やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(37)

目次 現行スレ

298 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:19:44 ID:jfYykgd6Sa
.
第40話「ヒゲ集め」(37)

   |::::::|   |_____   |:::::::::|      |:::::::::|    || ̄ ̄ ̄”||    ',:::|::::::::j{     {::::: |:::::|
.    |:::::::|  :|γ⌒ヽ |  .|::::::::|      .|::::::: |    ||       :||    :|:::|:::::::j{    i{::::::|: ::|
__    |::::: |  :|{    }:|   |:::::::|       |::::::::|   ||       :||    :|:::|::::::j{     i{::::::|:: |
‐l    |:::::il   |乂_ノ|  |::::::|      .|::: : |   ||____,||    :||::|:::::j{     i{:::::|:::|   「 意外だったわね 」
二ヽ  |::::||   |ー─ー‐|  .| : |      |::::::i|   └────┘    .|i:::|:::j{      .i{::::|::|
]|丁  l:::||   |ZZZZZl   |:: |  : :  l::::::||<)           く..)  ||:::|::j{     :   .|::::|:|
弋夕  Vリ  .:| | |  | |   |:::|   i i   l:: /| }^ヽ   /^\     }^}  | VV  :  i :  .|::::リ
 |::|   TT  :| | |  | |   |=|   | |   |=|_|_{‐〈__く====>___{ 〈_|__|┤  i  i  i  T''T
 |::|   .|: |   :| | |  | |   |:::l   | |   |:::||::| ̄|]::::::::兀兀兀::::::::::| ̄|::::::|::|::|   | .|  l  .|::: |
二二二>|: | ...:| | |_,,| |   |:::|.  | .| 弌二二二二二二二二二二二二アア  |  |  |  |:::::|
TTT|_|. ..|: | : :| | | ̄.:| |   |:::|.  | .|  ||丁¨¨¨¨||二二二~~|丁¨¨¨¨丁||::|:::|,、===、、 | .レッ==
 ̄丁/_」⊥_ | | |  | |   |:::|......|. . |.......||::|:::II::::ィシ´ ̄ ̄`ヾi}::|::::::II::::::|::||::|:::{{_   _}} . .|. .|{{_
:::::::|x㌻ ̄ ̄``ヾ弌ニニ⊥. |:|......|. ...|... ..||└─‐{{      j}└──┘ />| }}=={{. .. . |. .|::}}===
:::::::{i:i{        Vハ___|   |:::|... .|. . .|. . .||TTi¨¨゙V     / |:|⌒>⌒7 /|/ ̄ ̄ \...| / ̄ ̄
:::::::jり       ゝ┴┴ュュ |:::|. ._|.......|_,,|:|: ||  |j     / |:|,ィ㌻~//|//|二二二二」__{二二二
、_ノノ            {:{二二_⌒_____,|:|_,||__/     {  |//  //ii|/iリ|| :|l ̄ ̄|||| :|| || ̄ ̄
i:心       .:____LL       _ ⊥∠ ̄__ ̄゛ヽ>{i:{─ノノ:|i:|ィ㌻|_,||____||||,,,_||_||_
`Y:ハ_,、-‐  ̄     _、-‐ ¨|  _、 '' ゙        ィi「|/__ Y∨゙|||ノノ_Y .||.: .: .: .: .: ||.: .||.: .: .: ̄
 }i:i:i〉    __ -  ̄ _-二┘'゙         ,xf〔i:>┴─---}i:Lノ:||{i:{_ノ
./i:i/ _ -  ̄ _-二 ̄           ィi「i:㌻       丿ノ )|゙{i:{{i:{
.|i:i:{ ̄   _、-<            。s≦i:i:i:,イ ̄⌒´" 冖宀{ニ||''~ ノ.{i:{{i:{
.|i:i:{_。-<___|〕=- ´ ̄_>──=彡i:i:i:i:シ⌒.:〔ニ|zzzzzzzzzz|i:||z彡 {i:{ 'v:、
.{:i:i乂_γ´ ̄   _、-TΠ-、--rrr:||'´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.〔ニ〕.:.:.:.: |i|i:| ̄ {i:i{ {i:{ V:, ヽ>
..Vi:i:i:i:i:≧=‐=≦⌒  乂≧x.:.:∨:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.:.: |i|┘  'vハ Ⅶ,マ>
 Vi:γ´ ̄        `Yi:}.:.:.:|i:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.: └     V:,  寸,




299 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:20:35 ID:jfYykgd6Sa
.
 / /   /::/  /::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
イ/    /'´   |::/   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
イ            /    /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
.         /     / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /
.         / /   / i′! | ト、 | ヾ{__ヾ!≧トix i! / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!      大和さんの姉妹が・・・
      / /    イ  ,イi∧| 小.z斗≦芋ミ:x卞ヾi∨ {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
.    / /   / /  / |/ 〉:∧ヾ::{ rt'::::;ハ`、ヾⅥ //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/     まさか妹を誘拐した川内に同情的になるなんて・・・
  / /   /  /  / ∧ /::/ ∧  弋x._rソ_   }ハ/}′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ
イ /   /   /  / / .У:/ /::∧  `  ̄         ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
_彡   /    /  / / 〃::/ /::/::圦              ` ーァfイ .::::::j′
.   /      /  / /  /:/ /::/:::::::/|\          j}    ,ィ.;:イ_ノ:):::::,′ /
 /       /  / /  /:/ /::// ::/ !:三ヽ.     __ __  〔《〈_  .イ::::::::/  /::
彡'       /  /:′ ,':/ /::// ::/  .}`ヾヽ.>.    ー   `>ミ辷彡チ≠==
        /  /   ;イ .:://::::/ 才::::::∧ ヽ}三≧x. ___ .._彡チ" /::::::厶、/:::::
.       /  /    〃 .://::::/   ヾ:::::::::∧    `ヾ::ィ:´    /::::::::::::://::::::::






             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ         「 確かに彼女は薬物中毒のようなものだったかもしれないけれど
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、 
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }       私なら、妹が危険な目に遭わされたら・・・あんな風に憐れんだりできない 」
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄
.

300 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:21:07 ID:jfYykgd6Sa
.

                    ______
          __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、
           ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __
           /_,,/! ///           ヽ{}ト、
             ´´ /./| ///!.  /  ! /   l | !    ゙iヾ、ゝ
             |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|
            / / .| | !: i !  | メ、!  i l !  ! l i `    何事もなかったから・・・って
          / イ   ! |l:  ! l , i j. ! i ,-、!/ /  / i .!
.        // /   .i| ! !!‐i土iニ|´! l 、《/レ‐-/ //     何事もなかった筈ないじゃない、騙されて攫われて・・・
       //  /   /| !ii l|T::。Tヾ   i メrゞ=;;〈/ /〈
.     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'   ' 《〈トK》 / X ヽ     助けが来るまで大和さんがどれだけ不安だったかなんて・・・
    //    ./   / i |;ゝ       , ヾYイ  ' !`ト、\
   i {     /   /  ,' |', `‐-,  ‐ - ,/l|   .| ! `‐`: 、
   l ヽ   /   /  / !ゞ、ヽ |`ト ..  イゝ !__,,_」-+t_,, -‐二ゝ
   ヽ ヽ、/   _.ム‐/ /" \__,,へヘ-イ-‐"     /ヽ-‐"           あの人たちは妹のことを思って怒ったりはしないの?
     \ \,-'  `‐- '     <ィ泌>.〉  -‐--,-,./.  iヘ
     / 丶 ゞ ヽ、 _,,-、     `ゞXノ'  _  /|`'    } ヽ






              ,.  -─_-_  .. _____
            ∠ -‐''"´     ̄ ̄`ー '"´ ̄ ̄ ̄ ̄        「 思っている、からでしょう 」
       /  __ .. -- .. _                    
.        / ,.<L人___          ,. -─- ... __     
     /{_/⌒ヾ> .  `フ7 ー---‐ '´            
   , '^Y     }   ` く /
.   /廴,ノ    /     ヽ.
  {      , '       ',
.  '.    ,. '            }
    ゙ァrr ´           /
    Lrヘ.             , '
       ヽ、         /
        `   --‐ '´
.

301 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:21:47 ID:jfYykgd6Sa
.
    / ′ .=ミ、 i   i  iヽ      ハ  ハ  '.
/   :  i:    ))|: i:|. :!._∨ ハ   :  :  ,
  .,    |  rr彳:八 |: |: !:{⌒}  i: :}    i  i  i   今回の件を通じて貴族の娘が平民の男と恋に落ちれば
  ′:i _≠^Y气{ ハ i八{ィィ竺=ミx   :|   ;  ;
    :| {/ rく⌒ヾ`Y   7f fh }}    ;  /  /   どのように危険で不幸な結末が待っているか・・・
    从 V八辷アり乂 ;  .乂 .ゞ .从    ,:  ,
.   //ハ ⌒示≠  〈i:     ノ/ / / .イ / i:   それを世間知らずの妹が学ぶことが出来た
  / ′ 八乂((__  _ ____,  イ,イィ  / .イ  :!
. イ   ./  八    `こ ゚    / イ .//:{   :    幸いにも家名と体に傷をつけることなく
   / _/  ≫ .       .イ , ⌒Y { ∨ 八
.   /fV⌒云≠ミ j.> .,__,. <))/ /   人 ∨ ヽ  ヽ  最低限の危険と・・・誘拐犯の悲惨な境遇をもってして、ね
  /{.{ {八rリリ乂 }  }rー-く⌒{.イ .イ≠ \ ' .     
. /⌒ヾーr __彡乂八__,  :〉((    ; :{   ヽ  ヽ
.{   }7冖イ   / (⌒7 ハ∨  乂ー-く:ハ   V
:人  /イ⌒冖ハfix__厂 廴___マム{⌒   }  从,   }





             ;   , ;
            ノ   .: .:
           r'  ノノ_,ノ
  ―――― 、  }  { ,:´       「 そしてあの方たちは貴族でなくなることがとても不幸なことだと思っている 」
.     _   ) r'  し)
.   ̄ ̄\>-‐=)   (=‐-
   __i(   _(    )_  )i
    {{  | ≧=‐-------‐=≦ |
..   ヽ  |⌒V⌒V⌒V⌒V⌒ |
.     \∨│  |  l   | ∨
.     -― ∨    │   | ∨―-
  ´     ___∨     |   l /___     `
      /   ∨_______/       )
... <_ {     └───‐┘     _>
    ` ―-============-‐ ´

302 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:25:27 ID:jfYykgd6Sa
.
               __,、xvfヘ、__(( -- ─-- _
            /  くヒベ/Kト、_})/       `丶fYv─‐ 、
            }   弋ミヒヅ^ /               \ヾ〉  i
            /    ((     ′         丶   ヽ} |
              /      ゝ=、 /   〃 i  l |   |  |  l   ハ  |    平民の男と逃げた母親の愚行により
          ,ィ     /  、__ノ} ′ / ((⌒i |   |  | |  '、 |
         //    '  /  |/   .′ )} | |   |  |  |  l V|    「貴族令嬢」になれず、娼婦の真似事をする羽目になった
       / /     l  |   |   | r‐'イ | |ハ |  |  | ,| |.,|
         |! |     |  |   |   xy、__L 八|从ノ 十‐ト、′l |     そんな出来損ないの川内を心の底から憐れんでいるのですよ
.         ヽ   |  |   |  ノィr‐辷ト、 i! /  ノ / / ,'ハl
              Y  :}  ∧  ∧.  Y;ゞ少くj}  γ=彡/ ィヽ \     あの御令嬢たちは
           |  | ′|  ∧ ((~込匕シ  ,   / l ト、 \ ヽ
           |  |/.  |  / ヽ ゝ=、    ー   イ{  | | \ ヽ    大切な妹やその子供がそうなってしまう可能性を摘めて良かったと思っているのです
           ノ  ″  >-、ノ^)ハ   ))> r、_<  人、' |  ハ 〉 , |  
          /  /  /     ノ|    Vっ (\ヽ^7ヘ\ \  |. /,/  
        /  /   |  ,′ _ ノ    } 〈 r、ヽヽ\j  \ \|//   ・・・まあ犯人側の事情を知って、今後は川内への厳しい処罰よりも
       /   , ′  ノ  /´    _.ノ><} V ^ Y  ハ   Yヽ
     /   (   /  /   / ̄ ( ヽ~^ー'^ー|     l    }   } l ヽ、 妹や家のことを第一に考えるでしょうね、汚れない様にと  
.    〈     人 〈    /  /     丶    ∧    !  /  / |   l
    \    丶 \ /  /   ',  ノ     _>、_r=┴、_/  /.  |   l 
.       \     \/  /    ∨       i! ヽy     ,}  /   ト 丿
          )    ノ  ∧      V       ノ /    ./ /   |/





                     //    //  / , /   , /    ',     ! .
                  / /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    ||
                     / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i      ・・・川内の生い立ちを彼女たちに知らせたのは
                 | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′ 
                   ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /   やっぱり間違いだったと思うわ
                      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
                       \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ   
                      ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |
                      _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘu || |
.             . ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ `  _     ー′ | l | |
             /  /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `=`     /| l| |
        /  /  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
.      /  /  /       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ
.     /  /  /         ハ     弋__,. -―`ー'  ̄  >‐=xフ^ ハヽ| |

303 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:25:57 ID:jfYykgd6Sa

   |::::::|   |_____   |:::::::::|      |:::::::::|    || ̄ ̄ ̄”||    ',:::|::::::::j{     {::::: |:::::|
.    |:::::::|  :|γ⌒ヽ |  .|::::::::|      .|::::::: |    ||       :||    :|:::|:::::::j{    i{::::::|: ::|
__    |::::: |  :|{    }:|   |:::::::|       |::::::::|   ||       :||    :|:::|::::::j{     i{::::::|:: |
‐l    |:::::il   |乂_ノ|  |::::::|      .|::: : |   ||____,||    :||::|:::::j{     i{:::::|:::|   「 必要だと判断したからそうしたまでのことですわ」
二ヽ  |::::||   |ー─ー‐|  .| : |      |::::::i|   └────┘    .|i:::|:::j{      .i{::::|::|
]|丁  l:::||   |ZZZZZl   |:: |  : :  l::::::||<)           く..)  ||:::|::j{     :   .|::::|:|
弋夕  Vリ  .:| | |  | |   |:::|   i i   l:: /| }^ヽ   /^\     }^}  | VV  :  i :  .|::::リ
 |::|   TT  :| | |  | |   |=|   | |   |=|_|_{‐〈__く====>___{ 〈_|__|┤  i  i  i  T''T
 |::|   .|: |   :| | |  | |   |:::l   | |   |:::||::| ̄|]::::::::兀兀兀::::::::::| ̄|::::::|::|::|   | .|  l  .|::: |
二二二>|: | ...:| | |_,,| |   |:::|.  | .| 弌二二二二二二二二二二二二アア  |  |  |  |:::::|
TTT|_|. ..|: | : :| | | ̄.:| |   |:::|.  | .|  ||丁¨¨¨¨||二二二~~|丁¨¨¨¨丁||::|:::|,、===、、 | .レッ==
 ̄丁/_」⊥_ | | |  | |   |:::|......|. . |.......||::|:::II::::ィシ´ ̄ ̄`ヾi}::|::::::II::::::|::||::|:::{{_   _}} . .|. .|{{_
:::::::|x㌻ ̄ ̄``ヾ弌ニニ⊥. |:|......|. ...|... ..||└─‐{{      j}└──┘ />| }}=={{. .. . |. .|::}}===
:::::::{i:i{        Vハ___|   |:::|... .|. . .|. . .||TTi¨¨゙V     / |:|⌒>⌒7 /|/ ̄ ̄ \...| / ̄ ̄
:::::::jり       ゝ┴┴ュュ |:::|. ._|.......|_,,|:|: ||  |j     / |:|,ィ㌻~//|//|二二二二」__{二二二
、_ノノ            {:{二二_⌒_____,|:|_,||__/     {  |//  //ii|/iリ|| :|l ̄ ̄|||| :|| || ̄ ̄
i:心       .:____LL       _ ⊥∠ ̄__ ̄゛ヽ>{i:{─ノノ:|i:|ィ㌻|_,||____||||,,,_||_||_
`Y:ハ_,、-‐  ̄     _、-‐ ¨|  _、 '' ゙        ィi「|/__ Y∨゙|||ノノ_Y .||.: .: .: .: .: ||.: .||.: .: .: ̄
 }i:i:i〉    __ -  ̄ _-二┘'゙         ,xf〔i:>┴─---}i:Lノ:||{i:{_ノ
./i:i/ _ -  ̄ _-二 ̄           ィi「i:㌻       丿ノ )|゙{i:{{i:{
.|i:i:{ ̄   _、-<            。s≦i:i:i:,イ ̄⌒´" 冖宀{ニ||''~ ノ.{i:{{i:{
.|i:i:{_。-<___|〕=- ´ ̄_>──=彡i:i:i:i:シ⌒.:〔ニ|zzzzzzzzzz|i:||z彡 {i:{ 'v:、
.{:i:i乂_γ´ ̄   _、-TΠ-、--rrr:||'´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.〔ニ〕.:.:.:.: |i|i:| ̄ {i:i{ {i:{ V:, ヽ>
..Vi:i:i:i:i:≧=‐=≦⌒  乂≧x.:.:∨:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.:.: |i|┘  'vハ Ⅶ,マ>
 Vi:γ´ ̄        `Yi:}.:.:.:|i:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.: └     V:,  寸,

304 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:26:45 ID:jfYykgd6Sa
.
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   貴族の母親が平民と駆け落ちした結果性病で死に
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !    悪徳宝石商の愛人となって暮らすしかない可哀想な娘がおりました
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l    その宝石商に捨てられた後、やっとありつけたメイドの仕事
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |    本来なら同じ立場の娘に傅いて働いていたら
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |    なんと仕えている家の娘が愚かな母親と同じ道を辿ろうとしていたのです
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |





      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | '' 大和嬢が「妄想」で書いた駆け落ちの手紙を部屋の清掃中に見つけた川内は
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l   彼女と在りし日の母親を完全に同一視して発狂してしまいました
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !   
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !   そして大和嬢を言葉巧みに連れ出すと
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |   助けの来ない場所に監禁し説教と母親の身代わりにして恨み言をひたすらぶつけ続け
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |   それだけでは足りず相手の男にも同じことをしてやろうと嘘で誘い出したのです
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |

305 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:27:27 ID:jfYykgd6Sa
.
 / /   /::/  /::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
イ/    /'´   |::/   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
イ            /    /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
.         /     / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /    しかし、やらない夫とその仲間の錬金術士は川内の異常さに気づき
.         / /   / i′! | ト、 | ヾ{__ヾ!≧トix i! / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!
      / /    イ  ,イi∧| 小.z斗≦芋ミ:x卞ヾi∨ {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,   かつ大和さんの身の安全の為に、川内を刺激せず誘いに乗る振りをして
.    / /   / /  / |/ 〉:∧ヾ::{ rt'::::;ハ`、ヾⅥ //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/ 
  / /   /  /  / ∧ /::/ ∧  弋x._rソ_   }ハ/}′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ    大和さんを無事保護することができた・・・
イ /   /   /  / / .У:/ /::∧  `  ̄         ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
_彡   /    /  / / 〃::/ /::/::圦              ` ーァfイ .::::::j′   
.   /      /  / /  /:/ /::/:::::::/|\          j}    ,ィ.;:イ_ノ:):::::,′ /   それが貴女が大和さんの家族に説明した事件の粗筋・・・
 /       /  / /  /:/ /::// ::/ !:三ヽ.     __ __  〔《〈_  .イ::::::::/  /::
彡'       /  /:′ ,':/ /::// ::/  .}`ヾヽ.>.    ー   `>ミ辷彡チ≠==    
        /  /   ;イ .:://::::/ 才::::::∧ ヽ}三≧x. ___ .._彡チ" /::::::厶、/:::::  
.       /  /    〃 .://::::/   ヾ:::::::::∧    `ヾ::ィ:´    /::::::::::::://::::::::





             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ       
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、     「なぜかしら、まるで出来の悪い小説・・・つくりごとみたいな空虚さを感じるわ」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }      
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄
.

306 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:27:52 ID:jfYykgd6Sa
.
   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八   なにを仰っているの?
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'  ヽ   全部「ほんとう」のことでしてよ?
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7.::ハヾソ ,  '
  / }込八irくイ_ノ ノ     i::::::::j [:!/i   | i
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞ彡<从 '  i ゝ
.八 ∧    j:i     ノ    'イ /{  八  `ー
.  ヽ∧   八{__j), - .、    /rーミ八   `ー -
   \ヽ.    ̄ ゝ:::ノ   .イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     /⌒´      ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '





         _,_       ___
        {Yフヽ . "´ ̄      ̄   ‐- . r=z、
      __ゞ::Tリ                \い))
    /ヽ_/7 ̄:!ミニ ´            ヽ二>
     ̄7メ、/|`ヽl /             ヽ  \
    /ム才' | / / ,.:   .:/:ハ      '. ‘,  ’.
  // /   ´ .:′.:| l :|.:|.:|: :|     __ }l| :l  }  |  }
_// /  /  { .::!:! l :|.:|.:|: :|    {i^i)ハ/: :イ  ,} 八      ・・・もし今の説明がすべて本当だとしても
./ /  /   八: :l|:| 「{丁|下ミx   /{{伝幵リ : :' :/\\
. /   /   .::  Nトトヾ斧芋ミ、 ヽノ{::(Y必7}: :/イ|   \    貴女が情報屋に川内のことを調べさせていた理由が
   /     .:::  从   乂zソ       Vミ辷イ/ :|:|
 /     /  ,/込::.   "¨¨`      ゝゞ=zl{   :|:|       一切含まれていないのが気になるのよ
       /   /   ヽ:.        _  、_ノ/:|:   :|:|
.    /     /: : :r~ニ>~.、   ‘ ′ /: :|:   :|:|       そして雪華綺晶、なぜ殆ど無関係だった貴女が
       / : : /しヘこヽ. . .(_,rヘー<二フ l:   :|:|
      /: : : : : \ : : : :  ̄廴ト、 ゝ/⌒Y: : ':.  .:八       わざわざ私を誘って大和さんの家に赴いて
  r~イー:―:-.、_/:_:_: : : : : : :ヽヽ/ : /: : : :':.. /  \
  {(: : : ': : : : : : : : : : : : : : : : : : :j心{「ト、`ー…:´ ̄ ̄:二ヽ     今回の件について説明係をしたのかも、ね
.  〉 ̄ヽ: : :_:_: : : : : : : : : : : : : :廴辷彡’: : : : : : : : : : : : :

307 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:28:20 ID:jfYykgd6Sa
.


             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ       
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、     「 それは、お願いされたからですわ」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }      
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄





        __,、    -―, ― - rく?鴨ト、___
   ___,ィfKツ}}/        ゛<ゞ彡三三三≫
 ≪三三三≧'¨            ヽ ∧:>、
   /ヽ>イ  /  ′       ',    V |\/:\
.  /:/ / 7 /   |  |  :|     !    ’ |\  ̄¨
 /'   / /  ′  |  |  :|  .! :! :!   Ⅵ  ヽ\  
.    / /{  | :| :|  |  :|"⌒|‐|-|ハ   '|   \ヽ    お願い? 誰に?
   / / ‘  ' :| 伝ミ  :||  メr≠ミ|    l|     \\
.  / /  ヽ ‘, Ⅵィf:心\八ノ{〈匂イ}|   八      / /
  {7    \ヽゝV:ツ    `辷ソリ   /     / /
  ヽ\      Nトト  ′    、_,)/   /l  :∧ / /
.    \\    ! 个   ``    r/   / :|  .:' : ∨./
.     \\ .|!>イ:i:i:i:>- r</  /ァ :!  : : :/ /
.      // //){ VYY⌒ヽ/  /:.L,⊥-―ォ:/ :\
   //ィf/ / ∧ 、∨ !泌}7   /: : : : :_: .:ノ }ヽ: : :
  // {{レ  ' / :∧ ,ノ|彡/   /_,ノ⌒~: `: : :|ヽ\
. ( {   /:|\  ノヾ/⌒7⌒7   /==ミヽ: : : : .:|  \\
  ヽ \′!: : :Y: :./: : : !: :./ /: : : : : : \: : : .:!  //
   \\!: : .:|ヽ': : :;r=z//: : : : : : : : :/:.:\ /.//
   / ,\\: :l:∧: /: : /〈:.:.:.: : : : : : :ノ:.:.:.:.:.:}′ヽ \
.  / /://:.:.トミ|: : : .:ト∧:.:.:. : : : : : : : : :/ :|   \ \
 / //l: ; : :.| :l|: : : : |: :/==ミ: : : : : /:i:| |    \ \
. '// /:〈 : : :|.:l|: : : : レ: :ヽ: : :/>-イ:i:i:i:i:| |

308 : ◆hrPgATdXSI : 2019/04/14(日) 23:28:53 ID:jfYykgd6Sa

               __,、xvfヘ、__(( -- ─-- _
            /  くヒベ/Kト、_})/       `丶fYv─‐ 、
            }   弋ミヒヅ^ /               \ヾ〉  i
            /    ((     ′         丶   ヽ} |
              /      ゝ=、 /   〃 i  l |   |  |  l   ハ  |
          ,ィ     /  、__ノ} ′ / ((⌒i |   |  | |  '、 |
         //    '  /  |/   .′ )} | |   |  |  |  l V|
       / /     l  |   |   | r‐'イ | |ハ |  |  | ,| |.,|    そうですね、誰だと思います?
         |! |     |  |   |   xy、__L 八|从ノ 十‐ト、′l |
.         ヽ   |  |   |  ノィr‐辷ト、 i! /  ノ / / ,'ハl
              Y  :}  ∧  ∧.  Y;ゞ少くj}  γ=彡/ ィヽ \
           |  | ′|  ∧ ((~込匕シ  ,   / l ト、 \ ヽ
           |  |/.  |  / ヽ ゝ=、    ー   イ{  | | \ ヽ
           ノ  ″  >-、ノ^)ハ   ))> r、_<  人、' |  ハ 〉 , |
          /  /  /     ノ|    Vっ (\ヽ^7ヘ\ \  |. /,/
        /  /   |  ,′ _ ノ    } 〈 r、ヽヽ\j  \ \|//
       /   , ′  ノ  /´    _.ノ><} V ^ Y  ハ   Yヽ
     /   (   /  /   / ̄ ( ヽ~^ー'^ー|     l    }   } l ヽ、
.    〈     人 〈    /  /     丶    ∧    !  /  / |   l
    \    丶 \ /  /   ',  ノ     _>、_r=┴、_/  /.  |   l
.       \     \/  /    ∨       i! ヽy     ,}  /   ト 丿
          )    ノ  ∧      V       ノ /    ./ /   |/





   |::::::|   |_____   |:::::::::|      |:::::::::|    || ̄ ̄ ̄”||    ',:::|::::::::j{     {::::: |:::::|
.    |:::::::|  :|γ⌒ヽ |  .|::::::::|      .|::::::: |    ||       :||    :|:::|:::::::j{    i{::::::|: ::|
__    |::::: |  :|{    }:|   |:::::::|       |::::::::|   ||       :||    :|:::|::::::j{     i{::::::|:: |
‐l    |:::::il   |乂_ノ|  |::::::|      .|::: : |   ||____,||    :||::|:::::j{     i{:::::|:::| 「 貴女が私の姉だと言うのならどうか当ててみてくださいませ」
二ヽ  |::::||   |ー─ー‐|  .| : |      |::::::i|   └────┘    .|i:::|:::j{      .i{::::|::|
]|丁  l:::||   |ZZZZZl   |:: |  : :  l::::::||<)           く..)  ||:::|::j{     :   .|::::|:|
弋夕  Vリ  .:| | |  | |   |:::|   i i   l:: /| }^ヽ   /^\     }^}  | VV  :  i :  .|::::リ
 |::|   TT  :| | |  | |   |=|   | |   |=|_|_{‐〈__く====>___{ 〈_|__|┤  i  i  i  T''T
 |::|   .|: |   :| | |  | |   |:::l   | |   |:::||::| ̄|]::::::::兀兀兀::::::::::| ̄|::::::|::|::|   | .|  l  .|::: |
二二二>|: | ...:| | |_,,| |   |:::|.  | .| 弌二二二二二二二二二二二二アア  |  |  |  |:::::|
TTT|_|. ..|: | : :| | | ̄.:| |   |:::|.  | .|  ||丁¨¨¨¨||二二二~~|丁¨¨¨¨丁||::|:::|,、===、、 | .レッ==
 ̄丁/_」⊥_ | | |  | |   |:::|......|. . |.......||::|:::II::::ィシ´ ̄ ̄`ヾi}::|::::::II::::::|::||::|:::{{_   _}} . .|. .|{{_
:::::::|x㌻ ̄ ̄``ヾ弌ニニ⊥. |:|......|. ...|... ..||└─‐{{      j}└──┘ />| }}=={{. .. . |. .|::}}===
:::::::{i:i{        Vハ___|   |:::|... .|. . .|. . .||TTi¨¨゙V     / |:|⌒>⌒7 /|/ ̄ ̄ \...| / ̄ ̄
:::::::jり       ゝ┴┴ュュ |:::|. ._|.......|_,,|:|: ||  |j     / |:|,ィ㌻~//|//|二二二二」__{二二二
、_ノノ            {:{二二_⌒_____,|:|_,||__/     {  |//  //ii|/iリ|| :|l ̄ ̄|||| :|| || ̄ ̄
i:心       .:____LL       _ ⊥∠ ̄__ ̄゛ヽ>{i:{─ノノ:|i:|ィ㌻|_,||____||||,,,_||_||_
`Y:ハ_,、-‐  ̄     _、-‐ ¨|  _、 '' ゙        ィi「|/__ Y∨゙|||ノノ_Y .||.: .: .: .: .: ||.: .||.: .: .: ̄
 }i:i:i〉    __ -  ̄ _-二┘'゙         ,xf〔i:>┴─---}i:Lノ:||{i:{_ノ
./i:i/ _ -  ̄ _-二 ̄           ィi「i:㌻       丿ノ )|゙{i:{{i:{
.|i:i:{ ̄   _、-<            。s≦i:i:i:,イ ̄⌒´" 冖宀{ニ||''~ ノ.{i:{{i:{
.|i:i:{_。-<___|〕=- ´ ̄_>──=彡i:i:i:i:シ⌒.:〔ニ|zzzzzzzzzz|i:||z彡 {i:{ 'v:、
.{:i:i乂_γ´ ̄   _、-TΠ-、--rrr:||'´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.〔ニ〕.:.:.:.: |i|i:| ̄ {i:i{ {i:{ V:, ヽ>
..Vi:i:i:i:i:≧=‐=≦⌒  乂≧x.:.:∨:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.:.: |i|┘  'vハ Ⅶ,マ>
 Vi:γ´ ̄        `Yi:}.:.:.:|i:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.: └     V:,  寸,                                              続く

309 : どこかの名無しさん : 2019/04/14(日) 23:36:05 ID:utF5YtGA00


幸せも不幸せも、人の数だけあるなぁ・・・(再認識

310 : どこかの名無しさん : 2019/04/14(日) 23:41:43 ID:a5HAEewU00
おつー

311 : どこかの名無しさん : 2019/04/15(月) 00:03:09 ID:VwZADZjASd

大和が自分たちに巻き込まれた側だってバレたら不味いから取り繕いもしますわなあ
それに気づかない薔薇水晶まじ残念お姉ちゃん

312 : どこかの名無しさん : 2019/04/15(月) 01:02:10 ID:FwydQDR200

頼んだのは美心さんあたりかねぇ

313 : どこかの名無しさん : 2019/04/15(月) 07:35:24 ID:OC1hML4200


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントをする際、確認画面を表示するようにしました。

※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング