スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

聖杯戦線 OP

目次

1 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:27:55 ID:vMTKS/EP


▼スレ概要
・ここは型月の聖杯戦争を基にした二次創作スレです。
・あんこ、安価を使用します。
・このスレでは男爵さんの中聖杯スターターパックとシステムをお借りしています。
・設定・バランスがガバガバなのは仕様です。


3 : ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:31:43 ID:vMTKS/EP



                                   __,.... -─- ....,___
                             _, - ' "´ _,..._,ィ、         ゙ ':- .,_
                          _,.s:':´ェャク宀 `ゞ=-'ヾ`、ヽ r-、, .._     `ヽ.
                           ,ィ彳r,イ`゙´_ィ=-v'斥み、゚_  `勺 0 _ ,. :>   o \
                      /ネ升ア´ ,_ム:.:.:.:.:.:.:...:..:..:..:..ヽ    O  o ,     ヽ \
                       ,:',:.:.:.:.:. :..`.:.'.:.:.:.:.:..:..:..:..:. :.:. :. :. o ヾ, ,-、 .ヾ心. ,r:.、       ヽ
                     /.::.::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:. .: .:.ァ' . ゚ο{ /.:.:.:.:.:.....:::r 、:.:.ゝ..     ヘ
                    /.:.:.:.;.冫゚ヾ.: .:. :. .:.:..::. :.:. .⊂二 ヾヽ,  /.:.:.:.:..:.:.:.:.:.ヽ.           ヘ
                   ,f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.::.:.ヽ :.ヘ:. :l.:.j./.:./.:.ゝ  _,ノ.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.f.;,            t
                  f,:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.i:,:.:.`ヽヾ :.V:/."/-'"  ,._7.: : ヽ.:.:.:.:. :. :.:j_ ,.R_   r'`ヽ.  t
             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
             |
             |
             |                      王の話をしよう
             |
             |
             ヽ__________________________________? 乂_
                     t:r:、  ノ.:.:.:.:.f", (.:.。.:.:.:.:.:.:.:(_            r'";.:.:.:,'  `゙,ゝ.:.;'    j
                    ヘ.ゝ'  r'.:.:.:.:.:> .:.ヽ.:.:.゚.:.:.:.:.:.:,7              `゙'"゙v、j . r';,-'".   /
                   ヘ..: ゙ ヽ-v'" r',rvヽ:,:.:o'"゙''´/ /     _,. - "            /
                    ヽ          ヽ   ./ /   _,. - '"                /'
                   ヽ.  .     `ヽ.ヾ.v//_, - '"                 , '
                       `勺     >.ー-冫O< --─ ''' ''''"´             /
                          `勺.     /   \                    . '
                        `ヽ         ヽ             _*'"
                              `゙'-..._:                _,. -'"
                                `゙゙─---===---─ ''"




4 : ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:32:15 ID:vMTKS/EP



                                         _ノ⌒ゝ_
                                   ,  ・ ' ¨´  _皿_  `¨ ' ・ 、
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ   ,  ・ ' ¨´ : : : : : : : `¨ ' ・ 、 \
   |                             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \. ヾ;、_
   |    かの王は、何一つ持たずに        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V O} }
   |    この地に生まれ落ちた            {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } 〃
   |                                !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i :{ {
   ヽ_________________ 乂_ ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  ) )
                               Vハ. ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  //
                                VハΟ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /Ο//
                                Vハ  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i YY
                                 | :!  } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {  l |
                                 l :l /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.Ⅳ:Vハ
                             _    /:/ ./ | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :! V :Vハ、  _
                          fー、)_,z彳´/ .!: : : : : : : : : : : : : :f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         ├=≦三彡ヘヘΟ|: : : : : : : : : : : : : : |
                         Y⌒Yヘ´    YY :!: : : : : : : : : : : : : |    地位、財産、力。
                            ゝ=イ }    .| | }: : : : : : : : : : : : :  |    そして―― 自らの名前と記憶さえも
                            | i   __// :/ : : __,,,,,........,,,, |
                           / |  ,{>二¨三i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ__________________乂_
                             /  .レ'´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ!  ム
                          ,'   :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  ム
                         i'__:|─====≡二二三三 三三三二二≡====ー|____ム
                        <=--=〉彡三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:〈=--=>
                         }:Y⌒Y{彡三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:}Y⌒Y:{
                         ム ゝ= 'ム ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ムゝ=:' ム
                         | ̄ ̄ ̄:|三三二二≡====ー ─====≡二二三三| ̄ ̄ ̄:|
                         | (三) :|__                        __| (三) :|
                         |___:| ̄ ̄冖¬≡====ー ─====≡¬冖 ̄ ̄|___:|
                          〉=-〈                                 〉-=〈
                          >=-<                                  >.-=<
                          マ三ラ                               マ三ラ
                          |  :|                              |  :|
                          |_:|                              |_:|
                          (__)                                 (__)


5 : ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:33:24 ID:vMTKS/EP
                                  _,,. -‐. . . .、
                           /: : : : : : : : : :\
                          /ィ: : : : : : : : : : : : : ト 、
                               イ/: : ハ: : : : /∧: : : ミ_
                               /ィ: : l: l: lヽ: : : :,ヘ: : lヽ
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ : : : :l: : : : :{`' iヾ
 |   何も持たぬ彼の隣には、その魂の   ゙ヘ: : : :/:kト'_ /
 |   輝きに魅せられた従者が付き従った   l///////ム
 ヽ________________,.乂_ //l l/////≧z _
                             ////////ll////////////ハ
                       //l//////ll////////// ///l
                            ///l//////l///////// ////i
                      ////l///// ll//////// /////l
                     //////l/////ll///////:ハ/////il
                          //// /∧//// ll/////////l/////l
                    /////// l////;ll/////////l/////l
                         //////ノ  l//// ll/////////l/////l
                         l//////,  l/////;l/////////;l////∧
                         ∨////l  ///// ll//////////l/////ハ
                          V///∧//////ll///////////l/////l
                       ∨////l/////;ll///////// f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        ∨///l//////l/////////  |   麗しき皇帝、太陽の化身―――
                      ∨/ l///// ll////////// |   それに留まらず、多くの助力を
                            ∨/7==--====≡≡≡  |   得て彼は王への道をひた走る
                             < l//////∧////////ヽ_______________ 乂_
                        l/////////}///////// l 7-- 7
                        l/////////l///////// lrYl   |
                          l///////// l/////////l ゝ<///
                             l///////// l/////////l
                             l////////  l//////// l
                          l////////   l////////l


11 : ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:37:46 ID:vMTKS/EP



                         _,,. -‐:. . . _
                      _イ´: : : : : : : : : :≦
                    _ 彡: : {: : : : : : : : : : : \
                     /: : : :l: : : : : : : : : : : : ト
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
  戦った。戦った。戦った。
  幾度もの戦いの末、彼は遂に月の玉座に辿り着く
 ______________________乂_
                        丶- ≦   //// //// ≧ _
                         //ゝ lヘ/ イ//////////\
                         ////// Yo/////////;/////ム
                         {/////∧∨////////;//////li
                      ∨////∧∨//==彡/////// il
                          }// _///∧o//l;;;;//////// /l
                         { ゝヽ Y/// >//////////////l
                         (`   _∨-//≫イ//////// ///l
                         Y  /////////////////////
                          `=-ll//////////// ////////i
                           {/l/o o//_,,. -‐''"´/////////ム
                           7/////l i////////// f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                           l/////il ////////////|   戦いは終わらない。
                           l//// ////////li////|   月そのものを脅かすほどの災厄が王を襲い、
                          ム///イ///////// l///  |   しかし王は彼の元に集った力でそれに立ち向かう
                          l// ///≧- === / l/// ヽ_____________________  乂_
                          l/ /////////////////////////∧
                          </////////////y-=、//////////∧
                         //////////////   マ//////////∧
                       //////////////     ∨ /////////∧


14 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:38:50 ID:vMTKS/EP





                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                    |
                    |           幾多の戦いと、一時の安寧。
                    |     修羅の道を歩む王を、次に襲い来る災厄とは―――
                    |
                    ヽ_________________________乂_





15 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:39:25 ID:vMTKS/EP








                                 _,,.:: ": : : : : : : ..、
                                /: : : : : : : : : : : : : ヽ
                               /: : : : :l: :l: : : :l: : : : : : :.
                             /ィ: : : :/l: l: : ::∧: : : ::l: : :.
                              /: : ̄/ l:: :/:/ ̄'::: : : i: : ト
                              N: :/匁ソV:/i仞`ヾNヘl: ::l
                               l::;ハ   、      ノ: ::lヽ       こんだけサーヴァントが居るのに
                               l/从        /: :ハ::人       マスターが俺一人ってそろそろ
                                 \ ´` ,  イ 人            限界じゃないですかね……(震え声
                               _,,.ィ///7ゝ=彡/////≧z _
                              /////////o ////////////≧ 、
                             ////////_//////////// /////∧
                            //> '////>- =- 、//////////ム
                          ///7//////Y/////////.Y/////////イ
                         //////;//////;//////// //////////;/l
                       r 、//////;//////;//////////////////;//l
                     _ -'  `∨///;//////;////////////////;///l
                     ヽ   / /三三三三三三三三/////////////;l
                      i   l l/////////////////////>∧///////
                      ヽ _ l l//////////////_,,  -''"///∧//////l
                          ¨└=--=≦//// /     ノ//∧/////;l
                            l//////l////> 、  ノ;///∧/////l
                            l//////l///////7 _,//////∧////;l
                            l//////l///////l///////////////l
                            l/////;l////////l///////////////l
                           ///////l////////l///////////////l
                           l//////l////////7/////////////=-'
                           l//////l////////l/////////////
                           l/////;/////////l////////////
                          //////7/////////ト==三三== '
                         /三ニミ 7三ニ ミ/////
                        /三三ニ////////l=-'

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  ―――人手不足との戦いであった。

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


17 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:40:15 ID:vMTKS/EP


___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       さて、王のこの発言に驚いたのは彼のサーヴァントたち。
       アカン、王が病み掛けておられるぞ、と急遽新規マスター育成の草案を話し合う。
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         【英霊審議中……】
            ∧,,∧((n∧,,∧ ヾ
          ∧ (´・ω・) |(・ω・`)∧∧
         ( ´・ω) U) ヽ  o (・`   )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u
             `u-u'. `u-u'

            ∧,,∧   ∧,,∧ ヾ
          ∧ (´・ω・)c-(ω・`;)∧∧
         ( ´・ω) U) ミヽc-' (・`   )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u
             `u-u'. `u-u'

         【英霊乱闘中……】
             ∧,,∧ ∧,,∧
          ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧
         (・ω(∩  ) (    ⊃ω・ )
         |   (・ω⊂ (・ω(∪ と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      しかし英霊などというものはどいつもこいつも我の強い連中ばかり。
      大人しく議論が纏まろう筈もなく、すわこのまま戦争でも始まるか、と思われたとき。
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


18 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:41:27 ID:vMTKS/EP



         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ     皆何を言っておる! マスターを育てるのであれば、
      レi .{  ノ\iノ∨ヽ/ヽ|! .∨∧ ',     奏者と同じく聖杯戦争で育てれば良いではないか!
       Vヽ/! ●   ●  i∨i   ! .}ヽ
       / .!⊃ 、_,、_, ⊂⊃./ 'ソ /./  \
        | .人.  ゝ._)   /   /ノ __>´
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{ .(__8.__)  }〉
.        / /}.}X{.  {∧  \

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     論議を治めたのは、皇帝陛下の鶴の一声であった。
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


19 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:42:14 ID:vMTKS/EP


___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そもそも、現在一人しかいないマスターというのは現在の月世界ではそれだけで特権階級の一つだ。
それを誰か一人の英霊の元で育てようと思えば、英霊同士のパワーバランスという意味で
争いの元になる。(そもそも現在の月世界は英霊達の群雄割拠の時代である)
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【皇帝様による他英霊の説得風景】
                                        ∧
                                        ,:.:.:.',
                                     {:.:.:.:.',     ‐-、
                               , -‐    ',:.:.:.:{   ___,ノ
                                  (____   !:.:.:.|
                          r =-- ..,,        }:.:.:.|
                          { /´  ̄  \.      〈:.:.:.:.!
                           ! {              !:.:.:.:{
                        __ >ヾ  ̄ ̄ ̄ ` <   }:.:.:.:.',           ニ|二ll
                        {/            > 〈:.:.:.:.:/           \
            ニ|二ll      i 7 ,             `ヽ. ',:.:.:.{            や
               \..     ム /   、       /   ト ヽ}:.:.:.!           /
              や..   }_〉  {  ト!/ \ {ヽ  !メ.. / ヽ} { ノ:.:.:.',          /
             |     く{  !  三三≧ \! ≦三. i   ヽ.:.:.:.ヽ        ┼
       :⌒)    |.       i〉  ヾト.{ {{::::::::}}    {:::::} {   ヽ:.:.:.',        9
          :丶  ┼.     乂ヽ  ヽ ゞ= ソ __    ゞ;ノ , ,〉、  ト:.:.:.}
          ::) 9.         {_ム  \' ' '  {   ̄V   /イ.レヽ!:.:.:/          '⌒) (::
         )⌒'            r-} 7:.\  \ー-ゝ __ノ...イ:.:.:.:.:{ .{ } ヽ/          (    .:::
      (  ⌒)          ゝ} }:.:.:.:.:.ヽ!\!.  ヽ \:.:.:.r-、:.:.レト!            (::.
    (⌒   .::ヽ.          マ:.:.:.:.:.:.rヘ:.:.(  ̄ ` ̄ )'                 (::.   .::
  _  ::..    .::) l. ̄ l.       _ヽ:.:/ ノ:.:./:.:.}ニニニト.、    ,.ィァ          ´   .:.ノ
     L (   .::)┘__.    <}:.:.:.:.:.':.:.}ミ、:.:./:.:.:.ー ':.:ヾ/:.`:.ー':.:.:.:ヽフ.     __   (   . .:.:)
   ___(   .:.:)| lニニニl |...  く!:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:/ ` <:.:/ ヽ:.:.:.:.:┌─┐   |    |  (   . .:.:)
  | l二l二l│_:ノr| lニニニl l ̄ ̄ ̄j.゙:.:.:.:.:.:.:.:/  /    ヽ `''. 」 ロ_ ̄ ̄l | 日 | (⌒.  ::人r─
  | l二l二l│ェュュ:il| lニニ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :.:.イ.      ┌───冖| []├冖冖ー‐┐       ) ̄|
  | l二l二l│┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l┐ロロ |l/:::r'ー─┐ ┌l [] []  冂| []│[] [] [] []│ ̄l.   ::) |
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  (           大 怪 獣 ヨ メ ゴ ン           )
                \_________________/
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
であれば、誰か一人の英霊の元で育てるのではなく、聖杯戦争という実戦の場に放り込んで鍛える
というのは一定の公平さがあると言えた。
そもそも彼らの王からしてずぶの素人から聖杯戦争を通じて鍛え上げられたクチである。
手法としての実績も十分だ。
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


21 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:43:35 ID:vMTKS/EP


       メ゙、
       /;: :ヽ.
        //: : iハ               ,ゝー,.イ
.      //: ;、: i:ヘ. _,         /: /: : i
へ.   ,' ': :_i`ヽィ'´ノ        /: /: : : :,'、
:.:.:.:.\ /:ゞ´ `. ,ゞイー、__==.┐/_:; '人: : ; :/.:.:メ
:.:.:.:.:.:.:.゙/'´,  .:.、メ、.く':.:.:.:.:.:./:,: ゞ`´ ゝ/:/:.:./
:.ヾ、ヽ:.i:´,' ,.、==.、<、´,.:.:.:.:/:,ゝ' メヾ,ィ' ,ノ,: /.:.:`ヽ.
:.:.:.:.:.ヽi:ノ'.:   .::ヽー―‐'‐、ゞ_,、廴フゝ:./.:.:.:.:.:.:.i
冫:.:.:.:./.::     ::::;::::::::::::::::::.ヽ:::::`ヽメ´/:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:/.::: /    / i  、:::::::::::::ヽ::...∨,'.:.:.:.:.:.:.(
:.:.:.:./.::/  .::.: /i  il  、  i:. 、  ヽ.:.:.:.:.:.:./
:.:.:/.: '   .::::. / .i  i!  :  i::.  、   ヘ:.,./
:.,'.:    ,.イ ‐メ、、i: i!  ゛:. ト、. `ヽ:. 、ヽ.`ヽ
'.:: __,ィイノ,ィメミミ、`ド、   i  | ∨:.  ∨:.ヾ.∨:.゙ヽ.
メ-'i リ'-ィi行:i:::。!ヾゞ:.  .:ハ:-キ=廴 :::i:.  ト、_゙、::... ヽ、
 |ミi::::.. 八! i!: ー' :j`゙ 乂、.! ィ≠ミ、゙、 、 :i:. :!、:::::::::::::...、   マスター育成目的の聖杯戦争という事であれば……
 ヘi::::::... 、゙、≠='′  `ヽ!/:i::゚j:iゞハヽ. i、. ! ヽ、::::::::::   ご主人様の時のようなデスゲームにする必要はございませんね。
  ハ::::: 、:.ヾヽ.     ' ゞ、¨.ノ/、ヾ、!メ ヽ!   `ヽ:::   勝利条件をどうするか、参加者はどのようにして集めるか……
 ,'::::::  i`¨¨` (v ̄`ヽ  ``/i、:.ヽーゝ  (⌒⌒) `   まずはその辺りから、詰めてまいりましょうか♡
 !:::: i!  ゙ト、   ヽ._ .ノ   ノ::i!:::i¨¨´    \/
 ゝ、 i、 、゙iノ、ヽ.       . </:::リ :i       ____
  メ‐-、 ヾ、ミ.、 ` ァ_' ´  ./::; ' ,'     r┤i三三ミ
  ,'   ヽ:.i、ヾミ、 ゙iliト、 _i:: i .:ノ   、.  と| |三三三
. i   ヽ トゞ、 ヾミ彡イヾil!!: l ,'`ヽ、/ヽ._. ! !三三三
:゙、!    i`ヾミ、 ○)))彡'!: v 、//彡´/´| |三三三
: : !__ i / , `ミ三彡'  ヽ!ヽ辷彡' /.:.:.:.:| i三三三
二´__`ヽ、/     `ヽ.    `ヽ'.:.:.:.:.:.:.:|/\三三
三三三三ミ,'  ____ヽ.  ,ィ彡三三=、'.:.:.:.:.:.:ヽ三
、 ,      ! ,ノ三三三三ミミヽ彡='¨¨¨¨`゙゙i.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
-―――‐-メ'彡三三三三三ミ彡'   ,==‐.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈彡'´  ____  `ヽ、/.:.:.:.:.:.:,:':.、:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.\,ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;___ヽ-―`―‐‐/.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.
ー―、___:.:.:.:.:.ヘヽ'.:.:.,ィ´;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;i:.、:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして、皇帝の意見にもう一方の筆頭サーヴァントが同調した時点で、方向性は決定した。
こうして、鍛錬場としての聖杯戦争――競技聖杯が、ここに幕を開けたのだった。
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


22 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:44:33 ID:vMTKS/EP


Q.つまりどういうこと?

A.EXTRA世界線で中聖杯戦争するよ! 時系列的にはEXTELLA LINKの後あたりだよ!
  イッチは型月にわかなので設定面で矛盾があったら「そういう剪定事象なんだ」で流してくれると嬉しいよ!


Q.普通の聖杯戦争とどう違うの?

A.以下のような違いがあるよ!
1.基本的に人死にが出ないよ! 魂喰いも「競技スペースの今いるエリアを解体してリソースを回収する」ぐらいの
  意味合いになるから倫理的な縛りは特にないよ!
2.勝利条件が「最後まで生き残ること」じゃなくて、戦闘勝利や開催期間最終日までの生存で手に入るポイントを
  他参加者よりも多く集めることになっているよ! ポイント制については後述するよ!
  これは開催目的が「マスターの育成」だから、極度の穴熊戦術を防止するためのルール設定という事になってるよ!
3.1回の聖杯戦争で優勝しても、すぐに願いが叶う訳じゃないよ! でも、勝利を重ねて成長して、大きな規模の
  聖杯戦争で優勝すれば相応の願いを叶えることが出来るよ!


Q.競技聖杯って名前ダサくね?

A.もっとカッコいい名前を考えてくれてもいいのよ!


23 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/07/01(日) 14:45:44 ID:vMTKS/EP


▼勝利点ルール
・競技聖杯では最大7日間の日程の中で、戦闘を通じて勝利点を獲得して行き最終的に
 最も多くの勝利点を得た陣営がその聖杯戦争の勝者となります。

・勝利点が得られる行為は以下の通りです。
1.戦闘勝利する:対戦相手の陣営1つにつき+3点
2.戦闘敗北し、脱落しない:+1点
3.相手陣営を脱落させる:脱落陣営1つにつき+2点
4.聖杯戦争終了まで生き残る:+10点÷その時点で生き残っている陣営数

・同盟を組んで戦闘を行った場合、その戦闘で得られる勝利点を陣営数で割った点を得られます。
 端数は切り上げられます。
 例:2陣営で同盟を組んで1陣営相手に戦闘を行い、勝利して脱落させた場合、同盟している陣営それぞれに
 以下の点が追加されます。

 相手陣営数×3=3点
 脱落させた陣営数×2=2点
 合計2点÷2=2.5→切り上げて3点

関連記事
37002 :日常の名無しさん:2019/01/12(土) 02:52:36 ID:-[ ]
聖杯戦争ネタも色々で尽くしてきたと思ってたけどついにサーヴァントにマスターが召喚されるのか
色んな定義が壊れるなぁw
37062 :日常の名無しさん:2019/01/13(日) 07:26:49 ID:-[ ]
マスターがサーヴァントに召喚されるっていうのはどっかの幻想郷で聖杯戦争やったときはそうだったな。
サーヴァントが幻想郷の女の子で。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ