スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
時々読み込みが遅くなるっぽいのでカウンターを下に移動


ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
スポンサーリンク
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

次回作予告 堪え忍ぶ諸侯国(仮) -あなたはこの国を生き延びさせるようです-

目次

726 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:51:21 ID:UrMfIMxT


 以下、変わる可能性が高く、
 詳細も、決まっていませんが、
 予告スレのようなものの何かです。


727 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:51:37 ID:UrMfIMxT



                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !




728 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:51:56 ID:UrMfIMxT



                                                 /\
                                                //.:::.:.::〉
                                            〉へ::.:/ヌ/〉
                                              /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :<7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r寸ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/L...ロ寸!┘   [ニニニ|ニ]                            ルヘ:
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|_|::|/<>。                         | .: : .:.|               .             .
: :レ|[:::《   '     、                    | . : :.:.:.|       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・帝国歴473年。

 大陸最大最強を誇った『エリュシオン帝国』は、長年の混乱、衰退を経て、この年、滅亡を遂げた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


729 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:52:14 ID:UrMfIMxT



                   '       +           十
       _                                      _,.. -‐''"~ ̄ノ
      /,二-L__      '                         __,,.. -‐'''"´ _,,.、-ァ''"~)
    {  冖<- L.._             +         +   ,、‐'''"´   _,..、-‐'乙-‐_'二イ
     \  ⌒ご゙'-┴、 '                        /  _,.ィ孑'___<-‐く -‐く_/
      ヽ  ! '")二'ユ、                    /  /´ 了__,.ィ´__,<-<イ
       l {  ゾ' ー<     +         十 /   ノ-‐づ、 '´_ノ-‐''"´,_,/
          l !  ´フつ::ュ.)                  /   , ‐'フ´-ノ '´_>‐''"´_ノ
  ,     ' |  ,' 一ヘニ ヽ-ュ._           /     _,. - '´/ ,<-''"
       | ,'  ¨! ム ^) ⌒>‐'⌒)    +/   jノノ/´  'フ_,/ ア
        |   '7 `っ<^ 'ン⌒'_`ニ=-―-/    /"´,っ ‐、/´‐'_,xく
         |  i    '´ ,ィジ>'´     /    / 人 ) イ  -‐  _ノ
        +|  丶.: .: .: ,;〃/       /   /う _六 ,'ぅ 丿- '''"´丿
+        \      /          /     ,ノ、,) -'   --┬ '''"´
            `ー-ー プ ´´' /// 〈  、ヾ`,"''   -‐'゙ ,.ニ-‐<      X^}
             /       //´  ,ゝ `ミ、/ ,ィ彡  /\ヽ、ヽ、     {_ノ
               |     , /ニ._''",,ノ   `>!´彳 〈、_入_,ト、{,,ヽ
         十  ',  仭 丿  `"ァー--イ {  ;   ミ、、x{._,入,入 \
+            (ユうァ'′  _ ;彡 ; ' ノ  } ,.'  r'Vハ{. l { l { !}
                ∨`′  〈ス九ヘ}jtメ  _爻ヾf` ヽ._,火_,火_/`''′
                   (と!i`   _rタ、SpY
                             └「 /゙>c'
         ノメ,                   {人トイ                ,J、
          (_,/                                        )  }
                                     ト、                (_,,ノ
                                 {_ノ



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 しかし、『エリュシオン帝国』の滅亡は、この地の平和を意味する事では無かった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


730 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:52:37 ID:UrMfIMxT



                                                _
                                           /三三ニヽ
                                          /ニ三三三ニ`、
                                            {ニ三三三三ニノ
                                          ',ニ三三三ミ/
                                           ',ニ三三三.ノ
                                        _.,/ニ三三ミ/
               _                   _ ,,.-‐ ''三三三三ニ`- .,,._
            ,.-''"~  \                   /三三三三三三三三三三三ミ`、
            r'         `,               ,fニニ三三三三三三三三三三三三ニ\
            ヽ          |                /三三三三三三三三三三三三三三三三\_
           ',        ,'            ./ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
           ',       ,'          ,r'ニ三三ニ,.r''、ニ三三三三三三三三三三三三三三三.\
             .'、_     `、_        .,r'三三三.,.r.'.  .`、ミ三三三三三三三三三三ミl `  、三三三\
          _,,.-┘       .` 、               ,、.. ..',三三三三三三三三三三ミl     .` ゥニ三ミ,'
        ,r.''"~              `''.-、      _ f.!..l.L!i .',ニ三三三三三三三三三ミ|.    .,'ニ三ミ/
       .l                  l,      ヾ,.j..レ 'ノ  .i三三三三三三三三三三ミi    ./ニニ/
       l                       ',    ζ  ,.r"   .l三三三三三三三三三三ミi   ., '三三/
       .l                       ~i   γ'  r"
       l                      `、.ィ.   ヽ
      .!                /、       /
      !                   ノ. .\      ./
      .l                ,'      \   /
     .,'              〈        `.´
     ,'                 `、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 永遠の繁栄を謳歌するかにみられた彼の大帝国の滅亡は、

 有力な周辺諸国であった西方の『三州姜皇国』や南方の『バビロニア王国』の相対的な強大化を招き、

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


731 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:53:13 ID:UrMfIMxT



                             ,.-‐ァ
                             / /              ,ィ''⌒ヽ
                      __ ___/ /              /;;;;彡,,..ヽ
                       /,ィzz{,_>'7 , ヘ>            /;;;;;;;;;;;;;;;;;},,_‘,
                     /./ニア⌒◎//               /;;;>''">=-;;;;;{ 〉    /´{
                       {_{ニ{ニ/', ',ィゝ、    _,, -‐''" ヘ /;;;;ァ'ノヽ ,''" _.. -く_"  / ̄'。} 〉、
                 __...ヾ==‐ }ヘ \  {.: : : : : : :. :.,;;;;;;;;/ノ,、、く。゙' / ,zx}  {-ァ‐く,イイ`Y::〉¨ハ
                  | r┬ァヤ''''7゙/.   \}   ヘzzzz ,゚-、 ',;;;;//三ミミ ヽ≧、/;;ノノ  }彡イイ  ./::/`ヽV
          _r,z┐   乂 ゝく\/      /\ヘ, -‐、 ', .くィ{_{,⌒ヽ', /./;; ',∨ /イ气  〉zzイ/ ヽヘ∨
         /´// ノ‐-≦/ ̄"''</     _/-‐.v,'     }ノ<.Y'..: : : :.∨_/、_,,.イ:::::ヽ'':<=',`ヽ/  ,、 ヽ〉∨
        { / 7 > .{ //    / ⌒"<  ∥___.: : {    ,'  / />、: : :.,, =≦'¨ヽ::::::://:::、:::}}  ',nヾ、}_} / ∧/
        〉'_,,/ 〉||__r' _{=|__.., -┘    \ |≠´ /ゝ、_ノ ノ──く>=--く::::ー─、::::::::::::::ヽzx {'',. ',_,}ィV、 . ,イ
       八l,}/,ィ|{〉/ニニニニ、   〉__}  ,イニハヾ,'.:..:.}}i/イ >‐ヤ.     {     V:::::::::::::',:::::::::::::::}:::::>/ ̄  〉 ∨
         寸:i:i/イ⌒i  寸ニニソ ̄`く/ ̄ヽ '>ソ: : ノ 〈──、//__  /:::::::::::::::::}:::::::::::::}::::::|\_, ⌒V7
           ∨イ,くヽ }   ‘,   /    } ┐.:./ ̄マzz...  >'_ /::::,'::::::::::::::::::::}::::::::::イ--::::::ゝ'´___,ノ
         , ‐''>く/',',   ‘, , -乂j   | 〈_: :{  / ̄`ヽ/::::::::::::::::;;;;;イヽ:;;;;;;;;;;;;イヾ''":::}  ヽ;;;{ニ|´  V
         { アミヽ>ヘヘ\   }'´ヽ、__zイ   ,'  {.:.:.\/  ノ〉'´ ̄`.Yツ   マ:::::::乂:::::_,,}ノ:::ノ..  寸./    }、
          ゝヾ`>゙ ¨´  ゝ、_ . ,/ ,イ{   ,' ____}〉  {_/¨¨''</ ,イ´  _ノ´⌒)¨\_ヾ:::::::::}、::ハ!     ∨、   ノヘ
       ./ /         〉'   >=У=!ヘ_ ,,{ニヽ__}ト、ト、__ト,'   ノ=( ヽ,∨:::::::}:::::::ハ、   \`¨¨´ , イ
    ..../ /        _ァ=/___o/ニ{__マニニ/  ./ i┘__〉、==ヽニ彡{ヽrヘ.>‐::::::ハ:/ / <   `¨¨´
    / /        <-=ニニニニニニ/ゞ===イニ/ / /ニニニ.-‐''"└-ヘУ≧ o,ィ二ヾ。∧  /"''Y
  / /         〈  〈ニニニニニニニニハ,,}_i,'ノ='三三''"‐''".       /-.、.     l/,|    l∧/   /"''く
./ /          ノ  -=ニニニニニニニニ=-''"/___/ }  _,,, -‐ ''"゙/    ゙ ‐- , |/,|=──=l∧  /   /
. /            彡  -=ニニニ=,ヘ''" ',',  川 ',',/        /  ` ‐-      l//|─=─}∧./  / \
..               _,,, -‐ニニ-、_',ヘ_ ',',< `¨¨        ≧<   ‐- .,イ|//|___,,}∧ .ノ
                ()=‐''"-''"<__',_〉  ̄              ,‘     >、   / ∨////////
..           >''"   ,, -‐''"               /       ヽ/    ̄ ̄ ̄
                         ̄ ̄ ̄



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 さらに、これまで強大な『エリュシオン帝国』が押し留めていた北方蛮族の侵入を許し、

 彼らの族長であった【リョフ】による『新エリュシオン帝国』の建国という事態を許してしまう事となった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


733 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:53:55 ID:UrMfIMxT



                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\<、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ </. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  .A..:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :<7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|寸|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:寸!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、そんな様々な混乱と転換を引き起こした『エリュシオン』帝国の滅亡から200年。

 彼の大帝国の栄華の記憶も、人々の間から薄らいだ頃。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


734 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:54:22 ID:UrMfIMxT



                              ||:::::::::||
                              ||:::::::::||                         /∧
                              ||:::::::::||                           //:::∧
                              ||:::::::::||                            ||:::::::::||
                              ||:::::::::||                            ||:::::::::||
                              ||:::::::::||                            ||:::::::::||
              __            ||:::::::::||                            ||:::::::::||
          .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||                            ||:::::::::||
         / / .>┐  \        ||:::::::::||                            ||:::::::::||
         ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||            __            ||:::::::::||
        |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
        |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::||       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
        |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::||      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
        「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::||      |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
      _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::||      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  . <           .∧__∧      ||:::::::::||      |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::||      「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
     ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||    _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
     l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||. <           .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  l!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l!       \  \_l l lノ ./   .| ||:::::::::||   ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__  :l!       \   l  ./     | ||:::::::::||   l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::::::\ l!       ┌‐、ヽ  l ./ x‐┐ .| ||:::::::::|| ̄ ヽl!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:> .



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 大陸の一角には、中小諸侯国―――『エリュシオン帝国』末期に、

 領主が、私兵を組織して独立したもの中でも小さい規模のもの―――が数多く存在し

 国境を大国に囲まれ、隔絶した国力を持つ彼らに翻弄されていた地域があった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


735 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:55:18 ID:UrMfIMxT



..         / /_,.、-‐ー-、__彡'´`:、`:ヽ//ム 寸/ムマ///ムマ////\////≧==≦ミミ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
..^'ー-、--、,.,.、-‐/ / /,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'`:、`:、`:∨/ム 寸/ムマ//ムマ/////\////从ミミミ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
     ``丶、 // /,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´彡ミ`:、`:、 寸//\}//ムマ///ヽー-=ミ///,癶ノ;';'ミミ州州洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲/
.'ー-、、   / /,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´彡ミ`:、`:、` 寸///〉////ミ=--\////,<二ヽ;';';'ミミミミ仆州州洲洲洲洲「」_,.ィ癶;';';| ̄
..: : :`ヽ、/ /,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'゙´,† ヽ:、`:、`:、 寸//////ィ「::|:::川:::v‐‐┴─┴───、ミミミ;/__ハ ̄ ̄ ̄,.ィ寸  Y_,|_
..: : : : {/,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.゙:'´|| \`:、`:、`:、∨///f´:|::|::::|/: : :/|: : : : : : : : : : : : : : : ム | //\:_:_:____〉|   /\:_:_
..: : : : /,.:'´,.:'´,.:'´,.:'`,.:'´,.:'´,.;'´,.:'´,.:'´|||`:、\`:、`:、`∨/ノ...::|::|::::|::: : /:.|:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : :ム| //  :| []  |_|___[[]|i:i:i:|i:i:i:
..: : _ノ´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´:|:|:|`:、`:、\`:、ヽ∨:::::|::|::|:::ノ ,ミミ| ̄ |<__癶 ̄ ̄/ ̄癶  | 「 「| [] 癶_\|i:i:i:|i:i:i:
.,、‐'",.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:|::|:|`:、`:、 \\`:、`:、川:|:::/ミミ;| ,.ィ癶| I I / \_/xヘ二二二二≧s。.,|_|_|:|i:i:i:|i:i:i:
..:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:' ハ∧|`:、`:、`:、\ノ厂`:、`Уミミミミミ|_| | | I I ィ癶_ | |//i:i:\`ヽ、____≧─┴‐┴'´
..:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:':| |  |`:、`:、`:、`:、`:、':、`ソミミミミミミ,∧ ̄ ̄ ̄~ | | | ム//i:i:[]i:i:i:\|zzzzzzzzzzzュ,:",:",:",:",:"
..:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´/ ̄ ̄¨ ィ癶|  |`:、`:、`:、_`:、`:、从ミミミ彡/ ∧: : : : : : :`'|_| : ム======= |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|,:",:",:"/ ̄
..:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´,.:'´ ´ 癶|ーーー‐イ   :|  |ニニ ア^\ ̄ ̄∧ ̄ ̄//  ∨:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ム xヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄
.゙"~:"゙~:"゙~:゙" :彡ミミミrlニニ|ノミミミミミ Ii| |:| |  lー┴‐| ====.:| ̄/‐∨:::: ::::| r┐..|  「| 「」|<ニ/  \ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.:  :  : r彡ミミミミミ |_|__|ミミミミミミ__,|   |  |   |_I__I__I,,|ハニ| t ∨:_:__|]]]]]]]l|     |i:i:i:i:i:| |丁¨ 7∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄”“ ー
.:  :  : : ̄^^^''ー-----====ニニニ二 ̄ ̄ ̄ハニニニニ|__|,,|  |‐‐‐:|_|_|:|_|_|  「| 「」|≧o。|_|┴‐//__ ∨:_:_:_:.:.:.:.:.:./:.:.:_:_:_:_:_:
.:  :  :  :  : : : : :::::::::::: : : : ̄ 丁'' =-:| ___|``ー‐|xヘ| ̄~゙|_|_|:|_|_|  ,;';'、  ,';';';';';'| ~゙|~~/  ̄:| | |∨:.:.:.//\_/
.:  :  :  :  : : : : :::::::::::::: | : : | |  : L.._≧=--<_/\__| | |:| | |、;';';';';';';';';';';'; ';'|  └/|`` -|_|_| |∨:/:.:.|_|/:.:.:.
 :   :  : : : : : : : :::::::::::::: \/| | : : |  || | ̄`ト |__| `;';';'、|_|;';';';';';;゙/「「「「「「「| 「 rノー- .,,|_ ̄∨/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  :  :  : : : : : : : :.:.:.:. :  : : | | | : :  : :\||/: : :ト |\二__;';';';';';';'、;';';';';';';'|i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |」|_|`' rミ:\ ̄\ |  ̄^' ー-イ
   ....: : : : : : : : : : : : : : | | |: : : : :|| : : | |\ | ̄`;';';';';';';トミv──────‐:ト ̄ト.丁 ゙̄ ト     :|
        .: : : : : : : : : : : : :∨∨: : : : : : : :∨: :  ̄``'ー---/ ∨,_-_-_-_-_-_-_-ト..`ヽ、廴_ |i:i:〕ト   |



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、この話は、そんな地域のとある中小諸侯国の一ヵ国から始まる・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


736 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:55:44 ID:UrMfIMxT



                  //
            /|   //                             , 1
.   /|        / /   //          /}        /            / /
  / i|         / /   // |       / i|       / ,ィ         >、./
  ∨| il     厶_/   //  l|         /__ノ      X`ー' /        / >゙
_  //  ||     //    //  l|       //       // /        ,//
| //  ||    .//    //   |        //     //}  /        //
.i//   .||   //    //    i| /    //   //  }/,       //
//  __ ||  ,//    // _   | /    //  //!    /     //
/  /   `ヽ//  x‐///   \llf──-く/ //  |    /    //
  {     ハ_li //i{    ∧|   _ `く// \i|  //≧ く/
  {  _..=-‐r'´ // 〉   r‐く{   「 ‐==〉/  ヽ\ //    \                   __,,...
  厶イ八:::::::ゝ //__/__イ:::::r'\  入::::}    r==ハ{    -‐ヽ                  r-‐ ¨ /
  _.Уニヘ::ソ}/ ̄\\ ト-ノ  戉i:i:iト─‐ヽ_.L_ }    ヽ=ヘ             ィヽ  /
/ 八i:i:i:i:i:i:iノ≧‐-.._rっrv、  ,≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイニニ\ }     〈 :::〉        ,。< >`"^"
ニニ二二二二二二二寸 j / 厂二二二二二二二二二人__∧ :/      ,。< >'´
`入ハl  x‐「´      <^ゝ=イi:i:i:i:i:i:} ̄ ̄ ̄ ̄/寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iく_   xrf‐fヽ>'´
_{  _i}//|  ]-‐=入__]i:i:i:i:i:i:/     /\  .寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}>'´ヽj_j_j_ノ|_
/ヽ// ∧   ] =[/  }i:i:i:i:i:i:i八_r==≦   ..イ ̄} 寸i:i:i:i:i:i:>'´.>'´/(ン 彡ハ
.//  / ∧  ]-=>=ヘi:i:i:i/ /  r<ヽイ     У ̄>'´>'´「  { __..イ
./}____∧  ]-‐==[ 丁 ,,,,/__/冖' ̄_r─イc<>'´ /  rー=ニニ_  ノ
  片ニニニニニ∧   ]-‐==[ | |  ⌒ヽ厂 .。c<>'´ /   /  /       ̄
 /      |   \      | L__  /.。<>'´/   /   /  /               堪え忍ぶ諸侯国(仮)
,/      i|     \     | r'´YY }>'´ /、 /   /   /  /          .-あなたはこの国を生き延びさせるようです-
      i|       \  >'ヾ)_j_jシi:i:i:i:i/iく__`ト=ニ三三三三{
        |     ..。c<>'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i、≧=…─--‐=≦ヽ                   鋭意製作中!!
_____i|__ (>'´〈r=─-=ニi:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:iヽ────‐/i:i:i:i:i\
   /    ヽ   | /    厂 ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ ̄ ̄ ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:、


737 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/13(土) 23:56:20 ID:V6DtAntu

今度は衰退前提じゃなくて積極的に頑張る系か
いいですね!


738 : ◆crsNC2QwcI : 2019/04/13(土) 23:56:31 ID:UrMfIMxT


以上となります。

それでは、また、何処かでお会いしましょう!!


739 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:03:05 ID:sptVa93B

楽しみだ

740 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:04:44 ID:g4mJPhoH
乙&期待
表裏比興の者となれ!

741 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:08:50 ID:g5xXsJt8

楽しみ

742 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:12:18 ID:1BTIvUt4

今まで滅ぶの確定系だったから生き延びる系は新鮮

743 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:13:43 ID:5WN9IRhM
北共は生き延びる目があったでしょ!

744 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:17:17 ID:23qjft7H

生き残れ

746 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 00:59:43 ID:anytGkci

めっちゃ楽しみ!!

748 : 名無しさん@狐板 : 2019/04/14(日) 10:31:21 ID:VilO0Y/D
乙でした
次作も楽しみにしてます

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 6714 我が目を疑う (01/28)
  • 国際的な小咄 6713 春節を投げ捨てろ! (01/28)
  • 国際的な小咄 6712 こうして、ヤツが生まれた (01/28)
  • アカガネ山のやる夫 お話その13:神話の最後 (01/28)
  • アカガネ山のやる夫 第16話 (01/28)
  • 目次 やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです (01/28)
  • やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです 第七話 (01/28)
  • 見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記 第十七話 「忌むべき力」 (01/28)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 7章 その6 (01/27)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 7章 その5 (01/27)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 特殊コミュ (01/27)
  • やる夫がKenshiになるようです 第11話 『失った角』 (01/27)
  • やらない夫千年紀 第一七話 (01/27)
  • やらない夫千年紀 第一六話 (01/27)
  • やらない夫千年紀 第一五話 (01/27)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー 第12話【来てください!幽霊様のようです】 (01/27)
  • 国際的な小咄 6711 漢字って、偉大 (01/27)
  • 国際的な小咄 6710 日韓友好の軌跡 (01/27)
  • 国際的な小咄 おまけ 読書のススメ (01/27)
  • 国際的な小咄 6709 無慈悲なチャーハン (01/27)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです エピローグ (01/27)
  • エデン 第十話:「ロケットの春」 (01/27)
  • エデン 第九話:「男子半日会わざれば刮目してみよ」 (01/27)
  • アメリカンヒーローアカデミア 88 (01/27)
  • アメリカンヒーローアカデミア 87 (01/27)
  • やる夫は竜の人財のようです 第19話 (01/27)
  • 岩崎さんは無口 第65回 (01/27)
  • 国際的な小咄 6708 かいせん (01/27)
  • 国際的な小咄 6707 駄目じゃん…… (01/27)
  • 国際的な小咄 6706 コロナウイルスさん (01/27)
  • やらない夫とまどかタイタス 第49話 (01/27)
  • やる夫わグルグルまわる!生活を送るようです 幕間(???) (01/27)
  • 見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記 第十六話 「地上の楽園」 (01/27)
  • やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです 第六話 (01/27)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 1 前編 (01/27)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十六話「煉鎖の記憶、紅憐の龍」 (01/27)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ 輿水幸子 (01/26)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十一章 終末の炎 その八 (01/26)
  • カーきゃん□ 26回目 「夏キャンに行こう 【温泉にはいったりしよう】 そのに!」 (01/26)
  • 国際的な小咄 6705 ダークトライアド (01/26)
  • 国際的な小咄 おまけ おまけ イッチ、荒らしについて誤解していた説 他 (01/26)
  • 国際的な小咄 おまけ イッチが書いた中で一番小悪党だなー、って思ったやつ (01/26)
  • やらない夫千年紀 第一四話 (01/26)
  • やらない夫千年紀 第一三話 (01/26)
  • やらない夫千年紀 小ネタ (01/26)
  • やらない夫千年紀 第一二話 (01/26)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 19 (01/26)
  • アカガネ山のやる夫 第15話 (01/26)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第25話 「オブザデッドは魔法の言葉」 (01/26)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(11月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4ドクオが異世界転生したようです4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5異世界食堂できない夫
    6アメリカンヒーローアカデミア6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は魔導を極めるようです7召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    8白頭と灰かぶりの魔女8ローグライク異世界転生
    9あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG9やる夫たちは三連星(代理)のようです
    10できない子とSCP10オーバーあんこ
    11やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~11やる夫の野望
    12やる夫はギルドを経営するようです12カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    13やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。13やる夫はLVが上がらないようです
    14アカガネ山のやる夫14レベルを上げるスレ
    15やる夫は妖怪達に出遭うようです15金欠ほのぼの冒険物語
    16やる夫がKenshiになるようです16俺の息子は転生者
    17ドラクエⅤの世界でビルダーズ17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫は妖精郷を旅するようです18あんこくさい連合頑張る!
    19やる夫はカントーを冒険するようです19食事処 ~やる夫の大釜~
    20やる夫は竜の人財のようです20魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    21ロケッ都団が征く!!21やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる弟切草
    23NINJAのススメ23女神が愛した白饅頭
    24◆25NC1ovscM総合24ご令嬢☆タクミちゃん
    25できない夫はメラミを唱えられないようです25路傍の果ての英雄譚
    26やる夫はアーランドの冒険者になるようです26やる夫、デビルサマナーになるってよ
    27やらない夫は集われるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱28やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29証言と証拠は安価とあんこの後で
    30やらない夫が霧の街を攻略するようです30やる夫ファンタジー


    過去ログはこちら
    人気ページランキング