NINJAのススメ ~ How can ”I” help you ?~ 「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」 2

目次

8563 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:48:21 ID:ULGHX6Yw



        /| ̄~.;""=
       /┌ ─.;.;.;.;.;|.;                  /〉 _
    ,、‐'´| |.;.;.;.;.;.;;.;∥ヽ         〈r'       r≦:::/,:- ,,.. -―‐,=-< ̄` 、           ┳┓┏  ┳  ┳┓┏   ┳  ┏━┓
   /     i └.;.;.;.;..;∥   ヽ        ‘:, ,.へ /{::-=,. :'゙: : : : :,;.:_{_      ヽー 、 .      ┃┃┃  ┃  ┃┃┃   ┃  ┣━┫
\  /      "'''"'''"'''.;.;.;.;.;.;.;.;丶   ミ、_ ,〉::⌒ヽ:/´ / : ; イ´<,==‐ ゙゙ ̄ `ー、..,/   /        ┛┗┻  ┻  ┛┗┻ ┗┛  ┛  ┗
-'''"|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;¦   ::::/::/≧ミ::{ ・ / : /  / : : : : : :.: : : : : :ヾー 、' 〉
|─ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l"''ヽ .}:/::{⌒7:::::::八 /: :<  , /: : : : : : /;.: : : : .:.: : : : :)'
| ◎|  | ~""'''l.   ,- - .,..,,_   |.;.;.;| ノ:r,:Y{:::::rO:: /: : : :〉' /: : : / : / : ;1: : :/!:ilヘ; : /`ヽ  _        / ̄ ̄ ̄/  / ̄ ̄ ̄/      /''7
| _|  | :( )::: ~""''`    |  ¦.;¦ ::::ィ::::}::::::{:::::〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;'::::: ., ',´―-' 、     ̄ .フ ./.    ̄ .フ ./.    ,:'\' /_
|   |_ "'''- ./"'"'ヽ__,.-''.;.;.;.;.;.;.;/.;\〃{:::ハ::::::}:::::{ `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::.( | /|  | }   .  __/  (_..  __/  (_..  _,>  __ / .
|   ¦.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;\_,.,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;ダ;:`〈:/_≠、/:::::::::ヽ_' ノ .ノ.ノ   . /____ノゝ_/  /____ノゝ_/ /___,/ ~゙
~"| |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : | ;:;:;:;:  ヒタ, '::::::::::::: .:!
  "'''-'- __       __,,.. .'''"     / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : トi;:;:;:;:  ,;:;:;:, .′::::::::::: .:/      ~ How can ”I” help you ?~
       "ヽ.____./".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ         「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」




8564 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:53:22 ID:ULGHX6Yw



 ._____________________________
..[.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.]
..[_____________________________]
  |__|__|__|__|__|___|.___|__|__|__|__|___|
  |__|__|__|┏━━━━┳━━━━┳━━━━┓ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┗━━━━┻━━━━┻━━━━┛ |__|___|     【交番】
  |__|__|__|__|__|__☆__|__|__|__|__|___|
  |__|__|                              |__|__|
  |__|__| 「|       ナゴヤ警察署           「| |__|__|
  |__|__| |.|                          |.| |__|__|
  |__|__| |」     ツルマイ公園前交番       |」 |__|__|
  |__|__|___________________..|__|__|
  |__|__|__|__|___|___|___|__|__|__|__|__|
  |__|__| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|__|__|
  |__|__| | ̄ ̄| . | | ̄ ̄ ̄| . | . | ̄ ̄ ̄| | . | ̄ ̄| |__|__|
  |__|__| |    | . | |      | . | . |      | | . |    | |__|__|
  |__|__| |__| . | |___| . | . |___| | . |__| |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
  |__|__|        |        []|[]        |        |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8565 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:59:28 ID:ULGHX6Yw





           -=ニニニニヲ:从_  /{      _,ノ:イノト.ノ:、
       -=ニニニニ二/二{:::「   ヽ        /./::「     人……探し。
    /ニニニニ二二/二ニニ}八  ___ u / ヽ::ハ{
   /二二三=─‐ミ/=テ…‐──ヽ ー _─' /  /`ヽ     えっと、それが、『依頼』?
  /二二二二ニニニニ/           、___/  / _, く
. 〈ニニニニニニニイニ=‐- -=ニニ二V/// /  -=ニニヽ    え……マッポのほうの、仕事じゃなくて?
  -=ニニニニニニニ}ニニニニニニYニ/ヘ V/ /ニニ二二\
   -=ニニ二二二ハ二二ニニニニ| ////ヽ. -=ニニ/ニ\ニニ\
   ` ≪ニニニニ/ニ}二ニニニニニ/ {:〃::::/ニニ二/ニニニヽ二ニ  「”彼”は訪ねてきたオイランドロイドの仕事内容に、
       ̄…─=ニニニニニニ二/ニ)ノ::::/ムニニ′ニニニ=- ニニ
              ̄ ̄ ̄`マ{ニr─ミ'ニハニ/二二ニ/二ニニ  『疑問』を感じた。ただの『行方不明者捜索』かと思ったのだ。」
                      }ニ|::::::::-=ニ\ニニ/二二二ニ


             >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
            γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
           >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
         ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨
            ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
          /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨
          ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨         いいえ。
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、
    {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′;:;:;:;: ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、      アナタがやる『人探し』で合っています。
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ ;:;:;:;: i   ;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´
      `}从从::::::::::::ヽ      ;:;:イ::::::::::人从{彡        得意とするお仕事だと聞いておりますが、違いましたか?
    ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ /    「彼女はそれに「否」と応える。
     }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_     無機質な目は、彼を見てるはずだが、虚空を見ているようにも見えた。」
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ


8566 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:03:58 ID:ULGHX6Yw



               j:从    ̄  }    ̄   从:{ ヽ
                小     〈   ij  ハ!       うん、そうか、間違いではないのか。
                 ハ         /
                r‐ } 、 -  ‐- .イ=ミ        で、あー……探すっていうことは
               } \ ヽ  __ // }
                .ノ   ヽ     /           、『アナタが会う』と言う事ですよね、会ってどうするんです。
      ______.. -=≦|    ハ    ,ヘ   i≧=-  .___
   /ニニ二二二二/二  .イ }    { 、  ニ∧ニニニニニ二
  〃ニニニニ二二/ニニ:!/ヽ::ミ::.、_彡' \iニ=∧ニニニニ/ニ


                 _  _
               ,-‐' _`」´__ `ー、
             , ┴/: : ; 、: ; 、:`:ヽゝ、
            ,..レ7: : : :/: i`´i: :ヽ: :゙〈ー 、
          / ,イ: : : :;イ ;i:|  |:ト: :!:ヽ::ミ 、\
         < , 'ィ´: : :ト;工王゙ '王工: : : ミ:ヽ、>     『聞きます。』
             Yノ{i : i:: ;i ゞ汐;:;:;:;: ゞ汐.ト; : : ミ、 〉
           \i!: ::l::ゞ〉.;:;:;:   . ;:;:;:;:/ソ: :i::i :)ゞ     旦那様へのご用件を。
                !」_:i:: :小、  ‐ ;:;:.イ:: :i/i::|:/ヽ
              __ `ー,=、:イト - イ::ソ≡'、ー'!__      それだけです。
        ,==´E=ミyL=ニ互彡三ニニ{, '彡==`= 、
        ,‘-'´:\`ー/´〃  ` 二 _    ヽ.二_ ノ::::\
        i:::::::::::ヽ ̄y'  |i   ̄    ̄      i  `7::::::::::ヽ
        |::::::::::::::\〕   |l    __      }、 /:::::::::::::::i


8567 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:06:41 ID:ULGHX6Yw





             /: : :}::::::::::::i::ヽ  !:::::{           _ ,      旦那様。
         _ . . . /: : :/='И/!:N  ¨.            「
       , . : :/ ,' : : : /ニ{  、  i   、 u      _ 」                  私の所有者、とも言えます。>
     /: : : { : :/ : : : 'ニニ    .  :    \    ´  .′
     -' : : : : : : !: : : : ニニ    、      / : : .、 _}        あ、なるほど……えーっと、その方が来られない理由は?
    }: : : : : : : v: : : : |ニニ=!           /  . : : :. : .
   , : :\: : : : : 、 : : : iニニニ    /、  .'   =: : : }: ト、        あ、もしかしてそれが『アナタが来た理由』なのかな……ん?
 . : : : : : : 、: : : : :. : : |ニニニi   ,イ  / /  /=ム : i: :. :ヽ
./: : :、: : : : : . : : : : 、 : iニニ/!  /:::.  ,' / .::::! 、 ニ: : |: : : : : .     でもあなたは代理ではない、と……?


8568 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:09:10 ID:ULGHX6Yw



            >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
           γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
          >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
        ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨
          ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
         /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨
        ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨      はい。
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、
   {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′   ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、    依頼人は私であり、『旦那様の代理ではありません』。
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ;:;:   i ;:;:;:;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´
     `}从从::::::::::::ヽ;:;:    ;:;:;:;:イ::::::::::人从{彡      『私が、旦那様に御用が”あった”方を探しているのです。』
  ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ /
    }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ


8569 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:14:44 ID:ULGHX6Yw





            、             }/__ .ィ.:.:.:.:.:.:       (なんだ?全く依頼の内容が、『意味が』つかめない……。)
             `フ/⌒ヽ __    u     ノィ八:.:_
             f´_ -=ミ、 } )     .′  /          シツレイですが、旦那様のお名前は?
            〃   -=ミ_У /    /       /
           { ´ ̄ ̄ ̄) /_ <     /     , -=      あと、差し支えなければご住所を……。
           { ´  ̄ ̄} '    >ミ/     /ニニ
              }  rマ ノ  -=ニム\_\     -=ニニ      「彼は『依頼』に対するポリシーの一つであった
            ハ  } У-=ニニニム l::{ ヽ.  -=ニニ
        /〃_  ノ/=ニニニニ=- ::、/:ハ/二二二       『依頼者への詮索をしない』ということを、一度曲げてみた。
        -=/ {   ̄フ}ニニニニニニ| 「::::::} -=ニニニ
        ./ニ{  \_/=′ニニニニニ=-  =ミ/ニニニニニ       裏どりは自らがやり、『不当な依頼』、であった場合……『それも裁かねばならぬ』から。
      {/=:::.、  ,ノ=7ニニニニニニニ| l:::::lニニニニニ
       ./ニ八:::::::::::://二二ニニニニニ| |::::ニニニニニ       故に相手に『あえて自分のことは言わせない』。”警戒させないために”。」


8570 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:19:46 ID:ULGHX6Yw



            >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
           γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
          >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
        ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨           「今回は、そのポリシーが適用できる相手では、無いような気がしたからだ。
          ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
         /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨         無論、相手が本当の事を言うとは思っていないが、もしかしたら、と考えたのだ。」
        ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、      エンドウ・リョウジ。
   {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′   ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ;:;:   i ;:;:;:;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´     チクサセクターのオータ・マンション458号室 元NA社所属。
     `}从从::::::::::::ヽ;:;:    ;:;:;:;:イ::::::::::人从{彡
  ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7  これでよろしいですか?
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ
    }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /     即返却をしていただけるならば、私の『所有者情報』も開示いたします。
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ    「だが、帰ってきたのは具体的過ぎる情報で────」


8571 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:22:17 ID:ULGHX6Yw





      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ       ──────ちょっと待って、待ってください?
             ` ´     u  /ク::/
          、   、   __,     ,彡Y         そこの人、『死んでるでしょ』?
          \        /  L
           .ィ ヽ.     /     ハム        私、そこの現場、行きましたよ?
          //{ |//77777'      / }ム三ミ
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\    え、そこの……オイラン……え……?
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ
     =二二二7=   ヽ  「     /ニ/二二ニニ    「彼に、身に覚えのある場所と名前だった。
  -=ニニ二二/ニ!  .イ {  { ハ    /ニ{ニニニニ
 -=ニニニニ/二  .'八 V //}   /ニ=|ニニニニ    そうだ、彼は『その現場に通報を受けて向かい、確認したのだ』。
-=ニ二二二/ニニ V  .ゝ===ミx   -=二|ニニニニ
ニニニニ二/二=-    {:::::::::::::::} ヽ.-=二|ニニニニ     エンドウ=サンの死体と、犯人の一味と思しき者の死体と─────」
ニ二二二/二ニ=-   !::::::::::::::′ -=ニ二|ニニニニ
ニニニニ〈二二二=-  V:::::::/  ー=二二|ニニニニ


8572 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:28:13 ID:ULGHX6Yw



.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :   はい、私はエンドウ・リョウジ=サンの所有物です。
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _   「その現場から無くなっていた、
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::    行方不明となったオイランドロイド1機の存在を。」
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8573 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:34:18 ID:ULGHX6Yw





            、             }/__ .ィ.:.:.:.:.:.:
             `フ/⌒ヽ __   u      ノィ八:.:_     (どうするべきだ……!?)
             f´_ -=ミ、 } )     .′  /
            〃   -=ミ_У /    /       /     「彼は悪人を裁くという名目で依頼を受け、
           { ´ ̄ ̄ ̄) /_ <     /     , -=
           { ´  ̄ ̄} '    >ミ/     /ニニ      罪人たちをスレイしてきた。ツジギリめいてこちらから行動したこともある。
              }  rマ ノ  -=ニム\_\     -=ニニ
            ハ  } У-=ニニニム l::{ ヽ.  -=ニニ      だがかれもマッポ。『一つの事件の解決の糸口』である彼女を、
        /〃_  ノ/=ニニニニ=- ::、/:ハ/二二二
        -=/ {   ̄フ}ニニニニニニ| 「::::::} -=ニニニ      みすみす逃すのは、憚られた。」
        ./ニ{  \_/=′ニニニニニ=-  =ミ/ニニニニニ
      {/=:::.、  ,ノ=7ニニニニニニニ| l:::::lニニニニニ
       ./ニ八:::::::::::://二二ニニニニニ| |::::ニニニニニ


8574 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:42:20 ID:ULGHX6Yw



            _,‐-  -、
           '      ヽ_
          γ´ -‐  ̄` <   ヽ
        r'_;´ : : i: : : : : : : \ _乂
        /: :/ :}: : i: : : : :i: : : : :',  `゙<
.         /: : :{ :}: : :i_ : : : }V: : : : :,∧   `゙<                ちなみにここまではどうやって────>
.      /{ : : :{ 从イ ,ィチ V: : : : :i:∧    /
      i :{ : : :{_    ノ)_ソ  V: : : : :i ∧   /:',            移動手段は徒歩、情報は聞いて回りました。
.       !l: {: :/,ィ;:;:;:;:        V: : : : i: ∧  ',: :',
.     八: : r' У;:        ;:;:;:V: : : : i: ∧ /: : :{          今までは、そうですね。行くところ行くところ『私は知らない』とたらいまわしにされるので、
      `T:ハ     _     ;:;:;:|: : : : :|: : : : 从ハ     / `ヽ
.        ∧:八;:;: ´     ;:;:;:: : : :, ': : : :リ     / / /   本当にそうなのか、知ってるかもしれない方を教えて頂いてから
         ∧: :\;:        /|: :/: : : /     /  ,'
.          ∧: : : \    /  j/ _{: :/777ヽ  ,       '    旦那様と話していただくべく『旦那様のトコロへ』行っていただきました。
.            \:  _Yハ     /////////∧/    {  i
.             \「   ∧   ///// ̄ .ィ   ,'      |    尤も……旦 那 様 か ら の 返 事 が な い の で 、恐らく知らないか、
               _∧   ', ̄_ 厂/// {     /   八
.            _   ///厂{ / /⌒/////  {  /  },      関わりのあるだけの方だったのかと。そして……『次のお知り合い』を、探しているのですが
            /    ̄{/// //   /\//  { ./ /} :}
        /    ∨ハ//   , '   \  {/ }/ /      流石に行き詰まりまして。


      .{ \::::ミx           i             /:::::::/::
      \  ̄`          |              ク:::/}:::::′
       \.            - -        u  / ' /::/
         }:ヽ.                    r‐彡::::/      「」
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ     「ナムサン!彼女はここに来るまでも『知り合い』をスレイしてきているのだ!!
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \      ”彼”基準で言えば、彼女も罪人である!!」


8576 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:48:34 ID:ULGHX6Yw





             ヾ:::::_::::::〃 ' }
             _Y´_. .ヽ'/_/
           /三三三ニユ_            一つ聞きたいんだけど、さ。
        __/ニニ/ニニニニ≧=:、
       〃ニニニ{ニニニニニ〃ニム       君の所為で悲しむ人とかが大勢出るとかは、考えないのかい?
        /:{二二ニニ|ニニ二二/ニ二ム
      .{= ニニニニニニニニ{ニニニニ}   _
        lニマニニニニニニニ ニニニニム_//    「彼は問うた。『罪の意識はあるか』と。オイランドロイドに、だ。」
        |ニマ二ニニlニニニニニVニニニ}ヽ.


             〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;':::::.. :!
              `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::. :i
          ,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;タ;:;:;:〈:/_≠、/:::::::::: :}
         /ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : ;:;:    ヒタ, '::::::::::::: .:!
        / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : ト;:;:   ;:;:;:;: .′::::::::::: .:/   困る人、ですか。
      イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/
        |  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ     申し訳ありません。
        |  | : : : : : : : : : ヽ  `/  /  i ト、 '^^´ ヽ、
       l ,.! : : : : : : : : : : |   /〉\   ノーi'  、  丿}      一番困っているのは私と旦那様です。
        ソ: : : : : : : : : : : :i. //\ `/ /` 、  /_丿
     /. : : : : : : : : : : : : :!//  〈 Y_/    〈/二_ノ       突然の来訪と、ご用件を申さずに『返答不能』の状態になったお客様。
    /. : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : : └ 'i    ', ',.      i彡' |                      襲撃しに
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: : : |     l |        !: : :i       一体何の様で旦那様を 『尋ねて』 来たのか、わからないので。
     \_:_:_:_/||~`~ヽ::::::.:.:〉   ノノ_      } : : !
        /|ノ`ー- 、.!_:/. : : :/, ' : : . . . . . :ノ: : : }       なので──────


8577 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:51:39 ID:ULGHX6Yw



.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :   全ての方々にも申してきました。
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _   『確認が終わり次第、折り返しご連絡させていただく』、と。
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::    現 在 で 既 に 3 5 件 。
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::    旦那様にいち早く正確なご用件の内容確認の結果を申さねば。
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   旦那様が私や今までの方と同じようにご返答に困ってしまいます。
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8580 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:56:20 ID:ULGHX6Yw





::、,:v'::::::::i{ 〉、:::::::::::::}        V       「それを聞き、彼、『ジェイラー=サン』は逡巡した!」
:::::::::::::::::八 、)wNヽノ        \
:::::::::::::::::::::::ヽ. _            _ノ      (これは……どうするべきだ?
ヽ:::::::::::::::::::/ ハ   u
ノイ:::::::::::::(   {         ´ ̄ 〉       彼女は間違いなく『連続殺人犯』!!だが、同時に依頼人で、『人間じゃない』!!
  从/'_V¨`     \     {
.丿    ̄ ‐ミ    /` ー- ..ノ       法律の適用……どこに責任がある!?『製造者』か!?)
ニ≧‐-  .     ` <ヽ


8581 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:59:05 ID:ULGHX6Yw





               j:从    ̄  }    ̄   从:{ ヽ
                小     〈   ij  ハ!     (責任を取れる訳でもないし、そも彼女の動機、いや、『行動原因』は
                 ハ         /
                r‐ } 、 -  ‐- .イ=ミ       僕が今まで相手してきた『依頼者』のそれ!!
               } \ ヽ  __ // }
                .ノ   ヽ     /         僕もあの事件の内容はしってる!『恐らく』という動機も!!
      ______.. -=≦|    ハ    ,ヘ   i≧
   /ニニ二二二二/二  .イ }    { 、  ニ∧    犯人も、『確定ではないから捕まえられない』が、『ランナー』、いや、『リーグ』だ!
  〃ニニニニ二二/ニニ:!/ヽ::ミ::.、_彡' \iニ=
  /二二ムニニニニ/ニニ|   「::::::::::}    |ニニ    『どこかの企業側の行動で、不当に所有者は死んだ!!』その、『復讐でしかない』!)
  {ニニニムニニニ∨ニニ:     ヾ:::ノヽ    !ニ


8582 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:01:21 ID:ULGHX6Yw





     \:::::::::.、           |             ,::::::::::::;イ
      .{ \::::ミx           i             /:::::::/::
      \  ̄`          |         u    ク:::/}:::::′   (どうする……!?)
       \.            - -           / ' /::/
         }:ヽ.                    r‐彡::::/      ──────もしも、その用件が済んだら、どうするんです?
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ     その、『確認』が、済んだら。
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \     「彼はただ、考える時間欲しさに、他愛のないコトを彼女に聞いた。」


                  ,へ⌒ヽ-―- 、
              _/_, ー―- 、 }:.、
            //:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:i:.:.:.:.:.:`ヾ、:\
               /:.:.:i:./∨}:|.:.:.:|:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ>、ヽ
.            /.:.:.:.:.:.|!|   l:|.:.:.:|__:._i:.:.:.:.:.:.:.:', ` \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:!!i  .ノ|:.´ノ !:.:|!:.:.:.:.:.:.:.:.i   \
        /:.:.:.i.:.:.:., '⌒゙    爪゛丁`:.:.:.:.:.:.:|    /
          /:.:.:.:.:\_「,孑勿;:;:  ヽ-゚'i´:.:.:.:.:.:.:.:ト、    ヽ    決まっています。
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i<_。ノ ,     |:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.\ /
       〈!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!;:;:      ;:;:;::.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|
          !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;:;:;::  `   ;:;:;::.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:|
          ト、.:.:|、:.:.:.:.:.:.ゝ;:;:     ;:;:;:,|:.:.:.:.:.:/:.:.:.:._:.:」  / ̄
         ヘ:! \:.:.:.:.:.:.:`:..、  / ー^,-'-、 '´   /
            ` !^^^`ヾ `i´ , -―'―‐、 \/
        ,―――、__,---,ヘ/  〈   ,`-/
       /      〈__//   /`ー‐'|:::.〈
        |i      ,-‐| 〈__./  /  !/i


8583 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:08:54 ID:ULGHX6Yw





                           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       , '           |lく 厶  /      |    通常業務に戻ります。    |
      く _         r‐'  \;{       ゝ______________,乂
        └ __-ァ'      /     |
         `T            |   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           l    _/    __  -¬.  |   まずは旦那様の夕飯を作り直さなければ。    |
            ` ̄] -─ _,.  -─ヘ  ゝ______________________,乂
            rニ、   / __, -──ヘ
        _ /¬|  / /  , 二 -- _\
      />‐{二フレ'  /  /        \`、
_, -‐' く / //^ー<  /           ヽ


:::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:           ;:;:;:;: ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::    苦手な物が多すぎた様でしたので。
::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;::;:;:;:;:;:;:             ;:;:;:,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::
::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:              ;:;:;:イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::    ご用件がお済し、旦那様の仕事が終わったら『食事』の続きをせねば。
::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ       ー一   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、           / /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::   「彼女の『脳内の時間』はどうやらあの時の衝撃で『止まっている』、又は
::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、       イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   リセットされているように、『あの瞬間』のままなのだろうか。時間は、進んでいるというのに。」
::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::/ヽ:::::', .lニ7          l {-‐‐{ ,イ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8584 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:13:03 ID:ULGHX6Yw





     \:::::::::.、           |             ,::::::::::::;イ   (なんだ、こいつは機械だろ!?なんだ、この壊れ方、は……!?……だ、が……。)
      .{ \::::ミx           i           u /:::::::/::
      \  ̄`          |              ク:::/}:::::′     ──────そ、そう、か、解った。
       \.     u      - -           / ' /::/
         }:ヽ.                 u  r‐彡::::/       「彼は後悔した。見てしまったのだ、機械的狂気を!!
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ       日々の依頼で消耗している精神に、拍車をかけてダメージを負ったのだ!
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \        判断も何もない!!彼は、ただ衝動的に─────」





         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          | ─────依頼をは、受ける。|
          ゝ______________,乂



           「答えを言ってしまった。」





8585 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:15:49 ID:ULGHX6Yw



                    ,,.. -―‐,=-< ̄` 、
                  ,. :'゙: : : : :,;.:_{_      ヽー 、
                / : ; イ´<,==‐ ゙゙ ̄ `ー、..,/   /
               / : /  / : : : : : :.: : : : : :ヾー 、' 〉  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                /: :<  , /: : : : : : /;.: : : : .:.: : : : :)'    |  何はともあれ、君のその行動も止めたい。 |
                 /: : : :〉' /: : : / : / : ;1: : :/!:ilヘ; : /`ヽ   ゝ___________________,乂
             〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;':::::.. :!
              `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::. :i            「欺瞞!」
          ,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;タ;:;:;:〈:/_≠、/:::::::::: :}
         /ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : |;:;:;:;:   ヒタ, ':::::::::::::γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : ト;:;:   , ;:;:;:′::::::::::: .:/|  だから、とにかく『原因の原因』を取り除きたい。  |
      イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/ ゝ______________________,乂
        |  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ
        |  | : : : : : : : : : ヽ  `/  /  i ト、 '^^´ ヽ、               「これも欺瞞だ!!」
       l ,.! : : : : : : : : : : |   /〉\   ノーi'  、  丿}
        ソ: : : : : : : : : : : :i. //\ `/ /` 、  /_丿     ありがとうございます。


8586 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:20:01 ID:ULGHX6Yw


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 君の旦那様を殺した人間は、赦せない。 |
  ゝ__________________,乂

 「間違ってはいない、だが、本心ではない!!」
                                γ  ̄ ̄ ̄そういう人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                | 僕は、 被害者 の味方だ。  |
                                 乂____________ノ

                            「その通りだ、だが、それも『理由』ではない!」



      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ
             ` ´      u /ク::/       だから、手伝うよ。
          、   、   __,     ,彡Y
          \        /  L        「彼はただ!自ら以上の狂気をもつ機械に『呑まれ』!
           .ィ ヽ.     /     ハム
          //{ |//77777'      / }ム三ミ    『見届けなければならない』という焦燥感に駆られ!
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ   なにより────────」
     =二二二7=   ヽ  「     /ニ/二二ニニ
  -=ニニ二二/ニ!  .イ {  { ハ    /ニ{ニニニニ
 -=ニニニニ/二  .'八 V //}   /ニ=|ニニニニ


8587 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:23:09 ID:ULGHX6Yw



.    ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.   ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.  ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
/: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
./: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.__: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :     再度お礼を。
.    `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
       ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _      ありがとうございます。
.\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::                                正当下
.:::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::  「彼の中の『矛盾塊』である彼女を、自らの理論で 『断罪』 するために、
:::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::   『まずは彼女の行動原因』を!次に『彼女自身』を、『裁きたい』だけだ!!
:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   なんと狂気的な理論!!だが、彼はニンジャだ!狂気を孕む、ニンジャなのだ!!」
:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8588 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:26:40 ID:ULGHX6Yw





      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ
             ` ´      u /ク::/      いえ……。
          、   、   __,     ,彡Y
          \        /  L       「彼は半ば狂っていた。
           .ィ ヽ.     /     ハム
          //{ |//77777'      / }ム三ミ    だがそれは、狂っていない部分を持ち合わせて居たからこそ、
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ  『狂った』のだ。まだ残る、マッポとしての部分を笑うかのように─────」


         /´`` 、~`` 、
       イ_,,. 、  ヽ-- ヽ
     ,,..ィ´    ヽ //ヽ  `i
    /i   ヽ    ∨/  冫--}
   i |    ヽ> ´ ∨/==</Y        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ;< ゝ-、 > ´     `  ̄´  i        |    これから、よろしく。      |
/´ `i`ヽ-<             .i        ゝ______________,乂
{   i i≡Y:::i-、..,,         iy
∨  ノ<>-、:::!、   `''、、   ,.ィ´
::}ゝィ ノ   \ :\   __--/i ヽ     「彼がその交番の奥にしまっているメンポが、怪しく光ったような気がした。」
::::>ィ      i-:}`  ̄' ヽ ヽ'::|i::::!
----\___/:::/  i`i´ __/:}.∥:::!_|
> 、 >-/  ̄ヽ  i//`__`i/≧ュ、            【続く】
   >i/ヾ i::::::::::ヽ< / /≧ュ、ム


8589 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:30:03 ID:ULGHX6Yw



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    ゲームのバグ画面を初めて見たとき、
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    ものによっては笑えるものもあったでしょう。
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :      ですが大概の場合は……。
          ≧=‐---‐''.´


8590 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:32:04 ID:ULGHX6Yw



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     『 怖 い 。 』
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ    そう思うのが、常でしょう。
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙      「機械が故障したのか、ソフトに問題があったのか。もしかしたら『失う』という恐怖感。」
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「      【それと同時に来る『整合性の取れない画面』。】
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_   「【怖いと思うほかないときが、あったかと思います。】」
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;


8591 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:40:25 ID:ULGHX6Yw



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l   まーでもこのスレの>>1がホラーなんてかけるわけないし!!
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i    大丈夫大丈夫!平気!平気だから!!
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´


        ......::::::¨ ̄ ̄ ̄¨::::::......
      ..::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...
    /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ./::::::/::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\::::::::゚。   ⌒ヽ
   /::::::/::::/::::::::::::::::::/:::ハ:::::|:::::::::::::::::: |::::::::::\__ノノ
  ./::::::/::::/:::::::::::::::::/:::::::/ :::ハ:::::::::::::::::::|::::|:::::::゚。`ー‐ '
  i:::::: |::::::|::::::::::::::::/:::::::/  V::| ::::::::::: |::|::::|:::::::::i
  |::::::||::::::|/:::::::::::::|:::/  _N_::::::::::::」∧::|:::::::::|
  |::::::||:/::::::::::::::i::{/´ ̄    |:::::::::::::/ ̄`!:::::::::{
  |:-=彡イ::::::::/|:| ,ィ笊宀ミ. /イ:::/}:/ィ个v|:|:::\゚。
  |::::::::-=彡<::| .リ{'ん:::::::}  /イ /'{::::::} 》:!\{ `     「あッ……(急性【一族】リアリティショック)」
  |::::::::::::{ i^ヽ{∧  乂zン        廴ソ 从::::|\
  :::::::::八   \゚。             、    /::::::::        【ホラーじゃなくても恐怖心は出る、ハッキリわかんだね……(失禁)】
  |::::::::::::::\__  `\             }:::::::: |
  |:::::::::::::::::::::::|                  ノ:::::::: |
  |:::::::::::::::::::::::| `       '  `   /:::::::::::::|
  |:::::::::::::::::::::::|    >       .イ::::::::|::::::::::|
  |:::::::::::::::::::::::|         {≧=く//|::::::::ハ:::::::::{
  ::::::::: ト。:::::::::|         |  \'/∧:::::{、|:::::::::::
  .::: : |:::|∧:::::::|__    V   \∧:::|∧::::::::::


8592 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:43:24 ID:ULGHX6Yw
サブリミナル潮チャン!で宣伝効果は倍増だな。

8593 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 16:47:09 ID:yXh9xgKc
アイエエエ狂人×3!

8594 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 17:21:55 ID:cba8Rfu7
サイコホラーはホラーの内なのではないか。ボブは訝しんだ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 2ターン① (07/17)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 1ターン③ (07/17)
  • 高森藍子はアイドルになるようです 第34話 (07/17)
  • 国際的な小咄 4547 オバマ政権の良かったところ (07/17)
  • 国際的な小咄 4546 ポリコレと美女と野獣 (07/17)
  • 国際的な小咄 4544~4545 斧って怖い(震え声)  ~ パリ条約(この文字を見て何を思い浮かべますか?) (07/17)
  • 国際的な小咄 4542~4543 なんというのか ~ 何それ怖い……そりゃ少なくともサウジは……うん  (07/17)
  • 国際的な小咄 4541 高野秀行氏 (07/17)
  • 国際的な小咄 4540 自   己   責   任 (07/17)
  • ロケッ都団が征く!! 第十二話:みんなおいでよ京セラドーム (07/17)
  • そんな、二人の歩む日々 第二十二話 意識の先 (07/17)
  • 埋めネタ 「願いの精霊」 後編 (07/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その104 (07/17)
  • 国際的な小咄 4535~4539 頭が悪いのは指導者ではなく…… ~ アルタイ祖語 ~ 朝鮮三国時代のここらあたりの根は深い ~ 似たような話 ~ 朝鮮半島南北気質 (07/17)
  • 国際的な小咄 4534 イラクの地に…… (07/17)
  • 国際的な小咄 4533 ロリコンという病は無し (07/17)
  • 国際的な小咄 4532 最近の洪武帝の評価 (07/17)
  • 国際的な小咄 4530~4531 今日は何の日 7月14日 (07/17)
  • 国際的な小咄 4529 アメリカの生物学は…… (07/17)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 1ターン② (07/16)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】怪獣部隊 (07/16)
  • 国際的な小咄 4528 私の友人がビビった話 (07/16)
  • 国際的な小咄 4527 冷静に考えると日本語というものは (07/16)
  • 国際的な小咄 4526 キュルルシファー降臨 (07/16)
  • 国際的な小咄 4525 アイルランドは、うん…… (07/16)
  • 国際的な小咄 4524 族滅! (07/16)
  • 国際的な小咄 4523 東南アジアでの人気職 (07/16)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その10 (07/16)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その9 (07/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数200超えとかなぁにこれぇ。


    国際的な小咄の更新量が当ブログで処理できる限界を超えてます。一定量は更新していきますがどんどん遅れていきますのでご了承を。

    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    スポンサーリンク
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


    ブログパーツ アクセスランキング