スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:新しいPCほしい

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅
10/9
METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~
10/8
かくして少女達は出会う
10/4
横島くんは死神になるそうです
10/2
ファンキー・デッド・ラブ&ピース
その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!
10/1
カップやる夫とマグない夫はタマシイを賭けてしまったようです


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 都=サン IF 雑談

目次 洗濯籠

678 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:46:29 ID:fSZ/rnhZ
時間的にも体力的にも今から続きは無理なので……
ちょっと都=サンのIFについて触れましょうかねぇ!!!

680 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:53:48 ID:fSZ/rnhZ



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    まず本編の流れ、『ヤルオ=サンが都=サンと武蔵=サンを助けられた』
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    理由の最も大きい要因は『武蔵=サンがじぜんに怪しすぎる』と感じ、
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :     独断であるが「治安維持部隊にハッキングを施して救援を要請した」からです。
          ≧=‐---‐''.´




681 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:58:31 ID:fSZ/rnhZ



          / /::::::::::::::::::::::::/ |::|      | キ:::.   ∨:::::::::::i:::::::::::::::::::l ∧
             ' ,...::::::::::::::::::::::::/  |::|      |_キ::l_   ∨::::::::l:::::::::::::::::::| ∧
          l l:::::::::::::::::,':::::: ′ |::|_     |  |::|  ̄ T -::::|:::::::::::::::::::|  ∧
           | |:::::::::::::::::l:::::斗 ´ |::|       |  |::|     |:::::::::|:::::::::::::::::::|   |     有能な私は事前にピンチになることも
            | |::l|::::::::::::l::::::::|   ヽ|      ノ  |/,ィ=≠=x :::l::::::::l::::::::::|、 |
.          ||::||::::l:::::::{:::::::|,ィ≠==x        / frし'7リ} 》:!::::::::l::::::::::| |   !     抱きかかえられて助けられることも予測済みでした(大欺瞞)、以上。
         | .|::||::::|::::::::∨《 frし'7リ} '          == ' l:::::|::::::: |:::::::::| l |
          l l:イl::::|::::::::::∨| ヾ=‐ ´       / / / / /|:::イ:::::::::l:::::::::|  l  l    「だから今やっているIFは
           | |:l |::: |:::::::::::ヤl / / / / /   |         |/j| ::::::::|::::::::|   l  l
.         | |:| V:::|::::::::::::| ヽ         }         / / |:::::::::|::::::::|.  l  l    『それをせず、かつ、都=サンについて行ってしまった』次元になりますね。
            | l′V::l::::::::::::|ヽ、   _          {`ヽ/ ::| :::::::| ::::::|  | |
            |  |  ∨::::::::::::| ,. ´ /  ー     '   ヽ ヽ::::| :::::::|:::::::l    |  |    ちなみにゆかり=サンは上の階に居ます。
.         └-」_  ∨:::::::::/ /|>        /::ハ  ∨::::::::|:::∨   _| ̄
.           l´r==-∨::::/  /l||:::::::「>  _  <⊥┐|ハ ∨:::::|:∨_-< ヽ、    仕事だもんなぁ!?なおヤルオ=サンは……んにゃぴ。」
          _ イ| l´ ̄ ̄/  /::l⊥l::r=ニ二∧  ∧二二V|::ハ  V ̄`l `l l __
         ∨ |  l=-{  /´ ,.イ::_|    |_Υ_|   r‐= 、」  や' | | j     【この時空だと治安維持部隊のヒロイン3人消えるやんけ!?】
                 '    ′/=ァ´ ヽ  l´  ̄ ̄ `l  >  `


682 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 14:59:13 ID:RpCJvu8w
本編だと、襲ってきた退魔忍を返り討ちにして、傭兵の攻撃を避けて籠城したんだったね


683 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:59:34 ID:fSZ/rnhZ
>>682YESYESYES。

685 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:04:14 ID:fSZ/rnhZ



   ': : :,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ./: :/::::::::::::::::::::::....-ー-....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  //:::::::::::-''       ''-:::::::::::::::::::::::::::    当時は作品がまだ若く、私の存在はありませんでした……。(あたりまえ)
  !,'::::::::::/            ゙:::::::::::::::::::::
  |:::::::::/              ゙:::::::::::::::::::
  !::::::/               |:::::::::::::::::    「そして>>682=サンが言ってくれた通り
  |::::1               .l:::::::::::::::::
  l::::::|    _,.-'''¨^^       /::::::::::::::/   『そも襲撃……というか都=サンの裏切り行為に対し裏切り返し(これもうわかんねぇな)』
  (ヽ::::l  '"     __     /:::::::::::/
   ',::::1  ヽ   / i      ̄ ̄~"      した退魔忍がいたのですが、それが都=サンと武蔵=サンでどうにかなる相手だった。
    ゙、::ヽ   M'´ヽ l
     ゝ::゙、   .'・../                このトリィじゃない過激派だったわけです。
      ゝ\             ,..-‐''ヽ
      ノ '            /        良かったね!なお動員されていたKAITOセンセイのサウンドテロ(ジツ)の餌食になった
      !     ''ー-....,,_,,....-''.′
      !    /   ./            傭兵部隊の一部とも戦闘になったので2人とも満身創痍で籠城してました。」
      l    /   /
      ゝ  / ,./
       ゝ ノ ー′


686 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:09:14 ID:fSZ/rnhZ



              _   ィ ´_
          ィ " ´  `>  `ゝ"´^i
        /          ヽ  .j ゝ
       /    、          ヽx.i丶、
      /     ヘ         Yヘ\
       !  i 、  }!   !   ァ、 λ^ 、 ゝ
      .|  .N ヘ  jヘ .} .j   i .}  : ト 乂     裏切られたッ!?(退魔忍感)
       iヘ .{.ュ !ヘ jィ:iフ! } i  .|./  :: 、^‐- ゝ
      | 弋サ .ソ ´ j / l .l^  ヘ ヽ       「そんな武蔵=サンのおかげで比較的生存率がハナから高かッた本編ですが……
       i/! .ヘ.ヽ    "i  ! j !  .{ ヘ\
       Y ゝ、 - ‐´u|  .| !^!_ iヘ{   ソ      じゃぁさ、武蔵=サンが事前連絡をせずに、かつ、都=サンが裏切り(魔法カード)
        !! .N`ヽ_   ィi.| | jチニムヘ
        |ヘ i `yy | _。ヘ i ヘニニム          をせず、任務を普通に達成したらどうなるか、という話をしようと思うんだ。」
        リ.ヾ l:::::::l^‐"ニニヘ! ヽニニ ゝ、
         .。ィ´:::>//ニニニ!∥ヘ∧ニ个、
       イ´:::::::/ニ//ニニニニ{∥///.|ゝニ个 、     えっ。
      `}::ィ<ニ/// /ミミ/ .|/////.|/`ヽニニゝ
      〆ニニ///<三ヽ、ニ.!/////!////|ニ/    【なにそれは(困惑)】
    rf´ニニ///ニニニニニニム |/////.!////|ニ/
    {ニニニ//{ニニニニニニニニム.!/////|/////^!


687 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:12:43 ID:fSZ/rnhZ



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    まず裏切られない。当たり前だよなぁ?
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^     それによってヤルオ=サン達とも合流しない、
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :      ここまではイイネ?問題はその後だ。
          ≧=‐---‐''.´


     + ;
     * ☆_+     ジジジ…
     : , xヾ:、__,..-‐‐:、、,
                ヽ
            ./ ̄ ̄ ̄ \
          /       (・ .\
         / ________i
        l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   ならこうなるよね?
        l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
        ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l  『退魔忍として成長した結果どうなるか』、だよ(絶望)
        l:::::::::::/ ( ヒ_]:::::::::::ヒ_〉) |^
        ヽ〃 l i|i|i|i|.,__,   i   「都=サンにむかってなんだその顔は。(震え)」
         l::し .!    .丶_ン′u:
             ≧=‐---‐''.´     【この話……するべき?(働かぬ最後の理性)】


689 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:18:41 ID:fSZ/rnhZ



                 /       :.  :.             ll下、/  `
              ′ |       : :|:  ::|           l|:|:::ヽ\
                 |       : :|、 .::|  :|    y'    l|:L::::!`ヽ
                  i   ∧      : 仆 、|  :| |    !/,ヽ   l| L:|\l
                  ||:::-匕N  |、- リ_ ,|  :! l    |/k|  l|\  |
                  lN:: |==、\! ヽ/匕!_〉! .:..! l    |ノ /:.   .l|  \!     「では都=サン。」
               / l ヽ代_リ   /´   ノ..:::ノ l    |/:: : :/: :l!
            ′|:: ::|  、     /.:/  l   |::: : : /:: : ;! 、     アナタは……?
              |: :∧     ― イ:: : . . |   .:/::_:: /:: :λ: : i
              |l/l| lヽ ´  `  | : :  |: : ;イ: フ{/:: :/  \|     「未来から来た使者です。」
              |l: :レ |: \      |l: : l :|:.://二{: /l    }!
              ||: :: :И: :!丶 ィ  ||: : | :!//二ニニ{ヘ(   ノ      警備の人間を……。
                 八: :/ ヽ|/! :: !  ノヘ: : l/∨、二ニニ{
               У-|_-_-i≦'‐ォ≦ニ\! 」/,\二/(_          「呼ぶ前に、先ずあちらをご覧ください。なんなら、私越しでいいので見てください。」
               「 ̄_-_-/イ:i:i:i:i:i〉、 : : : }!/// ∨//\
            _ -――' _-_-/:_」:i:i:i_/:::::\_:////////<×二\       ……わかりましたよ(警戒しながら)
         〈_-_-_-_-_-/:::::/i:i:i:i:i>::::::::::::::|'/////////\二二\
             }/-_-_-/:::::::::/i::゚i/:「ニ」「ニ」l|///////////\二二≧ェ、   えーと……?
           l-_-/:::::::::::::/i:i:i/::::::::::::::::::::::::l!/////////////\ニニ彡!
          }/ :: :: :;zく:i:iУ: : : :-: :、::::::::l|.///////////////\二ニl
          /    /i:/´       : :: ::l|/////////////////|二/
         /      /i:/            : ::l|/////////////////!_/













                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ ←『戦後の女性 戦前の子』時空直前の最も暗いときのナナ=サン
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く                        「」>都=サン
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }                   「あちら、いずれなるあなたの姿となります。(震え)」
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ    私の旦那さん……家族……子供ッ……!!!
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}    どこ……?
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}    どこにいったの……?(うわごと)
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .
                 ̄


690 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 15:19:43 ID:RpCJvu8w
都=サン、ナナ=サンルート行きか
善良な退魔忍は不幸だなあ


691 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:21:58 ID:fSZ/rnhZ



              ′ |       : :|:  ::|           l|:|:::ヽ\
                 |       : :|、 .::|  :|    y'    l|:L::::!`ヽ
                  i   ∧      : 仆 、|  :| |    !/,ヽ   l| L:|\l
                  ||:::-匕N  |、- リ_ ,|  :! l    |/k|  l|\  |
                  lN:: |==、\! ヽ/匕!_〉! .:..! l    |ノ /:.   .l|  \!
               / l ヽ代_リ   /´   ノ..:::ノ l    |/:: : :/: :l!        ………………。
            ′|:: ::|  、     /.:/  l   |::: : : /:: : ;! 、
              |: :∧     ― イ:: : . . |   .:/::_:: /:: :λ: : i
              |l/l| lヽ ´  `  | : :  |: : ;イ: フ{/:: :/  \|
              |l: :レ |: \      |l: : l :|:.://二{: /l    }!
              ||: :: :И: :!丶 ィ  ||: : | :!//二ニニ{ヘ(   ノ
                 八: :/ ヽ|/! :: !  ノヘ: : l/∨、二ニニ{
               У-|_-_-i≦'‐ォ≦ニ\! 」/,\二/(_
               「 ̄_-_-/イ:i:i:i:i:i〉、 : : : }!/// ∨//\
            _ -――' _-_-/:_」:i:i:i_/:::::\_:////////<×二\
         〈_-_-_-_-_-/:::::/i:i:i:i:i>::::::::::::::|'/////////\二二\
             }/-_-_-/:::::::::/i::゚i/:「ニ」「ニ」l|///////////\二二≧ェ、


.   |ニ心,
 、__.|ニニニ心,
 ゝ-|ニニニニム
/⌒|ニニニニニ} ,、 -==-、    ヾ、
  ,ィiニニニニ>''´      `''<_))
,ィiニニニア´    `''~、`  、  ` 、
ニニニア\ ̄  `ヾ 、   >''´    \
ニニア l{   ` 、    /           ヽ
寸,'  l{  ',  ` 、/   ,  /    }!  ∨
 ,′ l{  ヽ   /   / /   ,イ     ∨
. l{   l{    ヽ. / |.  |/  / l.     !
.ハ   l{ `  ハ! /|.   |  /`''ーl.|    l㍉,___ノ
.  l   ',    {.r{ V |  |/ァミ、メ l|    |!   ̄
  }   l.   乂!.  ', 从 `ヽツヾ ハ   リ        え、あの……え?
 ノ!   |    |   ゝ_>    <: :',   }
  |ハ  |   ', /|   l |u 、   /: : ',   !        私、昨日酷い目に遭いながらでしたけど、言いましたよね?
.   ,、≦ニニニ心.  l |、   `ィ: : : : : :.} 八
  /ニニニニニム  l/.|≧彳: : : : :/: : }イ         『この体になったことにも耐えて、旦那さんを見つける事を頑張ってる』って……。
 マニニニニニニニV/| |///} }: : : :乂ソ′
  マニ>''´二二ヽニニ| |//∧Vイ´ l{           ど、どうしてああなるんです?
  //ニニニニニムニoヽヽ//心、、
  /ニニニニニニニム二__〉//ム:::\_ __        「いや……あくまで一例ですが……考えてみてくださいよ……その……。」
. ′ニニニニ二二二ム:::::::::::::::>…- 、'´_ノ┐
. |ニニニニニニ二二二)h、::::::::::::::::::::::::::::`:..、)


692 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:27:52 ID:fSZ/rnhZ



                /   ノ( /  Oヽ\-< \
                  〈   人  / ((__ ノ __\ )   ヽ
                \斗―――――――<ノ   ノ   ←上の方の人の一例
               ( ̄ ̄\__) へ_彡' ⌒)    〉―― 、
              / _)/:. :. :. :. :. :. :. :. \ -=彡〈__  )
                (>/ ':. :. ' :. |:.i___:|_:. :. :.|:._:、_:. :. :. :へ_ / ̄ ̄``丶、
                (_ | i:. :.:.|:. :.|:.|:. :.|:. :. :. |\:. :.\: i:. :.|:. : \`丶、    >   まッ!!!まだ大丈夫だからッ!!!!
                | |:. :.:.|:. :.|x≠ミ:、:. :. :x≠ミ、:. :|:. 人:. :. : \:. 〉 /
                | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :. :. 〈 )' /
                |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :. :(}:) 〈       「”本来”、社会上理想的な相手は上の方の女性幹部が取って行くし……。」
                |  \:. :. :. :\u  、 ,   イ:. :. \:. ――:.)   )
                 〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)∨ /        【このひと大丈夫なんすかねぇ!!】
              / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨―
             /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒                  サッー!(ジツ行使)
             \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、   - ――…・・・=ニ二}
              ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――――――――――=7   【ンアーッ!(即死)】
              \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・・・…--  _ ) (_ノ/


     ./    |  /、,{      ムヽ    ヾ///,ハ
    /    :! /___`V    ,' ___ヽ.、   ∨//,ハ
     '  '   i,ア'ァ‐‐ミ∨   ',〃ァ‐‐ミ∨   ∨///,     下の男は私のもの!!!!!(食い漁り)
    i イ{   {{ :{ fj } V  ,'j' { f:j }:}ト   }///,'ハ
    i/i/f、  人 乂__ノ  ヽ,{  乂___ノ'’   /!////,}     「そのいっこ下の部分には食い漁るソウル持ち組“達”(レクラス=サンだけではない)
      V{〉  ハi`    fァァァァv  ノ    〃j////リ
      V  ,',八     !::::::::::::::::j  /イ´  ,イ/////,ア      がいてソウルをもってないモータル組は取られる場合もあるし……。」
      ,  !///ヽ, 斗ゝ---- '---,'  ,イ/////ア
      { ハ!///!f {{:::::::{{:{{::::{{::}}:::::,' //////ア
      ∨  `フ{| }}::::::j.}:{{::::j}::{{::::从'斗七´く==ミ、
         ,ア´ Vv::::{.{:}}::::{{::jj::ア´     V  `メ、_
       ,.イア 〃'`ー--一'"ノ〃    ,.ィ´メ、   )、_)


694 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:34:28 ID:fSZ/rnhZ



                 \. ._ア  / /           ′{ \    `ヽ、
      _        / '// /  '/-‐-/i|_|、    ゙、\ \___ ;
>=ミ_/)  \    /. : :iN /| ,〈/{/  |⌒|∧ 〈ヽ |_>`ー- __/    「まじめに仕事だけをすればこうなり(高確率分岐ルート)」
: : :( ̄/ 厂   ``~、、 ̄ 从/}iレ{i忙沁,  \( `、 \`ー-ミ_
`¨¨``| (_   . . . .    ̄_ア  iNi ヒソ:::::::::::x=ミノ`、>''ニ   `  、         今日も仕事だよ!!
   ∧ (_. . : : : : : \  / __/从: : : _'____:u/ ⊂ィi〔 L{Lr-=ァ_)、
   /∧ ヽ: : : : : : : ::\〈/ ̄ (´込、 乂_ノ//  /リ   {: . .  i        ……何?任務先での、出会い?何いってんの?
 .    \`ー/ ̄ ̄ ̄\ 厂\/i{>┬‐〈/'  /     `iー┬'
──--  _ ̄          廴)ヽ ノ {_./_ / ∠ ̄}\__   ;   |         相手を私たちは『騙して』一緒にいるんだよ?
       `ヽ、      )ア⌒´   ̄ ̄ レ廴__ア  _ア⌒ア{  |  ̄\
       . : : :\γ⌒ア{ {     、_   廴_ア      / {  |ア⌒ヽ\    依頼人だとしても、いつ『標的』になるかわかんないんだよ?
         _ -  ̄ゝ、/i l{ L     .′   iン´ ̄ ̄\  しヘ'、 ′---(__ ヽ
    _ - ´    (_ {  i{ \\__  /    }、       \  (__ヾ 二二二(___〉  そういう関係になるにはさ、『屑』になるしかないじゃん。
           (_ⅰ 込、_竺お)´-、___丿}         \  ̄ ̄\ノ⌒ア´
 ̄ 冖¬…──┬しヘ、___)ーく``~、、.ノ、           `¨¨¨¨¨¨¨¨´     そんなの、無理。だから、一線引くよ。……それが、正解だよ。


695 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:36:57 ID:fSZ/rnhZ



          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ        「適度に働き、適度に休み、羽を伸ばせば……」
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、     今日も店に行くでー!
       l|`l|  N、   '_ , -,、   l∧、|││ |│
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l     は?男?結婚?
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l



            /゙ヽ  __
       _,..-''" '′  マ'" ヽ
       /    ,  , ∧゙,.、、 `、
      /     / /./'''`'''ヽヽ `、
     !  ,   /__/| !   _', ',  `、
    l   ,l   イ「./ !l   '´ !.l  、゙、
   ! /,! 、,/_!/、 {|   ,.._zャ!|:. !i i     そういう話、今しなきゃダメ?(真顔)
    V/l  ,! |:::;t`     イ::t,!,リ:: .l. l.i
     {j´! j:!ヾニ!:::::::::::::::ヒシ ハ{::. j l.!     今から現実を忘れるためにそういうお店いくんだからさ、
      ,>l /l:l ''    _    ,! !::/  }
     〈;;;;;{';;;;!{`ト、 ´ _,. -:''!| |/       そういう話しないでくれる?(標準語)
     ヾ;;;;;;;/ハ、 丁    j:!
     ハ;/∧  \ヾ:.、   リ        「この心境で夜の店に行く……。」
     ,';':::;.'  ,ヘ.  `iヾt._
      !; /'´  、 `'''"´L_\゙!
    j:' !     `、     `ヾ.}
    l; .l      `、     }ヘ


697 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:40:25 ID:fSZ/rnhZ




             「だがこれはあくまで先の、そのまま行った先輩たちの現在だ!

           そうだ!現在の比較すべきは君と同じティーン組!その代表は……!!」








             -―――― -
         ...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::.
      ./::::::::;::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::∨
     /::::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::::∨
     ,::::::::::':::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::i:::::::::
     i:::::::::i::::::::::::::/}::∧::::::::::::::::::::/  ∨:::::::::::::::|::::::::i
     {:::::::::|::::::::斗-}/ ┼:::::::::::::::/ ― -∨::::::::::::}::::::::}
      :::::::::{::::::::/ /   }/|::::::::::/     ',::::::::::::;::::::::;
     '::::::::ハ::::マ弐竺 ミ、}:::::/ ィf 竺弐ア:::::::/::::::/
       ',:::::{ ',::::|ヾ乂:::::ノ/イ   乂:::::ノ }::::/}::::::′     …………。
      ,::::ゝi:::::',ヽ:i:i:/    ,    _,ィ /:::イノ::::::!
      i::::::::|::\', }:i:{.        〉:i:{./イ::::|::::::::|      「………………。」
      |::::::::|::::|:::ゝ:i:i:}   - -   ):i:i:iイ:::|:::::|:::::::ハ
      |::::::::|::::|::::::}:>:.      .:イ:::::|::::|:::::!::::::|::::.     【…………………………。(汗)】
      |::::::::|::::|:::::::::::::| ≧==≦ |::::::::|::::|::::::::::::|:::::i!
      |::::::::|::::|::::::::::ノ       乂::::|:::::!:::::::::::{::::::i!     ……………………なんですか?
       ,::::::::::::>.イ          }:i:i:i`:.<::::::::::i!::::::}
    > ´.}:i:i:i:i||:i:i:iー....、      /:i:厂}ノ^||   ` <
   /    ,/:i:i:i:i:||:i:i:i:rーく__    /イ  -―||      ヽ
  .′  /⌒ ,⌒||`ヽ:i::ー.、 ヽ ノ´ ̄   ..||       ',
  {  }: ./ /  \⌒ヽ!          /  ∧      }
  | r':i:V:i{ /    \       /     ∧ /     ,


698 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:44:45 ID:fSZ/rnhZ



           /    〃      ヘ  V   \ ‐、、     `寸
                   /           ヘ  V    ヽ  `''~ 、、
            /     /          ヘ  \    ヽ=- 、、,,``
.          /      l         ',   \ ` 、     ∨    ≧
        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \       「が、頑張────────」
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ    おかしいじゃないですかぁ!!!!
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ    退魔忍になればお金も稼げてッ!!
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l           カチグミ以上に幸せな生活ができるハズだったじゃないですかぁ!?!?
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、   ジッサイ幸せそうな上の人もたくさん()いるしッ!!!
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ    私は比較的実力もある筈ですよ!?(本当に比較的実力はあります。)
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ    じゃぁその幸せなルートに……!!
             ヽ ==≧ __ ∨寸ニ/::l:::人≧≦::::',:::〈⌒l . |ム Vニニ
            ° {_,、zzz} }アハV 寸':ノ:::::{::::::::::∨:: |__/::} |ニム `'守ニ
           O   |ニニ/ /ニニニ∨:::::::∠:::::::::ノ::::::::::::::::/ /ニニ≧s。


          /:\     _,.>-=━━=―く
         /: : : : :}  _,. <: : : : : : : : : : : : : : :>.,
       . : /: : : : :〈_.,: : : : : : :/: : : : : : : :ヘ: : : : : : `
      ,: : /: : : : :/∧:/: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
.     /:/: : : :∠ /: /: : : :/ : : : : : : : /:/|: : : : : : : : :.,
.     / }: : : : : : 「 : : : : : : : : 斗--/}/  :_:_:_: : |: : :|iハ
       ]: : : : : :::|/ |: : : :::| : /}∠_    ´|___: : : |: : 八{
       ] : : : : : |i. |:: : : ::|ィ7アて¨^    ィテ「¨}: ::|: :/|
       ]: : : : :::八, [: : : -圦{ Uリ     代ノ 从: :/レ     都ちゃん?
       ]: : : : /: : 〕[: : : : : : ハ        {     八/
       广ア⌒ヽニ]Ⅳ: : ::i|⌒         /: :|i                      なッ!ナナ”さん”!?>都=サン
     __,/∠ニニニニムi:iⅣ: 込.,_    ー―   .イ: : :リ
    {¨アニニニニニニニハi:i:Ⅳ::|ニニ≧=-  _,. <}∧: :/       うん、それは間違ってないよ?
      },:仁ニニニニニニニニニ}:`寸ニニニニニ「 ̄)ニハ ∨
    にニニニニニニニニニニ7!   `寸ニ才 7 〈ニニニ}  }        退魔忍の女性はカチグミで幸せだよ?
.    刈ニニニニニニニニニ7 }i  (___,}_)  } (ニニニ7 /
.   / }ニニニニニニニニニ7) {廴   之,__/ }ニニ7,/          大半がそう。


700 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:49:00 ID:fSZ/rnhZ



          /:\     _,.>-=━━=―く
         /: : : : :}  _,. <: : : : : : : : : : : : : : :>.,
       . : /: : : : :〈_.,: : : : : : :/: : : : : : : :ヘ: : : : : : `
      ,: : /: : : : :/∧:/: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
.     /:/: : : :∠ /: /: : : :/ : : : : : : : /:/|: : : : : : : : :.,
.     / }: : : : : : 「 : : : : : : : : 斗--/}/  :_:_:_: : |: : :|iハ
       ]: : : : : :::|/ |: : : :::| : /}∠_    ´|___: : : |: : 八{
       ] : : : : : |i. |:: : : ::|ィ7アて¨^    ィテ「¨}: ::|: :/|
       ]: : : : :::八, [: : : -圦{ Uリ     代ノ 从: :/レ
       ]: : : : /: : 〕[: : : : : : ハ        {     八/
       广ア⌒ヽニ]Ⅳ: : ::i|⌒         /: :|i    ただ、ここで言ってる幸せっていうのはね……?
     __,/∠ニニニニムi:iⅣ: 込.,_    ー―   .イ: : :リ
    {¨アニニニニニニニハi:i:Ⅳ::|ニニ≧=-  _,. <}∧: :/
      },:仁ニニニニニニニニニ}:`寸ニニニニニ「 ̄)ニハ ∨
    にニニニニニニニニニニ7!   `寸ニ才 7 〈ニニニ}  }


                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!  “『社会的・資産的・魔女的』幸せ”なの。
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ   解るでしょ?
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/   『 政 治 家 と か “ 組 合 ” が よ く 言 う タ イ プ 幸 せ 』 なの。
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´   決して……生物的、女性的、精神的幸せじゃないの。
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨     『 女 性 と し て の 幸 せ じ ゃ な く て 、 “ 1 人 ” と し て の 幸 せ な の 。』
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .


701 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:52:28 ID:fSZ/rnhZ



.          /      l         ',   \ ` 、     ∨    ≧
        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ      「     」     。
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ


  V//////////\辷/_//////////
   ∨///>''´ : : : : : : : : : `丶/////
   ー=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : \ノ
    / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : .
  //: : : : : : :l: : : :∧: : :l: l : : : : : : .
   |: : : :|: : :'⌒:.l:./  ': :ハ⌒丶: : : |、〉    男性と同じ社会という土俵に立って、男性以上に
   |: : : :|: |: / V从  V V|: | : : : |
   |从: :|: |:,ィf芯k   f芯トミ从: :从     その舞台で活躍するって言うことはね……?
     VV|と乂ソ    乂ソっ从/|
      |: : .     ,     厶: : :|      『いままで男性が味わってきたモノ』も味わう可能性があるんだよ……?
      |: |:人    _ _   ,ィ : 从|_
   r‐v'⌒V: |> ` ´  <|: :/'´  \    逆もそうなの……!
   |}  ``'V|///≧≦////:./ i ´ ̄ ヽ
    }   r' ̄ ̄ ̄[] ̄ ̄/ヽ _   ノ   女性だから耐えれてきた『家を守ること』、男性だから耐えれてきた『孤独や独立』を、
    Lハ⌒ V:::::::::::::ノ¨V::::::::::::::::〉 /⌒Y
   _ノ//}─‐V_/| o V__:/ {///ハ   『互いに味わうことになるの』。そして─────
  (///八i⌒ノ::::::::: | _L::::_|   〉////)


704 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:58:55 ID:fSZ/rnhZ



                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く       苦痛の交換だから……
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }     男性が『家を守ることや、じっとしている事』を味わう一方ね?
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ     私達女性は『孤独』に耐えることになるの。
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}     でもさ?社会的ストレスの交換はしても、肉体的ストレスは味わうことなく交換する。
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}     だから───────。
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .


                      __
                 ∨\ _               /|
                    ∨: ; : ; :`ヽ.       , :'; : /
                 _ ゝ: _; : ; : ; \   /: ; : ;./
                 +´: : : :`: : :  ̄: :`: :ヽ _/: ; : ; : ;/
                 /: : : : : : : :,: : : : : : : : : : : \: ; :/、
           -=彳: : : : : : : : / ∨: : : : : : : : : : ∧¨: : :∧
           /: : : : : /:/i: /   ∨:i : : : : : : : : : :i: : : : :|
           〃: : : -―/ i:/    i:―-: :i: : : : : : ::|:: : : ::t    私達は女性特有の『肉体的苦痛を得ながら』、
           i: : : : :/i::i ヤ    |: |. |: :i∨i : : : : |:: : :ヽゝ
.            |: : : : :,。zz、    , ‐ |:/zz、/ |:|: : : : :j:: : :∧    男性特有だった社会的ストレスである『孤独』に耐えるハメになったの。
            ト|: : :|. i;;u;;j::::::::::::::::.i;;;;u;;;;i .i::j: :/: :/|:: : : i::}
               ゝ: | 弋:ソ,     弋::::ソ .i/イ,イ ̄.|: : : |i:|   その上、私達が「味わいたかった」、『家庭的幸せと悩み』は得られなくなったんだよ……!!
           - 、 `iヽ          〃:: :|;:;:;;;;;;;i: : :/.リ
  _  ___. +::¨::´::ヽi./!     _    u , .-/: : :|;:;:;:,彡:/
.  {--- -  ´==::::::/;;;/|∧    `   ,ゞ‐;i: : : :|t_
  i===i¨丶::::::_::::/;;;;;;;;i: :|:≧=三=。-≦;;;;彡;|/i: :|:リ::`>
   ヽ-'i:::;;;|;;;/:;;};;_;;;;/t: i. `i三三=-‐ ´三 -‐= ¨ ´;.|


705 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:02:21 ID:fSZ/rnhZ



        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ     嘘だああああああああああ!?
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶     「男性と違って女性は『体』に現れやすいし、ジッサイ現れるから、
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从    『そう言う事』が無くても『そういうこと』が起きてもいいように体は機能するよね?
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ     だからそれが『機能する度』…… 孤 独 感 が 増 す 。(顔を覆う)」
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ
             ヽ ==≧ __ ∨寸ニ/::l:::人≧≦::::',:::〈⌒l . |ム Vニニ     【退魔忍が抱えるのは組織的欠陥。】
            ° {_,、zzz} }アハV 寸':ノ:::::{::::::::::∨:: |__/::} |ニム `'守ニ
           O   |ニニ/ /ニニニ∨:::::::∠:::::::::ノ::::::::::::::::/ /ニニ≧s。     「【そして、社会的欠陥もだ。食らうがいい、約束されし喪女。(無慈悲)】」
               |ニニ∨ニニニ//:::::::/:::::ヽ/:::::::::::::::::/ /〇ニニニニ


706 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:05:14 ID:RpCJvu8w
本編でもやる夫=サン勝ち取れなかったらフリーな男性が残ってないという
割とシュラーバ


707 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:08:14 ID:fSZ/rnhZ



                               ,.へ
  ___           ./ ̄ ̄ ̄ \       ム  i
 「 ヒ_i〉       /       (・ .\       ゝ 〈      古い時代だ。
 ト ノ       / ________i        iニ(()
 i  {        l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ       i  i      男性の独り身以上に女性の独り身が結婚を急かされたのは。
 i  i       l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i       i   }
 |   i      ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l       {、  λ    古くなった理由は『社会の発展』によって文化と価値観が変わったから。
 ト-┤.    l:::::::::::/ ( ヒ_]:::::::::::ヒ_〉) |^      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_   ヽ〃 l i|i|i|i|.,__,   i   ,. '´ハ   ,!      だが……
. ヽ、    `` 、,l::し .!    .丶_ン′ :   ´" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/≧=‐---‐''.´7  ノ    /         体 と 心 は そ れ に 沿 っ て 進 化 し て る か ? し て な い だ ろ ?
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"           だ か ら 現 代 も こ の 世 界 も こ う な る 。
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | |  退 魔 忍 ( 喪 女率 激 高 )│|      「物によるが、昔から言われてることは、生物の根底に根差していると言う事もある。」
     \二二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


709 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:13:48 ID:fSZ/rnhZ



              ___,..--、_,.r-..、__
              レ_>==<`ヽ_!_
            .r' /::二ヽ !//::=:ヽ_>
           r-'/:::::/:::ィ::、;;::i、::::、:::::::、ー、
           / /::::/:::/ |   |. ヽ::!:::::、!  |、  ← フリーのハッカーとかいう退魔忍と似た万魔殿世界にいる喪女(になりそうだった子)
          //:/:-:-,:'-t  _!_i:_!:::::::! ! .'、
          / !::i:::!:|:,..二!   !--、,!::::::::!!   '、    「彼女達、特に武蔵=サンと都=サンが
         ./ .|:!:::!::l:弋フ   /弋フ.,':::::::::!|    '、
         /  |:! !:|:::::!   ,   /::::::::::l.    |    かなりの速度でヤルオ=サンに好感を持っている理由」
        〈,,  |:! !:!:::::、  _   /:::!:::::/    |
         `-' ヾiヽ:::::i:\_ .,.イl:::::|:::/ ,.r-、_i,i/   (ねっとりした視線)
         / ̄ヽ Y;;!:::::Vゝ____ソ !::::l:::K , ―--、
      ,. - '´ ―-、 L;|:::::i| r t-, .|:::::::|;;Y =--、 ヽ
    ./    ___  V::::// ,|  |_ !::::::|/――- 、  !\                      (同上)>都=サン
   <,.  /  ,!  ,- /:::/メ;;;ヾ>i<タv;;ヽ:::::! ヽ   .! ヽ \
   ヽ, /  / //:/ ,..へ;/:.ii:.!;;;,-ヘ\:::ヽ \  .!  ヽミ |                    (類似)>ゆかり=サン
    /   .| // /  .!:.:.':.:|   ヽ, \::.、   !   V、
   <, ,   |/:/  /    .!:.:.:.:.:|    ヽ  ヽ::、 i ヽ   、|


      |/     /  : : : : ;/ /l       ヽ|
     //,   : :/: : : ; '"/ / ':,     、ヽ|
 _,,. -' _/  :/:/; '=一/ / 、_:、 l , ヽ l
 _ニ=''"/ : /:; //==ミ //   ,__\| / 、 \ヽ、
    ̄,.'/ :/l///(ァ ) //    /心,ヽl/、: : 丶 ヽ_
    //!/ll;/{!/' `==/'     _ゝ='_/ /'カケ-,,丶_   な、なにか……?
    l'|/:ト、、|            ̄ ~ / )リ ヽ.|
    //: :lトl              ,'.'ィ''トヽ ゙゙                      「「「何も?」」」>3人
    '"/{|: :l: l、     ` '   u /:/l |:l \、
   , -'':{ ヽリヘ! ヽ   /ニ二ヽ   /:/ |ヽ、
-''"   l   |   \、`= ==' , '/:,:'  l 、 `丶、  「社会的・生物的理由。」
 、   //  |  l  丶、 ̄ ,. ' /'"   ヽ: :
  `   \  l  |     ̄//|/    /      【忍殺世界、一週回ってみんな結婚が早そうなんだよね……読んでるとさ。】


710 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:18:06 ID:fSZ/rnhZ



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : :.
        ,: : : : : : : : / : : /: :.:|: : : : : ハ: : : : : : : : : .
       ,: : : : : : : : :!: : :/ |: : l: : : : : ; マ: :.!: :.!: : : :.
       /: : : : /:/: /|: :./ }: ,ハ: : : :/  マ: }: :.|: : : : .
        |: : : :,イ:.:|: :lイ:/´ j/  |: : :/ --l:/、: :|: : :l: :l
        |: : : :.:|: :|: / l/,.ィtォ、   !: /  __/  ',:.j: : :}: :!
       {: : : : |: :!l:! ィチ-'刈   l:/   'ら心、 }イ: :./i: {    「また一つ彼女がムテキだった理由に拍車がかかってしまったか!」
         Ⅵ: : l: :|  {弋(zソ      弋ーノ } l: /: |: |
          }: r-、: |          ,        ハ{: : |ヾ、   【そらそうなるだろうねぇ!と言える程の者になったな。】
          |: {(、Ⅳ    """       """  {: ヽ: |
         /:ハ{ (、                    ハ: ∧|     誠=サン!
         \_,        rっ     /ノl/  !
           }: : \           ,.ィ:{         そこ掃除するからどいてくださーい。
           |: :ハ: :.>          イ:./ヾゝ
          /イ }: i   `_ー ´-┴'-- 、    ギュイイイイイ!!(掃除機の音)
              |:_|   /         /
           r ' ´ j   |            {


                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ    お、おう。
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ   (女って慣れてくると態度変わるとか言うけど……全く変わんねーじゃん。
              i/ V、_ヘ       !   u ムリ′
              ′    ヽ、  - -   , ′       子供が出来てから変わるとも聞くが……?まぁ俺ニンジャだし……子供は絶望的だろうなぁ……。)
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ          「彼らは本当に特例なんすねぇ……。(状況も人物も)」
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、


711 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:22:26 ID:fSZ/rnhZ



          ./^ヽ   /f _ 。 。_____
          j   ヘ丶> ´       ` ヽ、
       ./ |    / ィ‐ ‐-         ヽ
       / /____ / ´-‐‐-   /        `
    .// ´//.!、ヾ    __/          ヾ
    /  i / .//! ヘ\  \.|   i   !  .i    .|.ヘ
   (( ./_  ./ ! .l  ヾ .\   !   |  |  人   .i i
     / |∨ | |   \   !   i  i /-ヽ !  !i|.|    「ゆかり=サンIFで彼女のダイスが100だった理由は
      / /∧i / i   / |   |  ト ャ=ュ i.ji{   |.j.y
    〆< / .//| ヘ   .{ .|   ハ.ヘ ゛i.ノ "iヘ |j      “喪女回避”と“スイーツ(退魔忍)”と“旦那さん”GETの願いが叶った結果の、
       .//./ |  ト   ゝ i   j .N :::::. ` ゝ.l!
         /. 人./    ./!l  .| i      ./ヘ |      彼女の心境だった……?」
        . //.ヘ 乂 ∥=‐=ヘ. |∧、 ャ./ ./!! y
              「"ニニニニヘ {//.ヽ./! .|/ .!        【つまり……。】
             |三ニニ二ム .i|
             /´ニニニ`丶、ニヘ             「【ダイス神は、この展開を見抜いていた…………!?】」
           .∨ニニニニニニニヾ、ヘヽ
             .|ニニニニニニニヽニニニヾヽ
            | ヘニニニニニニニ}二ニニ`> 、        ※ このスレのダイス神の『俺原作派(予定ルート全力疾走)だから』主張とか、
            !ニヘニニニニニニ!ニニ二二ニムi。、
            {ニニムニニニニニ|ニニニ二ニニニヾ 、       『補正なんていらねンだよ!!』力は異様です。
            ヽニニ!ニニニニニ!ニニニ二二ニニニ}!!}
             ∨ |ニニニニニ!ニニニ二ニニニノツ
             ∨iニニニニニ|‐-=ニ二二ニノ"
               |.|ニニニニニ!ニニニ` ェェェイ


713 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:29:21 ID:fSZ/rnhZ



         /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::;
     /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   「彼は仮に根が如何に良くとも、退魔忍から見たイメージは
    /::::::::::i:::::::::::::::/::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/>、::::::::::
   /:::::::::::::{:::::::::::::/:::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:i   Y:::::::   全て『ナゴヤに来てからのイメージ』だからな……。」
  ハ::::::::::::::l::::::::/:l:::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::::::::/\l:l   }::::::::
 / l::::::::::::::l:::/::イ:l::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::l:i´ 匁ヽi:ト 、 ノ:::::::::::
 ::::i:::::::::::::::l///:::ハ::::}::::i:::::::::::::::::l:::/l:l   `¨リl ,イ:l::::::::::     (ナゴヤのメシ……というか外のメシ、マズい……不味くない?
 :::l:::::::::::::::/:/::::::::::/::ィ::::l:::::::::::::::ハ::{ li     li l::::l::::::::::
 V:::::::::::::/:/---イノ i::yl::::l:::::::/ i::lu    ノ  l::::l:::::::/      テンプルの鳥の方が心なしか美味い……。
 /:::::::::::/ < > i  {::._,};;;l:::::::l 、i::}    - __j:::/::::ィ
/::::::::::::/   ><> 、  l:::{:::::::l /`ヽ-_ァ _/:::::::::::ィ:::::l     あと女だらけとか、ちょっとな……。)
l:::::::::/        \ \l:ハ::::::l'´    , ' l::l::::::::{ Y:l::l
l:::::::{           \ l:l l:::::lト、  /   l::lv::::::l リ:::l
l::::::i             >ゝ:::.、 ` =    l:l V:::lノ l:::l


          . ´:::/ ::::::::::::::: \::::::::::::::::::`  、
.        / :::::::/:::::::::::::::::::::::::::\ ::::: |:::::::::::::\
     , イ::::/ ::::::l::::::::::::l::::::::l :::::::: l :::: ト 、 :::::::::::::
.   / /:::/ ::::::::::::::::::::::|::::::::| :::::::: | :::: |:::::l::::::::::::::
     / :: l :::ハ ::::::::::::::::|,:::::::| :::::::: | :::: |:::::|::::::::::::::
.    /::::::::| ::| {:::{、 :::::: l \::::::::::::::l :::: |:::::|::::::::::::::
   {:::::{ ::l::├ヽ{ \::::├─\//::::::|:::::ト、 ::::::::    医学や薬学の知識と実力はすさまじいですが……その、
   {:::::{::::::x竓芹ミx\| ,ィf竓芹ミメ ::|:::::| }:::::::::
   {:::∧ト、∧ {撫}      { 撫 }} :::|:::::|,)}:::::::::    立場的にもお館様に近い方なので……。
.    !/ ∨::癶 乂ソ       乂,ン!} : |:::::|_/ ::::::::
        |::::::::{;;           ;;;;|} :::|:::::|::::::::::::::    「あと性格云々以前に立場が高めだしなぁ……。」
        |:::::::人;;;       u;;;;从:::|:::::l::::::::::::::
        | :::::::::: `.....、 ―    /;;} :: |:::/ :::::::::::::    【ファーヴニル=サンは逆に人気は出そうだが、一瞬で中身がバレるからね……。】
        | :::::::::/:::::i'´ >― <  ;;;} :: !/i:`7::::::::::
        |::::::::/:::::::::⊃\ i:i | i:i`⌒l,/i:i:i∧::::::::::


714 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:29:50 ID:fSZ/rnhZ
では仕事に戻るー。
雑談するヨロシサン。

715 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:36:30 ID:RpCJvu8w
乙でしたー
ヒイラギ=サンは幽々子=サンとか紫=サンでも手を出しがたい感じか
杉元も善吉もお相手がいて、ヒィッツ=サンもお亡くなりになって
カイト先生は捕食された
やっると黒=サンが競争率高いのもしょうがないなw
シャドウランナー達とかゼロ=サンもいるがどうだろう

716 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:46:15 ID:O7DFBGNz

いやでも柊さん、原作的には女をつまみ食いして子供ぽこぽこ作ってそうなんだよなぁ。
この世界の退魔忍的に、子供手当と生きがい目的で聖十郎にアプローチかけるの多そう。

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫たちでソードワールド 伝説のキノコ探し (10/19)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいアーマー職人やらない夫 (10/19)
  • やる夫たちでソードワールド ~やる夫のガチ()ハーレムPT~ 改造か死かハーレムか (10/19)
  • やる夫たちでソードワールド 選ばれし二人と凡人ダディのソードワールド 2 (10/19)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 その3 (10/19)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 43 (10/19)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 42 (10/19)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説~9かいめ~ (10/19)
  • 読者投稿:おすすめの児童書「おとうさんがいっぱい」 (10/19)
  • 読者投稿:第五回 黄緑と学ぶ パソコン生活 探そうぜインターネットサービス (10/19)
  • 読者投稿:競馬のすすめ「三冠馬:牝馬編」 (10/19)
  • 読者投稿:より効率的なボディメイクのために(2):因果が逆ゥ~ッ!! (10/19)
  • 読者投稿:正しい論文や資料の読み方~文章をそのまま信用するな~ (10/19)
  • 目次 かくして少女達は出会う (10/19)
  • かくして少女達は出会う 第7話 『ケテル戦争開戦』 (10/19)
  • ワタシはファンタジーを否定する 断章 3 『 英雄と呼ばれた愚者 』 後編 (10/19)
  • 59号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです Vault: 020 (10/19)
  • ぶりぶりざえもんの冒険 怪奇ハタ人間編 第27話 果てしなき闘い (10/19)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第二二話 「善性なるオーダーハート」 (10/19)
  • 正義屋さん 第19話 (10/19)
  • 国際的な小咄 7630 おかあさん、すげーよ…… (10/19)
  • 国際的な小咄 7629 イタリア人、コロナで家から出られなくなって迷走する (10/19)
  • 国際的な小咄 7628 いや、そうでもねーんだぜ (10/19)
  • 国際的な小咄 7627 この話の真偽はわからんから募集するとして (10/19)
  • 国際的な小咄 7626 民主党支持者の白人から見たBLMの一例 (10/19)
  • 国際的な小咄 おまけ すたおじとふなっしー (10/19)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 埋めネタ ある男の成長記録 (10/19)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 第二十四話 (10/19)
  • やる夫王子の暇つぶし 第11話 (10/19)
  • カナちゃんのおしながき 第68回 (10/19)
  • やる夫たちでソードワールド 小梅ちゃん可愛いやりたかっただけ― (10/18)
  • やる夫たちでソードワールド ~蛮族領でソードワールド~ 愉快な主と底辺奴隷 2 (10/18)
  • やる夫たちでソードワールド ギフテッドやる夫の冒険者学校 3 (10/18)
  • やる夫たちでソードワールド 魔法使いオンリーで戦った場合に一番強いのは… (10/18)
  • 読者投稿:声優業界について「声優の仕事、そのイメージのギャップ」 (10/18)
  • 読者投稿:昆虫食な小噺2:ジバチの巣を発見せよ (10/18)
  • 読者投稿:昆虫食な小噺1:ハチノコ (10/18)
  • 読者投稿:じょっくそう (10/18)
  • 読者投稿:なぜゴキブリはおそろしいのか? (10/18)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~8かいめ~ (10/18)
  • 流星のレイン 1 (10/18)
  • 流星のレイン 用語の説明 ~ キャラ安価 (10/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 その2 (10/18)
  • 目次 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 (10/18)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 7 (10/18)
  • カレドニア千年王記 第29話 自然哲学の数学的諸原理とは特に関係がない政治的諸原理 (10/18)
  • 国際的な小咄 7625 韓国で人気なあたたかいもの (10/18)
  • 国際的な小咄 7624 ハリーポッターの糞単位について (10/18)
  • 国際的な小咄 7623 わかるのかよ…… (10/18)
  • 国際的な小咄 7622 啓発本の後半、やるといいことばかりじゃねーのよね…… (10/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/9)
    ※完結作品は集計した前の月(8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3異世界食堂できない夫
    4気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5ローグライク異世界転生
    6やる夫は魔導を極めるようです6やる夫はソロハンターのようです
    7あんこ時々安価で鬼滅の刃7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8白頭と灰かぶりの魔女8やる夫博士とゆかいな仲間たち
    9やる夫たちでソードワールド9やる夫は恋を応援するようです
    10できない子とSCP10ドクオが異世界転生したようです
    11ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1111やる夫はギルドを経営するようです
    12アカガネ山のやる夫12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13デーモンスレイヤー13レベルを上げるスレ
    14やる夫がアイドルになるようです14コンピューター様、情報更新は義務です!!
    15やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです15証言と証拠は安価とあんこの後で
    16それ行けサイヤ人やる夫!16アメリカンヒーローアカデミア
    17やる夫は駅の記憶を集めるようです17やる夫はLVが上がらないようです
    18ご加護なカンジ18金欠ほのぼの冒険物語
    19やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです19やる夫は男子校?に通うようです
    20森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20やる夫たちは三連星(代理)のようです
    21やる夫は仲間達と冒険するようです21やる夫の野望
    22やる夫がロードバイクに乗るようです22二人はヒャッハー世界の何でも屋
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    24新やる夫はスライムベホマズンのようです。24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25めぐみんの楽しい独身生活!
    26やる夫達は人間ではないようです26やばキャン凸
    27【新訳天庵記】やる☆おだ27ダンガンカオス
    28ロケッ都団が征く!!28STALKING!!
    29やる夫は竜の人財のようです29カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    30IT業界のやる夫さん30できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    31英雄を作ろう!31主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    32正義屋さん32やらない夫とたぬきの嫁入り
    33やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです33やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    34いきものがかりたち34魔法使いはオタクばっかり
    35翠星石の『細川煩擾記』35食事処 ~やる夫の大釜~
    36やらない夫は集われるようです36ダンガンあんこ
    37そんな二人は同棲中37やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    38魔女はやる夫になるようです38できる夫達は呪われた地で抗うようです
    39人形使いできない夫の旅路39怪獣育成日記
    40やる夫たちの4コマシアター40ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング