スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。



※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

いきものがかりたちにき 第十話 生物学と倫理学

目次 現行スレ

253 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:52:39 ID:mR2QZa7gMM


第十話 生物学と倫理学


 学会にて


                             ________
                           _-==ニニニニニニニニニ=- _
                        ,z≦ニ二二二二ニニニニニニニニ≧z、
                      ,s≦ニニニ>=-‐ ´  ̄ ̄ ̄ `  ‐-=<ニ\
                     ,イニニ=-‐                      ヽニ\
                   /ニニ /                 , -=-、       Vニハ
                  /ニニニV         -‐::::: ̄/::::::::::く ̄:::::‐-<   Vニj}
                  ハニニV    _-‐=  ̄::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ::\ Vニ
                     /ニニニ { /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::ヽ|ニ|
                  ∧ニニニ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::|::::::::::::::::::::::::: :|::::::::: : ::|::::::::::}ニ
                    ∧ニニニ/:/::::::::::::::::::::/:::::: :::/::::::/: :::::::::::::::::::::::ノ^"v:: : ::!:::::::::::ニ!
              /ニニ/イ::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::/::::::: :::::::::::::::/    |::::::::|:::::::::::ニ|
            _/ニニニニ| ::::::::/: : :/::::/:::::::ハ::::::::::::::: :::/  ⌒ |::::::/:::::::::::ニV
           _/ニニニニニニニ|:::: /:::::|:::/|/  レ'  ヽ:: :: :::::/      !/:::::::::::::ニ/
          /ニニニニニニニニ」イ :: :::: |/   , -=≠ミ  \::::!   =≠ミ  |::::::::::|:::ニ:|
      /ニニ ニニニニニ ニ ノ::: :::::::::::::::.   / fh う   ヽ|   fh う V : :::::::::: ニ!
      /二ニ 二二 二 ニニニ/:::::::|::::::|::::::::::.  《  L )_ツ         L)_ ツ } }:::: :/:::ニ|    あなたは生物学に神はあるべきだと思いますか?
    /二二二二二二二二 V ::::::::::::|::::::|::::::::: |  `ー      ,      一' ノ::::::::::::ニ
   ∧ニニニニニニニニ /: ::::::: :: ::|::::八:::::: :L                 /:::::/::/ニ|
 /ニニニニニニニニ, '::: ::::/::: ::::::::|::::::::::ヽ:_::_::>         ,、      く::::_イ:::::ノニ∨
イニニニニニ ニニ / :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::\_            イ::::::::::::::::|ニ∨
ニニニニニニニ / :::::: ::::/:::::: :/::::::::! :: :::::::|:::::::::|_>        r<:::!:::::::::::::::::|ニV
.ニニニニニニ /:::::::::::::/:::::::::/:::::::: :|:::::::::::::、 ::::八 ‐- >ー一 <_」=::: :::::: ::: ::::::::ニ/
.\ニニニニ/::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: :」::::::::::::::.={       `ーr‐      }‐}:::: :::::: :: :|/
  \ニ/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/ニ|:::::::: ::: :|ニ =‐、   _ 」    イニ:::::::::: :::::::|
   / }イ:::::::::/:::::::::::::::::::::::イニニニ::::::::::::::.ニノ      ̄ †  ̄   V |::::::::::::::/ヽ
       /::: /::::::::::::::::/:::::::ハニニニ八 :::: :: :|         |       :::::::::::/ニニ\
     /::/:::::::::::::::::::/::::::::ハニ ニニニニヽ::::: :!          :         |::::::/ニニニ∧
    ノイ |:::::::::::::::::::/:::::::::{にニニニニ V \:|        }         }イVニニニニニ∧




               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i      ふむ、あるべきか否かでいうとあるべきであり
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ    いるかいないかの話であればいないと答えますお
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




254 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:52:56 ID:mR2QZa7gMM



                      _  -―――ー - .._
                 /////////////////≧、
              ///>  ̄./ ̄ ̄ ̄ <////ヽ
               //     {__        \'///\
                 /    __.ィ::::::::.、_     }////∧
             {{_ ...ィ:::::/::::::::::::::}^^ミ::`:::.、 ///////}
            /:::::::::/:::::ィ:::::::::::::/  V:::::::∨ハ/////,{       ふむ、なぜあるべきであるとあなたは言うのですか?
          ∠:::イ::::ィ=ミ、{::::::::::ハ!´ ̄ ヽ:::::::::V::i/////|
                ;::::: ,_):ハヘ:::::/  =ミx、}::::::::::}::::|/////!    __
                 {::::{乂:ツ ∨  ,._):ハ》::::::::;::::;:!/////! __,.ィ:i:ヽ:i:i:i:i\
          __...人::ゝ::.::. '     乂:ツイ:::::::/::/:|/////{ }:i\:i:ir-、{⌒ヽ!
      >.:´:::> ´ ̄ __.ア、    .:.::::∠:::::イ::/::::|//////:i:i:i:i::、{
     /:::::::/    ー―- 、  ー    /::::::/ニ≧x、/:i:i:i:i:{⌒
    ./:::::::::,        、ー' ー-  =≦,:::::::/,ニニ/ニニハ:i:i:/⌒
   /:::::::::/     ,..--、ヽノ/::::::::::::}ーt-/:::::::/ /ニ/ニニニ}≧x、,\
    ,::::::::::;    i´ ゝ--ィ≦/´ ̄ ,: i::::::::{ .'ニニニニニニニニ}//\




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \     我々は今を生きさせてもらっている
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/     ならば、できる限り最高の状態で命を次につながなくてはいけない
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |      それは地球上に生命が生まれてから生物に課せられた天命です
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i       だからこそ、我々を律する見えない規律
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ     すなわち、神はあるべきであると答えました
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j

255 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:53:11 ID:mR2QZa7gMM



                                   ,..≦////////≧
                                   /'//////////////\
                                    ///////〃////////V/ハ
                                ////////>  ´ ̄i ̄`ヽ/|
                                  '//////,i|   ___..ィ:::::ヽ___}/}
                               i///////{__ ィ:::i::::{:::::::::}zzV::V
                               |////-=彡:::::孑∧ハ::::::俐 リ:::::}
                          /{  /{ }//////{:::::::::|似リ' \{ ∠::ィ
                            /:i:{ /:i:{ リ/////,:乂:::::ゝ   _ _ /:::::|   では、なぜいないと?
                ___        /:i:从/:i:i:i:V/////,八::::::::>.u /__v∠::::::::!
                ィ::::::::::.、     /:i:iイ:i:i:i:\:i://////ニニ≧、:::::i)不、 {/|:::::::|
               /:::/⌒ヽ::ヽ  ∠:i:iイ:i/!:i/i:i:i:i\///,ニ/ニニニニ}::::ノ∨ニヽ::::::::!
.              /:::/   .}::::}....  {/ }/ }/ ^⌒ヽ:i\/ニ{ニニニニ∨{. ∨ニニ}::::::;
         _.//   /:/.         /::::::::::::\iニ|ニニニニ}!  ', マニノ}/




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   もし神がいるとすれば
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     生物学など必要ないからです
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |    神という全知全能の存在がいれば、生命はこのような学問なくとも完全な状態で存在しうるからです

256 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:53:24 ID:mR2QZa7gMM



     /ニ/                               \ニニ∨
    ./ニ/ ____        _                 ヽニニ∨
   /ニ/´:::::::::::::::::::::::::::::::ニ=- /::::::::::::`ヽ.              Vニ|
   .i/:::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::}=-_            ,ニニ|
   .|ニ7::::::/::::::::--/ミ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´´ ^ミ<.     /ニニ
   .|ニ'::::/|::::::::::::/|:::::/ `ヽ::::|::::::::::::::::::::::,'        |:::::::.、   /ニニニ|
   .|/イ:::::::|::::::/  }/  |:::::::イ:::::::::::::::::::/       }::::::::::ヽ/ニニニ!
   .|ニ|::::::::j/::ー≠=zz.._.j:/ |:::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ミ,:::::::::::::::}ニニニ.!
   .|ニ|::::::::::::::::::`| {  。㍉、 |::::::::::::::/         /::::::::::::/::',ニニニ|            ふむ、あなたの考えは納得いきましたが私はその意見に賛同しかねますね
   .|ニ|::::::::::::::::::: |、.乂_ _ノヾ |:::::::::::/        /:::::::::/::::::}ニニニ!
   .|ニ|:::',:::::::::::::::::.         .|::::::/ -=≦≠zx._/:::::::ィ:::::::::::/ニニニ        __
   .|ニ|::::乂::::::::::::::\      .}/    乂 °ノ㍉7:::::::::::::::/ニニニ|       /      ̄ ̄ミ       あなたの言葉に合わせていうのならば
   /|::::::::::`''ー:: ⌒       ,          ´/::::::::::::::/|ニニニニ|     ⌒)        `ヽ
  /ニニ!:::::::::::::::::::::八               __/::::::::::::::::::/::!ニニニニ|      〃      ヽ __ \
乂/ニニ|::::::::::::::::::::i  \    、   _    \:::::::::::::::::::/:::::|ニニニニ|       〃       ヽ   ̄`    私は神はあるべきでなく
∨ニニニ:::::::::::::::::::::|   \             ィ≧=-=≦::::::::::|ヽニニニ    /    \― ―
/ニニニ|:::::::::::::::::::::|   ヽ.  、 _   -=≦ノ  |::::::::::::::::::::::/ニ ',ニニ|   /       \_
{ニニニ∧:::::::::::::::::::!      `  ̄ 「          |:::::::::::::::::::/ニニニ}≧===彡      /´ ̄ ⌒ヽ         そして神はいると思います
 、ニニニ∧::::::::::::::::|           †       |:::::::::::::::::/ニニ./           \ |
  ヽニニ.∧::::::::::::::!                  |::::::::::::::/ニニニ〉 ̄ `ヽ 、 i´ ̄ ヽ|
  〈ニニニ∧:::::::::::|           i          |::::::::::::,ニニニ'ニニニ|  \{
  ∧ニニニ.\::::::|',          |       |::::::/ニニニ∧ ̄ ̄
  /::∧ニニニニ\{ニ,       .ハ      /|/ニニニニ/::::::.
/:::::::∧ニニニニニニ',      /ニ',     /ニニニニニ/::::::::::\




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     ほう、意外だ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       あなたのご出身は?
  \ /___ /

257 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:53:37 ID:mR2QZa7gMM



                ____
               ,ィ////////////≧.、
               .///´ ̄ ̄ ̄ ̄   `ヽハ
             ///{____./:::::ヽ_   V|
              ////::::::/::::::{::::::::::',::ハ::\//!
             .|///ィ::::i:::/从::::::::::}^^V:::::V|
            .|i///::::::ィf=ミ、i::::::/⌒ V:::::',|
            .|//,{:::::::{ Vッ  }/ィf=ミ}:::::::}!            イギリス
             ノ//,乂:::::\    , Vッ /:::::/|  _
            /////|::::::「   r  v ∠::イ/|  }:i:i:i:\
         /////:i:|:::::::|ヽ  `  ´  イ:::::/,// ./:i:i:i:i:i:i:i\
          /////:i:i/::::::.; ̄>ィ≦ニニヽ/,/ ./:i:i:i::i:i',:i:i:i:i∨    もちろん、キリスト教徒です
        ////:i:i/:::/   /:::{ニニニニ\/:i:i/∨V\:i:}
      (>ィ:i:_ /イ     {/{ニニニニニ',/      .ヾ
       .):i://  ./    __|ニ.ハニニニニニ}
       /ニi__ハ_ /ニニニィニ',ニニニニ.イ
        {ニ从ニニニニニニニニ} ___0}




          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |   ならば、あるべきであり、いると答えるのでは?
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |

258 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:53:59 ID:mR2QZa7gMM



          _ -‐======‐- 、
         , =ニニ二二二二ニニ=、
          ハニ>-‐ 二 ̄‐-くニニヽ
         /ニ/  _/::::::} _   \ニ八
        ハ/  //:::::::::r'^"v::::\_ ヽニ∧
        八}/::::::{:::::::::/  ⌒V:::::}:::\}ニ八            否、あるべきではなくいると答えます
      {ニノ ::::}:::八:::::(   x=ミ|/:::::::::.:Vニハ
        Vニ}: :: x fぅヽ}   ムうY::: ::|::::Vニハ_
        }ニレ:::八_マツ   、込ソ: :::::|::::::`=ニニヽ_    ,ィア
       ソ八 ::フ    '    7:::::: L:::::::::::: ̄ヽニヽイ:i:ソ
        {ニ}::: : :ヽ、  ワ  / {: :/ニ`‐<_ :::::Lニ∧i:く
         Vノ:::::/:::::::>r‐ く=、_ }/ ニニニニ=-、_::Vニヽi}
        {::/j{:::::::::{_L_| _ }ニ ニニニニニニ」ヽVニ\      私もまた生物学者の端くれ
         \、::::::ハ  †   `ヽニ ニニニニV }\ニニ}
           |:::::{」  |     Vニニヽニニソo/  ヽ、:}
           ヽノ   L_       Vニニ ニV::`ヽく _  ヽ
              L_/ニ\__  」ニニニj{::_::=‐'     }
                {ニニニニニニr「〃^, ヽ ´       イ     生命を、細胞を見たとき、その中に神を見ました
               ∨ニニニニニ`KL{ r=  _ -‐ニ
                 Vニニニニニニニ`‐=´ニニL_
               Vニニニニニニニニニニニ\         だからいると答えます
              /}ニニニニニニニニニニニニ }、
                 / {、二ニニ二二二ニニニニニノ L__
           r、 _ノ  「  ̄7  ̄   } }     } }    /::::::::: ̄::=―-、
        ミニ    , ´ヽ _ /_ ゚_//_゚  //_ r≦\「 ̄   ̄ヽ::ヽ
        と_=ニ, /  /ニニ/ニ ニ!ニニ !二二Vニニニニ八        }:::}
          (イ   /ニニニニニ|ニニニ|ニニニVニニニ∧     _ノ:ノ
                /ニニ/ニニニニニ |ニニニ∨ニニヽニ∧  r ':::::::L
               \ニ/ニニニ/ニニニニニ|ニニVニニニイ  (::::::::::::ノ

259 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:54:22 ID:mR2QZa7gMM



     /ニ/                               \ニニ∨
.    /ニ/ ____        _                 ヽニニ∨
   /ニ/´:::::::::::::::::::::::::::::::ニ=- /::::::::::::`ヽ.              Vニ|
.   i/:::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::}=-_            ,ニニ|
.   |ニ7::::::/::::::::--/ミ:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´´ ^ミ<.     /ニニ
.   |ニ'::::/|::::::::::::/|:::::/ `ヽ::::|::::::::::::::::::::::,'        |:::::::.、   /ニニニ|
.   |/イ:::::::|::::::/  }/  |:::::::イ:::::::::::::::::::/       }::::::::::ヽ/ニニニ!
.   |ニ|::::::::j/::ー≠=zz.._.j:/ |:::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ミ,:::::::::::::::}ニニニ.!
.   |ニ|::::::::::::::::::`| {  。㍉、 |::::::::::::::/         /::::::::::::/::',ニニニ|                      だがしかし、これがまた欠陥を含むものであることも事実
.   |ニ|::::::::::::::::::: |、.乂_ _ノヾ |:::::::::::/        /:::::::::/::::::}ニニニ!
.   |ニ|:::',:::::::::::::::::.         .|::::::/ -=≦≠zx._/:::::::ィ:::::::::::/ニニニ        __
.   |ニ|::::乂::::::::::::::\      .}/    乂 °ノ㍉7:::::::::::::::/ニニニ|       /      ̄ ̄ミ
   /|::::::::::`''ー:: ⌒       ,          ´/::::::::::::::/|ニニニニ|     ⌒)        `ヽ
  /ニニ!:::::::::::::::::::::八               __/::::::::::::::::::/::!ニニニニ|      〃      ヽ __ \    だからこそ、信仰とは別に私は
乂/ニニ|::::::::::::::::::::i  \   、 r-、 _      \::::::::::::::::::::/:::::|ニニニニ|       〃       ヽ   ̄`
∨ニニニ:::::::::::::::::::::|   \.  l  l       ィ≧=-=≦::::::::::|ヽニニニ    /    \― ―
/ニニニ|:::::::::::::::::::::|   ヽ 、 _|  l_   .-=≦ノ  |::::::::::::::::::::::/ニ ',ニニ|   /       \_          あるべきではなく、で、いる、と答えたのです
{ニニニ∧:::::::::::::::::::!      `  |  l         |:::::::::::::::::::/ニニニ}≧===彡      /´ ̄ ⌒ヽ
 、ニニニ∧::::::::::::::::|.        / ,' †       |:::::::::::::::::/ニニ./           \ |
  ヽニニ.∧::::::::::::::!      /  /.           |::::::::::::::/ニニニ〉 ̄ `ヽ 、 i´ ̄ ヽ|
  〈ニニニ∧:::::::::::|...   / ´ ̄ ̄`l /⌒,....  |::::::::::::,ニニニ'ニニニ|  \{
  ∧ニニニ.\::::::|',.  /   ー―-、/'  /     |::::::/ニニニ∧ ̄ ̄
  /::∧ニニニニ\{ニ,  |f  ー- 、 〉 /.   /|/ニニニニ/::::::
/:::::::∧ニニニニニニ', ノ      ソ /..   /ニニニニニ/::::::::::\

260 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/02/02(土) 18:54:40 ID:mR2QZa7gMM



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    ふむ、あなたとはまた学会の外でも話したいものだ
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |     名刺をどうぞ
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                            ------  .._
                         /////,>-- </ヽ
                         //////___, --、  ヾミ.
                  __ , -くア///////´::::ィ{:::::::::}ミヘ-、∧
       __   __ -==ff////〈 ヾソ‘Y/////::::::/ ',:::::::|⌒V:::Vハ
       )><////////////,ゝ   {///人ト:ィ=ミハ::::::}=ミ }::::}/∧
        乂:i:i:i:i:i≧。/////////,ハ  |イ:::::{:::::{Vッ  ヽ::ヒッ ハ∧//,}
         `<:i:i:i:i:i:i:iー.:⌒:i:i:i:i:i:i}  |:::::::/|:::::!     '_  ハ::::::V/,|
            `''<:i:i:i:i:>---<!   |::::/ ハ:::::',  (_v ノi:i:}::::::}/リ
              `¨¨_   /|  .Vr-<ニミ、- ≦:i:i:i:i/::::/イ    では喜んで
              /:i:i:i:i:.<:::::::i   V `ヽ ヽニV_{⌒ ^j/!/
            /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:`ー{    }   Y _}ニ} V
               レイi:i:iハ:i:i,イ:¨⌒从     イニニ}   ヽ
            ∠}/:::}/:::::::/::::::≧==≦ニニニ/__ト..__V       こちらこそよろしくお願いします
               ⌒ア:::::::::::::::::::::::/|ニニニ从ニニニニ}
       .ィ≦三三三≧、 >::::::::::::::::イ __}ニニニニゝニニィニ从
    //´     `\\` ̄ ̄     {_・__// 。\ニニニ.イ
   /:::/             \\_..  -=≦ニニ≧、 ・ \ニ/




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   よろしくお願いします
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/


おしまい

関連記事
38180 :日常の名無しさん:2019/02/03(日) 01:32:11 ID:-[ 編集 ]
生物学のプロセスに注目するか結果に注目するかって話なんやろか
38232 :日常の名無しさん:2019/02/03(日) 23:11:52 ID:-[ 編集 ]
生物学をどう捉えているかの違いではなくて
神をどう捉えているかの話になっている気がするが
俺の理解が足りてないだけかもしれない
43373 :日常の名無しさん:2019/04/14(日) 12:57:49 ID:-[ 編集 ]
神が居てくれるなら、俺の
髪はこうならなかったはずだし
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • カーきゃん□ 9回目 「それなら真夏の車中泊はどこでやればいいのって話」 (08/23)
  • 目次 やらない夫の洞窟物語 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第4話「クサムラ①」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第3話「タマゴ回廊」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第2話「ミミガーの村~恵一の家」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第1話「始まりの洞窟~ミミガーの村」 (08/23)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その63 (08/23)
  • 国際的な小咄 4893 日本語の語尾 (08/23)
  • 国際的な小咄 4892 権力と正義って言葉使いそう(コナミ) (08/23)
  • 国際的な小咄 4891 昔の日本 (08/23)
  • 国際的な小咄 4890 台湾人に聞いてみた (08/23)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 030 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その11 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その10 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その9 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その8 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのやる夫スレ (08/23)
  • 国際的な小咄 4889 この電話が来たのは大体五分前 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ ゆるキャラ (08/23)
  • 国際的な小咄 4888 タイ米の裏側 (08/23)
  • 国際的な小咄 4887 よもやGSOMIAのせいでこいつが癒し枠になりかねないとは…… (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのコミックエッセイ (08/23)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その111 (08/23)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その129 (08/23)
  • 国際的な小咄 4884~4886 発狂しました ~ なんてれいせいなはんだんなんだ ~ ご期待に添いましたが、すみません (08/23)
  • 国際的な小咄 4883 タイ米の悲劇 (08/23)
  • 国際的な小咄 4882 京都はこびている? (08/23)
  • 国際的な小咄 4881 発展途上国の命の価値 (08/23)
  • 国際的な小咄 4880 LCCの極み (08/23)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング