スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフTRPG 番外編 第1話 【始まりと集合の日】


241 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 07:18:34 ID:uDI8RjwE0

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG 番外編》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第1話 【始まりと集合の日】               |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛


242 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 11:26:42 ID:kZecIuFQ0
把握

243 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 17:32:04 ID:vN2S2rGk0
把握
あのメンバーがどう集まってくか楽しみだw

244 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 21:59:48 ID:uDI8RjwE0

           _
         .  "   `  、
         /            ゙i      、
        /               l      フ
     i′           i!__     \
     〈         <  ̄    ` ヽ     /
       ヽ     / / /     |     \  ゚
          /  /  ,!    .j      ∧
          レ1  , / !   .∧,ヘ i   i  !       それでは開始します。
         │|  / \ ∨ / / ヽ!  |  |       合いの手などしていただければ喜びます。
           |  i ○ 乂  ○  / /)  j
             .ヾ,f    、_._,  ∠ ノ"   \      (※投下間隔がバラバラだったり遅れる場合がございますがご了承ください。)
                i > _/ 人 ヽ <;{      ヽ
              |   !/#;\jノ〈    ,  i |
            ヾ!ヘ  〉三三三≧、 /|  ハ !
                   ゙〈三三三彡#j_ノ !/ }/
                |>###-/'
                |/  ̄ |/

245 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:00:26 ID:uDI8RjwE0

            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l    それじゃあ、いよいよ始めるのか?
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l    はいそうしたいんですが・・・>できる夫
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′    ん?何か問題があるのか?
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1



          ____
        /     \    実は先ほど私の友人から電話がありまして。
      / ⌒   ⌒ \     このことを教えたら混ぜろと言ってきたんですよ。
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |    ああ、それで待ってるのか?>大河
    \     `ー'´     /

246 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:00:57 ID:uDI8RjwE0

                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ     そういうわけです。>できる夫
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .    いや、私としては多いほうが好きだからいいんだけど
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.                   智子の許可は取ってあるのか?
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{   ええ、もう報告はしてあります。>できる夫
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ            .n__ o.   _     __n__ o        . _
.     / // /  /  / }    、\           .| r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ        ..∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !       それで?誰が来るんだよ?
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、       えーっとですね・・・あっ来たみたいですよ。>できる夫
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \     だれなんだよ・・・
     |   l  \  ー  /l   l
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

247 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:01:26 ID:uDI8RjwE0

     ノl_ /)
     f  fソ
    }ィi:i厶             __(、
    ∨  \        .>-:.:.r三≧ 、
     ヽ.{    \       /:.:.:./!:/:.:.:.:.ヾ\
       \     \   /;〉:./\lヘ:.厶斗!:.:ハ      どうもっ!こんにちはああああ!
        ヽ      、 .イ:.::=ミ   ==ミ:.:lル:i
           \{   Xl:i:.:.{  _'__   /:./∧!|         おわっ!?>真人
           \   (ハ:込、  ..イ:.〈/:.:.:リ   _
                、 〃: : ノ ≧ィ:.:.:.://    fっ)))          ,/     ,イ ,イ
               ヽ/: : /⌒>': : : \′  _j_.イ           /〈    ////
               ,イ: : / /: : : :Z/ハ  rくi:i:i:i:/           / /  /| レ レ
                 { !: :ムイ: : : Zイ     ∨   `フ          ./ /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
               ノ ヾ:{i> "  /、  /   ′          / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
           =≠≦スヨ    イ   \   /           ./ /    l l      //   レ レ //
            /=//== 、_ノ      ̄              //    Y     //     //
              /: : !': : : : : : {                  /           /'"     /'"



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\       おいおい、よりによってお前かよ。
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l            何よ、何か不満あるの!?>ハルヒ
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´             いやいや、別にいいけどよ
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -` ′                  お前TRPG知ってんのか?
        '/ ./二二ニニ\          、   /
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ               甘いわね。>ハルヒ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、
二二ニニニニニニニニ\    l  /    ヽ;;;;;;;;ヽニニニヽ\

248 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:01:57 ID:uDI8RjwE0

                 /:.>─- =ミ:.:.:.:.:.:`:...、
.              /:.:.厶 - …=ミ \i:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\l}:.:.:.:.:.:.:.∧
            〃:.:.:.:.:./ |{:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧
         / i:.:.:.:.:.∧ |ト :.:.:.ト、:.:.:.:.: !:.:.:.ト \..:.:.:.:    この私が面白そうなモノを見逃すはずないでしょ!
           { |:.:|:.:.}|__ ヽ丶:.《 \_:_l_:.:.:} {  》:.:.¦
           l}.乂:.:从沁.  `七´j}:./|:.:.:.{个y':.:.:.:i}
          i:.:{!:.:{ ""、   {モ沁メ }:.:.:.| |l |:.:.:.:.:l|      ま、まあそうだよな。>真人
          |:.:l:.:∧      ""  ,|:.:./:_!/:.:.:.:.:.リ
          {:八{:.:.:\` ⌒´  .イ:':./:.:.:.:.:.:./:.:/       取り敢えずキャラは作ってあるから早速始めましょうよ。
             ゝ. Ⅵ |:.:≧┐ ´  /!:./:.:,:.:.:.:./:.:/
                》__廴ノリ   /!:{lУ:.:.:イ:.:/        準備いいなおい!>真人
           //  /\ / .丿厶イ⌒ヽ《
              / .'  /ど./   l:// ¨¨¨¨ハ
          /  {i  /  /     /     ′l}



        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\      はいはい、それじゃ気を取り直して始めますよ。
    /   ( ー)  (ー) \
    |  u      ___´__   |     了解。>五人
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \

249 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:02:28 ID:uDI8RjwE0

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      それでは、少々シナリオの説明をしましょうか。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    このシナリオは【悪霊の家】を【現代日本風】に改変した割とシンプルなシナリオです。
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ         あら、ほんとに普通ね。>ハルヒ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ    それじゃ、いよいよ開始か?
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|    ええ、因みに涼宮さんのシーンが一番です。>できる夫
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、      わかったわ。>ハルヒ
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ

250 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:02:56 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /      \
    /─    ─  \      それでは、時期は2012年12月某日、日本のとある県のとある街にとある一家が引っ越してきます。
  / (●)  (●)    \
.  |    ___'___         |      とある便利すぎでしょ。>大河
.   \  ⊂ ヽ∩     /
    |  | !、_ \ /  )      まぁまぁお気になさらず。
    |  |__\  ゛ /
     \ ___\ /



                 ,、 - ====-..、、
              ,.'"´     .: .: .: .: .:. :.`丶、
             /          ̄``ヽ, .: .:``丶
           ,〃.:.:.     - == ‐- y'´. :.: .: : .:. :.ヽ
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!    「ふーむ、これが我々の新しい家か・・・」
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!     [セルゲイ・スミルノフ(50) 元ロシア軍大佐 ロシア人]
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′      この人はセルゲイスミルノフハルヒのRPするキャラの父親です。>できる夫
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/         やっぱりこの人なのね・・・。>ハルヒ
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V
              ', `ー '"´      `Y  /    ',          「少し古そうだがまぁ西洋風でいい家だ。」
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノヽ
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ /  i
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´    !        因みに家の見た目はこんな感じです。>できる夫
               L _ _ __ , イ. ‐'´      ノト、
               `コ´. :. :.: .: .:.         //.:.:.丶、
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:       //.:.:.:.    丶、
         '"´     .:.:.:/∧. :.: .     ,、‐' /          `゙゙

251 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:03:25 ID:uDI8RjwE0

                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit      ~セルゲイ宅~
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ



              . ´ ̄ ̄ ̄` 、
         /:.:.:.:. . ニニニ 、:.:\
         ,:':.:.:.:.: イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:ヽ
        .// 〉:.:.:l:.:.:/ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:「`∧
         ':L.ィ }:.:.:. !:./__ |ト:.:.:.:.!__:.:.:.∨:.ハ
       i/ /イ:.:.:.: N   `|l \lヽ:.:l:.:{ト{:.:.:!     「へー中々大きくて良さそうじゃない。」
       Ⅳ/ !:.:.:.: K芹ト    イ笊ハ:.:.V:.:.:|
       |:.:.ヽ|:.:.:.:.:|. V/     V/.小:.:!:.:. |     [沙月・スミルノフ(20) ディレッタント ロシア人と日本人のハーフ]
       |:.:.:.:.|:.:.:.:.:|     __′ 从:.:.|:.:.:.|
       |:.:.:.:.|:.:.:.:.:ト   (_ ノ  イ:.:.:.:.:|:.:.:i|      「ああ、まぁ二人だと少々広すぎるかもなぁ・・・」>セルゲイ
       |:.:.:从:.:.:.:.|:.:l  ー‐ ≦:.:|:.:.:.:. |:.: リ
       Ⅵ}:.:.:.\:.:V    ゝ : 〕:.:.:.メ、.′     「いいじゃない。狭いよりは遥かに良いわよ。」
       厂: ´: : :ド       }:/:.イ: :∧
        /:ヽ: : : : :|、      イ: : / : / : ヽ__      こんな感じでいいかしら?>ハルヒ
       ./: : : :\: ∧  ̄ ̄ /: :/ : / |/  |
      〈: : : : |: : ヽ:∧    /: :/: :.イ: :|    |     ええ、十分です。>できる夫
      /\: : |: : : : :、 ゚,  .′: /: : :! ,. く}
     ./   ヽ{: : : : : : : ∨/: :イ: : : : : :}/  |
    イ     人: : : : : : : V:": : : : : : : 人   |

252 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:03:57 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /      \
    /─    ─  \    あっ、取り敢えずハルヒさんのキャラステータス紹介をここでお願いします。
  / (●)  (●)    \
.  |    ___'___         |
.   \  ⊂ ヽ∩     /    あーはいはい。>ハルヒ
    |  | !、_ \ /  )
    |  |__\  ゛ /
     \ ___\ /



                      -----
                 . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:. /──‐  、\
                 厶.-ヘ:.:/:.:.:.:/ ─── ミ \:ヽ
             /:廴x 〉:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:\ }:.:.゚,
               /ィ/:、_/:.:.:.:/:\:.:.: /!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:ハ     「取り敢えず、こんな感じの能力よ。」
           /V:.:.:.:.:/:.:.:.:/l:.:.:.:.× /}:.:.:.:./!:.:.;':.:.:.:.:i
             /:/:.:.:.:.:/:.:.:.:/ 芹f芯`X /:.:/厶イ:.:.l:.:.!:!
            ./ :':.:.:.:.:/:.:.: イ   辷リ   ´ イ芯ア:.:/:.:l|:| 沙月・スミルノフ 女 職業:ディレッタント 年齢:20 PLハルヒ
        / /:.:.:.:,:':.:/:.:ハ          、辷’/:イ:.:.リ|:| STR:10  DEX:9  INT:17 アイデア:85
             |:.:.:.:.:|:./:.:.:.:.:.:ト    r‐ 、_    .':.:.:l:.:.:/|:l CON:8  APP:8+2=10  POW:11  幸 運:55
    _∠二二、\ ‐jイ=ミ:.:.:.:!  、     _ノ  イ:.:.:.:./ リ SIZ:11 SAN:55 EDU:14 知 識:70
    /      \: \   ∨i: \ 〕ト --≦:/|:.:.:.:′ / H P:10  M P:11  回避:18  ダメージボーナス:0
  ′    ´  ̄ ̄ ヽ: ハ   ∨i: : ヽ  トト:.:.:/ :|:.:./     .――――――――――――――――――――――――――
 ,    /       \}   ヾト: : : \--\ .ノ:イ      [技能](職業技能点: 280 個人技能点:170)
 i ./       ト、   ヽ ____ヾiト: : : :V⌒ ヽ       .[職業技能]
 | /        | ヽ   ゚,  `ヽiト: : : ヽ   liト、      .運転(自動車)89% 芸術(文学)49% 写真術11% マーシャルアーツ2%
 、{   、   |  |  ゚,   ヽ --- ヘ: iト: : : \.!i:iハ   ...信用65% 図書館26% 法律50% 他の言語(ロシア語)70%
 .人   \ ゝ. |.---ヘ {   i    \ヾiト: :.|:リ i   ...[個人技能]
                                     鍵開け30% 精神分析75% 電気修理25%
                                     物理学15% 薬学15% 他の言語(ラテン語)25%
}                                   ――――――――――――――――――――――――――

253 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:04:28 ID:uDI8RjwE0

.         { 丶.,,__,,.   -‐===‐- .
        \   /              `丶、
.           `7´                   \
            /           ∧          ヽ
.           /          / l            .
        .゙      |   / ___l  ;   /      i
          i       l   /´  l  i /         |     ん?何ですかAPPの+2って?
.        |     ′ / _..∠..l. И        |
.        │   / / ´ 7T ミト、|        |     ああ、それですか。>できる夫
          l    //     乂_彡'` l         ゙
.          人  }{ ′  : : :´¨`: :  l     /   \    >>1がGMをする際外国人およびハーフのキャラが出る場合
.          冫、八  _       U   ノ   /     厂    日本人から見た外国人補正ということでAPPにボーナスがつくんだそうです。>できる夫
        /     \ `   ,u  ´/  /、   '
        /  ノl   , `7 ハ,-‐ /  /  `丶、{      何という身勝手な俺ルール。
.      ´¨”   / /  〈⌒{ }  /  /     ⌒ヽ



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ    まぁ、日本人から見たら外人なんてみんなイケメンや可愛く見えるものな。
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l        まぁ、個人差あると思いますがね。>できる夫
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \       じゃあ、取り敢えず再開です。>できる夫
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

254 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:05:03 ID:uDI8RjwE0

            ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
          ,  ´           、\_
         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !     それではその数時間後無事荷物を運び終わり引越し作業を中断します。>できる夫
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /    「ふぅ、取り敢えず今回はこんなところにしておこうか。
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /               残りはおいおいしていけばいいだろう。」
.       '   /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //      「そうね、私も久々に疲れたわ。」>紗月
        l Z__,,. 人__   ノ /ヽr‐ ´{ /
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v        「お前もそろそろ働くなりしたらどうだ?
          L 辷‐ミ=-y } / / ′  !             それか少し早いが結婚でもいいと思うぞ?」
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |
         ゝ _     <     /     {         こんな感じでお父さんによる人生説教が始まります。>できる夫
          /ヽ`¨¨´      /      丶
             {      /         \
             ゙     / ノ            ヽ



                          ___
                        .ィi〔:.:.:.:.:.:.::`:ーミ
                      /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  ..::":.:. ‐z:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
                /:.:.:.:.:. イ (//):.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
               〃イ:.:.:.:.:{./  / /ィ.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             _/__/:.:.:.:ィ〈    ' /:.:.:./、_:_:_:_:_:_、:.:.:.:!     「き、聞こえなーい!」
               /  /⌒\:i:i:i:ヽ /:.:.:./        〉:.:.ト.
         _厶斗”     ヾ:i:i:i}/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ー──イ:.:.:.ヽ !        こんな感じで部屋に逃げるわ。>ハルヒ
          /               〉「:.:.:.==ミ/:.:イ:./!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l:.:| }\
       /            ∧l:.:./l/ト "_厶斗:.:.:.:.:.:./从: |   ヽ      これはキツイ。>もこっち
       .′           ィi〔: : :|:/─‐v:/:/i/ ハ:.:.:.:/ / .刈    ゚,
        {          .ィi〔  .|:i:i: : :X.--- | : i:/   }:.イ \ ノ     }     「あっおい!?」>セルゲイ
       ー─===彳     |:i:i: : : :|   :| : i:}//、_____'__ __ .イ
            !     |:i:ト。: : |  .ノ:/iイ ̄
            /       ヾ:i:ト: :!m".イ

255 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:05:34 ID:uDI8RjwE0

             ____
           /::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\    それじゃあ、部屋に戻ったセルゲイさんに照明を当てましょうか。
        / (:::::::::::::::::( ⑪ ) \
       |    :::::::__´___::::::   |   おい、顔がやべえぞ。>真人
         \    :::::::: ̄:::::::  /
           / ::::::::::::::: :::::::::::: \    気にしない気にしない。
        |::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::: |



                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l     「ふー、全くあの子が働いてくれさいすればなぁ・・・」
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、     こんな感じで娘の未来に不安を覚えていますね。>できる夫
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \    なんといいお父さん。>大河
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \   そんな時お父さんは何故か後ろが気になります。>できる夫
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l   さぁ、来るぞ・・・>真人
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |

256 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:05:59 ID:uDI8RjwE0

                 ___
             ,   ´      `    、_
           /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
          /    /             \
.         /  , / /            __ノ 〉
        /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,
          '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l     そして、後ろを振り向いた瞬間・・・>できる夫
       |! >く//    マ_j心ヽ\__!  j!ヽ|l
       |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/
.         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{      「なっ何だ、うっうわああああああああああああ!」
        ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }
          | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨
          | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /        こんな感じでお父さんの絶叫が屋敷に響きます。>できる夫
         W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/
           リ  i  \ 、   廴__j_/ '          ちょ、何を見たんだよこいつは!>真人
          l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/
           l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'            
         ノ          \       ノ
         /     l       ̄厂「
      ´      、 ヽ      / /
   /         ヽ \    r' , ヘ
  /               \    {  ` -



                 ___
           . : : ´: : : : : : : : : : : : . . .
          /:. :. :.:/ : : : 厶   ´  ̄ ̄   、
         /: : :〃 イ: : :. :.′   . . ―――. .\
       / : : : : {{:/ | : i:.:.| イ:!:.:.i:. :.i:. :.:ハ : ヽ: :.ヽ
       .′ >七て | : |:.:.|: :| ト、:ト: :l:i /: :∨: :Ⅵ :.:.     それじゃ、その声を聞けたか【聞き耳】をどうぞです。>できる夫
       i: : ム    / | : |:.:.|:.:i!」ム斗:廾: : : : : :|: Ⅵ ハ
       |: : :i廴才  |: :.!: :| 八!ハ:{ヾ }ヘ : : |: i!: :i !':.:|     えー屋敷に二人なんだしプラスはないの?>ハルヒ
       |: : :|/小廴|:. :.:i人i ィ示ミ、 ハ: x|:il: : |:.ハ |
       |/ / /: :| |fォ|!: : |:.:ハ《{rし゚}   Yrルリ:.:.:l: !リ     えーでも広いって設定ですので無しということで。>できる夫
     /:./ / i:.:| |( |l: : | | ! 弋_ソ     ゞ:. :.i:.:ル ノ′
     :.:i| {: i.|:.:| |ヽハ:.:l ハ        〉:.i: |イ         [沙月・スミルノフの【聞き耳】(25)→08 成功]
     |: :|ハ乂ハ:乂: l i:.:{':∧     .,厶:|: | !
     |: ハ: : : :i:.:iヽヘ八:. :i:个       イ: :.i:|: |         「ん?今のはお父さん!?」
     |/ ヽ 从小ハ∧ ヽ从乂: `: :T //:.:ハ!:リ
     {   }' イ:. :.`ヽ }    }` 、:.ヾノイル' ノ′        じゃあ、紗月さんはお父さんの絶叫が聞こえます。>できる夫
      /:. :. :. : : : : \  x― :. :.ノ'ト
      .: .: .: :. :. :. :. :. :. :. :.く    i : : :| :i           
      i x―‐   : : : : :. :. : : :.    |:. :. :! ハ
      |′      >‐ 、:.: :.: :..  |!:. :.  !
            ヽ  :. \:. :. Ⅵj:. /

257 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:06:30 ID:uDI8RjwE0

              __
              (( --- 、
            /:.:`:..、:_:_:.:.:\,
            7:.厶:.:.:.\}:.:.:.:く
            {ハ イ V:.:.「:.:.:.:.:.:.:>          「ちょっ!?お父さん大丈夫!?」
                .v ハ:.:lト.:.:.:.:{
        __      ̄ィヾ : : 〕iド._               そんな感じで走って駆けつけるわ。>ハルヒ
        .{ /iト.  /    \: :/     \           ._
          ∨   ̄  イ⌒   「 ̄ ̄`ヽ. ヽ        /:::7 _
           ` 、_ /八    ヽ     ∨ハ       ./::::/_r':::| / ̄|
                    Τヽ == 彡、    ゝ '′    ./:::::::::::::::::::|/::::::::|
                    ト: : : : : : \         .::::::::r-、:::::j |::::::::|
                 _ノ: :}: : : : : : :.\         .::::::/─::::/ |:::::/_
               . ´\: : : : : : : : : /         .::::/ヾ-::::| |://:::|
                〃     .>ー‐ ─イ         _/  |::::|.  └┘
                 、    < ´   ヽ   ゚,          |::::|     _
               \  \        \        ..|:::::|   /| |:::::}    ,,-┐
                   ヽ777\     、           |:::::」  |:::| |::/_   |::::::|
                    \ //ヽ     ヽ./ハ      .|/   L:ノ /:::|  |::::::|
                     }// 〉     ∨∧            |:::/  |::::::|
                  _ノ  /       ∨∧              |/   |:::::/
                  └一 "         ∨∧_                 .|:::/
                                 V/l!                |/,-┐
                                r彡' ノ                 |::::|
                              ̄                 ̄

258 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:06:57 ID:uDI8RjwE0

          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,    それじゃあ、急いで二階に上がった紗月はそのまま父の寝室に飛び込むようにして入ります。
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |    ああ、二階にあるのね。>ハルヒ
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \



                  -- =====ミ
               イ ニニニ、:.:.:.:.:\
               /:イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:\二ス
              ,:':./:.:.:.:.:.!:.l:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:ヽ { \
           /「/:.:.:.:.:.:.l:.ハ:.:.、:.:.:.ムイ:.:l:.:.:.:∨\冫
          ./:.:イ:.:.:.:⌒メ、 }/ Χ{ィ=ミ从:.:.:.ヽ. /:.、
         l//:|:.:.:.:.:l:.:v=ミ    匕リ |:.:.:.:.:.:V:.:.:.ヽ    「ちょっと大丈夫!?」
         | |:.l|:.:.:.:.:.ハ匕リ  、   "" |:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
         | |:.i|:.:.:.:.∧""   ⌒ヽ  !:.:.:.:.:从:.:.:.:     こんな感じで入室するわ。>ハルヒ
          V|:.:.:.:.:.:.:.:.、   l    }  /:.:.:.:.:./:/i/: /
            乂:.:.:.:.:.:.:.:〕iト ニニ イ|:.:.:.:.:/:/i/: /i:i     それでは、そこで紗月は目撃してしまいます・・・>できる夫
           / ̄ ̄`Y:.:.:.:.:ハ/: : ハ   ,|:.:.:.イ: :|i:|: :|i:i:i
        ′ \ ヽ}⌒Ⅳ : : : |--    V: : : :|i:|: :|i:i:i     一話目からこれか。>宗介
        /   \ }.ノ /|i:|: : : : V´ ̄ ̄l: : : : :|i:|: :|i:i:i
      イ{   t___}ノ .イ| Vハ : : : {     l: : : : :|i:|: :|i:i:i
      /i:i八   ィi〔:i:i∧ V∧: : ハ   │: : :/i/: /:i:i:i
.     /i:i:i:i:i:i:\ /:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾi:ト : : ヽ.  |: :.:/i/: /:i:i:i:i

259 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:07:28 ID:uDI8RjwE0

         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\     そこで見たものは、何故か血を流して倒れている父の姿でした。
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |   えっ?セルゲイさん死んじゃうの?>大河
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \     さぁどうでしょう。
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧
                |   /       ///  V |     「な、なんでお父さん怪我してんのしかもこんなに血を出して!?」>紗月
                | || 〃/ //   . ィ \ V
                V || | ///  _/  V≦zム      「ぐっ・・・お前か・・・ここは危険だ・・・取り敢えず・・・に、逃げろ・・・」
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、     「ちょ、ちょっと!?」>紗月
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \     こんな感じでセルゲイは気絶します。>できる夫
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ    死ななくてよかった。取り敢えず救急車呼ぶわ。>ハルヒ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \   了解です。>できる夫
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ

260 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:07:52 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \    それではその十数分後救急車が到着します。
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |    ふー、何も起こらないのね。>ハルヒ
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /      ええ、と言う訳でそのまま紗月も病院に同行して一日目終了です。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



         ____
       /     \      それで何ですが、紗月さんはこのまま一人でこの家に住み続けるんですか?
     /   ⌒   ^ \
    /    (⌒)  (⌒) ヽ    いや、不気味だから父が退院するまでホテルにでも一旦泊まるわ。>ハルヒ
   |        __´___   |
   \       `ー'´  /     そうですか。
    ノ           \

261 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:08:25 ID:uDI8RjwE0

       ____
      /     \
    /  \   / \     それでは、スミルノフ家での一件から二日後いよいよ本編の開始です。
  /  (●)  (●)  \
 |       __´___       |    ふー長かったですね。>大河
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /      で、誰からなんだ?>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |      えーっと、宗介さんからです。
   \ /___ /



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、    で?俺はどうしてるんだ?
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    えーっと、自分の勤めているミリタリーショップで店番していますね。>できる夫
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r     えっ?俺経理担当のはずだろ?
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、       まぁまぁ気にしないでください。>できる夫
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、

262 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:08:54 ID:uDI8RjwE0

                ("⌒⌒~⌒゙)
(⌒⌒"⌒)           `ー~ー'´            ____
 ゙ー''ー''´ ___________________|___::|____
     /^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~|  ::::| ~^~^~,ヘ
   /~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~ー-ー''~^~^~//:.ヘ
  /^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~//  :.ヘ
/^^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~// △:::..ヘ
 ̄||TTTTTTTTTTTTTTTTTエエエ(´⌒`)エエエエエエエエエエエエTTT' 'TTTTTT丶     ~近衛和也の勤める店~
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄.:_|_||┏|_|‐━━━━━━┓ ||ll  ̄||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:|  _||.【   コッペパン | ̄| ̄|||ll  ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:|_||┗━━━━━━━━┛ ||ll  ̄||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//||.l ̄i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i | ̄ ̄.:| ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  ||~/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//:::|| ̄.:=======|=======~ ̄.:| ̄ ̄.||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.l ̄|| //   |     /.||.:| ̄ ̄.:| ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  || ̄||               || ̄.:|| //..:::::::|.........// || / ̄ ̄ ̄、||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄||__________||.l ̄||//    |   // || | ミリタリーショップ ||| | ̄||
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:l ||/ .: ::::::::|::: //::::::|| |  コッペパン|||  ̄|||
 ̄|| ̄| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:l ̄ .:||::::::::::::::::|::::::::::::::::|| ~ ̄|冂| ̄|| | ̄| ̄|| ̄|||



                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ       あっ因みに朝、10時頃です。>できる夫
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.     「うーん・・・なんで俺が店番をしなくちゃいけないんだ・・・」
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、   [近衛和也(24) ミリタリーショップ店員 日本人]
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ      こんな感じだな。それで客はいるのか?>宗介
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/         居ますよ。二人組の男がね。>できる夫
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉

263 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:09:23 ID:uDI8RjwE0

                  ______  }\
                     ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/    [大学生風の客A]
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\ 
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ     「いやぁ、いつ来てもここはいい品揃えだな。」
                 }八{-V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}
                \{ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;      「ああそうだな。」>客B
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V
                ヽ.   ′        ノ 丿       「まぁ、ちょっと高いのが学生には辛いところだな。」
                    、  ー─一    __/
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |
                    |`¨¨´      |
                    |     /     、__
                  _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニ`ヽ
        /ニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニi



  \: : : : : : : . . .        : .  : . .      |/ l
-= '_: : : : : : : : : : : : :  .   : : .  . .   .   | ノ
 /: : : : : : : : : : : : : : : . : : . . : : : : . : :  : .  ./ -,
'´: : : : : : : : : : : : : : : : . : : : : : : : : ,、: : : : : : . :   /
`ヽ: : : : : : : : : : : : : . . .   . : : :/  `ヽ 、: : : : /     [大学生風の客B]
/__: : : : : : : : : r =ヽ: : : : : : . ._./      ヾ、/
  /: : : : : : : /   i : , - '´   、      /
  /__: : : : : : l ヽ-ソ        \、    l    「お前はバイトをアホみたいにしてるからまだマシだろう。」
  /: : : : : :ゝ  i        、  ヾヽ.  |
   ̄|: :彡´ ヽ_ v         ` -=' ゙ r '     「お前もすればいいじゃないか。
-== ラ´.      l              l        そんなことより聞いたかこの町にあるあの屋敷に入居者が来たらしいよ。」>客A
  f      / .l..              l
: :i;;;;ヽ、    /  ヘ             _ ,     「ええっ!?あの幽霊屋敷にか?」
: :ヾ;;;;;ヽ    l    \      -= - ' ´
: : : \;;;;;ヽ  |     \.     ,-'
: : : : : \;;;;;ヽl      . ヽ   ./
: : : : : : : \;;;;;;ヽ、   /;;;;;;冫 - `l

264 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:09:54 ID:uDI8RjwE0

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N     あの屋敷ってのはハルヒ達が住んでるところか?
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l     ええ、そうです。>できる夫
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \    で?その屋敷について住民はどの程度知ってるんだ?
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ    うーん、そうですね・・・>できる夫
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    こんなもんですかね。
     /⌒  ⌒\   |   |        1、この地に昔にある大きな屋敷で一節では明治からあるとも言われている。
   /( ●)  (●)\  !   !        2、幽霊がいるとか化物がいるとか様々な噂が飛び交っている。
  / :::::   __´___  :::::\|   l        3、最近そこに外国人の親子が引っ越してきたという噂。
  |      `ー'´       |  /
  \             //                      なるほど、かなり曖昧だな。>宗介
  / __        /
  (___)      /

265 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:10:21 ID:uDI8RjwE0

                  、.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               _,.. -`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,.:-'::´::::::::::::;:::::/l:::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /:::::::::::::::::{::::ト;::| ヾ' ヾ\:::、::::::::::::::::::::::::
.           /::::::::::;:::::::ヽ:|,ィ,'ィ    ヽ!\:::::::::::;:--
          ,r'::::::::::::::l:::::ト::ハノ::;:<''"7     ヽィ:::/ r''    「そ、それでその親子は生きてるのか?」
       '7::;::::::::::::{::::{'リ/:;イr、ヽ !       ヽ| /,r
         /:/::::;:::::::::ハ:|/::/ヽー'ノ,/       `! 〉    「いや、二日前に救急車がその屋敷に向かったぽいからな
.        {/|:::;l::::::;/ └'′ `,'"'    u       ノ               何かがあったのは間違いないな。」>客B
          ヽ|ヽ:|ト;:>、   '            {ノ
           ヾヾ{iヽ                        「おいおい、やっぱ何かあるのかあそこには。」
              ソ
.              く...    ,. -─‐ヽ                 「さあな、まぁ俺らはそこには関わらない方が良いということだ。」>客B
               ヽ`  /  ‐,.二ノ
                 \ ヽr '´         /           「オマケにあの家に目をつけていたカルト団体の仕業って噂もあるしな。」>客B
                  \          /::..
                   \       /:::::::::::...


:
       ____
      /      \    そんな会話をしてちょっと買い物してからその二人は去っていきます。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ   成程、結構噂になってるんだな。>宗介
  |    __´___ ( /   〉|
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ   さてどうします?
―――――――― \ _ _ _ )

266 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:10:51 ID:uDI8RjwE0

         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i    そうだなぁ・・・取り敢えず探索者らしく好奇心丸出しで見に行くことにしよう。>宗介
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!    分かりました。>できる夫
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1
.              ,      {:.. _        rvイ/     「成程な、あの屋敷に人がね・・・
              从               /:.:/              これは面白い事がおきそうだな。」
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://
               |ヽ     ̄   // ,'/          と言う訳でそのままサボって見に行こう。>宗介
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧       全然OKです。>できる夫
         ,.<     \          У.  ∧



         ____
       /     \   それじゃ、一旦ここで切りましょうか。
     / ⌒   ⌒ \       それじゃあ、次は黒木さんで行きましょうか。
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |    あっ、はい分かりました。>もこっち
   \      `ー'´    /
    ノ           \

267 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:11:27 ID:uDI8RjwE0

       ____
      /     \
    /  \   / \    それでは、場面を変えて同日の午前9時30分
  /  (●)  (●)  \          最近デビューして人気上昇中の雲紅刀羅の部屋から始まります。
 |       __´___       |
 \      `ー'´    /     はあー緊張するなぁ・・・>もこっち
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |        では開始します。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



  iーiーiーiーiーiーiiliiーiーiーiーiーiーi                  |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |      ~雲紅刀羅の部屋~
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|             _____ |      ||\
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|              |(=)| |      ||.  \
  ~~~~~~~~~~~~ ,.―――‐ 、_____..  |;;;;;;| |      ||    \
                     .|`ll ̄ ̄ ̄l |、,、___゛,、    |      ||     ||
 l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l.         | .|l___l |.l|| ̄ ̄ ̄||     ,;|      ||     ||
 ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||         .!、|___:.|.l|| ̄ ̄ ̄||  ⊂,,⊃.    ||     ||
 |,ノ´ ̄´⌒ ̄⌒⌒`ヽ、       . |`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|__.|   |      ||     ||
(  ノ           ヽ、 ̄ ̄ ̄!、||____________||||ニニニ,||   l,_,!\、   ||   .0)||
 ヽ  ' ,           ヽ,      ̄ ̄ ̄ ̄ ~      ~'       \.. ||     ||
  ヾ  ノ          ヽ       ________,,      \||     ||
   ヾ  ノ          ヽ,      l\           \.      \.    ||
    ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|       ll\\           \.       \、  ||
.      ヽ,,ノ|」――――――|」      '~ \l二二二二二二二二l         \..||
                            !|_|             !|_|.          \

268 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:11:53 ID:uDI8RjwE0

  ヽ::<_::::::/三ミム::`ヾミ≧z三/ニ三三三三三三三ム'ー--ミぇ、
   l:::::'.::/三三三l}:':,::ヽ.ヾ三/!ニ1三三三三三三三ミム::ヽ,::::::ヾt、     [雲紅刀羅(31) 作家 日本人]
   /.::::::/三三三ア:iヾ::::;、:::}7-!三三ア.:|三Nミlマ三三ミム::::゙::::::;.ィチtx
  {_;;.ィチイ三三ミl::i ::::::::;'.三7.:.:lN三X.:.:.:.lニN三!.:Vミニニ:l:::::::ノ三三三Zzx
   ̄ /::|三三N!::ヽ :::/三N.:.:.:Vア.:.:.ヽ:.l三三/.:.:.Vハ三三ト.=ミ三三ム      「はぁ・・・ネタが・・・出ない・・・」
   /.::::|三三ヘ!:::::::Y三三l!ff"゙'ー-、ヽ:/r-ミ( ゙̄<リ"V三ミ|::::::ヾ三三ミl           
  .〈__:::::|三N! .|:::::::::V三三!li /.二ヽ/Z>、 `ー=t、 \l三ミ|:::::::::::\三ミ|
    ヽ:|三ミl l::::::::::::V三ミl.:.ヽ、! ノ/ヂ.r‐-ヽ ヾム ヾ三li::::::::::/三ニl!     こんな感じで朝からネタが出なくて困ってます。>もこっち
     `l三ミ!__l:::::::::_::ヾ:三l゚uミ三ニl/.:fヽー:、 ヽ `  l三ミ!ニニチ三三ニl
    r'"ヽVミム ヽ_ノ<マ三ニl 。   ゝ \`'ーi:   ' |三ミ!マ三三三ニl!      ああ、そんな感じですか。>できる夫
   ,ィ"¨ヽ. ヾミl. |  ヽヾ三|:.、  ,ィー-‐ァヽ、     l三リ V三三ニ/
  .l    \ヾl l   `''ヾミ|:::\ ` ‐ ' ,,.ィヘ     }`ヽ  V三三/
  |.      \ ヽ   /")` /` ー<  ハ:(\   ノル'リ  ∨ニ./



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それで、これからどうします?
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    そうですね・・・ネタ出しを兼ねてそのへん歩き回ります。>もこっち
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       はい、いいですよ。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

269 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:12:35 ID:uDI8RjwE0

      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,     「よし、何も出ないなら歩き回ってなにか見出そうじゃないか。」
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/      と言う訳で、外出します。>もこっち
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ      どこか行くアテはあるんですか?>できる夫
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧     そうですね。ファミレスにでも行きますか。>もこっち
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧
__|        |   〉                      〉____
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \    それじゃあ、近くのファミレスに到着します。
          /(● ) (● )   ヽ     中には暇を持て余してる主婦などがいますね。
            |     __´___        |
         \  `ー '      /    まためんどくさい客層ですね。>もこっち
             /             \

270 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:12:59 ID:uDI8RjwE0

      /////////////////////≧x
      /////////////////////////ヽ、__ _ _. ィ′
      /////////////////////////////////〃
      ////////////////////////////////
      .////////////////////////////バ
      ////////////////////// ハ/ ////'
      ////////////// ゙.////// ̄∨¨V//',
      ///////////∠ユ  l///// __  1// !
      /////////γニヽ  l//// γヽ `////l    「さて、軽食を取りながらネタを考えますかね・・・」
      /l////////{ {  } ! 1//.'  if l } /'////゙
      バ//////兮ゝ-シ ///′ 弋シ/|////7    こんな感じで考え始めます。>もこっち
      /∧/////l   ̄  //        八///
      //∧////|     /     ´  /////     それじゃ、近くに座っている主婦の集団から会話が聞こえてきます。>できる夫
      ////ヽ/ 代     _ -,  //////
      r ==─:\/゙,`   _ ̄__ ///////
      ヽl ̄ヽ´         h=ミ//////イ
        \‐',        匚| `ヽ///∧



         /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.         , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
       / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ    [主婦A]
        / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.       / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |     「ねぇ、知ってる?あの幽霊屋敷に住居者が来たらしいわよ。」
      l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
      || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ     また、美人な主婦ですね。>もこっち
      ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ
      ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \      「ええ、知ってるわ。
        (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__ ≧z--      しかももう入院してるらしいですよ。」>主婦B
       (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l   _
       ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `  一`ヽ
        ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /    \―‐
      〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|___ \_

271 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:13:28 ID:uDI8RjwE0

        /l、_l」_/: : : : : : : :` <: : |:\: : : : : : : \
.     /L/: /: :___: : : : : : : \|: | ト: : : : : : : : :ヽ    [主婦B]
    /: : /: /: : : : : : : : \: : : : : : ∨ | ト、: : : : : : : :∧
.    ': : /: /: : : : : : : : : ヽ : \ : : : : ∨: |: ヽ: : : : : : : ∧
    l: :/: /: : |: : : :ヽ: : : : |: : : :\ : : : V |: : ヽ: : : : : : : ∧     「ええっ!?そうなのっ?」>主婦A
    |: | : | : : ||: : : : 丶 -┼: :l:|: :ハ : : : Vヘ: :/\: : : : : : ∧
    |: | : | : : ||: : : : :|: : |」斗`´ |: : : : K ∨  ヽ: : : : : ∧    「だからいよいよあの屋敷にまつわる話がホントじゃないかとみんな噂してますよ。」
    |: |: ∧ : ∧: : : :l_|_/、     |:l: : : ハノ∧   ∨ : : : ∧
.     V:V: :ゝ: __ゝ-く    _j___.ッ // l: /_ イl:∧    ∨: : : : :l    「それは怖いわ・・・」>主婦A
.    V:V : : :、 : >=ッ'  ´"゙´ 〈//_l/  从: ∧   ∨: : : :|
      V:∨: | ヽj} lh }     〈/´    v、: :\   ∨: : :|     「でしょう・・・」
      ∨、: |: : :l' {l |、ヽ __,、   /    ヽヘ: : :\  ∨ : |
.        ヽヽl : ∧ } ト>` ´  /      `|ヽ: :h:ヽ l: : :|
       \ヽヽ:ヘ `‐-.\7´.个、    ′  ' / : l' 丿┴‐┴-
         `ハ: ト、\  ヽ}: /| 〉  /  ,//: : ∠
.          」 ヘヘ アハ   K  |ー、 r一 //: : / ∨



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    それの二人からこんな会話が聞こえてきますね。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l    成程、結構街で噂になってるんですね。>もこっち
  |      `ー'´       |  /
  \             //     それで、どうしますか?
  / __        /
  (___)      /

272 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:13:58 ID:uDI8RjwE0

            ,   ハ.     ;\      i:.._     /
            ;   /  }   ,゙,.::''"´   ハ.     .′ ・
              i   /       /  _」...  / ゙;.       ・
.              | /   ,  ,:゙ ,,::''"~; /`::.、   ;   ・
            |,〈   ,´ ,.' ,:´   _j /     ;  i   ・    「これは、いいネタになるんじゃなかろーか。」
            ´,:::、 / .:' ´  ,:'´  `::、  ; |   ・
            ,゙{ i }/ ,.:    {  i   }   ¦ |   ・
.            / ゝ/ イ,        ___,ノ  ノ, |  |  ん    こんな感じでいいですか?>もこっち
.         、   _〈 ¨ア'´f゛        ー-===__彡'| _|  ?
       `T'⌒i ;´  `                 i|⌒        はい、十分です。>できる夫
        ! i八 {;               ;j¦   、_   ノ
          ‘,! i\  、_______     ____, J   ;    ´ ̄ .     「よしっ、これは行くしかないな。」
.           `、 ¦\ ア>'゙⌒¨´        ,. ’   ´: . :
           }\!: :,≠く       ,.. ´     /: : : : :     そんなわけで例の屋敷に向かいます。>もこっち
         ,゙  )≠'゜: : :.` : :‐-r ''"⌒    ,゙  ´: : : : : :
           / ,.≠'゚     : : : :_;_;」         ,′ /ヤ_..ニi : :. :    はい、それじゃ一旦ここまでです。>できる夫
.       ⌒{ `vく/      . :_;ノ`マ辷___,,.  ,´ ,:゙'"´__,,.⊥: :_:
.      ン゙  } ; "⌒¨"~⌒\         / ,:´'"~   __,  ,
           /  }         `、ー-;:=-‐,:´/     ,ノ'´ /



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |     それじゃあ、次は逢坂さんいってみましょうか。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ      ああ、わかったよ。>大河
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|     ちなみにあなたのキャラは東京に勤めてることになってるので
    | ヽ〆           |´ |             今回は有給と年末休みを一気にとって帰郷してるということで。

273 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:14:25 ID:uDI8RjwE0

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \    それでは、同日午前9時頃貴方は母である秋月咲夜の家で目を覚まします。
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |    またえらいキャラを持ってきて。>大河
     \  、__',_,    __,/
     /         \



           ___
      _,r‐!7´ー-v―-、 `゙'  、
     r'「>-'、-─'-<こ`ヽ,__   ヽ.      [秋月咲夜(46) 主婦]
   ,r'ア´        ´ `ヽ|/`ヽ   ':,
   く7  / /  ,!   ,! /!  ノ`ヽ/´!   i     「こらっ清夜!早く起きなさいっ!」
    | ,' |メ、ハ  /レ'__,!イ ,  ∨]   |
   ノイ ハァ'7'i' ∨ '´!ハ`ヽ/| ハ Y   |    眠っていた清夜は母の声によって目を覚まします。>できる夫
   '´ | /!〈 !ソ    し' ノ' |/|`ヽ\  ',
     レ' 7"  _'__    ´,.,.!メ|),ハ ̄   '.、   うわー、26でこれはキツいものがあるわね。>大河
    八!ヘ.  |/´ `ヽ   ノメハ/ |  ,ハ i
   ,:'   〈メ\ 、  _.ノ  /メノン-‐ァ-‐' 、レ'
   〈rヘ )メソ/ `>‐-r   /iイ/´_ン´:::::::::::::ヽ.
    [ンく_]/r‐'7,ハ,/ ,レ'__/:::::::::::::::::::::::;ハ
    __ |/::Yー/:::/[ハ、 [_ンく_]::::::::::::::::::::::::::::_ノ
  /´ ト、:::| /::く  八> / | /ト、::::::::::_;r'´:::::::::\_

274 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:14:54 ID:uDI8RjwE0

              ,:': : : : :/: : :\_、: : : : :.|: : : : : : : : :\: : : : : :ヽ: : :/:.
               /: : : /ィア: :_/: : : : : : : :リ: : : : : : : : : : :ヽ: : : : :∧´   |
                /:/: / / ィ://: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :_: ',/ _,.} . :´|   「うーん、なんでこんな朝早くから起こすのさぁ・・・」
            /:./: :| {  {/ ノ: : :_,.-ァ: :./: : : : : : : : : :∠__/、: : :.:.|: : : |
             |:/ !: :! l_,.ィ i,': r _,ィ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : :|: : : |    「朝早くってもう九時よ。
             {! |:.〈    /:,: { {: : : /: : : /: : : :|: : : : : : : : |: :.|: : : :|: : : |       いくら休みでも生活リズムは崩さないようにしなさい!」>咲夜
                 {: ム  ,'イ: /  ': : : : : : / |: : : :|: : : : :|: : :.:|: :.|: : : :|: : : |
               Ⅵ }   {/   |{: : :、_|'_/イ_: /}: : : :.:|: : :.:|: :.|: : : : : : : :.    「はいはい・・・」
                 ゝi      |∨: :{リ 、_j:/_|: : : :/: : :.:.|、: !: : : : : : : :i
               __,〉.     | ,\_、  ` ̄´ /: : :イ: : : : /:.}/: : : : : : : :.|
                /Y {     /       <_,.. イ: : : /i :/: : : : : : : : : :.
              /::::::|  i    /: :\ヽ       </:/ イ: : :/、: : : : : : : : : : :.
         /::::::::::: }  l  ,.イ: : : : :/`ー… ≦ヽ/ {: : : : : :/:::::::`丶、: : : : : : :.
        _/:::::::::::::::::::、  ∨|::}: : : :/:::/ ̄/,介、{  /: : : : :./:::::::::::::::::::::\: : : : : .



                  /{
            /ヽ、__/   ゝ、___
        __ノ  , -、  ,  - 、    (
        ',    /  `´    \   ヽ、
        ノ  /           \   >
        `>´              ヽ ∧
       //      ∧  iヽ  |  ヽ  ', { ',
     /イ     /i /  ', | ! |',   l  ∨ l    「全く、じゃあ早く居間に来なさい朝ごはんがあるから。」
       / ,イ   斗十'   十弋Tヾ  }   i.  !
      i ./ | ,イ/i'7ヽ   ィ´ ̄iヽ .| ./ f、. |  |    「はーい、わかったわ。」>清夜
      |/ | /l∧', !_ノ   ヽ_ノ ,!〈l/|  }.| .|  |
        l/ 〈 ',          〉 〈| / |/   !    「幾つになっても子供なんだから・・・」
          〈  〉、  __    〈   〉/    |
          /〉〈  ヽ、   `  , イ〉 〈 |     !     そう言って二人で朝食を食べ始めます。>できる夫
         /イ〉Xー-、>r<,-‐' 〉 〈_|/|__∧/
          /   /| /|/|   ヽ、_ノ   `ヽ、      ふんふん、それで?>大河
         l    / .|/>t<|   ,/       ',
        /   / / //|.|ヽイ´/        /

275 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:15:23 ID:uDI8RjwE0

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ    「それで、あなたいつも家で何をしてるのよ?」
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |    「うーん、本を読んだりしてるかな?」>清夜
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/    「よく飽きないわね。」
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬     「いやー私も飽きだしたから何かしようと思っていたんだけどこの町何もないからさぁ・・・」>清夜
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|     「何か面白そうな事おこったりしてないの?」>清夜
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|



                    , -――‘, 〉―- ミ
                 ' ´         }/      ` 、
                /    ´ ̄ `ヽ /  ̄`ヽ    \
            ,イ  /     ´   `ヽ   ‘,.    \
              /  ,     /       ‘,   ,  ‘,   ヽ
          /  /   ,  /  ′     :} }   }   ‘,         「そうね・・・そういえばあの屋敷に最近入居者が来たらしいわよ。」>咲夜
            /  /   / /  :{    .:/´}   ;′   .‘,    ‘,
         /   .;′   / .;′./{    .:/  }  ./      ,    ,    「えっ!?あの幽霊屋敷に?」
          ;′  :{   / /{ / :{    .:/  :} /}  /   }    }
.         {   :{:  / '´ \/ :{    /    }/ } /}    } i  :}    「ええ、でも住んでる人すぐ入院したらしいけど・・・」>咲夜
       八    {   { ___L{\ {   :/  ,/{/ }/ :}/  .:} i  :}
        \ .八 .:{ 《 灯抃 :{  /  ´rィ芹芸ミ ′  , } i  :}    「何よそれ、怪しさ満点じゃないの!
.          }\{ \{  乂ゞリ {/   ´ {::tリル' '/  / } i  :}            ・・・決めたわ、私あの屋敷についてちょっと調べるわ!」
.          }  i 八.  ` ´       ゝ ' 厶ィ'    } i  :}
.          ;  i          ,            /i    } i  :}
.          ;′ i   八             ,イ:i'     :} i  :}
         /  .:′ ./ 个o。   ´  `     イ  i    } i  :}
.        /  ;′ /   /  > 。 _   。<  {ヽ :i     :} i  :}
        /  /  '   / / 厂{     _,.イ .{、i      } i  :}
.       /  /    , -‐.::: ̄{  乂__,,。≦  /:::i /   :} i   ,
      /  /    /::::::::::::r=={ミ,/V`ヽ __/ :::i /!    :}> 、 :{

276 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:15:53 ID:uDI8RjwE0

        ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
     _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、、
    rヽ,/ /       `ヽイヽヽ,
   r` /  /λ   入、ヽ、 ヽy i    「あら、面白そうね。
    'y r イ____,ヽ,  ノ.,____ヽ、  ヽ, |         何かわかったら私も話を聞きたいわね。」
   ∠/  / _____i レ' レ ______!ヽヽ、、i
    /  ,イ}.T'ヒ_i´  ´ヒ_,!ア イヽ、ヽ、    「そうでしょ?だから今日から調べてみるわ。」>清夜
   / ./⊂⊃  ,    ⊂⊃yイ\ ヽゝ
   i//{.人   ー─,-   ,イiy}イ´/ヽ!    「まぁ精々怪我しない程度にね。」
    //y}レヽ..、 ̄  ,イゝ|{yレV
    ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
     r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、



  /   .....  \.  /: /: : : : : : : :/: : : :│: : : : : : : : : :ヽ : : : : : :!
  |  .::::::::::::::.   ヽ /: /: : : /: :/ :│: : : : l: : : : : : : : : : : :| : : :i: : :|
  |  .::::::::::::::::::::..  〈: / : : : : :/| : /! : : : : | :l: :.∧ : : :'; : | : : :i: : :|
  '. ::::::::::::::::::::::::.  Y : : : : / :| /、| : : : :│ :|: / ',: : :│リ : : :i: :.:|   「わかってるわ!
     :::::::::::::::::::::::::   |/: : : ,'≦示ミ\{ : : | : j// ヽ: : :}/ : : : i: :.:|        じゃあ早速このあと行ってくるわね!」
.   ヽ ::::::::::::::::::::::::. │: {∨{{ ト//ハVヘ/: !vイィ示≧ッ/| : :j: : :!: : |
    \ :::::::::::::::::::  { 八 :'、ヽ弋公'  \|∨ ト//リ }}|: : : : |:!: : |
     {`::::::::::::::::::  j : : {\>//     弋公' ノ′/: : ': : : :!    「ええ、話を楽しみにしとくわ。」>咲夜
     '、 :::::::::::::::  {ヽ: :{ 人        ′  ///: :イ: : /: : j:│
.  /⌒ーヘ :::::::::::::::  } ト、\|丶、 `ー   ‐一'   フ: : :|: :/| : /| :|
 /    、}::::::::::::::::: {\{:  ̄|  {>   ._.. -ァ: 7 : : ノ<:j /:│:!
´       }:::::::__:::::::..../ \: ∨  `\ _/  / /: : : :/  'イ: : :| :!
  {      |:::::::::::::::::::,'   }: : \__,/∨ヘ  / /: : : :/  /: : 八:|

277 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:16:24 ID:uDI8RjwE0

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\     はい、と言う訳で秋月清夜導入編も終わりです。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    いよいよ俺の番だな。>真人
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ      ええ、それじゃ始めましょうか。
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \      それじゃ、貴方は新人としての地方興行を終え。
    /    (⌒)  (⌒) \       オフシーズンを地元でもあるここで過ごすということで。
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/     俺もここが地元なのかよ。>真人
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ     そのへんは突っ込まないでください。
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |

278 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:16:58 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それでは貴方も逢坂さん同様自宅で目を覚まします。
 |      __´___     |       ちなみに時刻は午前8時45分頃です。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       OK、親とか居るのか?>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |        ええ、お父さんが起こしに来てくれます。
   \ /___ /



              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_      [上湾ガッツ(46) 元格闘家現柔道教室師範]
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >      「おい、息子よ早く起きろ朝飯ができている。」
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>        おいおいやべえのが来たな。>真人
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"      まぁ>>1がベルセルク好きってのもありますが。>できる夫
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:      「ああ、今起きるよ。」>二塔
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.

279 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:17:28 ID:uDI8RjwE0

       ____
..     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    因みに貴方の家庭は父子家庭でお母さんはいませんよ。
  |         '      |
  \      ⌒   /     おお、分かった。>真人
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |      それじゃ、そのまま二人で朝食です。
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



  |;;;;||;;;||;;;;;|!;i;;;| /;;;;; ; ;;;;;;;/;;;;;/彡二"//;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、ヽi;;;;;;i!;;;;!;;;;;;;;;;;;l/;;;;;;;レ;;;;;;_;;;<:::::∠二彡;;;;;/./;;;;;;ノ;;;;;;;;_;_;;;;;
冫、〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;l\;;!、\;`、:::  彡'' ̄二;;;;;;――-''' ̄;;;;;;
///;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;;;;/::;;;|l  ヾ;;';::::ヾi   <;;;"==== ̄;;;;;;;;;;;;;;厂ヽ、
イ/ i;;;/ |;;;;;;;/ |;;;;∧;;;;|l  liヽ!::::!:!   ,三;;;;;;二三三彡;;;//二ヽ    「で、どうなんだ調子は?」
|ノ !;;;| .!;;|;;;! i;;;;| ';;;|!  l! リ :レ:..  二;=‐-=二三二;/ /=ニゝl
.〉、 ヾ! `;l;;;l ';;;;! ヾ;|    ,┌─;;;,_  ...:::::::ヾ二三l /--、 !    「ああ、悪くないな。
{;;,、‐ヾ、 `;;| `;;| __'_/_,/´,f二二´     ::::::::ヽ三l {   |ノ,         この地方興行でもいい感じだった。」>二塔
  ``丶=ニヾ  、(-_,___r'ニ'"ニ-ソ/!    /r  :::ヾ!ヾ`〉‐' /;;
 ___|`-=-'|  ;;;   ::;;ヾ `‐'‐二//        ノ`´::: ./  /ヾ;;    「そうか。まぁ無理はするなよ。」
 |:::::::',_ "!__ _::        ̄        //::::: ,'― ":|
 !、::::::´、  ! ̄::            ,、   ̄ " // :|;i        「言われなくてもオフの時ぐらい無理なトレーニングなんてしないさ。」>二塔
  |::::::::|\ |  ;;              ノ_>     _ ::l;|  i
  /::::::/;;;;;ヽ       、             ニ二 ニ:!;;  |
/::::/; ;'''''{      ,_,               /;;,'  ,'
::::/;;;;;;;;;;;;;;`―-‐、'´__ ___ _ _ _ゞ      /;;;;;;;'  ,
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、`‐ 二-二=‐', "       -=,,,,,,;;;;;;;;;'  /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;ヽ`- __,/      /;;;;;;;;;;;;;;;;'  '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l           , '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ 、 __`\_ , /

280 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:17:55 ID:uDI8RjwE0

   ///////////////////////////>
   /////////////////:i//////////ニ=‐
   /////////////ィ//::::|////////〈       「それで、今日は何かするのか?」>ガッツ
   ////////////:://≦~!/,ィ/ハ///!/\
   ///////////'~{/ r tラl/ |/ ∨八 ̄`     「ああ、そうだな特にないな。
   /////////,'! /   ¨´ /   `i/}           この街は至って平和だし。」
   /////r‐ マ/{             ´/ |
   /////{  ∨              , |       「そういえば、あの幽霊屋敷って今もあるのか?」
   /∧//,\__           ー‐ _   |
   /{ V/////}ヽ              |       「ああ、あるぞ。」>ガッツ
   '∧ /V////  `ニ=- ___  ′
     }′ }! V'          {
       r‐=ニ{      \       | ┐
       |     ̄ ̄ ̄ ̄|、     | }!__
       |            |    ヽ \   `



           /i_,ノヽル1、_
     .l、 ノ`, l´`´;;;`;´;;;;;;;;;;`´イ-´レ-
    _ゝ`;;;;;;;;;;ヘ;;;;;i;;/;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;と
   ,,ゞ;;;;;;;;;;;)`、ヾ;;;;i ;;ノ 1;i:ノ;;;;;;/´;;;;;;;;;;レ
   <;;;;;;\;;;`ヾ ;;;;ヾノ;;iイ;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;`;7
   ,ゝ;;;;;;;ヾ;;;;;;;`;;;;;;;ゞ;;r;;;;<`i;;;;;i`ヾ;;;;彡三;そ
   `っ;;ノ´ゞ;;;;i´i;リ;:i´i;l `i、!.iノ`  `i;;;;;;;;;;;;`ゝ    「そうなのか、じゃあちょっと探検にでも行ってくるかなあ・・・」>二塔
   >;;;;i::: i/ Y ヽiヽi .ヾ   l    ];;;;;;;;;;;;; >
   7;;::l;:::_,--、i .Y r ̄二≡ミミ ゞ;;;;;;;;;;;;T
   .フゞ;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ ヾ :f´r::::__y≠ヾ;;;;;;;;;;イ    「そういえば、最近入居者が来たとかいう噂を聞いたな。」
    ヽ,;;:`i ̄ `ゝll   `〈 弋_ノ ケ  \´ /.1
    i´ヽ:::` ̄ ´:;;l-;     ̄    :: i./-i )     「ホントかよっ、もの好きもいるもんだな。」>二塔
    `i;;i;;i::   :;,;        、   ゝ- /
    i,;;ゝ:::  ::ノ. , 、,      ヾ .r´ノ、     「なんでも外人さんだそうだ。」
      ヽ:::::   ´` = ̄         i-´;ト
      \:::  ;;;::_____、      `  i イヽ,      「ああ、そりゃあ納得だな。」>二塔
       i,::::::::_`─  ̄`     / ′ i
       i`,:::::` 二 `     /     1
       l;;;ヘ;;::    ヽ   /   /  ::;;;i
        l;;;;;;;ヘ,__ ,, ッ´  , -i   ≡i

281 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:18:25 ID:uDI8RjwE0

///////////////////∨/////ヽ'//////\///\///\
'///////////,!////////V/////∧///////\///,\///\
///////////,l/////////,V/////∧////////\///,\- //ヽ
///////////,l///////l//,∨////l'///∧.、////,\///,\.\/∧
/////////// !///////∨/!∨///,!////∧.\///,\'///∧. ヽ∧
'////////// l//////l,'!∨,l ∨///!////lヾl. \///\'//∧.  ヾ、    「それで、その一家には何も起こってないのか?」
///////l//   l/////,l.リ V,!. ∨//,!////,!,゙.!ヽ//\'/∧\/,}、
//////-l/!―- V////,!___.l,! -∨/,| V///!/ ∨//,\'∧. ヾ! \
!//|'// '|/`t:;-、 V///,!  '´ l!て;゙ヽ/! V//!}ヽ. }//!   \!     \    「いや、何でも一人病院に搬送されたそうだぞ。」>ガッツ
'/ !'/!  l!`ー ´ V∨,!   ー ´∨  ∨,l ノ/'//l|ヽ             \
'  .l'/ ,  !    ;  ヾl            }/' ///,'! \、          \   「やっぱ何かあんなあの屋敷には。」
  l'  ,      /     ゙            /ー l///,l\   ヽ` ー--   ..._   \
      、     ヽ            ,   l//,! ヾヽ   !         ̄`` ヽ
    ,. 、                 /   l! N /二l    !               「で、行くのか?」>ガッツ
   / '´ \   ` ―  _         l    l/二ニl    !
  //      ヽ           /     l   /ニニニl、ー ._゙、             「ああ、行ってくるぜ。」
 { {        ,. 、              ! /二二ニニノ_\
 l l     /:::::ヽ ー ´           /二二ニニ/ニニニ丶、
 ,lニヽ  /:::::/ .ヽ            l二二ニニニ/ニニニニニ=‐_



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \     はい、と言う訳でPL全員の冒頭が終わりました。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /     ちょっと強引じゃないか?>宗介
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       クトゥルフの冒頭なんてそんなもんじゃないですか?
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

282 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:18:54 ID:uDI8RjwE0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     と言う訳でこのまま視点を例の屋敷の外に居るハルヒさんに移します。
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     えっ?私外にいるの?>ハルヒ
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /       ええ、あの日から日中は個人で屋敷の調査を昨日から開始したということで。
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit      ~セルゲイ宅前~
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ

283 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:19:48 ID:uDI8RjwE0

       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
        /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1    「さて、毎日来てはいるものの全く手がかりなしはキツいわね・・・」
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |
     / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V      さて、それではここからはお好きなようにどうぞ。>できる夫
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/     あら、もういいの?>ハルヒ
.   |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|      ええ、お好きなように探索してください。ちなみに現時刻9時30分です。>できる夫
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |      分かったわ。>ハルヒ
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \




          ____
        /     \    それじゃあ、ここで何をしますか?
      / \   / \
     /   (●)  (●)  \   とりあえずとってないけど【目星】で。>ハルヒ
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /

284 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:20:22 ID:uDI8RjwE0

             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ      ええ、どうぞ。>できる夫
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     【紗月・スミルノフの【目星】(25)=64 失敗】
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |     「うーん、これといって何もないわね・・・」
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ     ではあたりを一通り探してもなにも見つからなかったということで。>できる夫
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,   やっぱ初期値では無理があるわね。>ハルヒ
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',    それじゃあ、ここで【聞き耳】をお願いします。>できる夫
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |



                 ___ _
         \ノ    ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、/) __
          ) ∠二二ス:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ V /   厂`ァ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.八 `ヽ.   「( 、(     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25)→29 失敗]
         il .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.{:.:.:l:.:.:.トz :.:.:ヽ  |  乂 .) li
          i:.:.:.Χ{:.:.:.ハ:.:!:.:.:「\_〉:.:}i:〕iト  /i\{     うーん、出目悪いわね。>ハルヒ
          |:.:N=ミヽ:ム斗:l:.:.:.|__ノl ∨:i:i:i:i:i} .L:i:i:i:ヽ
              V:.:{tj  fz Y:.:.:|:.Ll:.V `ヽ:/ / \/     それでは、ハルヒさんは後ろから急に声をかけられます。>できる夫
          li |:.:入   iiT|:.:.:从:.:./    .' /   }
           レl:.:.冫ー─彳://レヘ    ハ¨ヽ   .′    「あのーすみません。」>???
         ─く   /⌒ ̄> ´ ̄   }   /     /
         )  {   ´         _∧ __ .′ il
           }\     -‐=≦: \ |: i}ヽ        「うわっ!?誰っ?」
           ‘。: :≧=、      \: :|:/{ {
            }: : : : : :\      7芥ヘ  、
            l: : : : : :-=ヘ、      ̄|::K   ヽ
              ̄      )   ___,!:ハ}__{

285 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:20:54 ID:uDI8RjwE0

                          /: : : : : /: : : : : : : : :`: : : \: :\
                        /{____:/:_:_: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : ヽ
                   ,.: : : : : : : : : | ̄: : : : : : : : : : : : : : : :',: : :.   振り返るとそこには背の低い女性がいました。>できる夫
                      ,:': : : : : : : :./: |: : : : : : : : :./: :  ̄ `丶、}: : : }
                  /: : : : : : : :./|:/\: : : : : : :∧: : /: : : : : : \__|   ああ、やっと合流ね。>ハルヒ
                     ': :,: : : :|: : /ィ--、Ⅵ: : : : :./,.ム-{,: : : : : : : :|: :;
                 /:./: : : ::{: ::|{ ム::ハ {、: : : :./ _∨Ⅵ : : : : : |: :′
                  |:/|: : : :八: { 弋zソ  \: :{ ム::ハ`ヽ}: : : : : : j: '     「あっ、すみません。驚かしてしまって。」
                  |:i∧: : :{: :i\ `¨    \ 弋zソ ,〃: ,: : : : ; /
                  |/: :.\:|:八 u   '      `¨/_,.ィ: : : :./:{      「いえ、良いですけど。何方でしょうか?」>紗月
                  /: : : : :|: : : :、   _      u  /: : :,: : /: :|
                /: : : :_:_: :|: : : :}:\    `ヽ   ∠:ィ: : :./:/ : : |     それでは大河さん軽い自己紹介お願いします。>できる夫
       _    __/: _: /::::::、`ヽ: : :∨r'ヽ. _   r≦/: : : : /{/: : : :{
    /:::::::::`ヽ´_::::::`´::::\::::::::}:::::::、: : :',   ̄\_,/: :./: : :./:./: : : : :!      了解です。>大河
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::` -<::::ヽ::::|:::::::::\: ::.、   /干!: :{: : :/: : :i: : : : : ::.
.  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〉-ミ:::j:::::::::::::::,: : :}/ ,介ヽ、|: :/:_: : :|: : : : : : .
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ヽ:::::::::::,::::}: : |:、 /| ヘ|、::|: :{::::::ヽ: : : : : : : :.



                      __
                  _,..イ: : `ヽ、
               ,. : :´_:_/⌒ヽ-: 、: :ヽ
                /:/: : :/: : : : :ヽ: :\: \
               /: , ': : : : : : : : : : : : :':,: :ヽ: : :.
           ,: :./: : : : : : : : : : : : : : :i: : : :',: : .    「ああ、そうですね一応自己紹介をしておきます。
           /: /: : : ,: :|: : : : : : : : : : }: : : : ',: : .     私の名前は秋月清夜一応東京の大学で研究員をしています。」
          ;': /: ,: :/:l: ハ:|: : : : : :}: :,イ:.!:.|: : :',: ::.      
          i: ;: :.|: :!:/ト、リ、: : : : /_,斗七: : : : ,: i
             j:.,': :.{: :|ィ示㍉、ヽ: :/,ィチ㍉,}: :.;: i:{:.:{     「それで、その研究員さんが何故此処に?」>紗月
          j: |:{:八: {弋こソ  ゞ 弋こソ/: /: :|:|: |
           |: {:ト、: :{ゞ、      ,    彡イ:.:.,イ:|: :.     「実はこの屋敷はこの地域で幽霊屋敷として有名ですから
         ,: : リ: \:.人   、 _,   人:.イ:.|リ: : .                          調べに来たというわけです。」
          /: : : : : : {: : :|>  __  <: : : :/:/イ: : : .
          ,: : : : : : : : ,:.:.:|:/`丶,-、´∨|: : :./: : : : : : : :.    「幽霊屋敷・・・ですか、この屋敷が?」>紗月
       /: : : : : : _,....|: :.|、   ,.介、   !: :./:..、:_: : : : : : .
      ,: : : : : :/:ヽ::::::|: :.|::、//o} \ノ!: /::::::::/::ヽ: : : : : .
       /: : : : : :{:::::::、:: |: :.|:::::∨  |i /:::|: {:::::::/::::::::}: : : : : : :.
.     /: : : : : : :|:::::::::Y:!: :.!::::::{!:. oji!::::: !:リ::::::{::::::::::|: : : : : : : :.

286 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:21:31 ID:uDI8RjwE0

          /:.:.:./ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、 ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ
          ./:.:.:. /:.:.:{!:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヘ:.:.:.:.「\:.:ハ
         /ィ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:∨ 丶:
      「 i:.:/:.:.:.:.:/  V:.〈:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:∨\ 〉    「それホントですか?
        .':イi|:.i:.:.:.:.、i__   V:.i 、:.:.:〈\:.:.:.:.:.l:.:..:.:.|:.:.:.:.:.:|_.イ:.:.       私一応この家の住人なんですけど?」
      ':.〈/|:.{:.:.:.:.:l| ≧ーV! ヽ:.:.゚, 厶斗匕!:|:.:.:.:.:.:l ! :.:.:i
     レ //{:.l:.:.:.:.ハ=ミ  \  \{ x==ミИ7:.:.:.:.: !:¦ 、:!     「えっ!?そうなんですか?」>清夜
      i| |:イハ:.、:.:.:レ芹f心      イ芹心ア .':.:.:.:.:.:.l.l |ハ  | 
      || |:.| |:. :.ヽ:.〉 辷zリ       辷zリ /:.:.:.:.:.:/ノ |:.:.:Ⅵ    「はい、そうです。
      ||_|:.| |从{:.:.:.| ¨¨  /      ¨¨  /:.:,:.:.:.:/:.|__j:.:.:.:.:|     でも入居一日目から不可思議なことが起こったので調べに来たんです。」
      |:.:|:.|_|:.:.:.ヽ八      _      u /:.イ:.:.:./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:!
      |:.i|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.\   V__)    /:./.|:.:./:.:.:.: |:.:.:.:.: リ    「そういうことでしたか。」>清夜
      |从:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.i:.:〕ト .      イ〃〉イ:./:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.′
     ) ゚,:.:.:从:.:.:.:.:|:.:.l:.:.:.≧==     /:.:.:/:.:.:.:.:..:ノ:.:.:.:/
          ヽ:.:.:.∧:.:.:.|:.:./: :V       イ:.:./{:.:.:.:/:.:./:.:′
           \:.:.:\{.イ: : : ∧   / Ⅳ: :〕ド:.:.:.:.:ル'
          イi:i:\´ : : : : : ∧    __∨: : : :〕ト.
       /: :ヾi:i:i:i:iト:、: : : : : ∧ /    ∨: : : : : i:i〕ト.



                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .    「成程、それは興味深いですね。
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .        貴方も調査しているのでしたらご一緒させてもらって構いませんか?」
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|    「ええ、別の方の意見も必要でしょうし。」>紗月
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{      「ありがとうございます。」
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.     それではここで二人で【聞き耳】どうぞ。>できる夫
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.     わかりました。>二人
.   /: :/ j!: : :./:.{::::::::::::::l::::ヽ:ト、:、/ | }!\/:::::::.\:\: : : : : :.
   ,: : / j!: : /: : |::::::::::::::}:/:::リ:::ヾ! ! i!}::::::::',:::::::,:.\:\: : : : .

287 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:21:54 ID:uDI8RjwE0

            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25)→14 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【聞き耳】(25)→86 失敗]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|     よーし、成功ね。
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V      うーん、初めてのロールが失敗って幸先悪いわね。
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\          成程、そうなりますか。>できる夫
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      それでは、紗月さんはこちらに向かう足音を聞き取ります。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    次は誰かしら。>ハルヒ
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

288 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:22:57 ID:uDI8RjwE0
                 __ _
              . ´:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト .
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...、
              ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -──‐ミ:.:.:.:.ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:/:.:./   _____ ` 、:.゚,
            /:.:.:.:.:.:.:/:.:./ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.rヘ    「ん?今何か音がしませんでした?」
         ':.:.:.:.:.:. ':.:.:/":.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:∨{
        i:.:./ /!:.:.:.{:.:.ハ:.:.:| ゚,:.:.:.:.:.:.:.}、:.:.:l:.:.:.}イ     「え?しましたか?」>清夜
        l:.: ヽ/ :!:.:.:.:V.__ヾ:!  }:\:.:.:.斗匕:j:.:.:.l:ハ
        |:.:. //^|:.:.:.:.:|  `ト    ヾィ芯Vノ:.:./'|:.|    「確かにしましたよ。あっちの方から誰か来ますよ。」
        |:.:.:| |ト |:.:.:.:.:.Y仡芯`    ヒソ l:.:イ |」:.!
        |:.:.:|/| |ハ:.:.:.:.{ 乂zメ        .小:.:V:.:.リ
        .ハ:.:.:.:.|_l从:.:.:.|       __, ` イ:.:.:./:.:ル′    それではハルヒさんの見た方から一人の人が姿を現します。>できる夫
           }:.:.:.:ハ:.:.∧:.ト      ‘´ イ:.:.!:. イ:./ ′
        .イヾ:Ⅳ: :}/:{ ヽ   `7壬{: : Vハi:i :|ハ      誰ですかね。>大河
        ハ: : V∧: : ∧ー─   ‐一|: : : : : i:i :| !
       '  ゚,: :V∧: : : :V´ ̄ ̄ ̄`|: : : : : i:i :l \
       { / ヽ : V∧: : : ゚,------¦: : : : j:j:/  ヽ



           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧    「そこにいるのは誰ですか!?」>紗月
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|    「あっ、すすすいません
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|        勝手に入ったりして。」
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|     そこにいたのは髪が長くそれに背の低い女性でした。>できる夫
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|     あー智子さんですか。>ハルヒ
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ'
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|      それじゃハルヒさん【アイデア】を+10で振ってください。>できる夫
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::|
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|      はーい。>ハルヒ
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|

289 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:23:25 ID:uDI8RjwE0

              __      __
            r::' -─── ミ /:>'⌒
           _ゞ=- ,. '´≧=-}∠.:≦〕iト .    _
       _  __/ \/::::::>'´二二 _<::::::::\/ __L
    /  __ーゝ __ ,. <:/-={:::::::::::::::::::``ヾ:::::r┐___ }
     \/ ,. < /::::::::::::::::/ i:::::::::::::::\_:::::::::::::`ヽニ¬ ̄\    [紗月・スミルノフの【アイデア】(85+10)=81 成功]
.        / く_ /:::::::::::::: /⌒{::::::、:::::::::∧ヽ::::::::::::::ヘ  }` 、\
       /  l  >':::::::::::::::/,x=ミ\:{ヽ:::::::'⌒ V::::::::::V:iヘ \ \__}   それじゃあ、あなたはこの人が誰かがわかります。>できる夫
.      /_ { ,.イ::;:::::::::::{::i《 f::沁  \ x=ミ、 }::::::::::::}::iト\ \
       /::/::::::::ヘ::ヾ  ゞ '    ヒ炒 》::::::/:::::::\ト:::ヽ´    「あっーーー!もしかして作家のもこっちさんですか!?」
     ゝニ  イ::::::::::::/:::::ヽ::\  , -` 、   厶イ::::::::::::::::::ヽⅥ
        |::::::::::/::{::::::::込、 {: : : ノ  ,ィ::::::::::::::|\::::::::::| リ
        |:::::::∧: ヽ, -=ニ> _,. r≦::::::::::リ:::::|  ∨::: |      「うぇっ!?ど、どうしてその名を知ってるんですか?」>刀羅
.         V::::{  / /,  '⌒丶、!ヽ::::::/}::::/  .ノ:::: リ
.          ∨ヘ { //      - 、ヽ: ilト、厶イ__/>'´       「やっぱりそうなんですか!
          `>. V /        \',:、}:},                   どうりでどこかで見た顔だなーった思ったんですよ。」
            {≠/ {       ヽ f_,フ `Yヽ>-、
          厂, ==ハ l }  :,   ',:ト、...:::::::_ノ、: \\          「は、はあそれはありがとうございます。」>刀羅
         {/.   八 リi  :',    ',V厂ハ........\: :.Yv}
             〈 ‘, ‘ ,  ' }='人ヽ __ノ|Yj:;ハ
                ゙弌ト _>、_ノ    ̄ヽヾ|://}∧
                 ∨  \    r─ ::Ⅵ:/〈  〉
                     ∨     \ ',. -=f::::ト _ {
                   }'     八::::::::::/ヽ:::::::Y



           /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./   -──=ミ:.:\
          ':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.://:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.、\:.ヽ
          /:.:. ──ォ':.:.:.: イ:.:.: |:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:}:.}:.:.ヽ:.:.
          .':.:.:{_/--1:.:.:/:.{:.:.:.:.!:.:.:.:./:i:.:.:.:/:.ム:.:.:.}:.:.:.
.         /:.:./く  イ:.:. 1:.ハ:._:.:l:.:.:./ l:.:.イ:./ }:.:./:.:.:.:!
       ,':/.ィ:.:./∨:|:.:.:l:|:.| l:.:.「}:.メ、 l/ l:/ i:.:ハ:.:!:. |   「それで、どうして先生がこんなところにいるんですか?」
       :./ /:.:.:.:/ /:.: |:.:.从:{ |:/ ′  / / z=!ィ: |:.|:.:.|
       ':.Ⅳ:.:.:.:/ /: レ|:.:.:.|ハ x===ミ     、 |:l:.:|:.|:.:.|
      /:i:.|:.:.:.:.〈 /:.:.:{ |:.:.:.|            __' 从:.|:.川{    「ちょっと、ネタだしを兼ねてこのへんで曰くつきの此処に。」>刀羅
      ':.: |:.|:.:.:.:.:i:.:.:.:.人_|:.:.:.|      「 ̄У イ:.:..:.jイ:ソ
.     {:/ 从:.:.:.:.l:.:.:/:./|:.:.:.ト .    乂./〃:.l:.:..:.′      「あっ、じゃあこのおねいさんと同じですね。」
      ゝ ):.\:.:!:.:/: :人:.: !          イi: 「|:.:/{
       Ⅵ ソ:イ : : : : : \〉、   ∧{: : : Ⅵ: リイ i
        rく: :i:i:iト、: : : : : : \   {  V: : : i: |  ハ
       /⌒ヽ: : i:i:iト、: : : : : : \  /!: : : i: | , ∧
    ./     \: : i:i:iト、: : : : : : }「/!: : : i: | /   \

290 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:23:52 ID:uDI8RjwE0

.         { 丶.,,__,,.   -‐===‐- .
        \   /              `丶、
.           `7´                   \
            /           ∧          ヽ
.           /          / l            .
        .゙      |   / ___l  ;   /      i    「えっ、まだほかに誰かいるんですか?」
          i       l   /´  l  i /         |
.        |     ′ / _..∠..l. И        |    「ええ、何でも大学の研究者さんだそうです。」>紗月
.        │   / / ´ 7T ミト、|        | 
          l    //     乂_彡'` l         ゙     「へ、へえーー。」
.          人  }{ ′  : : :´¨`: :  l     /   \
.          冫、八  _       U   ノ   /     厂
        /     \ `   ,u  ´/  /、   '
        /  ノl   , `7 ハ,-‐ /  /  `丶、{
.      ´¨”   / /  〈⌒{ }  /  /     ⌒ヽ



                        , r- 、
                 _,_- /_  \
                  , r f´, - 、/´ ヽ_`_  ハ
            /  /   /    ヘ `ヽ ヽ、
              , '  , '         ハ  ヽ ヽ
              /  /               ハ   ヽ ヘ
             ,'  /     i     ハ   }   ヘ ハ
            ,'  '    i |     ハ  リ        ',    「ど、どうもこんにちは。」>刀羅
         ;  ,' /  リ ∧ l  l .}  ∧ }    ハ ハ
            l / {  |/}≧弋ト、. リ '/ ナ≦ヘ }  ハ ',   「あっこんにちは。
            ! ! 、  { ハ呀ミハ`\ リ 伺叭 ト !   l |       私秋月清夜といいます。」
         | l { ヘ ゝ弋旬','   `' 弋ミソ/イ / /} |
        ,'. { ト、ヘ\ゝ ̄   丶    ̄イィ  /lリ |    「えっと、私は雲紅刀羅といいます。」>刀羅
          ,' ハ | \\.ゝ、  ー -   ノ ノ ノ }ハ ',
          //   \ハ   !> 、   , < ´ / /  ハ.',    「すごい名前ですね。
       '/     ハ   | ,rト、 `´ ト、 {  /   ヘ  ヘ        ペンネームか何かですか?」
       /  /  / ハ  |= =氷= = |  /  i  ヘ.  ヘ
        /  /._ z <.ハ  | /イ,, ||、、  | /> ェ _ ハ  ハ
      ノ  / .f::ヘ:::::::::::ハ |〃|| |。!| ミ=| ./:::::::::::/:::::l ハ  ハ
    / // {':::::ヘ::::i:::::::} {::ヘ|| | .|!| /:::| {:::::::::::/::::::::| } !   \

291 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:24:22 ID:uDI8RjwE0

                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=    「すいません、本名です。」
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒    「あっ、すいません本名でしたか。」>秋月
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ     「いえ大丈夫です。慣れてますので。」
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=



        ___ /:.:.:.:./   -──- ヽ:.:.:.ヾ:.:\__
       {__才:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\ V:.:.:.:《__}
    /   .イ :.:.: |:.:、/:ハ:.:.:.:.:. ト、:.:.:.:. !:.:.:.:.!.  \
    ヽ  {_|:.:.:.:.:l:.:/X__ヽ:.:.:.:.l __.メ:.:.|:.:.:.:.|ヽ ./、    「ところで、ネタ出しってことはもしかして次回はここを舞台にするんですか?」
     ./ \_ ィ:.:.:.: |/==ミ  \:| ィ==ミ:.:.:.:.|ィ´ ヽ\
    // /:.|:.:.:.:.:{{ ん心    ん心 }}:.:.:.!:.:\  ∨   「決めてないですが、似たようなシチュエーションにしようかなーとは。」>刀羅
    \_..イ:.: !:.:.:.: l V::zシ     V::zシ|:.:.:.:.|:.:.:.:.ト _/
     /x==|:.:.:.:.:| """   ′  """ |:.:.:.:.|:.:.Ⅳ、      「じゃ、じゃあ私をモデルにしたキャラとか出るかもしれないってことですか?」
      / .从:.:.:.: ト .   、   .ノ   |:.:.:.:从リj ` 、
      }    \:ハ: 〕ト.        .イノ:./}      〕iト.     「流石に人物像がわからない出会ったすぐの人を出すのはちょっと・・・」>刀羅
     .      V: : ヘ≧ー‐ 7: :.:./i/:/
       ∨     |i: : :.ト--- .イ : :/i/:/ ト.
      |      !: : :{   ./: :/i/:/  ′ 〕ト --==
      |   、  !:ト、:ハ.  /: イ: /  /  /     /
       .ハ   \ }\ト: ∨//i/:イ   ノ ./     /

292 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:24:53 ID:uDI8RjwE0

             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:':.:/-───- 、\
             ,:':.厂 /〉:.:.:./:./:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
            ./:.:.:l/.イ:.:.:.: ':.:/:.:.:/ :!:!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ハ
           /:.:.:く 〈 l:.:.:. |:./:.:.X  |:l 、:.:.:.|:.:.:!:.:|:.:.:.:.:.:.
         ':.:.:.:/ //7!:.:.:.:l:ハ/ \!:! ∨∧:.:|:._!:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.〈 // 从|:.:.:.:|芹f心、ミヽ. }ノ X:´オ:.:.:.:/:l
         |:i:.:.:.:.|:.i !`Y:.:.:.|゙ ヒzソ    レ'≦:.ル':.:/l:リ   「じゃあ、どんな感じか分かればいいんですね?」
         |:l:.:.:.:.|:.l__ト .|:.:.:.:|          ヒzソ /:.イl_|′
         |:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:. |:.:.:.:|     、   ′  /:.:.:.!j:.!    「ええまあ一応。」>刀羅
         |:l:.:.:从:.:.:.:.: !:.:.:.:!、     ー   イ:.:.:.:.l:. |
         |ハ:.:.:.:∧:.:.从:.:.:.| 〕ト 。    イ:.:.:|:.:.:.: |:.リ    「じゃあ、私たちこれからこの屋敷を調査するんですけど
           \( ヾ:.:.∧:.:|    Τ:.:.:.:.:!:.:/l:.:.:.://                          ご一緒してくれませんか?」
             ヽ .イ: : V\   ゝ:\:.:.' |:.:./ ′
         r‐<: : : : : : : :ヽ / ̄ ̄ヽ: 〕トノ:イ、      「な、何故に?」>刀羅
         厶: ヾiト.: : : : : : :゚,-──‐ヘ: : : : i∧
        ./  \: ヾiト. : : : : :∨ ̄ ̄ ̄ }: : : :i:i:ハ     「私を出して欲しいからです。」
       /     ヽ ヾiト. : : : : ヽ      |: : : :i:i: :i
       .′      \ヾト、: : : : : :\   i|: : : :i:i: :|



         ト、     _..x≦////////////////////////ヽ
         |/////////////////////////////////////′
         ∨///////////////////////////////////      「うーん・・・わ、分かりました。
           \//////////////////////////////// l         私もひとりでは心細かったので・・・はい。」
            ヽ/////////////////////∧/////゙,//|
.              l ////////////////////,′∨/l/. '/ |       「危険かもしれませんがいいんですか?」>清夜
.              | //////////////////// 斗七7 ̄ '/|
                l..///////////////////′  ∨_____ ',|       「構いませんよ。一応逃げ足位は自信ありますし。」
              ',ソ///////////////// ゙,γ"゙`ヽ  `l|
             ハ'.///////////////,′彳l (__) l   /ll       「それじゃあ、早速行きましょうか。」>紗月
              /,/V'//////////////   乂_乂 〃lハ
              / /∨// / / ////      =≠彡゙ lハ
          / ´  /ヽ'////// /         ̄   //∧
               ///∨///,′  `           ///// 、
                /////V//lヽ     _  -‐ ァ   ィ゙//////\
                ///イ// V/|//> `‘ー‐  ´   ´ 〉///-、////>._____
           // !'///,V|//////> --  ´    .///´  7^フ´    ヽ///∧

293 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:25:27 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それでは、いざ動こうとした三人の後ろから野太い声が聞こえます。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    あっこれ誰かわかりましたわ。>大河
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       ええ、私もです。>もこっち
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``    「おいっ!そこに居る奴等ちょっと聞きたいことがあるんだが?」
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l          それじゃあ、ハルヒさんはもう一度アイデア+10で。>できる夫
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´            はいはい。>ハルヒ
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -` ′
        '/ ./二二ニニ\          、   /
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、
二二ニニニニニニニニ\    l  /    ヽ;;;;;;;;ヽニニニヽ\
ニニニニニニニニニニニニヽ   l l      };;;;;;;;/二二ニニl二ヽ
二二ニニニニニニニニニニ/ ` ー 、_      / !;;/二ニニニニlニニ\

294 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:25:54 ID:uDI8RjwE0

                  ,: ´/// ∨////// ∨x<//////////> 、
                  />-- 、 ////////∨///////////////// \
             ,:'Y´  , -- 7///////∨////////// /////////:ヽ
               / ∧  , ≠`Y //////7////7/////////////////ヘ    [紗月・スミルノフの【アイデア】(85+10)=30 成功]
           / /ヽ-:/ i   |///////|! /_,zx===ミ、,く ヽ///}/∨////ヘ
             // // {    .|///////|ⅥV! ,.:´:㍉ヾx/ / //∧////!∧    それでは貴方はこの人が誰なのかがわかります。>できる夫
           / //// 7, 丁////////! ':{.   i:/{:::.,i} / ./// ̄}//j/} ハ
           ,:'  ,イ///7  j′_!/////∧ ハ    戈z::ソ   厶イxニヾ/://}`ヽ',    「もっもしかして格闘家の上湾二塔さんですか!?」
        /  / }////!  .{  r',////// \∧   ヽ--         7::ハ }:/ /7 ノハ
         〈   {/|////|   |:、 廴///////∧ヾ、            、::ソ.イ7//x:' \}    「また、知ってる人ですか・・・」>清夜
        ` y'/i|////|   |/ >、 V/ ∧// ハ              /ー !/イi} )ヽ ヽ
         .|//|////|   |////∧//∧/// ',      ,. - ニ y   |///!〈/}/ ヘ ∧   「だ、誰なんでしょう?」>刀羅
         .|/7|////ゝ--V////∧//∧///i     /: :ヽ:::::/   从/ ト、\//!ヘ ',
         .|/{ !///i|V///∨///i∧// iV//|     {: : : : У  //// |i∧ Ⅵ ハ }
         .|>'´` ミ-- _ { V////|∨/| ∨ !        ー'  ィ/}///|/ |//ヘ ヽ  '′
        〃      \: : : :∨// | Vi|  V!        イi// j// ///!/ .}',  }
       /           ヽ: : :.V//j  .iリ   リ. / ̄ ≧:チ,'/// i///|///   !/テ´
        ,′          ', ヘ: : :∨/:\     ,'、i/∨/7 i // //i/ .|/∧  7i/
       ,'          ', ∧: : }': : :ハ   {: :\.}/i{  | / ///  .!/  /イ



       ー=≧´///イ//i//i//∧/ヽ//////\
       /////// i//,i//i///∧、/ヽ///ヽ/∧
       イ///////∧/,i//i∧//∧\i::\∧',`ヾ    「確かにその通りだ。
     ´   i//i/ i///≧、 i//!/i≦/∧-=…}\}ヽ         何だ、そこの女性は俺のファンか何かか?」
       i/   i//!゙ー゚ i/'i/'ー゚‐ヽi {'  ii',::::::::::}
           i/i|i   ノ       -彡,∧:::::::!     「ええ、デビュー当時からのファンでしたっ!」>紗月
             、  `       "∨  ヽ::/
                 \    _,    /  ',`ヽ '      「おお、それは嬉しいなあ。」
                 γ\ ̄  イ  ,   ヽ∧ 、
            イ{ /',  ̄    /  イ// 〉/`ヽ
          , <//∧   i、.   / /i´////,//////\
       ノ///>' ∨'   !   / / |!//>´/\//////`ヽ、
   .<//> ´/////i┐ヽ i ゝ-┌i-‐´//////\///////`ヽ
 γ///>´////////,ioi‐------‐i }!///////////\///////,\
 ,//>´///////////i/!:::::::::::::::::::::i/!/////////////\///////∧

295 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:26:25 ID:uDI8RjwE0

                     _,. : ⌒ヽ、
             ,. . :―- :/: ,: :‐-: : ヽ
           ,. :´: ,. : :⌒/ ̄ヽ-: 、: : ヽ、
          , ': : :/: : :, ': : : : : : : :',: : :ヽ: : :.
           /: : , ': : : :./: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ::.
           ;': : /: : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :,: : .    「それで、その格闘家さんがこんな所に何しにいらしたんですか?」
          ,': :./: : : : /: : :,: : : : : : : :i: }: : : : : : ,: :.
        i:./: |: : : |:/:,j/ト、_|: : :/,斗__}:ハ: : : :!: ,:.!
       j!:j!: :{: : : i'{/     }:/イ   /' |: : : |: ,:.|    「ああ、ちょっと幽霊屋敷に探索でもと思って。」>二塔
         j!:{: |: Ⅵ:ムi 、_,. '´   、__,. /:イ: /!: }:|
       ,: :|: {: : Ⅵ!ム、 ̄   ,    ̄´イ:/:./}:!: |:{      「それじゃあ、私たちと同じですね。」>刀羅
        /: :.{: |:,: : マゝゝ、    ,..,    イムイ:j!| リ: .
     ,: : : : リ:、: : : :',:|: : i> __,.... イ: :|: : : j!/イ: : :.      「ええ、そうね。」>紗月
      /: : : /: : : マ: : :ム: /\   '/}:!: :j!: : :j!: : : : : : .
    ,: : : : /: : : : _マ: :.:.:Y   `7ハ´ !: /: : :.j!: : : : : : : :.    
    /: : : : {: : :/::::ヽ: : :|\,イ7介、\:{: : : :j!ヽ、: : : : : : }
.   {: : : : : |: /:::l::::::: i: : :|:::{|:}//l Ⅵ j!|: : : リ::::::ム: :.,: : :/
   ヽ : : : |/::::::|::::::::} : リ:::∨/ j! ||∨:|: : :/:::::::::::}:/:/



      ー-==ー--zz/////////////////\l//}///
    _,.,.,-― 777///////////////////////////_ ̄==-、
 -=ニ二_/////////////////////////////////////7ー,、
        ,.////////////////////////////////- 、////,\
    ,. '"_,.//////////////////////////////////}/////.、\
  , '"'"´///////////////////////////////////,!'////∧ヽヽ    「おいおい、もしかしてアンタ等もか?」
     /////////////////////////////////////,l////∧,l ヾ、
.  /,..'/'////////,.'―-////////////////,/////'!///,!/,!リ      「ええ、残念ながら。」>清夜
. ,./''" ,.'////////'/   ////////////// ,'"//////,l/l//,l//!
'   //,'///,//,'/   ////////////// /' //',////,l/!'//l//l       「この街の人間なら此処には近付かないはずなんだが・・・」
 _//_,..//!/7'/ー-, /////////_'///_'__/"_//////l/l///l.l/l
´  '゙   /"  l'/////,l '/`'/// // ,゙// '. ̄て;゙/ ///'/j,!/l///| V        「ま、まあ好奇心といったところです。」>刀羅
           l/////,l," l'// l/ l'/    ̄ ,'゙ /'/;∧ l/ }///
        ,l//////ヽ l//  '   ゙          l/:::::::::. 、 リl'/          「俺もそんなもんだよ。」
.        /l/////// l/ー              ' :::::: /  l/
      _/=l// ," '゙   i  ヽ          ___
    ,. '"ニニl       !    、       {.__/ /               [近衛和也の【忍び歩き】(50)=99 ファンブル]
-‐=ニニニニニl         !      、       ー  'ー ._
ニニニニニニニl        l         > ._    /二二二ニニニ=ー-、__      ナンテコッタイ。>宗介
ニニニニニ二二l      l      / ヽ  ̄ ヽ二二ニニニニニニニ\

296 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:26:53 ID:uDI8RjwE0

         ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\          ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。          ちょっ!何ファンブってるんですか!?
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧          知らん、なったものはしょうがない。>宗介
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。



            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l    おいおい、いきなりロールさせたかと思ったらファンブルとかやばいな。
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′    ダイスの女神は俺には冷たいな。>宗介
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/       それじゃあ、ここはどうなるんですか・・・>智子
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/             どうしましょう。>できる夫
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ             おい、GM。
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1

297 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:27:24 ID:uDI8RjwE0

         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\    仕方ありません。ここでのファンブルは想定してませんでしたし普通に失敗でいきましょう
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   おお、助かった。>宗介
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \     どうしてこうなった。
 /\ ヽ          ヽ



:::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\    それでは、目的地の近くに到着した和也はそのあたりに数人の人がいることを確認
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\     「くそっ!既に何者かが居るとは・・・」
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \    そこで忍び歩きを試みることにしますが落ちていた木の枝を踏んでしまい
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \                         /7Г|ロロ冂
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶    「しまった!!」     / / | | [二 二]
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\                    /_/ |_| [二 二]
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \                    凵 ロロ┐
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\                         /_/
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

298 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:27:55 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \   それでは他の方々はこの音が聞こえたかどうか【聞き耳】+15でお願いします。
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |   了解。>四人
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25+15)=13 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【聞き耳】(25+15)=56 失敗]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉     よっし、調子いいわね。
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l           何故成功しないんだ・・・
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |       続いて、もう二人お願いします。>できる夫
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´

299 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:28:24 ID:uDI8RjwE0

       >    |                .ゞ/::::::::::::::::/i::::/ ヽ:::::::::::ヽ     [雲紅刀羅の【聞き耳】(57+15)=41 成功]
.     /,.      l    l\   |\ \  /::::::::::::::::::::/ |:/、_ ∨:::::::::\    [上湾二塔の【聞き耳】(35+15)=69 失敗]
    ///  ,   厶 _ |_\__L.-\|\l:::::::::::::::::::/ / 〈●〉 l::}-、:::::::\
      l  /| /,ニ、ヽ|ヽ| ,ニ、ヽf⌒l | ..l/i:::::::::::::/    ,""" l::i ,!::::::::::::\     やっぱり取ってるからには成功しないと。
      |/|/ |/|   j       `ク .―   |::::::::/ r´`´ヽ  l:::}´::::::::::::::::::::\
           |  ヽ  ,、     rヘ/  \|.|::/、   ヽ、_,ノ  j::::ト、:::::::::::::::::::::::::ヽ   うーん、成功しないな。
             \ lニ二ソ  /  r- ,_ /.」::::ヽ , ____,. イll:::::lヽ=_____:::::::::::::
            /\     /    l、  ~'''TTト、::ハ,ヽ  l===l l::::l    //- .,::::::
        _,. ‐∧/ l ̄ ̄   /   ヽ、  .l l l ',::::', \ヽ l ̄l l::::l   //



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    それでは、紗月さんと刀羅さんは近くで木が折れるような音を聞き取ります。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/    OK。>ハルヒ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     分かりました。>智子
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

300 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:28:53 ID:uDI8RjwE0

/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......____
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::∧ :::::::::|\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::| \ ::::「  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    「ん?今の音は?」
::::::::::::::::::::::|  ≦::::|二   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::| 〃__ノ } ̄ ヽ__ l::::|\:::::::::::::::::::::::::厂      「あっ先生にも聞こえました?」>紗月
::::::::::::::::::::::| {{、__,ノ   }! :::::|  ム :::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::| \       |:::l ィ)|::::::::::::::::::::|       「あ、はい何かがいますね。」
::::::::::::::::::::::|   ミ=ー一   |:::  {J|::::::::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::'.            |/ ヽ彡:::::::::::::::::′      「またですか。」>紗月
::::::::::::::::::::::::'.            /´|::::::::::::::::;′
::::::::::::::::::::::::::'.            |:::::::::::: /
:::::::::::::::::::::ト :::\ー…─ -   /| :::::::: /
::::::::::/|:::::::|__>=ァ──y-、_,, ´  | ::::/
:::::: / ]::::::厂   //  \.  ノ/
::: /  | ::/    / ,′    、
::/  ;::/   //  {      ∨



             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:':.:/-───- 、\
             ,:':.厂 /〉:.:.:./:./:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
            ./:.:.:l/.イ:.:.:.: ':.:/:.:.:/ :!:!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ハ
           /:.:.:く 〈 l:.:.:. |:./:.:.X  |:l 、:.:.:.|:.:.:!:.:|:.:.:.:.:.:.
         ':.:.:.:/ //7!:.:.:.:l:ハ/ \!:! ∨∧:.:|:._!:.:.:.:.:.:i   「ちょっと、そこに居る人バレてるから姿見せなさいよっ!」
         i:.:.:.〈 // 从|:.:.:.:|芹f心、ミヽ. }ノ X:´オ:.:.:.:/:l
         |:i:.:.:.:.|:.i !`Y:.:.:.|゙ ヒzソ    レ'≦:.ル':.:/l:リ    「えっ?誰かいるんですか?」>清夜
         |:l:.:.:.:.|:.l__ト .|:.:.:.:|          ヒzソ /:.イl_|′
         |:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:. |:.:.:.:|     、   ′  /:.:.:.!j:.!     「おいおい、これ以上増えるのかよ。」>二塔
         |:l:.:.:从:.:.:.:.: !:.:.:.:!、     ー   イ:.:.:.:.l:. |
         |ハ:.:.:.:∧:.:.从:.:.:.| 〕ト 。    イ:.:.:|:.:.:.: |:.リ      それじゃあ、姿を見せるよ。>宗介
           \( ヾ:.:.∧:.:|    Τ:.:.:.:.:!:.:/l:.:.:.://
             ヽ .イ: : V\   ゝ:\:.:.' |:.:./ ′      分かりました。>できる夫
         r‐<: : : : : : : :ヽ / ̄ ̄ヽ: 〕トノ:イ、
         厶: ヾiト.: : : : : : :゚,-──‐ヘ: : : : i∧

301 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:29:27 ID:uDI8RjwE0

                 , ,,__ィイ,,,,__
                /!i::::::;;;:::::::::::::"'''-、
   ___          -=ゞ::::::;;;:::::;;;::::::::::::::::::、、    こんな感じで登場しよう。>宗介
  .,';;;;ノヽ、.       __ノ;;;:::::;;;;::::/ ,;;ト、、ッ、;;::::i
  `‐'__ノ \ャ、      ,':::〃_リ,iノイエ   ; ;:::::;`     「動くなっ!このカルト団体どもめっ!」
   !_ 、__仆) ト、.     レ!i リタノ     ;入;;;!
   .ト、.  ̄  i .\.    ' ' 、.` __  メィー=ト       と銃を構えて出ていくとしようか。>宗介
    `''ヽ、  _!、__.\    丶、 iア''"""~~~寸、
        `ー'  / ̄ヽ寸      Z´       .寸    ど、どっから持ち出したんですかっ!>できる夫
        `i ̄    `--¬''"`         川ト、
         \                  从;;;;i    何を言ってる、持ち物欄に書いてあるだろ。
          ∨           _,..、-ーー';;;;;;;;;;i           【12ゲージセミオート・ショットガン】ってな。>宗介
           "'- 、       , -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
           ヽ、  "'- 、__, -'";;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    あっホントですね。>できる夫
            ヾ: :: :: :: :: ::i;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
             ヾ、: :: :: :: | ̄!i:::{ ̄};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
               `゙''ー-|::;;/i:::{:::::};;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                    {;;/::!:::{;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、
                    {:::::::i::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



             .  ´. ::  ̄:: :`   .
            /. :: :: :: : :: : :: :: :: : :: :: :`  .
          . '. ::: :: :: / -───‐-\:: : ::\
       /. :: :: :: ::/ .─────-  ヽ:::: :::ヽ
       . :: :: :: ::::/.:: ::::/  .!::::: :: :: :: ::. :: :: ::.:: :: :.
        !.:: :: :: :: {:!:: ::/\ l::!:lト :: ::: ::: ::: ::!: :: :: ::}    「ちょ、ちょっとあれ本物っ?」
.       l:::: ::: /从:::/≧xY从ル \::: : :: ::!::::: :::::!
.       |: :: ::{__/.i人!ルr'云       ィテk.Y:ノ:::i::::リ    では本物かどうかの【知識】どうぞ。>できる夫
.       |: :::::.//7l::::::| j匕ソ     j匕リ }:!:: ル'
        !:!::l///(.l::::::| """        """ iルイ」      まぁ、PLとしてはしってるんだけどな。>真人
      从.[/イ : :!:::: |        '   u リ.: |/
.       |:: 人/:::人::::ト.   r‐ュ    . イ:::::::|       そういうのは言いっこなしです。>できる夫
      /  Ⅵ |:::| .>.r -- <⌒Y! :: イ
      / ヽ: : ∨}:l::リ、   !  \: : i   Ⅵ/
    / ⌒ \ 、.: :レ' ∧_メイ⌒: : l  } ′
    !      ∨ヽ: : : : :|ー─ .l゚|: :\! ノ

302 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:29:55 ID:uDI8RjwE0

            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【知識】(70)=62 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【知識】(99)=79 成功]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉     まぁ、当たり前よね。
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l          私に至ってはほぼ自動成功ですし。
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´



       >    |                ゞ/::::::::::::::::/i::::/ ヽ:::::::::::ヽ     [雲紅刀羅の【知識】(80)=64 成功]
.     /,.      l    l\   |\ \  /::::::::::::::::::::/ |:/、_ ∨:::::::::\    [上湾二塔の【知識】(60)=56 成功]
    ///  ,   厶 _ |_\__L.-\|\l:::::::::::::::::::/ / 〈●〉 l::}-、:::::::\
      l  /| /,ニ、ヽ|ヽ| ,ニ、ヽf⌒l | ..l/i:::::::::::::/    ,""" l::i ,!::::::::::::\      よし、成功です。
      |/|/ |/|   j       `ク .―   |::::::::/ r´`´ヽ  l:::}´::::::::::::::::::::\
           |  ヽ  ,、     rヘ/  \|.|::/、   ヽ、_,ノ  j::::ト、:::::::::::::::::::::::::ヽ    あっ俺も成功だ。
             \ lニ二ソ  /  r- ,_ /.」::::ヽ , ____,. イll:::::lヽ=_____:::::::::::::
            /\     /    l、  ~'''TTト、::ハ,ヽ  l===l l::::l    //- .,::::::    それでは一同はその銃が本物である事がわかります。>できる夫
        _,. ‐∧/ l ̄ ̄   /   ヽ、  .l l l ',::::', \ヽ l ̄l l::::l   //

303 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:30:21 ID:uDI8RjwE0

                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=    「えっちょっあれ本物じゃないですか。」
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒    「ですよね・・・」>清夜
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三    「私もそう思いました。」>紗月
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=



      ー-==ー--zz/////////////////\l//}///
    _,.,.,-― 777///////////////////////////_ ̄==-、
 -=ニ二_/////////////////////////////////////7ー,、
        ,.////////////////////////////////- 、////,\
    ,. '"_,.//////////////////////////////////}/////.、\
  , '"'"´///////////////////////////////////,!'////∧ヽヽ
     /////////////////////////////////////,l////∧,l ヾ、
.  /,..'/'////////,.'―-////////////////,/////'!///,!/,!リ
. ,./''" ,.'////////'/   ////////////// ,'"//////,l/l//,l//!
'   //,'///,//,'/   ////////////// /' //',////,l/!'//l//l    「おい、お前そんなもの持ち出してどうする気だ。」
 _//_,..//!/7'/ー-, /////////_'///_'__/"_//////l/l///l.l/l
´  '゙   /"  l'/////,l '/`'/// // ,゙// '. ̄て;゙/ ///'/j,!/l///| V     「貴様らこそこの屋敷で何をするつもりだ答えろっ!」>二塔
           l/////,l," l'// l/ l'/    ̄ ,'゙ /'/;∧ l/ }///
        ,l//////ヽ l//  '   ゙          l/:::::::::. 、 リl'/       「いや、別に自分の屋敷d何しようが勝手じゃないですか?」>紗月
.        /l/////// l/ー              ' :::::: /  l/
      _/=l// ," '゙   i  ヽ          ___
    ,. '"ニニl       !    、       {.__/ /
-‐=ニニニニニl         !      、       ー  'ー ._
ニニニニニニニl        l         > ._    /二二二ニニニ=ー-、__
ニニニニニ二二l      l      / ヽ  ̄ ヽ二二ニニニニニニニ\

304 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:30:52 ID:uDI8RjwE0

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N     「自分の・・・だと?」
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l      「ええ、ここは私の父が買ったものですが?」>紗月
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \     「えっ?じゃあカルト宗教団体ではないのか?」
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \    「当たり前です。」>紗月
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |



::::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\     「そ、それはすまなかった!
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \           俺はてっきりこの家の住民に怪我を負わせたカルト集団か何かかと。」
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶      「そ、そんな噂になってるんですか?」>紗月
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \     「ああ、街ではなっている。」
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

305 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:31:25 ID:uDI8RjwE0

             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |    「えっ、じゃあ貴方は私らをその団体だと思っていたんですか?」
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|     「誰も寄り付かないこの屋敷に数人の人が居たからな。」>和也
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \     「アチャー・・・」
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |



      ///////////////|:V///////////////|::::::::::::\//
.     //;イ////////////,|::::V//////////////|::::::::::::::::::ヽ
     '// |///;イ///////斗ャヤ灯////////////L::::__::::::::::::    「それで、アンタはここへ何をしに?」
      '/ :|/// |////////,|ィi:}⌒7//|/////////|// ⌒ヽ::
    /   |// |//∧////,l リ_  }/ :|/////////|/ /⌒  }    「この家で起こったことを突き止めに。」>和也
.        |/  :|//  V人/|      }∧//∧///| く /  ,′
.        {   |/  /   `          V/ ∨/,|   )   //     「だったら俺たちと同じだな。」
          {  ヽ             }′  V/!  ___///
               \                V| ,′{////,      「えっ!?」>和也
                  └-、__           } /   V}∧/
                  〈  `         /     / }/
                 }            / /

306 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:31:59 ID:uDI8RjwE0

                     _,. : ⌒ヽ、
             ,. . :―- :/: ,: :‐-: : ヽ
           ,. :´: ,. : :⌒/ ̄ヽ-: 、: : ヽ、
          , ': : :/: : :, ': : : : : : : :',: : :ヽ: : :.
           /: : , ': : : :./: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ::.
           ;': : /: : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :,: : .
          ,': :./: : : : /: : :,: : : : : : : :i: }: : : : : : ,: :.    「ええ、何を間違ったか合計五人もいるわ。」
        j!: /: : : : /:/_イ:/ハ: : : : :/: ハ: : : : : : ,: {
        i:./: |: : : |:/:,j/ト、_|: : :/,斗__}:ハ: : : :!: ,:.!    「確かにそうだな。」>和也
       j!:j!: :{: : : i'{/     }:/イ   /' |: : : |: ,:.|
         j!:{: |: Ⅵ:ムi 、_,. '´   、__,. /:イ: /!: }:|     「どうして今日に限って・・・」>刀羅
       ,: :|: {: : Ⅵ!ム、 ̄   ,    ̄´イ:/:./}:!: |:{
        /: :.{: |:,: : マゝゝ、    ,..,    イムイ:j!| リ: .     「何かの導きかもね。」
     ,: : : : リ:、: : : :',:|: : i> __,.... イ: :|: : : j!/イ: : :.
      /: : : /: : : マ: : :ム: /\   '/}:!: :j!: : :j!: : : : : : .
    ,: : : : /: : : : _マ: :.:.:Y   `7ハ´ !: /: : :.j!: : : : : : : :.
    /: : : : {: : :/::::ヽ: : :|\,イ7介、\:{: : : :j!ヽ、: : : : : : }
.   {: : : : : |: /:::l::::::: i: : :|:::{|:}//l Ⅵ j!|: : : リ::::::ム: :.,: : :/
   ヽ : : : |/::::::|::::::::} : リ:::∨/ j! ||∨:|: : :/:::::::::::}:/:/



               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l    「良いじゃないですか、何かのゲームみたいで。」
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|     「あなたねえ・・・」>清夜
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│     「まぁまぁ、じゃあ取り敢えず私の知らないこの屋敷に纏わる
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ                              話を聞かせてくださいよ。」
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ

307 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/11/09(金) 22:32:27 ID:uDI8RjwE0

                     〃
                  //  ´  ̄ ̄ `ヽ
                 ノ/⌒ヽ ‐‐ 、  `ヽ \
                . ´ 〃      \\   ヽ ヽ
             /  /〃   ヽヽ \\     '.
              /   /i l l    }.:} .:i 川 :i  ::i.  i
                /    i l ト、   イ仁士士:} }:}   l     それでは今回はここで終わりです。
            | | | | { TTメ、   :i イc.うVノ ノハ: :i l
            | | | ト、ト、 V心 ヽ ゝ弋ッソイイ ノ: : : l     如何でしたでしょうか?
            | |∧ ヽ\ 弋ソ ,     ノイイ.:./´ ) |ヽ    感想等をお書きいただけると嬉しい限りです。
            |∧小、 \ゝ     _,   イ./:/ /:.:.|: :i
                \ ヽ>  ´   イ  V /‐、 :|: :|       因みに次週の投下ですが
             _ ∠_|  .: i .: `二´ /   ノ (  _ノ:|: :|       もしかすると本編のメンバーと再びセッションをするので遅れるかもしれません
           ´     / .:ノ∠`Y/ / /( ̄`ヽ   ̄\       どうかご理解願います。
       /´       /´:`Y´: ∠__/ / / (`ヽ  \__   \
        l  ⌒ヽ   イ: : :ノノハ: : : : / / / (`ヽ`二/ / \  '.
        |   / / /レ'´ / /: : : / / / / ヽ _ノ /     }     本日もこのようなスレに付き合って頂き有難うございました。
        |  / / //  , ´ i: : : / , /     マ_ノ Coo  ノ      それではまた次回お会いしましょう。
        |/  / / / /i   L:_:/ , /    /: : : > ー一 '
        /   / / .′ ;。i  /  /  ′  〃: : : : ://: /
      {   { i N  ; i  ′ /   ′ //: : : : :イ/: /
      ヽ  ノノノノ   i  | {∧  レイ /: : : : : i |: :/

309 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 22:39:05 ID:R6HERQkU0
乙でした!

しかし、しょっぱなからショットガン持ち出すとはw 
探索者同士の出会いじゃなければ、マーシャルキック×2で蹴り殺されても文句言えないわw
関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 更新リスト (06/25)
  • 国際的な小咄 9099 それは本当に草草&草生えるからやめてくれ (08/14)
  • 国際的な小咄 9098 どうしてこうなった…… (08/14)
  • 国際的な小咄 9097 ええ…… (08/14)
  • 国際的な小咄 9096 送りバントさんへおすすめの梨ジュース (08/14)
  • 国際的な小咄 9095 ウォッカに合わせてみるとマジ旨いとのこと (08/14)
  • 国際的な小咄 9094 出川は伸びる(確信) (08/14)
  • 異能対戦・ソウルギア その11 (08/14)
  • 異能対戦・ソウルギア その10 (08/14)
  • ギャンブる冬優子 第5ゲーム 学級裁判ゲーム (08/14)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 11 (08/14)
  • このクソッタレな世界に復讐を! Past Edition 8 Give me Wings 3 (08/14)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第11話 牧田千愛 (08/13)
  • 国際的な小咄 9093 論文評価のむつかしさ (08/13)
  • 国際的な小咄 9092 記憶と日記の記述のみだろまるであてにならねぇな (08/13)
  • 国際的な小咄 9091 信用を投げ捨ててやばくね? (08/13)
  • 国際的な小咄 9090 ノリがロシアになってきたぞ??? (08/13)
  • 国際的な小咄 9089 おすすめ……できるかね (08/13)
  • 国際的な小咄 9088 全部わかろうと努力すると (08/13)
  • 異能対戦・ソウルギア その9 (08/13)
  • 異能対戦・ソウルギア その8 (08/13)
  • うろ覚えで甲子園を目指すパワポケ 第30話 (08/13)
  • ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 第41話 ライアーライアー (08/13)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第40話 (08/13)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第9話 荒廃した聖地の世界 (08/13)
  • 君ガ知覚ニ 第9話 (08/13)
  • 読者投稿:ダディクールが(´д`)Editの使い方を説明するようです(TextBox・AA合成編) (08/13)
  • 読者投稿:桜井の別れ(南北朝要素はありません) (08/13)
  • 読者投稿:映画紹介 『次元大介の墓標』 (08/13)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄 グンマ編:55 魂の戻るところ (08/13)
  • 読者投稿:初心者に勧めるガンダムネタ SDガンダム バトルアライアンス (08/13)
  • 読者投稿:マイルズ (08/13)
  • 目次 ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ (08/12)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 3 (08/12)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 2 (08/12)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 1 (08/12)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第8話 ヘブラ山の老人 (08/12)
  • ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~ 第3節 その3 (08/12)
  • ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~ 第3節 その2 (08/12)
  • ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~ 第3節 その1 (08/12)
  • 読者投稿:スマホを冷やそう 実験「お菓子の缶詰」編 (08/12)
  • 読者投稿:グラッパの勧め:イタリア産 グラッパディシャルドネ&最近あったお酒の話 (08/12)
  • 読者投稿:「テオ・ヤンセン展」及び「わけあって絶滅しました。展」 in 大阪 (08/12)
  • 読者投稿:新型コロナワクチン4回目レポ (08/12)
  • 読者投稿:空気を読む (08/12)
  • 読者投稿:私と労組・邂逅編(?) (08/12)
  • 異能対戦・ソウルギア その7 (08/12)
  • 異能対戦・ソウルギア その6 (08/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 戦後処理 (08/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その15 (08/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!