スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~003話:竜と神話とネゲントロピー~ その6

目次



297 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 20:08:54 ID:uGRU0sI9



                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧       さて、なんにせよイベントガチャ回さんと
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧      話を考えようもないので――【1D9:3
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|              く、昨日は休日だったはずなのに
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |              ほぼ一日作業させられて体が痛い……。
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、              翌日には筋肉痛が来る気がする……。
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /




298 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 20:12:22 ID:uGRU0sI9



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    281のこれでいいかな。
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l       ……星間移動どういうスキルにしよう……?
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l       私通常移動で多元宇宙移動してたんだが……。
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



自由成長:星間移動
1:生き残ったドラゴンたちが強大化し文明に牙を剥く
2:しかしドラゴンたちの絶対数が足りないので膠着状態になる
3:いつの間にか龍信仰ができて数の不足が補われ、徐々にドラゴン側が優勢になる
4:このままだと以前と同じ結末になるのが分かったので種族ごとに棲み分けさせる


305 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:03:37 ID:uGRU0sI9



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /     よし、どんな技能にするかは
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八       話創りながら考えよう。
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧      面倒になったら既存スキルと合体させりゃいいや。
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \    ええっと、とりあえず今回は
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,  ホモ=ドラゴン戦争だな。
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


306 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:04:45 ID:uGRU0sI9



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _/                \\    ).:.:.:.:) //     __
 ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧                   \\  (.:.:.:.く | |   /   \
.:.:.:.:/ ───、、  L| ̄Y  / ̄_二二ニ==  ̄    ̄ ̄} \/\.:. | | | _, 一  ̄\   j
.: .:.:| | ̄ ̄ ̄ヽヽ_|_| ̄ |// ̄ ,,──────ー── |  |_|.:.:.| | ||\      \ {
.:.:.:.:| |     |___ ̄ ./   / / ̄ ̄ ̄_、:::::二ヽ──‐|  |__ノ | | \\_,、- ¨/ ゚。
.: .: .| |           / /  / /   _,<∧´::::::/| | ̄|ニニ__``丶、ノノ  \|_/   \      /
.: .:.:.| |         / /  /.:.:/ ∧_∠_| |\∧゙| | |  |  |:i^ii^n|∧、 (       \/ \\   / /
.:.:.:.:.| |        ./ /  /.:.:/ /__∨/\|  |  |_| |_|.   ̄└ L//∧ヽ\           \\/ /
.: .:.: | |        / /  └‐' __|  |__|\∧_[]/ ̄        | ヘ|  \\           //、 <
.:.:.:.: | |        | |   | ̄| | |_/ \|__|    /\    ∧/ xく\  `ヽ_xヘ        //  \ \
.:.:.:.:.:| |        | |   .|.: | \    > >   |\/|   /∧\|] >>\ ∧`´|\.    //    /  \
.:.:. :. | |        | |  |.:.:|   ∧_ /// ̄>\|/    | /\\|\/| \|/.\∧  //    / /\
.:.:.:.:. | |        | |  |.: |  /∧∨ / / //∧く_/ | く  \\|/ \ \//∧__//     / /
.:.:.:.:.:.| |        | |  |.:.|  | |_」  |  ̄/ _,,|_,|、 ∧ / \|\/| \   / \ | | | ノ   ./ /
.:.:.: .: | |        | |   }.:.{   ̄/  { /  | | |..|| |/``7x、 \| 「「|_|  \__∧\|_/∧\,∧/ ./
.:.:.:.:.: | |       //  {.:.:{   { ∧ __\  \|/./| |\/ /|   ̄,,<>  /∧/..|`´|\l_ノ| /
.:.:.:.:.:.:| |    __//{   l.:.:.l  ∧ TT∧‘,ヽ0_/\| 「| / ,、<>'゙ / ̄|「|「|\ | /ヽ/ /| ヽ、
.:.:.:. :. | | :  / / ̄| l \  }.:.:|  |∧ | |∧''|\[]_   \|/ <>'゙ <__..|[|[l\ \|\|// ̄丶、`ヽ、
.:.:.:.:.:. | |: : : :| l  | |   } }.:.:.l TTT|_丁丁| /∧ | r‐┐    / ̄ ̄ ̄ ̄ |¨|´|//>\|/   {}  `ヽ、
.:.:.:.:.:.:.| |: : : :| | 匚| |匚] \|  l |  | _└┘) |¨:|/  |_|_|``'' - ⌒ー- __ /\|_,|‐zz:、/  /   (_)
.:.:.:.: .: |  ̄ ̄ |  / / _ノ ̄ ̄ | ∠∧ (  | |  | ̄|     ``''ー/\ //ヽ二|  `¨¨二|__|─-
.:.:.:.:.:.: |  | ̄`i  ̄/ / ∧< ̄` |===/(  ̄ ̄ ̄  二二二二二二二 |\ `'く / |/   __/   /\
.:.:.:.:.:.:.:|  |  .| ̄ ̄/厂|∧/   }_/ / ̄.∧ ̄|  /_=======_// ̄\\ / /   / |¨丁丁iTi ̄>
   __〉 〉_  | | ̄ ̄ ̄ ̄「「  ノ ヽ∧  | ̄| |  |TTT|TTT|TTT|二二 |\|/   xく__>二二 ̄-┘//
 ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    <       > ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ )  ) ̄ ̄ ̄「三三三三三三三三∧ ̄ ̄|  / ゙̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ ̄\_\__  / / ̄ ̄∧
    / /   _/.:.:.:⌒Li⌒Li⌒Li⌒L(  )  / /   | |          \\/∧_∧_∧  <  /二∧/|
  _/ く_/.:γ⌒\__〕  }.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄|_/   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |' '┌┐' '| /\\|_| |/
// ̄\_二二二ヽ__     ノ.:.:.:.:.:.:.:..:| /_|/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄/    \   ̄
/.:.:.:.:.:.:.:.:ノ   丿\\ ̄ ̄.:.:.:.:.:|二二7ヘ/ / ̄/``7                 |  |   ┌─「 ̄ ̄


308 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:11:47 ID:uGRU0sI9



._
.'''"゙゙∧ ∧`: : : : : : : : :_,..‐、"ヘ二二二二 ,ムヤ' AA  ,宀,     xx  ゙丶、二二二,.:i全 ィ'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : (    ) _,..-‐'''"~二二二\:i:iマ二テ,. '´||ダ(* ) (・Д・)   (  ) ||:i:i:i゙丶、ィi:i:i;iィ二二二二."'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : :
._,..-‐'''"~二二二二二二二二ニヾ:iヌイ ∧ ∧  ( ∧_∧ )j    |  |  \~。。||゙ネ、二二二二二二二二二. "'' ‐- ,,.._
ネ二二二二二二二二二二二二.,イ%|:| (   )  (´∀`  )イ  △△|ノ  /⌒\ぐ.A丶、二二二二二二二二二二二 ネ
マム、二二二二二二二二二.,.i:i:;i;i:|:|サ|:|⊂ ο)ィと    つ 亡i(   )  (  ・∀・)(0・ )i:i:i..メ、二二二二二二二二,/|:i
|:i:|:マム、二二二二二二.,. '.|i:i:i:i:i:.!∧  ( ___)__亡i ヽ,   ) ∧_∧ |   いマ/⌒\  iつ:i:i|:|:゙ 、二二二二二 ,/|:i:|:i:|
|:i:|:i:|:i:|マム、二二二  '´・)|:|品(*  )  .∧,,,∧   (_/J(´∀` ) )  l王(  ・∀・) )~|:|I  ゙丶、二二 ,/|:i:|:i:|:i:|:i:
二二二二マム、。z´A A ).|:|品 l  ヽ ミ;   彡 ∧_∧ (○  〇j   (_)いマと)マ凹g|:|\(_イ ゙丶、イア二二二二
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ユゝ(*´ⅴ)器|:|e゜"(⌒_,,~./⌒^ヽ (    ) |||       l王王l  ∩_∩. ー  ..|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|こ (  i=====i       く,,___ゝ ( O   )  | |,ノ.     ∧_∧_)__).(,,,・Д・,).:._モ弌|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ひ/品( ・∀・)  A__A.ι゙ ∪ │ │ │ (_).     (  ´∀)_. ⊂    つ(三)Yで|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|YャゥYと(¨¨y¨¨)´(    )    ∧ ∧ ∧ ∧  ∧  ∧  (, ○  ⊃|   | x .. ∧_∧仁]|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ゝィ.  |  | | くl ̄ ̄l}    (,,^ー^(゚ヮ゚*)  (・∀・ ).  ) ) ) ̄   U'⌒(`;  ,,)匸|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ̄/i (_)_)  |  | |     |  つと |  ノ〝|ソ|"\ (_(__)       と   ○)(”|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|二/       (_)_) ~(   とノ~ \ノ」==ヽ!ノ             (. (. ( \f:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|                     U^U.        /_l _|                   (_(__) |:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               し (_)                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/        ふむ、この種族……もう面倒だし人類でいいや。
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,         人類もそこそこ文明を発展させてきたな。
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,      相変わらず私に祈りをささげてるが……。
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |


309 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:15:03 ID:uGRU0sI9



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~    うむ、まあそろそろFAQも充実してきたし
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{        滅亡しないような手助けもオートでよかろう。
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,        一種族だけ優遇して他滅亡しても
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.        それはそれで本末転倒だし。
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   というわけで、人類への面倒は徐々にオート化させて行くことにしたパーサーナックスだが――


310 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:24:56 ID:uGRU0sI9



     (:{ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐-..、         ,、-,、
      >`゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─`      ´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
    /::::::|::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ:::l::::::::::::\      〃/〃,r'⌒`ヾ
.   /:;ィ:::::::|::::|::::/ヽ:::::::::::::/ヽ:::::::|:::|:::::::::::::::::',     !il! i,l',l'i,      ,'´",,
   /'゙/:::::::|::::|::/\ヽ::::::::// ヽ::|:::|::::::::::::}ヽ}     i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,        主の御心を解析し
      |:;イ:/|:::::!ィ'アマミヽ::/xァ=ミ .V::::|::::::/j/´}      ,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,
     |i }:ヘ|:::::! Vソ V   Vリ.,イ:::|/V./ /    / ) , i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,         その力を確実に得る手法開発した!
.       |::::|::::::!   ___'__  ¨´/::|:::|  / /  / /  'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :
  ト、__ノ::::|::::::ト、  (::::::ヽ)  /::::|:::|/ / / /     ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;
  ヽ::::::::::::::|::::::|::::ヽ、`__ , <r‐' /    `¨ /           'i, 'i、、   i   !  il 'i,
.    ヽ::::::::::|::::::|::::ノァ-ャr┴‐-<  、     `¨¨¨¨ ̄ ̄ノ   :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'! 'l,i    これを奇蹟と名付けよう!
    /::::::::;ィ::::::|¨7゙/:::/ヘ、__,,  }      ┬―… ''´   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|
    {:::::::/ |::::::|.//:::/  | V{li{ヽ._    { 、 \     :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
   _l::/ |У //:::/  |  V{ミ\ ヽ.__ ,.'^ 、 \                 〃ノノノ〃
    |  >´//::://  |  .Vヽミミ == ´     `¨´           `ヾミニ三彡'"彡"'
   ソ/ / /:::/゙   |   V ヽ |                    ヾー-_-三_'ノ'
.  / /  /=/:::/=ニ   |   V  ', |
     【モブ古代哲学者カッコカリ】




  .l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
   ..l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゙    /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
  .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
   .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
    .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
   .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
   .! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
        .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   オート化、つまり法則化すれば当然の流れとしてその法則を解析しようとする者が現れ、
  そのうち誰かが一定の成果を上げるのは文明を持つ者として当然の活動である。


312 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:40:00 ID:uGRU0sI9



.            ` ( (,乂\\
              \ \⌒\)
               \_ノ\ \                                    /
                    \/ ) }`\         _                           __ { /
                      { ( ノ \ \..     / ァ'´_                        / /
                      \ \  \ \  〈 ∨ {//フ                 / /(_,/)
                       \ \(⌒\ }. ∨    /                  / { { 、//
                        \ \.  x爻爻x  /                  // 乂ノ ) ´
                            ̄\/ニニニ爻 /                 (/⌒/ /
         /           /   /ニニニニ|               _/ / (_/
        /          /    /ニニニニ∠_ ⌒ヽ         / { {ヽ/
       {           /      /ニニ=-―…―-ミx  }     / / 乂 ) }
                /        二 ⌒>-‐ ‐-=ミ  / /.  / /   / /
       \\    //         二∠⌒   ⌒\)ノ/⌒\  /⌒)/ /      天の声だけでなく内なる声に耳を傾け
.           \\ / :./      _彡⌒  /    //⌒  \ \ / /
.            \ :. :. {.       ⌒>    /   _彡 /        丶           眠れる力を覚醒させる手法も開発した!
                \ :.\    _彡イ / //    /     ノ    \丶
                 ` :、. :. :. :. :. :. :.ア/汀h//  / |  /    |  | ∨               スタンド
               ``ー‐―辷/ 八,,└///斗‐ミ-彡   /  八 | \  \      これを「竜術」と名付けよう!
                        |彡ノ /   ,,, Lノ )メ-  厶ィ  Λ|.  _\  }
                        |二Λ 、 _  _彡  // /|/. \_/_____ ̄`\
            -‐=ニ  ̄ ̄ ニ=‐-  ..|二-Λ __⌒ア/ :./xく\{...\___ \  \
        /    ――辷:. :. :. :. :. :.  ̄ ̄ ̄___彡⌒爻爻爻メ、   \  \ \  \
                    ̄ ̄( |ニ/ニニニニニニニ⌒マ爻爻: 丶.   \  \ \  \
.\               \\___ 八{Cニニニニニニ/ニニ∨ : : : : :      \  / ̄\.   |\
\ \.     \_    \ : : : : : : : : \ニニニニニxセ互互互〉: : : : : ノ      |  r‐|.   |  \
( \ } __     \ ``~:. . . .,二=-‐ : . :. \ニニニ//ニニニ/: : : :|/         |  \_ノ\
\ン、 \ \     \ : . :. :. :. :. :. :. :. /´ ̄\ニニ/ニニニニノ: : : ノ         \  \   \
  (\,_)\ \   /``~  ..,_/:::: ̄`\ニニ/ニニニ/\'´            \  \
   \\__,} }-、._ /  /   / :::::::::::::::::::∨/ニニニニ/|ニニ\             \  \_
.    ` ( (,乂\\   /    |:::::::::::::::::::::::::/ニニニニ/Λニニニ\                  \
      \ \⌒\) \     |/ ̄ ̄ ̄V爻爻爻xニニΛニニニニ\              \
     /.  \_ノ\ \/    ./  __ x爻爻爻爻爻 ニニニニニニニ\                 ̄
    /  /  \/ ) }`\    /     j爻爻爻爻爻/ ) \ニニニニニ/
.     /⌒ヽ  { ( ノ \ \ lニ-    j爻㌻⌒ \/ /x _)\ニニニ/
  { /   /.   \ \  \ \ -   j爻/    / /爻爻、::::::::::\/
.. /  / __,./   \ \(⌒\ }    爻{  /    ̄ ̄ ̄ ̄ フ\__
/  /          \ \  \   Ⅵ /    -<⌒ ̄ ̄::::::::::ノ \
                   【モブ古代哲学者Aカッコカリ】


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そうした超常能力的サムシングが見つかれば、他にもないかと探るのが文明人というものであり、
 彼らはなんだかんだでパーサーナックスの化身を体内に宿した真核生物の末裔である。

 通常のドラゴンが本能で力を奮うように、彼らは理性でその権能を奮い始めた。


315 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:43:02 ID:uGRU0sI9



                                      †
                                    ハ            |
                                    |‐|           ハ
            |                         ,.ィfチニミs。.        |ニニ:|
      。o≦≧s。                     //:://:::㍉:ヾ:、.         |.∩ |
     弋弋二二ナ                   /〃:::::::|:|:::::: :::Ⅵ:ヾ:、      | |::| |
        |`| |个| |                   〃〃:::::: : |:|::::::::::::::Ⅷ::'/,    |`| ̄ ̄|
        |`| |│| |                  ∥:∥::::::::::: |:|::::::::::::::::}:i::::'/,   | :| ̄ ̄|
        |、|_|│|_|                  j{:::j{::::::::::::::::|:|::::::::::::::::|:|:_:_i}}    Ⅵ ̄ 7
      ハ|`| |丁| |.                   」」_|| ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄|:|」」」}    .| | ̄|___
:: :: : │::|`| |│| |:~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\|| ̄(::) ̄| | ̄(::) ̄|:| (:).:| : : : ::| |  |二二二ヽ : : : : : : : :
________,|` |、| |⊥| |ーーーーーーーーーーーーーーーーーー‐‐‐ ||‐‐癶‐‐| |‐‐,ィ=x‐|:|‐ヘト.::::::| |  |_I_I_I_I_I_|-_-_-_-_-_
───┴┴ェr┬| | ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄ ̄||∠___ヽ | |/ /ヽ`ヽ/‐‐゙Y`ヽ.| |  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
.^^^^^^^^^^^|│| |二二二二二二二二二二二二二\|」」」」_|_|,,...ム==ミ、|」」」」‐‐| | |  | ̄ ̄ ̄``丶、-_-_-_-_-_
ー.Y^YーY^Yー|/\────‐ィ^\_,ィ癶、ニム______,,|_|nnn// YY||Y:Y|\\n∩|ト..\| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|~~|-_-_
_|:::::|_|:::|,ヘ|ニニノ二二二二ム |_,|__|_|__|_|_|__|_|_//_|||:||_|_,||_><癶‐iト..\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄8 ̄ ̄¨:|/\
 ̄|、 ̄ ̄ヽ| ̄ ̄,.。ヘ ̄ ̄ ̄~∧二Y=======/_,癶二ヽ二\ォ====ョ二二|`゙|,ィ≦ト..\|_____ハ__,,|丁丁
/|`l¨¨¨¨トrt≦zzzzzz≧zzzzzァ_|二」二二二⊥|__|ー┴‐‐rt≦≧s。ニニヽ |::|,.:≦|\|∩∩∩ |_ | |_∩_|└┘
⌒ヽ|,、,.、┴|──「」 ∩∩v┴ ┴∠ニニイ|マ二二二二,.x个x|,.ィ癶、 | |__,|___:::|_|⌒|\| ̄ ̄ ̄/ ,.ィート.`Y⌒ヽ;';';'
;';';';'ノ;';';';');';'(⌒ヽ⌒ヽ_|_|_|二二7二二イ_,|^:|/二二イ[]   []``rイレ'"   ,.イ::|_|⌒|\| / ̄ r</__ヽ >;';';';';';';'
⌒ヽ;';';';';';';');';';';';';';';'∧二ア´ ̄ ̄ ̄~/┴ー┴── ┴‐ァニニニニ/     /|:|:::|_|⌒|\| /    |...,,,」_(;';';';';';';'(;';';';'
;';';';';';';';';'_彡'⌒;';';'ヾ;';';';'/____/──────‐/   /^\___/|/|:|:::| | ̄|\/   /|<二γ´;';';';';';';');';';'
⌒;';'ヾ;';';';';';';';'⌒;';'、;';'\| rzzzzzzzzェ¬二丁 ̄ ̄丁二¬,。o≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s。'⌒;';';';';';';';'ノ⌒
;';'ノ;';'⌒ヽ;';';';';';';';';';');';';';ヽ |__|__|__| ̄丁丁丁~丁丁¨:|:「「「「┬:r┬┬r: ┬┬┬┬r: ┬r┬rーr‐rrr;';';';';';';';';';');';';';';';'
;';';';');';';';'(⌒;';';')'´;';';'(⌒;';';';';')⌒'ー、 |  ̄    ̄   ̄ ̄ |i:i|┴┴|i:|┴┴┴┴|i:|┴.|i:|┴┴|i:i:| ̄;';';';';';';'(;';';';';';';'




                                               /〉            /:〉
                                                 //⌒¨7          ./:/
                                             //`⌒´            /:/
                                               //               /:/
                                `'ー-  __      //              /:/
                                     /   ⌒ニ=- ,,//             /:/
                                 /        ⌒ニ=- ,,_        /:/
                               /              ⌒iー- __  /:/
                              /                   |       ./:/
                           =弋´                     |,___    /:/         __,,、ッ7
                            ⌒¬辷¨ ̄´"'  ..,,_       :| |  /:/    __,,、≠''¨  /
                                ⌒¬辷__ /:/``丶、     :| .|   ./:/__,,、≠''¨      /
                               ,, ´/ ./⌒7¬辷_   \   | |  ./:/'"´         |
                             ,./ /  /  /:/   ⌒冖ー≧s。,,|, /:/              |
                           ,. ´ .//   /  /:/         ̄丁./:/              |
                        ,. ´   /    /  /:/           l /:/              |
                     ,. ´    ./    /  /:/           |,':/             |
                    ,. ´         /    /  /:/           .:|:/                 |
                ,. ´        /   . :.:| ./:/           . . : |′              |
              ,. ´          ,′  . ..::l /:/         . . . : : |                   |
           ,. ´            .′  . :.:::| /:/          . . : : : : |                |
         ,. ´__________|   . . :.:|/:/         . . . . : : : : :|                   |
     __,、<______/_          . . . : :|::/_________________|二二二二二二二二二二二二二i
        ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨丈二三三三≧s。.,_______|/               /:/               ___\
                 ̄ ̄ ̄\ ̄⌒ニ=-  __ ̄             ̄ ___,,..  -‐     ̄_/,、,、,,__ _ _ _ _ _ _
                     ノ"'⌒' ~ 、,,_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,,..、、--‐‐~''"´ ̄ _   、、、,,,__ _ _ _ _ _ _
                     ⌒^^""'~'´⌒´´´´´´´´´´´´´````````⌒ゝ .._ __ _ __ __ __ __  `⌒'~-
                      . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒´" ' ー‐‐ ‐ ‐ ‐
                       . . . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . .



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうした大発見によるパラダイムシフトにより、人類の文明は大きく進歩し、その生息域を広げ――


316 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:46:00 ID:uGRU0sI9



                            ィ
                           / |!
                            / j|        /!
                             /  リ        j |
                        /   ′          |
                    _ /             |! |
                _ ィア´ /     /   ,,-=ュ     | |
             _.zニニ(   {    /   ムr-ム   | ヾ、
         _z≦ニニニニゝ..    _ノ     |K__.}j   |   マュ、
       イ「ニニニニニニニニ≧='´       マHソ    L _}ニヽ.
      ムニニニニ= ´ ̄              ̄    ゞニニニ ム
    /ニニニ ィ´                           ド、ニニ}   私が傷をいやしてる間に
    {ニニマ ≧ュ、_                       イニニニj
     マニニニニr ⌒ヽ、                   イ⌒マニニ/    作業ユニットがえらいイキとるなあおい!
     ` <ニニム   ア> 、             _7⌒ヽ  } /
        ` <ニ{   7   /ヽ_         ィ⌒マ  } /
            ` ヾ{_   イ  rリ「>ュ、_r、_rイュ、  } /
              イ≧rュ、 j/`ミー、ヘ\ムイ 三ミ y''´
           r-=ニ二ミ、Y`マ_≧jヽ`〒ソ( Yr'
            /≧=ュ_三`ヾュ、 汗ぅト、ヾj/,tア毛z=―
             /ハ `≧三三ミ、 7、´ ̄`ーュ_ イニィZ´
              /ハ `ー=三三ニュ、 x⌒VWヾニlrア´
.            /ハ ヾ  > ̄ ̄ `ーマゝァ   Yリ
          /ハ    イ       マ 弋ィyvソ
           /ハ   >{         マ `マ{
        ,ヘ{  ヽ  ィハ         ヾ≧ 人
        ハノヘ    イヘ         \   }
       ハ ヾ  ≧   彡`≧ュ、_      ヾリ




      /     ,ノ./      /  /    ./  ./   ./     ./.     ∧∧        ./ . /     /    ./
     ./     / /      /  /    ./  ./   ./.     ⊂二 ̄⌒つД)つ     ./ . /     /    ./
     /    / /      /   /    ./  ./   ./     ./      ̄ ̄   . /      ./ . /     /    ./
    ./    .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
   ./     ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
.  ∧_∧../ /      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /        ∧_∧  /    ./    ./
 ( ;´Д`)ー'⌒Y   . /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  (´Д` )     ./    ./
./ . ノ ノ __,, ノ  ./  /    ./  ./   ./     ./      ./   /.         ⊂    ⊃    ./    ./
゙...(_ (_,ノ (_(__,.J ../  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./  /    /     ../    ./   /
   .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  〇──〇'    ../    ./   /
   ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
  ./ /     /   /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
 / /     /   /    /   /   ./     ./       (  ./      ./ . /     /    ./    ./   /
,/./      /  /    ./  ./   ./     ./         /⌒⌒)⌒。>   . /     /    ./    ./   /     「「「うわー!」」」
../      /   /   とと ̄⌒`ヽ     ./     と/ ノ_,U Iコ >つ      ./    ./    ./   /
"     ./   /    /   と(*。0。)っ          .  し      ー°  /     /    ./    ./   /
     /  /    ./  ./.  ∨ ∨  ../      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
    ./.  r─--、  r‐、  ../     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /       /
.      /:::::::::::::::\|:::/   /ヽ  ./      ./   /      ./ . /     /    ./   lヽiヽ,、        /
   /::::/ ̄\::::::|/  /::::::::{      r──-、         ./ . ,i′   ./    .  ⊂(Д` )):      ./
 _ノ´::::/      ヽ、::::\` ̄ ̄        ヽ::::::::{´      ../ . /     /    ./.  r─'  ,r:'::       ./   .,
/::::::::::::{          ソ::::::|       r─、___j::::::::L__  ./ . /     /    ./   しウ /:: :       . /   ./
ヽ__r‐'´       /:::::/    .ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  i′   ./    ./    .  し'::       /   ./
  /    ./   /:::::::{_     L_r──-、:::::::::r─── '       /    ./    ./   /       /   ./
. /.      _r‐'´::::::::::/           // |::::::::{   ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
″   ..  \___r、/           /::::/ |:::::::::!   / ./     /    ./    ./   /       /   ./
   ./   /   ./     ./.      /:::::::/  _}::::::〈  ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
   /  ./   /     ./       {::::::::::/   `!::::::::|   /     /    ./    ./   ./       ./   ./
  ./  ./   /     ,i′.       ` ̄     >::::::|   ./     /    ./    ./   /       /   ./
                       <::::::r、:{
                          ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   必然的に世界の片隅で絶滅戦争の傷をいやしていたドラゴンの生き残りと遭遇した。


317 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:00:40 ID:uGRU0sI9



/////        イ!     ト            /7ニヽ
/////         j| !  ,r-  |ハ          r=j/リ/ハ\
////        ィリ/!  {ト.リ ! ヽ_       人イ j´    ヽ
///     ィ´7/r' ソ  ` ´  ゞニ三≧、   (ム⌒Y
//    ,イ三彡 ´ ̄         ̄Y三リ     `ー マ r、
/    ()三〔             ,イ三ソ       マ !ハ
!     `マ ≧ュ、_ _r-、 ,,<ミ /        |! j | }
i!       ` マ{_アイ___⌒ム r ´            j{/ リ
ム       __7/ム ゝ-≧z彡jァ=-        ム   /       まあよい、私は寛大である。
/ム     ⌒ ̄ ̄{Y´ゞ≧w≠ィ7'           /7 /
//ム          |! \ア三{Y           ム//          その文明すべて献上するならば
///ム         マト、ミニイ ヾ」          ア //
/∧/ム        リ三{三ム           /ュ≠/           以前の我が僕としての待遇を約束してやろう。
//∧/ム        j三うy三、          ムァ.//
//∨∧ム       rア j三ヘ`ヾム        ノイ ア/
/∨ヾ _マミ\_ 人jイニ/ ヘ マムュ   z<彡´イ//  /
//≧ュミヾ≧7 T7j:::::!ト'_}  V マム=彡´ィ  ィ7/ /
 //7三>イム  |:::::|!(_ 7ュ、 ハ |/!/ハ≦三三ニ彡' ___,////
 /三三≧ハ ム l|::::::!ト7ュ_) l|  マ三ニ7千  ア ̄ / ./////
/⌒ト三三リ ム ハ::::|、7ュ、j _j!Lイ「ハ三ニ=ュイ  /  ./////
   j ≧ュ、 ム  |:::|7ヾュ\リ ヾリ マ7´ ̄ `ヾア   ////
   _」 /イ三三}! |:::| L_彡」  z彡マ     \  // /!リ≧ュ
ム )7ア三 >!ミl!:::! ド≧=ュ zx/ハ{、 ィ7    ヾ// イj メ`ー
 Y≧/rフ三rァヽ\!:::|三三ニ7 ィ、Yハ ` ̄/      マヽ//!≧=
_ノ/ト{三シ7!三>、!:::!三ニ' イ7ニハ !::ム イリ        Y7⌒ア≧ュ
/三三三r´ア川、三l!:::iイ⌒7ム 三ハi:::|! イ          ノlr⌒ヾr、_
三三/` |トj!ハヽi|::::|三マ(≧≦ニj:::マ  |h      /ノ    \



                                               _
                                           '"⌒   ̄`ヽ―-
                                       /            \
                                     /            \   \ ヽ     ――先祖の残した文献によると
                                     /        |      ヽ     ヘ
                                     /       l   l l | ; ト     \ヘ      あれはかつて我らを使役し
                                  / l   | |  |  l/ } Y }  \ \_ノ
                                       { |  l l |   j .イj /yf笊ミx/    <_ ノ  世界を滅ぼす争いをした
                   _   / /         {ハ い   |斗‐  l/j/ ,癶沙リ、`}个ミ \-‐''"
                  ┌‐-ミヽ(( / {   -―‐ァ   い  l  从,,二ヽ{      '"` ノノl | `~ミ=-    竜と呼ぶべき存在らしい。
                    §“ \\{/斗―- {_   i lノ_,ソ癶沁 .:、      /} }  ミー-\
                       ∫.   トr''~~ ̄ ̄~\ヾl|    }丿 ∧⌒…"      ,  /} j\⌒ヽ             __
                     i :.   | l§    §|||||   / //   \     ‘ー;;;   イ|//八ミミx,,,,,_  __   ''" ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   l§   | |∫     δ|l||| / /{ / } l l >-  _/-/ /      ミー----‐'''" __...........__ )
                       l∫   l | :.     ∫|||l|     { j/| |ノ人 _))=辷/ /ニ=―-ミ_ ̄ ̄ ̄ ̄___  -―< ̄`ヽ
                     |δ  /| |§/)   §||||          } } o/ ̄ ゚*。。/ /Χ/     ヽ  ̄ ̄ ̄        ̄~`~ミ\
                     └-ミ{ i| l//   : ||||        /l j{o{    θ/ / /⌒j!      iミx,,,_        ノ     `ヽ
                        } j/ /_    ∫l|||       / .j { いミニニ/ , /::::::::{{┴--  _V   _ ̄ ー--<       }
                       {   "/  ̄`丶、.|lj!     /-/l 八:::oV/ j  {:::::::::::}厂l~''冖ーミ〕ミ   ̄ ̄~`ヽ、 \       __
                            \   ヽ             /::::{:::い. \::o/{ {八::::::::jjミ∧\:::::::::::L \ \      \ \._/ ノ /)
                         ヽ _ }_      f^i /:::::人::\ \ヽ::::人 {:::::\:ノハ/ ∨:::>ミ:::}   \ \ __/ ̄ ̄  /) //
                      ,,x<ニニニ>ミヽ__  人/へ::::::::l:::::::\ ヽ}:::::o\::::::::{レ∧ \V/: : : : i \   斗0/7   ⌒\// ./-――-、
                        /ニニニニニニニ\~气<\メoY::}:::::┼:ヽ}::::::U:\::::::::/\\ ∨: : : : >''": { 0 {圦イ厂~''ーイー-<\ ̄ ̄
                    /ニニニニニニニニニニ\)} \\/fニニニ:::::::ノ::::::::::::::::\∧  \\.∨: : : : : : : 人 乂>‐イ    }ノ    \)
                 ∠ニニニニニニニニニニニニニ\  )//=コ::::ナ::::::>'"  ̄\j\\  \. ∨: : : : : : : : ((_)) }リ   /
              ∠ニニニニニ>―-ミニニニニニニニ\./=コ::メ::::/ 冖宀ミュ .}}  \\    `ー--< ̄  (())
             _ ∠ニニニニニニ∠ニニニニヽニニニニニニニ}\――-   _  以 .j!   `''ミ _     ̄ ̄
           _/∠ニニニニニニニ/ニニニニニニVニニニニニニニ,:::::::\f\   _ ̄`< |          ̄
       _r</O::::\ニニニニニ{ニニニニニニニVニニニニニ/::::::::;;;;{[]} :`<辷))__  \
       ,,癶::ヽヽ:::::::::::::::Yニニニ>!ニニニニニニニVニニニニ/::::::::((_r八~ヘ : :((__))ミx、|
     ∧/U::::U[こ]::::::::}>''"   |ニニニニニニ{ニVニ>彡:::::;;;;::::::::/8 `勹:}: : : : : ((r))ミ|__
    /{メO:::::[こ]::::\`<       }ニニニニニニi:-‐゙、:::::::::::::((__))/  ゚。 /{: 廴j: : : |: ::;(__))
 /{〆O:::::::::::::\`<  ̄       lニニニニニニニi:::::((\=气彡>     :゚。oメ勹:): : :j : :::人
∧メO::::::::::::::::/   ̄          lニニニニニニニl--‐''"\ \o\ /o゚。゙* {:{rしハ: :: : \




                    z-─ 、 .ト、
                ,. ---≧::::::::::::\゙i:::\ i\
               __Ζ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i|::::}
             ,.,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<´
              ̄>:::f:::f:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i:::}:::::::ヽ
              /::::::::::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::\
             /::::::::::::|:::|:::\ハ::::::::::::::ハ/:::|:::|:::::::::ヾ¨
             |:,r'l:::::::|:::|:::/ヽ',:::::::::ム'゙ヘ:::::::|:::|::::::::::、ヽ     なるほど、つまり頭下げてまた絶滅戦争に付き合わされるか
               レi:::|:::レャ-tォ',::::ル゙ィ-rtァ;|:::|ヽ::::::l ヾ
                |::|:::|   ヒノ ∨  ._ヒノ |:::|ノ:::l、j       ぶちのめして自由を得るかの二択ってわけだな。
                |::|:::l:!, '''   、    '''',イ:::|:::::::|
                |::|:::|::::' 、   --   , ヘ::|:::|::::::::!   .,ィ
     __ --一''"´ソ〃厂|:::| ̄`´> 、__, < ,ヘ.|:::|::::::::ヽ、_ノ::}
。O  /.,ィ       .| {i l } |:::|  ソ/./ヽ__,, -'"./||:::|``ヽ、:::::::ノ
ヽ 。//771 i" ̄``ー'゙ー一゙`|:::|, < / .レク:::::rクノ/||:::|    \:ヽ
 iヽ:"⌒ '.;`゙ ゚         _,|:::| /   .7::ヲ ./ .||:::|v .|  )、::)
=ニ ;     ; ニ=-    ./ ̄/レ゙'゙   .//  /  |レ゙.iヽノ   `ヽ__
../ヽ、_.,,ノ 。 O   __/   .{/   , <>´   .{  <  } L   /彡ゝ
'/  Y  ヽ   /    ∧ .//ニ=二   .',  { ./ .|::\,'彡/ヽ
    |   O ,'      / ヽ/::/  _  _  ', ,|/__ --─  ̄   〉
   ο     ヽ__/   /::/ ̄ ̄\  __ --─ ¨     ___ノ
                     /::/   ,.ク ̄     __ 、--─  ̄   .)
         _       レ゙   ヽ{_{_{_ニゝ-''¨  `<___ノ
          ,r'´:_:_: ̄¨¨: ─--: _  /          |
.      __ム:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:フ¨: ─--: __      |
     /: : : : : : : : : : : : : : : :_:_/: : :/: : /: :¨ァ─r- ,__|




[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   もちろん竜同士の絶滅戦争を生き延びた猛者である。生半可な強さではないのだが――
  再び人類を一方的に服従させられるほど人類は無力でも少数でもなかった。


319 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:07:07 ID:uGRU0sI9



      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::  :  .  ・ .  ; :
,   ,:‘.      く>   。         / ̄|\  . +   ,..            <7      _:   .  '
 ’‘     +   ,..       . ..; ',.../ /\|         .:::::::’’  。...::::’’.. .    +.../ レ:ヘ:.   :
:::::  :                  〈∠_/               +  :::.      / /::::::lノ
:: ,  .・ .  ;  . :   '.   _                             +   ,...ー'──' .... ..; '
:   ,   ' .  :,rへ、 , ..「\\          /\
:   . ' :  .; /:|  く__. |  \〉         | ̄\〉 .....:,ィ=-、    ..;....
∠フ   ; '   ヾ!   _/..L_/           L_/ ......ィ'´'´,;゚心    .....               。...::::’’.. .    +
   __     \厂.., .. .              +.    ゞ‐゚、,;.:ノ. .’。  .......::..           。 +  :::
 ,∧::::/く         .,.,,.、 .,   .,.,,、+  。  , .. .    +  . : :....          + , ..,  .・            _,,,
.......∟∨/.:‘.......,,.、 .,. ,..       《〉 ..... .... ..   ..; ', . . :::..  ;  . :   ' .,....:::  ' ,:‘,.       ,,,,,, ,,/~   \,,,
                            ,   ,:‘..     ' .  :,rへ、 , .  ’..   :   .     / ,    ,,
,:‘. 。   .. . ....   ,,  ,        /Υ]           ' :  .; /:|  く__ ;  '          / ,ノl⌒ ̄'' '
 :::::::’’  。...::::’’      / ̄ ̄7\::!<      ,   ,:‘.  '   ヾ!   _/ ..              /   }
......               〈: __/  .:〉        く>  .......        \厂......::::’y‐、.       :|li  /ii   ゝ,
      ..:::          V___/ . :  .  ・ .  ; :....  <´`>        く>': :ヽ.     //ll
; ', . . :.../ヽ.     、.,.,,. 、.,.,,     .<7      _:   .  ' ....`~...'.。   ..:::......{:.:': : ゚. ): :‘....,|r    /i.      |
.. ,ノ⌒7   }>                       / レ:ヘ:.   :....  ..,   ,:‘. :‘......ゞ、_.,;'イ    ;|| ll |    ノ/   /
.. } ,ゝ、   /ツ\                / /::::::lノ   .... ..   ..; ', . ..       。   .. .. { / ll|   |ll  l
..r{ ネ  ミ≡=彡' }                 ー'──'       .. .... / ̄ ̄   ゙\..::’’  。...:::: ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
<ヾへrf´ ヾ Xy'                           ’’,,/´\::       /\  . ,,、.,.,,..... 'ヽ'''i /^/  ii  /ii
..L ゙ミ ヾ_ ィ  ノ                     ,:‘. 。   .. ∧   .:>――-<  ∧           .ヽ|~ _|ll ll|
.. ゝ-、_∠f_オ′                              〈 .:》―-く         》             ⌒  ヽ,,l



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    さて、やっとこ一つの星が一段落ついたし
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ       そろそろ他の星の作業に取り掛かるか――。
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



            /::::::::::::::::::::ヽ     / ::::!   /: : : : : : : :::::::/: : : :
           /_::::::-:::::::::、,::::::::ヽ   | .:::}   /: : : : : : : : :::/: : : :r-‐
           |::::、::::::、:::::::^:::::::::::i   / ノ/  /: : : : : : : ::/ : : : /
           l:{、:ヾ、`冫ヽ、::::::::::{ / // /: : : : : :__: /: : : :/
            ヾ{ヽi_ _ ji,、: : : 、'.::::/ L_ /: : //,----'____/__ : : : :   初心者のうちからマルチプレイは
               丶 '^ヽ  ,-‐' ,--r': : : /, '   /┴‐── : : : :
                 __,ノ)ノ _.. ヽ-=ニ_ ̄-=-  '──--- ---      あまりお勧めできませんけど……。
                /  ` ' f´::  ` \__ __ : : : : : __,
                {    !:::..  lヽ  \二ニ、 ---、 _ : : : : ===
               //   ',::.   l:::\ ─     ヽ三三三_   /
              ( (   j l:::.  !:::.. \:::::: ::::::: : :\    ` ─
              `  ` ‐ '  !:.   |三、  \:::::: : :   \
               l \   |   !"\\  \ __:: : ::::::\:::::/
   =     =       !     (j   |\: :ヽ:\  \::ヽ  ::::::::/
ニ_-=三三三三ニ     小 :. /   ,ノ  ヽ |:::::: \  \' : : : \
ニ三三ニ=ニ三三三===/ ! :/  , <ニ Ξ l: : :::: : :\  \ ノ `──
三三ニ'     ニ三三  />'  , '   \二三三: :::::: : : :l 、  /
三三ニ=      三ニ' // /  ::.     ヽ二三三ニ: : : | ,X   \
三三三二ニ-' '゙___, -'‐ '  /ニ}  、 ::.     ',三三三三 '´  \
三三三二ニ  __,.ノ   ノ三三 ! 、} :.      !三三三三三
三三三二ニニ '=-  '三三三:|  l      l三三三三
             【モブ宇宙開拓者カッコカリ】



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なおちょうどそのころパーサナックスさんは今の文明が宇宙勝利した時も視野に入れて
  銀河系内の他の星を調整していたらしい。


321 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:18:10 ID:uGRU0sI9



                                    ,,,,-,,
                               ,,,-''''´/´
                             ,,,-' /' /´
                            / / ,,,//
                           / / / く
                           j j i/フヾゝ-- 、,,,='''フ
                          ./ / // / i/   //´
                          /  / i  ./\__,,,-''i/ 〈
                          i ̄〈゙ヽi /    / j   \
                          i /   \   / i    ,,`ゝ
                          i /    ヽ  /  i ,,,,-''´  i
                         .ヽi     ヽ /  //     j
                                 j  / i      i
                                 i  i /      ヽ
                                 i ヽ .i_,,,,,,,,_  ヽ
      _,,,-‐,‐- 、,,_                   j  ヽj      ゙̄'''-ヽ、
     i二ゝ,,,,,j-<ニニ゙、                  i   ヽ'''''-、'''' ̄ ̄ ̄ ̄
     i/''''´ヽ_フ   `''''''''‐-、             i   /ヽ-- 、`''''-、
          j,,,,-‐、-二二''''''''‐-ヽ,-‐、__       /  /   `''''‐、`ヽニヽ、
              ヽ-、  ゙゙̄''ヽ〈   /\、    / / ヽ──,,,,,,,,_`ヽ、 `
                 `ヽ、  /ゝ、   ,,,,-─'''フ/   ヽ      'ヽ‐-ニ==-
                       ヽ /,-, ,-‐i´ 〈    ヽヽ- 、    \           _,,,,,
                       //7´j-‐'  \    ヽ `''''''‐-,,,,,,, \_,,,,,,,,,,,,,-‐‐'''''´ /
                        ゙''゙ヽij/-、ヽj_jj / ヽ、  jヽ      '''''-ニ=‐      /
                          ゙゙  i\ヽ ヽ   \j i‐- 、_     ヽ、,,,,,,-‐<  ヽ、
                            ヽ /,jヽj,,,,,/ニ-‐ヽ/'''ヽヽ二ヽヽフ''''-、_ `iニブ゙゙-,,,>
                               .ヽ j  ヽ  i´  ゝヾ-ゝ-ヽ\    ̄
                                ヽヽ  ヽ ヽ /´`ヽ  ,,ゝ _ヽ,
                                 '''   iヽ  >、  ,,-<ヽイヽヽゝ,
                                      ̄   `''i.i.i i≫.ヽヽヽ-'
                                           `-‐''´ `´



                              ー==ー-、
                                イ⌒ミV´ ミヽ
                                    j  {辷}
                ー==ー-、            イ⌒ヽY
                  イ⌒ミV´ ミヽ     ム{  人〉   ト、
                      j  {辷}  .===弋辷二二j >=====.∧============────
.     ー==ー-、            イ⌒ヽY      V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ
.       イ⌒ミV´ ミヽ     ム{  人〉   ト、   .Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ
              j  {辷}  .===弋辷二二j >=====.∧============────
             イ⌒ヽY      V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ::::::::::::::::::::::人::::::::::\〉
         ム{  人〉   ト、   .Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ : ::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ
.      ===弋辷二二j >=====.∧============────
.          V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ ::::::::::::::::::::人::::::::::\〉     |
             Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ : ::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ - 、__,j
          人__>''弋ヽミX´:::::::::::::::::::::Y:::::\ ヘx ー-、,{、________,へ∨    |
.   -─┬ { ̄ ̄ \  〉ノ::::(::::::::::::::::::::::人::::::::::\〉     |ィ弋 ::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`)
      |::::|___ }<)ヽ、__ヽ、::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ - 、__,j´ ゙̄\::::::::弋¨¨¨7::::/
      |:::::::::::::::::::::::(  |::::/  `弋ー-、,{、________,へ∨   |  ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
. ニニニニ彡'::::::::::::::::::::::::::|. |::.{ヽ、         |ィ弋 ::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`).:__>''´ |  〉ノ
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ム>  ¨'''ー- 、__,j´ ゙̄\::::::::弋¨¨¨7::::/       ¨´
    :::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`::::<___    | ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
    ::::::::::::::::./ ヽ、:::::::::::::: ィ弋:::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`).:__>''´ |  〉ノ
    j:::::::::::::/   `¨¨¨¨´  \::::::::弋¨¨¨7::::/       ¨´
.  人.:::::::く            ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
     \:::::::\、___     ∠___〉__>''´ |  〉ノ
       \:::::::ヽ<⌒7             ¨´
       Y⌒ヽ`¨
        ` ̄


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そしてパーサーナックスが星ガチャをし、作者がそれっぽいAAの探索に四苦八苦している間にも
 星では自由と存亡をかけた戦争が勃発していた。

 戦うは片や絶滅戦争を生き延び、今まで力を蓄えた強大なドラゴンたち。
 片や同じく絶滅戦争を生き延び、数と理の力で勢力圏を拡大させた人類たち。


322 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:23:44 ID:489hY1CW
ドラゴンは環境を圧迫するから滅ぼすか隔離したい(熱帯魚観賞者並感)

323 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:25:14 ID:kxBp+uM0
多種多様な生態系という観点からするとドラゴン邪魔よね


324 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:26:32 ID:uGRU0sI9


なお人類も割と環境の圧迫力はでかい模様



                 /  ̄∧                 //..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\::..\::::::::::∧
             /     ヽ            〃.:::::::::::|:::::::::::::::::::::.\::::::::::::.∨::: \:::::::::,
           ,ィ''"  ̄ ̄ `゙ヾ\.           /.::/.:::/.:::|:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::: ∨:‘,Ⅴ::::::,
          ,; j        } ハ           ,::::;’:::;’:::::|:::::::::::::::::::l:::|:::::::∨::::::::‘:::::i\〉:::::::,
          ;'  {         | |       ,:;’::::i::::::/ /:∨:::::::: Ⅵ\::::Ⅵ::::::::’:l|:::|::::::::::l|
         ;:  ヽ-───- 、 ノ l       i:::l:::::::|::l::l:: |:::::∨::::::: |‘, ∨Ⅷ:::::::::i||:::|::::::::::l|   いいでしょう……
           i  /: : : : :「l!: : : : :|  |-- 、     /:l:|::::: |::l‐Ⅵヽ:::ト、::::::.∨´ ̄Ⅵ :::::::::}リ:::|::::::::::l|
            l . :|: : : : : l l!: : : : :}  |   \.. / :从::::::Ⅵ __ Ⅵ ’,::::| ___Ⅵ::::::::;.Ⅵ:::::::/:|    あなた達が勝ったら
          __! ; :L: :_:_ :| l∟ :-:-!   ト、     厶/ |Ⅸ:::::、て|=:::ミト:::::\:|イッ:::::::/|::::::/ ./.::::::/乂     支配地も金も戻します……
        < |  /: : : : : :! l!: : : : : ',  |_ノ\  ∧.゙┃ Ⅵ::::::|乂_ツ:::::::::::`:乂:::/ リ:::厶イ:::::::/〈                「 l | 、___ l |
.         /`|  i: : : : : : Lj! : : : : : l  ! \ヽ   ',   Ⅵ::∧.    、      以/.:::::::::〃.:|         約束は   ノ レ     ノ レ' 」だ!
        /  i、; i (f): : : : : : : : :(f): :l  !   〉|  │..... Ⅵl::::〉、 .、___ノ〉  イl::/|/.:::/.::::/
      |  l : l:/ 二二二二二 l: |  }  /     /  /Ⅵ/:::/>   ̄   イ| 从|/ /..::::::〈
     /l  l : { l______ノノ:/  j /ヽ.__/|   |  Ⅳ: /::/ \`´._/ :|:l:∨:/_::::イ∧    「ルール」は
.   / │  .ト、 ハ.ー─-、  -一':/  / /  ,--、 /.. ,|  ,/ |   ,ィ〉〈  :人/.´:::::::::::/ 人    ドラゴンが決めたものですし
 /     |   ! lヽ \: : : :V : : : / / /  / 、  } L 〃  ::Ⅳ ∧、/|:.:.:.∧ ./ ./.:::::::::::ィ     ∧     …そしてゲームは
.       !   | \ \: : : : : / / / / ヽ._} l |. /   :〈〈   :Ⅵ乂__} Ⅸ∨.::/|::〃     /     すでに始まっているッ!
       ハ    }   \ `  ̄ / / /     |. , "   :} 〉\. _Ⅵ:.:.:.|以_::乂`ヽУ     :{
.      / \__/    ヽ----' / /      |.゙/     :|’/::\:::::Ⅴ〈:/::|`{ミ⌒/       ,
                 __/ _/   __ |/ ー 、  :l|/\:::::::}::::::|::::}l::::l::.Ⅵ{i′        ,
           / ̄ ̄ __         r┴ヽ _>=--ー 、r‐\:|::::::l::::://{:::..\Ⅶ         i
   ______________________ \┸/'┐ 乂::::::∨〉         |
  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓| `{  \〉  \::乂        ,
  |┃ スタンド ― 『取り立て人マリリン・マンソン』   ┃|¨Y´   ∨`ー-、〉ミ、       :,
  |┃        本体 ― 千川ちひろ         ┃|く    :}    `ヽ\\    :,
  |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛| ′   {       \\ :/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、_,,:彡         `i乂
                                    ` ̄  `ー 、            /
                                         `ヽ        丿 ※AAはイメージです
                                                `ー -イ¨´


              ト、    __                                 ,,,.... -‐-≠‐
              |; ;\ィ ; ; ヽ                             ,,...-=‐ '^~, ; ; ; ; ; /
              |; ; ; ; ; ; ; ; ;乂__,ィ、                  ,,... -=ニ=‐ ,´ ; ; ; ; ; ; ; /
              |; ; ; ; ; ; -; ; ; ; ; ; ; 〉      _         _,,.... -=ニニ=‐ , ; ; ; ;_ ィ、; ; ; > '゙
              l; ; ; ; ;/; ; ;ノ; ; ; ;_/     ィニニ≧ー=≦ニニニ=‐ , ; ;. -=、;/   }; ;/
                    Y; ;ノ /, ; ; ィ〔_      レ´  ヾニニニ㌻ , ; ; ; ; ; 〔   ィ    / ; l
               ノ; ;/, ; ; ; ;¨´; ; 廴     /\ ∨ニ∧; ; ; ; ; ; ; ; ;  ̄; ;乂_/ ;> '
                 レ; ; ; ; ; ; ;/ 〕; {   /乂f; ; ; ;\∨ニ∧ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;>、
                  /; ; ; -=、; ; ー, ; ; ;` rく; ; 八_ ; ; ; ; ; V二|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ア、; ; ;_;ー;ヘ , -、
            /;_/ニニニ>.、 ; ; ; ; _j ; \; ; ; ;ヽ ; ; ;イニニ|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i; ; ; ー'; ;ヽ ; ; ; ; ; ; Y; ;i
            ∠ニニ> '´ ̄`ヾニ\;/, l; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ニニニl ; ; ; ; ; ; ; ; ;_ノ; ; ; ; ; ; ; 廴; ; ; ; ; ; ; ; `¨;、
         ィ㌻¨¨¨   , ,-=≦}ニ㌃{; ; ; ;`¨; ヽ; ; ; ; '; ;ノ二㌢、_;_;ノ^ー'´; ; ;r=、 ; ; ; ; ; ; Y  ̄ \; ; ; ; ヽ    「」
           i{      , , ; ; ; ; ; ; ;У{; ; ; ; ; ヽ; ; ; ,\; ;∠ニ/, ; ; ; ;ヽ; ; ; ; ; j℡ニニ\ ィ、; ; ; 〉.ヘ   Y: ; ; ; ;
               i; ; ; ; ; ; ; ; / 八; ; ; ; ; ; ;ー 、; ; ; ;iニ/ ; ; ; ; ; ; ; ∨;r <ニニ\ニj{ニヾ、 ; V∧   l ; ; ; /
          __  | ; ;_; ;r─ f; ; ; ; ;ー; ; ; ; ; ; ,\ ; ヾ、; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}弋ニニヽニニ}‐'⌒ー'; ; lニ| ノ; ; ; /
       r≦ニニ,. <ニ~ニ>、 _ノ; ; ;ノ; ;、; ; ; ; ; ; ヽ; ;'; ; ; ;j\; ; ; ; ; ; ;八; ; ;寸ニ}ニノ\; ; ; ; ; /二|; ; ; ;ノ´
    , ;⌒y; ¨¨; 〔ニニニニニニニニ}; ; ; く; ; ; ; ; ; ィ; ;人; ; ; r≦{; ; ,\;_;_j ; ; ; ; ; ; ; ` <,___ ー ミ/ニニ!彡´
    >;‐; ;ィフゝ; `;マ√;ノニニ/; ; ; ; 、 ; ; ; ;Yー; ⌒; ; ;ノニニ∧∧; ;/⌒ < ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ' ; ∨ニ∧
 r, ; ; ; j!; ; ´; ; ; ; ; ; ; ;/ニ/, ; ; ; ; ;У; ; ; ;l ; ; ;_ イニニ/   ∨      ̄ ̄∨=====f ; /∨ニ∧
 Y^Y^Y }_イ f入; ; イく> '゙; ; ; ;´; ;L; ; ヽ;_;ノ  ̄   jニニニ                 ∨ニニ//   〉二∧
  ∨∨レニVニハ; ; |; ; l; ; ; ; ;/ ; ; ; ; ; ; ノ    __,..イニニニi           /; ;∧ニニ     /ニiニニ
    フニイ∧ト、j ; ; ; 人; ; ; ; ; ; ;_;_; イ .イ _jニニニニニニニ廴_           レ   }ニ/ ,,,...ィ/ニ!ニ∧-- 、
   ∧∧.八人; ; ; ; /;>‐、r─くー、 Y  レ /´_>=f ーr‐、_j            /; ; {/ ィノニニニニニニニ、 、_〉
   Ⅳ∨; ; ; ; ; ;  <  | / `ヽ_j  `    ¨´     \/             /, ; ; ハ ̄「 У´   `ヾ }
   乂;_;  -=≦      ′                         ,,,.... -‐=≦; ; ; ; イ {   ´      レ
                                         厶、 ; ;_; =─‐く l Y
                                     '‐ ´ ̄      ∨∨



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   中には人類に討ち取られるドラゴンが出るなど、戦いは膠着状態になったが――


325 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:31:37 ID:uGRU0sI9



                                  ィ!   、    |ニニニニニ  j
                                     / l|    }ム    !ニニニ ニニ !
                                _ /  リ __ j ハ  |ニニ   ニニリ
                             , イ7′  ハ ムi!  }   jニ   彡ニ イ
                       __ --==彡 イ{  ノ {7 j! リ  ニニ _=ニ j
                    イニ      __>´  ゞ=イ / /ニ    ニニ   !
、                   {ニr―ア二_ ̄  _,,,z< ̄  _ア  /ニ    ニニニ!
ム                   `マ  マヾ_≧=≧ュ、> ´ ̄   /ニ    ニニニリ      意外とあいつら強いな……
ニム                 __≧ュイ彡'マ   芯ュ、 ヽ.      /ニ    ニニニ/
ニム                  >=ュ--ァ, ィ<アz rvァ≠jマj    /ニニ   ニニニ′
ニニム                 /イ三三j,イミ、 Yvァ r'^⌒´′  イニニニ ニニニ/         せや! あれだけ数が多けりゃ
ニニニム                レイ三ニイ ≧ュ、  ヾjィz_,    イニニニニニニ r′
ニニニニ、              リア/ニ≧= r ´ ̄`ヽ マ7   ムニニニニ/ア /           現状に不満覚えてるやつもあるやろ!
 ニニニニヽ      __   j/ァ彡ィ<  ム     Y「{   ムニニニ=7 /
  ニニニニミュ、  ィア´   ⌒マ{7/ァ=三\    マハ /ニニニ= //     __      そいつら利用して仲間割れさせたろ!
   ニニニニニ>イアュ.-=ュ、  イァ{_/ニ/三三 ヽ.   ヾ{ ニニ=  イ  _ -=ニ=
  ニニニニニイ7/ _メ ̄⌒`  リ人/ニイ三三 ≧ニ=―― --=ニ三         ィ
ニニニニニニ {/乍  j  ヽjヽ   ]N'彡´ィ三三>´::::;ィ´ ̄ミヽ三=―.....___  ィ  /
ニニニニニニ !//j _ レ=' イュ、__ム、:::ヾニ リ7´::_:;ィ´三     7ム
マ`ニニニニニ !// 彡>-′三 リ !ト、::::__フ::r'´           /ニ ム
ム        マ リイ、 `ヾ三 /   !三 ̄        z≦  リニ7 ム
ニ。        マ ア 7   7   ,イ三三      彡イ ̄ /ニニ{ r-ム  ,,ィ=ュ、
ニニ、       }7/ 人  / , 个三三ニ=  z      /ニニ彡⌒ヾレ7j/r⌒マ}          敗北者のみなさーん!
ニニム       |/Oj彡ト、イ イ X{彡⌒≧ュz--_ }ア   j/ニニ{    }7 {-(≧ーリ、
ニニニ\      ! j/≦ Y三ソ´ ヾ 、 _ア=、  ̄  そミVニイ ̄ 三ソハ!リ  ̄ ´ Y}         早めに寝返れば支配者の地位と
ニニニニム    リ/⌒jイハム   >'`   ト.    Y//⌒ヾミ=>≠ュ {ー‐ァ  j/
ニニニニニム   {/ム |  _>' ´       マ ≧=rァイ {   7´ ̄イハ 八〕 ̄   ´          好きなやつへの復讐権プレゼントするよ~!
ニニニニニニュ、  ヾム マT!           ヾ  ̄`ーヾ、_/>ュ _ソイニj!
ニニニニニニニ≧ュ、  マ_j                  Y´ ̄`マ>ァ´
ニニニニニニニニニ≧、               ム   ニミヽ   リ/
ニニニニニニニニニニニ、              ハ   ム≧マ j/
ニニニニニニニニニニニニュ、              =ュ ム__)/
ニニニニニニニニニニニニニ>、



                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|       お、おれたちが……支配者……?
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ある程度戦ったところで連携が人類の力の源と悟ったドラゴンたちが
  現状の不満を抱いている層に力を貸すことで仲間割れを誘ったあたりから潮目が変わり始める。


326 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:35:23 ID:uGRU0sI9



                               r───‐┐
                               | r─‐ァ ./
                               └┘ / ./
.                  \               く/
                    __\             _
                  /__|//\_ /二ゝ        | |
                   { ./7!  | t┴┴x      | |
     r---t-、_/       .j!__.ノ、. ¨7  .,イ l.       | |
       ̄¨'レ(__/_)_      .| .|ヽ ヽ |---||_|、       | |
.       /__ r'=v }.  _   ./ / |_/ .|_/l .|  \    | |
       >レ'  ̄`<  |l _{_/. .|_l  .{_| l_,|   \   | |
      / ,ヽ_l.   !}   |レ,、{_! ̄ヽ ○-、 ..l_,|. |l.   ─‐| |=rュ‐--.。/¨l
.     /、_|i. |   |゙  .l_l  |`ーt'!. /、.  ヽ   .||.     |_|  ̄|_./. `¨^ヽ
    r‐'' /└tt|-tt┤   ./l_|_|/|__.X/.ヽ .||_          ./、__∠.}
     ̄   |_l|_l'/./. -=={=≠=|{ノ / ∧ |._rt!| ○- '' ̄)  / ,、. ヽ Ll
          `ー”     'ー’| |  _ゝ_{.x(二).V ./´  .x彡-、/ / 》、》
.      _   |l           |-.| `~~,イ__/  / {_,彡'.    X  ヽ/
     / \ |l. /   ______.`ー’   `" |  /     /  z○─-v'7
.    升=≦ X __ l  ____  |        .〈二フ___ (二)  |. \__ト//
.   / ヽ__.〉-t{__}_.|__|   | |         |_|''/ r'',イl{ # \ヽ___|t‐ '
   /、\ハ V /   .}    / /.       , -xニニ-''´/ヽ # ∧!┬┤
.  | ヽ ヾ¨.コ___r'    く/    ._/   ヽ-- '’ └t''´ .∧ハ ',
.  /  |  レ  ,  |      _     ./ {-x _/       ヽ  .| ヽj
 〈_/ヽ/ /ヽ .ヽ    | |.    ヽ{○`! |          \_|
  ヽj  _,| .l   \ ヽ.  | |.        /ノ
.       `~~   `ー'’  .| |
                  | |
                  | |
                  | |
                  | |
                  |_|



                            // \(          }/
                          __  {    \.         /
                              :::: \\     \\    ∥:::
                         .:___\\_人_) \_〉{{ \:::
                       .:/ ̄ ̄ ̄ ̄\               \____/
                        __/        __)    ノ ) フ フ     厂 ̄ ̄
                     /             >     { ( ( (/)    {::::
                                 .:::/    く⌒\___  (     \
                                 .:::/⌒)     \   ヽ      { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      _____/    〉   { >   ノ    \\
                       ̄ ̄ ̄ ̄       /                 \\
                               /⌒           / \\ \\
         /::       ___            //⌒|/⌒\.    /::  | |::
      _/          ⌒>―\ \____     //  {二二二∨⌒/::     | |::
      {/           /     >―   \ /  /二二二二  {::      \\
               /  /   //    \  \  /ニニニニ /  l |        \\
.            --=ニ/ /  / /    }  \  \ {ニニニニ/    |::        \\
             /    /   /  / /ノ   \  ∨ニニニニ}   ||::
            / / /   /   /  / / \   \   /ニニニニ}   ||::
.              / /    _    / _// ̄V|  \/ニニニニニ}   ||::
             / /{ |   / \ / }/ ィf灯うミ/   |ニニニニ-/   \
.            //い |/ / ィ灯う     乂ソ ,厂  ノニニニニ/       \   何を仲間割れしてるんだ!
           {   V ノ -く(,,, Vソ 、    /  /ニニニニ/     /:
             _/  ノ  \_    ― 、⌒ア: :|二ニニニ/    /:       人類の存亡がかかってるんだぞ!
.             ⌒ア⌒|| Λ⌒ {'⌒: :: :}  /: :ノニニニ-/    /{:
                  //|人{ 人     : : ノ/: :/ニニニニΛ    \
            /: ://:ノ : )_ノ> __/ : : / /二二二/ : }
            /.: :./: : //{┼┼┼┼‐|: : : |./ニニニニ}: :./
       ___ /: : : /: : : :/爻/{┼┼┼┼‐|: : : |ニニニニニ]:./
.     ⌒>/.:. :. .:./: : : :/ / \ー┼┼┼.人.: .:∨ニニニ∨/
 ー=ニ: : : : : : : : : |: : : / {/]从ΧΧΧΧ{Λ: : ∨ニニニ}
   /⌒}.: : : : :. :.|: : Λ /ニニ/ 从ΧΧ从从〉: : ∨二二}
      ノ/⌒)/|:../: /{ニニ〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ニニ/: : : :.}二二ノ
           ∨ /二二ニΛ:i:i:i:i:i:i:i/ニニ/: : : /ニニ/
                ∨二ニニニΛ:i:i:i:i/ニニ/: ::/ニニ/〈
 ( \         __/ニニ/ニニニ∨i/ニニ/ /ニニニニニ}
/ ⌒\        /ニニ二〈ニニニニ〈ニニ{:/ニニニニニ/〉
/ ⌒\)x     〈ニニニ ΛニニニノΛ二二二ニニニニ/ {
/⌒\)爻   /ニニニニニ{ニニニ/i:i:i:i:\ニニニニニニニ}
_ ⌒-{爻ニニニニニニニΛ二 /i:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニ/二\
爻メ爻メ爻ニニニニニニニ//二 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\二二Λニニニ\
爻爻爻<ニニニニニニニ//二 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニニニ\



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この結果、戦争の主体はドラゴンの支配から脱却したい人類と
  現状の体制を破壊してドラゴンの元で新たな支配者になりたい人類との戦いに移り始める。

  もちろんドラゴンは後者に味方して前者を攻撃し続けるため、戦況は一気にドラゴン有利に。


327 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:43:05 ID:uGRU0sI9


【Q:ところでこの戦争に勝ったら敗北した人類とか今の自分たちの僕になってる人たちどうするんですか?】


                       ,    ,
                     /j    |{
                     / /    |l!
                 イ   / ィ=ヽ. |ハ
              z ´ /  ノ {トい′! ヽ
             ィ7ー≠ァ´   マ_ソ   !ヒ  \
           イ//> ´         ヾァ_ ヽ.
          リ///              \/7イハ
           !//イ                ∨/∧   え? 自分たちのために同族裏切るようなやつとか
            {//∧                   Y//ハ
          マ/ >.                   j///リ   この期に及んで結束して抵抗してくるやつとか
           ∨´ />ュ、            イ////
            \} 〔 三≧´7 ア=ュー=<T´ァ/ ノ    どっちも機会があったらなにしてくるかわからんやん。
           `マ≧=<ヒュ}ァイぅ <{ 彡{ } >'
             `マyトュvィ!lィy、´二≧=ュ<_
                Y`ヾ r, ア^´r=-‐´ ̄
                   j|ミ}  ムニリ
                ムニ{  イニニ ,              そんなもん生かしておく理由とかある?(素
               ムニニ´ニニ /
             /ニ/⌒7⌒ミニ{               滅ぼして新しい生産ユニット作る一択でしょ。
            /ニイ ̄ア ̄`ヾハ
           イニ了´ ̄ア  ̄`ミソニム
        /::/ニ// ィ /、_ `ヽ人ヾ/::\
       /:::::/ 7/´ ノ、  >、リニ/::::::::ハヽ.


328 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:44:06 ID:dxDODRib
知ってた。


330 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:49:26 ID:uGRU0sI9



                                     _/ ̄\ ___
               -‐――‐- ミ             / ̄  `\  \/⌒\\
        //⌒\ /⌒`丶、   ヽ、      //     / \  \    \\
.     // ⌒>       \   \    |  {___ノ  / \ \
.    // /   /      \   \   `丶、 \乂   __/       |
    /  /   |    |      \   __ノ  >-   ̄     _     |  |  ノ
   j   /     |    |       \   \ ⌒ー--‐‐ノ   / / \  |  |
   {  |        |   \   /          /    /  /⌒\ \ | ノ
     |||           \/ _ノ`ト‐--‐ (\   |  |    \_ノ'′
     |Λ|     /     | 」ノ/云う {\  {\ \\  \ _
     |  |     /Λ八 |  | j/乂ツ j/ }ヽ\ \ }  |(\::::>‐:)::⌒X、
         | Λ   ⌒抖zミN 八     ノノ「 | {  \ \ | ヽ \ ⌒乂::Y:)、     ――ってなることくらい容易に想像つくだろう!
       / ノ|  ー癶 Vツ|/::      八 \\_ノ /ノ}/ /    乂::Y:)
.       /  | \   \ u  ` _ シ′/ ノ:\  // √V   /   (:Y:)     なんでいまさらドラゴンに与するんだあいつら!?
.           ノ ノ `トミ个   __ /У:::/ }\////   /::::/   (:Y:ノ
\  ___ / |Λ|ノノ /\ {   /:::/  / ノV // 〉 ::::::::{  /(::Yノ
::::/:/:::::>~ミ--彡 /\ (C>''´::::/   / / } /ニУ〉 {::::::::乂_ r::ン
/:::/:::::/―:::::彡  o゚ / /´ ̄::::::::::/ __/{ { /ニニニニニ} 人:::::::::::::::::::ノ
:::/:/ ̄ ̄ ̄  o゚  ///´ 「 ̄::: ̄_::::::{ \ニニ二二二}   >‐ ''"´ ____
::{/       o゜ /// _//ニ/ニニニ人  \ニニニ/  / / /
.人.     |⌒L /::/:/"´ /二{ニ{ニニニニニ\  \__//_/
  \   |__){:::/ {    {ニニ{ニ{ニニニ>''´::::::\ __ _/\ ′
'"´⌒ ̄/      {八 {     \\ニ>''´::::::::::::::::::: { / /|-=-=-=-x ー―----
     /         \ー--‐<] ̄ニニ\:::::::::::::::::::::人 / /|:::::::::::::::::::::::㍉
   /     _          ]jニニニニ}\:::::::::::::::::::::\∠ ノ::::::::::::::::::::::::::::::\
  Λ__/   ̄\.     ]jニニニニ⌒⌒Ζ_彡へ:::::::::::::::::::::::::::::::N⌒::::::∨\
    \.         \     フニニニ{:ニ\_     ⌒Zノヘ::::::::::ノニ\::::::::∨ \
     \         \/ニニニニ{:ニニニニΥニニ=-- __ __ --ニニニニノ}:::::::::}.    \
  {      \      /ニニニニニニ/:::::\二 { {ニニニニニ|ニニニYニニニ>'´∨ヘ√      \
.  \           /ニニニニニニニ/:::::::::::::::::: >=ニニニニ|ニニニノ- ''"::::::::::::::::::::√
    \      /ニニニニ/ニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::√
        \  /ニニニ‐<ニニ二/::>‐…‐=ミ::::::::\:::i[::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/
.         /ニ‐ ''"     ̄ {/:::::::::::::::::::::::::\::::::::)ー=<__::::::::/::://
___>''´            / /⌒)::::::::::::::::ヽ::/  \::::::::::::::::\/:::/
                    /   /:::::::::::::::://      ̄\: ̄::::::::/



                        ,. --――-- 、
                     「\!´ヽ ̄ `     `ヽ、
                 ,.. '´| ヽヾヽ、ハ      ヽ   ハ
                 \ l ∨ ̄ ! } !  i  l    !
                    ヽ ヽヽ;:;:;:;|イ/  ,!  !    ,|
                  / !  l`r_‐!/ヽ,/|∧/|  / |
                    //!、 !'!i,ハ   ,ィ ' rlゝ/l !    「自分が生きてる間に戦争は終わるまい」と高をくくってるか
                     ´ / i\ ゞ' ,   ゞ-/イ/ |
                     / ,.| _」ヽ、 、    ,ィ'>、_ 、ヽ    「自分だけは大丈夫」と勝手に思い込んでるか
                  ´´,ゝ'、`ー` -‐ '´:::::::::|/!、|ヽゝ
                    <:::::::::;`ー-------‐'_,ノ` ー-、   「そうなってもいいから今の体制に復讐したい」と考えてるか
                  /  `'‐- .__ ニ== '__,.. --―'ヾ
                    l  ,..     ヾニ='´       }   そもそもそこまで深く考えてないか色々あると思いますよ。
                   l∠       /_|      ヽ   l
                   /:;:;:;:`ヽ、   {     ,. -- .._ }   l:;\
                /'、;:;:;:;:;:;:;:`ヽ/'._,. '´:;:;:;:;:;:;:;:;/   l;:;:;:;:\
               /;:;:;:;:ヽ .__ ,..∠ニヽ、__;:;:;:;:;:;∠   /、;:;:;:;:;:;\
              /;:; ,.-'‐''´:::::::::|____| ̄ ̄   ̄´   /  \;:;:;:;:;:;:;\
             /;:;:;:;/::/:i:::::::::::::__|____!________,/    \;:;:;:;:;:;:;\
            /;:;:;:;:;:;:し〈''{-!_r''ー------|____{:::::::::::::ヽ.ゝ       \;:;:;:;:;:;:
          ,:':;:;:;:;:;:;:;:;:;/`´¨ /     '     ヽ、::::::、ハ,_!       ヽ;:;:;:;:;
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;/ /  ̄∧          >、ヽヽ}        ';:;:;:;:
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ /--、/、::::\       ,. ‐'::::::::,ゞ__\       l;:;:;:
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  /--'/  \:::::`ヽ、,. ‐''´::::,r‐‐< ハ::::::`}       |;:;:;
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  l7:::::/___,.. >..、::::`ヽ< { {__  !__!,..、::|        |;:;:
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     !|ニ!-‐ ''´::::_,..∠._`ニ- 、::`ヽ{{ | /ヽ__〉         !;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/    └-! ||‐ '' ´   iゝ-、''´ `ヽ、;ヽ,.ゝ |:::|         |;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/      |/||\     |   `|    /´ _/:;:;!          |;:;
 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/         !/oヽ `ヽ、  !   l   / /! |!:::|         /;:;



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうして、戦争は人類とドラゴンとの生存をかけた絶滅戦争の様相を呈し始めたころ――


331 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:53:50 ID:uGRU0sI9



           ∧ \
          /  ',  \
         ┴―┴‐‐:、|
       /  肉     \
      / /⌒ヽ人/ ̄ヽ  ヽ   パーサーナックス殿! しばらく放置プレイしている間に
     l /  ・ノ l   ・ }.   |.
     | ゝ_{  n`:‐/ ̄`ヽ |_)  管理してる星が絶滅戦争状態になっとるんじゃが
     |/ 二二二二/⌒ヽ. Vヽ
     |  |―^――^ ̄ ̄ |  |    あれ本当に大丈夫なんか!?
     |  |__, ---、__ノ  |
     \ __, ---、__ ノ ̄
        | ゝ二二二ノ
        |



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /    ――あ。
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧      ……お、教えてもらって感謝する!
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,     ちょっと行ってくるわ!
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          星づくりしていたパーサーナックスが現状に気付いた。


332 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:55:24 ID:zXGEAZxq
優しいキン肉マンさん!


335 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:57:30 ID:uGRU0sI9



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


                  .,,.;:;:∧∧
                  ;::;;,;::(:;,.;:;゚')    /:),/;)
   ━━━━━━(((<> ;:;:;::;;:;::-、;:つ  ~‐-、;/            ;:;:.,;:;:,;:;:,.;:;:;:,.::;λ
    彡  彡          ;:;: ;:;:8;:;: ;:,.,.,.,.,.. ;;:            ;:;:.,;:;:,;(゚ζ:;:,.;:;:;:.,;:;:,;:;:,.;:
    ∧∧      ∧∧       ∞:∞;∞:;;:;      ∧∧     :;:,;:;:,.;:;:;:.,λ;:
  ('(T0Til)')    (゚ぺ*)                  (。 。#)、    :.,;:;:,;:;:,,.;@つ;:
   ヽ   ノ     ( つO[ニニフ            ∧と   ヽ   ;:,;:;:;:U
   と_ ,,)~     | (,,つ              /´ (iliT0∠二]O  :;;:;:;
      ヽ,) =3   し´   /           と,,) U´U し'`J   ;:
                ∧l∧  ∧∧                         ∧∧  ビャア゙ァ゙゙ァウマヒァィ゙ィィ゙
               (:;:;:i|;:) (゚ー゚*)       ━━━━━━(((<>   oζ゚;;p゚)
             ━(;:つi;:O ( つO[ニニフ               ピチョ (;::つo  _ ペチャペチャ
             ~(;:;:;:|i;:l  ヽ  つ ;:;:;                   。 と;:;:);:) (_i.,o,。
               (;:/ J;:;:,..  ヽ,,) ,.;::" ━━(((<>


‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ      ――なんかオートで放置している間に
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´      !  i!  V  i!    ∧__..>'       人類がよくわからん位強力になってる!?
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \          これ下手したらまた大絶滅起きるじゃないか!?
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <    え、ええっと……?
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>


337 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:02:20 ID:uGRU0sI9



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{     ……根本的にはドラゴンと人類が
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l      それぞれ星の支配権を争ってるのが問題か……。
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨     よし、さっきできたばかりの星もあるし
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \   どっちか希望者を移住させるか。
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l    「星に住む者よ、わが声が聞こえるか――」
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′



               _ -―- ミ、 -‐…‐  、
           -‐=ニ  ̄``ヽ  -―<     \
         /   /  ̄ ̄\   \   \    \
              /  /   /    \   \    `、
          /   /    /               `、
          /   /    /   |           \ `、
           |/  /        |  |         \   \`、
         /  /           | | |         \  \
.        //     |    |   |  | |          ヽ   \
       // j |   | | |    ノ Λ |\     \     \ー--\    ――こ、この声はまさか全知全能なる神!?
.       /   ! |  |  | / | ~ ̄| 斗=ミx,__   |\  { \
       j   | |  ̄~´|/ | / イ ノrハ ノ     |  \ 乂_  \,_
       {   | / _,x示ぅk、| /   乂シ ''/ 八   |   ` ー<⌒
           / |⌒癶乂jリ j/   ///  //ヘ \.| \ \{⌒
.          ノ  | /八 \  j       し  |: Λ |\ \__ ミー
          l/  | : 八  `    _    l: :| 乂ニ/´ ̄` 丶- 、
          ノ  |:..:|ノ个ト. . ´    / l: :|.ノニア        \\
.               |: :| ノ/ヽ):::ト イ   l: :|Vニ/             \\
                 |: :|  /ニニニ{:::::{   l: :|/,゙              V: \
                |: :| .:ニニニニ八:::::.  l: :| ,゙             ノ::}: :
               l: :| jニニニニニ\:\|: :| ;            /:::/Λ:
               |:.:| {ニニニニニニニ.j : |::::|         /  /:::/ニΛ       「いや別に全知でも全能でも神でもないが……」>パ
               l:.:|::{ニニニニニニニ/: :.|ニ|         j/ /:::/ニニニ
               |: |::}ニニニニニニ/: : jニ「i:、       ノ_ノ::::/ニニニ
              |: | ニニニニヘ{ニニ : : :|ニ{:::::\____,.xへイ:ノニニニニ
            /|: |ニニニニニ∨ニ゙ : : |ニ{``<::::::::::::::>''ニノニニニニニ
         _彡: : |: |ニニニニニニ,゙ : : :|ニ「ニニニニニニニ/ニニニニニ
     /´ ̄: : : :/:|: |ニニニニニニノ|: : : :.|ニjニニニニニニニ/ニニニニニ
    /: : : : : : :/   |:.|ニニニニニニ{ |: : : :.|ニ!ニニニニニニ{ニニニニニニ
  /: : : : : : /   八|ニニニ∨ニニ{ |: : |:.:|/ニニニニニニニノニニニニニ
. //: : : : :/      // |ニニニニ∨ニノ |: : :|: |ニニニニニニ/}ニニニニニニ
../  /: : : :/    / |: |ニニニニ∨ 八: : | |ニニニニニニニ/ニニニニニニ
{   { : : : {       |: |ニニニニニ〉  \:/ニニニニ/ニニ/ニニニニニニニ


338 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:05:08 ID:o7lgylaq
実際この星の悲鳴を聞き漏らしてたしな!w

339 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:09:00 ID:kuNSwVww
ちょっとうっかりしてるだけだぞ(強弁)


341 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:11:43 ID:uGRU0sI9



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~    様子を見るにふたつの種族で
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{        一つの星の支配権を争っているようだが
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,        このままだと両方とも絶滅するぞ。
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′      もしよかったら私が今さっき
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,      新たに作った星があるので
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.     どちらかそちらに移住しないか?
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′   お互い争うよりマシだろう。
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/




     _ --=≦三ニ=  ̄            -ニニ  `ヾ三三三ニニニ\
--=≦三三ニ=  ̄            _-≦ニニ彡´ ̄ ̄ ̄      ̄`ヾニニ\
                       ィニ >ア´ ̄               `<ニハ
                    ィニ > /           /|     イ    〕ニ}
                 ィニニ >´ :/            ノ j!      i |   `ミ_ノ
              ィニニ >´ : /          _, -ァ´ /  _   ! {
           ィニニ   >´ : :/         ..,, ィ(´ {  /   イハ.  レハ
        ィニニ   >´ : : :/       ..,,ィ7/////`ゝj__ノ   {トゥ!  ! マヽ.
     ィニニ  ニ>´   /       ,,ィ7//> ´ ̄ ̄`     ` ´  ` <ハ
   イニ   ニ> ´     /          {///>。、              ノ/ヾ/}
 イr-  ニ> ´      Y         `マ///r⌒ヽ,          ,ィ-`ヾ//
マニ  `>=z、       {           ` マ__ Y >ュ、.._   __,ィ⌒ j/
 ヾニ ム、_{_ト\      |              >=ュ{ ム≧、Tハアミヾy'´      ならばあとから出てきた向こう連中が
   ヾニ Y_八 ̄ ,-=ュ、  i!            ,,イ`ー=≧、`亡c、マ7cア'=-‐
    ゞ≠、  `イ{>⌒ヾ ハ          イア/ミ ニ ̄ヾ>=≧¨ヾイ_r'        明け渡すのが筋ではないのか!?
   イ{__ゝ_>、  リ      ヽ        /ム /ミ / ̄ ̄`ヾ、z^`Y7
   {!  ⌒ヾ キ\     : : \      _j/ //ニ Y       \ゞyソ
    マト、    トニ≧ュ 、  : : : \   イリ`Y/ニ ハ        \ム          いきなり出てきて人の味方をする気か!?
    マニミヽ  |!ヾニ ニ≧ュ 、: : : :\ 八 /{ニ  ト、        ヾ}
      マ ニl!  i! `:ーニ  ニ≧ュ: : :イ/ハ ハニ    ヾュ、
      マ ハ ム  : : `ーニ ニニ>j//∧ {ニ     `マ、            -=≦
       マハ  ム   : : : `ー ニイハ///ハ マニ      ヾ\ー― ― 彡´
        マハ  ヽ     : : : : /{/ニ|!///ハ Yニー    ニム∧: : :
         マハ   \     /7  j/////i! ニ   ヾ ̄ミヽ!ハ: : _ -=ニニ ̄
            マハ    \ _/ム  ニ|/////| ニ  ニニY   ムハ三ニ  ニニ=‐     「いや別にどちらの味方をする気もあまりないが……」>パ
           _ヾトュ、、 ´ ̄⌒  ニj/////j! ニ   ニニ|!   ム/ハニ=‐  ̄
    > ´ ̄ ̄  マニ Y`ヾ    ,,イl//////! ニ    ニ|!   }マム: : : :
   ´         マニ|! ニ\/  ノ////// ニ     ニ|!   |! マム` ヽ
´             リニjヾニ l!  /////// ニニニ   ニ|リ  |! ヾ/\ ム、
             |_ソ  Yニリ  }////// / ̄≧ュ、  ニj/  ハ  ヾ//ヽ ≧ュ、_
             レ   |/ ////´ヾ {    ≧ァ=彡   ミニ⌒j///}ヾニニ 三ニ
                   イ///ノ    マ >.. _           ハ///{   ̄ ー=ニ
                /イア´      マ    T三三  ̄ ̄ 彡 ム/∧
              _/彡//        {ト 、   `ミ、     iイ   ム//ヽ


342 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:14:13 ID:489hY1CW
自分の親と言うか単細胞からお世話になってる存在と分かってない辺り、ドラゴンも器が知れますわ。

343 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:15:53 ID:FkPJr5j2
先に失敗して責任退職した生物が何か言ってますね


345 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:18:49 ID:uGRU0sI9



             -‐…‐-
        -――-    <    \
     / / ̄ ̄ /     \    `、
      { /  / /                `、
      /  /          \    `、
        /     |      \    \
     |          | |    | /      \        神よ、恐れながら我ら小さき者にとって
     |/    |\_Λ   |/|Λ     \
.      ノ|      | / |  ̄    | ィ初㍉   \―       先祖代々住んでいた土地は非常に重要なのです。
        /   |  rf初う八 |Vツ ノ 八__>
       | /   /  八 乂り \{,   '''イ  \   /)/)   それを捨てろといわれはいそうですかと即答はしかねます。
..     /   Λ|\{ '''            厂\'⌒ / / /
    /_/ |:::::::人u   f     )  人  Λ  | | / ̄つ
       >―|:::Λ:::个::.. _     /}::: | Λ:::\| /} 〈
           |/ニΛ : |ニ厂≧=‐<彡j::::::|ニニ\: / ノ  |
         〈ニ\ |::::|/{      /::::/ニ/⌒{      |   お慈悲は大変ありがたいですが
         /:::{ニニ|::::|Λ      /:::://ニニニ\     ノ
`\     / : √ニj.|::::|  \_____ /::::/二二二二|(|___/ニ7  いましばらく考える時間をいただきたく。
   \  /::::::√二j |::::|      /::::/ニ|/二二 |ニニニニ/
     }__/:::::: √二j-|::::|.     /::::/二〈二二二/ニニニニノ}
    ノニ\: √二j |::::|    /::::/二二∨ニニ|ニニニニ-/
>‐く二二}ニ\ニニ{ニ.|::::|     |:::::|ニニニ|ニニニ|ニニニニ/
\ニニニノニニニ∨二.|::::|     |:::::|二二二∨ニニニニ/|
  {ニニニニニニニニニ\|::|     |:::::|二二二-∨ニニニニニ 〉
  \_ニニニ二二二|::::|     |:::::|二二二二∨二二二/




                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /     そういうものか、確かに環境が変わると
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八       生存できなくなる生物は多いしな。
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,     うむ、では今作ってる星は移住を決めたほうが
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,      できるだけ環境が合うように調整しよう。
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \  その間にどうするか考えておいてくれ。
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


347 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:23:37 ID:uGRU0sI9



                            ィ
                           / |!
                            / j|        /!
                             /  リ        j |
                        /   ′          |
                    _ /             |! |
                _ ィア´ /     /   ,,-=ュ     | |
             _.zニニ(   {    /   ムr-ム   | ヾ、
         _z≦ニニニニゝ..    _ノ     |K__.}j   |   マュ、
       イ「ニニニニニニニニ≧='´       マHソ    L _}ニヽ.
      ムニニニニ= ´ ̄              ̄    ゞニニニ ム
    /ニニニ ィ´                           ド、ニニ}
    {ニニマ ≧ュ、_                       イニニニj   ――待ってくれ。
     マニニニニr ⌒ヽ、                   イ⌒マニニ/
     ` <ニニム   ア> 、             _7⌒ヽ  } /      移住の代わりにその星をどうこうする力を
        ` <ニ{   7   /ヽ_         ィ⌒マ  } /
            ` ヾ{_   イ  rリ「>ュ、_r、_rイュ、  } /          我らに授けるというのはどうだろうか。
              イ≧rュ、 j/`ミー、ヘ\ムイ 三ミ y''´
           r-=ニ二ミ、Y`マ_≧jヽ`〒ソ( Yr'
            /≧=ュ_三`ヾュ、 汗ぅト、ヾj/,tア毛z=―
             /ハ `≧三三ミ、 7、´ ̄`ーュ_ イニィZ´             それで世界を渡り自ら開拓する。
              /ハ `ー=三三ニュ、 x⌒VWヾニlrア´
.            /ハ ヾ  > ̄ ̄ `ーマゝァ   Yリ                 そういう道もあると思うのだが。
          /ハ    イ       マ 弋ィyvソ
           /ハ   >{         マ `マ{
        ,ヘ{  ヽ  ィハ         ヾ≧ 人
        ハノヘ    イヘ         \   }
       ハ ヾ  ≧   彡`≧ュ、_      ヾリ



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /    できんことはないが……
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l      まあ、星と運命を共にしたくないというのなら
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l      それも一つの選択か。止めはせんぞ。
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


349 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:26:45 ID:uGRU0sI9



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}       ――うむ、何とか絶滅までには至らなさそうだが――
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,           残留を望む人類勢力【2D100:111(82+29)】(弱いので地上にこだわりあり)
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,           移住を望む人類勢力【1D100:88】
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,          やらかす人類勢力【1D100:38】
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,        残留を望むドラゴン【1D100:28】
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,        移住望むドラゴン【1D100:95】
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,       世界渡りを望むドラゴン【1D100:76】
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,       やらかすドラゴン【1D100:46】
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |


350 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:28:30 ID:FkPJr5j2
ドラゴンはイケイケだなぁ

351 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:29:08 ID:o7lgylaq
割とドラゴン勢は冒険心とか探究心強いの多いな


352 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:33:28 ID:uGRU0sI9


残留を望む人類勢力【2D100:111(82+29)】(弱いので地上にこだわりあり)
移住を望む人類勢力【1D100:88】
やらかす人類勢力【1D100:38】


残留を望むドラゴン【1D100:28】
移住望むドラゴン【1D100:95】
世界渡りを望むドラゴン【1D100:76】
やらかすドラゴン【1D100:46】



                       ''^~ ̄ ̄ ̄\――
                         />―   ̄ ̄       \
                         /                  \
                   /   /   /         \
                      / /   /     /          |  |
                       /   /                 |  |
                 {/      /  |       |         |
                     /      / / |       | |   |       |\    は、話をまとめようにも
                  /    _/ / /|   |Ν 人|   |         \
                    /     / |7ー- |   |ー|-‐十<|   |  l \r'⌒  移住でもいいという数も無視できなく
                /   | 笊芋=ミ| 八| 笊芋==ミ |\|   \
                 /|  | | Vツ|,/     ヒりツ }\ |    \{⌒  「できればこのままこの星で」という
                   | 八 Λ / / / / / / / //  || \  \ ̄
               _xx|/|ノ∨:八          u  人「\ \{ ̄     なんかちょっと玉虫色の回答に……。
              / 爻爻爻爻|: : :|>=¬ー⊂ニニ  ノ|: :|:ノ\}
.            /ニニ爻爻爻爻-{二二二 | ⊂ニニ<リ|: :|: |人爻x,
           {_ -= \{>=ニニニ{二二二 |  ⊂ニニ厂^|: :|リj爻爻爻 \_
       _ -=ニニニニニ{ 二二二 {二二二 |   ⊂ニノ ー|: :|爻爻爻爻ニニ}ニ}
    _ -=二二二二二二二\ニニニ>――┴< `' ┐  |: :|爻爻爻二二ノニノ
  /二二二二二二二二二二-<|: : |x:i:i\     ̄   |: :|爻爻爻二/イヘ
./二二二二二二二二二二 /爻|: : |爻:i:i:i:\___ 爻|: :|爻爻二/二二ニ}
{ 二二二二二二二二二二 /二爻|: : |爻\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x爻 |: :|爻爻/二二二ニ}
{二二二二二二二ニニニイ二二二|: : | \ :  ̄ ̄ ̄ ̄爻爻|: :|爻二二ニ{ニニニ}
 ー―‐―‐―<二ニニニ|二ニニニ|: : |ニニ|::::::::::::::::::::::: 爻爻|::人二ニニニ{ニニニ}
.             ̄ ̄ ̄/|二ニニニ|: : |ニニ|::::::::::::::::::::::: 爻爻|: : :.\ニニニ{ニニニ}
                 /: |二ニニニ|: : |ニニ|:::::::::::::::::::::ノ爻爻\: : : :\ニ-{ニニニ}



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´     それは困ったな。ドラゴンの大半は移住を望み
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |        残りは世界渡りになりたがっているので
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l        その程度だとドラゴンの方を優先させるが……。
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l



             ____  _
          ''^~ ̄ ̄ >''^~     \>―
     /        /  /  /              \
    /         /   ,  /              \
.            /    //     \ \          \
         / /   /           \ \ \   \  \ __ ノ
.      / //  /               V \ \   \――  ´
       / / /   /      /   |       |       \
.      //  /   /           |        |          \_
     /     ′           | l       八|     \      ̄/
.   ,′   {/             | |     |/ ::: |      \{ _/
    {    /            |  |Λ|     |:::::::::|   |   |   <_
        / /   /     ̄「 ̄ ̄ |   |:::::::::|   |   人     /
.      /  | /     斗-‐==ミ|   |::  ノイ ノ人/}/>―<|.        /⌒     そういうことなら仕方ありません!
.     /   |/   |  ⌒アi´ 乂ヅ)|  人j:.   /  }:.Λ:: :\  |        (__/ |
           /  八  ⌒''戈 ,,,  '´|/       - .  // 八: : :.}   |      / ) | | _   我々がこちらに残ります!(早口
         /  /  \   \          f::::::::::::)// / /: : 八  ∨   / / ノ /  }
.      //:  ̄| /「\ \_>-       乂   /:/ イ /: : /--|  ノ  | / ̄ // ̄ }
       /: :/ :.| /二ノ/{Λ {: }≧-   .. ___|:/ ノ /: : /---|/|    | |  (_/ /´ ̄ }
.      //: : :/二二二二二)ノ:./从          |{  /: /ー‐‐|--|_/| |  〈 ノ  ノ ノ
___/: : : : : {-/二二二二ノ: :/ニニ\      V/: :/------\/ / /〉       (/
: : : : /: : : : : /{/二二二 /: /二二二\___ /:/----------|ニ⌒V   \_/
: :./: : : : : : : :/ニニニ/: /二二二二二 \-/:/):}ーー‐‐‐‐‐‐‐‐|二二{\___/
: : : : : : : : : /{ニニニ/: /二二二二二二二 /: :/-彡 ----------√二ニ∨ニ/            「お、おう」>パ
: : : : : : :./:..:..∨ニ/: /二二二二二二二二/: :/\------------√二二 |ニ/
:. :. : :./ ̄ ̄ /: /ニ{二二二二二二二二| : |ニニΛ----------√二二√ |
:. : /     /: /二二{二二二二二二二二| : |二二|---------/ニニニ/二|
:/.    /: / ̄ ̄ ̄乂二二二ニニニニニ| : |二二|--------/ニニニ/二-|
     /: : /   _ -二二二\二ニニニニニ|:ノ\二|------/ニニニ/\二|
      {: : :{ _ -二二二二ニニ\二二二二二二二>k---/ニニニニ}---\
     \: \二ニニニニニニニ\二二二二二二二二二二二二二 /----- \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  こうして、ドラゴンたちは新たなる惑星、あるいは新たなる世界へと渡り、人類がこの星に残った。


353 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:37:17 ID:489hY1CW
ドラゴンがちょっと発展性見込めなかったから、他世界を同行できる力と言うのはある意味可能性を伸ばすきっかけにはなるのかもなあ(良い方向に進むとは言ってない)

354 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:38:42 ID:FkPJr5j2
結果的に退職祝いをあげて マイホームをご自由に購入してくださいという話

355 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:41:37 ID:kuNSwVww
やがて巨大で恐ろしいドラゴンは神話になっていくのか


356 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:43:16 ID:uGRU0sI9



.              ____  ―――
.            / ̄>―― \        \
            /       ―― 、    \
            /.               \    `、
.           / / /      l        \     `、
          / / /  |      l            `、
           /     |      l   |      \   \
.        |/ |    八l     l   l\        >―  \_    そ、それから申し訳ありません神よ。
            ||   |/ |   | l斗‐匕 \          ̄/ /
            人| .|斗匕|| | ノx劣で~刈 \  __/ ∠      神が慈悲をくださっている間に
.        ∠ ノ い 灯芥j人|   Vツっ |八  \     /
          / 人\ 人。Vッ      ;;;;::   ノイ 厂<⌒¨¨´       我らの愚かな同胞が勧告を破り
          ̄ /| >― ;;:: 、        。/八/\rく爻(:\_
             ̄|/\人   ,  ッ   //: /┼]爻爻爻爻(__     乱暴狼藉を働く者もおりまして……。
            |: : | }ノ> __-‐<ー/: /ー/爻爻(爻爻(
            |: : | {干干干干干干/: //爻爻爻爻( ̄ :|
            |: : |_{干干干干干/: : /爻爻爻(ニニ} : : :|
.            ノ : {ニ\干干干/: : :.:/爻爻(二二二Λ : : :|
.          / : /{ニニ.\ニ/(:. :. :. :.{ニニニ\ニニニ} : /       な、中には恐れ多くも神の力を得ようと
          { : :./ニニニ{:i:i:i:i:i:/\: : :|ニニニニ)ニニニ}:/{
           ∨/二二二{:i:i:i:i/ニニ\: |ニニニ/ニニニ}: : \      襲い掛かったものまでいるとか……。
          {ニニニニ{:i:i:i/ニニニニニ)ノニニ/ニニ/ニニ〉 : : : \



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ    ん? ああ、あれか。
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´        ドラゴンもそうだけどやけにこっちに向かって
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !         何か飛ばしてきた奴らがいたの。
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.       あれ攻撃だったのか。
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′     呼び出しのノックだと思ってた。
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,     すまんな気付いてやれんで。
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この時、不遜にも現れた神の力を簒奪せんとしたものがいたが、
  神は寛大なる心にて戦場の混乱故とその暴挙をなかったものとして許したという。


358 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:00 ID:o7lgylaq
文字通り格が違って草

359 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:32 ID:+Zb008Mt
神は寛大だなぁ

360 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:36 ID:zXGEAZxq
格が違いすぎる…


362 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:52:43 ID:uGRU0sI9



 >。..                                                 <
   <>。                      ィ  l、                     <>
       <>.                  ,,ノj!  iハ                  ..<>
        ヾ >..              /{トソ .... マ》ヽ               ..<>
          `Y ≧ュ、_ ,..ィァ   ,,ィ´>‐' {ニ.} `ー<ヽ    r-、_ _ -≦ /´
           )  `ー彡リ     {7(     `´     )<}   マーミ    <_
    _ =ニ ̄ア  /       `ヾ`>―个ー<´/    `  ヾ7  rミー=ニ= _
ニ= ̄     < 7イ/           ‐≧ュx-、!y-x≦-         \ ∧ >    ̄ ―=ニ_ うむ、アホをけしかけてみたが
       <   /マ/               ´{_¨´,Y`¨_}                Vム   >
    <      /7 ,              `!ヾ=rィ{                V ム     >       やっぱあれはまだ相手にできんわ。
 <       / / i!                 i!ハj i!              jハ ム       >
           / / |!              jト ニニ |!              |!  マム            世界渡りの力ゲットして
        イ /  l!                イニ ー ニ|!               j!.  マム
       ム./   ム           / ムニ=ニ |i             /!    マム           じわじわ力つけるのが吉やな。
      /7 イ    ヾ>ュ、._       / ム、ニニ, l |        _イ      } ム
       / リノ          ̄ニトァ-/  ム_>⌒<_ム ヾミ∨{ー=ニ        | /ム
     / __/ィ⌒ヽ..   _ - =| {リ /ー/. ::||:: .Vム ト. j i!= - _      ,, -=ニ ̄rア      あのバケモノがデフォと思って
  ,,, -≠ア='三`ヾ \ ̄    rV/イ  ア. : : || : : マム. V  |!       ̄ニア´   r≧⌒ヽ ̄
ィ  ,,ィ´      \ `ヽ._r-ァハ_r'´ミ_ノ..:: ;>^<; ::ヾム ゝ、レ7 ̄ ー=,イ r-ァ´  ヽ  Y       慎重にレベル上げていこう。
  /└ー=  ´ ̄  `ヽ_彡´ j/⌒ヾ}!-、_:/ : || : V_, j!ゝ、_ハ!_   イ、´ ̄  ̄ `ー‐‐ ┘
/          ,ャ ,ィz    ソ: : /iト≧ュ、`ー‐彡ェ≦j! : :≧ュ_ァ ´ {ム  ィ{               カムバックはそれからで十分や。
      __  ム{ j! {.  ィヘ: : フ¨ヘ、`ヽ ミーイ / /! `ヾ/ア: : zュ< 〈_j7  __
  ィ´ ̄    ` L≧'ヾ,イア: : _ >′\ マヽ \_._/ ィマ /  `ヽ z: :7 rz >'  ´     ̄ ヽ
`´           `メ _(_>´    Yトl `、  ,,イ r1/     `ーY_{ ム
             j三ソ´       リ ミヽ ¨ 丿 リ         `='
                        }!\ ヽ/ /i{
                        ハ \/ ハ



                    / //,,|,,,/  /   /
                    l  `´''´    ̄//   /'、
                   ,'  l     ,, ''"  __-''´,、`         l
                   i:,: l ,, ''"_-‐_ニ- '',、, '::::!          l !
                   ',: : ‐'': : : : : :,: :'::::::::::::::',::::::::,         ! ヽ
                   ヾ:::゙:':゙:'::'::::、:ヽ:::::::::::::::',::::',:',         ,'  ヽ
                     l::::::::::、ヽ::, 、::::::::::::', ',:::::',:',         、  ',
                     !:::::ヽ:/  l::::::::::::::', ',::::',:',〃!       ヽ l   そうか、まあ頑張れ。
                     ヽ:/   l:::::::::::::::::', r' ,'::', '   //   l l
                           l_,, ---、:::::‐/ヽ',  ,:'__:,'    i l    こっちは新天地の王になって
     __, --' ̄: 、           __,,--‐=ニ - ___  ヽ ' , ' 、:: ̄::::::::`..、  l l
    r: : : : : : : : : : `:'、        ,' __-- ___ .......::::` 、: ', ' .i:::::::::::::::::: ` 、 :,'     隙あらば星間移動覚えてカムバック狙うわ。
 r: ´: : :r ` '  `: : :',        ,'__---- __` -ニ_  : : ',`' ,:::::::::::   , 、: :.、
,': : : : : :'、 ,': : : : : : : : :',       ( __ -‐ニ--‐ニニニ: 、: : : :',_.- ,:::::::::::::::,'___ :: \
'、: :           :::,'        ヽ___:::_________,、  : : : : : : : :`、::::::,'  ,::'::::::::::: >
 ',: : : : : : : : : : : : : : : ,'        r´:_:_: - l:::::::::::l ヽ::_______,,: : : : ヽ‐‐ 、'::::::: /
  ' ,: : : : :   : : : : : , '         '-, : : : : :l:::::::::::l   _ 'ヽ::ヾ : : :,' ` 、-‐ニ
    `‐‐‐‐‐、___,: '           ,': : : :, '::l::::::::::::l   l:::i i ' , 、: ` ' 、 ` ' 、
                    / /   l::::::::::::l   -' . : : : ' '、-- ` ' 、 ` ' 、
                   / /    l:::::::::::::ヽ    : : : : : : :ヽ:::::ヽ  ` ' 、 `' 、
                  , ' /      ヾ::::::::::::::ヽ: :___r : : : : : :l::::::,'      ` ' 、`' 、
                 , ' /         l:::::--‐‐;;____::-::::::::::::::l:::::::',         ` ' 、
                ,'/           ',:::::::',::::::',::::::',::::::', ',  l:::::::::l
                             ヾ:::::',::::::',::::::',::::::',  l::::::::::',
                               ',::_',:___',:___',___::'::-':::::::::::::',、
                               ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,': :\
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  こうして、強大な力を持つドラゴンは異界と伝承にのみ伝わる存在となり、
 地上にはごくまれに比較的小さい竜が人類の片隅で住み着くだけとなったのである。


364 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:55:14 ID:9A9GJrxS
すいません女神様の本体はハイエンドな化物です

365 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:55:36 ID:f7YN6YHq
相手するなら宇宙を壊せるくらいにならないとね

366 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:57:05 ID:FkPJr5j2
宇宙の中でも特大級の例外でござる

367 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:00:43 ID:gPXNHOI1
神とはそれだけ偉大で視野が広いからお前たち自身の手でお前たちの道は切り開かんといかんぞ(割と善意)


370 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:03:22 ID:Ctzl/GFx


【参考:不逞の輩の襲撃ってどれくらいのものだったの?】



           ―――  .,
      /   ̄ ̄ ̄´"' \
             '^゚~~゚> ――‐
         /   /          \
         /   /  /      \   \
.      / /     /         \   \
        /     /    |       \   \
    /  /  /           ||          \
.   /  /  /         || |          | |
   /                    | ||     \ | |
.             /|      / |_ノ人     \j      禁断の力を用いて世界をも滅ぼすとされるほどの力を
.     | |     /     >''"|  /  \  \  \
    |  | | ⌒7トミL  // _彡冬厂\\{ ̄ \_     思いっきり叩き込んだと聞いている……。
    |     |/| | | / / ィVくしッ/\ \ \_Ζ⌒
    |  | ___彡冬ミ㍉ /     ''"´ 「 ̄\   ∨_/
    |  |⌒^く  乂ツ〈     J / ̄      |二二/~^'
 _,ノ 人   个 ''    ,       L厂      |二-/    \
   ⌒}  ノ\从人      / ノ   ノ|     |二/
    ノ/|/ |: :: }:>    ̄  /:八.      |-/
         |:: :ノ:| |ニ| ≧‐uく  | : \    ∨
         |:: :: :| |ニ|        |: : : |    |           /
         |:: :: :| |ニ|        |: : : |    |        /
         | : | :| |ニ\       |:: |:::|    |.       /   |
         | : | :| |ニニニニ=ー    |:: | ;′  )|      /、_____ノ|
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:: :;′ ι|      √ニニニニ{
         | : l :八|ニニニニニニニニニ|: ;′   |     √ニニニニ八
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:;      |    √ニニニニニニ〉
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:;      |.    √ニニニニニ/Λ
          |:ノ 八ニニニニニニニニ          /ニニニニニニニニニ\



                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、   世界一つ(全宇宙の意味)破壊する程度のエネルギーだと
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧  指でつんつんされるのと大して変わらん……。
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |       というか世界といってもあの程度の攻撃だと
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |       適当に地表を薙ぎ払うくらいが限界じゃないかなあ……。
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.      惑星も壊せないと思うぞ……。
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /


372 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:04:18 ID:V9gBroDs
うーん、この
スグル王子もひくわw

373 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:04:29 ID:TH9XQYoS
次元がちがーう!


376 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:11:27 ID:Ctzl/GFx


自由成長:星間移動
1:生き残ったドラゴンたちが強大化し文明に牙を剥く⇒
2:しかしドラゴンたちの絶対数が足りないので膠着状態になる
3:いつの間にか龍信仰ができて数の不足が補われ、徐々にドラゴン側が優勢になる
4:このままだと以前と同じ結末になるのが分かったので種族ごとに棲み分けさせる
⇒原初の竜EX&フリーポイント1に。あと頑強もまとめさせて……誤差すぎる……w



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/    というわけで今回はこんなものか。
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ       星間移動は結局思いつかなかったので
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧      そういう付与スキルということにしよう。
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


・原初の竜EX
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
 エントロピーが極限になった世界は彼女に還り、また新たな世界の原型になるという
・星間移動E
 星と星の間を移動させるスキル。そのまま付与もできるが、相手が使いこなせるかはわからない


378 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:16:21 ID:Ctzl/GFx



                              -
                              ´       `
                          /___/   |:  \  `
                   ,.-=7´.:} . / {   |:  ィ´\ .:                では、創世神話も佳境といったところで
                  ┌ ´ヽ _>┴〈  j {  :./:┘\ N!
                      `=-イ|  , -`=v.  〈 _,ィ汽 乂                 次のイベントを募集しようか。
                     !./ 〈  \v \. ⌒ ゞ'   l    ┌┬'⌒¨くフフフ
                    _,. -< > ´ ̄ ̄ v  \ゝ    。:     ヽ |:|   /⌒\     だいたい次かその次くらいで
                       ̄ ̄}       \.  \    ノ     /\_/   /ヽ
                     : : :/   /: :  }─ 、 ¨ ̄     /    |/ `Y  ..}    いい感じになるんじゃないかと思う。
                        : .:/: . . ./: :.  /=- ┐:. }       /  /     |/ : }
                    .: :/: : : :/: : / ̄  \: :.}         / /¨ /\::/
                     / /.: :   // ̄ ̄ ̄\}─┐ /  //     /.: :〉     場合によってはこの世界で冒険譚とか
                       / / / //             ¨l //    /.: :/
                  // / /.:     /   } .广 ─ 、─ 、  /: :フ      あんこでやってもおもしろそうだな。
                    /  /: /T : :    /      ./ ┌┘   \   . /: : :¨}
                /     .: .: :/ | : : / / /// 「: : : .   :` ./: : :/   __________
                /   / :/: : / .j| :////// |\|-=: :_:_: : : :_/ ̄ ̄ ../  =-   ̄ ̄ ̄ ̄  -=  \
                  /     :/: : /  ./   / _ / ̄ !∨.: : :}     ̄      ./ =-              ̄ ̄\ -= \
              /  /   /  : : : : |/: :_ ┐ ´   ..:/: |:. :. : :/          .//      -=  _  ──  ´   `⌒
          /  /     : : : : l: し`7/ / /.:/^|: :/.:|/\:/        .//    =-   ̄       ̄\
            /: : /     : l : /_ ̄ ̄}:/:¨:し:. :.|:/: : :{: : :}        //                   <⌒
         : : :        : : /  \ .}: : : : : : : : : : : {: :/       .//           __       \
        : : :/   : :|   : :|:{ / ̄ ¨} : : : : : : : : : /∨     /{         =-    ──   ─     .ゝ
         { :/    : |   : :|_X  / ̄}⌒\: : : : : 〔:/    ./| .{      =-   -=      、=- 、  ̄ ̄ ̄\\
         {/     : :|:  :/: | V__ =- }_/ }\: : : : {   . /┐.!  ¨    -=          _\    ̄ ̄    .\\
           }    .: :|:  l>-| / -- }: :⌒〕iト  ̄∨ /┐ .| =-  ¨    __       >             \\


【部分案】(一部しか案が思い浮かばないときの提案用にお使いください)

【六ターン目イベント案】
自由成長:
1:
2:
3:
4:

【次に待ち受けるイベントを【六ターン目イベント案】というタグをつけてご提案ください。タイム希望なら申告あればお待ちします】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。そこからあまりに逸脱したものを除外してランダムガチャ。1ID1回


379 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:18:12 ID:2wEZcOfO
乙でした

380 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:18:42 ID:CUdv1W6n
乙ー


381 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:19:47 ID:Ctzl/GFx



                              _ ,,.. ..,,
                         ―-、,>'"´      ``
                 / -=-、 }           ``丶、 \
                 / ,  ´ ̄                 \ ``丶、、
                    / /                     \   `丶、
                ∥/ /   `、 \                \⌒`\
              {/ /   /   `、 \\     \    ー-=-‐彡/ .,
                 / /  /     `、  \\ _/ `  _   /   ``''ー,ノ
             / /  / j     | /  ,xf笊く寸{ \     ̄ 彡''´ ー=< __ /
             ∥/  /  {   { |/゙, V ∥ん(::ハ ∨ |\ \  ー-    -彡′
             { /  ∥  ゙   || ゙|{7^乂::ン′ ∨|::::::ミ=ー- 、  \__ ⌒\
                / /  |   ゙:  ゙, ゙, j    ア     }ノ::::::::/,\  \`¨¨´⌒_彡'´
.              ,′/  八    ヘ  ゙, \         |:::::::/,  ` ー-- -ヘ Γ
.               /|,′ハ / | \_゙,_            |:::::::::::/,  {ノ\   ノ ノ
              l 「 | {   |   l xfて(ハ         |:::|:::::::::/,  ∨::::::>ー<ー--ノ
              乂 | {\ 八. 八^{ 乂シ`     , ァ  |:::|:::::::::::/,   V:/⌒ ー一''"
                 | 乂 \ \ \ー-ノ    ヽく   |:::|::::|::::::::/,   ゚,_
                 |Λ ヽ| l八r气「::\         { :|::::|::::::::::/,   ∨ ̄´^''~ .,_ ―…‐ .,
                  乂 \| | /  }::}:::::::> .,_       乂:::八::::::::::/,   \        ´"~ .,  `丶、
                      ノ ノ ノ_/}:}::\::::::∨ΤT=‐- ィ\:::\::::::/.、   \        //-__ \
         ___       ̄  /´ _,ノ:/:::::::::\::∨ //| /::::: j  \:::\:::::\   \    .//ニニニニ-_ \
_ ,,....-‐ ::::::::::::::::::::::::::::::__二ニ=ー-/  /{ィ(_,>‐┐:::):∨:::::::{ /:::::::彡_ \:::\_\,,__ \ //ニニニニニニニ-_
:::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::''"´ ::::::::::::::: 八  V ̄  _,.、</:::ノ / ̄ ̄ ̄  \ `ミ;;_::::::::::::::::::::::::::::::´´"~ミニニニニニニ-_
:::::::_;;;;;::::::::::/:::::;>''"ー-==ニ二ヽ/ /ニ>┐\ ./             \ \ ̄ ̄/ /ニ‐ __::::::::::\/ ̄ ̄\
 ̄     /::::::/       ,...::::::::/ / __,,人  ∨             \ \ / /二二∥ニニ- _:::\
.       (::::::::::(_    ,..:'"::: / ヽ  /_   ヽ `、                \   /ニニニ∥\ニニニ\::\
.       `~ミ:::::::::::::/::::::::::/   Λ    ̄`ヽ   `、             V    \/ニニニ{{.  \ニニニ\ ∨ニ
             ̄/:::::::::::::{     乂         }           }     }ニニニニ{{     \ニニニヽ}ニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なんとなく使ってみたけど結構艶やかなAAが多くてなんとなく気に入った感がある彼女。
  これからもなんかサブキャラとかで出すかもしれない。


383 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:23:11 ID:Ctzl/GFx



                     /    ̄  \            __
            -──- 、 /         ヽ , -──-   /     \
            / /     {            }    _   \ 絵 男 な
         / /: :{ '⌒丶、乂          ノ  /   `ヽ   が た ん
          { .{: : 丶⌒ヽ_)>‐  ̄__ ̄ ̄ ‐-〈 r ⌒ヽ Y  多 ち で
           _ゝ{ゝ、: : : ー< -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ‐- 、 \    }   い の 私
        /  乂\フ7´              ヽ ヽ _ノノ|   ん が よ
      /      フ _{        __         }    、 |  だ 魔 り
       {      .' /: 乂__/ : : ハ:\___ノヽ       よ 法
/      \      { .ノ/ : /: : / l : : : : | 丶 : 人: : : : }    .}       少
  永        -=': {.: :.|xV≧、 : : : | x≦ニ| : : イ    }       女
  久 私  ゝ-   lr‐|:\|r ⌒ヽ、.: : :| r ⌒ |:/:.|ヽ   }       の
  に と    |    |{(|: : |{   . }\: :| {  . l|: : :| ノ    \      /
     契   |   、`|: : j乂  _ノ  \ 乂  _ノ|: : :|'  ノ    \__/
  働 約   |    从: :(       `        |: :./- '      ノ
  か さ    \    小: |丶    マ   ノ     ィ|:./   }     /         では、本日はありがとうございました。
  せ せ      ̄ ̄{/V///≧=───=≦///ゝ---ノー‐ '
  る て    |       \/////// <六>  V///////               次回は6/11(火)の……
  ぞ            ⊂⌒ーj' / 〈ハ〉 ヽV¨¨二⊃
                ー二/ .}       { ∨_っ'                  体が悲鳴をあげてなければ
\      /             / /     :、 }
                  ゝ/       }´                     21時くらいにやりたいと思います。
                   {       }
                     ヽ /⌒ヽ /                      音沙汰なかったらフートンで呻いてると思ってください……。
                    L/   L{


384 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:27:23 ID:Ctzl/GFx



                       /(
                  /\  --  {/:.
               {\/ ∧    ` vヘ
                   〉v'\ /        、 :.
                /  ` '  /{   } Y              / ̄ ̄ ̄ ̄
.               /  {   .{ /⌒{   / ..}           /       :::
              /   .{   r芯ア  /  ./          /       ::::::   ちなみに現状の能力です。
           /   {   }   {/}  /          /         :::::::
              /  ,. =-N .ト `_' .イ}/       / ̄         :::::
           /  :  r=-、 Y┘.V/ヽ    / ̄____     :::::::::                  ネゲントロピー
.          /   .! ⌒ \ \/ヽ  '   // -=ニ    ニ=- \ ::::::::::::   上位存在の神はこいつに「理性」をあげられるという
         /   : {.     ` }{  .v. ',  ./ -=ニニ     ニニ=- V:::::::::::
.        /   ./ {`  ,.. -=7八ト--ト ', /  -=ニニ   ニニ=-  .V:::::::::    その一点でもうなんか世界超越してる気がします。
       /   ./  〉'~~ /|∧  VvV  ∨ @  -=ニニニニ=-  @  -==-
        /    ./   / /|/|/    .{  ',  ',ニ=- @  ||  @ -=ニニニ=-:::
.       {   /   乂_ ` __ V', .', _',ニニ=-@..j|..@-=ニニニ=- V:::
.       {   .{         ⌒ ̄\ }//////∧ニニニニニニニニ=-    V
.       {    `=- _              \///////-=ニニニニニ=-   _
.       {      // ̄ ̄     "    ///////  -=ニニ=-  ∧∨
.      八  <⌒___     "   ./──x/∧∨∧||∧∨∧∨
     /_ヽ -‐ { /         "  ./ ヽ    ヽ...∧∨||∨∧∨
  =- :::::::::::::::: /    ./     /   }     ',.. ̄..||.. ̄ ̄
/   :::::::   /    ,//    ./   .}     ',_______/
        ⌒T ⌒Y´ /     /      }     ',───────┐
        | (   || /   /  }                           |::
        | 」   ! 7 /   }               :.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::
              ノ/|      }            :.             :::::
             /´ ...|      }     }      }                :::::
                 |      }     }      }  |             :::::
               `=-   }     }     _}─┘            ::::
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
パーサーナックス

・原初の竜EX
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
 エントロピーが極限になった世界は彼女に還り、また新たな世界の原型になるという
・星を開拓する者EX
 本来は混沌とした星々を開拓し、秩序だったものにしていくための能力。あらゆる不可能を可能にする
 但しそもそもパーサーナックスの在り方が秩序的ではないためかうっかりや偶然により開拓してしまうことが多々ある
・運命の導き手EX
 理性をもって力を使うことで万物を生み出し、道を示し、鍛え上げるスキル
・星間移動E
 星と星の間を移動させるスキル。そのまま付与もできるが、相手が使いこなせるかはわからない
・加護E
 自らの上位存在である神より加護を受けている。とりあえず理性を授かった


385 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:27:52 ID:TH9XQYoS
バーサーナックスのミトコンドリアをキメれば治るぞ!

386 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:30:33 ID:3LYo4Nzj
エアとか天沼矛とかみたいな世界が生まれた級の存在を三千世界レベルで行っているわけだからなー

388 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:34:05 ID:gPXNHOI1
乙でした。

パーサナックスは持ってないけど、パーサナックスのミトコンドリアって宝具をデフォで以ってそう(風評被害)

389 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:35:05 ID:b+MrD2aD
乙です

390 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:36:31 ID:jotZP4GF


391 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:54:25 ID:s/cUTVY4

そもそもバーナーサックスが力の根源だから
仮に倒してもドラゴンが無力な生命体になるだけというね

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫の伝説 第八話 (10/14)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 3 (10/14)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第20話 (10/14)
  • 国際的な小咄 5493 自然界はそんな感じじゃね? (10/14)
  • 国際的な小咄 5492 グレタさん (10/14)
  • 国際的な小咄 5491 ん……? それは小説ではなく (10/14)
  • 国際的な小咄 5490 神戸牛をアメリカ人に見せると (10/14)
  • 国際的な小咄 5489 ジャンヌダルクの生息地 (10/14)
  • 国際的な小咄 5488 この面子は壊滅しました (10/14)
  • やる夫は竜の人財のようです 第7話 (10/13)
  • 彼らはVRを楽しむようです DLC 01「遠くて近い」 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その31 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その30 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その29 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その5 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その4 (10/13)
  • 国際的な小咄 5487 中国人さらに爆笑 (10/13)
  • 国際的な小咄 5486 たちが悪いホメイニ (10/13)
  • 国際的な小咄 5485 某日曜の番組を韓国人が見ると (10/13)
  • 国際的な小咄 5484 中国あるあるネタ (10/13)
  • 国際的な小咄 5483 ドイツ君とポーランド (10/13)
  • 国際的な小咄 5482 共産主義者は減ると思う (10/13)
  • 目次 やる夫のオウガバトル64 (10/13)
  • やる夫のオウガバトル64 第4話 進むべき道 中編 (10/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その127 (10/13)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第六話 (10/13)
  • やる夫わグルグルまわる!生活を送るようです 第9話(そして彼女は―――) (10/13)
  • 目次 やる夫の伝説 (10/13)
  • 国際的な小咄 5481 ኣብይ ኣህመድ / ኖቤል ሽልማት (10/13)
  • 国際的な小咄 5479~5480 おいしかったが ~ 逆転の発想 (10/13)
  • 国際的な小咄 5478 イッチ「知らんかった」中国人「こいつらも蛇蝎のごとく嫌われてるで」 (10/13)
  • 国際的な小咄 5477 英雄戦姫を見た海外産腐女子の突込み (10/13)
  • 国際的な小咄 5476 英語名に対しての感覚 (10/13)
  • やる夫の伝説 第七話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第六話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第五話 (10/13)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十一話 書きはじめ (10/13)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十二話 教えて、アティ先生 (10/13)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 6 中編 (10/13)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その八 (10/12)
  • やる夫は魔女に支配されるようです 第5話 (10/12)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第二十七話「カウントダウン」 (10/12)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 09 (10/12)
  • 国際的な小咄 5475 中国人「もはや一流の喜劇だわ」 (10/12)
  • 国際的な小咄 5474 韓国人が教える、李承晩とコミー (10/12)
  • 国際的な小咄 5473 千葉の無事を祈ります (10/12)
  • 国際的な小咄 5472 スーパー堤防はスーパー無駄遣い、なんて余計なことを言ってしまうから…… (10/12)
  • 国際的な小咄 5471 日本の台風を見たエジプト人の反応 (10/12)
  • 国際的な小咄 5469~5470 昔きいた話 in エチオピア ~ 生物としては極めて素晴らしい進歩 (10/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ