スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

俺の息子は転生者 第一話 俺の息子は天才か?

目次 現行スレ

1 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:40:36 ID:487a49ed

  俺の息子は転生者


     i、r-、,    __    .ト_ノ )
    .{: :ヽ O,  ´: : : : : : :`ヽ o': :‐"´フ
    .弋_ ○': : : : : : : : : : : : : : :O<_フ
      7: : i: : /:,: :,: : : : : : : : : :ヽ、、
      .i;;;;|;;;|::/"レ' |: /i::ハ:j、: i: ;;',`
      i|;;;|;;i/,ィ-r ´   r‐,.、ヽi;;;;i;;',
     .ムi',;;N i 込リ    込リi |;;リ;r゙
      ヘ V ///  _'__ /// iレj ゙
      ,..ァ.iヽ   .i   .i  /
    / / .{ `゙‐-.`二´-‐"|`ヽ
    / /  ヘ  ヽ、___/ ./  i
   ,.{..._リ  .{ \     / .i   }
  / i  .}‐--...j    ̄| ̄  ム..- ァ'
<_/  |  /     i   /|  |
  .ヽ__|  iヽ、 ___/__,./ .|  |
     i  、         .|  |
     {_,_,_,...i       /, ., .i
                .`‐'‐'"


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ・タイトル通りのスレです。

  ・専用ブラウザでの閲覧を推奨します。

  ・よろしければ、雑談や合いの手をお入れ下さい。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.






2 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:43:10 ID:487a49ed


 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □




  設楽場病院  ~昭和60年 冬~


          [ 手術室 ]
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ……どうしてこうなってしまったのだろう。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

3 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:43:40 ID:487a49ed


ー―――――| |―――――――――――| |ー――''"
          .| |    _             .| |     .|
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|        |\     /\     / |   //  /
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|      \                     /
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|      ∠  赤ん坊、呼吸止まってます!  >
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|      /_                 _ \
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>     . ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr' ||      ..//   |/     \/     \|
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''" ゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢      .\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从人_人/
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l      .-=ニ                            ニ=-
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l         .≧  心臓マッサージ開始!          <
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ     -=ニ                                ニ=-
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"        ≧  赤ちゃんだけでも生かすんだ!     ≦
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ             -=ニ                            ニ=-
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢             /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒YW⌒Y\
           .`トl..r'´      ¢
            .ヒヒ= つ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  手術室の中からは、医師達の必死な声が聞こえてくる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.


4 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:44:34 ID:487a49ed


           _ _____                、___ ,≧`ヽ∧,ィ
         , ´        `ヽ          __,> : . . .: : : : :'¨ ̄Vソ,
        /            ヽ   , -‐ー--<__:.:)〃: : : : : : <二 _,
      . |               ィ' ´         ` マ¨YⅣ : . : . . . /
       |  _ノ         ヽ、 -=彡' ,ィ  ,ィ        \}} } : : : : : :`ゝ
       l  ( ⌒ )   ( ⌒) /l::/l:/::/下|:l: ソ      ヾ| ,j/|/): : :i`ゞ
       |                  |:レ' 之_ |::リ!/;':      jrえ : ://:弋_ ,
         .l   ( __ 人___)  .「   ` ̄ /ハ/〃、: : : : :.}| |:|  : : {`ー-"
        |    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  {,、_, "″   ソ.:/ノ.: : : ::.、イl| |:|: :,イ:人
        |    l.r '⌒ ^⌒`j.   !        从.: : : : : .ケ|:!:| |::|彳jハ
    .    丶   ヾ-======'.  /ヽ、 _     '/,: : :./|| |::| |::|ソ"
         ヽ    ` ⌒ ´  ハ   .ヽ   /冫くイ'"゛ .ノレ|::U;:j
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´  l\  ,辷_彡':.:.:.ヽ._   `ー-'
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /  \ハ/ム::::::::::::::::::`ヾ、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ほんの数時間前まで、俺達夫婦は幸せの絶頂にあったというのに。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.



5 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:45:43 ID:487a49ed


                      ,   ´___    \   ヘ
                    /「⌒ ヽ ヽ  ヽ    ヽ
                     {ヽ ハ...  |  ヽ  \     ヽ
                   ∧. {⌒ヽ  }ヽ   ヽ  ヽ.   |  ヽ
                      イ. ヽ!  ヽ ヘ⌒ヽ` ヽ   }  |
                  /  寸二   ヽヽ‐ァ芯 、!.   l-、 リ    |
                    /   | ,ィ芯  ヽ! 乂ソ }!   ノ //   }  .}
                //|  !ヽ乂ソ〈      '' リ イ .//.   ハ /
                      |ハ. ハ ''        /イ /´イ .} / リ〈
                     ゝ{ ヽ ヽ  弋⌒ア´ 'イ{ /  /イ |ヽ!
                         }. />   _, イz|/┐ / ∧/
                         !/     {`Y/////≧z
                      ___, -‐へ/リ/////////≧ミ、
                        ///////////〃/////////////ヽ
                    /////////> /{//////////////∧
                      //,/⌒ヽ´  / ヽ////////〃////∧
                  //    ヽ ∠__ ゝ、///////////∧
                    〃        /         ヽ//∧///////∧
                /.{        {         ∨/∧///////∧
                  //.乂                   }//. ∨//////∧
              //////ヽ __, 人          /|イ}.... ∨//////∧
                ////////|      `  __  イ  /}//)... ∨//////∧
            /////////|               イ |//   ∨//////∧
              /////////∧                {  !'.      ∨//////∧
.             ///////// /               ヽ         ∨//////∧
            //////////                    \       ∨//////∧
          ////////.`′                      ヽ  .  ∨//////∧
.       _〈/////////.i                     ゝ    ∨//////∧
  _r―f_./ヽ//////. |                      ヽ   }////////、
_ヽ_ ̄/ ,、    ̄/. |                            ヽ  |//////   ヽ
ヽ ___/   }  /   .|                        ∧. ` ̄{¨´    ヽ\
            ノ /.    .i                              ヽ   ヽ ヽヽ!
        (_ノ       .`ヽ                    , ^'~      ´ ,  }  }ヽ \\ )
                  /. `                             ´,. ヽ_ノ  \_)_ノ
                    /                                \
                /                                }
                 /                                 /
               /                                 /
               \                               /
                 \                             __/
                    ̄ ̄ | ̄ ̄ ヽ                 _/
                  |.     /\          _/
                  |    /    ̄ ̄ ̄/ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ある程度歳をとってからの、待ち望んだ第一子。

  俺達の希望をお腹に宿していた妻。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

6 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:46:24 ID:487a49ed


       _ ,:'::::::::::::/           |:::::::::::::::::: ;'
.       /〈:::::::::::::/            |:::::::::::::::: ;'
      〈  ゙、::::::::i'                 |::::::::::::::::'
      `;. |:::::::::i                 |::::::::::::::;'
    :::... l| l::::::::::{             l::::::::::::;'
     ::::l| ヽ-―',::..           !:::::::::::;
      ::ヾ、   ノ::::::::::..           ;::::::::::::'
       :::::` ̄´:::::::::::::::::::......     ,!::::::::::i
         : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ノ::::::::::::;
           : :::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::、
              :::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::':,
              :::::::::::::::::::::::::::'、  ヽ:::::::::::ヽ
                 ::::::::::::::::::::`"ヽ. \, -‐''\
                      ::::::::::::::\       ',:..  <カツン、カツン
                        :::::::::::ゝ    ノ:::::..
                                `  ̄´


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  だというのに、ひどく理不尽な話だ。

  妊婦だった妻が、運動のために散歩をしていると……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

7 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:47:02 ID:487a49ed


            ___________
         / |           |      |
        /  |           |      |
       /|              |      |              |   lロ lロ   _          i  l| ̄i!
.    //     |             |      |          .l|__i!_l|i_   i|_i| l|i_l     _|l_i|!  |l_|!
.   ///|     i|   |l  . ___l____ 」          i|l___  |l  il__   _|i    i|__   _l|!
. ////|       ||/ | r‐┐l         丁 ̄ ̄i|       ̄ ̄l|!  i|    ̄フ'  l! ̄      ̄フ  |i
 |\///!     li  「|  | |  | | lニニニl | lニニl|         ./'  /'    く/i__l|        / イ  l|!
 ト、 \//|    |!.  | |  | |  | | lニニニl | lニニl|        ./ /       ̄_    く_/ |l_|!
 | |   ̄ ̄ ̄ ̄i|!.  L|  |   ̄ i|──── ┴── |        ̄         i|_|l l|!_l_
 | |            |  |     i|      |二「二|                   il__   _|i
 | l______ |    |  |     i|___|二「二|__ |                  ̄フ'  |i ̄  i| ̄i|
 |二二二二二二...l   |_rl ̄ ̄ i| 匸]  |二「二| 匸]|                く/i__l|    l|_l!  /^7'
 |二二二二二二...|    |  r─‐t i|___l二「二l __l                            / /
 厂厂厂「三Y⌒Y⌒「「^|  レ⌒ヽL ト、  <} [ ̄] {>. }                            <_/
  ̄乂_ノ  弋_,人__,LL ≧1 {) }   |≧====rt_ァ===イ
                     、_ノ__ノ⌒´ ̄ ̄、__ ノ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そこに飲酒居眠り運転の車が突っ込んできた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

8 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:47:43 ID:487a49ed


ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li    .,、... l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_} /´〉,、   ,l | ,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、         l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/   ,! L.-ヾ=,'        , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_    ..二コ ,|     _,.-'´  _, - '_´    ,、 .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=./__」     _,.- '´| L-'´ _)  .〈 .|  ,.-、.'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、...'´         ,.-'´  ,.-'"    _,,」 .`'´   〉   \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´          {,.- '´| |      l、_,.. 、 「Zノ.     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                              |,i         ゙l_,〉. `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛
 ,    !}  ,i";;;;l゙ ,iリ ,/;;_ン-/    |;l    l´;;;.l               l;ヽ 〟l;;;;;;.l   .`┤ .゙┘


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  人と車がぶつかった結末は目に見えている。

  ただちに救急車が呼ばれたが、病院にたどり着くまで生きていたのが奇跡だとか。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

9 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:48:42 ID:487a49ed


            ー━ー-
           ′     \
           /         ヽ
            /   _       |
        /   /∧       !
       ,、f  <V//∧     /           _ _
        / ヽ  \V/∧ _ムi f     iヽ.  //// ,-    はい、もしもし。
    _./ヽ   \  入V/Y i (      ノ j._ノ {///, ク
  ,´    \  \ ハ_ V/j  `\    f  ´   `,:´/    ……えっ? 妻が? えっ?
/       ゝ.  >、i ´    i    i        /
     ≧=、  N/、/ `∨    j   /    ./        いえ、はい、すぐに向かいます!
   ,イ´     ヽ、 i {ノ、. f   /   /   /´
  /          ハ ヽ! ヘj   :゙  /i  ./
 /         `,i  /_  .!/   ! ./
、j           ハ /´⌒`ハ    ! /
 \               i__    i    レi
   \          .人`ヽ  |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  少なくとも、そんな連絡が仕事中の俺に入った頃には、妻は既に手遅れだった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

10 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:48:59 ID:487a49ed


          [ 手術室 ]
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|   .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|   .|  息を吹き返しません! これは、もう……。   |
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|    .乂____________________ノ
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そして今、赤いランプが点いた手術室の中で

  まさに修羅場が繰り広げられている。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

11 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:49:38 ID:487a49ed


ー―――――| |―――――――――――| |ー――''"
          .| |    _             .| |     .|
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr' ||
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>      人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |    .<                            >
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |     .<  諦めるな!                        >
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''" ゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|    .<                                >
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三         .<  赤ん坊への心臓マッサージを続けるぞ! >
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l     <                               >
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢       Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢
           .`トl..r'´      ¢
            .ヒヒ= つ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  扉の向こうからの怒声だけで

  現在がどれだけ絶望的な状況にあるか、嫌でも理解させられる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

12 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:50:27 ID:487a49ed


                        , ー,r 、_r-、
                        /r-、人, \、\
            ______. /  ヽ ヽ:`, V,} i. _
         γ ///////////..../ r´\ Λ Vi  レ ト、`Y    だからっつって、俺に何ができる訳でもねぇ。
           |/////////////|...:::::\ \j, ┤   r }//|
           |/////////////,' (  ノ ヽ,   i  i  i { '..゙/|    せいぜい、医者の腕を信じるか……。
           |////////////V   ̄ ヽ___i    ,'  {′/|
           |////////////V      {      __L_.|
           |////////////ハ 、     ヘ、 ,.<   ト- _
          ':,./////...-< :: ::{ヽ、 __, <∨       {   ヽ、
        _ x< ::      :{  /  \  /〈        ∨
      ,ィ ,: 〃        :レ´}  ∧ヽ/  ∧       ト,   :.、
     / 〃 /           / /{      ∧      ∧   {、
  , イ:     /           //        i       ヽ==x  Λ
/:      /                          ∨       \: ヽ ∧

.

13 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:51:09 ID:487a49ed


/ .\                        /  ',
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  あるいは、神様にでも祈るか。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

14 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:51:54 ID:487a49ed


          [ 手術室 ]
   .______________   ..\人_人,_从人_人_人,_从,人/
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |     )              (
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|     )  ――――、――! (
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|     )              (
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|   ../⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|                )                  >
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|               <  ――、――――!      >
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|                <                 (
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|                /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  医師達が全力を尽くしてくれるのは、扉越しでも感じられる。

  ただ、同時にどうしようもないような雰囲気すらもヒシヒシと伝わってくる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

15 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:52:55 ID:487a49ed


              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./  俺は……無力だ。
         /   丶  -       〉/
     ,.-/|     ( \   u  !
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  妻は既に息を引き取った。赤ん坊の命も風前の灯火。

  一介の研究者である俺にできることなど何もない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

16 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:53:37 ID:487a49ed


         l :{                       ::}, ヘ
           l l::.',                   .::/:::, ',
.           l l::::::\      ヽ-'ヽ-'゙      ..::::/:::::::', i
           l l::::::::::::≧、_          ......::_::; イ::::::::::::',. i
        l l::::::::::::::::l   ̄ 7¬==¬  ̄i´   .l:::::::::::::::', l
        //::::::::::::::::l    /:::::::::::::::::::::::: ' ' l    l::::::::::::::::i. l
.       i i::::::::::::::::::l   .i::::::::::::::::::::/   i    l::::::::::::::::l. l
___   .l l:::::::::::::::: :l   l:::::::;:::::::::::::l   / .l    .l:::::::::::::::::i. l ___
ゝ、_ =ニ¬l l:::::::::::::::::::l   l::::::ヘ::::::::::::l  .i  ト、  .}:::::::::::::::::l├¬冖冖つ ゙ >
    ̄`ヽ、`ヽ、::::::::::::: :ト、   l::::::::::i:::::::::::l.  /   >"<}:::::::::::::::::l }ー==彡 ''


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  それでも尚、足掻こうというのなら。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

17 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:54:21 ID:487a49ed


                   _______
                /       ヽ
             ,ヘ__/         ヽ
           __,/   ` <        }ヽ   ……頼む。
         /---‐――--.、ゝ\  _/ ‐¬
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ.´_/ .」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ   /  ´   l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ  ヽ.  , , .!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、 l` / / /!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ . ,' l !

.

18 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:54:40 ID:487a49ed


              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /          u.   \
.       /  U                   ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |   医者でも、神でも、悪魔でもなんでもいい。
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ   u. /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.

19 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:55:36 ID:487a49ed


           ,-、              ___               r‐、
      ,.、 / / _,,-''ヽ         / _j L_`ヽ          {`ヽ、\\ .r.、
     ./ .| | .| .| /´  ,.、       / ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;,,ヽ       r 、 `ヽ .| / / | |
     .\\| .ヽ| .|,,.-'´/      .,' / ̄   ,、  ̄.ヽ .l        \\__| |/ ///
      .∧   '´ /         | ヽ__,-''" .゙''-、丿 |           ヽ ヽ    ./|    ああ、本当になんでもいい!
       \',    .ヽ        .| ヽ |::::::::::::::::::::| /|        ./     /./
        \     ',        .| | |:::::::::::::::::::::| .| |          ./     /'´
      __|    ./        |  |::::::::::::::::::::::|  |        ',       { _
      /:::::::::::`ヽ、/        |.  |,.-――‐-、| |        `ヽ ,,-''"´:::::::∧
     ./::::::::::::::::::::::\          .|            |           /:::::::::::::::::::::∧
    /::::::::::::::::::::::::::::/           ',_,,..-―――-.、/          〈:::::::::::::::::::::::::::::∧
   ./::::::::::::::::::::::::::::/             | :::::::::::::::::::::::::: |            ∨:::::::::::::::::::::::::::∧
  ../::::::::::::::::::::::::::::/ ._         __|  :::::::::::::::::: |__          ___ .∨:::::::::::::::::::::::::::∧
  ./::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::`''-..,,_,..-/:::|       ::::::  |:::: ̄ヽ_,,..-''´::::::\∨::::::::::::::::::::::::::∧
 /::::::::::::::::::::::::::::/'´|:::::::::::::::::::::::::/:::::::,|     .:::::   |、::::::::::\::::::::::::::::::::|ヽ∨::::::::::::::::::::::::::∧
./::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::/:::::::: /:|     ::    |:ヽ::::::::::::::\:::::::::::::::|:::::\::::::::::::::::::::::::::::∧

.

20 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:56:09 ID:487a49ed


               ,、丶^~ ̄;;:;:``~、、
             / ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;``~、、
             / ;; ; :: ;;ij ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;i;;i;i; ;; ; ::\  ;;“
           / ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;;;∨ ;
.          / ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;u ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;ij ;; ; :: ;; ;;∨ ;
         / ;; ; :: ;;u ;; ; :: ;;;” ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;; ;; ; :: ;;;;∨ ; ; ’
        ′ ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;; ;; ; :: ;;u ;; ; :: ;∨イ ;
.         |: ::;; :;ij ;;: ;;: ;; :__: ;; ; :: ;; : :: ; ;: : ;;: ; ; ;; ;; :∨イ
       __;|;;:; ;; :; ;: ;; ; :/ ;;:); ;;;u ;;:;; ;;: ;; :: ;:  ;;; ;:; ; ∨ /{_
    __ /:;;:;)::;;::/;:): ;;:/   /;:;;;:;; :;u :;ij :;;::/ ̄\: :::; ;;;∨歪{_    /l{
.   / );;:::;:/:;/ ;;/;;:;/  /::::;;:;;:;;:: ;::: ;;:: ;:;:;/.      Y: ;;:; :}歪歪しイしイ歪L.ノ    どうか……どうか、あの子を助けてくれ!
  / /;;:;::/:;〈   ;/;;:;/ ;;;:;/ ̄\;; ;; ;;”/ 、_/  }:::;;;:;:l歪歪歪歪l歪l歪{
  ;{ ;{  ;;:{:i:i:{   ;{;;:/  ; /    、|:;; ;:; -- 、{   ( o}´ ̄Y:;;;:;;:l歪ト--、歪l歪l歪{  人
 八 ::\ :; \}   ;{/  ;;;/  _ \|;:;: ;{ ;;  \;;:;:;;人  \;;:;l歪l} :;:;l歪歪l歪しイ歪
  )\:.;:\ ;{  ;;;{   ,;;:{/'( o )、ノ--v;\ ;   ∨;; ハ ::;: l;;:;l歪リ  ;{歪歪l歪l歪l歪
しイ歪歪ミ、 ;,`{:.. .;{ ;;:;;; ;\斗个;:;:;/_:;:;:;:}\   ∨;.; ;;}  ,;|;;リl豺  ;;从歪歪歪歪歪
歪歪歪歪斧ミ;;,, ;;:;, ;;, ;; ;;;{ :;;; ;/;:;:;\{ ;:\  ;:∨;;/ ;;;}歪シ;  ;;;/歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪\:;:;:;;,  ;;:  ;; ;;:;\:;, \,,,;;∧ ;:;∨  ;;;//” ;;/歪l歪l歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪il沁;:;;; :;, ;  ;  ;;;:;:l\;:; \;:;}   l  /" :; ,:/歪歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪歪沁; :;;;,,j  ;  ;; ;;;|:;; ;\  ;;;,  ;,;  ;: ,;;:;;/歪l歪l歪l歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪歪歪};:; ;;  ;  ;;;i ;;/\; ;;:;\ ::  ;;;;,,;:l;: ;;:;;:;:/歪l歪l歪l歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪歪歪};;:  ;  ;;:;; ;;:/歪lil\:;; :;   ;;: ;;;;”;; ;:;/歪歪歪歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪歪liシ;:  ,”  ;;; ;/歪歪歪};:;;; ;”;;: :;; :;;;:;;/歪歪l歪l歪l歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪歪/;: , ;  ;;; ;;;j{歪歪歪ll]; :;; ;: ;;; ;;:;:;/歪歪歪歪歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪lii/;; ’    ;;;;:j{歪歪歪lil| ;; ;:; ;:; ;;;:{歪l歪l歪歪歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪歪/;:; ;  ;u;;.;:;:/歪歪歪歪| ; ;: ;u  ;;;{歪歪l歪l歪歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪lil/;;;{ ij  ; ;;;/歪歪歪歪lil| ; ij  ;  ;:;;:{歪歪歪l歪l歪歪歪歪歪歪
歪歪歪歪歪/ij;:;  ; ;  ;:;/歪歪歪歪歪l| ; ;  ;;: ;}歪歪歪歪l歪歪歪歪歪歪


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  それならば、祈るしかないだろう。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

21 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:56:45 ID:487a49ed


        /     i                     |     ヘ
.       /       、                       j       ハ
.     /       ヽ      `ー' ー '          ,イ
    /        / `  _                 / .|         ’
.   /         j     ンー‐        r‐ '    |        i
    ,            l      /            l        |        |
.   i         ,     / 、        |        |        |
== |            i    ,   ヘ      /. |       |        |
- __l            |     i    i    /   |      |        |ニ====-   、
`.ー-ミュ、        .|ミ、  |   |   /    ヽ、  r‐''ニ|        | _ - ‐ ' _ノ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そう口に出した瞬間、誰かがニヤリと笑った気がした。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

22 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:57:26 ID:487a49ed


          [ 手術室 ]
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|   |  お、おおぉ……これは……。   |
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|  ...乂______________ノ
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  さてはて、その祈りが届いたのかどうなのか。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

23 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:58:05 ID:487a49ed


           _, - - - 、
          ,、'´  、,j、ノ ' "´ ヽ.
       /´ '"´` ′     ゛、
        /',´            ヾ`ヽ
       |,',      ,.  ー , - ,,´  V l    おぎゃあぁぁぁ!
      l';´     _、  ′    V
      ,>;._ ,, ´   ‐ ^ __    !     ふぇあああぁぁぁ!
       // `>ー、   r '´   )‐r‐┴- 、_
    //   /   l   し'⌒^"Tj_i_i 、_  ) \
   // /  /⌒i_,r-‐、- ^´`='=、'´   ヽ
   ヽ | /   /  l/  ニ)       ヽ.   ノ
    ゙.| |   /   / 、__ ,ソ        - 、ヾニ゙ 、
    ヽ l  l   ,'   l  , '´       /    ヽ
.    └l  l   !     !      ;冖、/!      i
      ヽ _ !  ヽ __ ノ  __    `⌒メ i    ,゜
         `ー- 、 _j'´  ` v f i__j_}rvvv、/_
             `ヽ|_i    ヽP┴Y`^^^0  `ヽ、
             i´i´ ヽ   / _, i ´ v′
             (ヽ`'、 `'‐ 、_!    j、_ ノ
             ヽ゛、 \   `'ー ′
              ゛、ヽ,´~"''ー、,  __,,..
                 ヾ'-、´~''- 、, - -‐ _,.. - ー -
                ヽ _ 二ニ -‐<´
                         ヽ
                            \

┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  命の輝きを感じるその声が、確かに聞こえてきた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

24 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 22:58:42 ID:487a49ed


                                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                                     |  あ、赤ん坊の呼吸……再開しました!   |
            /      ______        _、+'”               乂__________________ノ
          /       〔三二ニ==ニ二三〕     _、+'”
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ``'<「 ̄ |>''" ̄ ̄ ̄ \                 _,,..  -=
       /__________Y^Y______ \         _,,.. -‐  ̄___
________________|二二二二二二二[]_ヽ__-_,,... --─ '' "__,|| ̄ ̄
          || ̄ ̄ 丁|| ̄ ̄~~丁|丁 ̄ ̄ ̄丁| ̄ | | ̄ |:|    ||-‐||¬''||“¨ || ̄  ||
____________|├── ┤||ー┬ー ┤|├───┤|─〔==〕- |:|  _||_||::: : ||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||||     |||  l   |||      ||γ´ ̄丶 |:|γ ヘ ̄\::::::||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:|||└── ┘||_|─ー┘|└───┘|弋_ノ ̄ ̄ ̄{‐、\  \||__||__||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||| ̄ ̄ ̄ ̄ ||丁 ̄ ̄ :| ̄ ̄¨ ||二二|二二|:| ゙̄| ̄ ヘ丿ヘ   寸二二厂 ̄ ̄
|    ||||     |:|||____  || [|      | :     ||  |     |: |   \,‐ミx   ∨ ̄
|__||||___|:||| ̄||─ー|| ||  x-─‐┴─--、||  |    Ω_,|     \) ))/
二二二二二二|||_||___|| ||/,x\:::::γ⌒ヽ: :∨===  ゑγ^'v_/ ̄ ̄xく =ュュ
|   ||─ュ  lニニ|二二二// \\(::::::::\\∨ |   |¨|:|: : : |/: : : ::/ /─比[][][]ニ=‐ _
|   ||   |  /¨∨|_|_|_   \\  __\\: : : :ヽ >>二二\|.|: : :く : : : /∠_ ̄|¨ ¬r──__
/ ̄ ̄ ̄ ̄..|::::::| ̄/||__|\\| |ヽ∠¨¨二二二¨¨\┼l|`¨´|\/|::| |  ̄|    :|   | | ::|::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  /||「「「「|  \| | :|_[]二「 ̄ ̄|二|二l|-:|ニニニ| |\ |   |  __,|   | | ::|::
            |  | / || ̄ ̄|  L_[]__厂|/ ̄ ̄ ̄ \ー‐|_,,|: : : |_L_ ̄|\>  .| /}/i|   | | ::|::
            |  |/  ||__|_」「_癶|‐く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \|_..|: : : | ⌒≧s。|   | [|| |   | | ::|::
            |  |  /||__|_└/\\|三三三三三三」 _| ̄¨|_    ≧s。└L_|   | | ::|::
            |  | / || ̄| ̄辷〉 |\/ ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄\/ ̄ ̄L「         ``冖冖└L |_
            |  |/  ||Τ    γ\| ̄ ̄ ̄ V^ヽ ̄ ̄ノ             . . . . : :
            |  |  //      `7¨¨¨¨)¨¨¨¨ヘ 弋二)     . . : : : : : : : : : : : :
            |  | .//))       `¨¨¨´    \ \     厂〉_ . . : : : :. \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
______|_|//`´                 \ \_/ ,/シ : : : : : ::,≧                             <
二二二二二二|_|/::                    ≧=‐‐=≦ : : : : :. -=ニ    よっしゃあぁー! 繋がったぁー!      ≦
:, :, :, :, :, :, :, :, :, ((__)::                   . . . . : : : : : : :, :, :,.≧                             ≦
                                               /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\

.

25 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:00:28 ID:487a49ed


ー―――――| |―――――――――――| |ー――''"
          .| |    _             .| |     .|
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr' ||
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |    .\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从人_人__从人_人/
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |    .≧                                <
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''" ゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|    .≧  機器の数値に気を配れ! 絶対死なせるな!  ≦
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三        .≧                                ≦
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l    /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y⌒WW\
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢
           .`トl..r'´      ¢
            .ヒヒ= つ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  その声に、先ほどまでの絶望感は含まれていない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

26 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:01:10 ID:487a49ed


    {: u.  (__ノ)    は、ははは……祈ってみるもんだな。
    '、     _7
    _,r辷 , -'     聞き届けてくれたじゃねぇの!
  /`、ゝ__|/l、__
 /   .|  ヘ-| ,∧
.∧   i   ∨;;,} ,'
/   /  ,.,.ヽ;l/         , -、
   /   ' ,{ ,i        イ   \
   ハ    ;',ヾ,`!     /       \
  / ∨     }<    /    __     \
  /  t,     /`> 、´    / ` 、    \
. /   <   /      `</     \    ゝ-,
/    |l /          ` 、__   \    `、_
- ___/ } イ      へ、       `l---- 、`、   /、___


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺自身、研究者として非科学的だとも思う。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

27 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:02:01 ID:487a49ed


          [ 手術室 ]
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|  オギャア! ホギャア!
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ただ、妻の遺した赤ん坊が助かったのは

  どうにも超常的な力が働いたと思えて仕方なかった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

28 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:03:19 ID:487a49ed


 ゝ、_                       |
       ̄  ―  ´  ̄ -        /
≧ 、                ` - _ /              .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
三三≧ニ=― -  _ _         |                 | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
三三三三三三三三三三三〉` ー - -/                  ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
三三三三三三三ニ三三フ      ,/_                |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ
三三三三三ニ/    |三/       / ',
三三三三三/  ィ'  |フ `ー -   |   i
三三三三三{  〈ノ   ’ \       i`  }
三三三三三',  i     〉ー- -| ノ
三三三三,イ '.__ノ     | i       |´
三三≧´   | |       l l     }
三フ´      i i      // ` 、 .ノ
´          i i   / ´    フ'     ふぅ……。
> 、     ', ', ,/ '`ヽ     /
   `  、 ,、ヾ、      /       備府出やらない夫様ですね?
          >ーi-` - ' ´
             j               手術の結果をお伝えします。
_   _  _i
   ̄    ̄  `,
             、
           l


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  その後、出てきた医師が説明するには。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

29 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:04:18 ID:487a49ed


        //       /ヽ、  \ 丶、    ヽ \
          l/     , -' ´ ̄ ̄ ̄`丶、 \   |\`、
          /     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
       / /   //                \l  | |/
     /_/    l/   /  |             ヽ \l/
     ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
        | /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
      l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
        ∨ l| |/ l/三 |   | ∨!/三|  /|| l/
         | 从  |/三三三ミ  | 三三三l / /l/
        |∧ \ ヽ三三三=\!三三三/イノ
        l/  Vl/>、!  (   i   )   /
             /,仆、   ー' ー'   /
               |∧l l /丶、     ィ´l〉,
               |l // |\/ l>‐イ∧//
              ヽ >へ、       _,. -く
           ,. ‐'´ `丶、` ̄ ̄´_,. ‐'´ `丶、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる奈は……妻は亡くなった。

  どうしようもないことだ。電話を受けた時点で手遅れだったのだから。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

30 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:04:53 ID:487a49ed


     i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〕
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!  /:::::::::::::::::::::::'i
.    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  i 、::::::::::::::::;;;;;i、      i~"l____
     ヽ‐-、__,―"  ヽヽ、:::::::;;;;;;;;;ヽ、   {"~     'i
.     ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     \ヽ、:::;;;;;;;;;;;ヽ     ̄| |" ̄| i
     /;;;;;;:::::::::::::::::'i      \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;i!     |_,.i.  | .,i
     /;;;;;;;;;:::::::::::::::::i!       `―---‐'            ロ ロ ,-、
.    /;;;;;;;;;;;;::::::::::::::/,i                       {二二_/
    i'ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;//
    ヽ______,/


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ただ、彼女が遺した命は。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

31 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:05:53 ID:487a49ed


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      {     ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_.    l         `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ        cっ /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺達の息子は、なんとか助かった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

32 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:06:21 ID:487a49ed


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l                   と.ー .く
   l              〃    .ノ!
   l             八`ー‐_f r'
   l             / l}    ノ'    あっ……。
   !               !  ハ.  /
   ,'            /  | .i ./
 ̄ `ー -         ι  i ! /
        `  、        J
:.:.:.:.:.:...        、      / 。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´  o
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  その顔を見た瞬間、涙が止まらなくなった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

33 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:06:44 ID:487a49ed


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧:::::γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ.::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      {.         ●       ● lハ `ヽ| おー…… |:::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_.    l     , , ,   (__人_)   、、、',、.  ゝ_____,ノ.::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、                    ハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ             /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  あれほどの大騒ぎからは想像もできないほどに

  安らかに生きている様子に心底救われた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

34 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:07:30 ID:487a49ed


          ′
         /
          /                             |
        ,'                             |
        ∧                          |
          '                              j
         f¨ヽ                         ′    は……ははっ、気楽そうにして……。
        メj  j  i!                           /
  , <フ i   ヽ,ヘ__    /              / ー 、_   この子はきっと、大物になるぜ?
 ̄   /  :| ヽ   ー 、二ヘ.,ノ  i!         / ヽ    \>
  /   |iヽ ヽ、_      `ー 、_L,___      ,イ   イ       \  ` 、
 /   > ´ハヽ、  ヽ、_ゞ          ̄,>イ   ./         \  ` ー 、
 >イ   i ゙t ヽ、_   ¨ ヽ、              i/∧. \     /       ` 、
/     {   ヽー、 `ヽ、_                   //  |   \  /        7
      ヽ  ゙ゝ、ヽ、_  ̄           ,イイ   |    \         /
\      ヘ   ヽ  ヽ、_            f_ノ   j      /      /
  \      ∧   ヽ、_       __,,.. .-‐  ̄¨ヘ  /     /      /
   ヘ     i      ` ー x-‐=ニ  > -  ̄ ¨ <     /     / /

.

35 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:08:17 ID:487a49ed


       /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
       //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
     _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
     ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
      小|   l/ ノ 弋 ,| |ヽ、_| l |
       l从  | (●)}liil{(●),ルリ
      ノハ小  l   (__人__) l,/
        //ヽゝ   lr┬| ,イi  //
          |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘ _ _, 、   て
            γ:::::::::::ム:::::::l┌┴ 〉〉〉 ┐ (
          /::::::イ:::/∞ヾ:..ト.|   ``` │  ´
         ,イ::::イ゙~"    ゙~l .| 肉壁. │
        ゝ、ン"ノ   ,   , 八.|     │
            /   /  ハ.  └───┘ ─
                          \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  聞く所によると、車が突っ込んで来た際に

  妻はお腹を庇ってぶつかったらしい。

  背中を向けて、腹を腕で抱きしめてといった具合だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

36 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:08:34 ID:487a49ed


               -‐  、 ̄`` 、 、
          , ,'" ,' ノ / ハ ヽ ヾ ヾ\
        ./,:  / ' ;'   '    !   ヽヽ
      /; , / '  '     ,.;:;:''     ,:;.,., ヽ
      ./ ノ, ; ハ !      "      ;'  ` ‘,
     /'  / ノi  ′     ´ `     .: ヽ、  ',
    ,' ! ノ イ; !   ,.:  ,z=≠=-,   、‐≠、  !
     i ハ /; ノ      ' _    ̄ '"  - ヽ `   ヽ
     |; ,' ;ハ    し         , ー--‐ .、    ',
    iハ _ ;:'   ;            /      !     .}
    ∨へヾ ,;;;            !        !
     .{ r (_  ';;;;         廴 ̄ _`ヽノ     /
      \- ’ ;;;;  ,;;'   ;;     ̄        /  ,. -‐-、
        ヽ‐;;';;;;;;, ,,;;;;,  ;, ;';,    ー-‐'    _ イ   」-‐
        >、;::::;_;;;;;;,,, ;;;, ゙ ::...     ....::ノ- 、 {├ "   }
       /,. イ  }i ヾ、-=;;;;;;;,‐-   _ .:;''`  、 ヽこf ̄_  ノ
     , '"´  └ '/            ∪   ヽ ,:`F、  ヽ
    /    _,. イ´ } 、           .. ......    '、 !  ` , Y
   ∧   /   `゙/  ヽ;,    ,  -- 、::::::::::::     ゝ 、;   ,;  .!     _
     >'´  ..:::/ ‐、 ,. -─‐/    ヽY   ∪      ヽ;;; / _, ''"    `ヽ、
    /    /べ、ィノ          _ヽリ           ヽイイ   し      ヽ
    ヽ  /'    /   し        、 }' ;,,;  , ,    ´` ー 、 '         :.   .:
     .Y    /;;;', 、 ,;;  ,  ァ--;;'ー';, ,;;;,  ,;;;;;,, ,, ,;;;;,-,-、r;:;\  :..     :::;::::::::
     、 、....:ヾイ  ノ ,;;;,  ;; /;;> ´ ̄` <,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;:;:;Y::::::、:.   f `r 、_
        \/  ` イ,;;;;;; .ィ";;/        \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;:;:;Y;;;;;;;;ヽ、.::/ー ' イ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  たったそれだけのことだが、妻の土壇場における機転と挺身により

  今ここに、この命は存在する。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

37 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:09:09 ID:487a49ed


 ゝ、_                       |                               _   _,
       ̄  ―  ´  ̄ -        /                           ___,> Y´'ー-、
≧ 、                ` - _ /                        _>z二_ ___`ー≧__
三三≧ニ=― -  _ _         |                           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
三三三三三三三三三三三〉` ー - -/                               /        ヽ `Y′之>
三三三三三三三ニ三三フ      ,/_                               /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
三三三三三ニ/    |三/       / ',                            /!i |r'7Y `丶!、」! ,'|  }ノ |
三三三三三/  ィ'  |フ `ー -   |   i                        /|ハ 代歹  -‐-〃/_/ / ,/レ′
三三三三三{  〈ノ   ’ \       i`  }                         ' イト i  (_,、__)  ィJ}リ'/|/
三三三三三',  i     〉ー- -| ノ                                ヽ  ー´   -‐1//
三三三三,イ '.__ノ     | i       |´                                 `ーr‐ ´='1ハ トリ
三三≧´   | |       l l     }                                    _iY「´ r'⌒,._
三フ´      i i      // ` 、 .ノ                               , イイoノノ   i 〃 ヽ
´          i i   / ´    フ'                             / レヰo /´ ̄`ヽ  '、
> 、     ', ', ,/ '`ヽ     /                              / /     {二二´ !   ',
   `  、 ,、ヾ、      /                               / / ─‐---  `r─   ヽ  ',
          >ーi-` - ' ´                          /   ヽl       ー‐,ィ'   \ヽ
             j                                /    /!          / ヽ   `ヽ
_   _  _i
   ̄    ̄  `,


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  彼女の献身と、医師達の頑張りは決して無駄ではなかった。

  ……さっき、祈りとか超常的な力云々とか考えていたのが馬鹿みたいだ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

38 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:09:52 ID:487a49ed


               -‐― ‐- 、
             /        ヽ
            ./           i
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ        i  あ、ありがとう……本当にありがとうございます……。
        _   。::::::::::::::        i
       < _ \o::::::::::::::::::::::::    /   そうだよ、あんなの気のせいに決まってるよなぁ……。
      <__ \ \::::::::::::::::::   /
     <__ \ \ ヘ /⌒/゜。 ./     人を生かすのは人なんだ……!
.     └--ミ ヽ、\:゜- \ | o/
   / | \ヽ丶  -o      〉 °
 ̄<   !  `\( \ °    !_o_
_ \   !    \_ヽ ゜   {\_    ̄ ̄\_
!  ̄ ̄ ヽ /{ 、ヘ      > ∠       ノ)
       \ /⌒\\   ∠/ヽヘ      /
         \ い / \(⌒)   ノ \   //
          \ /   .ヾ、 /    \ ./ /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  自然と湧き上がる感謝の念は、とめどない涙と共にこぼれ落ちた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

39 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:11:04 ID:487a49ed


      ________
   /) / .)  \
   / ./::/ ./:::/ ) \
   l .l/ // ∠___ |  <グイッ
   l / / / _、,,.ノ |
  r      /___)  |
  /     /     |
 /     ノ     |
 {    jヽ      /
 .|    i  >    人_
  |   |/   ̄     ヽ
  .|   |        ィ ヽ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  目元を拭い、俺は目の前の赤ん坊を直視する。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

40 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:11:50 ID:487a49ed


                  } 、       .イ ヽ、
                  ヽ__  ---ー ´ >´ >、 _  __
                    'V  _ >´  /. : :/ : : : : : : : .`ヽ      なあ、知ってるか?
                       「У...ヽ   / : : : : : : : : : :/: : : : .`、
                    /{::::::::∧ / : rー、 : : : : : : : :_: : : : : . ',
                   __,∠ : :.}⌒〈 У : Λ V : : : r':/ { : : : : : : ',
              / : : : : : /:::::::i /r⌒、ハ, ∨ : ,' :}  } : : : : : :、'.,
             ,' : : r._:_:_:_:.{:::::::::i/: (\ \:、 \」.ノ  { :/: : : : .ヽ_
             Λ:/  ___ノ::::::,' : :(\\ '\   ¨   Y: : : : : : : : i
            //__∠Z )i::::::::,': : : :\\\ ヽ、    }.:.:__ : : : : : .',
             ノ{ /" _____ `} i::::::::l : : : : : .\ヽ、_       トマ、`<__: : !
           / ::!  ¨_ ̄ Y. :i:::::::l: : : : : : : : :\       ヽ  :} } : : : ヽ\'.,
             /: : :!    `、_j : i::::::l: : : : : : : : : : : :>.、    ノ.ノ. : : : : : : : }
         / : : : :}    r } : :.',::::l : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ、_//. : : : : : : : ,'
           / : : : :/   ト、イ : : .∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : :>イ : : : : : : : : : :ノ




       ___
     /ノへゝ
     | \・ω・)ゝ アブッ?
     \__ ̄ ̄ヾ .
      \__/


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  これは言わなければいけないことだ。

  例え相手が理解していなくとも。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

41 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:12:34 ID:487a49ed


             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ   【やる夫】、お前は物凄い努力と奇跡の上に生きてるんだぜ?
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  それは、あらかじめ決めていた名前だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

42 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:13:08 ID:487a49ed


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、                / ̄ ̄\
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`             / ヽ、_   \
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |                 ( (● )    |
     l从  | (●)\l(●),ルリ                (人__)      |
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/               .r-ヽ         |
      //ヽゝ   lr┬| ,イi n              .(三) |        |
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)             .> ノ       /
          γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl             ./二/ ヽ     /
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/             //// へ>个/ <
         ヽr゙~"    ゙~l             |////ヽ /\///)
         ノ   ,   , 八                 ̄ ̄ |\/////|


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  妻と相談して、男の子なら「やる夫」にしようと。

  俺達夫婦の息子なのだから、「【やる】奈」と「やらない【夫】」の両方を入れようと。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

43 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:13:49 ID:487a49ed


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ    やる夫、お前は俺にとって希望そのものだ。
        |         }
        ヽ     ヘミ|     これからずっと、何があったってお前を育て、守り、愛し抜いてみせるさ。
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  実際の所、内心はグッチャグチャだ。

  妻を亡くしたばっかでどうすりゃいいのか分からない。

  でも、これだけは言っておかなくてはいけないと思った。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

44 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:14:39 ID:487a49ed


     |                 ゙
     i!、                  i
      |! \    i!           |
     ! 、_ヽ  人、__,x≦_        |
     ,:  ̄ミヘ !,彳¨弋_ソ )        |
     |     i  `¨ ゛ '';:.:': .        !    なんせ俺の……俺達の息子なんだからな!
    ハ (   !     、  : :;     ,
    r‐ ヘ ー ゝ ___.ノ, ゛ 7   リ !
    人  ` 、- 、`    i!  l   .イ/
    ハ    ` -.、   |   } / /  {    _
     l          ̄    |´ /  ≠´  ̄~ |
    }            i! ムイ      /
.    {              j ´        /
     )              /      _ -―-` 7
    ヽ_             /     〃      {
       `ヽ          /     ´         \
      ,、  `l _ -- _ i!   /               `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!

.

45 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:15:13 ID:487a49ed


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      {     ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_.    l         `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ        cっ /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そんな俺のカッコ付けを知るはずもなく

  やる夫はスヤスヤと寝息を立てていた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

46 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:15:33 ID:487a49ed











┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

                                        第一話

                              俺の息子は天才か?

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛











.

47 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:16:23 ID:487a49ed


      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -




  備府出家が住んでいる官舎  ~昭和63年 春~


                                          __________
               ___________________|__________|
.                |___________________|               /
                \  ___________________|  ̄ ̄ ̄|___/
                    \|                            |       |   |
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      |       |   |
                      |    |     | |l」|      |     | |l」|      |  []   |   |
                l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   |
                |                            |      \.  |   |
                |___________________,|__       \|   |    /| ̄ ̄ ̄ ̄
                 `丶、┌―――――――――――――――‐`ー―\      ̄ ̄ ̄|//| ̄ ̄ ̄ ̄
                      |                            | \           |/  |   _
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      l   \____| : :  |  |_||_|
                      |    |  _  | |l」|      |  _  | |l」|      |  []   |   | : : : :  |  | || |
            __ l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   | : : : :  |  | || |
―――――――┴ ‐ |                            |      \.  |   | : : : :  |  |_||_|
 [][]   [][]   [][]   |___________________,|__       \|   | : : : :  |
              ` ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄| : :  |   _
 [][]   [][]   [][]   [][]  |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      | \           | : :  |  |_||_|
     ,k     ,k        |    |  _  | ||」|      |  _  | ||」|      l   \        | : :  |  | || |
 [][] f辧 ][]   f辧   [][]  |    |     | |「||      |     | |「||      |  [] |       | : :  |  | || |
__湃彬__湃i彬_l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\   |  ┌┐ |_;_;_|  |_||_|
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |      \.|  └┘ ||||||||||
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |        | |       |||||||[|――――
二二二二二二二二二{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l l三三三三}llllllll二二二二

.

48 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:17:11 ID:487a49ed


          ____
         /⌒  ⌒\         トーチャントーチャン!
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i     つぎの本、よんでくれお!
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )




                 _,,..-――-..,,_
                 /        `ヽ
              /            ',
             ,'.      ――     ',
             l /              l
                 ',       三三    |    分かった分かった、どれがいいんだ?
              |. 三    -.、    |
              l  /      l      |
               '.,.ヽ.__入_ ノ  .|  .|
                    ヽ 、`´ ,     .| ..|_
      ,-、   __      .',   ̄     /l  .',\
       .',. ',  l l       l     ./  |   .', ヽ、
  〈.ヽ  ', .',  | |       _`''―‐''´    .l   .l   ',_
    ', ', .', ', | |   ,,-''/  ',\      |  ...',`゙''-..,,_
,-、  ', ', j .`´ |  / /    /', l      |    ',   .`゙''-,,_
ヽ \ ', `´   ..| ,'  . ̄ ̄\/ ',.ヽ  /   ,.イ    ',        .`ヽ
 .\.`´         ヽl__,.--.、   |、ヽ __ ,,..-''´ |'"´ ̄ ̄
   ヽ            ,,..-''"   .| `''--  .-‐''´|
    '.,     __ /       |          |
     .ヽ- -''"          |         |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  あれから3年が経った。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

49 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:17:56 ID:487a49ed


   ___________
  |                |
  |                |
  |       知識求ム       |
  |                |
  |____________|
   ┃    ____    ┃
   ┃  /―  ―\   ┃
   ┃/  ●   ● \ ┃    こんどは歴史の本がいいお。
   /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
   ヽ   ヽ   __   ィ’  /    できれば、日本についてかいてあるやつ!
     ヽ           /
      }          /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  生まれた当初は未熟児寸前の体重だったやる夫も

  大病もなくすくすくと成長して、つい最近3歳の誕生日を迎えた。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

50 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:19:15 ID:487a49ed


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l
.    l              冫.   く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /    よーし、ちょっと待っとけ。
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /      確か、漫画日本の歴史を買っておいたはず。
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そこに至るまで、種々様々な苦労や色々な人の手助けがあったが……今は割愛しよう。

  少なくとも、ここまでやる夫は大過なく健康に育ってくれた。

  それだけで十分過ぎるくらいの幸せなのだと思う。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

51 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:20:05 ID:487a49ed


         ____
        /\  /\
      / ●   ●  \    マンガはもういいお!
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
      ヽ   ヽ_)    イ     やる夫はもう大人なんだから
      γ´    ,v    Y
     ( `}'   (   _乂     もっとむずかしいのだって平気だお!
    ) ー' て    ̄
   '⌒γヽへ




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)    |
      .(__人__)      .|   ははは、そいつはすまなかった。
       l` ⌒´      |
       {          |    じゃあ、司馬遼太郎でも持ってこようか。
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ただ、やる夫は「それだけ」に留まらなかった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

52 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:21:11 ID:487a49ed


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧:::::γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      l ∨      {.         ●       ● lハ `ヽ|  トーチャン、おなかすいた、ミルク。  |
     ∧ ヽ、_.    l     , , ,   (__人_)   、、、',、.  ゝ_________________,ノ
     / ∨    ̄` ' ー- 、                    ハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ             /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  なにせ、産まれて初めて意味のある言葉を発したのがコレだ。

  ちなみに当時は生後半年。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

53 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:21:50 ID:487a49ed


     ___
    / ―  ‐\          ____
  /    ●   ●\       ./      /
  |   ⊂⊃ (_,、_,) |      ./     /   ももたろうは、おにをたいじしに、たひたち……たびだちました。
  ヽ           く     / 絵本 /
  ./            .\    /     /     うーん、やっぱりだくてんはまだむずかしいお。
  .|           |ヽ、二⌒)___/


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  体の成長は平均かやや遅れがちだったが、頭脳の出来は図抜けていた。

  たどたどしくも、ひらがなを読めるようになったのが生後一年の頃。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

54 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:22:38 ID:487a49ed


          ____
.         /―   ―\
.       /  ●   ●  \      ポアソンのほうそく?
.        |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
.       \         /      えーっと、だんねつじょーたいのまま体積や圧力を変化させて……。
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    _(,,)           (,,)_    ああ、もうやったやつだお。
    /  |             |  \
  /    |__________」   \


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  理科の知識もあっという間に吸収してしまった。

  ……研究者として息子に科学の解説をしたかったので、少し悲しかったのは俺の勝手だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

55 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:23:32 ID:487a49ed


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


  γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   あのくらいの年頃だとね、知識や言葉を覚えるのが楽しくて
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
\:/  (●)  (●)  \ノ   それをひけらかしたり、喋りまくったりするもんさ。
 |     (__人__)     |
 \    ` ⌒´     /    やる夫ちゃんはちょいとばかり早熟みたいだね。
 /            /
 \       (__ノ


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___     ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==         ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  俺のお袋はこう言っちゃいたが……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

56 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:24:24 ID:487a49ed


    ,,..-―‐-..、
   /        ヽ
  ./ (__     ',    (十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人)
 /::) ヽ:::::::   |   .l
 〉    ヽ   U  |    (そんなことわざもあるけどさ……そういうレベルなのか、やる夫のこれは?)
 ゝ'ヽ‐--'      |
  ヽ        |     (暗算だって、九九を通り越して微分方程式を解いたりするし)
  |      |   ,,-‐、
  ヽ-..,,_::::::/,,-''"::::/`ヽ
      ヽ ヽ::::::::::/::::::
   _,,-''"|   l\/::::::::::
  /:::::::::/-‐''"/:::::::::::::::::
 ./'"ヽ./   ./:::::l:::::::::::::::




      ____
     /―  ―\
   / ●   ●  \     「燃えよ剣」?
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   /⌒l        ィ’     えーっと、歴史書じゃないのかお?
   /  /        ヽ
   |  l      Y  |

.

57 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:24:46 ID:487a49ed


     ___
    / ―  ‐\          ____
  /    ●   ●\       ./      /    め……モクテキは単純であるべきである。
  |   ⊂⊃ (_,、_,) |      ./     /
  ヽ           く     /     /     お……シソウは単純であるべきである
  ./            .\    /     /
  .|           |ヽ、二⌒)___/      それと、えーっと……。


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる夫が妻の忘れ形見にして、最愛の息子であることは間違いない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

58 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:25:25 ID:487a49ed


                       _,,..-――-..,,_
                     /        `ヽ
                    /            ヽ
                   /               ',
                   ,'                     ',
                   l                    ',
                   |                 l
                        |    /⌒ヽ、    /⌒ヽ |
                       l     /`ヽ、    /`ヽ .|     (ただ、無性に不安になることもある)
                     ',    -tj―     tj―- |
                      ',    ミ三彡    ミ三彡 ト、     (なんだろうな、どっか「遠い」っつーか)
                        ',        /     ヽ、 l:::ヽ
                    ',     ./        .} ./''"`ヽ    (俺とは……俺達とは見てもんが違うような)
                     ', .',   .ヽ、   ._l_./ /: ̄ヽ ヽ
                        | .',    .>‐''´   ./:::,,-''´  ,'
                  ,,..-''"´| .|:\    ''"´ .__/_ノ   イ
             _,,..-‐''"~´ /   |  |:::::::\    ./       /__,,-、
     _,,..-‐''"~´       /   /|  | ::::::::::>‐/       /_,,-''"  ヽ
    /´             /   / .|  |  :::::::{       l/ ''" _  _ヽ
  ...,'           /   ./ . |  |     ヽ ヽ、  ∧  /_,,-''"   ̄ヽ
  rl             /     /  .|  |    丿./', ',   .∧ //        |
.r''´ |          /    /|_    ',   / / ∨_,,..-''"´`゙''‐''"ヽ  ̄`"''‐-ヽ
/  .|            /     ,' .',  ̄ヽ、ヽ   /__/             ',-..,,_   .|
 ヽ |          /      .l  ヽ、    ./´/   _,,..-‐-..,,_    \ `"''-,,ヽ、
ヽ  |        .〈     .|    `''-..,,   /  ''"´      `゙''‐  l `ヽ、`ヽl


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そんな底の見えない思索を続けていると……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

59 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:25:53 ID:487a49ed


   ___________
  |               |
  |               |
  |        空腹         |
  |               |
  |___________|
   ┃    ____    ┃
   ┃  /―  ―\   ┃
   ┃/  ○   ○ \ ┃   あっ。
   /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
   ヽ   ヽ   __   ィ’  /
     ヽ           /
      }          / <グギュゥ~~~!


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる夫の腹の音が、それを破った。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

60 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:27:00 ID:487a49ed


        ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i   ……トーチャン、腹減ったお。
  ヽ   ヽ   __   ィ’  /
    ヽ          /
     }          /




                 _,,..-――-..,,_
                 /        `ヽ
              /            ',
             ,'.      ――     ',
             l /              l
                 ',       三三    |   はははっ、悪い悪い!
              |. 三    -.、    |
              l  /      l      |   すぐ用意すっから、ちょっと待っててな!
               '.,.ヽ.__入_ ノ  .|  .|
                    ヽ 、`´ ,     .| ..|_
      ,-、   __      .',   ̄     /l  .',\
       .',. ',  l l       l     ./  |   .', ヽ、
  〈.ヽ  ', .',  | |       _`''―‐''´    .l   .l   ',_
    ', ', .', ', | |   ,,-''/  ',\      |  ...',`゙''-..,,_
,-、  ', ', j .`´ |  / /    /', l      |    ',   .`゙''-,,_
ヽ \ ', `´   ..| ,'  . ̄ ̄\/ ',.ヽ  /   ,.イ    ',        .`ヽ
 .\.`´         ヽl__,.--.、   |、ヽ __ ,,..-''´ |'"´ ̄ ̄
   ヽ            ,,..-''"   .| `''--  .-‐''´|
    '.,     __ /       |          |
     .ヽ- -''"          |         |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  考えすぎだろう、俺の悪い癖だ。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

61 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:27:34 ID:487a49ed


       ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i   こんだてはー?
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )




       ____
     ´      ヽ
   /          ハ
    i    _.ノ 、__j
    |    ( {:::j` {::リ
    l    r    `,_)    ポークソテーとご飯と味噌汁だ。
   '    ゝ-- ´.z′
    ヽ ゝ ._ ノ     やる夫が本を片付ける内に出来てるさ。
   ,r┴―-、├┐
   .〉‐--..∧∨{
   {≦三≧x、`丶 、
   | r――― >. ∨
   | |イ ̄ ̄` ヘ.|  i            || .||
   | |       ヘ!ヘ  {             || .||
   V!      \} |           ..‐'''ゝ、||
    |、\ 、   , ヘノ     _,.ノ´  、ヽ\V
    |: \\\ノ´ \  > ´  ____,.ハ.ヘ 〉_ト'
    |:.ニ=\\j    `´   ,. <´ `ー''i| ||
    | ´ ̄l.  \    , < ´  .     || |!
    `゙'<,_|_   >`ーイ.           || |!
    r'´ ̄||、\¨´    j          |! |!
    {ニ//.|| ヘ ハ.    `| ̄ > .,,,,,_.   l! l!,. -――――
   // |゙ ||.__} |!     .|  、,_ 、,_  ∨  {ヽ. -‐‐r'"。~^。~^'
  ∧ ヘ,,|゙ ||>‐"|     | ̄`{':三\ }三三}.`丶 、ヾ、' "。゜゙;
    |ハ.∨    j|     |   `//YY>' ̄ ̄´\   ` ̄ ̄ ̄
    У..,,___|      |    ` ̄´´     |i|i|"~`' ..,___


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  こうして腹を鳴らしてメシを待ってる所を見れば、ごく普通の子供でしかない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

62 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:28:23 ID:487a49ed


             ,. - .
              /   .-ヘ
          / ,. '´    }             _____
          { /     /             ´      `
            ∨   __,..'´         .′       .
              ` ̄| l               |__.ノ ヽ、_,  !   (天才か、単なる早熟か、あるいは俺が能力を見誤っているか)
              | |               (●)(●)
    rヘー'~。゙^ヾー゚、 | |              (_人__)  /    (どんな人間にせよ、例外なく腹は減るもんだ)
   Y´p ゙、l!". οゞハ|_|            , .::-ヘ´ ` /ト、__,._
 {゙´。ο 〃^ 。l!,;  ゙~ヘ;⌒ー:、      /::::/.:ク--イハ/::::::::::ヽ
.{〃ゞ ^d ゙、 % -ヾ " )パ、";';}    ノ::Y f::::{   i:::::::|V.::::::::::ヘ
.{^;i! 。ο"〃^ 。l!,;rー゙''"~ ゞ-"´    j::::::|   ̄ ̄ ̄ ``'!ト::::::::::::::i
{;;:〃 :' 。^;;゚ノ⌒ ο゚、;}::::`、     /.:: :::i         `i:::::::::::ハ;
.|;;: c ~/⌒´      \:::::::` _ /:,:::::::::ト:..        V:::,::'::::::
.|! i!゙!i!'/,____       \::::::::`::::::::::::::,} :::::::...... .     !:.:::::::::::i
{三三三三三三三三iix、、,,.. \:::::::::::::/ !::::::::::::::::::........... ./ゝ::::::: リ
|三三{   }三三三三三三i:x... ` ̄   、::::::::::::::::::::::::::::::7.:.:::::::/
∨三三三三三三三三三三三三ii:x、、   >ー. :::::::::::::::::/.:::::::::/
...\三三三三三三三三三三三三三||li:x、ヘー- , -- <ヽ.:::::::,イ
   \三三三三三三三三三三三三三三ix、∠、、   }}:/
    `'<三三三三三三三三三三三三三i}ニニ/  / ̄
       `'<三三三三三三三三三三彡'´ ゝ-'⌒
          `''==三三三三三>''´


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  やる夫がどんな才能を持っていようが

  一人の人間であることに変わりはない。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

63 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:29:13 ID:487a49ed


            __ _
         ,ィ'´   `ヽ
          /         .
           i  __.ノヽ__. |
           | ( {::} )( {::} ):|    (だとしたら、俺の使命はやる夫をつつがなく育てることだろ)
          !  (_.人_) !
         ヽ   ´ `  /    (やる奈だって、きっとそう言うはずさ)
         ,| ゝ.___.ィ
.      _ イlヽ!、 ー  |i`ト、_
.    ,、<   j|_,ィ‐l_   _ jr゙ト、 >、
    | `ヽ、  i::| ,ハ ` ´ ト|::! Y . ハ
    |   ヽ .j::|_>ヽ-‐'、_|::|_ イ   :i
    }  、_|:0:: ̄:::::::::::::::::O::|{   |
    ト   ノl:::::::::::::::::::::::::::::: : ||   |
    |      |::::::::::::::::::::::::::::::::::|!   ゙l
    |      |::::::::::::::::::::::::::::::::: i!    |、
    }      |:::::::::::r‐、::::::::::::::::::i!  ,  j
    ソヽ、_ フ::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::::〉≦ニヘ
     l '´ ̄メ,r=ヽ_____ヽヘ________{'´ -、ヽ}
     i   :{´、ヽィ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|r)ノ`!j
    ヘ,___! `ニぅ         |=ニソ
       |:::` ̄´!、______j ̄´
       |::::::i::::!ヽ、::::::::::::ノ::/:::::|
       !:::::::|::::l:::::`:‐‐'"::::/::::::::!
        l::::::::l::::::i:::::::::::::::::/:::::::::::i


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  そうして、出来上がった料理を運んで二人で食事をとる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

64 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:30:04 ID:487a49ed


        ,ィ
        / |             /uiu、
      ./ /|          |   |
     / //  ____   ヽ /
      / // ./―  ―\  | |
    | // /  ●   ● \ .| |
     ヘ〈_ |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|⌒)   いただきまーす。
     〈_ィ\   ヽ_ノ    //
      \          /
       i          /
       |           i




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)    |
      .(__人__)      .|   うん、おあがりなさい。
       l` ⌒´      |
       {          |
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ぶっちゃけ、料理はそんな好きでもないのだが
  ヤルオ
  家族に食べて欲しいというモチベーションがあるから頑張れる。

  ……やる奈はどういう気持ちで主婦をやってたんだろうな。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

65 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:31:20 ID:487a49ed


     ____
    /―   ―\
  /  ●   ●  \   モグモグ……トーチャン、テレビつけていい?
  |⊂⊃ (_,、_( ⊂⊃|
  \    i_i_i  ヽ ./
          ||
       γ⌒)
       /




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \    ん?
    |   ( ●)(●)
    .|     (__人__)   ああ、構わないよ。
     |       ) ⌒´)
     .|         }  ) )
      ヽ        }
      ヽ __/)
     /  -≠ー ̄''}二==
     |  ヽ /    ,/__n_
     .|   /  / ̄ ヽ__/)

.

66 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:32:00 ID:487a49ed


      ____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |            | ::|   <ニュースの時間です。
  |.... |:: |            | ::|
  |.... |:: |            | ::|   <本日、天皇陛下は……。
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




            ,, -─- 、._
          /      ヽ
            |           |
             |     ノ  ヽ、|
         __/)  (─)(─)   フーン?
       -≠ー ̄''}二=__人__) n
        /    ,/  ヽ ̄ ̄ ̄/)
        /  | ̄  ,,   ̄てニニノ
       /   ト、     ̄  } |  |
      ヽ、__ノ|        | ヽ、ノ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ニュースの内容にはそこまで興味がそそられなかった。

  やる夫には退屈だろうと、リモコンを渡そうとしたのだが……。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

67 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:33:04 ID:487a49ed


       ____
      /⌒  ⌒\
    /  ●   ● \   ああ、まだ昭和だったお。
    | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
    \     (_/   /   えっと、ことしが63年だったから……らいねんから平成?
      |    ┌─┐|
      |     ⊃.茶 ○
      \_    ̄ \
      と_____ノ_ノ




         ,,..-‐‐-..、
       / 、_    ヽ
      ./  ┬    ヽ
      lィ   、    l   ……?
     (__,、_ノ    ,'
     ヽ       /    やる夫、なんか言ったか?
        |     _|  l、
      .ヽ-ィ''"´./  .〉ヽ.._
       _,,-|  /  ./:::::::ヽ`ヽ、
    _,,-''//ヽ   ./::::::::::::::ヽ、ヽ
    /:::::>::/、_,,..-'/<´`"''‐-,,_ヽ::::\
  ,、/::::::|::/    .//:::::::::::::::::::::::::::::::|
 .ヽヽ、::|/_,,..-/ ̄:r''"ヽy::::::::::::::::::::::|
 |三_,,-''":::/::::::::::/  /:::::::::::::::::::::/


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  なんとかセイって聞こえたような?

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

68 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:33:57 ID:487a49ed


       ___
      /⌒  ⌒\
    /  ○   ○ \   あっ。
    | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
    \     ヽ_ノ  /
      |        |   ガシャ
      |     ⊃.  ○      , -っ ゚
      \_     \   r. ― ┐ ー ュ '
      と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。




        ,,..-‐‐-..、
       /     .ヽ
        l u     ',
         | ___ノ L___.|
       .| {::::::::: :::::::.{
        .|  r''´   ヽ.|    おいおい大丈夫か、怪我してないか?
         ', ヽ-‐'ヽ--'|
          ',        /
          ',     |
           ト''" ゙̄''イ
       _,/|ヽ  | |\
      // .|     |、ヽ\
    / ./  |     .', .〉.ヽ
   /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
   ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  危ないな、湯呑みが割れて手を切ってたりしないだろうな。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

69 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:34:37 ID:487a49ed


       ____
      /―  ―\
    /.u ○   ○ \     えっと……これはね、そういうことじゃなくてね?
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )




              / ̄ ̄\
             /   ヽ   \
            (●)(● )    |              落ち着け、何を言いたいのか分からん。
            (__人__)      |
            (,`⌒ ´     .|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     どっか痛いか? なんか気になることでもあったのか?
             {          |            ヽ
             {         /  /          ヽ
            /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ
          / /     ./  /   /  /  /
         / /      /  /  /  /  ∠_,-
      ⊂二⊂ノ        /  /  (__/  ∠__,- 丶
  (( (二二二二二) ))⊂二_ノ     (________ヽ

.

70 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:34:56 ID:487a49ed


     ____
    / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \    いや、その……。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´

.

71 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:35:56 ID:487a49ed


       ___   ___
     /ノ  ヽ__ ≡u ノ \
   /●   ●      ●  \    な、なんでもない……お。
   | (_,、_,) ⊂⊃  ⊂⊃ (_,、_,)|
   >u⌒     ≡    ⌒ ィ’




             / ̄ ̄\
           /  ヽ、_  \
          (●)(● )   |
          (__人__)     |
          (`⌒ ´     |     ……?
           {           |
           {        ノ     そうか。
      〃 ̄ ̄ ̄ヽ    <
      |  i     |    ''⌒ヽ
      |  i     |  / /}
      |  i     | / / /   ) )
      |  i (⌒´  /   /


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  単なる食事中の会話の一コマであり、この時は特に気に留めておかなかった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

72 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:36:46 ID:487a49ed


      ____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |            | ::|
  |.... |:: |            | ::|  <天皇陛下は、昨年9月に開腹手術を行っており……。
  |.... |:: |            | ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  しかし、10ヶ月後に俺はこの時のことを思い出さざるを得なくなる。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

73 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:37:36 ID:487a49ed


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             ¦
                                  !




                ┌─────┐
                │    平    │
                │    成    │
                └─────┘
                      ∩∧,, ∧∩
                   (`・ω・´)
                   │ θ │
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |        |


パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ

.

74 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:38:50 ID:487a49ed


      ____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |            | ::|
  |.... |:: |            | ::|  <新元号は平成! 平成です!
  |.... |:: |            | ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




. /                  \       ノ
/                          \     /
             _,,,,..,,_       そ, イ
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.:.:.:.:.:.:. . .
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
       /                             ゝ.:.:.. . .
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .           ………。
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .

.

75 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:39:31 ID:487a49ed


        /               \
      /     ___    ,      __',
       /       ´  ` 、__ツ    レ´::::;!
     ,        ,ィ ̄ `゛    /⌒ヾ
     .         { ・       ! ・ ,,
               ゝ ___ ィ,     マ彡'
                   ̄´       ヾ:::!
              ij  (     ,ヘ_.ノ!    やる夫、ひょっとして前に「平成」って言ってたか?
                   ゝ ‐-- '  {  l
                ' ---- 一′ ;
                        !
                       /、
       ,ヘ            _/  \
            \     ヾ;::::::{ ̄   ィ´ ̄{
           \     ヾ;::!   r'´    !

.

76 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:41:24 ID:487a49ed


         ____
        /\  /ノ(
      / ●   ●⌒\   い、言ってないお!
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
      ヽ   ヽ_)    イ    だいたい、そんな昔のこと覚えてねーお!
      γ´    ,v    Y
     ( `}'   (   _乂
    ) ー' て    ̄
   '⌒γヽへ




 ̄ ̄ ̄
        \
         ヽ
    し         \

            |
            |
  {.           |
-'   {___,   |   そっか、そう……だよな?
)   (  ○ )    |
           し |
     ヽ       |


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  普通に考えればそうだ。

  単なる聞き間違い覚え間違いで済む話。

  それに、やる夫ぐらいの年齢なら10ヶ月前など大昔だろう。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

77 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:42:20 ID:487a49ed


                    ____    _
                  /―   ―\ |\\
      /⌒、   /.u ●   ● /ニニ、ノ,  き、気を取り直して勉強するお!
     (_ ,、ヽ, ―| ⊂⊃ (_,、_,) /   / /
     ノ⌒ー'´  ヽ_ ___r/-、  / /   今日は数学の復習に……。
    (______、_____ノ_/ノ


┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

  ただ、息子であるはずのやる夫の言葉や姿が

  俺にとってひどく遠いものに感じられたのだった。

┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

78 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:42:37 ID:487a49ed


                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

.

79 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:44:55 ID:487a49ed


        ┏――――――――――――――――――――――――――┓
        |        本日の投下はこれで終了になります          |
        ┗――――――――――――――――――――――――――┛


/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__  …………。
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : /
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、


 ┏――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓

                      次回をお楽しみに!

 ┗――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛

.

81 : システム◆hh4F2FkVUA : 2019/05/06(Mon) 23:45:23 ID:487a49ed
以上で本日の投下を終わります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

80 : 普通のやる夫さん : 2019/05/06(Mon) 23:45:21 ID:bcb4b343

面白かったです

82 : 普通のやる夫さん : 2019/05/06(Mon) 23:51:06 ID:4b89a65b
おつでした!
また楽しみなスレが生まれおったわー

83 : 普通のやる夫さん : 2019/05/06(Mon) 23:58:14 ID:527f95c9
乙です
これは先が気になる

84 : 普通のやる夫さん : 2019/05/07(Tue) 00:01:31 ID:5f330580


85 : 普通のやる夫さん : 2019/05/07(Tue) 00:03:47 ID:0d9ced05
乙でした~

関連記事
45871 :日常の名無しさん:2019/05/15(水) 13:28:29 ID:JalddpaA[ 編集 ]
これは期待出来ますね
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その9 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その8 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その7 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その6 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第七話 「特訓せよ!プログラムアドバンス!!」 後編 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第七話 「特訓せよ!プログラムアドバンス!!」 前編 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第六話 「Urban Fight !」 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 後編 (11/19)
  • 国際的な小咄 5980 平均年収減った? (11/19)
  • 国際的な小咄 5979 朝ニュースを見て思ったこと (11/19)
  • 国際的な小咄 5978 サウジの時計の針が動こうとしている (11/19)
  • 国際的な小咄 5977 中国人に一万円を紹介する (11/19)
  • 国際的な小咄 5976 昨日のコリアンとの電話 (11/19)
  • 正義の味方 左衛門 第拾弐話「私が見極め、”俺”が、選んだ!!」 (11/19)
  • できない子は空虚なようです 第四話 (11/19)
  • アメリカンヒーローアカデミア 36 (11/19)
  • ドクオが異世界転生したようです 第66話 (11/19)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その10 (11/19)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #59 (11/19)
  • 国際的な小咄 5975 メンデルの実験 (11/19)
  • 国際的な小咄 5974 おいおいおいおい、死ぬぞあいつ (11/19)
  • 国際的な小咄 5973 この金貨一枚で生涯遊べるドン (11/19)
  • 国際的な小咄 5972 だれのことかわかるかな? (11/19)
  • 国際的な小咄 5971 日本VS韓国! (11/19)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • 国際的な小咄 5963 手口としては、うまいしヤバイ (11/18)
  • 国際的な小咄 5962 種族が違う……? (11/18)
  • 国際的な小咄 5961 Hate Speech (11/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第14話「美しき旋風!華麗なる風のバルバリシア」 (11/18)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十一話・やる夫は再会するようです (11/18)
  • アメリカンヒーローアカデミア 35 (11/18)
  • カナちゃんのおしながき 第61回 (11/18)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十七話 壊れた街で、さようなら (11/18)
  • やる夫は竜の人財のようです 小ネタ (11/18)
  • やる夫とばくだん 5.消されたタイタン 後編 (11/18)
  • 国際的な小咄 5960 満蒙は生命線 (11/18)
  • 国際的な小咄 5959 盧植さん!? (11/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ