世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!? 4

目次

486 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:41:20 ID:1eg6/jdf



                                     _ .......... _
                                   /:::::::::::::::::::::`ヽ
       〈ミ>、                       ィ、:::彡イ::::::ミ:::::::::::‘,
          マ/ム                   // { |,ノ{ミ:::,=ミ:::::::::/
.           マ/ム                   /  |  〉Kア| ミム 八 :::ハ
            マ/ム                  ′ l く |  |  |-ヘ:::::::i| }
          マ/ム__               |   | ゝ=、   八 Ⅵ从j
              マ/ /ーヽ            |  }  イ r====┐
            〈_///二ヽ               `¨´「う |:::/ ̄ ̄ミメ、
             r‐く__彡‐┤                 ,r‐┼=彡/`ヾ___ヘ\
               ヽ//二二ヽ          / i:::: |:::::::::::::::::/:::::::::::::::::\j
                人斥=气レ′         /::|::::|:::: |:::::::::|::::/::::::::::::::::::::::::::}
              ∧丿∨∧、       ┌く :::::::|::::|:::: }: r-ヘ:/:::::::`ー==ニ二{__
               //::::::::∨∧\_,へ/::\\:ハ::}:::/::/::::::: \:::::::::`ー==ニ二{__
             \:::::::::::::∨∧:::::}}:::::::::::::::::`\:リ:/::/:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::{
                  ヽ:::::::::::∨∧::リ:::::/::::::::::::::::::_|::| ::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::: ∧
                \::::::∨∧彡′:::::> " |::}:::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::: ∧
                      \:::∨∧> "    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::/ :::: ∧
                      `¨∨∧       ,::/::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧__///::::::::∧
                           ∨∧    〈〈::::::::::::::::::::::::: /:::::/}‐─==彡:::::::::::::〉
                        ∨∧     〉〉/::::::::::: /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
                           ∨∧  //::::::::::: /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        ∨∧〈 〈_:::::::::::∠___/ー 、::::::::::::::::::::::  ´
                           ∨∧八 ` <___爪ミメヽ ヽ::::::::::::/
                         〈/////>    :|  Ⅵ、\\/
                            _∨/// //.::しへ \\/、
                             |:::::/:/ //   :ハ、  У:::::::‘,
                             l: /:/ / 〃 //__\/::::::::::::: ;
                              j/,:::ーへ_彡...ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::;
                            //,::::::|::::∨//∧:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                        ///,::::::|::::: ∨//∧:::::::::::::::::::::::::::::::|


 李氏朝鮮が含まれる連合は、インドネシアを14年かけて制圧

 インドネシアの各王朝を復古

 このインドネシアの王朝復古を機に、日本、李氏朝鮮、金、オスマントルコ、清、越南、ポルトガルの連合は後世に『東軍』と呼ばれ、
 欧州連合は後世に『西軍』と呼ばれた


 東軍によるインドネシアの王朝復古の後、【1D100:99】年の間、東軍と西軍は単発的な攻撃を繰り返すにすぎない状況が続く

 東軍は、日本と大陸諸国のパイプであった李氏朝鮮の荒廃により軍勢展開能力が著しく下がり西軍相手に防戦一方となり

 西軍は虎の子であったイギリス艦隊とフランス王親衛隊を用いても尚東軍の力をそげずに防戦一方となった


487 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 20:43:34 ID:oxvEmorT
東西100年戦争かよwwwwwwwww




488 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:45:13 ID:1eg6/jdf



      , -―― - 、 _
     ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ
     /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
    /:.:./::.::./::.〃  y::..ヽ ヽー`
  〃.:ノ -‐'' ツ `‐- l::/::.| |:.|
  |:l::.!ィ.-- ,  ,.-‐‐,リ ::.:.| |:.|   急いで国土復興しないと……
  ヽヽ`‐-‐'  `‐-‐'. リ:} *{:|
    |ヘ  、_,、_,  |||! /i ! i::|
    i */⌒l __ , イァト{ * }:|
.    }/  /{><} {l:: :: :|  |:|
.    |  li i介i ilヾ:: ::i * i:|


 99年もの間の戦い


 陸における最大の主戦場は【1D10:3であり、海における主戦場は【1D4:4であった


 陸ダイス
1 ウラル山脈
2 中央アジア
3 バルカン半島
4 アラスカ
5 ウラル山脈
6 バルカン半島
7 中央アジア
8 アラスカ
9 バルカン半島
10 地球全土



 海ダイス
1 太平洋
2 大西洋
3 インド洋
4 地球全土


489 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 20:47:25 ID:qpCtEQ6P
地球がリングだ!

490 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 20:48:06 ID:0NHreEb5
ちょっww
全世界無秩序な大海賊時代!?w


491 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:48:14 ID:1eg6/jdf



              _,,,,,__
       ,.r;:ニ´--―--、,``丶、
        /;'´ノ/  /(__, `'ヽ、;::`ヽ、
      〃 ((  /'´ ̄ ̄   メ \ミ::::ヽ、
    〃  _,ノ人ヽ、,,__      I  _/ミ::::::::ヽ
r-、   〈'''ニ´、゙i};=ヨ´ _`'''ー-、゛  ';ヾ::::::::::::::ヽ
) }   } 、-n才''、,`ーミ''-ニnニゝ  ';:::::::::::::::::::::',
.ヽ(  Lィr'ナフ:  '`ト+-i、....,_ ,    ';:::::::::::::::i::::i
、i f、_ ,'   '、_,、       ' `'ヽi、,   }::::::::::::::l::::|
.ノノ }}ヽ、;;;;___-_;;;;;__、._     'ヽ、ハ:::::::::__:l::::|     100年もの間ちまちまとくるとはな
‐'/ノ ノ}}\「_」___/`ヽ、     ' ソ:::}/1}:l::::l
``ー-ェ∠´_|__」__」`'ーf->、    ,!/_-'´,':l::::l
   ト-、____  ̄ ̄ ̄`゙   l;!(´ ノ ,':::l:::|      他国からの援軍が来るとは言え、きついものがあるぜ
   r'i  /  i⌒ヽ ゙̄         ,'-'`_,ノ::::::l:::l
:、.  フl               ,.ノ-<-l::::::::::::::';
:::`''ァ:::l            ,. ‐"::     ヽ::`ヽ::::::::ヽ
:::::/:/:;〉、        , -".: .: . ヽー―--':::::::::::::::::::
:::::;}:::/   ̄```"'' '' "´.: .: .: ./   `ヽ、_::::::::::::::::::::::
´//!'    ヾ   :.: .: .: .: .: /  _, -;ニ´::::::::::::::::::::::::


 オスマントルコ&援軍たちと西欧諸国は100年間バルカン半島を舞台にがっつり戦争を続けていた


 小競り合いは年間【1D100:54】回起き、バルカン半島の人口は開戦前の【1D8:6】割まで減った


493 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 20:52:55 ID:qpCtEQ6P
週刊世界大戦

494 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 20:53:46 ID:mW82MTgj
週刊第一次世界大戦(白目)


495 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:54:40 ID:1eg6/jdf


 一方、海


          ,  '´                       \
         /                           \
      /                              \
     /                                  \
    /                    /  ,              \
    /             _  /´ //   ノ}               \
   {             イ  /イ /;;;/  /∠   __
   !            ! !{  {;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ;;;;;;;;;;;マ
.  ヽ           \〉ヽ-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡"´
   ヽ           イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;!、;;;;;;;;;;;;;ヽ、,,,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;\
    \         彡;;;;;;;;;∧;;;;;!、;;{ `''>ニ==、―、;;;;;;;;;;,-‐、`ヽ
      ヽ       '´/;;;;;;;;;;! ヽ;;ヽ;;;ヽ /∩  ヽ  ヽ;;ヘ/`ヽ'、 ̄´
        \      {//{;;;;;{ヽ、 \\v{ '''  ./メ   {;!yイ {! }`彡彡       見つけた! 掛かれ!
          `ヽ .、, ヾリミヾト、/[!'ヽゝメ ー''´メ _  ヽニヽ/ヽ彡彡彡
             `ヽ ミミミ};仆、  /ノ   ,,イ´ _}  へ''"ヘ`彡彡彡ノノ
                 `゙'ヽ弋`'' `ヽ´ '´  ''/  /::イ∧|`彡彡彡ノノノ
                 __  !  ヾ´‐'''"./  ,.'::::::::|彡彡彡彡ノノノノ
               ∠_⌒ \`ヾ=..`二-、"_./:.   ト===='''''"´
             /     ̄ヽ,ヽ ̄`ヾ  \     !ヽ ̄ヽ¨''、
                     ヽ`,   ヽ=- \  /  ヽ-‐-\\=-、,,
                      ヽ\      \     ̄´  ヽ \ \


 ↑進化してAAが変わった日本


         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/         |:i:i:i:i/      \:i\ \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/         |:i:i:i:|     _/'´ \:iヽ \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:
        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  //;;.     /ヽ (.   ,ィl彡..-‐''" \ヽ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  ;:;:;:   /  /  \..x彡'´  旬   _,, ヽヽ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
  (ヽ-‐'':i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/      /   \ /| | ヽ__,,.-‐''"   | }ヽ|ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i
  ヽ:i:i:i:i:iノ|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ⌒"''~..〈   \ ヽ  || ―‐‐'''',,   / | / ヽ| ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_,--:i:i:i:i
      ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  _,,.-‐''"\/  //;;.  /      :;;;#/;;. |/   |  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   ヽ:i:
       ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| ''"i  旬 /      ノ            |    |  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /⌒|∧ヽ
        ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ ヽ,,. /               ───ェ_  |  |/|:i:i:il ヽ:i:i:i:i:i:i:i:/  /\  | |
         |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ  //            ,ノ''"゛ ̄ ゙゙̄`ー、_ `ヽ ノ |:i:i:i  ヽ:i:i:i:i:i:/ /\ \  |
        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i}  \    _    _,,/´          ゚\  ヽ:i:i   |:i:i:i:i:i| /  \! |
       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ',∴ ・' "''‐     _ノ''´              \  ヽ:i  |:i:i∧:i \  ! ∨|    ぶっ潰せ!
    _,,.-'´:i:iノ):i∧:i:i:i:i:i:i:i |         ..-'''゙゙          ___,,....---――-\ \ |:i:i  i  /   // /|
     ̄"'‐'" /:i/ ヽ:i:i:i:i:i:|ヽ、  _,,,,-―"¨        __,..-‐' ̄´         ヽ   |:i:i  ヽ/---,'  /:i|
         |:i   ヽ:i:i:i:i:|   /         _,,.-‐''"                ヽ  !/   /    /:i:i:i|
         i:i    ヽ:i:!ヽ  |      ,,.-‐''"             _,,,............,,,,__  ヽ  x     ,イ:i:i:i:i:i:|
         ヽ|     |:i: ヽ  |    ,.イ            ,,.-‐''"        `ー、ヽ XXx イ''゙゙ ヽ:i:i:i:i:|
               |/  ヽ  |   '´  \        ,,-''"               | 从   |    |:i:i:i:i:|
                  ∧ ト     "''‐- 、  /                  |     /    |:i:ii ヽ
                   ヽ ヽ ''‐..     ノ /                   |    /     |:i:i
                    ヽ ヽ   ¨"''"¨ /                     |   /    i /:i
                     ヽヽ      /                     |   /    .| //
                      ヽヽ     /                 ___....--‐/  /     //
                       ヽ\   !           _,,.-‐''"¨¨    ノ  /     /


 ↑ポルトガル(南米全土のみ領有)


496 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:55:07 ID:1eg6/jdf



                     , /;;;;;;;;;;;;;;l  - ─‐ .-- - 、.ヽ,;;;;;;;;;∧
               ,  ・ ´   ,';;;;;;;;;;;;;;ノ  - ─ - 、   _ `ゝ;;;;;;;;',
       - ─   ´ ̄       ,';;;;;;;;;;;;{ , - ━-、、    ´   ゝ >;;;;;;;;;l
   ̄             . ::::::::::::};;;;;;;;;;;/ , ‐ - 、  ゙ - ' 丶、  _   };;;;;;;;;;l
               .:::::::::::::::::::/ヾ==./    _` 、     _  ̄ ` l';;;;;;;;;/
             .:::::::::::::::::::::::::,'::. .l;;;;/ l  <._・ _〉 }ニニ/ _ ` 、};;;;;;;/\
            .::::::::::::::::,::- メ.l::: .{;;;;} 丶     /, .ll ',.・ヽ  ヽ;;;/  .\
           .::::::::::::::::/ /  ', /;;;{   ` ─ ´ヘ/  l.', ` '  ./, ヘ    \
          .::::::::::::::/ /     };;;/      `-、   > ` 、_メ/  /       \
         .::::::::::/;;;;;;;l     /;;;>   /,, ,, =.、ヽメ      /; /        ヽ     見つけたよぉ!
         .:::::::/l;;;;;;;;;;;|     ∧.   / _´ ヘ`-‐.、゙,    /; /          .ヽ
          .::::::/:::::|;;;;;;;;;;;;',   ,'  ',  /  ヽ  ヽ_ニフ ',,   / ´             〉
        ..:::::/::::::::|;;;;;;;;;;;;∧  l   ', l.  l .',、   /  ,, メ.ヽ             ./
       .::::/::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;'.,  |    ', ,,  ', ` ニツ ,'  ,, , '  ,イ::.           ./
      .::::/|:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     ',   ` 、__ノ ,, /  /;l:::::.           ./
        .:/ |:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ',゙゙,,       ,,゙゙/  .//:::::::          /
      :/:| .|:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>  .` -  __ /  , ;<;;l::::::::::.           /
     /::::|  |:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,,‐,,,-,,,-,,,,-,,,‐,;;´;;;;;;;;;;;イ:::::::::        /
    ./:::::::|  |::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::|::::::::       /
    /l::::::::::|  |::::::::::::::V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::|::::::      /


   ↑フランス艦隊


 r':' ィ/ {_) ヾ三'´ ,__ ̄ "二`ヾミ\ヽ -―――――― -\
.〈ィ≦;/ ,~、 ノミ,′"   . ヽ\、ヽミ、 ー―――――、=━━-、Y
 |三;{ /:::ノ  ̄     ヽヾ=_(.・、ヾ、  !j  __ =‐   Y};;;;;;;;;;;;;i |
..ノ三ヘ ヽ::{   ゙}     ヾ三三≧::ヾ=‐''     _,,、 /;;;;;;;;;;;;;;;l |
ソ三彡{_ ヾ   :〉    _ィ=‐ ‐-、_゙`´ニ)ラテ≦''、¨゙` };;;;;;;;;;;;;;;;;l |
 ̄    7′  /   /,.-―-、  ゛´_`  ! {ミ`、’_フ /";;;;;;;;;;;;;;;;;;l_|
     /  l! /  //、    \ ´ヽ__j_ノ、 iヽ彡 {'´ ̄ ̄ ̄
   ,:i /  〃./  /`ー'´`ー- 、, ヽ、    ゙、 ̄  }
  ,i:|〈  ′′//___      `ヽ. `ー-、ノ   ,:′       奴らを海の藻屑にせぇ!
 .il|l! i、    {イ::::::::::::`:.ヽ   r‐‐'`ヽ  /  /
.i|l!:l!  :ム    | }::::::::::::::.,':::::.\ `ー―'.イ, ./
il!|:|!  ::::ム  ハ ヽ:::::::::/::::::::::.:.゙、    /〃/
|l:i!!  ::::::ム   ヽ \:::::::::::::::::::::ト、 /' /
|!i!   :::::::::ム   \ `ー- 、_j、.}" '/\


 ↑イギリス艦隊


       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::vvv丶v´ゞゝ,ヾヾゞ_,_,_,_,_ゝ::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::ノ`゛゛´゛´_,-‐‐''''''´´´´´´        ヽ::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::/_,-‐''´´´ ヘ/   ヘ/ ヘ /  ヽ  ヽ:::::::::::::::::::へ
    /:::::::::::::彡〆´´´   へ /   ヘ/ ヘ / ヘ  ヽ  ヽ:::::::::::::::::::::::)
    /:::::::::::::::/  /  ヘ/  ヘ / ヘ / ヘ /   ヽ  ヽ::::::::::::::::::::::::〈
    /:::::::::::::/  /  ヘ/ ヘ  / ヘ / ヘ / ヘ   ノ  |:::::::::::::::::::::::::::ゝヘ
    /::::::::::::/ /  ヘ / ヘ / ヘ / ヘ /         ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ノゝ
    /::::::::::::|  |  ヘ/   /      -‐''-‐‐‐‐------||||llllヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
    /::::::::::::|            _‐''´    :::::    ,,l||/´  ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γゝ
へ  /::::::::::::ゝ        ,,_,-''::::.....::  |  |:::..   ,ll/-‐‐‐  ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
  ヽ /:::::::::::::┌─-‐''´´´      ノ  ゝ__-‐//_ -‐㊧フ  〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
    ヽ::::::::::::::|/||||||||||lllllllllllllll''''''´ゞ   / :/ /∠....... -‐''    (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
     ヽ:::::::::(   -‐''´´____,-'''´\ __ ノ〆巛__ ..       √):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
       ヽ::::::::》  -‐''´´ ㊨> ) i             i  ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       丶:::::::)   ゝ-‐''´´  ノ   |             | (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
       丶::::::ゝヘ           |            |  ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
        ´::::::::::) \         |      ⌒ヽ    | (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
        ノヽ:::::::(.  ヽ         |       )  \   |  〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ     掛かれ!
        /   ヽ::::ヘ ヽ       i     〆  ,_,_,,. ゝ  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
      /     ヽ::::::)ヽ       ヘ _ ノ -‐''''  _,.. フ   ゞ_,, 人:::::::::::::::::::::::::::::::::∠
             ヽ:::::(      _,----''´´-‐''´´  _.‐ /    /:::::::::ゞ__::人::::::::::::::::::::::ノ
    ゝ        ヽ:::::::) `‐-‐''´´-‐''´´´ __..... ‐''''  /     /::::::::::::::|:::::::::::ノゝ__ ノ
   /         ノ:::〈.\  \ヽ. ___.. -‐'' ̄    _,, ノ     /:::::::::::::::::|:::ノ
  / /       ノ::::::)|. \  ゝ  ,,,,___.... --‐''´         /::::::::::::::  |_
       ──ヘ_ ノ::::::|.  \                    /:::::::::::::::::  |__
     /(::::::人:::::)  :::::::::.|   \                 /::::::::::::::   |::ノ
\   /   ゞ   /  :::::::::::.|     \             _ ノ:::::::::::::   /
  ヘ        /  ::::::::::::::|      \      _ -‐''''´::::::::::::::::   /
  :|       /  ::::::::::::::::::|       ` ‐‐'''''''´´:::::::::::::::::::::::::   /
 /       |  ::::::::::::::::::::|            ::::::::::::::::::::::::::   /


 ↑スペイン艦隊


497 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 20:59:41 ID:1eg6/jdf



                     ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
                    rく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ⌒´
         _           八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(  ̄
       (__.:.:.:.:ヽ         ⌒).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
__ノ⌒ヽ    ).:.:.:.:Y         (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/⌒¨´
.:.:.:.:.:.:.:.:)   (___.:.ノ          ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:--- '
.:.:.:.:.:.:.:( ___                )/⌒ ¨¨ ´
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(____                                          Y⌒ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)                                    __ ノ.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(  ̄                                         (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:---                                     ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)                                  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ___                        ____ ノ⌒´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)                      (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ____               ___ ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄
─ --  ____--==-  -- ─  ___  ̄   _  ニニ =--- == =     --- ===
─ -        == - ニ--  _ ___-- =  _     -==─-- ─ -- _  --
      ─ ====  =  ─ __     ─ ====  =-= ニ      ニ =  _
--  _ ___--  --= ─ --    ̄    --  ___    ─  ===
  ̄   --    =   ==  ̄ ̄    ─ --    ==     ==-- ==       ─ ─
 --     =--     ─ --  ニニ =---    --            -==─   ___




 この時代、海に安寧はなかった


 東軍と西軍は、すべての海で日々殺し合いを進めていた


 誰もが、フランスの作戦に恐怖していたのだ

 海を握ることで、あれだけの被害を与える




                 _,,.。 -‐=‐- 。,_
                 _,。 ≪: :      : : : : : ≫x,_
              _jk.'´: : ' '        : : : : : : :≫x,_
          _/: : : : :            ̄”“''*、: \
            , : : : : : 「         ___         V: : ヽ
        イ: : : : : /         }⌒≫x,       v: : : :。
        /.i} : : : :. {       ノ: : : : : :〉   x     .乂: :..:ハ
        ,:i:i:i:v: : : : :\ {: : : : : : : : : : : ./ : : : : ヽ : : : : : :'i:i:,
       _}i:i:i:i:W: : : : : : ≫x,,_: : : : : : : : : :..}  丶: : : : : : : {i:i:i:}
        _}i:i:i:i:i}i!: : : : : (   `ヽ、: : : : : :/    〕: : : :..:.:.{i:i:i:}
    __,}i:i:i:i:从: : : :__,え㍉  ‐-=ニニ=-    __,,イ: : : : : : :Wi:ハ
       .}i:i:i:i:/ xr‐===‐気x'´  ‐=ニ=‐   /^笄笄≧*。,:.::.W ;
        Wi:i' /圭圭圭圭i:j刈 _/⌒\ ,价圭圭圭圭:ハ: :〉:′
       .Wj! {圭圭圭圭圭i:i:{_八   /^ハ圭圭圭圭圭i:i}: :,′
        }i:{ Ⅶ圭圭圭圭圭[/:/   .{: :{圭圭圭圭圭i:i/ {
       }_j  }圭圭圭圭圭 イ .{ /⌒V  \圭圭圭圭_,′ .;
        /^   ゝ.,圭圭多*'′ ./i:i:i:i:i:V   ≧=---=彡   乂__
       .{        ̄ ̄____   /i:i:i:i:i:i:i:iヽ  ______         ,′
       V: : : : : -=≦圭㌻ /i:i:i:i:rvi:i:i:i:i:i}. {
        .\___: : : : : :i:Ⅶ} .乂i:i:i:i}I{i:i:i:i:i:ノ Wi:i:i:i: : :______,,.イ
            Ⅶ{⌒\ : : / ハ ≫'介'=≦!   Ⅵ: : /^} {ノ
         .WⅦi:i:i:}: : V / 「`Y:::}  ; !   _}: :.:.{i:iW  !
            _,}i:i:Ⅶi:〈乂_,r㍉;. 」__}r┐ 乂_,.ト、_rくi:W  ;
           _,}i:i:iⅦ/{¶I「{ {「^V⌒I./^'√}.,ハ _j./i:i;′ {
          _,}i:i:i:i从ハ弋j、__}_.〈___.八___}__}x≪}´ . {  {
           ___}i:i:i:i:i:i乂_}Ⅵ「'^Y´ 「.ハ ノ^「;I从イ
          ⌒\i:: : : :.:≧乂r┘V_'-ji:i}_ノ*^     ./
             .Y: : : : : : : : : ./⌒´         ..′
                \: : : : : : : :.}           /
                 ` 。,_: ____}       _,.。
                  ̄ ̄”¨¨¨“¨”




 海を失うことこそが、敗北である、否、民族滅亡のきっかけである


 それが世界に知れた瞬間から、世界は海洋技術を切磋琢磨した


 こうして、今現在1808年において海軍力は、我々の知る時代よりも【1D200:101】年進んだ技術となっていた


498 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:02:12 ID:0NHreEb5
もう三笠あんのかww

499 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:02:49 ID:dZF/NeE/
第一次世界大戦数年前レベルっすか?


500 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:03:14 ID:1eg6/jdf



                                                    r‐  ┐
                                                    ___|    |______
                                                |_ハ____|__ |_}__}ノ
                                                     ̄ ̄} ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄ _____ /
                                                    /rrrrrrrrrrく ̄ ̄ ̄ /   ./          /}\
                                                 {__掛掛掛掛、{‐=‐ミ ./  /       __,,.., '′ ノ .ハ
                                                   _}/⌒V{ ̄V^ヽ/^ヽ ,/       .}{\\} {_//  }
                                                     {r‐‐‐ ┴‐┤ }=-.、/ノ          .}{-‐ァ  rく _,,.,'′
                                                   r‐┤`^′  く,__/ _//└‐‐┐     .}{_./_/_},{..ノ´
                                                   l__,リ       )___r‐く._r‐‐‐┘     .}{^{ ̄ {
                                                `ー┐  r‐‐く⌒^\_}________ノ      .}{ V_∧
                                              x≦ ̄ ̄ ̄}   Ⅶ_____}/⌒ヽ {/    .}{.  \};\
                                                  rく`く`く   ____}    }i;  ̄ ̄|V´ ̄\_______ }{___  \};\        __
                                          ___/`ー‐‐‐=≦{__r辷__アハ____j」ノ    ._ト、__/⌒X⌒V{___\__>、___,r‐‐く_j}
                                        x≦” ̄ ̄ノ} `ヽ、. r‐‐‐‐く `ー‐く__/{_______r<____}廴,,____,,}‐く_____,,,..斗*'''”⌒7
                                   _,.斗*''“6ニ6ニ6ニニく_/    V.l.    } V   _.V⌒X .r‐ 、 r‐‐{⌒X_>辷}_,,,..,-=ニニニニニニニ./
                             _,.斗*''“_r‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐く ̄ ̄}__ _.ハir‐┐_}_}x≦zz.}___,}‐l____}__}廴_ソ=ニニニニニニニニニニニニニニニニ{
                     _}Y{x≦_,.斗*''” //⌒v⌒'xく⌒7 ヽ  }__} {___}k≦ /⌒\   _,,,..,-‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ : : :
     ____              _,,,..斗*''“___ ((___6ニニ6ニ二6ニ二 )_,/____ノ ̄ ̄ ̄    _}{___,,..,-‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- : : : : : : :
  .rく{廴_}≧sx,,_--‐=≦"  r‐v廴______,,}x____≧=-   --=≦_____,,,,...,  -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐ : : : : : : : :
  \ニニニニニニニニニ===‐‐--   -‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- : : : : : : : : : : : : :
     ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-- : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ==-‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ___,}__,,..ニ=--‐ : : : : : ^⌒ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




                               __n_
                            iニニ|__|ニニニi
                             ┌┴┴‐┐
                             L[|ニL]__|
                             jI⊥⊥L」_ヽ
                           -=<_ -‐- _ __)>=-
                           ___〕____「_/___
       __                   __>┘└‐< ̄| ̄/
        | |                   ̄7┬┬┬ ┐_|< ′
        | |                     |二二二二|三|^Y_
        | |                 ___|山山山山乂_し'_]┌┐
        | |                 | 0ニOニノ   「   } └┴┤
        | |              ━━≦二二二二┐ :|__匚L| |≧===
      _|_|               0ニニ0ニニノ    :|  |   i|   ̄ ̄|_
     (⌒ヽ ̄`7⌒丶_      ┌「|     ┌┐ |_|__nn⊥ -- _|_|「
      \__)  乂_ノ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ |丁 「| |])━丁
─────Y    _ - '"               \ __」⊥-┴¬'′_⊥────────
: : : : : : |-‐ ' ´      />,             ̄    _ -=二イ⌒ : : : : : : : :
: : : : : :.:.:|:::         ( \>               二 ̄- ⌒ : : : : : : : : : : :
: : : : :  : :|::           ̄               _-⌒ : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : :|::                      __ - ⌒ : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :. :. : :..:|:                  _,. - ⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : :  |:          _  --=ニ⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :. :. :. :.:|:     _,. - ''"⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : :{:i _ ‐ ⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




                     ,.--- 、
               --===ァ'/ ̄\ャ===--
                   〈\ー‐‐/〉
                 ==/ / ̄~\マ==
                  /^7´ ̄` vハ
                 /二|/⌒\|二\
              ,ィ㌻{´ : /|/⌒\|ヘ `ヽ㍉。
                 |:::/ |/⌒\| Ⅵ |
                _乂/|二二二|\|乂
                |  ,.イニニニニ|\- 、|
      _         Y((;;))  /\ ,((;;))Y
    / _  `       ム  ∨    ∨  /|7      。s< ̄ `
   / ,ィ升ニミx ゚。ヽ ..| ̄|‐ム  マニニニ/ ::/‐‐| ̄|  / / ,イニミx ヘ
   {  {ニニニリ  } \ー┴=ヘーヘ  { {__ノ^\ー┘/   { {ニニニリ }
   ゚。 乂ニニア  /   \/_乂乂_乂乂__∨ィ´    ゚。乂ニニア ′
    ゝ    。s彡      へ、   |  |   。si(        ゝ    _,ノ
       ̄⌒≧s。       ヽ |  | Y´       。s≦⌒ ̄
       |    |/ ≧=-   ノノ /   Vヘ    -=≦ \|
       |  r‐'´___{__¨¨´ / __∨`¨¨´」___|  |\
--。o<二二二二>s。^\\ ̄ ̄ ̄‐::|:| ̄ ̄~~||─────┴、---------
 |ー-       -‐‐} (^\\    |:|  | ̄ ̄ ̄|||___|___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 弋77ァァー‐ァァ777ア二二二l^ ̄ ̄ ̄|二二Tー T────く\
'´´´``ー───=彡            |::|‐┴‐:┘


 初めに、西軍が鉄で覆われた船を開発した




 それを模倣し、ポルトガル、江戸幕府、李氏朝鮮、清が共同開発した戦艦の技術は、瞬く間に戦争の歴史を変えた



 今現在、海上は鋼鉄の船が日々、小競り合いを繰り返す地獄となっていた


501 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:03:59 ID:oxvEmorT
ドレッドノート生まれとるやんけw

502 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:04:22 ID:0NHreEb5
というかギリドレッドノートあるわww


503 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:06:41 ID:1eg6/jdf



                                         人
                                     -〔 ̄ ̄ ̄〕-
                                      ┌=≡ニ≡=┐
                              [二ニニ二〉────〈二ニニ二]
                                     ∧==ニニ==∧
                               -‐===〕/¨¨¨¨ ¨¨¨\〔===‐-
                                  〔V|  lo o ol  |V〕
                                V|  l ┌....┐.l  |V
                                 _|∧|__l‐...‐l__|∧|_
                                 ┌|.{__|__l___l__|__}.!┐
                                   [二|-‐………‐-|二]
                                   >======<
                                  ┌〔ノ‐‐‐r==ァ‐‐‐ヽ〕┐
                                  ⌒>‐‐} \/ {‐‐<⌒
                              __}/____,∧__\ヽ{_
                                ┌{V┌| ハ  ハ ,ハ |┐V´}┐
                                {ニニ〕_^| [゚]_[゚]_[゚] |^_〔ニニ}
                                r‐‐/Oヽ ̄ ̄O ̄ ̄ rO\===┐
                         〔三ニ/  ヽ、_)  ,.|| ||、   / /  \ニ三〕__
                          r[¨¨¨¨¨V _ -‐==ニ二二二ニ==‐- _ ヽ  |   |
           <⌒Vヽ         `| 9ニ9/    __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __   \}‐──┐       //⌒ヾ       , __
                ヽ_} ! x-‐====L ̄,/   (⌒)\:〉   (⌒)    { /(う  ∨__」====‐-ミ!ゞ‐‐'       /⌒、ヘ
            /               /    \  }〉、 ,〈|`´|〉、  く__/    ∨            \7、      {{  ヾヘ
        -‐ /          ┌--{___ ┌‐‐‐┐_ニ┌____┐ニ_┌‐‐‐‐┐__.}‐‐‐‐┐           \\ _   ヾ   Vi|
    / !!  /==┐   ┌ニニニ┐|.__}ニニ厂 ̄ ̄」___{___}__「 ̄ ̄」 .|  |.    |            \7ヽ⌒ヽ、`   N
   /||  j/ ̄ ̄      ¨¨¨¨¨V厂 ̄ ̄ ̄〕  八に二二二二┐     ┌‐‐‐‐‐ァ‐‐┤             \ \__}}〕-、N
 /||//               |r┐__」   {¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨|丿 ┌-┐ ,|     (ヘ,} |                \|| ヽ, 「}}
,  /============〈ノ………………………………∧ハ∧__:|‐‐‐‐‐‐‐(ヘソ============,┌====┐
/⌒)           厂}    o%゚ー──┘             〔三三三〕      (ゞヘ%                |    |ヽ、

   ↑現在開発中の水上要塞『武蔵』



 そのような東西百年戦争

 その結果として、1808年に【1D10:10という動きがあった

1 フランス革命&日本維新
2 東側諸国が西側諸国に大打撃を与える
3 東側諸国が西側諸国に大打撃を与える
4 東側諸国が西側諸国に大打撃を与える
5 停戦条約
6 停戦条約
7 西側諸国が東側諸国に大打撃を与える
8 西側諸国が東側諸国に大打撃を与える
9 西側諸国が東側諸国に大打撃を与える
10 朝鮮革命&金崩壊


506 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:10:39 ID:1eg6/jdf


 一人の天才がいた







            _,,,,―ー''''''"゙゙"''―ri、
             ,/              ゙゙llli,,,
            ,,,i´                 ゙!lli,、
        .,,il゙`               ゙゙!li,,
        il゙                     ゙!li、
          ll|                   llll
          ll| .,,,,,,,,,,_    、  ,,,,,,,,,,,,,,    .llll
        ll .゙゙゙゙゙゙!!!llliii,,,i、 `'i、llll!!!!!!゙゙゙゙゙゙"   .llll!
        ,|  ,,!‐エ=``) " .''エ=-、    .llll-、
       | |  ´''',,彡  .|   .゙'ニ、、     .j゙゙/'|゙l
       ゙l゙l      .,/           |.li.ノ.|
        ゙l|     ./,,, ._,,,、.i、       | | ゙l,l゙
        .|.|    .,,iiilllillllllliiiiil,,、     | ゙,/`
        `゙l  ,,iillllllll!!!!!!!!lllllllllii,,、   /''"`
            ゙l .゙!l!゙゙゙ ,,,,,ニニ',,'~゙゙゙!!!l   .l゙
          ゙l   .,llllllillllllllii, 、    /|
             ,l,、 illllllllllllllllllllllllliii,,、 ,/゙,llii,,
         ,,,illlll'i、.,llllllllllllllllllllllllllllllレ'".,,'"lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,_
      ,,,,,iiiilllllllllll、゙゙!lllllllllllllllllllllllll!゙~ _,,i´  'lllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiii、
,,,,,,,,,iiiiiiiillllllllllllllllllllllll、 ゙゙゙!!lllllll!!!゙゙゙二"`    ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   ゙~',,iiiiillllliiii,,,、  _,r!lllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   .,lllllllllllllllllll,`'-/  ゙!llllllllllllllllllllllllllllllllll|
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllli,-,,,,,,,l゙゙!lllllllllllllllll     'llllllllllllllllllllllllllllllllll|
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,   lllllllllllllllllli,     llllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,  .゙!llllllllllllllllli,、   .lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllll,,   .'llllllllllllllllllllllllllllllll




 神聖ローマ帝国生まれの学者、カール・マルクス(実際には1818年生まれですが史実より早く生まれたことにしといてください)



 彼は神聖ローマ帝国を追放され、金に流れ着いた


 流れ着いた先で、彼は僅か【1D10:6】ヶ月で金で共産革命を起こした




 金という国が、世界初の共産主義国家――ソビエトになった


507 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:11:30 ID:oxvEmorT
金から赤へ


508 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:12:15 ID:1eg6/jdf


安価のお知らせ




今から皆さんは李氏朝鮮に流れ込む共産主義に対して戦いを挑んでもらいます


如何にしてマルクスの思想を李氏朝鮮から叩き出すか


明日の夜十時まで案をお願いします

皆様の案がこちらの用意していた正解と重なれば重なるほど、李氏朝鮮がソビエトコリアになる可能性が低くなります


509 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:12:48 ID:1eg6/jdf
それでは、また次回

510 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:17:46 ID:1eg6/jdf


 ついでに、重要判定


 欧州各国にカールの魂はどれほど根付いたか


【1D10:2】以上なら、共産革命が起きた


イギリス 【1D10:1】
神聖ローマ 【1D10:7
フランス 【1D10:2
スペイン 【1D10:3
ロシア 【1D10:2
スイス 【1D10:7
ポーランド 【1D10:7
デンマーク 【1D10:5
スウェーデン 【1D10:6
プロイセン 【1D10:9


511 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:18:41 ID:oxvEmorT
乙ー
イギリス以外全部じゃねぇかw

512 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:19:31 ID:crUaNto4
欧州が真っ赤すぎるんじゃが……
これ下手したら北アメリカも半分以上共産圏?


513 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:20:04 ID:1eg6/jdf


 神聖ローマがソビエトオーストリアになりました

 フランスがソビエトフランスになりました

 スペインがソビエトスペインになりました

 ロシアがソビエトロシアになりました

 スイスがソビエトスイスになりました

 ポーランドがソビエトポーランドになりました

 デンマークがソビエトデンマークになりました

 スウェーデンがソビエトスウェーデンになりました

 プロイセンがソビエトドイツになりました


514 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:20:49 ID:qelBsiFC
ポルトガルは対象外か


515 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:20:54 ID:1eg6/jdf
至急イベント追加

516 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:22:45 ID:1eg6/jdf
ポルトガルは現在領土区分が南北アメリカです

517 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:25:28 ID:1eg6/jdf


 カール・マルクス


 彼こそ、天才と謳われるべき人間であろう









            _,,,,―ー''''''"゙゙"''―ri、
             ,/              ゙゙llli,,,
            ,,,i´                 ゙!lli,、
        .,,il゙`               ゙゙!li,,
        il゙                     ゙!li、
          ll|                   llll
          ll| .,,,,,,,,,,_    、  ,,,,,,,,,,,,,,    .llll
        ll .゙゙゙゙゙゙!!!llliii,,,i、 `'i、llll!!!!!!゙゙゙゙゙゙"   .llll!
        ,|  ,,!‐エ=``) " .''エ=-、    .llll-、
       | |  ´''',,彡  .|   .゙'ニ、、     .j゙゙/'|゙l
       ゙l゙l      .,/           |.li.ノ.|
        ゙l|     ./,,, ._,,,、.i、       | | ゙l,l゙
        .|.|    .,,iiilllillllllliiiiil,,、     | ゙,/`
        `゙l  ,,iillllllll!!!!!!!!lllllllllii,,、   /''"`
            ゙l .゙!l!゙゙゙ ,,,,,ニニ',,'~゙゙゙!!!l   .l゙
          ゙l   .,llllllillllllllii, 、    /|
             ,l,、 illllllllllllllllllllllllliii,,、 ,/゙,llii,,
         ,,,illlll'i、.,llllllllllllllllllllllllllllllレ'".,,'"lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,_
      ,,,,,iiiilllllllllll、゙゙!lllllllllllllllllllllllll!゙~ _,,i´  'lllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiii、
,,,,,,,,,iiiiiiiillllllllllllllllllllllll、 ゙゙゙!!lllllll!!!゙゙゙二"`    ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   ゙~',,iiiiillllliiii,,,、  _,r!lllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   .,lllllllllllllllllll,`'-/  ゙!llllllllllllllllllllllllllllllllll|
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllli,-,,,,,,,l゙゙!lllllllllllllllll     'llllllllllllllllllllllllllllllllll|
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,   lllllllllllllllllli,     llllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,  .゙!llllllllllllllllli,、   .lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllll,,   .'llllllllllllllllllllllllllllllll



 彼は自らが追放されるまでの【1D10:6】年で、欧州各地に共産主義者を増殖させていた



 彼が追放されたのち、彼の意志は欧州を動かした




 神聖ローマにおけるオーストリア革命

 フランス王国におけるフランス革命

 スペインにおけるスペイン革命

 ロシアにおけるロシア革命

 ポーランドにおけるワルシャワ革命

 デンマークにおけるデンマーク革命

 スウェーデンにおけるスウェーデン革命

 プロイセンにおけるベルリン革命

 これらはカール・マルクスが神聖ローマ帝国を追放されてから金の革命を成就させるまでの【1D10:2】年を下積みとし、
 マルクスが金を世界初の共産主義国にしてから一斉に花開いた


518 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:26:36 ID:R/n3fqGX
あかんwwwww欧州がブリカス以外真っ赤っかだwwwww

519 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:27:15 ID:mW82MTgj
なんやこの怪物(鳥肌)


520 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:27:21 ID:1eg6/jdf



            _,,,,―ー''''''"゙゙"''―ri、
             ,/              ゙゙llli,,,
            ,,,i´                 ゙!lli,、
        .,,il゙`               ゙゙!li,,
        il゙                     ゙!li、
          ll|                   llll
          ll| .,,,,,,,,,,_    、  ,,,,,,,,,,,,,,    .llll
        ll .゙゙゙゙゙゙!!!llliii,,,i、 `'i、llll!!!!!!゙゙゙゙゙゙"   .llll!
        ,|  ,,!‐エ=``) " .''エ=-、    .llll-、
       | |  ´''',,彡  .|   .゙'ニ、、     .j゙゙/'|゙l
       ゙l゙l      .,/           |.li.ノ.|   おお、我が理念が花開くぞ!
        ゙l|     ./,,, ._,,,、.i、       | | ゙l,l゙
        .|.|    .,,iiilllillllllliiiiil,,、     | ゙,/`
        `゙l  ,,iillllllll!!!!!!!!lllllllllii,,、   /''"`
            ゙l .゙!l!゙゙゙ ,,,,,ニニ',,'~゙゙゙!!!l   .l゙
          ゙l   .,llllllillllllllii, 、    /|
             ,l,、 illllllllllllllllllllllllliii,,、 ,/゙,llii,,
         ,,,illlll'i、.,llllllllllllllllllllllllllllllレ'".,,'"lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,_
      ,,,,,iiiilllllllllll、゙゙!lllllllllllllllllllllllll!゙~ _,,i´  'lllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiii、
,,,,,,,,,iiiiiiiillllllllllllllllllllllll、 ゙゙゙!!lllllll!!!゙゙゙二"`    ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   ゙~',,iiiiillllliiii,,,、  _,r!lllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   .,lllllllllllllllllll,`'-/  ゙!llllllllllllllllllllllllllllllllll|



 こうして沸き立った共産主義国家たち


 この国々は、国家としての強固さは【1D80:58】程であった


521 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:27:53 ID:mW82MTgj
立ち上がったばかりにしては上々ですね……


522 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:29:31 ID:1eg6/jdf



            _,,,,―ー''''''"゙゙"''―ri、
             ,/              ゙゙llli,,,
            ,,,i´                 ゙!lli,、
        .,,il゙`               ゙゙!li,,
        il゙                     ゙!li、
          ll|                   llll
          ll| .,,,,,,,,,,_    、  ,,,,,,,,,,,,,,    .llll
        ll .゙゙゙゙゙゙!!!llliii,,,i、 `'i、llll!!!!!!゙゙゙゙゙゙"   .llll!
        ,|  ,,!‐エ=``) " .''エ=-、    .llll-、
       | |  ´''',,彡  .|   .゙'ニ、、     .j゙゙/'|゙l
       ゙l゙l      .,/           |.li.ノ.|
        ゙l|     ./,,, ._,,,、.i、       | | ゙l,l゙    ふむ……国としてはまだ安定しきらないな……
        .|.|    .,,iiilllillllllliiiiil,,、     | ゙,/`
        `゙l  ,,iillllllll!!!!!!!!lllllllllii,,、   /''"`
            ゙l .゙!l!゙゙゙ ,,,,,ニニ',,'~゙゙゙!!!l   .l゙
          ゙l   .,llllllillllllllii, 、    /|
             ,l,、 illllllllllllllllllllllllliii,,、 ,/゙,llii,,
         ,,,illlll'i、.,llllllllllllllllllllllllllllllレ'".,,'"lllllliiiiiiii,,,,,,,,,,,_
      ,,,,,iiiilllllllllll、゙゙!lllllllllllllllllllllllll!゙~ _,,i´  'lllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiii、
,,,,,,,,,iiiiiiiillllllllllllllllllllllll、 ゙゙゙!!lllllll!!!゙゙゙二"`    ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   ゙~',,iiiiillllliiii,,,、  _,r!lllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、   .,lllllllllllllllllll,`'-/  ゙!llllllllllllllllllllllllllllllllll|



 これら共産主義国は、現在で言うところのスーダン程度の国家の安定性であった


 即ち、一部の共産主義者が民を監視し、強い警察力で締め付けている


 そんな状況だった


524 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:31:47 ID:1eg6/jdf













































洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili} .l洲iliリ'''""""''''ー-z、_                     _,,.ィ-==――-ヾiリi洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲ili■■■li洲洲洲ilリ.i洲ilリ,==ァ=、 、 _ `ヾゝ、              ,ィ/"  _,..-ァ=、=-、゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ'l洲iリ圦__ 込リ __} `\ヽヾ/゙   ー-    -一 ,.  リ′/' /"{ __込,リ  }!ヽ!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲l彡三二二二ミミ=-ヽ      、      /'"   i{' / -=ニ三三三ニ=-、゙リi洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲■■■■洲洲洲リl洲リ-__--―ニニ彡彡       ヽ     /;,     ヾ、ミニ=―‐--  ̄ ̄ー=゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲' 洲i{ー-- ニニニ=彡彡'        l   ,';;;;;;,,     ゙ミ二二=- __-=二}i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲洲ilリ .洲i{         ー  ̄/          l   l;;;;;;;;;;;;;,       ̄   ー-      }ili■■■ili洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲洲リ {リハil,                       l  .l;;;;;;;;;;;;;;;;,                   }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲ilリ  }il lil,                   l  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲'   }i|  ゙ili,                      l   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,iリ■■■■洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲iリ    .li!.   ゙ili,                        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ,ilリil洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲'i!    ili.    ゙ili                      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ,リ■■■■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲ilリli!.    〃   ■■■                     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;               ,ilil洲洲洲■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲リ从,   〃    }il!                       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ洲洲洲■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲iliト从. 〃     ili!                         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ■■■■洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲!li,イ从〃     ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               liリ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲  すなわち、我々が切り取ることができる
洲洲洲洲洲洲、 从    イilリ                        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'             {il洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲,从  ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'              }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲  ケーキが増えたということだ
洲洲洲洲洲洲洲i,从ト,ィiリ'.   ■                   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲{i,イ彡仆、   ■                        |;;;;;;;;;;;;;;::'                     lilト洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲'■■■■                      ノ;;;;;;;;;;::'                     lil,ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲 从仆、    ,.                   / ヽ/           、ヽ     ,イ从li, }ilil洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲i,゙ソ从仆、  {ヾ、、                 ̄ ̄            _,ノ' リ   }ij仆从 }! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲li リ从仆l,      ~ー=zュ、_               _,..ィャ=‐'"     ,从从仆}i! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili,  仆从从       ~"“ヾミマ≧㎜㎜㎜㎜㎜≦彡ヌ''”~         ,仆从从〃,イ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili}    仆从从                                ,ィ从仆ソ〃 /,リ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ilリ   リ 从从ト、                            ィ仆从从!〃 / ,iリ.}リ洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ       リ仆从リ、        ー―-----―一         }!从从ト'  {i! ,' iリ jリi洲洲洲洲洲洲洲


 これに大笑いしたのがイギリスであった


 何せ、ドーバ海峡を挟んでいた潜在的な敵国(現在は同盟国だった)が、いきなりスーダン並みの強度になったのだ



 ケーキが増えた、それは時のイギリス国家元首の有名なセリフである


525 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:33:52 ID:R/n3fqGX
実にブリカスw


526 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:35:02 ID:1eg6/jdf



                 、_,.,__,.,ィili㎞
                _,..-=イili{┌lil、
               ,r‐'"_,rァiリ.,,.ルi{
                r=ニニf! ,.' ,!≧_、
               ,.仁ニニ-l{  ,.' {二ニニ゙、    さぁ、王政の国々よ
             ,.ィニニ,ィ'   l /  ヽ二ニニ〉
         ,..≦ニニニ,イ ;!   !  ,. ' 〉、ニ/
       ,.ィニニ-‐ィ=/;;l  〉  .!/ /;;;} ゙,=!
    ,ィニニニ/ ,イ/;;;;;;/ /   ,!   .{;;;;/ .} i
    ,イ二/   /'";;;;;;;;;;;;;' /   ハ   V  ,'/    今からケーキを食い漁ろうではないか
.  ,仁=/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  /-- ヽ /   /
   `ー′ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,' /┴┬'-∨⌒i/
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;、/ー-{;i////,l!////,〉'/
.     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i\;.〉 l'////ト////,l;;l
     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ , _j;;;;l////l;;!////!;!
      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i_k';;;;;;「////!;;!゙///l;i
.      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l////l;;;;l'///l;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'///l;;;;;l///l;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;!///l;;;;;;!///!;l
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|///{;;;;;;!'//,!;;!
.  '"      `ヽ;;;;;/;;;;;;;;;;;;}'//,l;;;;;;l'//l;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;l///l;;;;;;l'//l'
               ` ー-l///!ー' !//l
                  l'//l   l//|
                 l'//l  l//!
                  .l'//i   l'/,|
                    l'//,!  .!'/l
                  l'//,!  l//!
                  |///! .!//!
                  |///} .{ゝ┤
                  l'///! ヽ. ゙、
                     ,!///{   `ー゙
                    ノー+'
                    ‘-=-’



 イギリスは【100D1:100(1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1)】の交渉力を以って日本、李氏朝鮮、清、越南、ポルトガル、ムガル、オスマン、タイを説得

 各国の乗り気 イギリスの交渉力以下ならばイギリスに乗る

日本 【1D100:33】
李氏朝鮮 【1D100:95】
清 【1D100:28】
越南 【1D100:72】
ポルトガル 【1D100:25】
ムガル 【1D100:86】
オスマン 【1D100:62】
タイ 【1D100:40】


527 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:37:22 ID:Zzj5d4JO
ブリカスズルイw

528 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:37:38 ID:dZF/NeE/
酷い出来レースダイスだな(褒め言葉)

どうあがいたって100でも乗るんじゃないかwww

529 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:37:50 ID:oxvEmorT
グラ賽やめーやw


530 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:37:54 ID:1eg6/jdf



                     ,i洲/           ,ィ洲il/ィ'洲洲洲リ'     _!i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
                ,ィil/           ,イ洲i/,ィ洲洲/洲i/    ,. ==lili}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
      , '"'¬-=、_,,-ィマ          {洲ili'゙ イ洲ililィ;洲巛  /,.ィ'Tフliリl洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
   _,,.ノ     ,.._  ̄              }洲i' ,i洲ilil/ l!!洲洲i}   ,}i斗'" リ,'! !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
          / ヽ ー-  - 、       l洲i!,'洲ili/ l!{洲il/   `   //  l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
       /       `ー-‐.)      ノ洲'.l洲il/  ,l! ''゙"       .//   .l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
.      /     ;、_   _,./  _,.ィ==、'゙ ,洲i,.‐'"         /〃  /洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
     /     ./   ̄ ,.ィiマニ=/_   ヽ.ノリ〈           /マ'   /洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
.    i ‐-     /     ililマ  ./   ヽ イ洲ili'ヘ 、           /マ   /洲洲ililハ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i   ふむ、諸君は乗り気か
     l      /   ,._,,..ィ〃 ./     ,.イil彡'"  ヽ\        {ili!  /洲洲洲'  !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
    l.      { /´  `´ /    ,イ彡'"       }li'  _,.. --‐ァ{!  /洲洲洲!  .!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
.     !     l '      / ‐-、 /          ./ilヽ '---‐ ''"´ ヾ、.{洲il/ !洲   !洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
    i     l     /  /" /  , ' {ヽ     /iリ' /         }i洲'  !洲、 {洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
     ;.       !  /   /' /   i ,.  ヽ   ,イリ/ilヽ ー  ̄     }洲l   ヾ洲i、!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il   ならば、これから楽しいお茶会の話をしよう
.   /     ,/        /    /   ./,ィilツ' /iリ ,!        .i洲il!ト、!iNlil!ゞ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
    /    ./       /     /    ∧ア′ {il{.,イ!, ,    .、 il.!ハ洲ili{il!|!llリll;'li},i゙洲i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
.  /     '          /   ./   、  ./  ヽ  .!i{'lリl!リ!li!.,ili!/!リル/liト洲ili、iリレ!l/ll'{il}洲i}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
.  {    {        (__./   /  ー ′   }   !iリル/!llil|ilリliルliリl/V/ヾ洲i、{ ゙' '’`lil洲i}洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲   茶請けは、マルクスを国家元首とする
   、   ゙、       '"        /,.!   l  l洲.' l!リレl}lilVl!;'リ    ヾ洲iト、   .l洲リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲i
.    、   、               ./ ''"     l  ,洲   乂,洲ilリ,}       ゙洲洲ヽ .!洲'洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili   ソビエト連邦だ
    、                  '       ー/ _,ノマ    ,イ洲'/,.'_  -― }洲洲il/洲'ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
     、                    ,.'"rムマ'"   ,ィiliマ‐''"         }洲洲{洲i{  ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲il
      、                   /  ,i{'    ,ィiマ  ヽ         /洲洲洲洲.   ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili




 こうして、イギリスを盟主とする東側諸国が、楽しくケーキわけをする時間が始まった


531 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:38:35 ID:1eg6/jdf


イベント再送

安価のお知らせ




今から皆さんは李氏朝鮮に流れ込む共産主義に対して戦いを挑んでもらいます


如何にしてマルクスの思想を李氏朝鮮から叩き出すか


明日の夜十時まで案をお願いします

皆様の案がこちらの用意していた正解と重なれば重なるほど、李氏朝鮮がソビエトコリアになる可能性が低くなります


533 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 21:40:30 ID:1eg6/jdf
ちなみに10出したデメリットは、名手がいつの間にかイギリスになるというブリカスムーブです


534 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:46:18 ID:oxvEmorT
【共産主義叩き出し案】
共産主義の平等思想は間違っている。
古の李成桂王のように人は何でも自らの手で勝ち取る事こそ正しいと啓蒙する

人は、平等ではない。
〈中略〉
そう、人は差別されるためにある。だからこそ人は争い、競い合い、そこに進化が生まれる。
〈中略〉
闘うのだ!!
競い、奪い、獲得し、支配しろ、その果てに未来がある!!

オォォル・ハイィィル・ブリコォォォリアァァァ!!

535 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 21:58:22 ID:vhV11Nix
これが英国流交渉術の神髄か……マルクスなんか足下にも及ばぬ化け物じゃないか

536 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 22:15:32 ID:vhV11Nix
欧州がこれだけ赤いと、バチカンは……


537 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/08(金) 22:25:50 ID:1eg6/jdf


バチカンの運命 【1D10:9
1 李氏朝鮮へGo
2 日本へGo
3 ポルトガル(ブラジル)へGo
4 ポルトガル(ブラジル)へGo
5 イギリスへGo
6 イギリスへGo
7 イギリスへGo
8 イギリスへGo
9 イギリスへGo
10 壊滅


538 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 22:31:17 ID:mW82MTgj
カトリックがプロテスタントと手を組むだと……

539 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 22:38:22 ID:zLx83lEE
赤よりはマシって事だろうなぁ
ってか、欧州では英国が一人勝ちか……



541 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/08(金) 22:49:41 ID:vhV11Nix
階級闘争なんかしている暇があったら、大砲を積んだ船で攻めてくる敵と闘争せよ

……ああ、金が革命されちゃったのは、ほぼ内陸国家だからか?

544 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 01:27:00 ID:Zm0dxR5z
締め出しはきかず、地続きの国境ゆえに浸透を水際で防ぐことは不可能そうだな……
欧州で共産主義がここまで一気に拡大したのは百年間週刊世界大戦をやるリソースを
労働者から捻出させてたからだろか
だとしたら同じ河の対岸にいる東側陣営も他人事じゃないだろうな……

即効性がありそうなのは秘密警察かな
思想弾圧に手を染めるのと同時に、
公共リソースにおける汚職に武断的な対処を行い、少しでもモチベを削ぎたいところか

武官階級に革命を主導されるのも怖い
>24から好戦度81で反乱が起きやすいとフラグも立てられてる

545 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 02:36:26 ID:NlJdx7sK
敢えて共産主義を弾圧しない。
代わりに学者総動員で理論面を徹底批判する。
その間に、金に革命輸出する。王政復古でも民族紛争でも何でも良い。
ともかく金が内乱状態になればOK。優れた革命家が優れた統治者とは限らないことを見せつけて
朝鮮国内で共産主義への失望感を煽る。

547 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 07:35:23 ID:6w+OtOFC
逆に考えるんだ、国家の福祉を充実させちゃえばいいさって!
「皆貧乏になるぞ」って噂の浸透くらい?


549 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/09(土) 11:48:11 ID:1F9+wmF2


とりあえず案はここで締め切りで

続きは今日は少しあんこをできる状態ではないので明日でお願いします













電車の中からあんこスレを透過はきついの(´・ω・`)


551 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 14:03:34 ID:Zm0dxR5z
>531の9日夜10時までって話がけっこう前倒されたな
まあイッチがハンドルできるんならなんも問題ないか
(軍国主義化とか全体主義化とかの草稿をポイーしつつ)


554 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2019/03/09(土) 14:23:29 ID:bfywcjIh
>>551をみて、イッチ自分が18きっぷを使うことを考慮して予定立ててたことを忘れる

九日夜十時まででお願いします!

申し訳ありませんでした!

555 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 14:37:01 ID:Gp9/ZJwk
では、直接攻撃を提案
マルクスを堕落させましょう。

556 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 15:02:52 ID:wyK4Uf5i
海洋航路封鎖して欧州圏と他地域の貿易妨害
知識人階級と農奴の亡命受け入れとそいつらを使ったアンチ共産主義思想の啓蒙
階級制度の見直してこれまでの身分に関わらず功績挙げた者にはバンバン褒賞だして東側国では活躍すれば金持ちになれるって印象付ける

557 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 15:50:13 ID:tF3GMidD
【共産主義叩き出し案】
貧民階級から成り上がった人物をプロパガンダに使う
恭順した元共産主義者を功績によっては放免とすると懐柔し元同胞を摘発させる

558 : 名無しさん@狐板 : 2019/03/09(土) 16:49:48 ID:Zm0dxR5z
共産主義の利点はわかりやすいこと
だから、民衆によりわかりやすいルールを思い出させよう
軍国主義だ

>105のようなぬるま湯に使った西側世界と異なり、
血で血を洗う東側世界の歴史において、弱いものは常に食われる側だった
>520のデータ通りなら、むしろ周辺国にとってこれは好機
全力でソビエト本国に襲い掛かり切り取って、共産主義者とかいう弱者の持つあらゆる利権を
民衆も含めた朝鮮という強者側に再分配する公約を打ち出す
人間、敗色濃厚な理想的平等より、歴史的に勝利しつづけてきた戦略のおこぼれに確実にあずかるほうがいいに決まってる

両班を中心とした軍国主義、ありとあらゆるリソースが、戦争とその勝利に集約される、蛮族の、蛮族による、蛮族のための国家制度を作る
勝った者、強い者、それにより積極的に従った者がよりいい目を見られる狂気の国家体制でなければ、むしろ東側で生き残ることができない

東側には日本と大清というキチガイがいる
既に金という共産主義国のケーキを切り分ける方向で話は進んでいる
朝鮮革命が成れば、朝鮮はケーキの側につくことになる
仮に特権階級たる両班を排して朝鮮革命が成ったとして、日本大清が金に襲い掛かるように朝鮮に襲い掛かった時、
共産主義は果たして朝鮮を守り切ることができるだろうか
これを民衆に自問させることができれば、共産シンパは
「軍事力を持たず」
「軍事行動に貢献する見込みもなく」
「リスクリターンの計算もできない」
馬鹿しか残らないことになる
あとはその馬鹿を密告して報奨金を得る制度を作り、密告者へ共産主義・敗北主義者と戦ったという名目で名誉両班の地位でも与えれば、
当座はなんとかなる気がする

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 4628 19C (07/20)
  • 国際的な小咄 4625~4627 あ、はい ~ 中国人としてはむしろ ~ 中国人の韓国の見方 (07/20)
  • 国際的な小咄 4623~4624 戦前と戦後 ~ 米国のヤバイ病理 (07/20)
  • 国際的な小咄 4620~4622 可変式・過去 ~ 昔の日本の新聞と韓国 ~ 개 새끼 (07/20)
  • 国際的な小咄 4617~4619 今日は何の日 7月19日 (07/20)
  • 国際的な小咄 4616 私自身の懸念 (07/20)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 2ターン③ (07/20)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 2ターン② (07/20)
  • やる夫と冒涜的な探偵事件簿 ファイル名:ゆめおうひと・後3 (07/20)
  • バーチャルワールドストーリー ~ 人類の夢 アンドロイドの夏 ~ (07/20)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その107 (07/20)
  • 国際的な小咄 4615 ゴイアニア被曝事故 (07/20)
  • 国際的な小咄 4614 韓国の電車 (07/20)
  • 国際的な小咄 4613 セオドア・ホール (07/20)
  • 国際的な小咄 4612 水滸伝を読むと (07/20)
  • 国際的な小咄 4610~4611 究極の栄養学? ~ 肉肉肉 (07/20)
  • 国際的な小咄 4609 土地が広すぎると (07/20)
  • 恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~ 第五話 中編 (07/19)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです EX2 「おかずと、おかしと、おさとうと。」 (07/19)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです EX1 「〇〇○ってなんですか?」 (07/19)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第一話「守りなき世界、守るべき人」 (07/19)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 予告編 (07/19)
  • 国際的な小咄 4607~4608 アメリカ「ちゅぶす」  ~ 謎の信頼 (07/19)
  • 国際的な小咄 4605~4606 中韓の差 ~ 中国と韓国の違い (07/19)
  • 国際的な小咄 4604 ルーズベルトとルーズベルト (07/19)
  • 国際的な小咄 4602~4603 今日は何の日 7月18日 (07/19)
  • 国際的な小咄 4601 ザビザビ (07/19)
  • 国際的な小咄 4600 クラッシュノースコリア! (07/19)
  • やる夫は亜空の使者と戦うようです 第3話 「激突と盗まれた恨み」 (07/19)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。


    国際的な小咄の更新量が当ブログで処理できる限界を超えてます。一定量は更新していきますがどんどん遅れていきますのでご了承を。

    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    スポンサーリンク
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


    ブログパーツ アクセスランキング