スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~003話:竜と神話とネゲントロピー~ その5

目次



194 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/07(金) 22:25:22 ID:dFi8PAvr



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/     申し訳ないがこの時間とリアル状況だと
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{         イベント決めて後日までに話考えるのが
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l          せいぜいと思われる。
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨         なんにせよイベントガチャを――【1D11:5
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′




195 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/07(金) 22:28:06 ID:dFi8PAvr



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    183のこれかな。
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ       ところでこの星における竜人って
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |       要するにホモサピエンスなのでは……?
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



自由成長:観察眼
1:管理外から来訪者が到来、作法こそ未知の物だが、明らかにこちら側に配慮した上で幾つかの惑星に入植を始めた。とりあえず挨拶しなきゃ。
2:来訪者に譲渡したいつかの惑星で、早くも諸生物の繁栄を確認。負けてられない、知性体が生まれる為にいろいろと梃子入れしてみる。
3:星の数カ所で竜族文明が繁栄、ご満悦のところ、竜王たちが互いを認識。戦争によってせっかくの文明がどんどん荒廃、どうしよう。
4:竜族は文明を維持する数と力を失い、隷属種、竜人族に主役交代。今度はちゃんと育てようと頑張った結果、存在に気が付かれ崇拝される。


196 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/07(金) 22:57:07 ID:dFi8PAvr
そして申し訳ありません。今から考えて始める余裕はちょっとなさそうなので明日まで時間ください。
たぶん14時には行けるんじゃないかなと思います。

197 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/07(金) 23:02:32 ID:bGs1UidY
了解です


205 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:29:08 ID:l/LLfVRR
こんばんは。

やっと一段落ついたので今から準備します。やっと外来の人と会話ができるけどAA募集しとけばよかったなあw

206 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 21:31:37 ID:F2dYjDka
ははっ そいつは凡ミスですねw
…準備するなら今から募集したらいいのでは?


207 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:34:49 ID:l/LLfVRR
あーw
……とり入れられるかどうかわかりませんがもしありましたら善処しますw

209 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:40:48 ID:l/LLfVRR



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |       どれだけ頭回ってないかよくわかる。
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨      さて、では開始前に竜人とは何かを
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨     適度に設定決めておくか――【1D10:7
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶      1~3:まあ要するにホモなんちゃらです
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \     4~6:基本ホモryですがミトコンドリアの力が使えます
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶      7~9:加えて人間とはちょっと生態が違います
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶    10:ドヴァキン
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′


212 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:50:36 ID:l/LLfVRR


7:基本はホモryですがミトコンドリアにより竜の力が使え、加えて人間とはちょっと生態が違います



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    えー、なんか魔法めいたものが使えたりして
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ      それはそれとして人間とはちょっと生態が違うらしい。
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |       具体的には――【1D10:9
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !        1~3:個体差が激しく各種固有の(AAによる)特殊能力を持つ
             い    、乂         ′        λl     i!  .        4~6:育った環境に応じて成人時に性別が決まる
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.        7~9:強い(雑
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨        10:全部
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.    まあ、これはさすがにホモサピエンスではなく
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !    なんかちょっと別のホモなんちゃらだろ……。
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


213 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 21:52:07 ID:F2dYjDka
普通に人類誕生の歴史しかしてないな!w

214 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 21:52:11 ID:+OitbWgI
神秘が薄まったら裏側にいきそうやな…

215 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 21:52:36 ID:elfzV/pt
わかりやすいしむしろそれっぽい


218 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:55:10 ID:l/LLfVRR


9:強い(雑



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ       ……AAの制限は考えなくてよくなったな。
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧       それでは、そろそろ開始させてもらう。
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,     これはそのうち普通のホモになる気がする……。
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


219 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 21:57:18 ID:l/LLfVRR


【パーサーナックスの住処】


              ,ィi{fx
.            ,ィi{>'’゙'<{ix
          ,ィi{>'’    `'<{ix
.        ,ィi{>'’        '<{ix←壁
      ,ィi{>'’            ゙'<{ix
.    ,ィi{>'’                  ゙'<{ix
  ,ィi{>'’                  ゙'<{ix
  ゙'<{ix                       ゙'<{ix
..   ゙'<{ix                       ゙'<{ix
.       ゙'<{ix                       ゙'<{ix
.        ゙'<{ix                       ゙'<{i:、
.         ゙'<{ix                  ,ィi{>'’
             ゙'<{ix                  ,ィi{>'’
              ゙'<{ix            ,ィi{>'’
               ゙'<{ix        _ィi{>'’
                ゙'<{ix   ,.ィi{>'’
                 ゙'<{ix,ィi{>'’
                  ゙'='゙’


220 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:00:37 ID:l/LLfVRR



             |ヘ         `ヽ、
             | ∧  ,ム-‐‐- 、ハ
             | ∧イ      `ヾ、
            ,ィ ¨´            ヽ
        /             ∧     ――えー、失礼。こちらはキン肉星の王、スグルという。
        ,′ 肉            l
         l ,-、 ,     , -‐-      |      今そちらの管理AIを通じて通信を送らせてもらっている。
         | ! ヽ!ヽ、_/ , │       |
        l ', ‘l  ヽ、  _,.ノ      |
.         ', `゙ Y   , `´       ├- 、
.          ',   〉一'¨¨> 、       /    `>- 、
            V l  r‐ 、 ∧    ,イ
           ,ム V `¨´   .}   ,.イ    l
      __/  ヽヽ、 __,.ノ  /          /
 ,. <´     ー 、 `ヽ、__,. ィ"  ノ   ,. -‐ /
/ヽ.          \  ゝ     /  ,.イ
     【外宇宙からの外報者カッコカリ】



                        /L/(
                ノ }          ノ ¨ヽ/
               「 V -‐ ‐‐‐-  / ¨ヽ/
           ノフ⌒  ‐-   / ¨ヽ/
              〈 /:        {¨¨ヽ/ ノ{
             : : |  :. \   v ¨ ´ /      おや、これはご丁寧に。私はパーサーナックスという。
              i{: : |   :. __ }\  v ¨´
              i{: : ト   ::.. / ̄ v: }: :  `、      今この銀河は工事中ゆえご迷惑をおかけしている。
            八:从 \:⌒芯ア゙.: j : :   `、
              ): :从( _  /イ: .八: :   `、     サイズに問題がなければ素通りしてもらってかまわない。
            }: : :}≧=-</:)/: / 〕iト   `、
            }: : :} ノ: :(: く: :-=  -‐__ \  \
            }.: :/ \ __  /=- '´   ヽ ゝ.         「`ヽ
           ノ :/  〈.:\___/ { (    } }: : . \ 、     { 、  、
.            从(  ./:/:{_}(:}: .{¨}  \__ }: : : :.  `、 \    : }\ \_
               v:/{_}: :Y:{¨}         \: : :.   `、    } :.\\    \___
                   ∧.:{_} : : :{¨} : : . .     ゝ      } { : :`、: : : : :.\_   \
                   レ{/{/ゝ- {¨}. .   : : : : : 「: : : :    } }  v : : :`、 : : : : : \ \  \
                }: : : : : )/ゝ」=-ゝ=- ゝ{: : : :}__     }` : : : `、: :\: : : \ \ . }
                〈: :/  }_r「  'Y:ノ}: : : \__: : . . . .  ̄. . . : :rv: `、: : \: :. :.\ )/
                    _{/-‐/.: :   ノ.:/: :_    >── ─ 、 : :} `、: :`、 : : \: :. :.\
                  厂/.: : : :   /.:v.: : : : :> ´ヽ >v-t 、r─ゝ'  `、: :`、: : : :\ : :. \
                〉: :ア :   /: :(∧:_:_:/):): > ´  ノ ノ└t - _.  `⌒⌒⌒\:_: : :. \
                  └t: {:_:_./: :-=: ) }--{: :(⌒ニ==-=彡    (_  <           \_:.  }
                /: : : :-=≦: : :/: \}\\   r‐ 、_ ノ└r‐┘\           \}
                 /: : : :   : :-=: : : -=: :.\   =-      .ノ   : : :\
            /: : : :  . . :-= : :/: :_      =- ─   _r ┘     : : : : \


221 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:04:36 ID:l/LLfVRR



                              n- 、
                         |∧ `ヽ、
                           | ∧   \
                         ,.斗‐  ̄`≧ミ、ヘ
                        ,.イ   肉       ヾi、   ぱ、パーサーナックスじゃとお!?
                      /       , -- 、  ∧
                    l  /⌒ヽ、_/     l   ', l',  まさかあの原初の竜の関係者か!?
                     |  ',  ‘ l ヽ‘_,..イ--、  |ノl',
                    レ'⌒>ミ(  ,、,.イ , - 、 ヽ |´│
                    ,′ r‐- 、`¨¨´_,.イ   ヽ ',lー┴- 、
                     l   l   `¨¨´        l .|:::::::::::::::
                   ,. ヘ  ヽ          / /::::::::,ィ/´
             ,. -─-r'´::::::::ヽ  ゝ、__,.-─--一''" /:::::::://
               /    ||:::::::::::::::||`<,_,. ---─一''"l:::::::::://



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}    原初の竜というのが三千世界の誕生と同時に
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./     誕生したという意味なら私がそれだが……
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |       知己ならば済まない。
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !       最近(50億年くらい前)理性を得たばかりで
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.       それより前のことはよく覚えてなくてな。
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


223 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:07:14 ID:F2dYjDka
言われてみれば理性を得るまで長かったんだな


224 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:14:28 ID:l/LLfVRR



                             /lヽ、
                               / | ∧
                               _/_ | _ l
                       ,.ィ´  肉   `ヽ、
                           / /´゙l_,         \    な、なぜ二千世界(世界千の千乗個という意味)を
                          ' ′  ゝ-‐''¨¨ヽ、  ∧
                       ,′l_ ・j  l・    〉 l l |   一口で丸のみにしたという滅亡の権化が
                         ,ィ⌒ヽア´   弋__,ノ U .|
                     _l     乂_r>''´  `ヽ  j    こんな銀河サイズの工事をしとるんだ!?
            ,..-─--<  |  /`ヽ、   ,. -‐- 、 .ハ j`ヽ、
            _,.ィ´          .|  {::::::::::`¨¨¨´::::::::::::::l   |/|   `ヽ、
       /          i  ',  V::::::::::::::::::::::::::::::::リ  .ハ│
      /           ヘ   ヽ  ヽ、__::::::::::::::/  /  |
.     /                `ヽ `<_    `¨¨¨´  ,.イ  ゝ、
     ′              `    `¨¨ ー-一≦       /



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~     ……そういえば、理性のないときに
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{         ボケっとしてそれくらい吸い込んだことも
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,         あったようななかったような……?
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′       なんにせよ、今の私は理性の訓練に
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,       この地域の工事を請け負った存在だ。
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.      今も昔も世界を滅ぼすつもりはない。
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/


225 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:16:12 ID:elfzV/pt
まだ訓練中ってことじゃないですか!やだー


226 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:18:39 ID:l/LLfVRR



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ       それで、こちらに何か用かな?
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',         先ほど言ったとおりそちらのサイズが問題ないなら
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,        通過してくれても構わないぞ。
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,      サイズが銀河クラスなら回り道してくれると助かるが。
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |



    l ',\
    │ ',_ヽ
   ,.ィ'"´   `ヽ、
.  /  .肉    ヽ    い、いや、まあ、整備しているわりにほとんど使わず空いているようなので
  l __,、,-。''フ  ‘,
  l ゝ、゚.イ ` テ´   │   もしよければ入植地をいくつか提供してもらえないかと思ってたんだが……
.  ',   `ぇ←、   }
  ヽ  { o ノ ,.,彳
    ゝ、`二´ィ.ア´     そちらの規模を考えるとそんなわけないわな。忘れてくれ。
      `¨¨´


227 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:22:33 ID:l/LLfVRR



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´    ああ、いや、恥をさらすようだが
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |       今のところ星の系をいじるので精いっぱいだ。
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l       管理AIは偶発的な事故があると困るので
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨     念のため銀河中においてるだけでな。
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \      全部に手を付けられるようになるまでに
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶    この銀河の方が寿命向かえそうだし
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨   もったいないから使えるなら使ってくれ。
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′



     /            \|
 /| /     / ̄ `ヽ.   / ィ、, ヽ
   /      l     ',   ィ、/  ',
 . /|  U    |     U 、_ノ     |    ほ、本当にいいのか!?
 /. |       \       L./ヽ |
   |    __  \__/   /U  l |    すぐに慣れてきて銀河では手狭になる可能性もある気が……。
   |  /     \     く   ノ .|
   | /   __   \_)__  }  ̄  /
 | V   /    \   \`ソ   /
 |  |   |      \   \   /
 ヽ. ヽ   \      〉   |  /
   |  \  \__ノ    レ1
   \  \        /|  |\


228 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:27:01 ID:l/LLfVRR



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    その時にはまた銀河作りからやるなり
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ       ビッグバンから始めるなりするので
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |       細かいことは気にしないでくれ。
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v      ただでは気が引けるというなら
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.    育成のやり方その他参考にさせてくれ。
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



.     __
.     /| \
   _/_.|_ \
  /     \丶
. / _肉_   丶|
|(・> <・)    .||     お、おう。では、ちょっと入植者その他呼んでくる。
| (。_。,      ||
|(  ̄ ̄ヽ.   /|.し)
.丶丶_二_ノ /./| ./
.  \-⌒ー"/ . レ′
  / ̄ ̄ ̄ \


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  こうして、それまで割とほったらかしだったところに外来の存在が入植し始め銀河がにぎやかに。


229 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:28:06 ID:l/LLfVRR



 : : : : : :: : : : ::: :: ::: :: :: :: : :: : : : :。: :: . :.:      /                       : : : ; ; 丶
 : : : : : : : : :o : : : : : : : : : : : . .: : .: . :. ..     ,.'                           : : : ;;; : `,
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : :。 : . . . .         ,'                         : :: ;; : ;:゙,
 : : :o::: : : : : : : :+ : : : : : : : : . . . .         .!                             : : : :;:;:;:; i.
 : : : : : : : : : : : : . : . . : . : . : : : .          ,!                               ::: : :;; : ;:l
 : : : . . : : ... . .                      l                            : :: : :;; ;;;|
 : : . : . . . .                _      '!                           :; : : : ;;; ,!
 : : . ゚o     (⌒) ⌒)      //:|    __. !                           .: ::: :;:;; :; i'
 : : .      __厂]l厂)    //::::j  r'==、ヽ__                            .: . : :;;;; ; ,'
 : :       ._l/_ /~W〕つ  //::::::l ((゚Д゚,,」〕|_|、                          . .: : ;:;;;:; /
 : .      .|_|しl「 、A))  //::::::::l O〔_G_」ll〕つ                     . . : : ;;: ::;,.':
 : : : .       ヽ`==ィ'  //:::::::::::l (_〔_」,レヘ」  \                       ..: . :.;; : ;; , ':: ::
 : :. . .          ̄ ̄_//::::::::::::」_  (_ノ       ヽ、                 . : : :;; :: : ;;,. ':: :: :: :
 : : x: : :..       /::::://::::::::::∠:::::::::\            `-、  . . . . . . . . .. .: : : : : : ;;;;_,.-'´:: ::: ::: :::
 . : : . .      /:::::::://_::::::/::::::::::::::::::::ヽ          `゙゙''ー- 、,,_::: : :: ;;;;__,,. -‐''´: : : : : : : : :: :
 .         /ィ==〒==-、::::::::::::::::::::::::::: l          . . . . . . ` ̄ ̄´:: : : : : : :: :: : : : ::: :: ::: :
 : :.      〔呂=〔|][|〕=呂ト.ヽ:::::::::::::::::::/    . . . . . : : : : : : : : :o : : : : : : : : : :+ : : : :: : : ::: :::
 : : : : .. ...   〕ニ.「|三「| 二∧ 》:::...:...::/  . . . : : :: : : : : : : :+ : : : : : : : : : ゚: : : : :: : : : : : : : : : :: : : :


230 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:28:52 ID:kll3xUu1
元とはいえ滅亡の権化がいる銀河に入植させる気になるスグルさんも器でけーなww

231 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:32:33 ID:elfzV/pt
これ断り切れなかっただけでは?


232 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:40:44 ID:l/LLfVRR


>>230
やろうと思えばどころかボケっとしてたら世界を千の千乗吸い込んじゃう怪物と同じ世界に存在してる時点でもうその世界のどこにいても誤差やん……。



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /    おー、これが銀河レベルで入植できる
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八      上級者のやり方か……。
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,    文献だけではよくわからんかったところとか
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,   ああやってたんだな……。
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ



                              , .――――― 、           /三三
                    , r =―――――/          |         /三 /
                , ィ:::´//////////////`ー=、____, ィ//\     /三::∨
               ////////_//////////////////////////// \_./三三∨
              _///////,r ´ r:::::\ ̄\///////////`ー==、///////三三彡イ   .,r==
           ,イ.  l//////./:`! ト;:::::::::::\ .\/////////三三三三三三三三彡イ   /三
         /   |//////!:::::|   \:::::::::ノ \ \//////三三三三三三, ィ´//\ /三三/
         ./   .////// ||::::::!   !`ーイ ./ ̄ヘ  \////`ー――――イ ////// `ー 、/    まあ、うちらとかは一つの星に
         /   ./////// |`.イ|__!::\_/::::| ̄ヘ  ∨//////////////////////////`ー
       .|    ////////∧∧!:::::::::::::::::::::::::::::|  .〉  |三三三三三三三三三三三彡イ`ヽ三   アルティメットワンをドデンと作ってく
.       |  ./////////.:∧_::::::| ̄ヘ::::::∧/  ./   .|三三三三三三三三三彡イ
       .|, ィ///////////.∧\|   .∨    ./   //////////////`ヽ、             割とシンプルなスタイルなんで
      //////////////| \       /   //////////////////`ヽ、
     ////////////////|   .\    /´    //////////////////////`ヽ、         複数育成もやりやすくはありますね。
   //////////////////.\    ヽ_/    ////////////////////////////`ヽ、
  ///////////////////////\       /////////  `ヽ、 ̄ ̄`ヽ、/////////`ヽ、
//////////////// ̄`ヽ、///// \    ./////////|  :::::::::/ ̄`ヽ、  `ヽ、/////////
///////, ィ ´ /////    \///////`ー イ///////  ゝ、:::::::::i ::::::::/  ̄`ヽ、`ー 、/////
//// /   .////∧::::::::::::::::::::\`ー 、////////, イ      `ー、::::i ::::::::     `ヽ、 ∨\//
// /    /////.ii.ヘ:::::     ヘ ∧` >--< /´ ,      \`ー==、 ___ ` ヘ川 ̄
ii//     |//// 川.∧  :::::::::::::::ヘ/ \/:::::::::::::/ /  ,r―――― イ´         \川
//     |/// 川/ ∧::::::::::::::::::::::ヘ`ゝ、>:::::∠ イ/  ./                    )
/      .|//! ::::/ / ヘ:::::::     ヘ  ヘ::::::::::::::/ i  l    lー 、_______  イ
                    【入植者モブA】


233 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:44:45 ID:kll3xUu1
今まではマイクラの説明書を読みながらやってたのが、これからは実況動画を参考に出来るようになったようなもんか
>文献だけではよくわからん

234 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 22:47:53 ID:98C4277A
モブが強すぎるwww

過程は大事ってはっきりわかんね>文献オンリーから実況動画


236 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:52:21 ID:l/LLfVRR


>>233
ざっくりいうとそうなりますねw



                       /(
                  /\  --  {/:.
               {\/ ∧    ` vヘ
                   〉v'\ /        、 :.
                /  ` '  /{   } Y              / ̄ ̄ ̄ ̄
.               /  {   .{ /⌒{   / ..}           /       :::
              /   .{   r芯ア  /  ./          /       ::::::
           /   {   }   {/}  /          /         :::::::
              /  ,. =-N .ト `_' .イ}/       / ̄         :::::    よし、ではこの辺を参考に
           /  :  r=-、 Y┘.V/ヽ    / ̄____     :::::::::
.          /   .! ⌒ \ \/ヽ  '   // -=ニ    ニ=- \ ::::::::::::     私の方も惑星を色々作業してみよう。
         /   : {.     ` }{  .v. ',  ./ -=ニニ     ニニ=- V:::::::::::
.        /   ./ {`  ,.. -=7八ト--ト ', /  -=ニニ   ニニ=-  .V:::::::::
       /   ./  〉'~~ /|∧  VvV  ∨ @  -=ニニニニ=-  @  -==-
        /    ./   / /|/|/    .{  ',  ',ニ=- @  ||  @ -=ニニニ=-:::     そろそろドラゴンしかいないドラゴンプラネットから
.       {   /   乂_ ` __ V', .', _',ニニ=-@..j|..@-=ニニニ=- V:::
.       {   .{         ⌒ ̄\ }//////∧ニニニニニニニニ=-    V      脱却していかんとな。
.       {    `=- _              \///////-=ニニニニニ=-   _
.       {      // ̄ ̄     "    ///////  -=ニニ=-  ∧∨
.      八  <⌒___     "   ./──x/∧∨∧||∧∨∧∨
     /_ヽ -‐ { /         "  ./ ヽ    ヽ...∧∨||∨∧∨
  =- :::::::::::::::: /    ./     /   }     ',.. ̄..||.. ̄ ̄
/   :::::::   /    ,//    ./   .}     ',_______/
        ⌒T ⌒Y´ /     /      }     ',───────┐
        | (   || /   /  }                           |::
        | 」   ! 7 /   }               :.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::
              ノ/|      }            :.             :::::
             /´ ...|      }     }      }                :::::
                 |      }     }      }  |             :::::
               `=-   }     }     _}─┘            ::::
                  ` ─┬ ┬..┬  ⌒               ::::
                       |  ゝ  ',                    ::::
                       |   \_ト、_}



                          寸ニニニニi: :/   i: :ノニニi       .|: : : : : :.|
                           `<ニニヾ   > ´ニニニ/       |: : : : : :.|
                              ̄   /ニニニニ/         .|: : : : : :.|
                        >─‐- 、 . /ニニニニニ/         |: : : : : :.|
                           /=>-<ニニニ-iニニニニニ /         |: : : : : : |
                          / //¨_\\ニニiニニニニニi ̄\        .|: : : : : : |
       _             _ /ニ./ /::} i:::::ヽマ .\  ̄ ̄ ̄ニ──‐,─‐<_..7 : : : : : √___     それはいいんですが
   > ´: : : : : ` <    / /ニニi .i`,i_トニ‐ァヤ  iニニニニニニニ斗 :´: : : : : :./: : : : : : /: : : : :
  //: : : : : : : : : : : :i    />´ニニニ マ ベ,::;‐、:::ノi/ /ニニニ>´/: : : : : : : : /: : : : : : :/: : : : : :      住居が豆腐(※)のままでいいですか?
. /二|_斗─<:_:_>´   /ニニニニニニニ\ヾ′.マ//ニ>´;;;;;;;/: : : : : :_:> ´ : : : : : : /:_:_:_:_:_:_:_
/ニニ.|      >─‐:´: ̄ ̄` <ニ=- ニ \`ー"/=//;;;;;;;;; /: : : : ̄: : : : : : : : : : /ニニ` <
ニニニ|   > ´: : : : : : : : : : : : : : : \;;;;;;\\ ̄ニニ/ ./;;;;;;;;;;;/: : : : : : : : : : : : : :>"<ニニニニニニ` 、
ニニニ|> ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,マ;;;;;;;\`ー‐' /;;;;;;;;;;‐{: : : : : : : : : _:_>´     ` <ニニニニニ
.>´: : : : : : : : : :_:_:_ 斗───_‐-: :i ヽ;;;;;;;;;;>─<;;;/ 丿: : : :‐: : ̄: : : : : :`:.<     `<ニニニ
: : : : : : : : : >,´ ニニ/ > ´: : : : : :ト、`<::/ ̄ ̄<斗'".i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `<    ヽニニ     ※ とりあえず適当に四角く切り取って
: : : : : : :/./ニニ二/ ./: : : : : : : : : : ゝニ>::i     i::/ /: : : : : _斗──‐‐<: : : : : : :ヽ、   ヤニ
: : : : :/マ/ニニニ./ /: : : : : : :斗´=/: :\ ヽ: ヽ____// /i: : : : : : `.<     ` マ: : : : :iマ 、  |ニ       作業と居住空間を確保しただけの
: : : :/ニニ マニニニ/ /: : : : : :/ニ/: : : : i\二>::::<斗'_/i: : : : : : : : : \       マ: : : iニiニ\
: : :/ニニニニマニ/ /: : : : : :/ニ/: : : : : : :`ヽ二>:::::::<_/: :_:_: : : : : : : : :マ       マ: : :i=iニニ\        シンプルな住居の通称。
: :/ マニニニニ X ./: : : : : :/ /: : : : : //: : :ゝ─`、::::::/: : : : iニニi \: : : : : :ヤ       |: : /=iニニニ
:/  7マニニニニ 7: : : : : :/ : : : : : / /: : : :.∧: : ヘ:::/: : : : :/ニニi  マ: : : : :.i      |/ニ/ニニニ         転じてとりあえず作る仮拠点もさす。
   iニ.\ニニニ||: : : : : |: : : : : :/  ./: : : :./ ヤ: : :.`: : : :.:./ニ二i   ヤ: : : :/i    /ニニ/マニニニ
   `<ニ`< |.マ: : : :.|: : : :/  ../: : : :./  ヤ: : : : : : :./ニニ=/   i: :.//   ./ニニニ/  マニニ
      `'  .ヽヽ: : :.|  ̄     i: : : : :i   ヤ\ : : :/ニニニ/    //ニ/   /ニニニニ/   .マニ
           \\|         .i: : : :.:i     ヤニ.\/ニニニ/  .>´ニ/   /ニニニニ/    マ


237 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 22:55:45 ID:l/LLfVRR



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/    いや、割と長く住んでたし
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{        だんだんこれはこれで愛着がわいてきてな……
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨       まあ、新しく拠点作るときには
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨      もうちょっと凝った作りにしようかなと思う。
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′





                                 // |\
.                               / /  |  \
                             /  /   |    \
.                          /    /     |      \
                        /     /      |        \
.                      /       /       |          \
                    /       /      _ |            \              あー、初めて作った拠点とか
.                 /         /_ / │  | ─ _        \
               /      _ -'´│/ ─ │   |       ─ _    \           確かに愛着わきますよね。
.            /      _ -'´  /│     │ ─ |          /│    \
          /     _ -'´   /   │    │    |  ̄ ─ /  │       \        わかりますわ。
.        /   _ -'´     │  ̄ ─│   │    |   /  ̄ ─│         \
      /  _ -'´        │      │ ̄ ┼ _  | /      │ ̄ ─       \
.   / _ -'´           │       │  │   │ |        │       ̄ ─    \
 / -'´               │       │ │   │ |         │             ̄ ─ \
 \ ─ _            │       │ │   │  |       │               _ - /
.   \    ─ _      │        ││   │   |       │           _ -'´ /
      \       ─ _│      /│   ̄ ┼ _ |      │        _ -'´  /
.        \         │─ _ /  │    │    | ─ _ │    _ -'´   /
          \       │   / ─ _│   │     |    /  _ -'´    /
.             \    │/         │─ │     | /  _ -'´     /
               \     ̄ ─      │  │ ─ / | _ -'´      /
.                 \         ̄ ─ │  | /  ̄/         /
                    \            |  ̄     /        /
.                      \          |       /       /
                        \        |      /     /
.                           \      |     /    /
                             \    |   /   /
.                               \  |  / /
                                  \| //
                      【入植者モブB】


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして銀河がにぎやかになってきたのを参考に、発展のスピードは急速に上がり――


238 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:02:08 ID:l/LLfVRR



 >。..                                                 <
   <>。                      ィ  l、                     <>
       <>.                  ,,ノj!  iハ                  ..<>
        ヾ >..              /{トソ .... マ》ヽ               ..<>
          `Y ≧ュ、_ ,..ィァ   ,,ィ´>‐' {ニ.} `ー<ヽ    r-、_ _ -≦ /´
           )  `ー彡リ     {7(     `´     )<}   マーミ    <_
    _ =ニ ̄ア  /       `ヾ`>―个ー<´/    `  ヾ7  rミー=ニ= _
ニ= ̄     < 7イ/           ‐≧ュx-、!y-x≦-         \ ∧ >    ̄ ―=ニ_
       <   /マ/               ´{_¨´,Y`¨_}                Vム   >
    <      /7 ,              `!ヾ=rィ{                V ム     >
 <       / / i!                 i!ハj i!              jハ ム       >
           / / |!              jト ニニ |!              |!  マム
        イ /  l!                イニ ー ニ|!               j!.  マム
       ム./   ム           / ムニ=ニ |i             /!    マム
      /7 イ    ヾ>ュ、._       / ム、ニニ, l |        _イ      } ム
       / リノ          ̄ニトァ-/  ム_>⌒<_ム ヾミ∨{ー=ニ        | /ム
     / __/ィ⌒ヽ..   _ - =| {リ /ー/. ::||:: .Vム ト. j i!= - _      ,, -=ニ ̄rア
  ,,, -≠ア='三`ヾ \ ̄    rV/イ  ア. : : || : : マム. V  |!       ̄ニア´   r≧⌒ヽ ̄
ィ  ,,ィ´      \ `ヽ._r-ァハ_r'´ミ_ノ..:: ;>^<; ::ヾム ゝ、レ7 ̄ ー=,イ r-ァ´  ヽ  Y
  /└ー=  ´ ̄  `ヽ_彡´ j/⌒ヾ}!-、_:/ : || : V_, j!ゝ、_ハ!_   イ、´ ̄  ̄ `ー‐‐ ┘
/          ,ャ ,ィz    ソ: : /iト≧ュ、`ー‐彡ェ≦j! : :≧ュ_ァ ´ {ム  ィ{
      __  ム{ j! {.  ィヘ: : フ¨ヘ、`ヽ ミーイ / /! `ヾ/ア: : zュ< 〈_j7  __
  ィ´ ̄    ` L≧'ヾ,イア: : _ >′\ マヽ \_._/ ィマ /  `ヽ z: :7 rz >'  ´     ̄ ヽ
`´           `メ _(_>´    Yトl `、  ,,イ r1/     `ーY_{ ム
             j三ソ´       リ ミヽ ¨ 丿 リ         `='
                        }!\ ヽ/ /i{
                        ハ \/ ハ




                                  人
                                      {==}
                              λ. _「三ユ_ ∧
                              ム|ⅣⅦⅢマ}ニ{
                                Ⅳム込 γ⌒YⅢ}ュ_
                            「Ⅵ/ | |「ヾr‐‐┴…!_ヽ「ヘ
                               「`´ ̄ j_jL_込  ヽ、  |  |
                         __ノ    / ̄ ̄| ハ   L_ ム %_ 「L
                            | /   /     ! ヘ  r、ヽ ヽ ヘ .|
                         _ノ/    /      .!  ヘ |. \\ \ヘ.! _
                         _「/   /      |   ヘj   \\ ヾ` L_
                      _/     /       .|    \   ヘ. ヘ ヘ |
                       _ノ    /.         |      ヽ、  ヘ ヽ ヘλ__
                     厂    /           |       \  ヘ  ヾ、ハ
                  r '    /          ハ      λ  ヘ  ヘ   \Ⅵ
                  /     ./          イ  }     ハ   ヾ  \  { \ _z==-、___
ニユ==―…''''にこ} ̄`⌒ ̄`ー-、  /          ム {\    / ヽ   r==ニ二===} ハ、_森森森森` ̄ ̄`ーへ_
、__r一'´森森森森森森森森森`^'`ー-、           /  } } \ ./ _γ´゚森森森森森森 {__ム}_}森森森森森森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森`ー森森森森森森森森森-‐'森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森
森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   各地でやっぱり強大な力と智慧をもつ竜が他の種族を隷属させる、竜文明とでもいうものが発展していった。


239 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:06:27 ID:l/LLfVRR



                                                  __
                                            ―― --  --- ― __ ―‐
                                          ― ------------ __ _
                                           ̄ ̄ ---_--- ̄ --
                                /l  l:}                      ――  ミ
                                ∧ l :|  |:| _              /..   ..:::::...::::.. ヽ
                            l:. | |:l|  l::}ノ_l              . ::::::::::. . :.:.:.:::::::::.:: .:: .
                            |:: l !::.l ∥::l:::.|、   _ ―‐‐_  '. :.::::::::::. . . . . ...::::.:. :.
             ――‐- _    _ _ - j:.. ll::: | |:::: |:::. l -_ --------  {:::::::::::::. :::::...:::::::. . . .:::::::.:}   _―‐ _
           _  ̄ -------  ------- l::.:. |:::..| |:::: |:::. | ------------- :::::. ::::.:.::::::::::::::.:.:.:.::::::::: . _________  ̄_
              ̄ ̄-----_-----_- |:: . |:::..|ノ.:::..|:::: | -------------丶:: . :::.:.:.:.:.:.: :.:.:::.:.:.:.:. , -------  _  _ _
                 _ ̄ --------- - _j::::-|:::::l::::::: |:::: |  ̄ ----------- - \:::. : . . : . : : .::/ ------------------- _
                    __ _--------- {:||::::. !:::::::::::::j{:::::.l {:.ヽ ------ - ̄ _  ――― " ------------------------- _
                ― --  ̄-------{:l、::::::::://l}:::::::::::::l |::. l、  ̄ ̄  ---- __      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ―  ̄ ―‐  ̄
                   ̄ ̄ ―‐  ̄ /l  ̄ "|:..l:::::::l {∧::::::::::: | !::::: }ヨ
                     r1 |::|   |::.l:::::::::/∧v/l::l |∨.::::::|::.l             ――‐ ―‐ _
                   r ! | .|::| r―|::.|:::: :l| l::::l l: |::l |::::::::::/l:::|   _  _       ̄ ―  ̄ ̄―‐
                   |::|::| :|::l/. : :∧:.\_l| l::::l |: ! リ.:::::::::lノ.::|   j::L_ノ::l_
                   |::|::≦. : : :::::::::.ヽ:::.}}ニニニニ|二l::::::::::::::::l  ≦::::::::::::::::::::≧
____________..≦:::::::::::::::::::::::::::::::|三|ニニニニ|三|::::::::::::::::≧_l::l`l:::_l ̄l:l´ __________________
: . . : . . : . . : . .            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧二ノ――丿―‐ ‐  ̄ "    ̄ ̄ ̄ ̄
: . : . : . : . : . : . : . . .   . . . . .    . . . : : : : : . . : . . : : : : : . . : : : . .   . . . .         . . : . . : . : : . : : : .  . . . . .    . : : : . .
: : . : : . : : . : : . : : . : : . : : : : : : : : . : : . : : : : : : : : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : : . : : . : . : . : . : . : . : : : : : : : : . . : : . : : : : : : : . . : : : : : : : : .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .




‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ     おお、すごいな。
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧    私まだあそこまで凝った作品作れんぞ……。
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうした数々の文明の隆盛をオートモードで見守っていたパーサーナックスであったが、
  当然文明というのはそのうち拡大していくものであり、竜ともなれば活動範囲は広大なので――


241 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:08:31 ID:l/LLfVRR



         ∧∧                           | ヽ
        (;゚ -゚)                   ;:    |  |
      ━( つ━O━━(((<>           ;:,.    |_| ━━(((<>
      ~(,, つ                 ∧∧;::     ||
        (,/´                 (゚p;゚;;:)彡 ∧∧つ
                          ━(;:つ((;:;:., (゚ぺメ)ヽ
          ∧∧             ~(;:;  ミ;:  ヽ,) 、_ ,,)~
         (;>_<)               ヽ;:) ;:;:;;:;: \ ヽ,)
       ━( つ━O━━(((<>            "'';:;;:,..\l            ∧∧とヽ
       ~(,, つ                              /´/     (゚∀゚*) ノ
         (,/´      ∧∧                      /  /      ( つ=[ニニフ
                (#゚皿゚)                    /_/      /  ,,/~
              ━( つ━O━━(((<>            //        (,/´J
              ~(,, つ                 ∧∧ O∧∧
       ∧∧      (,/´                  (ili>0<) (iliTO・;:。;:゚;:
      (;゚ぺ)                         ( つ━O━l:;:と:)(((<>
    ━( つ━O━━(((<>               ~(,,  /   /;::;:: ,,)~
    ~(,, つ                         (,/'(,/   (;/'(;/
      (,/´


        ギャアアアアア!!                    ヒィィィ
                   ―‐―― _-ヒュン―‐――・
 .チューン    ― _-ヒュン―‐ -───・        ―‐―― _-ヒュン―‐――・
 ‐――_――               ── チューン  ・ ∧_∧
    ・        -───・          ∧_∧ (・∀・;  ‐――・ ∧ ∧
―‐―― _-ヒュン―‐―・ 、,.λ∧ ゲフ  ・ ´Д`;) i   i’))   \  (;゚Д゚)  コロサレル!
     グボア,,, 、,.,,,,.,,,)  ノ・;;(#゙;;0゙),,, ∴、/ /  、ノ⌒;;,、,.、,.   (、.,,,.,,.,,つつ
  <@;;, (メ_;;。#)@;;';;@)(@∴U(゙p;`;,)ξ;,と@;, (、0;'。#)っ@)~ と´#;;メつ#!i;-゙)っ
     "'`''"";""゙'";;'""∵""''"""゙'"       ~;゙`'゙゙;''∨""     "'`;"""∵∵`'



                        \
\     ギャアアアアッッ!!!!    .\\    ヒィィ
 .\チューン               \     \     \
   \        \         .\チューン  ・ ∧_∧ .\チューン
    ・        .\チューン      \∧_∧ (・∀・;  \\  ∧ ∧
              \ 、,.λ∧ ゲフ  ・ ´Д`;) i   i’))   \  (;゚Д゚)
     グボア,,, 、,.,,,,.,,,)  ノ・;;(#゙;;0゙),,, ∴、/ /  、ノ⌒;;,、,.、,.   (、.,,,.,,.,,つつ
  <@;;, (メ_;;。#)@;;';;@)(@∴U(゙p;`;,)ξ;,と@;, (、0;'。#)っ@)~ と´#;;メつ#!i;-゙)っ
     "'`''"";""゙'";;'""∵""''"""゙'"       ~;゙`'゙゙;''∨""     "'`;"""∵∵`'


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そのうち文明を束ねる竜王たちが星の覇権をめぐって相争い始めた。
  自分が死ぬのは嫌なので基本的には隷属種を争わせるゲームめいたものだったらしいが。


242 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 23:10:13 ID:F2dYjDka
いつのまにか隷属種を作り出していらっしゃる


243 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:12:49 ID:l/LLfVRR



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./     ……あれ? なんかこのパターン
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ        文明ができる前にも見たような気が――【1D10:5
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |         1~3:戦争により資源使い果たして環境激変
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l         4~6:とうとう竜が直々に出始めて最終戦争
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !         7~9:魔法文明発達させすぎて隷属種に竜殺し誕生
             い    、乂         ′        λl     i!  .           10:惑星レベルでイキってるやつに大宇宙の洗礼
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


244 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:14:41 ID:l/LLfVRR


5:とうとう竜が直々に出始めて最終戦争


           ヽ:.:.:.:. ==: : : ::/' イ { .:ヽ                  ,イ
             ヽ:::::::、〃,: ,ィi:.:>ィ::: :} ,ィ              /::::
              >イ/;:;;//={i´:.:>/:/  _..,,<}          {:::::
      i:ヽ     ,, /: /;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:`´;;;:.:.:.:.:{_,,,,,,,==,,,,,,,,  ,.:<::
      i:::∧   ∧::i'::..:.:/i::.:.:;;;;:.:.:.:.:.:.:;,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`<:;:;:;:;:::::
       i::::::∧,、iヽゞ':.:.:./:::::i;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ≧ゝ三:.:./:::::::::::::::::
. ,、    /i:.:.:.:.,:.:.゙i:::〃⌒';;:=={:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ヽ} >壬〃‐-、彡ミ//:;:;:;:;:;:;:
. V:ヽ--{i:.:}:.:.:/:://:/:.'/:.:.:.:.:>'´:.:.:.:.:.:.:i'´ ̄=<´三====ゞ=>三三三三三
__}:;:;.:.i:、::l:.:i:;;/:/i;゙〃/};;:;:;>{;,;,;,;,,;,:.>‐‐゙-三='三三三}─-}壬三三三三三三
<i:.ヾ:::>i:i:.:}:;、ヾ〃;:/::::ア´:.:.:/>壬ゞ'二三、三三三三三三三三三三三三三:::
 V:.:,ヽi:i:.:y:.:;:;ゞく;;;;/フ::フ==}ニ,,,,,,:.:.:.:.:.:.::::::ヽ三三三三三三三三三三三.::::::
 ,<:;:;::::i:i:.:>;':;::ii{ノ,,,,<彡':.:.:/i;;;;;==ィヽイ:.Y/ミ、三三三三三三三三三三:.:::.:.:
 <:.`}:.i}:{、:.ィィァ:/;.;:.:.:.::.:.:.:./:::,'::.:./´、:.:}、:.:.:i:.:.:.ヽ三三三三三三三三三三.:.:.:
  /:::}:i:.:.}....::::゙゙":.:.:{::::::>i-‐´i/>' ⌒ヽ' ヽ'\、:.:}三三三三オ:.:.:.:.:ヽヾ:.:.:.:.:.:V:.:
  }:.:{::::V{;;::::::i:.:.:.:.ノ/V::i}:.i:.:.:i´        ヽ`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>≧''''´:.:.:>、::::::}:.:
  .i:.:::>、:.:.:.:.:ィi`}y´' /::::i}:i:.:,':}          `<="゙==='''':.:.:.:.:>-‐‐ゞ: : :
  .i:.::::/ヽ、:.:{、:.:.:::::.:.i::::<}:i:,':.,'           /`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>壬二:.:.:.:.:ヽ: :
  V/  ヽ>'∧:.::::::.i::::<;i:.:.,'          /;.;.;.;.;.}:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::}:.:.:.:.:.:イ:.:.:
       `゙V>:./:.:</::/        ,:<;.;.;.;.:::::::::i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::::/:.:.:〃:i::: : :
        <}i´}::.:</:.{        ./:.:.:.:.:;;;;;:::::::::::::V::::.:.:.:.:.::/{:.:.:.:.:.:.:.:::::: : :
         V{:.:ン:.:.:>>     ,/:.:.::::.:.;;;;;:.:.:.:.:.:.:;;;;V:::.:.:.:,': : :{i: : i: 、: V:.:::::
          `''<:::i      /;;;;:.:.:.:.:;;;;;;;:.:.:;;;;;;;;;;;;;;>::}:.:.,': : : :ヾ:i: ヽヾ:.:.:.:
             `'     ,'.::::.:.:.:.:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;>´  ヽ/: : :i{、: ヽ: :゙: }/::::::
                  ,'":.:.:.:.:::::::;;;;;;;;;;;;<     /: i{: :/: :、: ヽ、:>:::::::::
                /.:.;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ==/: :/{i:.:i: : {、: :}::: : }ヽ
                {:;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.}´::i: : : : i、: : i、: : : :i:.:.:
                ` ヾ/`<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.i: :入: : : i:.:.:.:.:;,;,;,;,〃:.:.



                              ________
                         __ ..─=‐ 、   _     `ヽ
                     . <___r=<_/::::` ̄ゝニヽ-=< \7
                  r< > ´   ,r=ニ二::/::::::::::::::::::>rァ7i7|/|/
  ___ r、.___          ̄   ,. z≦::::::`ヽ::::/:::::/:::::::/|::::::,rァi7|/l/
≦::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::≧ュ .       /::::::::,. z≦ > `ヽ/‐ 、/::::::l:〃
:::::::> ´二//ニヽ≧ュ、::::::::::\  /` </> ´::::::::::::::::\/:::ノ::::::::ゝゝヘハ
7/// >─'  ̄ ̄` </ |:::::: rイミ/::::::::ゝ=- 、 / ̄ ̄ ヽ::::::>─‐ 、  ヾ!
  ./            \ ///::::::::::::::::::::::://       ̄     イ//
/   _          ///::::::::::::::::::::::::/⌒
   ∧:::ハ       /ヽ/ /:::::::::二ニ、:::/>ァ__        ______
   { /ヽ∧__ ィニヽ /⌒ ー=<:::::/:::::V:://:::::::::::::::>  //< 二ニ二     >
  __` ./∨ ヽr< }:::::::::::/ イ二二7、:::::|  `ヽ::::::::::/ニ=<_ヽ ̄     `ヽ/
 /::::::::弋人_ノ:| .}/ :::::::l:::/    l  V      ̄ r‐、  _
 ∨/⌒ゝ‐<::::::\ |:::::::::::l:::l _..<.l ヽ.l          l l/l  ヽ
  ゝ     ∨:::::::>r=ミヽ     l  / ̄ヽ     ノV:::::/`ヽ/
        ∨::::::::丿::::::::::::}´  ̄ l ヽ|:::::::::::l─=≦fヽ_/ ̄`ヽ
           `ー<:::::::::::::/. .─l─.l::::::::::{::::::::::::> ´   ̄ヽ/,. z≦::<ヽ=─f二ヽ
\         |:` ーイ::::|    l  ヽ>ヘ> ´    ,. z≦:::::::::::::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::≧ュ .
  \        |::::|  |:::::|. ──l‐ ヘ      ,. z≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::://=ニ ̄ニ=ミ::::::::\
\  丶        .l::::l  l:::::|    ', /ヽ  , イ:::::::::::::::::::::::::::> ´ ///l l ̄ ̄二l:::l」l」`ヽ::::∧
::::::> . >‐f ̄/‐.|ミ  .|:::::|` ー─ ヽ   〉<//::::::::::::::::> ´:::::::_/  | |l」l」__::::::::::::::::∨:::|
::::::::::::::::::::::::::|  l::::::l ヽ Ⅶ弋     ヽ/|:∧:::::::> ´:::::::::///  __ゝ= 、::::::::::::::`ヽ:::::::::|::: |
::::::::::::::::::::::::::l /:::::::\::::::ヽ:::::::>──'::::::l/::∧//    /| |> ´::::::/     `ヽ::::::::::::::|:::::::|::: |
\::::::::::::::::::/ /:::::::::::: ',` ー=ニニニニニ./::::::::::\≦イ r<`ヽ> ´           r====ミト、
  ` <::::::/ /:::::::::::::::: ∨ /\::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\>ゝ<ノ:::\           /:::::::::::::::::::::::::::::::|
      `<{::::::::::::::::::::: ∨  / ヽ::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::丶   `ヽ:::\__r‐、 /::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ̄ ̄ ̄ ̄丶 \::\:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::>‐fヽ>──=≦:::::::::::::::::::::::::::::::::: /
                 \/「l::::\::::::::::::::::::::::::::::::` ー─,イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして戦争は激化し、とうとう収まりきらなくなったのか竜賊同士の争いにまで発展。
  自らが持つ世界を滅ぼしうる力をふんだんに使った結果――


245 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 23:15:05 ID:elfzV/pt
まあこうなるな。知的生物のお約束というかなんというか


246 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:15:26 ID:l/LLfVRR



                                                -  、    ,i   ,,  ,、 .、      |.l
                                         / /    ./   /  .〃 ./        .! "v   ..
                                        ,./  /    /   /  .〃 ./         .l  l. ./  /
                                      ,./  /    ./   ./  ,,グ ./          l  .゙l./  /
                                     /  /    ./    ,i′ ,〃 ./            l ./l ./  .,
                                   /  ./    ./    ./  .,i./ ./             l/ l./   .l゙
                                     /  /     .,iラ^゙''''')';;;;;;,,〃 ./                /l  i'|   !
                                   /  ./   ._.|工..-‐'''フ⌒ ,〃 ./              / . l / ,!  .l゙
                                  /  / _,,..-''彡)'"   /  .,i./ /                 /  .il゙ |  /
                                /  .ノr'"゛. / ./    ./   ,i./ . /                 /  ./ | .| /
                               /  .,iiゞ´ .,/  /     /   ,i'/ /              /   / . | l゙゛ /
                             /   ill、  /  ./     /   ノ/ /                 /  ./   | l, !
                         /   ,ノ./ /  ./     ./   .// /  ii               /   /   l .リ l
                        /   .,iシ'" /    /     ./   .,i'/゛ /   ∥           /   /   │ | !
                      /   .,ノ゙イ  ./   /     /   .,i'./ /    .〔          /   /    l .!l゙
                     /   ./   .! ./   ./     ./   ././ . /     .|.l            /   ,i′   / il!
                   /   /  ./-|/  ./      /   ././ . /      .,!..l,          /   /    ./ 〃
                     /   /   .l| / /      /   .ノ./ . /       .l .ヽ      /   ,i′   ./ ,δ
                   /    /     | l /      ./   .,i'./  /        .l  ヽ    ./   /     / / ,!
                  /   ./      ! ,l″    ./   .,i'./  /          l.  l   /   ./    ./ i,゙、/
                /    /      i〃!     ./   .,i'./  /               l  .!、 ./   /    /  ,//
               /    /        ,八 .|    ./   .ノ./  /                l  .|./   ,i′  / ./  /
             /    . /        ./   .l.′  /   ,i'./  /                 l .,イ  /  ./ ,ニ`-  l
         /    /        /    .″ ./   ,i|ッ―ッヽ,,、.i-,,,           レ ! /  '゙‐'''"    /
        /     /          /    i,i--ッ冖''''アフ~ .,i______,゙  `''‐F、         / ! |/         l
      /     /        ,,ir―''''^ ̄,゙,,..r―''''ブ/ ̄./     . ̄ ゙̄'''''┴     /  l ,/!            ,!
     ,./     /     _ 'lミ,,l″ _.. ‐''"゛ /   ./ /  /                   /   .l"|        l
   /     /     / ,/ / "    /   ./ /  /                   /   ./ ! ! ..,      l
  /     /     ./ア ,y'″     ./   ./ ノ  /                 /   / .l゙ .!,/〉      ,!
/     ./   .,i'"  ...‐./       ./   ./ /  ,/                   /   /  l   /      !
     /    ゛,! /./       ./    / /゛ /                 ,i′ ./  /  /       .l゙
    /       / / ./        ./   ./ ,i′ /                    /   /  /  ./        l
  ./       〃 /        ./    / ./  /                 /   / ,/ ''!;;ッー     /
  ."        " ."        ゙   " ."  ‘                 ‘   .'''“''''''''"゛        "


247 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:16:01 ID:l/LLfVRR



≧o。,.二二/::| |/ /\ ,.ィ癶 |\__\_|」「」xヘ\「::/
    _>t/:|:::|/ / |,.ィi〔ニニニ\ |\\rく_>r'´|::|:/
-‐゙"   |i: |/,|丁rくニニニニニニ\_|_|_/ ̄\: :,′
.      |i// |_,l_,|:::`'マニニ>< |\_\_/|::′ ,,
 _,.、-'" |i/7|/l_,|:::::: :: ``r' |:|:|:|:| |\|_,.イ「」/〉  '’
"       |i/~,K^'|::::::::::::::::| |:|:|:|:| |//| | レヽ_彡'′
.      ,.|i__/|::`:|::::::::::::::::| |:|:|:|:| |/rく >く /| /,.:'’,, 〈〉
.  ,、‐'" |{-_-_::|\:::::::::: | |:|:|:|:| |\|:::|:::|/ \ //     ,:                 ,. ヘ、         ・
-'"      |i-_-,、|::::::\:::: | |:|:|」ィi〔|::|ト、/    ,ィx「」ノ    /               x<     ≧s。
.      |i/ :|\::::::::\|,.ィi〔|::||::: |::|| \ ,.ィi〔   \ _彡'′ ,,     ,,       |i:i:i:i:i:≧s。.,     >、    '
    ,、-‐ "|i  |  \:: : | ||:::||::||::: |::||,.ィi〔     ,.。o1  , 、⌒ヽ   '′ ,,      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。/::: |  '′ '。
,、‐'"    |i/ \  \| ||:::||::||::: |::||:||〕is。.,__,,ィ升i:i:i:>''"   \癶/ヽ '´    ,., |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::::|  ,、 〈〉 /
.         ,|i   \  \||:::||::||::: |::||:||i:i:i:i:i:i:i|i:i:>''"     ,.ィl〔:| |\ \  ′ ´   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::::l ,く,イヘ、/:|\
     ,、‐'" |i     \  \||::||::: |/ \i:i:i:i:i|i:i:ト、   ,.ィi〔|:|:|:|:|/\\/::|/〉/ヽ〈〉K|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::::|_| |::l`r'´|::|::::::
. _、‐"     |i      \   \|::: |\ /:|i:i:i:i|i:i|:::::\/:l:|:|:|:|:|:|:|  /| | |, '’ /\ | |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::::| |_|,」⊥⊥|::::::
"     ,.、 |i        \   \|  |:::: :|i:i:i:i|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|/  |ヘィヽ/\/:::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::::::/rく ̄ ̄\ ̄
    _,.-'"   |i         \  \|:::: :|i:i:i:i|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|\,.rく/::|/\/\,.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::: |丁|::::|`ヽ、_\
_,.-'"     |iヽ          \  \ |i:i:i:i|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|/ ,|:::|::::::|__∠ |\/ ,|i:i:i:癶i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:::: |/\|   |::::::
      ,。o<            \  \i:i:|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|\, |:::|::::::|/_/| ̄~゙/ |/ニニミs。i:i:i:i:i:i:|:::: |\/ \/\
   ,。o≦ 、_,イ               ><_,|ii|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|/>|:::|::::::|:::| ,|__,/ /ニニニニミs。i:i:|:::: | |\ /
.≦  ,.。s7_/  |          _,.。o1|‐|:|¨|:|_|i:|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|/ /\::|:::|// ::ト、ニニニニニニニニ,イi:i:|:::: |/,/
,.。o≦ヘ/_/_く\|         ,ィ㌻:「_|-|:|‐|:|¨|:|_|i:|i:i|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:| rく    r<>、|\  |: :`'マニニア´:: |i:i:|:::: | ト、\
  |\__|/ /_/¨|     ,.ィ㌻|-|_l:「_|-|:|-|:|¨|:|_|\:|:::::::: |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:| | `ヽ/|_|:ト、\\|: : : : `ヽ/: : :::::|ト..:::| ト、\\
  |_,  /_/ /    トく :|:|-|_l:「_|-|:|‐|:|¨|:|_|,\\: : |:|:|:l:|:|:|:|:|:|:| |`ヽ |//, |/|:::|: : : : : : ::|: : : : : |  `ヽ、| \\\ /
  ヘ \/_/‐'"      | \|:|‐|_l:「_|-|:|‐|:|¨|:|_l:\\\|:|:|:l:|:|:|:|:|:|:|´`゙////|/|,.:|: : : : : : ::|: : : : : |     `ヽ、 \\|/
/xヘ/ヽ     ,.、  \  \|_l:「_|-|:|‐|:|¨|:|_|  \\\l:|:|:|:|:|:|:l:\|`'l///|,ィ´ |: : : : : : ::|: : : : :イ       〉 、\|/
    `く^\ / \   \ \「_|-|:|‐|:|¨|:|_|    \\\:|:|:|:|:|::::::| |/// |\ \: : : : |: : :/       / ト、\|/


248 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:17:46 ID:l/LLfVRR



                : : : . .        ``;   ’
                : : : :         ;ヾ: : . . .    ``
            . . . .  : : : . . .   . . .  : : : ;: : :ⅳ      ;:::.         ’
            : : : . . . . .: : : : : : : . . .    ii_,,; ヾ    ``,':::’         ..::
             : : : : : :  : : : : : :..     ッ’  ;___    ''           ::..
                   ..::: : :   ,: : . ;*、 ㌻  ’___  u         、、
                  :::::...   ㍉x,,  ; ヾゝ;;;,,,    ゙゛ヽ....          ’
                ....       ;__    く:::..゙゛       ::...
               ...::::      ㌧’     ∴       入...     ソ .....
               .;.. ...,,,....    u'' ;;..:   ::.. '      ;;;'''、 、    ..、::::''     ,,,,,
          .....   ..;;;  ;;;;..  ,,,:::''   <   ,'  ’l    ’   ;; ; ...::  ..... ; :::.      ..:::...
          ::..:::.. ::''  ヾ..''´ __ゞ ,,,, ;  ;  ; l ヽ ¨  、 、  __ ::''  ㍗  ´     ''``,,
          ; v;::..iii....;c*vλ;「::...㌧{_ 、 、,,,, ¨   &        ;   ¨       ....;;
         、、  ',;;,,,,,、、xzY___xzY_}【ソ -=、,, v< ''’`` ;´;;、''  ,,, *'' 、  ,,,''   ; ,, ,;;''
         ;;,,゙゛` ,ィ〔{_>ニ===-マム㌻’>  ; ’ 、< ℡ ,,,>'' ,, ,;;,,*''ソ`i}r ;* ,  ;;%''  ,,,'゙´
         `゙゛_/ニニニニニ>。*y%...ゞ' ,,__㍉ ㌢``¨,,,*、x....;...,......,’__;....㌻ ,,,,,;;;;.........::::::::::......
         ,, *-=ニニニニニニニム,,"f,,*C’。、..:::<{f㌧*Cλ、、,,,そ;::::::;::::{f::::...vcソ  ,,<
       ゙゙``~>x-=ニニニニニニニムニニ=-<___ノニ><``:::。cC㌻i}:::::,,,xヾ’ __,''゙゛丶, ''゙゛
          ゙゛゛ー===ミニニニニニ〕iト。i}ヾ>Vヾ<ニ>:::’;ソノア´z''ゞ=-''' ㍉      ,  , '''
              __;;;;ヾニニニニニニ>。)-Xニ.>f=>≠::::そ,,,, ;’,, ,' ::.,'' ,.............,,, 、。 、゙゙゙
       ''   `゙゛’ ¨~゙*''^`>マニ>=ミニニ`ヽヾY_ヽト。入::<>xムヾ’::::;'゛゙::∴:::,,,:・㍉''::::,,,
     ・ ''   ''゙;. ゙゛``;  、,,*γニニニ}ニニニニ===-___v=f込㌧*【ヾf__;,,, ;;;,
  、..............、、...........;*   ・___ *’、マニニン>ニニニ込=f´ニ>''´)ニ{_x*Cc。xアx ,ィ〔  :;
  ::::::::;;:::ヾ::::::::ヽ:::::...   、``¨゙゙ ゞz__...r=マニニニニ>''´-=ニ>''´ヾxzソ}i}::,V::::*zィ’ノ......*゙゛
......::::::::::::::::::::,,,,,;;,,,:::::::::,,:::::::::;....,::x__:;ー==....{iニニニニニ>x''´∧{、::::: ̄v/ムゞソ::::r,,::::::__Y:::.......;*.
     '''゙゙:::::::::::``,,,:::::::::::、’::::::::::::::``:::::::::,・∨λヽニニ={iヾニ{_:::::;::::::__∧ニニi} ’ヾ:::::::::::::::ヽ
         ,,,,;;;;   .... ,......、x、,, ’;::::::・;``,:::,>ニニ{iミ{i{i<:::λ:::::``゙´fヾニニ7:::そ '''``             ,ィiヽ
            />s。::::,,;::∠ニニ} v’,,,;::;;;::::::::::::;fニニニニ>Cc,’::::x::::::::::::マニγ´::::......゛゙;`__;        ,ィi〔.∥\
. ∧        /``~、、>s。,,,,,,,,,,|r==--:::::....,入./ニ∧マニλ;’_::,´::、;;;;;;;::::>::::,,,,,,,,v.、  f==} ___.............. ∥∥∥\
_} ̄{r--.,.. ../``~、、``~/v....ヽ:.___ , ゙....: ∨ニ∧;;.ニニ),,∧;}、;:::::::’’::::::::γ,' `` ゝ.:|==}||  .|::::::::::: ∥∥∥\ `
.i}  i===}___/``~、、``~/::::::f   ー .::::,、;}__,,- ∨ニ∧;;ゞ==vニソ,,::'' ;;'':::r''''f,,ノ{.. , ,__.|==}||_____|:::::::::: ∥∥∥\ `
____/``~、、``~/ー:::;:,,::..、、 ::::;,,,,τr==f´ニニ込zzzxγY}x、 。 ; 、  ./{|``r==========i゙゙゙゙``,∥∥∥\ `
-------/``~、、``~/    ;::::,:::r-v::;⊂ニ∧ニニニニニニ≧={i_;_'': : ∧/ ',,, |、...|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i|  ..∥∥∥\ ヽ
------/``~、、``~/ 、    - τ ____<ニニ\マニニニニニ入;,,.    .|``|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| ....j}∥∥∥\ \
-----/``~、、``~/__ )   ___    .|..i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i| ``~''゙~´゛゙゛゙゛  ゛゙:.  .:|、...|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| ...j}∥∥∥\ \
----/``~、、``~/r''  ゝ-'´  Y__ |..i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i| , ’        、  ;   |``|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| ..j}∥∥∥\ \
---/``~、、``~/ : .. ,。s< ̄ ̄ヌ |..i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|======Yニニニュ_....,,,;;; |、...|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| .j}∥∥∥\ \
--/``~、、``~/   .|ニニニニゞ{..|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|===-{__[_____}__} . f=Yl``|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| j}..{i.∥∥\ \
-/``~、、``~//ニヌ,.|ニニ「ニ>__{..|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|アヽ..{tttttttttttttt.}/_/_/|、...|i_i_i_i_i_i_i_i_i_i,。<i}∨ヽマⅥ>/i}i}
/``~、、``~/ |===| ||ニニ|=λ、ヽ.|..i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|フ `{T ̄|=====|T..}_/_/z|``|i_i_i_i_i_i_i,。<´/ >、i∨>ミトヾ州
___ 、、``~/ . |===| ||--- + ={-ゞ、、|..i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i| / {.| .|..|=====|.|. }/_/z |、...|i_i_i_i,。<´. //r''/∨v人7}/ |i|
>''´┐..~/ . . |=,。<ニニニニニニ>''} i|i|i|i|i|i|i|i|i|i/==ヽ\アz/{.| .|..|=====|.|. }_/../..|``|i,。<´////>''´|| .| | | | | | |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   竜王たちの作り上げた巨大な文明は崩壊を迎え、地球は核の冬めいた絶滅期を迎えた。


251 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:23:04 ID:l/LLfVRR



                        /L/(
                ノ }          ノ ¨ヽ/
               「 V -‐ ‐‐‐-  / ¨ヽ/
           ノフ⌒  ‐-   / ¨ヽ/
              〈 /:        {¨¨ヽ/ ノ{
             : : |  :. \   v ¨ ´ /
              i{: : |   :. __ }\  v ¨´
              i{: : ト   ::.. / ̄ v: }: :  `、     ……なぜ生存のための争いを絶滅するまでやるのか……。
            八:从 \:⌒芯ア゙.: j : :   `、
              ): :从( _  /イ: .八: :   `、   今度はちょっとおかしなことをしないよう見張った方がいいんだろうか……?
            }: : :}≧=-</:)/: / 〕iト   `、
            }: : :} ノ: :(: く: :-=  -‐__ \  \
            }.: :/ \ __  /=- '´   ヽ ゝ.         「`ヽ
           ノ :/  〈.:\___/ { (    } }: : . \ 、     { 、  、
.            从(  ./:/:{_}(:}: .{¨}  \__ }: : : :.  `、 \    : }\ \_
               v:/{_}: :Y:{¨}         \: : :.   `、    } :.\\    \___
                   ∧.:{_} : : :{¨} : : . .     ゝ      } { : :`、: : : : :.\_   \
                   レ{/{/ゝ- {¨}. .   : : : : : 「: : : :    } }  v : : :`、 : : : : : \ \  \
                }: : : : : )/ゝ」=-ゝ=- ゝ{: : : :}__     }` : : : `、: :\: : : \ \ . }
                〈: :/  }_r「  'Y:ノ}: : : \__: : . . . .  ̄. . . : :rv: `、: : \: :. :.\ )/
                    _{/-‐/.: :   ノ.:/: :_    >── ─ 、 : :} `、: :`、 : : \: :. :.\
                  厂/.: : : :   /.:v.: : : : :> ´ヽ >v-t 、r─ゝ'  `、: :`、: : : :\ : :. \
                〉: :ア :   /: :(∧:_:_:/):): > ´  ノ ノ└t - _.  `⌒⌒⌒\:_: : :. \
                  └t: {:_:_./: :-=: ) }--{: :(⌒ニ==-=彡    (_  <           \_:.  }
                /: : : :-=≦: : :/: \}\\   r‐ 、_ ノ└r‐┘\           \}
                 /: : : :   : :-=: : : -=: :.\   =-      .ノ   : : :\
            /: : : :  . . :-= : :/: :_      =- ─   _r ┘     : : : : \



   *``・*。        。*・``*     *``・*。       。*・``*
もう|   `*。 `  。 *`    |☆  |    ` *。  `。*`    |
  ,。∩ ∧,,∧ *` ☆   ∧,,,/∩  ☆∩ ∧,,,∧   ☆ `* ∧,,/∩。,
  + ( ´・ω・)*。+゚ + (・ω・` )*。+゚+。*( ´・ω・) + ゚+。*(・ω・` ) +
  `*。ヽ   つ*゚*☆・+。⊂   ノ。+ ☆ +。ヽ   つ。+・☆*゚*⊂   ノ 。*` どうにでも
   `・+。*・`゚⊃+∩∧,,∧・+。*+・` ゚ `・+*。+・∧,,∧∩+ ⊂゚`・*。+・`
   ☆ ∪~ 。*゚ . (´・ω・`)∪ ☆    ∪(´・ω・`) . ゚*。. .~∪ ☆
   `・+。*・ ゚ ☆ `・+。  つ─*゚・ ☆・゚*─⊂  。+・`☆ ゚ ・*。+・`      「「王がいなくなったけど何とか頑張って生きるぞ!」」
           ⊂  `・+・*+・`゚  ゚`・+*・+・ `  ⊃
             ~∪    なーれ♪  ∪~



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   竜王たちが細かい作業をさせるために数作らせていたと隷属種が皮肉にも絶滅を免れており、
  主人がいなくなったのをいいことにちょうどよく文明めいたものを独自に作り始めようとしていた。


252 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 23:23:58 ID:F2dYjDka
普通に人類の歴史じゃん!(ガビーン)

253 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/08(土) 23:33:24 ID:s7+WtIAI
諸行無常


254 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:34:50 ID:l/LLfVRR



                              -
                              ´       `
                          /___/   |:  \  `
                   ,.-=7´.:} . / {   |:  ィ´\ .:
                  ┌ ´ヽ _>┴〈  j {  :./:┘\ N!
                      `=-イ|  , -`=v.  〈 _,ィ汽 乂
                     !./ 〈  \v \. ⌒ ゞ'   l    ┌┬'⌒¨くフフフ    うむ、今回は試しに
                    _,. -< > ´ ̄ ̄ v  \ゝ    。:     ヽ |:|   /⌒\
                       ̄ ̄}       \.  \    ノ     /\_/   /ヽ   絶滅しないようちょっと情報を伝えたり
                     : : :/   /: :  }─ 、 ¨ ̄     /    |/ `Y  ..}
                        : .:/: . . ./: :.  /=- ┐:. }       /  /     |/ : }   力を与えたりやりすぎを諫めたりしていこう。
                    .: :/: : : :/: : / ̄  \: :.}         / /¨ /\::/
                     / /.: :   // ̄ ̄ ̄\}─┐ /  //     /.: :〉
                       / / / //             ¨l //    /.: :/     ……面倒だしある程度テンプレできたら
                  // / /.:     /   } .广 ─ 、─ 、  /: :フ
                    /  /: /T : :    /      ./ ┌┘   \   . /: : :¨}      オートで警告や助言がいくようにして……。
                /     .: .: :/ | : : / / /// 「: : : .   :` ./: : :/   __________
                /   / :/: : / .j| :////// |\|-=: :_:_: : : :_/ ̄ ̄ ../  =-   ̄ ̄ ̄ ̄  -=  \
                  /     :/: : /  ./   / _ / ̄ !∨.: : :}     ̄      ./ =-              ̄ ̄\ -= \
              /  /   /  : : : : |/: :_ ┐ ´   ..:/: |:. :. : :/          .//      -=  _  ──  ´   `⌒
          /  /     : : : : l: し`7/ / /.:/^|: :/.:|/\:/        .//    =-   ̄       ̄\
            /: : /     : l : /_ ̄ ̄}:/:¨:し:. :.|:/: : :{: : :}        //                   <⌒
         : : :        : : /  \ .}: : : : : : : : : : : {: :/       .//           __       \
        : : :/   : :|   : :|:{ / ̄ ¨} : : : : : : : : : /∨     /{         =-    ──   ─     .ゝ
         { :/    : |   : :|_X  / ̄}⌒\: : : : : 〔:/    ./| .{      =-   -=      、=- 、  ̄ ̄ ̄\\
         {/     : :|:  :/: | V__ =- }_/ }\: : : : {   . /┐.!  ¨    -=          _\    ̄ ̄    .\\
           }    .: :|:  l>-| / -- }: :⌒〕iト  ̄∨ /┐ .| =-  ¨    __       >             \\




        \  ヽ     ! |     /
     \    ヽ   ヽ       /    /       /
       \     ヽ        /          /
        \          |        /   /
                        ,イ
 ̄ --  = _           / |              --'''''''
          ,,,     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     -  ̄         なんか行ける気がする!
              ゙l            ゙、_
              .j´  ..ハ_, ,_ハ   (.
    ─   _  ─ {    (・ω・`)   /─   _     ─
               ).  c/   ,つ   ,l~
              ´y  { ,、 {    <
               ゝ   lノ ヽ,)   ,


   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /
             ビュー   ,.、 ,.、    /   /
    /    /       ∠二二、ヽ    / /
  /    /   /   (( ´・ω・`)) ちょっと用水路の様子見てくる
               / ~~ :~~~〈   /
       /    / ノ   : _,,..ゝ   /
    /    /     (,,..,)二i_,∠  /    /
   /     /     /      /  /  / /

/     /     /     /     /   /
                 ,.、 ,.、    /   /
    /    /      ∠二二、ヽ    / /
  /    /   /   ((´・ω・`) lヽ,,lヽ  危険だからやめて
               / ~~:~~~ (    )  /
       /    /  ノ   : _,,.と.、   i
    /    /     (,,..,)二i_,   しーJ  /


255 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:42:27 ID:l/LLfVRR



:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'´ : :<;;;;;;;;;;;;;;;;><::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
(:.;:.;:.;:.;):.;:.;:.;:.;:.;(:.;:.;:.;:.;);';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';''´,.,,,..,,,,// ̄ ̄:.、`゙:.、``:.、:::::;;;;;;;;;
:.;:.;:(:.;:.;:.;(:.;:.;:.;:.;),;;;);';';';';';';';';';';';');';';';';';' :;;,, :;;,, :;:;:; :;:;: :;:;: :;:;: :;:;: :;:;: :;:;:; :;:;:; :;:;:// ,.:'´ ,.:'´ .; `゙:.、`゙:.、 ..;;;;;;;;;
:.;:.;:.;):.;:.;:.;):.;:.;(:.;:.;(.:;;(,;',;(;';';';');';';';');';';';':.... ..;; ..::;; ..::;; ..::;; ..::;; .:;:; .:;:; ..::;; , ---'/ ..:'´ ..::'´,.:'´ ...`゙:.、`゙:.、,,,;;;;;;;
:.;:.;(:.;:.;:.;(:.;:.;:.;):.;:.;)::;;):;,:;);';';'(;';';';';'(;';';';';';'..::;; ..::;; ..::ィzzzzzzzzュ,,::;;,,::;;// ̄..::;;; ..::;; ..::;; ..::;;;;;;i:i:i:i:州州洲洲
:;. :;. :;. :;. :;.)'"~ :  : : Y;';';');';';';');';';'rzz∠ZZ∠二二,∧二l==彡'"..;;'' ..;;'' ..;;'' ..;;; ..;;; ..;; ..;;;;;;;i:i:i:i:i州洲洲
:_:_:_:_:_彡'"       ノ;';';');';'rzzzz.lニニ∧zz|ZZZZ´_,| |zzzzzヘ,.:;'' .,;;'' ,.;;'' .;;'' .;;;'' .;;; .;;; .;;;; ..;;;;;i:i:i:i:i:i州州
---、..__ ̄ ̄ ̄``~、、;';';';';';';'|二∠ZZZ|_|___|∧_|二|_|ハ二二|く\ .::;;'' ..;;'' .;;'' .;;'' .;;'' .;;'' .;;; .;;; .;;;;;i:i:i:i:i:州
:.;:.;:.;(:.;:.;(^^'ー-、、   \;';';';' ̄ヘ|_ォェ∠ニ|_,|二二二| |rzzzzzュ\>zzzュ .::;;' .::;;' .::;;' ..:::;;;' ..::;; .:;;;;;i:i:i:i:i:i:
(:.;:.;:.;):.;:.;:.;)、 :. :.``丶  丶;';';'/\\i|__| ̄|/ ̄ 癶癶;';'rzzzzュzzュ__.:;;'' .:;;'' .::;;'' ..::;;'' ,:;;'' .:;;;;;;;;i:i:i:i:i:
:.;:.;):.;:.;(:.;:.;:.;) :. :. :.(:.:.)ミx  \|\∧/|ニニ∠  ∠ニ「「「「「|___|二l二二l ..::;;' ..::;;' ..::;;'' ..;;;'' .::;; ..::;; .::;;''
(:.;:.;:.;):.;:.;)'".: .: ,、、(:.:.:.):.:.:.)‐、 \癶∠ニニア∠二二zzzzz∧∧ハハノ´ ̄ ̄..::;;' ..::;;' .;;'' ,;;'' .:;;'' .;;'' ,;;'' ,;;'',;;
:.;):.;':.;)'" :. :. (:.:.(:.:.:.:.(:.:.:.):.:.:.)  `く>‐‐ァ'/7‐‐「」」二二l二二lニト...;;'' .::;;' .::;/>;;;:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_彡'"
:.;)_  :. :. :. :. '゙"'゙"'゙"'゙"'"゙゙ヽ、  `¨77「」 ̄ ̄|YYYY二|, --<>--、、:_:_:_く//    ,.,.,.,、、ィォチ州
⌒'~=========ミx、;';';';';';'く><>>-,ハ//   ̄ ̄ ̄ `ー‐'"    ゝ--<__>-‐'"    ,xf洲洲洲洲洲
:. :. :. :. :. :. :.  ”゙x;';';'/>'´__|¨|_| |ニ7ー-r─~~~~~~、、   .,.,.,.,.,、、、、、、、xxxf州州洲洲洲洲
:.:...,,,,、、、xxxxxx、 .: .: ヾx >'//|_,|ニニ|==「」二二l ̄⌒'┌┐'⌒'´ ̄..::;;;i:i:i:i:i:i州州洲洲洲洲洲洲洲洲
..::;; .::;; .::;; .::;; ,;; ,;;ミ、 : : :[]//[][][]l二l二lニ| ̄「」 ..:: ..:: ..:゙└┘..;; ..;; ..;;,,;;;i:i:i:i:i:i:i州州洲洲洲洲洲洲洲洲
.:;;''.:;;''.:;;''爻爻爻爻ミ.: : []/ 二二二x<>‐┘,,:: ,,:: ,,:: ,,:: ,,:: ,,::'' ,,::'' ,,;;'' ,,;;'' ,,;;;;;i:i:i:i:i:i:i:i州州洲洲洲洲洲洲洲
:..:;;;;i:i:i:i:爻彡'⌒ヽi:ソ.: //└┴┘ ̄,,''~,,''~,,''~,,''~,,''~,,''~゙;, .:;; .:;; .:;; .:;;'' .:;;'' .;;'' ,;;;i:i:i:i:州州洲洲洲洲洲洲



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ    ほうほう、どうやら助言がうまくいたみたいで
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',       基本絶滅するほどの喧嘩や乱開発は控えて
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,       お互い協力し合っているようだな。
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,    まあ、今までの竜に比べれば個体の力も
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,   (平均的には)弱いし妥当な戦略だろう。
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうして生まれた人間、というべきか、あるいは竜人というべきかはしらないが、
  いずれにせよホモ属には入りそうな存在はそれまでより安定して発展を続けていった。


257 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:49:25 ID:l/LLfVRR




 : : : :  : ,ノ: : : ̄\\\|∧|i_             n
:、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ヽ|Ⅵi/::|           __| |_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~¨ハ∧| |:::Ⅵ:::|         _|二八二|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ∧∧|:::::Ⅵ:|        /  ィ=ミ   \
 : : : : : : : : : /∧ ∧∧:::::|:Ⅵ      | |  /  _ \  | |
ーr──:┬──r‐‐'^∨ム ∧∧::l ̄|    γ⌒l__f⌒Y´ハ`Y⌒V⌒ヽ                      _____
‐ | : :  |    } : :::|∨___ ∧∧j:::::|i,   /‐‐‐ノ 辷辷ア__乂辷Ⅵ‐_八               ___∠|__|
,,,,| : :  | ̄ ̄ {`ヽ、 ,|/「_」 ∨ム:::圦  弋ニニィ⌒弋ニf´ `Yニニf⌒Yニフ          / ヽ/|____/ ̄/:|: ̄ ̄:|_
 | : :  | ̄ ̄ }`ヽ、/|  ∨∧ ∨:Ⅵ/   }弋宀宀宀宀宀宀宀宀宀ナ{      八 / : ::// / / /   :|: ̄ ̄:|
ー| : :  |─‐‐/ : :〉|   〉 ∧ ∨:Ⅵ八 ノ ̄^ーー^ーー^ー^ー^ーー^  ̄¨乂    ノ___乂 : :/// / /::|  /:|: ̄ ̄:|
Τ: :   :| ̄~゙|`ヽ、 / |^ヽ/  ∧ ∨ム辷コ宀ー┐r'⌒'ュ   r'⌒'ュ r‐宀八  γ´ :|  /// / /i| _l/  :|: ̄ ̄:|ー‐
_| : :  :|:  :| |: ::::| |__/∧  ∧ ∨:∨竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺圦 {'´ ゙̄|/// / /  ,ィ´:l  /:|: ̄ ̄:|
il ̄ ̄ ̄| ̄~ | |i\| |∨:: ∧  ∧ ∨:〉:l弋:_:_:_:_:_:|¨|: : : : : :|¨|:_:_:_:_:_:_:_ナ | /辷辷l// / / ,ィ´ |  l//l|: ̄ ̄:|
i| : :_,|:  :| |: :.::| | :|:::::|l∧ ,i|∧: :∨ :| | : : : : :.::|‐|: : : : : :|‐|: : :::::: :| | ̄~Ⅵ竺竺/ / :/.:/ |  |  |/:.:| | :, :, :, |
厂 ̄__ |:  :| |: :.::| | :|:::::|│|V:i| :|_|i. :|_|¨| : ::::|¨|‐|: : : : : :|‐|¨| : : :::| |ニア^Y__Y__|,.イ : :/ / |   |/|  | .: :.:| | :, :, :, |
γ´ヒコ`i{ー‐ | |ヽ :| | :|ー|│| | l| :|:. :| | |‐| : ::::|‐|‐|: : : : : :|‐|‐| : : :::|_|__/ ̄:| |:____|:_:|:/:l/_l__,|   |  |  | .: :.:| | :, :, :, |
,:::_(__)、j{ :, :| |::::`}i、|-|:::::|│| | l| :| : : | | |‐| : ::::|‐|‐|ZZZZZ|‐|‐| : : :::|‐|::|  : | | ̄¨|¨:|:  :|'⌒Y: | __|  |  | .: :.:| | :, :, :, |
|// { j{ :, ::| | .;i}: :|: |ー|│| | l| :| : :| | |‐| : :.::|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐| : : :.:|‐|::|  : | | : :.::| |: ̄:|ゝ-i{ :lY_:_|二|  |_____| |:──:|二
リ  j{ ̄ ̄~| |`ヽ} |: |:::.:|⊥|_| l| :|__ : | |_|_,|:_:_:,,|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐|:_:_:_:,|_,|,,|  : | | :.:,:|‐:|: ̄:|/  { ,|i| : |(::)|  l ( )| | :, :, :, | |
'__,,j{ :, : | |i::::j{ |‐|ー| ̄|─廴:|」  | /───|‐|‐|ー|;;;;;;;|ー|‐|‐/───|  : | | : : |:_:|: ̄:| }/{~[:|_:_|:{:::| ̄|ノ^l:| | :, :, :, | |
::|:::::j{  :, :  | |:::::j  | :| 广コ: : : :|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 厂/ニニニニニニニマム ̄ ̄ ̄ ̄ ̄弋ニニ|l|:|: ̄:|_{___,|- | : |:}:::|  |_____|_|:__:| |
::|::::j厂 ̄ ゙̄|ー‐厂 ̄厂广二N__i{i{ ̄ ̄ ̄ ̄~~ 厂jニニニニニニニニi|ニ[二二二二二二l :|ノ:|: ̄:| |::{: |__,| : |几| ̄| {__ {::| :, :, :, | |
¨¨7 :, :, :, :|ー‐厂 ̄厂乂 :, :, } i{i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 |ニニニニニニニニ:|¨ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:  :|Τ「:|:,:,l ̄ ̄:| ̄| l Ⅵ | :, :, :, | |
/:, :,  :, __|  / :, :./ : : :厂 ̄几_|二二二二二〉-〈ニニニニニニニニニ〉‐〈二二二二二二 | |: ̄:|辷ニ|__,| : ::.|  | |, |,:|:| :, :, :, | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄|二二lニニl======┼──── |::::::|ニニニニニニニニニ|:::::|───── \ |:‐|─┴──┴─ ┴───| ̄ ̄ ̄



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ   ……しかし、だいたいどの集落も
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´       ど真ん中にでかい建物おいてるな。
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !        そんな大きな建物何につかんだろうか……。
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/


259 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:53:53 ID:l/LLfVRR



\ \ \i i i i \ \| | | | / / / /´ _,.。s≠韮=s。.,_`丶、\ ゚:。 Ⅵ | | |/ /i i i /   /;:;:
ヘi:}h、`、 ゙寸:i i i}h、 寸 :| | j{ j{ / / ィ㌻_,,. -=韮─-=ミ`ヽ、 \゚:。Ⅵ | | |_/ /i i i i/  イ;:/;:;:/
‐大i:i}h、、  寸i i 小,  寸 | :| :|j{ / 〃,ィ㌻ ,。s≠韭≠s。., `㍉ \ ゚:。Ⅵ| |_/ /i i i i/  /ニ乂,イi:i:i:
-{:::::寸行h、 寸i i,小  ∨:| :| :|:|:l / 〃 ィ㌻ -ー:韮‐- ..,,`㍉\ ゚:。 Ⅵ .|__/ /i i i i/ ノ^ゝイi:i:i:ノノノ
ニ寸:::::寸i:i:∧ 寸i i,小  ∨..| :|:|:|:| / 〃,ィ㌻二===二㍉`ヽ ゚:。Ⅵ| i| |/ /i i i i/ /:::/;:;/⌒刈<
二アヘ::::::寸i:iム 寸i i小, ∨| :|:|:|:|:| / /γ´ 。sァ大宀s。`ヽ\゚:。Ⅵ:| i| / /i i i i/ /:::/;:;イニア^|二
_{‐‐ヘ::::: 寸i:ム 寸i i小, ∨:|:|:|:|:|:| / //: :/ :| \ : :\ `、゚:。:|:|:|  / /i i i i/ /:::/イ乂ア二乂ニ
_`ヽ-->イ^寸ム 寸i i小 ∨:|:|:|:|:|:|:〃: : :/: : ,兀: : `、: : `、:Ⅵ:|:|:| ,/ /i i i i/ />イ二√ ̄√::/
: : :`ヽ∨ニへ::::寸ム 寸i 小, ∨|:|:|:|:|/: : : /: : 〈  〉: : ゚。: :.::Ⅵ|:|:|:|/ /i i i i/ /::/ニア──∨::::::
 ̄\ /ニニミh、:::寸}h、 `芍i }h、 寸:|:|:|: : : /:.::弋ニニニア : ゙:, : : Ⅷ|:|/ /i i i i/ /イ二ア⌒ ̄``'|:::::::
: : : : :|二二二 Уイ^寸}h、`芍i}h、 寸i|: : : |: ::: :.:|─‐ |: : : :|: :.::.|:|:|/ /i i i i/ ノニ| ̄ |:::::______|/´
:.: : :.::| ̄ ̄`ヽ/二二=寸i:}h、 `芍}h、寸: : :| ア' ´ ̄ ̄``'く:|: : ::|:レ' ,イi i i ア ,イ乂人 ̄丁: : : : : ::|: : : :
_: : :.::|: : : : : : :| ̄ ̄\ノ{`芍}h、 `芍}h、_|/        ∨/ /i i i ア ,イニL乂_「二|: : : : : :.::|: : : :
:`丶 | ̄ ̄`ヽ|´ ̄`ヽ√乂_〕iトi}h、  | ̄ {            } ̄ |i i i / /乂ニ|ー|´ : : : |´ ̄ ̄:.::|: : : :
::::: : :|─--ミ: |: : : : : :| ̄ヽ人ニ「─}h |  ∠丕丕丕丕丕丕\ :| /乂_{ニ|ニ| ゙̄|´ ̄ : |: : : : : :.::|: : : :
:: : : :|: : : : : :`|: : : : : :|: : : :|-、「ヽノ∧}h、 | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | イ/ {ニ乂ゝ:|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
:: :.:.::|: : : : : : :|─-ミ :| ̄`:|: : |-:|//⌒>ii|_⊥______ ⊥ _|比乂乂V‐|: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
: : ::::|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|^|丁Y^Y´ |::|  ,(_)  ,|::| `Y^Y :| | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
: : : :|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|: |::|:::|:::::l-ー|::| ,/i _h∨|::|ー-:|:::::|::::| | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
: :.::::|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|: |::l: :|:::::l-ー|::| ,√_~゙7 |::|ー-:|:::::| : | | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
: : :::|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|: |::|: :|:::::|  |::| ∧∨/ .|::|   |:::::| :::| | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
 ̄`|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|: |::|::::|:::::|  |::|元元元[|::|   |:::::|:::::| | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
::::: :|: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|: : |: :|: |::| : |:::::|_/ZZZZZZZ∧_|:::::|: : | | | : |: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
::: : |: : : : : : :|: : : : : :|: : : :|_|_,,|,_|⊥ニ二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  |ニl___,|_|_|__,|: ::::|: ::::| : : : : |: : : : : ::::|: : : :
__|二二二」ー─ ┴ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ┴─Lニニ|______|: : : :




◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  「神よ、いつも我らを

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ   見守りくださり感謝を――」
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  「なにとぞ我らに恵みを

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ」   お和え耐えくださいませ――」
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__


260 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/08(土) 23:59:14 ID:l/LLfVRR



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /     おお、宗教というやつか。
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l       確かこのレベルになると各地の強大な存在が
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l       神としてあがめられるようになるんだったか。
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨      実際私も神に理性をもらったりしたし
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v     こういうのがあると仲間内の争いも減るからな。
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V     さて、各地ではどんな神が信仰されて――
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


261 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:01:24 ID:UCX4XqW3



                       /(
                  /\  --  {/:.
               {\/ ∧    ` vヘ
                   〉v'\ /        、 :.
                /  ` '  /{   } Y              / ̄ ̄ ̄ ̄
.               /  {   .{ /⌒{   / ..}           /       :::
              /   .{   r芯ア  /  ./          /       ::::::
           /   {   }   {/}  /          /         :::::::
              /  ,. =-N .ト `_' .イ}/       / ̄         :::::
           /  :  r=-、 Y┘.V/ヽ    / ̄____     :::::::::
.          /   .! ⌒ \ \/ヽ  '   // -=ニ    ニ=- \ ::::::::::::
         /   : {.     ` }{  .v. ',  ./ -=ニニ     ニニ=- V:::::::::::
.        /   ./ {`  ,.. -=7八ト--ト ', /  -=ニニ   ニニ=-  .V:::::::::
       /   ./  〉'~~ /|∧  VvV  ∨ @  -=ニニニニ=-  @  -==-
        /    ./   / /|/|/    .{  ',  ',ニ=- @  ||  @ -=ニニニ=-:::
.       {   /   乂_ ` __ V', .', _',ニニ=-@..j|..@-=ニニニ=- V:::
.       {   .{         ⌒ ̄\ }//////∧ニニニニニニニニ=-    V
.       {    `=- _              \///////-=ニニニニニ=-   _
.       {      // ̄ ̄     "    ///////  -=ニニ=-  ∧∨
.      八  <⌒___     "   ./──x/∧∨∧||∧∨∧∨
     /_ヽ -‐ { /         "  ./ ヽ    ヽ...∧∨||∨∧∨
  =- :::::::::::::::: /    ./     /   }     ',.. ̄..||.. ̄ ̄
/   :::::::   /    ,//    ./   .}     ',_______/
        ⌒T ⌒Y´ /     /      }     ',───────┐
        | (   || /   /  }                           |::
        | 」   ! 7 /   }               :.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::
              ノ/|      }            :.             :::::
             /´ ...|      }     }      }                :::::
                 |      }     }      }  |             :::::
               `=-   }     }     _}─┘            ::::
                  ` ─┬ ┬..┬  ⌒               ::::
                       |  ゝ  ',                    ::::
                       |   \_ト、_}
                  【神像】




                              -           ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                              ´       `      ニニニニニニニニニニニニニニニニ
                          /___/   |:  \  `     ニニニニニニニニニニニニニニ
                   ,.-=7´.:} . / {   |:  ィ´\ .:      ニニニニニニニニニニニニニニニ
                  ┌ ´ヽ _>┴〈  j {  :./:┘\ N!         ニニニニニニニニニニニニ
                      `=-イ|  , -`=v.  〈 _,ィ汽 乂           ニニニニニニニニニニニニニニ
                     !./ 〈  \v \. ⌒ ゞ'   l    ┌┬'⌒¨くフフフニニニニニニニニニ
                    _,. -< > ´ ̄ ̄ v  \ゝ    。:     ヽ |:|   /⌒\ ニニニニニニニニニ
                       ̄ ̄}       \.  \    ノ     /\_/   /ヽ ニニニニニニニニ
                     : : :/   /: :  }─ 、 ¨ ̄     /    |/ `Y  ..} ニニニニニニニニ
                        : .:/: . . ./: :.  /=- ┐:. }       /  /     |/ : } ニニニニニニニニ
                    .: :/: : : :/: : / ̄  \: :.}         / /¨ /\::/ニニニニニニニニニ
                     / /.: :   // ̄ ̄ ̄\}─┐ /  //     /.: :〉 ニニニニニニニニニ
                       / / / //             ¨l //    /.: :/ニニニニニニニニニニ
                  // / /.:     /   } .广 ─ 、─ 、  /: :フ ニニニニニニニニニニ
                    /  /: /T : :    /      ./ ┌┘   \   . /: : :¨}ニニニニニニニニニニ
                /     .: .: :/ | : : / / /// 「: : : .   :` ./: : :/ ニニ__________
                /   / :/: : / .j| :////// |\|-=: :_:_: : : :_/ ̄ ̄二/  =-   ̄ ̄ ̄ ̄  -=  \
                  /     :/: : /  ./   / _ / ̄ !∨.: : :}   ニ ̄ニニニニ./ =-              ̄ ̄\ -= \
              /  /   /  : : : : |/: :_ ┐ ´   ..:/: |:. :. : :/   二二ニニニ//      -=  _  ──  ´   `⌒
          /  /     : : : : l: し`7/ / /.:/^|: :/.:|/\:/    .ニニニ.//    =-   ̄       ̄\
            /: : /     : l : /_ ̄ ̄}:/:¨:し:. :.|:/: : :{: : :}      二//                   <⌒
         : : :        : : /  \ .}: : : : : : : : : : : {: :/       .//           __       \
        : : :/   : :|   : :|:{ / ̄ ¨} : : : : : : : : : /∨     /{         =-    ──   ─     .ゝ
         { :/    : |   : :|_X  / ̄}⌒\: : : : : 〔:/    ./| .{      =-   -=      、=- 、  ̄ ̄ ̄\\
         {/     : :|:  :/: | V__ =- }_/ }\: : : : {   . /┐.!  ¨    -=          _\    ̄ ̄    .\\
           }    .: :|:  l>-| / -- }: :⌒〕iト  ̄∨ /┐ .| =-  ¨    __       >             \\
                          【王を諫める神の肖像】


262 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:02:17 ID:dL2L4nxF
いやぁ人気ですねぇww


263 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:05:17 ID:UCX4XqW3



                 / /
                   / /
                    / /                         〃 ¨ ヽ
               / /                    r ― 、 { ○ }  _
                _/ /                          ̄l { ゝ _ ノ   } |
                 ,イ `ヽ:.:≧ 、                   ゝr-、ィ    イ/       全能なる我らが神よ、
              /   ヽノー ハ                      /〈二二彡≦二ヽ
ヽ          /  ヽ_ ノtッ 〈ァ'                   // r- 、 〈  〉 j》     我らを導きたまえ――。
〈   __ _ > ´/¨ 〉_ノ  _{_ノj                   //    ̄ヽ ̄`ヽ'¨ ヽ   ./l
i <|::::::::::::|´    / /.:jハ 〃:.:.:.::〉          _ _      .//       〉O_ヽ ノ , イ/
l   |::::::::::::|    / /二`ヽゝ _´`ノ       〃:.:.:.:.ヽr ー 、/       // rー≦彡 ´
l   |::::::::::::| ,≠/ /´ ̄` <`ー 7      ,イ:..:.{⌒/  ヽ 〉       .//  / /´   γ ヽ
l   |::::::::::::|  / /    /ヽ_r- 、 _ __ _{_ .::> ´  }_〉ノ´  _ _.//  ./ /  /`≧、ノ
l   |::::::::::::| ./ /    〃 /        |:::::::::|  _ , イソ   ,イ:.:.:,r-.、/   / /   ⌒〉./__ハ
l   |::::::::::::|/ /    / 〃          |:::::::::|´//7     {:.:〃   }     / /     .//  〉ノ
l   |::::::::: / /    /  /           |:::::: //≦こ〉ー‐、>'r,ヘ_ソ}   / /     .// ≦≧、
__v::::::/ /    ,   /         |:://::/    |:::://|≧、ソ-,- ´¨ヽ    .//  //`ヾ
   {. ̄/ /   ./  イ         //::l::/    //::::::|   |::::::|‐、_ ,イ   _//  //   ○ o
   | / /}_ , イ  / ` < __ //:::::: レ    .//::::l :::::|   |::::::|/ /ー、>〃_ 〉 //  // /
   |./ /〈 __ > ´  __|__|__//´ ̄ ̄`< // |:::::::ゝ:::j  |::: / / |::::|ー//ニr-、  // /
   / /  {   > ´::::::::::::::::::::://ヽ     {//`ー―‐‐‐´  |::/ /  .|::::| .//::::| zァ' .// /



                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ    何で世界中私崇拝する一神教ばっかりなんだ!?
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´      !  i!  V  i!    ∧__..>'     知らない間に宗教戦争でもあったのか!?
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   もちろん細かに助言や力を与えるワールドワイドな存在が神格化されないはずもなく、
  別に彼女も(うっかり)存在を隠してなかったので各地で彼女を神とする宗教が勃興した。

  地域によって一神教だったり最高神だったりするが、なんにせよ何かしら崇拝されている。


264 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:06:20 ID:Rx/PnjRh
そらそうよ

265 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:09:54 ID:Ew5I8l8i
他の誰を信仰しろと?


266 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:11:56 ID:UCX4XqW3



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /       ……いやまあ、崇められて悪い気分はしないが
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八         別に捧げものが私のものになるわけもなし
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧        祈ったところでひいきする気はないぞ……?
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \      滅ばないよう声や力を届けてる時点で
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \   種族として優遇してるとはいえるが。
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なお別に信仰されたからといってそれだけで恩恵を得られるわけではありません。
  そういう神様もいるかもしれませんが、彼女は色々できるだけでただの巨大生物ですからね。


267 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:27:58 ID:UCX4XqW3


自由成長:観察眼
1:管理外から来訪者が到来、作法こそ未知の物だが、明らかにこちら側に配慮した上で幾つかの惑星に入植を始めた。とりあえず挨拶しなきゃ。
⇒力の一端も垣間見えたしそろそろ原初の竜+1
2:来訪者に譲渡したいつかの惑星で、早くも諸生物の繁栄を確認。負けてられない、知性体が生まれる為にいろいろと梃子入れしてみる。
3:星の数カ所で竜族文明が繁栄、ご満悦のところ、竜王たちが互いを認識。戦争によってせっかくの文明がどんどん荒廃、どうしよう。
4:竜族は文明を維持する数と力を失い、隷属種、竜人族に主役交代。今度はちゃんと育てようと頑張った結果、存在に気が付かれ崇拝される。
⇒観察眼と魂の錬成を混ぜて「運命の導き手EX」をゲット、適当にフリーポイント+1




                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、    さて、適当にウルク人が出てきたところで
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧  今回の成長といこうか。
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |         おおよそ竜と導き手の力を上昇させて
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |         それで今回の成長としよう。
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |        さて、ここからは神ルートいくか
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、      小さくなって作った世界見回りに行くかで
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨    それぞれ違う話が広がってきそうだな。
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /


・原初の竜A
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
・運命の導き手EX
 理性をもって力を使うことで万物を生み出し、道を示し、鍛え上げるスキル


268 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:31:30 ID:UCX4XqW3



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/       では、日曜は土曜と同じく用事があって
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,        いつできるか分かったものではないのだが
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,       なんにせよイベントを募集しておこう。
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,      次に起こしたいイベントを下にあるタグをつけて
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,     こちらまでご提案願う。
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |    今の世界は人間の世らしいので
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |    でてくるAAが増えるかもしれんな。
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |



【部分案】(一部しか案が思い浮かばないときの提案用にお使いください)

【五ターン目イベント案】
自由成長:
1:
2:
3:
4:

【次に待ち受けるイベントを【五ターン目イベント案】というタグをつけてご提案ください。タイム希望なら申告あればお待ちします】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。そこからあまりに逸脱したものを除外してランダムガチャ。1ID1回


269 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:32:29 ID:Dy/I+bbA
乙ー

270 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:33:43 ID:4X91pWWZ
おつー


271 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:34:10 ID:UCX4XqW3



                       /(
                  /\  --  {/:.
               {\/ ∧    ` vヘ
                   〉v'\ /        、 :.
                /  ` '  /{   } Y              / ̄ ̄ ̄ ̄
.               /  {   .{ /⌒{   / ..}           /       :::
              /   .{   r芯ア  /  ./          /       ::::::
           /   {   }   {/}  /          /         :::::::
              /  ,. =-N .ト `_' .イ}/       / ̄         :::::   ついでにこれが今の私の能力だ。
           /  :  r=-、 Y┘.V/ヽ    / ̄____     :::::::::
.          /   .! ⌒ \ \/ヽ  '   // -=ニ    ニ=- \ ::::::::::::    理性吹っ飛ばして破壊の力を解放すれば
         /   : {.     ` }{  .v. ',  ./ -=ニニ     ニニ=- V:::::::::::
.        /   ./ {`  ,.. -=7八ト--ト ', /  -=ニニ   ニニ=-  .V:::::::::    今でも雑に宇宙くらいは滅ぼせるかもな。
       /   ./  〉'~~ /|∧  VvV  ∨ @  -=ニニニニ=-  @  -==-
        /    ./   / /|/|/    .{  ',  ',ニ=- @  ||  @ -=ニニニ=-:::
.       {   /   乂_ ` __ V', .', _',ニニ=-@..j|..@-=ニニニ=- V:::
.       {   .{         ⌒ ̄\ }//////∧ニニニニニニニニ=-    V
.       {    `=- _              \///////-=ニニニニニ=-   _        迷惑だからやらんけど。
.       {      // ̄ ̄     "    ///////  -=ニニ=-  ∧∨
.      八  <⌒___     "   ./──x/∧∨∧||∧∨∧∨
     /_ヽ -‐ { /         "  ./ ヽ    ヽ...∧∨||∨∧∨
  =- :::::::::::::::: /    ./     /   }     ',.. ̄..||.. ̄ ̄
/   :::::::   /    ,//    ./   .}     ',_______/
        ⌒T ⌒Y´ /     /      }     ',───────┐
        | (   || /   /  }                           |::
        | 」   ! 7 /   }               :.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::
              ノ/|      }            :.             :::::
             /´ ...|      }     }      }                :::::
                 |      }     }      }  |             :::::
               `=-   }     }     _}─┘            ::::
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
パーサーナックス

・原初の竜A
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
・星を開拓する者EX
 本来は混沌とした星々を開拓し、秩序だったものにしていくための能力。あらゆる不可能を可能にする
 但しそもそもパーサーナックスの在り方が秩序的ではないためかうっかりや偶然により開拓してしまうことが多々ある
・運命の導き手EX
 理性をもって力を使うことで万物を生み出し、道を示し、鍛え上げるスキル
・頑強E
 体が頑強であることを表すスキル。ちょっと体が丈夫になる
・加護E
 自らの上位存在である神より加護を受けている。とりあえず理性を授かった


272 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/09(日) 00:35:51 ID:UCX4XqW3



               ,. .‐ァ
            /: /
             i: : :/     ,... .---. . . .、
           ヘ: :.{  ,.<: : ,: : : :- : :_: : :.\ __.,ィ :丶、
             >ヾ、: : : : : : : : : : : : : :`: : :.f   ./: : : : : :ヽ
           , '.: : :, :': : : : : : : : : : : : :,: : : : : ヘ   .{: : : : : : : :ヘ      ドラゴンの特徴は強いこと。はっきりわかんだね。
         / : : ;.': : : : : :___,,,... zzzi: ':,: : : : : ヽ  !: : : : : : : ; ヘ
           /,: : : :_,.z|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|: : ',: : : : : ヘ ,': : : : : : : :i',: ヘ
.        ,'_;.<i!i!i!i!i|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iァi!| : : ',: : : : : : {、 : : : : : : !ヘ: ヘ
          ,'マi!i!iマi!ij!>'ム     / :}!|',-:一: : : : : :.ヘ : : : : : : ! ノ: :ノ
       ノ'./マ>マ、.   lム    / .ムi| ___: : :、: :ヘ : : : : : イ:/     では、本日はここまでといたします。
      ' .i: :Ⅳ、. マx  Wム / ./i!i!l ̄{じリ} `: ,'l N ヘ: : : .:/
        |: :/:マi\マi\ Wi!i!7  i!i!i!i!i|  ゞ彳 : ,' |イ: :`: , イ         皆様、ご参加くださりありがとうございました!
        ヽ: :i .マi!i!ilマ!i!|.Wi7   iー─┘   /!: :ハ!: : : /
          i: :! lマ=7'マi|  7  l        ,| ,' : i : : 人
         '; |. !l /  l .,'   |──ァ  ./.:,': : Ν、: :',
          ':l .l|        !  ̄ ,.-→/ : : ',: ', ⌒            次回は6/9(日)の……
.            ハ           ト-イ  //: i: : :Ν:',
            /: : i              /イ|: : :.!: l: ',               できるときになったらアナウンスします……。
         イ : : : i          /'  N ヽ:、:! : ',           ,,,、
          ノ: : イi:}       /     /  ヾ¨¨¨''''''' ─- 、ィi!i!i!i\
         ̄_...‐ !      /__l_    ,:'              ,/}i7.寸i!i!i!i!i\
      ,r ''"  ,.=┴---   ...L. イ7 , :'             ,ィi' |′ .寸!i!i!i!i!\
.     /   <            ,'            ,ィi!i!i|. |    寸i!i!i!>'


273 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:40:07 ID:tkWsXo9h
おつー

275 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:48:34 ID:YrhWhN3T
乙でした。

強くないドラゴンとか、何のために存在するのか割とさっぱり分かりませんからな(なお、強さとは根本的に相対的である)

276 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 00:51:00 ID:Rx/PnjRh
乙です

277 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 01:02:32 ID:wIjrATDk
負けドラゴンがひらめいた起死回生の一手とは!

278 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/09(日) 01:15:48 ID:Ew5I8l8i
乙です
リセットボタンは最後にしようwww

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 3 (10/14)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第20話 (10/14)
  • 国際的な小咄 5493 自然界はそんな感じじゃね? (10/14)
  • 国際的な小咄 5492 グレタさん (10/14)
  • 国際的な小咄 5491 ん……? それは小説ではなく (10/14)
  • 国際的な小咄 5490 神戸牛をアメリカ人に見せると (10/14)
  • 国際的な小咄 5489 ジャンヌダルクの生息地 (10/14)
  • 国際的な小咄 5488 この面子は壊滅しました (10/14)
  • やる夫は竜の人財のようです 第7話 (10/13)
  • 彼らはVRを楽しむようです DLC 01「遠くて近い」 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その31 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その30 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その29 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その5 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その4 (10/13)
  • 国際的な小咄 5487 中国人さらに爆笑 (10/13)
  • 国際的な小咄 5486 たちが悪いホメイニ (10/13)
  • 国際的な小咄 5485 某日曜の番組を韓国人が見ると (10/13)
  • 国際的な小咄 5484 中国あるあるネタ (10/13)
  • 国際的な小咄 5483 ドイツ君とポーランド (10/13)
  • 国際的な小咄 5482 共産主義者は減ると思う (10/13)
  • 目次 やる夫のオウガバトル64 (10/13)
  • やる夫のオウガバトル64 第4話 進むべき道 中編 (10/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その127 (10/13)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第六話 (10/13)
  • やる夫わグルグルまわる!生活を送るようです 第9話(そして彼女は―――) (10/13)
  • 目次 やる夫の伝説 (10/13)
  • 国際的な小咄 5481 ኣብይ ኣህመድ / ኖቤል ሽልማት (10/13)
  • 国際的な小咄 5479~5480 おいしかったが ~ 逆転の発想 (10/13)
  • 国際的な小咄 5478 イッチ「知らんかった」中国人「こいつらも蛇蝎のごとく嫌われてるで」 (10/13)
  • 国際的な小咄 5477 英雄戦姫を見た海外産腐女子の突込み (10/13)
  • 国際的な小咄 5476 英語名に対しての感覚 (10/13)
  • やる夫の伝説 第七話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第六話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第五話 (10/13)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十一話 書きはじめ (10/13)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十二話 教えて、アティ先生 (10/13)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 6 中編 (10/13)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その八 (10/12)
  • やる夫は魔女に支配されるようです 第5話 (10/12)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第二十七話「カウントダウン」 (10/12)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 09 (10/12)
  • 国際的な小咄 5475 中国人「もはや一流の喜劇だわ」 (10/12)
  • 国際的な小咄 5474 韓国人が教える、李承晩とコミー (10/12)
  • 国際的な小咄 5473 千葉の無事を祈ります (10/12)
  • 国際的な小咄 5472 スーパー堤防はスーパー無駄遣い、なんて余計なことを言ってしまうから…… (10/12)
  • 国際的な小咄 5471 日本の台風を見たエジプト人の反応 (10/12)
  • 国際的な小咄 5469~5470 昔きいた話 in エチオピア ~ 生物としては極めて素晴らしい進歩 (10/12)
  • ドクオが異世界転生したようです 第61話 (10/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ