スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 10話

目次 現行スレ

629 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:52:51 ID:.P94WusUSa
.
よく似た他人で終わりたかった 10話

                __                        / ̄ ̄ ̄`\
                  _|(└)|_                   / / ̄ ̄ ̄\ \   『 とりあえず 幼い従兄弟に友達を家に連れてくるように進言した 』
 ┌────────| .ロ ロ ロ. |────────┐   / /          ヽ ヽ.
 |ロロロロ ロロロロ | .ロ ロ ロ. | ロロロロ ロロロロ|  〈_,/  田田  田田 ヘ,_〉
 ├‐,彡ミ、 ─‐,彡ミ、 ─|二二二二゙|‐,彡ミ、─‐ ,彡ミ、 ─┼iIIIIIIi=|   ____   |
 |彡彡ミロ 彡ミミミロ | | | ̄ ̄| | |彡从!ミミロ 彡ミミ」ロ |ニ|  ||,」   |´ 。|。 `|  |
 └─ノi{───j !i──|_|_|二二|_|_|─ノi{───j !i──┴┴┴┴┬┴‐┴‐┴┬┘
:::::::::::::::^`::::::::::::::´`^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^`:::::::::::::::´`^:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.





            ____
          /      \
         / ─    ─ \    『 健気にも兄の負担になると言って当初は固辞していたが、そこは年の功
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |              なんとかうまく言いくるめて近所の友人を連れて来させた 』
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |




630 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:53:23 ID:.P94WusUSa
.
                                                       ,. ェzュ 、_
                                                    ム三三三≧x、
                                                 __,...ムz―-z.ミヾ.ニ\
              _,. -ォ──-- 、_           ,..--- 、            {三三二二三三ニ`ヽミア′
             ,.イ,.ィ彡‐ TTTT≧ミ. 、         , <      ヽ.          ,.ィ`^´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙:.<三ニメ、
         ,ィ ,.イ ,イ.:::::::::::::::::::::::::.x.::ヽ.ヽ     ,イ ィ´      `ヽ \     ,ィ´.:.:.:.;4.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.ニニヘ   『 すると彼はまず双子の姉妹を連れてきた 』
           / / /.::::/.::::::.,ィ.::::.,.イ _ヽ.::.', ヘ   /             ヘ  /.:.:.:.:.:;イ-{.:.:.',:.:.:.:.:、:.:.`゙ヽ:.:.:.:.:.ヘア′
        /  ′.{.:::./ ̄/.::;.イ     ヽヤ.ハ. /  ≡≡       ≡≡  ', ′:i.:.:,′ ';.:.:.メ、.:.:.:.ヽ、.:.:、:.:j.:.:.ハ
.        /   {.  ヤ/ _  ´    ==. ゙}. ', ′::::::::  ,   _      ::::::::: ',{:::::::レ' _ ヾ  ゝ、_:.:.:丶_.`メ.:.:.:.:.}
        /   .{  λ   ̄       xx. ,{  }|     `T´:`T´      }!::::::キ  ̄      ==. /.:.:.:.:.:.:}
       ` ー-r{   }:ヽ、゙゙゙   ー-一    ノ {  }',       `ー'′        八{::/ヾ゙゙  、_,.、    xx./.:;.ィ会Y
         |:.{  }二゙             ,.イ{  } ゝ、               _,ノ  从      `´     "个 チ'′
          |.:{  }.::::.`>,、 _____,..<.::::.{  }   `7 ー-       弋´       ` ー ‐ァ======┬<{;/
           |.:.{  }.::::::.,ィ{  《 小、}} メ、.:::.{  }   ,.′          ヽ      ,.ィ/ / 介ヽ  |::.ヽ
          ノ.:.{.  } 匕.:.:.|   /ハヽ キヽ.:{ .}  , ′           \   r'"::::/ ゞイ ト-'  |:::::::.\
        Y.::::::.{  .}´.:.:`f|.   ′||   レ'~ヽ },.イ ,.ィ             __ \_,ィ\:/    | |    |:::::::;.メ、
       |.::::::::.{  .}.:.:.:.:.f|.     ||   |、.:.:.:ζー ' /              ', `¨´ー゙ー'゙|__ハ__,.ィzヤ、__/ ヽ、
       7.:::::::.{.  }.:.:.:.ムL.斗zz全ェェカV:.:.ト.、 ,′              ',       /ニニニニニニニニニニ}  `¨¨´
        /.::::::::::.{  }.:.:/ヽ.ニニ.イ.:.:.ヽニニ∧.ノ.::.ヘ ,′               ハ    メ、ニニニ,ィヽ.ニニ,.ィ^Y
      `ー ォ.:::::.`¨¨水.:.:.:.ゞ彳.:.:.:.:.:.:.:ヾ/.:.:ヘ.:.:.:ノ {                }    j.:::::`.ー'′.::.ゝ‐′.:::.}
       ∠_.:::::::::::./.:.:.:.>.、_.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.∧:.キ ',              ,′   {.::::::::::::::.__.:::::::::::_;}
        ,.イ.::.___ム、.:.:.:.:.:.:.:.:`゙ー-<.:.:.:_,>'".:゙く  V             /    `T^7¨´     `卞´│
       ̄ ̄∠___:.:.`.ー‐.---一=:'"´.:.:.:.___;ゝ ヽ. 「`¨¨¨¨¨¨¨¨} /        し′        ゝイ
               ̄` ========= ' ´ ̄     `┘        ー′

.

631 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:53:54 ID:.P94WusUSa
.
     / ̄ ̄\
   /   「    \
   |   ( ●)(●)                          …やるじゃん
.   |        |   |
    |     __´___ノ   『 まあ幼いころは男女の区別なんてつけず遊んでたしな、男はそう思うことにした 』
.   l^l^ln   `ー'´}
.   ヽ   L    }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





                      r‐-、_r‐、__
                    ,.ィ´:::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::〈 -‐……‐-ミ::::::〈    『 次は子守をしなければいけないと言って
                  _ /::::::/          ヽ::::\
                  _〉〃:::::」 i  i  !  i ! i i ',:::::〈       双子は自分たちの妹を連れてきた 』
             /::〈:::i|::::〈i |、N\l\/|/l/jハ ハ:::/
           /::::::::j}ヽ@:::::ト、! ○     ○ jイ:::_「
           /{:::::::::/ /`Vi| |xwx   ,  xwハ|´
        {_.>くヾ∠}:::::::/:⌒>、- -‐r<⌒)
            >ミヾ〉  ̄≧=┴‐'    `ー'¨´
           ⌒¨´
.

632 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:54:52 ID:.P94WusUSa
.
        /⌒    _
          (  へ、一'、  \ー- 、
          _r⌒ヽ、\::::\:::_「ヽ/¨ヽ:\
       /r=ヽ_,::::\::\:::くヽ _,,ノ ̄/\ ,ヘ、
      //::::/∧¨\:::\\」ト(:::::::>kー豸〉ーフ
      (_//:::://  \ \:::\辷>ゞート薔}::::/て ヽ
      //:::://⌒  `  ⌒、く 〈_./≠'\::\_ノ,   『 その次は妹たちがお世話になっている礼を言いに来たと
      {:l:::://  、        \弋/:::/ゝ≠イ\:::<
     ゞ {:/l >ニミ;、   _,,  \\{_人ッ∨}:::}                           双子たちの姉がやってきた 』
     r=与}.::::. `    `三ミヾ ∨\}∨∠:シ
      ゝ  ∨   '     .:::::::..   }::}ノ://
      _人  `ー-,      ノノ//
     (三ミ心 、` _ノ    厂 ̄ ̄¨ミヽ
       /}ニニ=≧ー-.......-<三=ー-≠く
     / >ー=-ミ}¨`Y´ ̄`Y三三三ミ人
    / 厶∠二三)>句<}}{ー--―〈.  ヽ
   /     ヾ三三ヲ∨/ 8∨/l ヾ三三ミヲ   }
  (         ゞテ /∧_,_,_| |ノ  ヽゞテ   /
   \ /    ソ `r‐--‐,l |    ソ   /
     {ニ, 、二}<  く/ハ\> {ニ, 、ニ}〈
      l// | |  \  /∧ヽ   //  \\\





                  r夕 {薔}-─=ミ`丶、勺ヽ`ヽ
                r/   ´       ヽ::::\`7ト、ii     『そして更にその姉が
                / /  /         ヘ:::::::Vハ ii
               / 〃 / ハ    {  、  \ ` ー-ii|!     こちらばかりお世話になっている訳にはいかないと
               ′'  /l/ { {  \ \ __ `  、Vヘ\
             /フ {  j_」L _{. 八  | .ィ≦ュミ,,< ̄ |,ハ.V〉       大量の食材とともにBBQに誘いにきたところで 』
            んハハ{   メィァぅ  \| ' トr:::リjノ j   i |し'〉}
              /{ |ヘ、ト代:;:ゞ       `''¨` ,′ i | i|:::|ト、__ 
             /.::{ l j从 '¨     '  _    //  i | i|:::|:!
             |::小   {ム    v' ´  ノ  ∠ ハ  , i | i|:::|:i
             |:::{ |':.  { } ト、   ` = '    イ } / │リ_」ノ   rヘ.ヘヘ 、
             `' |  乂_レ个ュ、     / {|      |′     / i l. },}}つ
               | ト、rヘソ|r┴_ミ ´  /|.     |      ,ム '′  j
           ,.ィー-─ーr─r:'.::.::.::.:..\>rく_|.|     |   /    ,., ´
.            /.;.;.;.;∧.;.;.;.;.;.;.;.;{::.::.::.::.::.::.::.:{::j::.::.::.`ヽ,   .|  |      l´
          /.;.;.;.;/.;.;ハ.;.;.;.;.;.;.;.;〉::.::.::.::.::.:イ「ト、::.::.::.:./ヽ 、.|  r|    /|
         /.;.;.;.;.;.;.;/.;.;}.;.;.;.;.;.;.;\::.: /..::|{ { { ト、::.::}.;.;.;ヽ|   { ̄ ̄   j_
       _,厶.;-‐.;.;.;.;.;.;.;j.;.;.;.;.;.;.;.;.; )'.::.:_」_」 V |::.:`::.〉.;.;.;. ヽ 人   / |
.       }.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`¨´.;.;.;.;.;.;ヽ└-‐′.;.;.;.;.;\〈;. ̄/.;.;.;.;|
      /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〃.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ヽ.;.;.;./.;.;.;.;.; |
.       /.;.;/.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;',.;.;.;.;.;.;.;.;j|
     //.;.;.;.;.;.;.;.;.;∧.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;}.;.;.;.;.;.;.;.;.;.|
   rく.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/ V .;.;.;::....;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; 〃.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,:.;.;.;.;.;.;.;.;.!
 /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/  ト、.;.;.;:..::...;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,.:':.,:'.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;, ハ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!

633 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:55:19 ID:.P94WusUSa
.

     / ̄ ̄\
   /   「    \
   |   ( ●)(●)
.   |        |   |  よっし、ここらへんでいったん新キャラ参入は打ち止めにしようか
    |  u   __´___ノ
.   l^l^ln   `ー'´}   多い。人数も情報も多い。
.   ヽ   L    }
    ゝ  ノ   ノ                   『 男は幼い従兄弟にストップをかけた 』
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \   やる夫はモテモテだな
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)  『 にこやかに対応する従兄弟の表情は流石に戸惑いが隠しきれていなかった 』
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ

634 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:56:05 ID:.P94WusUSa
.

                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
               (ー)(● )   |   『 ただ、その表情の中に邪魔者に対する苛立ちや排斥の意図を見出すことは無かった 』
                 |  |      |
               |__`___    |
                   | `ー´    |                                『 男はその事に心の底から安堵をした 』
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{





             _,.  -―━━―-  .,,_
         ,  '"/7ナx_           丶
         /  ,x-、// > 、/⌒',       `丶、             『 そしてある日のことだ 』
       ./   〃//Y    /:。: ',  ̄` 丶、    \      
     /    〃///   〃: 。 :。 ,`≧::. 、 \     \
   /    x /フ7X      〈 : 。 :。: リ'´:`',  `Y \     ヽ
  〃   / |l ///       丶 __彡 ヘ ・゚ ノ   |  ヽ     ':,
  ,'     ,'  {〃/                       |    ',     ',
  {    {  j‘fー――――――――――― イ      ',    ',
  ',     ',   l :i二二≦三≧ 二二≦三≧二二:|      }    }
  ',     ':  l :i二二≦三≧:二二≦三≧二二:|   ,'  /     ,'
   ' ,    ヽ` ー――――――――――― ' ;;::''  /    /
    丶    丶                      /    /
.     ヽ.     丶                /    /
        丶     `  ー--------‐  '"´    /
          丶 ..,,_               _,,. '´
              `   ー------一   ´

.

635 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:56:35 ID:.P94WusUSa
.
           ,' j{ニ/             /          マiム,
          ,' i{./      /   .,.′            マiム,
         ,'  j,'     /  /    ./ /  /    ,'       .',ニi}
         ,ィf芹l.    ,'  ,//i  イ   /  /i         }ニi}
           {i:i{  i    {/N'  { /i  / ./ ,'    ,'    }ニi}
            マihxl ', .ムセチ芸外/ イ./ ,/   / ./Ni/   .jニij   「 吃驚しちゃった
         i./i/i. ヘハミh、""´  /-<´ ー/ , '  /    //
         l.{i:} l  {.             セチ芸ァ ./     /       やらない夫先輩とこんな風にお話するすることになるなんて 」
         i.{i:} i   ',              `""  /    , '只ヽ
         l.{i:} l    ',        /           /   ,/ .i  マiム
          i.{i:} i   .ト、'.,             -<´   .,.'ヾi:i:i:ツ
           l.{i:} l   :i  :i'.,  `   =-    /     ., ' l
            i  i   :l: rfl \       <´    /  .!
            l  l   :i: {ニh、  '   ='''"´-=''./ニヽ _  l
         j   :i   :l:ムニニY'"ニニニニニニ/ニニニニニニニ\:i
           ,'   ;l   ',////只ヽニニ>''/ニニニニニニニニ',
        /  ,iN: V. V./イ/l.//ヾ´/.ニニニニニニニニニニニ}
   >''"ニニニニh、ツ  V  V.//iV/ /ニニニニニニニニニニニニニニi
  ./ニニニニニニニニ乂   ヾ、 V./.l V/ニニニニニニニニニニニニニニニl
  .{ニニニニニニニニツ    /// i//i /ニニニニニニニニニニニニニニニニi





                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)   「俺も驚いてるよ
                .|     (___人__)
                |     ` ⌒´ノ.    弟の友達のお姉さんが君だとはな、水銀燈さん
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿           こうやって話すのは生徒会以来かな 」
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、

636 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:57:57 ID:.P94WusUSa
.

             -‐=   ¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨   =‐-     ____ ____ __ _____
         (                        )   レ―― 、   i    ノ/__/   \     「 ええそうね、だから随分と久しぶり
        | ≧=‐--  __    __  --‐=≦ |V´/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \
.          !           ̄ ̄           }_f´乂______                 \   今でも同じ学校に通っているというのに 」
        ‘,                          / \__/ /__,ノ  ̄\              \
                               / f´ ̄   / /  「 ̄ ̄ \
.      ¨¨  ̄ ヽ                        / ̄ ヽ__/ /_ノ___ノ_  ヽ
.  /          \                   / ̄ ̄ ___/\     {  \  \___
 /          - `                 ´ ̄ ̄ ̄       ∧     \    ̄ヽ \ ̄ ̄
. ∨      /       _〕≧― -  - ―≦〔_     \      /     `ー‐―'’_____
.  \     {       乂_       _,ノ       }    /
    `’< \            ̄ ̄ ̄ ̄           / >‘´
             ‐-=  _________  =-‐
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                    ____
           ___  __-=ニ羌xヘ,_  ``丶、
          rkク ア7/   └f羌xヘ,_   `丶、
        /'ー=≦´__      └f羌___   \
       厶f无_ラ^f无_ァx┐__    7/⌒ヽ\  `、    「 やらない夫先輩って、そういう所が非常に冷たいのだから
      f无广      `⌒└f无x_/く__}f羌〉/    `
       /´         、    f::「 ̄] 仄>=く      ,                       ねえ、そう思いません事?」
     ′  ,      i  \ !|  | |し'__]}\\   i
         i      |i i    \ー彡ヘ:x介-彡'゙    |
      |     |i      |i | | i |!  Y|  ; 川(      |          ;
      |     |i     _,」 r匕j、Ni   |:L/::イ'|:|、、     |           }
         i |i__i,  `八斗ャ竓抓    ̄7/| |:l` :`:,    !       ;
    八   i |「_j、_,/  `´乂nソ|i     //l | |:,  \\   :,       ′   『 校内で随一の美人と称される女生徒は男にそう笑った 』
       \Nkf灯ix         |i   // |:|八:、   \〉           /
         ;:八,h у       |i  ,〈/   l:|  `'\       `、   /L_ ノ   『彼女はその日妹たちの供ではなく従兄弟の後輩としてこの家を訪れたのだった』
       /;' i 圦`   _,    | / __ /|:|   ヾ\     `、 _/ニ仁__ 
        :::|! |  \  ´    ノイ ⌒^Xニj」     V        Vニ7ニア⌒   『妹たちが彼の弟と別所で遊んでいるのを把握した上で』
      l:::|!∧  个: .,__,. イ  /ニニ、               ∨≦=-‐ _,
       凵 j′i   |\    ノ/ニニニニ、               亥⌒ー'´
              | i|  |  \r‐=ニニニニニ`、            `、≧=-‐
           ;八 |   /::::::::::⌒ニ≠ニニ`                `、
             N __,/::::::::::::::::/::: ̄_〕ニ|                   `、
             ノ:::::::::::::::::/:-‐=ニニニ|                \
            (:::::::::::::::::_/ ::::::::勹ニニニ|i                    \
               \_::ノ⌒\ ::::::厶ニニニ|i                     \
            r:::7⌒@::::::::::\::-'⌒ニニ|i                    `、
            |└'::イ::::::::::::::::::)::-=ニニ八                       `、

637 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:59:31 ID:.P94WusUSa
.

           ,  -- 、
.            /       ヽ
          |   ⌒  ⌒     『 その薔薇のような微笑みを向けられては
          l   ==  ==|
          | u.  |   !        男はそそくさと帰るしかないのであった 』
          |   、_´__
.          rー} ヽ.    /
           ノ... \゙  ̄「ー.、
        ,ィ´ \  ,イヽ 弋 ,ヘ
     ,,イ     V  〈:::::〉 Vー、
    /           l::::!     l
.   /               l::::l    !
  /           .!:::::l    .|





            ___________
            / /      人_ノ     \
       __/  /     ______   \     『 彼女がその日持参してきたケーキに 男の分は存在しなかった
     |\/:::::  /     γ´::::::::::::::::::::::::::ヽ...ヽ    ト
     |  \ ̄:::/.    |二二二二二二    l   ヽ\            やらない夫たちの分と彼女用の三つのみだった 』
     |   \/..................|_   ___     |..............ヽ \
     |     \_________________\
     |        l                             |
     |        |                              |
     |::..     .|                              |
     | ::..    .|                              |
     \  ::..   .|                              |
       \  ::.. .|                              |
        \  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          \.|                              |
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

638 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 20:00:37 ID:.P94WusUSa
.
        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
      /: : : :          \    
     /: : : : :           '.,    『 男同士、従兄弟同士の気安さでふらりと立ち寄っただけのイレギュラーな己に
     |: : : : :              :|
     | : : : : : : : .,          :|     年下の少年少女が自分の分を譲り合う光景のいたたまれなさ
     |:: : : : -─,, ;、、、 ─-  ..::|
     |::::;;;(  ⌒)   ( ⌒). ;:: |     見るからに高そうなケーキを手に異性の家へ単身で訪ねてきた少女の度胸
     |: : : ´"''"´       "''"´ :l
      ',: : . .      |      .,′     そのような場に居座る度胸も面の皮も持たない男は大人しく退散を決行した 』
   _/二L___: :  _ ´_,,.  u.ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ´        /.: ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        /| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_   /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|





    |        || //d|// ||       || //d|// ||       || //d|/
    | ̄ ̄|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 _ |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三    『 帰り道、色々なことを考えた 』
    |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三
    |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄  ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄
      | l  l |    ||  ,、 ||   ,、||    ||//||//||     ||//|| | l  l |  || ̄
      | l  l |    || (^ソE|lヨ (^ソ||    ||__||__||     ||__||_| l  l |  ||(l^ノ
___|_l_ l |    || %  || %  ||     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄| l  l |  ||、ノ,
l┓ l┓ l┓| l |    ||     ||     || ========================= | l  l |==||
二二二二二l|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l  l | ̄ ̄ ̄ ̄
____「、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            ,、ノヽ
                                         .ノー^ヽ.:::;:`ゝ
________                            _,ソ:;; ;:;:; :"ゝ;: ; :;ヽ
 ̄l「| | ̄l「| | ̄l「| |                           `);: ;: ; ;: ;:":ゝ:";: ;:
_ll_| |_ll_| |_ll_| |___                       、ソ;: ; :; :":; :;: ;ヽ: ;: ;;:
 ̄l「| | ̄ll | | ̄l「| | ̄l「| |                          _`);;: ; :; :; :; :;:; :; :;ゝ; :;:

639 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 20:01:08 ID:.P94WusUSa
.
                !       i
            ,L. __    /'     『 今後従兄弟の家を訪ねる時は
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!      事前に連絡を入れておいた方がいいだろうということや 』
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´





               !       i   i
            ,L. __    /'  /'
            Y´ ̄二 /〉 /〉    『 そもそも、今後は余り彼らの家を訪ねる必要もないのではと思った 』
            |       /!   /!
            |    ./ 」./ 」
               l       !    !
              |        |    |
            │       .|   |
                !      |   |
                |        !    !
               |        l    l
              |       |    |
             |     /`i ./`i
             |L... _    │  .|
                 「 ̄ `   /   /
              |..__ , /〕、 〕、
             / ̄ `   ̄|  |
                ∠.. _     /!. /!.
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶、 厶
       r‐=≦ ̄ `      ∨  ∨
       iL.. ____r‐=iニニ」=iニニ」
          `  ̄ ̄ ̄ ̄
.

640 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 20:01:36 ID:.P94WusUSa
.
    |        || //d|// ||       || //d|// ||       || //d|/
    | ̄ ̄|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 _ |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三    「暇だし長編小説でも書くか」
    |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三
    |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
  ̄  ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄
      | l  l |    ||  ,、 ||   ,、||    ||//||//||     ||//|| | l  l |  || ̄
      | l  l |    || (^ソE|lヨ (^ソ||    ||__||__||     ||__||_| l  l |  ||(l^ノ
___|_l_ l |    || %  || %  ||     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄| l  l |  ||、ノ,
l┓ l┓ l┓| l |    ||     ||     || ========================= | l  l |==||         『 己が招いたことだが男は少しだけ寂しかった 』
二二二二二l|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l  l | ̄ ̄ ̄ ̄
____「、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            ,、ノヽ
                                         .ノー^ヽ.:::;:`ゝ
________                            _,ソ:;; ;:;:; :"ゝ;: ; :;ヽ
 ̄l「| | ̄l「| | ̄l「| |                           `);: ;: ; ;: ;:":ゝ:";: ;:
_ll_| |_ll_| |_ll_| |___                       、ソ;: ; :; :":; :;: ;ヽ: ;: ;;:
 ̄l「| | ̄ll | | ̄l「| | ̄l「| |                          _`);;: ; :; :; :; :;:; :; :;ゝ; :;:                                    続く

641 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/10(月) 21:08:10 ID:qt/r7n.w00


642 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/10(月) 22:21:36 ID:CsKlSU/2Sd


643 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/10(月) 22:26:47 ID:hiuzXdnA00


644 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/10(月) 22:46:52 ID:86GK4Rxs00
乙!
悪い奴じゃなかったんだな~

645 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/11(火) 03:49:32 ID:tZOyHCPs00
乙です

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十話 夢の力と… (09/15)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その五 (09/15)
  • 国際的な小咄 5185~5186 韓国で女独り歩き ~ ひどい補足が来やがった! (09/15)
  • 国際的な小咄 5184 オランジーナ (09/15)
  • 国際的な小咄 5183 闇が深いラテン気質の国の話 (09/15)
  • 国際的な小咄 5182 ほんと! マジで! 止めてほしい! (09/15)
  • 国際的な小咄 5181 二人は仲良し! (09/15)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十話 こぼれ落ちたもの (09/15)
  • 目次 KanoN (09/15)
  • KanoN StorY5 「No FuturE」 (09/15)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 05 (09/15)
  • 白頭と零の魔女 第1話 (09/15)
  • やる夫はアダムになるようです 11話 (09/15)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第5話 (09/15)
  • 国際的な小咄 5180 助けて!フィリピンの親戚! (09/15)
  • 国際的な小咄 5178~5179 永楽帝のやったこと ~ 個人的に思う雍正帝 (09/15)
  • 国際的な小咄 5177 これに加えて (09/15)
  • 国際的な小咄 5176 理論上は (09/15)
  • 国際的な小咄 5174~5175 デュエルしようぜ! ~ もう大局将棋出してるんだよなぁ…… (09/15)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第三十九話 「サキモリ・オンステージ」 (09/14)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】魔法使い 2 (09/14)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】魔法使い 1 (09/14)
  • 資源国家 GARBAGE 第十二話 「後々の為?”今”に耐えられるか!?」 (09/14)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その4 (09/14)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その3 (09/14)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その2 (09/14)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その1 (09/14)
  • 国際的な小咄 5172~5173 朝鮮矮小盲目塵虫 ~ ためになる、日本由来の生物名の数 (09/14)
  • 国際的な小咄 おまけ なんかすみません (09/14)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ