スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】共依存

目次

3926 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:26:36 ID:EfT2r8TW



            _
           ` 、: ̄:::::‐-:........._
             >:::::::::::::::::::::::::::`:::...、
          ,....::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,...:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     .´ ̄  ̄ >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::l
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::!
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::::/´!:::::::::;'       三船さん、これ、お願いしますね。
      ̄ ̄.フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヘl:::::::::/,___l::::::::;'
       /:::::::::::::::::::::::::;ィ::::∠,,,ィ::::::ム' ̄レ',)/
       ̄ ̄7:::::::::<´ /イ´(_/:::/ ̄ヽ'¨7::/       「私は、掃除ができない。」
        ム'イ1::::::`Tヽ    // __ ´ ィ::/
           l:::/.\', \ '  ∠ィ./ル'、
           レ′ /〉  >  _ イ/.王'、      _ _
              /.,' .',      ./    ヽ-、 -‐' ´
              ,'+l ∧     /   o  ./ 王   o
           // レ'  ',   /   ゚.o..゚/l      ゚.o.゚


                     _ _ __
                 ...-‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.丶、
               ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\
               /::/.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           /::/:.:.:.∧:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.'.
           ,'::/.:.:.l::| \:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:ヽ:.:.:.:i
            /.::':.:.:.:|:.|.   \:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:ト、:.:ヽ:.:.|
             l:.:.l:.:l:.:|:.|__     \::⌒`>、:ヽ:.:.\:.:.:|:.:\:.:.:.|
             |:.:.|:.:l:.:|⌒       ,斗t劣ぅト\:::ヽj⌒、::ヽ:}
             |:.:.|:.:|:.:|ィャ斧ぅ       ヒぅり ′|\:jf´) }:.:.:ハ    わかりました。
             |:.:.|:.ハ::',  ヒ::り      ´    |:.:.:.|j  /::/:.:.:.
             |:.:.ト:.∧:i  ´   ,      ' ' ' ' ' ' |:.:.:.|.ィ:::イ:.:.:.:.:.',
             |:.:.| }::i ヾ. ´´´            |:.:.:.|:/ |:.:.:i:.:.:.!  「いつも、部屋を散らかしては彼女に片づけさせてしまっている。」
             |:.:.|八i   fヽ              |:.:.:.|'   |:.:.:l:.:.:.|
            |:.:.!.     | .| .、 `  ´   / |:.:.:.|.   |:.:.:l:.:.:.|
           |:.:|      | .|  >      イ   .|:.:.:.|  .|:.:.:l:.:.:.|
          |::j   r‐‐、l .i/´)    i     |:.:.:.|   |:.:.:l:.:.:.|
.            |:l ,r'ー‐、∨ /ーェ=ー.ノ      i:.::八__ |:.:.:l :.:.:|
.           l:|.r'ー‐‐、〉j i/´   ′    .'::/ ./:`:ー‐-、!
            /l:!:| ̄`ヽ_)´ ′`ー 、  -‐‐/::/ /: : : : : : : : : :`ヽ
          /: : : : }   .i  /           /:/ /: : : :/: : : /: : : : :i
        j: : : : ::j    i ∧          /,'/: : :/: : : : :,': : : : : :|
       ノ: : : : ,′   .人.ハ. __      /: : : :/: : : : : : : : : : : : ::|
       〈、:_:_/    ィ乂 ヽ廴i二f二孑':/: : ::/: : : : : : : : : : : : : :{
.      / ./    /: : :/`≧ー==≦: : : : : : ∨: : : : : : : : : : : : : : :〉
      //    /: : : :/O/: :,': : : : : : : : :`ヽ: {: : :ヽ: : : : :ノ: /: : : ノ




3927 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:28:47 ID:EfT2r8TW



:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::!‐- ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     今日は……魚ですか。
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',   「私は、料理ができない。」
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄    /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、
::::ゞ、          .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \
::/.  \\                .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \
        \ >     イ /    /



     /: : : : : : : : : : ヤ: : : : : :\: : : : : : : :ヘ : : : ム
.    /: : : : : : : :|V: : :ヘ、: : : : : : :\: : : : : : :ヤ: : : ム
   / : /: i : 从: { V : : ヘ\: : : : : : :\: : : : : }',: : : ム
   |: : | : |: : i. ヤ! \: : :\ < : : : : : ヘ: : : : |ヤ: : : }
   |: : | : |: : | ヤ!.  \: : :\-`‐‐-- :ヘ: : : | ヤ : : |
   |: : | : |: : |, -ヤ!    ` <_\   ` <',: :|: ヤ_: :]     はい!サンマが安かったので。
   |: : ヤ :li:/|   '      ≦芳芸ョュ、 !ヤ} : ト、∨
   |: : :ヤ: lヤ| ィ芳芸ュ     {煎じ} ≫.|: ',| : | } }
   | : : ヘ: l _',釟煎じ}      ゝ- '    .! : : : |/ハ
   ヤ : : ヘ:|',`` ゝ- '        ' ' '   .|: : : :|/: : ヤ   「包丁を使った料理を、あまりしたことが無い。
    ヤ: : : |ヘヘ  ' ' '   '          |: : : i!: : : :|
.    ヤ : : |  ∧                   ,| : : i!- 、/    料理も、彼女に任せている。上手いし、美味い。」
    ヤ: : :|    \     ー  ´     ./ |: : i!  }
      ヤ: : |     \         /  .i! : i!  ハ
.     ヤ : |       >   _  ィ    i!: /    >、
     ヘ: :|__ > ´: : /   i   .> i! /   /    L


3928 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:33:18 ID:EfT2r8TW



                   _ ,,...........,, _
                _,、<::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               _,、<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´,
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
         ´ ̄ ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::::>''"丶/::::::::/ i}:::::ヘ
             /::::::::::::::::::::::::>''" 弋テ、/::::/ -‐/:::://      言われた通りこれを、取り込んでおきました。
         /:::::::::::::::::::::(r<   (___,// l赱ノ:::::://
           ´ ̄|::::::::::/::厶     / ,, ゝー/::://
            |:::::/ |::::::l心、        /::://        「私は、洗濯は何とかできる。」
             |/__|∧|   \   ‐- /::::/
              ∧..:..:..:..|    `  __ ./  レ゙
               /二\..:.:|     |\
          ,./ニニニムノ_    |..:.:ヽ
         /ニニニニニニム `"''' ‐┴冫..',
        /ニニニニニニニニム _  〈..:..:}
       /ニニニニニニニニニニニム   ̄ ヽ..}
.    /ニニニニニニニニニニニニ二ム ,/   }..}


      /: : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : ∧
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :∧
    /: : : : : :/∨∧: \ : : : : : : \: : :ヘ : : : :}
    / : : : :i: :{  ∨∧、:ヘ\: : : : : : ヘ: : ヘ: : : :|
    |: : : : :i: :|  ,∨∧\` ー--: : : ヘ: : ヤ: : :|
    |: : : : :i: :|_/  \:ヘ \',__ ` < ヤ、: }: : :}     ありがとうございます!助かりました。
    ヤ i,: : :i,| ___  \',  ィ===ュ、ヤ: :ヘ!ヽ/
    ヤ|ヤ: :}',! y==ュ、    弋__} " |: : :| }|
.    ヘ!i∨:| く弋__}       /// |: : :|ノi!       「でも基本的に彼女に任せた方が早い。」
.      ヤヘ! {ヘ///   '       |: : :|:/
      ヤ: : :iー',      _    /.|: : :|ヤ__
       ∨: :ヤ->、   丶 ノ   / |: : :|.|    `ヽ
       ∨: ヤ': : :>  _    /   ,|: : :|{    / ハ
.    __  ∧ : ヤ: : : : /  i T ´   ./|: :/ `r‐y‐√   }
   r‐/ .\/ ヘ: :ヤ: : :| |  〉|    < .|:/ イ/ / ,┴、  |
. r┤ { /  ><.{ヘ:ヤ : ハ{ヘ ´.弋  / 〕/}|| | /./ |  |
../|. | ノ彳´___ | ゝ|ヘ',/  |ヘ   δ   .,{ くハハノイ  i!  |
.ヤ!人   i   i! .ハ: ト',. 丶ヘ     / |\   !  〈   |
..乂 .\ !  .〈 | 弋{ `  \ i  // |/ \    ヘ  |


3929 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:36:19 ID:EfT2r8TW



      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:....、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、
   , .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-、 _:::ヽ
.  /:;:::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ `゙
 /;ォ::::::::::::∧:::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
./ .,′:::::::;′.∨:::::::::::i!、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::ヽ
  i::::::::::::i!   ∨:::::::::i! ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧`ヾヘ
  !:::::::::::i! 、  ヾ::::::::::i!. ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  `
. !::::::::::_|  \ ∨:::::i!  ヾ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧     「今まで色々な人間に、『ダメ人間』とまで言われてきた。
 i!::::;:::/:i. 、_ヽ  ∨:::i、_ ,x≦_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 i!::/|:ヽ:;   ̄ミ/- 、∨|彳弋_ソ〉:::|::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::ハ    尤もである。私は、おそらくダメ人間で、何一つ……仕事以外は、
 !/ !|、:| ー 7  (  ソ  `¨.、゛_';:オヾ、::::::::::::::::::::::::::ヾ 、:::::::::::ハ
. メ,  i!刈   ヽ  `  _ ノ_  i!  ,ゞヾ、:::::::::::::::\ハ \:::::::i    できないのであろう。」
    r‐ ヘ         , ゛ 7   ムノ:::\::::::::::::::ヘヾ   ヾ:i!
    弋  ` 、- 、     .i!  l   .イヽ::::;、::::::::::::::::{\ハ     `
    ハ    ` -.、   |   } /   Y ヾ:ト、:::::ハ. _
     l          ̄    |´ /  ≠-‐   ̄\:}~ |
    }            i! ム ´           /
.    {              j ´             /
     )              /      _ -―-    ` 7
    ヽ_             /     〃        {
       `ヽ          /     ´          \
      ,、  `l _ -- _ i!   /             `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!




             _ .....--......._
         _,, -‐::::::::::::::::::::::::::::::::` : .
      ,...ィ彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ̄ 7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::;::::::::::::::::::i
.      ハ::::::::::::::::::::::::::::::;/λ:::::::::;イ }::::::::::::::::::}
.     ,:::::::::::::::::::::::::::::シ、|/:::::::;ィレイ;|'!::::::::::::::!
      i::::::::::::::::::::::::ソ__/:::;イ| i__シ !;:::::::::::::,'
.    |:::::,:;::::::::::;ィ´ ,. -シ.く ||, -- 、.,;//´ヾリ    「彼女が居てくれてよかった。もしかしたら、私は彼女がいなかったら
.    ゙´ /:::;、イ ', ヽ _ ノ⌒ 、_ノ´/´) /
     〃´ ヽゝニ,             λ_ィ'      餓死していたのかもしれないのだから。……いや、言い過ぎか。
           ∧::冫、    ___   / !:::/
           ∨. ';:::ゝ、`‐‐´ ,ィ:':;' .レ′       少なくとも、私1人の生活は、ここまでキレイな物ではないのだろう。
             ∨ .|> < |ヾ'
            _, =|      |= 、         ……彼女に、感謝している。」
           / f':-‐i      i‐-:i ハ
             / !::| ` t‐--‐ ´ |j. ハ
            ,/   ∨_ i ○   _ y   〉
      , ィ  {    ハ` !‐-‐! ´ /   ハ.ヽ
    , ィ´    !     ハ j   ', /   /  ',  \


3930 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:38:48 ID:EfT2r8TW















             ,,.、- ..:..:..::.::.::.- 、、   √]
           ..:'´.::.::.:.:、+^.::.::.::.::.::.::.::.:` 、 {'/,|
             ,:'..:..:.::.::.、`.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::' ,/|
         /..:..:.::.::、::.::.::.::.::,:゙.::.::.::.:゚:, .::.::.::.::.::.゚:i
         .'..:..::.::./.::.::.::.::.::.::,ィi.::.::i.::.::゚,.::.::.::.::.::.':,
           ′..:. /.:.:,:゙.::.::.//,'/,.::.::l.::.::.:i.::.::.::.::.::.::. :,
.         ,′.::.:,′,゙..:..: /,',,_  ゚,.: ヤ.::.::i.::.::.::.::.::.::.: i
        {.::.::.:::;..:..:.::.::./    "' ∨∨.::ト、.::.::.::.::.::.: }
.         ゚,γ''{.::.::.::.:/ _,,..,,,_    ∨「'':、.::.::.::.::.::l
         i  |.::.::.::'"「嗹i「^ヽ    _,,.,,_ ∨.::.::.::.;
         ヤL!.::.::.j ^"^^      ^嗹ミメ、V.::.::.,′    「私には、彼がいないとだめだ。」
          火l:.::.:i           ^ ''゙ .,.:' Ⅴv
.          η.::.l.::./,           ,:゚.::.::/,′      「 絶 対 に 、絶対に生きていけない。」
          ∥::.λ.::.}}h、   、.,,_    ,. ^.::.::/
         ∥.::.' ヤ::l_j...}h、    ,.  '` ./:: /          「彼無しの生活なんて受け入れ難い。」
        {{.::.:{  ヤ+=- _ ` セたー_  /:: /
        jj.:._j.、ィ ヤlニニ]  Lニニ>'.::,ィ(=ニ)h、
     r=ニアく -=ニi|ニぐ゙- _ ``<,ィ(ニニ寸=ム
     √, '゜  `寸ニニニ)h、 - i∠ ``<ニニマ=}
     { :′     寸ニニニニ)h、 i   - _ `寸マj
     ヤ!      :  ⌒^^マ竺)h、     - ,マ〈 _
.       i}        ; .     ',ニニ=}h,、 ':、.   ヤi=-_
.     ⅰ       i. ;    ∧ニニニ心, ゚:,   i:}ニ-
.     |      !'/,  ,//∧ニニニム  ゚,  ∥ニニi
       !        l /,,ィi{////,-ニニニム } _∥ニ二}
     ,ィ!      j{,ィi{///////,-ニニニニ'//,√ニニア
     }}}h、    ψ/////////,ニニニニ'/,'√ニ λ
     ヤ//うぅo。..j{'//γ''<'///}ニニニニi,'/ー=∧/,
.     ヤ///////l '寸ム   ``<ニニニニ/ー=∧ ','/,〉┐
     ∥,'/////∥  寸:,      |ニニニー/ー==∧-=i,'/ ={
    ∥'//////{{    jh、    !二ニニ/ー=∧-=,,jI斗-ヤ
.   ___{{///////jj    ]|二ニ==‐- 、、..,,__,,,..、、-^ -=} ーヤ
   「∥//////∥    √-=ニΞニニ==―==ニ ア'∧ -ヤ,
   |√,'/////∥    ,′ `寸うぅo。..,,_ ー=-__,,.。s≦Ξ∧-ヤ:,
   }゙////////   .ャ'    寸ニ二二三三二二ニニ{ '/,j '∧
   〉///////  r升{      }ニニニニニニニニニニ}  )///∧


3931 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:42:51 ID:EfT2r8TW



     /: : : : : : : : : : ヤ: : : : : :\: : : : : : : :ヘ : : : ム
.    /: : : : : : : :|V: : :ヘ、: : : : : : :\: : : : : : :ヤ: : : ム
   / : /: i : 从: { V : : ヘ\: : : : : : :\: : : : : }',: : : ム
   |: : | : |: : i. ヤ! \: : :\ < : : : : : ヘ: : : : |ヤ: : : }
   |: : | : |: : | ヤ!.  \: : :\-`‐‐-- :ヘ: : : | ヤ : : |
   |: : | : |: : |, -ヤ!    ` <_\   ` <',: :|: ヤ_: :]
   |: : ヤ :li:/|   '      ≦芳芸ョュ、 !ヤ} : ト、∨
   |: : :ヤ: lヤ| ィ芳芸ュ     {:::::::} ≫.|: ',| : | } }     「彼は私がいないと生活ができない。でも生きては行ける。
   | : : ヘ: l _',釟:::::::}::::::::::::::::::::::ゝ- '    .! : : : |/ハ
   ヤ : : ヘ:|',`` ゝ- '        ' ' '   .|: : : :|/: : ヤ   でも、私はそうじゃない。 生 き て い け な い 。
    ヤ: : : |ヘヘ  ' ' '   '          |: : : i!: : : :|
.    ヤ : : |  ∧                   ,| : : i!- 、/    彼がいないと、生きていけないんだ。」
    ヤ: : :|    \     ー  ´     ./ |: : i!  }
      ヤ: : |     \         /  .i! : i!  ハ
.     ヤ : |       >   _  ィ    i!: /    >、
     ヘ: :|__ > ´: : /   i   .> i! /   /    L



           ,.ィチ三三三三ミt、
         /三三三三三三三ミt、
        /三三三三三三スfヾミミハ
      / 三三三三三/ヾニ゙jt、Yミハ
     /三三三三ミアlミ/   /ミ/ゞ'ニヽ、    もう冬の事も考えなくては……(コタツを出したいだけ)
   /三三三三三〈 レ'、     //  " .∧_)
  /_,,..-三三三三三「ヘ   '"   -、  ,!
   ̄    l三三三三ミミ| ヽ._         /      「彼は料理も掃除もできない。出来たら私はいらなくなってしまう。
       lミ/l三,ミ|ヾミ|   `ヽ、    /
       レ゙ .|ア゙ヾj ヾ!   r――‐ '.        だから私が全部、全部やるんだ。そうしないと必要としてもらえない。
          r-‐'ー------'=-、
          l:::::::_,,.. -―゙ヘ          でも彼にも洗濯だけは手伝ってもらう。彼と一緒に何かをするという充足感の為に。」
         ノ::,,.ィ''"´::::::: l
       ,-='ニ"_____,,..--゙'-、
       L_:::::::::::::_,....__ヘ、
      ィ'三三三ニf ̄ヾ ̄ ̄´マ三ミム. `ヽ、
    /ニ三三三三| :: マ :: :マ三三ヽ、 \


3933 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:46:53 ID:EfT2r8TW



               ,.....::::´::/
         ,......:::::´:::::::::::::::/
      ,.ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::::<
    ,.ィ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ;:::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<        「学生の頃から彼は優秀だった。
. l:::::::::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. 、::::::::l. ,ィへ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r---‐'      何でもできる人だった。そつなく何でもやれる人。
 ヽ::::::ヾ f ,.ィァ、:::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  ヽ::::::::゙Yヾミ, `¨ー-`ー-、:::::::;:::::::::ヽ ̄        料理と片付けが”少し苦手”だった。」
   ヽミfヾ、`       ';::::;' `ヽ::::::l
     ソゝ'        _ ヽ'   lヽl
     `¨`゙'-‐-   ,. '´ l__,,,....L_,...._
         `ヽ._/'"´ : : : :,.ィ''゙,.. '"´
             l: : _,,..-‐''"_,.. '"
           ,.-レ'" : : : :ヽ.`ミ''ヽ、
           l: :`゙''ー--------`゙'ーニ-ヽl
          ,l.---、________`ミ
        ,.ィ彡三三三ミ|! :: :: :l三ミ\
      ,.ィチ三三三三三ミ! :: :: ::l三三三丶



                 _,,.、-‐===‐:-,.
               ,ィ: : : : : : : : : : : : : : ≧z。
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミメ、
             /: : : ,.': : : : : : : : : 、: : ``: : : : :ヾヘ,
            ,,': : : :/: : : : : : ト、: : : :.、: : :.\: : : ヾ
            |: : : イ: : : : : : : ! \、: : ::丶、: : 、: : :、
            |: : : :j: : : : : : i:ィ-‐ `ゞ-一'≧=-ヘ : i:\
            |: : : :ハ: : : : : :Ν       符^了ヘj\:\
            ’、: : ハ: : : : ∧ ィ斧⌒      !   ´"へ;、
             ヾ、: :∧: : : : :y″゛     '   }       ヾ、    「だからそこを、ずっとずっと前から、『私がやってきた。』
              }h: i⌒ヾ: :λ       ,  /
              У介ュ ヘ: : ヽ    `   /             彼に必要とされるために、彼が必要とするために。
             /: : : リ )77ヘ、: :\_____,.イ
           /: : : : :/ / \ \: : ゝ{k  ∨!              私が彼の傍にいるために。私が彼の傍に居たいがために。
          /: : : : :/ λ   >-ニメヘ.   j_厶ィ
        ,ィ : : : : /  / ≧s。,_ __≧z 〉xく  メ ___        できなくさせた。彼がもしかしたら人並みにできたことを、
       ,,': : : : /   /          7ヾヾ`<二__/⌒"~
       ′: : /    .:' -‐        イ  \≧=-----、         できなくさせた。私がいればいいから。」
       i: : : /    ,イ    -_      `ー‐介---rx   〉
       Y: : {    /         ,,.:.:        〉 \/
        ': : i    /        У       ゙:.. / ヘ
        ゝ、k   i/        /          :,ィ(   >‐‐
              j       / ::.、      ..:/        ̄>-
             ノ      ∨       .: /+.,,         γ ̄ァ‐ー''"~ 二ニュ
            i       / `゙ ≧=- ァ''"    ´"'‐      7  /     ニニニイ
            {      ∧      /           ̄ ‐一 弋__心、 ___ 二ニぅ
           ,ィ      ∧     У


3934 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:51:49 ID:EfT2r8TW



                       __
                     ,,ィ::::::::::::::::::::::::::>...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::∧
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i! ヾ::::::ハ
          / イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::l / ∨:::ハ
          /´   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ_ ';:i!.|!んl; -;:i     「彼はきっと職場では優秀な人だ。
             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ` .リ .|リ´ ノ}
.               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ `ヽ/-.f⌒ー≦′    給料も役職も、この前に上がったらしい。
                l:::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::;乃' , ´ ノ   ' /:;'
             i:::::/!:::::::::::/-|::::::/   ` ´   , ,.'レ′     でも私にはそんなことは関係なかった。
              レ′ ∨:/こ i:::; '.、       ´/
                 ,..-=≦ ̄ミ=. 、 `  ― -‐'         どんな立場であれ、私は彼の隣にいないと生きていけない!!」
                    ∨:::::::::::::::::::i!   ヽ |
                 ∨:::::::::::::::::|.    ヾ‐-,_




                            -‐==‐-
                       x≪i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≫x
                  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\___
                      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x'⌒
                  /i:i:i:i:i/}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,
                     ′i:/jノ }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,     「彼は自覚してないんだ!私以外にも、
                 :i:i:ij ト、 .}i:i:i:}Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,
                 }i:r‐} !fハ vi:il. Ⅵ\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,     彼をずっと見てた、彼を欲しがってる女が、
                 } 乂_ `”ソ Vi}_,.xr=气x:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、乂
                Ⅵi:「¨ノ^ヽ/⌒ ゞくノ'Vト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:N       今まで沢山、沢山いたこと!
                   乂, 丶  \__,,ノ  Ⅵえ*。,_i:i:i:i:i{
                    ′ v.、        /‐r‐くi:i⌒ヽ {        何でもできて、優秀なこのヒトを能力で選ぶ人が!
                     }∧ ゝ'    ,. イ   Ⅵ:_)}>、  `
                     ノ   ー= ≦ハ.      v/: :{          でも彼はその時から私が必要だった。
                     / /:_}i     /: : :..:{__
                     _,.。*´:.:.:/:/´j     ./: : : : : イ⌒\       勉強以外はどうすればいいか分らないから、『私に聞いた』。」
                    x≪: : : : :.:../:/      ./: : : : :/: {: : : : :.ヽ
               /: : : : : : : :..:.i./`ヽ  __ /: : : : :/: : {: : : : : : : `ヽ、
             /: : : : : : : : : : :..{{     ./: : :.::/: :.:.ノ: : : : : : : : : : :\


3935 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:53:50 ID:EfT2r8TW



     /: : : : : : : : : : ヤ: : : : : :\: : : : : : : :ヘ : : : ム
.    /: : : : : : : :|V: : :ヘ、: : : : : : :\: : : : : : :ヤ: : : ム
   / : /: i : 从: { V : : ヘ\: : : : : : :\: : : : : }',: : : ム    「その度に私は」
   |: : | : |: : i. ヤ! \: : :\ < : : : : : ヘ: : : : |ヤ: : : }
   |: : | : |: : | ヤ!.  \: : :\-`‐‐-- :ヘ: : : | ヤ : : |
   |: : | : |: : |, -ヤ!    ` <_\   ` <',: :|: ヤ_: :]     望君、解らないなら、多分好きじゃないと思うの。
   |: : ヤ :li:/|   '      ≦芳芸ョュ、 !ヤ} : ト、∨
   |: : :ヤ: lヤ| ィ芳芸ュ     {煎じ} ≫.|: ',| : | } }    だから……断った方が、きっと、不幸せにならずに済むと思うよ、お互いに。
   | : : ヘ: l _',釟煎じ}      ゝ- '    .! : : : |/ハ
   ヤ : : ヘ:|',`` ゝ- '        ' ' '   .|: : : :|/: : ヤ   「こう答えてきた。」
    ヤ: : : |ヘヘ  ' ' '   '          |: : : i!: : : :|
.    ヤ : : |  ∧                   ,| : : i!- 、/
    ヤ: : :|    \     ー  ´     ./ |: : i!  }     「彼が、絶対に必要だったから。」
      ヤ: : |     \         /  .i! : i!  ハ
.     ヤ : |       >   _  ィ    i!: /    >、
     ヘ: :|__ > ´: : /   i   .> i! /   /    L


3936 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:55:32 ID:EfT2r8TW



              , <          ヽ
                /                 丶  /
             〃                ∨ ./
            /     ハ  .lヽ         ∨
          i      ,' ∨.ハ ヽ   、     ハ
.           j{   .{  ,'  ヽ ゛ ‐ヾ =ミ 、   .ハ
         |{   i!{ ; ,ィ  丶 、  \ ヘヽ ヽ  i!
          l l : ハ,{''´     \、 ,ィ云ミ.、| | i!      「私には彼が絶対に……」
           | |  ll.{´{l ,.ィ=ミ::::::::::::::::::::之_ノ ``l l、 l
         Ⅵ. l l ハJ以           l .l } j
          ゙{ ∨ | '  `´    、   ///// | .レ '
             ゛ { .|ヘ. /////           | .l
.              l .l ゙ハ          _     , | .l
                | .l  ゝ.     ´      ,イ | .|
              l .l     >      / |  l i!
             l l    / l } ≧s-    l  j l
            l i   i  j{ j         l、l .i
           __ l l  _ 斗 ' ´       _ 二j -‐≦´  ̄ `ヽ  /



      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:....、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、
   , .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-、 _:::ヽ
.  /:;:::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ `゙
 /;ォ::::::::::::∧:::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
./ .,′:::::::;′.∨:::::::::::i!、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::ヽ
  i::::::::::::i!   ∨:::::::::i! ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧`ヾヘ
  !:::::::::::i! 、  ヾ::::::::::i!. ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  `
. !::::::::::_|  \ ∨:::::i!  ヾ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
 i!::::;:::/:i. 、_ヽ  ∨:::i、_ ,x≦_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 i!::/|:ヽ:;   ̄ミ/- 、∨|彳弋_ソ〉:::|::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::ハ       「私は恐らく、彼女が……」
 !/ !|、:| ー 7  (  ソ  `¨.、゛_';:オヾ、::::::::::::::::::::::::::ヾ 、:::::::::::ハ
. メ,  i!刈   ヽ  `  _ ノ_  i!  ,ゞヾ、:::::::::::::::\ハ \:::::::i
    r‐ ヘ         , ゛ 7   ムノ:::\::::::::::::::ヘヾ   ヾ:i!
    弋  ` 、- 、     .i!  l   .イヽ::::;、::::::::::::::::{\ハ     `
    ハ    ` -.、   |   } /   Y ヾ:ト、:::::ハ. _
     l          ̄    |´ /  ≠-‐   ̄\:}~ |
    }            i! ム ´           /
.    {              j ´             /
     )              /      _ -―-    ` 7
    ヽ_             /     〃        {
       `ヽ          /     ´          \
      ,、  `l _ -- _ i!   /             `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!


3937 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:56:01 ID:EfT2r8TW










                  「必要だ。」












3938 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 00:57:11 ID:EfT2r8TW
















      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   以上です。……が
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  誰 が ホ ラ ー 書 け っ つ っ た よ ?
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ    「共依存だけで良かったはずだろ!?」
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


3939 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/18(木) 00:57:54 ID:+YW75R6f
いい共依存でした……


3940 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/18(木) 01:03:13 ID:EfT2r8TW



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  生活自体はゆっくりのんびりしてると思う。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"    普通に幸せになって明るい未来へレディーゴーじゃない?
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙      なんか間の悪い女性とかが近づかなければ。(揺さぶり)
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
正義屋さん 番外編 超能力者の通信簿 vol.EX (07/16)
  • 国内的な小咄 561 どこっ!? (07/16)
  • 国内的な小咄 560 讃岐のうどんにそんな歴史がっ!? (07/16)
  • 国内的な小咄 559 面白い説明じゃ (07/16)
  • できない夫は蒼海の伝説に挑むようです Misson01『漂着』 (07/15)
  • できない夫は蒼海の伝説に挑むようです 解説 ~ 休息会話 (07/15)
  • できない夫は蒼海の伝説に挑むようです PTメンバー安価 ~ キャラメイク (07/15)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 18 原人の発見 (07/15)
  • 国際的な小咄 7333 나고야 (07/15)
  • 国際的な小咄 7332 コロナパーティーは…… (07/15)
  • 国際的な小咄 7331 えっと……共産主義者、こうもり食ってますぜ? (07/15)
  • 国際的な小咄 7330 みんなもやってみよう!   ……って誰がやるか! (07/15)
  • 国際的な小咄 7329 お前ら……おもちゃにするな! (07/15)
  • 英雄を作ろう! ~015話~ その7 (07/15)
  • 英雄を作ろう! ~015話~ その6 (07/15)
  • 英雄を作ろう! ~015話~ その5 (07/15)
  • やる夫の現代ダンジョン(シビア)でソロ生活 その6 (07/15)
  • AAで学ぶ農業基礎 66~70 農業機械の種類 他 (07/15)
  • AAで学ぶ農業基礎 61~65 よーく考えよう、掃除は大事だよ 他 (07/15)
  • AAで学ぶ農業基礎 56~60 素因に対する対処法 他 (07/15)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 95 (07/15)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 94 (07/15)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 93 (07/15)
  • 蒼星石は亡国の王子のようです 第?話 シャイバーニーとイブン・ルーズビハーン (07/15)
  • 目次 やる夫が大樹の正体に触れるようです (07/15)
  • やる夫が大樹の正体に触れるようです 最終話 (07/15)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第42話 「結局幹部って仲間になるか死ぬかの二択」 (07/15)
  • デーモンスレイヤー 3 (07/15)
  • 国内的な小咄 558 うずしおさん…… (07/15)
  • 国内的な小咄 557 断然…… (07/15)
  • 国内的な小咄 556 高知県の西の端から東の端 (07/15)
  • 国内的な小咄 555 マジか、そんな尾道ラーメンがあるのか…… (07/15)
  • 国内的な小咄 554 静岡に行こう! (07/15)
  • 国内的な小咄 553 山口は車がないと不便(By山口市出身者) (07/15)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 78 (07/14)
  • やる夫たちでソードワールド フロウライト:クリスタルボーイさんの一日 (07/14)
  • やる夫たちでソードワールド 戦時中のダルクレムさんの様子 (07/14)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 20 (07/14)
  • やる夫たちでソードワールド 次回作PC候補紹介、最終回 (07/14)
  • やる夫たちでソードワールド 一輪とやらない夫 筋肉布教日記 5 (07/14)
  • 国際的な小咄 7328 バイオレンス&レフト! (07/14)
  • 国際的な小咄 7327 手のひらクルリ、の裏側 (07/14)
  • やる夫の現代ダンジョン(シビア)でソロ生活 その5 (07/14)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 62 (07/14)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 61 (07/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 92 (07/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 91 (07/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 90 (07/14)
  • AAで学ぶ農業基礎 51~55 残留農薬 他 (07/14)
  • AAで学ぶ農業基礎 46~50 誘引剤ってなんだ? 他 (07/14)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/6)
    ※完結作品は集計した前の月(5月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3やる夫はソロハンターのようです
    4ダイスに委ねる皇女生活 in エリア114異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5ローグライク異世界転生
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7ドクオが異世界転生したようです
    8あんこ時々安価で鬼滅の刃8やる夫とかがみは世界を探す
    9できない子とSCP9アメリカンヒーローアカデミア
    10やる夫たちでソードワールド10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11コンピューター様、情報更新は義務です!!
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫は魔導を極めるようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部14やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    15アカガネ山のやる夫15レベルを上げるスレ
    16森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠16やる夫は男子校?に通うようです
    17ご加護なカンジ17やる夫はLVが上がらないようです
    18ジーク君は半妖の少年のようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19白頭と灰かぶりの魔女19ダンガンカオス
    20IT業界のやる夫さん20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです21めぐみんの楽しい独身生活!
    22やる夫は竜の人財のようです22やる夫のみつめてナイト
    23やる夫がロードバイクに乗るようです23主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    24やる夫の伝説24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25ダンガンあんこ
    26やる夫がモテ研に入部するようです26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫の兄はブラコンのようです27やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    28魔女はやる夫になるようです28ニューダンガンあんこV3
    29やる夫は人形使いと呼ばれるようです29やる夫ファンタジー
    30イナズマイレブン/ロリ/ショタ30あんこ終末旅行
    31やる夫がKenshiになるようです31STALKING!!
    32【新訳天庵記】やる☆おだ32あんこ町の住人は星人と戦うようです
    33やる夫は吸血鬼と共に歩むようです33恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    34やる夫は死なせてもらえないようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やらない夫は集われるようです35彼との恋は命がけ
    36日給2ゴールドのやる夫36できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    37やる夫はアーランドの冒険者になるようです37カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38北方人民共和国の興亡
    39やる夫達は死の遊戯に抗うようです39偉大なる冒険者・水銀燈の華麗なる日常
    40やらない夫と肉食系(?)ヒロイン達40カリブの海と海賊たちのはなし


    過去ログはこちら
    人気ページランキング