スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
8/23コメント数347
しゅごい……


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

いきものがかりたちさんき 第三話 マルサスを殺せ!

目次 現行スレ

333 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:49:38 ID:0NOl/ZcQMM


第三話 マルサスを殺せ!



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |    米国から農学の先生が特別授業をしに来るんだが、受けてみる?
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <      時間は五限目から
   |      |
    |      |      内容は農学史よ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   行くわ、他学部の知見も得るべきだ
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \   授業午前のみなので行きます
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \




334 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:50:21 ID:0NOl/ZcQMM


                        ,,,,,_
                    ,!―-、゙l、`゙i、
                    ‘'-、,,゙l, `'-,,.l゙
  .,____________  ``
 .ヽ、                 ,/
   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ" .,-' ̄″
             ,/゛.,/`
           ,/` _/            , -―-、
       .,/ .,/             / ,. ―、 ヽ
      /`  .,i´              {. {    } }
      ゙l、  ヽ、             ヽ__) ,ノ ノ
       `-,、 ‘'ー、,、              / ,.-'´
        `'-,,、  `゙''ー、,、          / /
           `'-,,、   `-、         し
             `゙'-----"        〇

335 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:50:34 ID:0NOl/ZcQMM



                    -----=≦.。s≦: : : : : ≧s。
                      ): : :/斗-=≦⌒¨¨ ≧s。: .、
                    /. : , . : : : : /. : : : : : : : : : : :`ヽ
                   ,. : : :.;/ . ;/. : /: : : : : : : :! : |!: : |ハ: .
                     /. : : :ムイ: : : ′: :/: : : : :|i: :|!: : |! |: :.
                  ノイ!.: : :l:.:!|: : : l: : :/: : !|: : :|i: :}!: : }! }: : !
                   |:!.: : :{:.:.{: : : i: :∧: :.l:|: : :|: ;ハ: :/ /: : :}
                      从: :i∧:.:.、: :Ⅳ_-ヽ从: : |/斗/}/: : : .;
                        \: : :.、\{-=ニニ=\{ ィッ気!l: : :/
                      _\: ヽ ∧-=ニ=-/ :{ -=彡.:}/           では講義を始める
                 .斗=≦ニニニ≧/. : 、=ニ,ノ  '  .イ
             。s≦ニニニニ=-〃⌒{: : :!{\( - ー /:!:|              まず初めに、マルサスの『人口論』を紹介しよう
。s≦⌒≧=--。s≦⌒ニニニニニニ=-∥_-,从: :八 ヽヽ イ乂.:八≧s。
-=ニニニ=-=≦⌒ニニニニニニニ=-_j{-=ニニヽ: :ハ∧: :/ ,_-ヽ ハニニ=-_、
=ニニニニニニニニニニニニニニ=-ノ'-=ニニニ),ノ .∨  {-=ニ}iノニニ=-_         この本は、偉大な経済学者であるトマス・ロバート・マルサスの著書だ
/-=ニニニニニニニニニニニニ=-イ{-=ニニ=-/   ./ / {_-=ニ{-=ニニ=-_
-=ニニニニニニニニニニニニ/⌒ゝ-=ニ=-/__j{_.イ_V-=八-=ニニ=-}-=≦
ニニニニニニニニニニニ=-,/    }-ノ-_,/-----------ゝ_-=ヽニニ=-,ハニニ     彼はイギリスに生まれ
ニニニニニニニニニニ=-/     /-.イ       i{     `ヽ.-V-=ニニ}ニニ
ニニニニニニニニニ=-     _,,〃´         :.      ゝ_乂ニニゝ-=     人口増加による貧困について論じた『人口論』を書いている
ニニニニニニニニ=-イ  。s≦⌒′           }!        ⌒Vニニニ≧=-
ニニニニニニニニ=-,八/. :    i{           j{         }ニニニニ
=ニニニニニニニ=-i{- . : :    八           リ           ;ニニニニ    要するに、人口は等比数列的に、
-=ニニニニニニニ=-/. : :     /. : :ゝ         ,/         .イニニニニ
\-=ニニニニニニニ′: : :     ′    ≧=----=≦⌒≧s。 _ .。s≦-=ニニニニ    食料は等差数列的に増えるからこそ起きる問題であると言いたいわけだ
   ̄-=ニニニニ=. : : : : :   i{    : .、: : ≧=-----=≦⌒ヽ {-=ニニニニニニ

336 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:50:48 ID:0NOl/ZcQMM












































          .,...:::::::::::::::::::::::::::j:|::::::::::::::::::::::::::::|!::::::::::|!::::::|!:::::::::::|!:::|!::::::|!:::::::.
   {ゝ-=≦::/.::::::::::::::::::::::::::::::j:{::::::::::::::::::::::::::::|!::::::::::|!::::::|!:::::::::::|!:::|!::::::|!:::::::::.
   乂::::::::::/.:::::::::::::::::::::/::i|::::从:::::::::::::::::::::::::::}!::::::::::}!::::::}!:::::::::::}!:::}!::::::}!:::::::::i|
      '⌒7.::::::!|.::::::::::::′j{:::::::::::.、:::::::::::::::::::;ハ::::::::/.:::::;ハ::::::;. :.V.:::::::;:::::::::::j{`:...、
       .::::::j!|:::::::::::!|!:l从:::::::::::{\:::::::::::::/ニl::::;/!:::::/=-j/: : :.}::::::/:::::::!::::リ:::::::.\
       i|::::::::!|:::::::::::!|!:|:::::\::::::!ニ\::::::;ニノイ-j:,斗-=≠ミ、_,}/:!|::::::!:::;.::::::::::::::::.
       i|::::::::!|:::::::::::!|!:|:::/ニ\{ニニ.\{=- ̄ 〃´ '⌒ヽ  j7: : : !|::::::::/:::::::::::::::::::::..
       i|::::::::!|:::::::::::!|!:|/ニニニニニ=-,. : : : :.j{ _{:::ッ::::}_,,, : : : :.:|::::::;.:::::::::::::::::::::::::::
       i{::::::::!{:::::::::::!|!:|ニニニニニ=-,/ : : -=≦⌒≧=--=彡: : : : }//:::::::}!::::::::::::::::::
      八:::::从::::::::::!{::{ニニニニ=-/ : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :jr':!|:::::::j!:::::::::::::::::::
         ゝ::::::::...、::::トゝニニ=-,/.: : : : :! \r  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` .!:::!{:::::::j!:::::::::::::::::::    ふ   ざ   け   る   な!
         ≧=-\{ニニ=-/. : : /⌒            し   :::八:::::j!::::::::::::::::::;
             八lハ-_, ー  ´                      ;.:::i:::.ヽj!::::::::::::::::/
               ゝ∨          - ―――\_,ヽ    ,′:}:::::ハ:::::::::::::::/
                }!∧   u.  j /  - ―    ̄/    .イ::::::i{::::::::{:::::::::::;
                 {:::::;:..、  ((<rーv´  _  -   ´    .,. : : :{::::::::ゝ::八::::/
              /}:/:::::....、    ̄ ̄  ー‐      /. : : : :V.、::::::ヽ:.ヽ
            ,..::::::::j′::::::::::::...               /. : : : : : :...V\:::::ハ::::}
             /.::::::::!{::::::::::;/::i{/≧s。        .イ: : : : : :   ⌒V V:::}!:!|
          ′::::::::!}::::::::/:::八   `ヽ: : ≧=-=≦: : : : : :  ´      V .j::::l!:!|
            {::::::::::::::乂:::i{:::::::::::ヽ  ,ハ: :、: : : : : : : :           V::::::::り

337 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:51:32 ID:0NOl/ZcQMM



           ,/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : : .ヽ: : :.\
     }ゝ----,/. : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: .ー‐-V : : : :.、
     乂: : /. ;..: .:/. : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : v: : : : .ヽ
         ,. : : /. : /. : : : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : -=≦:v: : : :}!:乂
       ′. /. : :′: : : ′: : : : : /.:/: : :i : : : :!: : : : :.!: : : : : :. : : : 厂⌒
        . : :. ′: :i|: : !| :i|: : : : : :./.:/: : :!:|!: : : :|!: : : :!:|!: : : : :.i|: : ;/
       i{:.: .:i|: : : i{: :.:!|/i|: : : : :./.,/i|: : : :}!: : : :}!: : : :!:|!: : : : :.i|/
      从: : i|: : :从 : !|-j{ : : : /.:イ__|: : : ;ハ: : : ; : : : : :}!: : : : :.i|
        \i{: : : : |\{_八: : /'ニニ|!: .;/ニ}! ://: : : : ;.:i: : : : :.i|
        从: : : :|ニニニ\{´.ゝ--}/ ,ノイ/ |: : : /,.:i:.:.: : : リ
           、: :iニ=-_/  斗=≦斥ミ、_ | : :/ .斗.:.: : :,       諸君ら、悔しくないのか?
            \{=-,/.ノ     乂  ゞ゚メ⌒ }//} l: : : /
             ∨  }     ゝ=≠彡   }r'ノノ/. : ,
            ∧             ,ノ斗=彡イ         諸君らが学ぶ学問はなんだ!
                  }:.、 r―‐ 、     イ /: : : :,ハ
                ノ: :\ `¨¨⌒  .ィi〔 : : /. : : :/=-.}!
            /. : / /\_..。s≦ : : : ;/′: : :i{-_人          農学だ!
            /_{. : / // ハ: : : : :./i{从 : : : :乂.=-\
         /-=,ノ: イ !{'   j{ : :}: : /  j{-=ヽ: : : : : )ニ=-

338 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:51:52 ID:0NOl/ZcQMM



                            .斗く乂_____
                       .斗=≦⌒≧s。: : ⌒ヽ: :(
                        .ィ . : :.;/. : : : : .`ヽ:ヽ: : ;ハr一
                   乂ー/. :/. : /: : : : : : : : : . V:ハ : : l{
                  ),. : : :′: ′: : : : : |!: : !: :}!: :,: :}l
                   .′ : j{: : i{: : : :}!: : :}!: : }: ;ハl :}:i 八
                    |: : : 八: 从: : :,ハ: :,ハ: :/ /: : .; :/'⌒
                    |:i {: :/-ヽ{-\{ー}/ }/.:/ . : ;ハ{               自然を征服し、人々の腹を満たすための学問だ
             斗-   从{V-=ニ=-ノ ィf示メ'Vノ.: :/ 八
           _,/ へ_j    .ヽ{ -=/ ,  -=彡jィ.:i :イ乂: : ゝ
          l/   ー┐       V      ,. : : :{    `ヽ}             遺伝子までいじって、それでもなお人々に食糧を届けたくて仕方がないからこそ
          }    つ     ノ. ;> ヽ イ{ ゝ: :乂
          ,   ,ノ´      (: :(_ノハ: 爪: : ! ≧sヽ: }                  諸君らは農学の道に進んだのだろう?
         .′ .イ     斗=≦-/{: :ノ: : : :ノ i{-=ニノイ- ` 、
           ′  !   ,/-  _-=/ i{: : : :/  V-=ニ=-  ,=-_、
          .  . :l   {-_  _-.,  .}! /   . :.V-=ニ=--=-イゝ
             . : |  ノ-==-,/ー―――― <:ゝ ,_ニニj{ニニ=-_
         .    {r=≦⌒> ⌒ ̄′ ̄ ̄ ̄ ヽ`ヽ}-=ニV-=ニニゝ{
        {   :.V_-=/    ,ノ       :.V:.:{-_ニj{-=ニニ=-`ヽ        それを!
        {    }!-/    〃´       : : , :.V-=j{-=ニニ=-`ヽ{ー―
        ∧    j{.:{: .   ∥: : .      . : : }!: : }-=圦-=ニニニ=-ゝ__     高々!
        / ∧   ノ,八: : : : : i{: : : : .     . : : :,. : , -=ニニヽニ=-.ィi〔⌒ニニ
        /:i:i:i:ーく-=ニゝ: : : 八: : : : : : : : : : : : : イ: / !-=ニニV_,/_-=,/⌒`ヽ
       ∥i:i:i:i:ノ-=ニニニ≧=⌒ゝ. _  。s≦斗ヘ-_!-=ニニニ{-=ニ'⌒ ̄`ヽ}      798年の人間が作り上げた論理に!
      ,ノj{i:i:/=-ノ-=ニニ{ ̄ ̄⌒ー――――:.:.:.:ハ }-=ニニニ八-,/⌒≧s。,ハ
     /-ノ⌒-。s≦ニニ=-,ハー --=≦⌒_. : 斗-=彡ヽ-=ニニ=-/⌒≧s。イi:i:i}
   /-=ニ=-イ-=ニニニニ}У⌒¨¨¨¨¨¨i{八      . : : V-=_,ィi〔⌒ヽ.。s≦i:i:i:i:i:{    我々農学の営みが否定されて!
   }_-,/-=ニニニニ=-/                  ,/⌒≧s。./-=-\ゝー'
  ,ノイ-=ニニニニニ=-/                   ノィ^Y_/_,_//-=ニ=-ゝ-=
  /-=ニニニニニニ=-∧                     V_,/イ:{ニニニニニ
 ′-=ニニニニニニ/. :. 、                    _-圦!ニニニニニ     悔しくないのか!?
 ニニニニニニニニ/    \            . : : :     -=ニニニニニニ
 ニニニニニニニニ′       \: : .      . : /        -=ニニニニニ
 ニニニニニ=-ィ⌒{ {         \ ≧s。: : : :,/. :         .-=ニニニニ
 ニニニニ=-/   .,ハ乂       ヽ : :__,`¨´: : : :         ハゝ-=ニニニ
 \-=ニ=-/    {: .ゝ \       .V⌒¨¨             }l  ̄-=ニニヽ

339 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:52:19 ID:0NOl/ZcQMM


                        ノ. : :ゝ        ____
                     斗-=≠=-__: .<⌒ ̄: : : : : : :<⌒
                  ィi〔斗=ミv≦⌒ ̄≧s。 <⌒\: : : : :ヽ
                 . : ´: : : : : : :}!: : : : : : : : : : ::≧s。 : .ヽ: : : : :.
               /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ:V}: : : ハ
         {ゝ--- ,. : : : : : : : : : : /. : : : : : :!|!: : : : :|!: : .`ヽ: : :.V: : : : :}
         乂: : :./: : : : : : /. : :.:/. : : : : : : : |!: : : : :|!: : : }! ハ: : i|: : : : !|
             ⌒7. :./. : : : ′. : ′: : : : : : : :}!: : : : :}!: : :.;: : }|: :.i|: : : : !|
           /. : :′ : : i|: : : :i|: : : : : : : : : ハ: : : :/ : : /: : :リ: : }v: : : !|
           .′. : : : : : :i|: : : :i|: : : : : : : : /,/⌒V. :./i: : :/! : ;ハ!: : .:!|
            |:i|: :i!|: :!: : :i{: : : :j{: : : : : : : /ニ}/_}/ }/: : :/.:.}! : : リ       私は農学の、命題の一つとしてこの言葉を諸君らに送ろう
            |:i|: :i!|: :!: : :∧: :.:八: : : : : // ´ .斗=≠ミ、: : ;/.:.;ノ!: : /
            人{: :j:{: : : :/ニ\{ニ\: : :′  ノ´ 乂ソ ,メ}/vイ: ノ: イ{
                V从: : ;′ニニニニ=\{     、_,, ゛,v.:}!}: :イ: : :八       「マルサスを殺せ!」
            八:.\{-=ニニニ=-/     ー__ ̄-=彡jr ,ハ{: i: : : : : ヽ
              \{v\-=ニニ=-/        ̄   ,ノ: !|乂: : : : : :ハ
                  ヽ=ニ=-.′ ヽ        イ:! : :!|  `ヽ: : : :}
                    ̄-_{    _    .,. : :}: : :.:!|    j: : :,ノ      彼が提唱した理論を、技術とたゆまぬ努力によって
                    )ゝ乂     `  /. : ;ノ. : :.:!|.、   /.イ
                   斗-ノ: : :.⌒≧s。. __/. : : :/: : : : :!|-\ j{: :乂__ノ{    古臭く、かび臭い書庫に戻すことこそが我々農学者の仕事だ!
             。s≦-=/. : : : :/. : {: :ハ: : : : : : : :.′: : : : :{ニ=-_、.:_;ノ
           /-=ニニ,. : : : : : :.イ: : :i|: : :.}: : : : :/ {: : : : :.:八ニニ=-\
          /-=ニニニ.′: : : : : i {: : : |\: : : :/  乂: : : : : : ゝニニ=-_、




           ,/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : : .ヽ: : :.\
     }ゝ----,/. : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: .ー‐-V : : : :.、
     乂: : /. ;..: .:/. : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : v: : : : .ヽ
         ,. : : /. : /. : : : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : -=≦:v: : : :}!:乂
       ′. /. : :′: : : ′: : : : : /.:/: : :i : : : :!: : : : :.!: : : : : :. : : : 厂⌒
        . : :. ′: :i|: : !| :i|: : : : : :./.:/: : :!:|!: : : :|!: : : :!:|!: : : : :.i|: : ;/
       i{:.: .:i|: : : i{: :.:!|/i|: : : : :./.,/i|: : : :}!: : : :}!: : : :!:|!: : : : :.i|/
      从: : i|: : :从 : !|-j{ : : : /.:イ__|: : : ;ハ: : : ; : : : : :}!: : : : :.i|       緑の革命を忘れるな!
        \i{: : : : |\{_八: : /'ニニ|!: .;/ニ}! ://: : : : ;.:i: : : : :.i|
        从: : : :|ニニニ\{´.ゝ--}/ ,ノイ/ |: : : /,.:i:.:.: : : リ
           、: :iニ=-_/  斗=≦斥ミ、_ | : :/ .斗.:.: : :,        一度の革命で足りなければ、人口が増えるよりも早く農学の技術を進歩させろ!
            \{=-,/.ノ     乂  ゞ゚メ⌒ }//} l: : : /
             ∨  }     ゝ=≠彡   }r'ノノ/. : ,
            ∧             ,ノ斗=彡イ
                  }:.、 r―‐ 、     イ /: : : :,ハ           血を吐くマラソンをした果てに、勝つのは技術であると歴史に刻むことが
                ノ: :\ `¨¨⌒  .ィi〔 : : /. : : :/=-.}!
            /. : / /\_..。s≦ : : : ;/′: : :i{-_人           農学の使命だ,、天命だ!
            /_{. : / // ハ: : : : :./i{从 : : : :乂.=-\
         /-=,ノ: イ !{'   j{ : :}: : /  j{-=ヽ: : : : : )ニ=-



 以下略

340 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:53:02 ID:0NOl/ZcQMM



   (~)
 γ´⌒`ヽ
  {i:i:i:i:i:i:i:i:}
 ( ´・ω・)
  (    )   ……
   し─J




            / ̄ ̄ \
            __ノ `⌒   \
         (●).(● )    |
           (__人___)    |      素晴らしい、マルサスの人口論を嘗てのものにしろ、か
         , =二ニニヽ、   |
       /  二 ヽ、`,┘   ト、
       /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ    それができれば、農学の勝利だな
        /    /{_/_ ,/      }
     /     ノ∧        ィ  }
     |   | /  i        |  |




    / ̄ ̄\
  / u ─'   \
  |    ( ◯)(◯)    俺はむしろあの先生が恐ろしかったよ
  |       | |
  | U   __´___ノ
  |     |lliiiil|}     あの先生の論理は究極、世界が破滅しても人間だけが地球を生産に使えば勝ち、ってことじゃないか
  ヽ.    └‐ ┘
   ヽ   u ノ
    /    く
    |     |

341 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:54:46 ID:0NOl/ZcQMM



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\       そうだろ?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /       そもそも農学とは、飢えた人々を救い、人を豊かにすることだ
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \    後のことは、別の学問に任せればいい
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|




            ____
          /      \
         / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |
       \     ` ⌒´    ,/      そうやって泥をかぶるのが生命倫理を気にするやる夫ですねわかります
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |     いや、確かに尊い理想だとは思うけど
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |     実現すべきかというとはっきりとNoを突き付けるわ
       |                |  |

342 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/11(月) 13:55:01 ID:0NOl/ZcQMM



        ____
      /     \
    / ―   ― \
  /   (一)  (一)  \    むつかしい問題ですね
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /     医学もまた、似たようなエゴを抱えているだけあって
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |      あの先生を否定もできません
   \ /___ /




..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)
 /     (__人__) \     ……まぁ、学問にもまたそれぞれ理想はあるお
 |       ` ⌒´   |
. \           /
.  ノ         \     その対立も、また学問だお
/´            ヽ


おしまい

343 : どこかの名無しさん : 2019/02/11(月) 14:06:22 ID:7Uv2ZiLA00
凄い先生だなw

344 : どこかの名無しさん : 2019/02/11(月) 14:26:02 ID:MNV3jy5wMM
供給超過に至った時の相場の下落には勝てませんわ

関連記事
38883 :日常の名無しさん:2019/02/12(火) 06:19:07 ID:-[ 編集 ]
業としてはここまで抱えてないと偉人の領域には行けないって気はする
問題は、社会システムやら国がそれをやらせてくれるか?という落ちで…
38894 :日常の名無しさん:2019/02/12(火) 10:38:21 ID:-[ 編集 ]
思ったこと(検証も考証も分析もしてない)

① 農業の生産だけに目を向けてるけど、廃棄されるのは放っておいていいのかしら。
  まあ農学の人が考えることではないかもしれん

② 食い物がないならクジラ食べようぜ! 図体がでかいからお腹いっぱい食べれるぞ!

③ そんでその・・・ しまむらくんは何なのだろう?
38904 :日常の名無しさん:2019/02/12(火) 11:41:38 ID:-[ 編集 ]
いや実際に実現するかはともかく
他分野から「でもお前らはその程度が限界っしょwww」って煽られたら
どの分野でもそれぐらい乗り越えたるわ!って姿勢取るべきだと思う

思想が怖いとかいうより、門外漢から勝手に限界決めつけられることに対してプライドを感じろって話だと思うけどなー
38918 :日常の名無しさん:2019/02/12(火) 16:34:30 ID:-[ 編集 ]
実際のところ、人間を減らし、需要を減らさないと農地を今よりさらに自然から切り取ることにも繋がると思った。
今ある農地の最大利用という研究も致し方なし、かなと。
日本は農地が減っていってるけど、その分を余所の国から切り取ってるとも言えるわけで、
余所の国は少しでも環境への影響の少ない農業をしてくれてるなんて幻想は持っちゃだめよね。
38966 :日常の名無しさん:2019/02/13(水) 11:21:35 ID:TOmz3iPU[ 編集 ]
一粒万倍で足りなければ億でも兆でもって姿勢はまあ理解できんでもない
38999 :日常の名無しさん:2019/02/14(木) 00:45:39 ID:-[ 編集 ]
>>338  798年→1798年かな

農学をヒラコーが描くとこんなノリになりそう。
43377 :日常の名無しさん:2019/04/14(日) 13:19:29 ID:-[ 編集 ]
経済学部だったけど農業経済論のセンセが
「大体自然ってなんだよー自分らだけ特別扱いかよー自然がいいなら暖房使うな(意訳)」
と最初にかましてくれてがぜん興味沸いたのを思い出した
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やらない夫の洞窟物語 第14話「水路」 (08/26)
  • やらない夫の洞窟物語 第13話「迷宮④」 (08/26)
  • やらない夫の洞窟物語 第12話「迷宮③」 (08/26)
  • 国際的な小咄 4929 カオスな東アフリカ (08/26)
  • 国際的な小咄 4928 悪意と善意 (08/26)
  • 国際的な小咄 4927 ハンギョレ新聞について、軽い解説 (08/26)
  • 国際的な小咄 4926 NSS,壊れる (08/26)
  • 国際的な小咄 4925 農学部の友人が頑張った話 (08/26)
  • 国際的な小咄 4924 人類はエボラにすら勝利しようとしている! (08/26)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 埋めネタ のつもりだったなにか (08/26)
  • 魔法少女☆杏子ちゃん りぶーと 第8話 (08/26)
  • 岩崎さんは無口 第60回 (08/26)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー ── 第4話【ねらう緒が部活見学に行くようです】 (08/26)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その132 (08/26)
  • 国際的な小咄 4923 ヒトラーを抹消する (08/26)
  • 国際的な小咄 4922 あ、はい……使ってないんですか (08/26)
  • 国際的な小咄 4921 民主党に失礼 (08/26)
  • 国際的な小咄 4920 労組の旗 (08/26)
  • 国際的な小咄 4919 日本人が国として認識できているライン (08/26)
  • 国際的な小咄 4918 おほー! 法律知識キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (08/26)
  • ていん ◆TTEgrPvv0cと見る楽しいやる夫界隈のオフ会2018 第4回 やる夫スレとパチスロと年上ネコの巻 「オフ会当日編」 (08/25)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その65 (08/25)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その64 (08/25)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのアプリ (08/25)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 旅行記紹介 (08/25)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 世界の犯罪者列伝 (08/25)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ イギリス料理を評価しよう (08/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その5 (08/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その4 (08/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング