スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
8/23コメント数347
しゅごい……


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 1話

目次 現行スレ

537 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:01 ID:afI4ehp.Sa
.
┌──────────────────┐
│やる夫の兄はブラコンのようです外伝    │
│よく似た他人で終わりたかった 1話    ..│
└──────────────────┘



      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|    『 くだらない 大馬鹿野郎の話をしよう 』
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|   『 その男には 酷く出来のいい 従兄弟が一人いた 』
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.




538 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:25 ID:afI4ehp.Sa
.

                      i|                |   
                       〈(_ __)___            i          一歳だけ年下のそいつは 親戚だからか男によく似ていて
                __   (/ / ̄ヽ〉      ___/_
            // ̄\/ /           x≦///////!         尚且つ外見以外の全てが男より何倍も上等だった
           //   / / i         r≦//////////}_
       __r‐v'"/__/ /...イ_`ー     「∨/////////:::::::::`ー..._     勉強も運動も、他の人間からの信頼も、何もかもだ
      / rャ{-<( ̄ ̄\/ {:::::| >'  ハ   |__,「1/////::::::::::::::::::::::::::::::\
    /ヽ//  \_〉ァ‐一'..-―‐Ⅵく  /Y  「_| i//,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  外見と年齢だけは良く似ていたものだから度々比較されてうんざりをした
   /___ 、 \ /  /   /:::/::::::::::::! Χ. ! 〈  }_i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::.
  {´  ヽ\ Y  {   /:::::!::::::::::/:l/:i |}  〉_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::,
  〈--へ _} `¨  .〉 /::::::::|::::::::::{::::::::!  !.|  1{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::,
  i     ,    /  {::::::::::::::::::::::Ⅵi::|  i i  ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::,
  {     }   ,イ   j::::::::::::::::::::::::Ⅵ:| 〈_} / ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::.
   ヽ    イ〉1  {::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ  { / / ’:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /i   i / |   〉:::::::Ⅵ:::::::::::::::i:|  i〉 /   ’:::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  / |   /   .i..イ:::::::::::::l|:::::::::::::::i:|  i O|     ’::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::}
 {   !/     /:::::|::::::::::::::l|::::::::::::::「」   i  |     ’:::::::::::::::i:::i::|::::::::::::::::::::::::::::::/:〉
 i__/      ./::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::::::::|  i  |       }:::::::::::::::i:::i::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|





l i !il! il!!il! i|―――――――――――――――――――――――   し三三三三三三三三三||
!il! il!!il! i!!!!|" ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"|| ̄ ̄ ̄| il!! il!!il|       / ̄ ̄f=----―――
!il! il!!il! il!!il|     ||        | |        ||     | il!! il!!il|     iー――,|il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!i!|     f||        | |        ||     | il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||   『 ただ、その時はまだ、ただそれだけの事だった 』
!il! il!!il! il!!il|     ||        | |        ||     | il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!il| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i| il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!il| ̄ ̄ ̄i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|il!! il!!!i|     i       il!! il!il!| ̄ ̄ ̄
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll| ̄ ̄| |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|三三三三三三f=个=}三三三三三三三三三三三|il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|====| |
=======-ュ   __ _{:::沁__;;} _       ___        _ ___ |    .└-ー"____
彡=ii|ー||  f`"ニニニニ7三;フ |_}}     iュ`======`、      |冂}ニニ====----,f i 、 f-`ニー--
H  f= ̄i_ iil-;――――---||. |_|}___, || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`.、||``||三=||"~f!========iー ―  、
H  || ー=========== " |i!!.||. ||||ー-―` ,|F川`ー=========||ー|| ||-,||""|| ||`"fi``ヽ-========
-―┴―――7___!i__|_ .1 || ,i ii  ||  ,| ||`ー――――――― || || ||ー|| ||ー||三下、ii___
        /ii ii ii i! || !|i!!i |iーii ,| |i------__`A             `ヽ, ii-ii!|| || !|| |i !i i!|| i !i i i! i!i
=========/ ̄ ̄ ̄`||フ|!i i!|| ,!!i!i ij    ij{`f"i\i==================f .,ii..ii--.!ー" ̄`!!\,ii !! i!

539 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:48 ID:afI4ehp.Sa
.
                       __
                  /    \           『 従兄弟自身が男を馬鹿にしたなら確執も生まれただろうが、そのようなことはなかった
                     |      |    
                     |       |            学業に部活動、生徒会、郊外活動、優秀な学生である従兄弟はひたすらに多忙だった
                 __く    __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \      遊ぶ暇どころか家でだらだらとする時間さえ無さそうな程予定に追われている彼を
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧     部活にも出ず趣味に明け暮れ残りは怠惰に寝転がるだけの日々の男はごく稀に憐れんでもいた
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧   
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/                                    まあそれさえもどうでもいい程に疎遠だった 』
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄
.

540 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:59:16 ID:afI4ehp.Sa
.
      ____
     /⌒  ⌒\
   / ●   ●  \    『 ただ 彼の弟であるもう一人の従兄弟のことは可愛がっていた 』
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   >  ヽ._)    ィ’






              __
              /     ` 、     『 多忙な兄に全く構って貰えない子供を
            /               
              /       ¬     !     男はその子が本当に幼い頃から何かと構ってやっていた
          { ´   ( ●)   |
          l( ●        |     家も近く親同士の仲も良かった 子供の両親は共働きをしていた
                 l        〈
                 __   _/ ̄へ   実の兄の代わりにその幼子の面倒を見ることで 怠惰な生活をある程度許されている部分もあった 』
            丶      /   / ∧
                  ` ‐ ´ヽ/   /   ∧
          /二 ヽ  「 ノ \/ /  `∧
             l (◎) }//  /    /    ∧     ―   、
             ヽ二ノ  i  /         /        \
       ┌‐ァ /  |/:| /          /  ―    ―
        へ//n  /::::|/´   〈       l (●)    ● )  }
          |へ' ノ | ii::::::|     ∨      (__人__)     /
       〈ヽ'  ノ、{l:::::::|        ∨    、  `⌒´___
         l   ノ |l:::::::l       ∨    } ̄o」/ ̄´:::::::::::::〈
       〈ー ´  |l:::::::|       ∨  / ̄:::::l::::::::::::: ̄ ̄:::::ヽ
        ∨o  |l::::::::;        { /:::::::::/:::::l:::::::/:::::::::/:::::::{
        ∨  {l:::::::::';           〈:::::::::/=⊂⊃=|:::::::/:::::::::::::l

541 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:59:44 ID:afI4ehp.Sa
.

                ______
            ´           ヽ
        /               \
.        /                  ヽ
       /                   i   『 そんな計算を抜きにしても 男はずっと弟を欲しがっていたから
       |                    i
       |                    |    単純に年の離れた従兄弟が可愛くて仕方が無かった
       l    _ `     ´ _     .|
       l   /     ヾ   Y   ヽ  |     外や家で遊んでやり、時に簡単な料理を作ってやり
       !   | -‐- |     | -‐- |  |
       .l.  ヽ ,  ノ    ゝ   ノ   '    せがまれては男が趣味で書いていた創作小説を読み聞かせてやったりした 』
         |         i          |
        l         |        ./
        ',        `        /
        ヽ    、___,    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l   ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::





┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :      『 子供の兄とは 相変わらずよく似た他人止まりだった 』
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||

542 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 20:00:12 ID:afI4ehp.Sa
.


      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|    『 けれど その関係が崩れる時が訪れた 』
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|   『 従兄弟の両親が 事故死をしたのだ 』
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.
                                                                                続く.

543 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 20:00:51 ID:afI4ehp.Sa
2話目は明日投下します

544 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/27(月) 21:05:16 ID:WPFyEZKA00
乙です

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第十七話 あなたのこと、憶えています (08/25)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 4 前編 (08/25)
  • 錬金術と他のオカルト、違いはどこか 第七話 君の名は。 (08/25)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第二十四話「照葉の足音」 (08/25)
  • やらない子には可愛い後輩がいるようです 第3話 「祭りの日」 (08/25)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その二 (08/25)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 03 (08/25)
  • いきものがかりたちのーがくぶ 第八話 もし街にクマが出たら (08/25)
  • 国際的な小咄 4911 疑似徴兵制 (08/24)
  • 国際的な小咄 4910 홍어회4 ~韓国人が導いた結論~ (08/24)
  • 国際的な小咄 4909 ミドリムシクッキー (08/24)
  • 国際的な小咄 4908 情状酌量の余地なし! (08/24)
  • 国際的な小咄 4906~4907 今日は何の日 8月4日 (08/24)
  • 国際的な小咄 4905 今日は何の日 8月3日 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第8話「砂区②」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第7話「砂区①」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第6話「クサムラ③」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第5話「クサムラ②」 (08/24)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その130 (08/24)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 1ターン③ (08/24)
  • 国際的な小咄 4904 ……バターLOVE (08/24)
  • 国際的な小咄 4903 ベーコン・エクスプロージョン (08/24)
  • 国際的な小咄 4902 日米の焼肉(BBQ)の違い (08/24)
  • 国際的な小咄 4901 ナウルの人々 (08/24)
  • 国際的な小咄 4900 イギリス&アメリカの食事って (08/24)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ GSOMIA (08/24)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第2話 「変人に囲まれてる時点でおまえも変人」 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その1 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク2 (08/24)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング