スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「教えて、パチュリー先生⑥」

目次 現行スレ

152 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:03:42 ID:a91a06ed






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                          小ネタ「教えて、パチュリー先生⑥」

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










153 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:04:18 ID:a91a06ed



       //////////////////////│///////ヽ////|//////////////
.        /////////////////,l////  |///////  |/// |'/////////////
      //////////////////,{///   |//////   }// |'/////////////
      |///|////////////`V/  //////ー― ∨⌒l///|//////////
      |//  l//////////ィチ笊 |ト、 //////  ,zァ苧ミく|// | //////////
      |/   V///////抓i{川 ハ ///// /       j/《 |//////////
      |    V/// /l  弍_じ  // /    ,if芹下、   ∨//////// /
          |////| ∧       //     i抓(ノj爿   j}//////// //      先生!
          |////| / /`^ー‐ /        `弍_rソ   ///////// ///
.          \//| / / /   ヽ     /\     / //////// ////      魔法世界には、
          /|/,圦            / / /`7~/^´   //////// ////
        ///,l //∧     マ⌒ー┐       / / /,   //////// /////      優秀な魔法使いを排出してる
.          ̄///|////|\   ノ      ̄⌒ヽ       //////// //////
        ////|////|  `  ⌒ー┐_  __{      ィ ///////\//////      魔法使いの家系とか
.         ///|∧///|    }ト  _   ̄ -‐     ///////   丶///
        |/  | ∨/ |    |    }       _//////      \//      あったりするんですか!!
       /  ___|  l∨ |    |   厂|_r一  ̄ /////            \
.         / │ | ∨l    | /\{_|__| /////          /
        j    ∨ ヾ    /|        | ´ ̄ ̄/           /
.       /    │         \     ∧__/           /
     /|        |           /\____/                 /
.      |  |        |        /   / |                /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                        黒木 智子(好きな漫画のジャンルはなろう系)

                エリート魔法使いの一族って単語に心が躍る普通の魔法使いの弟子

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




154 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:04:58 ID:a91a06ed



                        /\ /\
                    _,, -‐=ンヘノ\_.::::\
                  //       _ :::::::`ヽ/
                 ノ /  ..::::;;::::::.... ヽ\:::::..:::∨ ̄ ̄`l
               r‐'::::〈::ノ  _r、:::::::::::l |::::::: l|、 ̄ト、/
            r-‐─〉 ::::::r‐-、__〉 l\゙ー' ノ、: ;: l::::ヽj゙、 〉
           // /|ヽ_〉 / l l |! l l ̄ l (_ ハ/ ∨
            \/∧ノ_ノ! l l,,_|_l |l ! |_,,,_ト l l   |
            _ノノ\_〉、ハ〈こ>リV゙´匕j 〉  !ヽ ヽ、
          , へヽ;;;;;`ヾミ`ヽ、⊥_   l    /_ノ>-─┐、              貴方の疑問って
          〉   l;;;;l;\;;;`ヾ三、ミ`ヽー/ 二三‐二二ニ⊥、\
          ⌒T´::l;;;;l;;;;;;;`'';;ヽ、;;;`ヽ〉//二 -─..''.. ̄ ̄;//  `'' ー-、         その時の興味に直結してるから
       ,,, -─'''>、.l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ヾニィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//\_  、 \
     /,   /く ィュ|::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// ノ  `> ヾ ヽ      分かりやすいわよね。
 __〈∠l _//| `::ノ.::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;l\〈\;;;;∩;;;;;;;r─-、;;;;//'' ィ、 |  l |、 |
´         ̄ `Y .:::::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ〉 ヽノ |´∨:::::r‐ノ;;//  \r''  | l ∨
       ............... | ::::::l;;;;:ー-.、;;;;;;;;\    l::::_ノl/ 〈;;;;//l >| ̄丿 ノ!/         ……一応、
           :::::\.. :: ̄ >、;;\;;;;;|\    〉! 、  `ヾ、ヽ:ヽ_ 〈
           ::::::::: ̄ ̄へ  `ヽイ:::::_>、ノノヽ ゞ    !:ノ::::::.  \ヽ_ _       魔法使いの家系ってのは
..                _::二-‐''/ ̄ハ:::`ーr-、 `´ィ:::.....    〉:::::::::::..   ̄\:::`ヽ
:::.      ,, ‐''´/.. ̄:::::,::-‐:/:::::::ノ:::::ヽ::::::|:::l:::..:::::::::─-ノ .:::|::.::::::::::      ヽ::::     存在しているわよ。
::::::;;: ‐''゙´  /:::::::::::::/ ::/::::::;ィ´: :: ::::::::::!::::\:::::::::..../::: l:::::.::::::        ::
/    /ノ7:::::::/ /.:::::/ l:: :::::::::::::/:l ..:::: ̄ ̄`ー‐''´::::::\ _           私もそのクチだし。
     //´ └-/  / .::::/     ..::-─/  \ .....:::::::::::::.   ::    \:: ̄`ヽ
  .::. : /     /  /..:::::/   _ 二 -─/    ノー-、::::::::::::..        `ヽ::::::::::.
 .::::::._|    /   \_/      ::::::::/    /  .::::\- 、:::...       \:::::::..
::::::/      !:: l\::  :. .   ..::::::::::/   ..::::/  .:::::::!:::::ト、 `ヽ;:..        \ー-、
/      |::/ ::::7 :: :::...::::::::::::: 〈  ::: /: .::::::::/::/ \  :.        ヽ:::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   パチュリー・ノーレッジ(好きな漫画のジャンルは特に無い。雑食)

                        本を読むと心が躍る普通の魔法使い

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




155 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:05:30 ID:a91a06ed



                      -───-
     _〈\    (:.ー‐.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :`: .、
  >.:.´.:.:.:.:.:.:..:.`ー──.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : ー‐ノ
  ̄ ̄ ̄>‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.: : : : : : : : :`ー=ァ
    ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ :/1.:.:.:.:.:j/: : : : : : : :<
 /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.://=ミ|!.:.:.:.:/ |.:.:.: : : : : : : : ヽ
./:/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./〈´ r  ル.:.:./__ノヘ.:.:.: : : : : トjヽj
l/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.イ,i.:.:.:/     以 ノ:/ r `Y.:.:. : : : :|
i  {/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:人|.:./  :/:/:/:/:´   、以 〃.:.:.: : : イ
  ノ.:.:.:.:..:/.:.:.:.:.:.:j|.:∧ ̄ ̄~ V丶   γ 、_  ' :/:/:/.:.:.:.:.: : : :|          おおっ!
  ̄ ̄/.:.:.:.:.:./<l/>─‐、─、〈    {     〉   人.:、.:.:.:.: : :|
   〃i.:.:.:.:/ /      ∧ ∧ \ \  ー─ ′イ.:.:.:.ヽ\.:.:.:.:|          つまり、先生は
    |.:..:〈/⌒丶     / ∧ ∧  〉〈|≧ー<.:.:.:.|i.:.:ハ.:.}  ヽ.:i|
    |_/       \ / `∧ ∧∧.::|ド、 \ \ノレ  レ    ル          エリート魔法使い!?
   /  ⌒丶__ У   >─┐/.::|| <>ー┬く
  /           /ァ_/   二| .::::/ 「 二 |  i
. 〈          / /     __ーノ.:::///`ー人_ \
 \ー─<__〈_←──<   OУ' / ∧ / }\┴ 、
  ̄ >‐/ /            / /   ∨ /     |
  ー─/  {          / /       V___ノ





             __,,,.. -──- 、.,_
       く \ァ'"´  ,-─-、__  `ヽ lヽ
       l二\ |ア´ ̄]-──ヽ.,__ `ヽト _ン  }/`∧
       i´ ̄__ト─'"´::::/::::::::::::::::::`ヽゝ,__,..イ./ }
       r'ヽ/:::::::::/:::::::::;'|;;;;;;/ |::::::::::::::::::::::`ヽ`「 ̄
       { 7::::::: |!:::::::::|.|、::/ _|:::::::,|.|ヽ:::::::|::::∨、
       ソ .|:::::::::::|l:::::::::f斤アT !;;;;;/|」-| |::::ハ:::}._」                 私は普通の魔法使いだって
       ヽ|:::::::::::||:::::::::| 弋_リ     fテr|/::::|./
        |:::::::::::||:::::::::|.       . 弋j };;;;;」                   言ってんでしょうが。
        |:::::::::::||:::::::::|         | | |
        |.:::::::::八:::::::ト、    ´   人! |       /)
        |!::::::::::::,ハ:::::∨> 、.,__,,. イ::::::|| |      / /、            そもそも魔法世界には、
        |l::::: ,イ |:::::::}\  「r ヽ |:::::::|!.|   r/  `つハ
        ||::ア´ ̄`!:::::リト-、ヽレヘ 」:::::::| |  rヘ  ノ-イ            エリート魔法使い一族なんて
        !/    |::::/\  }ム ハ. |:::::::| |  /\{\_||
        ;    /{]、  ∨ .}l{  /ア三ミヽ、 \_/             存在しないわよ。
       r'   く__/_」_r-、|   {l}//    \X´,三三ヽ
       ヽr‐ヘ ̄ ̄   ∨  //     //   /
        | ̄ |        ヽく∠_/´! /´ハ    /
    .    '  '、    -─/ | {  `'  //ト-- '
         ヽ. /\    r'   ヽヽ    イ}





156 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:06:04 ID:a91a06ed



                -‐::::::::::::::::::::::::::`丶、
   .     _____/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       \::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::丶
        `”7::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
   .        ./::/::::::::: /::::::::::::::/:::::::::::::: ト、::::::::::::::::::::
   .       /::/::::::::: /::::::::::::::/::|::::::::::: /  V::ハ::::::::::::i
   .     /::::′::::::/::::::::::::::/::: }::::::::::/ -‐┼‐‐}::::::::::::|
   .   _/:::::::/:::::::′:::::::::}/:::::/::::::::/    l_  |::::::::::::|
   .   ー‐‐个i::::::::i:::::::::::::/:::::/:::::::;    /⌒ヽ |::::::i::八
        |::|::::::::l::::::::::::′:/::: /    丶 ,ノ |::::::|::::::::\       えっ、いないんですか!?
   .      ノ::|::::::::|::::::: /i:::/}/      | | | 八: |:〔 ̄ ̄.
   .    _/:::::|i:::::::|::::::/ }/     ′   ! !/i::::::::{::::\         なんで!?
   .      ̄i::::|| :::::|::::::込   r――┐ イ::::::|:::::::::::::::::::\.
   .    _/}: 八:::::{ハ{::::::≧ └――┘、:::::::::..|::::::::::::::个ー-.
       ノ:::::::::\{::::}_ノ⌒i ゙ 、   .| Y^V:{_::::::::::::: |
     _/:>‐… \ /  {  \__/  .|  ∨\:::::::::廴__
     -‐ァ{       /  ‘, / : i\ |  ‘, ー,:::::::_:ノ
     ./:::|       ./     ∨ ト:_:_:{  V    _〉 / V〔
     /::::::!        } ̄ ̄:/ 、|: : :.| /  '√   .′ {:::\





             _ ―   ̄ ̄  ― - _
          /                ヽ
          l                _  \
        _ ノ      ー _― - 、  ⌒ヽ`'、  `、
       i  -  ̄ ´  イ ̄ /; ` ―、」 ヽ、   ) }  ヽ         魔法の才能って、
       |/  ∠-― ´  / ,'   / |`、ー‐'′ノ - }
     __<_  / /  __/_ ,'  /__|__ `‐一 ´、__ /         遺伝する確率が物凄く低いのよ。
     \__>! /! ̄___,'/ ___,,,,   /|\ `ヽ、
      /  ,' /l ̄「::::::::::7   |:::::::::::::ノ/   |  \/        私の家系も、祖母は魔法使いだったけど
      \ / /.l ハ `―‐'    `―‐'´ __. l\_>
        Y  | ̄ ̄ ̄`ヽ. _ ,. -―  ̄    |  ̄',           母は魔法の才能の無い一般人だったわ。
       /   .|       | |          .|   ',
      /  /⌒ヽ.      | |        /⌒ヽ.  ',





157 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:06:41 ID:a91a06ed



                   ,ィ¨¨ァ'´             |  .l .\  ハ
                  ノ  /            _ _ /  .ノ   ヽ、 l  
                  l  /     ,.ィ¨ヾ ¨¨ヽ. _>≧<=<  _>z__ Vz≦.
                  マム >''' フ==、 l   ヾ   ヽ.)    ヾ< ヽ. ) `ヽ、`
                f¨´彡´ /  (./  / j__ _ ,.,イ    ヾー-- イマ  ヾ=イ_ソ:::
               イ.f¨ フア  _イ  l  .l l  l  .マ      ヽ    l   ', l ム .マ
             _ >'''ァz/ `T´ .l  i!  l マ .ヽ  .、マ≠='''' ヽi   l   ',.l .ム .i
           /  ノ ./  i .l  |  i i! .l. ヽ ヾイ´ヽヽ__  ヽ l .i   l   l. l .ム l       魔法使い同士で
           `ヽ /.   ,' i l l   .l >i!ヘ¨i! \  ヽ._≧≧Zz=l |  .l .   |. l .ヽ
            /     .′ l  l  i! lレ ヽ|_  `ー' '弋z三ツ |/.l /| i  ,l .l         子供を作ったとしても、
           /     .| l .l .i、. .i!ヾ,ィf示ハ       ̄     / /./'  / l. l .l
          /     ,-l i! マ ヾz_.> ゞ≠'  :           //l./7 / ハ  i! j       低確率なのは変わらないのよねぇ。
          | _, ._  j  マl.マ.ヽマj .iム      :、          ///.ノ   l . ム¨
           ´  `¨¨´   ヾi\ Vヽ .l.ハ             ,.ィ'' ¨>ィァ    l  l       両者の才能を併せ持った
                    ソヾ、 .l ハ       ‐- ,.ィ'´  .ィ≦三i|    i   l
                   /   i  i\    ,.ィ'´   ,ィ<ニ二二i!    l   i!       大当たり魔法使いが生まれるより、
rァー=-:、_             ノ    j   i. i! 'ヽイ  .,ィ<=ニ二三三|    l   
≦zx._   `'''‐-.._      /     /   i/.ィ´  .,.ィ´三三三三三三i|    l          隕石直撃して死ぬ可能性の方が
.:マ三三`≧z.__   `ヽ 、//     /  ,.イ  .,.ィ'´三三三三三三三ニi!    j   .j
. ヽ三三三三三≧z.._  `ヽ、   ノ. イ  ,.ィ´三三三三三三三三三ニ|   ./   ./       遥かに高いわよ。
   ヽ三三三三三三三≧zx._`ヽ,.イ ,.ィ≦三三三三三三三三三三ニ」ィ--<.   / 
    ヽ三三三三三三三三三l三≧zマ三三三三三三三三三三>イ´    l  ノ _,
    .>、三三三三三三三三ム卞升ム三三三三三三三三ニノ´   __     l<¨´ 
    l  `¨‐-、三三三三三三ムzzzzzム三三三三三三三,イ  /      ノ   





158 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:07:12 ID:a91a06ed



     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......____
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::∧ :::::::::|\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::| \ ::::「  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::|  ≦::::|二   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::| 〃__ノ } ̄ ヽ__ l::::|\:::::::::::::::::::::::::厂
     ::::::::::::::::::::::| {{、__,ノ   }! :::::|  ム :::::::::::::::::::|            ですが待ってください。
     ::::::::::::::::::::::| \       |:::l ィ)|::::::::::::::::::::|
     ::::::::::::::::::::::|   ミ=ー一   |:::  {J|::::::::::::::::::::'            隕石直撃より可能性が低くても、
     ::::::::::::::::::::::'.            |/ ヽ彡:::::::::::::::::′
     ::::::::::::::::::::::::'.            /´|::::::::::::::::;′           チャレンジする魔法使いが居ても
     ::::::::::::::::::::::::::'.            |:::::::::::: /
     :::::::::::::::::::::ト :::\ー…─ -   /| :::::::: /              おかしくは無いのでは?
     ::::::::::/|:::::::|__>=ァ──y-、_,, ´  | ::::/
     :::::: / ]::::::厂   //  \.  ノ/
     ::: /  | ::/    / ,′    、
     ::/  ;::/   //  {      ∨
     ,    l/    //!   |       、
          -‐//│  |        \





       ____      _,.. <''ー―――‐-zz_
       `ヽ、. ヽ  _, ィ<            __` ヽ.<¨¨¨¨¨,>‐ヘ
    | ̄¨=z.__ヽ, ィ<´           ri.   `ヾヽ  `ヽ<´ __」
    |     r'´                 ハ    ノ ヽ    ヾ´  .|
     ̄ ̄ ̄ヘ   _    _ _   l rニ_― '   ノ     ト 、 |
        _У ̄  `z<__   ヽ  У  .\_/ .\r‐―'ーzヽl
       l .ヽ`ヽ   |.    ヽ   l ´   /. ヽ    .>,   /く \
        V、 ヽ. ヽ  l.   ,イ´ヽ    ./i ヽ  l  ./ 、 l // ∧  /
.         'ー=z_,.イ`ヽ i ./ーl: : :.iヽ、_ /ハ: :i!;| \__/ヽi! :`Yー'' j. `´
           ヽ、|、: .:i!フi.!  、l: : :.:i! l: : :.ト1 l-|ヽ,: : ヽハ .l: : :.l   /
       r、.,_   .l: : l、!il_iz、,_  l: : :.ハ l: :_」 .レi | .lハ : : ヽソi: : :.ト、/l
. .   ,.r_三ニー >z'./: : .l. V;心zァ ̄` . 二---- |ァl lハ_/ lフ: : :.l: : :.l           そりゃ、
  ./___    ̄ ―‐   `>'.ゞ==''       .弋三リ|' i!l: : : : :.|: : : :.:l: : :l
/                    ` ヽ、.  ,  _,...≧三'‐'ー==¨¨¨¨¨¨ニ三_          探せばそういう酔狂な事を
                   `ヽ./ ____            ヽ_
                     | /        ` ー   ___ \       やってるヤツも居るでしょうけど、
=========zzzニ__-z .   ヽ ↓'           <ニ         ̄i!
三三三三三三三三三`i≧z、ー===='三lニニニニ≧Zzrz.、二_  -    i!      貴方が期待する権威ある一族が
.、 三三三三三三三三三三 ハ .三三三三 l三三三三三三三三三≧Zz.、二_ i!
. \ニ;三三三三 ,.-,.三__ ;三;ハl三三三三i|三三三三三三三三三三三三三>     出来るほどの結果を
   \;三;__ ./ ノ./ /', ;三;ハ三三三三|ニニ三三三,r―--<__. ヽ三,.イ¨´
    /\ l ヽ  l / ,.'7 l ;三;;ハil三三三;i|三三三三ハ ヽz、. ヽ '< l .l        出してる奴は誰もいないわよ。
    / />、 l  '  '''  /,r ァ三ハ.ニ三三ニi!三三三三_r.ハ_ ヽハ. '  V. .l
   /  '´ ̄|     ( .ノ ̄l=z'zニ二三レ'''´l ̄: : 八  ヽ  `    ノ.l、 .l
  ./     .l      ソ: : : :.:.i!: : :.,∧: : : : :.:.i.: :/i / ヽ  )    /  l ヽ l
  l       ヽ   __,イ三三二==ーz_>ニ=ニー-;/  (    _,.イ    l  .l
   |      ハ/ ̄  l , ィf'.7: :く¨ ヽ三`≧z: :`ヽ_/   l ー- ' /     l  /





159 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:07:45 ID:a91a06ed



               __ ,.ィ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          ,.ヘ /⌒'ー-‐'"          ヽrーァ
       __≧:、 \    _   _n、_,∠⌒ヽ Y′
      { 「 ̄ ̄`ヽ、`y'⌒(こ}`ヽ,ノて_ノ{⌒i)  }ノi ̄ ̄|
       ヽ∟==r‐-n{_,人,_,ノ⌒l「「 :| : :l<,_,.ィ1^}r‐‐┘
        >、,ィん'⌒r'⌒厶Ll_._:||_|_:_:|_:_:|_|_:};.んし'フ
       {´ くr~'|: :| . : | : :|__,.二≧、 ィ≦ニ、l |`ー'
        ヽ、 :Lnノ!: :| : : | : :「 ヒ'_,厂   ヒ'ノ}/: !
         レ'   i : :| : :l : :l       ,   f: : !             そもそも、そこまでして
            ! : :l  : :!: :|.、    ,、  ノ  |
           .' : :|  : :l: :l >、    / : . |             血筋を残す意味って何よ?
          .′.;_;:|   :l: |    {`T´!:l : .; : l
          /r'⌒ー1: .   l !「^フく^\l | : .i : i
         ./ .:〉~^1: .  ヽ∨|「0|iヽ | } : :i : . !             自分の創作魔法を残したいなら、
        / ;ノ    i : :  : .\||.0|l lNノ ,: :!.: : |
       ./ (      ! : :  `ヽ: :l「 ̄ l/. :/. :| : . |            自分自身が不老長寿になるか
       / : :}    { : :ヽ; : } }|  l{: : { : :| : . l
      ./. : ;ノ     ヽ、: :ヽ;ノ:ム!   ||ヽ、ゞj: : ,ノ             魔法を覚えられるヤツを弟子にした方が
     / . :く   ,ノ´   [「 ̄匚}勹   !![「二匚刀
     / . : //`Y      广厂 `くl / || ,厂「「`く              遥かに早くて合理的じゃない。
    { . : {{ : : i    /. :i| : .ヽ、}ノ jj { : :jj: . }
     ヽ ヾ、.:.:.|     (.:_;」L:_:__;イ  ||,ハ、ij: : 丿
      ヽ ヾ、:jノ     [L_匚)勺  ||ノ[匸匚}了
       ヽ、ヾ|    ノ. :j!: : リ「   || {: ハ: : )





                                         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                               _______/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                            .     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                            .     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                   \::::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                     \:::::::::::::::::::::::::::l  丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                       l:::::::::::::::::::::::::l     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         不老長寿よりも難易度高いんすか、        l:::::::::::::::::::::::::|   "/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                       .::::::::::::::::::::::::l   /     丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         魔法使い一族を作るの……。            ∧:::::::::::::::::::::l /        ―\ヾ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                       '∧::::::::::::::::::|/     /       !l \::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                        ∧:::::::::::::: l   //、ヾ    l  } l\::::::::::::::::::::::::::::.
         いやでも、                          '∧:::::::::::::.V    v/|    ∥ / / / \:::::::::::::::::::::.
                                           、:::.\:::∨   V/!    ∥ /// /    \:::::::::::::::.
         先生は魔法使いの家系だって                \:::.\::..、  ∨   /  '/ /    じ ヽ::::::::::.
                                             \:::.\\ ー‐ "  /          l::::::::::.
         話ですよね!?                            \:::l\\ ̄ "               |::::::::::.
                                                /   \ヽ           U     |::::::::::.
                                                /      `               |::::::::::.
                                                ヽ                 ノ::::::::::.





160 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:08:52 ID:a91a06ed



           /´. : . :.:.:,-― 丶‐-、: :´.:_ ::) ): :r‐- 、.:.:.:.:.:\   ,、
         /. . . . . : .:./ : : : : : : :`l : :ヽr'.:、: :ヽ-‐´ : :.:.:`l : : .:.:.:ly'ー/__ヽ、
        / . .:.: .:. .: .:l : : : : : :.,-‐入_..:`ー7´::::::`ヽ、: : : :l―-=< :_:、: : :.ヘ
      __/ . -‐――‐f : : .:/::::::::::::::::`: ̄:´i::::::i::::::::::`^ー-、___r'.:.`ヽ: : : : :.ゝ
     r弋‐- 、_: : :..:.:;ノ、....:´:::::;'i.::.::.::.::.::.:――--:::i';:::';::::::::::::';:ヘ : : : : : ): : : : :.〉
    l´. . .: .: .: .フ ̄¨::.......://::,' i..:..:..:..:..:..::ii:::ノ i:::::::i ';::';::::';::::::';::::ヽ.:.:.:.:/、.:.:.:.:.ノ      まぁ、家系って言っても
    l..: .: .: .: .://i´::.:...:...:.:.i_i,ィ´i.i..:.i..:.i.i..:.::ii:/ i:::::::i _';:i';:::';::::::';:::::';ヘ.:./.:.:ヽ、ノ
    弋.: .: .: ./:i.::.::.::.;'.::.::;' ;'.:;' i i./i,-´ ̄ 乍芸气= ';:i.i:::';::、::;';::::::';:';ヽ;.:.ノ        先祖にも魔法使いが
    く.\.:.´ : :i..;'..;'.:i..:.i..:彡云弌       、弋少ノ ソ i__:';::';:i';i::::::';::', .~
     ゝ、`l.:/i;'i.:;'..:i.::i:人 乂ソ             i:::レ:ノ::::::::::;';::',          居たらしいって程度の話よ。
       `´   i.:i ';.i..:.i.       i´::              i.::::::::::::::::::::i:';::',
           ';:i .';:iイハ                 i.:::::::::::::::::::::i::';::',
           ` '; i..::i                     i:::::::::::::::::::::::ii::';::i         たまたま祖母が
              i.:人       へ          i..:::::::::::::::::::::i:i::i:::i
              i.::.::.::ヽ                 ,´i..::::::::;'::::::::::;':i::i::::i         残された資料を見つけていなければ
              i.::.::.:::::::`        _,  '   i..::::::::;'::::::::::;'::i::i:::::i
             i.::.::.:,-、::::::::::;':`¨ 丁 ̄     ,.i..::::::;'::::::::::;'‐,':;'‐-'、         ウチの家系に魔法使いがいたって事実は
.        _, -‐ ̄ ̄ ̄イ:ハ:ヘ:::::::;'::::,ィ´ノ     /´i..:.:::;'::::::::::;'..;':;': : : : :`ヽ、
.     '´      .,ィ'´彡三ミヘヘ:::'//:∧   r=ニ´: : :,'..:.:;'::::::::::::::;'::;' : : : : : : : : :ヘ     完全に失われていたでしょうね。
    '´  ..., ィ'´,彡三三三三ミヘヘ/: :へl_,/:.:.:.:,-\;'..:.;'::::::::::::;:':;' : : : : : : : : : ノ: l
.  '´  .., ィ'彡三三三三三三ミミヘヘ://|__|\\ : : : :';.:.i:::::,::::;:';:' : : : : : : : : : ノ : :
'´   .,ィ'彡三三三三三三三三ミミヘヘ/ /,' i!ヽr‐'`ー-- 'r'-‐‐-、 : : : : : : : :/: : : : :    ………見つかった時点でも
,ィ'´彡三三三三三三三三三三ミミヘヘ/ ,' i!ヘ| ''-‐|_|‐-、__  /: : : : :/: : : : : : : :
彡三三三三三三三三三三三三ミミヘヘ,'⌒\ |//::::::ト`ヽ  /: : :/: : : :‐-:.:.:.:.:.:.    すでに幾つか資料が失われていて、
三三三三三三三三三三三三三ニ,/     \/..:.:;;ヘヽ、_ヽノ、: :/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.
、三三三三三三三三三三三三ミ/  _, -‐ ヽ    \く⌒`ヽ、__\:: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    祖母は凄い苦労したらしいけど。
ヽ三三三三三三三三三三三ニ(、/-‐´ ̄`ー‐-  \:.:.:ト、,- 、、:.:.:. :_:_, ‐-、___:.:.:.
ミヘ三三三三三三三三三三三r'´   ,、     ,   \ヘ.:.:.:.ヘ\/l.:r‐、..:l´ヽ、ヽ





161 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:09:30 ID:a91a06ed



         , '´     _{ r-、_ ト、,__ノ }`ヽ /|
      く \{ {  r─'"`     `ゝ、.,_,,.イ-<.,<.,           しかも先祖と魔法の適性が
      r,>- 、アー'´    /      、  ヽ_} | ヽ.,」
      {r‐ァ' ,   / /  ;  |!  ,|   ハ   \ヽ,ハ、          微妙に一致してなかったから、
      ヽ7 ./  ;' '  /| .| | /.ト-‐ァ'|!    |`ヽ_}
       | |   | -|-イ_ !__」 レ_,斗テ7T  ;'  |  |           私の祖母は魔法使いとしては
        、 、 ム,斗テ7i'      乂__ソハ_/  ,   !
        \」_ 爪 乂_,ソ      =''"| \_/l|  |           半人前以下だったのよね……。
           | ハ`'=    .        |  | |  |
           | 八      _     .|  | |  |
           |  |l ゝ、      ,. イ.|     |  |           ログ・ホライズンに通ってなければ、
           |  |  |`≧;ァーrァ'升 /!.   |、 |
           |  |  ||  __,>人/  |    ; \.|           私は半人前以下より更に下の
           |  |  ;'/´}  |/   |    リ  ヽ
          八 '、 /;  }⌒X⌒{  八  /_   ハ          「魔法使いもどき」に
          }>}二{K{  /7_/ハ_,「  }>}三K_{    }
          //  |/ ./ }7 /  }ヽ  /  ハ   _,rム         なっていた可能性が高いわ。





          ,ィ       _............._
  .        /,ゝ _,. </////////> 、
         {/////////////////////,>、
          `ゝ/////////////////////,ヽ
          //////////////l∨////////,ハ
  .        '//////////////トl,V////////,i
         l'/////////////リ !'ハ///////,ハ
         l//!'////////;///ニリ__V////j//ハ
  .         ノ//!////////j//´了::::刀'////,\/\
       / イ/V/////.//  `ー一///////,∧ ̄`
          j//ゝ// /'      /イ///////ヘ            夢も希望もなーい……。
         //////ゝ.  ´ `  u //////////,ヘ
         /////////> . _ イ.////////////,ヽ
  .      ////////// //{ ;  .//////.\/////\\        と言うか、
       ///!///// ./ ! ', /!////,!   丶////ハ
      ー '"   .{//// ,' /l./;;;;;;;',!///V{      ヽ'///ヽ        同じ家系なのに
           V//. ;〈  ! j;;;;;;/ V/,{. ヾ、 ,. '" .i‐- ._ゝ、
           {ヽ{ ' /.l ,';;;;;;! ,∨{  /    j           魔法の適性が違うとか
           l `.! ', l/;;;;;;;;;!/ ,ゝ、. '   / ;
           l  ,  ヽ.ヽ;;;;;;/ /  ;     /            ありえるんですか。
           l   、  ` \'/    l     ,
           j.   ヽ    ヽ   l.      /
  .         〈:    ゝ- _  '   .l     ' ヽ





162 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:10:02 ID:a91a06ed



         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
     __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
    l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ          普通にありえるわよ。
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l
    〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、         才能のある子供が生まれたとしても、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /       その子が自分の使える魔法を
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
       `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./         覚える事が出来るかは基本運ね。運。
       l.   l. '        /    /i| .i! ├∨     ∨
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |                そこらへんも、
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |                魔法使いの一族が出来ない
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|                理由かもしれないわね。
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l





///////////////////////////}/////// |  ∨/////////////|
///////////////////////////}/////// }    V////////////i|
///////////////////////////}///////人    }/∧/////////i|
///////////////////////////}///////      j/  V////////|
///////////////////////////}//////.  U    }「 /////////i|       ……ひょっとして、
////////////////////////// l}/////        .:}!////∧////i|
////////////////////{/////  !////.三三三三三 .////| ∨//,       魔法使いの才能を
/ //////////////////∧///  j//           刈////|  }///
∧'/////////////////.' i/,{  ノ´          U .{///│ }//        持って生まれるって、
/∧////////,{i///////,! |/,{                 !///,!  j/
//∧/////// {///////,{ 乂.-、     _           从//,!           それ自体が
///∧///////{ヽ///// { .     `ー‐ '´ ` ー‐ '   .. イ ////
////,ヘ//////∧ \ ///{. U      .' '    . イ//|////            凄い事だったりするんですかね。
/////\ ////∧  \/ ト .          . イ// |//i|///
/ /    \,///∧   \  `>‐-r‐ ´  |///|//i|//





163 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:10:34 ID:a91a06ed



          /           `ー、_
         〈              ヾ 、   `⌒\
        _ヽ____         ノ |       \
      r‐く  f´ ̄ > >‐―ト、二´_ノ        /
      |  ∨   く_´/⌒V-―vく⌒ヽ、     {
     /⌒V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヘr、___x'´
     └、___|::::::i:::::::::l::::!::::::/::::::l::l:::::::l:::::::`7 ヽ. く \
        |::::::l::::::l::|:_」__/ |::;イ::ナ::ァ:|:::::::::Tーハ \ \
        "⌒ヽ、ハ|/xく /' x.マ"rリ|::::::::::|:::::::::!.  \ ヽ、
           l:::::ハヘリ     ゞ''|::::::::l:::::::::|  /lフ´ヽ. |
          ./:::/::ハ'       '''' |::::::::::::::::::::l ,/:::|    ソ
          /:::::::/::::;> 、`’,. ィ_,,|::::::::::::::/:::|/::::::!
         ./:::::::::::::/::::ノ^ヘ r'⌒./::::::::::::/、::::::::::::|           どうかしらね。
         /::::::::::::::::/ にフト、フ /::::::::::::/ l∨::::::::|
.        〈::::::::::::::::::ト、 レ/レ'/::::::::::::/‐r.  〉::::::::!           才能は持っていても
         ヽ::::::::::::/〈.  ///::::::::::::::::/ -、 Tソ::::::::::|
          V>‐く  >//、{::::::::::::/    |::::::::::::::i           それを活かす方法を知らない人間は、
         く/:「ノ| 〉′/  >rイ , 「 フr''"|:::::::::::::!
        /77::::::::{ 7   く/::ヘ_〉  V⌒ヽ|:::::::::::::|           多分、貴方が思っているよりも
    r‐「^///::::::::/ /    /::::::::/|      |::::::::::::::|
    /7 |.///l:::::::/ /     /::::::::,' |      |::::::::::::::|           多いと思うわよ?
   .//7./// !:::::{ ,′    i:::::::/ |      |::::::::::::::|
  ///'///にフトく '       >rく.   |      |::::::::::::|
 .///,〈〈〈_/:::トノ     く_/::ト、ゝ |      |::::::::::::::l
  \\.\\l::::!         |:::::|  ハ.       ',:::::::::::::!





              ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
          乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
        _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=
        / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
    、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒
         i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ          (ひょっとして、)
         八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三
        /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ          (魔法使いの弟子になれた私って)
       /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
      _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=          (めちゃくちゃ幸運だった……?)
        i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
        八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
         ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
         /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=


                                                       【小ネタ 完】




164 : ◆SBU7HV/g81x8 : 2019/04/13(Sat) 17:11:08 ID:a91a06ed



.          |ニ- _                      /|
.          |ニニニ_              _/ニ|.    /\
.          |ニニニニ}_/^\へ._    /ニニニ|   / /
.          |ニニ/ /        \ \{二二二 |   └
        /ニ/                 ∨ニニノ\  { ̄ ̄|
.     __/ニ/  /       |  |    ∨二二\|   ̄ ̄
     \二二| 斗-‐十     ―|‐- ミ    |ニニニニ\
.        |ノ   |  |八    |  |   |  ノ  八ニニニニニ\
       --イ   |Λ|_\  |Λ| _|/|    \  ̄「 ̄ ̄
       ノ八   | ア^ ̄^ \| ア'^ ̄`ヽ|  ノ ̄   八          小ネタ投下完了しました。
.      /  \乂'''    '      ''ノイ /|      \
.      //    八   r          ノ___ノ     \\       リアルダビスタが
     /     l |    乂    ノ  | |   |        ヽ
   /  /       ノノ   >    <  | |   |      |   |      成立しない魔法世界。
  {  {       <(   /^\ / ̄ ̄| ノノ   |      |   |
.   \      _)>_/  /ヘ    ノ<(   ノノ      |   |      親子二代魔法使いとか
    }\   ⊂/ニニ|/[ニニΛ/ /ニ)>ニ<      ノ  .ノ
.   { ̄\\ ∨ニニニ|. / √   /ニニニニ \ __,∠   ̄}     ある意味で激レアです。
.   {_, ニ\\|ニニニ |/ニ√  /ニニニニニニ|二ア    ノ
    {__  ノ二ニニ/ニ√  / 二Y ⌒ Y二二|     /       (優秀とは言ってない)
    }  /二二二/ニニ√ ∨ニニ乂__ノニニΛ   /(_
    〈_,/二二二ニ/ニニ√  |ニニニニニニニニ\    ノ
.    /二二二 /〈ニニニ√  \ニニニニニニニニ}―<
.              ∨/





               _ -‐=ア           /{
              /ニニニ{         /ニニ|
              |ニニ/         |ニニニ|
          __/⌒入/‐=ニ: : : : ニ=-. _   |ニニニ|
        /ニニニ/:.>''´ ̄:'´ ̄`ヽ-.、>∨ニ/_
       /ニニニ/:./: : : : : : : : : : : : : : :\-Vコ_:_:_:ヽ
        ̄「厂 厂:./.: : : : : : :./: : : : : : : : : : :∨|ニニニ\
        ∥: :/: :./: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : |∧ニニニ\
        j| : .': :./ : : : : : : : : ,′: : : :.|: : : :.|: : : |: : \ニニニ\
       八: |: //: : : :|从 : : |: | : : : :i|: : : :.|: : : |: : :.|: : ̄「 ̄ ̄
       /: :|: |/∥: :.|从'⌒``|: | : : :.ハ.:.| : }: : : V : :|: : : :|
      {: : :V{ ノ| : : K下丐k |八: : :⌒iト|、/: : : : V.:.|: : : :'
     _八 : : \ |l: : ‘,乂ソ^   Vィ斧丐/ |/ : ト-ゞリ : : /
    人: : \ : : ∨\トゝ"""    乂ソ^)>: : :ノ// : : /         次回は問題なければ、
    (: : :\: : \: |ニ八    '    """ /: /''゙: : : : :/
   ノ\: : :\: : ソニ{\\ 丶-    /}i/: : : : : : /          予定通り
   \ : \: : :ソニニニトJ丶>─==ニニニ}{ : : :_、rf〔-.、
   {:‐:\: ノ ̄ニニ>''⌒/、    二L_人/_、‐''゙ ̄〕          4/17(水)の午前中に
   |:Г ̄ニニ/ /⌒ヽ ヽ     _ー}ニ(/: : _、‐く
   ヾニニニニ| i/    У ̄ ̄ ̄`\|-\/: : : : }           小ネタを投下します。
    |-ニニニニ|'      八       V-く: : :-‐=<
    |-ニニニニ|   _,,..-‐i-/ニ=‐- 、    ∨‐\:_:_:_圦
    |-ニニニニ|    /   }i{     \\  Vニニノノニニ|
    !_i|ニニニ/  /   ハ}     \   |ニー''ニニ|
   i|-i|ニニニ//       |ii′       } `'ー|二ニニニ|





165 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:28:08 ID:194a7301

宝くじに当選するよか貴重な才能があったもこっちはどんな経緯でパチュリーの弟子になったのか地味に気になり始めてきた

166 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:28:44 ID:a621f7c7
乙でした
魔法使いは才能と運が大事な世界観なんだな

167 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:29:32 ID:d0f7ef27
乙津
胎児の段階で魔力を注ぎ込みまくるとか実験かましたマッドとかも居たんだろうなあ(目反らし

168 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:56:27 ID:a25722f3
たまたま拾った鍵が
運良く適当に見かけたロッカーに合って開けられるようなもんかな

169 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:57:09 ID:aebfdf5e
おつおつ
純生の人間はって程度で人工生命体とかは結構作ってそう

170 : 普通のやる夫さん : 2019/04/13(Sat) 17:59:07 ID:34a8803e
おつー
自分の魔法的才能を子供に継承する魔法や子供に後天的に魔法の才能を植え付ける魔法
などを開発しようとした事ある奴は結構いそうよな

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • 国際的な小咄 5963 手口としては、うまいしヤバイ (11/18)
  • 国際的な小咄 5962 種族が違う……? (11/18)
  • 国際的な小咄 5961 Hate Speech (11/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第14話「美しき旋風!華麗なる風のバルバリシア」 (11/18)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十一話・やる夫は再会するようです (11/18)
  • アメリカンヒーローアカデミア 35 (11/18)
  • カナちゃんのおしながき 第61回 (11/18)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十七話 壊れた街で、さようなら (11/18)
  • やる夫は竜の人財のようです 小ネタ (11/18)
  • やる夫とばくだん 5.消されたタイタン 後編 (11/18)
  • 国際的な小咄 5960 満蒙は生命線 (11/18)
  • 国際的な小咄 5959 盧植さん!? (11/18)
  • 国際的な小咄 5958 お、おう (11/18)
  • 国際的な小咄 5957 ましなのを選んだ……つもりだったんだよ(By当時の部長) (11/18)
  • 国際的な小咄 5955~5956 一応ムハンマドをAAスレで使いたいときの一番もめない方法 ~ 革新的 (11/18)
  • 国際的な小咄 おまけ  やばい! しっくりくる! (11/18)
  • BLUE METAL 第七話 「 終わりの始まり 」 (11/17)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十一話「彼方へ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5953~5954 今イッチ東京だよ ~ ちなみにイッチの返答 (11/17)
  • 国際的な小咄 5952 君の国的に先進国って何だと思いますか? ~イギリス編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5951 その発想はあったけど考えてしまったらやーばい (11/17)
  • 国際的な小咄 5949~5950 中華ガジェットのひどい提案 ~ 朝鮮半島の土地の生産能力 (11/17)
  • 国際的な小咄 5947~5948 デーツは強い ~ 中東の人々の甘さへの渇望はすごい (11/17)
  • 国際的な小咄 5946 沢尻エリカ=濃姫 (11/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その9 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その3 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その2 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 後編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第三話 「湧く泉にも水涸れあり」 後編 (11/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する Episode 勿忘草 「 私を忘れないで 」 (11/17)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第47話 (11/17)
  • 国際的な小咄 5945 味噌饅頭は群馬が一番 (11/17)
  • 国際的な小咄 5944 朝鮮半島の立地の悲しさ (11/17)
  • 国際的な小咄 5943 龐煖 (11/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ