スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

俺の息子は転生者 第二話 俺の息子の周囲とは

目次 現行スレ

94 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:48:27 ID:5ab49250


 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □




  備府出家が住んでいる官舎  ~平成3年 秋の休日~


                                          __________
               ___________________|__________|
.                |___________________|               /
                \  ___________________|  ̄ ̄ ̄|___/
                    \|                            |       |   |
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      |       |   |
                      |    |     | |l」|      |     | |l」|      |  []   |   |
                l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   |
                |                            |      \.  |   |
                |___________________,|__       \|   |    /| ̄ ̄ ̄ ̄
                 `丶、┌―――――――――――――――‐`ー―\      ̄ ̄ ̄|//| ̄ ̄ ̄ ̄
                      |                            | \           |/  |   _
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      l   \____| : :  |  |_||_|
                      |    |  _  | |l」|      |  _  | |l」|      |  []   |   | : : : :  |  | || |
            __ l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   | : : : :  |  | || |
―――――――┴ ‐ |                            |      \.  |   | : : : :  |  |_||_|
 [][]   [][]   [][]   |___________________,|__       \|   | : : : :  |
              ` ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄| : :  |   _
 [][]   [][]   [][]   [][]  |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      | \           | : :  |  |_||_|
     ,k     ,k        |    |  _  | ||」|      |  _  | ||」|      l   \        | : :  |  | || |
 [][] f辧 ][]   f辧   [][]  |    |     | |「||      |     | |「||      |  [] |       | : :  |  | || |
__湃彬__湃i彬_l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\   |  ┌┐ |_;_;_|  |_||_|
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |      \.|  └┘ ||||||||||
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |        | |       |||||||[|――――
二二二二二二二二二{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l l三三三三}llllllll二二二二

.




95 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:49:04 ID:5ab49250


____________
. . . . . | |/////////////////||
. . . . . | |/////////////////||.
. . . . . | |/////////////////||
. . . . . | |/////////////////||
. . . . . | |/////////////////||
| ̄| ̄| |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||      .n__ o.   _     __n__ o        . _
|  |  | |/////////////////||      .| r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
|  |  | |///////////////○||        .∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
|  |  | |/////////////////||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)    はいはい、開いてるから入っていいよー。
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l

.

96 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:49:38 ID:5ab49250


                    __                   ____
              /⌒\   ..-‐…‥― - 、     /::::::/
              〃ゝ:〉⌒ヾv´      ┐   \ /r:::/
           ,.=,≠       ,  /  / l |_,_,   V厶≦==ミ、
          ///  / /,  i / イ  / ィj |  `';彡ィハ:く.      iハ   おはよう、おじさん!
            〈イ ′ / //   ,レ'⌒i l //  /⌒ヽ Y彡イ{::::\    } }
           {{ { 〃,イ {   ハiィf芯V/ /}/i笊ハヽ } ,/ノハミ::::{  //    やるくんいるー?
          \ レ/ /1 l  i{〈/{{::::}}ム'  {{::::::}} }〉レ'v川 ヾ} ,ム′
.              '1/ j/l ∧ |   V:ソ  ,  V:ソ  }}r: } ハ  /
             j′ { vハ\ァ   r―┐    {{ノ {   \       __
\                 Ⅵr彡、       /   /7〉 ヽ \__>ァ=ニ  ̄
.  `r‐「 ̄ ニ=ー- . ____,、._/ ハ 〉,≧ュ.. `¨  ィ≦ァ⌒i〉7¨ [レ丶/
   | }          `ヽ_∧_厂`{ }/ 「 `r'≧=≦√7 / /    ,
 ̄ 丁 {            、   \  \廴__//   /     /
    ̄`ヽ.         \  }  \__ VV __彡'     /       _ -‐ ´
       `ー- .. _     ヽ|   7厂「「 ̄} }        ,  ,. -‐¬「
             「i ¨7 ァ 、!   //  Ll   { {     //     l|
             川/ /  }   //       } }    /´      リ




             _  -―-v:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ヽ、:.:.:.:.:.:.\
              ⌒>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__:.:.:.:.ハ
               /:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ:.:ヽ:.:.:',
            /:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.\:.:.:.\:.:.:.:./,:.:.:.',:.:.:.
              /'/://:./′:.x|‐十什∧:.十‐-x:.:ハ:.:.:/}:.:.:Y:.:.:|
            レ:イ:./:.:i:.:|:.:.:|:.,z==x    z==ミ、:.}:.:.:ソ:.:.:.|:.:.:.|
            |:.リ:.:|:.::|:.:l:.:_〃トイハ   トイハ Y_:.:./:.:.:.:.|:.:.:.|
           Vl:.:.|:.:.:.Y:.:.:.ヽ乂ツ    乂ツ ノ:.:.イ:.:.:.:.:ハ:.:.:|
            ヽ八:.:.トN:ゝ ´´´  l  ``` フイ ′:.:.:.:.l:.:.:|    おはようございます、備府出さん。
                ヽ|  |八   マ  フ  /:.| |:.:|:.:.:.:.l:.:.:|
                  |:.:.|〕ト     イ |:.:.:| |:.:|:.:.:.リ:.:.:|     ヴィヴィオをあずけに参りました。
                   ヽソ/ト `ニ´/| ノ:.ノ |:.ハ:.:/:.:.:.′
                _ -=/ /  Χ  /  |ニニ=-、:{:.:.:.:.|
               -=ニニ/ .| イ ハ /   .|ニニニ=-、:.|
             イニニニ/   | 人イ ./    | ニニニニうヽ
                |=|ニニニ〈 /|    _, r ⌒ー― 、 ニニi
             ハ=Y¨¨ ̄У .|ニ/⌒_,,,  r― イ ニニ}
            | l|=〉′ 〈   レ′⌒     ,∧/ ノニニ7
            | l|/    \く/フ ,-/  イ /  〉 ⌒}ニ/ハ
            ヽ|{  .....    〈/ / ./  レ /ハ_ |ニ/'′}
             人:::::::::::::::::::...\   ー′ =彡'′ \||  ノ

.

97 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:50:37 ID:5ab49250


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
      (⌒)(⌒ )   |   おはようございます、高町さんヴィヴィオちゃん。
      (__人__)     |
      (`⌒ ´     |   やる夫ならちょうど着替え終わって……ああ、来た来た。
     {          |
     {         ノ
  __∩  ヽ      ノ
 (ミんゝ、 /     ヽ
    \ '' /|    |




      ____
 @  /-‐  ‐-\
   / /   \  \    ~   おー、また来たのかお?
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   /⌒l ヽ._)    ィ’  @    やる夫は昨日まで論文作成に忙しくて……。
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |

.

98 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:51:51 ID:5ab49250


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)    そういうこと言わない。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }     平日は好きに過ごす代わりに、休日は外で遊ぶって約束だろ?
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




       ____
      /一  ー\
    / 〓   〓   \   そうだけどさー。
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ
    |  l      Y  |

.

99 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:52:16 ID:5ab49250

       ____
      /一  ー\
    / ―   ●   \   今更、やる夫が外に出る意味なんて無いと思うお。
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ
    |  l      Y  |

.

100 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:53:16 ID:5ab49250


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!   フゥ
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'      γY⌒ヽ
   !                     /  ...ー (   ノ )
   ,'                   /     ..ゝ、_ノ
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺の子育てにおける目下の悩みだ。

  実は、現在6歳のやる夫は幼稚園にも保育園にも通っていない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

101 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:54:25 ID:5ab49250











┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

                                  第二話

                              俺の息子の周囲とは

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛











.

103 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:55:21 ID:5ab49250


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


         ____
        /\  /ノ(
      / ●   ●⌒\   やる夫にそんなようちな施設なんてひつようねーお!
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
      ヽ   ヽ_)    イ    トーチャンだって、やる夫の学力はしってるはずだお!?
      γ´    ,v    Y
     ( `}'   (   _乂
    ) ー' て    ̄
   '⌒γヽへ




              _____
            /  ̄  ̄\
          /        \     学力どうこうじゃなくてな、社会性の問題だ。
          |     _,.ノ '(ゞ、_|
          .|    ( ー)ヽ ヽ     同年代との付き合い方を学ぶのも必要だろ。
          ノ| U   (___人_\\__
      ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
   ,,-=ニ_::::::、::l ::::!ノヽ      し「、    \
  / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、   i
 i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽー____l:::::〉::::)_______l_
 l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽー―---!:: /::::| ::::::::::::::: |
  ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ    l::: l::::: | ::::::::::::::: |
  ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::l    l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

.

104 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:56:58 ID:5ab49250


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


     ____
   ノ( \   /\    そんなくだんねーことより、やる夫のずのうを活かすべきだお!
  /⌒ ⑪::::::::::⑪ \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   そのほうが世のため人のためにもなるお!
  ヽ    ヽ_ノ   ィ’


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる夫の言葉は慢心といえば慢心。

  だが、その理屈を押し通すだけの実績も確かにあった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

105 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:58:26 ID:5ab49250


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


     ____
    / ─   ─\    .___________
  /   ●    ● \ ...| |             |    こっとーひんだけど……。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂| ...| |             |
  ヽ    (_ノ   ィ’ ...| |             |    うん、今んとこはコレでがまんするお。
  Y   v、    、 ヽ  .| |             |
  乂_   )  ,-、    .|_|___________|
       γ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  買い与えた最新のワープロも当然のように使いこなした。

  今じゃ文書の作成もお手の物だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

106 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/07(Tue) 23:59:52 ID:5ab49250


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


                /  ̄ ̄ ヽ
                   /         ヽ
               |         |
           ,ヘ_   j     u.  /
         __,/   ` <  i     /    やる夫の言ってることも分かるけどさ。
       /---‐――--.、ゝ\    ./
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ ノ      少なくとも、多少は外で運動して健康にして欲しい。
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.´.:`ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:_ __ヽ-、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:_十''''''''"".:.:.:.:.:.:.:.:.:\


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  才能は発揮させるべきだが、引きこもりというのもどうかと思う。

  そんなモヤモヤした状況に楔を打ってくれたのが……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

107 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:00:40 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


        、___          __  .  -─‐-  .        __,
           \:::::::..、      ,  ´  `´        ` .   /:::::/
            \:::::ヽ   /        `ヽ       ヽ /::::::::/
             \::::∨               L__      ∨::::/
            , -―/            }  ¨ `ヾ  ヾく―-、
            / //     -─‐-  ,    ' -─‐-  彡  }::::\ \
.            |l  / ,     {l | / /l /|  /      彡  i::::::::lヽ l|
.            |l l  ,     从l /l/ .j/ |  /       .彡 ∧:::::l | l|
.            |lノリ  |     |/,x=ミ j/  ,x=ミ  }⌒',,| \|.|ノリ
                  |ハ ,イ  | ,:,:,:,:,:        ,:,:,:,:   , ヽ/ !
              Ⅳ {l   {     ___      }_ノ |
                     从 圦     V     }      イ   .|    やるくん、あそぼー!
                 |ヽ{ .>   ` -  ´   <     |
                 |   , -‐´ノ`¨Y¨´ヽ`‐- 、      |
                 |  / ヽ〈二ニ{^}ニ二〉 '´ ∨    !
                 | ./    l:::::/∧\:::::l    ∨   .|
                 |/    l::く_./∨ヽ__>:l    ∨  |
                     /-‐─-,l::::::::::::::::::::::::::::l、-─‐-∨ .|
                  `/   /.|::::::::::::::::::::::::::::| ∨   ∧ |


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ご近所に住む、高町ヴィヴィオちゃんという存在だった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

108 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:02:35 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


     ____
   ノ( \   /\      やる夫は忙しいんだお!
  /⌒ ○    ○ \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|     この世界をより良くするために、頭脳を使わなきゃいけないんだから!
  ヽ    (_ノ   ィ‘
  Y   v、    、 ヽ
  乂_   )  ζ  )  ドンッ !!
      ̄   ) `ー' て
         '⌒γヽへ




                                /\            __,
                                 {:::::∧__    /:/
                      . ´ ` ー ¨ ∨:::∧    `/::::/
                       /   `ヽ    ∨::∧  ./::::/
                       /     /_     ∨::∧/::::/
                 /      /´ `ヾ   、⌒\'´
                   /  / ,    /  彡    ,\丶\
                     /  / /  '   /   .彡   /   \\\
                 /  / / /  '     彡     /  ∨  }
                    ,  / /  {i  |    彡    /   ∧ /
                  , イ {l  从  |` ‐-- .彡       ∧/
                  l/ l 从  .! \!    彡       / '
                  |  Ⅵl \| l      ∨ヾ, ‐- 、
                     从  lヾ}     //     ハ
                      \Ⅳ     / / ヽ⌒ヽ  } l      えー?
                        {      ' 〈    )    ノ |
                       人     〉 〉     /  |      でも、へんなの(ワープロ)カタカタたたいてるだけじゃん?
                         个: .   /´   -‐ ´     l
               r'⌒ヽ./      `≧=-. : :|  '   l
               (´    `)      /´:::::::::| l    |    |
                  ゝ,___,ノ´       {, -─- | |    |    |
                        /.: : : : : : :| |    |


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  きっかけはよく分からない。

  なにか、子供特有のネットワークでもあったのだろうか。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

109 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:04:03 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


                          ヽ
                      ミ 、    }
                       ヾ!  /             __
           _        !i  /            / /
           ヽ   ̄∠二二 ヽ}}/ -- ― -- .、    / /
            \  、/´             \ / /
              `У               `i  ,V ム―-- _
            , イ´/ ./      i  ./   i -- 、|゙彡 {ー- ..` ''ー .、ヽ
           // /イ  ,  ィ'T| ̄i!  j .ハ  ハ! ミ ハ   ヽ    \\
         //  .厂| i  |  | ,ィ 二ミ /!/ィ二ミ、| .ミ  ` ̄ ´     }/
         ./ /  / ./| |  |   | i! J::::! レ  iJ;;;;! } }-、. |
       i/  ∠ __ノⅥ r 、 } !. 込ソ     込ソ ! ! ,} .i
             r 、. ヽi. ! ハ ' ' '  __ , ィ ' ' ' rノ  |   それよりー、おそとで遊ぼうよ!
             { ヽ ! | {/ヽ..   V   ノ   .イ     !
               _ ヽ. ヾ!  ヽ ̄ミ≧= --- =イ /     ,   そーごーかくとーぎごっこ!
            乂  ̄   _ノ ヽ  // ニ二 〈〈`ヽ    !
            / `て_Y´   ノ i 〈〈       ヾヽ.',   i
              /    ヽ` ̄ ´ } ヾ!       ))i!.  ',
              /     乂__ィ彡´         __彡__{   \
          , /        }           ! ,ゝ   .トヽ
          !/{ i{       i             厂 ,    |
               | .ハ      !             ハ  ',.  i |




        __
     /    \     おい馬鹿やめろ、引っ張るな!
    / ノ  ヽ_  \
    | /⌒l  l⌒ヽ  |    やる夫はインドア派なんだって!
    /  / (_,、_)ヽ ヽ
 ̄ ̄(_ ,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ_ノ ̄ ̄


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ともあれ、強引にでも状況を変えてくれたのは間違いない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

112 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 00:06:04 ID:0551f132
随分生き急いでるようだが、なにか目的意識でもあんのかね?

111 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:05:26 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


      |: : :/: : : : : :/: : : : : .:|: : .:ト、: : :l: : : : :|: : : :\ : : \: : : :\
      |: :/: : : : : :/: : : : : : .:|: : .:| .|.: .:ト、: : : |: : : : : :|: : : : :\: : : :\
      |: :|: : : : : / : :/|: .: .:/|: : / !: : | !: : :ト、: : : : ! : : : : : :l: : : : : |
      |: :|: : : : : |:_ム斗─ァ十:/  |: :ナ十‐ァ-、|: : : :|.: : : : : .:ト、: : : !
     \!: : : : .:|:/  レ'   レ'  .レ'  .レ'  .l: : : :|.: : : : : .:|: :ヽ: : |
        |: : : : .:レ xfT¨¨丁ヽ     .イ丁¨lfヽ. !: : : |.: : : : : .:|: : :|: : |
        |: : : : .:|く. 込ェrリ      込ェrリ 〉|: : :/: : : : : : :|: : :|: :/
      \: : : | `             __ノ_/: /|.: : .:|: :|: : :レ'
         |\: \        、       ̄/:|: : /: !: : /| /.: .: !
         |: : `ト-ヽ     ┌─┐    /: :レ'.|: :|: /: レ: : : .:|
         |: : : |. \.     `ー '    /l: : : |  |: :レ.: .: .: : : :.:|    うちのヴィヴィオがお世話になっているようで。
         |: : : |   |`  .       .ィ´  |: : : |  |.: .: : : : : : : : |
         |: : : |  f|   ` ー‐'´ j、  |: : : i  |: : : : : : : : : /
        \ : \ノ \         / ト、 j.: .:/   ! : : : .: : : : /
       _ -‐>、: :\  ` ー‐ァ-イ   | //、  |: : : : : : : /
. -‐‐…' ´  /   `ト-ヽ   ∧__∧.  |/  |` ー- 、__ : : /
         ./     |\.   / | |. ヽ !     |     ` ー-、




            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ    いえいえ、こちらこそ。
             |        |
           人、       |     出不精な息子を引き連れてくれるヴィヴィオちゃんには
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7     感謝の言葉もありません。
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そうこうしている内に、色々と約束や合意もできた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

113 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:06:10 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


                 / ̄ ̄ \
              ⌒´ ヽ、,_  \
             (●).(● )    |     この際、幼稚園にも保育園にも行かなくて構わん。
             (__人___)     .|
                  '、           |      ただ、休日にはヴィヴィオちゃんと遊んで来い。
                 |        |
             ,.-ー/i-、_     /l、     あの娘は気立てもいいし、将来美人になるぞ?
         /.../:{. i_ {_γ、__ ∠'、!\ 、_
.           /:::::<:::::{. i_ l_ i_ {  _/i:::::::゙、::::::::..\
          /.::::::::::\} .i _i l_ {_ニ゙/!:::::/::::::::::::..ヽ
       /.:::::::::ノ/r "~'ヽj_ {    |:::::\:::::::::::::::::. ',
      /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {    |::::::::::ヽ:::::::::::::::::: }
     /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i   |:::::::::::/,':::::::::::::::::: i
    /.::::::::::::::::::l::::'、ゝ、 {   ソヽ、|::::::::/::::} :::::::::::::::::: i
   /.::::::::::::::::::::::l:::::::゙、::|`ト、__/::/:::.\::/:::::::i :::::::::::::::::: i
.  /`-::::::::::::::::::/l:::::::::゙、|  `,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
  / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::|   ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i




     ____
    /―   ―\     美人……嫁……。
  /  ○   ○  \
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|    今の内から育てて……ジュルリ。
  \     J´   /


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる夫の説得そのものはアッサリ成功したし。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

114 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:07:46 ID:d9f06aed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●
           |      (__人__)   では、休日の昼間はヴィヴィオちゃんをお預かりします。
          |,      ` ⌒´ノ
         │         }    設楽場公園以外には行きませんし
          ヽ、      ソ
         イ斗┴r┐` .;      夕方には返すのでご心配なく。
   / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
  /     \ ∨\  |,ベ._ / |
  {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
  |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
  :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
   ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
   `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
    }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
     }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
      〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
    {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}




       __       ___        __
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ....:..´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......  /:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     ⌒二>――-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
      ⌒ ̄フ⌒ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八―-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
       /:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\'/∧:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:}
     /:.:/:.:./:.:.:/:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\/ハ:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ;
.    /:./,:.:. /:.:/:.:/:.:./:| .:.|:.:.:|:.:.\:.:\:.:ヽ:.:.:.:.∨}:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./
   /:./ /:.:.:.:|:.:.:|:.:.|斗|-|‐十:.:| \十┼ト:.:.}:.:.:.:.|/|:.:.: ― ミ:/
    |:/ |:.:.:.::ハ:.∧:.|\l ヽノ\{      ヽノハ:.:.|/|:./     )    ありがとうございます!
    |′八:.:.:| | :.:.Ν:ゝz=ミ   z=ミ、 //}:.:/  ̄ ̄ ̄〉
       ヽ|八:.:.|∨{           /イ)j/ _ == ミ|
           ヽ| |:.:ヘ   丶       |:.|イ 彳     |′
              |:.:.| \  マ 7   . イ|:.| ヽノ      |\
          -‐=l:ノニ/>。 __  </〉|ノニ7      |:.:.:.\
        /ニニニニ=/   7厂  / ./ニ厂{        |:.:.:.:.:.:.\
        |ニニニニ〈   /只 /  | / /∧        |:.\:.:.:.:.:.\ ____
      /|ニ厂  | ̄ ̄| 〈/|」 \ /     /∧      / \:.\:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      Vニ|/  |   /ニ /   〉 ∨/        /   |\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ̄ ̄\ハ
       |二|    |  |ニ/   ∠   ∨ ____/    |:.:| \:.:.:.:\.:.:.:.:.:j      )ノ
       |フ八:::... ∧  |/  / ̄ ̄   〉厂          j:.:|  ):.:.:.:.:.:).:.:.:.ノ   /
       /   ∧::::::::::\| /:::::::......   //         _ノノ /:.:.:.:/:.:/
        |   |  :::::::o\::::::::::::::   /          ⌒ ̄ /:.:.:.:/⌒


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  たまには夫婦水入らずの時間を過ごしたいだろう

  高町夫妻にも快諾してもらった。

  ……俺にはもう、やる奈がいないから関係ない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

115 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:09:31 ID:d9f06aed


              / ̄ ̄\
            /       \
            | _ノ  ヽ、   |    (ギブアンドテイクっちゃその通りなんだが)
            | (ー)(ー)  |
            |  (__人__)   |    (俺もやる夫も随分と周りに助けられてんなあ)
               l  `⌒ ´   }
             ヽ      ./
            /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
        ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
         //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
      ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
     /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
     |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
     l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
     i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
     〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
    /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
    ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
      ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
     }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺の両親や、やる奈の実家の義両親まで含めればもっとだ。

  つくづく、人は一人じゃ生きていけないんだと実感する。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

116 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:11:00 ID:d9f06aed


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)    (やる夫もそれに気づいてくれりゃいいんだが……)
      |     ` ⌒´ノ
      |         }     いや、そこに気づくよう誘導すんのが親としての義務か。
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l




                   __
                ´  ̄ ̄\
                 ‐- 、}〉_ _               __,
        、_____ . ´          ` 。   . -‐::::::::::/
.          \:::::::::/           ヽ      。|:::::::::::/
             _\.:            i_,ィ=== 、  ∨:/_
        / __ '                 :"     ヾ {::}    `ヽ
       〃 ′|    ' _/_,イ   , /、 __  ゙ミ ゚ \ ̄ ヽ  }
       |  { /|  |i  i   / ,/:|  / /        ゙ミ/|::::∧  } /
.         ゝ=-/::|  |l  | /j / j ,イ /         .゙ミ/|::::::::| ノイ
.          <:::::|  |l  l/  ┃  |/    ┃    ゙ミ/Ⅳ::::|
           ̄Ⅳ从 l.   ┃      ┃   .〃¨Y。 \:!
               ヽ| ヽ{                 {{ '^ノ{   `    おじさん?
                  圦 ""         ""  /)〉´. |
               |. .≧ュ.   ヽ     . イ/'. .i. .|
               |. . i .l. .|. .} ̄ ̄  {./. ./. .イ . |. .|
                 , イ. . .| .|. .| ´      /i. ., . /.| . .|. .|
             /: /: : : | .|. .|ヾ=====イ/| .{. .,. .|. . |. .|

.

117 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:11:42 ID:d9f06aed


                 _,,..-――-..,,_
                 /        `ヽ
              /            ',
             ,'.      ――     ',
             l /              l
                 ',       三三    |    ああいや、ちょっとボーッとしてた。
              |. 三    -.、    |
              l  /      l      |    じゃあ、車で設楽場公園に行こうか。
               '.,.ヽ.__入_ ノ  .|  .|
                    ヽ 、`´ ,     .| ..|_
      ,-、   __      .',   ̄     /l  .',\
       .',. ',  l l       l     ./  |   .', ヽ、
  〈.ヽ  ', .',  | |       _`''―‐''´    .l   .l   ',_
    ', ', .', ', | |   ,,-''/  ',\      |  ...',`゙''-..,,_
,-、  ', ', j .`´ |  / /    /', l      |    ',   .`゙''-,,_
ヽ \ ', `´   ..| ,'  . ̄ ̄\/ ',.ヽ  /   ,.イ    ',        .`ヽ
 .\.`´         ヽl__,.--.、   |、ヽ __ ,,..-''´ |'"´ ̄ ̄
   ヽ            ,,..-''"   .| `''--  .-‐''´|
    '.,     __ /       |          |
     .ヽ- -''"          |         |




                __
           /⌒> -  ¨  ̄ ̄ ̄ ¨   .
       、__   /      ,      ^ヽ   \   __,
          V//> '  /     /  /       }、__  ', ////
.         >/   /    /   '      /''"゙゙㍉___V/∠
        ' ,ィ  '    /i  {   ' ィ     ミ ̄v>、 ヽ
        { ( |   {    /`ト、 八 / j 斗<   ミ  '}//}  }
         八{^ |   {    ,ィチ笊㍉ )'  ィチ示ミ、  ミ / |V/}ノィ
.           Ⅳ    /  _)/ハ     _)/ハ  Ⅵミ. . .| Ⅵ
            八   Ⅵ   乂ツ     乂ツ  }}Y. . |
.              )ィ }〉{ , ,          , ,〃 }. . .|
.             }〈{圦            〈{_ノ . . |    車じゃなくていいよ?
.             }. .}〉介: .    --(     ィ}〉. . . . |
.             } /. ./  ≧s。 __ 。o≦  ',.. . . .    わたし、もう自転車のれるもん!
.             }. . .,:   ノ¨ ト、 __  イ V   v. . . . .
           '^Y ,. . . {   ∧ __/^V_ ∧   }_. . . . .
         | {/./iニVハ{/////{ }/////} ハノニト、 . . .
         } |/r、 {ニi.:.:.:V////介/////V:.:}ニ} V. . .
.     r‐f¨ア7 {' { { Vニ}.:.:.:.:V///{__}////.:.:.:.:{ニ/  v. . ',
.       { 〈 〈 {   V } V.:.:.:.:.:.:.}///V///{.:.:.:.:.:.:V    v. . . 、
.      }ゝし'¨/   /  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}    〉. . . \

.

118 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:13:10 ID:d9f06aed


          ___
          /       `ヽ
       /           ',
       |  |l        ',
        |  U    ノ  |
         |     -┰  /
     .__|         ヽ
_..,,..-./r-/  l    (   ,、_)   いや、その、やる夫が……。
::::::/:::::|/    |.    ` ̄ 丿
/:::::::::::|    ヽ、       l´__
::::::::::::::::|     `''-..,,_ノ:::::::l
―‐-、:ト、    /|:::::::::::\::::/
:::::::::::::::|  \  / |:::::<´ ̄:::/〉




         ____
        /\  /ノ(
      / ●   ●⌒\    はぁー?
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
      ヽ   ヽ_)    イ    自転車乗れるのがそんなに偉いのかお!?
      γ´    ,v    Y
     ( `}'   (   _乂    やる夫だってなぁー! もうちょっと運動神経が発達すればなぁー!!
    ) ー' て    ̄
   '⌒γヽへ

.

119 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:15:07 ID:d9f06aed


        ,,..-‐‐-..、
       /     .ヽ
        l u     ',
         | ___ノ L___.|
       .| {::::::::: :::::::.{
        .|  r''´   ヽ.|
         ', ヽ-‐'ヽ--'|   ああ、ごめんごめん。
          ',        /
          ',     |    おじさん、ちょうどドライブがしたくてね。
           ト''" ゙̄''イ
       _,/|ヽ  | |\   ワガママに付き合ってもらっていいかな?
      // .|     |、ヽ\
    / ./  |     .', .〉.ヽ
   /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
   ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧
  ∧   ∨ .|      .| |  ∧
  ∧    ∨.|        | .|   .∧
 ∧     ヽ|      | |   .∧




        __      _______
      /⌒> ´           ` .      ____
       /        ^ヽ     \  ///> ´
       '    /   ィ    }、__ ___  V///
.        i    '  / {     /''゙゙㍉ ニ=-V<⌒ヽ
.        |   i -ォ‐ {   ' /‐‐- ミ    ハ/>、 }
.        |   { / { 八 /j/     ミ // }///>、
       И i ⅣT:::::T )'  T::::::::T¨ }} /  { ^  ̄⌒
        Ⅳ| ハi 乂ノ   乂:::ノ 〃¨Y. . .
.        八} { ' '        ' ' 〈{__ノ . . i
.           込、        ィ.:}〉 /. . .    むぅ~、そこまで言うなら……。
               介o。  _^  <{.:.:/ ,ィ.. . . .
.          ,. . . .}.{   厶ノ    `/ /_{. . . . ',
          /. . . 厶} /、-  -─ ' /ニニ>、. . . .
.         /. . . /{ニⅣニ≧=-=≦{/ニアニV. . . .
.       '. . . /ニVニニニニニニニVニニニ∨. . . .
        {. . .ノニ/ニニニニニニニニ}ニニニニV. . . .

.

120 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:16:49 ID:d9f06aed


              /:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:. :.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
        /:.:./':.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.-‐=:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:. i
.        /:.:.//:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:/∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.|
        /:/ /:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:j|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:/  .:.:./:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.\:.:.:.:.Y:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |/   |:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.l.:.:|:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.:\:.:.:.\:.:.:ハ:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:/:.:ハ:.:.:.:..l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l,.:.:.:|
          |:.:.|:.:.:.|:.:.:.|:.:.l.:.:|:.:.:.|:.:八:.:.\:.:.\:.:,斗-:|:.:.:j:.:.:.:|:.:.:./:// ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,:.:N
          |:.:.|:.:.:.|:.:.:.|:.:.l.:.:|ヽ∧:.| \斗匕仄ヽ:{ |:.:/:.:./:トヽ/:/  ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,:.:.:|
          ∨|:.:.:.|:.:.八:.:.:八十‐-     、__       И:./:.:.| } 〉′   ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,:.:.|
            |:.:.:.|:.:.:.:.|:\:.:.:N  _,    辷zzz彡 /イ:.:.:.:レ /     ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,:.:|
            八:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:ヽ{辷zzァ          |:.:.:.:.|‐_       ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,:.|
              N八:.:.:ト、:.:.:.|ハ    、       u. }イ:.:.:|「⌒     ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:l,:.   (すみません……)
                  \| \|込、     __         八|:.:.:ハ          ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                     |:.:.:>    ー`    ,/  |:./  〉\       ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 八:.:.:.N `・ .,    イ 斗' ノ′ /  「ニニ=- _  ':.:.:.:.:l,:.:.:.:.:.:.:.:
                        \{       ̄_∧彡'´   ./   |ニニニニ=- _:.:.:.:.l,:.:.:.:.:.:.
                          /_//∧     /   |ニニニニニニニ=- _:.:.:.:.:.
                         /ニニ///Y∧   /    |\ニニニニニニニニ=-
                       /ニニニ/ Y 〔__〕ヽ//    |   \ニニニニニニ斗-―
                  r fニニニ/'  | //| l   /    |     \ニニニ/ニニニ
                   |ニ|ニ=/ 〈  〈/ Ll /     ./        \ニ/ニニニニニ




                 _,,..-――-..,,_
                 /        `ヽ
              /            ',
             ,'.      ――     ',
             l /              l
                 ',       三三    |
              |. 三    -.、  u. |   (お気になさらず)
              l  /      l      |
               '.,.ヽ.__入_ ノ  .|  .|
                    ヽ 、`´ ,     .| ..|_
      ,-、   __      .',   ̄     /l  .',\
       .',. ',  l l       l     ./  |   .', ヽ、
  〈.ヽ  ', .',  | |       _`''―‐''´    .l   .l   ',_
    ', ', .', ', | |   ,,-''/  ',\      |  ...',`゙''-..,,_
,-、  ', ', j .`´ |  / /    /', l      |    ',   .`゙''-,,_
ヽ \ ', `´   ..| ,'  . ̄ ̄\/ ',.ヽ  /   ,.イ    ',        .`ヽ
 .\.`´         ヽl__,.--.、   |、ヽ __ ,,..-''´ |'"´ ̄ ̄
   ヽ            ,,..-''"   .| `''--  .-‐''´|
    '.,     __ /       |          |
     .ヽ- -''"          |         |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  まあ、プライベートでは概ねこんな感じの日々を過ごしている。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

121 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:18:40 ID:d9f06aed


                            _____
                           /     \
                       i          i
                         '_ヽ、_       |/´ ̄ `i
                           j(● )       {     |   (大変ではあっても、やりがいや充実感はある)
                      (、__)       !      j
                (ヘ       l        人    /    (自分を押し殺しても、理性的な行動を取らなきゃいけない)
          ̄ ̄  ̄`ヽ、∨⌒〆` ̄У ̄   ´⌒) /   ヽ
                (ソトッィ、__i.   /   //     /
                ∨`'ヘi>  /   /   //     /
                  〕    __/_ ノ    /′     /
              __/(⌒〈 ̄   ___ _ ノ       /
             i´  <'ヘソ´7 ̄    /       /
             \、,,,,,| |、,,,/     /       /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  「大人になる」って、意識してこういう行動を取ることなのかね?

  そろそろ40歳も近くなって、ようやくそんなことに気づく。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

122 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:20:27 ID:d9f06aed


      _____
      /        \
     '            `
    ′           i
    i                |
    |         ____.ノ 、__|    まあ、それも悪くないさ。
    |      (_{:::゚j_) ({゚j
\  l           i  !    親としての義務ってやつだろ。
  \,j           (  人__)                                 _
\  \  _   ヘ    ̄   ソ                                r‐//`ヽ_
  \  \::`ー..、\___./_                                  厂' // r‐‐、_ヽ
   .l\  \:::::::::`ー.、/.:::::rヘr、                    _____ /     .レ'フ //}
  /::::: \  \::::::::::::::`ー‐.、_//::r―‐‐-..、_         _...-‐:::´:::: l::::l::::::::l      /.///
 ./:::::::::::::::\  丶:::::::::::::::::::l_/:::::\::::::::::::::::.`ー ――‐::::´:::::::::::::::::::::::::l::::l:::::: l     ,.イ.///
../:::::::::::::::::::::::::::...、 丶::::::::::::::ヽ\::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::: L...‐ ´/'///
.l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、   <ム:::::ト、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::l::::::::l  ヾイ ////\
.l::::::::::::,:.-‐――‐-.、:::::::...、   ` ー-::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.....-├┴┌'   .l///,イ   \
.l::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::`:::7\  `、::::::::::::::: ::__,...-‐ ´    .l///:l    ////::l    . \
.レ '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/:::...\  ヽ ̄ ̄                {//:∧_,.イ//イ_.ノ     \
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /::::::::::::::.ヽ ヽ               V/////ムイ          \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  この時は、やる夫が元号で示した「遠さ」は大して気にならなくなっていた。

  そう、意識して忘れるべきだ。あの程度のちょっとした勘違いなんて。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

123 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:21:54 ID:d9f06aed


      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -




  設楽場公園  ~数時間後~


                 .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,    .. .:.:.:.: .: .... .:.:.:...... .... .. .:.:.:.:. .. ... ....:.:.:.: .: .... .:.:.:.. .. :... .. ..
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ'"~~"''ヽ,,_ . .:.:.:.... .:.:.:.....   .. .. :. .:.:.:.: ..  .:.:.:.:.:.:.:.... .. . . ..:.:.:
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, .;:;:;;:. .::...:..~~"''ー、,,           _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ   .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .      .. . .. .... ..  ..
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ ";:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:...
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ ";:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, ..
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,.."
 ""|l!|| ll|ソ;.;.!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
   li(~):|l|  ;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙
   |;l!l| |;;)⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y __________. Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
   |ill|| lll. _|__|__|__|__|__| _|三三三三三三三三三三|_|__|__|__|__|__|__|
 二llil|l l!|二二二二二二二二二二.`┳━━━━━━━━┳ 二二二二二二二二二
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,             ,.、.,┴     ,.、.,,,.、.,    ┴.、.,.,
 "" ^~"" ^~ " "
  .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、

.

124 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:23:59 ID:d9f06aed


                    ___
               、__      //⌒  _____        _____ ,
            |i:i:i:i:> ⌒〈/ー ''"        .  /i:i:i:i:i:i:i:i/
            {i:/            ーヘ     \{i:i:i/ ⌒\
              /⌒/   /   /      }、__,,  =--Vi:i:<⌒\ ',
.          / / ' /  /   {      }""㍉: . ./ハ:i:i:i:i\  } }
        /イ :/ / / . :' i : /{      }/  ミ : /: :ハ\:i:i:\}:/
.         八( ' /  . :.i { `メ、{     /ィ笊ミ、 ミ/: :/:/, ^¨⌒/
           { /{  . : | ィぅ示ミ   /}/ ,_)/::} Ⅵ{ /: : /,
           |/八 . :.iⅣ _)/:} \(   乂ツ 〃¨Y: : :/,    砂場という地の利を活かす!
           |  \ { { Vツ  ,     ' '〈{ /〉 } . : /,
                  ヽ{ 乂' '   __ __     }〉‐ イ  . : /,   つま先で砂を蹴ってからの目潰し!
                 〈{ }込、  V.:.:.:.:〉  /: . . .}   . : /,
                _r<¨ヽ::....  ー  イ八: : /   . : /,   そこからの股間狙い!
               「i:iVハi:i} ハ: : うぅ≦: / ⌒ V     . .
               {rヘ」ノi:(_,イ: /: :/:/     }     . .
               「≧≦「: : / イ: : /        、|      . .
               {ニニニ〉: У ⌒ ',       ∨      . .\
               ∨ニ=-y ´     V      ∨、        . .\
                ハ  /. .      /  _ へ     }: :\       . .、
              / ∧ ' : : . . . .  .└<^}   ⌒Y: : : :丶       . .
                 /: / ∧{ : : : : : : : : : : : ィ ⌒     i: : : : : : \       . .
            r‐=ニニ=-L __ ニ=-- ´       }: : : : : : : : \     . .
               <ニrァ-=ニニニ/               ノ : : : . . : : : : :}\   . .}
            Lう、-=ニニニ{ _____     --=ニ : : : : : .   . : : }     . .
            /: : /^{`ーァ⌒        \{: :/: : : : : : .    . : ,  }   . .




             ___
             _.ノ( \  ノ\
          /⌒  ⑪::::::⑪\ /⌒l    オメー、それマジで危険だからやめろってんだろうがぁー!
          /⌒ ヽ . ⊃ (_,、_,)  |`'''|
        /      \   .|!i|!| ../ /
      / /⌒l     ヽ、  /_ ノ
     ( _ ノ    |       ` ー‐-''''ー'´ ̄`ヽ
             |                _ノ
             ヽ           __,, -‐ ''"
             \       , '´
              \     (
                \    \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  子供達が仲良く遊んでいる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

125 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:25:19 ID:d9f06aed


          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l   えーっと、今月は……。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺はといえば、横目でやる夫やヴィヴィオちゃんの様子を見つつ

  科学雑誌をパラパラとめくる。

  いつも通りの休日だったのだが……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

126 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:26:10 ID:d9f06aed


                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 |  ん? フェルマーの最終定理?  |
                  乂_______________ノ

                                   i
                / ⌒ 丶              i
               /        丶           l、
              /            丶         l;
             .|               ヽ.      ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐    i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;
      |||      |                       |      '! |               ノ ! . |||
      |||      |                       i   .  ノ .|             /  /. |||
      |||      |   / ⌒ 丶         .l    /   |            /  ./  |||
      |||      | /       丶       .!   /   l           /     /   .|||
      |||      |/           丶     !  ./  /          .  ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ   ! / /                 ) /    |||
      ||l            _________,,ヽ |ノ/ _____       ノ∠     l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

127 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:26:50 ID:d9f06aed


                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、    へー、とうとう証明されそうなのか。
                 (__人___)  r' l |.lヽ
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  フェルマーの最終定理。

  俺の専門である機械工学とはややズレるが、それでも有名っぷりは聞いていた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

128 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:28:07 ID:d9f06aed


                       \\
      ヽ、  \               \〉             _
        ` ー ゝ                            }゙ヽ
       __,.   ---───‐‐‐┐                  了   ゝ
       \               |                   ハ    》
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                  {   ,r'
     _     .                       ∧       i  /
      /{     .                     / /        ∨
    / 了    .              ____  /  <
   《   ハ               \   ソ     /          ∠>         /|
    ヽ  }   .         Σ ̄ ̄ ̄ \∧     .|/|                    , ‐'゙ /
      ソ   .         >          >  .| /  ヽ  ∧             _,.. ‐´  ''´
           .          ̄\        |  |/   ゝ/ / ̄ ̄Σ      ノ_,. -''´
            Σ ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三<       ´
           .    ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
            / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
             7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \         /\
           ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |       \l
           }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  フェルマーの最終定理。

  「3以上の自然数 n について、x^n + y^n = z^n となる自然数の組 (x, y, z) は存在しない。」

  ただそれだけを証明するために、多くの数学者が人生を狂わされた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

130 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:30:01 ID:d9f06aed


                                   _z‐ヘトz_                                      ,
                              _>ニニニニニニく                               _ェゞ-!r≠≦ソ
                            _,=ヘ,イニrーヘ^ー=ミ、                            ;#;;ヾ/`::彡`i);ゞ}     ri
                              | #_ノ孑″  {〕゙ .,.ィ ′ヽ                           ,,:;;#圭#;;{ r=#j リ;;;;}    !Y. }
                              / _j/^´)" √ィ′´ ̄ `゙ `ヽ                          __#`> -;;;=w /    / /´::
                               /'´ #. ィく)ィァ⌒゙オ /ィ斗~、 ヽ \_                        /;;#ヾ / ̄<;,;    / /:::
                           t/}⊆ヽ≦=‐ ''´ __/Уj:ニ: : : 7ヽVヘ.  \                     //´ //尨;;, ≧゙ ̄丶# -ゝ::
                        巛ゝ'゙ ,,.,斗 '' ´ . :<: :´: :`: : : :'〃: : :ヾY`~            ._ _/;;;;/ /イヽ <てィ-----イ::::
                             `=- ̄    ./: :ィ: : : :\:_:_;_: ノ: : : !l|:l}           /ヘ_!!_≧/ ´ヾ ソ /ヾ:::::::::::::::::::::
                           ∠: fー、: : : :>-‐ォ∧:`: : : : :/          .`--イ:::::::::::::ノ /! ソ //::::::
                              〈゙廴:キ: :V;/   /: : :ヽ: : :/               / /__ヾヽ 《::::::
                             寸:キ: : \   /: :_:_: : :/                  ヾ////////〈  ゝ:::
                              Y: :r',ゝvゝ /:´: : ::ヽ'                 //////////ヽi´:::
                               ノィУィ=、Y: :ヽ:_ノ〉:、_                //////{/////!:::
                            _,t<ミ斗三ノ`ヽ:〈√: :、: : :廴__           //////i/////!::::
                           「;ィ≦ニ/^´ .     \: : :/,⌒  } )             /////:::: !////.i::::
                              `¨¨¨¨′         .`V^)" r'´            ./////::::  !////i::::
                                                      /////::::    !///i::::
            ._ ,                                          /////::::    ヾ// i::::
          .ト'´_,.>ァ‐ 、                                          /////::::     i///ヽ::::
          .{ / //. : :i: \_                                      /////::::      1///i::::
      .._//. : } : : :ヽ : : \_                                 /////::::       !/// i::::
        .└〈 : : : ノ. : : : : \;_;_; L_,..、                               /ゞイ´::::        !///.i::::
          .`マ¨. : : : : : : : :`⌒,>'广¨二二"ニ   …‐- 、                    |__/:::         i////i::::
           .ヽ: : j : : : :i : : 厂/. : : : : : : : : : : : : : : : : . \                                ヽ_/i::::
             .゙〈 : : : : : : :〉 { : : : -‐… : :¬'' : T^\: .\ \                          〈 丿::
              .ヽ: : : : : :} }: : : : :_;_;_;_;_;_; : : : }   \: :\ \
             \: : 「 / 丁´      |: : |    \: : : . \
               ヽソ /: ;ノ        | : : !      ` 、 : : : ,ゝ、___
                 `~¨´          } : : !         \/     」
                              V⌒丶..__      └-‐'^¨¨´
                              {__     }


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  詳しい内容には言及しないが、一見簡単な短文のようでいて

  その実あまりに困難極まる証明のために、300年以上も証明がされなかった難題中の難題だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

131 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:30:49 ID:d9f06aed


          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( ●)( ●)   それがついに解かれそう、っと。
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l    そいつぁすげぇや。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  間違いなく凄いことだし、解きそうな人物やその関係者。

  これまでにバトンを繋いで来た者達に敬意はある。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

132 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:32:53 ID:d9f06aed


               / ̄ ̄\
              /ヽ、_    \
              ( (● )    |
              (ノ、__)      |
                 |⌒´       |
               |   -‐`‐'チ-..|          / \     つっても、俺は目の前のことをやるだけだわな。
             `'x::'´:::::::::::::::::::::::::7      /     >
           __ヽ___::::::::::::〈.       \/7,/     研究でも私生活でも……。
             /::`ヽ::::::::::::::::::::::: ̄`:::::::`:..、   ,// /
          l:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`:.、 l ′ 7ァ
          |::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::;イ l    /
          `、::::::::::::∨::::::::::::::::::/:::::::::::::/::l. }‐...x'
             `、:::::::::::`、::::::::::/:::::::::::::/:::::〉/ニニソ
                `;:::::::::::::`,::::::::/::::::::::::/::::::::|/:::::::/
                `;:::::::::::::`,:::/:::::::::/ l::::::::::::!:::::::/
              〉::::::::::::::Y:::::::::/.  l:::::::::::l}::::/

.

133 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:34:34 ID:d9f06aed


      ____
     /―  ―\     .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   / ●   ●  \   ...|  って、やる夫? どうしたんだ? |
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |     乂______________ノ
   /⌒l        ィ’
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ヴィヴィオちゃんを放っておいちゃダメじゃないか。

  ちゃんとエスコートしろよ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

134 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:36:21 ID:d9f06aed


          ____
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ    ヴィヴィオはトイレだって。
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /      それよりトーチャン、いつも読んでるそれ何だお?
    人l||l         |l||l 从
    ( ⌒ )        ( ⌒ )




                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |   ( ●)(●)    ん?
            |    (__人__)
                |     ` ⌒´ノ     見てみるか? ほれ。
             |         }
             「 ̄~7       }
          __  V::::::ト、_   _ノ          ,/\
.       /:::::::::`ヾ\└‐ァ`T::::::>       / _ /
       {::::::::::::::::::i::::::::::/、 l::<.         \//〉
       ヽ::::::::::::::::〉 ::::::}   ヽ/ ゙̄i      ,///)
.          ∨::::::::::∧::::::l    !::::::::ハ.    / '/
.         ∨:::::::::┴‐┴─‐┴┬┬┐、ノ  / っ
          ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::l ̄  ,/ィ´


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そして、やる夫へ雑誌を渡す。

  まあ、流石に理解はできないだろうが、これも興味を掻き立てる一環になれば……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

135 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:38:01 ID:d9f06aed


                    ____    _
                  /―   ―\ |\\
      /⌒、   /  ●   ● /ニニ、ノ,   …………。
     (_ ,、ヽ, ―| ⊂⊃ (_,、_,) /   / /
     ノ⌒ー'´  ヽ_ ___r/-、  / /
    (______、_____ノ_/ノ




         ,,..-‐‐-..、
       / 、_    ヽ
      ./  ┬    ヽ
      lィ   、    l   やる夫?
     (__,、_ノ    ,'
     ヽ       /
        |     _|  l、
      .ヽ-ィ''"´./  .〉ヽ.._
       _,,-|  /  ./:::::::ヽ`ヽ、
    _,,-''//ヽ   ./::::::::::::::ヽ、ヽ
    /:::::>::/、_,,..-'/<´`"''‐-,,_ヽ::::\
  ,、/::::::|::/    .//:::::::::::::::::::::::::::::::|
 .ヽヽ、::|/_,,..-/ ̄:r''"ヽy::::::::::::::::::::::|
 |三_,,-''":::/::::::::::/  /:::::::::::::::::::::/

.

136 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:40:10 ID:d9f06aed


          ____
.         /―   ―\
.       /  ●   ●  \    ××××××××××の証明。
.        |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
.       \         /    なんだ、この世界この時代ならこのくらいでいいんだ。
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    _(,,)           (,,)_
    /  |       雑誌    |  \
  /    |__________」   \




               _____ ヘ  __
     、__       ´    ,   }<⌒\
.      V\ / /    /    }、__ 丶  /i〉
        Vi:i7/ '    ィ      }''゙゙㍉ Vi:i:/
        ¨Vi{_i    斗-  ' /‐-  ミ {i:/- 、
      { //i:|丶{     ' 八 /}/    ミ {i:ヽ、 }
.    乂{ |i:i{  {   /}/┃)′  ┃   ミ {\} }/
.         l/} 八 Ⅳ   ┃     ┃  }} |
.         | Y⌒ヽ{ , ,        , ,〈{ |
.         | 乂 _圦   r‐  、     '}〉 |   ただいまー。
.         |  :   介: . 乂.:.:_ノ    イ/ . |
.         |  i、. . {ノ: : ≧r‐=≦}. . |. . . |   やるくん、どうしたの?
.         |  lィ\八 ̄ ¨∧}. . . |、_.|. . . |
         j/V/ハ: :r─‐‐芥‐ヘノ:Vハ、. . |
       ' 丶 ∨∧: V///{_}//{: : :V} ハ |
        {    :.∨/}: :}/イ/∨/ハ: : : }|//i|


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ……なんだ?

  やる夫が今、聞き慣れない外国語(?)か名前(?)を使ったような?

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

137 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:41:57 ID:d9f06aed


     ___
    / ―  ‐\          ____
  /    ●   ●\       ./      /
  |   ⊂⊃ (_,、_,) |      ./     /    トーチャン、なんかお金がかかってる問題とかあるかお?
  ヽ           く     /     /
  ./            .\    /     /      できれば、めんどい実験とかせずにすむような。
  .|           |ヽ、二⌒)___/




    ,,..-―‐-..、
   /        ヽ
  ./ (__     ',    あん? 実験ナシって理論だけってことか?
 /::) ヽ:::::::   |   .l
 〉    ヽ   U  |    仮説止まりならそこそこあるけど、工学分野ともなると……うーん?
 ゝ'ヽ‐--'      |
  ヽ        |     数学なら、ミレニアム懸賞問題とかもあるけど。
  |      |   ,,-‐、
  ヽ-..,,_::::::/,,-''"::::/`ヽ
      ヽ ヽ::::::::::/::::::
   _,,-''"|   l\/::::::::::
  /:::::::::/-‐''"/:::::::::::::::::
 ./'"ヽ./   ./:::::l:::::::::::::::


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  だが、それはあまりに茨の道だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

138 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:43:25 ID:d9f06aed


                  / ̄ ̄ ̄\
                |   _ノ  ヽ  i     数学と宇宙工学は、世界の頭脳トップクラスの連中が集う魔境だからな。
               | ( ●) (●)}
               .!  (_人__) l     しかも、そういう奴らが束になっても解明できてないのが
             ,. -‐i!   `⌒´ ,!
         _, ‐ '´  /ト、      /` ー 、   ミレニアム懸賞問題みたいな難題って訳で。
       _, '´     /  ヾ丶 __,.イヽ   ヽ、
     ,.'´ `丶.   /。 __{、   ノ  ヽ   `丶、
    , '       ヽ  レ'"´ヽ、'、 " /  ,ヘ |      ヽ
    /       /     \'.、//´ `        ヽ
    /'"´ ̄ ̄`ヽノ       ヾi'´       ;    ,.ヘ
   ,レ'´ ̄ ̄`丶」      ,ィ、二)┌───‐┤   //ヽ
   |   ____]_,,.. -‐ァ'^ 、 \‐,-、  。  |_,. '゙/   \
   l' ,. ´            〈^丶、\ 〉ー'^―-―ァ'ヽ‐'´  _,. -‐ ヽ
  ノ,.'′          、>、 ヾ‐' /   / / __,>‐ '´     '、
  V_,. -‐ '´`ヽ、   ,. '´ ̄´`´ /___,. ',´ ̄           j|




     ____       . ____
    /―   ―\     .|      |
  /  ●   ●  \   .|      |    いや、大丈夫。
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃| ...|      |
  \         /  |      |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ……?

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

140 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:43:56 ID:d9f06aed


                    __
               ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
             /             `ヽ
            / -―-        -―-   ヽ、
            ,′  __          _    ヽ
            i   ん:じj       f:じ::j    |
           ,'   弋゚zノ      弋゚zノ     |
             i⊂つ            ⊂つ /
           ゝ     (       )    /    大丈夫、なんだお。
            ` 、    `ー-'´`ー- ′ _,.イ
               > 、   __   ャ<
                   ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉
              /   ゙ 、 _     /` 、
             / ,,.       ー'    ヽ
              //  \       、  ∧
            i'      }        V ハ
            |        i         }


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そう言い切ったやる夫の瞳は、水面のようにキラキラと輝いているようにも……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

141 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:44:27 ID:d9f06aed


                    __
               ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
             /             `ヽ
            / -―-        -―-   ヽ、
            ,′                  ヽ
            i   z==ミ       ィ==z    .|
           ,'                        |
             i⊂つ            ⊂つ /
           ゝ     (       )    /   やる夫ならできるから!
            ` 、    `ーr'´`iー- ′ _,.イ
               > 、  `=='   ャ<
                   ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉
              /   ゙ 、 _     /` 、
             / ,,.       ー'    ヽ
              //  \       、  ∧
            i'      }        V ハ
            |        i         }


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  あるいは、ガラス玉のような無色透明なようにも感じられた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

144 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:47:09 ID:d9f06aed


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l   U           `ー‐ f r'
   l                 U     ノ'   そう、か。
   !                     /
   ,'        U          /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./




.    / /     /   / / / /        ハ       \  \  \
   / /    /   / /  l  l        l l    l   ヽ  \  ヽ
   | l    /   l  !  |  |    l   |__|_    |   ハ   ハ  |
   l |     |    | 斗 七| ̄|    イ  ∧ ! `メ 、!  |  |  l |   !
.    l .|     |  イヽ ,. -‐-、 !   / | ./ , ‐- 、  |\   |  | /l /
    l |     |  | イ:.:.:.:.:.:ハ |  / |/イ:;:;:;:;:バ 、イ / !  l  /|' レ'
     !ヽ l   |  l ト、:.:.:.:.:l ! |/   ト、:;:;:;:l }ノ| / |. /l ./
     l.∧|   l   | つヽ ノ/       つヽノ/ /イ) /レ |/
    l| ヽ  !\ l ゝ-― '    ,  `ー‐ '  | l' / !
     |'  \ ゝ|ヾ           _         lヽヽ |
     |    iー{ !ゝ、         ´┘      / } l |    やるくん?
     |    | ヾ:、  \                .イ / ノ !
     |   /   ヽ 〉、 l丶、         . ィ´ | /イ /
    /   ∧   l'  ヽ |:三三≧==┴ュ . ヽ レ  ヾ.
.   /   /  、      |三三三| ̄E}Υ|三|.\    l
  /'´ `丶、 |       .三三三|__ム 〉|三|   .ヾー┴ 、
/      ヾ.       ト'´::::::`!.〔{´l〕     ヽ   \

.

143 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:46:35 ID:d9f06aed


          ____
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ    トーチャン、そろそろ家にかえるお!
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /      やる夫はガンガン論文かくんだお!
    人l||l         |l||l 从
    ( ⌒ )        ( ⌒ )




    ,,..-―‐-..、
   /        ヽ
  ./ (__     ',
 /::) ヽ:::::::     l    あ、うん、そうだな。
 〉    ヽ       |
 ゝ'ヽ‐--'      |     もう夕方だもんな。
  ヽ        |
  |      |   ,,-‐、
  ヽ-..,,_::::::/,,-''"::::/`ヽ
      ヽ ヽ::::::::::/::::::
   _,,-''"|   l\/::::::::::
  /:::::::::/-‐''"/:::::::::::::::::
 ./'"ヽ./   ./:::::l:::::::::::::::


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  嫌な予感がする。

  何か……俺の存在意義を根本から揺るがすような、何かが迫っているような。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

145 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:47:53 ID:d9f06aed


        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|   (けど、そんな曖昧な不安を子供達に見せる訳にゃいかねぇ)
     |                    .|
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |    (笑顔を貼り付けるんだ! 俺は大人だぞ!)
     |  .´"''",.     "''"´   |
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /     よし、じゃあ帰りにスーパーに寄っていこうか。
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /      高町さん家へのお土産がてら、ジュースを買ってあげよう。
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \
     /                      \
                            \




                    __                   ____
              /⌒\   ..-‐…‥― - 、     /::::::/
              〃ゝ:〉⌒ヾv´      ┐   \ /r:::/
           ,.=,≠       ,  /  / l |_,_,   V厶≦==ミ、
          ///  / /,  i / イ  / ィj |  `';彡ィハ:く.      iハ
            〈イ ′ / //   ,レ'⌒i l //  /⌒ヽ Y彡イ{::::\    } }
           {{ { 〃,イ {   ハiィf芯V/ /}/i笊ハヽ } ,/ノハミ::::{  //    やったぁー!
          \ レ/ /1 l  i{〈/{{::::}}ム'  {{::::::}} }〉レ'v川 ヾ} ,ム′
.              '1/ j/l ∧ |   V:ソ  ,  V:ソ  }}r: } ハ  /
             j′ { vハ\ァ   r―┐    {{ノ {   \       __
\                 Ⅵr彡、       /   /7〉 ヽ \__>ァ=ニ  ̄
.  `r‐「 ̄ ニ=ー- . ____,、._/ ハ 〉,≧ュ.. `¨  ィ≦ァ⌒i〉7¨ [レ丶/
   | }          `ヽ_∧_厂`{ }/ 「 `r'≧=≦√7 / /    ,
 ̄ 丁 {            、   \  \廴__//   /     /
    ̄`ヽ.         \  }  \__ VV __彡'     /       _ -‐ ´
       `ー- .. _     ヽ|   7厂「「 ̄} }        ,  ,. -‐¬「
             「i ¨7 ァ 、!   //  Ll   { {     //     l|
             川/ /  }   //       } }    /´      リ

.

146 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:48:41 ID:d9f06aed


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             ¦
                                  !




  備府出家の官舎  ~ 一ヶ月後 ~


   ___________
  |               |
  |               |
  |        紙束         |
  |               |
  |___________|
   ┃    ____    ┃
   ┃  /―  ―\   ┃    トーチャン、みてみて!
   ┃/  >   < \ ┃
   /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i    論文かけたお!
   ヽ   ヽ   __   ィ’  /
     ヽ           /
      }          /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  しかし、俺のそんな不安は見事に的中することになる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

147 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:49:27 ID:d9f06aed


                  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  |  ポアンカレ予想を解いてみたんだお!   |
                .乂__________________ノ
                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  7歳にも満たないやる夫が作成したその論文は……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

148 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:50:27 ID:d9f06aed


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-''"_     `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::ヽ       .',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|  トーチャン?  |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヽ      ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.乂_______ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ',       ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l }::..     ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::   ヽ     .',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ:::__{:::::ゝ-<O フ::)    .',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::l       ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl:::::::::::::::::、:::::|    i .l_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヽ.__.ノ::::/     .l .lヽ `''-..,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ヽ:::::::::::::::::l      .〃 |    `''-..,,::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,..-''"´  |:::::::::::::::::|    // ./、       `''-..,,::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::,;.-''"...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   /,.'  /:::::\         `''-.、:::::::::
:::::::::::::::::::::/ .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ /, '  /:::::::::::::\           \:::
::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽ-:::::/-<   /:::::::::::::::::::::\       ,.-''"´ヽ
::::::::::::::::/.::.l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::/ ヽ::::ヽ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
::::::::::::::/ :::::l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,.-l  ヽ:::l/:::::::::::::::::::::::::::::://ヽ、./.:l
::::::::::::,' .::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-<      ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::ヽ、
:::::::::::i .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-<       ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\
::::::::::i .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       __  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::i .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,   ,.-''"::::|`''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::i .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::l_  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::i .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::l   l:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::7  `ヽ::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  100万ドルの懸賞金がかけられた難問であり

  天才児がちょっと頑張った程度で解けるような代物ではなかった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

149 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:50:56 ID:d9f06aed


                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

.

150 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:51:33 ID:d9f06aed


        ┏――――――――――――――――――――――――――┓
        |        本日の投下はこれで終了になります          |
        ┗――――――――――――――――――――――――――┛


     カタ
       カタ
  < ` ヽ 、           ____
  /`ヽ、  ` ヽ、   ../―  ―\
/    `ヽ、/ i  ./ ●   ●  \   ガンバルオー
`ヽ、    / i  i、...|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
ヽ  `ヽ/   i  i ..>        ィ’
.l `ヽ、 i      i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノ.|
..l    .`i      i  i####>`ゞ_、_,,/ .|
 `ヽ、  i      i/ヽ//:::::::::`ヽ、  |


 ┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

                      次回をお楽しみに!

 ┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

151 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/08(Wed) 00:51:50 ID:d9f06aed
以上で本日の投下を終わります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

152 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 00:52:29 ID:0551f132


153 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 00:53:50 ID:29b11319
乙でしたー
頭良い割には目先の事しか見えてないなーw

155 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 01:00:23 ID:6a100f6a

かなりの遠未来からきてるなこのやる夫

157 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 01:38:09 ID:d02a0093
乙でしたー。
しかし、かなり先の未来から転生したっぽいとはいえ難問の証明を出来るってどんな境遇やったんやろなあ。

158 : 普通のやる夫さん : 2019/05/08(Wed) 03:01:26 ID:99af1634
乙 いったい元はどんな人生を送ってたんだw

関連記事
45188 :日常の名無しさん:2019/05/09(木) 03:23:36 ID:-[ ]
やる夫は元々大人だった人物の転生だとしたらずいぶん迂闊な振る舞いしてるように思えるなぁ
もしかしたら元やる夫のいたのは常識そのものが全く違う時代なんだろうか。
45193 :日常の名無しさん:2019/05/09(木) 06:45:45 ID:-[ ]
このやる夫が自分の息子って考えたらスゴイ不気味に感じる。
あまりにも行動がガバガバ過ぎて何というか、自分の都合しか考えてないなろう型転生者って感じ。
こんなのを受け入れようと頑張ってるやらない夫ってすごいと思う。
45198 :日常の名無しさん:2019/05/09(木) 07:48:34 ID:-[ ]
ミレニアム懸賞問題って西暦2000年に発表された問題なのにやる夫はともかくなんでやらない夫まで知っているのか。
単純に作者のミスなんだろうなと思うけど。
92945 :日常の名無しさん:2020/01/25(土) 00:10:08 ID:-[ ]
要するにこれ、ふだん無邪気に楽しんでいる
過去転生モノのNAISEIされる側の視点を追った
ある種の皮肉な作品だね

雰囲気はSFっぽいし先が楽しみだ

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第三一話 「愛麗絲オーヴァーチュア」 (05/06)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十八話 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十話 100味ビーンズ味募集大会! ~ 第五十一話 マキマとデンジ ~ 第五十二話 HMPS (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十八話 濃密なる、愛 ~ 第四十九話 透明マント (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十七話 ルームメイツとの雑談 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十五話 心躍る冒険譚 ~ 第四十六話 タンジェロ、疑問を抱く (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十三話 愛についての話 ~ 第四十四話 unknown dream-1 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド コボルド冒険者 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド オールライダーPT! ~ ラクシアの一休さん (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 蛮族オンリー女パーティー 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド ハルピュイア語を習得していなければ死んでいた ~ 本当は怖いラクシア ~ ラクシアで内政! (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 2 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 三馬鹿PT (05/06)
  • 国内的な小咄 1509 さわやかな旨味 (05/05)
  • 国内的な小咄 1508 生シラス (05/05)
  • 国内的な小咄 1507 当然 (05/05)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】メガテンあんこ 後編 (05/05)
  • 読者投稿:奇妙な模型たち (05/05)
  • 読者投稿:ひざの上の同居人 Kitty on your lap (05/05)
  • 読者投稿:介護報酬とその改定について、並びに現場はしくれからの愚痴 (05/05)
  • 読者投稿:将棋の世界について「王座戦中継と在名各局と杉本一門」 (05/05)
  • 読者投稿:雅虎的地元情報の出し方 (05/05)
  • 読者投稿:読者投稿のすゝめ:Tips編 ~ orinrinの使い方 AA作品のコマ作り (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑧『秒針歩む』 (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑦『信じられない』 (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑥『姫の座』 (05/05)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 その2 (05/05)
  • 国際的な小咄 8135 宗谷本線と根室本線は…… (05/05)
  • 国際的な小咄 8134 東欧のパターン (05/05)
  • やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです 劇場版 名探偵ギル と、その助手やる夫 時計仕掛けの摩天楼 その4 (05/05)
  • できない子とSCP ゴールデンウィーク特別編キャラ解説 (05/05)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 フィナーレの29年目・30年目 (05/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第十七話 (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十一話 いたずら双子の華麗ないたずら日記 ~ 第四十二話 ニコラス・フラメル (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十九話 タンジェロ、初陣 ~ 第四十話 変態の策略 (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十八話 ゴースト・ゴーゴー! (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十七話 メンバー初顔合わせ (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十六話 呪文学の特訓 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 超越者達 4 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド ダークトロールは人族側で何故扱いにくいのか ~ ラクシアにも魔法少女って居るのかな (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 孤児院の為に冒険者やるキル夫 3 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 一輪とやらない夫 筋肉布教日記 11 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 11 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク ステイル ブーディカ リース 狩人 (05/05)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 212 (05/04)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 211 (05/04)
  • 国内的な小咄 1506 流鉄の魅力をわかってくれない (05/04)
  • 国内的な小咄 1505 え? (05/04)
  • 国内的な小咄 1504 会津熊本横断旅 (05/04)
  • 読書的な小咄 109 まかまか (05/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング