やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです 第六話

目次 現行スレ

688 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:14:03 ID:yt2RA1mw0



┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│      【鳥居】やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです【耀蔵】     ...│
│                                                │
└──────────────────────────────┘
  __,冖__ ,、  __冖__   /       _, -ー--、__
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔      ,. '´   < ̄ニニ、 ` ー 、
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ /    /     彡 ,,r'''"ヾヽ     丶.
  __,冖__ ,、   ,へ / ._, --//,ィ    彡 /    .\ U    ヽ
 `,-. -、'ヽ'   く <´/'',"-、_//ー-、 乍 U , :'":´::`';-、'、   i | ,r=ミ、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>|_! / / -`} i 彡 ≡=.'、;;;;;;,,;;; _  ・ヾ`i i |/∠,-、 ヽ
   n     「 |  し   / ' "//  ;;;;;;;';;;;     ̄ー' `ニミ<・_,,_:: :ヽ .i
   ll     || .,ヘ   / (  ...        ,,.r_'"___    ` 、 ;;;ヾニ'、
   ll     ヽ二ノ__  { / ;;;;;;;;;;;,,,,,  /     `ヽ、 , -ー )、  ` ',
   l|         _| ゙っ  ̄フ ;;;;;;;;;;;__,,,,,,,,,,、_        |    \   '、
   |l        (,・_,゙>  //,, '"=--'`'`---`丶、    |      ::;;;;;/
   ll     __,冖__ ,、  >/ /__           丶、_ _,  -ー- 、i '"|
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ {  `iー、           `     ` -、 ', |
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-` 、,,,.. -`ー-------  ..,,,__   彡'/  |
. n. n. n  __,冖__ ,、 | \ i          ;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,   ` .,_// /
  |!  |!  |! `,-. -、'ヽ' i    `ー丶、       ""''''''' ー  ""  / //_
  o  o  o  ヽ_'_ノ)_ノ  {        ` ー-- 、 ____       /,,-''"
                              ̄ ̄ ー-
原作:「悪人列伝」四(海音寺潮五郎/文芸春秋社)より「鳥居耀蔵」
..   「鳥居耀蔵-天保の改革の弾圧者-」(松岡英夫/中公新書)
参考:「風雲児たち」(みなもと太郎/潮出版社)
..   「日本歴史叢書 天保の改革」(藤田覚/吉川弘文館)


.




689 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:14:43 ID:yt2RA1mw0



┌─────────────────────────┐
│ 年は変わり天保十五年(弘化元年、1844年)となる。     │
│ この時点で、やる夫はまだその地位を保持していた。   .│
└─────────────────────────┘

                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐
                 /        _ -ー¬-、        \        老中土井大炊頭様は
                  /         /       `'‐        ヽ,
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ     やる夫のことを
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!    信任しておられるお
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉    やる夫はまだまだ
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |    南町奉行としてがんばるんだお
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、


.

690 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:15:22 ID:yt2RA1mw0



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧         トリイヤルオ、コワイヒトダヨネ……
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ        イズレアノヒトモツミヲキテバッセラレルカモシレナイヨ?
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

┌──────────────────────────────────┐
│ しかし、何しろ彼は皆から憎まれている。また憎まれるだけの罪があるのだ。  .│
│ その地位は極めて不安定な物でしかなかった。                     │
└──────────────────────────────────┘


.

691 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:16:03 ID:yt2RA1mw0



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´

┌──────────────────────────────────────┐
│ 水野に代わって老中首座となった土井利位は、上知令や印旛沼工事といった水野の    .│
│ 目玉政策を終わらせた一方で、幕府の財政再建のために引き続き倹約令の        │
│ 徹底に勤めた。                                                │
└──────────────────────────────────────┘


.

692 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:16:42 ID:yt2RA1mw0



        ______
       /壱 / /万:/|               ┌────────────────────┐
       |≡≡|__|≡≡| 彡|____         │ また、困窮する旗本御家人を救うために    .│
 / ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|       ..  │                            ....│
/ ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|        │ 幕府は彼らの札差などからの借金を       │
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|   .       │                            ....│
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|          .│ 無利息年賦返済とした。            .....│
|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/         └────────────────────┘


.

693 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:17:22 ID:yt2RA1mw0



┌────────────────────────────────┐
│ しかし、そのような土井の取り組みを挫く出来事が、五月十日に起こる。  .│
└────────────────────────────────┘
                             , '. .
                             :;:, .:.
                          . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'          _     _    _
                 .::V パチ   (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .       「_ <>'> 「_ <>'>「_ <>'>
                 ',:; .::)      ,   ヾ、 て:;;':.        _l l    _l l   _l l  <> <> <>
                ..:.(ノ       (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、      「___」   「___」  「___」
:, ;;"、 ;:; :;"” ::, ;ミ,   . . .::::)          ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,      //
, ;;;;:;";;;:;, :;;:;,:,:;,:,:;;;._ミ .;: . .:::: .パチ     !)ノ'  ノ ,(  `    ´( /○  //
/;;;/;", ;;ミ  =. . .::.: :::..::..:(      / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,   ==
;;;/ヘYゞt'ゞk'tyメ,,゙_  /        ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(  \
YゞKヘY〆ゞゞメヾ`ゞ/         i /f  ゛   ) Y´ l'′   )    \
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ                                  \ ______
ゞt;ゞ〃ゞヘッ';'ゞ                                      \
ヾゞtゞkゞゞ/____________________________\        :;:, .:.
;;、`''"ゞ,:,_ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二             . . .:', .:.
;;;: ;:; :_______/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:, .:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ______.::... .   . .':::;:, .:.
_____||_||_||;;;:::|.           . . .:', .:.,._ll_,.l..|;;;;::|l ll ll ll l|;;;::':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
. ||  ||  ||  ||  ||  ||;;;:::|l__l l.._|l_.,|l_.,.::... .   . .':::;:, .:. || .|;;;;::|l_.,|l_.,|l.._|l _||;;;::..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
._||_||_||_||_||_||;;;:::|!;':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:∥∥|;;;;::|∥∥∥∥!,|;;;:::||_||.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
:::::::_:::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:; .::)       て:;;':.
=| |==| | : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::.::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.(ノ        (::..
=|_|==|_|__:::::::::::::::::::::::::::::::',:; .::)       て:;;':.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;//二二二二二二..:.(ノ        (::..二二二二二二二二二.;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
;;;;;;;;;;;;//'二二二二二二. . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.二二二二二二二. . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...
    ̄        .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.                        ̄
          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...


.

694 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:18:02 ID:yt2RA1mw0




         (:::(      |/|ヽ       (:::::)
           )::)       /:: ゝ      )::ノ        ┌────────────────────┐
          (:(     _]血[      (:(         │ この日失火から、江戸城本丸が         .│
     /ヽ_ ))     」∧::/;;:;;L   ))         .│                            ....│
     |:::::::::::;;;ヾ    ∠Π::;;;;;::;;:;;:::ヘヘヘヘ、        │ 火に包まれ焼け落ちたのである。       ...│
     ヾ、/┌;;ヾヘ、 ,,/|lilili||lil||「|}{}{|:::;;;;;::::::」  .        │                            ....│
  _/\  /;;;;;;:::::;;;|::;;;V:|「| /::::::::\\::::;;:::/:/. .         │ このため、本丸の再建が急務となった。   ....│
 <::::;;::: \\:;;;;::::;:|::::;;;;:|「/:::: >;;\|::::|「:;;:/::::ヾ、         └────────────────────┘
,,,....\;;;;;;,,/.;'';:::::; ┌ヘ、.....,,,:______.''゙゙,'::::,,
 ::,,;:,,; ,:.............:: ヽ::: ヽ .,,..| 江戸城跡地 |:;,,,,,,;....;
:..,,,..:;:..,,: .,......,;,.,,. /,;;, / .,,.. ̄ ̄ ̄|::| ̄ ̄:::::,,..::::::
.,,.;;::::.., ::,,;;...,.......,,;;.,,.;, .....:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,. ...::'.:,,:,::::::


.

695 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:18:41 ID:yt2RA1mw0



            _,. -‐  .
         '´       `ヽ、
     , '        ∠ニ   ',
    ,/           ⌒ヽ.  i            将軍家の威信にかけて
    l             ,' .}}   !
     |  ,イ{     ,  / 〃j} 小           この事態を放っては置けません
     l  {廴三´ / ∠/,'//l、ノ}
    V辷彡孑'ィ行弋彡トりNル'′           再建は急務ですが、費用は莫大になります
     `Y圻ナト、 `´  {、   ハ
      ヽ l、 ゝ〉   ,..ィ   /ノ             大炊頭、何か考えはありますか?
       ` ) > .  ´ ,.イ〉
        \/\_,二´ h
     ノ⌒Ylノ^ヽ工ノ ノ 〉ーヘ、
    rく  、 ヽ  ノ |  /   -‐ヘ、
   ノ `77Tト、 \{,ノ /_,. イ
  /  // l  ``ブ´ ´   〈


.

696 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:19:21 ID:yt2RA1mw0



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ        この上は諸大名・旗本たちに
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ       上納金を命じてその経費を
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!      補うよりほかはありません
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ      天保九年に西の丸が焼失した際も
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i       上納金を命じています
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !       このたびもそうすればいいでしょう
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!


.

697 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:20:01 ID:yt2RA1mw0



┌─────────┐
│  ところが……    .│
└─────────┘

     ||  |!        /             /
     ||  |!       / 上納金反対!! /
     ||  |      /           /      幕府の金庫には
                  ,-‐-、    /   /  
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }      /     まだ金があるはずだ!!
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{                 /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、           /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |


.

698 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:20:41 ID:yt2RA1mw0



┌─────────────────────────────────────┐
│ 諸大名の内から上納金に対する轟々たる非難が沸き起こったのである。          │
│ 天保九年の上納金がまだ残っているという噂が広がったのがその一因であるが、    .│
│ 何よりも、先年上知令を撤回したことにより、もはや幕府の強引な政策を諸大名が   .│
│ 簡単には飲まないという前例を作ってしまったことが大きかった。                │
│ こうして、上納金令は撤回されることになる。                               │
└─────────────────────────────────────┘


          o     。゚     +    *      o     。゚ +
            +      +    *    +     +      *
          *  . _   _   _   _   _   _   _   ._  ._ +
      +.     //`//`//`//`//`//`//`.//`//ヽ 。゚.
           // .// .// .// .// .// .// ..// .// ./、*
       *  / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ./ ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ//、+
         / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ./ ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ.//ヽ 。
         / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ./ ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ //+
       / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ./ ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ / ̄ヽ ./*
        ̄ ̄ . ̄ ̄ .. ̄ ̄ . ̄ ̄ . ̄ ̄ . ̄ ̄ . ̄ ̄ .  ̄ ̄ . ̄ ̄+


.

699 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:21:21 ID:yt2RA1mw0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ そしてさらに幕府は大きな問題を抱え込む。                                     │
│ それは度重なる外国船の来航と通商の要求であった。                              │
│ 先年の十二月には琉球八重島諸島にイギリス艦サマラング号が現れ、周辺の測量を行った。  .│
│ さらに天保十五年三月にはフォニエル・デュプラン大佐が率いるフランス海軍の遠征隊が     │
│ 琉球王国に来航、通商を要求したのである。                                    │
└─────────────────────────────────────────┘


                      fゝ
                     ,. .'||‐- _,,
       ,,、          fゝ ,. '" , ','|l,.-''" ヽ
      ヾ\         ik'"   ,,.'‐'' !|     ヽ
       λ ヽ、     ,.'!!ヽ.  ヽ  !|     ハ. |ゝ
       λ   ゙ヽ、  .'..,!|  ` 、,' i  !|     ハ. !!、
           !     ゙ヾ、 |.!   ,'`.リ_,,l.l,,_  _,, _,,,」,!!-=ギ、
         i   ,.'  ゙|.ト、 ,' / ゝェiノ'キ''"~ ヽ !!   ヽ
            !  ,.'  ,' |.lヾ、',,,.'-‐''"!:!;       ゙!!.     ハ
           } ,.'   ,' !.! 'ヾ、  ,:.:;|:|.;       iヲ_,,... ..,,」
           !,.'       |.l   . ヾ、,:.; | !;.;.      i=‐'''"~ハ
 ∧ ∧    ,l'    ,'  :!.!     ヽ、.!:|.;.;      ,!:    i',
 廿 廿   ,.' !    '  | !       ヽ.ヒ二ニユ=、‐n.:.     } ',
  ゝ‐ゞ - '、ノ _,,.' -‐| |'''"ャ"" ''''''i''iヽ;"~ ̄  ヾ|--‐-_y, '.,
   V∧,,"_'' ~"'',‐- 、,,_;| |  ∧,',',': | |; ; ;.     i|'''¨¨~~ i~ ', '.,
    ヌ¨ヽ. `"'' ‐- "'',,_‐"' ー'、,ハ,'   ! | ; ; ;      !! ::   }  ', ,:ャ
     Vハ- ,,,,_      "'' ‐ ヾ,i,,_ |::|; ; ; ;    7.! ::   ノ__,,.≠"__、
_ t─キ‐-゙t- 、、,,_"'' ‐-  ,,_    ~"i''i:‐ュ;-_、.. ,'l Lニ=ッ',."≠"""バ _____
   Ll,,,l__l l! l l. i~r~;''ェ- 、,,_ ~" ''' ====゙ー--`┴゙‐ ゝ'ブ     }
       ゙,  ̄',~¨"''' 'ー'-゙ ',,,:__|  ~¨"''' ー-- - - - ‐ ''〃─ - - 、ノ
      }¨'''''キ-,,-    ..,, __ ~¨" '''  ー -- - - ''' "ノ;;,
     ,厂i|::::!;;;;;;.;.;.;,,,,.,.,..     ~~¨¨" ''''''_'',,二ニ,,'''-"~'"~
'';; ''::'';;: ::i,;,;」!;;;i;;::''''--,,..,,,'''~;;~":::;;;;::''"~"~''''~~~
 ...,,,,,..:::;;;;::;;:;:;;;::::;,,,..,,::,,,:::::: '' '''''~~
:::;;;::::;;;;'';;;::;;'''''~~


.

700 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:22:00 ID:yt2RA1mw0



       /              .         ,〃 ' ,ハj ,}リ   j
.      /    ,            /   ,/  // / /  _} ,从_ ,,ノ}
      .    {     /   , '   /  ∠/ / /   '7/^弋_ ,ノj|
      |   弋,,__ __,ノ' /  / /_/__,,ノ}/  ,ノ乏式,j   ,リ      ……長崎からは先日
         j{ `て¨´ /  ,〃 /_y彡j'うj^′    '弋j}_, {__,ノ′
      ‘,  弋 ,,___ _.彡 //イ  弐^'弋ツ   、   ¬^ ∨       オランダ国王からの親書が
      ‘,  {\__ _彡 ´ ノ' ノ   ´^'冖^`   i \__ ' ' ' i、__,
      .  .    _/ /i{   ' ' ' '       |  , /    j_ノ      特別艦によって届くとの報せが入りました
      i     / く{ 弋 、                    厂´
      {   __.彡i' {  (\、 ヽ\___,       _,ノう   ′       これほどの大事が立て続けに起こっているのに
       、   _人 \_`''うミ__,乙´      ⌒¨´   /
        \ 、   .>x,,__ __,、          ¨´  /         大炊頭の動きはいかにも鈍い
          ),ハ  、    i{ 弋_,             ′
         `_,ノ   }i   弋rく_      _ _____ ..,,<,__,.ノ        これでは……
        `¨⌒て''⌒}i i  }iト ミ 、_   ,//  i{、__彡′
             _,ノ' ノ ,リj,   `  ミy' /※  弋フ′   . '⌒ヽ,
            `⌒て,,彡'ノ}  ※==={={彡' ※   マj__ __,/  /  'く⌒丶、
         /⌒''ト、___`フ^'1  ※==={={彡'    /    `¨⌒7     ∨   \
       __,ノ'    {>゙¨´  弋,     {i,{   /       ,ノ'     /     ヽ

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 土井ほか老中たちの対応に不満を抱いた将軍徳川家慶は、ついにある一つの大きな決断を下す。   │
└───────────────────────────────────────────┘


.

701 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:22:40 ID:yt2RA1mw0



            ,. -‐──‐-. 、
            ,. :´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
          /. . . . . . . .: : : : : : :<: : :.\
       /.    . . . . . : : : :`ヽ` : : : : ',
       { |: : : : : : : : : : ,: :l:l: : : :: :}: : : : :.:.l         水野越前守忠邦!!
    ト、|ヽ|: : : : : : :}: : /: //: :.}: .}ノ : : : : : |
      ',:\:\: : :_:ノ: :///:/ハ∧ミミヽ: : :|         あなたを再び老中職に任じます
      \: : : :.>メ、/ 、ノ,.イ:.=ァ トト、:_:: :,′
       ヽ:T{ヽヒ:.:ソ    ヒ:.:ソノノノlノ: : :,′         あなたの手で外国船問題を
        ):: ト、' ' ' ,   ' ' ' ∧/: : :/
       ノ.: : :ヽ   _      ∧: V( (           片付けなさい!!
         ̄(: : ゝ、 __ ` _,. イ: : :Vゝ
          `ソノ:.}、`Y´,. '´ Lく __
       ,. '´〈  「`ヽc〒_c / 7: :7: : `ヽ
       ∧: : :',: :i   lil    /: :/: : : : .∧
       / ∧: : :', | /⌒ヽ  /: :/: : : : /: : ',
     / /. : :ヽ: :.:| \__/ /: :/ : : :,.イ: : : :|


.

702 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:23:20 ID:yt2RA1mw0



         \::::::::::::\!:::ヘ  i::i                                      /:::::::::::/
      、__....\::::::::::::::::::ヘ...|::|                                       ノ:::::: /
       \:::::::::::: \::::::::::::::::\:\|:}                                   ̄ ̄
     ー=≡≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |   rzァ===ュx、                   /
       __>:::::::::::rzvィノ \::::::::'., ,,イ彡=={::}==メミ辷ー 、             ノ      i7  ,,.ィ::フ  __
   ー=≡::::::::::::::::::::::: //7´..  .  \::::/行/ ̄ヾ ̄\\トイト、 `…- 、 _ ____ /:::レ.、   ,,.ィ::::´::r ''  ィ'/ ̄}}
       ヾ、::_::イ7,,//  ゝ.    /V ///| V/\\.\ }}及\ _ `ー 、 __ ./:::::::/=}ィ::':´:::::::;;-''´.        }}
        _/ 八ィ⌒,/   ハ   ノr=//∧||i \ヾ\ ヾー-<ニ}}.\`ー 、 __ _/:::::::::ィ-:::':´:::::::_..ィー...-..─:...、_  ノイ
        >}  ヘ/   i>::\// V.//从||ミヾ \\ヽ`;.、斗7}、___\`ー、 _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ミメ、 _
        イ`⌒`/    iー/  i .小/∧弋tj7 \リtjソ ト、ミ=ヽ,\ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=''´ ̄ フ  7  ̄ `
        {.i r⌒}iヽ    ,K /./川,/.∧ミ、_   ;    小ト、\\ ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー...-......-./
       ノニニ{ili}ニ>─────────────────────────:::\ ̄ ̄ ̄ニニニ ンメヽ
───────────│   水 野 越 前 守 忠 邦、 復 活 ! !   │─────────────
三三三三三三三ヲ” ̄ ̄─────────────────────────     }三三三三三三三三三
三三三三三三イ      }三三三三./  从{ ,::.V..::/i! .ノ   i>、ノ i,|}、 {{ム | ̄”         i三三三三三三三三三、,,,
三三三三ニ/         ノ三三三ニ/イ ハ ヾ .:: iメ i  .::... i ハ .\ i.} ト,イ |               l三三三三三三三三三´
≧ィ” ̄ ̄          /ヲ“¨ ̄ヾ三ニj .Vj  ト、ヾハ≧ミ、ヽ ,イ iハ!≦メ\ .| }}イ!           /三三三三三三三三三
        ̄てー─//     .}ニニ乂.:ヾ \_弋忘ミメ/ハノィ忘ア从 {{{ミメ、        ィ/三三三三三三三三三三
         ノ  _/         }ヲ“    ヽ  ヾ、_ ̄  .:i    ̄ 升 人人}::::::Y^{ー―― “”三三三三三三三三三三三
         `t-   }il∨,∧/ /  .:/  }ト、ヾヽ、  _ _  ,イ./ { /ヘ }::::::::::rZz三三三三三三三三三三三三三/
────────────────────────────────────────────────
          }   /   V,,,∧   /_/\_', '.,     ',  ハ :| |⌒ r=ノ______ r --'´/
         ノ ィ''´      .∨;;;;∧ / \    ,>', '.,     ',..  ヽ| |  (_ノ `ー、_ | ̄ ̄    /
        ィ''´_y-───'∨;;;;;∧ __ ><  ',  '.,    ヽ /入{ / ̄\     iハi!
         ̄  ./       ∨;;;;;;∧ ̄     \_ '.,//      \ ,Vi   、`ー、r='
           j_ ,,    / \;;;;;;;|⌒ 、∧ _ノY⌒∧        ',  ', r、ヽr 、>}
              /  ,,r-、   .\;|  イ     _ハ \      ',  }/ \ヽ´
             }ィ   廴ィ,    .ノ    /   `⌒,\      ',     `

┌────────────────────────────────────────┐
│ それは更迭した水野忠邦の再起用であった。                              .│
│ 天保十五年(弘化元年、1844年)六月二十一日、水野は老中首座に返り咲いたのである。    │
└────────────────────────────────────────┘


.

703 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:23:59 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────────────────────────────┐
│ この出来事は、すなわち水野を裏切ったやる夫に大きな変化をもたらす出来事でもある。  │
│ ここからの彼には、ただ一直線に転落していく運命しか待っていなかったのだ。           │
└───────────────────────────────────────┘


           ____  ,r' ⌒ヽ、 彡
         /      Y , ⌒ヽ ヽ
        / ─    ─ { ~ } |    ピクッ
      /   (●)  (●)   / ノ ノ               え? 水野復活? マジ?
      |      (__人__)  (   /
      \     `⌒´    , _.ノ
      /     ー‐    \





         / ̄ ̄ ̄\
        / ─    ─ \                      そんなわけがあるはずないのです
      /  (●)  (●)  \                    みずのえちぜんはとっくにせいじせいめいを
      |    (__人__)    |                  たたれたはずなのです
      \    ` ⌒´    /                     そんなことはありえないのです
      /            |


.

704 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:24:39 ID:yt2RA1mw0



               ____
            ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、                      /\     /| /\     /|
           /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、           \ \、_ハノ  ヽ、|/  ノ  ヽ、|/ |
         ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、          \)'
        /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、         /.  嘘だっ!!
       /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ       ヽ,)
      ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽ     /.   誰か嘘だといって欲しいお!!
     /:::::::::.:::l::l::l:i"   i,, ___ )                  i     ヽ
     /    ::::::i::i:'、__ノF ̄ー┤                 l     _)   そんなことになったら、やる夫は
    ,'.            |    |                   }     ,)   ..
    i             |     _|               /     /-、  いったいどうなるんだお!!
    ',          L'ニ ̄‐┘             /       /ヘ
     ヽ、                        /       /  //7/ヘ /l ト、 |ヘ /l ト、 |
      ヽ、_                     /              / ..  V | ,l ヽ| V | ,l ヽ|
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ


.

705 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:25:19 ID:yt2RA1mw0



              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'          (まだだ……
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /          まだやる夫には望みがあるお
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ           土井大炊頭様を中心に
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡          反水野派を結束し、
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)            もう一度水野を追い落とすんだお!!)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


.

707 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:25:59 ID:yt2RA1mw0



   ノム_  /  /  /   ,/ / /
 /´⌒ヽヾ   /  /  / / ,   ' //ハ
〃, イ, (._レ′ '  /   ' / /_ _ / /' /j!|!|
|!/ // , /   / / ,'  ' / ' /⌒ヽ! ////ハ!/
|! //__j/_   /  ' /  / / :| |   .' // l l! | /              老中なんてもう馬鹿馬鹿しくて
イ  , __´二 T/_,/__ / /  j |!,.' /,. '/ ,' / |!'
  , ´ ,∠_,. ヽrーr-`===='-/' ///l! / ' /|!              やってられないわ!!
. ,.イ /__  ヽ,. lヾ/ / !! '/ ', '//i,' リ/ // ,'j
_j レf7フ }レ/ / Y  l,// ,'///i, '  `/,、//               第一、いまさら越前の下で
ハ ゞー'=_'≦,.イ ,/|!  j,/ //// '   // '/\
..ゞゝ二 _  _∠イャ,|!|!// ////   / j__.i! // ,ヽ            働くなんて出来るわけないじゃないの
  ゝ___`ノヽ ヾヾ|!/ //'// _,, イ/_.ヾj//、/ ,
     _ _  j ノ          ' ,  -/メヾj//             上納金令撤回の責任も取らないといけないし、
    r ⌒  ̄             l l {  } | |!'
          r              ゝ ゞ ‐ '.ノ  |!           ここら辺が潮時ね!!
            ´          ゝ`  ̄  ,イ
     ト`. 、
    ゝヽ.\                  /
      ヽ_'ゝゝ               ,. イ  /
                     /// /
                   ィ.7/// /
 ゝ_             __ ,..イj ´/., // /
 ::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ フ ̄   `ヽ / // , / /


.

708 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:26:38 ID:yt2RA1mw0



         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

┌──────────────────────────────────────┐
│ 老中土井利位は水野忠邦の再任を聞き、あっさりと辞表を出して老中を辞めてしまった。...│
└──────────────────────────────────────┘


.

709 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:27:18 ID:yt2RA1mw0



              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l         (こ、このままではやばいお!!
            {  〈_,ィ、_,ノ   u  }
          、.  レ'_,ノ     .. ノ          水野様に見つかったらえらいことになるお!!
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、        とりあえず隠れないと……!!)
           `ー―- 、_ノ   l  \  \
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |
          弋           イ
            | /ー ―一、 |
           し       、_,!


.

710 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:27:58 ID:yt2RA1mw0



 /       /     イ   //  /                   /   ハ}ililillililililハ    ハ
./      `.ト、    / ハ  / i ... /                   /    ヾ}ililiilililiアメ    .|
i        .| \ /  |  ./  .| /                   イ     ハililililililiil}}    .|
|        .i   ヘ  .| /   |.ィ                   //   /  {ililililililili}メ   |    や~る~夫~
i        | ゝ/  ,\i./    |                 / /  ,イ    {ililililililil}メ   |
|        .ハ //≧=、/≧ 、   |                /  / / /    ハililililililili}メ   |   そこにいるんでしょ?
ハ       ∧/\ {:::::o::::ァ、≧彳          , --' ´  / / ./    彡三ミv彡三ミ  |
ハ      / i!ハミ、≧,,;,i!;;;;;ハミ |       , イ  ___.∠'/___/_  //  ilil}ilil{  ヘハ |   ちょっと顔を貸しなさい
..∧     .ハ | | ilミ三三彡'" ー| _ ィ ' ´  三≧__ナ/ ̄ ̄フ ̄  |::|   illノ:水小 ソ/ .|
 .∧     i | | |   ̄    ̄::.´    ゛=. イハ:::::o:::ァ= 、_  /     |::|  / /ilililヾ {{   |   あなたにはいろいろと
  ハ     .| |Ⅵ ノ              ヾ  ミ=ゞ;;;;;;;ノィ彡//     イ::|  /://∧∨/ノノ  |
   ヘ    .| Y/           .:.;        ̄ヾミ彡彳/    / `ミソノ|::|  |::| ̄    |   お話があるのよ?
    ト   | .|人         .:::::/            /    ./      |::|─|::|     |
    |\  V/  .\     、,_  ´         .、_/_ ィー'ハ´       |::|::::::|::|\    .|
    |::::::>  Y===.\    ヾ-`= - _,        /-─イ:::::::ハ        |::|:::::|::|::::::\  .|
    |:::::{、ヽ ii!   {i::::\   .. ̄ ̄:::: ̄       /   {/::::::::::ハ.        |::|:::::|::|:::::::::::\ ハ
    |::::::ソ  \__≧i}::::\    ̄      _ イノ    {/::::::::::::::::i          |::|:::::|::|:::::::::::::::::\
    |:/:::彡==イ ̄ ̄ ̄. >- - ─tj ´:::::ノ ̄    iソ::::::::::::::::::|         ´ハ:::iリ::::::::::::::::::::::
   ノ::::::::// ̄ ̄ ̄        /::/   |::::|      _//::::::::::::::::::∧        ハ::::::::\:::::::::ー、
  ./::::::::/∧           /::/   .|::::|    ≦:://:::::::::::::::::::/:::i          ハ:::::::::::::\:::::::
  /::::::::::::::::::フ、         /::/     .|::::|     て::/::::::::::::::::::::::::::i!          ハ::::::::::::::::\::


.

711 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:28:38 ID:yt2RA1mw0



               , -―――――- 、
             /__ノ   ∧      \
             /         ヽ      \       こ、これは水野様……
              /  /⌒ヽ       /⌒ヽ    ヽ
          /  /   }     /   }      |      このたびは老中職に復帰されたようで
           /  {_   ,ノ     {_   ,ノ       |
          |    しノ ////// しし'      |      まことにおめでとうございますお……
          {     (_,~ 、_)        /
            丶    |/  ',         /       そ、それではやる夫は所用がありますので────
            \    {/   }         /
           _ >─r ァ t─ァ――― ' 
          /.:.:.:.:.:.:.:.:/./厶ヾ" /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
        /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
.       /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/


.

712 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:29:17 ID:yt2RA1mw0



           ____
         /ノ   ヽ、_\ ≡=‐
  (⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \
  \ \/  (__人__)     \                  これにて御免!!
    \ | ヽ |!!il|!|!l| /     | ≡=‐
      \  |ェェェェ|      /
      (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    く ≡=‐
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ
           \         ヽ     γ´ 7 ≡=‐
             \           `、  (  /
          ,.-――――       リ、/  /
          弋   、_____ノ `  /
           \  \      \_ノ         (´´
             \  \    ≡=‐       (´⌒(´
                \  ヽ    ≡=‐      (´⌒;;;  
                \__)     ≡=‐(´⌒(´⌒;;   


.

713 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:29:57 ID:yt2RA1mw0



  _                 --_-_,,._、
, ´  `  .  丶 .,,___,,.  -‐´   -―〔{〈?鴨jト 、                     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノ
        ` ー-― / /...::.::.::.::.::.:>ニく:::.:..\ヽ                   )
        _   -‐ / //.::.::.::.::   -― ―‐ ‐-、:..\               ‐=、´   問答無用!!
ト 、     ´       イ //.::.::.://    ヽ ヽ   \::.ト、    /⌒ヽ       )
|三ト、/   /  /_j l/.::.:::/    |    ',      ヽ|ハ   /  ⌒ヽ       )   言い訳は地獄でしなさい!!
ヘ三ム  /  / //ヽ∨ニ V    ハ 、   l | ト |l l }ー '´  /           ゝ
__}三込、  / / ヽニ イ{___〉〉 | l ト|、∧ \ | | | | | ハ | ⊥、  /           '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!
三三三≧く.__/   ノノト-r1 !弋ヨ卦ミXぃ、\j厶!イ/ }ノ厶〈  / , ⌒ヽ
二三三三三二>-<乂|| | 圦 。ミメ㏍W仏ィテ/イ{{丁ヽ〉,′/
三三三三二ニ7.::.::.::.::.:..\ l| |l ヾ三"^`ニ ^=゚=イハ い〉   ヘ ′   __
ニ二三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.:::..\l l|       i  ` /} } |ー|‐/ |  / }`ヽ                         : 丿  \ \.
三三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノァ,/                       ,_ ゛''=;- .,_\  \\
二三三二ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   / /  ,,;-´ }              ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
三三三三ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ゛√,-‐ ''´   ノ゙i       /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:
二三/}三/´f ,二二ニヽ::.::.::.::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr○ ゙̄i ̄ ̄ ̄"´ ̄ ̄ ̄ ッo ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,.
三/厶イ  トに二ニ才「::.::.::.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^:::::::............... 〈..............................〉.......o...........○__ ;                 ″:::i ;
/      〈::.::.::.::.//}「ヽ_::.::ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 ,  ‐:::::::..........\............................./...............................\................_ _             :^::!.
         |::.::./イ.::リ::.::|:::.ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/  :::::::::::  o `゙i,     、i'´゙ ○      ゚ O`゙i,   _ _            :^::!.
        |∠ ´.::.::.::.:: ノ.::.::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^  :::::::::      ゙i O        ,  _ ッ o  __-_             : :: ::i
       |::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,.::::   ̄ ゚ ̄'' ッ  ̄ ゙̄i_ッ ̄ ̄\,_、,r'´ ̄ ̄ ̄__三          ッ  ,r'
    __  ノ.::.::.::.::.::.::.′::.::.::.::.∨ j⌒′  _ >一'⌒Y   ' }              !、 ̄/         /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
 ̄ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.:::.ヽ{   ∠ >'´   />'′   ノ        ,.' .・ '′ソ_/______ッ_- ゛`゛'-''i| ::  /| /
                                  '  。′°+゜ ; フニ二ブi ̄ ̄  


.

714 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:30:38 ID:yt2RA1mw0



              ,,、 -''/                              ャ――z
            イ  /,r ''了 / 了                            /  /
            /  /,/  // ,/  ,r、-  _,,,、 -ー ―          lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
           /   /:/  // _/'  . /レ '' "  ,、   /          ∠,,、 -z    ,r――― ''"
          イ  / / __/: l/   /   z- "/  /         、 '"´,、ィ   /
          |.  / //__,    /,、-''"  /  /           、 '" ,、 '":ツ   /   /゙ '' 、
.           |  レ '''"  /       ,,、-'  /        、-' ,、 '´  /  /  /_  / ,、-'"/
.            |    ,、-ーー'    ,、-'' "   ,,、z        | ,、 '´    /  /      `',,、- ''" ,,,/
          |  r'        l"   ,、- '             '´    / /l/        /    /
          |  |        / ,、 ''"                   //       /  __/
          |  |         //                           ∠  /
         /  |        /√         __,,:::========:::,,__           | /
         |  /              ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...        | /
         |/              ‐´      ゙          `‐.      |/
                       /                    \
           .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
     ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
     ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
         ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                   ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
                 ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                   `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                    ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
                       ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                            ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


.

715 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:31:17 ID:yt2RA1mw0



     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,          ..      ┌───────────────────────┐
               --―---- `''ー 、             .│ 再登用されてしばらくの間、               ...│
                         `ヽ 、        │                                  │
      /            二二、       `':.、       │ 水野はやる夫の処分には手をつけなかった。     │
      /            | {::::`ヽ\       ` 、       .│                                  │
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、.. .. │ もちろんこれは他に優先すべきことがあったから    .│
        /´          ヽ `ー' /             |    │                                  │
    /-、ヽ        三 ." ̄            |..  ...│ に過ぎず、処分は目前に迫っていた。           .│
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |   .│                                  │
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /   ..│ この間はやる夫も生きた心地がしなかったであろう。...│
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /    .└───────────────────────┘
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /
    | |    ;;; (      / `''"/       /
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /
    | |  ″        | |       `ー-/
    | |            | |       /


.

716 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:31:57 ID:yt2RA1mw0



                  _ _
            _,ィ升Y⌒:::⌒::ーュ、ー、
           /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、                    やる夫のことは
          /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\
        ,仟厂i    / !   ^Y~>|廴__))、                 いつでもどうにでも出来るとして、
        / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、
       /  |!  {  /  }/  / |i 气ク\ヽ\>\               喫緊の問題はオランダ国王からの国書に
        i | |ハ  トノ |! //|_,ィ升/|  /  | ヽ   \
         | | ト、ヽムヘ/レ'/ ォr'i::ソ''/ /   |\〉    \  /{        どう対応するかね……
       V、/゙小弋iソ    ´ `//|   / \\     >':::::イ
        ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\,ィ'/::::::彡'ィ___,   伊勢守、国書は今どうなっているのかしら?
      ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /::::::::::::/:::::::::::::::::::/__,
    _≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::_:_:_/:::::::::::::::::::::::::::::::/
ニ二二:::::::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=‐
__...ン:::::::::::::::::::::::::::丶 |::::://八|:.:.:.:/ツ-'' 勹:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
::::::::::::::::::::::::::::/⌒ーV|又/ケ_r|トミ=、   ,勹:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::::::::::::::::::<`
/:::::::::::::::::/:.:.:.:.:.}:.:.从_ノ薔}! ||/⌒/⌒勹:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::r、:::::::::::::::::\:::\
::/:::rー‐':.:.:.:.:.:.:./:.:,タ 〈/ゞ='' リ 、   ,勹:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧`ー 、-、::::::::\:::\
':::;イ::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:,タ ノ   |   } r、勹ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /\ト、\\{`ーミ、` \
ノ/:八:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:,タ /!   }   r'^´:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!/   \\}`\
〃´ト、\:.:.:.:〃:.:.:.マ、{ |   ノィ~':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ'/
  ヽト、 \:.{:.:.:.:.:.:.:.マ{~´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ`ー、:.:.:.:.:.:.:.:-<


.

717 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:32:36 ID:yt2RA1mw0



              , -──‐-  、
             , ‘          `ヽ
         /              \
       /,                、. ヘ.
        // '  ,' ,' ,  :ivi:    '. ',   ヽハ
.       //, i , i i i  | | l l .i i   ', ', !            すでに江戸へ国書は到着し、
       j,.i i | i |_⊥」__ | | l__」⊥_} i } }.|
.       { l { |jレ' }/; j/  ヽ!ヘjヽ}j !/} ' .' l
        ',j 、ヽ{,イテミ、    ,ィテ示㌦/, / 、|            現在書物奉行渋川六蔵により
         ヽ.j\}`弋:::ソ     弋::::ソ ムイィ: . .|
       / ヘヽ',、      '     // ,':i: . .!
       ,'. . i iヽ!ヘ.     -     イレ'j/: l: : .!            翻訳中
      ,. . :.l:.| :|: i: :>.  __ . ィ´: : i ': i: |: : .',
.       ,. . : l :| :|: ! ,r.,ヘ.   /}ヘ.: :l: : l: |: : : .,
     / . , -‐| :|‐/::::j  〉ーく /:::::}ー‐-|: |_: : . .,           もうしばらくで読めるようになる
      / ,ィ'  .} :} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/)/'ヽ|: | `ヽ. .',
    /. { .ヽ.  | :|::::::::::::::::::::::::::::;/__'    }: | .' }. .',
. /. . : :! ヽ. ` | :|:::::::[    /´:::::::`ヽ、/|: }/  ! . .',
,. . . . . .'. |`  \! ,::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヘ}:.,   | . . '.
. . ./. ./.!    レ!::::::::::::::::::/ ¨¨ ヽ、::::::/j/     j: . . .',
/. ././: :',     ヘ:::(ヽ/´     ヽ/     .,: : . . .',
. . ./. ': : : :,     `/¨´      //       /: : : . . ,
. ./i: ':./: : :ヘ   //        /,/、     /: : :i: : . .ハ
./. |.{,.': : :.l: :ヘ         /`´\.     /: : !: } : . |. .!
'  |:i i: : : l : :.ヽ      /      `    , ': : :.': :ハ: ',.l. .|
.  |:l l: : : !: : : i.\   /::::\       /i: : :,' : .' ',: ': :.|
  .!' ',: : :',: : :.|  ` ¨._´゚ ̄。i¨゚`ー_. -‐´  !: :/: /   .',: i..j
    ヘ: : .ヽ: :|  //   l   \\   |:/: /   .i l:/

老中  阿部伊勢守正弘(あべ まさひろ)
前年弱冠二十五歳という若さで老中職に就いた逸材。後にペリーとの開国交渉を担うこととなる。


.

718 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:33:16 ID:yt2RA1mw0



  く::ャ1/i     _」 L!L_j_  ! | i  / / _j_」 Lハ
   \;ィ个:   | i |_┼十_` tハハ/}/丐弍孑}厂i
   / //|i   l 丐夾禾r'`         ゞこ.ノ-' |
     {:{ j:{    ヽ ヽこ:ノ '               ,       そう……
   i j/ {:l    、\                厶'
   |   jノ    ヾ厂丶      `      / ,       といっても、まともに交渉すれば
   |   八  \ ` 、      -‐        //
   | ′  ヽ.  ト  \             イ爪       祖法の厳禁を侵す事になるし、
   |/       ハ   '.\ :j`jr . _   _ . ´ _」{.| }
   i !      ,小   {  i !」≧ァ⌒7不ミ く7/,イ|        いったいどうしたものかしらね……
.   从 , -=ニニ=ミ  '. 川/《 (ノ ィ介x. ヾ> 》ハ
  厶イ/////////ハ (才7//777//イ//7ァ=/,{_j
//////////////∧ (>v/////// !///////人
////////////////∧ ト(>v///// }///////厂
/////////////////ハ '. `(>v/  ムィノvフー'
/////////////////}Z  r‐z_/{  _rヘV⌒L「{_r
/////////////////ヲ /》 `7:j⌒7 }:i   '/ ′


.

719 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:33:56 ID:yt2RA1mw0



                   -―‐
               ´           `丶
           /                  \\
                 /          ヽ、  丶.\        (…………水野越前はかつて
            /,      |   iハ:   |    い     ヽ
        //  i |  |:i   |^|: ! │ │ | '    ハ  '       鳥居甲斐守や榊原主計頭を使って
        ' /  | |  |:i :i:|八:|: │-‐!─|-i:| |  :i |  i
      /イ i  | |_|」 _:i:|     |ハ: :|∨l八| ::|...:::j |  |       不正を行い政治を私した人物
        | :| i八´| ::i|:l 八|   \|/ィ爪苅ア|.:/::::八| │
        | :| i::::ヽ代芋テミ.      弋/(ソ' j//jハ|:   |       国書問題にどのような始末を
        |八八 ::::ハ 弋/ソ         /  .イ)}::  |
.         ∨\{\ト∧     '      厶イ:::|'´i::::  |       付けるつもりかは分からないが、
.           \ \|:| :::.      -     イ :|::::| ::i::::  |
             |:レ介ト          |::i|::::| ::i:::: │      いずれは再び排除しないと……)
             | .:::|:::|: :::::|i:::: ‐r ´   /ヽ|:: |::::i:::::  |
             | ::::|:::|: :::::|i:::: 几. _/    |:: |::::i::::: │
             | .:::|:::|i::::::j/| ∧∧    /|:: |\::::::  |
              | ::::j:::リ::r'7//l Y⌒Yヘ.///|:: |  `\ |
               |.:::/:// |//,'|人__人  ///|:: |    `丶、


.

720 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:34:35 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────────────────────────────┐
│ 八月末に江戸に届いたオランダ国王の国書は、渋川六蔵により翻訳されて提出された。  ..│
│ そして、天保十五年九月六日────                                     │
└───────────────────────────────────────┘



        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ < 鳥居甲斐守やる夫の南町奉行職を解き、寄合職となす
      ( 二二二つ / と)   \___________________________
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄ ̄


.

721 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:35:15 ID:yt2RA1mw0



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。         ……分かりましたお……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫はついに南町奉行を免職となった。                          .│
│ 寄合とは旗本の三千石以上の無役の者が座る場所であり、つまりは左遷である。   .│
└────────────────────────────────────┘


.

722 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:35:55 ID:yt2RA1mw0



     ,..||-ノ─ソ彡
  &. : : : : : : : : : ミυ                ┌─────────────────────────────┐
 ミ.: : : : : : : : : : : : : : 〃个        .     │ 報復を受けたのはやる夫だけではない。               ......│
 ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',u       .. . .  │                                           .│
.三 : : : :i ;;;/:'  '⌒' i: : : : :}              │ やる夫同様、かつて水野の手先となって働き、そして裏切った    │
 {:: : : : |:::+;;;  (;;;_ .|: : : : ニ`i'ー- .          │                                           .│
 .{ : : : :|ヾ  ,.、   |:: : : :;! 「`'ー、`ー、      │ 榊原主計頭忠職もまた、やる夫と共に寄合末席に降格される     .│
 ..ヾ: :: :i r‐- ┃┐.| : : :ノ /   `ー、ヽ  .   │                                           .│
   ゞイ!ヽ┃ニ゙ノ イゞ‐′イ ー-、.  ノ7┐    │ 報復を受けたのである。                           │
      `` ー一'´   ヽ.「~ ̄ `''ァf‐┘    .└─────────────────────────────┘
.           `、 }ー-`、__..._/::l
             `|:::::::|ヽ/l:;:;:;|
.               |::::::::l:::::::::::::::l
.               l::::::::l:::::::::::::::l
              l:::::::::l::::::::::::::l
              l;::::::::{:::::::::::::l
                 `iiiiiiiハiiiiiiiij´
             ∠-、レ'ヽ〃〕


.

723 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:36:35 ID:yt2RA1mw0



┌──────────────────────────────────────┐
│ 余談であるが、やる夫から南町奉行の職を引き継いだのは老中水野忠邦の実弟で、   │
│ あの大塩の乱の原因となった跡部能登守良弼であった。                    │
│ 跡部は兄が重用したやる夫とそりが合わず、常々やる夫と敵対していたために       .│
│ 兄が失脚しても、その政治的地位を保ち続けたといわれる。                  │
└──────────────────────────────────────┘

                /  ///    / //
              ′ ///   / //
              | r'/:::::\/ ィ /
               | |'ヘ::::/ /
              ∠! へ\</´
           /  \  ヾ              兄上も馬鹿ですねぇ……
           /     ヽ |!|
          /            〉
        { ̄ ̄  ‐- --  i              あのような者を重用するなんて……
        ヾ- ――-     〉
            \      __,.. ソ
         _r―  ー;.,.,. '´
       _/マ==|ヽ{、
    -‐ .:::.:::.::\::\└勺!                        ,. ---,
  //.:::.:ヽヽ:::.:::.:ヽ:::.\ ゞヽ、                    / ∠二/ノ_
 |l:::.:::.:::.:i i:::.:::.:::.:i l:::.:ヽ ヾヽト、                / ´ ̄ _∠二ニ'
 |l:::.:::.:::.:j l:::.:::.:::.::|ヽ:::.::ヘ `i! l:::ヽ           ヘヽ ,.  ´
 亅L. イ /.:::.:::.:::.\\:::.:Y i! l::.::|         /:::.:::.:::i丿
 f―::: /:::.::l:.:::.:::.:::.:::.\`:::Yi! |:V|        /::.::.::.::.:/
 ヾ ∠:::.:::.:::j.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.∧i!|/::ト       /.::.::.:::/
  |   /:::.:::.:/:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\il!|::;ハ    /::.::.//


.

724 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:37:14 ID:yt2RA1mw0



           ____
         /:::     \            このままでは決して終わらないお……
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \         やる夫は必ず権力の中枢に
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/         再び近づくんだお……!!
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


.

725 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:37:54 ID:yt2RA1mw0



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 天文方見習 書物奉行  渋川六蔵宅   .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: ::::::::::::: :::::::: ::::::::: :::::: ::::                  ::::::::::::::: ::::::::::: :::::::: ::::::::: :::::: ::::
::::: :::::::: ::::: :::::: :::                                 :::: :::::: ::::::: :::::: ::::

            ________ _ __________
           /_/_/_/_/_/_/_/_/_/./\\/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
   ;;;       /_/_/_/_/_/_/_/_/_./ = .\\/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ヽヽ
   ,;ミ       |  .--i  .--i   .|┌―┐|:::T::  .--i  .--i   |;:::::::::|
   ミゞ      |  i___|  i___|   .|..| :: :;;;|..|:::.|;... . i___|  i___|   |::::::::::|
   ;;;;ゞミ , ,,,vwv|_______|..|  ;;|..|:::;|_______|;;;vww
   ミゞゞミゝ   ,,,  ,,  __      ̄ ̄ ̄ ̄ __        ,,,
    ソミゝミゞ;;;;       | |i          | |i      ,,
   || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄| |l          | || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄
   ||_||_||_||_||_||_| ||           | ||_||_||_||_||_||_||_


.

726 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:38:34 ID:yt2RA1mw0



  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三       /u    \
  |┃         /  \, 、/  \            渋川!! いるかお!!
  |┃       /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三     |  '" (__人__)"' u  |           お前の手元にはオランダ国王書簡の
  |┃       \    ` ⌒ ´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.           写しがあると聞いたお
  |┃ 三   /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ        それをぜひやる夫に見せるんだお!!
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ        幕閣に近づくにはそれに対する意見が必要なんだお!!
  |┃三         |              |ヾ___ソ


.

727 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:39:14 ID:yt2RA1mw0



                       .,-、 ,-、
             ________     .i  i/ /.-、
        ,,..-''''""    "'''=_-.._i  i  / ,/
       ,,''"            ヽ  `ー-._/       ちょwおまwww禁止事項だろそれwwwww
      /    ,ィエァ   イエァ   |     }
     i __ u    ト、 ^ ハ   } ノ ,,,.ノ        秘密厳守っていう誓詞まで取られてるのに
     | | |     λ`-´ノ   /~ ̄
  ___.!,| ヽ、     `―-´  ./             そんなこと出来ないってwwwww
. (..__.i    ヽ       _/
.(___|  ーノー―--..__ ヽ、
 (____、_,, '        ̄~

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 免職されて少し後の十一月、やる夫は突然渋川六蔵の家を訪ねた。                    │
│ そしてやる夫はオランダ国王書簡の翻訳の写しを見せて欲しいと強く迫ったのである。         │
│ 渋川は重ねてのやる夫の要求に抗しかねて、十一月七日、個人的な控えをやる夫に渡した。   . │
└─────────────────────────────────────────┘


.

728 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:39:53 ID:yt2RA1mw0



 \    \
  ヽ\、  ^\
\ .\\ヽ、   ^\、  
 \ .\\ヽ \    |\                         何とかしてやる夫は
  \. \  \ \    λ\、
   \  \  \ \      \、                   新たにやる夫の後ろ盾になる
    \.  \   \ \      ^ー)\
     \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、           人物を探すんだお!!
      \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
       \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |        そうしないとやる夫は
        \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
         \  \ .\ ./     (__人__) .\   (       身の破滅なんだお!!
          \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
            Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
             Z_   .\______/    (
               Z_               r'"
                 Z、、            (
                  ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^


.

729 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:40:33 ID:yt2RA1mw0



┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は懸命に動いていたが、もはややる夫を救い上げようとする者などいるはずもなかった。 ......│
│ 翌弘化二年一月十四日、やる夫に新たな辞令が下る。しかし────                   │
└──────────────────────────────────────────┘


        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ < 鳥居甲斐守やる夫に、清水口門番を申し付ける
      ( 二二二つ / と)   \___________________________
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄ ̄


.

730 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:41:13 ID:yt2RA1mw0



         ____
       /      \           清水口門番……
      /  ─    ─\
    /    (○)  (○) \        そんなの完璧な左遷人事だお!!
    |       (__人__)    |
    /      |!!il|!|!l|  /
          |ェェェェ|

┌───────────────────────────────────────┐
│ 任ぜられたのは清水口門番という閑職であった。                               │
│ 寄合には元々江戸城の十二箇所の門番(御門警衛)という役目があり、単にその担当が  ..│
│ 決まっただけの話なのである。                                         │
│ この辺までは幕府高官の地位の移動としてよくある話であるが、この時点でやる夫の      .│
│ 運命はほぼ決まっていた。                                             │
└───────────────────────────────────────┘


.

731 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:41:53 ID:yt2RA1mw0



.           /                    \::::::\.
        /               \   \::::::ヽ
         /             ヽ  ヽ  :::::ヽ ::::
      /     ./     ハ  ヽハi  :|:..:i  | ::::::::ハ:::::
          /   :i.:| i ハ/|iい:.: i:| |:.| i:.:|:i::i  |..::::::|::i::|::::     水野越前を追い落とすには、
   /イ /  | |.:|:i i:|´^|i |::: i:| |:.| |:イi::|:..::|::::::::|八|/
.    ̄| |    | |::|:i i:|: 八 |::: i:| |/|/j,斗ァ|::::::::|::::/       その手下であった鳥居甲斐の審問が必要
.     | | i i| | i:从Tト   \:Nノj:ィ爪じソ |::::::/:V
.     レ| i i| | Vl代朮心       ゞ''´  从/∨           遠からず証拠を固め、
     | i i| 人::::小 う.ソ    "    / |/:::/
     ∨| 八::::::\{:∧     ′       / :: |         評定所で審問を行うこととなる
       レ\∨\_:>i::..    ー ´   /7 : /|
          │ :|八:::レ介:::....._    / /::::/'│           もはや彼らは過去の人物
          | :/ .:V リ ::::::: |::`:ア|  /|:::::| :|
          |/  / /:::::::: ノ!//│/ :|:::::| 八
.           /  / /:::::::: /  |/「  /|:::::|  |\

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 老中阿部正弘はそのときすでにやる夫を犯罪者として訴追すべく調べを進めていたのである。  │
└─────────────────────────────────────────┘


.

732 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:42:33 ID:yt2RA1mw0



   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||               ……一度辞職した人間なんて
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |                 辛いものね……
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/       実権は徐々に阿部伊勢に
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /      移りつつあるわ
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ      私には何一つ出来やしない……
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 一方、返り咲いたはずの水野忠邦は、オランダ国書に関する幕閣内の意見をまとめきれず、  ...│
│ 徐々に孤立していった。                                                │
│ ために老中御用部屋でもぼんやりとしている日々が多かったと言われる。                 │
└─────────────────────────────────────────┘


.

733 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:43:12 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫には恨まれるだけの十分な理由があった。                              │
│ かつて手先として使っていた小者たちにやる夫は十分な対価を与えぬまま放置していた。  │
│ そのものたちが、いま評定所の調べに応じて残らずやる夫の罪を証言した。            │
└───────────────────────────────────────┘


                   ,  ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄` ' 、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::/   |:ト::::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::\
             ':::::::/    |:| ',:::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::\
             l::::::::′   l:| \ニニニニニニコ:::::::::::::::::ヘ
              l:::::::l  ̄ヽ l:|  _>:://:::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::',
             l :::::l r=、  ヽ    `<:::::::::::::/j::::::::::::::::::/\:|    ────私は病気のために無役でしたが、
             |::ト、| f::::l     /斤ミヽ\__//::__::::::::/
            |:j |. マソ      h::::::} '   レ'r   ',:::/        渋川六蔵の紹介でやる夫様と出会い、
            レ. l   ,     ヽ--'    ,ノ   }/
                  '、             r―_'/          探索を手伝うのを条件に職を世話すると
.        /¨l       \ `マ: :‐┐     / ̄::::::::::\
       / /        \ `ー‐'    .イ ∧:::/ ̄ ̄ ̄        言われてその手伝いをしました
      ノ /            ` -r ' ´   ./ V
     ∠ /           _l       '
   /__ \/.)     ,.  :'´:__/      |__
  / _ \ | / ,ィf.:.:.:.:.:.:.:./    ,.  :'´.:.:.:{
. / _  }_/7/,イ:l |.:.:.:.:.:./\ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
/   {_,クノ'  /.:|.:l |.:.:.:../ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

小普請組※ 石河疇之丞(ちゅうのじょう)
※小工事を手伝う役職だが、実際は無役の旗本御家人の寄り合い。


.

734 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:43:52 ID:yt2RA1mw0



           ____
       ,.ィ..'´ ̄::.::.::.::.::.::.::.`.ヽ.、
     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ
   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.゙ァ、::.::.::.::.::.::.ヽ
.  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} \::.::.::.::.::.∧
 /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l   \::.::.::.::.∧
/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/   / \::.::.::.:.l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ァワソ>、/    ,ァニ=、i、::.::.:l
::.::.::.::.::.::.::.::.::i::.:乙(_)‐ヌ`     /三i lヾ::.:|
ヘ::.::.::.::.::.::.::.::l::.::.::ゝツニ._      マリ .!r、゙;!          何度か探索を手伝った後、さらにやる夫様から
 V::.::.::.::.::.::.::l::.::.::./三ミヽ     ~  ∨'
.  マ::.y‐ヽ::.:ゝ/ !ハ ≡ リ         ハ            榊原主計頭様を紹介されて、
   ‐{ r-、ヽ!    `ー '        ,イl、ヘ
    ヽ、ゝ.ニ_、         ., -ァ' <‐.、l:ヽヽ`         勘定所に関する意見の提出や
    ノゝ=..- イ` 、.    `ー-' / ヾ ヽ~` l \
   ∠..-‐''".  l    ` ー- _,.'   Y l`.ソ   i      後藤三右衛門の資産に関する調査を行いました
         ,'      /        l '" {   |
.        /      /        .l  ヽ、.  |
     _∠__     (         `ヽ、    |


.

735 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:44:32 ID:yt2RA1mw0



            ,...::-:―:-:.:..、
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::`::::、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.、、
       ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::──
     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ≡ュ::::::::::::::::',
     |:::::::::::::::i' \ヽ::::::::::::夂{::::}》》〃:::::::::i
      |:::::::::::::::i   \\ー:弋心少::!:::::::::::::|
     |:::::::::::::::ト、___ ヽ  / >、,,,ヽヘ;:ヘ、         その後印旛沼普請御用のやる夫様と会い、
     .!:::::::::::::::!ゝ ,,,,_     /(::::::ヾリi/:/ リ
       `、::::::::!ヽイ::::::ヾ     ヽCノ l:/ノ/          普請の資金について意見を求められたので、
      /´`丶ゝヽC::ノ         ,'≦、__
      ヽ ヽ_ヘ  ` ´            ,'ヽ、-''"´         後藤三右衛門に出させればよいと申し上げると、
        ヽーァヘ、    __    /‐-`-
         //!::/' 、   ` - ´ /               やる夫様は強く反対されました
         '´  i/   ``''r.、,,_/ i
            ′     i     i                   後藤は以前からの知人で、格別の貯金があるとは
                   l     \__
               _./       ヽヽ  ̄" 7ー 、        聞いていないと申されたのです
        _,.. - ‐ ''' "//          ヽヽ _/  /;
       / `'‐.  //        _,,,,,、rク/  /:.:i
       ヘ、   ` ー==≡三三≡="´  /:.:.:.:.:|
        i:.:.:.:.`:..、..              ,、<:.:.:.:.:.:.:.:i


.

736 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:45:11 ID:yt2RA1mw0



         ,ィ三三三三三三三ェz_
       ,イ三三三三三三三三三、 ̄
.       /三三三三三三三三三三ム
        チ三リ弋三三三rレ-弋三三三i
      l三三l  `¨弋彡l|三弋三三ミリ
      l三三l-‐‐- 、  `~>zt圦i|三リ         さらにその後、上知令に反対する数人の旗本、つまり
        V三ミi rニz,     hzり |/-ハ
       Vヌミ,` hxリ     `¨´  l ノノ          大目付遠山左衛門尉様や勘定奉行(当時)跡部能登守様
       l f へ.`~´       イ===-
       丶-zェ、   t -‐ァ /ヾ=、          などの探索を命じられて、やむなく引き受けました
         / '´イ' 丶、 ` ´ イ
    _         '´   l    |              また同様の依頼を渋川六蔵からも受けました
    l `、       r-!    `=i
     ', i      / .{´      `> \             渋川はやる夫様の意見を取り上げるよう上書するとも
      !. |γ、  ./_  `、    ./   -\
    r' _,Li_〈 ,/-、`、 t-‐‐‐./ // ̄ \         話していました
    〈'´ ==}    `丶`丶  ///     \


.

737 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:45:51 ID:yt2RA1mw0



              ___
         ,.....:::::´:::.:::.:::.:::.:::.:::`:::....、
       ,...:´:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::`ヽ.、            ところが昨年閏九月、後藤三右衛門がやる夫様の
      ,.:´:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.`..、
     /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:`:..、        五男坊を神田明神の祭りに招待して接待したと聞き
   /:::.:::.:::.:::.:::.: /{:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::`:..、
   ,:::.:::.:::.:::.:::.:;イ -\:::.:::.:::.:::.:::.:::_::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::、ー=ヽ、    お会いした際に意見申し上げたところ、
   ;:::.:::.:::.:::.:::.:/_|二 \:::.:::.:::.r"゙レ ''`ヽ:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.',  `゛
.  l:::.:::.:::.:::.:::.;'ニ|二   ` <:トー'゙ヌ-'ニ}:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:',       後藤は知人だから問題ないと退けられました
  |:::.:::.:::.:::.:::.;_二|二、     `ヾ、≠)へ、:::.::';:::.:::.:::.:::.::}
.  l:::.:::.::;.:::.:::l 二.l‐  `ヽ    ,.-'ヽ:、:ヽ':;:::.:l:::.:::.:::.:::.l       そしてやる夫様はその後、突然私にお屋敷への
  l:::.:::.:::、:::.l二三三         ,==ヽヾ/:::.:::.:::.:::l
.  〉'~゛ヾヽ|/ィZZ ユヽ      '´ィZZt゙ヽ ゙l:::, - 、::/       立ち入りを禁ずると命じられました
  { -r.、-゙i- {::7三l::|       {:7三j::} ゛ '´ ,.ィ'. ヽ
  l ーlー‐ヽ二ゞ、二ノ       ゞ二ン  レ'´ /  }       そして十一月には私は甲府勤番に左遷されたのです
   \二二、二二-              jー ' ..,/
    `フ´::..、二二-           /`t-=''二ミt、       ゆえに、同様の目にあった浜中三右衛門と共に
   _/ -'7:::.>、二二 __,.    /ヾ、:::.ヽ、    ̄
       //  `‐二 `ー ´  ,.ィ'    `ー-`-         告発書を提出いたしました────
      "      |‐ヽ、__ ,. '´ :|
         ハ ̄ニl二二    |二 ゙̄i
        ;ミt マミノ二―    l三/ ,ハ
        /ヽミt\二―     〉'/ミ/t、


.

738 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:46:31 ID:yt2RA1mw0



              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ────私は二十五俵二人扶持の
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
            i::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ      最低の生活の御家人です
         l::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::.
          l::::::::::::::::::l‐-!::::∧:::::::::::::::l ヽ:::::::/-‐l::::::::::::::::::::::::.     そこで良いお役に付くために運動していたところ
         ,'::::::::::::::::::l ___ヽ「 ヽ::::::: ::::l  ヽ/_ l:::::::::::::::::::::::::.
        /::::::::::::l::::::レ7O::ヾ、 ヽ::: ::::l  /;O::ヽヽ!:::::::::::::::::::::::::.    やる夫様の知り合いだという本所茂平次と
       ./::::::::::::::::l:::::| h:::::::;)'!  ヽ::::!  h:::::::l`! l/l:::::::::::::::::::::::.
      //l:::::::::::::ヽ::l ヽ二ノ    ヽ|  ヾー,ノ   !:::::::::::ト、::::::::.   知り合って、その紹介でやる夫様に会いました
          ,':::::::::::::::::l`               ̄    l:::::::::::::l `ー-ヽ
        /::::::::::::::::::::ヘ | | |        | | |∧:::::::::::::l       やる夫様からは、出世するにはまず気がついたことを
      ./:::::::::, - 7:::::::ヽ     r:‐:ァ-v、   /:::::::::::::::::::l
      /::, -'"   l:::::/ \   ヽ(__,.ノ  / \::::l` ‐-、l      そのたび報告することだと言われ、
      `´     レ´     `i 、    イ
                   _」    ̄   !__              やる夫様の格下の目付の行状などを
                ,.::'´::::l       l:::::::::ヽ
              /::::::::::/       ヽ:::::::::::\          報告しました
             /:::::::::::::〈         /::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::ヾー--- 7::::::::::::::::::::::::::::\

小普請組  浜中三右衛門


.

739 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:47:11 ID:yt2RA1mw0



                  __
               ,...-‐::::::::::::::::::`::....、
           ,....-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         ,..+:::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::;イ::::::::::::::::ヽ
       ,...*::::::::::::::::::::::::::::::::::/_l::/`l::::::::ハ::::::::::ヘ
    _,...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://;k;カ |::::/-ニl:::::::::::ヘ        やる夫様が南町奉行になってまもなく
   ´ ̄ ̄7::::::::::::::::::::::::::::::::/. ゞ='. .レ'. {;!;l゙i:::::::::::::ヘ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::;:::l. . . . . . . , . ゙-'. l::::::::::::::::ヘ.      お会いしたところ、改革に反対の
      /::::::::::::::::::::::::::::::::∧:!. . . . rー‐-ァ. ./::::::::r‐-=::ヘ
    /: - '7:::::::::::;ィ::::::::::}. .`. . . . ヽ--.'../:::::::::::l          北町奉行遠山様の風聞を探って欲しいと
       |:::::/ |::/l:ル. . . . i゙=-t、_,: :'::::::::iヘ:::::l
       レ' _l/ィ<Zt、. . .ト、∨\::::ト、::::|. ヾ、          頼まれました
       y'" ̄  ̄`‐=ヽフム   ヾ! ヾ
       /__         `¨`ヽ、                やむなく従いましたが、それからまもなくして
      /'´ `ヾi.          ヘ
      ,'       l:            ハ               突然職を免ぜられた上、やる夫宅に
―--...../      l      ;:     ',
    /._       l      ,;:      ',                  出入りしないよう言われました
| o ./'" ̄ ゙==zz,,...|:     '' :      ',
|  l,ィzzzzt,、_. ̄:}:            ',
!  ツ三三ミl. . . ̄:.l:             ',
 o  `ー---l. . . . .:l   ,,.. --――r _.  ',
_      l. . . . .:| ,.ィ'". . . . z. . . .!三三ミ=}
゙| ̄=====l. . . . .:}'. . . . . .____l三三ア´ ,,....-――-.、,.. -‐‐-.、
.|:       }. . . . :l. .;ィzZ三三三三三:ヒ'ィZア´. . . . . . . . . .`ヽ. . . . . Y
:|         l. . . .:レ'三三三三三三三三7´. . . . . . . . . . . . . . Y. . . . .:i


.

740 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:47:51 ID:yt2RA1mw0



                          ---
                         ,  ´: : : : : : : : : :`ヽ、
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                   /.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:ヽ
                  /:::::::::::::::/l:::::::∧::::::::::ト,:::::::::::::::::::::::::..
               /::::::::::::::::::|」::::/  ':::::::::| ヽ:::::j|:::::::::::::::::'.
        ___       /:::::::::::::::::l:::| ∨`ヽ ヽ、:| '´∨ l:::l:::::::::::::::'.
        /^} } }     ./::::::::::::::::::::Ⅳ,rf心     ゛,rf心 Ⅵ:::::::::::::::::'.    それから半年ばかり後に、やる夫様の
     ./^) ///    /:::::::::::::::::::::::l 弋っリ     弋っリ j::::::::::::::::::::::'.
    / / //,j     厶-¬7:::::::::: '. `¨´       `¨´ ′:::::::f¬-::_'.   家来の金田故三郎という方を通じて
   ./ /    { /^)     /::::::::::::::: '. // ___ / /::::::::::::::ヽ、
   {     `´/     ,厶-=¬¨了::ヽ、ヽ、  ノ /:::::::f¬ー ::_ヽ    遠山様と当時の寺社奉行松平伊賀守(忠優)に
   l   /  /              厶-ァ:::`r 、 __ イ´:::r- 、」      `
   |  ___  '                  |/_}    {_\|            関して、彼らが改革に反対であるために
   |   |              ,   '´ {      }^ヽ
   |   |          ___r<      ', _____ /   `ヽ          これを調査して欲しいと依頼されました
   |   |         /'.   `ヽ、   '.   /      >、
   |   l       r一'   '.       `ヽ、 '. ,/ _.. -¬¨´   ヽ       いったんは断りましたがやむなく引き受けました
   |   '.     r¬ヽ、`ヽ、 '.       `ー´        ∧
   |   ヽー一'^\ \ヽ、  '.                 /  ',


.

741 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:48:30 ID:yt2RA1mw0



                 __,,,,,,,,,,__
              .,イ´::::::::::::::::::::::`丶、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          ./:::::::::::::::::::ハ:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ        そして、昨年の四月ごろに長崎に行くという
         /:::::::::::::::::::::,' ヘ::::::::ト:::::::::{!::::::::::::::::ト、ヽ
         /::::ィ::::::::::ト:::,'ー-ヾ::::! ー、::|.',::::::::::::::::ヘ ヾ       本所茂平次が訪ねてきて、その際に
        /:/ !::::::::::::!',:!   ヾ::!  ヾ ',:ハ::::::::::::::ヘ
          .|:::::::::::ヘ ヽ=ィ   ヽ=ィ ノ::::::ヘヽ、:ヘ       教光院了善という山伏の探索を行ったことを
           |:::::イ::::ヘ /// ' . ///::, 、:::::',  `ヾ
          .|イ .|::ハ:ゝ、 .イ⌒ヽ/ヾ'  ``          詳しく聞きました
             "    |ヽー イ
             ィー-----!   !-ーー ' ̄`ヽ
            /                ',


.

742 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:49:10 ID:yt2RA1mw0



              ,.-―- 、
             /::::::::::::::::::::::\             その際に茂平次は、大きな手伝いをしたのに
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::ト、:::::ljヽ:::::::::::::::::::\          わずかな駄賃しかもらえず、長崎に妻子を連れて行くのに
          /:::::::N,_、ヽ!'{心ij:::::::::::::::::::\
          /::::::::::| ヒソ  `´ !:::::::::::::「 ̄`        路銀が足りないと不満を漏らしていたので、
         /:::::xi:::::i  __  ノ:::::::l\!
        .厶イ |:::::::>、   / N\!            少しばかり餞別の金を都合しました
              |/ レ ̄_!/二フーゥ-、      
                 rf//   /-―丶、       そして十一月に突然甲府勤番を命ぜられましたので、
              /'´ ̄   /    / >-
             ,.イ      {     i. / \      不満を持って石河疇之丞と示し合わせて
            「 / i      ヽ\  | ト、  ,
            | i  '.      〉/ iヽ ! ! \ ′     告発書を提出いたしました────
           /`|   !     ' i ┘ ` ー ' 
        ,x‐'  ,. j        i |


.

743 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:49:50 ID:yt2RA1mw0



             /´         \
         ___,  '´               `ヽ 、   U   ...  ┌────────────────────────┐
  ..      ,,. ´         U             ` ー- 、    .. │ こうしてかつてやる夫が使っていた小者により、    .....│
      ´        ___         ___         \     .│                                    │
      /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ       │ スパイ攻勢によってやる夫が自分に反する者たちの   │
      ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',     │                                    │
      {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }    │ 追い落としを図っていた事実が次々と            .│
      .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /  .. ..│                                    │
  ..  U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ ..   │ 明るみになったのである。                   .│
       /                      ヽ       │                                    │
      /    U      i、           }       │ 散々働かせた挙句十分な対価も払わずに       .....│
      {           /ヽ           /        │                                    │
      ヽ、        /  ヽ、       /    .. .   │ 彼らを追放したやる夫の酷薄さがこれを招いたのだ。......│
      │ "ーーーー''"        "'ーーー''"         .└────────────────────────┘
      ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
             ` ̄´


.

744 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:50:30 ID:yt2RA1mw0



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ                .┌───────────────────────────┐
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|               .│ そしてもう一つ明るみになったのが、本所茂平次を使った    .│
    |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |              │                                       .│
   |::::::( ( ○) (○)|              │ 水野美濃守追い落としのための教光院事件の         ....│
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)             │                                       .│
    |     ` ⌒´  |          ...   │ 一連の工作であった。                        ...│
    \         /      .          │                                       .│
r―n|l\  ` ⌒´,/ ヽ            .   │ 茂平次は捕縛されて江戸に護送され、厳しい尋問のうちに  ....│
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ     .   │                                       .│
.     \        |      | ..       │ 以前の井上伝兵衛および熊倉伝之丞殺害を自供した。    ...│
.       \ _  __ | ._   |       .. └───────────────────────────┘
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )


.

745 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:51:09 ID:yt2RA1mw0



     / {    _,.>                    r=, ̄ ̄ヽ、    ┌──────────────────┐
.     L-!     | (|                     | |    ハ    │ 茂平次捕縛はさらに飛び火する。      │
    丁 |    Lニ|                /、_j  i   L.|   ...│                           .│
     | ,ハ____l l                    !`7′ !  |「 |     .│ 教光院了善取調べの際の          .│
     | | {:::::::::::::::ト, l                  ノ ハ―-―.{l !    │                           .│
     | 〉|::::::i::::ヽ| |_j                rヘ/ |::ノ:::::::::::ハ |    .│ 茂平次を使ったいんちき芝居に      │
     ` !:::::i:::::::i|         タスケテ     〉′l:::::::::i::::::| L!     │                           .│
.        |:::::i:::::::::!        ∧__∧      |  |:::::::::!:::::|      .│ かかわったとして当時の与力二人が    .│
       l::::::〉:::::/       (. ゚д゚ .)     |   !::::::::!:::::!..      │                           .│
       |:::/:::::/         {    ` ヌ.___ノ    !:::::::i:::::|  .     │ 三十日の押込めに、茂平次に        │
      |/:::::/        |i   「`´          |:::::::i:::::|  .     │                           .│
.       /:::::〈_        ヽヽ l            |:::::::l:::::| .      │ 芝居で縄を打った同心が「きっと叱り」.. ...│
      `ー一′        | l 〈_         |:::::::ト-′    ..│                           .│
                  `'ー′         └‐┘       .│ の罰をそれぞれ受けたのである。   .. .│
                                       └──────────────────┘


.

746 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:51:49 ID:yt2RA1mw0



┌────────────────────────┐
│ やる夫を追及するための捕縛の手はさらに伸びる。 ......│
└────────────────────────┘


            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
                |三三三三三ニ〃⌒ヽニ三三三三三彡'´   ̄◯ー〈
             〔`ー=ニ三三三圦_ノ三三三ニニ=-   -=ア¨:.:.:.:.:.|    今回の事件を取り調べる
             `ト、______________...  -=ニ/:.:.:|:.:.:.:.:.:|
             /\三三三三三三三三三三三三三/:.:.: i:.:|:.:.:.:.:.:|    評定所の統括責任者は
                ':.:.:.:.:\ニ 三三三三三三三三三ニイ:|:.:.:.:.:.∧:ト、:.:.:. |
               i/|:.:.:.:.:.:.|:.i>r r=┬===ァ┬::ァ:i<|:.:.|∧:.:.:.:.|⌒∨:.: /     この僕だ
               |: |:.:.:.:|:. 斤示テミハ.:.:.:./ー匕/斗チ示勹:.:.:.:.i  /:.:.:.:′
               |八:. 小lヾ弋辷ソ  |: /   |/  弋辷ン |:.:.:.:.i /:.:八|     どうせやるなら完璧に
                  \|:∧       |/ j         |:.:.:.:.|ノ:.:/
                 |:.:.::.         〈|          |:.:.:.:. /|/        鳥居甲斐の罪を暴かないとね……
                 |:.: 人                 |:.:.:.:∧
                 |:.:.:.:.个      ー  ´     /|:.:.:/ |         次は渋川六蔵、後藤三右衛門の番だ
                 |:..:.:.:.:|/ 丶、         イ /|:.:.:| 人
           _   -==ニ|:.i.:.:.:.|   | {> __..  ´ /  |:.:.:|/}三\
        /ニ三三三.ニ|八.:. |   | \ __/  /|:.:/三三三ニ> 、
          /ニ三三三三三三|:. ト、 /|   /レヘ.     〔/|:/7三三三三三>.、
        '三Vニ三三三三三∨ニ∨:::|  匚匚]    |∠/三三三三三三三>、
      /ニ三|ニ三三三三三三ニ/::::::| / /|│|    /ニ三三三三三三三三三三ニ=
        |三三|ニ三三三三三三.〈::::::::Ⅳ / :|│|\ ./三7三三三三三三/三三三三ニ

老中  牧野備前守忠雅(まきの ただまさ)
阿部正弘に次ぐ次席老中。


.

747 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:52:29 ID:yt2RA1mw0



                     .,-、 ,-、 ....     ┌───────────────────────┐
             _______     _.i  i/ /.-、   │ 渋川六蔵に関しては、蛮社の獄の際に洋学者との  ..│
        ,,..-''''""    "'''=_-.._i  i  / ,/    │                                  │
       ,,''"   ⌒  ⌒    ヽ  `ー-._/    ..│ 関係を利用してやる夫に情報を流したこと、     ....│
      /    ( ○)  (○)   |     }      │                                  │
     i __ u   ::::(__人__)::::   } ノ ,,,.ノ .      │ 同じくやる夫に頼まれて上知令反対派の         │
     | | |       |r┬-|    /~ ̄       .│                  マサミチ            │
  ___.!,| ヽ、      `ー‐´  /     . ..    │ 遠山やお側衆新見(伊賀守)正路、若年寄      ...│
. (..__.i    ヽ        _/             │          マサツラ                   .....│
.(___|  ーノー―--..__ ヽ、             │ 堀田(摂津守)正衡らの身辺探索を行ったこと、   ...│
 (____、_,, '        ̄~          .   │                                  │
                               │ そしてやる夫にオランダ国書に関する        ......│
                               │                                  │
                               │ 情報を流したことなどが罪とされた。         ......│
                               └───────────────────────┘


.

748 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:53:09 ID:yt2RA1mw0



┌──────────┐
│  そして────   │
└──────────┘


                _  ______
                ´  -――――- _: : : `丶、
            //_  -――――‐- _`丶 : : : :\             ……さて後藤三右衛門、
           / '´/: : : : : : : : : : : : : : : : :\ \ : : : :\
           /{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \ : : : :ヽ          あなたとやる夫の関係を
        -=//: : :/: :/ : : : /: : : : : : : : : : : :\: : \ ヽ : : : ',
      _〈/゙7/: : :/: :/: : /: :j : : : : : : : ヽ: : : : :ハ: : : :∨| : : : |          洗いざらいしゃべってもらおうかしら
      ∨ノ,′ : : i: : i: : : : /|: i: : : :i:|: : : : : : i i: i : : : |│: :ヽ|
      〈 /i : : : : |: : |: : i: / | :| i: : :i:|: : : i : : l i :| : : : |│: : : 丶        隠し立てすると、承知しないわよ?
      ∨ | |: i: : i: /|\i/ /| :| i: : :i:| i: : j/ |:i: | : : : |│: : : : : \
         し| |: i: : i: N斗≧ミi_;| i: : :i:|_|: 斗≦トリ| : : i |八: : : : : : : :\
      / /| i: i : :i小 い//i゚ト┴ー  '‐=行'/j゚| ノ : : i ト:::::\: : :\: : : ヽ
       く/ レ|八: :ハ  弋辷ソ      弋辷ソ  | : : i |ノ::::::::丶: : : ヽ : :
      〈   ヽV\ハ  `     ,         ´   i : /: :!:::::::::::::::ヽ: : : : : :│
        \   |:i : : :             " /: 厶:小、::::::::::: ハ : : ト、│
         ∧  |:i : : :|ゝ    -‐ -     . イイi: : : |\>ァァ'´i : : | ∨
        | ∨|:i : : :|  丶、      イ   /|:i: : : |  / / /| : :│ |
        │ │|:i : : :|     :l> -r<     ,' :|:i: : : |   / //l: : :ノ |
        | 人|:i : : :|     {\ ヽ   //  |:i: : : | / / /  j:/ ∧
         ∨  |:i : : :|      |\__   /  |:i: : :リ / /  ´  / ∧

北町奉行  鍋島内匠頭直孝(なべしま なおたか)
評定所の一員として鳥居甲斐一件の取調べに当たる。


.

749 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:53:48 ID:yt2RA1mw0



        /ニYニヽ
        /( ゚ )( ゚ )ヽ           隠し立てするつもりなんて全然ないっていうwwwww
      /::::⌒`´⌒:::: \
      | ,-)___(-、|         やる夫のやる方には俺も
      | l   |-┬-|  l |
      \   `ー'´ _/          腹に据えかねているんだっていう
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ
     (  \ / _ノ |  |        何でもしゃべるっていうwwwww
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /

┌──────────────────────────────────┐
│ 何よりもやる夫にとって致命的であったのは、尋問を受けた後藤三右衛門が .....│
│ やる夫との関係を包み隠さず何もかもしゃべったことであった。             .│
└──────────────────────────────────┘


.

750 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:54:28 ID:yt2RA1mw0



                  . . :⌒ヽ. :´: : : : `. .
               ,.. :´ : : : : : /: : : : : : : : : : `: .
                 , :' : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : :: .          はいはいっ!!
     ' Y Yヽ   /: : : : :/ : : : :/} : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     '   !  l ',   ': : : : :/、: : : / {: : : : : : : : :\ : : : : : : : : :.       私は以前後藤三右衛門より
   _」   |  {  i ,′: .:∨: : ヽ/ |: : : : : :|: : : : ヽ : : : : : : ハ
   ' {   |  j  { ,′ : : iト、: : /\ !:.!: : : : :.|ヽ、: : : : : : : : i: : : .      鳥居甲斐の所業に関する陳情書を
  |  l   l     V: /: : {`ヽY   `i::ト、: : : :.|イ \ : : : : : : |: : : !
  l  {  '^  `  V. : :八: : :| ァ=ミヽl \: : | ァ=ミヽ: : /: : l: : 八      預かっています
  { '′      {`ヽ、:_{ : :ヽ:.〃ん。ハ    \| ん。ハヾV: : .|:| : : ト、
  〉         ゝr  }: : : : i{ い::::j     い::::リ ハ. :八: : : ! \    謹んでここに提出いたします!!
   !   ´ ̄ / ノヽ. |: : : : |  ゞ゚-'   ,    ゞ-'′ jノ: ハ: : ',
  |      /     j : : : :ヽ '''        '''   {: : : : :}: : ハ
  ',            厶ィ=、: :\    ,.ニ、       八 : : :ノ: : : :!
   ',          .イ:::::}ヘ::::\: :)   {⌒}    .イ: j ): : : : : : j
   \     --  j::::::|::::\::::\ト .  ゝノ   .イ::从: : : : :.ハ:.:/
    {::{ヽ       /:::::::|::::::::::::::::::|ヽ `  ー  {´:::ノイ |ハ: : : :| l/
    ヽヽハ     /.:::::::::::::::::}::::::::::!::::',\   /ハ:::ノ j: : : :ノiノ
     Vハ乂   /.::::::::::::::::::ノ:::::::::::l::::::', >ーく/ }:`ヽ}.:/ ′
      Vハ フ´.:::::::::::::::/::::::::::::::l::::::::',{ 〃ハ/:::i::::::\

┌───────────────────────────────────┐
│ それに加えて、後藤が以前堀大和守に提出した陳情書も評定所に回された。   .│
│ これもまた、やる夫の罪に関する重大な証拠となる。                   .│
└───────────────────────────────────┘


.

751 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:55:07 ID:yt2RA1mw0



             /二二Yニヽ
            /   ( ゜)(゜)ヽ             (……やる夫逮捕の証拠となる書類を提出して
          /   ::::⌒`´⌒::::\
          | ,-)        (-|           取調べにも十分協力したからには、
         ,┤ i〈 、_____, 〉 /
        /  !  ヽ\+┼┼+/ /            間違いなくお引き立てがあるに違いない
      __/   ヽ    `ー‐‐'´ / 
  , -‐''" i    \       人   ニヤニヤ    今度こそ俺は────)
-''~     |    \`ー----‐'´! iヽ、
       ヽ      \     /  i  `ヽ、
        \     丶_/   |    \
         ヽ     /O \   |      \


.

752 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:55:48 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────────────────────────┐
│ しかし、後藤の取調べを進めた幕府のほうではまったく違う考えを持っていた。   .│
└───────────────────────────────────┘

   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::/|
   ヽ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >'"...:..ノ
    ヽ:::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::>''": : : : : :./::|
     ∨::: ヽ:、:__: : : : : : : : : : : : : : :_: :ィ''": : : : : : : : :..>!イ:::::|
      |、:::::: : : : :``: ──: : '": : :´: : : : : : : : : : : :>'"/ ::::::::|
     ハ: :`::..、_: : : : :(.__): : : : : : : : : : : : ,, >'"ィ'"::/:::::::::::::::|
     .{::l:::::::::::::``:‐==:、______::::::::_====-<´::::::::::::/::::::::::::::::::: |
     ,::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'}:::::ハハ ::::::::::: |
      ,:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'モ//Ol ̄リ|:::::::::::: |        後藤三右衛門という人物、
      l |::::::::::::ヽ、 :::::::::::::::::::::::::::: >ァノ''" 人コ;;;;;;;ソ  l::::::::::::::|
      | |::::::::::::::::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄リ|:/ノ       ̄ ̄ ´ ..ハ::::::::::::|           どうしたものだと思う?
     .| ::::::::::::::|         " .i           ,l :::::::::::::|
      |:::::::::::::::|、           !            .,_.|:::::::::::::,            僕の考えでは、
 .      |::::::::::::::',ヘ                    /ハ!:::::::::::,
      ',:::::::::::|ヽ_,\      ‐ ‥-     //_/:::::::/リ          明らかに危険な人物だと思うけど?
       ',:::::::::<  ',ヘ ヽ            .ィ / / >|::::/
        ヽ:::::|、.ヽ .| l  ヽ       ィ |, .| . /. .!:/
           ヽ|:::丶, 丶、>、  `  = ´ _ .ィ__ < ,/:|
    .     /.::|:::::::::::丶., `ヽ `ヽ、 ,.ィ´ r'" _ ィ´::::::::::|`ヽ、
  __,, ィ"´: : ::::|::::::::::::::::::::`::|  / Y ヘ.  |‐'"::::へ、:::::: |:::: : :`>.、 _
‐'´: : : : : : : : ::::::::、::::: :::::::::::::: | ./  ̄ ̄ヘ. .!::://)/:::ノ::::::: : :


.

753 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:56:27 ID:yt2RA1mw0



              /:.:.:.:.:./  /: : : : :  ´ ̄ ̄ ̄ `丶
             __/___厶_/ : : : : /:: : : : : : : : : : : : : \
          {ー一/´/´/:::.:.:.:.:.:.:/::.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ       ……後藤は間違いなく
             {  く(/  /:::::::.::.::.:/.::.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           }   \, /::::::::.::.:.:/.:: /::/.::. /.::/.::.:: |.::. |.::.::.::.::. iハ     幕府にあだなす者よ
          {__/∨::/:::.::.: /|::_/::/.::. /.:://.::.::.j.::.::|.::.| :.::.: |.::i
         /  / /:|::,'::.::.::.::i斗z≧x/.: //.::.::./| ::/_:/.::j.::. |.::|     改鋳のどさくさにまぎれて
        /  / ,/   レ|::.::.::.:小 {i//j゚トミ//::.:: /斗/.::/.:::,' ::. |.::|
         ̄〈  /  (.(|::.::.:: i:| Vうン    ̄ ri抃ァ .::./.::i.::八|     不正な貯蓄をしていたのは間違いないし、
          / ̄{_____,人|::.::.:: i:|             ヒ)ソ〃 :/.::/|/
            /.::.::.::. /.::.:.:::::|::.::.::.:i:|        、  / ::://         自らの身分引き上げの斡旋のために
        /.::.::.::. /.::. ::::::::|::.::. .::.:|、      __    .::.:/
         .::.::.::.::::/.::. ::::::::: |::.::i.::.::.| \       ..イ|/            やる夫に贈り物もしていたわ
       /.::.::.::.::/.::.::.::::::::::::|::.::i :.::.|   ` r-::<|:.::.:i:|
.      /.::/.::.: /.::.::.:::::::::/|::.::i::.::.:|    L、.:i::|:.::.:i:ii             しかも身分違いを差し置いて直接
      :./.::.::.::| .::::::: /  :|::.::i .::.::|   :ト、\ :|:.::.:i:i|
      |/|:.::.: 八::.:∠二二_|:::.:i .::.::|ー-、  r'V `|:.::.:i :|             水野越前に嘆願をしていたのよ
.         |::|.:│〃 -─‐-、|::.:八::.::|\_____|  |:.::.:i :|
.         |人::Vイ        ∨\i:.::|  〉ー‐卜八 :.:i :|             そしてあの陳情書もひどいものよ
           ∨l|         l:.::|、//\ |  ∧.:i :|
          | l|          i  |:.::| \  ヽ| /j人i :|             中身はあからさまな幕府高官の誹謗だから
          | |l          |  |: ノ\ \ |/ノノ  V、


.

754 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:57:07 ID:yt2RA1mw0



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          「────勘定所の小役人は元々生まれが卑しく、
       |                    |
       |                    |          極貧の中に育っているのでそれが習い性となって、
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /   馬鹿ばっか、   /ヽ__//     とかく金銭を貪り、保身の念が強く、遂には
     /.              /  /   /
     /   みーんな馬鹿   /  /   /      忠節の心を忘れ、悪事を企てて幕府の政治を汚すことになる」
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /       「今の勘定所の小役人は、奸曲でなければ愚鈍、
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /        愚鈍でなければ凡庸の徒ばかりである────」


.

755 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:57:47 ID:yt2RA1mw0



        /\Y/ヽ             ...   ┌───────────────────────┐
       / (ー)(ー) ヽ             .    │ 後藤は陳情書の中でやる夫を非難するばかりでなく . │
      /::::⌒`  ´⌒::::\                ...│                                  │
     | ,-) ヽ__ノ(-、|                │ 勘定所の役人をことごとく馬鹿扱いした上で、   .. ..│
     |  l   |r┬-||   |                 │                                  │
      \    `ー'´   /              .│ 自分自身を先祖の由来とこの三十年来の      ....│
     /            \           .  │                                  │
   _/((┃))______i | キュッキュッ      ..  │ 本人の勤功および多額の上納金の件などを      .│
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \             │                                  │
/  /_________ヽ..  \   . ..      │ 考慮して、ぜひ勘定組頭に取り立てて欲しいと   ......│
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            │                                  │
                               │ 書き添えていたのだ。                    .│
                               └───────────────────────┘


.

756 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:58:27 ID:yt2RA1mw0



                   -―‐-
                ´         `⌒丶
                /            \ \
           / /    ,  ハイ          ヽ
          ∠/ / :/ /.: ト-|:  |   │  :i: :           ……町人風情が
             ,':/ :i ::|..::i|.::| i| |:  | i | │  :| i |
              |:i{ ::| ::|‐八 トi:| |:i -|ハ:|::-:|::  i| i |           幕府高官を誹謗するのは
             |八八.::斥テxハ| |ハ斗ぅ示ァ!:: :リ i |
                \ヽ:弋:::ソ    ヒ::::ソ |/.:;': i |           許しがたい重罪
                ト小ゝ    '  "   厶:/:: :i:|
                |/{ :ゝ    -    ..ィ::/八:: :i:|           しかもこの陳情書では
               |ハヽ:|:::i>:.,_   ´ |:jイ::|:::::::  !|
               |ハ:::|:::i:::::rト、 __ノV|: | :::::i  i|           金座銀座の者たちに上納金を
              / .::| :| イ゙7 爪   ノ:|: |、:::i::. i:
            ,厶イ| :| / | 人人/ :|: | \i:::. :.           命じたことまで批難している
         ト、  ,/  ' | :| \乂/|∠ __八 |   丶、::..
         | \/ ∨ | :|  《 从_》   :i |    ハ::::.         これはもはや極刑に値する
        |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  |厂   :l |    ,′| :::::、
.          |               ||     l |   :   h::::::::、
.         |                || rーーjノ┐∨   |:::::::::ヽ
           |            |j   ̄ ̄ ̄: i{:    |:::::::::iハ
.         /|              |   : : : : : : j|  /│::i::::|i:::|
       //|   /゙)         |      : : リ :/ :| ::j::::|i:ノ


.

757 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:59:06 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────────────┐
│そしてやる夫自身に対する評定所の審問も行われた。..│
└───────────────────────┘


           ´/:: :: :: ::_::_::_::_::_:: :: :: :: ::ヽヽ: : : : ヽ
         / : : ;: : ''': ´ : : : : : : : : : : ヽ;. 、:`: ヽ : : : ヽ        ……鳥居甲斐、あなたは天保十二年に
         /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : , : : i: : : : :、: : : :ヽ
   ,  'ノ フ 〉 ´: : : : : : :i: : : : : : : | :|: :| :i : ,: i  ヽ::.|: : : :i: ヽ       天文方の調査を行った際に、家来の金田故三郎に
  / /,::/:/l : : : i: :i : :|: |: |: :i: : :| :|: :|: | : |.:| : : ヽ:|: : : : ,: :l
  ー :::://:/.:| : : : |: :| : |: :| :|: :|: : :| :|:斗:l :├ : i : :} |: : : : :,: l       渋川六蔵の調査に手心を加えるよう
  { (::_//:::|: | : : i :| :T: :|-+: |: :|: : :|´|: :| :|: :| lil :| : |::| : : : : : |
   \___::::|: |l : : | :|: :!:_:!:i:+: |: :|i: :i|l :||: ィ弥乍ヤ: :|: :|' : : : : :リ      言い含めたわね?
     } l:l :l |: : l: 代 小弐y.ー ー ´.イ.V{::::} j7.l: :!: :): : : : : ∧
      > ハl ソ: :|: ハ 代V:::}l      .l 夂_ソ j /: : | : : : : : : :',     それと、本所茂平次なる人物を手元に置き、
     / / :::ハ: :| : ∧  -'            / : : : |: : : : : : : : ',
    ./_/  :::j |/: : : : ,      '       .'/ : : : :|: : : : : : : : :',    長崎会所について調べさせたわね?
      'ー-/  :::|: : : : : .、     --    /l: : : : :|  l: : : l : : :,
        ```|: : : : :| : : : .、      /  |: : : : :| : : li: : : }: : : ,   さらに、南町奉行になってから、北町奉行
         | : :|: : : : :| : : : : >,  _  '    V: : : : |: : l.i: : : il : : :,
         | : :| : : : : |: : : / lij        j: : : : |: : | |: : :リ: |i :|   遠山左衛門尉に関して浜中三右衛門なる者を
         | : :| :|i: : : Y´: : : :|         /| : : : |  7> /、|: l l.|
         | : :| :| | : : | : : : : |       ./ :| : : : j/::// ヽ .i|   使って調べさせたわね?
        ,l/i.l :| | : : | : : : : | ̄ _  ´ ̄ /: :|:| : :'//::/   ./ ヽ
        /   .|: | |: : :i|: : : : :y::´_::_`::ヽ/: : '|: :/ /::/  /    }
       ハ     !: |iハ : |i: : : : :<     >  /|:.//::/ /     ノ


.

758 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 22:59:45 ID:yt2RA1mw0



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\ 
     /    。<一>:::::<ー>。             …………確かに覚えがございますお…………
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


.

759 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:00:26 ID:yt2RA1mw0



 :::  ::: ::  :::  ::::  :::  :::      :   ┌───────────────────────────┐
   ::::::  ::   ____  :::::  :::: ::::::   │ 本所茂平次を使った教光院事件の一連の工作も次々と    ..│
   ::::::  :::::/.::::::::::::::::::::::::.ヽ :::   :::  :::::  │                                       .│
    :::  :::|.::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|::  ::::  ::     │ 明らかになっていく。                           ..│
    ::::  |::::::::/  ─  ─ | :::  :::       │                                       .│
    ::  (@ ::  .(○) (○)|  :::  ::::    │ さらにやる夫自身の供述によって、本所茂平次の存在が   . .│
     :  | :::::⌒(__人__)⌒) :  :::       │                                       .│
     ::::  \    ` ⌒´ / :   ::::     │ 邪魔になった彼が茂平次を追い払うために工作を行ったことも..│
      ::  ノ        \ :   ::       │                                       .│
       /´          ヽ  :::     │ はっきりと分かった。                       .     . │
                           └───────────────────────────┘


.

760 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:01:06 ID:yt2RA1mw0



         / ̄ ̄ ̄\
       /        \           ..┌──────────────────────────┐
     /  _ノ  ヽ、_   \.         │ さらに明らかになったのは、彼が政敵とみなした         │
     |  o゚⌒   ⌒゚o   |         │                                     ...│
     \::::  __´___  :::: /    .      │ 遠山景元や松平忠優に対する執拗なスパイ行為であった。....│
        /  ` ⌒´    \          .│                                     ...│
       |             )  ..        │ 遠山は大目付として改革の現場から遠ざけられ、       │
.     |  | .    . /  /          │                                     ...│
       |   |       /  / |  .         │ 松平忠優は寺社奉行を辞任させられたが           ..│
       |  |      /  /  |         │                                     ...│
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |        .  │ いずれもやる夫の関与が疑われたのである。         .│
     (___ノ-'-('___)_ノ      .    └──────────────────────────┘


.

761 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:01:45 ID:yt2RA1mw0



┌───────────────┐
│ やる夫への追求はさらに続く。   │
└───────────────┘

                 ___
              , イ´: : : : : : : :\
              /: :∠´二二二ミヽ:.\        鳥居甲斐、あなたは後藤三右衛門と懇意にしていて
            /: : ///: : : : : : :`\ヾヽ  
              /: : んく__/: : : : : : : : : :`\ハ       三右衛門の身分を引き上げることを約束し、
          /:/ :/ / i: : : :.i:.: :.| : : i: : : : : : ! 
           |:/ / ├┴.ェェご‐┴廴ハ i: : : : |      また金銀吹き替えの事業に関して三右衛門に
         /:i :.:\| ´_●`   ー- 、\: : : } 
        ./: :| : :|   、 `    _●  /:/レ'       行わせようと水野越前に働きかけたわね?
        /: : :| i: l   ( \__, ` ./:/ 
       }: : : :|∧|、   \    /  ノ: |        またその際に時候の挨拶にかこつけて
       |\/  { \  `ー‐' _.. ィく,イ彡}
      人/ ヽ ト=========== 、/ ´  /       三右衛門から多数の贈り物があったのを受け取り、
       ./  i | なおたかの /    ∧
       .|イ了⌒)       .||    r' 、 }      あなたの五男保爾が三右衛門に祭礼に招待されて
      . | { .{   ) 閻魔帳 .||   (_∧
        .彡 乂_.ノ   vol.2  ||  _/_ノ      土産を貰ったのにそのままにしていたわね?
        彡   |_____ ||/
      \三__       /
       /  /  `iー┬┬イ


.

762 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:02:25 ID:yt2RA1mw0



         / ̄ ̄ ̄ \                …………それらも覚えがございますお…………
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。             三右衛門とは昔から親しくしていましたので、
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜              贈り物を返そうとは思いませんでしたお
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \               また、保爾の招待に関しては、貰い物もわずかでしたので
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
                               これも返す必要はないと思いましたお……


.

763 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:03:05 ID:yt2RA1mw0



┌──────────────────┐
│  弘化二年二月二十二日  江戸城   .│
└──────────────────┘


.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ


.

764 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:03:45 ID:yt2RA1mw0



       ,l'||||||||||||/l::::                `\
    ,,-‐≠llllllll|||/´ ̄:::::::     /::            ::ヽ                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
  ,, "´/='';;;ヾ.,::::::  :::::::,::::::::,:::: /::::     ::::、      :::ヽ                  水野越前守の      >
  ll'  //::::||| lll:::: ::/:::::l':::::::l:::  l::::::      ::::l:::      :::ヽ                                |
  ヾ //,:::::l|||:::::lll;:::::l:::::::|:::::::l:::: :l'::::       ::::l:: :|:::    :::::::l,                 老中職を免ず      |  
 ///;::::::l|||::::::)|l:::::l:::::::|:::::::|::: :|:::::::      ::::l::: :l'::: ::l  :::::::l,               __________/  
, ' .//;::::::::l|||=="::::::l:::::::l::::::l::::: l:::::::      :l::l'::: l'::: :l::  ::::::l
:::://;:::::::/llll;::::::   :::|::::、l,:::::l::::l:: |:::l::::    ::://:::://:: /::/ ::l::::::l
:://:::::::/:/llハ:::::::  :`l、::l lー:l,,:ll:::ll:::l、::::::   ::/:::://;-‐,:::/::: ::::l|:::::l
//::::::/::/ll/ハ::::::   :l 、:l ヽ::lヾl、l`| l::::::: :::/l/'///;イ::: ::/l:::/       …………!!
/`::::/::/|l/|':::ヽ::::   :l ===、_`、`ー \:::/'´_ ///イ:;:l::: ::/::l:/ヽ
::::,::-‐┘/:l:::::::ヽ::::  ヽl ゜   ゛`   `´  =="""/:/:: :/:::l/::./
/lllllllllllヽl::::  :::ゝ、、::: \             。゜ノ;´:/l::::´/
|||||||||||||||l:::: :::l:::::/ヽ 、 __ヽ __     l'    ∠'.-ィ:::::l;/
|||||||||||||||l:::: :::l'::::l::::/`:ゝ ̄   -‐  、   へ::|:::::::l-― 、
|||||||||||||||l::::: ::|::::l`l'、__/||l`; 、    ´  , イl'l::::::::l:::::::l|||||||||\
|||||||||||||||l:::::: :l::::l|ll|//|||||/  , >ー<、 ,∠=、l::::::l':::::::l||||||||||||l\
|||||||||||||l||l::::: :|:::|:::|ヘヘ|/ \| ̄ ̄\=/ ̄|ゝヘl::::::l::::::::l|||||||||||||||||ヽ

┌──────────────────────┐
│ この日、江戸城で大きな動きがあった。        .│
│ まず水野忠邦が再び老中職を取り上げられる。   .│
│ 政治の実権はとうに阿部正弘に移っていた。    │
└──────────────────────┘


.

765 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:04:24 ID:yt2RA1mw0



┌──────────┐
│  そして────   │
└──────────┘


        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ <  鳥居甲斐守やる夫、その方には不正を行った嫌疑あり、
      ( 二二二つ / と)  │
      |    /  /  /    │ よって肥後国人吉藩主相良遠江守のもとにお預けと致す!!
       |      ̄| ̄ ̄     \___________________________


.

766 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:05:04 ID:yt2RA1mw0



                    ______
                   /          \
                 ⌒     ⌒      \
               ( ○ )   ( ○ )        \
                 Y       、               \
             (   (       )            \        ……………
             /ゝ┬' ゝ――‐ ⌒ヽ                ヽ
          l    l           /                l
          l    |        /              l
             \      / ` ´/              /
               \ ゝ. _l___/               /
                  (       ノ              <
                 ̄、 ̄ ̄ ´              \
                  / ー― 、               \
                 /                         ヽ

┌─────────────────────────────────────┐
│ 同じ日についにやる夫もまた断罪されたのである。                          │
│ やる夫は屋敷に帰る事も許されず、そのまま人吉藩二万二千石の藩主相良長福の   │
│ 江戸屋敷にお預けの身となった。                                     │
└─────────────────────────────────────┘


.

767 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:05:44 ID:yt2RA1mw0



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 人吉藩江戸屋敷  やる夫押込めの一室   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  .\____________/
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |╋╋╋||       ||╋╋╋|
   |i!ii!i!i ο|| ̄ ̄ ̄ ̄ . ||o i!i!i!i!i!|
   |!i!i!i!i!i.i!i||______.||i!i!i!i!i!i!ii|
  /≡≡≡≡//≡≡≡\≡≡≡\
/≡≡≡≡ //≡≡≡≡ \≡≡≡\


       ___
     /     \::.              なんで……なんでなんだお
   /  _ノ  ヽ、 _ \:: .
  /  o゚⌒   ⌒゚o ヽ            一年足らず前までやる夫は絶対的な権力を
  |  O  (__人__) 0  |
  \     ` ⌒´   /   .:.:|         手中にしていたんだお
   >  ニニ⌒)(⌒ニノ      :|
   /  / ^ ヽ ^ ヽ     .:|         いったい……どうして
  (__/\_)_) ̄ ̄ ̄\


.

768 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:06:24 ID:yt2RA1mw0



┌───────────┐
│  後藤三右衛門宅   ...│
└───────────┘


                  ,======================
                 ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              : ;;,イ,,二二二二二ニニニニニニニニニニ
   ニニニニニニ@    ヽ||―――升――,;r┬―f ‐r ‐r ‐r
  :::::::::::::::::::::::, へ、   .:.::||二二二| |╋╋|==i===i==i==!==!
  ::::::::::::::::::/, へ ヽ、   .::||―――| |╋╋|^´l`^´l`^l´^!  l
  ::::::::::::/∠二二ゝ、ヽ : : ||―――| |╋╋}  i /ヽ_/ヽ、l  i'
  ::::::/∠二二二二ス  l二二二二二二二|  i!-‐ ー- l  l
    /|ニゝ--------孑 /;;:::;;;::::::::::::::::::::::::: l  ヽ、∀ ,ノ、 ヽ
      | |モ幵幵||幵幵l <元三三三三三三 ヽ、,_,x,_,x_,x,_,x,,_
      | |モ幵幵||幵幵 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
      | |モ幵幵||幵ホ ムニニニニニニニニニニニニニニニニ
    二二二二ニニニ |_|ニニニニニニニニニニニ:i! ト-‐|l| | ̄ ̄|| ̄
   _||__||__||_||_; | ||||||||||||||||||||||||||||||||∥|llii!:|l| |    ||
   _||__||__||_||_; | ||||||||||||||||||||||||||||||||∥|llii!:|l| |   Q||Q
   _||__||__||_||_; | ||||||||||||||||||||||||||||||||∥|llii!:|l{ |    ||
   _||__||__||_||_; | ||||||||||||||||||||||||||||||||∥|llii!:|l| |    ||
   _||__||__||_||_; | l二二二二二二二二l| |ニ´}」 |__||_
             '| |________i! |, -'  ̄ ̄ ̄ ̄
              ~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~


.

769 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:07:03 ID:yt2RA1mw0



        / \Yノヽ  キリッ        r‐ ' _ノ
        / (0)(―)ヽ          _ ) (_
      /  ⌒`´⌒ \      (⊂ニニ⊃)       やる夫がついに捕まったかっていう……
     | , -)    (-、 |         `二⊃ノ
     l   ヽ__ ノ  l |       ((  ̄         しかし、これでこっちにとばっちりが
     `r'ニニヽ__    /       ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、          回ってくる心配がなくなったっていう……
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ         俺はまだまだ出世をあきらめてないんだっていう……!!
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


.

770 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:07:43 ID:yt2RA1mw0



       ____
     ,: 三ニ三ミミ;、-、          \/   ̄   | --十 i   、.__/__ \  ,   ____|__l l ー十
     xX''     `YY"゙ミ、         ∠=ー  ̄ヽ |  __|.  |   | /  ヽ  /   __|   ,二i ̄
    彡"     ..______.  ミ.         (___   ノ. | (__i゙'' し      ノ /^ヽ_ノ (__ (__
    :::::             ::;
   ,=ミ______=三ミ ji,=三ミi
   i 、'ーーー|,-・ー |=|,ー・- |                ,-v-、        後藤三右衛門!!
   i; '::  ::: ーー" ゙i ,ーー'j             / _ノ_ノ:^)
    ーi:: ::i:  /`^ー゙`、_ ..i           / _ノ_ノ_ノ /)     その方には不正な貯蓄を行った疑いがある
     |:::. ゙"i _,,.-==-、;゙゙i             / ノ ノノ//
     〉::.:..  丶 " ゙̄ .'.ノ       ____  /  ______ ノ       よってそなたを拘束し、家宅捜索を行う
   / i, `ー-、.,____,___ノ\____("  `ー" 、    ノ
 ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/   \       ``ー-、   ゙   ノ       さよう心得よ!!
  /   'i、 /\ /      >       ( `ー''"ー'"
  \   'i," (__) /   /         \ /ノ


.

771 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:08:23 ID:yt2RA1mw0



      /\  /\                あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
     /\゙ッ∨ ,r'/\
    〈  (・)\ ゙i゙ィ/ (・)゙i              『おれはやる夫の逮捕に協力したと
  / \_/  !、\_/゙i___           思ったらいつのまにか逮捕されていた』
/ u     / ̄ ̄ ̄ ̄   \
|       /          ソ \         な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
|        __           \       おれも何をされたのかわからなかった…
|       /   /,r'、‐~~~~~~|
| u   /   /r'jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj(|        頭がどうにかなりそうだった…
\   |     \             |
  \  \    \              |       催眠術だとか超スピードだとか
   \  \   \ |        |        そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
     \ u\   ゙i゙iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,r' 
      \  \   \゛~~/ /         もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
        \ _\____,,,__/   
        _<] |   :::::::[_     
  </ ̄ ̄ ̄ ゙̄ |       ~ ̄\ 
</~,     /           \


.

772 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:09:03 ID:yt2RA1mw0



            /三三\  /三三\  /三三\  /三三\  /三三\.    |
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|   人
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|   ̄.Y  ̄
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|    |
    |    .|三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
   人     \三三/  \三三/  \三三/  \三三/  \三三/
   ̄.Y  ̄
    |     /三三\  /三三\  /三三\  /三三\  /三三\
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
.         \三三/  \三三/  \三三/  \三三/  \三三/     |
                                                人
.         /三三\  /三三\  /三三\  /三三\  /三三\    ̄.Y  ̄
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|.    |
        |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
.       |  |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
.       人  |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三|
.     ̄.Y  ̄ \三三/  \三三/  \三三/  \三三/  \三三/
.      |

┌───────────────────────────────────┐
│ 捜索の結果、後藤家の金蔵からは改鋳前の古い小判が二万両分見つかった。   .│
│ これは後藤が取るべき金銀改鋳手数料としては明らかに不当な額と見られた。  .│
└───────────────────────────────────┘


.

773 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:09:42 ID:yt2RA1mw0



┌──────────────────────┐
│ 後藤に着せられた罪は、収賄・着服のほかに  ......│
│                                │
│ 時世や幕府高官の誹謗、身分昇進の嘆願を    │
│                                │     【審議中】
│ 身分違いの重き役人(水野)に対して行ったこと、.....│               ∧,,∧  ∧,,∧
│                                │           ∧,,∧ (´・ω・) (・ω・`). ∧,,∧
│ そして上納金に対する批判などであった。     ...│          ( ´・ω).(O┬O) (O┬O) (ω・` )
│                                │          ( O┬O ∧,,∧. ∧,,∧)┬O )
│ 後藤の町人という分を超えた干渉を幕府は      ..│          ◎-J┴◎(  ´・) (・`  )┴し-◎
│                                │                ( .__ l) (l __ )
│ 極端に警戒したのだ。                 ..│                `uロu'. `uロu'
└──────────────────────┘


.

774 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:10:22 ID:yt2RA1mw0



┌────────────────────┐
│  弘化二年(1845年)十月三日────   ...│
└────────────────────┘


          /フY ヽ
          /(>)(◎) ヽ ;                    い、いやだ!!
        /⌒`´⌒:#;; \
        | -)___(-、 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ          俺はこんなことで死にたくないっていう……!!
        |#; |!!il|i|!li|  l |           ヽ
        \ ・`⌒´   / / :##;;         ヽ        俺にはもっとやりたい事があったんだっていう!!
        /` .`ijー─‐'"/  / ̄ ̄フ\    ノ
      / /    ;/  /   /  /  /
     / /  ・.   /  /  /;;  /  ∠_,-
  ⊂二⊂ノ        /  /;; (__/  ∠__,- 丶
          ⊂二_ノ     (________ヽ


.

775 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:11:02 ID:yt2RA1mw0



                      _,,,....-::::,,..-;:'
                 _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
                 _,.-'^ "              ̄=.、".
                 -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
               >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
              :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
             /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
             /〆"           \       `i       丶
                             丶      |i     +   +
                   -、           ミ     .ミ
                 -、 `、l          |     |l    /  +
          〈`'-ーー-'^ヽ `、l            .i|    |i      ´
          ヽ-''´~ソ /              .i|    |i  ゞ
             ,/ く              i|    |i  ´`  +
           _,.r' .,へ `ヽ        .   j|    ,/  '  /
          =ニ-ー'´  `;、ノ           .i|   ,/;:";:|;,/×
                            i|   ,/";:`, 、 丶      ,ー-、
                            i|  ,/`,;:ノ`,         `l、_l    ,,-ァ
                           .j|  /;`,;:+               ,,.-''/
                           / ./+``          r、__,,.-''゙,,.-'´
                          ././  ,'            ヽ_,rー'゙´
                        /"`;丶
                       / `,
                      '


.

776 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:11:42 ID:yt2RA1mw0



   o                        .   ┌─────────────────────┐
    ゝ;:ヽ -‐―,;:,'∵;.;,;:,'∵;.        。    │ 後藤には、やる夫の連累者の中で      .    │
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:/   ッ─ 、  \,,,,,, o   /  .     │                              ..│
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;| l   |-┴-|  l│;:ヾ-r          ..│ 最も重い罪、すなわち「死罪」が申し渡される。......│
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:| `-) ̄ ̄ ̄(-' |:;:;:;:;:}   ..        │                              ..│
   ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:\::::,、__、,__,、::::/"ヾ,:;:,ソ    .      │ そしてこの日後藤は斬首に処されたのである。.....│
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー`(◎.)(.◎)/、           ...│                              ..│
  "  ,,,,      ヽニ人ニ/;:/       .     ..│ 一時は政治を動かしたほどの政商が、     ....│
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)       ...        │                              ..│
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \           ... │ これほどの極刑に遭うとは彼自身        ....│
            ´   /;:ノ 。  。           │                              ..│
                ()             ..│ 死んでも死にきれなかったであろう。       ..│
                               │                              ..│
                               │ しかし、彼に生きておられては困る人物が    .│
                               │                              ..│
                               │ 多くいたという事実の下では、彼一人の      .│
                               │                              ..│
                               │ 命など何ほどの事はなかったのである。    .....│
                               └─────────────────────┘


.

777 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:12:21 ID:yt2RA1mw0



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 後藤以外にも弘化二年の二月から九月にかけて、やる夫の連累者に次々と評定所によって   .│
│ 判決が下されていった。                                                 │
└─────────────────────────────────────────┘



⊂二 ̄⌒\  /r=-  r=ァ\   ノ)
     )\   | u   ^    | / \
   /__  \  `ニニ´  / ^\)
  //// /
 / / / //
/ / / (/
((/                    渋川六蔵     家禄没収、九州臼杵藩に終身禁固





   ∠   ̄ ヽ
    ! iノ `メ!〉
    'z(l ゚ ヮ゚ノ
    と!大iつ
    く/|_lヽ
     し'ノ                 石河疇之丞     追放





  ./´ ̄`ヽ
  / i人ルヘ .ヽ
  7w,!.・∀・ノw「
   .とト∀イつ
   く/|_l!ゝ
    (_ハ_)                  浜中三右衛門     追放



金田故三郎(元小人目付、やる夫の元部下)     三宅島へ配流


.

778 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:13:01 ID:yt2RA1mw0



       /:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      /:::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::,ケi               _ _ ... ┌─────────────────┐
      l:::::::::::::::::::/    \::____//__:l   「!   ー|―     、/ 、/ .. │ 石河と浜中の二人は弘化二年の    .│
      l::::::::::::i::::::| ` ー- 、 `ヾ¨¨¨77 ̄::|   !」   /\     ∧ ∧ .. │                         .│
.      l:::::::::::!、:::| _,ニ二、 ヽ  `'ー<:::::::::::|    o  .|二| ゝ|/            │ 四月にいったん牢に入れられながら.......│
      l,:--、::lヾレf´ ̄ヾt     ./7ァニヾ:l.      |―|.ニAニ     ii    │                         .│
      / .>、ヾ.  {:Cサ::}      {:::Cサリ.|.     /  j/カ\    ̄7 ̄   │ 六月には共に病気を理由に       .│
      {  ト、 ヽl  `ー‐'       `ー‐'/     イ        ./ ̄j! .. │                         .│
       \ .ゝ-l              >.     ホ l |     ..       │ 牢から出され、その刑も極めて     │
 _|\i  _二Zー':ヽ、     _     フl.    ./ |  、|           │                         .│
 〉 y-- ..___   ̄7:::::>、   や"  ̄7  ,.ィへl     ー―ッヽヽ    .        │ 軽いものとなっている。         ...│
  /  y、__.`Y'¨∨/  `ゝ.、 `   ´,.イ   :l        (                │                         .│
../ ..,/ ,__ ̄)、. ゝ、    .| `ー '  :l   l     ー十―    .          │ これはやる夫訴追の際に        .│
〈  ' _ノ‐'´ ̄>、ゝ、ノ  ._|      :l‐-:|      ◯|               │                         .│
く、  ´   /y 〉 ) r';;ィ=j.      ヾっ!       ノ                  │ 有用な証言をしたためであろう。     .│
 ノ    / /./ / /;;;;;ソ        `´ ̄ ̄ヽ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ... └─────────────────┘


.

779 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:13:41 ID:yt2RA1mw0



┌─────────────────────────────────────┐
│ 処分が決まったのはやる夫の手先たちだけではない。                    │
│ かつての上司である水野忠邦もまた処分が下されることとなる。              .│
│ 元々やる夫に対する捜査自体が最終的に水野を処分するための手段である以上、  ..│
│ 彼が罪を被るのは当然であったのだ。                                  │
└─────────────────────────────────────┘


        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ <  水野越前守忠邦、その方には不正を行った嫌疑あり、隠居蟄居申し付ける
      ( 二二二つ / と)  │
      |    /  /  /    │ なお所領は没収するが、子息金五郎に出羽国山形藩五万石を与える
       |      ̄| ̄ ̄     \________________________________


.

780 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:14:21 ID:yt2RA1mw0



.|::::|   ///:/  |::| /    /         /           i i     \
..|::::|_// ./:/   ヾ}    /         /   /          ノ |  i.     \
 >=::イ   |::|    ノノ   /         /   /        /  /   |     ヽ
  /::::/    |::|__/:/   /        ./   /         イ ./   .|        ヘ
. /::::/     |::┌─'´  ./  <//_,/ー/  ./         /  /    |     ハ ヘ
/::::/     ヾ:::ヽi    //:::::::/  ̄`ー-、///        ./i  /     .|    i |ハ }
\:i       \\  /:::::::::::/イi ̄≧、=、/> i!、      / /  イ /   イ.ノ  .   l | | |
  `          \|/::::::     ヽ   i=:::tj:≦| ー   /   / / | /i    //    イ/ .|/
           | /        ゝ_ _ゞ:::::ソ ,|ヾ  ./ ''ー/イ=- |ハ    //   /i/  i!
            ∧ i::::         -= ̄≧=;|  ./   イ_ ̄二/ ノ  イ   / /
         / / V::::..              |/     /::tj:ソ >/ //   /
       /  /∧:::::::::.                     ゞィイ/ /  |  ./      ……謹んで、
      ./  /:::::::ヽ:::::::.                   i  ` .イフT    .|  /
     /  ∧::::::::::\::::..                /    ///    ∧/        お受けいたします……
    ./  /:::::\:::::::::::::::::..       __     ´    / /   ./  i
    /  i:::::::::::::\:::::::::::::::...        ̄ー'=-.     イ /  ./
   ./   .|::::::::::::::::::\:::::::::::、::::...     :::::...      _ / _/_ イ
   i    |::::::::::::::::::::::::\_ .> ::...      _ -' ´i  /      |
   |    |:::::::::::::::::::::::/:::::::≧イ::::>- _ イ    ./ /      /
   |    |:::::::::::::::::/::::::::/|:::|>::::>、      ./ /      /

┌───────────────────────────────────────┐
│ 九月二日、水野忠邦は浜松藩七万石(内一万石は老中としての加増)のうち二万石を   ....│
│ 削られた上、強制的に隠居、蟄居の処分とされた。                          │
│ 後を継いだ長男水野金五郎忠精は出羽山形藩五万石に移封となった。             │
└───────────────────────────────────────┘


.

781 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:15:00 ID:yt2RA1mw0



                -────-    、
            . : ´: : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :\
.           /: /: : :/|: : : :|: : : : : : : l : : : : ヽ
         /: : / \/ |: : : :|、 : : : : : |: : : : : :ヽ
       /: : : :/ \/ __ノ|: : :.|∧ ゝ:_:_:_: : |: : : : : : : : .        しょえ~~~~~
        /:/: :.{: : :/   八: : |  ヽ \: : : | : : :|: : : : : :i
      {:/: :/: :|: :/ /⌒ヽ  \|  /⌒ヽヽ:.:|: : : }: : :} : : |       一万石減封なんて
.      /: :/ : 八/ /   }     /   } 〉|: :/: : /: : .〈
     /: :/: : : : / {_   ノ     {_   ノ∧人:/: : /: : : :∧       そんなの無いよ~
      | :/: : : : /   しノ ////// しし'/: : : : :/ :/ヽ: : : : |
      |/: : : : :.{       r-~く     /: : : : :/:./ ノ : : |: :|       私、何もしてないのに……
      |: : : :/ :丶    |/  ',   /: : : : :/: /Y: : : : :|: :|
      | : : ∧: : : \    {/   }  /: : : : :/: /: :|: : : : ハノ
     \/  \: : : :>─r ァ t─ァ/: : : /: /: :/: :ノ/
          \:_:_|.:.:.:/./厶ヾ" /|_/|_:/:.:ヽ/
         /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
        /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
.       /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/

┌─────────────────────────────────┐
│ 同日、堀大和守もまた水野忠邦の失脚に連座して一万石を減封された。    .│
│ 堀はすでに四月に老中を免職されており、重ねての仕打ちであった。      │
└─────────────────────────────────┘


.

782 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:15:40 ID:yt2RA1mw0



             / ̄ ̄ ̄\
            /  _ノ  ヽ、_ ヽ        ┌───────────────────────────┐
         / o゚⌒    ⌒゚o|          .│ さらにやる夫の縁者で長崎奉行の伊沢政義も罷免となり     .│
         |     (__人__) }          │                                       .│
         }、.    ` ⌒´  |         │ 江戸への召喚が決まった。                     ...│
         |         |         │                                       .│
         |         |         │ 水野一派に対する粛清はかくも徹底したのである。        │
         |         |         └───────────────────────────┘


.

783 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:16:20 ID:yt2RA1mw0



            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
                |三三三三三ニ〃⌒ヽニ三三三三三彡'´   ̄◯ー〈
             〔`ー=ニ三三三圦_ノ三三三ニニ=-   -=ア¨:.:.:.:.:.|
             `ト、______________...  -=ニ/:.:.:|:.:.:.:.:.:|
             /\三三三三三三三三三三三三三/:.:.: i:.:|:.:.:.:.:.:|
                ':.:.:.:.:\ニ 三三三三三三三三三ニイ:|:.:.:.:.:.∧:ト、:.:.:. |
               i/|:.:.:.:.:.:.|:.i>r r=┬===ァ┬::ァ:i<|:.:.|∧:.:.:.:.|⌒∨:.: /
               |: |:.:.:.:|:. 斤示テミハ.:.:.:./ー匕/斗チ示勹:.:.:.:.i  /:.:.:.:′
               |八:. 小lヾ弋辷ソ  |: /   |/  弋辷ン |:.:.:.:.i /:.:八|
                  \|:∧       |/ j         |:.:.:.:.|ノ:.:/
                 |:.:.::.         〈|          |:.:.:.:. /|/
                 |:.: 人                 |:.:.:.:∧
                 |:.:.:.:.个      ー  ´     /|:.:.:/ |  
                 |:..:.:.:.:|/ 丶、         イ /|:.:.:| 人
           _   -==ニ|:.i.:.:.:.|   | {> __..  ´ /  |:.:.:|/}三\
        /ニ三三三.ニ|八.:. |   | \ __/  /|:.:/三三三ニ> 、
          /ニ三三三三三三|:. ト、 /|   /レヘ.     〔/|:/7三三三三三>.、
        '三Vニ三三三三三∨ニ∨:::|  匚匚]    |∠/三三三三三三三>、
      /ニ三|ニ三三三三三三ニ/::::::| / /|│|    /ニ三三三三三三三三三三ニ=
        |三三|ニ三三三三三三.〈::::::::Ⅳ / :|│|\ ./三7三三三三三三/三三三三ニ

┌───────────────────────────────────────────┐
│ その一方で老中牧野備前守忠雅を筆頭とし鳥居甲斐一件の取り調べに当たった者、すなわち      │
│ 北町奉行鍋島内匠頭直孝、寺社奉行久世広周(くぜひろちか)、勘定奉行久須美祐明らには      .│
│ それぞれ褒詞が下った。                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘


.

784 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:17:00 ID:yt2RA1mw0



         :::::     ____          ::::
         ,'  :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::     ,'   /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、',    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   / 、」ムノ   !| !   手咋≧=、|        ヽ、
   ::   i 7》示气      }?込_タ冫         ヽ ',
   :: ,' ./| リ 戈?少′r 、     ゙≠宀⌒ヽ\        ヽ ',
  ::   / ///// '"       ヽ// U //       i ',
  ::   /  し i   人_   ノ    し         l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェヱ i              /
   ,' i  U  l ハ        i     U、      / ',::
 _n_',      | |         i            / ::
 `ニl lニ ヽ、U   J l      ノ------------i-'"  ::
 `フ \', ヽ、_   _ ̄ ̄U ''"           ヽ ',  ::
  '´|_|`ニ   `¨i      ´               ヽ  ::
 ノ'r三7/ ', /                      ヽ ::
 :`フ, 匸/l /                      ヽ',:

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 幕府にやる夫を断罪せしめた根拠はただ一つ、本来の自分の職分を逸脱し筋違いの捜査を行って   │
│ 老中水野の改革に対する反対者や異端者を排除しようとしたことである。                  │
│ 権力者の側に立ちその意を酌んだ行為であれば大目に見られ許されたことであっても、         .│
│ 水野が失脚し庇護者がいなくなった以上、やる夫の職分の逸脱は重罪に値したのだ。            │
└───────────────────────────────────────────┘


.

785 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:17:39 ID:yt2RA1mw0



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
////////////////////////////-===ニニ二ニニニ二=- - 、/////////////////////////////
///////////////////////////`ーニニ ー- --- - ー‐ =='_,ノ/////////////////////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l'////////////// ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ¨~/////////////////////// ̄ ̄ ̄
 心  命  ガ 部 l'/////////////////,. -――――- 、///////////////////////
 の  ご  タ  屋 |////////////////          \////////////////////!  .す 小
 準  い  ガ の l'///////////////             l///////////////////|   ま 便
 備  す  タ  ス |//////////////|               |゙//////////////////|   せ は
 は  る  ふ  ミ |゙/////////////|              |//////////////////|   た
 O     る  で | rヽ/////////.l               l//////////////////|   か
 K     え     | \\///////.|            /⌒ヾ  l/////////////////,'|   ?
 ?     て     >//_ゝ \/////|         ヽ_ノ  |_/////////////////.|
ー――――――‐'  (二__,.(^ヽ\―-`           、      ` ー-...__///////// \
゙//////////////////_/  \\|        .i   i    }             . ̄ ̄_ゞ/////>
/////////////////_/   rィ'^l }       '、_ノー-;ァ′               厂 |'////
/////////////,.-‐┘  ⊆ィ  |       .` ''ニ'´            /   l///!  お .神
///////////_ノ       | | |                         /       l///l  祈 .様
///////,.-‐'"         |i!  L_                   /       l///l   り  に
///,ノ ̄                L    フ ̄7⌒^ - _          /        l///l  .は
//厂 ̄ ‐- _           └r___ノ__ノ        ̄ ―-   ____            l///l  ?
/,「        '''ー----------――――へ              ̄ ̄>‐-っ ⌒ヽ |'/∠____/
/,`l                            フ ̄7'''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニつ `|/////////////
'//,ヽ、                     〃 〃             ̄ ` ‐-- 、  |/////////////
'////,\_                 _/__ノ、__          ヽr ̄¨゙゙'' -‐'  |/////////////
/////////  ̄ ̄ ̄ ゙゙̄"' ――---l|          ̄ ―― '^ゝ ハ |          ノ/////////////
,'///////////////////////////,|               / / | | 「`ー--― ´//////////////
////////////////////////////|              〈__/ ヽ_| |///////////////////////

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 筋違いの捜査、皮肉にもこれはかつてやる夫自身が矢部駿河守定謙を追い詰め自死に至らしめた    .│
│ 理由に他ならない。                                                    .│
│ 因果応報とはいえ、かくも厳しい報いがやる夫には降りかかったのである。                  │
└────────────────────────────────────────────┘

.

786 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:18:19 ID:yt2RA1mw0



●やる夫が妖怪奉行と呼ばれるようです    第六話

鳥居やる夫                        やる夫(AA)


水野忠邦                      水銀燈(Rozen Maiden)


遠山景元                      できる夫(AA)
矢部定謙(故人)                      やらない夫(AA)


渋川敬直(六蔵)                      AHOO!(AA)
後藤三右衛門                        でっていう(AA)
榊原忠職                      ヌケドノレルド(企業キャラクターAA)
跡部良弼                      ラプラスの魔(Rozen Maiden)

石河疇之丞                    風浦可符香(さよなら絶望先生)
浜中三右衛門                        関内・マリア・太郎(さよなら絶望先生)

牧野忠雅                      直井文人(Angel Beats!)
鍋島直孝                      仲村ゆり(Angel Beats!)


堀大和守                      平沢唯(けいおん!)

土井利位                      雪華綺晶(Rozen Maiden)
徳川家慶                      ミネバ・ラオ・ザビ(機動戦士ZZガンダム/機動戦士ガンダムUC)


阿部正弘                      立華奏(Angel Beats!)



.

787 : 名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 : 2018/02/07(水) 23:20:14 ID:yt2RA1mw0
本日の投下は以上となります。
読んで下さった方々お疲れ様でした。

鳥居やる夫が今回ついに失脚しました。
因果応報とはまさにこのことで当然の結果ではあるのですが、
彼の異常性というか剛直さが発揮されるのはこの先のこととなります。
次回の彼は押し込めという過酷な環境の中であくまでも生き抜くことを誓い
その鋼鉄の心、不屈の精神力で生き抜くのです。

第七話にあたる最終回は来月に発表したいと思います。

788 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/02/07(水) 23:36:43 ID:NlBBxYbo0

同じことの繰り返しに見えるなあ

789 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/02/07(水) 23:40:13 ID:Q3o7DPkQ0
乙でしたー

絵に描いたような因果応報ですなあ

790 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/02/08(木) 00:02:18 ID:KuMxy7xE0
乙です
なるべくしてこうなったわけだ

791 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/02/08(木) 04:50:17 ID:HeWwvl3E0

ここからがやる夫がただの有能なクズじゃないということを示してはいるからな

792 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/02/08(木) 08:25:01 ID:jtNmOZ4w0
おつ
因果応報やね

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントをする際、確認画面を表示するようにしました。

※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング