スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
あけましておめでとうございます。今年もゆっくりマイペースでやっていきますのでよろしくおねがいします。


ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

SHADOWRUNのススメ ~ 我が心、海の彼方。我が魂、”自由の国”より ~ 雑談

目次

7259 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:13:58 ID:/klOQemB



                        r‐ヽ
                      ,〃´/ ゙ヽ
          _          ゙、 、 ・ノ
    , - ´ ,  -"ヽ           ゙ 、 _ イ
    lー  "     イヽ           ヽ-
    l /////////////,ヽ
    ,イ///  ´ ̄` ‐ -、//ヽ , --- 、
  / ///////////\_/ヽ-`/, 、 〉                  「地下に現状あるモノ」
  l/,- ´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、//// l、((),へ,'__
  、/-、::::、      l 、////l ‐ 、,',',','ヽ` 、
   ゙、/ヽ/、, '´ ̄,―――――‐/-/´l================、ニ、   ・「トヨエース」
`ヽ  ゙ 、/./ヽ  i    / .l ll l  l            ll  l
、 》  / /,――――l __.l  ll l  l三三三三三三三三゙ニ''   ・小型捕縛用装備付きバリア発生ドローン『プラネットディフェンサー』
ニノ / / / l l l l _l__ / /  ̄ /、//////// l         10機(1機4個、2個破壊済み)
-i' / /:/ l___ l    / / ,――、 -、///////
‐' l l l // .イ l  / / //// \__`― "    r ;      ・損傷小のM型機体
  ヽ、`ニニ ィ" ̄ ̄ ̄ ヽ l///// ⌒  /        //´,ヽ
  ////////// /////// l__/〈 ;;;;;;; ノ/ ` 、   l l l ・l     ・損傷大(主に内部)のV型機体
/////// イ////////////,__ `―' ////// ヽ  ゝ-,' '
////// ///////////// _, ///////\//////\\ ‐


                                       ┐┐  _{{_    ┐
                                       i'´ _l , | ∠/|= r'´| {{_┐ _ ┐
                                       l ∟/斗∟L斗抖: ∠/|='´|斗┐,.┐
                                       |,. /´  ̄/¨¨|=≦∟L斗|i'´ l[ | ´ |
                                  ,. '´ ̄  ‐- /     `ヽ=≦_|| l[_| ´ |
                             ,. '´            `丶 '´ ├|Ν「|| |´,|'´ |
                         ,. '´ ̄   ‐-         ,. '´ |   ├|И┤| |´,|'´ |
                           ,.__'´          `丶 '´   |   ├|Ν_L イ´ |  |      ・ ツ ェ ペ リ ン
                ┐     ,.__´    ̄   ‐-      ,. '´ l     |   ||И=≦|  | ノ
              ,. '´ ≧-_==  ̄     __       ,. i´    .i|      | -=≦>⌒´ └ '´
          {≧=T「 ̄   二-_==  ̄  ,. '´  |i    l|     -=≦/
.            l Y´ }j    T「 ̄      ,. '´ ┐   |!    .|i    .,. '´ |_
.           ├|丶、   }j    ,. '´ Y´   !    |      i|!   /⊥ _|_|´                「以上だ!」
             ||   ー-   -‐ i´   =|     |   |i     l{.,. '´ ┐
            ├| 、       |     |    |   |!   ,. '/L」_|_|=                    【なお、ハッチが開いた模様。】
           ||   ー-   -‐ |   =|    |   } '´ /     ″
          ├|         |   _|    |,. '´ ,. '´
             `l 、        |    ̄|    ト、 '´
                |   ー-   -‐ |   =l  ,. _i´|_|=
              >、         |_,. '´L}'´ T/´″
          、/  ≧=- ‐=≦彡´    |_ /
         ×`  、/ ≧=-‐
             ×` /




7262 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:18:10 ID:/klOQemB



              ___
              / ./ __    フ ‐- r 、
             /  ./ }r'   /    | {.7
           / ‐.fi {  | | |`ー‐=┬ 、 L{/`ト、
            / ‐‐ゞ} r { }‐=-、  ー-rテ 、 i }
           {--‐‐ //_.i `ヽ ヘ》- _ {/ノ、ヽ」
      ,、,ィ、  {-‐≪7/ーしL .ノ  ` ‐ Y1}  〔    「サムライを”侍”として言い換えてニンジャに一言申すのは、
    /ソ_ノ `く////>//「`‐= 、__  .〈ノ〈ヽ/」
    | j   i 7´ _///}   `ー- `y'}  Y7    最初はアイザック=サンの予定だったが、
   ,イ¬`ヽ__r7777////i、    ./ /ヽ _/
 ィ´ j__.i r'´`i / ー‐//////> 、 / < \}´      前々回で退魔忍と『ランナーの矜持ムーブ』をしてもらったので
´j } / / .乂_ノ   ///∧//////>〈 /ノ
r‐ /`/====´/}7/// / ̄ ̄ ̄>-- フ       スティーブ=サンにしてもらいました。
 /、/ | ○ |ィ ̄///Y  >彡'´ _ --、\
/__/ .┴―.┘} {r'´ \'´  У-‐  ̄ ̄ ヽ     新之助=サンを外伝に一瞬でも適応できたのが自分的に良かったデース。」
 /   ノ ><ヘ {Zz、,、 Y´  >三三ニ=ヘ\_
‐{  | エ {_ノ ノ  }// ヘ `r‐‐ー‐'´     {ー-}
.i   i { レ' r‐'/∧  ヽ ヽ--=ニ三三ニ=ト、 }
.{   | レ'    {ヽ///{  }  「 ̄{´ L__ 」 ヽ{
|  | || /} i//////ヘj    ̄ _,r―――`ト、i}
|  |ノ///////////r‐ヘ   「 ̄  ___} `i
|  レ‐‐‐{//「 ̄`ー'´   }ハ  ー===彡ニニニニミ、 }


7261 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 01:15:30 ID:OaIIcdF6
ツェペリン爆発とかしないか気になる


7264 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:20:54 ID:/klOQemB



                ,r'´ ./ i  }\
              /ミ7    } .i  i .} ヽ
                7/    i i   i }  i         , -ァ' ⌒ヽ、
             ∧r‐- _rャ { //_  .})      //  ,r‐、 ヽ
                 ∧`ー _/_/` ーj「}―、j      く __\,ィ〉/ヘ  〉    >>7261
              iハヘ `ー`ニ‐-―-ュノ}       .くヘ∨彡'  〕'´
            K `ヽ`ri、___  ̄ ̄ ノ}     /'´>'`У/\ _}         俺は『騙されてここに来た』。
        /}入 ハヽ   {/ー--ヲ7ニ彡'/    イj}/ /く /∨ < 〉ヽ、ノ\
       r7'コ二 { `ヽトミ- __`'____ノ/    {イ∨^x rく_,ヘ ヘヽ }r'´`ーヘ  ヽ  だから最初からここにあるツェペリンのOSに問題はない……
     /イノ,r==‐‐Y>、j /  ̄j 7 ̄ /     ≪ネー/⌒`ヽ_〉ヘi' ヘ∨/、}  }
   __//ソ´/く,rニン‐‐‐\‐---{_{--く      {`フ‐- _   ∧/`ー-、 く)/  .}   『ハズ』だが、解らん。
  /ノ./´/ // ,r'⌒_ニ>、`ー'/∧ i      7く_/  `ヽ  }--クィ〉} く  /
  .{7;;;;{ ./ r' / ./ / , r=-<, 、 j ̄ 7 , r‐‐'´  \   }/ / {彡イ ヘ./    全く、油断できねぇよ……!!
  {;;;;;;ゝ{ {/ 〉ノ ,r7`У/`y'ン'´ ̄フ⌒ У― 、    } /r <//`ー'
  {;;;;;;}トヘ{ {{ //、 / / // //´ フ'´`    ヽ   /ー' /<く           お相手さんも本気みてーだしな……!!
  {ヘノ┐ \} { { / /、.// //  /´ \_       } ノく<///
  {´___}}` ー >乂 { { / .//  /    \    .レく 〉ーイr'′
  |Fー'冖i―――‐>-v' { { /       }  /‐L/__ム= ┴ァ―‐-、        「ミスリードにミスリードを重ねてどうするんだ、>>1!!!」
  Y‐匚ニ、  r\{_7_`7-v' {      r--'‐イ7{ (  )ハヘ ̄ ‐く.、
   |=--┴'  7 ̄ T - ニ-ミ_}>‐‐ァ―'′  { {\ ー' r‐ぅ、_〉{.、ヽ、_フ       【実は考えてないだけだったりしてな。】
  r┼`ー'Y }  ト ニニニ=-、/ ̄ 7---'′     >ー'´`ー'  ̄  ̄} .}ヽ._j
  | |ニニニ土}  {======-/  /、 ___  ‐'´.          `′           「【次回にわかるさ、多分な。】」


7265 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:22:56 ID:/klOQemB



               ―――
.            /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          /:::::::::::::::八 |::::::::::::::::::: \ :::::::',
          |::::::::::::: /\ |:::::::::::|\:::::::::\_',
          |/::::::::|/――\::::::|ー‐\:::::彡く_    「見せ場を作るのに頭をひねった子。」
.        { |::::::::| ^''===  \|==''^ |:  ̄|::::|
        |:::: N    ┌ ┐    |::::::::|::::|
         八::人    | |   ノ:|:::::八:|      まだ掌に穴開いてるんですけどー!(キッド=サンに撃たれて。)
.          /\个:..._    ̄  _..::个|/::::::',
         /::::::: \{::::: ̄]¨¨[ ̄:::::_|ノ_ :::::: ',     「そういえばそうだったな。」
.        /_/ニニ< ___ >ニニ\::::::',
       /::\二二 /‐┴┴―‐{ニニニニ\ :',    【あんなに一方的なダイスになるなんて考えてなくて、
.      /::::::::〈二二{:i:i/ ̄\:i:i:i:∨ 二二 /⌒::::',     ココ
     /::::::::::::::Υ二> {_////\:i:|ニニニ| :::::::::: ',    工場でようやく合流かと思っていたんだ……!!】
.     /:::::::::::::::::::|こ/ ̄ ̄|`\///人ニニニ| :::::::::::: ',
    /::::::::::::::::::::人_{__ |―‐>ー/[\Λ」:::::::::::::::: ',
.   |:::::::::::::::::::::/二「:i:i:i:i:|≫≪|:i:i:i:i:iΛ| ::::::::::::::::::::::::: }
.   |Λ:::::::::::::/ニニΛ:i:i:i:|    |:i:i:i:i/ニ\::::::::::::::::::::::ノ


7267 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:27:50 ID:/klOQemB



                、丶`::::::::〕h、
              ..::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /
               /:::::::::::::::: l::::::::::::::::∨ /
             .::::::l::::i|:::::::|八:::::::::::::∨     「最初の予定」
             |:::: |::::i|:::::::|  \::::::l:::.
             .::::::{:::八:::::|斗ャ }::::|:::::.
               .::::八 vソヽ{ ィツァ::ノ):::.     【工場にて】
           ⌒7::::\(   ,   }::/::::::::.
             .:::::::::::\  _  /::::/:::.     また会ったな、ランナー……!!
            .::::::::\:::::)h、 ィ({::::::/::::::::v/
            {:::::::::::::::ノ===== {::::. _::::::::V/     「からの」
           ) -=匕  、    .::{  ヽ/i:i:"''<
         ノ::(:: :/         Yリ   }i:i:i:i:i:i:i〈ヽ⌒7
        ⌒7i:i:i:〈      __ノ{    {:/Vi:i:i:i:V∧〈 、


       |!:::::i::::::::::!:::::::\::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::_>=、::::::::::::
       |!:::::i::::::::::!::::::::::::::~''<___\:::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::/´ / ヽ ∨:::::::
       |!:::::i::::::::::!:::::::::::::::i| ://,。≦示ア∧:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::i ./__   ,  ::::::::
       |!:::::i::::::::::!:::::::::::::::i|イ7込   リ  ∧:::::::::::::::::::::::!:::::::::: ! {  \    ,::::::::     コチラ事、殺す気か!?
       |!:::::i::::::::::!:::::::::::::::i|/i{ 仞   /   ∧:::::::::::::::::::::!::::::::::::! )    / .}:::::::
       |!:::::i::::::::::!:::::::::::::::i|Ⅵ ら!  ,  u ∧:::::::::::::::::/:::::::::::::i __,イ/::::::::     くそッ……おい、ベルウッドのランナー!!
       |!:::::i::::::::∧:::::::::::::i|ヽ 弋} ノ     ∧::::::::::::/ .!::::::::::::!/   ,イ:::::::::::::
       |!:::::i::::::::::∧::::::::::λ }  ソ´      }:::::::::/  }::::::::::::! __,イ:::::::::::::::    協力しろ!!ここを出る!!
       |!:::::i::::::::::::|::)h、::::::::∨         ,:::::::, '   !:::::::::::!/: : : :i::::::::::::::/
       |!:::::i::::::::::::|:::::i \::: ∨       /:::/   .i:::::::::::!: : : : :.i:::::::::::/:::
       |!:::::i::::::::::::|::::::<   \:}      -=彡      !:::::::: i     !:::::::/::::::    「こうだった気がするが……。」
       |!:::::i::::::::::::|:::::i )h、  i    _    }       !:::::::::'    !::: /::::::::
       |!:::/:::::::::::::!ヽ∨  }h  //  )  し     i::::::::'     !::/::::::::::
       λ::{ ∧::::::::! ヽ、   ~~`:_/ '´         ...i::: /     /::::::::::::
       ∧〕 ∧:::::i       i::{         /....':::/     /:::::::::::::::
           ∧:::!        .i::::ヽ         /イ~/::/、     ./::::::::::::::::::
              ∧i         !:::::::}     /'´::/ /,イ  \  /:::::::::::::::::::::
                      |::::: 乂_/::::::::::/ /'     /::::::::::::::::::::::::


7268 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:30:24 ID:/klOQemB



                 '::::::::::::::/::::::::::::::i!::::::::~''<:::::::::∨::::::::::::::::'   【現実】
                  ':::::::::::::::':::::::::| ::: {!::、:::::::::::::::~''<∨:::::::::::::::'
                 /:::::::::::::: |!:::::::::!::::::{!::::\:::::~''<:::::::∨:::::::::::::::'
               '::::::::::i:::::: |!:::::::::!::::::∨::::::``~、、``~,::::::::::i:::::'      人気のないところで寝てたら手を撃たれた……。
                  //Ⅵ:::: {::::::从\::{Ⅵ、∨:::::::!\<´__〕!二:::::>i::::::'
             //  ':::::::∨::::'ィ示≠≧、ヽ:::::{ ィ示し仞ヾ: !/ア::::::''      痛い……。
              //   '::::::::∨: ⊆らzタ   ヽ::::,  匁zら⊇:::{ノ::::::::::∨/
                {/    ∧::::::弋∧  /i/i/i/  i.\、/i/i/i/.ノ:/}! ::: i:::::: ∨/   ナゴヤ怖いところじゃんッ……!!
                      ソ:::::/〕iト、         _,,。イ:::::::::::::i:::::::: ∨/
                     /::::::/::::::::iヽ     (__)   .ノ:::::::::::::::::: !:::::::::::∨/    オトヨにも騙された……もう裏切る……!!
                      /::::::/::::::::: !::::〕h、      ィ(:::::::::::ノ::::::::::!::::::::::: ∨/
                 /::::::/:::::::::::::!::::::::::::| 〕iト ィi〔 !:::/:::::::::::::::::::}::::::::::::::∨/
           /二ニニ=-、::::/:::∧:::::::!:::::::::::从=======λ::::::::::/:::::::::::ノ>''~二二〕h、    「違いは有れどこうなっちゃったから……。」
          ノ-=ニニニニ {:::/ニ∧:::|:::::::::/三三三三三乂::::/::::::ィi〔ニニニニニニ=- 、
    -=====彡ニニ{ニニニニi/ニニ Ⅵ ィi〔´~~} ̄ ̄ ̄ ̄/:::::ア::::::)__ニニニニ/ニニニ=-    【気づかない程深く眠ってたのかな……?】
  /-=ニニニニニニ\ニニ/ ̄   ',!  ̄ ̄ヽ!  / ̄人:::/::イ´___)h、>''~ニニニニ=-
/-=ニニニ/ニニニニニ``~、、_>、  ,。====、___弋:У:::ノニニニニニニニニニニニニ=-


7270 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:34:01 ID:/klOQemB



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     私がダイスに直接勝負を仕掛けるときは
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l     『ダイス目で負けようとも引き分けに持ち込もう』
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i     としますが……。
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´


         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     キャラにダイスの勝負をさせると
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l     『 圧 倒 的 に 負 け る し か な く な る 。 』
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i      ルナマリア=サンが出て来たりキリコ=サンが生えたり。
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´      「圧倒的クリティカルグリッジで生えた2名のキャラ、まだ忘れてません。」


7272 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:37:09 ID:/klOQemB



  l        / / /  ヽ'、 ト, '、   \  ヽ
  l ,!      ∠/ /--..,,_','ト, ヽヾ'、 __,,...>、 ヾ',   !
  l ハ     / /,.ィ≡ミ、`ll ヽ ', `´ ,.ィ≡ミ、 ヾ! /  |,     「狙撃班(犯)。」
  l ! l  l  ヽ〃 / ノ::}` ヾ', ヾ',   ´{  _ノ::}`、|∨   l l
.  リ  '、 ヽ  ヽl トイ:::::j   ヽ       ヾr':::::シ  /   ,l l}
     ヽ ト、 ', -ゞ='‐        ‐ゞ='‐'  /  / l /     マニュアル通りにやったけど、タイミングがずれちゃって……。
      `r! ヽ '、       l::::::::::      / /   l´/
.       l |   ヽ'、        ,          , ' ,.イ   l/
.       l l   トヽ、     '_       /// /   !    「この後狙撃班から外されたりムラハチされたりイチカ=サンの仲裁でちょっと『許された……!』
       l ,l   、 >、    -=-    /'´ ,.イ/,イ   l|
       l/l    ト,{ 、ヾヽ、  ー‐   ,. ='"´/´/   ハ!    したりして現在警備部隊の前衛です。(適性アリ)」
      / l|  l .', ` - 、`ヽ、  _,. 、'´-‐''"  /  / ! ′
        l ト,  ', ',  r、` !' T !´,イ    /  /l /      【どうして狙撃班に抜擢されてしまったのか。】
        ヽ!ヽ ',‐ヽ ヾ ゝl l l〈 'ィ   /  /、リ
       _,.-―'ヽ ヽ \ヽト l l ! l / _,,../ /   `丶、


7274 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:41:13 ID:/klOQemB



             〃   /  /   l|   :i!   l ',  i   ',
             { {  _/ .i|  |i!   l|   /'l l  |  |   i l }
               { {,/ / f^|  |从   l| l|/ l l  |: /|   | | |
               |  i`ヾ|!/ _凵 _`、  l| l|   l 厶l.,|:/ |   | | |
               | i  | ´ リ八 `\j| リ ´ |/ |ノル' |   | | |       「最近入った彼女の事はどう思いますか?」
                / :|  | ,x===ニミ     イニ===x |   | | {
            //|   ゝ《 .{r今f}       {r今f} 》 }/ : | |.厶     お、オナシャース……。(最初のアイサツ)
.           -‐=≦彡|  r{`ヾ゙ ̄¨   ,    ¨ ゙゙̄ ノ  .l| |ミ≧=‐-
                l|  |r 、ヾ: : : :       : : ://:i   l| |
                l|  {:. 〉.    、― ァ  u  〈〃 ∥ l
               从   ∨从>.    ¨    イ : /  ./  /
               \. ∨斗 寸   ‐  .j"〈tル/ /ノル'
             √  ̄ 弋ヾ    ヽ.    {/ ゝ//
            ∧ ヽ   ゝヾ    >、r彡  ´ ヽ_
.             ,'   `、   Y´ ̄二=≠≧=- 、ノ    `ヽ


  l        / / /  ヽ'、 ト, '、   \  ヽ
  l ,!      ∠/ /--..,,_','ト, ヽヾ'、 __,,...>、 ヾ',   !        どうも何も私達からしたら後輩だけど、
  l ハ     / /,.ィ≡ミ、`ll ヽ ', `´ ,.ィ≡ミ、 ヾ! /  |,
  l ! l  l  ヽ〃 / ノ::}` ヾ', ヾ',   ´{  _ノ::}`、|∨   l l     『枠的にも立場的にも上司』ですよ。
.  リ  '、 ヽ  ヽl トイ:::::j   ヽ       ヾr':::::シ  /   ,l l}
     ヽ ト、 ', -ゞ='‐        ‐ゞ='‐'  /  / l /    というか前ギンガナム=サンとの訓練みてましたけど
      `r! ヽ '、       l::::::::::      / /   l´/
.       l |   ヽ'、        ,        u , ' ,.イ   l/     私達じゃ『痛い』で済まない威力の攻撃受けてましたよ……?
.       l l   トヽ、     '_       /// /   !
       l ,l   、 >、    -=-    /'´ ,.イ/,イ   l|      そのあと泣きながら立ってましたけど……。
       l/l    ト,{ 、ヾヽ、  ー‐   ,. ='"´/´/   ハ!
      / l|  l .', ` - 、`ヽ、  _,. 、'´-‐''"  /  / ! ′    「ニンジャはニンジャ、ハッキリわかんだね。」
        l ト,  ', ',  r、` !' T !´,イ    /  /l /


7276 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:45:39 ID:/klOQemB



       i/::/::::i!/::!!::::::::::::::!:メ! ヽ:!ヽ:ヽ:::__ヽ__:::::::::::::::ヽ:::::x      ヽ:::::::
     /::://::::::i!:::::!i::!:::::::::::i,:::{` ヽ!z≦二,:::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ:::::`::x     ヽ::
    /ィi::/::!::::::::!:::メ,{{マ:::::::::!≧彡ィ´,=、  気x、ヽ:::::::::::::::::::ヽ:::::::::`::x    ヽ  ← 反応が面白いから意味もなく勢いよく後輩の名前を呼ぶ先輩
  ー ´  ./:::!:!::::::::!:::芹汽,::::::::!ム{ニ',  {ソ   /ィ'`ーヽ:::::::::::::::::∨:::::::::::`ヽ
     /:::/::i::::::/!::《 {ソノヽ:::::!ニニ≧ミx___ ,.ノ    }::::::::::ヽ、::::::∨::::::::::::::i.ヽ
     !::/!:::i!::::!:::マ'_!´   ヽ:!      ̄     ./:::::::::/`ヽ、::∨:::::::::::::ト ヽ    幸子ォ!!
     !/ i:::∧::!マ、! ヽ    ヽ          /::::::/ zr=="ヽ::::∨、::::::i!ヽ-
     ! .!::{ !:i:{ ヽ ___           /_,イ  !: : : :}:ヽ: : i}ヽ!::::ヽ:::!     食堂で飯食うぞ幸子ォ!!!!
      .ム:! !:::i   i二二二ヽ       ̄ ̄    }: : :/:  ヽi!:::::::::::::ヽi
        ヽ.!/ム  i}: : : : : : : :ヽ          ノ: : : : : ) 丿:::::::::::::::::i
        /' iム  !: : : : : : : : :.i}        /: : : : : //::::::::::::::::::ハ:!     「そんな後輩で上司なニンジャの日常風景」
          /' ム  i: :>´____, t!       '    ,.:::<::::::::::::::::::::::/ ヽ!
            ∧ `ー‐‐‐‐‐ ´       r--=!<::::::::::::::::/:::!ヽ:::::!'
             i} -==-     __,z<´: : : : :/::::!::::::::::::::!i::::!  ヽ!
             .i、__.: : :<: : : : : : : : : : : : :./ィi::!ヽ::::::::::!
               フi `ヽ: : : : : :ri ̄ ̄ ̄ ̄>z/ ̄ ̄


             __ -――― __
            /⌒ヽ    /\  \ミ、
             , /⌒     ⌒\,   ',\
          /〃   i{   {   i{   !   ', ', ← 何か別件で呼び出されたと勘違いする後輩
           l i{   ∧  {   i{   !    i{
           l从 /V  v八   ハ/Ⅵ    i{  |     ヒエッ……!?
           | i{∨{ x=ミ  \l-=ミx,}に二]ハ
           {に Y f笊::::::::::::f笊 Yニニ ]  \!                   (パワ……ハラ……?)>警備部隊=サン
         /  ヒ二}  vり     vり ノ⌒ |\  \
          厶イ | 八        /l    |  \/^`                  (どうなんだろ……?)>警備部隊=サン
         ⌒J  个s。  ' ’ uィ]    | |`Y
           }   |\ ≧=‐r ´   }/^vハ!
           レ\}  v}/ 」   ノ⌒圦      「この後普通に定食食べた。」
              ィ'⌒\    /     、


7277 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 01:46:35 ID:OaIIcdF6
カワイイ!

7279 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 01:47:45 ID:/GiDJfLq
カワイイ!!


7280 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:49:05 ID:/klOQemB



              /::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::ヽ
               /:/ィ:/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:/:::::':::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::/:::,'::::::::::::::::/:::::::/λ:::::::::/イ::::::ハ:::::::::::::::::::::::ヽ    「別の風景。」
           ,イ:::::/:::/::::,i:::::::::::::::/::::/'::/ i:::::/:::::::::/ ':,:::::::!::::::::∧、:\
          ,:':>'/::://::!::::::::::::斗七7ァ‐ミi:::::::::::::≧ァ=-',:::::ハ:::::::::∧ ``ヽ
          '"´ ,':::/:':::::__!:::::::/::/zz≧、  i:::::::::/:::/_____ }:::,':::::::::::::∧
            /メr":::/ィ:':::::ハ:i!〃 う:Yiヾ! .':::::://ィr'うメ ヾ!ハ:::::::::!、::∧     あ、幸子。
               !::::::{ 〉',:::i { ヾ マrタ   ':/.!   frzリ ./!:ハ::::::::! `マ∧
               !:∧::、(ム:i     ´   '´  {!    `   ハ ハ:::::i    `    これ頼むわ。(オトヨのIT系からの仕事を振る)
              !' ∨\_,{、           〉     ハイ::i ヾ:',
                 〉::,、::::!、_________ム__ヾ!___      あとこっちの、俺も見たけどおかしいところある?(経験者の意見を聞きたいだけ)
               // j:::::i: ,                       `
                ,------,                       '
                fニニニ,                         '


             __ -――― __
            /⌒ヽ    /\  \ミ、
             , /⌒     ⌒\,   ',\
          /〃   i{   {   i{   !   ', ',
           l i{   ∧  {   i{   !    i{
           l从 /V  v八   ハ/Ⅵ    i{  |    (クッソ真剣に見直して)
           | i{∨{ x=ミ  \l-=ミx,}に二]ハ
           {に Y f笊     f笊 Yニニ ]  \!    ないと思います……。
         /  ヒ二}  vり::::::::::::vり ノ⌒ |\  \
          厶イ | 八       u/l    |  \/^`                そっか。>
         ⌒J  个s。  ' ’  ィ]    | |`Y
           }   |\ ≧=‐r ´   }/^vハ!    「適性の系統が似ているので
           レ\}  v}/ 」   ノ⌒圦
              ィ'⌒\    /     、    似たような仕事もやれる。」


7281 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:51:18 ID:/klOQemB



             . .-―-. .                           ______
.          ┌≦: : : : : : ミ: : :丶                     ‐-        `
        ./|: : : : : : : : : : :`丶: :\               //⌒      ⌒\  \ \
       /: 八: : :\ : : : : : \‐一: :\             / ´           ',  ヽ
       ,: : : : :ヽ: : :、゙斗<: : : \: : : 、            /        /       |  「 ̄`~〕
        .八: : :.|斗\: 、≠以> ト、=ミ: : : 、         /7´    -‐‐ :   」 斗-- Vニ二,   :    「コトダマ空間とUNIXへの適性MAXな
      /:イ \ { f以 \、     i/ ヘ .〉\ :、          |   ´| ./ /|: |  |  |、    f´_/
     / Ⅵ: :\ 〈   `     __/: :! \、         |  l  |/|/八 |  ト、/ \|\|   |   '.    ニンジャ2人が監修するオトヨの製品とか、
        ヽ\{‘、  ___    / 川L           /|\l\|‐┬..┬_,,/  ~下 丁 |   |   '.
              丶 ー一’ . _,. ≦: : : L_,. .         /ァ|   . :  :::::::|      |::::::| /   :\   \  バグ見つけるの大変そう。(RTA走者感)」
              ヽ _,.<  }: : : : : :/∧ _,∠⌒ 、   厶 イ .: :l 乂,ノ       乂,ノ /   |_ノ 「 ̄ ̄
                <∧ |: : : :/ : : { ̄| \  丶    |  V '' ''         '' '' 厶イ: |  ;
                 >:}:|: /: : : : : |  |  \  ト、  i|  :ト     マ  フ   l |  八/
                ,/:∧!: : : : : : /  :|    \∧ 、八  |  { ≧=‐r┬‐=≦lノ厶イ
               /′/: : : : /  、 {    /ヾ  、 \|/∨   { ̄只⌒}∧
             f / : /: : : : /ー―‐┐ 、   ´   ヾ  、      /く_,/::::ヽ_,〉:::::.
            小 ̄7 : :.:/      8 |  `ヾ     ヾ  、    //.:/:::::::::::::|:::|::::::.


7283 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:54:08 ID:/klOQemB



                / ̄ヽ
                 { : : : {   /⌒ヽ
            __r'⌒ハ:_:_:ノ⌒V: : : : : :’,__ノ⌒ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'
          /: : /⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.        , -=彡: : {: : : : : :<^^T : : : : : : :_:_:_:_:ノ⌒⌒
       __{: : : : : : 人 : {::::::( l  {__: : : : :ノ:::::::::::::::::::::::::::
      / : : : : : :_:_:_:_{: :乂:::} |    `¨て::::::::::::::::::::::::::::::::    「比較的和気あいあいとしてますね。」
    ノ: : : : : r'::::::::::: Y_)ノ _______\:::::::::/::::::::::::::::
  /⌒:_:_:_:_:_:ノ::::::::::::: }'"└}  `ヽ└┴'"〈::_;;イ::::::::::::::::::     鉄火場には出るが、そもそも私たちはオトヨの社員という「共通の組織の人間」だぞ?
  {_/::::::::::::::::::::::::::::::::::{   |       \__ j:kノ:::::::::::::::::::
   >:::::::::::::::::::::::::::::/::∧  ヽ -       {{::::::::::::::::::::::::    当たり前だろう。
.  /: : ::::::::::::::::::::::::::::/::∧  _ __ ´   八::::::::::::::::::::::
  { :::::::::::::::::::::::::::::::: __∧ ´ ー‐ `   /   マノ⌒⌒⌒    給料を出すのは会社、その会社の利益になることをする前提。
  `¨て:::::::::::::::::::: /  / ∧      /     ‘,
     (:::::::::::::::/    _ト┬─<   /    \}       それには『社員全員の協力』は必要であろう?
      `ヽ:::::/    ./ ノ \     /     ノ
       乂{    /____   / ∠____ /        給料にも待遇にも不満が出ないカチグミ企業の平社員なぞ、牧歌的なものだ。
         ∧    |.  i  `ヽ /       /
.         /∧   |  }}/  〃 ‐‐‐   /
.         /∧   |/}}   /____   ./        /
          / /\ {   i  / ̄  /     ,.<//


7285 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 01:57:27 ID:/klOQemB



.   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::;;ノ  \ノ ヽ:::::::::::::::::::::::::::l      W:::
`Z彡::::ノム::::::::::::::::::::::::::У ̄`¨´て__  M ∧ ハ::::::::::::::::::::::::Mハハ   イ:::
:::::::::://V::::::::::::::::::::( ̄           )ノ::::V::::\ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'::::::::
:::::::::`ソ:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        \人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    「ちなみに御大将、お仕事は────?」
:::::::::::::)::/二二W:::::::::::::ノ } /  /二ニミヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::/V (::::::::::::::;へ( ̄    、// rッУノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/W八__人_ノ____ノヾ^ 〈  ̄  ̄   `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ニンジャを含む警備という『部門』の『部長』だぞ私はぁ!?
∧∧ハ:::::::::::::| // ̄マソ  '    ‐- _   ⌒) ̄ソ`ヽハ::::::ノ)::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::' /ム ‐ニ二   | __ノ           |て     `´ (::::::::::::::::    通常業務では書類の山!それ以外は訓練!
::::::::::::::::::::::::::ム           l ハ <         |ノ圦_  ∧  ヽ:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::/ム     /    , -‐ニニミ ヽ  u |_///::::::V:::::W\(::::::::::::    それだけにリソースを絞って何が悪い!?
:::::::::::::::::::::::://ム  /    /r==三三三ヽ }    | マ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::://∧    ヽ  |三三三三三i}     .| マ// ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::    私も真面目に働いておるわ!!!!
::::::::::::::;;;;/ ノ/∧.      |/ ̄     У    '   マ/          \
:::::::iレ´  イ:::\__ノ丶     \_ -‐ ´    ′   ′
:::::::|ハ (:::::::::::::::::::/∧\     ─=ニ    /     マ 〉            「彼らはギンガナム=サンよりも時間に余裕があり、
:::::::::::::∨:::::::::::/ ̄ \.\            /     V
:::::ミ:::::::::::::::/       ヽ >   __   イ      /             特化した別適性の仕事があるのでそれをやっているだけです。」
:::ミ:::::::::::::/          }              i      /


7286 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:00:20 ID:/klOQemB



                      __
                ;⌒ヽ_{:::::}_,-v⌒ヽ_   _
            ,::´: :`Y::::::::ヽrゝイ:ノY⌒::、_::Y: : :、 _
           ムィ7:: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::´: _:_:_:_: ヽ
            厂r:':::::ム::`ー::7:::::::::::_::_::::::::::::::〉: ノ:::::::::::ヽ: }
          _{: ::'::::::::::::レ^:´::ヽ: ノ´  {::_: : :彡.:::::::::::::::::::::〉:`Y
      ,::´ : {:::::::::::::::::::::::::::::トイ‐ェ、| ,ェ‐Y>::::::::::::::::::::::::八: : :`ヽ    >>7284
      ゝ{ヽ:ゝ:::::::::::rィミ:、ノハ ー i! ー ,ト、:::::ヘ::::::::::::::::::::::}:::ハ : }
      ノ: :}:::::::::::::::::::| ! `Yr' '. - 一/ |`Y´ '.ーミ、_:_:::::V::ノ: (    それも確かに健全な『社会活動』だな!
     {: :_:ノ:::::::::::::: イ!.|  .i! 、 ゝ ィ  , }   |  }//ヽ:::::{: : :ヽ
    〈: '7:::::::.ィT´   i!   '.  ヽ. 乂 / _」  .}  ////ハ:::::ヽ: :ノ   だが私に限っていえば『昇格』に執着はない!
      }:{:::, ´/,八    '.   ー-     ´  } / , '////≧、::ノく
      {: :〉/////ヽ、   ヽ  ヽメ   ,≠/ ./  l////////ヽ: :}    ニンジャの本質はイクサ!カラテ!
    く: :{////////\   \  \ i! ./ / ,イヘ////,ヘ//⌒ヾ
     Y: )///////ハ/Y´7ミ.、 \  ヽi! / / {《 ノ// /ル 〉´  八    これが出来ぬのはニンジャではない!!
      `/////////}/{、// ノ  `ー 、Y , '   Y///'/〈〉/, -一  ヽ
      〈///////////`¨´      Y    ///, /〈〉/ノ 、    }   私はそう思っている!
      |`ー―- イ'::∨//∧        }    ///, /〈〉/ム   ヽ ,ィ
      | {    7、: ::∨//∧     |  ///r‐/〈〉/、     /    故に『私に昇格も降格もない』!!
      / `ー 、./ >:::}////ハ      !   |// |〈〈〉/!ミヽ> ´
     ハ    〈   Y:::{`<//∧    |   {>'イ/∨/| /´        なにより、今のオトヨに────
     ,       }  .乂'>.`ーr ュ―一 ´>ムL///」/
     | { `ー- イ  ノ//// `ーL..|―一 ´  ヽゞ‐ ´


7287 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:02:44 ID:/klOQemB



                                  _  /⌒ー=ミ
                          '´ ̄⌒ヽ_{::} ノ : : : : : : : ‘,
                        /: : : : : :::::(:::::⌒::::::::: : : : : : : \_
                     (_ノ: : : : : : :::::::‘,::::::::::::::::: : : : : : : : : : : :\
                     >: : : : : ::::::::::::::乂::::/^"ヽ:::::::: : : : : : :r'⌒
              ノ⌒ー==彡: : : : : :(::::::::::::ノ_)ノ __乂::::::: : : : : :`ー==ミ      私より強い、ニンジャをまとめられる
             /: : : : : : : : ::::::::::::::::::::):::::::::K rュフ r' rュ7て:::::::::: : : : : : : : : : ヽ
            (: : : : : : : : ::::::::::::::::::::::八;;;:f^)ノ/ J  ヽ 从;;:::::::: : : : : : : : : : : }     『人物』はいるかな?
             ): : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::{ 〈|     ´`    .kノ}:::::::::::::::: : : : : : : ノ
            /: : : : : ::::::::::::::::::/ ̄\:\,    -=ニ=-   |イ:::::::::::::::: : : : : : :く_ノ⌒ヽ   ニンジャでなくともよいのだぞ?
         __ノ: : : : :::::::::::::::___<      \∧           /:::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : )
         ノ⌒ヽ: : : ::::::::_/ ̄\///\     _ノ\       /{_____/ ̄ ̄\ : : : : : : (__ノ   ん?
             ): : ::::::/⌒   \///\   \  ー‐<  .|     /       \ : : : /⌒
             (: : / ̄\__ノ  \//∧__ ‘,      ∧         ノ     .}: : : :}
.        / ̄7   }  {       V//∧  マハ ̄`ヽ  '  \____/     /: : : /    「ニンジャを率いるに”値する”人物は
       〈   /__  Y   ー‐  \V//∧  マハ. \/     ´    /     /\/
       /!  /⌒   /ノ        `</∧  マハ/\  ::,  __/    ./ ///ヽ     現状彼であり、ニンジャという身分は
.      / | 〈___/   -─         ̄\  \\ \ :::,  ̄/    /  ////.∧
.     /  |   |___/  /     r=ミ     \  \\    ::, /  /    / //// ∧   オトヨでも退魔忍でも『特別階級』なのだ。」
    /   イ   |=ニ   ∠___/}// \__ノ^ヽ \\ ヽV  ./   ////.}///∧
.   /   .ト八_ノ   /      / ////// {{ /∧ /}.   \\./  /  .r─ミ/// //////}   【人もシステムも適材適所だな。】
  /    /   `ー==彡        //V////八// Vノ     \{_/   .{{ //}/// //// /
.  乂__/     ‘,       ≠ ////\三三≧==<二ニ=─ |   __乂__ノ////// 〈
           \__   ////////////// ∧        |     ⌒|///{-───‐/^ヽ
              `ー==</////////////////∧        |       ∨/∧     /\_/


7289 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:09:53 ID:/klOQemB



                /   ノ( /  Oヽ\-< \
                  〈   人  / ((__ ノ __\ )   ヽ
                \斗―――――――<ノ   ノ             「なんで退魔忍はこうなれないんですかねぇ~……?」
               ( ̄ ̄\__) へ_彡' ⌒)    〉―― 、
              / _)/:. :. :. :. :. :. :. :. \ -=彡〈__  )
                (>/ ':. :. ' :. |:.i___:|_:. :. :.|:._:、_:. :. :. :へ_ / ̄ ̄``丶、     じッ、実力主義で、力があればしっかり認めてもらえる職場よ……?
                (_ | i:. :.:.|:. :.|:.|:. :.|:. :. :. |\:. :.\: i:. :.|:. : \`丶、    >
                | |:. :.:.|:. :.|x≠ミ:、:. :. :x≠ミ、:. :|:. 人:. :. : \:. 〉 /      「でもギスギスしてるし結婚率低めとかぁ~……?」
                | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :. :. 〈 )' /
                |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :. :(}:) 〈        だとしても皆幸せに……
                |  \:. :. :. :\   、 , u イ:. :. \:. ――:.)   )
                 〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)∨ /       「オトヨは早めに会社側がお見合いとかセットしてぇ、家庭を持たせてるのにぃ~?」
              / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨―
             /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒                   ウチは女性重点の企業で……
             \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、   - ――…・・・=ニ二}
              ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――――――――――=7     「でもまひる=サンは相手捕まえたしぃ~ニンジャだけどぉー。」
              \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・・・…--  _ ) (_ノ/
         _  -=-  ≫'   /  /  |   、   ≫ ,,       _ノ =ミ⌒      そ れ を 引 き 合 い に 出 さ な い で 。
    _ -=-  )し ≫'    /    /   | |     \      ≫ ,,  <( ( /  /
 -=-<_ `¨´x=ミ      /    ,_  | |⌒)   \ =ミ ⌒ (⌒) /⌒ヽ ノ  ノ⌒Y⌒
   \ノ   O(   )   / O)   / \  / ≠ミ //ヽ /――=彡\―― 、 _( -―-     【退魔忍がこうなっている理由はメガテンのカオス的
      ̄\   7 /、\  / ⌒ヽ   | | (_ ,ノ ̄乂 /         \   \     \
            ̄   \ 〉 /  ̄\)   | |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ―――=ミ    \   \     \ 組織運営が原因かもしれないね。】
              ( 〈 \ 〈人 ) -=彡 (  |  )   \      \      、   \
              (⌒ヽ   〉 \ )    ) | (     \      \    \   ヽ


7290 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:12:27 ID:/klOQemB



                 _ == __
               ,...:':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                 ,.:':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i::.
             /:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:/ .\:i:i:i:i:i:i:\
               ':i:i:i:i:i:i:i:i/.|:i:i:i/ _ /丶:i:i:i:i:i::i(       「お館(様)!退魔忍の結婚率が!(パズー口調)」
            .{:i:i:i:i:i:i:'_|/ 不歹 }:i:i:i:i::i|
            八:i:i:ii/ヒツ |      |:i/ }i:i|        (私の目的にあまり関係)ないな!
              \:iゝ,   i       /:i:i|
               \(   _  ノ   イ:i:i:/        【改善されない最大の理由:現状でも組織が回る上に
                     \        ' .|/
                    > _/ i |                           そもそも改善しようとしていない。】
                 _ -=ニ}     .|=-、
               _/ニ/ー     / .トー、ニ= 、
         _ ---=ニ/ニニ':::::::::::.....  '  ........:\ニ\- _
       /ニニニニ=/ニニ':::::::::::::--::`:::::::::::::::::::.=\ニニニ=- 、     _,__  ト、
       'ニニニニニニ>ニi::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::ニニ\ニニニiニ      { ヽ\ ヽ \
      /ニニニニ|ニ=/ニニニl:::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::.ニニニiニニニニ,    '. \ '. } i{フ
.      'ニニニニニ=|ニ∨ニニ∧:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::.ニニニ'.ニニ|ニ=,  「i '.   } ∨ .}
     /ニニニニニニ|ニニ∨ニニ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ニニ'.ニニニニト、 i .\i     /
    .lニニニニニニ.|=ニニ∨ニニ∧::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ニニ'.ニ.|ニニiニ| ヽ     //
    jニニニニニニ|ニニニ∨ニニ∧::::::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽニiニ|ニニニ\ i     /
   r-'ニニニニニ=ヽ|=ニニニ∨ニ=∧::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::|ニ,.|ニ.iニニニニ}  .   '
  ./ニニニニニニニイニニニニ.∨ニ=∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iニニ',ニ.|ニニニニ|i    /
 /ニニニニニニ/ニ|ニニニニニ.∨ニ=∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lニニニ,..|ニニニニi    i
./ニニニニニ/ニニ.|ニニニニニニ∨ニニ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::'ニニニニi|ニ/ニニ  ., イ
ニニニニニ/ニニニニ|ニニニニニニ.∨ニ.|::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニニ|ニニニニ, ./ニ|


7291 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 02:13:56 ID:OaIIcdF6
まひる=サンは本当に強かったww
ナナ=サンですらままならんかったからね


7293 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:21:09 ID:/klOQemB



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : :.
        ,: : : : : : : : / : : /: :.:|: : : : : ハ: : : : : : : : : .
       ,: : : : : : : : :!: : :/ |: : l: : : : : ; マ: :.!: :.!: : : :.
       /: : : : /:/: /|: :./ }: ,ハ: : : :/  マ: }: :.|: : : : .
        |: : : :,イ:.:|: :lイ:/´ j/  |: : :/ --l:/、: :|: : :l: :l     「退魔忍という組織に居て『相手を見つける』というのは
        |: : : :.:|: :|: / l/,.ィtォ、   !: /  __/  ',:.j: : :}: :!
       {: : : : |: :!l:! ィチ-'刈   l:/   'ら心、 }イ: :./i: {     『持てる技術をしっかり活かせば』可能なのだ。
         Ⅵ: : l: :|  {弋(zソ      弋ーノ } l: /: |: |
          }: r-、: |          ,        ハ{: : |ヾ、     彼女が『戦闘班』というわりとあっさりした、尾を引かない仕事と性格をしており
          |: {(、Ⅳ    """       """  {: ヽ: |
         /:ハ{ (、                    ハ: ∧|      そして『根は自分の利益だけを追求する人間ではなかった』のが大きかった。
         \_,        rっ     /ノl/  !
           }: : \           ,.ィ:{          最初は退魔忍らしく『組織の利益を追求して誠=サンを追い詰めた』けど───」
           |: :ハ: :.>          イ:./ヾゝ
          /イ }: i   `_ー ´-┴'-- 、
              |:_|   /         /


          / /   | / .!     ,' ',  .|  〉oトz=|   |
         ,' /    /|./-‐| ',    ト __', .|V `´|`_,」 ! |
        , / l  ! ! |′、 l !,    ! __', ! |   /  ̄| |/
       / |  l |ィ'"「ハ ', l ',  .f'"「ノヾリ l  /^Y   |     「途中もまた退魔忍らしくただ快楽を求めて、
            | ∧八 Vノ ヽ ', /  Vソ )' /i^ ム、   '、
            | /| ハ `¨      ′ `¨ ´// ' / / ` ー     でも最後はただひたすら『最終的に自分のためでも』、
            /   | """  `     """ ´ , イ /
              八           ,.イ_ | |         『誠=サンの為の利益』を追及して行動したからね。
              \   `  ̄ ′ _/ ´/ ∧|
                    >、   _,r ' ´, -‐┴' 、          退魔忍の組織の在り方での利益の追求では
                 ,-ヘ   ¨l / /, '´ ̄` 、',
          _ /´ヽ /  〉/_/// ,     ヽ         『周りは去る』。でもそうでなければ、『彼女は尽くす、尽くせる女性』なのだよ。」
      /-、ヽ、 Y´), -‐'^ヾ,/,' /         |
     /´ _`ヽ) l !〉/!.ハ ∨ /       |
     ./  ´_ ヽノ   //レ'| | lノ /        ,' !


7294 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 02:24:03 ID:OaIIcdF6
誠=サンとのいちゃいちゃは好き
もっとやって!


7295 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:25:43 ID:/klOQemB



      , -- 、                  r 、 _
     〃⌒ヽ }                 r 、   | |j |
    ″__,.人'-< ̄`ヽ        ヽ \ } |! !
    ,∠!    \ \ ヽ \      r 、\ ヾ '  |         生活に必要なことは何でもできるし、尽くす女だぞ!私は!
   ,イ |    } , ヽ.   '      \`ヽ /⌒f }
  / | | l |  !レ仏._ヽ} ', }        `{  {   }'       さぁ。(迫真)
  | i  _L⊥ト、 },たフ'Ⅵ\∨     _√弌 `冖二L_
  i|l  l たナ`}/ 、   }ヾ }/、________ / \ ク>Z二二ミヽ、_______     「彼女ですら家事も礼儀作法も料理も一流だからな!?」
  Ⅵ {  ヽ ´     - .ハ/`ー ── _〉x、_/ (/    `V  ̄ ̄`ヽ \
_l {ヽト、ヽ\   ´  /\}__ ___ムミ`ヽ/}_zZ二二二ミ}        )ノ}
⌒ヾ〉 i l\ト、\‐- -'rニミ<zへ_ `>'    \\ Y´     { __________
   .ノ,.イ | r ┴'´‐┴<≧∧ 〉ミ≧、  \}j      \ ──‐ 、 ──────`ヽ
 /´  ! j |_   _ \ `/   \\ X\      、/  ̄ ̄`ヽ ヽ


         /:/. : : : : : : : .:/⌒. : .\: . \
.        //      . :/.: .: .:|:. :. : : .\  ,
.       /.::/.:/.:/ .:/.:/.:.:.:/.:|:.:.:.:. :. :. :.| : ′
     //.:.:/.://.:/.:./.:/l/.:.:.://:ハ:.:.:i:.:.:.、:..V:.:i
.      /.:.:/.://.://.:.:./ :|.:.:.://:/ 从ハ:.:.:.:\:.V|
.     八イ.::.:.:|://.::/.:/‐-|ハ.:|/_-―|.:|.:i.:.:|.:.i:从
.        )}:.:|:.:|:イ.:.::|V芯テ从(  ィ芯}|.:|.:i:{.:|.:ハ(     (俺もできるのでそこまで依存する理由は)ないです。
.       ⅥVハ.:|.:.〈    :     ノイ:ハ{.:|ノ
.         )ハi|:乂(    j:      从::ィ(、
.         /八:.:iヘ   _` ´_  小:.:| \                    なんで……どうしておねぇちゃんにそんな冷たい態度を……(´;ω;`)>
       /    )jハ`ト、   -   /从|V    \
       \      从| \   /  }ハ(        \    昔を思いラッセーラ!(修造)
.    _/⌒\    {_|    ̄  / V         /
  /⌒\_  \  ∨    :   /  /  ,. -‐ ´┐   「といっても彼女もまた”最初から特別な相手”がいたわけだけれども……()」


7297 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:32:03 ID:/klOQemB



  V//////////\辷/_//////////
   ∨///>''´ : : : : : : : : : `丶/////
   ー=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : \ノ
    / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : .
  //: : : : : : :l: : : :∧: : :l: l : : : : : : .
   |: : : :|: : :'⌒:.l:./  ': :ハ⌒丶: : : |、〉    「優秀過ぎて幸せになれなかった職人枠の闇は深い。」
   |: : : :|: |: / V从  V V|: | : : : |
   |从: :|: |:,ィf芯k   f芯トミ从: :从
     VV|と乂ソ    乂ソっ从/|      い、今はオルガ君が「お母さん」って呼んでくれてるから……(震え)
      |: : .     ,     厶: : :|
      |: |:人    _ _   ,ィ : 从|_     仕事も充実してるし……(震え)
   r‐v'⌒V: |> ` ´  <|: :/'´  \
   |}  ``'V|///≧≦////:./ i ´ ̄ ヽ
    }   r' ̄ ̄ ̄[] ̄ ̄/ヽ _   ノ
    Lハ⌒ V:::::::::::::ノ¨V::::::::::::::::〉 /⌒Y
   _ノ//}─‐V_/| o V__:/ {///ハ
  (///八i⌒ノ::::::::: | _L::::_|   〉////)
   \///( 厶斗ヘ/  ̄`ヾ、//\{////


           r≦ニニニ /
           `ヾニニ/‐―――‐ 、
.         ,  'ニ´ニニニニニニニニニニニニニ  、
.       /ニニニニニニニニニ/|ニニニニニニ 、
      /ニニ/ |ニ 乂ニニニニニノニニニニニニニ 、     ← 地味にナナ=サンになつき、ナナ=サンから見ても親しい間柄のになったミカ=サン
.     /ニニ イ  !ニ∧ニ 二二|ニニニニニニニニニ
.      /ニイニlヾ、 乂| \ 丶ニ|ニニニニニニニニニl
     /イ/ニニ| rヽ   =ニニ\ニ !ニニニ,∧ニニニニl     おばさん、腹減った。
.      /ニニ l|ヒl   ィ‐ 、 ヽ|ニニニニ,∧ニニニニ!
     /ニ イ, _ノ    l  ヒリ> |ニニニ/=、∧ ニニl!                     「「「「何言ってんだミカぁ!?」」」」>ホテル内レストラン従業員一同
.    /イ l/l ヽ     --  |ニ /ヽ l|ニ∧ニニl!
.        |/ 、 、        |ニ /ノ ノニニ∧ニニl!                    ん、わかったよ、じゃぁ御飯にしようか!(余裕の表情&返答)>ナナ=サン
.        |/|∧ ヽ       /|//イ/lニニ/l ∧ニ|
.        |/∧     . ‐ |/-'-'-'--'=l/ ∨,!                            「「「「!?」」」>従業員一同
            ̄ ´  .   -――― 、 ) ヾ|
         / ,  '            /         「なお、現在は幸せそうです。」


7299 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:36:27 ID:/klOQemB



             , ´: : : : : : : : : ヽ
             , : : : : : : : : : : : : : 、
              /: : :/: : : : : : : :\ ∧
.            /イ: :/: : : : : : : : : : l\|        「彼サラっと『張=サンの所に一人で襲撃しにいって』、
              l/l: :, ――‐ 、ヽl
             //  ̄ \\          『手応えのある子供』だと思わせるぐらいには相手して
            <, ≦、  ̄ ̄, ≧ >
         ,      / \    `ヽ        『手加減されて生き残って』、
.          /        (    )     ヽ
       ,〈    ―- 、 ヽ   ,' , -―‐ l 、 ヽ     そこで『ナナ=サンにオルガ=サンのことを紹介してもらった』
      ∧〉 l / `ヽ ヽ ∨ ,,' /  ' ― l、 l〈∧
      / `ヽ,l//'   ヽ ∧〉〈'∧ /    l l//∧    とかいう経歴持ってるからな。
.      /     l/l|    V/_\∨     ,//  ∧
    /    ,//l/l|    ´, ― 、`     l ///   l   彼がいなかったらオルガ=サンとナナ=サンの
       /////∧―┬― ==―┬‐┬ l///   ヽ
    人 {//////∧_l____l___l__l__ !//////、  『育ての親子』としての再開もなかったというね……。」
    ヽ/////////∧ l     !.    l  l |///イ,  , )


7301 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 02:38:34 ID:OaIIcdF6
やはりすげえよミカは


7304 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:43:13 ID:/klOQemB



       斗r七////////////////////≧x,__,斗rィ
       //////////////////////////////(,,__
       .ハ//////////////////////////////////メ、
      i/////////////////////ミ////、/////ミ</,ム
       .!///////////////',、///v:,ヾ///!V////ハ `メ/ハ       「しかしストリートチルドレンっぽいミカがどうして
      .!//////////ハヽ//,'! ヽ//,| ', ヾ/!zヾ////', ':, ヾ|
        !//////////,ハ V/i ハ/,i ':, ム|ア''}///> ヽ '       『襲撃をしたのか』という理由がいると思うけど……」
       !///////ム\ハ V,|〃 V|  } //` {,
      !////////ム ∨三≧s,、j'  j,ア' o} {'|
      V/////////ハ 丁 ̄ ̄~まミ_ノ{,/_ iノ            ……ん?誰かに見られたか?
       V////////ムヽ ゝr‐ '"~´_, 、'"´ V
       V///>く ヾ:、 j/ '"´       フ X'             「ちょうどシャドウラン的に言えば『ストリートギャング』で
        `⌒ヾ:.、ヽ--v j'      , - /.八
           `<≧s,ヽ、       r ,.ィ              『低層階級の暮らし』をしてそうで
              `ヾ}  ≧ss。,    /.:!vメ、
           ,斗r≦,j  ':、   ` ̄}.: :i V//ミx,          『荒事とかを起こすか巻き込むか、巻き込まれそうな』奴がいますね……!!」
         ,ィ//////j    :、    ノ  ', `' ー-ミ:≧< ̄
        /ィ////斗-ノ     、   j         ヾ: : :`: :
      /,イ/>r'フ: >'      ヽ          /}: : : : :
    _,.斗r≦: : /: {                  / ,.:: : : : : :


7307 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:45:58 ID:/klOQemB



.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
       ´:::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::'
     /::::::::::::::::::::::/::/   ' ::::::::::::::::::i
.     {::::/:::::::::::: / /::/     '::::::::::::::: |    「レッドウルフ=サンほんまにええ味したニンジャやな。
.     i:/|::::::::::::::}ミ x′     _j::::::::::::::リ
..     {N::::::::「 r=tzミ}i{ztチ フ }:::::::::|     シャドウランとかのチュートリアルボスも主人公も咬ませも
       L:::「 ヾ. `¨´ i `¨´ /^ヽノ
.          ` ー’     j__ノ   ;`⌒      友人もそのままギャングのボスもできるぞおい。」
         __」ト  `ニ´  彡 ^ ー=-  __
   -‐=ニ    / } ミミミ彡^/ ヽ        ニ=‐-
´        ト          〉          /-
   、 \     '  `ヾ 、_ 〃´ ′            ′  ヽ
.    \ \   ,          /      /     i ミミ   ,
.         \   丶  i{:  /     /    i| |     、


7309 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:48:42 ID:/klOQemB



          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,     「(これ採用すると)ヤク中カチグミサイバネニンジャに一回
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´    ギャングを解体された後に三合会に挑むのか……死ぬ気か?
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.   ニンジャがヤクザ相手にしたら
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´    『ヤクザを殺し過ぎて』、相手を本気にさせる気がするんだが……?」
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~


7310 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/16(土) 02:49:47 ID:/klOQemB



               ,イ  , イ
            ,イ /|/::|∧/:::::}イ./|
          ト、/::|/:::::}:::::::::::/:::::::::/:::: |彡'イ
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ア'
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ
          ├'"'"`ヾ-;;:、:,,:'´"'"'ァ::::::::::::::/   「ヤンチャなヤムチャ君に乞うご期待。」
.        ├──┐┌──┐  `彡/
          |    ┃ ┃    |     、
         .1             !     .!     【君は、生き残ることができるか。】
         ゚、`ー一'  `ー─一' メ   ノ
          ` ‐┬-----‐=≦  ̄
                i|ゝ-'´:::::',:::::::::',
            {i::::::::(亀)!' ̄ _ ',
         Y ⌒|三三三Y´  `Y


7312 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 02:51:10 ID:OaIIcdF6
張さんとこにはいないか

7313 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/16(土) 02:51:33 ID:OaIIcdF6
ヤムチャ楽しみにしてます!

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • アメリカンヒーローアカデミア 80 (01/18)
  • 国際的な小咄 6680 レバノンはボロボロ (01/18)
  • 国際的な小咄 6679 中世の欧州は (01/18)
  • 国際的な小咄 6678 頭鎌倉よりもひどくね? (01/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その46 (01/17)
  • 目次 やる夫の小さな物語 (01/17)
  • やる夫の小さな物語 第四話 ホロとベアトと二時間目 (01/17)
  • やる夫の小さな物語 第三話 ホロとベアトと勉強会 (01/17)
  • やる夫の小さな物語 第二話 カナと写真とやらない夫 (01/17)
  • やる夫の小さな物語 第一話 やる夫と真紅と水銀燈 (01/17)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第4話 視線で揉めるようです 後編 (01/17)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第4話 視線で揉めるようです 前編 (01/17)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第3話 運命の出会い (01/17)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第2話 神隠しと死に戻り (01/17)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第1話 始りは唐突 (01/17)
  • NINJAのススメ ~ (ホーム)れすきゃん(プ)凹! ~ 8 (01/17)
  • 国際的な小咄 6677 こういった返しができるアメリカ人、好き (01/17)
  • 国際的な小咄 6676 正反対の反応 (01/17)
  • 国際的な小咄 6675 弘前でも (01/17)
  • 国際的な小咄 6674 うん、これは複雑な気持ちになるわ (01/17)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです 休息会話 (01/17)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.35『もう水着回はないからな!いいな?絶対だぞ!』 (01/17)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.34『ラスボスどうしよう…』 (01/17)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです 休息会話 (01/17)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.33『最大の敵はフリーズ』 (01/17)
  • バトルファンタジーYYDS 第3話 モンスター博士 (01/17)
  • アメリカンヒーローアカデミア 79 (01/17)
  • 国際的な小咄 6673 誰か私に教えてくれ! (01/17)
  • 国際的な小咄 6672 統計の罠、というよりか (01/17)
  • 国際的な小咄 6671 ブリティッシュハートが死んだ奴だ (01/17)
  • 国際的な小咄 6670 ボーダーセキュリティー (01/17)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 会議 (01/17)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 6章 戦後処理 (01/17)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 6章 その15 (01/17)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 冷凍庫のアイスの巻 後編 (01/17)
  • ドラマを作ろう 33(完) (01/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その45 (01/16)
  • 英雄を作ろう! ~010話:時空怪盗アチャ子~ 序章:炎上汚染都市冬木 その24 (01/16)
  • 英雄を作ろう! ~010話:時空怪盗アチャ子~ 序章:炎上汚染都市冬木 その23 (01/16)
  • 英雄を作ろう! ~010話:時空怪盗アチャ子~ 序章:炎上汚染都市冬木 その22 (01/16)
  • 英雄を作ろう! ~010話:時空怪盗アチャ子~ 序章:炎上汚染都市冬木 その21 (01/16)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです 休息会話 (01/16)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.32『セズウィック拡張計画』 (01/16)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.31『今度の固定メンバーは嫌な予感しかしない…』 (01/16)
  • やらない夫は小さな村の冒険者のようです Mission.30『ベラドンナ討伐作戦』 (01/16)
  • 国際的な小咄 6669 正教会 (01/16)
  • 国際的な小咄 6668 未来職安 (01/16)
  • 国際的な小咄 6667 海外のタバコ、中南米編 (01/16)
  • 国際的な小咄 6666 タイミングぅ! (01/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(11月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4ドクオが異世界転生したようです4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5異世界食堂できない夫
    6アメリカンヒーローアカデミア6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は魔導を極めるようです7召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    8白頭と灰かぶりの魔女8ローグライク異世界転生
    9あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG9やる夫たちは三連星(代理)のようです
    10できない子とSCP10オーバーあんこ
    11やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~11やる夫の野望
    12やる夫はギルドを経営するようです12カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    13やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。13やる夫はLVが上がらないようです
    14アカガネ山のやる夫14レベルを上げるスレ
    15やる夫は妖怪達に出遭うようです15金欠ほのぼの冒険物語
    16やる夫がKenshiになるようです16俺の息子は転生者
    17ドラクエⅤの世界でビルダーズ17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫は妖精郷を旅するようです18あんこくさい連合頑張る!
    19やる夫はカントーを冒険するようです19食事処 ~やる夫の大釜~
    20やる夫は竜の人財のようです20魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    21ロケッ都団が征く!!21やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる弟切草
    23NINJAのススメ23女神が愛した白饅頭
    24◆25NC1ovscM総合24ご令嬢☆タクミちゃん
    25できない夫はメラミを唱えられないようです25路傍の果ての英雄譚
    26やる夫はアーランドの冒険者になるようです26やる夫、デビルサマナーになるってよ
    27やらない夫は集われるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱28やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29証言と証拠は安価とあんこの後で
    30やらない夫が霧の街を攻略するようです30やる夫ファンタジー


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ