第二次聖杯戦線 敗退陣営小話

目次

9943 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/05(金) 23:48:05 ID:BSUu0UH2



            /(_,,..、、、、..,,_/(
           / /      ~"''~、、
          //{//    ノ(     <
          { ( /  '" ̄ ̄       >
         {  -匕      \       \
        /       \    \   \  ヽ
           |i\ 〈⌒\( ̄⌒\
          |  | |  {\ ',   />ミk\ へ  |
          |  | |__\ \,/ ィ ノハ}   { V 〉人
       八 从r====ミ \/ ゞン  ゝ イ {⌒
         V{ 込ヽ乂リ     `¨´ /匕 |⌒
           乂 、 ¨¨´ ヽ     / ∨从 ̄ \
             \   - ^  イ / ̄      \__
               うぅ―-   /      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              / {  ∧  /     / /二二二\ \
               _/ 〈  {ム_,/   / /二/ )     \|
            〈 \ \ V::/--匕 /二二| /  /'⌒八
            /\  ̄ ∨ ____,/ニニ二:|:/   /   \__\_
              {|二 〈 ̄\ /   /二二へ二:|'  /        \
              |二二_ノ⌒`'<___|     |ニ:|  {_/       ∧
            ∧二リ           Y     |=人 へ -=ニ~ ̄\ /  \
            | ∧〈   \ \   リ、_/>―< \ /___    /
            /|  〈\       {⌒ ̄ \   \ ̄\       ̄\
             | し |=\       }\   }     \  \___)  |
             |  |二=うぅ  _/\  ̄ {
             /   〉二二}二 〈 \    ̄ /                 /
              | \/|二二iリ二二'⌒\__/              /
                 ↑1万分の1の男

*敗退陣営小話
丑鎮鉄兵編(ランサー陣営)




9944 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/05(金) 23:53:34 ID:BSUu0UH2



           ヘ--,... ----         ` - 、
           ,.-'"                 ヘ,.ノ゙l
    ,.     ,.-'          ,..  ,.、  ヽ     .ヘ:::::l
     l:`.、,. - '",.       ,.  /.l  l `.、  l 、 ヘ   ヘ::l
    l:::::::` -:/     / ./ ./  ヘ .l  `, l .`、 ヘ .ヘ_ ` .、__
    .ヘ:::::::::::/   . l ./.l / l /___ ,', .ヘl l-、_l/____ヘ ヘ  .l`゙゙゙゙゙
     ヘ:::::::l   l l./-.l /=.l'、__ ./   l,.. -‐'"´ .l .lヘ .l
     .l`./   .l l  l/          ,.... --...,,l .l .ヘ ,l
     ,l'___,.l  .lヘ.l .  ,. -‐‐‐、‐  ,......  l .Y´ヘ  `l  l ヘ
     ゙.l  l  l  、'"´Y´`ヽ .ヘ ..::::::::::::..l ヘ _ノ  l  l,-、ヘ
      / ,. l  l ヘ  ゝ__ノ  ,';;;;;;; l  ヘ、 __r-'==,ll// ヘ
    ./,.-,'"_ヘ、 l  , --、___ ,.-'"          ` --".l``、l l
      .l./ `` 、ヘ ヘ__,.、__ノ               /゙゙l.ノ .l
      / ./´` .、 l         __,..... -、    / _ノ./
      .l l、   ヘ        /__,...----, .ヘ   ./_-'/
       ` 、` ---' 、     ∧l_,.. --‐==='"  /.l
         `` -,---`-.、           ./l l`.ヘ
          ___ノ/_l_ノ_ .l`` - .、 ____ /l  l リ===-、
        ./´       ` -、   ヘ    .l .l     .l
      _,......ゝ-------- .,、    ヘ、 .`    l  l  l   l`、--、 __
   ./  ,. --‐‐==-- ..,,_ `ヘ    ヘ     l.ヘ./     ノ   .`l
   / /,.. ------ .、_::::::::`:::..、   ,.-、 .ヘ    l/   , -,    ,.--、_
  ./ ./'"´        ,ヘ:::::::::::::::`.、ヘY、'  ヘ___ ,/   ,/l ヘ   ,.:'"::::::::::ト 、
 / /./         .ヘヘ:::::::::::::::::`:.、l ゙、  ヘ .l   ______,ヘ.ヘ'::::::::::::::::::::l l
 l y           .ヘヘ::::::::::::::::::::::l .l`-、 ヘl  Y:::::::::::::l l:::::::::::::::::::::l .l
 l .ヘ            ヘヘ::::::::::::::::::::l .l:::::::ヘ   :::::::::::::::l l::::::::::::::::::/ /
       ↑泣き顔AAが妙に多いのは原作のせいだろうか

・ランサー陣営の主戦力にして恋する少年。
・出展はジャンプで連載していたアイアンナイト。
・原作では周辺環境がかなり地獄だったためか笑顔AAが1枚しかない。
 正直小学生であの状況に叩き込まれるってよくもまあ折れなかったもんだよな……


9948 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/05(金) 23:59:46 ID:BSUu0UH2



                              / (__, ,. -、 ,.....  ,..、__ノ _ノ
                             `7   `'--、`-'3 /   __ノ
                        ,. -===,_/   Y" .ヘ'_/)l  `-, ノ´
                       ,.'-,: : : <-、   `--,__    `"
                   )` :.、.llノ: :, 、: : : :`,   .Y'": :l
                  ノ: : : l: l: ll:.l' .` ヘ、/   `、 ': l
                 _,': :, -: l: :l:.l.l|      Y:、 ノ:/´
                 `、: /: :l´:\:.l_,、 , ,,-、-, .l: )/:/
                 ヘ:l: : :l: : : :ヘ: : :l`´: :_,..l l//
                  ノ-'=-.,,,,,,,、: ` 、l-": : `'、/´
                         lヘ: : : l: :ト、
                       ,、./: : `、____:`:, :ヘ
                     ,:": : : ,l、: ,-,: : : : ヘ:/: ヘ     , 'し‐ ==-、__
                    ./: `、-" `´ゝ'l,.-: : ヘ: : : : ヘ   ,'       `,
            、       .、l : l Y   ,.._,.-': : : : : :l: : : : :,'   .ヘ--,    Y"
             ノヘ,      ヘ : l : :`, /: : : : : : : : :.ノ : : : /      l   r-'"´ __,'、
         __, ./  _)     l`、: l: :l'-, `_-、: : : : : :l,、: : : :ヘ    , ',_ノ   `--´(ノ  ノ
        Y (_/  l'、__,. -、  /: : : l: : ;'l  l: :`、、: : : : :l. l: : : : :ヘ . l、_,-、       /
        r '      /´、/ ,ヘ: : : :l: : : ゙、l``、: : :l: : : : l l: : : : : : ヘ,'(__  .l     . ,ゝ
       .Y:´ヽ    .(   ./: : r.l: : : : :l: : : : : l: : : :l .゙、: : : : : :.l  .)--'", -:.、    l
       .ヘ: ,-:ヘ.  Y゙`' l、_l: : : : :l,.ノ: : : : :ヘ: : : : ヘ: : l   `,: : : : :l`l l  .l: :  , :': 、 ` --,
      ,.:-:.、`、:. ` `l-、ノ ノ: : :/: : : :、: : :ヘ: : : : :.l: : ヘ .l: : : : :,'_ノ 、 /l  `、: :.>  ,.'
      ヽ、__.ノ _    `'"-,'__:/--,: : : : : : : :.l: : : : ;l: : :,ヘ、l、: : :/Y'    `-    l'"゙ヘ-'"
      ヘ、/: :l. , -,  /: : : :/: :ヘ: : : : : : : :l: : : : : : :l: : ヘ,-、_ l . _    ,..,  `_: : l
       ノl___,ノ/: : l"l--===┐: : : ヘ: : : : : : l: : : : : : :l: : :.ノ; ;ヽ:`:、/: ヘ   l: :.`,  , '
       `--'"`-/: : ヘ、__l: : : : : :l: : : : : :l: : : : : : l: /: : : : :/: :l:、: : ヘ--.l、: :./__ノ
           ,': : : :/: : : : :ヘ: : : : : l: : , ': : l: : : : : : /: : : : : /: /ヘヘ_:ノ
           l:_/: : : : : : : l: : : : ,-'" ヽ: : : /、: /: : : : : /'": : : ヘ: :`、
         , -、ノ、: : :.l: : : : : : l, --'"    l: : :l   l、: : : : :/: : : : : : :ヘ: :`-,
         '-、/:l: :`、: :ヘ: : ,-'"       ヽ: ヘ    ̄ヘ/: : : : : : : : ヘ: : :l
      ___,.. -:':l: :`-------,      、______ , ヽ: ヽ    ゝ、: : : : : : : : ヘ: ,'
   , :'´: : : `:、: :l: : : : : : Y: <    - ': : : : : : l .ヘ: l   ,../: :ヘ: : : : : : : : /
  /: : : : : : : :/: :ヘ'- '" ̄l: :,'     l,..: : : : : :ゝ _ノ: :l /: :ヘ: : : ` -、: : : :/
 ./: : : : : : : :/: : : :ヘ   ヽ'     "`--,-、__ ̄:_,.ノ ヘ:/ `、 ___ノ、_`,..._
 、 : : : : : : /: : : : : :l                ̄        l: : : /: : : : : : ヘ
  ` 、: : : :/: : : : : :./                        `゙゙゙゙l: : : : : : : : : :ヘ
   ヽ: /: : : : : : /                           l: : : : : : : : : : ヘ
       ̄ ̄ ̄                            `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´
               ↑ゴブリン形態のデザインはかなり好み。

・展開上の活躍としては、序盤は対ライダー戦での敗北、さらにセイバーと同盟を
 組もうとしたらキャスターに横入りされるなど割と不遇。
 中盤で主人公陣営と同盟を組んでからは(主に意識度ダイスと1万分の1で)
 一気にキャラの掘り下げが進み、最終的に雌雄を決することを誓うライバルポジに。
・序盤の展開が悪かったのが響き、ライバルポジを完遂できなかったのは残念だった……
・実際、あの1万分の1振った時はこのスレで一番盛り上がってたんじゃないかと思う。


9950 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/06(土) 00:08:14 ID:XZG5Eg2q



      /.ヽ   ,,,__
    /    ヾ、 <            __
   ./        \      ,. -、____,..ノヘ                        /、  ,、
  /           ヽ__  __)   ,-、__ノ                       ./:::::゙y'::ヘ
../              `゙´、    ゞ-,                        /_:::::::/:::::::ヘ
/                  ` .、 Y´ ___                      ,'ノ::ヽ:ゝ--:<.`フ
ヽ                    `-´ E_ノヘ-,                  /::::::::,':::::::::::l::::ト、_
 ヽ                     `  Y'"                  .l:::ノ:::::::ト、_:::::::l:::ノ::/
   `゙ , _                    `ヽ_ ,. --, r'イ __          l:::`r-ァl:`:、`´/:/::ゝ
    l .3` 、                        `'" _`" (         ヽ、::`:<`:==/"`::ヘ ,.:、
    `-"  ` -、                       ゝ`゙"          .lニニム、:/::l:::::::、`":/
      o    `-、                    `.、 `-"`ゝ_            ゝ、ノ、:::::::l:::`-:ヘ
             `,                     ` 、  (__           ソ::::::::::イ::_,-イ
             ヘ、_)-、             、-、     ,.` 、 (´          ヘ:::::::Y"゙´::::::ヘ"」
                ヘ___、           ` 、:`-、  l::::::`:-、ヘ_         l:::`:::::ノ:::::::::::::::ヘ_
                 ,..、 ` 、           `.、::::`:.、`-、:::::ヘ::`-、_      ./:::::イ/:::::::::::::::、:::::l
                 ゝ'    ` -、         、`=:::::`-.,`-フ::::::::::`:7   ,-ノ:::::ヘ:l:::::::::::::::::`l'"
                         ` -、       `- 、:::::::ヽ、ノ:::::::::::::/  ,.-',:.':::::::::/-l:>::::l::::::::l;l
                           `.-、        ,`=-::::::::::::::::/  _/::::ノ:::::::::/ ./::/:::::::::::l
                              ` .、  _  ` -,:::::::::::::/ ヘY::::::/:_,.. -'- '":::::::::::::-、::::l
                                 ̄`-, ヽ  ノ::::::::/__/ヘ::,.-'"  l、_::::::::::::::::::`,::`l
                                   l、 ,.`"ヘ:::/  .l_:::/ `- ... _::::::::l::::::::::::::::/:::::l         _,.   ,
                                     `l-,.ノ   .l'":::::::::::::::::::::l:::_ノ::::::_ヽ-"ヘ:::::ヘ      ;,-";;;;`-'"l
                                      7 l    ゙l:::::::::::::,.::-┘":::::::/::::::::l::::l:::::::::l     ,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      ゝイ    ゝ、__(__,-"---イ::`、:::::`、ヘ:--..、   ,-'::/;;;;;;;; )/`
                                            l/:::::::ヘ   `--' 、::::::::`-、`ー='",.-"、 __ `
                                     0     ,-':::::::::::::::::`      `-、_、-、:: ̄::::::::::::`"__ヘ
                                          ヘ、_:::::::::::::::/           .l::::::::::::::::,../--、_
                                        __,.ノ:::`l::::::/            `-=ニニイ::::::::::::l
                                     ,....::-':::l:::::::::::::ヘ/l:::::l               ,.-='__._/
                                    ,/::::::::::::`-、:Y-"  lノ              /::::::::::::::::::l
                                .   Y:::::::::::::::::::::::::`l                  ,':::::::::::::::::::::l
                                   l::::::::::::::::::::::::::::l                  L_____ノ
                                   └──── ┘
             ↑デカい武器、鋼鉄、炎。カッコよくないわけが無いんだよなぁ……


・鉄兵は生まれの設定をダイスで決めたのだが、その時の出目によっては人間ではなく
 「子供としてデザインされたNPC」や、「NPCの間に生まれた子供」という設定になっていた可能性もあった。
・特に後者の設定になっていた場合は、月のNPC達の生活などを掘り下げる機会にも
 なっていたかもしれない。まぁいずれ別のキャラでやろう。
・結果的に、地上の普通の子供(ムーンセルにアクセスできるあたりは普通ではないが)
 という設定になったが、これはこれで「普通の少年が英霊に憧れ、いずれ対等にならんとする」という
 非常に美味しい立ち位置になれたので結果オーライか。


9951 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/06(土) 00:15:05 ID:XZG5Eg2q



                               /-_
                           /ニニ\
                         )\ |ニニニ|\
                       _/ニニ∨⌒r―|二|
                       〈/ニニニニ|>人  \|
                     <{------L〈   )\〔    __
                    _∧ニニニ【 /| \ |_    | |<〕_r――――┐_
                     / /(―<⌒う=- /(うト<K__|_|__〔_|__〕r<||/||\ || 〕
''"゚~ ̄ ̄ ̄~゚"''          /{ニ\ニニ)_厶rやて{ ̄/__:i:i:i:rく ̄ヽヽ_〕――――――――――――┐
         ) \___,,.、丶´ 〈 /\⌒〈:i:i:i:i:ir-/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈:i:i:i|___〕__// /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|〕
         (   __,,.、丶´// 〈〕  \ У ̄ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉/〈 〈〈〈_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---=ニ二三 ̄ `¨¨/   / /  〈人  /   〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ (  / ̄
.      /   /   /  /   /ニ// ̄ ̄ ̄\:i:i:i:i:i:i:i:i/   /
    /   /   /      〈|ニ,人__/ ̄// \:i:i:i:i/l   /
.      /            ノ ニニ|ニニニニ.// ノ ノ  ̄⌒</
    /          /⌒〈 ニニニニニニ∧_/
   /         /:/\ ノニニ〈ニニニ /(ニニ=/\
.   /  /⌒\____// /:::::/ ニニニ|\ニニ.|/ニニ./ニニ)
    /      __./ /:::::/------./ニ |ニニ/\_/ニニニ/ \
.   /      /,.-/ /:::::/ニニニ ∧ニ∧ニ /ニニ〔_ニニ/ニニ\
____/   __x</ 〈_:/.ニニニ /=∨   ̄\ニニニY ニニニニ|
    ⌒7爻シ(    〕 ニニニ./二/       ̄\ ニ〕 ニニニ|
     イ彡⌒    人ニニニ/二/       /ニ 人.ニニニ/
           ↑原作では自分が生み出せる鉄からライフルを鋳造したりもしていたぞ!


・ちなみに、作中で鉄兵は一貫してランサーの事を「ちびすけ」呼ばわりしていたが、
 これはランサー側が希望しての事。
・詳しい話はランサーの小話の時にするが、出会った当初この呼び方をしたら思いの外
 喜んだので今でもこの呼び方を続けている、という設定がある。


9952 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/06(土) 00:24:53 ID:XZG5Eg2q



                  __/(_
                /        \
              /(           \_
             /             (⌒
            ノ                  、
            ⌒7   // / (.  、 |     \
            〕   /八( \)\斗‐、 { ( (⌒
            ^从./{ \_)   <, 斗¬Ⅵ / >
             ( {从 (⌒う     Vツ }/イノ
               ∧.:.:.:.:  、  .:.:.:.: 从(
               込   v つ  イ―┐
             /⌒/ (  >--< {: :ノ ⌒\
               / \___\_〕_____/__/⌒ヽ
           /  )ニ\) )\__/___ -ニニ{    }
             {   -ニニ\_ -ニニニニニ{    ヽ
             {/\{ニニニ 〈Oニニニニニ.{     }
           /  }ニニニニハニニ|〕込〔|ニハ    〔
             /'   }ニニニニ〔O ニ.\_/ニ ∨⌒\〔
         /    {ニニニニ〕ニニニニニニ〕     \
          {/  \ }ニニニニ{Oニニニニニニ∨⌒/  |
         /  ⌒\〕 ニニニ〕ニニニニニニニ Vノ< |
         У   》ニニニニ〔Oニニニニニ/⌒ ̄  〉
        〈 {   ∥ニニニニ〕ニニニニニ《~\    |
          \ 〔|| ニニニニ〔Oニニニニ ∧ /   /
           \人 ニニニニ〕ニニニニニニニT ´
             / \ ニニニ〕Oニニニ=-' _ -〕
           ↑このAAの頬染め改変は割としっくりきたと思う。


・ランサーとの関係については、地上生まれと決まった当初は
 「日曜9時アニメに出てそうな子供」と「その相棒にして保護者枠」という
 感じで進めようと思っていたが、リクエストで振った女子力ダイスで
 あまりにもピッタリな出目が出たため恋する男子に。
・保護者と弟分という関係だとウィザ姉&やる夫と丸被りなので、
 差別化という意味でもナイスなダイス目であった。
・ただし現時点でランサー方面からの脈はあんまりない。
 頑張れ鉄兵……!!


9954 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/06(土) 00:35:10 ID:XZG5Eg2q



       /   /
      ,-' ,-/
     ./ .//'
   /l .l  /
  ,'/ l、 ゝ /       /l
  ( l  ,' `' l      Y'/"
. Y l ,'   ゝ/   ,. l `(
 ヘ'l `l   ヘ`Y= '"/ `-, )         , て
  l  l       l_/r'  し'       Y" ゝ、
  `l   lヘ     `l   ゝ     .  l  ,l
   ゙l  /: : : `-、      .ヘ_     r /゙゙゙´
    l /: : : : : : : :` -、      `-..,,_ l `,
    ヽ: : : : : : : : : : : : : ` - 、     ヘ ゝ<_                      ,..., ._
     ゝ、: : : :: : : : : : : : : : : :``-、      ` 、_ ,                  ,..ヘ/ヘ-l_,.     ,._---'/
      .ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : :``-、     `-.、 ,.、 ,.-','"          l::/__゙`::::ヘ_   /::::::`l::/ ,、    ,
       `゙゙゙゙ 、_: : : : : :: : : : : : : : : : : : `: 、   ,--、 `' _l           `'  ゙`」:::::::::`゙`:-:、---/-'::::`-,- /ヘ
            ` .- .、 : : : : : : : : : : : : : : `゙`-、ヘ: :``-'、_             <__`--.、::::::::::`、::`r.、::::::::::`/__:ヘ
               `-、: : : : : : : : : : : : : : : :: : : `、: : : :` -、               `-- 、:::::゙゙`l":::::r-,l:::::::`゙'l
                  ` - 、: : : : : : : : : : : : : : :.ヘ: : : : : : ` -、               ` 、::::`゙゙゙ヘ`´l:::::::::::,'
                      `- 、: : : : : : : : : : : : `-:、: : : : : : ``-、_            /,-,゙゙::、::::::ヘ:::::::::::/
                          ` -.、: : : : : : : : : : : `- 、: : : : : : `l        , /゙:::l_ <::::::ヽ:::::::l'´ ̄
                             ``- 、: : : : : : : : : : :` -: : : :l        Y:::::r' ,.、l::::::::`:::::l
                                ` -、: : : : : : : : : : : : :`- _   _.,-=':::::r-</:::::::::::::::::/
                                   ` - 、: : : : : : : : ,...: :`-/::::::::::::/  .l::::::::::::::::::l
                                       ` - 、_:/  ` l-,.'ァ,, ,/   .l::::::::::::::::::l
                                               `-"_ノ:l `-、_ .l::::::::::::ヽ::l
                                                  `' ` -、__l:::::::::::::::`:ヽ
                                                      .Y:::::::::::::,---ヽ、
                                                    ,. -';;l::::::::/::::::::::::::::ヽ
                         ↑カッコいい(確信)

・能力面についてだが、元々ランサーの宝具込みでメインを張らせるつもりで設計したため
 レベルはともかくスキルはかなり盛っている。
・常時ステブースト+精神効果無効の強スキルである勇猛。恐怖の最低保証スキルの心眼。
 さらにステブーストを加速する魔力放出と、戦闘続行や仕切り直しといった強スキルこそないが、
 ランサーの宝具も合わせたステブーストの暴力で鯖すら薙ぎ倒していった。
・それに加えて固有スキルが生えた今、レベルさえ追いつけばマスター単騎では
 恐らく全キャラ中最強なのではなかろうか。多分礼装付与込みでもやる夫よりも強いぞ。


9956 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/06(土) 00:43:11 ID:XZG5Eg2q



                  ./l , ',     ___       __, -,
                ./ /-" l-' "´. ̄      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄´ , -'___
              , -' ./  '                   `゙` - 、_
          ,. -'"´  '"                            ` - 、 _
         /                                      -<
       ./
       /
      ,-'                    ヽ
     /              ヽ、        ヽ           、
   ./     、          ヘ` - 、      ヘ           .ヘ
   /.  ,   .ヘ    、   ヽ、  .ヘ,. -'/-、    ヽ` 、         ヘ
  ,'   ,'  ,'l /、   l `゙`- .、_ヘ  ヘ/    ` 、  ヘ `、         ヘ
 . l. ,   l  ./.l l ヘ  .ヘ  ./ `゙ ヘ ヘ       ` 、 ヘ  ヘ  ヘ     .l  `、_
  ,' ,'  ,.l / l .l   ヘ  ヘ ヘ´  ,/ .ヘl  _,... -===== `、l-  ヘ ヘ    ト、__ニ=、
. / ,l  .,' l .l  _l l    ヘ ヘ ヽ/   ,..-,7-=、"´:::::ヘ  `l::l   ヘ ヘ    l_,-'  ,... --、`
//l  l l l l ̄ .l.l゙l    ` 、l    -=l::/'、_ノ::::::::::::::l   l::,'   ヘ ヘ   l  /,-、  ヘ
  .l  l l `' ` -l|_l            l;/.l::::::::::::::::::::::   .l,'    .ヘ lヘ  .l  // ヘ   l
  .l ,,l.l   _,.....、ヽ          / ヘ:::::::::::::::::/   /     ヘl .ヘ  .l .l___  ヘ `
  .l/ l、l ,.-7( ):::::ヘヘ           .` 、:::::::ノ   ,         .ヘ l  l、 `-
    l l ヘ ヘ::::::::::lヘl           _    _,. -'          ヘ l   )    /
    l/.l. ヘ.ヘY=.:l,.'             ̄ ̄              .ヘl r'` , Y="
      ゙,  ` `-、'                               ヘ_,、,.-'  /
      ゙,  `--ヘ                                 _,. -'"
     .  l.     `                              ,'"´ ̄    l
       l                _,,,,、               / ヘ   、   l
        l         _,... -= _'"´_, -.l              ./  .l. l  l、 .l`、
        ヘ       '、´- '"´  ̄ _/             ./  _l_/ヘ_l ヘ/ -
        .ヘ       ヽ、  ,-'"  ./           _,.... '-'"´      / /
          ヽ        ` -===-"         ,. -'"         / / ` -
           \                  , -'      , -===-- '-、_
             l` 、            _,..-./        /        ``-、 ,'
            ,'  ` .、     _,.. -‐'"´ /         /, '          .`l
          _,...,'   .l  `-‐‐'"´  ヘ   /          /
   _   ,.-'" ,-l    l        ヘ  /    /  . , '
 ,.-"   `-<  ./ l  .  l      l   ヘ /  /     l
       ヽ'   ,l     ヘ     .ヘ   y /      ノ
   ,     ヽ/ l     ヽ     ヽ ,.l '        /            ,. -===
  , '` 、     `, ヘ           /    _,.... -- l           ,.-'"
 ゙゙゙゙゙`- 、`、   lニl ヽ        /   ,.-'"     l         /
       ``、_, 'lニl  `-、 _    /_,.-'´       ,'        /
               ↑貴重な笑顔AA

・今作では残念ながら雌雄を決する場までたどり着くことが出来なかったが、
 いろいろ美味しい設定が残ってるため是非彼らの話の続きは書いてみたい。
・まだ構想段階ではあるが、既出キャラクターを使い聖杯戦線を1シーズン通して駆け抜ける
 マイライフ編(仮称)のテストプレイヤーとして採用するのもアリか。
・果たして彼はランサーと対等の場所に立てるのか。そしてランサーを振り向かせることは
 出来るのか。頑張ってくれ、イッチは報われることを祈ってるぞ。


34 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 00:31:51 ID:KG6wepim



             ___      _______
           /⌒> ´            ` .
         / /            \     \
            '   /               丶       __
            /   /     /W        Ⅵ   ヽ /i:i:i:〉 ___,
          '  /  ' i   /''゙゙{           Ⅵ   Vi:i:i:/^Yi:/
           i  /   i {   /  {   丶  \  Ⅵ    Vi〈   |〈
            | ィ   { { /⌒  {   、 \⌒\ Ⅵ    vi:∧ |i:i〉
            |' |   { {./     八  i\ \  ヽ}      li:i:i:〉|i/
            |   八 {' Y⌒Y   \{   Y⌒Y  }     }i⌒ |^
            |     Ⅳ {  }     \ {  }  ,     , |   |
            |八   {  、_ノ       、_ノ /   , /Y|   |
             ⌒\  乂.:.:.:.         .:.:.:.:/   /}/ ノ |   |
             }\{⌒            ノ   ィ i¨´. . |   |
             | 込、           ⌒7i¨´  l. . . . |   |
                i|  介: .    (   )   イ |    }. . . ∧ /,
                 j|   }. . . .≧=-  -=≦ {Ⅵ    '. . /. ∧ /,
               ' |   . . . . 「⌒ハ   ___)ニニ|  / . . . /. ∧ /,
              / |  '. . ィi〔Vニニ} /ニニ/ニ/|  /〕iト., . ./. .∧ /,
.                | ィi〔ニニニVニニ{/ニニ/ニ/ニ| , ニニニ〕iト . ∧ /,
            /   |/{ニニニニ<⌒介⌒>ニニニ| /ニニニ/ニV. ∧ /,
          '   /. |ニニニニニ〈_/}_〉ニニニニj'.iニニニ, ニニニV . }   }
          /    /. . iニニニニニニニニニニ/. .|ニニ/ニニニニ}. .,  /
           ↑この丸っこいデフォルメすこ

*敗退陣営小話
ランサー編(真名:ディーナ・シーの騎士)


35 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 00:37:06 ID:KG6wepim



              __
              / ⌒\         -‐──-
           ' /  ⌒\ __  ´              、
          //     ⌒¨               丶  \
            /    /   / /   /: .        \  \   、
              '  '  /    /: ./: : . .       丶   ', ハ
.             ' /  /  /    { ::.ハVハ/   、     ',  ∨: }ヘ
          / /   '   ′   { i/''"゙゙'{     \      :    }ヘrヘ}ヘ
.          ' イ  /i     i   { {    {  \   丶   }    }/i:i:人i:i:\
            i / |   ' i|   i  { -‐八{一'^ { \ \ `ー\‐-}    }i:i:/⌒\:i:i〉
           |′|  i/i:|   |  {  笊示㍉八  {ヽィぅ示笊Ⅵ   ,:i:i/{   V
           |  |  |:i:i|   |  {  Ⅳ ,_)/:}   \{ ,_)//::} Ⅵ   /⌒i:|    }
          八 |i:i:|   | 八  { 乂ツ     ヽ乂rツ /   /、:i:i:」     }
             ヽL八  八  i\乂, ,    ,      , ,_ノ   イ: . ⌒  .:   i
              i \{: :\{  : .⌒         ⌒7/ : }: : .   .::  |
              |   . . : |  込、    、      イ: :  /: .   . .:
              |   . . : |    个: .      . .イ{_i: . ./: . .   . . .    i
              |   . . :八    V「ニ>< _人ニ{: ./: : . .  . . .'   }
              |   . : : :∧     V\-=ニニニニ/{V_ : : . . . . ./  . . :
              |   . . :/:_∧   vニニ=--=ニニニハ Vニ=- _ '  . : : ,
             八  . ./-=ニ 、   ∨ニニニニニ=-∧ 、-=ニヽ : / . :/
              /  . . .'-=ニニニニ\  Vニ=- ___ /ニニ>、\-=ニ∨:/. '
                /  . . . {-=ニニニニハ  vニニ\__/-=ニニニ\\ニV: /
            /  . . . : : -=ニニニニ{ニハ  Vニニ〈\-=ニニ=-∧ vニV
           ,   . . . :∧-=ニニニ∧ニ}  }ニ<////>-=ニニ∧ Ⅵハ
.            /    . . . /: ハ -=ニニニニハ }  }-=ニニ\〉、-=ニニニハ V∧
           /   . . . /. /:∧-=ニニニニⅥ   i-=ニニニ=- -=ニニニ} }ニ',
        /   . . . /. /./: ∧-=ニニニニv  :-=ニニニニ=-', -=ニ/ 'ニニ}
          /     . . ./. . ./. ./:∧-=ニニ/¨>、 八-=ニニニニ=-}-=ニ ⌒¨Yニニ}
        '    . . /. . /. ./. /.∧-=ニ/// Vヘ-=ニニ=-/-=ニニニ}⌒ヽ
      /    . . ./. . /. . . ./. /. ハ-= {/ / rヘ  }  ̄-=/-=ニニニニ/ ,、 〉
           ↑AAの表情差分も豊富で選ぶの楽しかったな……

・ランサー陣営のマスコットにしてぽんこつ妖精。
・AAはリリカルなのはのヴィクトーリア・ダールグリュン。
・イッチは原作未視聴なので詳しい人となりなどは知らないのだが、
 やる夫スレ界隈では割と重要なポジションで出てることが多いような気がする。
 AA量の力だろうか。


36 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 00:43:00 ID:KG6wepim



.          /                    \
.  \      '       /          \     、           //
.  \\   /   /  / ,ィWW        丶     ',   ',     //
          '    '    i''''""{  丶         ',   :.   }     /
   \         i  {   {  、  \ i         i__ _j __        /
     \ i     i  |  {   {   i\ 斗<´  i   <i:i:i:i:介i:{     //
    \  | i   |  丁 T ‐-八   |  ヽィ=ミ、  }    ヽ/i:} |i:i〉     /
        | |   |  { ィ=ミ、 丶 {  〃 //ハ Ⅵ     |Li/ |/
        | {   {  Ⅳ //ハ  \   {///'} }    } i |
        |八 i 乂 {   {///'}    ヽ 乂/ノ '    ィ^Y| |
.   ̄ ̄  ⌒ヽ| i 个\_ 乂/ノ         _ノ /. i } | |
 ────    | { { Y⌒                ⌒Y. .  |ノ. | |     ̄ ̄ ̄──
       ̄ ̄   }八 乂{       _     へ     |. ..  |. . .| /,   ̄ ̄ ̄ ̄
.   ̄ ̄ ̄    个⌒人       V: : : : : : ノ   ィ..|. ..  |. . .|  /,
.            |  个〕iト     ー‐    イ |..|. ..  |. . .|  /,
.     //   |   ハ   i. . .i≧=--r     , ┴ 、  |. . .|   /,
.  ///    |  ' . }  |. . .|. . . ___}_ --< _,へ  \|¨¨ヽ / /,
  /       ‐┴‐,.__ --==ニニニニニニ=-//,.    ', ∨ / /,    \
        / ,. ‐<ニニニニニニニニニ=-/ { __,.    .  V / /,    \\
.     /   ¨¨ ヽノ -=ニニニニニニニ=-/_---L __,、    ', ∨   /,     \
    /    二}  / -=ニニニニ=-/i:i:i:i:i〉    }乂   :.   }    /,  \
.   r{    r‐┘/ / } } ¨¨「i:{ V∧ ̄      |  ヽ   }  i    /,   \\
       ↑なんでパンツ持ってるんですかね……

・展開上の活躍としては…… あれ、あんまり活躍してる印象がないぞ?
・陣営の性質上、サブにいる事が多いため戦闘面で目立たないのは仕方ないのだが、
 怨霊にビビってキャスター陣営への襲撃に行かなかったり、願いの決定ダイスで
 無難&無難な出目を出したりでダイス運は微妙であった。
・最後、キャスターとの一騎打ちで勝ってればもう少し活躍の場もあったかもしれないが……


37 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 00:53:40 ID:KG6wepim



                      __ ,.    ---
                  /⌒> ⌒
                 //  ,       \    \
                     '  / / . : . / 丶     丶
                  / ィ   ' i: ハW   \    ',    }
                  // i  :  {/''゙゙{  \  \   i  _人
                    / /{  i 斗- {  \\‐-\ } 〈i:i:{}i:i〉
               /i/ {  { 八 八   i\\  Ⅵ 〈/人i:〉
                   〈i:i:i:{ 人 { Ⅳ芯ぅ \{ぅ芯Ⅵ 八 「⌒}
               ⌒|〈i:i:)八 {乂.:.  ,     .:.:ノ/个 { 八
                 |⌒/. ∧{込、 、 ,   ' . : :|  {   丶
                 へ. . :/ / {: .i:::....   ィ: . i : :| 八    ',
                 / へ )/ . : .{: .{ : :}二ノi:i:i}、.:|: . i  . . 、
                 /  `ニ〉/. : .八 {ry辷辷少}: > _}: .  . .\
              _/   , ヘ)  / ∧V:{   / }i|⌒    丶 . . \ }
           {: .  イ: .   /  / } } { /   }i|       \ . . V
             「ニニ/ : / . . . . . ノ : :ノ'. :.0 : . . iⅣ             、}            __
            〈/⌒{: ./ . ∠/⌒   }/  __ Ⅳ   . : : . _       .           /⌒ 丶
           {: . 八: /ニニ\    '  /-=ニV>、 {: . ノへ         .    / . . .    \
           i: . { Vニニニ=-丶 / /-=ニニニ=-', /: . ニニ=- _       <. . . . : : : . . . . \          ___r‐へ __
           :  { : {-=ニニニ=- >< -=ニニニニニ=-} /: .、   . . ニ=- _         \¨¨  ̄ ̄ ¨¨¨      ¨¨  ̄  ̄}/ __  `ー─‐=ぅ
                八 : 、-=ニニニニ{ }ニニニニニ=- 八: . . \    . . .ニニ=- _                        八    ヽ ノ ¨¨/)  _
            { . .\: ≧=r‐‐<∨>  __  イ  \: . . \   . . . : : : . ニ=-      __   ---=ニニニ  ̄ ⌒{i人二>、 ー//⌒二)
           ハ 、 . . 丶. . }ニニ=- \-=ニニニニV     ⌒¨¨ \      . . : : : . . ¨¨     . . : : : . }         ⌒¨    ー ' ¨¨⌒\)
          /∧ \ . . 人ニニ=----   __-=/      ____  、     / ⌒ ¨¨ \  . .   . . .,
           /∧  } . /. . }ニニニニニニ=-人     /i:i:i:i:i:i:}   ⌒¨¨ ´          \  . .  . . .
              ', 人 . . .八  ̄ ̄「  ̄ ̄ ⌒ \ __/i:i:i:ニ=- /                   . ', . .
             V-=ハ ./  \-=ニ>、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\{/i:i:i:i:i:/                  }  . .} /
             /-=ニ}. .  . . .丶-=ニ\---=ニ:i:i:i:i:i:>i:i:i:i:⌒\                   , . . 八(
             -=ニニ八    . . .}-=ニニ「  ̄-=ニ/⌒ 、ニ=--へ _          ____ /. ./__ __ ____
           /-=ニニニニ\  . 八-=ニニ{i:i:i:i:i:/{/i/i/i/\i/i/i/i/i/ニニ=─ ─=ニニ/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/iア⌒
           イ-=ニニニニニ=-丶( ⌒-=ニニLi:i/-=八i/i/i/i/i\i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i//⌒
        /-{=ニニニニニニニニ\ニニニニニニニ=- 、i/i/i/i/iニ=- ⌒\i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/i/
     , -=ニニニニニニニニニニニ\ニニニニニニニ=-\i/i/i/i/i/i/i/i/i \i/i/i/i/i/i/i/i/i//ニ=---   __
      /-=ニニニ\-=ニニニ\ニニニ=- \-=ニニニニニニ=-\i/i/i/i/i/i/i/i/i/ア⌒ニニ=--⌒ --=ニニニニニニ=--   __
    -=ニニニニニ\-=ニニニ\-=ニニニニニニニニニニニ=- 、i/i/i/i/i/i//-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=--   __                     ⌒\
   /-=ニニニニニニ=- -=ニニ\-=ニニニニニニニニニニニニ=-- ⌒¨ --=ニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニ=-- _              __ /: .、
   , -=ニニニニニニニニニ=- -=ニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-  -=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニ=-- _ ----=ニニニニア⌒): . 〉   }
.  /-=ニニ丶-=ニニニニニニニ=- -=ニ 、-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- -=ニニ=- ⌒\-=ニニニニニニニニニニニニ=-\-=ニニニニニ/⌒)´: . . .{   人
  -=ニニニ=-\-=ニニニニニニニニ=- -=\-=ニニニニニニニニニニニニニニニ=-   ̄ ̄ ニ=- 、-=ニニニニ\-=ニニニニニニニニニニニニ=-\-=ニニ八⌒)': . .   ⌒  )
 -=ニニニニニニ\-=ニニニニニニニニニ=- \-=ニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-\-=ニニニニ\-=ニニニニニニニニニニニニ=-\-=ノ⌒厂 : . .    〉 (⌒
. -=ニニニニニニニ\-=ニニニニニニニニニ=- \-=ニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-厂⌒\_ノ⌒Vニ=- 、-=ニニニ=-厂 ⌒\-=ニニニニ=-V(  (: . .     /  ⌒)
,-=ニニニニニニニニ丶-=ニニニニニニニニニ=- 丶-=ニ\ニニニニニニニニニニニニニ=-/ ⌒ ) (  ̄ (    }ニニ=- -=ニニ/(  ̄ \ ¨¨⌒,ー‐‐ (⌒ー¨: . .    . .   ̄ )
-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- -=ニニ丶ニニニニニニニニニニ=- /( _ (⌒\_): . . L  〈-=ニニニVニ=-(⌒ヽ〉: . .  \ _ / :\ __ノ: . . . .     . . .  \(
                       ↑これは鉄兵君も惚れますわ

・さて、彼女の真名「ディーナ・シーの騎士」であるが、これは特定個人の名前というわけではない。
・ディーナ・シーとはアイルランドに住む妖精を指す言葉であり、元々はアイルランド神話の多くの神がいる種族
 トゥアハ・デ・ダナーンが衰え、フィアナ騎士団の英雄となった後に徐々にこの妖精になっていったと伝えられているそうだ。
・彼女はそのディーナ・シーの中でもフィアナ騎士団を強く尊敬する個体。まぁつまるところ無銘鯖の一種である。


38 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 01:05:24 ID:KG6wepim



                                 ____
                                  ´ -<⌒\
                          ---- ,./         \
                 ´           __       ` <⌒\
                 /             ⌒\      \  \
            '                 、    Ⅵ. . .     ',
            /   /      ,..::        \   Ⅵ. . .
          '        ト、{i:i:iイ  、 丶   \_ Ⅵ. . .
                 i       i'゙゙゙""|  {\ \ / 丶Ⅵ . .   }
           {    |       {  斗 -八 丶 ヽィ≠ミ Ⅵ. .
                 |     八´ 八 ⌒\ ⌒ ん Ⅵ. .  ,
               八     Ⅵ  ィ≠ミ、      Vリ  i. .' /}/
         __Ⅵ∠介\   Ⅵ〃 んハ  //////}/
       rくi:i:i:i:i:i介i:i:i:i\丶   Ⅵ 乂ツ/////  . i
       Ⅵi:ィi:i:/ |i:i:Ⅵi:i/  \ 乂__ ////     '. .|
        /i:i:/. .|i:i:i|Ⅵ乂 V 〕iトf⌒ //   ,、  イ. . |
         /i:i:/. . .|i:i:i| i . . . ¨V . ∧〕iト        /^|. . .|
         `「´. . . 「⌒.|. . . . . ハ. . ∧      ア¨¨^⌒) |. . .|
.         |. . . . .' . . .| . . . _/ V. .∧   ハ  '⌒Ⅵ . .|
.         i. . / . . ._j. .ィ^{ \∨. ∧   {  ',   Ⅵ. .|
.          j/. . . ィi〔⌒   \ `v . . .     Ⅵ   Ⅵ..|
.        /. . . .'.〈⌒〕iト __,.   \ }. . . i       ハ _ハi..|
     /. . . . ./ . 乂/「 ̄     |. . . |\  __///V⌒{..ト
    , . . . . . . /. .⌒i^ 乂 __「⌒\, |. . i |  ¨{/////∧ }..|  \
.   /. . . . //. . ./{       (⌒^|. . l |〕iト _>、/////} '.∧   ',
    . . . ./{. ' . /  |        〕iト┤ 川    ⌒ 〕iト /|/八..',   }
   . . / 八 . {    |           }. . . |         ⌒\∧...   ,
       ↑作中でこんな顔させたかったなぁ……

・作中ほとんどの時間をミニサイズで過ごしていたため鉄兵君の性癖が疑われたりもしたが、
 伝承では「常に小さな体とは限らず、人間大やそれ以上の大きさになったりする」とあるので
 実際安心だ。
・元々メインで戦闘するときは人間サイズにさせようと思っていたのだが、鉄兵メインが強すぎたため
 お披露目がめっちゃ遅れたという割とどうでもいい経緯があったりする。
・鉄兵の小話の時にも話したが、ランサーの呼び名が「ちびすけ」だったのは、ディーナ・シーという
 種族が本来の名前を呼ばれるのを好まず、「良家の方」「おちびさん」といった呼び方を好むため。
・とまあ色々語ってしまうぐらいに、ランサーには色々設定を詰め込んでいた。なんか妄想が捗ってな……


40 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 01:20:37 ID:KG6wepim



                  ,.  --ミ   -‐……‐-
.                 //^> ´
               / /       /      ヽ    ヽ
                  ' /  '  /{      、   ', i   ',
                     '  / `メ、{   i丶 \  i. |  . :.
.                 i   ' /   {   ト、 \ \}. |   . :
.                 | {  { :{ |\ 八  乂\  ヽ }. |、 . :.i
              ,.  ´|八 八{ |::::}`  \{⌒  ̄  }. | \ __}
           ´    ,./∧{. i ゝ'    ^「:::ト、  ,. .| ィ介「、
      ,.       ,.  /i:i:i:i:|. {Xxx      、_ノ   .: . }/i:i:iハi:i:i\
     /       /  〈i:i:i:i:i:i|.込、      xxX イ/ .<i:i:i/{ Vi:i:「
.   /      '    ⌒「^|. . i::... ヽ     ィ: :,. ./. .「i:i」 }i:i:|
  '     _/         |. .|. . | : : >r‐<  |: / /{. . . 「. . .V^
  {    ¨ ⌒ ニ=-   .,「i⌒|. . ト、 : : r}     { ' /:八 __j_ . '/,
.  `   .,          { l  |. . } { ̄ {{    // i ̄}/   ヽ. /,
.     ニ=-   _       { l  | . , ∧  ',_/ / . }/     ', }
           ニニ=- 乂 j. /  丶 ____ / . /. i      }. .}
              /.^> ' /、 ____    __' . /.: :{ __  ---rイ. .}
                 / / //⌒<⌒介⌒> i. .' ⌒「 ̄     }'. . .i
             /. ' //     Vi/|i:i/  }/   :      : . . .
             '. . { '/     〈_/{ L{   /i  . :i      i . . ,
            . . . 圦{.{   . : : 人   {ハ . : /{     : . /
             /. . . 个i.ト: : : : :ィ ⌒::..、 : :V}: :ィ..:i     : ./
          /. . . . /{. . 「  ̄       ¨ }': : : :     .:/
         , . . . . .イ. i. . {              . :     .:/
         . . . ./ }. |. .∧     __        .:i
       /. ./  , . .i./ . ト --i⌒\      ィ|     i
        //    /. . / . . j . :.:|.: :./ iト -  .. :{     {
       /      {. ..イ . . /  . : i.: / . |!     . : {
     /{     八(⌒) / i   .: ′       . : i     i
       ↑鉄兵君が頑張ったら見れるかもしれない表情

・鉄兵と出会った頃の様子は回想シーンでチラッと書いたが、
1.軽い気持ちで鉄兵が聖杯戦線に参加
2.呼び出されたランサー、戦闘に怖気づく鉄兵を庇いつつ前線でガンガン戦う
3.これじゃアカンと一念発起した鉄兵、ランサーの宝具を使えるようにするべく試練を受ける
4.なんやかんやして試練を突破し、コンビで聖杯戦線に参加するようになる
 といった感じ。
・まぁ10代の多感な時期にこれだけやってれば惚れてもおかしくはないわな。
・残念ながらランサーの方は恋愛ダイスが走らなかったため、ランサー→鉄兵は
 恋愛感情まで行っていない事になってしまったが……
 まぁ、攻略していく楽しみが残ったと前向きに考えておこう。


41 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 01:29:34 ID:KG6wepim



        |. .|. . . Ⅵ{///////>、          __ ィi〔//>´/: : .          /i:i:i:/
        |. .|. . . . Ⅵ///  ̄'⌒\ ____ .。o≦///>|´: : :/: :             /i:i:i:/
        {. ハ. . . . .Ⅵ´        \//////ィi〔: : : :|: : :/: : .         /i:i:i:/
      V. }. . . . . }i /         丶 ̄ ̄: : : : : : :|: :/: : .         /i:i:i:/
.      /ハ.}. . . . . ..V         \: : : : : : : : : :|:/: : : : .         '/i:i:i:/
     //  V. . . . . . ',r</>、     __V>、: : : : : : :./: : : : : : .     /:/i:i:i:/
 i|    .'/  八_. . . . . . .{////〉   /⌒V∧: : : : : /: : : : : : : : .   ': : /i:i:i:/
 l|   i/   「//>、. . . . \//{-=ァ      } }: : : : / : : : : : : : : : /: : :/i:i:i:/
‐┼< |    V///{. . . . . . >‐ ´  ̄  ̄ ¨//´⌒  ̄ \: : : : :/ : : :./i:i:i:/
. |   | i \  V///>、. /          ⌒ ¨¨ \⌒ヽ: /: : : : :/i:i:i:/
      | ⌒ 二= -- < __         ヽ  、    \: : ': : : : : :/i:i:i:/: : : : : :/
      |   ⌒ア//ア⌒  `,ヘ{^\- ___ ', \ \ 丶: : : : : /i:i:i:/: : : : /
      | i __ ィi〔//     ⌒ア''\ 丶¨二ニ=V  ヽ  ',  ',: :/i:i:i:/: : : /
|       | '⌒ </  ィi〔  /{、  \八≧=- }   V  V>、 } /i:i:i:/: : /
|          / イハ/i ィ 八 \   )>-/Ⅵ   ',/ } )'/i:i:i:/: /
|i    |     '//{iノ} {/.| ィチ芋示x  ィ竓ア '  ハ }/}/ ィ^Y、i://
|l    |i   !|  {! /∧ノィ|. .Ⅳ乂rツ     ゞツ/ / /}/__/とゝ'ニ∧
|l     |i!  |i   | {///>八 込、' '    ,   ⌒ア /}/ニニニVニ≧=-}
|li   |i!   | .ィi〔≧s。|/〕iトァ介: . r:::::y  ィノィニ{ニニニニ〉、アニ/
|li   |i!   /: :i| : : : : |>、_,イ/ - }>< ィi〔ニニVニニ/i:i:/ ̄
|l:i    |i!   {: : i!: : : : : : r、_} | /_ .ィi〔////〉ニニ>´/i:i:/
|l:l    |i!   ∧: : : : : : : :イ'⌒ |V廻///////{> ´: : /i:i:i/
|l:|l   |i    }i: : : : : : :/ }   . .| }//////////〉: : : :/i:i:i/
|l:|i   |!   }l: : : : : :/ /. : : : :|/¨´⌒≧s。//: : : : 'i:i:i:/
|l:|:il  |     }|: : : : : :{ {: : : : .ィ|liト、 __ _⌒___/____/
|l:|:il  |   ノ乂_r‐、_レ' ア「  |li{  ̄ 〈^i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。
|l:|:il  |    V __  __ ィ'  __〉 |li{  __〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。
|l:|:il  |     V   /}  (^   |l:!: _「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。
|l:|:i:l      V   {'^⌒   |l:|:「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
|l:|:i:|       }   iV    |l:|:l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
|l:|:i:|!      | i   |li   r‐‐'|l:|:i!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i。o≦「 ̄ ≧s。i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
|l:|:i:|i   |    i| i   |i  {i:i:i:i|l:|:i! r≦ ̄/ ̄// ̄\   ⌒≧s。i:i:} ̄ヽ
|l:|:i:|i   |  i  | |i   |   ,〉 ̄|l:|:i「   'i:i:i://   /     . ‐-、 /    〉
|l:|:i:|i   |  |  }ィi〔ニi|>、/|   |l:|:il  /i:i:i://   /    /   >     /
|l:|:i:|i!     |ィi〔|ニニiニ|ニⅥli |l:|:il: /i:i:i://   /   /    //   /
|l:|:i:|i!     〈ニニi|ニニlニニニ〉 i |l:|:i:l/i:i:i:i//   /  <   / 〈    /
|l:|:i:|i:i     Vニi|ニニ|ニニ/i|  |l:|:i:|i:i:i:i//   〈    \/     \_/    / \_
|l:|:i:|i:i   | i Ⅵ|ニニ|ニ/ |i   |l:|:i:|i:i://      ̄\____        /   /   ,へ
|l:|:i:|i:l   | | /ニ|iニニ|ニ>、 il   |l:|:i:|i//     ,へ.         /         /    / /   >
|l:|:i:|i:l   |ィi〔ニニニニニニ≧s。|l:|:i:| /     /   `ー―-/\__  〈_   //   /
|l:|:i:|i:l /|:i:r<ァニニニハ///〉i:ii:i\i `ー―一'       /        ̄ \ ̄<     /
|i:ト、!i:/i:i:i:i:i{/{//'「/〉V'{i::}// |i:i:i:i:i:i|ヽ  | / /      ∠__          /   \/
| l 〕ト|i:i:|:i:i:iし'V{i:|/{i:i:}/}(_/ |i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵi/(/           ̄ 7   /
|  |i i〕ト|i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ/{i:i:}/}i:′ |i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:/ ′/   _     /    /
Ⅵ ! i |丶|i:i:i:i:i:iゝ':i:iゝ'   Иi:i:i'i:/i:i:i/   / /(/   ̄\_ /    /
. Ⅵ | |  |\i:i:i:i:i|i:i/     |i/(/{i:i:i/   //   |            /
\Ⅵ    |i  \ノレ′     /  八/       /└ ― = ., _/
  Ⅵ       丶               /   '(__/ ' /(_/
\  Ⅵ                   /    /  //   /
        ↑カッコいい(確信)

・能力面で見ると、そこまで特化したものはなく平凡なランサーといった印象。
・というか、宝具が他者強化なのにスキルが自分のステータス強化に偏ってるあたり
 微妙に咬み合わせが悪い。
・この辺りはキャラデザイン時に相手によって鉄兵とメインを切り替えていくスタイルにしようと
 思っていた頃の名残だが、結局鉄兵メインの方が基本的に強かったため単に
 宝具とスキルがかみ合っていないだけになってしまった。
・まぁ最終戦では一騎打ちになったためまるきり無駄ってわけでもなかったが。


42 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/07(日) 01:35:21 ID:KG6wepim



                                  --
                   . -‐    ̄ ̄ ¨ /,. <⌒\
                   /               \
                   '/  /         ヽ   、   ',
              / ′ ,  ,,ヘi   丶     ',
                  ' {    /''゙゙{  、 \\    }   }
               { /{  i /   { 丶 \ 丶ヽ}
.            、__.斗==ァ { / ̄`八  ト、 ヽ ̄ } '     ,
               〉/⌒Y∧Ⅳィぅ示笊丶{⌒ィチ示ミ}/   , /
           〈/{  }/〈从{ 乂rツ     Vrツ /  ' /j/{
           ⌒}  }'⌒} ハ , ,        , , ノィ ハ//〈 |
             }  }. i .} 込、    '    / } }'⌒ |
             }  }. l .} {. .个: . `  ´ .ィ、. .} }. . . |
             ,:   イ. ,._} {斗' } >- <,:   ー} }-- .|
              / , < ̄{ V∧  '     ,:     ,} }    \
           , /     v∧∧- 、   ,. -‐ // '     、
            '    、  ` }  }、      -< / /...'   ::.... }
           { {    V  ,  } ≧=- --=≦ / /       __ /丶
              └ォ、 __t_}__/  , - ‐‐┴─ ===' /- v== --- {. . . .\
            ,  / T ¨¨/ニ'  /ニ{>{}<}ニニ/ ,ニニV    . . .   丶
           ノ  '. . |  /ニ{  {ニニ〈∧〉ニニ{ {ニニニ      v、. .    \
       ィi〔 /. . . l  {ニニ) )ニニ=--=ニニニV ハニニ}',    V.\. .   丶
     /  / / . . l   、ニ/イニニニ=- -=ニニニ} }ニニ/. ..      V. . .、. .     \
   .'   '   ,. . '. . .|   \ニニニ=≦==≧=--ノイ-=イ. . . .     V. . .\. .      、
   {/   /. /. . ...l     {ニニニニニニニニニニニ{ . i. . .   ,..  、. . . .ト、. .
   /    イ . . /. . . /l    }ニニニニニニニニニニニ}.. }. . .、 '´    . . .i \. .
      ' {. . ., . . . / , __    }ニニニニニニニニニニ∧八. . ト、     、 }   . .    }
  {   ,八 . . . . .' / ¨   ∧ニニニニニニニニニ/ニニ\). }. .>、      \   }. . イ. '
  ,八 {   ヽ. . . {/     'ニニVニニニニニニニニ/ニニニニ>、∧. .>、      、 ノ/ j/
    ヽ    \/   /ニニニニニニニニ=-<ニニニニニ/、 }/ }./>、     \
            /    ヽニニニニニニニ/ ̄Vニニニニニニニ' ....\ノ'   \     、
         ′   '/ \ニニニニニ' .........Vニニニニニ/.、...  ....',    丶    ¨ ─ -  、
          /   //..........\ニニ/.......... /\ニニニ/  ..\  ∧       \    __ 、 ',}〉
        '    ,  /....../   -   ̄      -....      ...\   、      >、 ‐ 、 V',}ノ
       /       /.../     ....\       /....        ..\  \    /  >-' }ィ´
.      ´  __ /  //          ...\       /....        ......丶  ヽ/    ...../ {
 <    _ ,. 斗-<              丶    '...       ...............___,.斗'     .......'  ∧
{ - f^>´ 、..............     :             \/...         ........ ̄       ....../  '  ',
ゝ'^}..  ..   ̄ 7.....  i..                /...                      ....../  /
  }..  ..    /.........  l...           /..  .....                ....../   '
  ∧   、  '....     l....           /..  .......             ....../    /       、
. /....}   \/    ,   l.....         '  ..........                ....../      /          \
/..... }    ′....      l......             ...........            .........         ′          丶
.........{   /..../       l.......         .............                                \
..........〉  './       :.... l.......         ...............    '.....
......./   /...      ...... l........    ′ .................   /.....                                \
......{...  '...         ...... l........    /   .................   '.....
......{..../...         i........l........  /   ................   /.....                                  }
 ̄「....    ___     }..........、   '    :.............    ′                                    /
                  ↑メインヒロイン内定

・さて、ウィザード陣営との決着や鉄兵との関係など、いろいろ不完全燃焼に終わってしまった感のある
 ランサー陣営だが、逆に言えばそれだけネタが残っているということでもある。
・実際鉄兵とランサーについてはやりたいシーンが一つ思い浮かんでいるので、短編か聖杯戦線かは
 わからないが一度主人公で回してみようと思う。
・その時は貴様が攻略対象だ。覚悟しておくんだな……!


147 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 22:56:26 ID:ZRBXqr7U



\ \                       ____                  /   /
  \ \              ミzz >''´ / ヽ`''< zzァ.            /   /
   \ \.           <i:i:≧≦i:i:≧≦i:i:≧≦i:i:>          /   /       _,...-
                    // / / ,' ハ  }! ハ V                 _,.. -
-  _                /イ/ / /\l{ { .} ,'/V   乂
                   | 〈{  {.∩从 ∨从∩ }   l/ ⌒ >           ____
__          <_⌒V乂 {.∪   乂  ∪ }ハ/ニ心′           ̄ ̄
                    V′V⌒.:.:. 、_、_, .:.:.:/  }ニニニ〉                ____
               /{ /人     {__ }   {l{ /ニニ/          ̄ ̄ ̄ ̄
                ヾⅥ(ニニ〕h.、 ___  _ .ィ从/ニア                ___
__              寸ニニニ〈 小 〉ニニニア
     ̄.               寸ニニニ∨ニニニ/                    __
____                 |ニニニニニニニニニ|                    ̄ ̄ ̄
                   |ニニニ〈 j 〉ニニ|
                      /-=ニ/ニニニニヘ=-\
                /-=ニニ/ニニニ二ニヘニ=-\
   /  /          (_辷辷辷辷辷辷辷辷辷辷辷)                  \  \
  /  /                ∧:::::∨                          \  \
/  /                  ∧:::::∨                          \  \
                          /:::∧::::∨
                        〈;;;;/  V;;;;〉


*敗退陣営小話
アム・イスエル編(キャスター陣営)


148 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 22:58:22 ID:jrkKPh34
キャーアム様ー

149 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:01:03 ID:aTLpt4Xn
アム様ステキー!


150 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:01:17 ID:ZRBXqr7U



                _, -、_
            >''´/   \ `''<_ノ)
.        )h、 ,ィ / /_,,、zzセニニニア、zzzx
      ≪ニニニニ彡彡'^マニh'^⌒ヾニニ≫≦ニニ≫
      ≦/¨´ /^´/ .|    } l  `⌒ . `Y⌒
.       {.   l| /从| ハ / ハ  }   |  l.   _|_
        从. ハ / ̄ハ乂/ /-、', ハ 从 ∨     |   +.
 +.      乂ゝ| ==ミ ∨ __ V  V  `ト≧
  ┼   彡  圦""     ` ̄"/ / }l ノ
.          / /)h、  マフ  .ィ{ 〈! 八{
.         从{ /.ィ≧==≦zハ  ハ{
            ∨:::〈 / /::/ マノ.イ::)h、
.         ァ,┐''¨¨¨¨^''<:/  マ  >:::::::ヽ
    (( 〈l」」」        ヽz≠ミ:::::::::::/
.      /           ヽ:::::/::::::::/
      ,                }::/::::::::/
       {   _r― 、.      //::::/:′
    _人   辷‐   ∨_...//:/::::∧
  /ニニニニニ⊂、、__///  ̄\:::::/:::::\
/ニニニニニニニニニ{//:::::::::::::::::::/::::::::::::::ヽ
    ↑結局一人も篭絡できませんでしたね……

・安価枠にして、他候補からダイスで出演をもぎとった幸運の持ち主。
・AAの出展はランスのアム・イスエル。
・原作ではもっと中二っぽい喋り方をする人なのだが、今作では修三になった。


151 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:01:47 ID:qwfhfbfz
幸運の持ち主(ダイス目がいいとは言ってない)

152 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:04:29 ID:jrkKPh34
終盤まで振るいませんでしたね…


154 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:10:30 ID:ZRBXqr7U



.           {lh、 _ -‐…‐- _>ァ、 __,、__
        、--'::::::::}h、ヘノ::`^^::::::/__,ィ:::::::::::ノ__
      ___ヽ::::::::::::::/:::::>,~<::::::::::::::::::::::::>
    ___ヽ:::::::::ノ^^l^''l^{ }  ハ  ハヾト、:::__√
.    `''ーク::ノ { ハ― 乂 イ―∨} }ノ  )h、
      (::::イ 从乂●    ● ./  人卞⌒
        乂ハハ {⊃ 、_,、_, ⊂⊃./ソ 厂
      /⌒'</ ハ   ゝ._)   { //⌒i
       \厂}乂{::::>,、 __, イ:∨/_/ク
.       厂}::::::::::::::∨ |::| ∨::::::辷辷ク
         ⌒''<::::::::::ゝ(::)彳::::::::::::彡'
       ↑通常AAよりこっちの方が
        似合ってる気がする今作アム様

・展開上の活躍としては、まずは開始直後に主人公と遭遇。
 1日目のコミュを取られ、その後もなんだかんだで活躍には恵まれていた印象。
・ただそれ以上に印象的なのがダイス目であり、策謀使って主人公に幸運を献上(しかも令呪)、
 洗脳ダイスを悉く失敗、セイバーの篭絡にも失敗とやたらネタに溢れていた。
・一方、熱烈でセイバー陣営との同盟を締結したり情報判定クリティカルで令呪が生えたりと
 帳尻を合わせるように幸運も舞い込んでいる。君特異点か何か?
・最終的に、直接戦闘力に乏しいキャスターで単独2位につけてるあたり
 実はやり手なのかもしれない。


155 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:18:24 ID:ZRBXqr7U



                     _
              __、‐''゛>''´  \`丶   _
          \ー-ト\ニ=-、寸ニニl    _、rf〔/
           \ニニ/ニノ\ニニ\ニニニニく\
        -=ニ∨ニ/ー'   ⌒寸辷\ーニニニニ=-
         __ノ^⌒  l ─--ミ        \ニニ\
        _ ̄ソ ノ| 从  |、    斗─‐-ミ  寸ニ=‐⌒
         ``ー彡八 7灯弔ト \乂ノ|-/| ノ    寸-|
           丿ノ   ゝ| Vzソ  ^ー灯弔トミァ  } \ヾ
         '⌒{ |  ‘,    ,   Vzソ 厶   {``~
           ヽト、  ‘,  、      人  ト、ゝ
     _____}__\} ト   ´ _ イ~´   ト、
     |         | ),ィ(L≧==チ \    l| ‘ヽ
     |______」-=ゝーΥ‐入   \|  リ  } }
     /_>    {-<>ノ\六ニニ六ニ=─-ミ∨/  ノノ
      / 三}   /ニニ{彡 \}}-{{  VL 〈L>ニ};′/
    .| _ノ┘ /ニ/しヘ、 }-{{ __Vニニニ|
    ハ 八  |ニ/ニニニ{-V八r'ニニノ-ニニ|
    {{У/-\_lニ{ニニニニ\ニニ\ニ/ニニニ7
    '⌒ヽニニニ圦辷 -彡ニ∧ニニ\ニニニ/
       寸ニニ圦ニニニニ∧二ニニニ/
        \ニノ|ニニニ∧ニ\ニニ/
            ノ-ニニ/  Vニニ ̄ニ〉
             _{\ニニ∧ i! 〉ニニニ{_
            /ニ>~ミ∧' /ニニ//、
        _/ニ/ニニ/ニ∨ ̄ー‐<ニニ\
      _ノニ/ニニ/ニ|ニ/ニ\ニニニヽニニ\
  -‐=ニニノニノニニ/ニ/ニ|ニ{ニニニ\ニ\ニニニ\
/ニニ/ニ/ニニ|ニ|ニ{ニ乂ニニニニ\ニ\ニニニ\
     ↑何持ってるんだろうねコレ


・ちなみにシナリオ開始時点では彼女の設定はほぼ白紙であった。
 前回参加した聖杯戦線で好成績を収めていたってぐらいか?
 まぁダイスで決まった枠だし仕方ないね。
・シナリオ上の役目としては、洗脳を活かしてあくどく立ち回る
 悪性陣営を想定していたのだが、1日目のコミュの結果エンジョイ勢寄りに。
・場合によってはキャスターを騙して使い潰す悪人になっていたが、
 まぁ聖杯戦線だしこれぐらいのゆるさで丁度よかったかもしれない。


157 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:29:47 ID:ZRBXqr7U



                        __
                  、、、、/ ̄>''ア  >~ミ  _
              _,,、、 ハヽ:::::ヘ  _/:::::/ィ:⌒:::::::::ノ::::::::/―ァ
             ヽ:::::::::ヽヽ::::::::>'´ア⌒ヽ::::::\::::ヽヽ:::::::::::<
          <⌒:::ヽ::::::>/;;;ァ~'    |ヽ'´∧ }   }`''<ハ⌒
            `>:::::::辷ノ {   {ヽ.  |,,、-―'' ハ 八  Y
             ,イ::::::: /  | | ヘ  乂}  /}./,ィf斧ミx'   ト、 }!
              /'⌒{::::{  | | ,、≧、,} ./ ノノ''乂リ∥ ./ |l }ト.乂
                '::ハ 八.ヘヘ ィ斧ミ./ヾ  ''"^/  /} |/ }!≧
               ヽ_\ヽヾゞツ 、      {  レ' / 从
                / ./  ハ´´   _  '   乂/ ,イ ハ(
                {  |',  { }h、      ,イ/ヘ ,-、ゝ__
               ,、_\{ ヽ {/ノ从≧。 .イィzzz「`ヽ ∨ニニム
             /  ̄`,ヽ ヽ!  ゞ  ノニニァ、`   ',ニニニム
               ァ'    ,ィ/Uzzzz=-‐,ィ汽〈〉汽ゝ、    }二二二ム
           ,ィ尖尖ァ  /ニ〈_ ,ィニア /i/   マ ヽ,ィ尖尖xニニニ}
         (>ニニニ}  'ニアニア  ./i/     マzイニニニムニニセ′
.            マニニニム {/ニ心   /i/ ,,、<ニニニヘア^^^^^寸二7
             マニニニYニ二ニ}!./i/,ィニニニニニ=}!ニニニニ}ニ7
            マニニニ八ニニニ<_,{/{_〕ニニニニニメ lニニニニ}ニ′
     ,,、、zzzzzzx、,マニニヘl≧≦ニ少ニニ≧s。ニニイニニlニニニ/ニ/
 __,ィニニニニニニ心ニニニ/ニニ/ニニニニニニニニアlニニニ/ニ/
ー辷ソ::::辷ヘ::::ヘ:::辷ハニムニニアニニニ|ニニニニニニ=㌢   lニニ}ニj
:::::\::::\::::::\:::::{::::/:::::ハ/.ニニニ|ニニニニニニア    {ニニ}=/
::::>~:::::::`¨⌒⌒⌒ヽ::::ハニニニア マ二二二ニニ}    ヾニニア
:::::::\::::::\:::::::::::::::',:::::::∨ムニニア  マ二二ニニニヘ      `´
:::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::Vムニ{ ソ   〉ニニニニニh、
::::::::::::::::::::::::::::::::::,\:::::::::::::Vハ沁、,,ィニニニニニニニニニ=- 、、,,
:::::::::::::::::::::::::::::::/  _,,、、zzzヘ√ヽニニニニニニニニニニニニニh、
 ̄ ̄::::::::::::::::::/≦ニニ>''´ヽ:::::{::::{:::∨ヽニニ厂辷ソ:::ヽニニニニニヽ
::::::::::::/::::::::::lニニ>''´     `^''<:{::::{:::::::{::ヽ::::::ヽ::/:::::厂ヽニニニニニ=-
:::::::::::::::::::::::::::{ア_            `''~<:::::ヽ:::::ヽ:::::{::::::::{⌒マニニニニニ
::::::/:::::::::::::::::l マ`^^^寸zzzzzzzzzzzzzzセア''^^^^^マ⌒⌒^''ヽ::人:::::厂マニニニニ
::::/::::::::::::::::::l .マ    マ:::::::::〈父〉::::::::: カ       マ      |:::::::ゝ{:::::ハニニニ
::/:::::::::::::::::: | .マ.     マ::::::::::::::::::::::::::/.      マ        !:::::::::::::::::::ゝ<::)ニ
/ :::::::::::::::::: | _マ.      ヽ:::::::::::::::::::::/       マ.        ′::::::::::::\::::::::厂
:::::::::::::::::::::::<⌒厂厂厂/ヽヽ::::::::::::::/ ,ィ⌒厂厂厂厂ノヽ /:::::::ヘ::::::::::::::\::::ヽ
      ↑本編では未使用のサービスシーン

・能力評価としては、多分今作マスターの中でも上の下程度に入る強さ……だと思う。
・なんで自信なさげなのかというと、こやつ作中でスキルを全く活かしてないのである。
・洗脳魔術は2発とも失敗し、陣地スキルはセイバーと同盟したため使いどころがなく。
 コードキャストしか使ってないぞこいつ。
・洗脳魔術はうまく使えばものすごくえげつないことも出来たはずなのだが……
 その点は本当に残念だった。


158 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:33:38 ID:ZRBXqr7U



                 _ァ― ミ___
              >''´/  ヽ  ヽ  `''<   ,、
.      ト、 .>''´__ァ~ァヘ~、_,,―、 _>''´:ノ _,,ィア
.      }:::;;h<::::::ノ:::::::/:::ヽ:::::ヽ:::::::::::\::::::::,イ:::::::::::ア
    <::::::::::>' ⌒/ ^ハ^^l`<::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::⌒>x
      /`'´/ ∧ ハ { | }!   | `''<::::::::〉::::::::::::::>''´
.     {  { / ∨ ハ.乂 从 ハ    ハ  V⌒^}´
.     乂 /∨ ミzz彡   ミzz彡∨∨ \ V \}
.    彡/ ァ´           / ,i}.   \V _ヽ
.      { {      _,, 、‐―┐{ 〈/   八  /
.     ゞ/\    V : : : : : ノ 乂/  ,イ   ,イ
.      /   /)h、   `''  ''´ _ /  ,イ乂.イ
.       {  /   V≧=-tzzzz{. { /V ⌒
.       ヘ从      ⌒,,斗||㍉ ヾ∨V
              ,ィ:::{/_||_㍉}::::::∨
             /:::::::::: (_||_):::::::::::::::: ∨
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨

ところでアム様、次回参加時もキャスターと組みます?

【安価↓2】
1d100 50以上で組む


159 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:34:42 ID:EfmLkF1B
【1D100:62】

160 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:34:45 ID:8JFs7Kjj
【1D100:46

161 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/10(水) 23:34:48 ID:jrkKPh34
【1D100:95】


163 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/10(水) 23:42:20 ID:ZRBXqr7U



          ゞニニh、ヾニニh''´  マム   ハ` 、    `寸,斗ァ
         -=ニニ>''≧ニニム__/マニ〉 ./{lム',  ヽ  ヽ.  マ/  ,、ィァ
           /  `''ー''´⌒>ニニ≧zzxマノ_,,斗ァ  /) /ア/ア
         /   /   ,'-=ニニニニイ>ミニアV=ヘ寸-=ニニニニニ=-、、,,_
.        /   ,     l    |   |  |    寸心 ',  ̄`''<ニ≦ ̄
       /{   ,|   l.   |   |  |   , ハ`¨¨ ',     V`'''´
         V{  /|.   l―-、、,,   l  l   /|| ',    i      V
          V / ハ   |∧  ハ   l /  /‐||―ト   }  ヽヽ . V
           / ',   { _ゝ从 ヘ.  '/  〃 . ソ  | }! 八 . | ヽヽV
.        ∠_,,,ィハ  { 灯芋㍉、ヽ. ', /ァ‐__」/ /    |.  | ^`
         / ,へ ト、ハ 乂rツ  /ハ /笊/U/ソア }.    |/ |
          , / : : :ヽハ `¨        `=´/ /}    / /
          { !/ : : : : ヘ        '       / /_/ ./∨ /
          乂.  /: : : :/h    、 _ァ'7     乂: :}    } ハ
          /   / : :/ ゞ >。  / /   .。<从∨   /,イヽ',
          /,  /''"´.     __≧,' {≦{    }/   /
          人 l{     (`<!:::厂{ .{::::::::::〉  /  /
           >`__,,,、、-‐>、`''‐ 、 V:イ:h、/, イ
           /::::::::::::ア⌒ヘ マh、 -  l:::::::::‐'':::::::≧=--..、
            {:::::::::::::::し ,イム. l /¨  |ム ̄ ̄`ヽ:::::::::::::: ヘ
           l::::::::::ア´,イア  ',|{ カ   |マム  、__}::::::::::::::::::',
         l:::::::::::,イア.   l ヽ〉   | マム  マ:::::::::::::::::::::}
.          ',::::/::\   ム {    |  マムノ:/:::::::::::::::::/
          ∨:::::::::::::ヽ  ムハ!  _.|,、、-<:::/:::::::::::::::::/
             l{:::::::::::::::::::(_ム/_r~''´::::|::::::::::: /:::::::::::::::,イ
           八:::::::::::::::::::ヘ===彡゙⌒^| ::::::: /:::::::::::::::/
          |:::>、:::::::::::::尖::::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::::::/
          |:::::l:::::::::::::::::Vヘ\::::::::::::l:::::/::::::::::::: /
          |:::::l::::::::::::::::::::::ヘ::::ヽ::::::: ∨::::::::::::::/
            l::::::l::::::::::::::::/ヽ::ヘ:::::::::::::::::l:::::::::::::/
             l::::::l:::::::::::::/  ∨',:::::::::::::ハ::::::::/
.            l::::::{:::::::::::/  }  ',:',:::::::::::::::::::::∧
           ,:::::/::::::::::ヘ.  ソ  /:ヘ::::::::::::::/:::ヘ
          /::::/:::::::::::::::ヘ.   /::::::≧=≦:::::::::::::ヽ
.         /:::::::/:::::::::::::::::::::ヘ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        />'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―::::::::::::\:::::::::\
      >'´::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\:::::::::\
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::)h。
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\:::::::::::::::)h、
        ↑この表情エロいよね……

・コンビ継続はしない模様。まぁ両方後衛型で相性はそれほど良くも無かったしね。
・キャスターの願いを応援してたのは本心だし、
 相性のよさそうなマスター見つけたら推薦とかはしてやってるんじゃなかろうか。
・という訳で次回参加時は新たなサーヴァントを呼ぶことになったアム様であるが、
 果たして次はどんな奴と組むことになるのだろうか。今度は篭絡できるといいな!


257 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 21:30:34 ID:XItkIe0X



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{    ただいまー。
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ


258 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/12(金) 21:30:58 ID:cI7PJ2CF
おかえりー

259 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/12(金) 21:31:14 ID:tUwqiC7M
おかえりなさいー


261 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 21:32:09 ID:XItkIe0X



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{     今日はキャスター小話やったらキャラ生成機の開発に入る!
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{     今日と土曜で完成させて、日曜には中聖杯RTA開始したいね。
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ


263 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 21:38:36 ID:XItkIe0X



                                 _  -──-
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
      ー―一   ー一 l |             .. /:::::::::::..、\::::..\:::ヽヽ:::ノミ=ハ
    ノニノ├‐   ┼┼| |  (⌒⌒)      _/::::/:::::::::::..、::::\:..ヽ::::::.ヾミ三彡ハ
     ノ  l_,  ,ノ 亅  亅   \/        /::::/::::::::::::::. :::ト、:\:__,ノ∨ヽ::::>、ヽ、:::丶
                                /::::/::::::/::/、::ヽ`\:|  γ⌒ヽぅヽ:::::\:::::::
                             | :|: :!: : :!  ,ノ     イ     ∨ハ:、: : : ヽ
                              | :|:ハ: : ! ´ ___             リ V:ハ: : : :.ヽ
                            }: !; ; ;\! イ⌒` ヽ     _     !リ:::!: : : : :
                                | :!: : : :!:ヘ        ´  |    ハ`  、_ : :l
  ___      ____∠⌒}              |: ヘ : : :Vヘ     く      /  /ノ ::``丶:``丶
く(     ` ー < /   イー-- 、          |: :.ヽ: : :ヾ:.ゝ、  丶 __ /  /厶、 :::::::::::::::`丶::
   ̄ ` < __../   /―一   ヽ           |: : : : :::::::::::::::::> 、._ -‐ニ/:::::::::: ニ=-‐=/::::丶 _、ヽ
        〈   〈r───ュ  ヽ/|      /:::i ̄ ̄< ̄ ̄>>>>>>>>/:::::::::: /<<<<|_::::\丶:``丶、
        ヽ   l  r──孑 / ./.|  ̄ ̄\: :::i<<<<<<\<<<<<<<<</::::::::::  /<>>>>/``丶:`` ::::::`丶::`ヽ、
            \l   l  孑´  / ./:/      |: ::::i>> i>>>>>>>>>>>>/::::::: />>><<</::::::::::::::::::::::::::丶、ヽ、
           l   l  イ  / ./::/       | :::::i< i<<<<<<<<<<<< /::::::::/-/>>∧:::::::::::、_:::`丶、::::\|
            `ヽ ___ -、:/ ./::/       |::::ゝ---、___/:::::::/7> /><<∧   ::::::::`丶、::\::::、|\|
             |:l////// ./::/         |'´::::// /      /″:..:..ヽ: :ト;j:..:.> ∧`ヽ 、::::::::`::::、::::、:::\::\
             |:l////// ./:/         | :::::::://  /     /:::::..:. r、:.:.:l: :l:..:...∧∫   :::::::::::::::::\:::\:::::ヽ:::ヽ
             |:l/////  |/         | ::::/     i  / /::::::.:..八 \l : l:..:.∧ ̄ `ヽ :::::::::::::::::::::\::::::、::|ヾ:|:
             ヾゝ// ̄ ̄ソ         |::/     i /ヽ /:::::::::/> \ \/ハ_Уヽ  \ ::::::::::::::::::::ヽ:::ヾ リ
             ヾニ  ̄ ̄ソ    人,. '´   人 \、_ ト_/::::::::::i>>ゝ -| :| ∟..__   `ヽ、__::::::::::::ト、:|
              寸      < ◇ >人 < ◇ >人ヽ、:.:_/:::::::::/ //ヘ ヽヽ― ′    ヾ}:}:\ ヽ:::::::| |:::|
.               `寸   人  `'´< ◇ > `'´< ◇ >`.:./::::::::/>>>>∧: 、厂          }:}  ヽヾ::/ノノ
                 `< ◇ > 人  `'´  人 `'´ 人/::::::::://>>>∧: : :`ヽ、,,,,,,,,,___   /'    ∧
.                   `寸              :.::::::::/>>> <<<∧!: : : :      >イ      ハ
                       `寸         .  :.::::::/<<<<<>>.∧: : : : : |!ヾ二二イイ       }



*敗退陣営小話
六条御息所編(キャスター)


265 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 21:52:06 ID:XItkIe0X



.        /: , : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.         ,彡' : , : .,′: : : :.:/|: : ,イ: : :ト、ヽ、: : : : : : ∧
       |ミ彡": : :|: : :/: :./`|: /_j : : } |:|_,∨: : : : : ∧
       |: : :|: : : :|: :/:./  |/' !: : ,  |:l  ∨: : : : :.:ハ
       |: : :|: : : :|,,ィ行云圷、 | :/ ,/ィ云圷、: : : : : .
       | : : ,、: : 《 f {rしc } ,} |/   f {rしc:}》: : : :.:.:|
       |: : { {: : :⊂ヾニニニ´  ′   ヾニニつ}: | : : : |
       }: :.人}: : :{          '       /: :|: :|:.:リ
.      /: : : : :|:.:.∧      ,   ̄ ̄ヽ   ' 从: |乂
     /: : : : : :}:.:. :∧     /       }   イ!: : :|
    /: : : : : :,イ : : : . `   {         ′∠|: : : : :|
   :_: : : : : // :,ィ: : : .}≧= `ニニニニニ´ <  |: : : : :|\
    :⌒ー一' ./ |: : : :|                 |: : : : :|⌒ヽ
        ー一' .|: : : :| `二二ニニ彡'    |: : : : :|   }
     \  \く|: : : :|              イ|: : : : :|   |
.        \  、|: : : :|`ヽ         /  |: : : : :|   |
           \ |: : : :|    ー――一    |: : : : :|   |
     ↑なんか泣き顔のイメージが強いキャスターさん

・今次のネタ枠。
・真名は六条御息所……と、似た人生を歩んだ女性。
 ロビンフッドのような、物語上の人物を当てはめられた
 サーヴァントである。
・ちなみに彼女は近所で野球スレをやってる◆C..Jf6TpFM さんの作。
 おのれよくもこんなネタ鯖を! よくやった!


266 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 21:59:42 ID:XItkIe0X



          ,.  '"´  ̄ ̄ ̄`  、
          ./            ___ \
        , '    /|        \\ ヽ
       ./  /! //lll/ /!     ‐、 \\.,
       ' // 乂_,.イllllllllll|lllll|lll|  \\__ヽハ
      l /x≦ミ、| llllll||| 'l「゙ll|lllトl  l|ヽ__ `ヽ i
      ! |/《 ら沁 Ⅵ/ x=ミ、ll i ::::i   \__}
      ! lcっ辷ソ    らr心', l li |llllll lllll|
      |l /i/i/i/i ,i/i/i ゞ辷ソ |ll llll|lllllll lllll!
      | ou.  rヘ=-、    とつ|ll llll|川川 lll|.
       ヽ⊇ `¨` -、)   o/  l lll| lllll lllll |l|::
      / /⌒'{i>t---z-ο厶イlll|―|llllll lllll|
      /∧{ { { {_{_{ { { { { { {.| 川ll| ,. llll|lllllll lllll!
    ../川n/YY'y/゙! { { { { { {| 川l/ ll|川川 lll|.
    ,川ll ヾ=x_っ〈_}=-n^YY'h_j   l|川川 lll|::
    lll/‐'-' ' ' ///〉:::{ゝ==彳}|   ―-- ll_l!::
    ↑今次は光源氏が居なかったからしょうがないね


・シナリオ上の役割としては、ヘイトを集めるであろう遠隔暗殺でもって
 他陣営を集め、光源氏オーディションを開いて盛り上げる役を期待していた……のだが。
・上記の役割も十分に果たしたが、何を間違ったか最終的には今次単独2位の
 好成績を挙げていた。怨霊ミサイルが発射基地を手に入れちゃったのがデカかったな。
・ちなみにご存知の通り、光源氏オーディションは全戦全敗である。
 諦めるなキャスター! 光源氏を手にするその日まで!


267 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/12(金) 22:00:55 ID:cI7PJ2CF
光源氏はいずこ…

268 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/12(金) 22:06:10 ID:OREjQvKC
さぁ……


269 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 22:10:21 ID:XItkIe0X



                    _ .... _
               .   ´       ``
                  /   /             ミx
            ,:'   .: ´ ;';'       :   _    `::.
              // / .::::;':::.  :.   :. ⌒¨`≠彡
             ,'//:::: .::::::l!:::::  `、:.  : .⌒ー==ミ;
.             ::,/:::::::|::::::/'!:::::::. ::::.ヾ;、::`、:: :::::::::::::::}
            |::::::::::::|:::/_ И:::::: :::∧:! \、:: :::::::::::::::|
            |::::::::::::|:,ハ! `゙|:∧::::| リ´ ̄ヾ、::::::::::::::|
           |i:::::::::::!:|,y=ミ{i、从| 斗=ミx }ハ::::::::::リ
           ハ:::::::::从 xxx ` , ノ  xxxx 从:',::::::〈
             ):::::::::{`  、    ,   ノ|;::::::',::::::::.
.           ,, イ;:::::::::入   ` ー ´    ノリ::::::::',::::::::.
          /′;:::::::::!::::::`≧x.._ ..:==≠气:::::::::::|i〉`、:::.
.          /:::_i::::::::|-=彡 ≫ ≫ ≫ ≫i::|:::::::lに}:}:::::..
          ,r彡 |::::::::|≪ ≪ ≪ ≪ ≪ l::!:::::::ゞ彡"ミx、
.          /{ ≫|::::::::| ≫ ≫ _≫-=≫~^从 ::::| ≫ ≫}
       /::|≪ |::::::::|≪__≪=~≪ ≪ ≪.  l!:::::::|≪ ≪ |
.       /::::ノ__≫|::::::::|~ ≫ ≫  ≫ ≫ ≫ l!:::::::| ≫ ≫|
      /:::::ヾ≪ |::::::::|≪ ≪ ≪ ≪ ≪  l!:::::::|≪ ≪ソ
.      /:::::::::::::/ ̄|::::::::|___≫__≫__≫__≫__≫_l!:::::::|~彡":::|
      {::::::::::: / l!|::::::|  \    /  !≠ミ ノ:::::::ノミ、| ! l::|
      |:::::::: /   l! |::::::::|    \_/  _ |_≠ミ :::/≠ミ | | l:|
     |:::::::/   l!|_::::>‐=彡'" `Y´    ̄ ミ=-≠ミ ! i |:
     |::::/   ,l!/           i!          `ー 、
     |:::{    /           i!                |
     |:::| /´              i!                |
       ↑光源氏が居たらこんな顔も見れたんやろうなぁ

・ちなみに暗殺自体の命中率は5発中2発命中とそこそこ。
 とはいえ幻惑符を余してしまっていたのでもっと積極的に
 殺しに行っても良かったかもしれない。
・キョン子の令呪を削って補給線を削ぎ、命令者にトドメを刺した上に
 アサシンの見せ場を作り、鉄兵の固有スキルのお披露目の場となる。
 舞台装置としては物凄く優秀な宝具であった。


270 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 22:15:53 ID:XItkIe0X



                         _ _
                        ´  、  }'´ィ'`ヽ
                     '  ,' }',}`:.、ヽ`:.、 ム
                    //! ,ハイ、::ト;ヽ\';:::ヽ}::‘:,
                  /:::::Y::{';::{ ヽ{´x笊㍉:::ト::::::‘:.,             _
             _   /イ´::::::{イ{_、:\/' ゞ 'j!::::{ソ::::::::::ヽ       _ 。s≦ ̄  ㍉.
           ,ィi〔 ̄ ㍉_ /イ:{::::::':,笊㍉、  :.:.:/イ:::}ィi〔_Y\::`::_¨::ア ´         ヽ:':,
        。s}!= - s。<  _ }:ハ::::::ヽ:.:¨   r, イj!:/≦_〈〈㍉::::≧=―::::-:::=s。       }:::!
       /イ ‘:,     ` <:::>イ_>介s。 _/ノイ/ - 、`ヽ!:`::、::_::::::::::>-<:::`::..、  ,:::;'
       ,::::{  >≦〈〈≧s。,.:´ィ¨ノ ̄>s。_ィi〔〉〉,'     ', ,∨:、:\ ̄     `  、::Y:/
      ‘,:::レ' 〉〉〉〉〉〉〉ィi〔{:/〉≧=-ァ‐ァ-´<〉〉〉〉j!     i { ';:::ヽ:::\     ー=≦}::i!
      /〈〈〈〈〈〈> ´ >s。〈_〈〈_ ' , ヽ  ヽ_イ!      :! ,:'  ',:::::',ヽ::‘:,       }::!
     ヽ,:'〉〉〉〉/  /〉〉〉〉〉〉//  !  {_¨ヽ'Y´      ,'/    ;:::::'_ }:_::」   、_ ,:ノ
      ∨〈/   ゝ- <〈〈/ ,/  l   'ァx'ア      ,{'   _Ⅶ-. . -. ≧.= .ァ ̄
       ゝ'          ヽ' /'    |   / { ':,     ハィi〔. . . ≧=.-. ≦. ./
                / .イ   /l  ,' /   、    / }. . . . . .ヽ'; . . . . イヽ
               ,   { ! /' | ,'      ヽ   从≦“㍉._. . . . . .ィ_
       _ ___  >/    } レ/ :!/ :.      \ /. . 。s≦ ̄ ≧=≦≪_≫`ヽ
     /            }/  ,.イ'           ̄ ̄ ̄ ̄ `   ≪_,≫ ≪_‘,
   /             ィi〔  // {  ::..    ,..:'               ≪_≫ ‘, /
   ' ≪_≫       - ´     //ゝ - .                  ≪_≫ ≪_ ∨ /
 /≫  ≪_≫ -ァ― s。    /'      >、       。s≦≧s。_  ≪_≫≪_∨
 \≪_≫ ≪_≫ '    ≧=-イ/      {  /,ィ  ヽ _> ´}    从     ̄ ‘ ≪_,≫j!
  ∧      /         /     {/    /´    }    /          \,/
  / ∧≪_≫/            /     , イ_> '´        ,     /
  /  ヽ  /          ,      //          ィ'    イ
     }/           イ     , '           ィi〔'  / !
               / .:   ,:'         ィi〔:,/  /  l
                 ,  :   /        ィi〔: > ´  /
             >'  .:  ,        /´: /     /     l
            ´     .:  ハ     { : : /     /      .!
         /≪_≫      ハ:.     Ⅶ :{      ≪_≫   |
        /≪_≫ ≪_≫     ',     Ⅶ‘,    ≪_≫≪_ン
      /_  ≪_≫  ≪_≫  ∧      ,: : !≪_≫  ≪_≫ '
        ヽ`ヽ ≪_≫  ≪_≫ ∧    .i!. .}  ≪_≫ /
          }: :} ≪_≫  ≪_≫.∧   .i!. j! ≪_≫/
           、ム≪_≫  ≪_≫ }ハ   i!/≪_≫, '
              \  ≪_≫  ≪_,{ ,ハ   ',ヽ≪/
               \  ≪_≫≪ム  ‘, / ハ、
                 }  ̄ <≪_≫', ハ} ' / ヽ
                ハ     Y ≧s。} ゝィ:´   ノ
             / ム     '      j!   {
              从j_j }ノ        }    ,}
                           ハ r ノ
                         ゝレ'
              ↑この子をフった光源氏って……

・六条御息所は源氏物語の登場人物であり、光源氏の愛人だった。
 だが非常に情が重いきらいがあり、彼の正妻になった葵の上に
 嫉妬するあまり生霊が葵の上を呪い殺したというエピソードがあり
 それが彼女の宝具にもなっている。
・……というのが六条御息所としての彼女の設定であるが、もう片方の
 宝具にある「惚れっぽい」というエピソードは六条御息所側にはない。
 つまり元となった彼女の素である。
・とはいえ今作の男衆にはピンと来るのが居なかったあたり理想は高いようだが……
・「理想が高くて」「惚れっぽくて」「愛が重い」
 言葉にしてみるとワケ分らん生物だなコイツ。


275 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 22:22:19 ID:XItkIe0X



                        -――-
                  ..。::´::::::::::::::::::::::::::`:::。.
                ./:://::::::/:::/::::::::::::::\
               ./::/:/::/:ハ/::/:::/:://::-=ミ彡
              /::/:/::/斗匕|::/|:::://://::::-=ミ彡
             ./イ:/|:/r=ミ.从{ .!:/〕トく/|:|::::::::|:::::|
                    {' {'从廻リ   |'≠ミx:Nリ::::::::|:::::|
                /:{xxx 、   ‘迴ン〉./ ::::::/:::::|
              /:::::人        xxx/:::::/::::::::|
             /::::/ /:\ ^ヽ   /:::::/:::::::::::::|
            /::::/  ./::::::::::〕=≦/:::::/::::::::::::::::::i!
         ./::::/  /__ ノ  /::::::/`ヽ :::::::::::::从
          /:::::::/  /∠ x≦。__/:::/   }::::::::::::/::{:::\
         ./:::::::/:::>< /* * /::::ハ     i:::::::: /::::::\::::\
        {:::::::::{Y* _*[{ * * /::::∧ }    ::::::::::{::::::::::::::\::::\
        j/:::::从/* 〈*\*_*{::::::{*ハ!    ′:::::∧:::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::/:::/*>'’{ * }   .jリ:::}∨{   |:::::/::::}\:::::::::::::::::::::::::::.
      ./:::::/:::/イ   \{   〃:://:::|   |::/::::::::/  }\:::::::::::\:::::::.
      {::::从::::::::::.          {{:|:{/^¨|_. -┴ュ_/  j:::::ハ:::::::::::::}ヽ:::::゚。
      }//:::::: /ヽ|         从N\〈___入 >'⌒Y:::::}::::::::::::| }::::::}
      / {{:::::::/  .|             \___ ̄ ̄ 〈::::::j ::::::::: | |::::/
      .八:r〈 \ .!   ’         ヽ._   ̄{\_/:::/:::::::::::/ j:/
       _人∧  }          _.。ィ7叺 * \ \ {:::/::::::::/ /
      ./  ̄ ∧ !          _/*/〈*ハヽ`¨¨ヽ〈_ム{:::::/
   「≧Y´ ̄ ̄` ゝL. . . . . -=≦* */   ∨*}  Y¨¨ア^ヽ^ト、
  r {   ∨   /*/ ̄\* * * /    }/  {  {二つ}_j /j
  《fハ    ∨ アア    \ * * {         }><`≦=イ_
  〈と\_/ ̄ /          <._|          ハ   `¨¨¨´ \
          /          /{           i小        ヽ
        /             , ' .}|        |`¨}            ハ
         /          /  从           |  ∨          }
        ./          /  //ハ       |   \       リ
       /            /   ./  i        |    \      /
      ./           /{    .j  .!               \   /
     /         /   ∨  ./   |       ’        \/
    ./      /     \/    .|      ′
    {      i'            {      ,'
     ↑特に意味のないサービスショット

・性能的には、直接戦闘力で言えば今次最弱の鯖である。
・何せ勝率に直結するスキルが魔術しかない。セイバーあたりを相手にすると
 ただのステータスの置物になるぞ。
・その代わり、遠隔暗殺宝具と状況操作スキル二つ、道具作成スキルを保持。
 戦闘以外の性能はとても高い。
・今作のように強力な陣営の補佐につくと凄まじく厄介なサーヴァントである。
 そういう意味では今次は性能を十二分に活かし切ったと言えるだろう。
 第一宝具以外。


272 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/12(金) 22:19:13 ID:cI7PJ2CF
一度惜しかったがなぁ…あそこでピンと来ちゃったらどんな結末になっていたか


276 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 22:25:39 ID:XItkIe0X
>>272
最高はエンペラーのガワ外した趙高の75かな?
あそこで出てたら…… 楽しいことになってたな!

277 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/10/12(金) 22:35:49 ID:XItkIe0X



                   ______
              〟 ゙       ゙  、           ,, 、
            〟"             ヽ、       /  ゙ ヽ、
          /                 ゙ヽ、    /      ヽ
         /:::::                   ヽ、/         ゙〟
        ./=====シノノ゙゙゙ ::::    ::   ::::::::  :::::ヽ          V
        /≡≡≡彡"   ::::::::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::: :::::ヽ          V
      /::::::: ::   :::: :  :::::::::::::::::,、::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         ;;;;\
     /::::::::::::::/:::  ::::: ::  ::::::::::::::::::::/、:::::::::::|:::iヽ:::ヽ:::::::::::::ヽ          \
    /:::::::::::::::/:::::: ::::::: :: ::::::::::::/|::/__|:::::::::::|i:::|_ヽ:::::|ヽ::::::::::ヽ          \
   /::::::::::::::::/:::::::: :: ::::::: ::: ::::::::ノ,,===、|:::::::::::|!イ"ヾ::::|::::ヽ:::::::::ヽ           \
  /::: :: ::::::::/:::::::: ::::::r‐|::::::: ::::〃"゛゙v.|ヾ|:::::::::| .i0り|::::|:::::::::、::::::::::、             \
./::::::::::::::::/  ::::::::::::::::l.!.|::::::::::::::i i О j | |::::::::| 弋ソ彡:::::::::::::::::::::::::、             \   〟 - ‐‐‐‐‐‐‐‐‐┐
:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: 〃゙|:::::::::::::|ゞ_"ノ, .ノノ|ノ 、 xxxノ|、:::::::::::::::::::::::::::、           _ 〟 " < < < < < |
::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::| |>|:::::::::::::ヾ、xxx     ' /::|.ヽ::::::::::::::::: : ::::::、      ,, 〟"´ < < < < < <  |
:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::| |ヽ|::::::::::::::::\   、 _ , ./、::ノ  、::::::::::: :::::::::::::::、_ 〟 " < < < < < < < < ./
::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::|<| <ゝ::::::::::::::ヽ> _ />|<ヽ_________、::::::::::: ::::::::::::::、 < < < < <〟-〝 ‐‐ ----- 、/
::::/.i::::::::::::::::::::::::::::::|>ヽ、>ヽ:::::::::::::::、__ ノ<<<<< |<<| <<、:::::::::ヽ:::::::::::::、 < < <〟"〝   ヽ
/ /::::::::::::: :::::::::::::::::| < ヽ<ヽ:::::::::::::::、> > > > /> .|:: < < 、:::::::::、ヽ::::::::::、<_ 〟"〝         ヽ
:::::::,i::::::::::::/i:::::::::::::::::| > > ヽ >ヽ::::::::::::::、 > > ./< <|;;;;; < < 、::::::::、ヽ:::::::::、               ヽ
/ i:::::::::::i i:::::::::::::::::| < < ヽ ヽ::::::::::::::、 / > > |、ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ 、:::::::::、ヽ::::::ヽ               ヽ
  .i:::::::::::i i::::::::::::::::::|、 > > > ゝ、::::::::::::::、 < < <|、 ゙ヽ、`ヽ、     、:::::::、 ヽ::::::、                、
::ゝi::::::::::i  i::::::::::::::::::|ヽ、 > > > >、::::::::::::::、 >/ヽヽ ヽ ヽ、    、:::::::、 ヽ:::::、               ヽ
:::`i::::::::::i/i:::::::::::::::::::| |__< < < < ヽ:::::::::::::::、‐‐‐` ヽ、 i   ヽ、    、::::::、.ヽ:::::、               i
. ::i::::::::::i > i:::::::::::::::::::| 、゙ゝ--------‐‐ヽ:::::::::::::::、‐‐、  i     ヽ、   、:::::、 ヽ::::、               i
,,,,i::::::::::i > .i:::::::::::::::::::| ヽi  ̄  ̄ ヽ、  ヽ::::::::::::ヽ:ヽ  i      ヽ、  、::::、 ヽ::、              i
>.i::::::::::i:::ヽi::::::::::::::::::::|ゝ /        ヽ i ヽ:::::::::::、゙ヾ,,, i        ヽ、 .、:::、  ヽ::、             i
> i:::::::::i::::::::i::::::::::::::::::::| /          、.i  ヽ:::::::::::、  "ヾ,,       ヽ .、::、  ヽ:、             i
> i:::::::::|::::::::i::::::::::::::::::::|             i    ヽ:::::::::::、   ゙゙ヾ、      ヽ i::!   i::!            i
,,,,,i::::::::|ヽ::::i:::::::::::::::::::::|           i  、  __ヽ:::::::::、    ヽ      i:i    .i:i              i
  i::::::::| ヽi:::::::::::::::::::::|           i ‐‐"  / ! 、:::::::::、    )     ノ'ヽ   ii            i
  .i::::::::|  .i::::::::::::::::::::::|          i   / .i ゝ- 、::::::::、 __  '        ヽ  ノ           /
  i::::::::|  i:::::::::::::::::::::::|         i _ ‐ ´  /    、::::::!  ゙ ` 、 _      ヽ           /
   i:::::::| i:::::::i:::::::::::::::::|        i     /      !::::::!       ゙ヽ、    ヽ          /
    i::::::| .i::::::::i::::::::::::::::::|       i ___ , 〟'      ノ::::ノ         ゙i    ヽ        /
  _-‐i:::::| i:::::::::i:::::::::::::::::::|      i   i       ノ '"           i     ヽ       /
"   i::::| i:::::::::i::::::::::::::::::::|、     i    i                    ゝ、     ヽ     /
    i:::|.i:::::::::::i::::::::::::::::::::|:::゙:、  .i     i                     ヽ     ヽ   /
    .iノ i::::::::::::i::::::::::::::::::::|::::::::ゝ、_      ヽ、                   `,     ヽ /
      ゝ:::::::::i::::::::::::::::::::ヽ  i;;;;         ‐‐ ---     、 ,,,      /       V
       ハ,、:::::i:::::::::::::::::::::ヽ ;;;;;;;;                      ゙゙ 、  /
        ´ ヽ、`、、::::::::::::::ヽ ;;;;;;;;;;;;;            _____ ___ , "___   /
            `、 、:::::::::::::::ゝ、 __ ;;;;;;;;;;;;   -- ‐‐‐      ゙`     /
              ゝ__:::::::::::__ ノ                    /
               /  ヽ ;;;;;;                   /
             /    ヽ、;;;            ,     /
            /Y⌒Y〟、__)           /   /
           /  i:::::::i  i           /   /
          /   .i::::::i  ヽ         /    /
         /    i::::i   ヽ      /     /
        /     i:::i `ヽ/Yヽ    /      /i
       /      i:::i  i! i´:::iヽ、___i ⌒ヽ、_________ゝ
      /       ゝ、、__ゝルノ  |
     /           〃:::/  /
_______〟"          i::::::::i||,/
                i::::::::i/
                ゝ、::i
                 ゙"
                ↑かわいい(こなみかん)

・さて、結局今次では念願叶わなかったキャスターさんであるが。
・終わってみればなかなかの好成績だったため、次の伝手が無いってことも無いだろう。
・今度出てくるときは好みの男が居るといいな!


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントをする際、確認画面を表示するようにしました。

※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング