スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです 最終話

目次 現行スレ

804 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:52:03 ID:TVeEjupY00
┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│      【鳥居】やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです【耀蔵】     ...│
│                                                │
└──────────────────────────────┘
    _,. ----,、_
.f~,ニr'< ̄`ー、∠_,ゝ`ヽ
~ /ヽ `フ ;;     ;;; ヽ
  .|  i"fr'`\   /^j }
  / `i,| =.r'"`・)’’・⌒ 、i`i
  ヾ、}`i. ~^.スニ _,`~、'ヽヽ               ちくしょう……
   ゝ_ヽヽ ´  ` !´ ` ;;ノ
,. -'" !、、( ニニ==--==ニ ).ノ丶、
     `ー=、__ ~~~ ____ノ-´  `
          ̄ ̄



  __,冖__ ,、  __冖__   /       _, -ー--、__
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔      ,. '´   < ̄ニニ、 ` ー 、
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ /    /     彡 ,,r'''"ヾヽ     丶.
  __,冖__ ,、   ,へ / ._, --//,ィ    彡 /    .\ U    ヽ
 `,-. -、'ヽ'   く <´/'',"-、_//ー-、 乍 U , :'":´::`';-、'、   i | ,r=ミ、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>|_! / / -`} i 彡 ≡=.'、;;;;;;,,;;; _  ・ヾ`i i |/∠,-、 ヽ
   n     「 |  し   / ' "//  ;;;;;;;';;;;     ̄ー' `ニミ<・_,,_:: :ヽ .i
   ll     || .,ヘ   / (  ...        ,,.r_'"___    ` 、 ;;;ヾニ'、
   ll     ヽ二ノ__  { / ;;;;;;;;;;;,,,,,  /     `ヽ、 , -ー )、  ` ',
   l|         _| ゙っ  ̄フ ;;;;;;;;;;;__,,,,,,,,,,、_        |    \   '、
   |l        (,・_,゙>  //,, '"=--'`'`---`丶、    |      ::;;;;;/
   ll     __,冖__ ,、  >/ /__           丶、_ _,  -ー- 、i '"|
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ {  `iー、           `     ` -、 ', |
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-` 、,,,.. -`ー-------  ..,,,__   彡'/  |
. n. n. n  __,冖__ ,、 | \ i          ;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,   ` .,_// /
  |!  |!  |! `,-. -、'ヽ' i    `ー丶、       ""''''''' ー  ""  / //_
  o  o  o  ヽ_'_ノ)_ノ  {        ` ー-- 、 ____       /,,-''"
                              ̄ ̄ ー-
原作:「鳥居耀蔵」(海音寺潮五郎)
    「鳥居耀蔵-天保の改革の弾圧者-」(松岡英夫/中公新書)
参考:「風雲児たち」(みなもと太郎/潮出版社)
    「日本歴史叢書 天保の改革」(藤田覚/吉川弘文館)


.




805 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:53:02 ID:TVeEjupY00



                  ┌─────────────────────┐
                  │ さて、真っ先にお預けの判決が下ったはずの .....│
                  │                              ..│
                  │ やる夫であったが……               ...│
                  └─────────────────────┘


   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\         ..        ┌──────────────┐
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\             .   │ 奇妙なことに、その預け先が  │
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\                │                   .....│
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\        .      │ 二転三転する。           │
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|            └──────────────┘
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.


.

806 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:54:02 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────────────┐
│ 二月に人吉藩主相良遠江守のもとにお預けと決まったはずの物が、.....│
│                                          ......│
│ どういうわけか四月二十六日に秋田の佐竹壱岐守(二万石)に    ...│
│                                          ......│
│ 預け替えとなり、さらに十月三日、丸亀藩京極高朗(五万一千石)に   │
│                                          ......│
│ 変更されたのだ。                                │
└──────────────────────────────┘


┌─────┐               ┌─────┐               ┌─────┐
│ 人吉藩   │               │ 岩崎藩   │               │ 丸亀藩   │
└─────┘               └─────┘               └─────┘

   (__)                       (__)                       (__)
  ./llllllllllll\                ./llllllllllll\                ./llllllllllll\
   |_ロ_ロ_|      ──→         |_ロ_ロ_|      ──→         |_ロ_ロ_|
 /llllllllllllllllll\              /llllllllllllllllll\              /llllllllllllllllll\
  |_ロ__ロ__ロ_|                |_ロ__ロ__ロ_|                |_ロ__ロ__ロ_|
  .lXX.XX.XXl               .lXX.XX.XXl               .lXX.XX.XXl
  l.XX XX.XXl                 l.XX XX.XXl                 l.XX XX.XXl


.

807 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:55:02 ID:TVeEjupY00



  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |         NO THANK YOU
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn            ┌───────────────────────────┐
      nf|||    | | |^!n   ..        │ これは相良家も佐竹家も小藩でとても「妖怪」を責任持って    │
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|    .        │                                       .│
      |: ::  ! }  {! ::: :|          │ 預かる力が無いと必死に嘆願したからであろうか。      ......│
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ          └───────────────────────────┘


.

808 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:56:02 ID:TVeEjupY00



         /⌒丶         /⌒\
        /´    ヽ       /、   ヽ
        | /    |     /  /    |
    .    |     .|_lヽlヽ, | ,/ .    |      オ~、マイガッ!!
        |      |u ´Д`ヽ/ ノ    ,|
    .    |     |     |      丿      勘弁してくれyo……
        ノヽ`   ノヽ      `   /
       /   ,/ソ         \ /
      (       ,/    `´   |       ┌─────────────────────────┐
       \   イ  ´         |   ...  │ 貧乏くじを引くことになった丸亀藩であるが、        ...│
        \  ヽ \    八  ノ    .  │                                   .....│
          ヽ    ` ー ´人` /    .   │ ともかく預かった責任は果たさねばならない。       ....│
           \     / ´,、ヽノ        .│                                   .....│
          ノ⌒    /      |       │ こうしてやる夫は讃岐丸亀へ護送されることとなった。   │
         /            ノ       └─────────────────────────┘


.

809 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:57:01 ID:TVeEjupY00



 ,,,    ,   ,,     ,,      ,, _________    ,,     ,    ,,      ,,,    ,
,   ,   ,,,     ,    ,,,     ,,,   |_________| ,,       ,,,      ,,      , 
      /[〓]\      ./[〓]\ .|_________| /[〓]\           /[〓]\ 
| ̄ ̄|]ニ( ´∀`)  .[二( ´∀`∩二|    | ̄ ̄|    |二( ´∀`∩二]. | ̄ ̄|]ニ( ´∀`) 
|__|] /  ゆゆ     .と ,.   ,.ノ   |    | ̄ ̄|    | .と ,.   , ノ    |__|] /  ゆゆ 
  ,  人  Y    ,,     人  Y   |.     ̄ ̄     |  .人  Y  ,,    ,,   人  Y    ,
,  ,  し' (_) ,,   ,, .し'' (_)  └――――――‐┘ し'' (_) ,,,  ,,     し' (_) ,, 
   ,,     ,,    ,      ,,    ,     ,,    ,     ,,    ,,    ,      ,,  

┌────────────────────────┐
│ 弘化二年(1845年)十月二十八日、やる夫は        │
│ 江戸を発った。                         .│
│ もちろん丸亀藩士によって厳重に警備されながら。   .│
└────────────────────────┘


.

810 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:58:01 ID:TVeEjupY00



                      ''';;';';;'';;;,.,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                      ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;    ザッ
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                    vymyvwymyvymyvy  ザッ
               vymyvwymyvymyvyyvyyvy
   /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ   /ニヽ   ザッ
  (ω・´). (ω・´) (ω・´) (ω・´) (ω・´) (´・ω)
  ムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝ
   ゚し-J\ .゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫の護送に丸亀藩では江戸詰め藩士五十二名を動員した。             .│
│ その外小目付・足軽・小人などを含めた総勢は百人を超したという。           │
│ 衰えたとはいえいまだ幕府の権威は高く、その元高官の罪人を送り届けることは    │
│ 藩にとって重大責任だったのだ。                                │
│ しかし、その費用は小藩にとって莫大なものとなった。                   ..│
└────────────────────────────────────┘


.

811 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 12:59:01 ID:TVeEjupY00



┌───────────────┐
│  十一月十五日  大坂枚方   .│
└───────────────┘


                          _,,,,,,,,,、
                ,,,,,,,,,,,、    ,,-'"゙^   `ヽ,    _,,,‐''" ̄~`''丶,,,,_
        -ー''''""`    `゙'''''''″  :;:;; :;:;; :; ゙`''''''゙~`   :;:;; :;:;; :;
         :;:;; :;:;; :;  :;:;; :;:;; :; :;:;; :;:;; :; :;:;; :;:;; :;:;:;; :;:;; ::;:;; :;:;; ::;:;;::;:;; :;:;;
                                     :;:;; :   :;:;; :;:;; :
 ,,,,,,,,,,、、、、-ーー'''''''''''''''''''''"゙゚ヽ、 〃ヽ"""""""""""""""""゙ヽ、     :;:;; :;:;; :
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'゙゚ヽ、 : :゙゚ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、,       """""
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゚ヽ、:::::::゚ヽ、:::::::::::;;;;;;;;;;;;;l;;l~~~~~~~~l;;l   〃〃〃l
 丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l!l''''''''''''"|~~~ ∧∧『茶』 い 『茶』〃〃〃 ,,,-‐
   ,,,,,、ーー'''' """"  |  | |::  ┌┬┐|l■|. . . (=゚ω゚)丿´  ょ `l;;l´  ,,,,-‐'"    ;
      | ∧∧   |  | |::  │││|l◆|.. . (∪茶)|l;;l   ぅ   l;;l ''"  : :: :          i~ ":;、,゙",;.:
      | (*^ー)ノ  ┘ー| |::  └┴┘|l_,,-----、`∪」 l;;l    ,,-‐',,゙;: .;' ,゙;: .;' ,゙;: .;'    /~": ; 、,゙",;.:
       |;;: ::)      | | `ーー__,,,-'''":::;;;;-''""l;l:,,-‐'''l;;l,,,,-''" ',゙,゙;: .;' ,゙;: .;' ,゙;: .;' :. ; 丿~":;、,゙",;.~":;、,゙",;.::
   ー‐,,、ー┓ i      .|_.|lxx;l| l;l ̄ ̄ ̄l;l,,,,v‐'''""   ゚゚  ',゙  ;,゙;: .;' ,゙;: .;' ,゙;: ., ゙:  /~":;、,゙",;.:~":;、,゙",;.:
  ,,,,、‐''';;;;;;;┃ヽ)――ー'" ,llxx;l|    ,,,,-‐'''  ',゙ ;:  .;';  '、 ,゙;: .;'   ;: .;'',゙ ,゙;: .;: .;/~":;、,゙",;.:~":;、,゙",;.:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┃    ._,,,--''  ̄,~,,-‐''' ',゙ ;: .;' ;  ' 、  ',゙  : .,゙;: .;' ;'    ;: .,゙ ;ノ~":;、,゙",;.:~":;、,゙",;.:
   ;;;;;;;_,,,v‐''',,,,―''""゛,,,,,-‐'''゛',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙ ;: .;'; ,゙;: .;' ,゙;: .;、',゙ ;: .;';/~":;、,゙",;.:~":;、,゙",;.:
  ,,,,-‐'' ー'''゙゚゜ ,,,,-‐'''゙   ',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙ ;: .;'; '、',゙;: .,゙;: .;' ;; ;: .;':;:;ノ",;.:":;~":;、,゙",;.:":;~":;、,゙",;.:
     .,-‐'''゙  ',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙,゙;: .;' ,゙;: .;'',゙;: .;ノ",;.:":;~":;、,゙",;.:":;~":;、,゙",;.:
  ,,,,-‐''' ',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、',゙ ;: .;'; '、',゙;: .;' ;'、 / ",;.:":;~":;、,゙",;.:":;~":;、,゙",;.:


.

812 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:00:00 ID:TVeEjupY00



      /ヽ      /ヽ
     / ヽ     /  ヽ             聞きましたか?
     /   ヽ__/   ヽ
   /             ヽ           我々がここに来るほんの少し前に
  /    ,. - 、     ,. - 、  i
  |     ハ_゚_ノ     i_゚_ハ   !          長崎奉行をクビになった伊沢美作(政義)が
  .!        ヽ __./     /
   \       ∨   . (⌒) )         この枚方を通っていったらしい
    /         (::⌒)∬::⌒)
   /          | ̄ ̄ ̄|
               |   :::::|\


.

813 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:01:00 ID:TVeEjupY00



                                                  _
     それは面白い、やる夫といい美作といい          l`ヽ       / ヽ
                                        |   >-―/ /   |
     どちらも水野越前に尻尾を振ったばかりに         | /        ' `ヽ |
                                       /              `l
     その地位を失った愚物じゃないですか           L       , - 、    |
                                       |:::}     〈:::::::」     |
     時世を読めない連中には困りますな            |   __        |
                                       ヽ  V:::丿       /
                                        ` -ァ _   -<_
                                         /         \


.

814 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:02:00 ID:TVeEjupY00



      /                              _.、 -─―─-_      
    /                               /          \       そうかお……
  /                                ,/              ヽ  
/    ああはなりたくないものですな           ,/_/::::::\_       丶     伊沢がこの地を通って
                                  │  ::::::::::::::         | 
\    ははははっ!!                   (○ )::::::::::(○ )    u /     江戸へ戻ったのかお……
  \                                 (_人__)    ゚o   、`  
    \                              \         _、/   
      \                            /`゛''─‐─ー''`  \   


.

815 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:03:00 ID:TVeEjupY00



        / ̄ ̄ ̄\                 水野粛清のとばっちりで親類が
        /        \
     /   ─   ─  ヽ               罪を問われるなんて悲しくてたまらないお……
      | o゚(○)) (○))゚o |
     \   (__人__) __,/               ここで別れてはきっとやる夫は伊沢と
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ         生涯に二度と会えないお……
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \           その悲しみをやる夫は書き留めておくお……
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

816 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:04:00 ID:TVeEjupY00



        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          ┌───────────────────────┐
      ||             │             ||        │ 親戚が懲罰的異動で江戸に戻される途中      ....│
      ||  琴酒当年.......│ 唯思ウ一別 ..||        │                                  │
      ||             │       ナ    ||        │ この地で行き会ったことを聞き             ....│
      ||  日ヲ分カチ....│ 終天ヲ作スヲ. ||        │                                  │
      ||             │             ||        │ やる夫は深い感慨を抱き、一詩を書き残した。    .│
      ||             │             ||        │                                  │
      ||             │             ||        │ 伊沢政義は後に復権して日米和親条約の交渉を  . │
      ||_______│_______||        │                                  │
        ────── へ ──────        │ 任されるが、やる夫の思ったとおり彼と         │
                               .    │                                  │
                                .   │ 二度と会うことは出来なかったのである。        .│
                                .   └───────────────────────┘


.

817 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:05:00 ID:TVeEjupY00



_______________________________
_______________________________
.||_|_||_||||_||_||_||_||_||_||||_||_||_||_||_||_||||_||_||_||_||
.|| ̄| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||
.||==|==||==||||==||==||==||==||==||==||||==||==||==||==||==||==||||==||==||==||==||
.||_|_||_||||_||_||_||_||_||_||||_||_||_||_||_||_||||_||_||_||_||
.|| ̄| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||
.||==|==||==||||==||==||==||==||==||==||||==||==||==||==||==||==||||==||==||==||==||
.||  |  ||  ||||  ||  ||  ||  ||  ||  ||||  ||  ||  ||  ||  ||  ||||  ||  ||  ||  ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____|_________||_________|______

┌────────────────────────────────────┐
│ 丸亀に到着したやる夫は、京極家の片隅に設けられた座敷牢に押込められる。    .│
│ 鳥居やる夫、齢五十歳。                                     │
│ このときから彼の新たな戦いが始まる。                            │
└────────────────────────────────────┘


.

818 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:05:59 ID:TVeEjupY00



          ___
         /     \           ……確かにやる夫は罪に落とされたお
       /         \
     /     \ , , /  \        それも矢部と同じ武家にとって最も恥辱的な
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/        「他家預け」の刑だお
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ       しかし……やる夫にはこれほどまでの罪を被る理由がないお
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /         これは冤罪なんだお!!


.

819 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:06:59 ID:TVeEjupY00



          ___
         /     \           だからやる夫は生き延びてこの冤罪をきっと晴らすんだお
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \        いつ判定が覆って潔白の身になるは分からないけど、
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/        それまでは必ず生き抜くんだお
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ       やる夫のやってきたことは正しいんだお!!
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


.

820 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:07:59 ID:TVeEjupY00



____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ……老中になった阿部伊勢守は
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|     やる夫を殺そうとかかっていたお
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;\ , , /_   ..ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::( ●) ( ● )  . ..ヽ|     これに対して自決するのは容易なことだけれど、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|     それではやる夫は小人の域を出ないんだお
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|     だからやる夫は死なずにひたすら生き延びるんだお!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|     矢部の阿呆のようにやる夫は自分で死んだりしないんだお!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┌───────────────────────────────────┐
│ ここにおいてやる夫の精神はその強靭性を発揮する。                  .│
│ 彼は押し込めという過酷な環境の中であくまでも生き抜くことを誓ったのである。  │
│ まさに彼は鋼鉄の心、不屈の精神力を持った「妖怪」であった。             │
└───────────────────────────────────┘


.

821 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:08:59 ID:TVeEjupY00



         ___                      サカ
       /      \                「旨ニ忤ライ亀候ニ保管サル」
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \                      ベンカ
    .|      (__人__)   |    __       一世知ル無シ卞和ノ涙
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /        弧忠命ヲ安ンズ岳飛ノ冤
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)         丈夫国ニ許ス心鉄ノ如シ
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_               異ニス身ヲ全ウシテ子孫ノ為ニスルヲ
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ 

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫は配流が決まってからしばらくして日記を付け始めた。            │
│ やる夫はその中で自分の生き抜く決意を詩に託して訴える。                 │
│ 卞和とは刑に処せられても宝玉の原石を宝玉であると訴え続けた男であり、 ......│
│ 岳飛とは宰相秦檜に無実の罪を着せられて獄死した南宋の武将である。      │
└──────────────────────────────────┘


.

822 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:09:58 ID:TVeEjupY00







               ┌───────────────────┐
               │ やる夫の拘禁は長期に及ぶ。         │
               │ それがどれほどのものかというと……。    │
               └───────────────────┘






.

823 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:10:58 ID:TVeEjupY00



                _._.              _._.
               /';/             /';/
       .,._....-::''''''"´゙`:-;'      .,._....-::''''''"´゙`:-;'         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,r''"         ,:    ,r''"         ,:         季節の水菓子でござる  │
    ,:'           ::   ,:'           ::                          >
     {           ,:'    {           ,:'          やる夫殿、ご賞味くだされ │
    `:,*      ,,;,,:''    `:,*      ,,;,,:'' '         ___________/
     ヽ、    ,,;:;:;:;:;:''      ヽ、    ,,;:;:;:;:;:'
       ゙`''''''''''''           ゙`''''''''''''





          ____
        /      \           (ほう、枇杷かお……)
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |        かたじけない、ありがたくいただくお……
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `


.

824 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:11:58 ID:TVeEjupY00



            ____
          /      \
         / ヽ、   _ノ \
       /   (●)  (●)   \
       |      (__人_(     |
       \      i_i_i  ヽ   /
        /     ||      ヽ
        (  ヽγ⌒)       | モグモグ
        \__/





               ____
           /      \                 ┌───────────────────┐
          / ─    ─ \              │ あるとき何気なくやる夫が食べて庭の外に....│
        /   ( ●)  ( ●) \ 。     .     .. │                       .      │
        |       (__人__). 。;つ  ペッ  ..        │ 吐き捨てた枇杷の種が……。          .│
         \       `⌒"   /          .    └───────────────────┘


.

825 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:12:57 ID:TVeEjupY00



                 、、
             / ̄`ヾ、)シ
           /⌒ー-- 'フ∧ ̄`ヽ
                〈 (,_ ー- 、|
                   Yγ`   ノ
           , -─- 、 | |    ゚
          /       `tノ,,)                ┌───────────────┐
            | !       `}                .│  根付いて葉を伸ばし……。  ......│
    _  _,. ,_乂 _,.,,_、 _,_ ,メ、,.,_ _          ...   └───────────────┘
         '"~"~"''`~"'~"~'


.

826 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:13:57 ID:TVeEjupY00



              ヾ
               `v'~ _
              `、.|/ ,..-'
               .||ゞ'
             ヾヽ||
            ゝン-、ヾゞ
           ,.-'~ゞ,ゞソゝ,_-ヾ
               || L
               ||'´ `ヾ
             `-、||
               ||
               ||                  ┌────────────────┐
            _;:':;';;";:`:`;;`;            .    │ すくすくと伸びて幹を広げ……。    .│
           ,;','´;:`;.';:";';';;":`;_      ..         └────────────────┘


.

827 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:14:57 ID:TVeEjupY00



      _ 丶ヽ _,.`ヽ` `、 ....._ :  `´ .  .: ゙..:  .:.:` `ヽ...:.:ヽ:.`.:''´ ;.ニ
       ヽ;゙ ''  ヽ`´` ー='´,. '´ 、ヽ .::  :. .::  ‐   ;; : . :.:. ゙:.;.:.:.:;.:'.:.: ;:'... _,:`
     ...._ ト.. ゙ ...ゞ´ゝ,. ''´ :'⌒ヽ ヾ..:;:゙゙ヽ:.  ..  ..ゞ、:..:.:.::: :゙:.:´.:::.:; '..;'´;;..::'_,,.. -
    `ヽ.: .':、 丶..i  ,' ,:' i,. =、..ゝ、ヾ,,;:゙ゞ::;';゙  ;'゙ゝ::''゙; ;;.:.:::;ニ.:_;;..-''.:=':;.:'::ニ´__
     ゞ,.: .:.. ゙:.:.:...';. ::{ i''、ノ:::;;:'""ヾ;:`ヾヾ:;;::ゞ=''::i::;;'':::ソ;゙:.:.:;゙:'´ ノ.:.;.:':;.:'´_::`;,´_;,,..ニ::‐
   丶.._,:'': :.ゝ、ゞ;;ゝ、_i.ゝ;;(゙ヾヾ;;::=、::;;;,,_`ヾ::゙ゝ:゙::/;':::ノ;i:シ:;:'":::;'´::. <:.:_::.`ニ::ー..::´...,, __..
  、ヽ,''::ー ;;ー-.:.゙:;;ゝゝ:::''::;;.:.:ヽ;::\_ー‐-::、}:、{:{;;'//イ::シ;;:ゾi::ソ::ノ:: .:、ヽ`ニ、:.´ ̄ヽ:<´
  ;:゙ヾ..二フ.:¬;;='':ゞ;;.゙:;;:゙.:`ゞ、_ヾ;`ヾニヽ、\;>';∠=-‐…'∠;;ヾヾ丶,:: :゙:、`::,,ヽ:. :. ::..:゙、`:..
  `;;.:.: .:,,:''ヽ.:.::、`=-::ニ:::ゞ::(_::゙:、:`¨¨¨);r=、ヾ::::::{':::/ア´ヾ゙:;ヾヾ:、::゙.:.ヽ::.;;.ヽ:.ヽ::´`゙ ゙ `ヽ
  ;''=''"::,, .:.:、、::ゞ,,.:.::=;;..''´..'';;_ヾ::''=、゙..::` }::}:.:.::!:/:;ノ:;':ソ:;'.:.;.';;_';:゙;;`丶;;:`ヾ;.:.、:.`::、._
  _;,:.''"´:.:.:.::_;;.. ::'';; .:.'': ...:.:`:、:;;''´ ''";;::_;;'.::|::|::.i.::{゙;;_;.''_::..:゙;;/´.:.:'';; .: .:..::´ヾ._ヾ:i゙:;, .:',.._
    ゙丶;;.:''´,:´:.:.;;゙、:.:.';;'' "⌒''      ,:゙::|::i:.:i.::|  '´ `''´   ,:'' ヽ:;:'⌒丶; `゙  `ヾ
         ;: ''´   '´             '゙´ |::i : .:.|            _,.:'
                        li :!.:.:l
                         l:! .:{ :.:l             ┌───────────────────┐
                        ,':j :.:!:.',:',            ..│ ついには欝然たる木になり、        .....│
                         /:,'  i: ',ヽ               │                          ......│
           ... .... ..... .......,.,.,,,,,./ノ ノ..:ヽ、::ヽ\.,,,.,.,.,.... .. . ..... .. . │ 累々と実を生らすほどとなったというのだ。 ..│
                . .: .: .:.::::´.:::´ ' ..:.::.. .:`.:.::.:.`:..:. . ..       └───────────────────┘


.

828 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:15:57 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────────────┐
│ しぶとく生き続けたやる夫だったが、周りの人物はそうではなかった。 │
│ 時間は少し戻って、弘化三年(1846年)八月────          . .│
└──────────────────────────────┘


        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ <   本所茂平次、その方の行い神妙につき、特に罪を減じ
      ( 二二二つ / と)  │
      |    /  /  /    │  中追放といたす
       |      ̄| ̄ ̄     \________________________________


.

829 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:16:56 ID:TVeEjupY00



      _____
    /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|  +        ありがたくお受けいたします!!
+   |::::::::ゝ \  / |
    |::::::( ( >) (<)|   +
    (@  ::::⌒(__人__)⌒)          (やった!! 罪が軽くなって
 +   |     |r┬-|  |
     \      `ー'´/            これでシャバに戻れるぜ!!)
   ,,.....イヽ、___ ーノ゙-、.  +
  /rー'ゝ|\ \_____ ノ.| 〆ヽ
 ./ノヾ ,>|  \/゙(__)\|ヾ_ノ|
 | ヽ〆 >  ヽ ハ   |´| .|


.

830 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:17:57 ID:TVeEjupY00



         __, _..__ __ _,,_ _.,_ __,,_ __,,_ .__
        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・. ’、从へ从へ从へ人 ・. ’、′‘ ・. ’、′‘..    ┌──────────────────┐
・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘....   │ 本所茂平次は査問の結果          .│
′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒  )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、......  │                           .│
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )(  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’   .│ 「遠島」と決まっていたのだが、      ..│
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ 人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、... ...│                           .│
   \ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、       ..│ たまたま牢屋敷の近くに火事があり、 ......│
    ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))M        │                           .│
ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/..     .│ 牢内の囚人の解き放しがあったのだ。 . ...│
 ,\  Σ( ⌒( ⌒ )   ノつ> ) )从_)从 ) ))从へ从へγ /. ..    │                           .│
  ,' \ヽソ )ゝヾ  ( 人    γヽ从_) 从_)  (( ( ⌒  ))ζ ) /    │ 火災のあとすぐに戻ってきた茂平次は ....│
   ';; \ Σ⌒::)  :)ζ;;从  ⌒ ) _ ̄ ,ノ 丿人(  (( ))  /     │                           .│
  .;  ,; .,\ :;从へ从へへ从_~ ̄  从へ 从へ从へへ从γ  /|::l:     │ 罪を減じて中追放とされた。        .│
 ,,、'..,,、、.. ;\( ⌒ ⌒   ⌒(__`__)~^( ⌒( ⌒( ⌒ )  ζ/ |::|::l:     └──────────────────┘


.

831 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:18:56 ID:TVeEjupY00



              l           _ノ     .l
                :、   ー==―'      ./
              、     ー‐ '     /
                、          イ                      ────というわけで、茂平次は
                 lヽ.       .  lへ、
              / l           l ヘ`ゝ、              今月七日に牢から出されて江戸を出ることになります
             __/ :::l     、 . .   . . t、/  ヽ 、
            人   ::l    : .:    .::  / i:  }:::ヽ._            そうなれば、あとは貴方たちの思うとおりですよ
          /::/   _:::l     : :   : :.:: /  , 、 `ヽ.:::::::::::::::::::::::::...
      ー':::::::::::::/ /:::l ヘ_ _ :, :  _ _ :/. /l::::ヽ   l::::::::::::::::::::::::::
 ,‐‐::::::::::::::::::::::::::::://::::::: lー _ヽ  ‐: :'   / 〈  .l::::::::\ノ::::::::::::::::::::::::::::
 {:::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::: :::::::l     ヘ  :.   / /  .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

832 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:19:56 ID:TVeEjupY00



        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::               ────教えていただきかたじけない!!
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´                  亡き父伝之丞の仇、必ず討ちまする!!
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"





                        /州 `〈! f" iハ`ヽ
                 ,ヘ ー-‐- 、_i ノ |i ,‐-、イ! ヾi 〉          ────伝十郎に助太刀する身としては
                {/` ̄ヽ ヽ`ヽi/〈丶爪 イ"Y´兆
             _ γ`  _," iヾ  丶`'、,`ー´ ,;|/iリ丶_         何よりの僥倖!!
    〈ヽ〈ヽ   _ /"``ヽ  `ヽ  }}   〉、`ー=zx,,;: ノノ,'}`゙'' 、,_
     ヽ_ヽ_丶_/ i´  ,x=≦ヽ   iトノノ"   `ー‐-‐ー=≦√{    `゙' 、   師の仇は必ずとらせていただきます!!
      _ゝー ‐ヾ〉 |  /    }_,ノ"`ー=ミ、      i! / ,へ、_-‐=ツ
     !| r' γ`ヽ/ /  _/ `Y ヽ`゙' 、,_       ,;! / /   i! ̄ 〉´    ありがとうございます、お奉行!!
     弋〉__//´ ̄      !_____   `ー=-‐=彡'/ /`゙' 、, _j i/


.

833 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:20:56 ID:TVeEjupY00



                                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
                                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
                                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
                                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
                                    }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
   われわれもあなた方を応援していますよ……       }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |     、
                                    |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i    三__|__
                                    }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.     口 |
                                    }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !     ‐┬‐
   必ず叔父と父、そして師の仇を討ちなさい!!     !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |     │田│
                                     }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l      ̄ ̄
                                     人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /      、 マ
                                    /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /      了 用
                                    / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /         '"`ー‐
                                      ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./        ,
                                         :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/             レ |
                                           「`''''''''"´:::::::;;:" 人               ノ
                                              .:.::::::::;;″ /' \
                                            .:.:::::::::::::i' .:/'"´

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 遠山左衛門尉景元は弘化二年(1845年)三月に跡部の後を襲って南町奉行を拝命していた。  ..│
│ 同一人物が南北両方の町奉行を務めるのは、極めて異例の人事である。              │
└─────────────────────────────────────────┘


.

834 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:21:56 ID:TVeEjupY00



┌────────────────────────┐
│ 弘化三年八月六日  江戸近郊 護持院二番ヶ原  ......│
└────────────────────────┘


             (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
  ⊂二⊃     (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
            (;;;;;ゞ;;;;ヾ\\/ /;;;/ /;;;;;;;;;ゞ;;;;)     ,:-'"⌒"'-:,
             (;;;;ゞ;;;;;ヾ;;;| l i l i /;;;;;;;ゞ;;;;)    ,:-'"      "'-:,
        ,:-'"⌒"'-:,  (  .|i | il i |        (;;;;;;);;;;)         "'-:,
      ,:-'"::: ::: ::: ::"'-:,,  .| l i | i l|      ,:-'(;;;;;);;;;;);;;)"          "'-:,
    ,:-'" :::: ::::: ::::: ::::  "':| |i l i | |   ,:-'"  (;;;;;;(;;;;;;)
  ,:-'" ::::  :::::::  ::::: ::::: :::::|i | il i |i.|,:-'"      |li|
,:-'" ::::::  :::::::::   :::::::: ::::::::::| l i | i li |        |il|
"'"''"'"'""'"''"'"'"''"'"''"'"'"''"'"MjiijMrソルM"'"'"'"''"'"ソjルMソルソル '""'"""""'""'"'"'
    ""'"           ""'""'""'"'"''"'"
              ""                    "'""""
                            """"
    """'                                    '""""'
""'"                """"        ""'"""
         '""""'""
                ""'"                    '""""'"


.

835 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:22:55 ID:TVeEjupY00



       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|                        うひゃひゃひゃひゃ!!
      |::::::::ゝ _ノ  ヽ、_ .|
 ミ ミ |::(o゚(( ●) (●))゚o     ミ ミ ミ           これでしばらく江戸ともおさらば!!
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__) ⌒)    /⌒)⌒)⌒)
| / / /|     |r┬-|  |    (⌒)/ / / //           また長崎に帰ってしばらくほとぼりを冷ますお
| :::::::::::(⌒)    | |  | /     ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /           鳥居やる夫も罪に服したし、
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l          縁が切れてせいせいしたお!!
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


.

836 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:23:55 ID:TVeEjupY00



      /
    /
  /
/                            ┌┐┌┐            _____     
 \/   ̄   | --十 i   、.__/__ \  ,      .| │| │           /:::::::::::::::::::::::::::::.\
 ∠=ー  ̄ヽ |  __|.  |   | /  ヽ  /      | │| │           |.: ,r'⌒Y^⌒γ:::::::|    な、なんだ
 ...(___   ノ. | (__i゙'' し      ノ /^ヽ_ノ    .| │| │           |.. _ノ   ヽ_ ゙i::::::::|
\                            └┘└┘              |(○) (○ ) 〈:::::::|    この声は!?
  \                           □  □             (⌒(__人__)⌒:::: @)  .
    \                                             |  |-┬r|   u  |    
      \                                          \ `'ー`    /    


.

837 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:24:55 ID:TVeEjupY00



                      ,,、   ,,,  、,,     ,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,
                      ヽ、,,メy ;;; r";;;;;;´ヽ`;;;;;ヽ`i;;;;;;;;;|;/;;;;;;ii;;;;;|;;,,トt、t;
                     `''フ, ii ;;;Y/;;、;;;;;;(;;;;; ;; ;;;;;i|;;;i;;;;;;;;、t;;;;;;ii;;从、;;;;、、    貴様に殺された
                      ノノij、、;;;; ;;;t ;;;;t;t;;ノノ;;;;ノtt;;;、升込ヘ、从`;;;;;ii
   ,,、、、                  iyi)从;;;;i r'"iiii||||iiiヽ;;t'''"iiiiiii||||i體逡;; <;;;;;`     井上伝兵衛の甥で熊倉伝之丞の息子
  r"   '' 、                /フ-i;;;;;i:ン、zモテテ、;;t≦;;ー;rモテチゝz'"  〉;;;;;;
  't     ` ' 、              从;;;;;;t:::`:::"";;;;;リΞ :::::::"",,,",ノ"  i;;;;;リ,     熊倉伝十郎!!
  ヽ,        、             刈ii、t::::::::::::::;;; i::     :::::::::::::::'" i;;;;/ノ
    ' 、 ,,、、::'''  ヽ,            i;;ヽ, ;、::::::::::::;; i、__,,,_ ::::   :::::  i;r"/;;    父と叔父の仇、討たせてもらう!!
      ~' 、""" :::;;; ヽ,           t; ;;;`it  ::::::::ヽ、;;;~''     :::  /~r;;;;;;;;;;
  ,,、--、,,,,、'ヽ,       '' 、,        ノi; ;;;| t  ::  ,,ii,,,,,       / |;;i;;;;;;;;;;;;  
ー'";;  ;;''''';;;; ''"ヽ;;;;;;'''"",,    ヽ,       ヽ;;;i ;t   ''";;",`' -     /;;:::ヽリ;;;;;;;;;;;;,,,
;; ;; ;;"  ;;;    `t''''""  ~'' ,,  ヽ,,rr"iiitt、r"t;;;i ヽ  '' ;;~;; ''ー    ,, ';;::::  "i|;;;;;;;;;ヽ"
,,r"  /    :::ヽ;;tヽ、,,,,,、、-'",,   ヽ,ー-;;、iiii"ヽii;;ヽ;;ヽ r';;;;     ,,r";;:::::::   i|レ"|;;;;ノ
"   /   ::::: i;`''-、;;;;;;;;;;;;'":::、,    t  ~'' 、;;;;ii"ii:::ヽヽ,ヽ-ー  ,、 ';;;  ::::    :::  |'"ヽ''';;-、、,,,,,,,,,,,,,,
   /   :::  ノ''ー、;;;;;;、,,,,,,,::::::::::;;    t ''"""'ヽ;;;; ""ii::;;;~~~~~~";;;;;  ::::::::''"  :::  |;;;;""''ヽ;;;~'- 、==~、''''' ー 、
  ソ   "r '"ヽ/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 '/:     t   '"ヽ;;;; 彡;;;;;;;::~'-、;;;;;;  ;;::::'"   ;;;;  |、;;;;"''";;;ヽ;;;;、~''ー 、,>~' 、
  ヽ,;;;""  ''""' ,ソ;;;;;;;;;;;;;;;、'" r'"     ヽ  yii;; t;;;; 彡、;;y;;;; ::~' 、  ;;::::''"   ;;;;; tヽ,、;;;;  "ヽ;;;;;;;; ;;;;~ '"'z
ヽ、;;;;;;~,二フ"~~~;;;;;;;;;;;;;;;r'" ,,r"      リ    リi;;;; 彡tヽ;;y;;;; :;;ヽ;;;;;;''"     |i ヽtヽ;;;; ミヽ;;;; ;; ;;;iii/;/
-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 -ーー - 、、-ーー'"   ,,,,,,,;;;;;; /;;;     i;;;; 彡;t、ヽ;y;;;; ;;;ヽr''ー、、、、,,,,、、 ー''" リ t;;;; ミ''ヽ ;;;;;;;;/;/


.

838 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:25:55 ID:TVeEjupY00



                         ..,.      .,.;   .)
                       --ー¬. .`゙ ̄ ゙̄''-‐ヾ  /
                  ,/゛        .    `'‐ .‐′            井上伝兵衛の剣術弟子
                     ー               "       ‘''-、
               /               、..ゝ       ヽ│            小松典膳!!
               /、             : .      .、   .'"゙
               !″ .' .、  . l   /“''‐ `'  .,ノ゙... \  ヘ,,,,,,,,,,、         師の仇本所茂平次、
                  |    ." 、 .、. : iヽ. -―――‐ ゙;     - ..,,.、"
             ‐'ク゛   . ..'|., ,,,エ,,,,,,,゙,,,,,,;,,,,,,,,,,,,,,ニ.......!. \   ゛ ヽ.        覚悟してもらおう
             ,/゛  、  .レ".,l".'/ .ノ     r‐ .ヽ 、.  `''- ....,,,,___
                ト:   ./   .'"   '二ニニニ''    ';;ニニニ″ヽ、 : ..      .`'-,
                l " /    ...〟   ┴゙‐'、   .: ゙‐'ー゙‐'゛ .! : `‐`'-............、
              `       !l∨   -'"    l. `'ゝ   ,!    ,,、  ._,,ミixi,,、
             `^゙/       .、            !.、   ./.‐、 、,  ̄´"    ."`'ミゝ
           /   i′   !       .'-,,, ./     l゙  'L  `゙''ーr ..,,,,,_  . ´
          l゙ /   |     .ヽ    .,,,.. -   .:、   l   .l           ゙゙̄''''・ 、
          l :./    |      ' .!   / ‐''^゙゙゙゙“ ゙l  l     `゙'''ー-..,,__,     .゙ヘ.
         ,∨    Z   l.....'-、 l    .'''‐  ! /              .゛.~"''ー ,,,,. `'r、
     ,.. ''"´          ‐l゙   : `-7    〟 ,, フ".lヽ ,′   `"'ーv,,, ゙'!、  -、、  .`'-,、.l
    / ,i'  .,i   .」             'L  : `'-,"'、/' !'゙. :|     .'ュ     .`'ヾli、  `ヽ '-、 .` !
   Z .゙エ_/゛ .、 i.! 、     .ii.   :..l,  .‐ : `゙゙''" :   │ : .!、  .゙ヽ、 ."../   ゙.lー:....l  `'-,,゛


.

839 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:26:55 ID:TVeEjupY00



                       _____
                      /:::::::::::::::::::::::::::.\
        ヽヽ:ヽ彡        |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
         ヽヾ:;ヽ          | ノ   \  i:::::::|          い、井上伝兵衛の
\        彡ヽヾ::ヽ彡       |(○)lil(○ ) 〈::::::|
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡    (⌒(__人__)⌒:::: @)          敵討ちだって!?
  \\       彡ヽヾ::ヽ     |  |!l!il|l!|  u   |
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ     \ `ー'´    ./           冗談じゃない!!
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /ゝーー ___/ :ヽ ///
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::  V::/:::::::::::〉//彡       遠島を免れてようやくシャバに出たのに
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ く;;;;;;;|:    /;;;;;;;;;;;;;;ゝ/
        彡\\彡ン      / ::/:::::  ./::::::::://  //       こんなところで死んでたまるか!!
`丶、.彡        \\       / :::/    ./:::::::::/::l //彡 
`丶、`丶、 彡   ∠二フ   /:::::/{   /:::::::::/::::! /          く、来るな!!
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ::::::::/ ヽ /:::::::::/::::::::j _,. - ' ´
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ  /::::::::::/ー--¬_,- ' ´       近寄るなぁ~~~!!!!
       彡`丶、`丶、彡くヲ``` ̄___ノヘ</^ヾフ=/{
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'\\,,,,,,,,,,,,,,,,,:::::::::::::::``丶
              l:::::::::::::::r -- ' ´ \\   ``'ー、::::::::::::::l7
           /::::::::::::::l       \\     l::::::::::::〈
           〈::::::::::::::/         `´     l:::::::::::::〉


.

840 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:27:54 ID:TVeEjupY00



\\ (´`ヽ\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ (´`ヽ\\\\\\\\\
\ (´`ヽ :::::\\\\\\\\\\\ Y´`ヽ、\\\\\\ (´`ヽ :::::\\\\\\\\\\
\(´`ヽ ミ \ ::\\\\\\\\\ミ'"´ヽ ,r=ヘ⌒','"´ヽ\\(´`ヽ ミ \ ::\\\\\\\\\
\ \ :::\ .::\ ::: \\\\\\\\ ミ辷ソヽー'゙、 ヽ  \\ \ :::\ .::\ ::: \\\\\\\\
\\ \,,;::ヽ  `ヽ、,ノ´\\\\\\\ ミ   ヽ:::ヽ'ソヽ::   ミ\\,\,,;::ヽ  `ヽ、,ノ´\\\\\\
\\\ \  \,ィヽ   _`ヽ\\\\\\ ミ:;;:;:;::;'"´   .::.   ミ\ \ \  \,ィヽ   _`ヽ\\\\
\\\\ \,ノ  }ィ´  ̄`ヽ\\ (⌒ヽ,\ ミ:..,.,....,.,..  :::::;   ミヽ_\ \,ノ  }ィ´  ̄`ヽ\\
\ _\\\\〈 ー‐〈__,...ィミ:  \\ ヽ ::`ー';;'"´`ヽ;::;;..     Y´`ヽ、\ 〈 ー‐〈__,...ィミ:  \\
\ Y´ `ヽイ'"´ ̄ ̄ヽ´   `ヽ  ヽ\\`. 、        ミ'"´ヽ ,r=ヘ⌒','"ヽ  '´     `ヽ  ヽ\
\ ,ゝ、  {::  ィ }   ヽ        \\\ `ヽ、        ミ辷ソヽー'゙、 ヽ  \           \
_Y´  `ー} ̄l }、ノ ::  ミ― 、_彡\\\\\\ ̄`ヽミ; ;: ミ    ヽ:::ヽ'ソヽ::  `ー― 、__彡\\
_ヽ、_  ゝ=イ:{ ::::::   ミ\\\\\\\\\\\\\)ヽ从)ヾノ)、\\\\\Y´ `ヽイ'"´ ̄ ̄ヽ
\(   `ームイ::::', ::::   ミミ\\\\\\\\\\\,ィ从乃'´メ川彡ヘ\\\\,ゝ、  {::  ィ }   ヽ
\(`ヽ、_::;;;ノ :::::ヽ     ミ、、_\\\\\\\\\,イ从从彡イム刈川从ヽ\\Y´  `ー} ̄l }、ノ :::
\ヽ、  ,ハ   ;:'"´ヽ .::::: }ヽイ'"´ ̄ ̄ヽ\\\ ,,ィ彡イ彡イメ'"´メ北斗ノ拳ミヾ\ヽ、_  ゝ=イ:{ :::::::
\\ `ーく  ;:    :::   l{::  ィ }   ヽ\ ー=ミ川`Y彡'"´ メ彡'"´フ彡イメミヽ (   `ームイ::::', ::::
\\\\ ` 、__:::::::.   //} ̄l }、ノ ::  ミ\,`爻;州ヾ=ミ,从 メゞー彡イ⌒ミ彡彡ミヾ(`ヽ、_::;;;ノ :::::ヽ
\\\\\ \ `ヽ_///ゝ=イ:{ :::::    ミ\彡川ヽミゞミヽ斗イ彡'.,.,.,., ゞ彡イ.\ヽ、  ,ハ   ;:'"´ヽ
\\\\\\\ (   `ームイ::::', ::::   ミ\爻ミヾー=ミヽミーニイムミ从ゞ'  `ミミ爻ハミ、`ーく  ;:   :::
\\\\\\\ (`ヽ、_::;;;ノ :::::ヽ     ミ、 刈ヽミー=ミヾ从゙゙゙゙ムイr;' ̄ノ   ミミミミr'}'ミ\\` 、__::
\\\\\\ (´` ヽ、  ,ハ   ;:'"´ヽ .::::: }\ヽミヾミヽr≦ムt,キミゞ=ィ´      `ミ;r'ノ }ミ\\\\`ヽ_
\\\\\ (´`ヽ :::::\`ーく  ;:    ::  l\\`ミ::::; ,彡三ゞ'; ;'"´゙"´       ヾ__人ミゞ、\\\ \//
\\\\ (´`ヽ ミ \ ::\\` 、__::::::::.   //\\`ヽミ;:., Lシ' l ,, イ〉        ミ;;  ヾメ,',\\\\ヽ
\\\\ \ :::\ .::\ ::: \\\`ヽ_/// \\\ ヾ::':,   `,ゞ'"´`ヽ         ,ィ::  \',\\\\
\\\\\ \,,;::ヽ  `ヽ、,ノ´\\ \/// (´`ヽ\\\ヾミ   ヽ'"´ ̄ ,ゝ、    ,':::.;:::.   ヽ\\\\
\\\\\\ \  \,ィヽ   _`ヽ\\(´`ヽ:::::\\\\ \   \:::{  ; :}   ,'::::. .::     \\\\
\\\\\\\ \,ノ  }ィ´  ̄`ヽ(´`ヽ ミ \ :\\\\ \   ヽ',___,ノ'   ,'::::.  .:::.     \\\
\\\\\\\\ 〈 ー‐〈__,...ィミ:   \ :::\ .::\ ::: \\\\\  '''' ,....,ノ  ,':::::.   .::Y⌒ヽ_  \\
\\\\\\\\\ヽ  '´     `ヽ  \,,;::ヽ  `ヽ、,ノ´\ \\\ヾ''"´  /:::::.  Y⌒',   \`ヽ\\
 _n__     __n_ . __n_ . __n_   .__n_ . __n_ . __n_ . __n_..,ノ::::::. ,イ´',   ',  ヽ `ヽ`ヽ
└i七┐   7/,ニ,   7/,ニ,   7/,ニ,   7/,ニ,   7/,ニ,   7/,ニ,   7/,ニ,.ヽ::::. ミ:{  ', ; `   ;;  ` ハ
(r匕r'_) 〈/r三ュ   〈/r三ュ 〈/r三ュ  .〈/r三ュ  〈/r三ュ. 〈/r三ュ  〈/r三ュ .\: ,イヽ  イ ヾ ::. ::     }


.

841 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:28:54 ID:TVeEjupY00



   __ r-、     _ {`l       /7__  lヽ, _}´l_      {`ヽ    _{ヽ___  t-、| }-'>
   l } || __   _ヽ」| |   l二二 ,-----' | く__`コ =,'  ,--'コ__,l `-┐ [_ ニ /=, =='  l二 _ 三、
  __,┘ | | .レ _,,>  ヽ_) | |      / 'ニ l   「゙| ト-'=  ̄ ̄} 7 |_| ロ l二'' ┌'__ ┬ ==`l  lニ,_r=、 \
 `‐'| | | r' __r‐,ニニニ ニニコ /,l 二 .|   リ| |`T'l三l`T´/ ロ |  ▽/  | l7 く| == | __//== ニコ\\
 __ノ || |__ノ | ̄   ||   ゙ー'´.| ,二 .|    | | | lニコ |/_,ィ_/ /> く__//彡>| == |`ーィ-゙= ニコ  ̄
 `ー'Lノ ヽ---'     |_|      Ll t'__ノ    Ll |__l´コ ,|   /_/-‐''ヽ---' l/ ノ/ヽ_}    ̄コ__j
                                 `ー' ________  ==========
   /|                 /||} /7=====  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .//レ7                .| レ7/
  /_} _ノ     _,,/⌒ヽ、,      | ) .}
. /::::::|     _> 、/_j=),ヲノ     ├-'く
/ :::::::|   ___,、Y_,イ゙,,_l/レ___   |::::::::|
ト、_,,}-‐<ヾ Y /==彡、ヽ::::::,イ--、,ィ_:::::::|
|   ノ   ヽZL、)`ー'')ノFl'__ノヽ`ー|===== ===== --  ,,, _____
ヽ- 、_`ー<_そ/     ///   ___/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ====
     ̄`l:::::| `ー----// |´ ̄ ̄
      ∨|     //::/
       ∨___//__/
      ,,-H=ェェェェ┴、_,, -┬─--、
     r'    `ヽ、_// / ̄7/   _ノ
     l  l     ||ll\/_,/ヾヽ   /
     \ \__///,ィくヽ,」|_|||_/
       `l|  } ̄`l_l_j-='__ノ
        `ー─''


.

842 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:29:54 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────┐
│ こうして茂平次はあえなく討ち果たされた。      │
│                                │         、――――-
│ 茂平次四十五歳、伝十郎三十三歳、       ......│      ......,,r':,r'⌒Y⌒γ:::::゙i
│                                │       ,r'::,r'    !、 ゙i:::::::|
│ 典膳四十七歳であった。               ....│        ○)iiiilil(  )iiiii.illii:::::
│                                │       (⌒(__人__)⌒:::: @)
│ この護持院ヶ原の敵討は江戸中にその      ....│        ゙i  ||!!ii!!ii| ::::::::::: | ´ ̄ ̄ ̄ ̄´`ヽ
│                                │        ゙i |O0o|     | ;;;;;;;;;;;;;      ヽ\__
│ 話が広がり、みな伝十郎たちを褒めたのである。  │      ,, _∪ェェェ|__/   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  \__)_
└──────────────────────┘   (____∥(∪ ̄ ̄″ ;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、____)


.

843 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:30:53 ID:TVeEjupY00



          ______ 
         (⊂二二二⊃)    .      ┌───────────────────────┐
            ̄ ̄ ̄ ̄         │ 命短く果てたのは本所茂平次だけではない。       ..│
          _____        │                                 . .│
        /        \        │ 臼杵藩にお預けとなった渋川六蔵は、失意のうちに.....│
      / ,riiニヽ   ,riiニヽ \    .  │                                . . │
      |          ^ 、   |      │ 嘉永四年(1851年)七月に病没する。        .  .│
      |       ト----イ      |     └───────────────────────┘
      |       `ー‐´     |
      \            /
   ─┐||┌─┐ l ─  ‐┼‐   ┼‐ヽ l  ノ │ .|  |   ‐┼‐. ‐┼‐
        日  フ 口  メ   __|__  フ |┬   |  |   ‐┼‐  d
  (__   .六  ↑ .田  (___  (丿 ) ↑.ノ│  ノ  ヽ__ノ (丿\ ノ


.

844 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:31:53 ID:TVeEjupY00



                      _____
                  ,ィr'´~三:::ぐ匂〉`~`::、
               /'::::::ィ,.ィ=:::`ー彡'::=ミ:::`ーt
                〃´:/イ::::::xァャ;ァャ:;ァxァミx::::ヾ:、1_
             /r'::://:::xァー’       `´`ーtァマ
.            /〈:::/′ァ'      :i        `圦
          ,′{::j,':rメ  / ,   ;|!:   i   ヾ   ヽ                . イ
.          :.ィミY:イィx  |!__j   ハ:.   i! ! j }i :.  Vヽ.        /三/
         くく⌒〉{:( }:}  |! i「Тiト:|  /大:フイ/ }   }ニi:!   /ヽ  /三ニ/
         ∧:}ノイi:y:イ .:ト、,ハ_ハ ト、! ,イ,ィ,.イレァ' /;イ,ハ!コ:ノ、/三}イ,ィ三/
          / フ/ ノ;ィi ヽ.:代:::':ツ`jハノレ'ヒ:'::ソ/ ,イ 〃1}jXヽ _三=彡三三三≧
≧x   _ ..才ニ彡' // 八   ト`  ̄   、`  ̄'イ彡!  ヾ:、 ` ¨三 `ヾ!三三三二ニ=-
三=<.ィ ´>x.  {:i /  ヽ  ヽ     、 _ ,  ノ!: |:  {_,、イ三三三三三三三三三三≧
三三三三三三≧:ヾ:、 /ハ   `::≧ュ:._ ..イ:::八 ヽ i: :  ̄ ̄`Y三三三三三≦ ̄ ´
三三三三三三>':::ヾ!::`ーvi  ∨ ̄/:≦`ァ7:::::::ヾ、 Ⅵ: : : : : :|三:イィ{三三三>x.. __
三三三r==彡': : : : : : :::::::∧  ヾ、/八ヾ、{/`ャ:::::::jハ ヾ、: : : : :.ミく辷彡三三≦ ̄ ̄ ´
三三=/: : : { く: : : : : : : ::::::::::::.   !彡!` `ニヾミ}、:::::::::ヽハ ヽ: : : : 辷彡く≦7/
三三:{: : : : ハ:. : : : : : :.::::::::::::: :}  | rt|==zア{ニ7〉): 、: / }  i::::::::::.: : : : : :{:ト{{__
≧-=ァ::r=:::} j: : : : : : : : ::::ィ::::::!  !^1j rkヲ}'r'ソ: : Yミーヘ. !::ヽ、: :_:_:_:_: : :≧ く ̄
 /:{{`ヾ:、j: : : : : : : : :::;イ:::::::: ! ,Ⅸァ、 `~¨´ rソ: : : :| `イヾノ`ヾ厂{〉 ,ィ   {: : : :
ー=彡レイ介:、:::: : : : : :ノ ヾ:::::: | /: : : ヾマx _rソ__,.、{ 〃 ハ!r=Z ̄`Yヽ ,イ|: : : :
 / :::://.:!:}ノ ̄¨7彡' /:ヘ::::::}′: : :::::/ィァ' /,  `ヾ=ァ´ }  rx}-―゙r'ィ 八::::: :
.:′:::::::{:i:ノイ{   ´    ハ::::: : : : : : :`´ / / / ,ィ  rく_..- ヽィ .:ィ 三} ∧::::
::::::::::::;イく´_彡__ ィ  / 'ヘ:::::: : : : : : : : `ハノ∪ー--レxー   {`" /Lコ/:::::ヽ::
:::::イ  jノ      ̄ ´    ヾ::::::: : : : : : : : : : ::::: :/ハ、{` _ ..ィ彡イ  `ヾ:::::::::::::\

┌──────────────────────────────┐
│ 同じ嘉永四年二月には水野忠邦が死去している。享年五十六。   ....│
│ 水野は長く蟄居させられていたが、死後五日で謹慎が解かれた。   .│
└──────────────────────────────┘


.

845 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:32:53 ID:TVeEjupY00



┌─────────────────────────────────────┐
│ やる夫にかかわった人たちが少しずつ消えていく中で、やる夫はしぶとく生きていく。  .│
│ しかし、やる夫とて人間であり、さまざまな感情がその胸の中で渦巻いていたのだ。    │
└─────────────────────────────────────┘

                 ____
               /      \
              /_ノ   ヽ_   \         昨日の晩もまた子や孫たちの夢を見たお……
            / (○) (○)     \
            |  ||(__人__)||      |       子供たちはもうみんな結婚して子がいるお
            \ u ` ⌒´ .u   _/
             / l        ヽ           だけど五男の保爾だけはまだ幼かったから
     .       / /l       丶 .l
            / / l        } l          特に愛情が深いんだお
          /ユ¨‐‐- 、_     l !
       _ /   ` ヽ__  `-   {し|          あの子のことを思うと心が悶々とするお……
      /          `ヽ }/
                 / //
       ,,, __ ___ _/ /_/


.

846 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:33:53 ID:TVeEjupY00



         ____
       /      \                   今度は友達の夢を見たお
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \                夢の中で友達と宴会に参加して、
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /                 その中でやる夫は漢詩を作って
   /´           `\
  /  /          l  l   .___         みんなと一緒に歌っていたお……
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l        漢詩の内容は覚えているから、
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..       忘れないうちに書き留めておくお……
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はしばしば夢の中で漢詩を作り、起きてからその内容を日記に書き載せていたという。  ..│
│ やはりやる夫は特別な頭脳の持ち主であったのだ。                              │
└─────────────────────────────────────────┘


.

847 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:34:53 ID:TVeEjupY00



             (⌒ヾ`
          ゝ´ ,))               「看守頭・佐久間暗愚、佐川暗愚、安達痴、間宮愚、
     (( ⌒ゝ   lij
        ー" ミ  ___              両佐に圧されて春来一語なし。その他二十余名皆語を交ゆるなし。
           ノ(_     \
         /"\,, 、/"`` \           浦野、原田の二氏一拝のみ。三宅、児玉、鮎川、島の四氏
       / ( ●)´`(● )  \
        |   '" (__人__) "'    |         時有りて小話あるもまた他を憚るに似たり。
         \  ` ⌒ ´     /
         / ゝ  ``     ィヽ          故に春来、日夜黙座此の如し」

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫をうっとおしがる丸亀藩では、警備の者がやる夫と口を聞こうとしない。    .│
│ 故にやる夫は日夜無言の行を続けているようなものであった。              │
│ やる夫はひたすらこれに耐え忍び、日記で彼らを言葉を尽くして罵倒することで   │
│ かろうじて気を紛らわせた。                                     │
└───────────────────────────────────┘


.

848 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:35:52 ID:TVeEjupY00



                o
                 。    .                 ┌──────────────────────────┐
               (                       │ 環境の悪さからか、やる夫はしばしば大病を患う。       │
                ヽ        . ..              │                                     ...│
                ノ       ..               │ 丸亀藩が名医を世話してくれるはずも無く、         ......│
           , -─‐──‐-、                  │                                     ...│
          /           \      ....           │ やる夫はやむなく、かつて書籍で学んだ知識から        .│
         /             \'⌒ '"⌒ヽ    .      │                                     ...│
        l          U    l.: .: .: .: .: .: ⌒ '"⌒ヽ..  │ 独自に診断と投薬を行う。                      │
       /|                .ト 、.: .: .:.: .: .:       │                                     ...│
     / /!               ト \.: .: .:.: .: .:.: .:...:::.  │ この生きるための努力が、後日思いがけず役に立つ。     │
     ///ゝ __ノ  ヾ、_       ノ \ \.: .: .:.: .: .:    └──────────────────────────┘
    | /( ⌒ィ⌒ヽ    /⌒`- ´'⌒ ) \ \__
        `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"___\___


.

849 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:36:52 ID:TVeEjupY00



                 r:、,    .f~ァ        ,ィ     ┌────────────────────┐
                 ,.l!~   ,.l|~´   f!    / l      │ 丸亀でやる夫が耐え忍ぶ間にも       ......│
                ,.r亠ォァー-:lL,,,_,'||  /   !      │                            ....│
              7‐-゙北フ   |!  l,' !!;/'   l    . ..│ 刻々と情勢は変わっていく。            .│
             /  .:||/   .:||  λ,||':      l      │                            ....│
            _/   |/_,,,,,,.......||__,/゙!| '.     !        │ 1853年7月8日(嘉永六年六月三日)、     .│
           ァ-ム.,,,__Tl"'''''==||=,ラ゙ |:! '.   l        .│                            ....│
          / λ    |:il    |レ" __|:|,.-ヒ:、_ 」       │ ペリー率いる艦隊が浦賀に入港したのだ。.. ...│
         _/,,,」      |:|.V   |'i'"~,.ィニj7_ ~"'{ ..       │                            ....│
          V T''''ー-::::幵-k,,,,,,. z''" ,. ''"7_~"'''T     .   │ やる夫は僅かに口を聞いてくれる者から    .│
          V_i     | !r‐''" ,. ‐''" - ''_7,,__~"'T       .  │                            ....│
            ソ!    | |}‐''" -'',~ ‐''"_/,,_  ̄7 .        │ 密かにその話を聞いた。            ....│
           ノ:;;!,..-‐弋| |!'',. ‐''" - ''"_/....,,,,_ ̄7゙      ...  └────────────────────┘
_______`ヽ;゙itttttiレ~‐_,,.. -‐''"~7=ォ芒~キ___________
            7`~"'''''"~´    ,,. -7 ─‐i. ll-}
           λ''ー--- ''' "´,,... -i --‐ l. 《-l'
            ;:;;:,,:V ~"  "~       l    .! ll_,7
          "'"''' `';;;‐,,,、.,,_       l ~ ̄.l. ll,/,,
              "::;;:.:.. ...~"''' - ゝ...,,,l..,,,ll゙;:;:.:."::'';:.:.: ::..,,..,..
                "'':.:.:;;:;.;:.:...:.:"''';:.:.: .. .:..:.:.::''.':.:.:.,,.:,,.''....:.:.:.:.":.'':''.:.:.:.:.:...,,......
                  "'';:.:.: .:.;;;;;;;:.''.. ..:: :..:''': : :.:.;;;,:,:.:.:'':.: . .:.:.:. : : : :'': :.:.:.:.:


.

850 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:37:52 ID:TVeEjupY00



          ______
         (⊂二二二⊃)
            ̄ ̄ ̄ ̄
                -―‐- 、
            /      ⌒ヽ
          /           \',
        ′        } ハ ヽ
       i、乂_ ノノ/'/ / / / }ハ
        乂` ー=彡' 厶ィ / 厶イ'ノ
.        乂___/t_ッ ノ'"t_ッ`!イ
           ヾY八     ,    八   .. .   ┌──────────────────────┐
        ノノハト    -  イゝ  .        │ また、そのしばらく後の将軍家慶薨去の報は    │
        `'ぐ /\ >-<´_          │ 藩より正式にやる夫に伝えられている。      ....│
            /  `二Yーヽ\        └──────────────────────┘


.

851 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:38:52 ID:TVeEjupY00



               ,.、-''゙  ̄`'''ー 、
            , -'゙...   /⌒`ヽ、  `ヽ、__ ,
           /..:::::,r'゙::       ヽ     く´
            /.::::,イ:::: .:::从     ゙、    ト,'、
          i.::::;'::::: ..:::.;八゙'t、 、    ヽ 'i.} ゙;
           |::::,ィ:::,、::: ノ'ー-ゝ、\ ト,ト,ト、 ゙、ハリ
          l::::{.!jハ 「 <辺ハ `' リ,ィjヌ.〉 ノ ;!
          `'ト,ぐl!ヾ!   ̄    i ゙'''゙ !イj '′
          、」;:.ヽt, `'       _ ,> ,' '′
           ハ:::.,ド、      rーァ  /
          / ̄ ̄`''-ニ'_、    ̄ /
  ,.ッ‐''´ ̄ ̄ ,>,、      `t`=ー-t'´ ̄`ヽ、
/!{      {l  ヽ         `、  ト、     ヽ
  !|      !|   ヽ       ', ! `     ゙:、
  !l      ヾ:、   `i,、              }、
  l !       ヾ:、   }`':、        __  { ゙i
  ヾ:、       ゙!i  | ヾ、       {|  ゙l!   ! l
   ヾ:、,ィ '"兀 ̄`¨`ヽ〉  ゙ミ、     '==′ | |
┌────────────────────────────────────────────┐
│ ペリー来航による社会情勢の変化によりこの年には高島秋帆が赦免されて出獄する。           │
│ その後は幕府の富士見宝蔵番兼講武所支配及び師範となり、幕府の砲術訓練の指導に尽力した。   │
│ やる夫がこのことを知りえたかは定かではない。                                 ...│
└────────────────────────────────────────────┘


.

852 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:39:51 ID:TVeEjupY00



┌───────────────────────────────────┐
│ 鎖国も終わり、日米和親条約も締結され、時代の歯車は大きく動き出したが   ....│
│ やる夫はなお幽囚の身が続く。                              ....│
│ 安政二年(1855年)、やる夫の禁錮はついに十年を越えた。               │
└───────────────────────────────────┘

┏━━━━━━━━━━━┓
┃ 安政二年  三月   . ┃
┠───────────┨
┃              1  2  3 .┃
┃  4  5  6  7  8  9 .10 .┃
┃ .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17/V
.そ .18 .19 .20 .21 .22 .23 .∑
 レヘ√\ノZ∧レヘ√\ノZ/


.

853 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:40:51 ID:TVeEjupY00



          ____                           離郷シテ十度重三ニ遭ウ
       / \ ~ / \
.     /-(◎)―(◎)\                        長嘆悠々  海南ニ在リ
    /  ( ( (__人__))) \                                  ムク
    |      |r┬-|    |                      詠觴シテ令節ニ酬ユルヲ得ズ
     \     `ー'´   /
    ノ            \                   況ンヤ除祓、澄潭ニ向カウ於テオヤ
  /´               ヽ
 |    l              \                   窮愁衰病、年ニ相迫リ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.                      サカン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))        柳緑花紅、春正ニ酣ナリ

                                      時ニ聴ク嬰々トシテ鶯ハ友ヲ呼ブヲ
                                          カ     
                                      鳥スラ猶オ此クノ如シ我何ソ堪エン

┌────────────────────────────┐
│ 三月三日の節句の日を十度配流の地で迎える悲痛な感慨を、  │
│ やる夫はこのような詩に託した。                        │
└────────────────────────────┘


.

854 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:41:51 ID:TVeEjupY00



 ┌───────────────────────┐
 │ そんなやる夫が一つ大いに喜んだことがある。    .│
 │ それは────                     .....│
 └───────────────────────┘


  他人の不幸で今日も飯がうまい!!
    +       ____    +
      +   /⌒ ~ ⌒\ +                阿部伊勢の阿呆がくたばったお!!
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /:::( ( (__人__)))::::\  +             ざまあみろなんだお!!
        |  ┬   トェェェイ     |
      +  \│    `ー'´     /    +          これもやる夫を追放した罰なんだお!!
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /    /   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \.   / | ノ \ ノ L_い o o


.

855 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:42:51 ID:TVeEjupY00



                    ______ 
                   (⊂二二二⊃)
                      ̄ ̄ ̄ ̄ 
           ノ  }          _              /
 /       /  /      ,.  "´  ⌒ヽ`  、         /  ,:
         /  //     ,.:          ',  \         /  {
       /‐=彡' /.    /       ,       :,      {   、
      /     イ   //// ; // i //{i i: i ヽ.  ハ       ',
.   /  /   :!    ///i i i_{_{ / | }i__l.i:| !:i i   ::.     V   ',
.  /   /         { { { { |イ{ 从{`{  Ⅵハ{从j } }i: i ;       }/   ',
/  /        i    Ⅵハ:|ヾ,ィ宍ミ、  ,ィf芹ミ、 :リ }.イ!       /    丶
             \{     {ヽ{从 { 弋ツ    弋ツ リ/ /{ i!      /    ヽ \
.      //     \     ///}\:::         :::ノ }/∧{    /        \ \
    〃         \  i///:! iト    ‐  ,.イ|ノ!':i| i|    //       \ `
   }/            \ j//i | ||::::}i>- -=イi::::| l| || l{   /        ',
.    /                 ///}.| ||::ノ:}ミzzrxzzL!:::| l| || ∧/          ,
  /      /      //:'⌒| l|ー=才'7-rvi.、`| l| {|ハ∧
. /      /      //   .| リ 〃 / / ム i} | l|`<:{∧         ',  :.
../     ,   /       //   Ⅵ/  .|     {:゙ リ j l|   マ∧         ',  :::...
,'   / / / /   //{     V^Y^,i   ノ /Y^V/   i}l∧         V.  \
  / /   / /   //ハ.   V }/    / 〈} :}i//   リj/∧ ヽ   、    Vi   \
./ /   / /   ////∧    }:/    /   Ⅵ/     ∧//∧  \ \   }| i
../    / /   //////∧  /   ∧   V     //ハ/}/∧   \ \ .j} }  |
┌──────────────────────┐
│ 筆頭老中阿部伊勢守正弘の急死である。      .│
│ 安政四年(1857年)六月十七日のことであった。   .│
└──────────────────────┘


.

856 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:43:51 ID:TVeEjupY00



        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|            ┌─────────────────────┐
      ||             │             ||          │ これを聞いたやる夫は大いに喜び、       ...│
      ||   天道好還  │             ||          │                              ..│
      ||             │             ||          │ その日記に「快甚し」と書いている。         .│
      ||    快甚し...  │             ||          │                                    │
      ||             │             ||          │ 九月にはやる夫を処罰した老中牧野忠雅も  ....│
      ||             │             ||          │                                    │
      ||             │             ||          │ 罷免されており、この二つの報にやる夫は    │
      ||_______│_______||          │                                    │
        ────── へ ──────          │ 僅かに溜飲を下げたのであった。             │
                                 .    └─────────────────────┘


.

857 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:44:50 ID:TVeEjupY00



         ,、          _
      / l          ヽヽ          ┌─────────────────────────┐
      ,′|          ヘ ヽ   .        │ 安政五年(1858年)は日本にとって転換の年であり      │
      l  l           l ヘ         │                                      │
      |  l           l. l         .│ 幕府にとって変動の年でもあった。                │
      | ヘ              l  |.           │                                      │
      ヘ  ヽ         /  j     .     │ 四月二十三日、井伊直弼が大老に就任し、彼の元で    │
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /     .. .  │                                      │
       \   7   ヽ ヽ_∨          │ 日米修好通商条約が調印される。                    │
         ヽ  l   .  二 --`ゝ         │                                      │
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ         │ 将軍継嗣問題で幕府の主導権を握った直弼は       │
         j-'´ |  =   _人  ~ l 〉       │                                      │
        / ̄ ̄l         ノ´       .│ 自らが独裁する強権政治を行い、いわゆる         .│
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐ .        │                                      │
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄        │ 安政の大獄の引き金を引く。                   │
           `ー┐      l           └─────────────────────────┘
            _」      つ
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/

幕府大老  井伊掃部頭直弼(いい なおすけ)


.

858 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:45:50 ID:TVeEjupY00



                          |
               ;:',;'          ||       .. .   ┌──────────────────────┐
||/  /                   ||      . ..      │ 直弼は強権をもって尊皇攘夷派や一橋慶喜派の.....│
|  /   '",:;;               ||              │                                │
|| /    ;:',;'                 ||         .     │ 大名・公卿・志士らを弾圧し、強制的な隠居や   . . │
0)||          '",:;           ||     ヮヽ      .│                                │
||;:',;'      ;:',;'   '",:;         ||    ( _ _7p    ..│ 切腹、遠島などの極刑で挑む。           ....│
|| |       ;:',;'             _||_ __λ_/\   │                                │
((0)      '"  ,:;            C|         |  │ これが後に言う安政の大獄である。          │
||||                     |つ|____/  |  .│                                │
|||                      レ´_/| | |   /  . │ こうして直弼は自らの独裁権力を固めた。    ......│
||| ||                  ,,     ̄    |_//_/  . . └──────────────────────┘
| ||                γ⌒ヽ        |_∞_|
 |||                q - - p       | || | | || ||||' ",:;
| ||                   ノ       | | | | | | |||||||
|||               /|| `′ ||\    | | | | | || ||||||
| | |            /ヽ ||   || ´\  | | | | | | || ||||||    '",:;
  \          〈  \||=====|| / ) | | | | | | || |||||||
λ  \          \_|ろ===E|_/  |_|_|__|_||∧|_|_||_|||||
  λ  ̄         //// | | ||\\\  Zy」     Lyゝ
.;:'";:'".,:;';:'";:';'.;:'",:;;:';' ( ( ( | | | | | ) ) )).;:'";:'".,:;';:'" ,:;'.;:';'.;:'",:;;:';'.
.;:'",:;'    '.;    : ' ,;'.;:'",: ;'.;:'  .;:'".,:  ;:'  '.;:'"  .; '";'.;:
,:;';:'",:;'.;:'";:'",:;''".,:;';:'"'.;:';'../ ̄ ̄\;;';:'" ,:;'.;:  ',;'.;:'",:;'.;:';'.;:''.;:'",:;
:',;  '",  .;: .; ;'  ;'.  | ̄ ̄ ̄ ̄|;.;:',;'.;:'",:;'.        .;:'",:;'
;:'",;'.;:'",:;;:.;:'",:;'.'".,:;';:',:;'., ̄| ̄ ̄| ̄;'  .;:'",:;'.;:':;'.;:'".,:;';:',:;'.;:'",;'.
.;:',;'.  '  .;: ' .  : .,:;. ̄ ̄;:'",:;'.;:';'.


.

859 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:46:50 ID:TVeEjupY00



┌─────────────────────────┐
│ このような情報は断片的にやる夫の耳に入って来る。   │
│ そしてこの頃から、やる夫の生活に変化が訪れる。     │
└─────────────────────────┘

            ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.
          ./   /   \    丶
          │ ///./\  ////  |            先生、お願いします
          |   / ̄ ̄\     |
           \           /            最近どうも腹の調子がよくなくて
              \       ィ _,. -‐― 、
             __ >r‐< ン       .l         すぐ下してしまうんですが……
          ./       .′ /         .|
          │                ,'
          |.      ヽ /       .,'
.            _|__    .y′       /
         (こ     `ヽ、 {.       ,ベ ̄\


.

860 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:47:49 ID:TVeEjupY00



          ____
       / ~~~ \
.     /-(◎)―(◎)\                  なるほどなるほど、
    /  ( ( (__人__))) \
    |      |r┬-|    |                 それは腹の冷えから来るものですな
     \     `ー'´   /
    ノ            \                人参湯を調合しますからそれを飲み、
  /´               ヽ
 |    l              \             暖かくして酒と生ものを控えなされ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

┌──────────────────────────────────────┐
│ 自己流で学んだ漢方医学で自らの病気を治すやる夫の腕前に感心した番士たちが、   │
│ この頃から自分や縁者の病気をこっそりやる夫に見てもらうようになっていたのだ。    .│
│ 中には他の医者に見てもらっても直らない重い病気の者もいたという。              │
└──────────────────────────────────────┘


.

861 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:48:49 ID:TVeEjupY00



       ___
      /     \            やる夫も最初は退屈しのぎのつもりで始めたけど、
    /  ⌒ ~ ⌒\
   /   ( ◎)─(◎)\         やってみるとなかなかやりがいがあるんだお
   i  ::::::( ( (__人__))):: i
   ヽ、    `ー '   /          もちろん治せなかったものもいたけれど、
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ         治せた病人はみんなやる夫に感謝してくれるお
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ          なんだか施療が生きがいになってきたんだお
     と_____ノ_ノ

┌───────────────────────────────────┐
│ 安政七年(万延元年)、やる夫は前年の診療者数三百四十八名と日記に記す。 ....│
│ これ以降、ますますその数は増えることとなる。                      │
└───────────────────────────────────┘


.

862 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:49:49 ID:TVeEjupY00



┌────────────────────────────┐
│ 安政七年二月、やる夫は思いがけず嬉しい報せを聞いた。    │
└────────────────────────────┘



         、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
         )                          (
  ヽ       )                          ( . /        /
ヽ   ヽ,   )  な、なんだって!!              ( /.        /
  ヽ   \  )                          (        ./     /
    ヽ   \)  本当かお、                    (      /.     /
     ヽ   )                          (   ./.      /
         )  本当に保爾に会ったのかお!!  ..( ./.     /      ./
         )                          (         /      ./
 \      )                          (       /      ./    /
.   \    .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y    /         /    /
      \              ___                    /         /    /
.                /~~~\             /         /    /
  \             /\ 三 /  \          /         /    /
   \           /(◎)三(◎))   \                 /    /
.      \.        |:::( ((__人__))):::::   |                   /
.             \ ヽ|r┬-| /   /                 /
                /   `ー'´     \              /


.

863 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:50:48 ID:TVeEjupY00



            / ̄ ̄\
          /      \            私じゃなくて、私の知り合いですがね……
          |   /  \ i
          |     /\  }            知り合いが江戸に留学をしまして、その際に学問所で
             |  / ̄ ̄\ l
              ヽ        }             あなたの息子さんに会ったそうです
              〉、     ,イ
             _ノ      ト、_            今は八重洲に住んでいて、よく書を読み、よく作詞をしているそうです
           /   ー-  `、    \


.

864 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:51:48 ID:TVeEjupY00



            ____
           /⌒ ~ ⌒\             そうか!!
         。o(゜>)Ξ(<゜)o 。
        /::::::( ((__人__)))::: \          保爾はよく学んでいるのかお!!
         |     |r┬-|     |   て
        \      `ー'´     /( `´) そ      父さんはとても嬉しいお!!
       /           \ノ ノミ
       |\ \       \____ノ

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫の五男・保爾に江戸で会った者がいると人づてに聞いたやる夫は大いに喜ぶ。  ..│
│ やる夫は日記に「予の喜び無限」と書き付けた。                            │
│ かつて江戸を震え上がらせた「妖怪」も、やはり一人の親だったのだ。               │
└──────────────────────────────────────┘


.

865 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:52:48 ID:TVeEjupY00



┌─────────────────────────────────────┐
│ 安政七年三月十七日のやる夫の日記に、「本月三日彦根(井伊直弼)登城の途次、 .....│
│ 外桜田に於いて水府浪士首級を斬去る」との記述がある。                       │
│ この情報は正しく、このいわゆる桜田門外の変によって幕末史は一つの大きな山を ......│
│ 越えることとなった。                                             │
└─────────────────────────────────────┘


    ―    ヽ | .ノ     __   ―   -   -  ―    ―  ― -   ― - ―    ―
         ZΤ|_       /
  ―   ― - 人Τ| |  つ   (          ̄            ―    ̄    ̄   ‐   ー    _
           ̄ ̄          _ _   ―   -    ― ―  -   -    ―  ―     -  ― ―
                 ト  |   |_||_|
                 CL.   し   o o    ―   - ―  ― ―  -    ――  -  ―     -
          ― -      -  .. ((/l ̄l\)) /
                       .  /ム二ムヽ /
                       (/〈,,・λ・,,)_/_ ―  ―     -  ―  ―   -     -   ―  ―
  ―     -  ― ∧∧      ,;・,'', ・ '
               (#-Д)     ..,;;;:,・..    ┣’’ ン       ―  ―             ― - ―
       ――――f=と ノ|つ   と' ' ' '''''つ
       ',、\.` .、 ヾ  /     ノノノノ人―   ―    ――   -   ―  ―   -    ― -   -
       ' ,ヽ ` / し 〉_〉  ,'  (__)_) _.
        ヽ/ _ ‐_ -彡 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;;|   -  ―  ― ―   -   -  -    ―   ――    ―
  ―  ―   `ー‐---‐‐´ ''' ̄'' ̄'' ̄'' ̄'|;;|


.

866 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:53:48 ID:TVeEjupY00



┌────────────────────────────────────┐
│ ゲン担ぎのために万延と改元された年号は、一年も経たずに文久に改元される。   │
│ しかしこの時代は、攘夷の志士たちによる要人襲撃が相次ぐ                    │
│ テロリズムの時代だったのだ。                                   │
│ やる夫の日記も時にこの事に触れている。                               │
└────────────────────────────────────┘

                                :,
                             ';. ・
              ギャッ!!....: .┃ ┃┃
                     ・ ..┣━.
    ∧_∧       ∧_∧...┃. ━╋┓
    ( ;   )      (,,;・Д・) ..・.. .┃┃
   ⊂   ノ)      ⊂  //つ . ┃┃
    ( 丶(_ )     ・.(.//__⌒)
    (_)  ̄     ...  (_)   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

867 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:54:48 ID:TVeEjupY00



         , -─‐──‐-、                      ┌──────────────────────┐
          /        ゚    \                .   │ 文久・元治・慶応と時代は激しく動いてゆくが、    .│
       / ;  ゜      °  \             ...   │                                │
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、        .   │ やる夫の日記ではさほど分量をもって       ....│
       |    ~~~ u  ;   |ー       \           │                                │
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、     │ 書かれてはいない。                    │
        ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ   │                                │
       (  ヽ'((__人__))),ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ   ...│ 彼はこの頃から再び大病を患って           │
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'          .│                                │
                                      │ 日記は襲い掛かる百病との死闘が         ...│
                                      │                                │
                                      │ 主となっていく。                     ..│
                                      └──────────────────────┘


.

868 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:55:47 ID:TVeEjupY00



    |
   |                     あの爺さん、本当にしぶといよな……
   | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  \ ∪ |              病が重くなって、ろくに飯も薬も口に出来ないのに
   |\     │
   | ̄\ ∪ |              それでも死なないんだ
   |     /
   | ̄ ̄ ̄ \               いったい何があの爺さんを生きさせるんだろう……
  (⌒ー─'   )


.

869 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:56:47 ID:TVeEjupY00



            _____ 
           /ノ:::::::ヽ_. \             (……やる夫はこんなところでは死ねないんだお
          ./ (ー)─(ー)- \   
         /丶((__人__)))/:::::.ヽ           今のやる夫の敵は病なんだお
       _rーー‐‐- 、_    |:::::::::/ ̄ヽ___
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./     だからやる夫は全知全能をあげてこれを打ち倒すんだお
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../
 ノ                    `ヽ/         やる夫は必ず病に勝つんだお……)
/                      ) 
                      /
                     /

┌────────────────────────────┐
│ 病が篤くなってなお、彼の強烈な精神は少しも衰えなかった。   │
│ そして、病に負けることなく彼はなおも生きながらえる。         │
└────────────────────────────┘


.

870 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:57:47 ID:TVeEjupY00



            从从人从从人从从人从从               ┌──────────────────┐
           ≪   小 隊 前 進 !  ,≫            │ 年号が慶応と変わるころ、     .   .. .. │
      __   YWWYWWYWWYWWY            .│                           .│
     l´__`l             __               │ 沸き起こる尊皇攘夷論の渦の中で     .│
 ̄ ̄ ̄/ニi, `Д) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三 l´__`l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    │                           .│
: : : : 〔〕::i:";;つャO=‐ : : : : 三 /ニi, ・Д) : : : :__ :    │ 諸藩は俄かに西洋式の軍備を整え   ...│
 : : : /_‐シ:'xi´:`l : : : : : :  〔〕::i:":;;つャO=‐三 l´__`l    │                           .│
: : : : :!__シ:(__): : : : : : 三 /:::‐:::::::リ;;ゝ 三 /ニi, ´Д)   ..│ 教練を行い始める。             │
 __ : : : : : : : : : : : : : し''(__) : : 〔〕::i:":;;つャO  ......│                           .│
l´__`l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:::‐:::::::::」    │ それは丸亀藩とて例外ではなかった。  ...│
ニi,  ゚∀): : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(_シ(__)    └──────────────────┘
〕::i:":;;つャO=‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   ....


.

871 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:58:46 ID:TVeEjupY00



            ___
         /~~~\            西夷の軍法を学ぶとは何事なんだお!!
       /_ノ 三ヽ、_  \
      /(◎)三(◎))   \         日本には昔から伝わる孫子・呉子の兵法があるんだお!!
      |:::( ((__人__))):::::   |                       コ
      \ ヽ|r┬-| /   /         このままでは日本は胡(異国人)になってしまうんだお!!
      /   `ー'´     \


.

872 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 13:59:47 ID:TVeEjupY00



                    ,斗-、
                 > ´   \              「近日当地上下一般、
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \           俄かに西洋流の調練を学び、
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\        日々鼓声已む時無く、
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'            一郷の藩士狂うが如し」
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//            ┌──────────────────────────┐
    Vヘ、 ______  ,∧_/           │ やる夫は西洋調練の流行を「狂うが如し」と決め付けた。 ......│
     Y≦三三三三三三≧厂            └──────────────────────────┘


.

873 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:00:46 ID:TVeEjupY00



         / ̄ ̄ ̄\            「闔郷※相挙ゲテ軍師ヲ錬ル
         /.  ~~~  \
      /   ─   ─  ヽ          名ハ攘夷ニ在ルモ実ハ夷ヲ学ブ
       |  ( ◎)―(◎)  |          タ  イ      マサ
      \:::( ((__人__))):/          只ダ道ウ人心方ニ奮起スト
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i |         誰カ知ラン亡国敗家ノ基タルヲ」
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \                     ※闔郷:コウキョウ。村中全て
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

874 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:01:46 ID:TVeEjupY00



          ____              「鼓声銃響、街衢※※ニ満ツ
       メ ,, -──- 、._\                      オソ
     メ/ u    ゚ 。 \\          日夜軍備ヲ調エテ虞レズ
   / /    \  /   \\
    ! | u ((◎)) ((◎))   |         何事ゾ天下ノ禁ヲ犯凌シ
   \\  ( ((__人__))) ./く<        ミダ       モ       タス
    ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ        漫リニ兵器ヲ将ッテ商夫ヲ援クルトハ」
    _/((┃))_____i |_
   / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \  
 /  /_________ヽ  \                      ※※街衢:ガイク。人家や店の並ぶ土地。


.

875 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:02:46 ID:TVeEjupY00



::::::... ..丶                          ┌──────────────────────────┐
:::::::.... ...\                       │ やる夫がこの頃詠んだ二詩である。              ....│
:::.' ──-.. \                       │                                     ...│
:::::::... ⌒__丶 \                   .│ 攘夷といいながら、実は夷国の学問を学んでるのだから    │
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ                  │                                     ...│
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ                 .│ これは亡国への道を歩んでいるのであると言い、        .│
:::::::::::...    ヽ ヽヽヽ               ..│                                     ...│
:::::.._ ノ ヽ.____丿丿丿.丶               │ 商人なんかに武器を持たせるのは天下の禁なのに       │
::::::::::::::.... ..::ノ      .)              │                                     ...│
:::::::::::..   ../       .ノ       .          │ これを破っていると怒っているのだ。                │
:::::::::.⌒ "       ..ノ     .            │                                     ...│
:::::::::::::::::....    ....::::::../           .       │ やる夫には国民皆兵の思想など到底持ち得なかった。    .│
:::::::::::::::::::::.. ......::::./                 └──────────────────────────┘


.

876 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:03:46 ID:TVeEjupY00



┌───────────────────────────────────────┐
│ 慶応も四年になると、事態はさらに急変する。                                │
│ 一月三日、旧幕府軍および会津・桑名藩兵と、薩長軍との衝突が伏見・鳥羽で起こる。   ..│
│ 戦いは薩長連合軍が大勝、徳川慶喜は戦線を離脱して江戸に帰還した。            │
│ こうしてついに四月十一日に薩長連合の倒幕軍が江戸に入城、慶喜は水戸に退去する。  │
│ 九月八日に明治と改元、江戸は東京と改名して天皇親政体制への転換が行われた。    .│
└───────────────────────────────────────┘


         彡∧
      / ・ |ミ /V\
      (_)' |ミ(・-・ )
       /  キミ(メ   )
       |‐-"キ、)__/ /⌒"キミミ三≡=~
       Ω‐'"〈_(__)T  |                    /」■\     ノ■\
     (~こ二`  || | ( _,ノ、ゝ        /■\     ||Д" )    ( ・Д■\
     (\_ン`ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ \       (メД" )    8二  )    (T  (。。 メ)
      \`へ      〈__ゝ ヽ ヽ      ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ
       `ー'          〈_|       (_) J      ||_) J    (_) J ヽ___⊃


.

877 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:04:46 ID:TVeEjupY00



        /二二\
   /又,, ――===―‐ ,,,
  /二/ `/( ◎)―(◎)\´
 {   i/:::::( ((__人__)))::: \
 {   |     |r┬-/ '    |
 {   \      `ー'´     /
 ヽ_〃  ヾ\  /∨ ̄ ヽ
    ̄―i    了      }
        !    ii     ィ  {
      i    ii      |  }            ┌────────────────────────────┐
     !     !!      |  }            .│ このころにはやる夫は再び健康を取り戻し、                  │
     t_,, ―┴― ,,__ノ/ ノ          │                                            │
      ! i    ||   i ヾノ               │ 施療も大っぴらに行うようになった。                      │
      | |   ii   |  |              │                                            │
      | :   /|.|   :  |             │ 幕府が崩壊した今、もはややる夫に監視などなく            │
      | :   | |   :  |             │                                            │
      |__:__   | .| _:_ |            │ 座敷牢を出てあちこちに出かけるようにすらなったのである。   │
     ィ  _了 丁 _   ヽ             .└────────────────────────────┘
      ̄ ̄     ̄  ̄ ̄


.

878 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:05:45 ID:TVeEjupY00



        ___
       /_~~~\                   幕府が崩壊した以上、もうやる夫に
     /  ~~~  \
    /:::    ─    ─ \                ここにとどまる理由はないお……
    |  ::   .(_)  (_)  |
    \  ( ( (__人__))),/                しかし、けじめとして勝手に立ち去ることは出来ないお
    ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ              残務処理をする幕府の役人か、駿府藩主となられた
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.       徳川家達公※からの許しが欲しいんだお……
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

※徳川家達:慶喜に代わって徳川宗家を相続した第十六代当主。駿府藩主として七十万石を与えられる。


.

879 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:06:45 ID:TVeEjupY00



         ____
       /      \
      /   /   \  ヽ                 ……失礼します
      |     /\    |
      ヽ   / ̄\  /                  やる夫さん、おられますかな?
    ,,.....イ.\       /
    :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
        |  \/゙(__)\,|  i |
        >   ヽ. ハ  |   ||





          ____
        /      \               はい、おりますお……
       / ─   ─   \
      /( ◎)三( ◎)    \
      | ( ((__人__))):::::    |            (藩の重役がこんなところに何しに来たんだお?)
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `


.

880 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:07:44 ID:TVeEjupY00



       ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       /   /   \   丶             ……あなたに折り入って話があります
      │     /\     .|
      |    / ̄ ̄\    |             幕府崩壊に伴いあなたの身柄は新政府の
       \           /
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ             太政官に移されることとなりました
       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
      /    / r─--⊃、  |
      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.

881 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:08:44 ID:TVeEjupY00



            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            |   /  \   |          太政官のほうでは、あなたの本家筋に当たる
            |    /\    |                 タダトミ
       r─一'´ ̄`<ヽ/ ̄ ̄\  /          鳥居丹波守忠宝がちょうど京都に出てきていたので
       `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
        ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).       あなたを彼に引き渡したいと我が藩に打診してきました
       /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
       (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)     やる夫さん、承諾してくださいますね?
         / // / /         . . \_\_)、_)
         ー' {_/ノ              ."´


.

882 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:09:44 ID:TVeEjupY00



          ____
        /      \              (鳥居丹波守忠宝!?
       /  ─    ─\
     /    (○)≡(○) \            そんな奴にやる夫は会ったこともないお!?
     |     (((__人__)))  |
     /      |!!il|!|!l|  /            大体、鳥居本家とやる夫とは血の繋がりがないお!!)
           |ェェェェ|





         ____
        /      \
       /  /   \   ヽ            やる夫さん?
      |    /\      |
       ヽ  / ̄\   /             どうかなされましたか?
        \       /
        ,r''"´l ̄´ ::ト、


.

883 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:10:44 ID:TVeEjupY00



         ____
       /~~u \                ……聞いて欲しいお
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \             いくら本家筋とはいえ、やる夫は
    | ∪ ::::(((__人__)))J|
     \  u   `⌒´   /             そんな見も知らぬ人のところに行きたくないお


.

884 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:11:43 ID:TVeEjupY00



          ____                 そもそも徳川家が単なる一大名になったのなら、
         / \Ξ/\ キリッ 
        /( ◎)―(◎)\              やる夫はその一陪臣で、太政官が
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |   ノ `-=ニ=-  ヽ   |            関与する理由はないお
    \      `ー'´     / +
                               やる夫が従うのは徳川家の命令だけなんですお!!


.

885 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:12:43 ID:TVeEjupY00



       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |    /    \ ヽ            そ、そんな事言われても
       | u    ./\   |
       |    /  ̄ヽ  |            我々も困るのですが……
       \           /

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫の頑固さに、やる夫を預かる京極家では頭を抱えた。                  .│
│ 徳川将軍家より配流されたのだから開放命令も徳川家から貰わねばならぬというのは  .│
│ いかにもやる夫らしい筋の立て方ではあるが、幕府が崩壊した今、その「筋」など      .│
│ とおの昔に吹き飛んでいる。                                          │
│ にもかかわらずやる夫はこの一点をあくまでも通したのである。                     │
└──────────────────────────────────────┘


.

886 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:13:44 ID:TVeEjupY00



┌───────────┐
│  江戸城改め東京城 .....│
└───────────┘
                                                          _______________
                                                      {、_______________
                                                      -‐=.\'///T^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
                                                  ∠〃〃〃〃l\'/|
                                                   /〃〃〃〃〃〃ll`|―──────────
    f爪川ハ:                                          fjl川川川川川川川|:i:i:i:凵:i:i:i:凵凵:i:i:i凵凵:i:i:i:凵
    川川川:.:...r=≠t                                  lレ'W.lレレ'VVWVVW.l|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:. :. .   iハ ハir=≠爻川__z------------──────────────---------------x_   -======================
:::. :. .   || ,.彡爻__: (_)二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁  /―-<_ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ー
爻ミ:::.  .:,ハ==(_)=| |工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工.r爻 /¨\_  /_ _フ__匸_jニ二ヽー`r
爻ミ「i元元「i仁仁| |仁仁}.工.,. <>┴┴<> 、工工工工工工工,. <>┴┴<> 、工工工彡爻/\/_/⌒rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ
__ 」 -‐=≠、二ソ二ソニ|工,.</三三>'´::.:.. \>、工工工工エ,.</:.:. :. .   . .: .:.:.:.:.:.:.\>、 彡爻爻ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬'
L二L二L二_ト、\二ソ二|,.<フ三>'´:.:. :. . .     ヽ>、工工エ,.<フ´:.:. .       . .: .:.:.:.:.::::ヽ>x爻爻爻/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)
_」_」_」_」ト、\二ソ|.V三ア´::::.:.:. :....      Vj工工エV. :. .           . .: .:.:.:.:.:::Vミ彡爻rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐`
」_」_」_」_」__ト、\^|/ア:::::::.:. :. .          V工工V              . .: .:.:.:.:.:Vx彡爻ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬
_」_」_」_」_」__,ト、「i/::::::::.:.:. :. ..          i.工工i               . .: .:.:.:.:i工爻/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)二
」_」_」_」_」x≦三:V::::::::.:.:. :. ..            |工工{                 . .: .:.:.|工メ rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐`
_」_」_」x≦三三三7:::::::::::::. :. ..          . .:.::::::::::::::.:. .               . .:.: ̄\ ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬
」_」__」x≦三三三三 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)
_」 x≦三三三三三ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐


.

887 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:14:43 ID:TVeEjupY00



                        __       _
                      /:::::::`ヽ)//:::::::::ミ=ー
                      ー=彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ 、
                        /::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                  イ:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
                ///:/:::/ /::::::::/ :::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::\ヽ
                      i/:/:::/ /::::::::/:::/'`"^|i:::::| ::i::::::::::\\|
                      |:イ::: i:::i ::::::/:::/   |l:::::| ::|::::|:::::::::::i:::|
                |{::::j|:::|::‐/‐/ミ、   八斗八-i-i:::::}:}ハ!                 ……んで、その鳥居妖怪が
                       Y:|从:/ィ巧ミ`ヽ__/ ィ巧ミ \|:::// ノ
                       ム乂八 Vシ  }''{   Vシ  ,小^ヽ              いったいどうしたって?
                      〈いヘ  `ー― ' i `ー― ' ハん)〉
                   \ ハ      |:       ムY/
                    ノ∧   、 ′ ,   从乂                  何でいまさらここにそんな話が来るんだ?
                    /イ!:ヽ    ̄ ̄   イノイハ
                        八リ\   '''   /|八
                            |  \ _/   :|
                     ....イ \      ,/ ト ...
                   _  -/ ..... |  }ー┐┌ー{   | ..... \-  _
             _ .... -‐ ¨......./....../...| ./ Cヽj   ヘ  |...\......\.......¨ ‐- .... _
         /.............................\/.........|../ム   /  ム∧ |.........\/.............................\
.         /................................../...............| マム、__ムマ  |...............\...................................〟
        /............................. /.....................,  \/////  ,.....................\.............................. 〟
       ,.........i.......................∨.......................,    V//    ,......................../......................i............,
.      /..........|........................ ∨.....................,   //∧   ,....................../....................... |..............,

勝海舟(安房守、麟太郎)


.

888 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:15:43 ID:TVeEjupY00



             / イ〃 //_;/_/_/.:イ|i八\\__\  |!i: /Yリ
           /  |/ ,// / / / /`ヾ八{´\\\\}:ヽ|!|/ ,ハ
               | ,// /'/━━━  \━━━\\j | ,/              なんでも自分は罪あって幕府から
               |/Ⅳム                    }/Y}/
             /' 八,ハ               ムイ/             京極家に預けられた身だから徳川家から
                    )∧     ┌─┐     从(
              /'イ小、       ノ     /iイヽ\               直接文章が来ない限り一歩も
                |/小:i:...           イj川
                    / :|从リ|>  _  <|:イij/ 八                   ここから動かないってゴネてるんだって
                       ′ )リ         |/(
                   /{          } \                  京極家から陳情が来てるから何とかしないと
                 イ  ‘,      l:   \
              斗.:.:.:.:.i  |    \     ......j    |   ト


.

889 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:16:43 ID:TVeEjupY00



         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       イ:::::::::.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ミ=ー
.     //:::::::::::::::::::::::ハハ::::::.:.:.:.:.:.::::ヾ
       イ :::::::::::::丿ノ/  |:|:!:::::.:.:.:.::::::::i
.      /イハ:У彡へ   |从::::::::::::::::ハ|
        {い八 だ ノγ´厶j::i:::::::: | ′             ……好きにしろって言ってやんな
        乂|  ー ⌒{ だヾリハ/リ
      イ/:::|    __::..`ー ´ /V                   同じように幕府から罰せられた罪人の引取りを
        jハヘ   、 __, 、  /ノ′
       乂∧   ー   .イハ                     何人も打診されたがみな放免して好きにさせろと言ってある
         ノ/  ヽ _   ´{/
 __  - 一i  \  :.:.:.:.:.    i \                   しかし鳥居妖怪ってのは頑固なヤツだな
       |     ヽ、     ノ   ト、
ヽ       |     へ Yo┐イ⌒ヽ ヽ `  、_               自分でさっさと出て行っても誰も文句は言わないのにな
  \   |  / \\| ヾ::::} \ i   `ヽ
 \  ヽ ヽ/    \\へ//    |   i   \
   丶 j /         ヾ:::::::::::}     |   |∧  \
    八/          \:::::ハ   ノ  八    ヘ
┌─────────────────────────────────┐
│ 当時東京で徳川幕府の残務処理に当たっていた勝海舟は、               │
│ その頃耳に入った鳥居耀蔵の一件を呆れたような筆致で書き残している。  .│
└─────────────────────────────────┘


.

890 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:17:42 ID:TVeEjupY00



            __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 .-◎ー◎
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ (3)  (3)          今まで長々とお世話になりましたお
     |  \  \ /  ( ( (__人__)))\
     |.   \   |       ` ⌒´   |         やる夫はこれにて立ち退かせていただきますお……
  .   |.   |.\_ノ\            /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ
┌─────────────────────────────────────────┐
│ 明治元年九月、やる夫は遂に京極家を立ち去ることを決心し、丸亀藩主にその旨申し出た。   │
│ 禁錮二十三年、彼は七十三歳になっていた。                                 │
└─────────────────────────────────────────┘


.

891 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:18:42 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────────────┐
│ 十月十六日、やる夫は丸亀付近から船に乗り丸亀藩を後にした。   │
└──────────────────────────────┘


       _           「~|
        キ~" ''' ー- ..,,,,__  l ト,
.        キ      ',   ~~"λ‐= .,,,_
        キ.      ',      ',.',    ', ~"'' ‐- ,,,
.        キ      ',       ', ',     ',      |
        キ.       '.      ', ',     ',     |
.        キ         '.     ',..',     ',.    キ
        キ       ;.     ',. ',.   '.   キ
           キ       ;      '. ',    '.    キ
         キ       ;.      ;  ',.   ;   キ
            キ       ;.       ;  ',.  ;    キ
         キ        ;.       ;   '.,  ;.   | ll
.          キ         ;.       ;.    '., ;   l l!
          キ      ;.       ;    '.,.;    |.l!
.           キ       ;       ;       ';,   .|.l!
           キ.       ;.      ;.      ; '.,  .|.!!
.          __キ       ;     ;.       ,'  '., .!.!!;
           |: lキ     ;       ,'       ,'   V !!;k-、
           |: l キ     ;.     ,.'     ,.'   _ム-', /7
           |-゙=キ ,_,.,.,ィ‐- ,,、,,,...,,,____,,.  -‐''",. -‐/,//
         1`ヽ、゙__~二ィ┴牙ァヤ",. -‐ ''"  _,〃//
─────‐ | 、fj;;;王;;‐=''",, -7, キ  _,,.==" ,〃,〃= ─────
         ゝ、,_ ‐--‐'''" _,, -マニニ) _,, -‐ゝ〃〃'ニ)
          キゝ`二二´ -‐ ヽ''"´     ,〃〃
          `''ー  ..,,,,,___\,,,,....=='="


.

892 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:19:42 ID:TVeEjupY00



/////////////:;:;:;:/:::/: : : : : ////////////-=ニ二三三二二三三ミ////////><三三
///////////:;:;:;/::/: : : : :__彡ク////////>--ミ三三ア´       ⌒ヾ_彡'⌒ー''´ ̄``
///////,/:;:;:;:/ /: :。o≦>イ//⌒^´ ̄ ̄
/////,/: : :/ /::γ´,.ィ升//ア
////: : :/ /:::__ノイ:::::/ ̄
;;;;/: :: :/ /::/ / /
;;;;:;:;:;:://,:i'" / /
;;;:;:;:;/  ,;:i' ..::  /    介
;;;:;:;′ ,:i' .::  /__癶二二\___|
;:;:;′ ,::i' ::  : i| ̄|``~t ̄ ̄ ̄ヽ ̄~ヽ _   介                     ___
;;;′  ,:i' .:: : :i| :|   |`:、`:、`:、:|  ___|癶__\‐‐幵__             rzzzzzzz/\__
;:′.: ;i' ,:: ::  i| :|    |`:、`__ノ___/_∧___~ ̄ ̄ ̄\::::..       _  ┌┴┴┐┴‐┴─
_:_,:_,:_,:  廴|__|‐‐┴┐__ 」L 斗rャク;';';';';';';';';';゙:.:.-.-.-.-.マム≧x|‐|‐|‐|‐|─|─|─|‐
 ̄|| ̄|| ̄|| ̄||‐‐‐||二||二| ||ー┴''´/───=彡`````` ̄  __    マム三≧=‐‐┴=zzzzzzzz
三三三三二ニ=-┬=ニl:|¨ ̄:||‐‐=≦_ __         . . : : \三三ムi:マ三二ニ=- \\\\
ニ丁 ̄||:::: ,.。o|:|H>'|:l'",。s||^<___ノ-く:.                 . : : ̄ ̄ ̄:”“:'': \\\
  |:| 。o||≦>゙´|:|,H≦|:|>'"||::.⌒>:.ー'":: : : . .       __          ___  \\
。o≦>||''"~||。o|:|_H''"|:|: ::::┘  ̄ ̄ ̄¨ア|  癶: : : : : : ::||\ ̄ \|`ヽ、     |ニl〕ト. rttx ≧s。
 ̄|:|_jI斗≦>'´|:| H .|:| : : : : : : : /:;:;:;|/==Y : : : : : :::::||\ ̄ \== `ヽ、  .|i:i|ニニ|i:i|i:|ト.. ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄\: : : : /___,.イ////ム----、'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `ヽ|i:i|ニニ|i:i|i:|┘`Y
:; :; :; :; :; :。o<__   / ̄ ̄ ̄     \_    \    . : :\ ̄ ̄`'弌ニニニ|i:i|i:|: : :┘
_,. -─'" : : : : >< ̄ ̄\ / ̄      >--<       _``~、、  ≧s。.|i:| : : : :
ー────。s≦:;:;:   ,.,. . :'´ ̄``~、  ,.ィ´      \ '´ ̄     . .``~、、 ̄ ̄ ̄ ̄
:; :; :; :; :;:;:/:;:;:;    ,.:'´        : :V⌒ ~-‐‐=ニ  ̄ ̄``丶、,. -─      ``~、、
:; :;,。≦⌒;;::,  / ̄      . . : : : ::::::\'´ ̄       . : : : `ヽ、::... . .  . . . : : :::::::::\
┌────────────────────────┐
│ 兵庫、西宮、神戸を経て二十三日に大阪へ到着。    .│
│ 本家鳥居忠宝の大阪詰めの人々の世話になる。    .│
│ 十一月十日陸路大阪を出発。                    │
└────────────────────────┘


.

893 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:20:42 ID:TVeEjupY00



:,:,:,:,``㍉                  ミミミミミミミミミミ ///   }iー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒゙:||i:i:i:i:i:i:i:i:
:,:,:,:,:,:,:,:,:,:癶               ミミミミミミミミミミミ ///    }iー'⌒ー'⌒'ー'___,二ニ=-─=ニ||i:i:i:i:i:i:i:i:
ヽ:,:,:,:,:,:,_彡'^:,:,、      ,.:'⌒'~‐<ミミミミミミミミミ|//:|_,.-‐「」≡≡≡s≦三三三三三。s1||i:i:i:i:i:i:i:i:
;';'}:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,ミ、    て:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;ミミミミミミミミミミミレイ :|┬rrtttttァ'´二ニ=-─━ 。o≦-_-||i:i:i:i:i:i:i:
;';'}ミミミミミミミx'^^⌒    ノ:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;。o≦>-- /:.;:.;:.; |  | l |:| r≦-_-_-_-_-_-_-_-,゙弌ニニニ||i:i:i:i:i:i:i:i:
;';'}ミミミミミミミミミ、     (:.;:.;:.;:.;:.;:.;≦ZZZ∠二∠ニニニニァ|  | l |:| ||:i:i|┬l| ̄ ̄ ̄ ̄..|:|││ ||i:i:i:i:i:i:i:i:
;';'{ミミミミミミミミミリ;';'、,、,、: : : :.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;|`| |ーァr:rー--/ー:|  | l |:| ||i:i:|::|::l|,,____|:|││ ||i:i:i:i:i:i:i:i:
;';'}ミミミミミミ彡イ;';';';}:::::::)ー──ィzzzZ1_| レ´ | |   ┬rs|  | l |:| ||i:i:|┴l|────::|:| ̄ ̄~゙||i:i:i:i:i:i:i:i:
;';')ヘ-=<_;:.;};';';'lTTT|__,,|_ ̄~ 冂<,ィ´|_|,_____|_,||:|_| l |:| ||i:i:| ̄l|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|「「「「「:||i:i:i:i:i:i:i:i:
/,.イ//>'1ノ;';'ノーr┴┬~|::二ニト、l\`|,,イi:i:i:i:i:i:i:|` ト|-弌丁| ||i:i:|  l|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
/ |^^´  :|;';';'}-‐┴━弋;';'| | |、|i:i|i:i:i`| _廴i:i:i:i:i:i:|:::l^|i:i:i|``弋_||i:i:|  l|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
   |   .::|;';'ノ. . .       L|_,,トミ |\i:|`|: ``'弌i:i|:::|::|i:i:i|:|:|:| |i:||‐┼:::||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
   |   .::|'´」:フ: : : . .     `ヽ‐|: :::\|: : : : : \_,|::|i:i:i|:|:|:| |i:||i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
   |   .::::;;|,/:/            `ヽ、--|゙: : : : ::::::|::ト、i:i:i|:|:|:| |i:||i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
   | .:::;;;;;;/::/                \| `: : : : :|::|: :`弌is。」_||i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
   |,;;;;;;;/:::/                  \ : : : :|::|: : : :`ヽ、i:i:i|i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
  .: ,;;;;;;/:::/                        \ー┴| : : : : : : \|i:i:i:i:i:i|` <i:i:i:i:i:i:i:i|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
.: ,;;;;;;;;/:::/                       \--| : : : : : : : : |~ ̄~.|ヽ、:::``'<i:i:|:|i:i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:i:i:
,;:;::;;;;/::::′                       \_:_:,,: --─┴─ |: : :>s。:::::``'<i:i:i:i:i:||:i:i:i:i:i:i:i:i:
‐‐‐'′′                         \: : : : : :  |ーr'´l ̄>く::: :: ``''<|:i:i:i:i:i:i:i:i:
 .:                              :.______| ̄\厂ヽノヽ、:::::::::::::::::``''<i:i:
_.:                                 `ニニニ\::::〕、:: : ::} ̄ \ノ: : 丁`ヽ、::::::::::::``
.:                                   'ニニニムニニ`'<.:: :  \_|ー弌_`ヽ、::::::
┌──────────────────────────────────────┐
│ 東海道を東行したやる夫は十八日に駿府に着いた。                       │
│ ここにはやる夫の甥で林家を継いだ林又三郎が徳川家達に従って出向いていたので   │
│ 彼の家に止宿したのである。                                    ...│
└──────────────────────────────────────┘


.

894 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:21:42 ID:TVeEjupY00



                      __
                .  ´        `  、
                 '               ヽ
              ,′                    ',
               l                 !
              l  .斗‐ト      ‐‐トミ、  l
             | ´             ` l             ……二十三年もの長い間
                __ | 斗==x       x==-ェ、.i__
            ハ `l イi;;;r圷         仡j;;;rハ`} i             本当にご苦労様でした
.           {   l _v,...;リ        v;...;リ_, ,'  }
              入_,j   ,,,,       ,      ,,,, /'_;ノ            私は夫を亡くしたので出家しましたが
               人              ノ
.               `   .   `   ´  _ ,  '′               私の娘は結婚してもう子供がいるんですよ
.                 -=「≧ - 壬=-
                   _}`::: ̄ Y  ̄ ´{_
.                _ . rr/  、   lj   ,  ヘrr . _
         y  ̄  r - ー― ヽ_r¬_ィ ー -- 、   ̄ ヽ
      _ ノj::::::::::. .. ヽ    >::::|_!::<      /     i \
.    , ' ̄` ー.ィ:::::::::::: :: . |:〉   :://j lj | \   〈:|     ハ   ー 、
..  /     /:::::::::j    |:\/ / ! i j | \ /:j   i::.  \   j
┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫が訪れたことを知った林家の親類が又三郎宅に集まり、やる夫は終日団欒した。 ......│
│ 彼が驚いたのは、彼の三女である節(とき)が尼になっていたことだった。              │
└───────────────────────────────────────┘


.

895 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:22:41 ID:TVeEjupY00



               +      +
   m n _∩          +      +    ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +     ___ +       (__ ⌒二⊃
     \ \      /~三 ~\        / /
       \ \   /( ◎)三(◎)\    / /         しかしめでたいお!!
        \ \/:::::( ((__人__)))::: \ / /
          \ |     |r┬-|     |  /             林家の血は脈々と受け継がれているんだお!!
           \\    `ー'J    //
             \          /
             /          /
┌────────────────────────────────────────────┐
│ 節から娘みねが結婚して男児を儲けたことを聞いたやる夫はおそらく欣喜雀躍の想いであったろう。  ...│
│ 彼にとっては曾孫なのである。                                                 │
└────────────────────────────────────────────┘


.

896 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:23:41 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────────────┐
│ 二十一日に駿府を発ったやる夫は二十五日には品川に到着した。 .....│
└──────────────────────────────┘

                  ○
         ___   .//
        /ノ ~ ヽ.\ //
      /( ○)三(○)//
    :./ヽ( ((__人__)i⌒)、 :             や、やっと江戸までたどり着いたんだお……
    .|  |   |r┬-|./フヽ.`i
     \     `ー"// .ノノ               江戸には息子の成文がいるはずなんだお
     (  i    .//  イ:
      .\ .\,. //  /            そこまで行けば────
       | `ヽ、 ⌒) |
      ; :|   //''" /;
     '  \ //  / :
      , :/,.//\ \ .
     ; し'// ' :| | ;
       //     ⌒
       ~


.

897 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:24:41 ID:TVeEjupY00



┌──────────┐
│ しかし────   ....│
└──────────┘
..\|                                                         /  ,|
  |                       |                                  /  /.|
  |                     ,ィ会x                               /  / |
  |                    /| ̄_¨丁                          。o< ̄ ̄ ̄ ̄
..\|                        }()| |(__) |                        /      ___
  |                   /7 | |  | |    ___                  / .。s1l''''¨¨ ̄:: l|l|:|:|
  |                  ,ィ癶三三≧x    |   |ヽ                 /: : | | |::: :::::::: ::::l|l|:|:|
  l\亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥       ゙㍉._|   | .|.               /|: : :| | |:::::: ::::::: ::l|l|:|:|
..\| |_|「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |丁丁Tfrュ...| \ ̄¨l| .|              / .|: : :| | |::: :::::::::: ::l|l|:|:|
..\| | |二二二二二二二二二二二二二二 ≧s。|  \ | .|               .|  |: : :| | |:::::: ::::::: ::l|l|:|:|
  | | |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|fis。 |ヽ|‐|               .|  |: : :| | |:::: :::::: :::::l|l|:|:|
  | | |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__||__||l| .|:|:|| |l:|ヽ|-|、               .| f ̄..| | |:::: ::::f ̄ l|l|:|:|
「≧s。l |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「「f | .|:|:|| |l:|冂-| |、            .| 乂乂zzzrrrzz乂乂l|:|:|
三二 | |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__||__||l| .|:|:|| |l:|冂-| | ト.           .「 |  |: : :||二l| |二二二 |:|:|
-=ニ..| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|:|:|| |l:|冂-| | | ト、        (OOO)ニニ====l| |       |:|:|
  | | |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|:|:|| |l:|冂-| | |_| |l\       「 |  |: : :||  .| |       |:|:|
  | |竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺|ニ≧s。 |冂-| | |_| |`|`|ヽ      「 |  |: : :|l_,| |   ___|:|:|
  | 冂冂冂冂冂|│││││││││││l「l≧s。 |冂-| | |_| |`|`||l|ト、   rfi「 |  |./| ̄~| |~ ̄|。o1 ̄
二二二二二二二 |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴l|::|--|l、|冂-| | |_|_|`|`||l|ト、|   | | l_:|。o1  | ̄~| |~ ̄ |。o1丁l
 | | | | l| | |l |¨¨¨¨| || | | | || ̄| ̄ ̄ ̄_,,..|''|‐‐|‐.|冂-|_|_|_| |`|`||l|ト、|   | | l :|二|。o1TT.| |TT¨|  | |:|
 | | | | l| | |l | ̄ ̄| || | | | ||  | ̄ ̄ ̄ ::|::| ̄| |冂‐| | | | |`|`||_|_ト|   | | l :|  |  |:::| | | | | |  | |:|
 | | | | l| | ||ー|二二| || | | | ||  |   __|_I二二| -=    ̄ ̄      `ヽ、|  |_l__| | | | | |  | |:|

    :                       ∧_∧
                         (ヽ(    )ノ)
                          ヽ ̄ l  ̄ ./       :;:;:;:, , , ;:;:;
                 .:.:.:.:.:      | . .  |
           / \            (___人__ )      ∧_∧      :;:;:;:;
        (ヽ(    )ノ)          ; 丿 し      ( `Д´)
         ヽ ̄ l  ̄ ./     (´⌒;;  ∪          /,   つ,
        丿 . .  /     ,(´⌒(´⌒;;⌒;;.,.,.,.,       (_(_, )   _
      (( ( ___人__丿))       ∧_∧  (´⌒(´⌒;;  / 丿し'  /  \
        J   ヽ )       ( ´Д`)         ∪    (ヽ(    )ノ)
            し        /,   つ        (´⌒;;     ヽ ̄ l  ̄ ./
        (´⌒;         (_(_, )   ⌒;; (´⌒(´⌒;;     丿 . .  /
     (´⌒(´⌒;;          し ヽ )  ´⌒(´(´⌒(´⌒;;   ( ___人__丿
      (´⌒(´⌒;;       (´⌒;  し    (´⌒(´⌒;;        J   ヽ )
                (⌒(´(´⌒´⌒; :;:;:;:;:;  (´⌒;;             し
             ⌒(´(´⌒⌒(´(´⌒                 (´⌒;;
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


.

898 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:25:41 ID:TVeEjupY00



    \           ヽ         |         /             /
     \          ヽ         |           /           /
      \       ヽ.....________..  /        /
        \..     ,, ''                 \ /       /
          \.... /       ,,イ゙\ /入  .\      /
‐、、.           /      -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''   \  /          _,,-''
  `-、、.     /       ../∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ  ...ヽ        _,,-''
      `-、. /         ..u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }   ...゙、..  _,,-''                 |\     /\     / |   //  /
          /         u uヾく,_,ノ′  .ゞi-rイ      .゙、                   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
         ,'         .u    ' ' `.               |                   \                     /
─────..|            .(       人    )     |..゙───────‐       ∠  な、何じゃここは──!!   >
          |           /,r`T"T"´ | `丁¨´|     ./        <  ̄ ̄\       /_                 _ \
          |         ,イ  |__,∟ ⊥._|__,l|.|      /      ノ ̄\´/ 丶       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
        \         .| .i l_/       _,ノノ||   ../        く  ーヘ __/ ィ>       //   |/     \/     \|
        _,,-''.゙\       .| .|Y/      ‐┴''" ||   ./        \_   ゙ ー'ノ
           \   ..|. 仁   _,__      || .<______/        /
       / ̄ ̄       l lニレ'´     `ヾ'、  ||                 /
      /            .ヽ 「]、       ヾ>、||  .\            /
    /               .ヽ`「ヽ        }H|   ...\  _____/
   /        __   ..ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||       \
 /        /\        \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|         \
/          /   \         .\ ` ̄ ̄ ̄ /          .\
         /     \        .`-──‐′           .\

┌─────────────────────────────────┐
│ そこはやる夫にとって全く未知のワンダーランドであった。               │
│ 歴史の大転換点の東京(江戸)はその風景を全く変えようとしていたのだ。 .....│
└─────────────────────────────────┘


.

899 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:26:40 ID:TVeEjupY00



         ____
       /~~~ \                  あの江戸がこんなに変わっているなんて……
     / _ノ Ξヽ、_  \
    / o゚(◎)―(◎)゚o \          京から来た官軍と駿府へ向かう幕臣とでごった返して
    |  ::::(((__人__)))::::  |
    \     `⌒´     /              昔とあまりに違いすぎるんだお





         ____
       /~~u \                しかしこれではやる夫の寄るところがないお
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \             ここで休息を取るつもりだったけど思い切って足を伸ばしたほうがいいお
    | ∪ ::::(((__人__)))J|
     \  u   `⌒´   /


.

900 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:27:40 ID:TVeEjupY00



┌────────────────────────────────────┐
│ 止む無くやる夫は渋谷まで足を伸ばして、直に宮益坂の長男成文の家を訪ねた。   .│
└────────────────────────────────────┘
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃‐(◎)―(◎)\             、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
───|┃:(((__人__))):::::\             _)                              (_
      |┃  |r┬-|     |⌒)           _)   成文、いるかお!!                   (_
      |┃   `ー'ォ     //          _)   やる夫は江戸に帰ってきたんだお!!    (_
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /               )                              (
      |┃ノ       /            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)





      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃‐(◎)―(◎)\
───|┃:(((__人__)))::::\
      |┃           |
      |┃    ^^^     /
      |┃ヽ・    ・ ̄ /  チョロッ
      |┃ \    ,
      |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴
      |┃  (::)(::)  ヽ    ・
      |┃/    >  )    ゜
      |┃     (__)    :,゜


.

901 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:28:39 ID:TVeEjupY00



               ノし
     / ̄ ̄\      て
   /:::::::  / ヽ     (
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)             ち、父上!?
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./              本当に父上なんですか?
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く                よくぞ帰ってこられました!!
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

鳥居成文:耀蔵の長男。


.

902 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:29:40 ID:TVeEjupY00



              ,. ───────‐ 、
            /             \
.          ./   __     __  \
          ,/   /   \  /   \  \
         /    ,    、    ,    、    ヽ
         /   / / ̄\\ // ̄\\   |
        /    |  |. ● .| | | |. ● | |   |
        |    \ \_// \\_//    |
        |         ,     |     、     |
        |         |      |      |      .|
        |       \__/\__/   U   |
        |          ヽ-―--''            |
        |                        |
        丶                      /
          \..____________../

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 成文は父耀蔵の処罰と共に家が改易となり無禄と成り果てたのだが                      │
│ 嘉永二年(1849年)に改易が許され、慶応三年(1867年)には三百俵の扶持で小普請入りとなった。   │
│ ところが一年も経たないうちに幕府瓦解により再び収入を絶たれてしまった。                 │
│ そんな中で父の帰還を迎えたのである。                                     .│
└───────────────────────────────────────────┘


.

903 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:30:39 ID:TVeEjupY00



    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\              一別以来もう二十数年になりますか……
  /   (ー) (ー)ヽ
 .|  o'゚~(__人__)~ |            私も子を育て、いまや孫までいるんですよ
 .|  u  (_/   |
 ヽ         /            それにしても長かった……
 /   ヽ     ノヽ





       ____
     /~~~ \
   /  _ノ Ξヽ、_ \           そうかおそうかお……
  /    (◎)―(◎) \
  |   ::::(((__人__))):::: |          ともかくお互いに無事で何よりだったお……
  \      `⌒´    /
  /          \
┌──────────────────────────┐
│ やる夫はここでも曾孫と対面する。                  │
│ この日の彼の日記には「談話団欒深更に及ぶ」とある。    │
│ 父子の間には話しきれないほどのものがあった。      ....│
└──────────────────────────┘


.

904 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:31:39 ID:TVeEjupY00



.      fー‐‐-一v――r――一¬―-―――――-―‐‐-、rー―一┐
        | o                                 o |
        |    (一)                              |
        i_                                     |
        | ̄  東京一望悲傷ニ耐ウ                      |
        l   来往、人トシテ慮粧ナラザルハ無シ             |
       !   桑海変遷シ浮世改リ                     {
        |   故郷、却ッテ是レ他郷ニ似タリ                 |
        |                                     ,!
       }                                  ゙i
      |    (二)                             |
      |                                     l
      |    交市通商競イテ狂ウガ如ク                 l
      i_   誰カ知ラン故慮ニ深望有ルヲ                  |
      r'   後ノ五十年須(すべか)ラク見ルヲ得ベケレバ    l
      l   神州恐ラクハ是レ夷郷ト作(な)ラン           .__|
      |                                      `!
      |                                     |
.      |                                       l
.      | o                                   o |
.      └ー―'^ー――一―ー‐-―-――一-―'ー―~'`ー―-'ー‐┘

┌──────────────────────────────────┐
│ 東京に戻った後のやる夫の詩である。                         .│
│ 東京(江戸)のあまりの変化に対する戸惑いとエネルギッシュに動く日本が   ...│
│ 五十年もすれば異郷と成り果ててしまうという危機感を詠んでいる。         │
└──────────────────────────────────┘


.

905 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:32:39 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────────┐
│ 東京でやる夫が過ごし始めたある日────    .│
└──────────────────────┘
     |┃
 ガラッ. |┃      .    / ̄ ̄\
     |┃  ノ//     ./ ⌒  ⌒.\
     |┃三       /  (⌒) (⌒) ヽ                父上、父上が昔目付だった時に
     |┃        .|   (__人__)  |
     |┃        .|    lr┬‐ l   |             親交があったという人が尋ねてこられましたよ
     |┃三       ヽ    `ー ´  /
     |┃       /          \              お会いになられますか?
      |┃ 三   /               \
    ,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
    ⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
      |┠ '       |              l/'⌒ヾ
      |┃三         |              |ヾ___ソ





      ____
    /_ノΞ ヽ_\
   / (◎)―(◎) \                 そうかお
 / ::::::(((__人__))):::::\
 |      ~~~      |                どなたか知らぬが会ってみるお
 \             /


.

906 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:33:39 ID:TVeEjupY00



┌──────────────────┐
│ 二人の人物がやる夫の元を訪ねた。  ...│
└──────────────────┘
               _ _ _ _
              「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
              | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|                      __
              | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ                  /___` '- ,_
               _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L--、                 _∠ -――- ,`'-,_ `' ,
           〈 こL _ __ ___ _ ノ.::::::/            /、イ l      \  \.  \
            \         .:.:. :.:::::::_/            ,' l、イ |'l゙/, /  /゙i l゙i ゙i__/
            /.::7::`::ー ── ─ .:.::"::.ヽ.             ! l.L|/ニイ i / 〃イ7ヽ|l.゙i| l |
            |/:|::| (●)  (○)  |イ::レ′            | | (○) / (●)   | l |l¦
                |   (__人__)     |.               彡彡 (__人__)   ミ_ミ_ミ_
              \  `⌒´    /                \  `⌒´     /
              /  ー‐     ヽ                  /         ヽ
                / l   ,/  /   i                  / l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l                (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ                   /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ                   !、___!、_____つ

        元徒目付  山本庄右衛門.             元祐筆  阿久沢丑助


.

907 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:34:38 ID:TVeEjupY00



      rー──
     _l  ̄ ̄ |_
    〈_`三三三'_ 〉      ___
     レリ● ○レノ     ∠===、ゝ >
     '、(_人_)ノ      ○"●)lレi|∧          ────というわけで
   (⌒`    ⌒ヽ   /(_(__) ミミi リ l
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) l            かくかくしかじかで将軍家は
    │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ / |
    │  〉    |│  |`ー^ー― r'  |            江戸城を明け渡したわけです────
    │ /───.| |   |/ |  l  ト、. |
    | irー-、 ー  ,} |    /     i \|
    |/   `X´ ヽ   /   入  |


.

908 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:35:38 ID:TVeEjupY00



       ____
     /~~~ \
   / _ノ Ξヽ、_  \               なるほどなるほど、そういうことですかお……
  /   (◎)―(◎)   \
  |  ::::(((__人__)))::::  |
  \     `⌒´     /





         ___
      /)/ノ ~ヽ、\                 ところで各々方、かくも簡単に将軍家が江戸城を
     / .イ ' (◎)―(◎)\
.    /,'才.ミ) ( ( (__人__) ) ) \            明け渡した理由がお分かりですかな?
.    | ≧シ'   ´ ⌒`       |
.   \ ヽ           /


.

909 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:36:38 ID:TVeEjupY00



                     __       _ _ _ _
                   (/⌒))    「 _     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     〔l´      | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.:::::::::::::1|
                     O       | _i | _ __.:.:.:.::::::::::::::::::リ
          __            .  _,「. .:. :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::.:.:::::L--、
      _, -' ´___\          〈 こL_ __ ___ __ _ノ.::::::/           いえ、
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、         \           .:.:. :.:::::::_/
  /  ./ /      l ト、\         /.7`::ー ── ─ ─:.::"::.ヽ        およそ我らには
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',        |/:|::|  (●) (○)  |イ::レ′
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !         ||/ u (__人__)   .|/|           判じかねますが……
   l | l |  (○) / (●) .」 |         ./     ∩ノ ⊃ /
  彡彡彡 u  (__人__)   .ミミ         (  \ / _ノ |  |
    \     `⌒´   /         .\ “  /__|  |
     ノ       ー‐  \           \ /___ /


.

910 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:37:38 ID:TVeEjupY00



                >'''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~><
           >イ´                    `> .
           , イ                           ヘ、
         /   'ー--- .....,,,,,____                       \             それはやる夫の意見を
       /        --- .....,,,,,____  ̄~~゛゛ ''''''ー               ` 、
     .∠     'ー--- .....,,,,,____  ̄~~゛゛ '''''                  ';,         まるで聞かなかったからですお
     /   ,>、_      ...........    ̄~~゛゛ ''''''ー                  ヘ
   ./   . '  ̄ `ヽ-<::::::::::::::::::::..l、                      ヘ        やる夫は以前将軍家に蛮夷を近づけてはいけない、
   ./   ./ γ ⌒ヽ  ',::::::::::::::::::::::::::>=====__                  ヘ
  /:――!  i  @ i  l/:::::::::::::::::::::/:::'''''',. '  ̄ `ヽzzt_             ヘ      もし間違って彼らと親しくしたならその災害は
 ./:::::..  、 ゝ ___,ノ   ̄~~゛゛''''''..{,,,  ./ γ ⌒ヽ  ',  `ー             l
 l::::::::::..   ヽi. _ .. '        ヘ  `!  i  @ i  l =             |    口に出来なくなるほど大きくなるといったのに
 |::::::::::::...  ..ヘ       ,|         、 ゝ ___,ノ  ,'"'' ‐- ,,.._           |
 |:::::::::::::::::..   `'tー―-''´ |        ヽ . _ .. ' <     "'' ‐- ,,._    ,|    当時この意見を聞く者がなく、そのために
 |:::::::::::::::::::::::: ...,ゝ-<__  ゝ-- 、                            l
 |::::::::::::::::::::::::::::::l      `''<  `'''---、__/    .,,                   ,    本日のような変わりざまを招いてしまったんですお!!
 .\::::::::::::::::::::::::::::::......      .`<_     /      `'''- 、、             ,'
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;....   `¨¨¨¨¨´             `ヽ、  ........:::::::::::/
    ..\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iii:::::::::::::::::::::/
       .\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        .\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


.

911 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:38:38 ID:TVeEjupY00



          ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         |     はあ、そうですか…………    |
        乂________________/

                              _ _ _ _
                             「 _     ̄ ̄ ̄`ヽ
          __                | | |  ̄ ̄ ̄.:.:.::::::1|
      _, -' ´___\.              | _i | _ __.:.:.:.:::::::::::リ
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、.         _,「. .:. :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:::::L---、
  /  ./ /      l ト、\       〈 こL_ __ ___ _ ノ.::::.:.:.:/
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',.       \         .:.:. :.:::::::.:.:_/
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !.       /.7`::ー ── ─ .:.: :"::.ヽ
   l | l |  ‘   /  ‘  .」 |.       |/:|::|   (●) (○) |イ::レ′
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ.          ||/ u   (__人_)   |/
    \     `⌒´  /           \     /__/   ,/
    /             \               ノ           \
┌───────────────────────────────┐
│ やる夫は轟然と言い放ったという。                           │
│ 二人はその気迫に推されて何も言うことができずそのまま辞去した。  ...│
└───────────────────────────────┘


.

912 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:39:37 ID:TVeEjupY00



                    ___
                   /~~~\
                 /─   ─  \
                / (◎)─(◎)   \
               l ::::( ((__人__)) ):::::::  |
               \   `⌒ ´     /
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/
┌───────────────────────────────┐
│ 東京へ戻って数年、やる夫は日記を欠かさぬ一方ひたすら毎日を    .│
│ 人を訪ねることに費やしている。                       ......│
│ 長年の流刑から戻りやる夫も人恋しかったのであろうか。          │
└───────────────────────────────┘


.

913 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:40:37 ID:TVeEjupY00



            / ̄ ̄\
          /─  ─  \
            /(●) (●)   ヽ
         | (__人__)     |
          |  `⌒´       |               ___
          ヽ         /                /~~~\ :
          / ゝ         ィ'ヽ                /_ノ 三ヽ、_  \
        /                 \.          /(◎)三(◎))   \ :
      /   ィ          r   \         |:::( ((__人__))):::::   |
       |   `||           |ヽ  ヽ.         \ ヽ|r┬-| /   / :
       /⌒ヾ|          | |,  |             !、      ,r'⌒\
      ヾ___,ソl          │(、__,ノ.          i´ ゙i ‐ー /      \
          |          | /ヒ__ゝヽ        ゙i ゙i  ,r' ,r'⌒ ,    \
            l    Y´     / {     }           ゙i ,r' /    \    `r
            ヽ,   (     ,/ {     .}         (,(,__)       : >    }
             ヾ  |   |  ゝ、__,ノ.           | |      ; / /ヽ ヽ ;
            ≒;|   |                     | |    :/ /  ;ヽ ヽ
            (.("_`゙_)                    | |    (___)     ( _) ;
┌──────────────────────────────┐
│ 明治三年二月、子の成文の清水移住にやる夫は行を共にした。   ...│
└──────────────────────────────┘


.

914 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:41:37 ID:TVeEjupY00



            ..____
            ,ソ ヽ、_  .\.._______
            ◎) ((◎))  \        `ヽ
           /(__人__))):::  |            ヽ
           {  `⌒´     /  /          ヽ
           `ヽ_____/  / ̄ ̄フ\    ノ
          / /     ./  /   /  /  /
         / /      /  /  /  /  ∠_,-
      ⊂二⊂ノ        /  /  (__/  ∠__,- 丶
              ⊂二_ノ     (________ヽ
┌─────────────────────────────────────────┐
│ 四月二十一日、やる夫は藩主徳川家達の領内巡視にぶつかり、思いがけず謁見を賜った。   .│
└─────────────────────────────────────────┘


.

915 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:42:37 ID:TVeEjupY00



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::   :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし清水での生活は立ち行かなかったらしく、やる夫一家は明治五年の一月に又東京へ戻った。  │
└───────────────────────────────────────────┘


.

916 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:43:36 ID:TVeEjupY00



    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ              我々元武士ができるような仕事は
 .|    (__人__) |
 .| u.    `⌒´  |            本当にないんですよ
. ヽ       nl^l^l
  / ヽ      |   ノ          商売をするにも元手すらありませんし……
. /        ヽ く





        ____
      /~~~ \
    /  _ノ Ξヽ、_ \          そうかお
   /    (◎)―(◎) \
   |  u::::(((__人__))):::: |      苦労をかけるお……
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


.

917 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:44:36 ID:TVeEjupY00



   ,。o<ニ=-
><   ` '<ニ=-
≧s。//≧s。  `'<ニ=-
i:i:i:i:i:i:≧s。//≧s。.,_``''<ニ=- __
┬ _i:i:i:i:i:「≧s。//ミo。::| ̄‐-=ニ≧s。.,
│ | | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:| ̄ ̄|::|==||_ ̄-=ニ≧s。.,_
⊥_|_| ||i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|    |::|   .|| |::「T:=- _¨丁¨¨  __
_i:i:i:i:i:「|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|====|::|==||-=L」,,|_|_| ||===∠_ハ
三三二ニ≠=ー弌   |::|....,,,,廴____||__/||:: : |  ______     __
i:i:「「TT ¬…‐-=ニ≧o。_\\\\\\\``トミ,,|∠∠∠∠// ̄ ̄¨¨/  `ヽ、 ̄\_
i:i:i:i:i:|::|[][][][][][]i:||   |:::| ̄..|匸匸匸匸匸匸匸ア__|___|」」」__|_, TTTTTTx个二二二个ー-\ \
i:i:i:i:i:|::|[][][][][][]i:||   |:::|::: : |i:| ̄││|i|ニ|ニ|ニ|:||____,,,.イ|∠ZZZZアzzzzzzzzzzztttttx二ニL
i:i:i:i:i:|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||  r=ニニ==|i:|: : ││|i|ニ|ニ|ニ|:||_||_|:_:_:::||_|:|┴┴┴||┴' ̄| ̄| ̄¨| ̄「「「_|二ll
i:i:i:i:i:|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|| :|ミ== 彡|i:|: : └┴|i|i:i:i:i:i:i:i:i|| ̄ ̄ ̄~~|¨゙| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
i:i:i:i:i:|:「」二|二|]zzzァ |::::::::::::::::|i:|::::::::::::::::|i|i:i:i:i:i:i:i:i||───‐┴┘,、,、wwww
i:i:i:i:i:|¨¨「:|i:i:i:i:i:i:i:i:|| |≧==≦|┴=ニ  ¨¨ ̄,、,、xWWN:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;彡
_ -┴ |::|¨¨ ̄   ≧===≦,、,、,ff¨¨「| ̄「」:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;彡''"
      ̄   ,.、,、,、xwwWWWWWミx :. :. :.`゙'ミミ:.;:.;:.;:.;:.;彡'''":. :. :. ..
,.,.,wwwwwWWWW;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'Wwx :. :. :. `゙゙゙":. :. :. :. :. :-  - 、        . :
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWWWI; :. :. :.  :.   :.   / (◎ ◎)ヽ     .. : : :
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWW''''"":.  :.  :.   :.   :   :ゝ:(_人_)::ノ  .   .  .:
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWミ'"":. :. :. :. :.  :.   :.   :.  /^〉 i幺i 〈ヘ  :   .   .
;';';';';';';';';';';';';'WWWWWWWW''"":. :. :. :. :. .              ヒ'|_」l lL_l,ン   .   .   .
;';';';';';';';';';';'WWWW'''"""´:. :. :. :. :. :.  :.  :.  :.  :   :    .し   J.
;';';';';';'WWWWW:. :. :.  :.   :.   :.   .    .    .
┌────────────────────────────────────┐
│ 家庭の事情を慮ってか、やる夫は親戚知人を訪ねてはしばしば泊り込んでいる。   .│
└────────────────────────────────────┘


.

918 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:45:36 ID:TVeEjupY00



                         ____
                        /~~   \
                      /_ノ Ξヽ、_    \
                     / (◎)―(◎)     ヽ
                      |::::(((__人__)))::::::u  }
                   \   `⌒ ´     /
                 __/   ー    γ⌒ 、
               _{´   ⌒ヽ              ∨
                / `ー‐1   }         i   ∨
                 /:::::::   ゝ '          |i    ∨
             /::::::::∧               ハ   ∨
         , - く__// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ /  _ト  ⌒ー、
          、___}人________/  (__ .イ_i__i__)
┌────────────────────────────────────┐
│ だがこの頃より遂にやる夫の体は衰えが著しくなる。                        │
│ 明治五年の八月半ばごろより足がむくみ始め、漢方医の治療で一時は持ち直す。   │
└────────────────────────────────────┘


.

919 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:46:35 ID:TVeEjupY00



           ____
        / ~~~\
      /  ~~~  \
     /   -(◎)―(◎) \
     |  ::( ( (__人__))):::  |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/
┌──────────────────────────────────────┐
│ 一時期持ち直したやる夫は再び居住地の渋谷宮益坂周辺を歩き、また人を訪問した。 ....│
│ しかしそれもわずか一年ほどの間であった。                                 │
└──────────────────────────────────────┘


.

920 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:47:35 ID:TVeEjupY00



             _____ 
              /─  ─ \
           / (ー)―(ー)  \
         /:::(((__人__)))::::  ヽ
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、
 ノ                    `ヽ/
/                      )
                      /
                     / 
┌────────────────────────────────────┐
│ 病魔は確実にやる夫の体を蝕んでいた。                                │
│ 明治六年七月二十五日の日記に「足浮腫、起歩成り難し。昼夜病に伏す」とあり    .│
│ 八月十五日の「暑さ堪え難し」で日記は終わっている。                      │
└────────────────────────────────────┘


.

921 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:48:35 ID:TVeEjupY00



              _______
           /´          .: ̄: : :.::::ヽ
          /⌒ヽ    /´⌒``ヽ:: : : ::: : : :.\.
        /                   \: : ::: : : : : .\.
       /⌒、      /    \   ゙ : ::: : : : : : :: . \
      i -ーl      l ー一   l  .::::: ::: ::: : : : : : : : : .\.
     /          \    /  .:: : :::: : : ::: : : : : : : : : : .\
    /    、       、    .:::: : : : :::: : : :: : : : : : : : : : : : \.
   /  |   ヽ         )       : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : .\
  /   ヽ、__/_\___,ノ        ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 /     ` ´  ` ′            :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
 |                        ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|
 l                         .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
 ヽ                        .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l
   \                  .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/
     \                    ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
       \                 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
        \、        ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          ``ー-     :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
          /       :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\.
┌───────────────────────────────────┐
│ 明治六年(1873年)十月三日、やる夫こと鳥居耀蔵は死去。享年七十八歳。   ....│
└───────────────────────────────────┘


.

922 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:49:35 ID:TVeEjupY00



                          ,iー..
                       /  /
                         /  /
                      /  /
                   /  /                     「──この人監察(目付)たりし時より
                     / . /
                  / . /                   残忍酷薄甚だしく、各官員の怨府となれりといえども
                 /  /                         ゴウマイ
                   / . /                        その豪邁果断信じて疑わず、
                 /  /
             / . / -''''^゙''''ー-.._                 身をなげうってかえりみる事なく、
             , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,                  レイゴ
         ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、   後、罪せられて囹圄(獄舎)にある事ほとんど三十年、
        /  , ‐‐'~´                                       マスマス
          !  (  !                            悔ゆる色なく、老いて益勇。
          l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
        .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._                八万子弟中多くかくのごとき人を見ず。
   カリカリ  / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛         マタ
    (((  l./  )))''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..     亦一丈夫と謂うべき者か」
       ’                      ̄ ̄


.

923 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:50:35 ID:TVeEjupY00



                  _
         , '  ̄ ̄ `/ ヽー‐、
      /l_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     _,{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ≡='
   / : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : ,、: ヽ: `ヽ
   '/: : : : : : : : : : /: : : : : : : : ィ: : : l: : : l: : : |
   l: : : : : : : : : : : l: : : : : : : /l:.人_l: : ハ::l: : :l
   l: : : : : : : : : : : l l: : /l: :/// _、∩/ l/ l/
   ',: : : : : : : : : /ィ! l l l ll/"¨ゝfソ | !
    ヽ: : : : : : : ヽセ iリ " '    `ー∪、
     ヽ: : : : : : : ゝY          丶
     _,ヘ: : : : : : : : l       、   /´
       〉: : : : : : : ゝ       ̄,
      〃: : : : : : : : : : ヽ      '
       ij { ハ: : : : : : : ハ| > - '
        ゞ ヽl乂Ⅴト ̄ ̄  ヽ
        /            \_
     _ , -' ゝ───< ̄ ̄  ̄    ` ー --、
  /´       ,'                  , ' ̄ヽ
 /         ,'                  '     \
/         ,'                         ヽ
┌────────────────────────────┐
│ 勝海舟の書き残した言葉である。                    │
│ 耀蔵は”悪人”の中でもやはり傑出した人物だったのである。  ....│
└────────────────────────────┘



.

924 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:51:35 ID:TVeEjupY00



●やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです    登場人物



                                __
                       -=ニ ̄ ̄          ”“''*x
                   >''´                   \
                >''´
             >''´    >=-。.
                     <> ´  ,ニニ><                 \
            /      .Ⅵ       { `=´} ヽ                  \
            ./      ヽヽ         ヽ }iノ |             = --
           /          \ __.  __ _ --- ィllヘ        ィ ==== 、
                   -==  ̄ ̄ ̄     ヽl       .リ (´`=.´}\     i
                                         〈.   ` = ィ  \
                                       ヽ        ..ヽ.
          j{              ,                    \\    ィ/    }
            {             ヽ          ,           ヽ.` =      /
                        ∨―――ー‐'"  ``'く
                          .∨//////////7≧x .\__/         Y
          |               ∨/////////////_ ,)  〉              }
             ヽ             l  ̄ ̄ >.、////.`ー/          /
            ≧o。.,,_         ヽ 、    ヽ////./          /
                    \         ` <___  }l/./        ,.   ´
            |        .\       、__
             .__|         .\            _ ,,.  ´
     _ -== ̄  |            .\        ,< ./ ≧o。.,,_
      ∧:::::ヽ    !            `  _ ,  '  ./      /

鳥居やる夫                        やる夫(AA)


.

925 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:52:34 ID:TVeEjupY00



                               ィ≦三三三≧
                       /三三三三三三三ヽ
                     ,ィ≦三三三三三三三三三ヽ
                     ,'三〃三三三三三ィヌ発,三ムヽ
                     {三{三三三三三三ゞfタシ三三ニ} ヽ
                     ヽ三ヽ三、三三≧=三三=≦川リ三}
                          \三三三三三≧=冖=≦ミ、イシ
                         `|`TT"t´・ク / ヽt ・ァ }i ̄´
                       ! l |  `´/   ヽ   l}
                        ハ | |   イ   j   )  .リ
                         }弌  ゝ-t' ^ヽ-イ  ィ
                        _{ 弋ミュzャ二´∠彡
                      /∧ ヽ  ` 冖¬〈イ
                   , zイ////∧\ ` ‐----イ ヽ、
                ィ≦//∧/////∧: :ヽ、     ', トヽ、
            , ィ≦///////∧/////∧: : : ヾ,、   リ:}ヽ/ヽzュ
          イ/////////////∧/////∧: : : : :ヽヽ .i|:}: :ヽ∧//ヽ
            /////////////////∧/////∧: : : : : :ヽヾ lリ: : ト/ハ///ト、
        ///////////////////∧/////∧: : : : : : ∨}: : : l マム////ヽ
          /////////////////////ハ//////ハ: : : : : : ∨: : : }: マム/////ヽ

矢部定謙                      やらない夫(AA)


.

926 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:53:34 ID:TVeEjupY00



              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´              ヘ.
     {    ヽノ'                                i.
     i        、                     }
      {                              ノ
     ヘ.    ,. ‐   ― ―   、             ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.
        ./                         i
       /                      ∧

遠山景元                      できる夫(AA)


.

927 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:54:34 ID:TVeEjupY00



伴大納言                      今川義元(信長の野望)
梶原景時                      松永久秀(戦国BASARA)

林述斎                        アーカード(HELLSING)
鳥居一学                      ルーク・バレンタイン(HELLSING)
登与                          セラス・ヴィクトリア(HELLSING)

跡部良弼                      ラプラスの魔(Rozen Maiden)
藤田東湖                      武藤カズキ(武装錬金)

大久保加賀守                        キュアムーンライト(ハートキャッチプリキュア)
矢部の密偵                    キュアサンシャイン(ハートキャッチプリキュア)
与力A                        コブラージャ(ハートキャッチプリキュア)
与力B                        クモジャキー(ハートキャッチプリキュア)
三之助                        ダークプリキュア(ハートキャッチプリキュア)

                 > -──-=ニ
               /    ___   ` <
             >㍉   ム二二ニ      ヽ
           /   j    ____`ヾ二二.     V
           /  イ. /   <⌒ \ 二二. { Y ',
         {  ( へ          ○ Yニニ込ィ :} jヽ, イヽ
         |   弋          ∨辷ニニノ ノィ≦ニニニリ\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
         人   ヽ             j⌒  }`Vニニ>'''レ′...._)                       (_
        /  >    }  .:i:i:i:i:i:i:. .       i  ト Oヽ 八   _)                       (_
.     /   /   丿,;i:'´ -==ミ:i:i:.(     i  |  Y /   _)                       (_
    /  /     /.i:i ,..く   ヽ ヾi:. ⌒   イ   (ヘ.    _)                       (_
-一         / .i:i /ニニニー< `寸ヾi:i..  r ノ    } /.   _)       江  わ         (_
      |     :i:i: ム斗<⌒ヽニニー<  辷ニ㌘㍉  ノ/     _)       田  し            (_
      |    :i:i. /         \⌒ヽ`''<_ノ} i:i/./     _)       島  が         (_
      |   .i:i: {ニニニ\        人ニニニニ/ .i:iムイ       _)        平  男         (_
      |  .:i:i  |⌒Yニニ\          )ニニ/ .i:i.|       _)       八  塾         (_
      |  .:i:i  |ミ j `ヾニ辷=ー--一=ニニニ/ .:i:i |.         _)       で  塾         (_
      | .:i:i   ≧=ー j  )⌒>ーく二ニニ=i  :i:i |.         _)       あ  長         (_
      | .i:i 弋   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧<Y⌒{ :i:i │.        _)       │             (_
      | .i:i    ー--          \ ハ :i:i.│.        _)       │                 (_
      | .i:i        ≧=ー-=ミ     V )ム |.        _)       る                (_
      | .i:i                ミニ=一 '   `.        _)          !!!                (_
      | .i:i                     丿      _)                     (_
      弋 .i:i      ≧==──--        /         _)                     (_
        `¨''<            `ヽ   /`ヽ.         _)                     (_
               <       ノ  /    \      _)                     (_
                   >ー----イ        \   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

大塩平八郎                    江田島平八(男塾)


.

928 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:55:34 ID:TVeEjupY00



小笠原貢蔵                    金糸雀(Rozen Maiden)
花井虎一                      雛苺(Rozen Maiden)

内田弥太郎                    相沢周市(DEATH NOTE)
奥村喜三郎                    松田桃太(DEATH NOTE)

芳賀市三郎                    小林吾朗(Darker Than Black)

幕府役人                      クローン・トルーパー(スターウォーズ)
  〃                          やる実(AA)

川路聖謨                      相楽美佐枝(CLANNAD)

渡辺崋山                      黒井ななこ(らきすた)


高野長英                      藤林杏(CLANNAD)

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー,、、-、、.,_
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``> '´       ヽ
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,/   エ凡     ヽ
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッン==t、ノ :::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::/     ハ、,ぃ      '、
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i!     ン`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::/       _Z_        ',
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ     , '  `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,/      ,__)        ',
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''''''"l | |  .!:',::、::::::::!:::、,'         l           i
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、 || | ||  i:::',:!:、::::::::::::i       '、ノ        l
::::!| |li`  `   `iヽ、    ヽ   ll l !|  i:::::',:i:ヽ:::::::::!         i  ヽ       !
:::::l,| l        !           ! ! l  .i!.ノ';,:::;::':,::::::l       ヽ  '       l
:::、:i  i.    ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!       フ         !
::::.、', lj         ´          /:::::::::::::',.:::::::::',      -十-         ,'
::::::ヾ'、     ..、、.......         ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',         ┘       ,'
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''    .,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',      ┃┃      ,.'
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、.     ・ .・      /
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ        /
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ`' ー-、、-ー '´
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

江川太郎左衛門                      L(DEATH NOTE)


.

929 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:56:34 ID:TVeEjupY00



徳川家斉                      ギレン・ザビ(機動戦士ガンダム)
徳川治済                      デギン・ザビ(機動戦士ガンダム)
徳川家慶                      ミネバ・ラオ・ザビ(機動戦士ZZガンダム/機動戦士ガンダムUC)

水野忠篤                      谷口(涼宮ハルヒの憂鬱)
榊原忠職                      ヌケドノレルド(企業キャラクターAA)
仁杉五郎左衛門                      イカ娘(侵略!イカ娘)
中川道玄                      雪代縁(るろうに剣心)


   .,-,/′.,,/ : : :  ./,l゙l゙;/`    ``'''リゝ;;: : : : : :
 ,// :l'"::: :: :: :: |::  l゙.l゙ |;"        ,,,-ゝ: : : : :
 l,/  :l:::::::: : : ::::|;:: : | l : |:          `'├: : : : :
 イ   :l::::::: :::: ::::::|;:: : | |: :゙l ,r,===ー- .. _   i、: : : : :
  ヽ  l ::::::::::::::::::::゙l,. .,l|ノ 'ヽ〆ヘ      l: : : : : :
  ゙丶 l ::::::::::::::,i- |  l.  ,,/゙/:"ii ヾ    /: : : : : : :
     l ::::::::: : l. !!ソ  l.  l !:::!! ノ  ,.r': : : : : : |
        ,ア;:,/゚゙ i.!ノ     ,,゙r-γ゙   .,/' : : : : |: |
    ._,-'゙,へ|::l ̄       "    、_,ノ゙: : : : : ,| リ  俺の事忘れないでね
  /ン'¬-、゙lヽ、丶            ア ;; : : リ
  ヽ l  ヽ`ヽ'i '             '",ア: ;ノ
   .l. | .,、 `ヽ,,'l ヽ,,.. .. _         ,/,;/
   |.| `ヽ、 'l l .ヽ--  ~      '゛
   レ  . ,ii、 |l' l, :;;:           ./
   .,i´.、-'" 'ヽ,|,゙ l,.      ー- ,,,、 .,/
   ‘'i、

高島秋帆                      伊佐未勇(ブレンパワード)


.

931 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:57:33 ID:TVeEjupY00



                   ___________
                /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`╲
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〵
                  ╱::::::::::::◞:-----::──::、::::::::::◞::  -:─::、::: 〵
               /::::::::::::: /     __   ╲:::::/  __    ╲:: |
                |:::::::::::: /    ´    `   V  ´   `    ╲|
                |::::::::::/     , ҆ ҆ ヽ      , -‐ 、    |
                |:::::::::{     / /:::::::::::  ',     , ,:::::::、ヽ  |
                |:::::::::|     { {:::::::::::::! !     ! !:::::::::} }  |
                |:::::::::|      ゝ ー ‐ '      ` ー ‐ノ   |
                |:::::::::|    ´ ̄ ̄`          ´ ̄`ヽ  |
                |:::::::::|      {          i      }    |
           /⌒৲::::>      ゝ ________ ノゝ ____ノ     |
             乀 @ V        {         /       |
                |             ` ー ── ´        |
.               ╲                        /
                  ╲                         /
                  ╲                        /
               /´ ̄  ̄\               /
               /         \.             \ヽ

本所茂平次                    見学会いく夫(AA)



お袖                         見学会めぐる(AA)

石河疇之丞                    風浦可符香(さよなら絶望先生)
浜中三右衛門                        関内・マリア・太郎(さよなら絶望先生)
教光院了善                    ヤムチャ(ドラゴンボール)

幕府役人                      クローン・トルーパー(スターウォーズ)
伊沢政義                      能登麻美子(AA)

渋川敬直(六蔵)                      AHOO!(AA)
後藤三右衛門                        でっていう(AA)

柳亭種彦                      糸色 望(さよなら絶望先生)


.

932 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:58:33 ID:TVeEjupY00



土井利位                      雪華綺晶(Rozen Maiden)

牧野忠雅                      直井文人(Angel Beats!)
鍋島直孝                      仲村ゆり(Angel Beats!)


堀大和守                      平沢唯(けいおん!)

                                               __
                                            /\__> ヽ
                         ,  -  ,        , ー--,  ーフニ/ ¨
                     ,   '         、       ̄ノノ   r-ニ||
                  __ '              ' 、   <_,ヾ、っ  V三」|
    _,-、                /   ,  , /       ヽ   .ヽ,、  __    ヽ´ ヽ=
  -=ィ rニ- 、             / ,  /  V   i.       ',    ',}_ニ彡- _/> |`i
 zニ¨r-l ヒニ、          ,'i , |  { // .{i _L= L__ ,     ',   |ハ ¨} 〉  >xt 」 {
 /、ヒ .| しi/         リ | l レtッリ  リИ|、 |lト ` i   .|   | .| ,ソ   ==r| | |  /
.´  `-i j           ' 、i { .トリi_|  | ェt__,゙}.リノ  ,/′.   | .| r、    ヽi ヽニニゝ
     ミ__           |Ν{.≡´    ̄ ̄ |iリ.| / t、}   . | .| |_|    ,、 _|l_
 r-リ 」rフ,-ニ}            V l ′         .}./ F:リ   i | _レ=、、  l l  _||__.
  ¨  `ソノ                l  --     / } / r´|  | | 7ハイ / ヾY=-、丶
   </                ', \        /1 { |  .| |_//
  _ハ ,====-                | lヽ _ ,  -::::::::::´/ / i     | rニ¨フ
∠_ r ._コサ==,              | | , /}:::::::::::__, y ./_| {   __У彡、゚--、
  | .} ゞ┴v/                 /i .i //r,|:: x< / /==> 、_ =てrハ_ `こr,
  `=、___」L__             / } j/_ //ミ、   / /:::::/   ≧=ヲ/ ==ヽ`´
._/r´ ニ} E.              __/=y i::::/1iiiノ V´:/ /:::::/    /  /_| r--¨、
¨´7 〉 }i ヒヨ|             / l //:/フ1|>x::V ./:::::/    /     `ー‐´
  `¨ .ー==ヽ.         _/   レ /:ハ/ 」|:::::≫/´¨     ./      ハ } iハ
 __/ /_  t 、ミ       r !  //.{::/1 /::||:::>i {       l        yl :i |l |
  ) /´z =`           ∧ ヘ ./ { i /::レ:-゙:|| r=:|/====   .i      /  ∧{ リ
 // { (_         ∧   V |.| 。i   j  . |i      丶,         ∧
 ¨  `ー‐´.       /     i  ヘ {      |       /丶        ∧
                /  _ -/{   `l      l      / /  \         ∧
             /    /{ ハ   o|          ´ |../  } r、\      ∧
          〈`ーv--l .| i }   |           //  /./ }ノ ≧--==  ハ
              ∨   .∧リ|.i   }           l./, ../リ   レy-      丿
            ∨    ∧ l  。 l           | |/  <       /

阿部正弘                      立華奏(Angel Beats!)


.

933 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 14:59:33 ID:TVeEjupY00



熊倉伝十郎                    ケンシロウ(北斗の拳)
小松典膳                      トキ(北斗の拳)

井伊直弼                      ひこにゃん(ご当地キャラクターAA)
丸亀藩の重臣その他                 ドク夫(AA)


鳥居成文                      やらないのか夫(AA)
山本庄右衛門.                     蒼星夫(AA)
阿久沢丑助                    翠星夫(AA)


                        -─=ミ
                  -─/::::::::::::::: }ー=く
                   /:::::::::/:::::::::::: / ::∧::::::::: \
                /::::::: /:::::::::::::::::/::::/ ハ :::::: \\
                ,':::::::::/::::::::::::::::/::/}''^Y}::::::::::::: \
                  {:::::::::':::::::::::::/::/ /  八ハ::::} i:::ヽ
                  {:::::::::::::ー=彡/¬=ミ、 ,,==ミVi| |ハ}
                  {:::::::ハ:::{ー┐ィ筏ア }-{ィ筏'^刈 |  }
.                 ',::::{ う)リ   ヽ .........ノ \ ....ノ 丿
                }::::\ }          ノ /
              ノイ:::::从      ー...‐ /
                 从:::八\         ′
                 ノノイ\   \     /
.               /ニ\\  ` ┬く
         _  -‐=ニ|ニ二二\ ー=、|( 、
    _ -‐=ニニニニニ|ニニニニ/',  /爪ヘ\
.  /ニニニ\ニニニニ ̄ ̄/ニ∧/㍉, 》\=- _
  /ニニニニニニ',ニニニニ/ニニニ∧  Ⅶ}iハ \ニ=- _
. /ニニニニニニニ',二二二\ニニ二∧  Ⅶ{ }ニニiニニニヽ
/ニニニニニニ二二}=/ニ二二\ニニニ∧  {lili} }ニニ|ニニiニ|
ニニニニニニニニニ}/ニニニ二二\ニニ∧ .{lilil} .}ニニ|ニニ|ニ|
ニニニニニニニニニ}ニニニニニ二二\ニ∧{lilil} .}ニニ|ニニ|ニ|

勝海舟                        織部悠(王様の仕立て屋)

幕臣                          マルコ・ジュリアーニ(王様の仕立て屋)



モブその他                     内藤ホライゾン/モナー(AA)


.

934 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 15:00:33 ID:TVeEjupY00



                              _
                          __{ (rト、ォソ
                      ....::::::::::::::>`=-´- .._
                    /:::::::::::<          `ヽ
                  //:::::::/ //            ヽ
                rヽ_/ニ、 ,:' / ,' /       ヘ   、
                     |:::Lィ 7:::| , ハ  ト、{  l   i ',  'ゝ、\(`ヽ
                     ,'|:::|::|/::/7/ {+<{;  .;    i ', ト、 ヽ`ヽ )
               ,' y:トV::/ /代≠ミメ、八   ,'  } ( \   {
                /:/ト-´ 乂 ゝ`'弋:トソヾ`ヽ イ  ノ ノ,`ヽ ヽ }
              //:/ |::| ヽ__ゝ  `¨´   }´,ィ≠x、从ノ   )、
             ,.´ |::|  |::|   ;.{ U """    ´ ゞン7チノ    / )
             /  ,':::|  |::| '; :,ゝ        '´  ¨´人ノ   ∧
.           /   〈:::::|  |::|;;, ';, ' 、    r= 、    / {    { |
         /__/ ∨ i|::| 、; ,、ヽ    `´   イ ;, '、  ∨
.       //   `' く  \i|::|| ト、 ヽ      イ  |  ';,. ヽ.   \
     //          、 i|/ | |    > -.<   i  i  ';, ∧    Y\
   / ./    `丶、   ヾ, |i  |i |  イ、      |  |   ;..  ∧    ノ  \
. /   /       \  )  ii   |\`寸 、     |  | ;,  ,;:i} ,' ト、 /     \
     /          ヽ   !i   |  \ハ `ー-、_ '   j/   ,;:リ,'  | /       ヽ
   , ´       \  、    リ j |i,   ヽ} V   ` 丶 / , ,:  ; :i         `、
  │         \  、 i   丿 j||、   │ ',    / / ' /ヽ  |│          ヽ
   |            ヽ 、 i   jノiリ \ │ ,    / ,:' /  ト、| |    ::.        ’
/ !              ヘ } j   j/    ヽ| !  ∨ / ノ   /  |,'     :::..      ,'
  ,              V/          ', │ /ル' ,/      |      :::..     |
  ,′               〃           ' │/ l /  /   |      :::..    │
, /                  ,'              } │  乂{/     │      :::..    |
/                ,′          /   |     ヤ"´    |       ::::..    |
              ,′、          /   ,'     }        |        ::::..  /
                厶==ミ   _彡     /    八      |          /
                 /.::.::.::.::.::.::`丶、ノ   /      厶 -‐    |        /
   /        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\-<       . ィ゙      丶   |        / ___
  /           /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::…ー<,         > ,. -一''"´ ̄ ̄ ̄

水野忠邦                      水銀燈(Rozen Maiden)


.

935 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 15:01:32 ID:TVeEjupY00



                 ┌─────────────────┐
                 │  . __|_     _|__       l   |    │
                 │   _」--、\    l/⌒ヽ    レ  |    │
                 │  (_,ノ   )   . /|  __ノ       ,ノ     │
                 └────────┰────────┘
                     ____       ┃
                   /⌒  ⌒\ . . .┃
                 /( ●)  (●)\   ┃
                /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
                |     |r┬-|      |ニニア
              __\.    `ー'´    /:::::::::/
            (⌒||::::::::::: ̄\\   // ̄:::::::::::::/
             " ||:::::;;;;::::::::::::| |  | |:::::::::::::::/
               ` ̄.ヽ::::::::::| |>x<| |::::::::/
                 /::::::::::/ /.   \:::::::\
               /::::::::;;;;;;;/  ̄\ ヽニニニヽ
                ̄ ̄\_     |/
                   _ノ \___)
                 (    _/
                  |_ノ''


.

936 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2019/01/03(木) 15:02:32 ID:TVeEjupY00



これにて「やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです」投下をすべて終了いたします。
読んで下さった皆様、まことにお疲れ様でした。


最終回ということでまた自分語りです。
まずは読者の皆様、最終回まで大変お待たせいたしました。
思い起こせば本作の構想を練ったのが2011年頃、当時はやる夫系も歴史なりきりモノやアニメ・ドラマのAA翻訳物が多く
やる夫もヒーロー然としたキャラクターが振られていたように思います。
そしてそのカウンターとしてか悪漢モノもちらほらと見られ、本作はその流れに乗ろうとした作品でした。
しかし、正直に言えばやはり悪人を描くのはやはり楽しくない(笑)
資料集めをしてプロットを立て、AAをおおまかに拾い終わったあたりで何となく進まなくなり
9割がた完成したところで別の作品に手を出して結局そのまま放置となりました。

ですがやる夫界も、そして自分自身もいつの間にか変わっていきました。
ゲーム系スレ、安価スレ、そしてあんこスレが主流になり歴史系はほとんど見られなくなったことへの寂しさや
自分が仕事に追われて創作に時間が割けなくなったことなどが手じかに提供できる状態にあった本作を復活させることになった要因です。

ところが自身の状況は急激に悪化し、もはや転職せざるを得なくなった自分にはやる夫どころの話ではなく
第六話を投下してからの約一年間の長きにわたり本作を放置せざるを得ませんでした。
読者の方々には申し訳ありませんがこればかりはどうにもならないことです。
幸いではありますがより良い職に就くこともでき何とか精神的余裕が出来たこともあり、本日ここに本作を完結することが出来ました。


もう一度皆様にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!!


.

937 : どこかの名無しさん : 2019/01/03(木) 16:17:34 ID:m/hNiyAw00

この失脚後もぶれなかったのがある意味やる夫の偉さよね

938 : どこかの名無しさん : 2019/01/03(木) 16:28:02 ID:2/QuzKq600
完結、乙でしたー!

確かに、この7~8年でやる夫スレ界隈も色々と変わりましたね

939 : どこかの名無しさん : 2019/01/03(木) 16:29:07 ID:nxdoQGl6Sr
完結乙です!

こんなに長生きしたとはねw

940 : どこかの名無しさん : 2019/01/03(木) 17:04:08 ID:cz45Ljyg00
完結乙
根性が腐っていなかったら使い道はようさんあったのになあ

943 : どこかの名無しさん : 2019/01/04(金) 00:00:19 ID:iDNKAwL200
完結乙
善人とは言い難い人だが、優れた人ではあったんだなあ

944 : どこかの名無しさん : 2019/01/04(金) 00:24:40 ID:ps4mHTFgMM

こいつのことを知った時は勧善懲悪とは中々ないもんだな、と思いました
東京に戻るのがもう少し早かったら仇として討たれるルートもあったんかなぁ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第5話 ハイリア湖の小さな住人 (08/08)
  • カナちゃんのおしながき 第83回 (08/08)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第7話 藁人形 (08/08)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第34話【ピンクと溜息】 (08/08)
  • 読者投稿:小ネタ 鈴鹿 アヒルレース (08/08)
  • 読者投稿:鈴鹿サーキット周辺の交通事情等について (08/08)
  • 読者投稿:中国食事的小話:仁義なき会計争い (08/08)
  • 読者投稿:実地指導 \(^o^)/オワタ (08/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄: グンマ編 54 避暑地 (08/08)
  • 読者投稿:舞鶴旅行その3 (08/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その14 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その13 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その12 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三話 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二話 (08/07)
  • 読者投稿:稼働のリスクと停止のリスク (08/07)
  • 読者投稿:トマトのお酒 (08/07)
  • 読者投稿:弾ける美味さ、とまとじゅーす! (08/07)
  • 読者投稿:そういえばペルシャ湾で海に潜った日本人がいた。 (08/07)
  • 読者投稿:単発ライフハック スマホを冷やそう 謎の病人X式 (08/07)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 33 エビデンスに乏しい分野で、医療関係での「権威」の言葉をどう受け止めるべきか ~ 34 平壌運転極まれり (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第4話 森の盗賊団と木こり姉妹 (08/07)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第6話 ロッジへ…… (08/07)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -  第拾一話 社の攫い鬼 (08/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 10 (08/07)
  • このクソッタレな世界に復讐を! Interlude11 Ecstasy (08/07)
  • やる夫は剣で食っていくようです 83 (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第3話 勇気の意味 (08/06)
  • 国際的な小咄 9083 中東だと海水浴のほうが地獄 (08/06)
  • 国際的な小咄 9082 ほんとだぞ (08/06)
  • 国際的な小咄 9081 殻を分厚くする (08/06)
  • 国際的な小咄 9080 そこらあたり割と雑だよね、ロシア (08/06)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第5話 かまいたち伝承 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その11 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その10 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その9 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百一話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十九話 (08/06)
  • 目次 できない子はマスターソードを手にするそうです (08/06)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第2話 カカリコ村の幼馴染 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第1話 雨の降る夜に届け、悲痛な願い。 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 予告編 (08/05)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第4話 かまいたち荘 (08/05)
  • 国内的な小咄 2169 勧誘が時代遅れ (08/05)
  • 国内的な小咄 2168 真にうまいトマトに塩などいらぬ (08/05)
  • 国内的な小咄 2167 死に体&ボロボロ (08/05)
  • 国内的な小咄 2166 ごんぎつね (08/05)
  • 国内的な小咄 2165 死屍累々 (08/05)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十話 (08/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!