スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

NINJAのススメ ~ How can ”I” help you ?~ 「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」 4

目次 洗濯籠

8699 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 14:44:02 ID:8qG0t7D2



        /| ̄~.;""=
       /┌ ─.;.;.;.;.;|.;                  /〉 _
    ,、‐'´| |.;.;.;.;.;.;;.;∥ヽ         〈r'       r≦:::/,:- ,,.. -―‐,=-< ̄` 、           ┳┓┏  ┳  ┳┓┏   ┳  ┏━┓
   /     i └.;.;.;.;..;∥   ヽ        ‘:, ,.へ /{::-=,. :'゙: : : : :,;.:_{_      ヽー 、 .      ┃┃┃  ┃  ┃┃┃   ┃  ┣━┫
\  /      "'''"'''"'''.;.;.;.;.;.;.;.;丶   ミ、_ ,〉::⌒ヽ:/´ / : ; イ´<,==‐ ゙゙ ̄ `ー、..,/   /        ┛┗┻  ┻  ┛┗┻ ┗┛  ┛  ┗
-'''"|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;¦   ::::/::/≧ミ::{ ・ / : /  / : : : : : :.: : : : : :ヾー 、' 〉
|─ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l"''ヽ .}:/::{⌒7:::::::八 /: :<  , /: : : : : : /;.: : : : .:.: : : : :)'
| ◎|  | ~""'''l.   ,- - .,..,,_   |.;.;.;| ノ:r,:Y{:::::rO:: /: : : :〉' /: : : / : / : ;1: : :/!:ilヘ; : /`ヽ  _        / ̄ ̄ ̄/  / ̄ ̄ ̄/      /''7
| _|  | :( )::: ~""''`    |  ¦.;¦ ::::ィ::::}::::::{:::::〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;'::::: ., ',´―-' 、     ̄ .フ ./.    ̄ .フ ./.    ,:'\' /_
|   |_ "'''- ./"'"'ヽ__,.-''.;.;.;.;.;.;.;/.;\〃{:::ハ::::::}:::::{ `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::.( | /|  | }   .  __/  (_..  __/  (_..  _,>  __ / .
|   ¦.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;\_,.,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;ダ;:`〈:/_≠、/:::::::::ヽ_' ノ .ノ.ノ   . /____ノゝ_/  /____ノゝ_/ /___,/ ~゙
~"| |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : | ;:;:;:;:  ヒタ, '::::::::::::: .:!
  "'''-'- __       __,,.. .'''"     / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : トi;:;:;:;:  ,;:;:;:, .′::::::::::: .:/      ~ How can ”I” help you ?~
       "ヽ.____./".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ         「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」




8700 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 14:51:57 ID:8qG0t7D2





                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 |      はぁー……。       |
                 ゝ______________,乂






         , 、 /⌒ヽ、
  ,  、 /::::ヽ,'::::::::::::::::::::::::)            ガタゴトン……
 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ' 、::/
. /::::::::::::, 、::/ヽ- '`,-‐- |
 ‐-,:::::,' .,':::,'ヽ`  、'`ヽ'l     タタンタタン……
  ,','` !〉、' , 、 / ヽ |
   !  }ゝ/  ・ ・    !     まいったねー、こりゃ。
   ヽ、ゝ        .l
     lレ     }   l     仕事にゃ支障はないが、晩飯には間に合うかね……?
   , 了! . u    .}  l、
、, ,'  !ヽ i . . . /  .| |` ‐-  _    「ノハラ=サンは、営業先から自分の仕事場に、
 .,'   ! ヽl_ . . 、 __. , ' |      |
. ,'   !  ヽ ヽ、  ,' i  l     l    帰る途中だった。NA社の電車に揺られながら、トヨタを目指す。」
,'    |   ヽ ` -,' l   !      !
'    .|     〉〈  |   |      !


8701 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 14:56:27 ID:8qG0t7D2



、 /:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
:::::::::::::::::::::::| ヽ ' -`' .!:::::::〉
::::::::::::::::::::::::>  /:::::ヽ .|:.:./
:.:.::::::::::::::::::/、 乂/' ,::ヽ::/
:::::::::::::::::::::::/     ヽノ       タタンタタン……
,::::::::::r 、::/   .癶 .|
:::::::::::/  ヽ!  /   |
.ァ:::::!   |! |.}.    ,       (ま、仕事は家族も解ってくれてるし、
‐ァ人_.   J     ,
ヽ` `    l       .,     最近は早く帰れたことも多かったし、こういう日があるっていうのは
  .,    .| ,     .,'
  .,    .| ' f`ヽ  !       しょうがないよな!ハハハ!)
   ,    |  ヽ::::::::.7
   ., / .|   ヽ:.:.:,        「彼は電車で揺られながら家族の事を考えていた。
   `|  .!     `|
    ヽ └、             仕事を遂行した彼には帰ってからの食事の事以外に興味などなかった。」


8702 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 14:59:04 ID:8qG0t7D2



     -、, 、, 、,、
   /::::,:::::::, ,,::::::::::::::::ヽ、
   !、,'i/ヽ  i::::,、::::, '          (しっかしなんだぁ……?)
     | _ u,' ヽ::,'
      i    ∠,'
     ,'    |  ヽ、             「興味はなかったが……」
      __|__ ---___
      /              、
      /               、
    /              |  、
    /               |   、
   /                 |   、


              }::、:.、     i         .:::i`¨                   (こっちにヤケに気を使ってる、あのあんちゃんは……。)
                ´ \:     、      :::∧
                、      __  / :      「気になる、否、気をつけなばならぬと感じさせる人間は、いた。」
                  ´ ‐‐   ,  :{ i
                 .イ 、ヽ __ /  / !ム
              x≦/|  }      , '   ニム
            /ニ/'ニ′ 、  _/    ;ニニ|ヽ
   _   -‐ …≦ニニ7ニニ:  ∧ 、 |〉     / ニニiニニ\


8703 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:02:03 ID:8qG0t7D2



         fニ‐__ / ヽ /ニニニニニニニニニヽ
        ゛ニニニニニニニニニ≠ニニ/ ヽニニ ヽ
         /ニニ /ヽニ/\/  `''′ .-ニ=‐ ^
       .Yニニ‐/ /ニニニヽ   , /ニ )
       ゝ才ニニニ/ \ニヽ},lニニ=‐ :|        ウチ
         ¨7ニ`、  _,'' `rzァ-― |      (オ ト ヨ の、少なくとも本社の人間じゃぁなさそうだな……。
         / ヽ/ ̄≠´z ',       |
         ,   '/,      .,     :|      取引相手であんな若いヤツを相手にしたことは、無い……。
        .   rx l     .,
         ‐ ´  | :||      ,    |      となると……なんだ?『全く関わりのない他の企業の人間』か、
             | | |     /   , |
..            | し ,        ' |      どっかの部下……?あるいは……。)
.              |     '      ,|
             :|   '   r-ー .,r‐<     .......
   r――――――└┬=./   ` 'r七¨ ̄: : : : : : : : }
   |: : : : : : : : : : : ヽ    ‐才_    ヽ /: : : : : : : : : ::|
   |: : : : : : : : : : : : : \    t    / /: : : : : : : : : : ::|
   |: : : : : : : : : : : : : : : :\  〔__、 〉ヽ: : : : : : : : : :::|


8704 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:03:51 ID:8qG0t7D2





         ‐ ´  | :||      ,    |   (……トヨタの駅に着き次第、急いだほうがいいかもしれないなぁ。)
             | | |     /   , |
..            | し ,        ' |    「彼は、駅に着いた瞬間に急いで帰ることを、決定した。」
.              |     '      ,|
             :|   '   r-ー .,r‐<     .......
   r――――――└┬=./   ` 'r七¨ ̄: : : : : : : : }
   |: : : : : : : : : : : ヽ    ‐才_    ヽ /: : : : : : : : : ::|
   |: : : : : : : : : : : : : \    t    / /: : : : : : : : : : ::|
   |: : : : : : : : : : : : : : : :\  〔__、 〉ヽ: : : : : : : : : :::|


8705 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:07:49 ID:8qG0t7D2



            癶...癶、 癶....〆ヽ癶
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           まもなく、トヨタ、トヨタドスエ。>
           ヾソソヽソヽ:::::::::::::::::::::::::>
                l;;;;;:::''''''' <:::::::::::::::::::::::< コツコツ……
            j i^ヽ   <::::::::::::::::::::::::>        (お、ようやく着くか……さて、と。)
            /      </~ヽ::::::::ム'
            ヽ . . . . . . .   ソ`'`'`j、` - 、      「彼はドアの前まで歩き、駅に出る人間の列に加わった。」
                !‐-、 . . . j   //j    ',
                 ゝ: : : : : :/   / / /    ,
               ̄ ̄7ヽr<  / /     ,
                   {__/  7 /      ヽ
                    l !  / /       ヽ
                     | l /<          ',


              }::、:.、     i         .:::i`¨          (あっちのあんちゃんは……動いてねぇな。
                ´ \:     、      :::∧
                、      __  / :              気のせいだったか?いや、解らん以上、早めに帰るか。)
                  ´ ‐‐   ,  :{ i
                 .イ 、ヽ __ /  / !ム       「窓越しに見た『こちらを気に掛ける男』は、動く素振りを見せなかったが、
              x≦/|  }      , '   ニム
            /ニ/'ニ′ 、  _/    ;ニニ|ヽ     彼は『行動方針』を変えなかった。」
   _   -‐ …≦ニニ7ニニ:  ∧ 、 |〉     / ニニiニニ\


8706 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:14:14 ID:8qG0t7D2



            ',::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l::::::::::::::::::.:.: !
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !              プシュー……
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l       「ドアが開く。
               !:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l        トヨタで降りるサラリマンが一斉に歩き出す。
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ       皆が皆、足早だ。ただ真っ直ぐ、出来る限り早く、
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y        しかして周囲への危険性を考慮し、『早く歩く』。
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ       全員がだ。その中でも……」
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´
                  ` ー- ´


8707 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:17:43 ID:8qG0t7D2



            癶...癶、 癶....〆ヽ癶
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ヾソソヽソヽ:::::::::::::::::::::::::>     「彼は早めに歩いた。
                l;;;;;:::''''''' <:::::::::::::::::::::::<
            j i^ヽ   <::::::::::::::::::::::::>      周りを少しづつ追い抜かし、
            /      </~ヽ::::::::ム'
            ヽ . . . . . . .   ソ`'`'`j、` - 、    時折「スイマセン」と繰り返しながら早く歩く。
                !‐-、 . . . j   //j    ',
                 ゝ: : : : : :/   / / /    ,    階段まで、改札まで、出口まで。
               ̄ ̄7ヽr<  / /     ,
                   {__/  7 /      ヽ   あと少し、あと少し。会社まで、オトヨの敷地まで、あと少し───────」
                    l !  / /       ヽ






             /   {/イ::::::::::::::ifハ;:;::;:;:;:         ;:;:;:〈 .i:::::::::::ヽム∨ /   スイマセン、少しお時間よろしいですか?
             ̄ヽ{ |:::::::::::::::\ゝ;:;:           ;:;:;:r'/:::::::::: ::|:::! j/
                 |::::::::::::::::::::::::::.     _ _    .:::::::::::::::::::イ}/!ノ_/      「その時に、声がかかった。」
                 リ{_:::::::::::::∧:::::::..        .:::::::::::::::::::/!ノ
                      ヽヽγ_ヽ::ト个 、   , イ::::::γ ヽ{
           >―-- <   {´ `, _」‐-.`_´-‐i从{´!r'¨` }  _ ,,,....  _
.         , -‐ -‐= 、     ヽ γ ¨ '' ‐-<r‐===―=ニ//   -‐─ = _`゙<
        {  イ\   `ヽ/〃                \イ       /圭ヽ、}
      ,x≦圭圭圭ム_   / .//                     ヽ___ イ圭圭圭心、
     {圭圭圭ミム   `¨,'  l i                         ム   ¨''''7圭圭圭心、


8709 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:20:54 ID:8qG0t7D2



  癶...癶、 癶....〆ヽ癶
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ヾソソヽソヽ:::::::::::::::::::::::::>    「彼は一瞬足を遅めて、こういった。」
  l;;;;;:::''''''' <:::::::::::::::::::::::<
  j i^ヽ   <::::::::::::::::::::::::>    悪い、家族が待っててね。
  /      </~ヽ::::::::ム'
  ヽ . . . . . . .   ソ`'`'`j、` - 、   道なら駅員に────────
    !‐-、 . . . j   //j    ',
    ゝ: : : : : :/   / / /    ,
     ̄ ̄7ヽr<  / /     ,  「そして、去ろうとした時───────」
         {__/  7 /      ヽ
        l !  / /       ヽ


.            |: : i:.从: :} ''´;:;:;:;:    ;:;:;:|: : : }: : :,': : :\/
.            |:i从{::::ヽハ;:;:;:    _   ;:;:;:|: : :,': :i/:::::: : :}
.            |:!V:::::::::::::::..;:;:       |: :/:::::::::::::::::::/         エンドウ=サンをご存知ですか?
.            |i V:::::::::::::::::\    / レ'ル从{从/ ./
           ヽ i{ヽ从ハ从ハ >、 イ   / `ヽ   /        『ノハラ・ヒロシ』=サン。
                 γ´ ̄_} x≦ {⌒´ヽト /     /
          >''´ ̄  ヽ {-- 7/   _ゝ__/ r'}   /
.          γ´        } / >''´  / ',/ {:  /            「足を、止めた。」
        |i       /{ ゝ-‐´   >''´  八//{ ,'


8710 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:25:47 ID:8qG0t7D2



                /;:;:;r''ヽ ィ__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,
                `‐-仆     ` ヽ;:;<
                  .|弐トャ_ x斗ゝ;:;:;r′
                  !¨ャァ  tテ‐ <;:/       ……去年、か、いや、一昨年だな。
                  |  ̄/  `¨ `¨ .l
                  i! /     r--       葬儀に出たよ、俺。
                  .! `   u l ',
          , -、-、   r--.|  、..,,   ! ,       取引相手だったからな。
        /,, ゝx ',  /: : : :`‐-、,  _.ノ  ヽ''}、
       〈   ィ ,,ゝ, /: : : : : :::!      -‐: : : :`   それがどうした?
        ヽ   メ|./: : : : : : : ヽ_ -‐: : : : : : : :
         ヽ  |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   「彼は立ち止まり、何故か自らの名前を知っている
         /! r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        /: : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   『オイランドロイド』に、答えた。
       /: : : : : :l: : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       /: : : : : : |: : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   聞かれたことを、素直に。
      ./: : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : : : : : : : :、: : :
       ,: : : : : /   .|: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :   『自分の名前を何故知っているのかを、あえて聞かずに』。」


8711 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:30:39 ID:8qG0t7D2





  /   {/イ::::::::::::::ifハ               〈 .i:::::::::::ヽム∨ /    (葬儀、検索、2年前。件数候補3、内
   ̄ヽ{ |:::::::::::::::\ゝ              r'/:::::::::: ::|:::! j/
        |::::::::::::::::::::::::::.     _ _    .:::::::::::::::::::イ}/!ノ_/       旦那様のとみられるモノ、1件……訂正、旦那様は『就寝中』……。)
        リ{_:::::::::::::∧:::::::..        .:::::::::::::::::::/!ノ
            ヽヽγ_ヽ::ト个 、   , イ::::::γ ヽ{              そうですか、ありがとうございます。
  >―-- <   {´ `, _」‐-.`_´-‐i从{´!r'¨` }  _ ,,,....  _
-‐ -‐= 、     ヽ γ ¨ '' ‐-<r‐===―=ニ//   -‐─ = _`゙<   ちなみに、その家にご用件があった方がいたかと思いますが、
イ\   `ヽ/〃                \イ       /圭ヽ、}
圭圭ム_   / .//                     ヽ___ イ圭圭圭心、  何方で、どのようなご用件か……手がかりはありませんか?


     {:i:i:i:i:i:i:人:i:i人:i:i:i人:i:i/⌒ヽ:i:i:i:i人:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
       }:i:i:i:i:{:::::___:::::::::::::::::      ̄   ̄ヽ:i:i:i:i:(
     (:i:i:i:i:r':ィf圭マム_::::::::::::     _,ィ壬ミl 〈:i:i:i:i:i:}
     ハ:i:ir':::::::::::::::`マ圭ア:::  (圭㌢"´⌒′ }:i/Y     あの場違いなぐらい真面目な人に用件、ねぇ……?
      | ハ:{::::::::‐tッ--―:::::::;|  -tッ―'''~`   |,ハ}
      |  {::::::::::::::::::::::::::::.:::/;|           |r ノ|     ある奴はいるんじゃねーかなぁ、ただ俺ぁ『取引先』の内の一つでしかないから……
      |  |:::::::::::::::::.. ...:::::';;;;|           リ ,′
      人 l:::::::::::::::::::: ::::::::::::::|            |_ノ      悪いが具体的なことは解らんね。
       `'|:::::::::::::::::::::::::::::::::::            ノ


8712 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:35:07 ID:8qG0t7D2





             /   {/イ::::::::::::::ifハ;:;:;:;:;:;:;:         ;:;:;:〈 .i:::::::::::ヽム∨ /     具体的な返答の入手、失敗。
             ̄ヽ{ |:::::::::::::::\ゝ;:;:;:;:          ;:;:;:r'/:::::::::: ::|:::! j/
                 |::::::::::::::::::::::::::.;:;:    _ _    .:::::::::::::::::::イ}/!ノ_/       ……では、そそ……そう……ジジッ……
                 リ{_:::::::::::::∧:::::::..        .:::::::::::::::::::/!ノ
                      ヽヽγ_ヽ::ト个 、   , イ::::::γ ヽ{            葬儀が行われた理由は、なんですか?
           >―-- <   {´ `, _」‐-.`_´-‐i从{´!r'¨` }  _ ,,,....  _
.         , -‐ -‐= 、     ヽ γ ¨ '' ‐-<r‐===―=ニ//   -‐─ = _`゙<
        {  イ\   `ヽ/〃                \イ       /圭ヽ、}


               ,、 ィx/;:;:; ∨
         r- 、ィ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、;∨
        ,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、;/ヽィヽ!ィ
       i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉  !';/ヽ;:)
       ヽ= 、;:;:;:;:;:;:;:;rヽ〉   ,'¨`i      ……あん?
         .!、;:;:;:;:;:;:i  ミ     0!
          `}_;:;:;:;:;!   ミ     .∨    (オトヨのサービスに……いや、ここは「アイツ」に頼むか……?
            ィ ;:;:ヽ-‐       ∨
              !`'   ! u    ィ    クソッ、嫌な汗が出やがるッ……!!)
    _         ./    i ', ' ,  i
  ィ  ¨''三ニ== ィ     i、 ' , ,-!     「彼はこの問答で、『逃げられない』ということを何となく悟った。
  !.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..¨ヽ,,、   /`ヘ、 ィ ヽ
  i.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:¨ヘ、`〈.:.:..:.:..:.:..:!    故に『逃げられるように動いた』。だが、その動きの中で、奇怪な質問が出た。」
  !.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:ヘ !.:.:..:ヘ.:.:!


8713 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:38:42 ID:8qG0t7D2





             /   {/イ::::::::::::::ifハ;:;:;:;:;:;:;:         ;:;:;:〈 .i:::::::::::ヽム∨ /    エンドウ=サンの葬儀が行われた理由は何ですか?
             ̄ヽ{ |:::::::::::::::\ゝ;:;:;:;:          ;:;:;:r'/:::::::::: ::|:::! j/
                 |::::::::::::::::::::::::::.;:;:    _ _    .:::::::::::::::::::イ}/!ノ_/
                 リ{_:::::::::::::∧:::::::..        .:::::::::::::::::::/!ノ
                      ヽヽγ_ヽ::ト个 、   , イ::::::γ ヽ{
           >―-- <   {´ `, _」‐-.`_´-‐i从{´!r'¨` }  _ ,,,....  _
.         , -‐ -‐= 、     ヽ γ ¨ '' ‐-<r‐===―=ニ//   -‐─ = _`゙<
        {  イ\   `ヽ/〃                \イ       /圭ヽ、}


        /;;;;`-';;;;`';;;;;;`' ′-';;ヽ、
        ,';;;;;;;;,. マ- 'マ--' ヽ, 'i;;;;;;;ム
        ヽ'''ヽ、__,'`i , '、__ マ;;;∠
          ‐‐‐ '  `ヽ- ̄ヽ, ,'
           ! ,'⌒、 , へ ヽ' !
           !   |   , ___丿          なんでって、そりゃあ『死んじまった』からだろうが。
           !    |   ,'l.,'    _   ___
     , '⌒ヽ、' ヽ!  、   し,l=ニ`''  ` '  `ヽ   死体そのままほっとくか?
     !       !     . : .,'   ィ       ,'
     |      !: : _ュ : ,  ィ        ,'    そりゃいくら何でも、『可哀そう』ってもんだぜ?なぁ?俺はそう思うよ。
    , '      └-、_ ,--┘ィ         !
     !   l    ヽ    /           !    (なんだこいつ……?クソッヤバいヤツかもしれないな……!?)


8714 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:43:00 ID:8qG0t7D2





             /   {/イ::::::::::::::ifハ;:;:;:;:;:;:;:         ;:;:;:〈 .i:::::::::::ヽム∨ /
             ̄ヽ{ |:::::::::::::::\ゝ;:;:;:;:          ;:;:;:r'/:::::::::: ::|:::! j/    …………質問を訂正。
                 |::::::::::::::::::::::::::.;:;:    _ _    .:::::::::::::::::::イ}/!ノ_/
                 リ{_:::::::::::::∧:::::::..        .:::::::::::::::::::/!ノ
                      ヽヽγ_ヽ::ト个 、   , イ::::::γ ヽ{
           >―-- <   {´ `, _」‐-.`_´-‐i从{´!r'¨` }  _ ,,,....  _
.         , -‐ -‐= 、     ヽ γ ¨ '' ‐-<r‐===―=ニ//   -‐─ = _`゙<
        {  イ\   `ヽ/〃                \イ       /圭ヽ、}








.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : : 何故旦那様が死体になr───ジジッ!AWぜrstfy?
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _  fpwるいおg────エラーが出ました、修正します。
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::  何故、旦那様は、『葬儀をあげざるを得なくなったのか』です。
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::        理由
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::  そうさせた用件を聞いています。
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::  ご存知ですか?
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8715 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:48:02 ID:8qG0t7D2



     {:i:i:i:i:i:i:人:i:i人:i:i:i人:i:i/⌒ヽ:i:i:i:i人:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ     「ノハラ=サンは冷や汗をかいていた。
       }:i:i:i:i:{:::::___:::::::::::::::::      ̄   ̄ヽ:i:i:i:i:(
     (:i:i:i:i:r':ィf圭マム_::::::::::::     _,ィ壬ミl 〈:i:i:i:i:i:}     ここ最近『エンドウ=サン周りの社員が死亡してることが相次いでいた』
     ハ:i:ir':::::::::::::::`マ圭ア:::  (圭㌢"´⌒′ }:i/Y
      | ハ:{::::::::‐tッ--―:::::::;|  -tッ―'''~` u |,ハ}      からだ。彼の取引相手も死んでいた。当然、それは知っていて……『その現場にいる』と、理解した。」
      |  {::::::::::::::::::::::::::::.:::/;|           |r ノ|
      |  |:::::::::::u::::.. ...:::::';;;;|           リ ,′    …………『死因』か?死因なら『狙撃された』って噂で聞いたよ。
      人 l:::::::::::::::::::: ::::::::::::::|          u |_ノ
       `'|:::::::::::::::::::::::::::::::::::            ノ     でもそれじゃないだろ?聞きたいのは、多分。、じゃぁ『狙撃された理由』か?


8717 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:50:03 ID:8qG0t7D2



.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :    は    い    。
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::  ご 返 答 を お 願 い し ま す 。
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::   「駅の雑踏の中で、人口声帯からでる”音”、否、その声は
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::   はっきり聞こえた。」
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8718 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:53:01 ID:8qG0t7D2





            | u /       :| ー
            |   ヽ    u '_ {      ────────なるほど。
            |, ' ,  ,   _.ァ¨!{
            | ,   .zr≦´  , i{
            |  ー<   , ' , ;:||_
            人         ノ|: ::ヽ
          ,: : : : 人_ .イ ̄_/}:::::::::∨
. r―――――/: : : : {.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.}:::::::::::::ヽ―


8719 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 15:56:24 ID:8qG0t7D2



       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ                    `ー~ゝ:::::::::::{
         7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ   r-─≦´ ̄`ヽ          : : : : : Y::::::::ヽ
         ヾ.>-─、::::::::::::::/  ヾ ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ         : : : : : l:::::::::::::l
           /  --、 ヽ:::::::::>      ` '''''  ヽ:::::::::ヽ         : : : : l:::::::::::ノ
           / /   ヽ `彡      ´ ̄丶、   ヽ:::::::::ヽ          : : : : !:/ ~
        / /  >-、 彡       γ~Y ` 、  ヽ:::::ソ /  ,,,,,,, -=ヽ レ
       j    /  /            ゝノ   .ヽ  `  / / /::::::::::;;;;;;:::::::}   「彼は意を決し、答えた!」
       ヽ,   〈  ヽ          ` 、:::::::::::::::::::::::::::::::-rx─-、  '''/
        ヽ   ヽ      u        :::::::::::::::::::::::::::l レ'   : : /
          ヽ  ヽ    i                     l ` < : : /    ハッキリ言うぞ。
           ヽ   }    !                 ! : : : : : : : :!
           / `=                      ', : : : :u : : /     一 切 知 ら な い 。
          /   ,'               /      /: : : : : :: /
         /.   '        u          ‘ ,,    /: : : : : : :/      だがいいか、嬢ちゃん……いや、ロボちゃん?サイバネちゃんでもいい。
        /    ,                    / : : : : : : :/
         /       ,                     : : : : : : /        理解できるかなんて知らないがな……
 /> 、 /      ,         y--──-- 、   : : : : : : :/
/     > 、      ',          "" ̄ ̄ ̄ ヽ、Y : : : : : : /          そういうのはな、『知らない方がいい』んだよ。
        > 、   ,           ~``    ~ : : : : : :/
           >   ,                : : : : : /            事故なら事故、事件なら事件、『それ以上なんて知るべきじゃねぇ』。
              > 、     u        : : : : : : :/
                ヽ            : : : : :: :/            他人もそうだが、身内もだ。
                  ゝ          : : : : : : :/
                    `  _   : : : : : : ノ              『徳になることなんざ一つもない』。
                           ̄ ̄ ̄


8720 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:01:24 ID:8qG0t7D2



            _,.ィ::::::/:::,::::::::,:/` l::::::::::::::::ヽー=- 、_
          r '´   V::::::::/::::::://  |::::::::::::::::::::ヽ    `>
          |   ,ィ:::::::ヾ-、:/ T'   |::::TT:::ヽ::::::ヽ  /     「彼女は今までの2年間で『まったく聞いたことのない返答』に困惑した。」
           V //:::::::::::::_:{<TiiT;:;::;: TiiTヽ::::::::::::::::::::ミ-,
            /l,:':::/::::::{ ヘ;:;: ̄      ̄;:A:::::::::::::ヽ::::::/     …………理解不能。
             ヽ!|/l::::::ヾヽ;:;:;:;: __   ;:/ン:::::::::::ヽ::>´
           , - <、ヽ``ヽ、:::::::i\   ,.ィ:::::::、:::,. ―,r-,---、   検索条件、思考状況を正確にするために追加情報があれば開示をお願いします。
         /: : : : : ヽヽ  /i` V!、`  ´ ,.!:i´,. Y´   //: : : : ::ヽ
       _/_/: : : :| iヽ,!  !―‐/__, >'´   |ー |  ,.- ' 7: : : :ヽ:|__


_     ,  、 /;;;;;;;;ヽィ;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨
;;`;;;;<';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、;;;;;;;;;;, '、;;;;;;;;;;;;∨
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;, ',> 、, '  >-_' ヽ;;;;;;;;;;;;}
;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ` ‐-'    _、   イ;;;;;;<!;;;;;;;;;;ィ
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  _    , ';;;;;;∨,';;;;;;;;, '、;;;;;;;/
、;;;;;;;;;;;;;;/ ,';;;;;;;;;;,,,,,,,';;;;;;;;;;ィ ヽ;;;,'  ヽ, '
,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'''     , ‐ 、.|
、;;;;;;;;;;;;;;;;;;'-,     ィ⌒ヽ、  , ′  ! !
 ./;;;;, '⌒ヽ,'   , ′        O !     どんな人にとっても『死ぬ』なんて理不尽なんだよ……。
..,';;;;;,'     廴     O  }     |
 ヽ !     .,',         }    .!    他人だろうが自分だろうが理不尽だ。
  ,'!     ., ,         }    l
  .'圦、_, -‐ .! !         /   .|     『事故』でも『事件』でもだ。
   .7;;;;;;;ヽ } | !       ./    |
   '、.,;;;;!  } し     .  .      |     そうじゃないと思えるのは……「大往生」ぐらいだ。
     ヽ-'  }    .    .      !
      .l   l  .   .  __  .   .!     それ以外なんてだーれも納得する訳ないだろ?……今の嬢ちゃんみたいにな。
      .!   !      イ::::,、マ   !
      l    l   { マ,, ' `′ __,'      ……ほんとよく出来てるぜ、俺が子供の頃にはそんなこと考えるロボ、多分なかったぞ。
  ___,'=!    └----‐‐‐.、  イ


8721 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:07:53 ID:8qG0t7D2



           .:.:..:.:.... _/⌒ヽ/⌒ヽ¨ヽ/:ヽ
          /;:.:.:..:.:..:.:.‐、.:.:.‐.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:.
          `‐-;:;:;:;:-、 ,,¨   `′ヽ'ヽ;:;:;: ''
            之;:;:/ ¨''‐z、   ___!
            7;:;:;:;/ -‐ 、ヾ r辷‐‐'      俺ぁそんな公演会開ける偉い人でも高尚な人間でもねぇがな?
            ./⌒|/    .tj  t-、.!
            !         .|   !       それは知ってる。
            `¨¨.| |     |   .|
              ,  | u   |   .!       ウチの爺ちゃんがそうだった。
              ,  |    '   !
             /ヽ  |   ヾz_  .!        その時は事故だったな。
        _  -‐‐.',  \‐-、  ¨  .|
  , '         ',   > \_r‐          理由聞いても『機械の不良』だけだ。
  ,            ',    /\ {‐- _
 ,             ',  /ヽ.:./.\    - 、  許せるか?んなもん。だがそうなっちまったのは変わらないし生き返らない。
 !             ヽ/   |.:.|        ,


         fニ‐__ / ヽ /ニニニニニニニニニヽ
        ゛ニニニニニニニニニ≠ニニ/ ヽニニ ヽ
         /ニニ /ヽニ/\/  `''′ .-ニ=‐ ^
       .Yニニ‐/ /ニニニヽ   , /ニ )
       ゝ才ニニニ/ \ニヽ},lニニ=‐ :|
         ¨7ニ`、  _,'' `rzァ-― |
         / ヽ/ ̄≠´z ',       |      だからそういうのは『事故』や『事件』や……『病気』や『寿命』以上なんて、
         ,   '/,      .,     :|
        .   rx l     .,          知ってもどうにもなんねーんだよ。
         ‐ ´  | :||      ,    |
             | | |     /   , |      死因を調べてそれが起こらないようにしようってんなら必要だぜ?
..            | し ,        ' |
.              |     '      ,|      でもな、嬢ちゃん。
             :|   '   r-ー .,r‐
   r――――――└┬=./   ` 'r七¨ ̄: :   そうでもなくて、聞いたって悲しくなるだけの事、『聞かないって方法もあるんだよ』。
   |: : : : : : : : : : : ヽ    ‐才_    ヽ /: : : : :
   |: : : : : : : : : : : : : \    t    / /: : : : : :  それが正解だとは言わないが……『選択肢』にはある。
   |: : : : : : : : : : : : : : : :\  〔__、 〉ヽ: : : : :
   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : \   ./!イ: : : \: : :  嬢ちゃん、お前さんが知りたいのは解るが……
   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ /:::|: : : : : : :ヽ:


8722 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:13:07 ID:8qG0t7D2



            _,.ィ::::::/:::,::::::::,:/` l::::::::::::::::ヽー=- 、_     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          r '´   V::::::::/::::::://  |::::::::::::::::::::ヽ    `>   | アンタの場合、知らない方が、幸せだと思うけどね。 |
          |   ,ィ:::::::ヾ-、:/ T'   |::::TT:::ヽ::::::ヽ  /     ゝ_______________________,乂
           V //:::::::::::::_:{<TiiT;:;::;: TiiTヽ::::::::::::::::::::ミ-,          アンケート
            /l,:':::/::::::{ ヘ;:;: ̄      ̄;:A:::::::::::::ヽ::::::/    …………”意見”を確認。
             ヽ!|/l::::::ヾヽ;:;:;:;: __   ;:/ン:::::::::::ヽ::>´
           , - <、ヽ``ヽ、:::::::i\   ,.ィ:::::::、:::,. ―,r-,---、   「別ファイル」にて保存します。
         /: : : : : ヽヽ  /i` V!、`  ´ ,.!:i´,. Y´   //: : : : ::ヽ
       _/_/: : : :| iヽ,!  !―‐/__, >'´   |ー |  ,.- ' 7: : : :ヽ:|__ ですが、知らねばなりません、報告せねば。確認を続行。


          .:.:..:.:.... _/⌒ヽ/⌒ヽ¨ヽ/:ヽ
         /;:.:.:..:.:..:.:.‐、.:.:.‐.:.:..:.:..:.:..:.:..:.:..:.:.
         `‐-;:;:;:;:-、 ,,¨   `′ヽ'ヽ;:;:;: ''
           之;:;:/ ¨''‐z、   ___!
           7;:;:;:;/ -‐ 、ヾ r辷‐‐'
           ./⌒|/    .tj  t-、.!
           !         .|   !     続行……?
           `¨¨.| |     |   .|
             ,  | u   |   .!                    より多くの質問を得るための行動に出ます。>
             ,  |    '   !
            /ヽ  |   ヾz_  .!                   ___ 00 ┌―┐  __     ∩
       _  -‐‐.',  \‐-、  ¨  .|                    | ∟   `フ∠ └┘/7  ∪
 , '         ',   > \_r‐                     |_厂  └'^ー┘ <ノ   o
,            ',    /\ {‐- _
,             ',  /ヽ.:./.\    - 、                 「彼女は手に持っていた鞄を、床に置いた!」


8723 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:14:21 ID:8qG0t7D2



            V三三三三三三三三三三三三三ニム
            l三三三三三三三三ニ.´ ⌒⌒`丶、ヽ
            l三三三三三三. : ´  _,.. -ーー- 、、  ヽ
             V三三三,..:´   ´三三三\   ヽ__/
             V三三,.'  . : ´三三ニ,三 l ハ               ガチッ!
               Vニ三'  :ハ三ヾヽ三ニ:'三:| ハ
              V三'  / Vニヾヽ三 :',;: l |ハ
                    '寸__/   Vニヾヽ三',三ニハ         「鞄から、明らかに『武器めいた物』が見えた。」
                       V三三三',;三 ;:ハ
                       V三三ニ',三 :;:ハ
                        V三ニ./\ l
                         V  /ニ三',ニ`: .、
                         V/三三ニ',三ニ`: .、
                         /三三三ニ',;三三ニi
                           〈三三三三ニ',三三 !
                            `ヽ、三三三 ',三ニl!
                            `ヽ、三三',三ニl
                              丶、ニ'三/
                                 `ヽ'


8724 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:16:35 ID:8qG0t7D2



                        /::::::::-‐‐ 、___
                        }::::::::::::::::::::::::::::::::`-
                        /タ弐! 7:::::::::::::::::::::
                       ./   tリ ゝ::::::::::::::::::::
                       ./ /ヽ  ./:::::::::::::::::::::::
                      / _    ,':::::::::::::::::::::::::
                     / `′   |/  ',::::::::::::::::    おいおい……マジで『予想通り』じゃないの。
                   /     u   |!   !:::::::::::::::
                 ./         i!  /::::::::::::::::    待て待て嬢ちゃん、俺はなんも知らないって。
                 ヽ          イ:::::::::::::::::::::
                  /    u   /  ',::::::::::::::::::::
                  /      ヽ  /  ー--、:::::::::
                 ./     / 〉  ./      ゛ヽ r
                 .!___  '    ./         {
                 ヽ,  ¨゛゛‐- イ
                /: : : : : : : : : : \


                 _  _
               ,-‐' _`」´__ `ー、
             , ┴/: : ; 、: ; 、:`:ヽゝ、
            ,..レ7: : : :/: i`´i: :ヽ: :゙〈ー 、
          / ,イ: : : :;イ ;i:|  |:ト: :!:ヽ::ミ 、\
         < , 'ィ´: : :ト;工王゙ '王工: : : ミ:ヽ、>     その言葉の真偽を、確認いたしたいのです。
             Yノ{i : i:: ;i ゞ汐;:;:  ゞ汐.ト; : : ミ、 〉
           \i!: ::l::ゞ〉.;:;:;:   .  ;:;:/ソ: :i::i :)ゞ     ─────外までご同行願います。
                !」_:i:: :小、  ‐ ;:;:イ:: :i/i::|:/ヽ
              __ `ー,=、:イト - イ::ソ≡'、ー'!__
        ,==´E=ミyL=ニ互彡三ニニ{, '彡==`= 、
        ,‘-'´:\`ー/´〃  ` 二 _    ヽ.二_ ノ::::\
        i:::::::::::ヽ ̄y'  |i   ̄    ̄      i  `7::::::::::ヽ


8725 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:18:20 ID:8qG0t7D2



       , .'ヽィ、, 、 _
      ./;;;;;;;、-x_,. 、;;ヽィ;ヽ
.       ヽさ、_''-,:、  ヽィ;;;;゚,   「ノハラ=サンは、指示に従い、外に歩いて行った!」
      >ヽ〈 , -、j ,, -=ヽ;;;ィ
\    (  ミ  。 i , -、 ';;
  ヽ-、 > .,',     。 !/     いやいや、本当に知らないんだよぉ~……。
   ! ̄  l .j    |  ./
   l   ,'    ィ /       今までの問答も為になったと思ったんだがなぁ?
   |   、-‐ 、  ./
    !   ィヽ  ヽ /         嬢ちゃん、ちょっとさぁ……。
   ヽ ィ  , '‐'′
      ∠


 _,n_00        __     ∩
└l n |    ,⊆.己 └┘/7  ∪
  U U    `フ_厂   <ノ   o       「装着音!」


8726 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:20:57 ID:8qG0t7D2



                ',. ',            .//
  __-‐ 7゙\       ',. ',   ,fr气V     //
/   ゙Y:/,:,≧ヘ     ',. ',  ,ィ/  |::゙ft、   /./
-‐='´ ̄ }::::::/,ヘ::\   ',. ', j辷ニ辻≧ム__/fi/
      ノ://三三>、\ }fi.Y:<フヘ_>-t,タoi|       もう一度問わせていただきます。
   , ':::i,イ三/:\三三>、〉(:o}`7;;}::i::{;;|:i:i:_j{:::゙イ
  ./:::::i///ヘ:::\三// 7/i/;;;リ^V;;ヘノi;;;;\\      データ確認の結果、『ノハラ=サンが旦那様にご用件があった可能性』は
_ノ:,':::::::i/三ヨ二ニ=-〈://i} //7;;;;ィ⌒ヽ、;;| |;;;;;;;;;ヾ、、
::::,':::::::i/三f )))::)‐-r‐-t┴ム'-/:::fj:::::fj:ヽf´ ̄ ̄`t__    非常に低くなっています。
-‐、::::i/三辷ノノr―'fiノノfjfj,ィ⌒ヽミヾ、::://::fj:fj:fj:fjヽ_                           意見
‐==i/三三ヨ/:::://:: ̄:/:::⌒::::ヽ、::ヽ/ノ ̄ ̄ ̄二ニ    ですが、アナタは今までに無かった『ハイク』を述べられました。


8727 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:25:53 ID:8qG0t7D2



      V::::::ヘ               _____              /:::::::V
.       V::::::ヘ            r‐'´:::::::::::::::::`ヽ、           /::::::::V
        V::::::ヘ           __/:::fr彡=ミ込::::::ヘ___           /:::::::::V
`ヽ、     V:::::::ヘ         /::i::::::〉' Y´ `Y. Y::::::,'::,'ヘ        /::::::::::V
:::::⌒ヽ.    V::::::::ヘ   ,ィヘ   /:::::{::::i: . .乂_乂. :i::::::}::::::::::マ‐-、   /::::::::::V
 ̄ ̄`\.    V::::__::ヘ <:::::::ヘ_/:::,':::i:::i: . . . . . . . . i::::::i::::',::/::/::,::::〉 /:::/:`,:V
:::::::::::::::::::\    V:',:ヘ:::ヘ V::',:ヘ:v':::,イ::i: . . . . . . . . :i::::::i:::::/::/::,':::/ /:::/::::,':V                  ”を殺した人”
、:::::::::::::::::::::::ヽ  V:',::::ヘ::::Vヘ::',::ヘV:/:::i: . . . . . . . . .:i::::::i::/::/::,'::::ムイ::ノ::::::,'V      アナタなら、旦那様『に、ご用の方』が
:ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ  V:',::::::〉/:`ヾ、_i_i_{_____}_i_i__,イ::::ヘ、:::::i:::i
:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::\ヘ::',::::/::0::::::::0::::::::::::::::::::::::〇::::::::::::::::::::::::0::::::::::0::,>`´::i              ”動機”   ”殺したのか”
:::::::::ヽ_,=――――〉}:::ゝ'\________________/::::::::::::{      どのような『ご用件』で、『訪問したか』に迫れる可能性が高い。
:::, -'´ヽ____/ ゞ、::::::::厂`ヽ:::::癶ミ尖=彡斧尖=彡行'´:::i:/ ̄`ヽ::::::,イ
'´::::,イ´三三三/    \/:fi:::::::゙Y::::fi:``‐tイ´{i}`Y;;r‐'´:::fi::::f:::::::::fi:::∀〈       ”教えてください”。
::/゙Y三三彡'´    /::/::/:::fi:::/i::::ii::fi::::/;;|:::::i:::::|N:::::::fi::ii::::ヘ:::::fi::ヘ::V::ヘ
´   |i三三i|      /::/::/::::/:::i;;;ゞ、j::ii::::|;;;;|:::∧:::|;ヘ:::::::ii::ij:f´;|:::::ヘ:::ヘ::V:::ヘ     『旦那様がどうしてあのような目に合わねばならなかったのですか』?
  //三ミi}    ,イ::/7:/:::/::::j;;;;;;;;;}:::ii::::i;;;;゙Y゙;;;゙Y゙;;;;ヘ:::::ij:::{;;;;;ゞ、::ヘ:::ヘ::V::::::ヘ
  //三ミiノ   /:/;;;,イ:::'::::':::/;;;;;;;;;{:::ij::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ:::::::ノ;;;;;;;;;;;ヘ::::::::::::V::::::::ノ   「彼女はいくつかの部分にエラーを抱えたまま話すが、
-イノ三ミ/     ゞ‐' ./::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;ゞ、/{:.:.:.};[___];;;;;{:.:.:}ヾ/;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ_::::::::::Vヘ/
_/三ミ/'⌒ヽ、    〈_/i;;;;;;,-イ;;;___{ {二};[_];;;;}二}___};;;;;;;;;;r‐、;;;;i`ゞ‐'      『最も知りたい部分』に、エラーは出なかった。」
r‐、:ミ/ (⌒) マム__,x≦´i;;;;;;;;ヘノ;;;|:.:.i>'´ ̄:fi: ̄`゙<i:.:.:ヘ;;;;;;;;ヘ__>;;;≧=x、_


8728 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:30:06 ID:8qG0t7D2



       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ                    `ー~ゝ:::::::::::{
         7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ   r-─≦´ ̄`ヽ          : : : : : Y::::::::ヽ
         ヾ.>-─、::::::::::::::/  ヾ ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ         : : : : : l:::::::::::::l
           /  --、 ヽ:::::::::>      ` '''''  ヽ:::::::::ヽ         : : : : l:::::::::::ノ
           / /   ヽ `彡      ´ ̄丶、   ヽ:::::::::ヽ          : : : : !:/ ~
        / /  >-、 彡       γ~Y ` 、  ヽ:::::ソ /  ,,,,,,, -=ヽ レ
       j    /  /            ゝノ   .ヽ  `  / / /::::::::::;;;;;;:::::::}    「追い詰められ、刃物を向けられたノハラ=サン!しかし!!」
       ヽ,   〈  ヽ          ` 、         -rx─-、  '''/
        ヽ   ヽ                       l レ'   : : /
          ヽ  ヽ    i                     l ` < : : /     何度でも言う、知らん。
           ヽ   }    !                 ! : : : : : : : :!
           / `=       u              ', : : : : : : : /      人の死にざまを軽く言っていいなんて教育は、おふくろにも受けてないし
          /   ,'               /      /: : : : : :: /
         /.   '                   ‘ ,,    /: : : : : : :/       5歳になる息子にもやってない。
        /    ,                    / : : : : : : :/
         /       ,                     : : : : : : /         だから言わない。
 /> 、 /      ,         y--──-- 、   : : : : : : :/                             社会人
/     > 、      ',          "" ̄ ̄ ̄ ヽ、Y : : : : : : /          それに『憶測でモノを考えるのは 俺達 が一番やっちゃいけないこと』
        > 、   ,           ~``    ~ : : : : : :/
           >   ,                : : : : : /            なんだよ。わかるか?
              > 、              : : : : : : :/
                ヽ            : : : : :: :/             だからそれに拍車をかけることなんざ、するか。
                  ゝ          : : : : : : :/
                    `  _   : : : : : : ノ               「毅然に対応!彼の考えは、教育は曲がらなかった!」
                           ̄ ̄ ̄


8731 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:35:14 ID:8qG0t7D2



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
          //  |Vミヘ             ヽ     ′      私の仕事は、憶測でやっていい物ではないんだ。
         / /    | \ '、u      ー=テ´   /
         /        |   \ヽ    'ニ二二ア  /\       多くの社員に迷惑がかかってしまうからね。
        /    '     |      \         ∧  \
            l     |        \         /   ,  \    だから、『もっと正確な予測と現状、最後に鍛え上げた勘』で、立ち振る舞うんだ。
.           l      |        >ー─=<     l   \
          |       |     ,イ  ___ | \   l    \ 難しいだろう?結構神経を使う仕事だよ。
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


.            i: : : : : : :〈 杙r;:;:;:;:;:;:    |: : : {: : : |\    }    (近似情報感知、検索、『旦那様』、『仕事』、『憶測』……3件あり。)
.            |: : i:.从: :} ''´;:;:      ;:;:;:|: : : }: : :,': : :\/
.            |:i从{::::ヽハ;:;:;:;:   _   ;:;:;:|: : :,': :i/:::::: : :}      ……そうですか。
.            |:!V:::::::::::::::..       ;:;:|: :/:::::::::::::::::::/
.            |i V:::::::::::::::::\    / レ'ル从{从/ ./
           ヽ i{ヽ从ハ从ハ >、 イ   / `ヽ   /
                 γ´ ̄_} x≦ {⌒´ヽト /


8733 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:37:00 ID:8qG0t7D2



          .  -‐〈V>‐=ミ  {r          〉、
      /:::::::::::::/ `ヽ   ヽ {i.      //
    rzく:::::ヽ::ヽ .′     o -‐i {i. _r- 、 //    __, zzミ
    /:::::::\::::::::八     /   }::∨::{i゚i}::∨/ r≦:i`V´ 、  ヽ             (『”改造後”行動ルーチン』使用)
.   〈==ミ:::::::::\:::::::丶   /   ノ ゝ:`zzz彡’ 人:i:i:i:i:{   ヽo-‐}、
   /:::≧x:::::::≧x、:::≧zzz彡イ_/::`YハY´〈 { /i:i__i:∧   /   i:::ヽ      / 〉
  くミ 、::::::::::>、:::/::::::`ー=zzz≦|::7{i:i:i:i:i{:i:i:i}ーくY´::::/::::: 、 /   人/    / /   では──────
   /:::::::>:イ⊇:::≧x::/:}::く:::::::::/人:::::::ゝzヘ::::::ヽ:::ムヘ::::`¨¨´:イ::::>    / /
.  /:::://::::/`O::::::::\ノ::::::Y^〈彡O`:::::::/⌒ヽO}::::::j::::::Yく:イ:::/:´:j   / /
  {:rく  {:::/::::::::::::\::::::::ヽ::/ 〈:ヽ:::厂厂::¨¨¨`::/}}`ヽ::::人 ヽ::∧イ ., =ミ/ /
     ∨:ミ 、::::::::x≦ミ、/  ハーヘ::〈ニ人ニニイ {{___rハ:/⌒ヽ:::Ⅵ/ r/ ∧、
      {\:::::::/{ { { { ト〉‐/ ム、 }ニニニニニニ|ミ ¨¨[:::{::::〇::::::〉、.′{≧z ‘,
         ̄`¨¨ ‐Ⅵ从ノ / /:::::ノ ̄ ¨¨  ‐-  ..ヽ_乂::Y´:::::::::::}'   ゝイ   '. '.
                `/ /≧z  ‐-  .. _       ̄ ¨¨  ‐-  ../ _   '. '.
                  /ー’::::::, =ミ:::Y::::::{:::: ̄:.¨¨  ‐-  .. _        ̄ ¨¨  ‐-  .. _


8734 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:42:12 ID:8qG0t7D2



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
         \         |─ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l"''ヽ
          \        | ◎|  | ~""'''l.   ,- - .,..,,_   |.;.;.;|       (───────潮時だ!)
           / ̄ ̄ ̄ ̄| _|  | :( )::: ~""''`    |  ¦.;¦
       \ /         |   |_ "'''- ./"'"'ヽ__,.-''.;.;.;.;.;.;.;/.;\
         |  __,,.. .-‐''  |   ¦.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;\_,..-'''"\    「影からニンジャが動く!
         |/         ~"| |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;"'- 、
  \    /           "'''-'- __       __,,.. .'''"               "'-
   \|/                  "ヽ.____./".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;. ;.;.;.;.;.;.;.;|
   .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム       レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、;:;:;:;:;:;:;:    ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :    「オイランドロイドが刃を振りかざす!!」
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////|;:;:;:;:;:;:;:       r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -     貴重なご意見でした。では『次』に。
               ``>x: : ∧;:;:;:;:;:;:;:                   ;:;:;:;:;:,イ.: : : : : :.> ' ´    _
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:                    ;:;:;:イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
          .:.     ./             .| ',
           :.     ヽ  '     ,     ' .| .',
           :.  '   ヽ    '     u   | ',
           .:.        _ -‐ 、     ,  .|  ',         ───────『タクシー』!!!
            .:. ,u  ,  /:::::::::::::::ヽ  ,  .|  ',
            :.    /:::::::::::::::::::::::::',   ,  !   ',  _  -‐   ̄
             :.   ./:::::::::::::::_:::::::::::::::ノ    .!  , ': : : : : : : : : : :    「ノハラ=サンが叫ぶ!!」
             .:. ,.7:::::::::::/  ` ー   ,  , | ': : : : : : : : : : : : : :
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



8735 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:44:39 ID:8qG0t7D2



            \    {:::::::::::::::}ニ〈ニ〈\=\ ∧   :.
           \ 八::::::::::::ノニニ  ̄ ̄ ̄ ̄ニニニ.〉
            \ \:/⌒|ニニニニ_,,.. -‐──、
                 \ \  |ニ>'' ⌒          \
                   / ̄ ̄~"''~、           \           ───────呼ばれて。
                  // ̄ ̄\__,           ヽ_
                /ニニ∧        |            \`ヽ
             { |ニニニ|   __|---─‐…・・・…‐- 、 、}  ‘,
             | \ニ/ /|ニニ/                |  ̄ :.
                 八___/ /ニニ/                   |__ ::.
              |     /ニ/ニl              /|ニニ:|
              | ̄ ̄ ̄ |ニ/ニ|         / ̄|  / |ニニ:|
               ‘,   /ニニ.|/ ̄\     |  |  / /ニニニ!


8736 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:48:06 ID:8qG0t7D2



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━ 乂 __ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
                    `ミ:i:i:ミx、、
                     ミ:i:i::::::\
                      }:i:::::::::::\     ミ=x、
                      ∨:i:i::::::::::::ヽ    {:「:::i:| _
                      乂:i:i:i::::::::::::::\  }i:i:i::i:|「⌒:i}
                        ⌒''ミ:i、::::::::::`'ミx::::i:|i::::::j:′
                            `''ミ:::::::::::i::::i:|i::::j:′
                              }i:::::{し八i:j:′      「風が、疾風が舞う!!
                              }i::::::{
                              }i:::::i:____          それ以上の速度で、『彼』が動く!
                             _}i:::::i:「i:i:i:
                           ミ廴:i::::i:i:i:i:}i:i:iレ―┐      目にも止まらぬ!!きっと、
                              ̄アi::::::r''"⌒
                            {i:i:i:i:/)::::i「   ___      『ニンジャにだって捉えられはしない』!」
                              ̄ /:/::i| ,,ィi:i:i:i:i:}
                              {i::/ {:::i|::::i:i:xi:ij:′
                                ィi{:::i/:i:ij:′
                               ィi:ir< //   /iヽ
                             ィi{::i:iノ |::::「  __ /:i:j:′
                            乂i:i:彡 1::i r::i「::i|/::::j:′
                                 |:i| {:::i}:::i|::::j:′
                                 |ノ八i八ノ:j:′
                                    /:i:j:′
                                   /:i:j:′
                                  /:i:j:′
                                 //
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



8737 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:51:35 ID:8qG0t7D2



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___\\             | | |       /       / ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
        .  \\\           .| | |        /      /
            \\          | |       /'!     /
   !   /::へヽ   \\..        | |      ./ !    //
   l    {::::{::::::::\\   \     |\   |     //| |___
   i   ヽ::\:::::::::ヽ }    \    |  \ |    .// .l_   /
   ヽ    \::ヽ//  ____| |\\/\//  / /
     \    ゝ::´   /\  ____|  \/\/ / /  _______
      \     /   \ \            /   ̄ ̄  __     /
       ヽ  /       \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――     _,n_00   n  00            __     ∩
         \i        /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――        └l n |   ,⊆ ⊇、   _,n___  ___  └┘/7  ∪
            ∨       /  ///  Y l\    \         く ――――――     U U    ̄U ̄    `l_ヤ′ `アi′  <ノ   o
           ∨     , /  /./    !  \  | ̄         \
               ∨  .// / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∨/ // ..// / ...! l l  \     |       \          「その速度を出した『脚』は今度は『刃』を止めた!
             ハ  /   //// | .l l l    \   |         \
           / / /   / /   l ∥l     \ |         \\       鋼鉄のサイバネ脚部!自らを高速で動かし!
             / ./ /    //     l  .i       `        \\
          / / /.| l |三/::::::::::イ i\ \l三ミ.\ //ヽ\\             動く刃を止めるそれは、まるで『時』を操っているようにも感じた!」
            // / 、ミ| l |/::::::::::::::::i .l:::::`ー─── <// ≧ヽ\
        / /:::::::::::ー ´::::::::::::::::::::::| .i::::::::::::::::::::::::::::::/.∧    \\
         i  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .|:::::::::::::::::::::::::::/∧::::ヽ    ヽノ
        ∨ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| .l::::::::::::::::::::::::/三∧:::::\   \
            ∨ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i .i::::::::::::::::::::::/三三∧::::::::` ー─ \
          ∨ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .|:::::::::::::::::::/三三三∧:::::::::::::::::::::::::::\
            ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::i .i:::::::::::::::::/三三三三∧::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ∨::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ::::::::::::::/三三三三三∧::::::::::::::::::::::::::::∧
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



8738 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:55:45 ID:8qG0t7D2



                  -'''"|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;¦
         \         |─ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l"''ヽ
          \        | ◎|  | ~""'''l.   ,- - .,..,,_   |.;.;.;|      ────────。
           / ̄ ̄ ̄ ̄| _|  | :( )::: ~""''`    |  ¦.;¦
       \ /         |   |_ "'''- ./"'"'ヽ__,.-''.;.;.;.;.;.;.;/.;\     「ジェイラー=サンも、『彼女』を止める気であった。
         |  __,,.. .-‐''  |   ¦.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;u.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;\
         |/         ~"| |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.  オトヨの人間に危害を加えるのはいささか『マズい』とわかっていたから。
  \    /           "'''-'- __       __,,.. .'''"
   \|/                  "ヽ.____./".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;  だから、『銃で彼女の武器を破壊しようとした』。
─────────────────────────────────────────────
      .{ \::::ミx           i             /:::::::/::        「結果として、それはできなかった。」
      \  ̄`          |              ク:::/}:::::′
       \.            - -        u  / ' /::/         なッ─────!?
         }:ヽ.                    r‐彡::::/
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{        (なんだよ、アイツ……!?僕より遠くに居て、『僕の武器が届くよりも早く』、
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく          割って入った!?銃弾も、『一緒に蹴り上げた』!?なんだよ、アイツ……!?)
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \


8739 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 16:59:51 ID:8qG0t7D2



                                              =≡≡二=≡=二≡=≡=≡=二≡=≡≡二==≡
  、       _..-'′ ./^ゝ                            =≡                          ≡二=
  ゙\,,,,..--‐''"   ../   ゝ                 f ' 、,,_      ≡=        アイツはッ……!?        =≡
    ヘ   __,,....-'"      ヽ、                ゙'<'tい_....   =≡                          ≡二=
     ゙〈 ̄´           ヽ、            ,,..--r' _ Tっっ=‐    =≡≡二=≡≡=二≡=≡≡=二≡=≡二==≡=
     丶             丶__ _,..- .. 、     ィ' ..-' -ノ'│/
      丶              ゙゙''ミ< ´  `' 、  〈彳 │ / ..│
       \、             」 ヽ    '、 ,' l '、 l /r' ,  ,..--.._      ────「走ってきた」ぜ?
         ヽ..、           ノ  `'^ ̄ 冫コヘ│゙く ゙/ッ/ 〈 L ! 「〉
      _.._ _r''ィ'ft 、......_、     /   --‐"「 ヘ_   ゝ|〃    ..'T^ ├、    ご注文ドーモ。
    ⊂ ~~ 、 ´'、`'ミ公-r〔      '、__/    ゝ、 ゙ゝ `{′    〈ー -'´ゝ
    ゙'''「⊂-‐'' ̄‐''"   }        ヽ........_ _..'广''<>エ_'、     ` ォ 彡 、   お題は後でいただくぜ?ノハラ=サン。
               '、         ゙l''っ / ノ   "」|l lレ---....,,_ノー-‐'´ '、
               │         丨 丶.... 、,,r' コ)┤    ′   _ノ〉
               ''、        .. `‐、 :} フ r ン'1 ノ    __....-‐‐'‐′  「赤きメンポに、黒いインナー!赤き装甲!!
                '、          1 fY爻'´_/ ノ ー‐''"´
                ∟          │ ゙キ }┘               人間技でない速度で飛んできた、否!”走ってきた”
                │           ∨‐ _′
                ゙'、           / lニ 、                者が、軽口をたたく!!」
                 !          /"´
                 1       ''‐'┤


  ノ:;:;:;〔   ヽ '`‐' r≠ ヽ:;:;:;:;: '
   >:;:;ノ  , <ミ ||ー∨ハ  f´
   7:;:;//ニニ´_´|j  ∨ハ.}
 /⌒∨斥ソ,,r ''/ { ヽ、ヽイ
 |   / 1´ .ノ   {  | `i ! |     メチャクチャ怖かったんだけど……もうちょっとハヤク来て……?
 |  _ j { {    :{ .}  { !_j
   ノ | .} }    {  } {:|                             時間通りにしか来ないぜ?俺は。>
< 7  i! j !   _、 {  } {_
 /   i| } / と ノ´   { :| ヽ、   ソウデスカ……でもちょっとぐらい融通を……。
/   /!} { ,....-≠―=...j .! }   <
     !..::::::::::::::::::::::_、::::ヽ{         <
     ゝ==≦ ノハ{r--.┘{           ヽ
≦ ミx  \  ヽ__/ノ   {             ,
     ミx \ /_,,,,,   .!
        ∠ ャ´   \ |


8740 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 17:03:24 ID:8qG0t7D2


  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   |    そりゃぁ無理だな。     |
   ゝ______________,乂

                                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                |  ゴールはここ、この瞬間。      |
                                 乂______________ノ


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |早く動き過ぎたら『タイム』が変わる! |
  ゝ________________,乂

                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              | 『世界を縮める』には世界を正しく走らなきゃいけねぇ!  |
                               乂________________ _______ノ


                      〔 ̄\___
                       \__ \\-r―‐┐
                      -‐\\\lノ 、 /
                  -―<__/ /´∨〉、\/
             ´    __  ̄\_ノ〉 〉 〉
.           /     / _ \_/ 〈  ′
           /   / /   \ l〉 〉 /_/
.           〔\_  { /       ∨ 〉 /(/
.          ∨ \_} |         V / /     ズルはダメだぜ?ノハラ=サン。
             | |\_l \        l/ /
            Vニニ〕   >―‐<7 ′      ……おっと!
           /{\r― 、 \  |_/ /‐-ミ
         _/\ \ \_\/「「〈 〈l〕\ \    紹介が遅れたなぁ!
.       /    \ `ー‐=ミ\l」」〉ノ   \ 〉
  / ̄ ̄\      ̄ ̄\  ̄∨∧/  ̄ ∨ 〉   全身サイバネ!
        \            ̄ ∨/〉     ∨


8741 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 17:08:51 ID:8qG0t7D2




   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   |  ドーモ! オトヨとの超限定的契約の フォーミュラー・ワン です !   |
   ゝ_______________________________,乂




                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 |  ────定刻通り!      |
                 ゝ______________,乂




────────────────────────────────────────────
,/‐'"ヽ  |゙l   l ヽ,.>-、 |          、   /:::::::::/ r' |  |:::::::    ,.,゙ヽ,
'"、   |.  ゙,! ,,..,/.,ィ'゙   l ヽ       _,,..,,_/'  イ:::::/ ヽ、',ノ !:::::::  / ``ヽ
 ,.!  .l_  r7l  j/ ゙   ,r'゙!    _,,.-'''"´_,,l/    |/    r-‐'゙l:::::   {
 l `_,ィ"rッ'゙ ノ`'''゙i    /  ヽ. -<,.-‐''"´               l  j、_r-、:::::〉       ─────世界を縮めて!
 `'''''゙`‐'゙/    '   .j    \ '゙ ‐ ''' ""´         _,.、'-―――'-'゙、
.      |      ,.-'゙     ヽ   :::::::    __,.、-‐'''"´         |
   ,,.-'゙   _,.r'゙        |        l
     ,.-''T゙´          {         |
\.,__,,./  !             ゙ヽ、.,__,,,..ィ''" |
  `ヽ-‐'''゙ ノ           r‐----‐''"'、  |
────────────────────────────────────────────
             r―、___        __r‐┐
              -、 .\\ ̄ヽ  ,ィ ̄// /
                 / 〉ヽ \\  Y  // /
             / / ./\ V /ヽヘヽ´/
             /_/L/_ i\.\/ /ヽ
            /〉-――<_/ )  l  ト、__ \     |\     /\     / |   //  /
           iV/> ̄つ_ノ  |  ',__ヽ ',    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
           ノ >r ̄/^l::ヽ   .l  /: : ::ヽヽl    \                     /
          「」 「| |^ヾ\/: : :',   o /: : : : : :', |    ∠   た だ い ま 到 着 !   >
          | | | |  ゝl|: : : : ',  | ,': : : : : : :}.l    /_                 _ \
          ト、|_.| |  >: : : : : l .|,': : : : : : //     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
         __Lノ  ヽイ|: : : : : :| |l: : : : : ://       //   |/     \/     \|
         / ヽ_ _/ヾー―┤ |ー―‐'7 l
       __ >、__,,/ 〉ヽ、)、`ー-| |―‐'/,イV
 /^l ̄ ̄∧(   `.く_ノハヽ_n-| |-n// ト、                「彼は、俊足を以てやってきた。
/::l  |  / / ヽ、___/    〔l ̄}  | ̄l〕 /,イヽ、
:::/  `ー/ /^\__ /  ̄` _ ̄ヽノ ̄//ノ ノ  `ー--、__       契約に基づき、早さを求めて。」
:::|   / / \_   `ノ        \__//// r  ̄ ̄ ̄ \  `ヽ
:::l  ,/ /\_  ̄ ̄ノ          V  l  l         ヽ   \         【続く】


8742 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 17:10:51 ID:8qG0t7D2



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     言っただろう?
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l     『募集キャラ発表会』だと。
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i      今 度 は 、彼 だ ! !
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´       「木馬センセイ!!!ありがとうございます!!」


8743 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/26(火) 17:11:08 ID:8qG0t7D2
いろいろ言いたいけど仕事の戻るぅ!!

8744 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/26(火) 17:18:10 ID:C8Y13LwN
カッキェー!
続き待ってます!
しかしオトヨチームはすごいな


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5,5話   『テックハンター・やらない夫の起源』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.13『スエラの炎と月夜蜂』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.12『"夏の思い出"セイバー』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.11『風の旅団(真面目なサブタイトルが久々すぎて背中が痒い)』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.10『ポニテ+剣士=可愛い』 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その16 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その15 (12/10)
  • ボイスロイドな日々 その2 (12/10)
  • 妖怪人間ユウ 第9話『占い館』 後編1 (12/10)
  • 国際的な小咄 6248 廬武鉉遊びVS安倍首相 (12/10)
  • 国際的な小咄 6246~6247 グレタ女史について ~ プーチンがある意味一番グレタさんに優しい説 (12/10)
  • 国際的な小咄 6245 悪書追放運動 (12/10)
  • 国際的な小咄 6244 斬新な表現、即ち設定 (12/10)
  • 国際的な小咄 6243 知らない世界を知るということ (12/10)
  • アメリカンヒーローアカデミア 57 (12/10)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十二話・やる夫はSEKKYOUするようです (12/10)
  • 国際的な小咄 6242 米国の格差の移り変わり (12/10)
  • 国際的な小咄 6241 早食いがおすすめ (12/10)
  • 国際的な小咄 6240 ちょっと恐怖を感じたのですひゃーっ (12/10)
  • 国際的な小咄 6239 名門、散る (12/10)
  • 国際的な小咄 6238 お前、そういえば白身魚だな (12/10)
  • ドクオが異世界転生したようです 第69話 (12/09)
  • やる夫とアリスの異世界出会い譚 (12/09)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 8 後編 (12/09)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第23話「巨人の最期!明かされし衝撃の真実」 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5話 『望まぬ逃亡』 後編 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5話 『望まぬ逃亡』 前編 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです 第4話 『計画』 (12/09)
  • やる夫がKenshiになるようです キャラ紹介 (12/09)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その14 (12/09)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その13 (12/09)
  • アメリカンヒーローアカデミア 56 (12/09)
  • アメリカンヒーローアカデミア 55 (12/09)
  • 国際的な小咄 6237 私が食べた中華に料理された鯉たちは (12/09)
  • 国際的な小咄 6236 聖なる水か石の油か (12/09)
  • 国際的な小咄 6235 マジかー、マジだった (12/09)
  • 国際的な小咄 6234 学生運動に対する反感 (12/09)
  • 国際的な小咄 6233 この冬おすすめお手軽旅行二選 (12/09)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第十話 「戯れのシャーデンフロイデ」 (12/09)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー ── 第10話【開票! エルダー選挙のようです】 (12/09)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑨ (12/09)
  • やる夫はカントーを冒険するようです あらすじっぽいもの (12/09)
  • 魔女はやる夫になるようです #44 (12/09)
  • やる夫は竜の人財のようです 第14話 (12/09)
  • 国際的な小咄 6232 価値観の対立 (12/09)
  • 国際的な小咄 6231 グローバると (12/09)
  • 国際的な小咄 6230 大坂は回ってみると (12/09)
  • 国際的な小咄 6229 みんな感覚がマヒってるぞー (12/09)
  • 国際的な小咄 6228 プシャー (12/09)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ