スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

見える世界で生きていく 3話

目次 現行スレ

133 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:16:57 ID:d3e023ad


             ┌────────────────────── ┐
             │                                  │
             │     私は強くなった。変わった。そう思っていた。    │
             │                                  │
             └────────────────────── ┘


                    ― 、_ , ― 、
                /> ´     ̄`ヽヽ
              / / ___    _V_V
                  ′(ヽVニニニ\__/ニニニ∧
              { (ソ-Vニニニニ}ili{ニニニ/ }
              | {!ヽ  ∨ニニイヽ乂_/、_.ノ__
              ⅥV__/ニニニi}  Vニニニニニニ >     中学では成績もスポーツも大抵の同級生よりできた。
                //ニニニニニニi}  Vニニ>< ヽ    
             /  ̄/ ̄`ヽニ/____ ∧ニ/    ヽ }    
           /   /   } }Ⅴ   { Ⅴ丶     V    容姿を磨く努力もした。
           /   /    ノノ{ ̄ ̄ ̄}\   \   ゚,    容姿については姉という優秀な教師がいたのも大きかった。
           /  / / -=≦ニニニニニニ!ニニニ≧=- 、  }    おかげで告白をお断りする苦労も背負ってしまったけれど。
          ′ / /ニヽニニニニニニニニ:|ニニニニニニニ}ニ} 八
.        i  /{  |ニニハニニニニニニニニ!ニニニニニニニ}ニ}/
          レ′ヽ |ニニニi}ニニニニニニニ|ニニニニニニニ}ニ}      とてもとても迷ったし、勇気が必要だったけれど
.              }>―〈ニニニニニニニ:|ニニニニニニ/ニ}      自分を変えたかったし、色んなものを吹っ切るために
             /   /ニニニニニニニ!ニニニニニ/ニニ〈      生徒会に入って、役員を務めてみせた。
.            ヽ_ /ニ}ニニニニニニニ|ニニニニ∧ニニ∧     
             }ニニニ}ニニニニニニニ}ニニニニ{ Vニニ/,    
             }ニニニ}ニニニニニニニ}ニニニニ{  Vニニ/,    友人も増えたし、それにつれて人付き合いも上手くなったと思う。
            j}ニニニ}>V∧ ̄ ̄.{ { ̄`Y  }ニニニ}    そんな自分は変わったと、昔の自分ではないと自信を持っていた。
           ∥ニニニ{  V∧――{ {__O_}、 }ニニニ}
.             ∥ニニニj}<二ニニニニニ{ {   }∧!ニニニi}
          ∥ニニニj}ニニニニニニニニゝ---'ニ∧ニニニ}
          ∥ニニニニj}ニニニニニニニニニニニニニニ∧ニニ}                 でも、違った。
          ∥ニニニニ∥ニニニニニニニニニニニニニニニ.\_}     
         ∥ニニニニ∥ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
         ∥ニ>―〈ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
          j{/{ /㍉ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
.          フゝ-- 'ニヽ.ニニ> ´ ̄} ̄ ̄ ̄ ̄∥ニニニ/ ̄
       <ニニニニニニニ{ ̄   _____ |  __ ∥ニニニヽ
          ̄ `ヽニニ/ /:i:i:i:i:i:i:|<:i:i:i:i:i:i∥ニニ/ ̄
                 ̄ V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i∥ ̄´
                  '/:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:∥
                  '/:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i/
                  '/:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:/
                  '/:i:i:i:i:i|i:i:i:i/
                    }i:i:i:i:i:i{i:i:i:iヽ
                     |i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:ハ
                     |i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i}




134 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:17:34 ID:d3e023ad
                          ______
                   _ ,,.. ..,,く/////\  _, - 、
              -<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/////ヾ, ///}
         __,r'゙.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/////V//{
        __ア゚⌒ 、.:.:.:.:.:.:.:.`、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}_//// ∨∧
          ア゚.:.:{.:.:.:.:.`、.:.:.:.:.:.:.:.`、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ///∨∧
       /.:.:.{.:.{.:.:.:.:.:. `、.:.:.:.:.:.:.:.`、'7⌒'Y⌒Y゙}////}//゙
       ,゙.:.{.:.{.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.`,.:.:.:.:.:.:.:.:`辷彡辷彡}////}'//{
       :.:.:{.:.:゜.:.:\/ .:.:.:゚, .:.:.:.:.:.:.:.:゚, .:.:.:.:.:.:.: }'///\_}
.      i{.:.:.{.:.:.゚:、.:.'゙{jI斗恣゚ .:.:.:.:.:.:.:.:.゚,:.:.:.:.:.:.:.辷彡/i//\
      八.:.:゚:.、:.:.:゙'「´Vハ }}i.:.:.:.:.:.:.:.:.: ゚:.:.:.:.: //////ll/// }     覚悟のできていないタイミングで、奉太郎君に会ってしまって
        \{「\:ハ  沙   l.:.:., :.:.:.:.:.:.i{.:.:.:.〈//////ll/// }     何も言えずに逃げるという醜態を晒してしまった。
            ,       ノィ゙ :.:.:.:.:.:.:i{.:ィ :.:\////ll/// }
              〈         i.:.:.:.i :.:.:.:i{``''マ'´_\//ll///,゙
             }:.、_ -‐   l.:.:.:.l :.:.:.:i{>''~  _,,) \l\/      何よりもまず謝らなければならない人なのに。
             }.:.: ヽ     |.:.:.ノ :.:.:.:i{_,.。s≦ニ{ニ=-‐ 、
             }.:.:.:.:.:`≦゛ノイlil:.:.:.:.:i{ニニ>''~ ,.。s≦ ヽ
             }.:.:.:.:.:.:! {_,.。ll:.:.:.:.:i{''" .。s≦ニニニニ∨    そして、逃げてしまった今ホッとしている自分がいる。
             }.:.:{l.:.:.:.:{   Vj{.:.:.:.:.i{''"j{ニ7ニニニニニニ∨    突然だったから仕方ないという言い訳に逃げようとしている。
          八.:.{l、 .:.:{⌒7´:j{.:.:.:.:.:i{ニjニ7ニニニニニニニ∨
              ヾ^\{i:i:i{:i:ij{.:.:.:.:.:从j{ニ{ニニニニニ=‐  ̄}  
                  ノi:i:i:」i:ij{:.:.:.:.,仏7=从ニニ=‐     .。sV   まるで強くなんてなっていない現実をつきつけられて、
               {_ ィi{⌒{.:.:.:/.ニ7=ニ沁‐    .。s≦ニニ∨  得たはずの自信が音を立ててバラバラに割れてしまい、。
                //i:i:i:/{.:./ニ7=ニ二{L。s≦二ニニニニニL  足元がグラグラと揺れている感覚が離れない。
                  //i:i:i:/={/=ニ7ニニ二∧ニニニニニ=‐   」
               //i:i:{:i'ニ0ニ7=ニニ二ニ∧ニニ=‐    ,.。s {
             '/i:i:i:i:i'ニニニ7ニニ二三 ∧‐   ,.。s≦ニニ∨
            /i:i:i:i:i:i{--=≦{ニニニ二三三,辷≦二二二ニニニ
               ゙i:i:i:i:i:i:i{ニニニ{ニニニ二三三ニ}゚,二二二ニニニニ
            i:i:i:i:i:i:i:i{ニ0ニ=_ニニニ二三三={∧二二ニニニニ
               i|:i:i:i:i:i:i:i|ニニニニ_ニニニ二三三i{ 沁,二二ニニニニ
               i|:i:i:i:i:i:i:i|ニニニニ_ニニニ二三三'、 沁,ニニニニニ
              八:i:i:i:i:i:ノニニ=0ニ_ニニニ二三三 〉 沁,二二二ニニ
               \/iニニニニニ_ニニニ二三ニi{   沁,ニニニニ


135 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:18:05 ID:d3e023ad

           /l _ i l   | |  / /      , l     l  、
           |.l //| l   | | ./ /     ,イ  !      人   \
       , -=-/ 7/ .| l   | | / /   , / .|  |.    /i l\ .∧
     _/三三〈 /∧ i! !  :| |′/l  ./ /==|  | l   ./ .ルリ /l l |  彼は今まで自分のことをどう思っていたのだろう?
     \三三ニヾ/ヌ/ /l   | |/ .l ///--、 ノ /ソ ,ィニテチT ! .i! .|
        ヽ三三三>イ /l !  :| |  レテ二テミ _,.イ/ / !弋_ソ ,l .! .| |  そして、さっきのひどい再会をどう思っただろう?
         .\三三ニ!7 /l   | |  i .弋__ソ  `  ̄´     ´.| i! .! .i!
           _>=ニ_l!./、i!  .!.i!  `           ,    , .i! .|    呆れただろうか?幻滅しただろうか?
      ._/三三三ニl l三ヽ  l i!              ′   .八| !
     ./三三三三三l l三ニlヽ.l i! 、          _    , : :.l! .! |  再会以前から恨んでいただろうか?
    ` ̄  ー -.、三l l-一' _i!.i!   、       ー′ /l: : :| ! |
           )三l l   /二! i!ニニ 、    -        /  |: : :! ! ! そんな誰も答える人のない問いを繰り返す。
          _ ヽ_/l.l_/ニニi! i!ニニニニ 、   /   ̄ ´   V: :| l |
        /三三三三三三| .i!三三三ニ、 ./     ,ィ    V:i! ! .l
   _ - <ヽ三三三三三三乂ミx ._ニ二\,.ー-一 './!     \ ヽ ,
 <<二  ノ三三三三三三三三三- <´  ̄   ̄ ´`ヾ      \

136 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:18:49 ID:d3e023ad

                      .ィ≠ミ.ィ≠ミ.、
                         />: : 「 ̄: ` <\
                     /: /ミ、: : : :|: : :/: : ヽ: ∨ /
                  ′′: :\: :}: /: /´: ∧:∨
                     { :{>―‐:v===v――<}、}、
                   人{i:i:i:i:i:i:i:人i:i:人i:i:i:i:i:i:i八从
                 〃Vハi:i:i:i:i:i:i:i:i:Yi:i:i:i:i:i:i:i:i/: :}:ハ}
                    l{ 人: Vi:i:i:i:i:iィ个o、:i:i:i:{: :/:{ !
                  从: :〉-<i:i:i:i}:i:i:i≧=乂从        ┌─────────────────────────┐
                  /: :/i:i:i:i:i:i:i:i八i:i:i:i:i:i:i:i:i:\Y      │                                      │
                   /: //`ヽ:i:i:i/_ヽi:〈´{: ̄:`ヾV     │   でも、ここで挫けるわけにはいかなかった。           │
                   {: /: :_:_:ノ У三三三ハ ヽ: : : : : }     │   何度も心の中で繰り返した後悔が折れるのを許さない。 │
                     》´ニニニニニニニニ=-<: : :!     │                                      │
                  ′ニニニニニニ|ニニニニニニ`ヽ    └─────────────────────────┘
  _                  l{,ニニニニニニニニニ|ニニニニニニニ}
  \`ヽ  _        l|ニl|ニニニニニニニニ|ニニニニニニニ}
    .\ `く匂`Y        .从l{ニニニニニニ|ニニニニニニニ}
       \    У⌒V  .r〈ニ八ニニニニニ!ニニニニニニ|ニ人     よしっ、それじゃがんばりましょうか♪
       \ ./ニニニ∨ } \ハニニニニニニニ|ニニニニニニ}ニニY
          {ニニニニニ‘〈   `¨∨ニニニニニlニニニニニ八二l|
         ヽニニニニ\   }ニニニニニニ!ニニニニニニニ′ニニ}
             .\ニニニニ ̄ニハニニニニニ|ニニニニニニ′ニニ|
            \ニニニニニニ} 八ニニニニ|ニニニニニニl{ニニニニ|  ┌───────────────────────────────┐
                  \ニニニニ.リ〈ニニニニニニ!ニニニニニニ{ニニニニ.}  │  それに、落ち込む気持ちばかりというわけでもないのだ。           │
                    个o。_/ ./ ̄{_{  ̄ }={  ̄/{ ̄:ヽニニ.ノ  │  もう会うこともないと思っていた、謝罪する機会もないと思っていたのに  │
                    r〈 ̄ニニ ̄=!ニ ̄l{:ハ:_:0」-<    │  こうして再び会うことができたのを、喜ぶ気持ちも確かにあったのだから  │
                      / /ニニニニニニ|ニニニ{: :}: : : }∨ /    │                                                  │
                 /{/_\ニニニニニl|ニニニゝ乂:_:ノ=V /   └───────────────────────────────┘
                   {/ニニニ≧=-ニニニニ-=≦ニニニ∨
                  ′ニニニニニニニニニニニニニ.}
                     {ニニニニニニニニニニニニニニ!
                 八ニニ{ニニニニニ{ニニニニニニニ.八 /
                 .′ニニl|ニニニニニ/ニ、ニニニニl|ニニニニ∨ /
                    /ニニニニl|ニニニイニニ`ニニニ.ト、ニニニ∨
                /ニニニニノ:|ニニニニニニニニニ}:::∨ニニ.}
                 人-=_「 ̄  -=ニニニニニニニ=-   ̄ 丁
                   '.        | ̄ハ          |
                 ∧:、 __ .ノ}  ∧、 __ .ノ:|
                   / ∧::::::::::::::::::::::::| /.∧:::::::::::::::::::::::!
                   / ∧::::::::::::::::::::::|  /.∧:::::::::::::::::::::|
                    /  '::::::::::::::::::::::   / ∧::::::::::::::::::::!


137 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:19:38 ID:d3e023ad

    ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
   : : 物心ついた頃には既に世界の一部が変な色をしていると思っていた  : : .
   : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

 



                           ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
                           : : その変な色は、オモチャや絵本やお菓子には見えなくて、人にしか見えなかった    : : .
                        : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :


138 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:20:12 ID:d3e023ad

       ヽ Lr;―‐r'  } /  /'、
.   _   丶 !  !  l' }ヽ-<  \                  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
   fニ `丶、r‐;ヽ!  l    {   丶  ヽ               : :  母親や父親にも変な色が見えることがあり、      : : .
   ''"ー-、//⌒''   !    }     ',  ',                   : :  他の人に見えた時よりなんだか嫌な気分になった.   : : .
                                       : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
        | |`7ト;--‐'⌒'‐ヘ    丶  ',      ,.-'"⌒⌒ヽ.
    「ニニ'イゝ┴'‐┐    ヽ    ヽ ヽ     /::::::::::::::::::::::::',   ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    ト、X 大^大フ`l     ',    〈 、__゙ト、   !;;;:::;;;;:::;;;;::::;;;;;}  : :  変な色が見えることを話すと、怖くではないけれど叱られてしまって  : : .
    l∧ メ X ∧ /      ',    ヽ{  /\_ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
    ヽ、___ノ         ',    `''‐''ヽ  `ヾゝ、__/
       /           l       `ヽ、   ,  ゙ト,
      /           |         `}、    | |ヽ     ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
       !             !           ! ヽ   || 丶  : : それでまた変な色が母親や父親に出てしまうから、 : : .
     |             l            |  ヽ  ', ヽ  ',  : :  「見える」ことは言わないようになった          : : .
      L________,. - 、_ゝ           |     ヽヽ  !  : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
        l   l.{   ヽ             |     | ヽ,」
        ',   ',゙,   ヽ             L__,. -‐f''T、 }
        l   l ゙,   ',                 j  /  //'‐'
        'l    l ',    }               /  /   / }
         |  | l    !             / /   /  l
         'l  | l    !           / / ,.イ   l
         l   !  ',  |             { ,  { l     {

139 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:20:50 ID:d3e023ad

           ,,,、、、、、、,,,,
            ,r,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,、
           f;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,`,
           ノ;,;,;,;〃;,;,;,;,;,;,;,;,;r乍;',
        {;ハ〃r'´``シシノ  N 小学生になった頃には、「見える」時は、
        {.:いリ  >;:;;;''  ,,,,, リ!                          その人が嫌な気持ちになった時なんだとわかってきた。
           ルシ'', `;. ´~  ノ‐'r'′,,、、、、、,,
         7   '、:;  _ ー'  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、   ,,、、、、、,,,
    _,.- イ〈   `、  ``/,r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yィイ彡ニニミミヽ           だから、子供ながらにその人が喜びそうなことをしようとした。
   .::::::',::::::::i \    `ーく  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヾ.:.:.!ィイ彡ヲ ⌒ヾ!           両親の言いつけは守り、担任が求める面倒なことをしてくれる子や
   .::::::::i::::::::l   \ /l:::::ト、{.:.:.:.:.シシシノノ  ヾ.:.:.:', r、  } --、 !           発表の口火を切る役目などを頑張ろうとした。
   :::::::::l:::::::::ト、  /:ヽ |::::|:::.\.::{ ,rュ  `rュ 1.:.:ノiい リ  "´〈   _ _
   :::::::::|:::::::::l ヽ〈.:.:.::Vi::::|:::::::::l.:.i   ,、、  ,!,;,;(.:.:.ノ 、  _r‐','´   ``ヽ
   ::::::::::\:::::|   〉::〈 !::」:::::::::|::ハ r'_ __ヽ ノ.:.ノく   ヽ__,」 !      }    いわゆる聞き分けのよい子だったと思う。
   ::::::::::::::./|   |:::::| |\::::::::|  ト.、_, イル'.:::ヽ\  厂  ゙、   uVシ    両親や担任、他の大人たちも褒めてくれたし
   :::::::::/.:::::|   |:::::| |:::::|:::::::ト、 \  ハ.::::::::::::ヽ Vトト、   },,,,,,,,ィ  }     同級生は笑顔を見せてくれた。
   :::::::::i.:.::::::::|   !:::::! |::::|:::::::| ``⌒´ヽ_ノ``ヽ、:::::レ⌒!::::', 〒、  、_/    
   ::::::::::l.:.:::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          ト、|  ',:::::i ',:: V爪
   :::::::::::l.:.::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          V:l   i:::::|  !   ! `ヽ
   ::::::::::::l.:.:::::|   !:::::! |::::!:::::::|              '、   l::::l  |   |l /! 自分が頑張ることで色が薄らいだり、消えるのはうれしかった。
   :::::::::::::l.::::::|   !:::::! |:::l::::::::|            i   l::::l  |   |. /.:|
   ::::::::::::::l.:::::|   ヾ/  !::!::::::::|               ノ  」:::l  |   |/.:.:.|

141 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:21:58 ID:d3e023ad
                                 /
                                 |
                                 !
                              ,l|                        _,,--‐'''"゙゙´
                              }.!                          i!
                              l、 l                      l゙
                                | .`ゝ、                    !
                             l    `'-、                 /
                               /       `'、               /
            _..-'^''ー-_______            /           ヽ             _./         . /
      ,..-'"              `'''ー 、_    ./             ヽ          ,/゛   ___-‐'゛
   .,..-'"                     `゙.l'ーi′             ヽ   ____=―――"゙´
  ,..‐゙                      \l               ヽ_/   |
‐´                        /ヽ             `─ー-⊥
                            /  .ヽ                  ゙゙'ー ..,
                        /    !                       ヽ
                        !     .!                     \
                           l,     l                         \
                           !     l,                       /'-、、
                           /      .!                          |   ゙\
                          /       `''-、                       ,!    .ヽ
                         /           `'、                     /      .ヽ
                        /                ヽ                   _,,./        .\
                    ,i ̄ ̄               ヽ               -─"              ヽ.
                   /                      ヽ                          l
                    /                        ヽ,                            l
                /                         `゙'-、
              /                                `-、
    だから、悲しんでいるあの子を助けたくてボス格のクラスメートに真正面から向かったのも
    いつもやっていたことの延長でしかなかった。
    怯えていたのが別の生徒でも同じことをしただろうし、一生懸命に話せばわかってくれるのだと、
    そしてまたみんなの色が薄らいで消えて、楽しくなれるんだと信じていた。


142 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:23:08 ID:d3e023ad

        ト、ト、ト,!ヽ
      _)`'     `)i,,
    ト'`         ルi
   ト'    r'''⌒''''ー'`'i_/
  iヽ    / __,ハ_l         / ̄\
  !,  ,.-、,/─| (・ |‐|(・ l|         | , 、  |
   > l.i!}lj  └─┘j」‐┘       <  ?  .|
   フ__`ァ  U    ,,_,, /          .|    |
 ̄ ̄/ l / i   /_l, ,!__         .\_/
   ,' l /  `''-、. ̄  /  ヽ
  ,'  l     `ーァ―'  /,!
  ,   l     ,/|   //                      
      ,ノレソ7iノレiイルiィ,
    /`  、ト!Y!'j j,ム,ムノクス,
   _i`  、トミr'‐'´'"''"''"'‐k;Z                ┌───────────────────────────────┐
   > _ドミノ    ,, , 、  l/            __   │                                                  │
   Z >ミl.  ,....二"   ,`ニ!        ./   \ │                                                  │
   rヽミ/  'ー‐゚‐'/ i,‐゚ '{        |  は  |  │               俺は何もわかっていなかった。                 │
   l.!i |j     ̄   ,〉 〉      <   ぁ  |  │                                                  │
─,-辷i,  U メ    ´ 、 /        |  ?  |  │                                                  │
/::/ l ハ   / ̄ ̄('/ ̄ ヽ      .\__/ └───────────────────────────────┘
:::::,' l  /`''‐、. ̄ ̄ ̄/、:::::::::::i
:::,'  l  /   >──‐'::::j:::::::::/
::   ヽ  `ー'/ |::::l::::::::::::::::::/
     _,、----,r ''''' ヽ,--、       )、_ノi、__ノi_,ィ
    ,/:::::::::/:::::::::::r;;;;;::::::\    、-'        しi
   /:::::::::::/::::::::::;ハト! 、 ヾ;:::::`、    ) ‐|‐  | ‐|‐   フ
   ,':::::::::ノ:|ルiイレ',r‐‐'" `i‐ミ:::j`!  、-' ムナj  し○‐  (
   l::ノ:ィくノ::ノ  ( 。i,ノ 〔 。i{/    ヽ   十,  __l__  >
  _ノ:::::::|た|::|  u `'''' r_ >'゙i!、    ノ  (ニ|7)  _|_/  (
_ フ:::::::゙こj::i| U r───っ<    '‐、 ニ|ニ   (_,レ' )  >
:::::: ̄//くノリ  .| | ̄ ̄:|l/─ 、   ノ (_レ' ) r‐、     (
::::::::::/ l  / i   | |‐ 、 、|l!:::::::::::i  /‐,   |  r'   r‐`
::::::::;'  l /  `'‐、 | !  ) ),}:::::::::::!   /‐,  ・ ・  r'ヽ
:::::::i  l、     ヽヽ`二ノ:::::::::/     /⌒Y⌒Y⌒ヽ
::::::i /\  /‐'7`'─‐':::::::::::/



143 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:23:57 ID:d3e023ad

          , -―- 、         , -‐- 、
          / : : : : : : : ヽ        /: : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : : : :|        l: : : : : : : : : :',        よくある「イジメ」だった。
       r一': : : : : : : : : l: |        |:| : : : : : : : : :l_
     /し' : : : : : : : : : : : ハ |        |:ハ: : : : : : : : : : : し11    結局きっかけがなんだったのか今も知らない。
     {: : : : : : : : : : : : :_:」´: 〉        〈:`|:_:_: : : : : : : : : : ノノ
     (: : : : : : : : ::r-‐'^):_〈_,       _):ノ´{:_:_: : : : : : : : : )    おそらくは些細なことなのだろう。
      `7^}人ノ` T,、_,.厶_          公x,、∠彡{人{`T´
        /     ,/ / ,、_)           {,、 〈^´',、     ヽ     そんな些細なことで始まった「イジメ」は容易く標的を変更する。
       /  _,ノ〈/ / >' , |           l ‘く_ヽ l〉 \    ',
      /     {__// /          丶\j\」       l    それを止めようとしたより気に入らない奴へと。
     .人 _ _ _ ノ ノl |}/             \{{ {\_ _ _ _,ノ}
    {丶二二  ィ ノ丿                   {ゝゝ、二二 ィノ
    ‘ ーr-n--r-ァ'´               \‘r- n- r '
      | l l  |〈                        〉| | | |
      ∟L}_l__)                      ∠ノ_,ノノ_,ノ



     ___,,,,,__
   〃/ / /  \ヽ
  ≪|__|  ( ・ ∠ |                  無視され、殴られ、蹴られた。
   (d u  ⊂⊃ |)   _,,,,,___          
   __|  : : : : : : ヽ.,,∠,,,--(__)-ヽ、 教科書や下履きや、時には母が作った弁当までが台無しになった。
  ,,-\ヽ└<>-'丿=| //- 、 -ヽi
 /   \ ̄ ̄/ ̄i  |__| |  ・|・ | |        どうしてこんなことをされるのかわからなくて、ただ戸惑うばかりだった。
 |/(⌒ヽ/⌒)____|.  (d  `- o-´ |
  ゙|\, ̄ ./ ̄ .ノ   ヽ、   3 ノ , つ
  .|   ̄   ̄ |     /゙\ ̄/ヽ /⊃)

144 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:24:48 ID:d3e023ad

                  -―――――-
                   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∨    
            .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
              |:::::::/ ̄ ̄ ̄ ー‐ "  ̄ ̄ ̄\::::::::|
              |::::::|                '.:::::|           まったく、困ったヤツだな。
              |::::::l                  l:::::|           そんなだからみんなと仲良くできないんだぞ?
              |::::/   __        ___   |:::::! _
         /_ヽ|:::l  ´___     ___`  |:::〃 ヽ
           | ハ V〃       ヽ_〃       ≧〃 ハ l     ┌────────────────────────┐
           | 、 ノ八 (ノ     l ̄1 (ノ      l | ) ノ '      │   担任が俺を見限るのに時間はかからなかった。     │
          ∧ ヽ |丶 ___ソ 八 о    ノ j ー /     │    「手がかからず、色々と扱いやすい生徒」は、      │
          丶 _人      /    、 ̄ ̄ ̄  ∥- "       │   「クラスの問題児」に不可逆の変更をとげたのだ。   │
              '/,         、__ ノ        '          └────────────────────────┘
               ∧                 八
                       <  ̄_>      ∧
                 ,\             /l
               〃 . : : .    __    ". : :i≧、
           /.:::.\ : : : : .       , . : :l::::::..\
           /..:::::::::::::..\ : : :      / . .'/.::::::::::::..ヽ

145 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:25:37 ID:d3e023ad

圭圭7        ,佳圭圭圭圭圭> '"                   ,.。x≦圭圭圭圭>''"´               i
圭圭|       佳圭圭圭>''"                     ,.ィ升|圭|圭|>''"´        ,.。ュ:‐:‐:‐:ュ。.,_    |i
圭圭|        炸圭紗'"        _,,..           升l圭>''"          ,.ィ≦圭圭圭圭圭ム  ..||i
圭圭|        |圭ア      ,..。x≦圭紗"          イ圭少´        ,.ィ≦|才冬|圭l圭l圭l圭掛,  Ⅷ
圭圭|         |ア´  ,.。x≦圭圭圭:少"           .イ圭7         ,.x'圭ア    `゙ミ圭圭圭圭ム  Ⅶ,
圭圭|            ,.ィ升圭圭圭圭圭7.         ,.x'圭ア            イ紗'"           寸圭圭圭掛x、守㍉
圭圭l!       ィ佳圭圭圭圭圭圭7        イ紗'"        ,.x'紗'"             寸圭圭圭掛x 寸沁
圭圭ll        |圭圭圭圭圭圭圭7      ,.x'紗'"           '".    ,.。ュ:‐:ュ。..,_       寸圭圭|圭|心.Ⅶ沁
圭ニ从       |圭圭圭圭圭圭刃’      ,.x'紗'"         _,。x"       ,.x'ア ̄`¨“''守      守:圭圭圭抄 寸lム
圭圭ハ        |圭圭圭圭圭ま刃      '"          イll′     '"        ㍉、    `寸圭紗′_,ィ升lム
圭圭圭}      |圭圭圭圭l圭lヲ′          _,.。x"   ,:l紗'                      寸x   `㍉x。.,,_,.ィ升才"´ム
圭圭圭|       .Ⅷ圭圭圭圭タ          .イllア   ,イ紗゙                      ヽli、    `守圭才 ,.ィ佳lli,
守圭サム.     Ⅷ圭圭l圭タ       _,,..ィ升ア.   .イア           :‐:ュ。.,_              `㍉       _,,.ィ佳ll佳沁
  マ圭掛、       Ⅶ圭圭タ     ,,.ィ≦l圭l紗"   〈掛    '`¨“''㍉、.`“'气≧。.          `゙ニ三圭圭ア  炸致
心、 マ∨ム     Ⅵ圭ぐ      佳圭圭圭ム     寸L ,.。x"    寸x   寸会                  ,.佳致゙⊿
圭㍉  寸掛、      Ⅵll掛,    .,佳圭圭圭圭リ     Ⅷ抄"      Ⅷト、  寸掛。                   ,.佳紗゙,.イァ
圭圭l!  寸掛、     寸l圭l     ,佳圭圭圭圭′        マ.        Ⅵl}   寸掛x                ,.:佳ア´.イア
Ⅶ圭|!ト、   寸掛,     マ圭ム  佳圭圭圭圭〈                   炸    Ⅷ圭心            ,.イ紗'" ,.イllア
.∨圭ll,マム.  寸ム    寸圭ム Ⅷ圭圭圭圭仏                ,.ィ≦7       炸圭掛,       ,.x'紗'"  ,.:佳ア
  寸从Ⅷヘ   `守ト、    寸圭ム Ⅶ圭l圭l圭l圭lト、         ,.ィ≦圭l7       ,.佳圭圭|ム.      '"  _,,..ィ升ア
   マムⅥ爪   `守ミ、   寸圭ムⅥ圭圭圭l圭l圭l≧x。、_,,,.ィ≦圭l圭抄    ,.イ圭圭圭|圭|心、.  ,.ィ≦少寸紗"
    寸Ⅶ代x.   寸ミ、  寸圭沁ゞ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭′   〃圭l圭l圭圭圭圭紗升紗''",.ィ才
        Ⅷ圭心、   寸x、  守圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭7    ,.佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭紗´   ._,,.ィ"

     しかし、何よりも怖かったのは生まれて初めてあの嫌な色に囲まれたことだった。
     担任を含めたクラスの色んな生徒に嫌な色が見えるだけでなく、それが自分に向けられているのだ。
     殴り、蹴られる痛みなどよりずっと怖くて、今でもその感覚を思い出すと冷や汗をかいてしまう。

146 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:26:26 ID:d3e023ad

     _,.-=≦  ̄ ̄ ̄ \
    / //       \
   / ̄ ̄ \          }、      助けようとした子とも話すことはおろか、目さえ合うことはなかった。
 /レ≠ミ、 ヽ     / /:}
_ヾ`::::::::::::::∧  V/ ̄ヽ/:::::/       嫌な色も消えるどころかますます濃くなった。
>::::::::::::::::ミ、/ |::::::::::::::::::::::/、⌒ヽ、
〃:::::::::::::::ヾ:|   :!::::::::::::::::::/:::::〉⌒ー'    やろうとしたことが何一つ結果を生み出さなかったという現実に打ちのめされた。
 ´}V{W/´::::L__j:::::::::::::/::/
.  {ニ } ヽ___|  |::::::::::://
  「=|    | :|、_/
  _j、_j     | :|
《《__ソ      } ヽ
         ヽ_》》



147 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:27:03 ID:d3e023ad

            __    . .--- . .
          . : : : : `/: : : : : : : : `: .
        / : : : : :, ' : : : : : : : : : : : : :ヽ
          .: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : :.
        / :r .、: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.       /: : ! : :\: { :/^:, : : : : : : : : : : : : : : : 丶
      .: : : :l : : : :トY/: : : :, : ≧  : : : : : : : : : : : \      色のことを話せず、ただただ家でなきじゃくる日が何日も続くと
     / : : : :l: : : : 厂丶 : : :\ : : : : ≧ : __: : : : : : : 、     両親もただの喧嘩ではないと思い、学校に直接事実確認に行った。:
.   .: : : : : :l: : : :/    `< : :\ : : : : : : : '⌒ヽ : : :
   { : : :l: : } : : /    、__ ..≧ : :>. . . _/__⌒ 〉 : :      俺へのイジメは他クラスに知れ渡るほど公然と行われていたため、
    丶 : l: :/: : /ー 、    ィチ ̄`ヽ__―‐'⌒  , : : :      イジメの事実は否定しがたかった。
     ヽ|:/: : 〈厂ハヽ     ん::ハ 7     イ : : :
     __.彡ィ:´:∧ 乂:リ     ゞ-'' ´   厂、: : : : : :      しかし、当の俺が事情をロクに説明できないと知るや、
        ノ: : : : :.  ´ ノ         '   ヽ} : : : :      学校側は担任を別学年の担任にし、「深刻なものだと気づけなかった落ち度」
      {: __ :_: : ゝ  `  __      ..:     ノ:ノ : :       について謝り、それで手打ちにしようとした。
      x―‐ 、ヽ =ニ7> ー ` <    彡´ ア 7¨
     x―‐ァ'´/////////`7´/>、ヽ     /.../..
     厂 フ///////////////////,ヽ __ イ..../....      両親も俺がうまく話せない以上、これ以上泥沼を続けるよりも少しでも早く転校させて、
     ∨//////////////////////∧__.... イ.......,.      俺の環境を変えようとした。
.    /////////////////////////ハ................/..
.     {//////////////////////////,}...............|...
     V////////γ⌒Y/////、_}///{............. f´      俺が何を怖がっているかは知らずとも、俺のことを心配してくれていたのは間違いない。
     ∧/////// { ハj/  、__,, /入ハ.......... /.....
.   /....∨///// ∧    。 ⌒ヾ〈´................../.......
   /..........∨//////,ゝ        ゝ............., ..........      そうして、俺は転校した。誰一人のクラスメートと挨拶を交わすこともなく。
.  /........../ ̄二ニ 丶、   '⌒ヽ /........... /.............

148 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:28:01 ID:d3e023ad

                             .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
                               ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                        ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
                                         ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                                                 .. .. .,,.. ..;:..
                                                 ..  :;;  :;
                                                     .. ..:



    /: :: /: : : |: /: : /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : \: : |: : : : : ∨
   /⌒7.: : : : : : :|/:./ : : : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : :!: : : : : : : !: : : : : : ∨
.    ー令: : : : : : !l: : : : : : /: :./: : : : /: : |: : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : :∨
     /: : : : : : : :|/: : : :.:/: : : : /: : : /: : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_,
.    |: : : : : : : :.:|: : : : : : : : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | ̄
.    |: : : : : : _/!|: : : : : : : : /: : : : :/ .!: :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    _入: : : : 7..l: : : : : : : : :/ |: : : :/`ヽj: : |: : : : : : : : :ーl|: : : : : : : :|: : : : :\ ,  |  こんなにはっきりと思い出してしまったのは久しぶりだ。
.     |Ⅵ::7 .!: : : : : : : :,' . |: /-―:∧: : : : : : : : :.:リ |:∧: : : : : l: : : : :| ̄   |
       j/〈   !: : : : : : :,' . ァ|/ュ.、__j/  Ⅵ: : : : : ::/_―|  Ⅵ: : : :|: : : : :!    | シノア…記憶にあった苗字が違ったがあのシノアで間違いないのだろう。
        ヽ |へ: : : :〈 .   !:._弋ん``  |: : : : : : :|弋歹 7 j: : ::八/ \{_,    |
       ーィ∧  ヽ: ::ハ    `¨¨`   j/`寸: :.∧    .イ: :レ \      |  おそらく両親が離婚したか…あのままあの街にいたならこの高校にいるはずがないのだ。
.      _/  }ヘー |ハ{         /  ノj/j   /1り' {  .:|'.,      乂____________________________________  ノ
     < /:!ニニ', .∧                       / _/   / .〉
<ニニニ/ニ|ニニ::',   、           ,:’      //   ./ ′
ニニニ:/ニ.lニニニ:',   \                _.:`     //> .
ニニニニニ!ニニニ:',     \   _  - ―/  .   ´`      /ニニニ> .
ニニニニニ',ニニニニ>、    \         ,   ´        , ュニニニニニ,ニ',
ニニニニニニ、ニニニニ>、    ` 、 _/          /ニニニニニ /ニ ',
ニニニニニニ\ニニニニ>、   ァ' /´         /ニニニニニニ/ニニ ',


149 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:28:49 ID:d3e023ad

        /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       .'::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::.  ..::ヽ
      /:::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::'、
.     /::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  ー=≠::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
.   /イ:::::::::::::::i:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ┌───────────────────────┐
    /:::::::::::::::i|::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::..   │  そもそも、俺はシノアを恨んでいるわけじゃない。   │
.    /::::::::::::::::::l|::::::::::::::i{::::::::::::::、::::::::::::::::::::::}::::::l|::::::::::::::::{ヽ{  │   思う所がなかったといえば嘘になるが――       │
   /イ::/  ̄ ̄ ヽ:::::{::::::::、::::::::::::i::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    └───────────────────────┘
    >' ´ ̄ ヽ }:::::∨}イ \:::::::|::::::::::::::::::::/'\{:::::::::::ィ{
   } _ ィ 、∨::::::::| -trッ7:/ \::::::::::::/   }::::::::/
   「 ___  l /}イ::::::|    }イ   /::∧イ i   /:::/
  /     }._」' V/\{        厶イ r‐  イ:::∧
.  {   Tく. 」    ',               /     ∨  \
      ヽ   i ヽ - 、               ヘ } 〉.イヽ
  .∧        /   \_     /        zイ /::::::i|
. r‐=イ}       イ ___,≧ァz 、     r=‐'':::::::::::::::::::|ト...、
/::::{ \ =-   {:::::::::::::::::::::::::::::i\、 「 ̄i:::::r.:y::::::::::::::/::::::::\
::::::::\ \____.ム::::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|:::::Yリ:::::::::/::::::::::::::::`::...、
::::::::::::::\ >-イ::::}::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\



150 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:29:38 ID:d3e023ad

  |     Ⅵ    \  \           \      \\\\\\
  |      Ⅵ     \  \               \\     \\\\\  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
  |       Ⅵ     \  \               \\\    \\\\ : : わかってしまった。                                         : : .
  |       Ⅸ\     \                 \\\\\\\\\ : :                                                    : : .
  Ⅳ|    \Ⅸ \\ \\Ⅳ            \\\\\\\\\  : : 俺が誰だかわかった途端に一気に、淀みなく象られた罪悪感と後悔が見えた。  : : .
 / |     ⅨⅨ_メ \ \\      从       \\\\\\\\  : :                                                    : : .
    Ⅳ     Ⅸ\\  \\  /|  ∧ ハ \       \\\\\\\  : : 形を成すのに要する時間があまりにも短く、そして強固なそれを見れば       : : .
      Ⅵ   ⅥⅨ{弑\    / | / 八 {   \       \\\\\\  : :                                                    : : .
      Ⅵ  从  ′        ∨   \)    |ハ     \\\\. : : : : 今までも何度もそうして自分を苛み続けていたのだとわかってしまった。        : : .
      Ⅵ\\∨                 |   /  ∨ ハ    \ < : : : : :                                                    : : .
             /               |      }/  i  . <: : : : : : :  : : それで、一瞬にして燻っていたモヤモヤは消し飛んだのだ。                    : : .
             `                     /  . <: : : : : : : : : : : : : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :
            `ヽ、     ,      /    . <: : : : : : : : : : : : : ::::::::
               |   -‐ ´      /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::
                    ̄|       . : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::
                      ̄',     /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ',>ニ三三三三三三三三三三ニ=-<::::::::::::::::::
                 /三三三三三三三三三三三三三三三≧:::::::::



151 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:30:29 ID:d3e023ad

.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:\    ┌───────────────────────────────────┐
.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|\  │                                                    │
.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/ |.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|  ヽ │  そもそも、彼女が必要以上に罪の意識を背負う必要がないのだ。            │
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i.:.:.:/│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    │                                                    │
.:.:.:.:.:.:.:∧:/   |.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/ |.:.:/  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   │  幼かったといえ、俺がやったのは火に油を注ぐだけの稚拙な止め方だったし     │
.:.:.:.:.:./ /__Ⅳ.:.:.:.:.:.:.:/ :.:.:.ィ:./ |:/___|.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.八:|   │                                                    │
.:.∧/  八 乂{7/:.:.:.:.//:.//:/ '´ハ逡乂|.:.:./:.:.:.:.:.イイ/  |    │ 俺が本当に怯え恐怖していたのは、自分にだけ見えるもののことだったのだから。  │
:/ l {   `¨ ハ{.:.:,'" //  /  ` ー ´//| r'"´〈 //     │                                                    │
ヽー 、       |/  /             /   |/ノ /        │そ れが無ければ、事情を話して親に助けを求め、学校に訴えかけて             │
 \_‘,                         / /         │                                                    │
   ∨ '。           |            /:/             │ もっとマシな結末になった可能性だってあるのだ。                         │
   ∨∧                     /|/           │                                                    │
    ∨ \       _      ィ                  │ まともに事情すら話せなくなった俺の有様を、自分のせいだと思う必要がない・。   │
      _}∧ッ 、  ´――`   ,イ/__               │                                                    │
 >‐. . . . . . . ', >         < |′. . . . .‐<_         │ もし、そのように思ってきたのだとしたら、かえってこちらが申し訳なさを感じる程だ。 │
 |≪. . . . . . . . |       ー       |. . . . . . . . /|         │                                                    │
 |\\. . . . . . |           |. . . . . . //||        └───────────────────────────────────┘




152 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:34:17 ID:d3e023ad

                       .ノ)
             ......-――‐‐‐γ´::j-...
       ( 、 .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
        ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\
     _../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\__ノ       ┌────────────────────────────────────┐
    .⌒7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く       │  そういうわけで、今回再会できたのは考えようによっては幸運だったのかもしれない。 │
     ./::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       │ 俺が気にするなと言えば、少しは荷を軽くすることができるかもしれない。         │
     l:::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::ミ=‐-   │ 手短に忌憚のない気持ちを伝え、そして以後は必要のない限り関わり合わない。   │
     |::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::|\:::::::::::::::j      │ それが一番お互いのためになる。                                 │
  ー=彡::::::::::::::::::/::::::::::::::::ー─/┼‐:::::::::::::::::┼‐ヽ一::::::l.____    └────────────────────────────────────┘
    /::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::/___l,:八:::::::::::::::;l_____∨::::::|      ̄ ゙ ‐- ..
   -彳:::::l:::::::::::l::::::::::::::::::::::::/__.  \:::::::::l___∨::人_            ̄ ゙  ‐- ...._
    .〉:::::l::::::::::::> - 、::::/丐シフ`  人::,ノ丐ツ.フ`|:::{                    `
   厶___:::::::/      ヽ{              ムイ─-。.                    }
    f´  /        lゝ         ノ    }     ` <.         ...:;      |
    .〉 .//         l.              ./         `ゝ-─-、-‐゛       ノ
    \/|         l.        ___  .        __ /      |      /
    ./ .{         .}≧:..     ´    ./     /⌒゙        |     /
    |  ヘ         l.  \:::....      /_, イ⌒ー/  /        .|   /
    |  .∧       |∨  \:::::::::7=-.イ.\    /  /         |  /
    /|  .∧      | ∨   \:人     \ ./            .| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┓
   |. |.    \     .|  .∨    .\:::Y   ,.'^ ∨      /      | ┃                                    ┃
   .| |      ヽ   .|  l ∨ /⌒.く:|.  ∨  ∨    ./       .| ┃                                    ┃
   .| l       l  ∧ .l .レ´    〉 / `>-`    /        | ┃       そう、そのはずだったのだ―――        ┃
   | .l       | ..:/  \l     0 / ./         l       ._ノ ┃                                    ┃
   |  l       |:::|.   `Y     ./ /          |  ∠ ̄ ̄    ┃                                    ┃
   .|  l       .∨    ./     ∨           |イ        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┛
   |         \___/       |           |
   |           ./        |           |

153 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:34:50 ID:d3e023ad

                 /: /:. :. :.|: : :| : : : : |:____,,、、、、: : :|`、___
             /: /: : : :.∧ : | : : : : |乂___/ /:\:.`、.//
             .: : :|: : : :/ ̄ヽ|\ : : |:.|:.|   _/ ./ / \}/|        やあやあ、奉太郎君は机で黄昏れるのも絵になりますね~♪
              _|:.: :.|: : : :ィ=====ミ\:|∧|ャう示>' /     :\        夕方には少し早い日差しをバックに何かのワンシーンですかぁ?
               ヾ|:.:./| : \`, 乂rツ }:.ヘ   `~~>< ーァミ.     \
               |: ,从: : :|:,ヾ         ⊂ニニ ̄`   ヽ     >へ-=ミ
               |∥ム〉: :|∧      `      /: /¨: ー‐ミ_,//ニ=- .∧   たった数年の間に背もすごく伸びて見違えちゃいましたね。
               |;  Y/\:.∧    t : : : : : フ  /:イ: : : : : `, \ニ=- _-=ニ∧   私なんてなかなか身長が伸びなかったせいでこんなに差がついちゃいました。
             //:.:. :.:\|>s。   ー ''"  / : : : : : : : `,   ∨-=ニ=-'' ̄∧
.              ///: : : : : : : : マ/>     イ|_∥: : : : : : : : |,,__∨-==ニニニ∧   でもでも私も成長したんですよ~。
.               ̄/: : : : : : : : : :.|=| \ ¨  / i|:.: :.:|: : : : :. :|,,、ィム∨二二二二∧   あはっ、どこがでしょうね?興味ありますか~?
            ∥: : : :. :. :.|: :. :.|二ニ=-ヽ__/_-=从: : |: : : : : :.|二ニニ∨二二二二∧
                i|:. :.:|: : : : :|: :. :.|   ./⌒ヽ_/ ̄ ヽ/: :. :. :. :.|ニニニ=∨二二二二∧
                i|:. :.:|: : : : :|: :. :.|  / / ̄{/   /: : : /:.:.:|二ニ/_-∨二二二二∧
               八: : |: : : : :|: :. :.|/  ̄ ̄ ̄}ー.:''" : /:. :. :.ノニ〃/ニニ=∨二二二二∧
            |ニヽ从: : : :\: /    ̄ ̄ ̄}、: ̄: : : : : /ニ.∥ :|二二=∨二二二二∧
            |二二ニヽ: : : :/       ̄ ̄ヽ ̄ ̄/´\ニ=|  |二二ニ∨二二ニニ==|
            |二ニ\ニ}:. :./       _,,, 八: : :{二二\|  マ二二二∨二ニニニ|
            |二二二/二\       /ー‐=ニニ\{二ニニハ  ̄¨¨¬-=ニニニ二二二|
            |二二=/\二ニ\-=<    |二二二二二二|         ̄ -=ニニ=-



154 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:35:22 ID:d3e023ad

 :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:l :.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:∨
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.i:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:. ! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.\   _,
 :.:.:.:. : /:.:.:.:.:/i|:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:. |∧!、:.:.:.、:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌- ´
 :.:. :. /|:.:.:.:./ヽ!:.:. |:.:.: /:.:.: vー|‐\:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
 :.:.: /. |:.:.:/   !:.:. i : /:.:.:Ⅳ   !  ` :.:.:.\:.: !:.:.:.:.: |:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
 :.:./ //_ ̄`|/!:.: /:.:.:.:.:.| ′ ̄_ |.\:.:.:.:. |:.:.:.: /:.:.:.|/ :.:.:.: |/ }/
   イ爪り¨¨` .}:./ :.:.: l:. |\イVfjソ¨¨`\:. |:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ┌──────────────────────────────────┐
     `¨¨¨´  /\:.:.:./!ヘ!   `¨¨¨´   .|从:.:.:.:.:.:.:乂 :.:. ∧!  │   頭の中で整理がついた所だたっというのに、なんなんだこれは。          │
.         ′ 〉へ!             |:.:.:.:./|'  |:.:./  \  │                                                  │
           / !            }从/    ∧'      │  放課後になるなり、隣のクラスからやってきてこの調子だ。              │
  ',          j             u /    _, ′      │                                                  │
   ′        `              ,、_ }:7         │  見なくてもわかる、クラスの好奇心の視線が幾重にも向けられているのが。    │
.    ′                  u ./:./ .|'            └──────────────────────────────────┘
   }∧、    _            ..イ>'
      \  ‘ ̄   =‐-     .イ:. !
       |へ   ⌒       .  :`!l:.:ハ|
         | \     .  今   :|ハ!
       rぉび|  `ー  '’ : : : :     |ミ....、
       |ニニニニl  lニニニニニニニ |

155 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:35:56 ID:d3e023ad

                  > ''゙^~´ ̄,: ´ ̄: ``     __
              ./: : : : :へ: : : : : : : : : : : : :.\/////}
             ./: : : : :/: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : ∨///}
         /: : : : : :,: : : : : : : ',: : : :.:.:.:∨: : :.∨:∨//}
        /:.,: : : : :.:.:f: : : : : :.:|: :': :.': : : : ∨: : : Yゝヽ.∧
       ./: :/,: : : : : : :|: : : : : :.:|:.:.|: : :': : : : :': : : : ∨ン/∧
      /: ://: : : :.:.:|: :|: : : : : :.:|',:.|ヽ: :}: : :.:.:.|: : :.:.:.∨/}/
     .∥:/∥: : : :.:.:|: :|: : : : : :.:| |:| ハ:人_: :|: : : : : :W====ミ    奉太郎君は、部活は何に入るんです?
      |: ' i: : : : : : :|Ⅵ_: : : : | }´ リ 入:.`|: : : : : :|/////    私は生徒会に入ろうかと思ってます。
      |:'  |: : : : :.:.:.|.ヾ代: `: : {/ ,ィヤ示ミx |: : : : : :|//∨
      |{  .i: {: : : : :.{,ィヤ示代∧   乂w'ン.从: : : : : |ヾ./      でも、入る前に他の部活を見学ぐらいするのも楽しそうですよ。
      |'  .|:∧: : :.从ヽ乂_リ  `ヾゝ   ¨´  |: : : : : :|        あはっ、その顔は特に決めた部活なんてないって顔ですね~♪
          |:' ∨: :{ゝ\   、         /|: : : : : :|
          |'  >: :{: : |入   、   ,   /{ i: : : : : :|        それじゃあ、一緒に見に行っちゃいましょうか♪
             /: : : :.:.:| 个       イ  .i/: : : : : :|        さあさあ、善は急げです!
         /: : : : :.:.:|    __`.i´     {: /: : : :.:|>ミ、
           ∥: : : : :.:.:|_jI才ニ=.リ      /{/: : : : :.:|   Y    ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
          ∥: : : : :/{ニニニ/´ '      ∧{: : : : :∧{..  ..|    : :  さっきの考えは撤回していないし、今も正しいと思っている。   : : .
        ∥: : :.:.:/{={ニニ./、 γ - .´/ニ{: : : :/ }:i   |    : :  だから当たり障りなく断っておくべきなのだ。            : : .
        {iヽ: :.:./.∧ニニ/ニミx__ /ニ=-..{: : :/  .リ   .}    : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
         ゝ .ヾ/ } マ=/ニ*ニニ≫ニニ=-{: :/  /   /{
            .//.}  マニニ≫ニニ> ´/ .{:∥     /ニム

156 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:37:21 ID:d3e023ad

        /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       .'::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::.  ..::ヽ
      /:::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::'、
.     /::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ       わかった…どこから回るんだ?
  ー=≠::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
.   /イ:::::::::::::::i:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ┌──────────────────────────────┐
    /:::::::::::::::i|::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::..   │  数年ぶりに会い、互いの近況を話し合うこともなく、               │
.    /::::::::::::::::::l|::::::::::::::i{::::::::::::::、::::::::::::::::::::::}::::::l|::::::::::::::::{ヽ{   │  過去のこともなかったかのように、親密な幼馴染でもあったかのように │
   /イ::/  ̄ ̄ ヽ:::::{::::::::、::::::::::::i::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     │ そんな不可思議な流れに、流されるのを拒まなかった。           │
    >' ´ ̄ ヽ }:::::∨}イ \:::::::|::::::::::::::::::::/'\{:::::::::::ィ{      │  シノアが何を考えているのかわからないけれど――            │
   } _ ィ 、∨::::::::| -trッ7:/ \::::::::::::/   }::::::::/      └──────────────────────────────┘
   「 ___  l /}イ::::::|    }イ   /::∧イ i   /:::/
  /     }._」' V/\{        厶イ r‐  イ:::∧          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
.  {   Tく. 」    ',               /     ∨  \       : :  こんな様子でありながら、さっき再開した時に見えた色が   : : .
      ヽ   i ヽ - 、               ヘ } 〉.イヽ      : :  少しも衰えていないコイツを放置できそうになかった       : : .
  .∧        /   \_     /        zイ /::::::i|      : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :
. r‐=イ}       イ ___,≧ァz 、     r=‐'':::::::::::::::::::|ト...、
/::::{ \ =-   {:::::::::::::::::::::::::::::i\、 「 ̄i:::::r.:y::::::::::::::/::::::::\
::::::::\ \____.ム::::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|:::::Yリ:::::::::/::::::::::::::::`::...、
::::::::::::::\ >-イ::::}::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\

158 : ◆CXpCglr9f6 : 2018/11/09(Fri) 23:40:04 ID:d3e023ad
今回はここまでです。
今回の内容が内容だけに次回はなるべく早めに投下するつもりです。

157 : 普通のやる夫さん : 2018/11/09(Fri) 23:37:52 ID:48a40971
押せ押せシノアちゃん

159 : 普通のやる夫さん : 2018/11/09(Fri) 23:41:20 ID:f7305678
おつでしたー
グイグイ来るねえ

161 : 普通のやる夫さん : 2018/11/09(Fri) 23:51:37 ID:624b2da2
乙でしたー

今後、この能力でどんな展開が訪れるのかな

162 : 普通のやる夫さん : 2018/11/10(Sat) 18:06:59 ID:47519aa2


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ