スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫は×しのきらきーに嘘をつくようです。 第4話『傷心と心証』

目次 現行スレ

421 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:11:55 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────┐
│..それは言語化出来ない音質だった.│
└───────────────┘


.::: / ノ:/  || : |j                          /イ /   / /  //  ィ.::i!:.ノ
/  イ    / ! ! |ハ                       //  / / jィ´  ̄   ̄
  ::〃|   /,.¦! |从.       /ニー-、__            /// ./ / //   厂 7   /
 .:/ ¦  / |! | jへ    |      `-           ///  ' :/ /j  / /   イi!
/   .ノ  '/  ハ ! !(___ノヽ   ヽ、   ノ'           // ′ ' /  _j  レ'′  /:.:.:!
   ′ / /  i! !|//__,ノ \   `ー='´   r  ┬イ/    j/  )     イ:.:.:.: !
 /i!  ′ !  i! !|/(:::._ノ⌒jヽ.    __ _j   ノ/    /__ /  /:|   ハ,.:.:.:.:
/:  i!  !  |  i! /! 「  | r'⌒)  厂`'Y    } /' .:.:.:.:.:. /'´  __...イ:⌒Y  |.:.:.ヾ.::.:.
   i!  !  |   ヾ.' j  |  :| |  !   j   人___ノ'/ .:.:.::.: /_j  /.:.::::::/::::|ヽ. ! |:.:.:.:ヾ


┌─────────────────────┐
│. 獣の咆哮とは異なる、切り裂くような鋭利な絶叫 │
└─────────────────────┘




422 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:12:22 ID:RXlCh5Eo





                     ____      
           r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\    
          / \  \. / ( ○)}liil{(○)   
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |    雪華綺晶!?
             /  .\     i⌒ェェ|   /     
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、`   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\\  i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./    
         .ヽ、_./ ./  /      
             ./ /        
           .ノ.^/
           |_/

423 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:12:51 ID:RXlCh5Eo




                                    ┌─────────┐
                                    │ 『雪華綺晶――!』 │
                                    └─────────┘

   `ー─'´フ//_/,' /ノ ) { j} i}'(リ l }リ ゙';. )j{/   l/     | 〉'l{/ 〉
    _/ _/ ̄ イ{//}Y} il}くヽ{ ヽ/|il{  j イ{   人___ノ  ゞ乂_彡ヘー 、
   /r一'´     //イ ノヽ, /}ノヘノ }j ヾ,ヽ ノイ ))  /(_____   ____ノL_
 ∨ /       //{/ {  j )/_/イ{i≧} リ {( ゞ乂_厶イ/二三ミ彡=ー'´ ̄ ̄ミ、ヽ`ヽ
  ヽ(       ,//,´ イ /f´r r‐イリ )ノ/{ .〉  ソ)\ヽ、 く (ー─- 、_ノ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ ,八      _
 \ `ー─一´//  j/ / { レ′ Vl'(// .'  ‐1ミ、 ヽ \_>'´ ̄/⌒ヽ ̄>、__  r' (_三二二ヽ)ノ)
   `ヽ三三彡イ く  /  ,'  レ〈     '.{/(  i    ;ヽ, \ Yく  ̄  ̄         ノ)て          }//
      )ノ _ノ ノ j /{  人 .i     ト、 \j  /   ヽ ヽ\`ー、.           (_(_`ヽ-ノ⌒ヽ  //
 __/  /__/ //イノ (  ヽ,    j ) ノ`ーテミー-、`ー\\ `ーx─==ニヽ_         し /イ{
 __,-一'  / イ/   ゝニ}>  厶 /` 厶__ ̄ヾー──匕イ ̄ ̄ヽー-、\X二ヽ、.      / ( `ー───- 、
        /彡イ{          |    レ_,、 _ 、\_ `ー─'´ ̄ ̄ ̄`ヽ   )    ヽ}     ゝ、_二二二_   >、
.      / / | { ! i         l    |  | |  \>ー'           |  /{       {\              ̄)ノ r‐'
      / ∥ .| { ゞ`ー──ァ‐─ヘ     |ー┴─- 、               |. //       ゝ、\_,ィヘ          /f__ノ
     ゝ、\/ :}    ̄ ̄ ̄ ̄   '.    ', ̄ ̄ ̄)ノ           / /           ̄ ̄ ⌒ヽ       //
      \_ ー-、           l   . }   /(___     r─匕彡'                 )    ,イ//
          ̄\ー-、_       ヒ  ノヽ、 `ー──z〉    .ノ fフ (                       / f '〈
             ̄\ \ー、   ノ    }ハ         )   (  (  .\___    _x─━=─- 、   八人 \___ノ ̄
                } ノ )ノ f´ri   ri ト、〉      (_   ̄`ヾ   __三二ア ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  )    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /イ/   レ'//^i { i |                  ̄`ー'´            人 (__ノ⌒ヽ
                   (     〈イ  J ゝ                                 ̄ ̄   ノ
                   )

424 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:13:19 ID:RXlCh5Eo








==============================================
==============================================




;;;;;;;;;;;;;;;:::::::―ュ((r ≦       ── {f以}〉)     {
;;;;;;;;;;;;;;:::::::::、<込y="         二 ̄ `ベ((_) 、    ∧
;;;;;;;;;;;;:::::::::::}乙ー'=         ト、     ヽ丶   リ
;;;;;;;;;;;;:::::::::::|=ニ彡           ヽ    } |    ハ
:::::::::::::::::::::::|      ハ ヾ  、 ヘ :、 ヘ   / ハ.  ,′i
:::::::::::::::::::::::! il| l| | l i l| i l| |li ヽハ|  / j  /  ハ
::::::::::;;:::::::::::l  l| l| | | l ))i l i| |li   l } / ハ {     }       やる夫は×しのきらきーに嘘をつくようです。
:::::::::::::::::::::ハ il| ! | |, =彳|! l| リ  ノリ,, ハ ./ ト ヽ  ,'ヘ
::::::::::::::::::::::::'、 ヾ,__fヾ__! ! lx幺斗匕 / /  i! } ヾ /! }
::::::::::::::::::: Kコ /メーこミ、,ヾ 才{r f弐リ / /  / /  //  (       第4話『傷心と心証』
::::::::::::::: ::/l ∨l_fi,く(ン、リ7 ^ゝ` -イ / /   { /  / ′  、
:::::::::::::::::::: ! ∨`>一'_'ノ        } /r―tュ、 ' |     i
::::::::::::::::::::::,ト、 l「く{ ̄´ ′     / j    / l  !ヽ   ハ
:::::::::::::::::::::::|| ' } j{L_   ``   ィ /   ハ   j  l  、 ′ヽ
::::::::::::::::::: ||  { ,' ̄==≧^ヽ<{  リ  `ト、i  {  r 、 j l   、
::::::::::::::: ::::||  l_j_  、-K   }  |  {   \ `ー―'′ }'  i i |
::::::::::::::::::: 人 入`Y代  \ (  l  |    ≧       /   | l ハ
:::::::::::::::::::::::l/ヘ レ' K入___{⌒T |  iハ   l′ )___  ノ  ハ ヽ 丶
:::::::::::::::::::::t 、人_  l //==ノし!  lユ_j  i!\ ̄ l  i  i }  l
::::::::::::::::::::::||   /  |//》=={ γ|  | l_   ノ   \ i!  !  l ノ  /
::::::::::::::::::::::||       | トー"|  ハ  ∨ `ゝ´_  _ノ ! / ' /  l l
:::::::::::::::::::::个∨ヘ  il   ./   ハ  ∨  τ ̄l   |    、   i|
::::::::::::::::::::::|| l  ヘ、 l|  j    ム入 ∨ }   !   l  / ' / l l
::::::::::::::::::::::|| 八  入.|ト、/   ィ'   才 ∨J   i   l| !  l/  l l!



===============================================
===============================================










.

425 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:13:52 ID:RXlCh5Eo
      _rfヲ"   i! | !l |i ヾ、 \丶    !}  ! ハ
     ィ{匂 i l   | i! |il |l  トヾ. ヽ ヾ:、  ||  |  ヽ
    { ((´i  l l   | i! |il !|  i! !|ハ、 \ ハ 八 ヾ.   \
.     | j))il  !ハ  i! | ハ! jム斗ァト、i! ト、 ヽ い、ヽ \  ヽ
.     | ハ !| 川  |! !i!才i|_Lzxjハil| i! ヾハノ ヾ!i }i   ヽ  }
     八 il i! ヾi|  !i ト! jィf乏ヽヾ! | j リ  N 从 ノ \  ト、`
   / ,イi i!ハ  lLi_l!ハリイ 乂゚_ノ ,  |/,ィt _! ヾ廴ハ\ ヽ ヾ ヽ      痛い…
    { ハ.!ト㍉ }}Xヾj)`バ!  .;;''°o | バ:、{ Yヾ 、リ  ヾ i ノ ヾ:、
   | ! i!ハ ヾ((fチ卞ミ:x     ゚:。   !{ _`圦 ヽ ヽヽ _ イ ヾ、ー、
   八ヽヾト:ヾx圦均 }ト、   __   |i}弋 `Yハ. ‘,! V !ヽ.  \
    } ハヽ Y゙辷彡{   r'  )  }ハ. r':、 ヽ:} '   i }  \  入
.    //   ヾ 人 Yヽ.))  ` ¨  ゜|iリィソ.:.} `’    人___ ヾ  )
   { {     廴_) j / Y寸=- .. _ ィlイrぅ.イ    __ ムャr'⌒y`1 {!
    ヾ:、   ‘,いゞ! ム }、{! Y^Yひ7 { {  __ r' 乙.イ   ′ハ
     \  }i{  ilゝ{ ゞ`ー’ ヽ { / r≦´ Yリ ` ノ : : :/.∧
         i|! __川入 `ー''⌒  Ⅵi_ \  : :}/   : : :_;イ r' ヾi
         Ⅵ}x乙j⌒r'⌒y'Zィ^「i7!`) ヽ: :{! __.x≦_ / ノ、: |ト
         ∨  {/  /  | ヾソく  / Yヽ_. :ィ´  ,イ  ヾリ
         〈   ヽ  .イ   '  〃 ノ 〈:i ハ |、    /.:{   /
          }    }〃      "{   {トxⅥハ   /: : ハ {i
          i     ヽ.  〈::ヽ 、 |   } ヾ、  ′ : : }i! ヾ
           ヽ ` ーヘ._  ヾ:ハ ` i   〉   jく´: : : : : : |ハ ))
            \ ーァ入   ヾ:、ハ  {   :{: :ヽ: : : .  川 《
             )、 爪( ヽ  マ }::. ヽ   : :   . ;イ ;リ ヾ

426 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:14:22 ID:RXlCh5Eo

           _,,,,_ いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
          f=‐ 、i いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
        /  ./ノ  ,ヘ,,,、,x='ヽ、 いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
       /   _,/‐‐、f、ミ‐、-、 ヽリ》l‐- 、 いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
      /   r",、 -‐''ヾ、ヽハヽリiヾ《ノ ,, ヘ, いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
    /__,,>''ノノ    ノ_ノ,,ノノ__l_ヽ)´  `ヽ     /⌒ヽ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
   ,fフ´   〈〈  ,, x''"゙' ヾ|i!/‐ ` ヽ,   ハ    /ニ、l | いたいいたいいたいいたいいたいいたい
 /"l"     .〉〉",f/.// ̄ iヘヘヽ;ヘ´`iヽ  ハ   /  l l いたいいたいいたいいたいいたいいたい
r"/´_゙、    ,,| l// l/    ||l゙、lリ、ヽl、ヘl|   l /   l__ノ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
、_ニ_ ` ー_''"/ イ /| ./ ハ |lリi|゙、l ゙、〉|ミi   |彡ミミヽ、 いたいいたいいたいいたいいたいいたい
   `゙ミ__r‐//i!.| | |/  |i!i iリ》〉リハ ゙i!)ベ、ミ彡   |`'i ) いたいいたいいたいいたいいたいいたい
、     //// i!|l | i! | |i!ハ |巛_,》_゙、.i!/、ヘ  |   l (( いたいいたいいたいいたいいたいいたい
i `‐-=,,///" /リ|i〈 ゙、 〉.||l 〉i!`:゙◎.:i》、| l/   |、 /  )) いたいいたいいたいいたいいたいいたい
_>''"彡''´<_,,fノ∥i! ゙i Y|l |i!|/バi! ´"i!,!》". /    l゙i/  ((_ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
_,x''"´=''¨"  l∥ノi i! |゙、|ノ|i'リハl  ノ |l /)゙、___,,ノ"    `‐``=‐、 いたいいたいいたいいたいいたいいたい
//´     ///リ |. |.ノ"_゙ノ,i| || i!'"i 《 /(__,r=三三三三´ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
(     /,'// /l l /''",ニ_メ.| | | |_ _゙ヾヽ、ヘ ( ⊂´,,,,=-‐<_ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
、ゝ-==''"_,ノノ // .//ノ/   lリ/イ i"''''"|人\ヽ、`''"´,,--‐、`ー いたいいたいいたいいたいいたいいたい
``=ニニ,,ソ" // // l ||    |l | | |.  /  ヽ ヾ、'ー''´ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
    ̄   ノl // {l゙ヽ   |ノノ .ノ  l    ゙、`、ヽ、_,x"´`ヽv" いたいいたいいたいいたいいたいいたい
      .//ハ/   {ゝ|、__ =l'" f゙゙'"´`‐、   ゝ、ヾ、=´‐ミヽ彡 いたいいたいいたいいたいいたいいたい
    ///ノ/    ~~|"´  ゙、/,、 、_ヽ`〉    \_彡"´`ヾ いたいいたいいたいいたいいたいいたい
  ,,r'´,´ ///、.      |   .|´ ヽ_,`'-' いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
  ( ( 〈 .〈〈ヽ_`ニニ'''‐‐|    |‐-、___ いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
  ヽ ヽ 〉. ゙、`''‐‐''"´ ̄ヘ   .|`''‐-=二´ヽ いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
   ゝ、`'   \      ヽ  〉     `ヾ) いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい……

427 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:14:56 ID:RXlCh5Eo

┌────────────────────┐
│血走った目で、延々と呪詛を口ずさむ雪華綺晶 │
└────────────────────┘

         へ_=--、       ,,,;;--=ヘ
       <   )) >-=二二=─   ヽ((=-ヽ
     /,,,;-</(<必>) -二       (<必>)  ヽ
   / / /  ./ ((  ((           )) (( ノ |
   / / ./ ハ /   /         l ハ   / |ヽ
  l | | |  | l .| l  / l |l | ll  | |  | | l |//  ヽヽ
  |ヽ l   |  | || / | |l | ll  | |l | | l i / /i  ゝヽ ヽ
   l .ヽゝ   ll l  |l |  |l | ll l .| || ||l ノ | | l  \ ヽ\
   λ ヽ  ヽ |  |  ! .|!l l  ll l| | l| レ l | |ゝ    ヽ
  / l\    い ヽゝ (( ll |l l|-ー┼レノノ / l | \    ヽ
  .| |  〉 /  〉Ynnヘヘ,,ハ リr'''゙゙゙゙゙''nn、/ ハ .| ヽ  ヽ \
 / | / / / / >/.l |必/ / ヽゝ_゚_ノ./ /、 (   |    \丶   いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
/ /    /.Y 〈 .! \l | .  〉.〉 /./ / l ヽ  ヽ    |l )   いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
  / /   ハ ヽハ ヽヽ   ヽ__/ ゙''゙ '' // l | \ ヽ   リ    いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい 
../〉 l  | 〈--、  \     .l l    / ,.、┐  ヽ )  /     いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい
  ハ ヽ l  > 〉 _rf゙'-z_r-,/r-u-z_/ーz(  .( | l / /  /   いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい…
// ヽ ヽ |/ └┘T l l / / κ  l l  /」  \l// / / l
 l  \/     .| .! l / /ハ  l l  .l     .ヽ/  //  l
    〈  __  .l   / /-'い    .∥ _   .|l | |  l |
 ヽ ヽい  ̄  / .〈    l><l    l ̄ ___/ l l l  ヽヽ
   |ヽ \ ─   〉   l< >ト    K ̄  /ゝヽヽ ヽ  ) )
   / /  〉    /    l-ーu-| l   .|─   <ヽヽ \ \/
  / /  ]  ̄     ハ ヽ .| l  \   /\\ヽ \ \
../ / \ 〉 /    ハ  い. |     |  /ヽ  \\  l  l
/ / / ///      ハ  〈 ̄.|     l-〈 ヽ\  ) ) / /
| | ∥ / ∧l    /  r--、 ハ    .川 ', ノ ヽ/ / /ヽ
.l l l ./ /  \  / ヽ└j .゙'゙ \  / | ∧  / /  /  l
\\ / / /乙>''/ ぐ゙Zノ  〈  ゙'<ゝ ヽ ヽ/  l  l  /
  \ / ./ 〈   _    〉 .とー┐    ゾ'ヽ二 ̄\  /  /
 l .  l /  .\ .(/ .〉  乙 \ /  ( ゙̄'ヽ ノ  \  \l  l
 l  .ハ    ゙'゙ く   〈 〉_人_几_ノ    ヘ


┌─────────────────────┐
│..爪を顔につき立て、自傷行為に走ろうとしていた │
└─────────────────────┘

428 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:15:33 ID:RXlCh5Eo


┌───────────┐
│. 『おいっ! やめろよ!』..│
└───────────┘


          \
           \
            ,,=――-.... ,,
          ,,ノ"' .,       `'-、                              _,,,.. -‐''"゛
             'ミ―'''_..- ..,,、    ヽ,                  _,,,,.. -―ー'''"゛
.i,,__            ̄゛     .\    \       __,,,.... -ー'''''"´
..!  : ⌒'''''=、            `'-、   `''‐ '''" ̄´
. '! ..____..`゙゙''ii、            `'ー、、
    1 ゙~. ̄'―-- ..、           `'-、
     ゙'ー ,,.   ..i⌒''.lr- 、          `''-..,,,,,,,_________、
       `'''''l'''"゙゙゙″.、゙,゙>-、                  ..,,,_ ̄ ̄ ゙゙̄^´゙7              _,,,.....
          `―-r'''"゛  .',゙>                 ⌒"''―――――--===ニ'ニニ 、
                `'ー'ヘ,´                                     ーー/゛
                    `\                       -..,_.. ---――ー‐ー一'''″
                   ヽ                      `゙'''ー ,,,,_
                       ヽ                 、 ,..,,,,_           `゙'''ーー-、
                        `'-、.            .゙'ゝ、,,_  ゙̄'''''ー- ..,,、   `フ″
                        `'-、、     .,,v、、     .`''ー..、    `゙゙''''"゛
                             ヽ     l.  `''ー ,,,_    .\
                            ヽ    ヽ      `'ヘ、  ., \
                             ヽ.   ヽ       `'''‐“'''"
                              l、   .l
                                  ヽ   ゙、
                                   `ーゝ ノ


┌────────────────┐
│雪華綺晶の腕を掴んで止めようとする.│
└───┐                  └────────────┐
        │...何度も振りほどかれ、その際に頬を引っかかれて出血した.│
┌───┘                                      └─────────┐
│何とか掴んで、握りつぶすほどの力で押さえつけた。この際、へし折ってもかまわないと思った │
└───────────────────────────────────────┘

429 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:16:11 ID:RXlCh5Eo
    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|   痛い!
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|    頭が痛いいいいいいぃぃぃいぃいいいぃ!!!
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、


┌──────────────────────────┐
│僕の声など届きはしない。ただ、その存在をうっとうしがるだけ │
└──────────────────────────┘

430 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:16:41 ID:RXlCh5Eo


┌─────────────────────────────┐
│それが、僕と彼女の関係の本質なのだと、心のどこかで肯定していた │
└─────────────────────────────┘


         (( ____ ))
       _√ィ´    ` ヽ\
      ,イ / ,' l  |   } ト、
      j / ,  |  !  / | !
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |
    / ./  l| ∨ l|    Y  ソ  '/  i!
--イ   / ノ  ヘ ハ   /  i!ヘ  l|   リ
_ -‐ ′(     '人i  j  '  \i!  /|
     \i    〃  '  ,'      l ∧{
       }   ノ!   l|  \    ,' ' ト、
      ゝ、 l|  ハ    ,' .ノリ\ノ j

431 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:17:10 ID:RXlCh5Eo




            ____
        ,ィ'´ ̄ _  _ ̄ /⌒゙ー .、
       /,ィ==‐'    ̄    イ ヽ、ヽ ヽ  ≧ 、
      /ィュリ    /         ` 、 ヽ    \
    / (弋ソ     '       ((_,、_ ` ー.、   \
     l  ))≧=‐'      ヽ   ゞ少 ̄`ー   \   ヽ.
    / ((   i!  l    l ヽ ヽ ((ヽ  ヽ ヽ  ヽ    l
.   /  l.`l   i! l l!  l! l .ll lヽ ヽ.. )) ヽ  ヽ l   ヽ!   l   う…ううううううぅぅぅぅうう……
  〈  .l .l! l l! l l!  l! l l l l l!  ヽ l ヽ  ヽ     l  l
   ∨ l l.l! ll l! l l!   l! l l l l l! l. ヽ.l  ヽ!  l     l  l
   ∨. l .l l! l!l l l! l l! l l l l li!.l! l   l!  l .l  l    l.  ∧
    l!. ∨.i! l从斗、 l l ll!l/!、!l l从l!   l /!  /  l   ヽ.  ∧
.   l l  ヘ!从イン仆、.l! l l l 、___, l l  /   /  l l    \ \
.   / .l  リ/`ハゞ薔ソ        ̄ |   /   /  / ヽ      \ ヽ
  /  l /  ./_ゞУ `、_     |     / ./  ヽ     l  l
.  l.  l.l´ r‐、ノ `ー'`ー、、` ´ , ィ'.リ   /_,、 r―yヘ. ヽ     l  l
.  ∨ l l .|ヽ  | /  /  ̄,ィ  |/ ,イく.し'  ´  /  〉 \   l  ヽ
.  ヽ .〉ゝl   j   i./ゝ‐^ーッノ     ¨´         (_,、   \ !   ` ー


┌───────────────────────────────────────┐
│不意に、雪華綺晶の身体が折れた。全身は未だ強張っていて、内から来る何かを抑えている .│
└───────────────────────────────────────┘

432 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:17:39 ID:RXlCh5Eo


┌──────┐
│『雪華綺晶?』│
└──────┘


                /
              .l             \
                 {     l            ヽ
               ヽ    \           ,
.                \ ヽ__ ー- 、         \
                 }     ̄ `ー― ⌒ト、   ヽ
                 /             l ヽ  l
                  /  //  /l   r‐、   ',  {  l
               /  //   / l  |  ヽ   l  ヽ __!
              /  / ./   / .l  l   l   |
               /  /  /   /  /   '   |   |      _  ___
            l_./  /   /  /   /   .|   |   _f ̄_ノ/__ノ
               /  /  /   /    j  レ' ̄_ノ | /  /
                ゝ./   f   /      >-v  仏_  レ __{
                     `ー'       八 __) ‐         !
                             {    /  ̄ ̄ ̄  |  /⌒!
                            ノ      /  ̄   └― |  .{
                              人    /         ___ノ
                          // |`ー―个 、      <
                            | {__l_____l_____工フ´/:::::/
                           人            /:::::/
                        /::::::\_________.ノ:::::/


┌────────────────────┐
│...無意識に、つかんでいた雪華綺晶の腕を放す..│
└────────────────────┘

433 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:18:09 ID:RXlCh5Eo


                               う
                                え
                                 ぇ
                                  ・ 
                                   ・ 
                                   ・





┌──────────────────────────┐
│それを引き金にしたかのように、雪華綺晶はその場で嘔吐した│
└──────────────────────────┘

434 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:18:45 ID:RXlCh5Eo



┌───────────────────────┐
│ 何度もむせ返り、一時停止してから嘔吐を再開させる .│
└───────────────────────┘
                          ┌─────────────────┐
                          │鼻からも出て、息苦しそうに白目を剥く ....│
                          └─────────────────┘
┌────────────────────┐
│雪華綺晶は涙を流しながら胃液を撒き散らす、 .│
└────────────────────┘
                          ┌─────────────────┐
                          │僕は雪華綺晶の背中をなでる事もせず │
                          └─────────────────┘
┌──────────────────┐
│....ただ呆然と、事の成り行きを眺めていた │
└──────────────────┘





.

435 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:19:17 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────────────────────┐
│雪華綺晶はやがて力を失い、胃液まみれのベッドに倒れて動かなくなった .│
└───────────────────────────────┘
┌───────────────────────────────┐
│僕はそこでようやく雪華綺晶の身体を起こし、顔を軽く拭いて抱きかかえた.│
└───────────────────────────────┘




                                ___
                 ____     >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
            , -'"´:      `¨ ‐ 、γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        /. : : : :            / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
      ,,.'. : : : :                〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
     /. : : : : :               ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
    /. : : : : :                 / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
   ./. : : : : :                  イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
  /. : : : : :                  |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
  /. : : : : :                从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
 ,'. : : : : : :                   !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
 i : : : : : : :                     Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
 ', : : : : : : :                   `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
  ヽ_,r‐'´入                      j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
  /  /´ \ .                    ハi  \ ´ /       \ 、
 〈  ./    \: : :                   j    >ァ'          \ヽ

436 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:19:58 ID:RXlCh5Eo



                                ___
                 ____     >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
            , -'"´:      `¨ ‐ 、γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        /. : : : :            / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
      ,,.'. : : : :                〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
     /. : : : : :               ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
    /. : : : : :                 / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!  大丈夫だお。
   ./. : : : : :                  イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!  ここにはやる夫ときらきーしかいないお。
  /. : : : : :                  |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|  きらきーをいじめる人はずっとこないお。
  /. : : : : :                从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|  だから、大丈夫だお。
 ,'. : : : : : :                   !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
 i : : : : : : :                     Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
 ', : : : : : : :                   `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
  ヽ_,r‐'´入                      j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
  /  /´ \ .                    ハi  \ ´ /       \ 、
 〈  ./    \: : :                   j    >ァ'          \ヽ


┌───────────────────────┐
│...肩で息をする雪華綺晶に、意味のない言葉をかけた │
└───────────────────────┘

┌──────────────┐
│ 背中をなでると、また軽く吐いた .│
└──────────┐      └───────────────────┐
                │..僕の背中に胃液がかかるが、不快には思わなかった...│
                └───────────────────────┘

437 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:20:32 ID:RXlCh5Eo
                                               /
                                        _,,,,,,...ii,゙
.ー ..,、                               ,, ‐" ̄´     コ、
     ̄`''''ー ..,,,,__                      ,ノ゛      、. "..,,_,,゙l.
             `゙^''''―- ..,,,,_               /    ,i‐''"´ `''―ー′
                      ゙゙̄"'''''―ー- ...,,./    . /             _,,.. -一''''^l゙
                                     _..-"            ,ilー    ./
                                  ,/’            __,,,,,ラ――'/'''"゛
                                _..r'"          __iニー、    _..┘
                r‐' ---――¬''''''''''''''''''''゙゙´           __i┴ ゝ--lヽ,,.. /
`゙"''ー;;, ......,,_____,,,,,,,,,_,;i_,,,,,.... -ー¬'"´                 ,ィゝ `''''ヘ..___,./
  .'二,,,,, ̄´                               `'~.、,,,,,,/
   ゝ..,,,,,,,,,,,...,,,,,,,,,,,,___   _                        , /
            ,,,..`-'“´                       /
     _,,,..,,.. ‐''''"´                           /
    'ヽ -‐゛     _,,,.. --ー''''''",゙=‐                 /
     .`-.... -ー''"´゛   _..-'''"゛                ,..-'″
                ,r'"゛     ,,, -'".~l     ./゛
              /   .,ン'''"´    ./     ,i"
              'ヽ iニ..-'"       ./    ./
                      /    ./
                        ,′  .,ノ′
                        / .,i_,,./
                     ´゛


┌────────────────┐
│...今度は雪華綺晶が僕の腕を掴んだ │
└─────────────┐    └────────────────────┐
                      │手入れのされていない爪が、僕の腕につきたてられる │
                      └───────────────────────┘

438 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:21:04 ID:RXlCh5Eo
       )  メ      l    ',::    ゛、::::    ',  ヽ
 `ー ‐.7i-\, ′     i     ',::      ' ,:::    ',::  ',
    .!ノ⌒ィ'⌒ヾ|!‐ ,|  l     ',::     ':::     ',::  ',
   .'⌒Y jー:く⌒jハ|__    i     ',::     ', 、   ',::  }
  イ广f:.!/て癶'V^Yハ_   l、     ',:斗匕   ', ヽ::  人,,..リ
 从rー弋j心ノ :〉イj ハi    l ',   /',::::::\   ', ',:::/イ
  八 弋__フ ノj:入从 i   l::::: ',/   ' ,:::::::\  ', /
.く  ゝ..._ ノ_ノ_ノ八、 .i   l:::::::::ゞ从从j⊥ヘ:::,,\j i,
  弋- _..> √ 勿 ノ\i  ハ    ∨{ ィrァミ く   ヽ
   )ノ `ー ´ (⌒、:', ::i  i ハ    トヽいYレ' ノ}    `ー -┐   やめてよ。
     /,'    ::i ::::', ::ヽ  ゝ ハ   `ヾ二 イ,,         |
     .;    :::   :::', ::::\ iヽ    |下 乙       /
      ,'    :::      ;;;; ::ヽl  ゞ             /
     ,'    :::     :,',   ::l                 (
     ,'    ::      .:,'::::',  :::| _ ,              /
    ,'    ::     ..::  ::::.  ::| (   Y´ ヽ、      /
   ,'   .::.  .::.. .::   :::::. ::|  .ゝ-イ  丿ゝ____,,,.ノ
   ,'   .::::.  .:::. .::   :::::::: ::|/`丶、   (_二=-、
  ,'  .::::.  .:::.. .::     ::: ::/     `丶S 、___)
  ,'  .:::/  .::.. .::      ::: :::ノ、     l   l ヽ ̄)
 ,'  .:::, '  .::  .::       ::ノ::/ ヽ、   ヽ  / /、ゝ
  .:::, '  .:::  .::     ::/;;ノ丶、 ヽ、   ソ彡 ´廴ヽ
  /   .:::  .::   :://      `丶、  `ゞ,`´   :,,::,
   .,,,_.::,,__.:::,,,,,,:::://ー-=、__..    `丶  ヽ /.∧/,|
 Y           ゚゚" ;,;,:.:.......   ` ー 、    Y .∧//|
                      ^"ヽ、    `丶 | ∧///|
                        \       ^l∧///,.|


┌──────────────────────────────┐
│ 雪華綺晶が誰かに向かってそういった。……心当たりは、何人かいた . │
└──────────────────────────────┘

439 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:21:33 ID:RXlCh5Eo

              ┌────────────┐
              │....雪華綺晶が見ていたもの │
              └───────┐        └───────┐
                              │雪華綺晶が感じていたもの │
                              └────────────┘

  /  !        ,'  i|                        |    ヽ
/      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
    /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
.  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
  /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
 ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
 i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
. ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ
 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i
. /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
>   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /
 \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
    ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
    ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i


┌──────────────┐
│それはきっと、僕も共有している │
└──────────────┘

440 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:22:01 ID:RXlCh5Eo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           ●

                           ●

                           ●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

441 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:22:36 ID:RXlCh5Eo


┌─────────────────┐
│.そのままの状態を一時間ほど維持した │
└─────────────────┘

::::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'     ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '

┌────────────────────────────┐
│....雪華綺晶に握り締められた僕の手は鬱血し、壊死寸前に見える ..│
└───────────────┐                  └──────────────────┐
                          │.それでも、雪華綺晶が少しでも落ち着きを取り戻したなら何の問題もない │
                          └───────────────────────────────┘

442 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:23:07 ID:RXlCh5Eo

     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´  やる夫……
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |     やる夫……
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


┌───────────────┐
│.うわごとのように繰り返す雪華綺晶 │
└───────────────┘
┌─────────────────────────────────┐
│..そんな彼女の額の汗を拭きながら、『大丈夫だから』と薄い言葉をかけ続ける │
└─────────────────────────────────┘

443 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:23:40 ID:RXlCh5Eo

    ))   _, - ― - 、 ((_r≦ヽ,r==ユ
―ュ((r ≦       ── {f以}〉)     {
、<込y="         二 ̄ `ベ((_) 、    ∧
ト}乙ー'=         ト、     ヽ丶   リ
|=ニ彡           ヽ    } |    ハ
|      ハ ヾ  、 ヘ :、 ヘ   / ハ.  ,′i
| il| l| | l i l| i l| |li ヽハ|  / j  /  ハ
l  l| l| | | l ))i l i| |li   l } / ハ {     }
l丶l| ! | |, =彳|! l| リ  ノリ,, ハ / ト ヽ  ,'ヘ
ト、ヾ,__fヾ__! ! lx幺斗匕 / /  i! } ヾ /! }  ほっぺ、傷。どうしたの?
lコ /メーこミ、,ヾ 才{r f弐リ / /  / /  //  (  血が、出てる。痛いよ……
l ∨l_fi,く(ン、リ7 ^ゝ` -イ / /   { /  / ′  、
! ∨`>一'_'ノ        } /r―tュ、 ' |     i
ト、 l「く{ ̄´ ′     / j    / l  !ヽ   ハ
|| ' } j{L_   ``   ィ /   ハ   j  l  、 ′ヽ
||  { ,' ̄==≧^ヽ<{  リ  `ト、i  {  r 、 j l   、
||  l_j_  、-K   }  |  {   \ `ー―'′ }'  i i |
∧.入`Y代  \ (  l  |    ≧      /   l| l ハ
l/ヘ レ' K入___{⌒T´|  iハ   l′ )___  ノ  ハ ヽ 丶
ト、人_  l //==ノし!  lユ_j  i!\ ̄ l  i  i }  l
||   /  |//》=={ γ|  | l_   ノ   \ i!  !  l ノ  /
||       | トー"|  ハ  ∨ `ゝ´_  _ノ ! / ' /  l l
F∨ヘ  il   ./   ハ  ∨  τ ̄l   |    、   ji|
| l  ヘ、 l|  j    ム入 ∨ }   !   l  / ' / l l|
| 八  入|ト、/   ィ'   才 ∨J   i   l| !  l/  l l!

444 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:24:11 ID:RXlCh5Eo




        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (●) \
    |  _   (__人__)   |  ああ、これはさっき木の枝に引っ掛けちゃったんだお。
   \ ┃   ` ⌒´   /
   ノ            \  そんなことよりきらきー。お医者さんに貰った薬はあるのかお?
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

445 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:24:40 ID:RXlCh5Eo


        _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
        》ゞそヅ/                        \乂v匕人
       ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
     ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )  ))
   ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
   _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
   . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 ((  l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |   
    }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
     \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
      ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人   ))
 ((    / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
   .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
    / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
   ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
     /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


┌────────────────────┐
│雪華綺晶は、小刻みに、何度も首を横に振った │
└────────────────────┘

446 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:25:12 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────┐
│...やっぱり、行ってなかったのか .│
└──────────────┘


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \ どうしてお医者さんのところにいかないんだお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /





.

447 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:25:40 ID:RXlCh5Eo

    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |       だ、だってだって、あいつ嫌い!
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|      私に嘘ばっかり言うから嫌い!
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、

448 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:26:11 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────────────────┐
│つまり、僕も嫌いなんだねきらきー。まあ、それはどうでもいいや .│
└───────────────────────────┘




          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \ お薬、持って来るお。
      (人__)         | だからここで待ってるお。
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \

449 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:26:41 ID:RXlCh5Eo

  /  !        ,'  i|                        |    ヽ
/      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
    /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
.  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
  /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
 ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
 i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、   やだ! やだやだやだ!
. ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ   私も行く!
 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ  やる夫と一緒にいる!
   >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i
. /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
>   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /
 \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
    ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
    ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i

┌──────────────────┐
│..すがるように、僕の腰にしがみついてきた..│
└──────────────────┘

450 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:27:16 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────┐
│頭をひとなでしてそれを受け入れた..│
└───────────────┘
┌────────────────────────────────┐
│ 雪華綺晶の手を取ってリビングに向かい、鞄から常備している薬を取り出す │
└────────────────────────────────┘




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |  _  (__人__)     |  はい。これ。
     \    ` ⌒´    ,/  飲むと気分がよくなるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



┌────────────────────────┐
│ 言っておくが、別にいけない薬ではない。誓って合法品だ.│
└────────────────────────┘

451 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:27:47 ID:RXlCh5Eo

       )  メ      l    ',::    ゛、::::    ',  ヽ
 `ー ‐.7i-\, ′     i     ',::      ' ,:::    ',::  ',
    .!ノ⌒ィ'⌒ヾ|!‐ ,|  l     ',::     ':::     ',::  ',
   .'⌒Y jー:く⌒jハ|__    i     ',::     ', 、   ',::  }
  イ广f:.!/て癶'V^Yハ_   l、     ',:斗匕   ', ヽ::  人,,..リ
 从rー弋j心ノ :〉イj ハi    l ',   /',::::::\   ', ',:::/イ
  八 弋__フ ノj:入从 i   l::::: ',/   ' ,:::::::\  ', /
.く  ゝ..._ ノ_ノ_ノ八、 .i   l:::::::::ゞ从从j⊥ヘ:::,,\j i,
  弋- _..> √ 勿 ノ\i  ハ    ∨{ ィrァミ く   ヽ
   )ノ `ー ´ (⌒、:', ::i  i ハ    トヽいYレ' ノ}    `ー -┐
     /,'    ::i ::::', ::ヽ  ゝ ハ   `ヾ二 イ,,         |
     .;    :::   :::', ::::\ iヽ    |下 乙        /   ……ゴクン。
      ,'    :::      ;;;; ::ヽl  ゞ              /
     ,'    :::     :,',   ::l                  /
     ,'    ::      .:,'::::',  :::| _ ,              /
    ,'    ::     ..::  ::::.  ::| (   Y´ ヽ、      /
   ,'   .::.  .::.. .::   :::::. ::|  .ゝ-イ  丿ゝ____,,,.ノ
   ,'   .::::.  .:::. .::   :::::::: ::|/`丶、   (_二=-、
  ,'  .::::.  .:::.. .::     ::: ::/     `丶S 、___)
  ,'  .:::/  .::.. .::      ::: :::ノ、     l   l ヽ ̄)
 ,'  .:::, '  .::  .::       ::ノ::/ ヽ、   ヽ  / /、ゝ
  .:::, '  .:::  .::     ::/;;ノ丶、 ヽ、   ソ彡 ´廴ヽ
  /   .:::  .::   :://      `丶、  `ゞ,`´   :,,::,
   .,,,_.::,,__.:::,,,,,,:::://ー-=、__..    `丶  ヽ /.∧/,|
 Y           ゚゚" ;,;,:.:.......   ` ー 、    Y .∧//|
                      ^"ヽ、    `丶 | ∧///|
                        \       ^l∧///,.|

452 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:28:20 ID:RXlCh5Eo




               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l _ ⌒(__人__)⌒    l ん。えらいえらい。
          \     `⌒´     /
          /              \


┌─────────────────────────────┐
│ もう少しまじめに、笑顔を作る練習をしておくべきだったかもしれない .│
└─────────────────────────────┘

453 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:28:52 ID:RXlCh5Eo




               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ  一緒にテレビでも見るお。
            l  _  ⌒(__人__)⌒ |  きらきーが眠くなるまで、やる夫が起きてるお。
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ





                     ___
           ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
.            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
          {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |  うん。見る。
           | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |  やる夫と一緒にいる。
           l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
.         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
.        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

454 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:29:27 ID:RXlCh5Eo


┌────────────────────────┐
│..3LDKのLにあるソファにすわり、雪華綺晶を横にさせる │
└───────────┐                  └────┐
                  │テレビの画面では時間的に深夜アニメが│
                  └─────────────────┘




────都合により、番組を変更してお送りしています────


            _
        ノ |_   ll__l---||_
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー~´~~~~


┌───────────────────────────────┐
│....…あれ? そのつもりはないのに、結果的に嘘になってしまった。何故だ │
└───────────────────────────────┘

455 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:30:00 ID:RXlCh5Eo

     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |    やる夫、やる夫…
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


┌─────────────────────────┐
│能天気成分が一切含まれていない、必死な呼びかけだった..│
└─────────────────────────┘

456 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:30:30 ID:RXlCh5Eo

                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l  やる夫は、私のこといじめないよね?
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l
           i /. /  i  i  l    | .((/l/    ,/l/l/l/,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |       ´  イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l
      l i   ノ//   ,i  ,ノ:::::-、____゙ノ // />、,ァ´,ィ、 i
      ヽヽ,-'/ノ    r'_/´ ̄     ヽ_  ー'_/ ///人\i
     /  /    ( ̄           ヽ、 _:  //' / ,.ィ\\
    /   /、 l     `イ、             // ∠>'.人`<_ヽ
    /   / \l   _/,.У          .ノ /       r≦_ト.、>‐'7
   l   l   ヽ /:::::::`ー' ̄)     __   ,/         .x---、ヽ:\'7

457 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:31:00 ID:RXlCh5Eo




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  いじめないお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  やる夫はきらきーの味方だお!
  | _   |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

458 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:31:28 ID:RXlCh5Eo

          _  /イ       `Y≦ixッ
         r'/ ミイ-        i   \ ハ
        ノ/ ' ̄{ij}-、  i  i il   i ヘハ
     r─''´./ / i ({   i il  il .il i  .il  トミ、
    /  ノ  イ  |  Ⅶ  .il .il  il .il ト 升-、i il  ヘ
   { / / i   |  ミV il .il  ilハリi il ≦=-イリ  .ハ
   ノ {  / .人 il   トゞ.ilハリハ/   ィ芯リK ヽミハ  そうだよね。やる夫は味方。やる夫は味方……
`ー'´  .ト {  ヽ i ilミ、   Yil「薔ァト、   ゞ=イ V、_  Ⅶ
イ  イ 小 i  }il .il ヾ  ゞ)ミ-、ソ    ´  iミ、_ V
-=   ノ V ノ / i   )   \     ,ィ  イ三ミ  廴
_ _イ   / ノ  小  人   )     `  /ハ Y    ヽ
    ノ / /  / il  ./il ilゞ  /ハ,ハ、_ハ、_/イil i il  ノ  イ
   / / 人 .ノ  / / r=、ハハソ、ミ    フ il.il l il i   .ト 、
 ̄´ ノ {  / /  { i    (入_ハ_ハ_rメフ//  ) 人   )ミヽ
 イ  }}   /    ノ    Y  | | ><||ソ_,、_   )   ) ) }
   //  ./   イ'      ト、ハハ_ハ_ハ_/ ̄ /  ノ  Y  ノ i
  / イ  /  /{ :::.   / ノ      )   K>  ノ   ト/ /
ミ、_ = - =  イ  .ト :::... ..:: /      (    }\   / ィ
  / ̄   / .小 入     il:::::...    ...::}..  /::.  \   }
    ィ''´   川   }    il:::::...    ..:::(  Y:::.    `ーY{ il
 / /        ソ.|    /        ゞイハ       ヽノソ
./ /  /     / .i    il:::.      /  人} ト 、ー'`ー - ミ-、

459 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:31:59 ID:RXlCh5Eo

          r‐t‐ 、
         l\>、 \                   , へ二二 ̄ ̄7
        \\,\ \               , イ`ー─--二二/
         ヽ 〉、く\_>、           ,/ , --──'''T ̄´/
            \/ニミ、ヽ〈\  ∧    / _/ >     / /
           l:l丶 l:ト、_\| 〃l  /_/ /   /_/      『やる夫は私を助けてくれる』
              |:|`ー|:| ヽ,r‐〃 |:|、/_∠..-‐'‐──イ´
            U  |:!-‐'-〃 =Uテ==、‐-、二二/
          ,ィ==/ヽ   ,‐、'、_,r-、   「\\/           『幼稚園のときも蜂から助けてくれた』
           //   〉_ソ (_ソヽ  ヾ\丿 ノy´ ̄ヽ
       ,-=ニヽ  i:{´\/  ヽ二ニ{:|-‐'´|.   |
       /   V  {:|       ヽ‐-|:| ─1|   l
      /    /  {:l         `‐l:|-‐イ |   ,'
    /  /    {:|          {:{ヽ/ |   /
   / /        {:{            }:}    | /
   //                         |/

460 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:32:28 ID:RXlCh5Eo

                    ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                  ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                  ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                 ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                  `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                     ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ         『小学校のときも嫌な先生から助けてくれた』
                  ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                  lハ!    ヽ     j/,ノ
                     ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                        `ト、       ,イ |'′
                       ,〕` ー─ './  |‐、_
                 ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                 ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
               _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
             _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
           _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i
          _/       ̄`フ   !  /.:.:.:i  ./    〉      /  / !
      /    、      /   ! /.:.::::::|  / _ __/_     ,.イ  /   !
     /     .:ヽ /   \   V.:.:::::::::|,ィ"´ __,   \  /::/:.:.:. . . ..,イ〉
   /^ヘ-、     .::::リ     \  i::::::::;:;:;| y'´      V.::::/::.:.:.:.:.:. / l!
  ./    `ゝ、  .::::::}        \|::;:;;:;;:;:!  >'´ ̄ ヽ   ト、_:::::::::.:./.:.:.:.|
  .〈    `ヽ) |\.::::::|        .:::::.ヽ;:;::/ .フ〈  、       |  ト、_::/::::::::::.:.|
  ト、  ‐-〈 J  \:::|::.     .:.:.:.:.:.:.:::::::y':::::::::::`ー-ヽ    」  |! | \:::::::::::|

461 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:32:57 ID:RXlCh5Eo



       ___
      /     \        )-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
    /   ⌒  ⌒\     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /   ( ⌒)  (⌒)\   /    /   、    l くハ |
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
   ヽ、    `ー '   /   l  | | | /| ∧__ハ| | | |      『いつだって一緒にいて助けてくれる』
    /         入   | |  l | ¦l7/   、| | | |
   /            \ |∧ |Nヘ、!/ ⌒  〉  ,′l|
  /  y        ヘ   \ ハjミYシ、_,、_,, ⊂⊃  /  l| \
  l  ノ         lヽ   ヽs《 ヽ、     ,イ  /   l|   ヽ    『ずっとずっと私の味方』
  l  :          l \つS/  ̄⌒ | }≧≦‐ | ∧  ヽ}  `、
   し(          l   ヽ ーフ{^ ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
    ヽ         ヽ  |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
     l         )   / { く'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
     :;   y    /   / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
      ヽ /   /゙゙   / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
       V   /     ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
      /   / \    `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
    (⌒__) ̄ V    ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    ` ̄ ̄

462 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:33:29 ID:RXlCh5Eo

                  __                 /   //
.           ,、-― ' '´ ̄  _ ̄`'-、   )) _       /   //
      ((.  /             ̄`'ー `,ィ" '´  .ヽ,     /  /
   ,ィ'`ヽ、.))/                ,ィ又ト,    .i`ー.'.´     /
.  /   ,ィ仝、_,、-‐          ー-、_弋少    .lヽ、    / .,、-
  i!   弋少ー-、            -‐''´ ̄((     l   `ー-‐´  /
  ヘ   ((   i      |   l!   i!  l!   .))     i!      /  ,
  i!    ))  .l    l l l   l!|   i!  i!  ´.l    l  `、     /  ./   だからやる夫は私をいじめない。
.  l   l.´ l  l    l!| l   l!|!  .i!  i!l l  l    l   `ー-‐.'´  /
  l!   /  l  i!   l!l!. l  l!l!l!  |!l  l! l!  i!     .l     、  /    ずっと一緒にいてくれる。
 /  / l  l  l! .)) i!l!l l  /l!.i! l! l l!l! l .i! l!l /     .l       `'、´ _,   一生裏切らないし嘘つかない。
./  / /  l  i!((  .i!从ll!/!l 从!l!丗仄!-!ll! /     `、     '´
 /  / l .i! i!,ィセケヘ  ` ´´ `  ` ` l!./       \
.´    / / ` トイトyソハ     `==-'  /          `ー-――-、
   / /    ゞヤィルイ  ,          /   .ハ,             ノ
. /  /   ハ ヘ ̄))          ./l  ,、/、_. '.、            i
'  `、__,、-‐'´ ヽ_  ` 、  ` ' ´  , .< /.l`'´イ ノ  `ヽ、  `ー-、.      l
  / ̄    l /, `'イ`´j、` ー-‐,.'´_`´ l l ,イ ̄/     `!    `ヽ,  /
  /      ヘ /`'´/ノ r-、 〉.|.ヽ i .l.ゝ‐、      i!  l    / ./
. /        ∨  /。ゝ_ノ `´_ .〉l。ゝ! .l' /       .i! ./  ./ l
〈       ,r‐、 ./。/-‐'´  ̄   .|。| l  !         / ./  ./   l
 ヽ      ヽ〈_,イヽ' r‐、  r‐-、lィ'´ト、 ヽ    l / ./ ./   /   l
 /          ト,‐´ ノ ハ_!  ゝ‐´ .ヽ ヽ  i!  》 .〈    i   `、
./     /!      ノ.   ̄        ヽ  \  ト、.  ヽ  ヽ    ヽ

463 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:33:59 ID:RXlCh5Eo




         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (●)  (●)\
    l^l^ln   (__人__)   \
    ヽ   L   |r┬-|     |   ……よしよし。
     ゝ  ノ  `ー‐'     /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


┌─────────────────────┐
│.お茶を濁す態度を取った。だって最後のは、ねぇ │
└─────────────────────┘

464 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:34:32 ID:RXlCh5Eo



          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /  (●)  (●)  \  きらきー。明日はお医者さんの所にいくお。
.     | _  (__人__)     |
      \    ` ⌒´    ./ヽ
      (ヽ、       / ̄)  |
       |  ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ  ノ      ヽ  ノ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




         __  _
     ,ィ=ト y ´    `Yf=}ト
    ゞミ彡 :::,  ::   ゝ=イ\ _
    / / rく/  :::! :ll :', :ヾ', ヽ
  /ノ' /≧ト.! ::/,ィ/‐、 ::} ::l >ノ
.  i {/ :::ト≡ノ ヽ' '弋卞/ :レ/´
  ヽ(  ハノr'   _ ///} /!>` }  やだ。あんな嘘つきに会いたくない!
  /::> 、 > --_ -、イ´(_:', {r'´
  ヽ ( / ,ィ´. ~_~' ト7 (_::\\
  / 人 {<_ j   < } ノーっ∨ 人
  `ト\77 /-イ}j ̄ヽ {::r'彡(r  |
.      ヽY  r-イト-_}≦ヽ
.      人t'x', x 「
.       \x', xヽ
.         ゝ_ >‐'

465 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:35:01 ID:RXlCh5Eo




          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |  _  |r┬-|     |  大丈夫。やる夫もついていくお。
     \      `ー'´     /   それで、それが終わったらデートするお。
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......


.

466 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:35:38 ID:RXlCh5Eo



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {    でーと。
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉

467 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:36:14 ID:RXlCh5Eo





          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    | _   |r┬-|    | そう、デート。それともきらきーはやる夫と遊ぶの嫌いなのかお?
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

468 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:36:42 ID:RXlCh5Eo

       r-ァ        r心ゥォ~ 、
       i!_   ,, ィ `^⌒ ̄` ヽ  ヽ
       》入''          ヘ   '、
      i<{升7    y          ヘ
    / ,,レt_ノ     ヾヘ  ヘ 弋    廴,
    i'  《  /,      i!`\  ヽ ヽ ス   ヽ
    |  ノ  | i    ハ  !  |.iー!-t-乂 ! !  )
    ',    i ! ! ', ', i!ノ.| 》 .从 |,,≦ァ 》 V  / イヘ
    ハ   yヘハ ! i !_k'   イ じi |i irク i<`ー'^\    やる夫と一緒に遊びたい……
     i   !从', ヽィ必少}   ム__ツ  ト' ,' / /ヽ   ヽ、
     |    ソヾ ミ、》ヒツ     :::::::::://,,=ー!      べ、
     |    ', i>《:::::::::::  '   rt'Yt   4_〕      ソス
     |      !. ハ ノヽ、    '  ,' /7 r-zn)        i ゝ
    ノ    ハ  |r--<し'!´`弋i' /ヨν ヘ!フ,     / ノ /
    .;' /⌒!、k-t'、 _  ト'卞 .! !)  y≧' !⌒≧'t_  / ヾ
   /  ヽ ムr'  >i'  '-'⌒iーi⌒    )  ソー'`\   /!   ヘ
   /    )    (. '         r 、ノ イ! /   ゝ / i!    i
  r'       i!     ヘ         `7    |',i      /  |    /
/ヽ       iー―t-ァ> ゝ=    イ^L__ノ     ハ/   /! /    /
  .人    ハ  /  トi   ',   iし,         ∧ / //!   (
  /   ヽ .  V   i. ',  y   ノ         弋_  /´  ヘ  ヾ、
 i     `i   ',  i! ! / /⌒'        r―t>7   / \  ヘ
 ヽ、    !   !   !、|  ̄}    __   y7___ノ、 ト,_/   /   `弋'
   ヘ、  /   ,!   ,ソ ム>t_/ ヒ_ イ  ,ニノ  丶、ソ     ノ
    `ソ   ハ、_/   ,'        !/       `弋
、    i   /    !  /         ー-r       ヾ、
 ヾ __,,イ  イ      i! /       入   ソ         \
 ノ´  i   ヽ、    !/       /   ー'            ',
     ヾー- ,,,i   ,'        i/ヽ,            >- 、 ,!
           )  /        `ーソ   r―''⌒)   `i  ノ/

469 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:37:15 ID:RXlCh5Eo




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \ うん。きらきーの好きなところに行って遊ぶお。
  |  l^l^lnー'´       | だから、お医者さんに会うお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

┌────────────────────┐
│..だからとか、全然因果関係繋がってないけどさ..│
└────────────────────┘

470 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:37:44 ID:RXlCh5Eo

                   _
                   ´))       、__
                     {!´    ___`⌒}! __ _
               , -‐r仝ァ'´ ̄      `>(そ})  `ヽ
               /_/外ツー‐     ー'´ ノゞ匕ー'⌒ ト、
             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
           / ′    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ   わかった。
.          /'  | l.   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨   我慢して、嘘つきに会う。
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉   ィfた圷、   ,′ / リ \ ! }
         l!   },′/  /_乂ニシ    弋zグ l   i   | ∧  ) ト'   やる夫も一緒に来てくれるんだよね?
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,   "" |  l   l/ 〉 V ノ
          /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |     それでその後、やる夫とデートする。
        / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
.        / l   l    }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、丶     ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }!
       }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
      人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
      /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
     /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
    /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
  / ′  l!/  /    /  ハ    ∨  /⌒レ'7   ハ     }  ′ |
  | l   |   ,'    /  ,' ∧    !  `~7 /   / l     V    {
  | l   }   !    /  /  ∧   レ'7__ノ ,′  / 八   ヽ  ヽ   \
  人 ヽ  j   ヽ   }  ′ / ∧   }    {   /   \  丶  \   \

471 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:38:12 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────────────────┐
│ そこで落ち着いたみたいで、雪華綺晶はソファに寝転がった . │
└──────────────────────────┘

                        ry=‐z.__
                       > ‐┘/廻);)‐-ハ
                 >"       `ーr..ソ  :|
                 /           ヽ   |\
               /     ヾ.. -─- ハ .ハ  |  ヽ
              7    l ヘ  ヾ.  ゝ、i   l  l  ハ
             /    /ヽ._r`ー三三ト''ヽ/  :    !
             |_,  ト{ム}ソ      ノ  |    ゞ   |ゝ.. _
                z‐(ヽ 7y,,>‐” _ _ r'⌒)ゝ./´L    ヽ |、_  " ̄`ヽ.
         /"\/´   `ー:`ーrvヽ..Y、_」-┐ ハ\   | \ ̄>、 ハ
            >、_i }_       .::::  つ  (  ,/  ヽ  l  >─- .. |
.          ヾ、__(_    _..::::::  }/..」`ー` :     丶    ‐{
               「_,-─∧i ゞ::..ノー' (  / i  l|   i   |> 、  ハ
                      / /.ゝ. _i  ヽ\/ :   !   !  :|\.ノ\   i
                (ヽr'⌒y 、)1リ   i 」  :  い .′  ! .∧/| /
             r─i      }_,,,ルL..ノ | :  i /  i   |   | .′!
             ./X( ̄       (   rt.ノ i  | :i  |   |   | i  ゝ
            /X(`             ̄` ∧ ,∧:   \   >.ハ ヾ..ノ
             /X/ ゝ.                 \: \丶  \ヾ  ) \
             /X/ (_                 \. \  ハi /_;, \
         /X/ :/( >               i   i ヽ.ハて  `⌒
          (___/  }>x                  .″ /   ) !
              (_..フ、             / .′/`廴..  ̄|
                    `ーt..z- ... ___/    i      ̄
                               i_:_|

┌──────────────────────────────────┐
│.三十分ほどテレビ鑑賞を続け、ようやく雪華綺晶は瞼を閉じて活動を停止させる │
└──────────────────────────────────┘

472 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:38:42 ID:RXlCh5Eo






┌────────────────────────────┐
│ 僕は寝室に行き、嘔吐物のかかったシーツを引っぺがして丸めた .│
└────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────────┐
│それから僕の嘔吐物のかかってない布団を持ち出し、ソファの上の雪華綺晶にかけた..│
└────────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│..寝顔を少し観察し、『オヤスミ』といつもどおりの挨拶をかける..│
└──────────────────┐              └────────────┐
                                │いつもどおりに雪華綺晶からの返事はなかった..│
                                └────────────────────┘






.

473 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:39:10 ID:RXlCh5Eo

....................... || ...............................................:| ||
....................... || ...............................................:| ||
....................... || .......................................... []:| ||
....................... || ...............................................:| || <あのー…
....................... || ...............................................:| ||
....................... || ...............................................:| ||
....................... || ...............................................:| ||
....................... || ...............................................:| ||
....................... || ...............................................:| ||                         _
....................... || ...............................................:| ||                      |日|
______||__________|_||                          ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        , ─────── 、, ─────── 、
         i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i
      / ̄|                |                | ̄\     _____
    i´ ̄`i________|________i´ ̄`i  /ヽ────
    |    |                |                |    |   | |
    |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |   | |____
    |    |                |                |    |   | |\
    |__|________|________|__|   | |  \
                                       \!
                                            ____
                                          /     \
                                         ‐   ─     \
                                         (  ( ●)     \
                                        (人__)         |
                                         `⌒´         /
                                         `l          \
                                          l           \

474 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:39:39 ID:RXlCh5Eo
  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /      \
  |┃        /   \, 、/  \
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三   | _'" (__人__)"'  .. |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ






  i   /  ,   ./    l   i   ヽ   ヽ  ヽ/
.  l  /  /   .i    〃   .li     i    i ,, - '
  l  .i  ./   l  ,,,--ナト    l.|-=―- l   ,ゝ
  li l_/    l   , /ニ、--― Lrt--、―フ ´ |
  リ   T ''''  ̄/ひ::ヽ     l:'::::::l ト、/  l
.  l    l    /l l::::::::::l    弋::: リl/i   i|
  l    l    '-、l.弋_ツ     ゞ='- l   l l  みぃ?
  l    l     lー- '   _'    ,イ   l |  どーしたのですか? その汚れ。
  |     l     l 、        , '     l .l
  l     l、.    l ` l ー - '  ト、, 、  ./ |
  l     lヘ    l r-!、_ lヽ  liニ-\ /  l
  |     l ヽ    l  , -+- !、/ /ニ- |/  l
  l     l  .>   l<  , ll、  l リ、r‐ l   l
  |    / ̄ ヽ   lヽ//l.ト、ヽヘ. /`' /   .l
  l    /    ヽ  ゝ、_i l lヽ/ i   i l    l
  |   i.   \  〉 -=_ヽ l l  l |   l .l.   |
  l   |    ヽ/ ハ ̄   〉| | l l   i ヽ   l
  |   /    /// /   ./|| l |    l ヽ  |

475 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:40:08 ID:RXlCh5Eo





          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\  ちょっとね。二日酔いしたままメリーゴーランドで夜明かしさ。
    | _   |r┬-|    | それよりゴメンね。起こしちゃった?
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

476 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:40:37 ID:RXlCh5Eo

                  , : ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                , ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : ヽ: : : :  \    \
             /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :\:. : : : : ヽ: : : : : ヽ
            /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:. ヽ:. : : : : ヽ: : : : : :ヽ
.           /: .:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:. :ハ.:. : :、: : i:. : : ; '
           /: .:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:. li:.:.:.:.:.: : i:.:. : ハ:. :l '
          /: :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:. :l,l-:.‐¨: :ll:.:.: : :.l: l
          / .:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l_i_:.:.:.:.:. :l' ,lニ=ヽ、:.-:┤'
.         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:/l_l_:.:.:.:.:.:」 ひ:::l l'i:.: : :l
.        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:/::ヽ`    弋::::ソ l:.: : /  別に…
        i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/ひ:::::::i      ー' /: : ;イ   慣れてますから。
       /l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ム弋 ニ ソ    `  /:.:. //
     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ` ー'     '´ /:.: ://
    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ `ー 7    、__ ノ:.: ://
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:,./    /、ヽ、/:.:. : //
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.:.:./     i ヾ、/:.: : //
,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.: : : /:.:.:.:/ _      /:.:.:.: : //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/:.:.:r ', - 、ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.//


┌───────┐
│...…慣れてる? │
└───────┘

477 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:41:06 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────────────────┐
│....まただ、また何かが積み重なっていくような錯覚に襲われる │
└──────────────────────────┘


           ___
       ,.  '´: : : : :\三二ニ=- 、_
      /: : : : : : : : : : /⌒ヽ=- 、-、`ヽ、
    /: : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : \\:\
   /: :/: : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : ヽ::\:ヽ
.  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:::}: :i
  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : |
 ,′: : : : : : : イ: : :/: : : : : : : : :.!: : : : }: : : : : : i: : |
 !/!: : : : : : : !:|: ,ハ: : : : :.i: : :./:,ハ: :/: : : : : : :.|: :.|  …梨花のおバカ
  |: : : : :i: : :∨\ハ: : : :|: :./∨ ∨i: : : : : : :.:|: :.!
  |: :/: : |: : :|卞Zミ.ヽ: : :レ' -=≦´|: : : : : : : |: ,′
  ∨ |: :.ト、:.:|弋z少′∨  下化 } }: : : : : : //
    \|:/V            `ー '/: : : : :|: /: i
     |: /: :.ヽ、    ─(    厶イ:.:.:/レ': : |
     レ'\: : :.`  .       ,. イ: : /!: : /V
       ∨∨∨ >‐¬ 7´,ハ レ' レ'
          r ∧:.|   /=、:.:./ニ=- 、
       / ̄j:.:レ'リ_/:.:.:.:∨:.:.:.:.:./ヽ
      /   /:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′ .i
    /   ./:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j   |
   /     ,/:.:.:.:.:.:.:.:.} :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. {   |

478 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:41:37 ID:RXlCh5Eo


┌────────────────────────────────────┐
│ というより最早十中八九の確率でこの子達に降りかかっていた災厄、厄災でもいいや .│
└─────────────────────────┐                    └──────────┐
                                        │ それが見え始め、そして見終わってしまっている . │
                                        └─────────────────────┘
         ハ                       ヽ   l \/ l | _l
        __,ゞ\_ , -=- ,_               ,  /'  ヾl / ノ l _,..`コ,
      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\            / `'~h   `v /  / /  ,.`>
      _`>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ヽ         ノ   / ,. -,, l '    ハ   /ト ハ
      ヾ/:/:.:/:./l:.:lヾ,:.\\ !       /    //l  `l_/ ̄ヾ   { `='
      ` ' t-':.:H:.:.ハ,L,' 1:.`:.`:.:.|      ゞ,_   /人 |  /ノ::::::::ハ ' |\ | /
        /:.:.l r''' __ ;; |:.:.:.:.:.:.:.l        '-=/,_ _,./ / /::l ハ `-`ヾ  ヾ/
      /:.:.:.:.|  ! ヽ  |:.:.!:.:.:.:ハ          / `'/  { / l::l ハ  ヘ l\ /
    /:.:ノ:.:.:/:::::ヽ`- ' /ヾ l:.:.:.:.:.ヽ        /_,,,..=彡'ノ / /:l  ハ  ハ' ヾ,ゝ
  彡 //:/::::::::::::/` !  | /ヾ:.:.:.:.ハ   __,,,,,..;-=''`  ` '  / {:::l   ハ     ヽ
  ////:/::::::::::::1 ., ト--l   ハ:.:..:.:.ハ, ̄    /       i l:::::l  ハ     l
  //:./ /:.:.:.::::::::::::::! l |  | _,.,_ ! ヾ:.ヾ`:,ヽ  /       l l::::l   | l      l
  シ   《:.:.ハ::::::ハ:::ト`ヽ ヽ,'1 /ゞ /ヾ\rハ /         / l::::::l  | l      l
     シ1::::::| \| |ゝ/| ハ`v  `: l \       / l:::::::l l l       |
      ` - '   l !   | !l      ヽ  !      / /::::::::l l l       l
            l {  | !_ _ ,  _  ヾ/     / /:::::::::l l l       |
           ..l| | !  | lΤ 't -'  `'- _,,,.... l__l _l  | |       |
          r '-=+  L`>`'=-' L_`_- ^ _,`=-      ̄   ヾ ,      _,,.|
                         ̄             `'- .,___r '

┌─────────────────────────────┐
│ いくら詮索嫌いの僕が相手とはいえ、ここまで前振りしないで欲しい...│
└─────────────────────────────┘

479 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:42:12 ID:RXlCh5Eo


┌─────────────────────────────────┐
│駄目だ早く、早く話題を変えないと。わずかな方向修正にズレを生じさせないと │
└─────────────────────────────────┘




         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    | しかしアレだね。あれだけ騒いでよく立ち退き勧告されない…
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


┌────────┐
│ ……ん? …あ! .│
└────────┘

480 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:42:41 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────────────┐
│..そうか。これか。僕がこの子達に感じていた違和感は...│
└───────────────────────┘

           ..-‐一…‐- ... __
       .  ´     ..  -ヘッー‐=ミ`ヽ、
.      /    >'"´     `マニニニ >ー-、
   /    /               `    ヽ
   '     '          l       ヘ    ヽ
. /     /         ′  |        '.      '
 '     /         {  /|
.′    .′        /.i 〃 |        i     '   '.
            / レ`ー‐ト、l      }  ハ     .    ,
    .′     l   ′_.ィ弌ミ、 |      人ノ |        ,   ?
    i       l  .!〃ム:::(_.゚ヽlヽ   /r=ミv| /  .'
    l  l        {’ {し:::ノ}    ヽ/ |:::(_゚V イ  ′l  .′
    |  l       ヽl  弋::::ソ        h::::} }/ l / /l  /
.     ∧       丶 ::::::::::      , ヒソ イ レ′/ .l ′
 ∧ V  ヽ    ト、   \        ::::::::: i   /  }/
V  '.    ヽ.  | へ         '’     . ′ . ′ ノ
   ∨\ハ \| l  ヽ         イ   /
         ヽ/\|    ` .._   r<[  /
         ___」      「     レ'^ l /
        厶 〕      ドミ、    ´
         /  `>      |   )}


┌───────────────────────┐
│自身の経験と重ならないから気づくのが遅れてしまった.│
└───────────────────────┘

481 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:43:16 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────┐
│この子達は今、僕と会話している │
└────────┐          └───────┐
                  │つまり、口をふさがれていない .│
                  └─────────────┘


           ┌<二三三三三≧
             ∨三三三三三三7     っ
            ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_     っ
        r==ニ二ニ三三三三三二≧
           `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
             イ :::|::::|::、∧::::::: }:ハ::::::: ト
          八::::|::::|∨ ':::: /|:/| :: |:j
           V|::│> ∨< |:::::jリ
            ヾi:::|⌒)‐ーー(^Y!::::リ
.              ∧:|'^´___ `^レく.
            /`ーイ( \\   ヽ.
              /∨_ノ| ヽ, ∨}   ヽ.
           〈//\/|  ノ}   \_   ';
         く⌒`ト、 ∧しヘ{       ';
         \;ハ `ー{\八       ';
           ∨  j   ヽ{\        '、
            `ー'′   \       \


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 僕らが閉じ込められていたのは一軒家の地下室だったから必要がなかった措置だけど、この子達は違う .│
└────────────────────────────────────────────┘

482 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:43:53 ID:RXlCh5Eo


┌─────────────────────┐
│全力で叫んで叩けば隣なり階下なりに響くはずだ │
└─────────────────────┘



  \
:::::  \             僕の両腕に冷たい鉄の輪がはめられた
\:::::  \
 \::::: _ヽ __   _     外界との連絡を断ち切る契約の印だ。
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
   // /<  __) l -,|__) > 「刑事さん・・・、僕、どうして・・・
   || | <  __)_ゝJ_)_>    こんな嘘・・・ついちゃったのかな?」
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )   とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち
   ヾヽニニ/ー--'/        震える僕の掌を濡らした。
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂        「その答えを見つけるのは、お前自身だ。」
       6  ∂
       (9_∂          僕は声をあげて泣いた。嘘だけど。


┌─────────────────────────────────────────┐
│そうすれば警察の捜査が及び、二人の足枷が動かぬ証拠になって僕らに手枷がプレゼントされる │
└─────────────────────────────────────────┘

483 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:44:25 ID:RXlCh5Eo


┌────────────┐
│うわっ、何て穴だらけな犯行..│
└────────────┘


               ,, -───<三三ニヽ、
            ,ィ ,ィ三三三三三ニへへ三三へ、
.          //三三三三三三三三ニ`ヽ`ヽ 三\
.         //三三三三三三三三三三三三ニへへニヽ
         '/三三三三ィ  ̄ ̄ ` ‐-ニ三三三三ニ\\ハ
         |三三三./  /|.  ハ  |!   `ヽ三三三ニ\ヽ
         |三三ニ' | , -||ト、 | ヤ |!´ ̄`ト.ヽ三三三ニヘヘ
         |三三ニ| | ./ |i| ヽ|   マ |ト、 |i |i .\三三三l |
         ヤ三三 | l/  ` `   ヽ!  ヽ,|ヽ|i   ヽ三三ニ| |
         ゝ三三| |. ,ィテ、     ィチ示、|i.   ハ 三三| |
          \三|. | i! |::::ム     |:::::ムヽ. f^ヽ.| 三三| |  アナ違いですわよ?
            \| |i!. 弋ン     弋_ソ|i! |`. ノ| 三三| |
.             i| トi    `       |i! |-´ |三三'/
             |i! | ゝ、.        ,ィ|i! |   |ニ三/
             |i! | |  | > `二  ィ´ | |i! |   ト、 ̄  ⌒ヽ
             |i!ハ. |  | l |  ム-‐  ̄)|!. ∧/ ト ゝ、    i}
             !| Ⅵ. |.  /〈  , ィ'.:::::|!./ ハ | `ゝー-‐ ン
             Ⅵ ヤ |// i!::∨::::::::::::::::l/| |! ゝ |    ̄ ̄
.              ∨. ∨::./「o:::::::::/:::::::::::::::| |.i! ハ
.               ゝ./::/i!|:::::::::::::{:::::::::::::::::| |::| |. ハ
             r‐、ム./ i!|::::::::::::::>:::::::::::::| |:::| | i!ハ
            / ゝ__}/! i!|::::::::::::/::::::::::::::::::| |::::| |. i! |
            f. ヽノ./! i!|o:::::::/_::::::::::::::::| |::::| | i! |
.           r‐ヾソ. 'i!  i!|:::::::::/_  ̄`::::::::| |::::|/|.i! /
           f   Vi!.  i!|:::::::::::7  ̄`ヽ:::::::| |::/ /人{_
          ノ.    !_.  i!|::::::::::/     /:::::.| |' /|   ̄


┌──────────────┐
│...僕も現実を見ーたーくーなーい │
└──────────────┘

484 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:44:54 ID:RXlCh5Eo




        ____
      / ─  ─\
     / (●) (●)\
   /_   (__人__)    \
    |     ` ⌒´     | あのさ、君達…
   \             /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


┌──────────────┐
│..そこまで言って、また口が止まる.│
└──────────────┘

485 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:45:36 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────────────┐
│『あのさ、君達どうしてこの部屋に大人しくいるの?』...│
└─────────┐                        └───────────────┐
                    │それを尋ねた瞬間、怒涛の勢いで望まない何かが始まる気がする .│
                    └────────────────────────────┘



嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′
                                                           とかさ。




.

486 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:46:06 ID:RXlCh5Eo

              ,  '_二二_`ー― 、
           , --<r,へ--r― 、丶 \
            /    /         \ヽ ヽ
           / ./    !            ヽヽ '.
        / ./ / i ! |     i l ヽ ヽ 、}|  .!
         l〃 !  ! :!.ハ l  .:.:/ ト、:|、:.l  ヽ、 |
          l | ! ! :l.:Aトミト、:.イハr,≦、}:.! :. ト}. ヽ  ねえ。あの女…
          | '.:.:! ト、 :N{イ心∨ノ 1しハア} .:i}:.!:.lト-ヽ
         ヽト:l .ヽヽ弋り   ゝ-''ノ/ リイリ
           ヽ{イ弋`  ' 。   ´ノ下、/ノ ヽ
              nレ∨` ー--‐ "´/ノ.n   .!
          r.v' .レ''フ  ! fヽ`ニニ´ ' {ヽ|├.、_ {
.         f    .{  .レ     ⊂`   ノ )
         (    ノニヽ1       ヽ   !ミノ





                 ____
               /      \
              / ─    ─ \
            /   (●)  (●)  \
            |  _  (__人__)     |  女じゃなくて、お姉さん。
             \    ` ⌒´    ,/
             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
           /    / r─--⊃、  |
           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


┌────────────────┐
│....言うに事欠いて、あの女とはなんだ │
└─────┐                    └──┐
            │..あれは僕の女だぞ。嘘だけど..│
            └─────────────┘

487 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:46:36 ID:RXlCh5Eo

                    /                 \
               /   /  /         ヽ     ヽ
              /    /   /             |  ヽ   ヽ
           /   / ,'   /  |            |    |    ',
           ,'  '   l  .|   | ト     / /.! |  l     |
             l  /   l  .l  ∧ | ヽ.   /イ / } ∧_ l     |
             l ハ   .|   .|  |` ≧=‐、/ .ノ-‐=≦´l /     |  あのおねえさん。
             Ⅳ ヘ ∧  ヽ.〃ん:ハ       ん:ハ7'    / |  頭がおかしいんじゃないですの?
                  \ l\ {. 弋ニノ       マニノ }  /,′|
.            r― 、 | ヽl.r‐ヽド     _' _  ⊂_/ィ_ノ∨  |
             \   ヽl∧. |   V      └ ┘  , <´ / /}/
               ヽ  ', V   ト、 ハ> . __ . ィl/| /|/
               ',  ∨   ム  ̄ 入 ヽ ___ハ> ―‐ 、
             |  ,'   /_ ノ /   `ー一 ' ヽ     ヽ
             |      ム-‐、          \    ',
             ∧      r┴、          ∨   ト、
                {  ',       /    ,'         |      }
               ヽ ∧        ,'     l 、        |/二二!



  l:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.: l: : : : : : : : :l: : : : : : :li:.: : : : ヽ:.: : : : : i:. : : : : : : :i:. : : : i: : : ; ゝ
  l:.:.:.:.:./:.:.:.:i:.: :l: : : : : : : : l: : : : : : :l l:.: : : : :li:.:. : : : : l:.: :. : : : : :l:.:i: : : lヘ´
  l:.:i:.:/:.:.:.:.:l:.: : l: : :.: : : : :il: : :. : : : :l l:.:. :. : :.l i:.:. :. : : li:.:.:. : : :.:.:.l:.:l:.: : :l:.:ヽ、
  l:.:l:〈:.:.:.:.:.l:.:.: : l:. .:. : : : l l:. .:.: : : : l .l:.:. :.: : :l i:.:.:.;.-ニl.i:.:.:.:.:, - '´:├‐‐ヘ:.ヘ:丶、
  l:.:l:.:.`丶、l:.:.:.: :l:. :.:. : : l .l:. :.:. : : : l .l:.:. :.:.:.:.:l_l∠≠r-l>、' L:.:.:.:.__l:.:.:. : : ヽヘ. : :`
  l:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:. -l才¨¨ニ=士l':.:.:.,:.- ' 7/::::::::`'l l 〉/:.:. : /`丶、:.:.:.:. : ヾ、:.:
  l:.:ト、:.:.:.:.:.:,`iーゝ-‐┬'7〃¨:::(__)ヽ' ' ´    l::;';__;::ノ l/i:.:.:. :/    `丶、:.:.:. :`:   沙都子。
  l:.:l:.ヘ:.:.ヽ ' l:.:.:. : : : : // l::::::::::::::::l        ゝ--''  l:.:. : i      ハ:.:.:.:.:.   そんな言い方をしてはダメなのです。
  l:.:l:.:.:>'´  l:.:.:.:. : : : `トヘ弋:/--ツ-     、      /l:.: :.l     /_...ヽ'ヽ
  」-‐'    l:.:l:.:.: : : : : l   ゝ'´      , --     ノ:.:.:l: : l     ´ '´    `
 i__...... -‐l:.:l:.:.:. : : : :l` 、           , イ:.:.:.:.:.l: :l   /      ,
/       l:.ヘ:.:.:. : : : :l  `i ー- 、......__ , '  /l:.:.:.:.:l:. l   /    , ' ´
         l:.ヘヘ:.: : : : :i  ヘ   \ r '     / i:.:.:.:.:l l  /    /   ,  '
         ヽ:.ヽヽ. : : : :トr ‐`-=-r'7――-、/  i:.:.:.:ヘl  .i__   i  /
、     _..... --‐ヽ:.\ヽ: : :ヽゝ= ' ´' ,´'\`丶、ノ}   ヽ:.:.:.ヘ¨¨丶、  l  l
 ` ー-- ...   /` '´ `ー―'´ `‐'    ヽニ - '    ` ' ´    丶 l  l



┌──────────────────────────────┐
│ほほう。言い方が駄目なだけであって表現の行き着く先に問題はないと .│
└──────────────────────────────┘

488 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:47:08 ID:RXlCh5Eo



          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         | 別にいいんだけどね。
       `⌒´         / あれで深夜のカラオケ大会ですか? とか言い出す人はお仲間に分類されるだろうし。
       `l          \
        l           \


┌──────────────┐
│..沙都子ちゃんの言葉を肯定した..│
└──────────────┘

489 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:47:37 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────────────────────┐
│..けれど、僕は雪華綺晶に対して否定的な態度を持っているわけではない │
└────────────────┐                            └─────────────┐
                            │雪華綺晶のそういった部分に、少なからず魅力を覚えているからだ.│
                            └────────────────────────────┘
                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ

┌──────────────────────────┐
│..彼女の精神は、喜怒哀楽の強弱高低が偏りすぎているけど、.│
└───────────┐                      └─────────────┐
                        │だからこそ常人には組み上げられない感性を内包する事が可能だ │
                        └────────────────────────────┘
┌────────────────┐
│ 異質か異彩か、判別は難しいけれど .│
└────────────────┘

490 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:48:05 ID:RXlCh5Eo



        ____
      / ─  ─\
     / (●) (●)\
   / _ (__人__)    \ 頭のネジは足りているはずなんだけれど、
    |     ` ⌒´     | 建築に失敗したんだ。
   \             / ……横槍を入れられてね。
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

┌─────────────────────┐
│ …断りなく、他人の過去を喋る趣味はないけれど  │
└─────────────────────┘

491 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:48:34 ID:RXlCh5Eo










┌───────────────────┐
│..どうしてか、このまま放置する気にはなれず...│
└───────────┐              └─────┐
                  │二人に少しだけ、過去を晒した.│
                  └─────────────┘











.

493 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:50:44 ID:RXlCh5Eo



       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
┌──────────────────────┐;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
│..『雪華綺晶の両親は、僕らの目の前で殺されたよ』 │./.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
└──────────────────────┘     `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'.┌─────────────────────────┐
/       ´                 │感情を込めずにそう発言した。というか、込められなかった │
                  ,,、   ,,  └─────────────────────────┘
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛

494 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:51:11 ID:RXlCh5Eo



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /_ (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |  その時に僕と雪華綺晶の頭のネジが緩んじゃったんだ。
      \           /  一目で分かる不具合は雪華綺晶のほうだけど。
        /         \
       |             ) ……やっぱり、僕もね。
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


┌───────────────────────────┐
│.何故なら、僕は雪華綺晶の行動を咎めない。罪悪感も感じない │
└───────────────────────────┘

495 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:51:38 ID:RXlCh5Eo


┌────────────────┐
│...そうであるように、心を眠らせている...│
└────────────────┘


                     /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /
          ̄  ─-   _ /イi:.:.:.:.:./:.:.:./!:.:.:|:l:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
                 ̄ ー|ハ:.:.:/:.:-‐_'─ l:.:.:|:|::___:.:.:.:.:.',:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                   ,小イi"´ __`  l:.:.ト{--、:`丶:.!: |:.:.:.:.:.:.:i:.:.:l
                      /:.j|:.:.| ´  ̄   ヽ:j 、_   `ー‐|:.:|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:|   _ -
            _    /:./:.ト、{   i      ` ー  /:. ':.:.:.:.:.:. l:.:.:| -‐ ´ ̄
       ´ ̄ ̄     ̄ ':./:.:.:',    ‐ 、         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:,'
_                 |:ハ: i:.ハ   `       / イ:.:.:.:.:.:.:.:./:./
  ‐- _            |l l:i:l:':.ハ          ´  _/:.:.:.:.:.:.:.:/:./   _  二
        ̄  ‐-  __       ll 川/.:ハ、          _ィ/:.;.:.:.:.:/:/〃  ̄
               ̄  ‐-  _|:l:./ 八〉 ー     _ イ:./イ:.:.:. /:/ ″
- _           _r┐   _j∠_-、/       /ハ/イ//:.:.:.:./ '
    ̄  ‐-  __  ィ´ / ̄〈 rー─r升r‐-、─-ト、 /:.:.:/
.          ,. ´/¨ /    ヽーイ灯iい`ヽ\  _×. - ´ __
      /::.:__フ, '     //,仏/l | l   〉 |    \__  ̄   ‐-   __
     /::.::.:〈 /    .// イ⊥/!L.二 .ノ     / 爪ソ            ̄  -‐
-─‐/::.::.:[ ̄ /   // / _j /  '|      , ' √:j::ヽ
::.::/::.::.:.r‐┘/   〈/  ./ 「 /  / ′       / r‐イ::./::.::.',
イ::.::.::.:::└z 〈__   __/_ノ/  / /      /__ノ::.::.:/::.::.::.:i  ̄   ‐-   __
ィ⌒ヽ::.::.く_f⌒v─、_ ̄ 人 /   ヽ'      / `7::.::./::.::.::.::. |          ̄
   ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`Y´r┘\        / (^'′::/::.::.::.::.::.:ト、

496 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:52:05 ID:RXlCh5Eo



                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \   そんな訳で、雪華綺晶を悪く言うくらいなら先に僕を罵って欲しい。
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄| _ (__人__)  u   |  ……いや、そーゆー趣味ではなく、
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/  ただ僕の悪口の方がマシってことで。
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |


┌───────────┐
│ 何だよ罵って欲しいって . │
└───────────┘

497 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:52:36 ID:RXlCh5Eo

  /           |         |  ∧ ヽ       l   l
. /        l   ∧      , |─┼ト  l       l   l
 i /     /   !   ! |___    / /|r‐ィぅニミ、 |    |  l   |
 i /.|   / i   l  レ' r=ぅ、/l/ l/ 「::::o} )/  ./ |  l   |
 |  l   | !   V´ | /「:::oV      弋:::ソ l  /  .|  l   |ヽ
 |  l   | ヽ  ヽ、j 弋::ソ          /ヽ/  / │l l`ヽ  …どうしてあのおねえさんのこと、そんなに庇うんですの?
 |  l   |   \   \       ,      / / l | / ./ l /
 l  ヽ  .!\   \   ヽ       . ,    / | |/ ./| //
 ヽ  ヽ.l   ヽ-、  ヽ `ト、        イ .|   / !/
           | ∧     ` =‐─r<   _..| / 〈
           |/  l ∧/ヽ、‐ヘム_}-‐ ´  レ'  〉
             レ′  ./  } l|      . -‐'ヽ
                    /_ノ/ l|    /    `、
                 ̄j/  l|  .//       `、
                      /   |/ /         `、


┌───────────────────┐
│好き好き大好き超アレしてるから。嘘だけど .│
└─────────────┐          └────┐
                      │ とは、言いづらいなあ . │
                      └──────────┘

498 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:53:04 ID:RXlCh5Eo

く:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l
. \:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: 〃:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.:.V:.:.:.:.:.:.l
   L:.:.:.:.:.:::/:.:.:.:.:.:.:.〃::.:.:.:_:〃:.:.:.:.:.:.:.l !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:l:.:.:.:V:.:.:.:.:.:l
    ` - _l:.:.:.:.:.:.:.:l 「:._二_:.:.「l:.:.:.:.:.:.:.:.l L:.__:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l
        T¨¨ < `>r;=ト!ゝ- __l l:.:.:__:.:.-:、⊥:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.|!:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.l ,〃戈::::::l `     `>≠ミ、:.l!`:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:j
        |:.:.:.:.:.l L! l:::::::::::!      ' r._)::::::::`ムL_:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l::l_ノ:.:.:.:./   大切だからですよ。沙都子。
        |:.:.:.:.:.l  トイrv,′      /:::::::::::::lヽト:.:`:.-:.」:.:.:.:.:l::.:.:.:.:.:.:.:./
        |:.:.:.:.:.l  `¨¨¨´         l:,ィ_r;::::;′ハ!:.:.:.:.:.:.T>'::.:.:.:.:.:.:.:.'
        |:.:.:.:.:.ハ      '      `弋ム∨ ,イ:.:.:.:.:.:.:.:::::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.'
        |:.:.:.:.:.:.::\    ` ー       ̄´ l:.:.:.:.:.:.:.:.:::/::/::.:.:.:.:.:.:.:,′
        |:.:.:.:.:.:.:::::::l ヽ           _. ィ:.:.:.:.:.:/:.:/:.:イ::.:.:.:.:.:.:.:,′
        |:.:.:.:.:.:.::::::l::::::::::` 、____  -  7::::/.:.:.:.:./:.:::::::::l!:::.:.:.:.:.:.:.:'
        |:.:.:.:.:.:.:::::l::::::::::::::::::::::l      !:::/.:.:.:.:./:.:.:.:::::/l:::.:.:.:.:.:.:.:l
        |:.:.:.:.:.:.::::l:::::::__,rvィ´ j     ∨.:.:.:.:./:.:.::::::/:::l:::.:.:.:.:.:.:.:!
        |:.:.:.:.:.:.:::l/ //  '       ./:.:.:.:.:/:.:.::::::/:::::l:::.:.:.:.:.:.:.l
        |:.:.:.:.:.:::::l ./ /           /:.:.:.:.:/:.:.::::::入:::::l:::.:.:.:.:.:.:l
        |:.:.:.:.:.:::::l / /  `  ,__ /:.:.:.:.:/:.:.:::::::/  ヽl::::.:.:.:.:.i:l

499 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:53:31 ID:RXlCh5Eo


┌─────────────────────────────────┐
│.面倒くさそうな方向に飛び火する気配を察して、また話題をすりかえる事にした..│
└─────────────────────────────────┘





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    | _   (__人__)     |  昔、それと似た質問をされた人がいたよ。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

500 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:53:56 ID:RXlCh5Eo

   /             ヽ   ヽ   ヽ  ヽ    \
.  /        /   l   ヽ   ヽ   ヽ   ヽ   /
  i   /  ,   ./    l   i   ヽ   ヽ  ヽ/
.  l  /  /   .i    〃   .li     i    i ,, - '
  l  .i  ./   l  ,,,--ナト    l.|-=―- l   ,ゝ
  li l_/    l   , /ニ、--― Lrt--、―フ ´ |
  リ   T ''''  ̄/ひ::ヽ     l:'::::::l ト、/  l
.  l    l    /l l::::::::::l    弋::: リl/i   i|
  l    l    '-、l.弋_ツ     ゞ='- l   l l
  l    l     lー- '   _'    ,イ   l |  …?
  |     l     l 、        , '     l .l  誰なのですか?
  l     l、.    l ` l ー - '  ト、, 、  ./ |
  l     lヘ    l r-!、_ lヽ  liニ-\ /  l
  |     l ヽ    l  , -+- !、/ /ニ- |/  l
  l     l  .>   l<  , ll、  l リ、r‐ l   l
  |    / ̄ ヽ   lヽ//l.ト、ヽヘ. /`' /   .l
  l    /    ヽ  ゝ、_i l lヽ/ i   i l    l
  |   i.   \  〉 -=_ヽ l l  l |   l .l.   |
  l   |    ヽ/ ハ ̄   〉| | l l   i ヽ   l
  |   /    /// /   ./|| l |    l ヽ  |

501 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:54:25 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────────────┐
│『誰かの母親。子供の身代わりになって殺された人』..│
└──────────────────────┘
                      __ _
                  ,  ´二ゝ─‐-─‐ヘ
.                / ./∠ ──‐‐-.ヘ. ヽ、
              /"..://´‐.T.丁¨ T ー 、 Y ',ヽ
              /./ .:./:./ :.:./l:.! i.:.  !:.:.  ヾ..i:. !:.:ヽ
            / / .:./.:/ :.:./ !:!:. ハ:.: ',:.:.:.  `!: l:.:.:ハ
                /.:, イ.:;'.:.`:ト 、バ:.ヽ\.:ヽ,.:.:.:.:.!: !ヘ:.:ハ
            / / イ.:.!.:.!:.!, --ヽ、\ ゝ久_丈i:. ! ハ:.ハ
             /:./  !.:.!.:.i.:f ィ´::ヾ    ´f´::::ヽヾ :!ヽ l:.ハ
            ./:./ ,  !.:.!.:.iハ マ_;;;ノ  ,   マ_;;ノ j:. j/ j:.:ハ
            /:/∧,」 !.:.!.:.!ヘ ""  r==ォ "" ,/:.イ!ハ┘:!ヾ
         //!:.バ:.:.:| |.:.ハ.:V ゝ、  丶  /  ィ/:./:.:i/^l:.! ヽ
          レ' !:.! i.:.:.ヾ!ヽハ.:V.:.:.:.:>,  _ ィ´V.:/.:.:/  リ:|
           !:i !.:.:.:.:.:.:.:{ハ.:V'´ /′  .少'/`ー|  /j/
           ヾ ヽ_, '7// /-、  -/ "  /フ   ヒ=ヽ
              ハ ヽ. /// /'´ ̄/   ///  ,`弋 \
           /  { y'// ,'---/   //- ′.Y´  , `ヽ`l
          /   ヽfl l l  !   /  //〈  `ー〈::....ノ   V
         /        !l l !. ! ./ ///   ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
.      /       _∧ l ! !ロj ///     フ-、`ー┴‐-〃
.     /       /  ハヾ l l ///   ヽ  |  `ー‐一′
     ヽ   ー==广   〈 ヽヾY〃/       >、!
      ヽ    \  , イ/ ヾi!'〃    ー≠ハ
       \  /'⌒\  <<フ水<ヾー ____/ /


┌───────────────────────┐
│ 『その人は震えながら、でも迷わずにこう答えたんだ』 │
└───────────────────────┘

502 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:54:57 ID:RXlCh5Eo


:.:.:.|:.:.:.:.:./ /:.:/ {  r‐ |:.:.:.:| :/: :l:.:.:./≧´:.:.:.:.:.:.:.\//  /: : :.:/: :.:.:.:.:.:i:.ハ
:.:.:.|:.:.:.:./ / :/ 八 ヽ.  |:.:.:.:レ':.:.:.!:.:./:.:.:.:.:_:.   ´Ⅹ  /: : / i:.:.:.:.:.:.:l!:.:.l
:.:.:.|:.: :〈_/ :/ / :ヽ. ー、|:.:.:.:.:.i: .:l :/´ ̄   ト / ´   ヽ' :/ム l: :.:.:.:.:ハ:.:l
:.:.:.|:.:.i.:.:.:. :i  i:.:.:.iハ. _ !:.:.:.:.:.|: :l :i       ヾ..、  / ´ ,.':.:.:.:.l: : .:.:/  !:.!
:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.|  |:.:.:.| :i:.i l:.:.:.:.:.l: :|:.l          ヾ:!    ..: /}: イ:.:.:.:./  !/
:.:.:.|:.:.l:.:.:.:.:.ゝ ':.:.:.:.l:.|:l l: :.:.:.:l:.:|:.l         `  {/ /' /: :/  /'
:.:.:.l:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.i!  l: :.:.:.:! :!:l             、 / //
:.:. :l:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.i   l:.:.:.:.:l :l:|             \/´
:.:.:.:.!:.:.∧: : :.:.:.:.:.:.:.:l:l   !: :.:.:.! l:|              .イ      母親だから。
:.:.: :ハ:.:.:.ヘ: : :.:.:.:.:.:.:.:i!   !: .:.:.:! i!         ` 、 -'
:.:.:.:.:.:〉:.:.:.:丶: .:.:.:.:.:.:.:!   ',: :.:.:l :|       , -ハ
:.:.:.:.:/: :丶:.:.:\:.:.:.:.:.:.',   ヘ: .:.:!:|ヽ.    /:.: :ト:.:|
:.:. :/: : : : :\:.:.:\: : :.:',   ハ: :.:ll: .:}` ー i:.:.:.:.:.! }:!
:/:. : : : : : : :\:.:.:\ : ',  ∧:.:.i!:./     |:.:.:.:.ハ l|
:.:.:. : : : : : : : : : :\: :.{ヾ:',ヽ ト.、:.:{/    |:.:.:/  l!
: : : : : : : : : : : : : : :ヾ:}: :`!: : \:\      !:./   }
:.:. : : : : : : : : : : : : : :}' : : }: : : : :\ ヽ    }:'   ′
≦三三三≧z、: : : : : : : : : : : : : : :ヽ X                            ┌───┐
                                                  │ってね │
                                                  └───┘

503 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:55:24 ID:RXlCh5Eo


┌──────────────────────────┐
│ 二人は眉根を寄せた。眉唾物だとでも思っているのだろうか . │
└──────────────────────────┘

                                      '___
.                                    :.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶.
         , --- 、 _                  /:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶.
      , ,' --=ニニー-.._`丶:ト、:            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.ヽ
     /'        ¨¨  丶\\         / / :.; .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.ヘ
   /     ,     、    ヽヽ:.l`ゝ      /:.:.:/... / / /  .l:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:l:.、:ヘ:.:.i
  / /     i     i  ,    ヾ,; >-,      >、/:.:./:./:.:./:.:.:.:ll:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.l:.:.i:.:.l
  //    l /l i   l l  l   ヘ  il '        〉-ム/ :.:i_::.」l:.:.:.:.lト、_:.l:.:.:.:l:.:l:.:.l:.:.l
 i /    トi、l l l   l ハ ,l,   ヘ l i         l:.:l:.:. ̄lラ'o::ヽ'  ̄ ̄'o::::ミ┬:.¨¨l´:.:.l
 l/l   l  l >l≧lヽ /l/≦l/l  i  l l l        ll:.:l:.:.:.:.< 弋:::ノ    l:::::。ノ l>:.:.:.:i:.:.:.:l
  l l ヘ <.l'{゚:::::}    {゚:::::ll> /  ハl./       ...ノl:.:.l:.:.:.:.:l、.ー '  ,   `ー' ノ:.:.:.:/:.:.:l:.l
  ヽl i ヽ. lミ= '- ,  -`='.l / , /-l ._.      ...l:.l:.:.l:.:.:.:.l:ヽ、 _ _-   〃:.:.:.:/:.:.:.l:.:l
    ヽ ハヽ.::::::  , 、  ::::::イ, /l//         ヘl:.:l:.:.:i:.:.:l:.l:.l:.:`l//ヽ. ィ::.':ll//:.:./l:.:.:.:l:.:.l
     ヽl Vl ` 、 _-'_ . ' l/ l/ l '           .l:.:ll:.:.:.l:.:.:l:.lー{/    lト ,、//:.:/:.:l:.:.:.l:.:.:l
     l  V l ハ ハ /  V  l  , '         l:.:.l:.:.:.:.ト、:l:.l .l    /  l.//:.:ハ:.:.l:.:.:.l:.:.:l
     l  l  `' l `   l  .l           l:.:.ll:.:.l:.:lヽ:.:l:.l 〉  ノ  _l//:.:i l:.:l:.:.:.ll:.:.l
     l  l    .l    l  l           l:.:.トl:.:l:.:.l ヽ:.l:/  lィH<.//:.:.l .l:.:l:.:.:.ll:.:.l
     l  ト    l   /l  l          l:.:.l l:.:l:.:.l  ∨  /〃ll`ーi:i:.:.:l  l:.:l:.:.:.l:l:.:.l
     l  l l      i .l  l /           l:.:.l l:.l:.:.:l  '  / ll ll i:l:.:.:.l  l:.:l:.:.:.l l:.:l

504 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:55:55 ID:RXlCh5Eo





           ┌────────────┐
           │ けれどもこれは嘘じゃない . │
           └────────────┘


     ┌───────────────────────┐
     │.僕は確かに、彼女の母親がそう言ったのを覚えている..│
     └───────────────────────┘


      ┌──────────────────────┐
      │...それは、数少ない、嘘にしたくても出来ない想い出 │
      └──────────────────────┘







.

505 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:56:22 ID:RXlCh5Eo


┌───────────────────────────┐
│ そして、それが、僕が雪華綺晶を庇う、その最たる理由でもある │
└───────────────────────────┘

   ,へrx⌒      --< --|`ー---  <    《   , tー ---- <
.  / 《  `\>' ̄       |         ` ヽ!ii_ /  \イ!    `ヽ
/ _》y ̄ ̄入/ /       i!             <(,イフy  ト---,   >
  | く Y ̄ ソ.  /        !              >  / {必,/!ヽ、!  /
ヽ 〕' > ト_! ゞ  /       ヽ             ヽ//   | /!.  /
 V  !>' !/ /  /         \             ヾ、/  |/ ! /
/.i KXソ _|v'   /                          )___ノ》 ̄ ,'
 | !. / Y     ,'                           ハ 《   !
.Lト-'/|      i                            ',.     |
 <!  !      |                             !    !
  | . |        !                             i.   ハ
  /  !        ,'  i|                        |    ヽ
/      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
    /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
.  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
  /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
 ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 仍Uij i!i  /   i!   i,      |
 i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'  、ヾ歹 ソ ィ レ/ |  ハ    iヽ、
. ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/         -'===''- ソス   |   !   /  ヘ
 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ       /_/ i !  !    ',    `!  i
. /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー   、_____ァ   ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,      ̄   r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
>   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ、   ,∠   ,'     //, ',        /
 \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
    ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
    ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i
    乂  |   /  /  | |        /^ヽ/ V /´ i    ',      i,   V ./
   /  ヽ V    /,-vレ' !_ri     /,         |!   ハ      ハ  |/
ヽ、      ソ  /´ ハ ^'    !  i⌒/.! 7 ー―ゥ _!ヾ|!  ∧    //ハ  !
 ハハ    / /! ヽ、 i,      匕´  i |  `i   ,'  ! ヾ .!ヾ、 ', _/ ´ .| .!
   ! |   ,' /  |   !>,        ! ヽ -'   L__|  !/  i\ ヽ     //
   | |   i !  i!  . |  ヽ、      弋          てノ! ', ) !   ./
  //    リ |. |    i    !ーtテ- ― Tヽ、_       /. !ハ i!_ /
. /'    / ソ !   !  .  |  ハ   !   / `i;ー--- <// i!ー! | /
ノ     i   ! .|   _|  .  i!   ヽ  |  /  ヘ!|    /  / /ノ /

506 : ◆7dcHro3UIc : 2010/04/30(金) 21:57:31 ID:RXlCh5Eo
今日の投下は以上です。
恐ろしい事に、今回の題名が思いついてなかったらここまでが第3話になっていたという。
それにしてもミスが多いぞ。しっかりせいや俺。

507 : 名無しのやる夫だお : 2010/04/30(金) 21:58:41 ID:od/uFx.2
乙でした
救いねーなー

508 : 名無しのやる夫だお : 2010/04/30(金) 22:05:26 ID:2noBW4Pg
乙です

510 : 名無しのやる夫だお : 2010/04/30(金) 22:15:00 ID:xi4lE7Ik
乙、原作に負けない狂気が滲み出てたよ。

俺もこんな狂っていつつ可愛いヒロインが書けるようになりたひ

513 : 名無しのやる夫だお : 2010/05/04(火) 22:49:22 ID:XBSKe6BY
狂ってるていうか壊れてるんだよな 
だからまともではあるんだよ まーちゃんは

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ