スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

聖杯戦線 外伝 マイライフモード 鉄兵編 8

目次

6087 : 計算機@スマホ : 2019/01/14(月) 22:56:21 ID:MnjSgm8f


次回の2ターン目一般コミュ対象だけ決めちゃいます。
選択肢は以下三つで。

1.ゆかりさん
2.竜児
3.サラリーマン

【安価↓1~】
1~3 3票先取


6088 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 22:57:11 ID:FT+TGZvh
3

6089 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 22:59:45 ID:04859bXk


6090 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 23:00:17 ID:ORQOWXxu
1 獲得スキル見たいので

6091 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 23:00:54 ID:N2zo+aoK
1

6092 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 23:00:55 ID:dS8RDtzu
2

6093 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/14(月) 23:01:55 ID:Y4q4FXy7


6099 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 21:42:23 ID:Ljr/b6/s



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
.       |         .{{{            /ミ′
...... _ 人 _     . ヤハ         ,/:ミ′
....   `Y´......{ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
..    |  {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{    さーて早速だが聖杯戦線マイライフ編、2ターン目開始と行こうか!
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{    昨日やった投票の結果2ターン目の一般コミュ対象は高須君だ!
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ




6100 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 21:43:00 ID:Ljr/b6/s





           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘





6101 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 21:44:44 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     2ターン目 一般コミュフェイズ
     コミュ対象:高須 竜児

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




       /         /     /l ∧          ヽ
        ̄/   l        /   /.l /: :∨          ∨
         / .     l    /  /  /_  -=-、: :        _     .∨
         .7    l.∧ /  /-= ケ´   ゚ 广:     ./_ヽ    ∨
        /.   ∧l_ ̄_` /       -===´ : : l    ./ / l l  l\{
          /     {i  ゚ . : . .    /: : : : :./ イ ./ /   l  l  `
         l .∧  `=-/: : : : \/: : : : : : /  | ./  〉.  /
         l/ . }ハ  〈 : : : : : : : : : : : : : : : : :}/: : : : ./   |
         l     !   ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : | ̄}    l
             .    ̄/: : : : : : ノ}: : : : : : : :./: :     ∧{
                ゚.   _ > -=   /: : : : : : /  }ヘ   l `
                  \ ヽ}-  _ /: : : : : : : : : : : : :.} .∧{
                 \ ` ̄>: : : : : : : : : : : : : : :ヘ{ `
                  '.  /: : /: : : : : : : : : : : : : : l
                   ` ̄´ Ⅵ : : : : : : : : : : : : : : .
                         l : : : : : : : : : : : : : __'.
                       L: : : :-=    ̄    `> 、
         , -===-  -=-   _/  -―         ―-  ∨
         +              ̄                  \- 、
      /                                     ∨


高須's ファーストコンタクト!

1~3:聖職者らしく教会で
4~6:道行く老婆の荷物を持ってあげる優しい青年が!
7~9:訓練室に人殺しの目をした男が!
10:自販機の下の小銭を探す高須君

【安価↓2】
1d10


6103 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/15(火) 21:45:05 ID:XcnMcm2i
【1D10:9


6104 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 21:47:39 ID:Ljr/b6/s
訓練室での邂逅!

6105 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/15(火) 21:50:16 ID:qvEO/PHT
コワイ!


6106 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 21:50:28 ID:Ljr/b6/s


___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   千年魔京アリーナ内 トレーニングルーム
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                          `'' ._ "'' .
  <´`¨ '' ‐ ._                    `"´                            、.-.、
     " '' ‐ ..‐`                         . -._                   \_,.ヽ
‐- . .,_             ._‐- ._               `  、.>                         __,...、
¨| i.  "'' ‐-「l =‐-_...,,__      "'' ‐‐`‐                    、.- .               ヽ,.ヽ
. | |      .| .|     .|┌-".''_‐- ..,_       ヽ"ニ._‐ .               `'' ''   _              、.-
. | |      .| .|     .|. |   .|l.  ̄| l "''"i'' ‐- ...,,__       -_‐-_.           "-.`.  _          `'' "
. | |      .| .|     .|. |   .||.   | |    ||  | |  |¨"i「-"'' ‐- ...,,_    ‐".- ,.. _      ` ー`、-_、         `
. | |      .| .|     .|. |   .||.   | |   .l.|  | |  |  ||  ||  ||  || 「"l'' ┬─‐┬―――┬―‐┬――――――――
"'l.|      .| .|     .|. |_ .||_.  | |.  .l |  | |  |  ||  || .r_..l,|_.| | l .|.   |      |   .|
"i |      .| .|     .|. - 二,,__ ̄...!   l |  | |  |‐-'..!!_.||'"""ヽ、._.| l .|.   |      |   .|
. | |      .| .|     .|. |   .|| .l .|ζヽ,r、|,、 | |  | ̄ ||"「.「¨i「¨i「.吊.勹" .! ̄ ̄.|. ̄ ̄ ̄.|. ̄ |
. | |      .| .|     .|. |   .|| .l .ャ'    _.,ア|  |   || ,'. !! ||.| |l.川 ||.|  |.   |      |   .|
. | |      .| .| __...|. |   .|| .l .|`r、_,、)'、`、'''i  |   ||,'.| || k、、|l.川 ||.|  |.   |      |. ,イr"`i
,ヘ.、-i‐ .-i‐ _L.| -l‐ |.-l‐ _L || .l .| |  |:| ィ<_,>..|  .f"i.| f"i|「/!!川 || !  !.    |      | l .j l  l __  _
.,.!>┴‐┴ー-.!---!...l ..l ,,! .l .| |   |:|.| .|.',__兀   l_.j.| l_.j|||.,|l.川_lL.、    .|      | l l.,'_=r、/___/ {_}
',.'==.l. ̄.l  ̄ l| ̄ l""".l",',r'j"!ヽ./.! !  .|:| 〔 ,.-、,,_j.-.d.(・)'''.||._!<_r.∠,,______.|_______.|.l j lゝ==[ --- ]__」____
l.|i.i ,- .l-.,,_l_i| .|l┌-.!||_|..l.l.l.`.l.'ヽテヾ,.| 「 ̄|-""ゝ.'...||-',||- 、.| .!!_||.川,','ニ= `''‐" =_‐...,_   .| l l┐| |.「 .T ".i_
l‐-,.i .,'.l。,_ .l.ト..Ll.| .|!.!-‐l!.i.゚-゚♀♀ゝ'ゝ'〇,〇_○_-、!| |.l、_ノ.|..|| || ̄,',' l l       "''.-ト`ョ | l l.⊥r L.|_レ" ,r"⌒>'/
| 〈.i_.,' l   .l`、 l‐.-.l.L..,,| | _`i.i _          ヽ`.,,|.|..,,、ニ」Lゝ'、.j.l_              | |.| ||"'' .||.》 ,ィ"⌒>、/
L..,,_ーl.--.l '. .l  l   | |ゝ'-'ゝ'OOO〇〇○○ヽ|.|=-‐ヽ   ̄ ̄              | |.| ||   .||'ll l /) l
「 "" ニl-''',,L.‐,,,L-._l,,.| |_  l l_   _,l.L.  ̄ ̄"''||.l_.|L,,.|.l.==                 └''"===''ゞ,.>,、__,ノ
L..-‐ = '=='―-!- .!..!.|,,_l l_,.ュ         ー|.l― ''                               ,"/_|.|_
 ̄            ̄ ,.|.L"_-=ニ'.......,,,__   ._| l                             |.|._――
              `"´   ̄ "" '''' ― -''".‐'                           ,.=ニ}={ ‐-
                                                          `ー'


6107 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:01:59 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ――聖杯戦線優勝による追加参戦が終わって1週間。
     ランサーの自由行動期間も終わり、一人になった鉄兵はまたアリーナの訓練室に足を運んでいた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          >''"゚~ ̄ ̄~゚"'' )\
        /             \
      _/               \
      )_                    |
      √                     \
       |            <   //      \
     ノ        /'⌒7 /)/ ̄ ̄)/| | \
     ⌒7      八 'て//  /\\/ |  厂 ̄                                             _      lヽ
      |        /\/    { rシ |_〉 八/                                               l |__ | | 1ヽ
     ノイ      /    u   ヽ   /          ……っふ……                         /    / v  l !
      |/--ミ/_  八  し      ヽ        ……っふ……                              ̄l l ̄     V
     /      ``~、、  r  _/                                             _| !_
.   /    _ -----  __   \  >                                               /   _/
 /   // ̄ ̄ ̄\ニ- _ う´__                                         ,          ̄ l |
.      /ニ/       \ニニニ/   \                                   ,イ|          l |
     /ニ/            \ニ. |_/ / |\_                                ,.イ.,ク          レ'
    √ニ         \ |.ニ 〈_/   | |   \                           ,.イ..,ク'
    |ニニ             \ニニ.L/__/ √   l\                          ,.イ..,ク'            [][] __
    |ニニ             \ニ人___/       |                        ,.イ..,ク'                  //
    |ニ人              ̄ ̄\    ノ   |                       ,.イ..,ク'                    `"
    |ニニ\   \__         |___/   /                       ,.イ..,ク'
    |'ニニニ\   ___)        \     /                     ,.イ..,ク'
    | 'ニニニニ.\            /    \./                  ,.イ..,ク'                     
\__∧ニニニニ.\      /       \               ,.イ..,ク'
      |ニニニニニ..\     (         \              ,.イ..,ク'
      |ニニニニニニニ\        /⌒\  |           r ,.イ..,ク'
      |ニニニニニニニニ.\     /       \       人ゞ'イ




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ただし、今通っているのは戦闘用シミュレーターではなく、併設されたトレーニングルームだ。
     備品である錘付き木太刀をゆっくりと構え、ゆっくりと振る動作をひたすらに繰り返している。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6108 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:07:29 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     何故これまで行っていた実戦形式によるトレーニングから切り替えたのかと言えば、
     ランサーによる指導が入ったからだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               -――-
            ´    \   \ヽ` 。
   / ̄ ̄≧ーく    ー==ヽ    Vハ  \
  /_/./ /    \   ー‐=゚。.   Vハ  i‘,
/´ ./ / /     |N {_ー=ニ>七_]    Ⅵ\ } ハ
  / // / !   | ||ヘ \ ¨ア>=ァ| |   | | 只ー-、     テッペイが入団試験を受けてからこれまで、ずっと実戦の中で鍛えてきましたけど……
  {/  | /| |  | || Vト=/〃う:ハ | |  /.| |く:::::|\:::::>
  /   !{ .| |  | ||_入   V少’}/// / .! {:ヽ}  Y:\    戦闘の勘やら勝負度胸は十分に鍛えられましたが、その分基礎的な部分が
     | .| |  | N         /イ/}/  ! L::」  {:::ノ    おろそかになっちゃってますわ。
      八{\.从 |ハ ='’{         ,|  |   \ ^^\
       |  \ト{∧   、__      /|  | /   \    ̄ ̄ ̄\    本気で鍛えるなら、そろそろ型を覚えて太刀筋を整えるべきですわね。
          |  个 .   `   / .|  ∨ r―zx ゝ―く⌒\ ハ
          |  |  |>。 _ .イ   !.   ∨と> ´ ̄\ \. Y .}
          |  |  |      |   }/   ハ ノ       \ ) j |
          | /.|  | r―ァノ __, 7   ./j/        \/ .j
          ∨ .ハ  j〈 ̄〃 '/./   /´{ ,{            \/    ←人間サイズに変身中
              ∨ .} / /ア´て/   /  |/.::\           \
            r '  ノ⌒yァ' ̄)ノ./ /   i{   \           \
         .⊥く^ゝ-〈/:::::∧ ./ /     \     \
       /    \//\/:::」/ /      }  \  / >。
      f´        ̄ ̄ ./ /          ア/   >。
      {               / /         ノ   /(    ./   >
                   | /{       /   ./  \   {   (
      .人       / .!' .|´ ̄ ̄       /    ヽ  \  \
    / r个 。 _    。-| .! ̄ ̄  <.  Y \   ハ   ).  \
   /   j从  {>―<   .{  \     `ヽノ   \ / } /     ハ
  ノ  /( \ |    0 |    \  \     |     ハ / (       八


6109 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:13:29 ID:Ljr/b6/s



                  /(__/(
               /(/          ̄ ̄ ̄ ̄(
               /  /               \
             /                     \
               /
           |                        |
           |                        |
             /                            |
          /                         \
            /       /      \ \ \ \        \     ん、分かった。
        / /  | / /| ∧  \(\(\( \   \  |⌒     覚えるのは良いけど…… 教本とかは無いの?
        / |    |/|/  | /  \|   _)_ \    |⌒  |
           |    |   \  ┐   ┌  /   _| ∧|__  |      そろそろ、ちびすけの自由行動期間も終わるし
           |/\| 「≧トミx     ̄斗ャ≦「 ̄|/ / | \      一人でも練習できるようにしておきたいんだけど……
           { ∧  乂r'リ       ノ乂rツ  ノ  ) )| (⌒
           乂乂:.  ー        ー―   ( /厂
                 人      `         ィー /)/
                  \    _    _    / |\(
                 > .,       イ |∧人 ̄\
               _/ /  >--</ / |        |__
             / (    / 〕\   /  |/      〉 |
            ノ        |.八      /     /   \
            〕人      \〕  _/        -- __|
         _ -ニニニ\__〈\ ∨/   /〉 _ -ニニニニニ-_
        /ニニニニニニニ| |\〕_..-=:| |ニニニニニニニニニ\
        √ニニニニニニニ:| |ニニニニ | |ニニニニニニニニニニ|
       √ニニニニニニニ:| |ニニニニ | |ニニニニニニニニニニ|
       {ニニニ|ニニニニニ::| |ニニニニ | |ニニニニニ /ニニニニ \
       {ニニニ|ニニニニニ::| |ニニニニ | |ニニニニニ:|ニニニニニニ|




              ----        ___
         /          ` ,. <  ⌒\
        '  /    ,,  '                \
.       /  '   '   /ハ/{     ヽ   ', <⌒\
.      ' / ,  / _ / /'''"゙゙{   : 丶   V
      { / /  '  /`メ、  {   i ト、\ v   }   }
      レ /    ィ抖-=ミ八  ト、{__ >‐ }
      / /{    Ⅳ,_)/ハ  \{ ィ=ミ、 /      ,     そんなものはありませんが、問題ないですわ!
.     /ィV从   ト、乂ツ     んハ 》   ' / /
    r o。 . }ハ{.丶{.i⌒, ,       Vツ_メ  イ  ハ '      自由行動が可能な後2日の間に体に全部叩き込みます。
   }////≧{. . . .{       '   , ,⌒7´ } / }/
   ////二_≧s。..{     ' ¨¨¨ア    ' { ノ'  /       厳しい指導になりますが集中して付いてくるように!
  .厶 ´.....   \  >、  乂__ノ   イ . {
 /............      ヽ /≧s。 _  イ  {. . {
. ′.......       V. . \ア 〉    {. . {
.............         〈{丶. . ヽ/¨ >、  v. .',
..........         }、/ハ> \ ‘, V.∧
.......      ,.斗ァ ^yム'>、//>>\ ハ  ∨∧
\.._ 。o≦.../{彡'  \////V>、 ≧=- }. . .}
............./⌒ヽ { /    丶///>、/>、} /. . ,
__ ,.斗     イ. . . .     V//アV/∧/. . /
、 _ ァ-==≦: :{: : : : : : . .   }//⌒)///〉. /
. \_,>'¨)ニ>、: :、: : : : : : : . . .   }⌒ ´ }>、
  _) /ニニニ>、: :. : : : : : : . . . '. : : : : '  >、
 ( /ニニニニニ>、>  __   イ、 __ .ィ /....⌒>o。
、てニニニニニニニ>、--->、  /{、    '   ´   ̄  ≧s。


6110 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:16:16 ID:Ljr/b6/s



                      ,. ―  ―――- _
                 ,. '"       __    、
                 ,. '"    -‐     ̄   -=、、  \
           .  '"            _  __  ヽ` _.)
         .. _/        /ヽ      ̄    ̄  ーヽ、 ',
.        f.  ヽ       /  /.  -‐,ヘ.    __  . ヽ
        ,.!,   '、    /  / .i┐ l  .l.  ー- _ ̄`ー '
      / !   \  /  / .l` .l .l  .l._     ` 、
.      /   l     `/  ,.'.._,l  l l  .l   ̄ -'、  .)
     /    !     /  /  ̄ .l  l .l   l
   /    .l   ./  /     .l  l .L 」
.   /     .!  ./  '-、     .l ./ ./  ̄             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
. /      .l   `<.   > 、   ./              |
 '         !     ` <   .>'、      ,.--┐      |    良いですか? まず剣の握りはこうで―――
.'           l         ` < >  ./   ./       |
          l       __  / ``" / /} /        ヽ_______________________ 乂_
           l   //////>、   .r' / / /
         .ハ  ///////////∧   ̄  ./_/
.          / './///////////// 、
.         /   !'//////////////∧
.         /  .l////////////////∧






 </                        `、
.  {          /   /∧  }  \   | 、
  ノ  /     /  /'| / | ハ//∧ |⌒
< /'⌒ || | ∧ /-- |‐┐|/ | ,xく} 从|
 /⌒7⌒! | | / ∨   | ̄    }似 ,
八   { {r |人 |ii 斗ャ恣ミ      ゞ' .:
/⌒人乂〈 从| ヽ ∨リ     {  /∧
  ― `¨¨¨\  u`¨¨´    / /|ニ|/,      あ、ちょ……っ!
/二二\   个 。.,     r  ァ  イ 二| ∧
二二二二\     >  _ // |=二|'/∧
二二二二二\     ̄ ̄〈  /二ニ,/  }\
  \二二二二\    r―v匕/二二/ /   ヽ
   \二二二二\_/_/_/ニニ/ /
     〉=二二二二二二/ニニ二 / /        |',
  / / 二二二二二二 {二二二ニ{八      |∧
    , 二二二二二二二}二二二=/ ∧|       〉
    =二二二二二二二{二二二八   |        ∧
/  {二二二二二二二 /二二二ニニ_  \__/  〉
   }二二二二二ニニ 〈二二二二二|\ 〉    /{


6111 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:34:45 ID:Ljr/b6/s



              __        ¨  ̄ ̄ ¨
            /⌒> ´        \   、  ` .
           /  /  /          \ \   ',
               '    '  / . : /: . .      ', 丶
             / / /  /  i: ハW/  \\     ', }
              イ  '  '  {/''゙"{   、  \\i   }
           i /{  {  i  八\八  {\ /\}   } '
            |' {  {  {  {笊㍉ \{ ィチ示笊    八{ __
            八  、 八  ⅣVツ    Vツ ノ  ' /i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉     こら! 早速集中が乱れてますわよ!
             \{ \丶 乂   ,    ⌒7イ /i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                  \{込、  _ __    ': /}/ニ=-:i:i:i:iイ       力の入れ方、体勢の整え方、剣筋の行く先。
                    |: . .i:::.... `ー` イ } 「 ̄ ̄ }:i:i:i:i:i〉      全部覚えるまで終わりませんからね、そのつもりで励みなさい!
                    |: . 「二{><「 ̄} }ニニニ{\i:/
                    | : :|ニニ}ヘ _ノ . : :,:八 --=ニニ=- _
                   _|. :八/只 . : : //=- _      ',
                  /八//i:/个\ rく/ニニニ=-
                 '-=rくi:i:i/i:i:i|i:i:i:i:〉/⌒)ニニニ=-      }
                   {/⌒Vi:i:i:i:i|i:i:i//:ハ⌒\ニニニ=-
.                 /   〈i:i:i:i/⌒ / '  V//}ニニニ=-
.               '. .     '⌒. . .  {: {  ∨〈\-=ニニ=- __\
.               {: : : .  {. : : : : : : 八{ . . . }  、\ __/ ̄ \〉=--   _
.               人: : : : . . 、 : : : : : : : :.\. ,  人\-=ニニニニ」   . . . . =- . .
                   -r< ⌒: : . __  イ__/ニニ〉 \_/  ̄ \      . . . . . 、
                 L/^}i:i{^ ¨¨〉ニニニ〈 -=ニ/__/⌒. . : : .   }   丶    . . .\
                  イ  }i:i{   { ̄ ̄. : \_/⌒\ . :/ : : : .  人    \     . . .
                    / { <ニニニ> > . : : : : .イ     V=- . . .  イ  \    丶    . .}
.                  / 八 }i:i{   〈 . : : : : / {     「⌒. .   〉   丶 \   \  . .
                 イ 「⌒<ニニニ> >. : : : . . 八_   人 __r─ ‐へ     \. .    、 . '
.               〈//人ニ]ヘi:i{/(⌒ー‐‐<ニニ〉_ ////〈i:i:i/i:i:i:i:i:〉       }. .} . . . . V
.             //⌒V/⌒「-=「ニニニニニニ=-V/////∨i:i:i:i:i:/      , . /. . { . . {
            __//-=ニ人__/-=ニ\_/⌒\-=ニニ///////〈i:i:i:i:i/     /. .八. . .、 . .、
          /////-=/⌒¨¨  . : : : Vi:i:i:i:i:ノ-=ニ////////∧__/      . . . '⌒\. .}⌒\
            /////-=/ \ ____ . : :/ ∨「-=ニニ人/////////     //    )/   丶





               /(
            -=   ̄ ̄ ̄~"''~、、
         /                 `'<
       /                 \
            /' \
     /     / ト   \ \_トミ
    ノ    |:|   l \  r\ /  \
.   '⌒| i 斗i匕 |   \レ '\
     | i ̄ |  ̄|    \ 斗ャさ㍉
     | | 斗ャ㍉     } fノJ リ }      い、いやそうは言うけどさ……
     | |〈  fノJハ       乂rン /
     人从ヽ 乂rツ      ―   ´       (手を握られて指導してるから、距離が近くて集中が……!)
      |∧  ― ´ ヽ     ///
      |/∧ ///            /ノ
      人`込     ⊂⊃    /{从
         ―>。.,          イ /
             )> _ -= /
             ∧::::::::::::/     /
              / }V::://   /二/
                〈  |::// -=ニ二二/
           /∧ ://=二二二/
           }\∨ /二二二二7 ⌒
             /|{  Y/ニ二二二二| |
          / 〉 //ニ二二二 | |


6112 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:41:44 ID:Ljr/b6/s



                    ',_
                     i<  ̄ ̄ ≧ 、
              /      .}  `     }}>、
               {      イ          || ィ{、
              i      ノ--       {{   `  ̄ ̄/ `ヽ         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              |   /          ヾ、     、 /   ',          |   口答えしない! 時間がないんですから、
              |   ,             }}    \_  }         |    ガンガン進めないと間に合いませんわよ!
              }  ./              `ヽ'´          <        ヽ___________________ 乂_
              !  '                 ',          `ヽ
                 ,  {   . : : : : : : : : : : .       '               ',
               .,′从. : : : : : : : : : : : : : : : : : .   }                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
             /    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ,: : .  . . : : : : : : : : . }      |
            .′   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : 从    |  で、右腕はこう! そのまま腕を引いて――
            _{___  ≧x: : : :_:_:_:_:_: : : : : : イ、: : : : : : : : : : : : : : : : /      |
          / {, --    ̄/´ ̄/    \ ̄ -= ゝ: : : : : : : : : : : : :ィ       ヽ____________________  乂_
        /  / /     i         ',     ≧= -----=≦ }
   -=≦     V /      !   {                `\  i
            ゝ' r--- =={    ',                    ',  {          , へ nn
             ゝ{ /´ , --ゝ--- \                       }       く ヽ' /_UU
                  /   - ´/ i! ≧==-----   ____  /       / x X >
             /    -=  / |       / /      /          (_ //  <
                ∧     -- '   |=-       ヽヽ     {             (_ /.〉 〉n f L
            { ヽ  ィ      |          〉〉    八             γ´ど Lr1わノ __
                                                    ー一   サ´ `つノ
         ↑後ろから抱きすくめる形で指導してる画と思え!





                  /( -‐…………ノ( _
            /              ~"''~、、
            /                    <
          {       \             \⌒
           '"  |    \   \     \       ヽ
          /   i|     \  |'\    \\
           | |八 |\_|_,.> |   \    |⌒      |      (うわあああああああ!?)
       ノ| |∧| \ 〈__ イ 斗===ミ ハ  | ハ     人
.         ⌒| |<_〕      ∥ ぅハ  }i |∧//⌒ヽ   〈⌒     (い、今人間サイズだから普段は分からない感触が……!)
            / | 斗ミ      Vツ ノ'   } /⌒ ∨   }
         ⌒|〈 Vリ     __   ´     {⌒   }  八{
           |∧  _ノ     ////   〉_  ノ 〈
            } ヽ             r‐匕__
             八    _ -=⌒\      /  i /   \____
             、   V     ノ       ∨    \二二
             \   ̄     /     ∨       〉二二
                  _   <         }/    /二二二
                    /| | \      /    /二二二二
                       /八  、 \ _ /    /二二二二二
                   {__\_   \   匕二二二二二二


6114 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:47:49 ID:Ljr/b6/s





      、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人人
      )                                           (
      )    こら! また気が散ってますわよ、もう一度最初から!     (
      )                                           (
      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y  Y





                                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                                       |
                                       |     (しゅ、集中できないってこんな状況……!)
                                       |
                                       ヽ______________________ 乂_










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ―――と、余分な回想が入ったが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6115 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 22:57:35 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     突発的な精神修行もオマケで付いてきた型稽古だったが、こうしてランサーから離れて
     一人で型に打ち込む分には、確かに効果があるように感じられた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                           ,.,   _
                   .ノl  _,. - '" ノ ---"ノ
                  ./ l/         `-.、
                 ./  "             ヽ
                /                  `-、 _
               /      .l              、 - '"
              .l      ,.-ヘ    --- .、_,     .ヘ
               ,l     '"   `       -'、__    ヘ
             /                   ヘ-   .ヘ
            ./     ,               .`    .ヽ
            ./     /l   ,...l ,-、 .l-、 ヘ-、 .ヘ     l`--`
           ./ァ l   / .l,. -'  l,.'  `l .`.、l  `、l`、    l
           /_,...l  .l   、、         ,,,  ` `,.l`-、ヘ     (勢い着けて剣を振り回すよりも、
            /rl ,ヘ l .l=--.`.、`-、   _,.-'"./_,...-,  l`l'"ヘl       剣筋を確かめながらゆっくり振る方がキツい……!)
            .l ゙l'Y l.l .ヘ .l、() `l -'  ヽ-'/( () ) .l  ll ヘ'./
             ヽ-,.lヘ  、_`゙゙´,      、__ ,  l_//
              `-,_ヘ   ̄             トイl´                       _      lヽ
               / 'l ヽ       ゙     u  /,' `-`                    l |__ | | 1ヽ
                .l/ ``-、 . ―-―   ,.-' l/                        /    / v  l !
                 , --== l` -、   ,.- '´l/` - 、                      ̄l l ̄     V
                _,,,'    .l U    ̄   l    .l__                        _| !_
             , ' ,Y.l    、 .l       l l    ト、 `-,                /   _/
           ___/  ヽ、   .`、l      し ./    /  .ト-、                   ̄ l |
           .l       `- 、   `-、  ,.-'"    ./      l                    l |
          ,.l-'"` - 、   r、    ヘ /     _     ,.- '"`-、               レ'
         , "ニニニニ ` --.l l_    "   __.l l - '"´ニニニニヽ
      .  ,'ニニニニニニニニ.l lニ`゙` -、,-'"´ニニl.lニニニニニニニヽ            [][] __                    l ヽ     !ヽ  、
      . ,'ニ、ニニニニニニニ.l lニニニニニニニ.l.lニニニニニニニニl               //                   _| |__ | l | l
       lニニヘニニニニニニ l lニニニニニニニl lニニニニニニ lニニ ゙,               `"                  /     / vノ レ
     .  lニニ ヘニニニニニニl lニニニニニニニl.lニニニニニニ.lニニニ゙,                             ̄ ̄| | ̄
       lニニニlニニニニニニl lニニニニニニニ.l.lニニニニニニ,'ニニニ゙,                                 _| | __
      /ニニニ lニニニニニニl lニニニニニニニl.lニニニニニ/ニニニニ.l                                /    _/
     _./ニニニニlニニニニニ. ,l.lニニニニニニニ,' l、ニニニニ lニニニニニl-,                             ̄ | |
    .l"`、_ニニニニlニニニニニ ゞ !ニニニニニニ.ゞイニ.ニニニニlニニニ, -'" .l                             | l
   ./   ` =-- 、_lニニニニニニ¥ニニニニニニニ¥ニニニニニl-‐ '"´     l                                 レ'
   /        .lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl       __l                              _
   `- ...,,,_     lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.l   _,.. -l'"                                 |1〃7
      l  `゙`---.lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.l-‐'"´   l                              lノ V ∧
     .l       lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.l      l                                    //
     l      /lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.l      .l                                     ̄



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     自分の体の動きに集中し、筋肉一つ一つの動きを自覚しながら型をなぞり続けていくと、
     かえって周囲の音が強く知覚される。
     木太刀を支える筋肉が軋む音、踏み込んだ足の靴音、そして周りで同じようにトレーニングに励む
     マスター達が立てる物音――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6116 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:03:30 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     と、周りの音にまで気が回った時、ふと気づいた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



     ノイ      /    u        /              (周りの音が、少ない?)
      |/--ミ/_  八  し      ヽ
     /      ``~、、  r  _/
.   /    _ -----  __   \  >
 /   // ̄ ̄ ̄\ニ- _ う´__                                         ,
.      /ニ/       \ニニニ/   \                                   ,イ|
     /ニ/            \ニ. |_/ / |\_                                ,.イ.,ク
    √ニ         \ |.ニ 〈_/   | |   \                           ,.イ..,ク'
    |ニニ             \ニニ.L/__/ √   l\                          ,.イ..,ク'
    |ニニ             \ニ人___/       |                        ,.イ..,ク'
    |ニ人              ̄ ̄\    ノ   |                       ,.イ..,ク'
    |ニニ\   \__         |___/   /                       ,.イ..,ク'
    |'ニニニ\   ___)        \     /                     ,.イ..,ク'
    | 'ニニニニ.\            /    \./                  ,.イ..,ク'                     
\__∧ニニニニ.\      /       \               ,.イ..,ク'
      |ニニニニニ..\     (         \              ,.イ..,ク'
      |ニニニニニニニ\        /⌒\  |           r ,.イ..,ク'
      |ニニニニニニニニ.\     /       \       人ゞ'イ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     今聞こえる自分以外の物音は、軽快なステップを踏む音と打撃音。そしてサンドバッグが揺れる鎖の音。
     どれも一人分だ。いつもであれば、今は訓練に精を出すマスターが数人は詰めている時間だが――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6117 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:11:11 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     型に没入していた意識が急速に引き戻され、集中が切れる。
     こうなってはもう一度、最初から型をやり直す他は無い。その前に周りの様子を見ようと頭を巡らせると――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  /  /.:.:.:.:.:.:.: , .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l`ヽ{
    / :,:.:.:.:.:.:.: /| .:.:.:.:.:.:.:.:. /.:. /.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l
   /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/ l .:.:.:.:.:.:.: /.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 /  ̄ 7.:.:.:.:.:../  .| .:.:.:.:.:. /.:.:.:.:. /.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:. /.:.:/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |ヘ .:
.     //.:./:.:|   .|.:.:.:.:.:.:/_ -=7.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:. /! l.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.,.-.、.:l ヘ{    ――フンッ!
    /  ̄ 7.:.: |. .|.:.:.: /   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:,// /.:./_ |./∨.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.レ'’, .:.: |   `     ――ハァッ!!
      /l.:.:.:.l}l\l.:.:.、′   /.:.:.:.:.:.:.: //,....::/´   |/  ∨.:.∧.:.:/.:.:.:| /  .|ヘ{
         l.:.:.:.|}i  |.:./ 、  ./.:.:///, /  / ,.  -= =- ,.:.:.:.:.:∨:.:.:. l〈   l\                           /l ,イ,イ
.       | :/:.仏 l/ \\// / /   ,.: '’       .∧ :.:.:.:.:.:.:.:. /   .,'|/∧                        // レ'レ'
.       }/ :/l ム、   ヽ   `    , /         ./ ,Ⅵ:.:.:.:.:. /  ,.:'’.|///ミ:.、                     / ニニフ
         }/ | `≧=-壬≧=-≦:.、`ミ:. 、      .///.:.:.:.:.:.:.:/  ,.:'.  |/////≧=-.、                    //
          l    `¨¨´      `ミ:. 、≧=- ―≦- ///.:./  /. .\///////////`ミ:.、              /´
.          |.       _j};                /  // _ ノ    .////////////////\          ___.
          l      `                  /   ∧    .////////∧///∧////`.、       ヽ=.--7 /
          ∧   ≧:.、                    ∧      /////////  l/// ∨////.\         //
          ∧.   Ⅵ三ニ=-  _  _ム、          .∧     /////////,   ∨/,  ∨/////,        /イ'|
              ∧.  .Ⅵ∧__     _ ノヽ ,}      ,.:'’     //////////,    ∨   ∨////,      /'  | |
            `:.、 Ⅵ7    ¨  ̄    Ⅵ     ./.    ./ ∨////////          ∨///,         |/
             ∧ .∧ \_        / }iレ′∠_  _/    ∨//////,                    __
              `:、 `:.、 二ニニ ニニ≧´/ /l   .\/      .∨////,                 /´ > ,.イ
    ____ ,イ,イ     `:.、 `¨¨  ̄ ̄´   ∠∧ ',  /        ∨///                   ´ ̄  /_/
    ヽ=.--7/レ'レ'        \        /  ∧./            ∨/                      //
       //                                                       //
   ___//                                                         |/
   ヽ=.-- '. ,イ,イ ,イ    .,ィ                                                      ,ィ
         レレ //    / }                                                   / }
           /'   ./ /                                                 / /
               //                                                  //
               ´                                                    ´
            , イ                                                    , イ
            レ'                                                     レ'



                                   r─┐__ {}{}
                r 、)\                `ア 勹 r┘
        __  -=ニ ̄   ~"''~、、            ゝ ニン
         >'"              \           ,勹
       /                  ヽ         く く
            /    /) /  /       }__         \)
     /     / // _/_ ̄ }   |   |  \ >        __
        /    /| //   \__,> / /| ∧|               └‐tノ
       /   / x===ミk     / r‐ < | i   |         r.、
      | / /  {{  んハヾ         ̄ ̄ | '   |         ∨
      '⌒/ イ      Vン }i      ァ==ミk |/|   ∧        O
    { i'⌒〉|    `  _       / んハ ヾx| /⌒
      V 〈Jil              、   Vン / / |
     人 __       _      ` -      |
      /.:八      (::::::::::::::::ヽ      /へ八
     ⌒7 \     ― 、::::ノ   / イr  }
      __{/) | \         ι  イ_r  ノ
       |   V   \       匕`¨¨¨´
     八 |/      ―=ニ)八
       \        /  \
        \        イ___|   \
          \   / ̄ ̄    |ト
      (∩)   |ト /      ̄ ̄ |
      \||_______||/_  (/〉     _ 人
      二 ||ニ二 ||二二 //二二二二二|



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     人の2,3人は殴り殺していそうな面相の男が、一心不乱にサンドバッグを殴る姿が目に入った

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6118 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/15(火) 23:12:08 ID:tEDmngce
誰だって逃げる。俺だって逃げる(脱兎)  ――見知らぬモブ

6119 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/15(火) 23:19:09 ID:qvEO/PHT
サンドバッグの中には……いや何でもない(不穏な引き


6120 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:21:51 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     さらに辺りを見回せば、やはり自分とその男以外にトレーニングルームに人影はない。
     そりゃ玄関開けていきなりこの面相がサンドバッグぶん殴ってる図が見えたら回れ右しても無理は無いだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                 |:.   /  / ヘ:::::{ ヘ.:::ム マ::....、寸、 .∨::ム:、    マ ム` ミ:≧=-  _
                   ,i.  l:::.   | ./ _ヘ::ヘ. マ::ム 寸ム.寸.、 ∨::::ム.、   .マ ム       ̄
               .:l  |::::.  .l ./   ¨ 寸:.、=-:ヘ  寸:ム寸:.、∨::::::ム   マ  ム
                   ,'::. l::::: |.  Ⅴ       ` \ `マ≧:.、、ム 寸::::ム::::::::ム     ム
.    l、         ,::::Ⅴ::::/\:::ム_  -=━━=- _=- マ,`ミニ::::ム__寸::ム:::::::∧  ム l ム
.    |:ヘ        l:::::::::::::l   \{        {i] ` 寸_':、 ̄\{´ .寸:ム:::::::∧/::ム.|  i.
.  | ::::: l::::ヘ   |.、   |:::::::::::::|\三_ ヘ:.、_ _ ノ ¨   ,:'ヘ{´ \  _ 彡ヽ::::} .7::::::::/:::::l   i.
.  i、::: |:::::::ヘ.   |::..、  .::::::::::::::l  `> .、≧=-三ニ=一_ ,         ヘi 7=-―|:::::l:::∧:ム
  .ヘ::::i:::::::::∧  Ⅷ::.、 i::::| ::::: |      ` =-  _ニニ三ニ_  -=≧ _  _.|/ヒ _/ l::::|::i'  寸
    ヘ::l:::::::::::∧. Ⅵ:::ヘ{:::ム∨::l           ¨´ ̄ ̄´       `¨ ヘ.  {iヽ.}::l::,'   '}
:7'=- .ヘ{::::::::::::: ヘ. .Ⅵヘ::::::ムヘ::{                           ヘ 、 /.}:i/
' _ _ .∨:::::::::::::: \{:| ヘ:::::ム \                           ` -l::{
/´   `':、::::::::::::::::::::::l  ヘ::::ム                              }i:::',        フシュー……
  {    ',ヘ:::::::::::::::::::.    \:{                              ∧::ヽ.
  ヽ.  /.∧:::::::::::::∧     \                            ,;'’ i:::::::_ヽ       フシュー……
', :.  `¨  .,'  寸::::::::::::i、                               j{  l`ヽ{
:.,   :  タ’   ` ミ:.、:№            _,                      lト `
.::',  :.  心、_,    マ℡、          ム{、                    |:::',
.:.∧  ' :..   _.::      ` ゚ :.、            `゚ー= ニ三 ̄   ―-    _  __  l:::::',
ヘ.:.:`':.、     ,.:.、       `               ` ≦ = -   _     _}「   l∧:{
:.:.ヘ .:.:ヽ _ : 、'’  ヽ.                                 `  :. }i  ソ  `
:.:.:.:.:ヘ{.:.:.:.:.:.:.ヘ    ヘ:.                                `   .'
:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヘ     ∧:.                                   '
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.ヘ   ∧:..........                                 ,'
、.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.ヘ      ` = -  _.....................                     ;'
.ヘ.:.:.:.:.:.:.:, :.:.:.:.:.: l` :、.           ̄三ニ = =-  _................                |
  ヽ.:.:.:/ .:.:.:.:.:.∧  \                   ̄ ニ =-  _..............     l
   }.:,ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    `                            =- ヽ  ノ
.  j/ Ⅴ:/.:.:.:.:∧                         l≧=-     ¨ ̄ ´
____Ⅴ.:.:.:.:.:.:.::L___                     ,:'´
三三三三三三三三三三三三ニニニ==-  _.           ;'
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧-  _   {_




               /(
            -=   ̄ ̄ ̄~"''~、、
         /                 `'<
       /                 \
            /' \
     /     / ト   \ \_トミ
    ノ    |:|   l \  r\ /  \
.   '⌒| i 斗i匕 |   \レ '\
     | i ̄ |  ̄|    \ 斗ャさ㍉
     | | 斗ャ㍉     } fノJ リ }      (な、なんだあの人……?)
     | |〈  fノJハ       乂rン /
     人从ヽ 乂rツ      ―   ´       (鬼気迫るっていうかなんていうか……)
      |∧  ― ´ ヽ
      |/∧              /ノ
      人`込   u    ⊂⊃    /{从
         ―>。.,          イ /
             )> _ -= /
             ∧::::::::::::/     /
              / }V::://   /二/
                〈  |::// -=ニ二二/
           /∧ ://=二二二/
           }\∨ /二二二二7 ⌒
             /|{  Y/ニ二二二二| |
          / 〉 //ニ二二二 | |


6123 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:29:15 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     その内に存分に殴り終えたのか、男がこちらを振り向いた。そして―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



       /         /     /l ∧          ヽ
        ̄/   l        /   /.l /: :∨          ∨
         / .     l    /  /  /_  -=-、: :        _     .∨
         .7    l.∧ /  /-= ケ´   ゚ 广:     ./_ヽ    ∨
        /.   ∧l_ ̄_` /       -===´ : : l    ./ / l l  l\{
          /     {i  ゚ . : . .    /: : : : :./ イ ./ /   l  l  `
         l .∧  `=-/: : : : \/: : : : : : /  | ./  〉.  /
         l/ . }ハ  〈 : : : : : : : : : : : : : : : : :}/: : : : ./   |
         l     !   ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : | ̄}    l
      (         .    ̄/: : : : : : ノ}: : : : : : : :./: :     ∧{
     ( ゙''ー--     ゚.   _ > -=   /: : : : : : /  }ヘ   l `
      ゙''ー--      \ ヽ}-  _ /: : : : : : : : : : : : :.} .∧{
                 \ ` ̄>: : : : : : : : : : : : : : :ヘ{ `
                  '.  /: : /: : : : : : : : : : : : : : l
     グルリ             ` ̄´ Ⅵ : : : : : : : : : : : : : : .
                         l : : : : : : : : : : : : : __'.
                       L: : : :-=    ̄    `> 、
         , -===-  -=-   _/  -―         ―-  ∨
         +              ̄                  \- 、
      /                                     ∨






   /: :.                                ヘ
.  /:::::::.      :  \                         ・
 /:::::::::::.  : : .::. ::  .:\        /               ',       ズン
 イ:::::::::::. .:: .::. .::::. .:::  ::.                     l ト |
  l::::::::::::::. .::..:::::::::::: ::::::. :::::::.   :.   /  /:  /.       .| .lヘl
  l::::::::::::::::::::::::ハ::::ヘ:::::::::.::::::::.   :::.  /  /:. /|: /    |  .l:  |      r==ァl]l]
  |:::::::::::::::::l:::/:::::::lト::::::ト:::::ト、::. ::::::..    /::::. / l: /.| .ハ: l|  |:: .l        /〈   「l
. l::::::::::::::::::|/|::ハ:::| ヘ:::lヘ:::l Ⅴ:. ::::::::.. ./|::::::/ |/ | / l:::|:l ト ハ|        /∧〉  :└ /〉
 |ハ::::::::::::::l l/ _ヘl‐-ヘ|_ヘ:| .ヘ;:::::::::::::::/ .l::::/ -‐´ _レ_ |::l::l | .|              rイ ′
   l ∧::::::::l一ヘ: : : ・ :-.、ヽーヘ:::::::Ⅴー´ヌ : :・: : : ノノ l/::l / l
   レヘヘ:::::::l‐一`‐- _ ムノ.  ヘハ/   ヌ、_ _ -‐´  |:::メ′/
    |ヘヘヘ|‐一    ヘl \ヘ   /l/| / ¨  l/  | ノ:/ ノ              _ _
     Ⅴ' ,―一                    _ イ::::::Ⅳ          / ̄ ̄`7ヽ_|ヽ_| _
      ∨∧‐一                       /::ハ|           ̄`7 /      ヽ_|  /|
      |ハ:∧‐一        ム            /::/          /,、 \       ,/ /
       ヘ ハ、一                  /::〈            // \/      / /
         レハ;、一               / ハ| 、         ̄          ̄´
       .|ヘ:::::|ヘヌ 、  ュー-  ュ _、  /イハノ::::::〉〉
        l∧:::::::|.  \  ̄   ̄     / l/::::::::::/::l
        _ム∧::/.l   ヘ\        <   | ヽ::::ヌ三トュ_
_  .,,ェ <三l三∧ l     ヘ` ー   ´     l:  /;三;/三ニ一-ュ _
三三三三三:ヘ三:ヘ._     ヘ:::::/       _/;三;/三三三三三






                                   r─┐__ {}{}
                r 、)\                `ア 勹 r┘
        __  -=ニ ̄   ~"''~、、            ゝ ニン
         >'"              \           ,勹
       /                  ヽ         く く
            /    /) /  /       }__         \)
     /     / // _/_ ̄ }   |   |  \ >        __
        /    /| //   \__,> / /| ∧|               └‐tノ
       /   / x===ミk     / r‐ < | i   |         r.、
      | / /  {{  んハヾ         ̄ ̄ | '   |         ∨
      '⌒/ イ      Vン }i      ァ==ミk |/|   ∧        O
    { i'⌒〉|    `  _       / んハ ヾx| /⌒
      V 〈Jil              、   Vン / / |      (こっち来たぁぁぁぁぁぁぁ!?)
     人 __       _      ` -      |
      /.:八      (::::::::::::::::ヽ      /へ八
     ⌒7 \     ― 、::::ノ   / イr  }
      __{/) | \         ι  イ_r  ノ
       |   V   \       匕`¨¨¨´
     八 |/      ―=ニ)八
       \        /  \
        \        イ___|   \
          \   / ̄ ̄    |ト
      (∩)   |ト /      ̄ ̄ |
      \||_______||/_  (/〉     _ 人
      二 ||ニ二 ||二二 //二二二二二|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     何を思ったか、こちらに直進してきた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6124 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:48:48 ID:Ljr/b6/s


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    こちらが驚きで硬直している間に三歩で間を詰めた男が、上着のポケットに手を入れる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   /      \\::::\〉  l|  l |
   〈           \\::::\ノト-┘|
   l.l         \\::::Y   |
   ||      l/       \ヽト、_ ノ
   ll     .イ!       ヽハ{
   |   〃l!ト、       ヽ\
   |     》 `┬<__   ヽト、
   l   / 7´ ̄`ヽ    `ヽ   N     スッ――
   l     ノ      人         ト、
   ヽ、_______ 人      |∧
       // T   フハ       l::::il
        〃   l       ハ    /::::l|
       〈    l  /      ヽ、_ノ个〈|
        ヽ  |Y/        / l
        \ハiノ          / /
           {         / ,'
           |        ,' l
           |         /  |
           |      /   ,'






          >''"゚~ ̄ ̄~゚"'' )\
        /             \
      _/               \
      )_                    |
      √                     \
       |            <   //      \
     ノ        /'⌒7 /)/ ̄ ̄)/| | \           チャカ
     ⌒7      八 'て//  /\\/ |  厂 ̄      (―――拳銃!?)
      |        /\/    { rシ |_〉 八/
     ノイ      /     u  ヽ   /
      |/--ミ/_  八        ヽ
     /      ``~、、  r  _/
.   /    _ -----  __   \  >
 /   // ̄ ̄ ̄\ニ- _ う´__
.      /ニ/       \ニニニ/   \
     /ニ/            \ニ. |_/ / |\_
    √ニ         \ |.ニ 〈_/   | |   \
    |ニニ             \ニニ.L/__/ √   l\
    |ニニ             \ニ人___/       |
    |ニ人              ̄ ̄\    ノ   |
    |ニニ\   \__         |___/   /
    |'ニニニ\   ___)        \     /
    | 'ニニニニ.\            /    \./
\__∧ニニニニ.\      /       \
      |ニニニニニ..\     (         \
      |ニニニニニニニ\        /⌒\  |
      |ニニニニニニニニ.\     /       \




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     思わず身構えたこちらに構うことなく引き抜かれたその手に握られていたのは――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6128 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:55:08 ID:Ljr/b6/s



              _______
                〃≧=‐-==-孑ム
            i三三三三三三三i
            l三三三三三三三}
             l三三三三三三三l}
               {三三三三三三三カ
           Y⌒,ー=======孑ヘ、    ――ドンッ
          八_/          _j_}
          /¨/三三三三三三三爿
            / ,仁三三三三三三三カ
.           / /|三三三三三三三三{|
          / / 三三三三三三三三{|
       厂ヾ  |三三三三三三三三{|
       廴_/   l三三三三三三三三{l
      厂7   i三三三三三三三三カ
     / /    i三三三三三三三三カ
      / ,′   {三三三三三三三三カ
      }/       |三三三三三三三三{l
      |         |三三三三三三三三{|
      | ̄ヽ___{ヾ三三三三三三三シl
     `ヽ───ゝ  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ¨´  ノ
            `ー‐────‐ ´





                  __
             , r: f: ´: : : : : : : `: ヽ: .、
           ,.r: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /二 ニ =-: : : : : : : : : : : : : : : : -= ニ 二',
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',
.      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
     /// : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /|: |: : : : : : : : : ヘ
.     '´ / : : : :/|: |ヽ:ヘヽ: |: : : : : :/: : /:./、|:.ハ: : |: : : : : Ν
.       / : : : : | |: | ヽ:N: :|: : : : / : //'  |ノ ヽ: |: : : : : :|
     /イ: : : : | ヽ|,, -‐'ヽ、|ヽ: //ノ  , -‐ '― , V|: : : : : :|    ……休憩するなら、水分取っておいた方が良いぞ。
        |: N: : | ヽ   ・ ,          、 ・  ノ '| : ハ: Ν    俺んちで入れたお茶だが、飲むか?
       |: |ヽ:.N  `  ̄           ̄ ´   |: / }: |
       |ハ ヤ|            ,           |/, /:/
        ヽ(ト                       |)ノV
          |ヽヘ                       / '/
           Иハヘ                /: /
            |ハ:ヽ      _       ノ: N
           ヽ: \    ´ ―‐ `   /|: :/
                Ν ヽ        /  |V
              |   `   _   ´   |
           r- ┤           ├ - 、
           |ミミミミミミミi    r-― '''''彡:|




 </                        `、
.  {          /   /∧  }  \   | 、
  ノ  /     /  /'| / | ハ//∧ |⌒
< /'⌒ || | ∧ /-- |‐┐|/ | ,xく} 从|
 /⌒7⌒! | | / ∨   | ̄    }似 ,
八   { {r |人 |ii 斗ャ恣ミ      ゞ' .:      ……はい?
/⌒人乂〈 从| ヽ ∨リ     {  /∧
  ― `¨¨¨\  u`¨¨´    / /|ニ|/,
/二二\   个 。.,     r  ァ  イ 二| ∧
二二二二\     >  _ // |=二|'/∧
二二二二二\     ̄ ̄〈  /二ニ,/  }\
  \二二二二\    r―v匕/二二/ /   ヽ
   \二二二二\_/_/_/ニニ/ /
     〉=二二二二二二/ニニ二 / /        |',
  / / 二二二二二二 {二二二ニ{八      |∧
    , 二二二二二二二}二二二=/ ∧|       〉
    =二二二二二二二{二二二八   |        ∧
/  {二二二二二二二 /二二二ニニ_  \__/  〉
   }二二二二二ニニ 〈二二二二二|\ 〉    /{




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ――差し出された大ぶりの水筒と、思わぬ申し出だった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6129 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:55:30 ID:Ljr/b6/s





           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘





6130 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/15(火) 23:56:06 ID:Ljr/b6/s



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{      思ったより長引いたんで2回に分ける!!
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{      密着訓練描写なんて思いついちゃったのが悪いんや……!
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ


6132 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/01/16(水) 00:07:43 ID:0kztx8Nt



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{    という訳で今日はここまで。次回コミュの続きと聖杯戦線フェイズを
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{    やってきまーす。
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{     毎度のことだが感想歓迎! そんではお休み!
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ


6133 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/16(水) 00:17:31 ID:r3yvAUmO
乙でした

6134 : 梱包済みのやる夫 : 2019/01/16(水) 00:40:28 ID:9mKsO6l5
おつでしたー!

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • 国際的な小咄 6252 欧州の歪みのはけ口 (12/11)
  • 国際的な小咄 6251 前半は聞いたことあった (12/11)
  • 国際的な小咄 6250 ユーカリさんパナイ (12/11)
  • 国際的な小咄 6249 例のあの事件の後しばらく後のフランス君 (12/11)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5,5話 『テックハンター・やらない夫の起源』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.13『スエラの炎と月夜蜂』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.12『"夏の思い出"セイバー』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.11『風の旅団(真面目なサブタイトルが久々すぎて背中が痒い)』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.10『ポニテ+剣士=可愛い』 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その16 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その15 (12/10)
  • ボイスロイドな日々 その2 (12/10)
  • 妖怪人間ユウ 第9話『占い館』 後編1 (12/10)
  • 国際的な小咄 6248 廬武鉉遊びVS安倍首相 (12/10)
  • 国際的な小咄 6246~6247 グレタ女史について ~ プーチンがある意味一番グレタさんに優しい説 (12/10)
  • 国際的な小咄 6245 悪書追放運動 (12/10)
  • 国際的な小咄 6244 斬新な表現、即ち設定 (12/10)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ