スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:ちょっと余裕ないから軽率に規制します。言葉遣いには気をつけましょう。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
1/8
和人は最後の日常を過ごすようです
1/7
異世界転生したいやる夫のお話
1/5
やる夫はリュー使いになるようです
1/1
妻が新型コロナウイルスで自宅隔離になりまして
やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
12/21
ポケットモンスター 安価・あんこ
12/20
鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
12/13
現代知識チートで無双する男のおはなし
12/12
2X歳、OLアーマードエージェント:コードネーム セイバー
12/11
ほぼ日刊英雄()をつくる
11/6
うわべだけ魔王様
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件
10/22
彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです
やる夫は聖杯を落としたそうです
10/18
流星のレイン
10/14
血まみれ勇者
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫はアーランドの冒険者になるようです 小ネタ「錬精術士ノアの異世界魔術講座♪」

目次

7112 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 13:56:40.06 ID:wtXgZLUK



――――――――――――――――――――――――z________________________
           __
―: ミ  . : "´: : : : : : : : : : : : :``: 、  . . .‐…. .、
: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : : }i
: : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : }i
: : :′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ''"´ノ : : : : : : : : }i
: :.′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,、イ: |: : : : : : : : :.}i
: :|\: : : : : : : : : : : : : : : : : : "´: : /{: : : : : : : : : :}i         ヴィヴィスト11話視聴完了!
: :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : { : : : : : : : : :.}i
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{: : : : : : : : : :}i
: ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {: : : : : : : :..:.}i        フーカニキ、マジパネェっす!
: : }: : : : : : : :∨/: : : : : : : : : : : : : : : : :{: : : : : : : : :.}i
//}: : : : : : : : :∨// /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : : :..:}i         あと、リンネちゃんはここから再起して
  }: : : : : : : : : :.V/: : : : : : : : : : : : : : :|{: : : : : : : : :}i
  ノ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :| {: : : : : :/: :/       ちゃんと笑えるようになるんやで…!!
/: : : :.Λ : : : : : : : : : : : : : : : : Λ: : Λ| .{: : : : /|: /
: : 八: /: : : /: : : :.:/|: Λ: : |: : |=ノ/ニ\}: : :/ .|/
/二\: : / 八: : |/=|/二\|\|ニニニニ/:./           ※なお外伝登場予定のリンネちゃんは
二二二\{ニニ\|ニニニニニニニニニ/イヘ             設定ダイス次第で原作以上に酷いことをします
二二二二二二二二二二二二二二二/x=-_}
  ̄‐=二二二二二二二二二=‐  ̄ /ニニニ=-__
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         /ニニニニニニ7 .,_
――――――――――――――――――――――――z________________________



7113 : タスペア ◆4jMYnfhzvk : 2016/12/12(月) 13:58:18.97 ID:jwcKCP4B
ほのぼのなアトリエスレが行方不明に…!




7114 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 14:19:57.14 ID:wtXgZLUK



――――――――――――――――――――――――z________________________
                   _ --- _  __
               __, -'"__/⌒: : `'´: : : :`丶
             ,ィi〔7、/: : : :、: : : l: : :\ヘ: : : :l:ヽ
               / : /: : : : : :.l^i|: : : |: : :l: : : ヘ: : l : :.
           / : /: : : : : : :.|'´|: ⌒ト: : |: : : : ヘ: l : : :.
           .′:.i| : l: :l:'⌒リ lヘィ犹ミv|: l}: : : :}マ : : ゝ、
           { : : i| : |: :|f犹ミ、   ヒzソ '}人: : : } ∨: : :\
          ' : : : ハ: |V从ヒソ ,   ゙゙゙イl: : }: : : V∨.: :.} ヽ
         ./: : : : ノ人|i:Vャゞ゙゙ r   ァ 厶: :.}: l: : :V∨: :|   、        ダイスの出目が極端じゃなければ
        /: : :.//: : : __V沁...., __ イi:i:}:./: :}、: :}‐' l、: |   l}
         {: ,ィ:i 厶l:f´   ノ`ヽ:l、ー‐ v^Y/くV 、V /ハ:|   ノ       へーきへーき!
         {:/ ヾ、  レ     γ l} ``'ー' ゚Y   、 ',    ソ
         l'       {     ,′    ',  ',_',ノ `丶}                  試しに意味のないダイスぽい~ 【1D100:4】
      __r、_,,..-─‐- { 丶 ,′     }  .',゚',   ',  ヽrv77⌒ヽ
    r‐r(l }           `ヽ{       }  .} }   }  .}し'⌒ ̄`ヾ、
   〈/`^^′    "'''- . 从     ,′  '。'     ′        \
   /  i         \小       //  ′  /
                     ヽ}ヽ      //  ′ , '               ヽ
  {              /   ′ {゚{  ′/  _,,..-‐''
  {     ──-  _  l´_,,..-‐''  ̄`' ー-、{ /{ , -'"            }
  {                /_     Λ  `ヽ )                 /
              /'´ /   ̄ ̄  ゝ、   V  ̄ ̄`         /
              /    / \  八   /   `ヽV       ___/
            /, -'"  ̄ ̄ 〕iト  _ /   ノ ゝ-─ ,ィi〔////////心、
    \   /               〕iト<     /γ'/////////////ハ
      \ / /   \     _,,..-‐''´ ,ィi〔///〕i< 〔'////////////////}
――――――――――――――――――――――――z________________________



7115 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 14:21:57.92 ID:tN5jCAWp
ここぞとばかりに偏るダイスの目

7116 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 14:22:07.06 ID:2CER3yDG
超極端w

7117 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 14:22:45.61 ID:tN5jCAWp
これがリンネちゃんの幸運値…


7118 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 14:23:15.63 ID:wtXgZLUK



――――――――――――――――――――――――z________________________
    ,': : : : : : /: : : : : : : :/: : :l: : : :/: ,'        ', :l: : : : l: : : : : : : : : : : :',: : : : :l
    l: : : : : :/:/: : : : : : ;イ: : ;イ: : /l: ,'         i: l!: : : :l: : : : : : : : : : : : ', : : : l
    l: : : :/;ィ:: : : : : :l:,' l: 7T: ‐'-l: l_     _   !∧_: -,'l-l!: : l: : : : : : ト; ',: : : !
   ,': :/': : : !: l!: : : :l:i ',: i l : ,' _',l_  ̄ ´     ̄!' i: : ,' l: ll: : l: : : : : : l : \: :l
   ,': : : : : : : :l: !l: : : :l l  ',:lx=ニ三=-、      -=三'=< ,': l !: :l: : : :/l:/: : : : : : l
  ./: : : : : : : : :',l: ',: : :lゞ ,イ'' / l 。C,、        ´ん。 C,`マV !;イ: : :/: l!: : : : : : :l
 /: : : : : : : : : /l!: :(〉: !、 ゞ l l  l' l         l l   l l  l} /'l: : /!l : !: : : : : : :l           もうやだー!!
 : : : : : : : : : /: : : /: \l   ゞ__ノ       ゞ__丿 '  /: /!j l: : : : : : : : :l
 : : : : : : : : /: : : /: : : :∧ ⊂⊃      '        ⊂⊃ .// : l: : l : : : : : : : :丶       ダイス怖ぁい!!?
 : : : : : : //: : /: : : :/ゝ、         __        / : : : : !: : l : : : : : : : : : \
 : : : : /: /: : / : : : ,'-‐7 ',     /     ヽ      ,イ', : : : : !: : :l : : : : : : : : : : :
 : : : : : /l/,': : : : ,'  l  、    l        l      ! ',: : : : :l‐ 、 : : : : : : : : : : :       ちくしょう、こんなところにいられるか
 : : :/ /  ,': : : ,イ:!  l   \   丶     ノ     / l  i:l: : : :l   \ : : : : : : : :
 :/  /   l: : :/ ',:l   ',       `ー─‐ ´        /  l!l、 : : l    ', : : : : : : :     私はたわわを見に行くぞ、ジョジョー!
    l   l: : ,'  'l   ',        >   <       /  l! l: : ,'     l: : : : : : :
    l    ',: l  i    ',                  /     l: /      l: : : : : : :
――――――――――――――――――――――――z________________________



7119 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 14:45:43.67 ID:wtXgZLUK



――――――――――――――――――――――――z________________________
 : : : : : : : :l : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : / : /: : : : : : /、: :_;: : : : : : : : :、
 : : : : : : : l: : : : : : :/: : : : : : : : : :l: : : :l: : イ: : : :イ: /- ∨:_l: : : : : : : : : :、
  : : : : : : l: : : : : : /: : : : : : :l: : : :l: : /l: / l : : /l :/    l: l: : : l: : : : :l: 、
 : : : : : : :l: : : : : / : : : : : : : 、 : ∧_/_l:/__l:_:_/ .l:/     l:イ : : l : : : : l: :
 : : : : : : l: : : : :/: /l: : : : : : l、: l V _ヾ_l: :l ̄ll     //l: : ;イ: : : :l: ll: l
  : : : : : l: : : イ ´  ll: l、 : : : l ヾlx=¨て示汽ヽ l      /ヽl:_/ l:/ : /: ハ l
 : : : : :/: : : : l 、/`l:∨:、: : : l {l  /:し符う       斗-/ ̄/: ;イ: / l/
 : : : :/: : : : : ヽ ヽ l: : : : \: 、  弋: : : :ソ        刈てハj /: :/ l:/ l      あ~たわわがとてもたわわ~
 : : : l: : : : : : : :\ l: : : : : :l ヾ、    ¨¨¨       l::し:/ l}/: イ /  '
 : : : l: : : : : : : : : : l: : : : : l    /.:/.:/.:/       ヾ-' /イ: : l
  : : l /l: : : : : : : : :l: : : : : l               ` /.://: l: : : l         落ち着いたので小ネタの準備してきます
  : : l' l: : : : : : : : :l : : : : l、                  . : l: : :l、l
  : : l  l: :∧: : : l : l: : : : :l \        丶  _     /: : l: : : ll:l           説明してくれるのは…この人で!  【1D4:3
 ´ ̄ ` ヾ:l l: : :∧ ∧: : : l、  \           /: : :/ : : :l l:l
       `ー‐‐<  ヽ : l `  、   、   _. . .r: :| l: : : :/: : : : l ll        【1:ニアス 2:ミルカ 3:ノア 4:女神様先生】
         \\ ヽ:l     ` 、/、 ': : : :/ ヾl l : : /: : : : / l
       f    \\ ヾ         `ニ、ヽ、-、ヽ'´l: : / ̄ ヾ
       l l     \\       /Ol ll \ヽ l: :/  、  l
――――――――――――――――――――――――z________________________



7120 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 14:59:46.75 ID:wtXgZLUK


─小ネタ「錬精術士ノアの異世界魔術講座♪」


           /ニ/   __
           iニ/:, ' ´_    ` ': ,
    `ヽ.,_, 、  |/ ′    ` <    ヽ
    ニニニニ≡=〃       `ヾ`ヾ>',.二コ、
    ニニ=‐ '´ / ,'. ヾ., ゞ.,_  _   ∨ ヾ, ∨/
     ̄ ´   :!_ !  i `xz.,_r‐;__`> ∨ ∧ ∨/
        , '´,....,`Y> |<_,ネ爻i´/ ̄`ヾ∨ ∧ ∨/
          { ::::::::: }、l,ニ∠>イ   斧芸x∨ ∧ ∨/
        ゝ ゙'''"ィx'´ - 、ヽ.    Vソ  l/  ∧ ∨/           そういうわけで、今回説明役になった
            └i┘ 5. (:::o:::) }         |/   /',  ヽ、  r=ミ 、
              | i 乂,`:‐:´ .ソ     __ _ _!/  /ト.、  \ ゝ ) }     ノア・リトル・マナセリスよ
             ! l  V天¨´   ー  ´ムヘヾ,ヾY :/l ヽ   ゝ=イ /
          / |   ゞ.,_> .,_    r‐='^;;;;;ノ′ ,'   ト.、    <
            /.:i ト.、   `ヽ, ̄三{`ー-ィ´/:/ /  λ:.ヽ           …まさか「街の散策」で遭遇する前に
        /.:/  |:i ` ̄ヽ  i::ヽ、 Y///l/ / /  ´ |: : } i
          /.:/  i∧ //∧ l::::::::\l'//∧  /' ´  ̄ `ヽ;//.:ヾ       「不思議な本」関連イベントで出ることに
       /.:/  />'´ ̄ ̄| ∧  ̄ ̄l///∧ i{,ニ===., ノイ: : : ',
     /.:/  /:.ヽニ=‐__,|i. トミ=イ. l/////X//////!)′: : : : i        なるなんて思わなかったわ…ほんと、ビックリ
    / .:/  /:. /l∠V///| :iリ     ';/////∧ミx// : :i: : : : .:l
    {  :{   {:.  !   ∨//ゞ!ゝ _,. イ∨/////!ヾ,ソ: : /: : : : / /
    ゞ .:ゞ  ゞ:; \  Y"//////////,\///ノ//: : :/: : : //
     ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ,ヽ ̄ゞ:;///////;;:rf≦ ≧='升 ̄ ̄ ̄( (_,.ノ! ̄
               )ノ     ̄ ̄ ´                 `'ー '


7121 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:06:31.65 ID:wtXgZLUK



             _    ) ̄ノ
              ゞ`ヽ、/∠.,
          rx:,,   > '´   `ヽ
           / / r:x /人 ヾ   i=':,
        _E γ { kz,呂\   i, |  ',
       > ´  ヽ 弋{l l}" Tj ヽノ} |:  i
     {~=x.,_}\ 弋リ     / :!:  ',
      乂:::::::::::ソ;::::::'y乂 ー '  /   l  i ∨      さて、それじゃあ早速本題に入ろうかしら
       `  ´  ゞ:;( ゝ, `T //  ノ  l ト,∨
             `iノ"`´// X´  / lノ l
                  ゝ   ゝ( xへ, x'_,ノイ      アーランド世界における「魔術の分類」だけど…
                 / _  Y /彡Y
             / i {三ニ ヽ′x<        もう最初からはっきり言っちゃうわよ?
                / .人 ===≡/´`ヽ、_
              //::::::\   ヘ  ̄`ヾイ
            / トミ二二,\  ゝイ  'x、      すぅーーーっごく!! 超適当! ほんとビックリするくらいね!!
           i´//∧.,_,.|∧__\  /:::::::ゝ
         ゝ、/∧.,_|/∧__X:::::::::::/
           >-!:i:i:il//∧:i:i:l-ヽイ
            ∧::::::}. ̄ l::::::}
              i:::::l   l:::::l
                  ゞイ   ゞイ


7123 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:10:19.08 ID:wtXgZLUK



                 /!
                ノ::|
          ___   }:::/
          `ヾ;:ゝ.,_ノ∠  - .,
            ,>'´   ,       `ヽ
           /Y´`i 人     i=∨
             / `z 生'x呂、  i l  ',
          /   { .(:o:). }  ,≧ー| i l:  !              いや、だってね?
          ,' i  乂__彡' " i} //: l  l
           { :l |ゝ,  i ̄ノ  //:  l  ',   __       この世界の住人って大なり小なり
         ゝミ=-_;:>=―_,.彡′ ,ノ ', ゝ, `ヾ 、
          //! { /`ヽ`7::フ'´i  i i、 ミ=イ/        不思議な力を扱えるのだけど
         /  i.:|: レ  /Y::::/::|: : l  l l ) ) イ
         {  :{∧;_X_i> :;_;λ;;ノ;:ノ_,ノ l´/,.ノ        全部ひっくるめて「魔術」と呼んでるのよ!
           ゝミ=-/ ∨   {>',ニ=- 乂 ̄
          _/  ▲   レ' `ヽ、_
      >'7´    ∠.,_\ ゝ.,_/  i`ヽ,         分かりやすいようにちょっと例を示しましょうか
     ////    ,.イ‐┼--イ\     l///i
      {//,i    /. i`ー|ー-イ. ̄\   ////
     ∨∧.  /  ゞ;i:ゞ;i:i:i::Y   \////
        ∨∧/    ',77',77,!     ∨/
       `' ´        i//l//l     `
               ` ´` ´


7124 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:20:24.81 ID:wtXgZLUK


 例1
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|  Q:戦闘中に一時的に強くなれます。何故か?
ヽ______________________乂 ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
.                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                           /:::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、--、:::::::::::::::::::::::::.
                           |::::::::|ト、ヽ:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ::::::::::::::::::::::::.
                           |::::::::|::',\\:::::\::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:.
                           |:::::::::Ⅳ:.  |li   ,伝-=┐ ー―<::、ノ |::::::::::::::::::::::::ヽ
                           ∨:::::::!ヾ! 、 i,ィif筏ッ 〃       ヾ::::::::::::::::::::::::::/
            -=ニ=-            ∨::从_≧xー彡 -‐ "            Ⅳ::::::::::::::/ニ
         γニニニニニニ=-  、      ヽ:::ト、Y迩>、``              |∨::::::/ニニ
   ___ _  /{ `</{ / `ヽ/////∧ー、__,、. V   `Y´.! __ ,-- 、、      .厶. >"ニニニニ
 %    `<≧sV ∧}}|,    i ̄`ー<}=-\ニニ≧s。/ヽ人 ` _∠イ: : :ハ     / /ニニニニニ
.%        `}ド∨  }/  /   / .! ヾ}=- \ニニ{=-  个s、\: : /. . .}  /  《ニニニニニニ   ◎ヒーロー症候群
{{         ∧/\ノ  /  /{   γ! >=-  ヾニ\=-{ニニヽ\{._.ノ  /: : :  ∨ニニニニニ   「強敵戦闘」時、勝率+15%
Ⅵ         ``人__/   /从   |  }ヽ=- ニニニ \=-ニニ\_ /ニ>    }ニニニニニ   【知力】-2
. ヾ\        (__,--ミー</L{  _.ノ  { ーヽー―ニニニニニニニニニニ/  r≦ニニニニニニ
  \\           `ヽ \ヽ{   ィ\: :.}、  \` <ニニニニニニ=-`ヽ ヾニニニニニニ
    `ヾニ=-            ヽ\`´}_}´。 ヽ:.}!     \   ` <ニニニ=- ニヽ/∨ニニニニニ
        ニ=-          \\イ}L、 ヽ!、.     \     ` <ニ=- ニヽ ∨ニニニニ
            ニ=-.       \ ̄  \ |}  >    \       \` <ニ\-=ニニニ
              ヽ `ヽ       ー― "´       > ヽ         \   ` <ニニニ
               ∨ ∧                      >       \
                 }   }                          >   \
               /   /                               >
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    =.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                          |   A:そういう魔術だからです
                                          ヽ_______________乂





例2
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|  Q:クエスト中、いつもより多く行動できました。何故か?
ヽ__________________________乂:゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
           /⌒   __,...---、
        r--://、_ /´  /::::::_人- 、     _
         |:::::{ {>   ̄ ̄ ̄ ` <::::::{  >-  ´    ̄\
        〉:/\、/_  --     \:::〉-- ,  ----< ̄ \
         V   '         `ヽ、 } ハ::-/::::::::::::::::::::::::}- 、 ノ
         '  /           \_V::::::::::::::::::::::::::::{-- \
        /   |    \         <⌒} \_____」   )
      ハ  | 、   \  ヽ , --- \ \`´ ̄ ̄ ̄\
      | l | | l \ :. \ V 、\  ∨⌒\   <⌒
      |∧:| { |⌒ \ 、 {\| ー\\ |\__   \ }
        |从 V 、__,. \ ー='^\  __ \ ヽ }'
        |  } ∧  ̄   ,     八 ̄\ `⌒\ \
        人   込、   _  ,   イ      }
        _\_`ヽ>  _  イ                 ◎花の旅路
       ,'    \ }_,ノ-、 r ┴^r― ⌒ヽ            クエスト行動回数+1(1月/1回)
        {    l 从\__,介、__,ノ      '.
      r┴―‐-、}  \             }
      |       〉 , rく⌒ヽ    lr――‐‐┴、
      〉介] -- 〈  {二つ }     }         〉
     / ー'    }= (__ヽ V=== /⌒   r 介く
     /       }{:{ 乂    }、 }:}{    〈∧〉 }
    {       { /   )   \〉       |
    乂        }'   ∧    / 、        |
       7   人 ノ ーr  \_/    `ヽ、_  ノ
      {`¨¨´ /    /     }:|\     Y〉イ
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚:::::f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                       |   A:そういう魔術だからです
                                       ヽ_______________乂


7125 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 15:21:07.89 ID:ndnVVKrE
あー

7126 : タスペア ◆4jMYnfhzvk : 2016/12/12(月) 15:23:50.56 ID:jwcKCP4B
あなたが魔術だと思ったモノが(宇宙CQC並感

7127 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 15:25:05.09 ID:tN5jCAWp
ちょっと不思議なことが起こったら大体魔術のせい


7128 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:30:12.81 ID:wtXgZLUK



                   /|
                 /ニ!
                    |ニ=/      o
                    |ニ/ ,.  ―  ..,_
              /三二ニ=レ ´         `ヽ// o
             ̄    /            ヽ=∨/  O
               / , i     `ヽ,  ';: ∨/               こんな感じで、それっぽいものは
              ○  i  i  ゝ.,       ',  i: ∨/  o
          o    {  l   / `'ー=.,   |  !:  ∨   。          「あ、じゃあそれ魔術ね!」って認識されてるの
               ゝr‐-イミv∠L,.>┴―x‐ 、,ヽ
     r―z.,_        i ヾニニニニ二三`ヽ  } ! ':, \
     `ヾ 、i `7      ,|  `T''ー=ニ二ニイ /, イ  ';  \    i、     細かく言うと、本人の魔力を消費することで
         E⊂´ヽ=ニ二圦 ゞL、 ,Zヽ_,.>==イ  /.:i  i  、ミ==イノ
       /`´ゞ∠二ニ=ヘ,>'´:i:i∨:i:i:i`ヽ-― :′λ:.:}  }   ':., ヽ        自然や精霊の力を借りることで発現する現象
        / ,'  i ヘ,     i:i:i:i:i:i:∧:i:i:i:i:i:i:\    ∨ ,ノ   }: ',
      / i   ! ヘ,     |:i:i:i:i:i:i:∧:i:i:i:i:i:i:iヾ 、   'y´ `ヽ、/!: i         これらが総じて「魔術」と呼ばれているわ
     .{       i    L:i;i;i;i;:_|:∧_i;i;i;i;i;:イ-i ム`'ー''7ゞ.,`フ /
      ヾ;::.   .:::::}.    |/∞//!:i:∧/∞/∧|  ム   ∨ /イ
      ゞ:;:::::::::;: イ    l//x//|二ニ',/x///||  /,i   _,)、_         …この世界の住人、その辺の考え適当だけどね!
            ̄       /l//x//!、  ,i/x///lト 、  ̄    ,. ≧=- .,
          _,. =-一''¨´ ∨//,'ノ  ̄ ∨///l|ニニ≧=.,_,. イニニニニニ`ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



7129 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 15:33:32.66 ID:2CER3yDG
あー体系化されてないのか


7130 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:43:54.33 ID:wtXgZLUK



                          ______,. ィ
                          /三三三三三ニ=/
         _,.rf≧z.,          /三三ニ==‐¬''¨´
      ,x<三三三ニ≧z.,_    /三ニ∠´  .,_
    /ニz―=≡ニ三三二≧x'>' ´       ` '  .,
   /=/         ̄`>' ´  ,:' ´  / ,:′  _,.   `' 、
   !/            /    :/   _ / /   /   ;'    ヽ,//
              〃    / rf´ _ミx' //  人  `ヽ ':,//
                /       ,' .〃 >'´cY コ'/   /__ヽ,   ';:',∨/
            /      . :i {  ';:::::::ノ i′ _,.∠., \ _l _,X  i :, ',/
            ,′ ,.'  :.:l  乂, `彡'、 X´   `x'´! `i=ヘ, | i l
              i  /  . : :l   └┘:/> ,rf´ミx,  l´ ̄   ヘ | l l
           l   ,′ : : |   |  / ./ 〃////! ,'     i| l: |
             |   l  i . : :|   |: //}  乂///ソ ./   `ニ≦| l  |
          /|   l  l: : /|  .i |//∨   ̄ ./   "丐ミx,| |: l
           / :l   !: .:l: / :|  :| |/   `ー-‐ '´     廷;彳リ| |: !    正直「分類?そんなの知らねぇぜ!」
            / . :|  l : :l/ : :| ..:| |: :.                  /lノ: ,'
          ./  : | .l:..:/ . :/| ..:| |:: : :.             /Y:  i     って感じだけど、そんな中にあって
        /  : : | l.:/  / :| . :! !:::: : :..     `ヽ     /: :|  |
         /    : | :l/  / : :| ..::l ゞ;::: : : :.           ,. イ: : :|  |     ちゃんと体系化したもののが2種類だけあるわ
       ./ /    :|:/  / : : :| . .:∧  ヾ::::::r――― ¬''チ: : l : : |  |
        ./  i  : i′ ,' : : : :_>'´/∧   ',: :ト-∠∠:;_;/:/:.: :∧: : !   |
       /  .:l  :| .:i l/ ̄ \///,i   l ∨////\ヾ; .:/  ', :|  |     1つが精霊の力を借りることで
        : :l   .:| Y      \/l   l_  ヾ.,//,< X   l :|  |
         : :.:|   .:| :|        <//} i ∧`ヽ '´∨///\|,_  l :|  |     様々な現象を発現する魔術である「精霊術」
       . : : :.:|   .:| :{    __  // .///\   ∨/,/  ∨:/|   l
       : : : :.:|   .:|  l/ ̄   `ヽ,/≧==ー- イイ \__∨ }  ,'i
       : : : :.:|   .:| :/         /∧ ◎        ◎;'D)./ /.:|       もう1つが、元素を組み合わせることで
       : : : :.:|   .:|.:{ ,.:'  __,.x‐z―x.,ヽ.,             ヾ∨/ ヽl
       l : : :.:|   .:| :∨ //イ/.:/:/ヽ.,Y          };:>x.,_リ     新しい物質を生み出す…と言われた禁断の魔術
      ∧ : :.:|   .:l .:∨∨/ゞイ.:/.:/.::.`'<:;. : : .:.:.:. : : : : ://///_ノ
      /∧ :.:|  .:l : .:`7∨//,`ゞ<_,z全x二ニ=--―‐一 '´//////}     それを現代に新生させた「錬成術」ね
      //∧.:|  ∧ : .:i : ∨///>'´//////////////////////;:イ
        ゞ!  / ', : :|: : :∨// //////////////////_,.ゞ=-イ:l
        ,' /  l : :|: : i :ヾ:;/////////////_;:rf≦´―‐==''´
          //    | :.:|: : l : : :|ゞ:;//////rf≦´    ∧
      ー=''イ     .|  :|: : l : :/  `  ´    ヽ   '"  \


7132 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 15:53:17.42 ID:wtXgZLUK



              __
             /ニニ/
              /ニ/
               |ニ/ _
         /≧=‐z ' ´    ` ': 、
        ∠ニ=‐〃 人     ':,_X
           r' ミz/ __ \/ i: ∨:',
     r‐z  ゞuイx=ミ;P ,z≧ミ!:  \!        「精霊術」
    r| .!メ,  | :{ (:o:) }. 弋ソ |   , \
    t|ー|/ヽ | i`iー‐'_, 、   |   l   V      アーランド世界で最もポピュラーな魔術ね
      :!;;;l∨/X :!介s。 ゝ ' r≦}   ト.、 :}
      :`´ .∨/,`7テxヾ<ゝ.,ノ ,ノイィノl:ノイ      魔術…といえば、大体コレのことよ
          > :;///,l ! o  o ヾ'; : :| i !
      /  ,/ミT_,ノ:, o   o .八: :| | |      4精霊である「火」「水」「風」「土」に関係する
     /  /:{ /: .:/g:::',  ,.:イ/∧ノイ,ノ
      { /!: :∧!: : k';;Y \   ヽミ'x_         現象を発現することができるわ
     ゝ! ゞ(  ゞノ `ーi: \  ~l`ーイ
        > ' ´乂   ノ  /\   ゝ,         極めれば契約を交わすことで精霊召喚も可能ね!
     __,/       `'´  / ̄¨\    \
_,..-=≦ラ/            /ー---イ∧    \
ニニニ7 ;'        , イト----イ/∧      \
ニニニ|          /:i:i:|.|:i:i:i:i:i:i:|//∧       \


7134 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 16:04:51.33 ID:wtXgZLUK

※「精霊術」を使っている場面の一例

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
                                           , <¨\
                                       /     \
                                         /    .}  \
                                           /      ム   \
                                       /   _{!_{!ム` <. \
               . <三三>、                     /      .{i {i ム   \ ム
          /三三三三三ヘ                   /           ム   ヽノ
           ,イ三三三三三三ミ',                    {, <三三三ミ≧s、ノ
        /三三三三三三三ミ}                {彡三三三三三ミ〈
          {三三三ミγ  ̄ム三ミ}                .。<       キ   >、
          {三三三ミ{三三/三, '              .。<_.. -───- .._キ     \
        `<三三三三./三/         _..。< > ´ :.:! :::r- 、:::: _.. イ::` <     ≧s。..__
           `  ==< 三!            ゝ.._´ : : : : <、i:::::乂_ノ::::乂_ノ::::::-、` <.._  _..>"
                   マ三 {                ─-- 、 ̄ ̄¨¨ヘ::::::::::/´ }--─=¨ ̄         風の精霊に願う!
                 マミム                     \    ム:::::/  /ヽ        _
                     マミム                , <¨ヽ ‐- .ム/ / 、 `≧s。._/,;,;}=、      モンスターに風の刃を!!
                   マミム                .イ    }   r===彡))マ r─-ィゝ '!,;,;}、ヽ
                       マミム            .イ     /  ゝ=≧s。ィノ !`ゝ--マ__,;,;`/,;,} ム
                     マミム            /__     /      ,ィミ≧。.!   マ   ヽゝ;',;) }   ◎自身の魔力を消費!
                   マミム       /    ヽ/      ((彡 1! ゝ''}    ` <..__ `彡'
                       マミム   ..。s≦フ, ‐、   /` <.     八  .ム
                     マミム´   γ ノ  ム.  /   / ≧‐--/==マ  ム
                         マミム─ 、¨    .ム/  /     /{{ {ニ マ  ム
                     /マミム,;,;,;ムヽ    }./       /.┴==.:マ  ム
                       〈,;,;,;ヽ--"{;,;,;,} ム     }        /: :,'    ',: :マ .ム
                     }>--= イゝ '::::::!  /        ./: :.,'     ',: :マ  ム
                         \` ---イマ:::ノ./         /: : ,'      ',.: :マ  ム
                         \ー─‐'ァ¨´          /: ` <...___..> ´.:マ .ム
                             `¨マミム` <        /: : :/       マ : : マ .ム
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                       -‐ミ .
                _, -‐ァ' ヽ   \ ヽ
                   / /      \  ヽ \    ...  、
               / -‐  \   ,  \   ,  ^⌒´   〉 }      ◎術者の魔力は精霊が美味しく頂きます
                 /´ \:i    } / ハ  丶 ′  \ー‐‐' :トミ
             /    /k   〃7圻ミ :|   \ :,         \
    ヘ        {∧  て芯\{ 弋ーツ∨  } : ′-=ニ二三 ̄ \
    ヽ\∩==--ヘ  八  弋ツ,    ⊂つフ ,/  i ,         \ ノ /            『魔力うまー…しょうがないですね』
.   ┌‐‐' { {ニニ: : :.}\| |    r 、   ムイ /´ | ′       }/ /
   とニ   {ニニr==ニ 」 个     \ヽ イ/ ハ.{  :| .;     \     {  -‐…・・・ミ      『風の刃生成してっと、あそこに
    ゝ‐‐―∧ニニ{{_゚_} | !〃 `7ぅ爪〔}}.//ニニ} \j/       \            \___ノ
       ∨ニ∧ニL : . | |}`7^}}  i{ く{____彡'\ \        ,    \    /⌒´    飛ばせばいいのかな…ゴー!』
.        ∨ニ∧ニニ : Ⅵ :{ ( `¨}レ /  \ニニ /‐‐ァ         ′    `¨¨¨¨¨¨¨^ヽ
        ∨ニ∧ニニ: : `、 V⌒} 〕 }}\___,  ニニ} .〃  \    {             }
           \:::∧ニ=‐  `、\/==={{_}{__∨ ニニ“ 〉===ァ       \     \   \  /
            ̄´ |{ {   /⌒ヽ_{{'´   |  ニニ∨/´ {__ー‐‐         }===ミ. j/
              八 \} 〈 \ r===┐.|  ニニ V_/:.:.:.\  <¨¨¨¨ミ.  /    | |
               >  /`.r=¬....(:(:|   ニニ \__:.:.:.:.:.〕\  )   } .′    :| |
           __彡'⌒V´ {_/`¨¨¨フ/ゝ    ニニ }\¨¨´__彡´ ー=彡       // ←風の精霊代理
          { (  }ヽ ´       / ′..,|    ニニ   ヽ               //
             ≧=‐- '       //. . ./.|\__ニニ_/:.:.}\            //
        /            //. . . |ニ\:.:.:.:.:.:{{_゚_}}:.:/ニニ〉          //
.         /⌒\       ____彡′ . . 〉、ニニニニニニニ/           /

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



7135 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 16:15:45.63 ID:wtXgZLUK



                    r―z.,_
                   /::::::/
                     /:::/   _
                  {:::/ ' ´    `  、
            .____,X      ..,_    >、
             `ヽ:::::::::_〃 i       ` </ ':,
              /::://  ト,           ヽ ∧
               ~´,z +x‐、| `'ー-=ニ.,  ヾ i V∧
               { i⌒i l´/ ∠`y=尸>ャ、lil  V∧              「精霊術」に関してはこんな感じかしら
              .乂゙彡 `x ニミx"  ィrzz刈   V∧
               .`Y´`Y i;;;o;;;i. }   弋ソ | i: V∧             じゃあ次は「錬成術」についての説明ね
                |   乂ゞ_;彡′       | l  V∧
               ./l   |∧.   、_,. ィ  ,イ . l  ト,ヾ ヽ、
             .//l  .l:/介s。,_`¨´, イ:;/  l  l: :ヽY \            以前ミルカが説明してたと思うけど
            //´i ∧.  ∨: l: :Y ,ノ   ,X   /  ./.: ;ノノ: i   \
           .{.l. /|  :\   `ヽゝ   (i´) / _ イ;_:( {.: :| ',  \       魔術というよりは科学技術に近いわ
         ./ XX|  : : :l`'ー- 、∨\//|i´ i |   )ノ: /.: :ト, ',  , ヽ
      .( /  〃 `l  : : .:l |////ヾ ! __,rx'ニフ ./ ,ノ ゝ, Y ヾ :| i ト、 \ ',
      .゛i=#彡|  : : :∧∨///`'iヘ;jへ,ゝ ゝ(   ∨   l.:| l | ヾ i)ノ   錬成時の専用器具や計算式の運用に
         ゝ l.! /|  : .:/: :`¨>-ヘ_|'ー-ミニフ       !_,. イ :| jノ  ノ /
             {: ', : : :|: : : : : l;∧=- : l      _,. イ,/∧ :|   ィイ       魔力が必要だから魔術扱いになってるけどね
            ∧: ヽ; :トi: : : : :| : }ニ= ∧      =ニ! !//∧
              \:∨ !: : /l : !=-  ∧◎   /  ∨//,ヽ,
              )ノ ゞ(.  ∨      ヘ    ,イ    ゞ///∧
                 ,fテミ  /      ヘ、 _,{     `ヾ,/∧
              /;';';//          /\ λ       \∧
                /;';';/            /三ニ\ヽ _ >'´ `ヽ{//ヽ、
             λ_;/             /三三ニ `K:/ /'7~ヾ l、//r≧x,_
          ,>'´;'  ,'`'<.,_      /ニニニニニゞ∨ {_  ゞイ lノ`ヾ!´
            /  ;'  ,     >.   /ニニニ=‐ ' ´  ∨ヽl)ゝ,


7136 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 16:25:41.38 ID:wtXgZLUK



             _    ) ̄ノ
              ゞ`ヽ、/∠.,
          rx:,,   > '´   `ヽ
           / / r:x /人 ヾ   i=':,
        _E γ { kz,呂\   i, |  ',
       > ´  ヽ 弋{l l}  ||ヽノ} |:  i
     {~=x.,_}\ 弋リ     / :!:  ',
      乂:::::::::::ソ;::::::'y乂 ー '  /   l  i ∨      ちなみに、この「錬成術」を扱える人間は
       `  ´  ゞ:;( ゝ, `T //  ノ  l ト,∨
             `iノ"`´// X´  / lノ l    悲しいことにほとんど存在しないわ。国内で数人程度よ
                  ゝ   ゝ( xへ, x'_,ノイ
                 / _  Y /彡Y
             / i {三ニ ヽ′x<       理由は「研究目的以外の存在価値がほぼないから」
                / .人 ===≡/´`ヽ、_
              //::::::\   ヘ  ̄`ヾイ      私はお国付きの研究職だから問題ないけど
            / トミ二二,\  ゝイ  'x、
           i´//∧.,_,.|∧__\  /:::::::ゝ     まともに商売業してるのってミルカだけじゃない?
         ゝ、/∧.,_|/∧__X:::::::::::/
           >-!:i:i:il//∧:i:i:l-ヽイ
            ∧::::::}. ̄ l::::::}
              i:::::l   l:::::l
                  ゞイ   ゞイ


7138 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 16:36:42.57 ID:wtXgZLUK



                 /!
                ノ::|
          ___   }:::/
          `ヾ;:ゝ.,_ノ∠  - .,
            ,>'´   ,       `ヽ
           /Y´`i 人     i=∨
             / `z 生'x呂、  i l  ',
          /   { .(:o:). }  ,≧ー| i l:  !
          ,' i  乂__彡' " i} //: l  l             元になった遺失魔術である
           { :l |ゝ,  i ̄ノ  //:  l  ',   __
         ゝミ=-_;:>=―_,.彡′ ,ノ ', ゝ, `ヾ 、   「錬金術」であれば、術者の腕前と
          //! { /`ヽ`7::フ'´i  i i、 ミ=イ/
         /  i.:|: レ  /Y::::/::|: : l  l l ) ) イ     素材次第で何でも作れたみたいね
         {  :{∧;_X_i> :;_;λ;;ノ;:ノ_,ノ l´/,.ノ
           ゝミ=-/ ∨   {>',ニ=- 乂 ̄
          _/  ▲   レ' `ヽ、_          対して、「錬成術」は学んだ分野のアイテムしか
      >'7´    ∠.,_\ ゝ.,_/  i`ヽ,
     ////    ,.イ‐┼--イ\     l///i          作れないのがねー…商売には向いてないのよ。ほんと
      {//,i    /. i`ー|ー-イ. ̄\   ////
     ∨∧.  /  ゞ;i:ゞ;i:i:i::Y   \////
        ∨∧/    ',77',77,!     ∨/
       `' ´        i//l//l     `
               ` ´` ´


7139 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 16:44:19.93 ID:wtXgZLUK



              __
             /ニニ/
              /ニ/
               |ニ/ _
         /≧=‐z ' ´    ` ': 、
        ∠ニ=‐〃 人     ':,_X
           r' ミz/ __ \/ i: ∨:',        …何故そんな無駄にしか見えない
     r‐z  ゞuイx=ミ;P ,z≧ミ!:  \!
    r| .!メ,  | :{ (:o:) }. 弋ソ |   , \        「錬成術」が存在するのか…ですって?
    t|ー|/ヽ | i`iー‐'_, 、   |   l   V
      :!;;;l∨/X :!介s。 ゝ ' r≦}   ト.、 :}
      :`´ .∨/,`7テxヾ<ゝ.,ノ ,ノイィノl:ノイ        それはね、失われた「錬金術」を
          > :;///,l ! o  o ヾ'; : :| i !
      /  ,/ミT_,ノ:, o   o .八: :| | |      現代に再現・復活させるためよ
     /  /:{ /: .:/g:::',  ,.:イ/∧ノイ,ノ
      { /!: :∧!: : k';;Y \   ヽミ'x_
     ゝ! ゞ(  ゞノ `ーi: \  ~l`ーイ         そういった意味合いも込めて、良く知る者たちの間では
        > ' ´乂   ノ  /\   ゝ,
     __,/       `'´  / ̄¨\    \       「錬成術」のことを期待を込めて「新式錬金術」と呼んでいるわ
_,..-=≦ラ/            /ー---イ∧    \
ニニニ7 ;'        , イト----イ/∧      \
ニニニ|          /:i:i:|.|:i:i:i:i:i:i:|//∧       \


7140 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 17:00:24.52 ID:wtXgZLUK



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                |   乂ゞ_;彡′       | l  V∧
               ./l   |∧    , -  , イ l  ト,ヾ ヽ、
             .//l  .l:/介s。.,_  ,. イ;_/  l  l: :ヽY \
            //´i ∧.  ゞ;__l: :Y ,ノ   ,X   /  ./.: ;ノノ: i   \
           .{.l. /|  :\   `ヽゝ   (i´) / _ イ;_:( {.: :| ',  \
         ./ XX|  : : :l`'ー- 、∨\//|i´ i |   )ノ: /.: :ト, ',  , ヽ
      .( /  〃 `l  : : .:l |////ヾ ! __,rx'ニフ ./ ,ノ ゝ, Y ヾ :| i ト、 \ ',    …本来であればそうなる日も
      .゛i=#彡|  : : :∧∨///`'iヘ;jへ,ゝ ゝ(   ∨   l.:| l | ヾ i)ノ
         ゝ l.! /|  : .:/: :`¨>-ヘ_|'ー-ミニフ       !_,. イ :| jノ  ノ /     時間の問題だったのだけど、ね
             {: ', : : :|: : : : : l;∧=- : l      _,. イ,/∧ :|   ィイ
            ∧: ヽ; :トi: : : : :| : }ニ= ∧      =ニ! !//∧
              \:∨ !: : /l : !=-  ∧◎   /  ∨//,ヽ,         ある人物が行方不明になって
              )ノ ゞ(.  ∨      ヘ    ,イ    ゞ///∧
                 ,fテミ  /      ヘ、 _,{     `ヾ,/∧         以降は、研究成果も芳しくないわ
              /;';';//          /\ λ       \∧
                /;';';/            /三ニ\ヽ _ >'´ `ヽ{//ヽ、    …はやく、戻ってきて欲しいのだけどね…
             λ_;/             /三三ニ `K:/ /'7~ヾ l、//r≧x,_
          ,>'´;'  ,'`'<.,_      /ニニニニニゞ∨ {_  ゞイ lノ`ヾ!´
            /  ;'  ,     >.   /ニニニ=‐ ' ´  ∨ヽl)ゝ,
        /  ;_ ,.    /  /  ̄ ̄ >' ´ ̄ ̄`Y;∧  `ヽ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                      /ニ>
                   _   {=/  __
               , ' ´     ` '<ニ三ニニ`ヽ
           _ ,〃    ヘ,.=-―-=ヽ   ̄ヾニl
            i:lλ    ',  ∨´  ̄`ヾ∨/,  ∨
            |:|_PD.、 ,il  ∨     ∨/
            Ll:li´ ィzヾリl!.   ∨     ∨/          …と、意味深な発言をしたところで
           {ij:} lソ`  l    ∨     ∨/,
             Yi     l i,  i/       ∨             この魔術講座は終了するわねー
           _|ヽ 圦 ヮ   ', ';:  ∨:.     \
      ,ミ'xヘ ヾ ヘV;≧=-x ゞ、  \     ,  \
     ,.ミ、 \    ',`ヾ;::::;ノ, イ >x  ヾ   ':.,   ヽ      これ以上知りたかったら
    ∠.,__  ヾ   i `Y_彡'´ `ヾ;::)   )..:i  ':,:   ',
  x―――‐ミ;、   l i |  ,.:' -=彡ク./. : l: .  i:.   }       「精霊術」と「錬成術」の両方を扱える
  `>'´  ̄ `  `'    l ! |lゝ!   ,ノ (,イ: : : : :}: : :. |ヾ iノ
   ∨´ ̄>z' ̄i:ヾ、 | く   ̄'7  /; : : : /: : : i ! ),ノ       世界唯一の「錬精術士(アニマ)」である
      //   iヾニ≧xイ;;\__, イ  /イ: : .:/!: i: :/!| ´
          _!;;rゞニ三ニ='´  ゝ、ノィイ_,ノイイ ,リ        このノア様に会いに来なさいな。それじゃ、バーイ!
         ヾ `′ |_|_>       \/ 、`ヽ
          `ヾ,_   i'/∧     ,.!'´ ̄ ゞ=-`
                ̄l'//∧    く     ト 、                            ,イ     ,イ     ,イ
             /ゞ;///\   \    ) `ヽ_                      /ム―7  /ム―7  /ム―7
            /\   ̄ ̄ \   `¨¨´   ´    ̄`''7==- .,_             //ニ7/. .//ニ7/. .//ニ7/
    /|      λ   `ー-=.,_,,.=''´\             lニニニニi              /' ̄7/   /' ̄7/   /' ̄7/
     i .l.     / > .,__,.入_,,. イ\.,,__       ノニニニニl    /!           //      .//      .// ,イ,イ ,イ
    ', .l、   ./ゝ..,    /'∧       X,     ̄`ゝ∠、ニニニニ/    ,' .|/,          /'     /'      ./'   レレ //
     ヽ!ゝ.,__/:i:i:i:i:i:`ー-z'´/::/:∧__,,. イ:i:i:|ヽ.,_     |二二ニ/     l  ',//                            /'
         ̄/:i:i:i:i:;x<´ ∨:/::/::/`ヾ;i:i:i:i:i:i:i:ゝ-= .,_`ヽ,   |ニニ/    |.  ∨/
       /:i:i:i:i:i:;'    ∨:/::/::/.::/ゞ:;i:i:i:i:i:i:i:i:i://,ヽ, ゝ-┴ ' ´        !.  ∨____
        φ`7'ーzi      ゞ;/::/:/   ≧=-x'´////,\          ゝ,  \     |
      //////イ        ̄        `θ- :;//ヘ,_          > .,`ミ、  ,.ゝ
   _,.:イ//; イ                         `ヾ//!             ` ̄ ̄´
  ゞ:;'////                                Vj   ─小ネタ「錬精術士ノアの異世界魔術講座♪」 終了
    >イ


7141 : ◆TeU1uSPP0g : 2016/12/12(月) 17:05:18.69 ID:wtXgZLUK



――――――――――――――――――――――――z________________________
                       : ´ ̄ ̄``: : 、
                /: : : : : : : : : : : : : ヾ⌒ヽ
            /⌒ /: : : : : : |/^^|: :l : l: : : ゚.: :|
             |: : : : : : : l: :|: |  |:Λ :|: :l: : : : :|
             | : : |: : :|__|_ノ   乂_ レ: : |:|
             | : : /: : : :|从|     ___ | : : |: :.
            : : 厶r \|x=≠   ^⌒^ムイノ : :
              : : : :八l:Λ '''         '''/| |: : : |      そういうわけで、今日の小ネタ終わり!
                | : : |: : |: : :.、  V   )  /: | |: : : |
.             |: :八/| : :|: :>  .,_ <| : | |: : :ノ         こういった世界観設定に興味ない人は
                |: :/ xー|Λ|=''"゚'|    | V/-!/
 〈\_       ∨ んニ\   ゚.__|   ハ         読み飛ばしちゃって問題ないですよー
  >と¨¨ヽ、        {ニニニ\.  ゚.   !  /二}
  ⌒\_  「 「\    rニニニVニ\  ゚. | /ニV
       /V ノ   〉  /ニニニニニニ>、\ | /ニニ゚.     それでは夜勤に備えてちょっと仮眠してきますノシ
.     / /  /ニ\ニニニ/ニニニニニ 不くニニニ}
      <   /ニニニヽニニ/ニニニニニ/ Λ ∨ニニ′
.      \_,/ニニニニニ./∨ニニニニ〈_/ Λ_}ニニΛ
           \ニニニ/  ∨ニニニニニニニニニ/ニ゚.
            \ニ/    .∨ニニニニニニニ/ニニ゚.
――――――――――――――――――――――――z________________________



7142 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 17:05:40.99 ID:KBGogGfx
おつ

7143 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 17:09:04.59 ID:cANuxJmG
おつー
会いに行かなきゃ...でもうーん

7144 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/12(月) 17:43:13.41 ID:/9XUpWgy

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
ストレンジトゥエルブ2 第六話 ネエカと告白 (01/17)
  • 国際的な小咄 8020 民医連の皆さまの意見 (01/17)
  • 国際的な小咄 8019 カモノハシの恐怖 (01/17)
  • 国際的な小咄 8018 これは絶対失敗する (01/17)
  • ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 第2話 緊急クエスト 目撃者を消せ! (01/17)
  • ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 第1話 チュートリアル (01/17)
  • ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 予告編 (01/17)
  • ヤラナイオと幽香りんの12花月 お花その2 「ヒヤシンス」 (01/17)
  • ヤラナイオと幽香りんの12花月 お花その一 「松(まつ)」 (01/17)
  • ヤラナイオと幽香りんの12花月 オープニング (01/17)
  • 読者投稿:博多のいいお店「Ignition switch」 (01/17)
  • 読者投稿:DS(ディープステート)な人々について (01/17)
  • 読者投稿:南半球へ旅行した時の思い出 (01/17)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:北海道編?「もんべつ」 (01/17)
  • 読者投稿:政治体制:民主主義とルール (01/17)
  • 読者投稿:動画的な小咄:『THE HISTORY OF FIGHTERS』 (01/17)
  • やる夫達は人間ではないようです 29 (01/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 5 前編 (01/17)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 番外編 婦人トーーク「婦人は16世紀なにしてたの?」 (01/17)
  • やる夫とばくだん 19.マーズ・ミステリー・リサーチ・2 (01/17)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle10.5『イグニス鋼発掘』 (01/16)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです 小ネタ (01/16)
  • 読者投稿:今後に備えて (01/16)
  • 読者投稿:アメリカという名前のソ連? (01/16)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 14 みかんを奪え! 鳥追い祭り (01/16)
  • 読者投稿:愛媛のまじめなPOMジュース (01/16)
  • 読者投稿:鉄工業的な小咄2 「工具あれこれ」 (01/16)
  • 読者投稿:ゲーム紹介!サイバーパンク2077:アラサカ社編 (01/16)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #100 (01/16)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 89 (01/16)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 88 (01/16)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 87 (01/16)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第3回 探索者格付けチェック」 戦後処理 (01/16)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第3回 探索者格付けチェック」 その12 (01/16)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第3回 探索者格付けチェック」 その11 (01/16)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「第3回 探索者格付けチェック」 その10 (01/16)
  • 国際的な小咄 おまけ 下品だけどおいしい食べ方 (01/16)
  • 国際的な小咄 8017 ヲタクの弁護士はこういう時に便利だぜはははーっ!!! (01/16)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第8話「涼宮ハルカの冒険・後編」 (01/16)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 28 (01/16)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 覇道の11年目 (01/16)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】マーリンの不思議な借金 7 (01/16)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第五章 不死鳥の騎士団編 第四十五話 トランク探検隊(やけくそ)!! (01/16)
  • 異世界転生したいやる夫のお話 その24「やる夫と部長ハドラー」 (01/16)
  • 異世界転生したいやる夫のお話 その23「やる夫と顧問の先生」 (01/16)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第二七話 「夜想詩クロナカ」 (01/16)
  • やる夫たちでソードワールド ルミエルレガシィシナリオ (01/15)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle10『新たな戦場へ』 ~ 小ネタ (01/15)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle09『“魔女”討伐』 (01/15)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです 小ネタ ティダンレンジャー 他 (01/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/10)
    ※完結作品は集計した前の月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1ローグライク異世界転生
    2ハリポタ世界と鉄血のオッサム2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝4横島くんは死神になるそうです
    5やる夫の現代ダンジョン5あんこ時々安価で鬼滅の刃
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7やる夫は聖杯を落としたそうです7やる夫はソロハンターのようです
    8あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG8華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    10ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11血まみれ勇者11デーモンスレイヤー
    12やる夫たちでソードワールド12やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    13できない子とSCP13レベルを上げるスレ
    14日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅14ドクオが異世界転生したようです
    15アカガネ山のやる夫15STALKING!!
    16やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。16証言と証拠は安価とあんこの後で
    17ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1117やる夫はギルドを経営するようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18コンピューター様、情報更新は義務です!!
    19やらない夫がサッカーで天下統一するようです19アメリカンヒーローアカデミア
    20うわべだけ魔王様20やる夫たちは三連星(代理)のようです
    21森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠21やる夫の野望
    22彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです22ご加護なカンジ
    23それ行けサイヤ人やる夫!23オーバーあんこ
    24やる夫は仲間達と冒険するようです24やる夫は男子校?に通うようです
    25あんこ時々安価でヒーローもの25人形使いできない夫の旅路
    26やる夫達は人間ではないようです26できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    27やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~27やばキャン凸
    28英雄を作ろう!28新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    29やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです29ダンガンカオス
    30やる夫と武蔵さん30やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    31【新訳天庵記】やる☆おだ31やる夫はLVが上がらないようです
    32METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~32やる夫がアイドルになるようです
    33やる夫の伝説33金欠ほのぼの冒険物語
    34正義屋さん34魔法使いはオタクばっかり
    35やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです35めぐみんの楽しい独身生活!
    36そんな二人は同棲中36Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    3759号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです37やる夫は恋を応援するようです
    38魔女はやる夫になるようです38カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    39やる夫王子の暇つぶし39主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    40やる夫達は死の遊戯に抗うようです40ライドウ聖杯戦争


    過去ログはこちら
    人気ページランキング