::::::::::/::::\ニニニi}     作法的には確かに『決闘』ではできないかもね。
     |==/:/=|:: |:::::::::::::::::::::| ::::: |:: ∨   \:::::::: , }:| _\::::::::::::::::∧:::::::: \ニ∥
     |ニ|/==|:: |:::::|:::::::::::::::,\:::|\{.      \::::{,ィf''¨¨``i} ::::: /{::::`''<⌒=∥     でも私達は条件付きの『戦争』をしていた。
     |ニ|iニニ}::::|:::::|::::::::::::::::., ヾ,ィf≠ミ     ``     ∥ /::::::|:::::::::::::::`''<=-
     |=={ニ:叭:::|\{、:::::::::::::::\~´            _//::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::`''<=-  だからそれは作戦の内。
     |ニニニ∧:{/::::::\::::::::::::{::\       '     ⌒ 八:::::::: |`ヽ:::ヽ::::::::::< ̄``
      寸ニニ=`\:::::::::`` :::: ゝ `\             '{ :::::::::: |//ム::::}/}``ヾく     何も問題ないわ。
         寸ニ/::::::::::::::::∧:::::::::::入      ー  ´  /ニ∧ ::::::: |ニ,へ }/}
        寸,:::::::::::::::://∧:::::::::::::::〕s。        ./ {ニニ∧:::::: |=/ /}/ }         ……本当に全力でやって、負けたの。
          |::::/|:::::////∧::::::::::::::マニニ>s。 ./  ..{`ヽ=∧:::::|/ / .}//
          |:/ } /{/f ̄.マ\:::::::::::}=/__}__    ,ム斗''´ \ヘ:::| /i . }ニi}_
          |'  .}' Vム. \\`≧x:}f¨   \ー/      .マ`../ .i . }ニニニニ=-  「負けた理由が別にあるとすればネギは『命賭けの戦争のような経験があり』、
            -=ニニム  \ 寸/    \          }../  i . }ニニニニ
            {i-=ニニニム }...ヽ/   {    \       /    },'\ .} . {ニニニニ    『ナーシアには無かった』ことかな。生命の危機なんかには慣れてない。」
         /ニニニ===i} .}  {i    \      /    /=ニ\ \ニニニ


7065 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:36:58 ID:9Ssbc4Lz



                     ,、-==- _
                   , イ、丶'゛      _ヽ」\
               / /_        ミ \ヽ ヽ
              /{//   |    \   ヽ \ 〉
               〈 { /  ′ /l  、   \ }  }〈
             /(〈   ! / ‘。  l\   ヽ  |〉
              { Λ|  | /― - 、 l -\  V |/
              |,' | \ l〈f灯示 \ィ芍矛、ノ | l      「誰が勝ってもおかしくなかったけどやっぱり最有力候補はこの方ですわ。」
              Ⅳ |    弋ツ    弋ツ|/  l
              Ⅳ |    ト\   ′   ノj}  | ',
              Ⅳ |   |入  乂 フ   ィ/,}  |  ,
              Ⅳ   ハ    V/}h。, _  イ///,}    ',
          Ⅳ   / Λ   V/|      {_///} ,|  ,
          Ⅳ    //Λ   'く     V¨*/ /| |   ,
          Ⅳ    / >く\、  ミ、    V/ /=|/ ヽ  ,
          Ⅳ    //   } }h、\} マ心fツz,/ニ|l | |7 ,
          Ⅳ    / {   } }ニ≧=-芯r―r、、ニ=ニl | ∥L ',
         Ⅳ    /」ミX   } }ニ=ニx/ 7 ハヽ\、ニl |l{/  ,
         Ⅳ    Λニ=ニヽ/} }ニx/  〈/ レ′ \、l |l′/, ',


            ,.。 *''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:}
      _,.ィ升:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
       マ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=‐
      -=孑ァ:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        {/-彳:.;′:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\{`
      //レ.Ⅳ:.:./}:./}:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.ヽ
       ´ |:/|,亥',:/ /イ |ハ:.:.:}:.:.、:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.、
       ′| 劣  丈≧zz}:.:.ハ:.:.}:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    「なお裏の優勝候補」
           '. 必    二,,_⌒゙}ヾ从.:/:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
         |..:丿   ''" ん心、   }イ:.:./:.::.:.ノ:.:.:.:.:.i:.:. }
           「       、乂_ソ 〉  }:.:./⌒Y:.:N:.:.:.:从リ     ドラゴン?……ああ、何とかなりそうだな。
.       ∧        ̄      }/)::: . }:.:.:.:.: /
         ∧ヽ、           _.::: /:.:.}从{        第二課題?それも問題ない。
                       ,.r一'´:.:.:.:/
         人    __,.。 *''":::  }从从ト、          第三課題は戦うならどうなるか解らないが……参加するならば、杯に賭ける気持ちは
            _  ̄ |:::::::::::::::/       ..ノ:|、__
         |:i:~"''~、、__ /__,. -‐'' "´:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i     誰にも負けないつもりだ。(迷路で迷わない。)
            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ:i:i:i:i:i:i:i:
          ):i"''~、、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    【こいつ映画だけをみるとガチで先生とかからの支援なしで最終課題まで行ってるからね()】
       ,.。*'"i:i:i:i:i:i:i:i:i:iうぅo。i:i:i:i:i:i:i‐=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
  _,.。 *''"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i


7066 : 梱包済みのやる夫 : 2019/07/04(木) 16:42:48 ID:c2TiTZal
ハッフルパフもすごいのなー


7067 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:53:52 ID:9Ssbc4Lz



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!   調べると出てくるんだが、
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'     ハッフルパフはな……?
                }//! 、u  ,  ,  .小
               {/l.! ヽ   ー  //,l`      映画の段階で既に「完璧聖人」な「セドリック・ディゴリー」が所属していただけでなく……。
                    rニ=--、\    ' !ィi
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ


    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′     「 ス キ ャ マ ン ダ ― 兄 弟 」 も い ら っ し ゃ っ た ら し い ( 震 え )
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト u   `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、        「けっこうとんでもない寮です。」
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」         【大戦の英雄と魔法動物博士(ガチ)の兄弟も輩出するとかこれもう
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;      超優等寮だろ。(超振動)】
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


7068 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/07/04(木) 16:55:52 ID:9Ssbc4Lz
仕事に戻るます。






※リンクミス見つけたら報告いただけると助かります……。
関連記事
53140 :日常の名無しさん:2019/07/10(水) 00:12:30 ID:-[ 編集 ]
小説版だとセドリック支援受けてたよ
53208 :日常の名無しさん:2019/07/10(水) 11:07:20 ID:1Enu3lsU[ 編集 ]
乙乙。
死人も出なかったしニンジャも完全復活出来てないし、これ続きどうなるんだろ……
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その116 (09/16)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ37、みんなで夜食! (09/16)
  • Take a LOOK in my HEART, PLEASE! 第12話後編 おわりを迎えるために (09/16)
  • 目次 やらない夫はエンフィールドで暮らすようです (09/16)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第6話 (09/16)
  • やる夫は竜の人財のようです 第3話 (09/16)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第2回 (09/16)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第一話 (09/16)
  • やらない夫とまどかタイタス 第37話 (09/16)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 無痛IFへの補足&キャラデザ紹介 (09/16)
  • 国際的な小咄 5195 離間工作ってうまくいくもんなんだね (09/16)
  • 国際的な小咄 5194 ためになる、中国由来の生物名の数 (09/16)
  • 国際的な小咄 5193 ここ最近の韓国ネタを総合すると…… (09/16)
  • 国際的な小咄 5192 ゴルゴ、中韓に関与する (09/16)
  • 国際的な小咄 5191 行けるね(錯乱) (09/16)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ みんなの中韓体験談 その1 (09/16)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 5 中編 (09/15)
  • 突発的ないきものがかりたち 八話 野生動物にエサをやること (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その11 (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ10「永咲き桜の怪」 その1 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 裏話 ~ 戦後処理 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その5 (09/15)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その115 (09/15)
  • 国際的な小咄 5190 三人とも納得する (09/15)
  • 国際的な小咄 5189 アルバニアの狂犬 (09/15)
  • 国際的な小咄 5188 草しか生えんかったわ (09/15)
  • 国際的な小咄 5187 十年越しに理解してしまった…… (09/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ