スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店 小ネタ

目次 現行スレ

260 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:19:34 ID:zmNykOuQSa



                       _________
                    __/  / ̄       \
                   / {/ ̄ ̄ >―一'´ ̄ ̄ ̄ ̄\
            .       / / / ̄ ̄               \
                /j / __/  /       |     |\      ヽ
            .    / / | /   /  /   /|    │ \ ヽ    i
               |  | / /   /  ィ―‐ァ |    | ―‐ト、|     |
               │ / /   レ'´{ j_/  |   /     | |   l |
               │/  l    人/,z竓芋ミ |_/l/ ,ィf拜ミメ、ハ  |│
               人| /|   l | 」夕 /'⌒ヽ     /'⌒ヽ 狩 |/人
            .  |  ノ |   l | j{  { {::::} }  U  { {::::} } j} |   \
              ∧  Λ  l |   乂___ノ       乂___ノ j/ト--―一
              | \/{ }i l |  〃           〃 |  |       ……ッ、……!!
              |  {八__}i N                  |  |
            .   \    「}i {_    U     \/     人 |        ……? ……ッ!!!??
              仄{\ ,ノ \{\             /  ∨
                |  \  / \_` ー-  __   ≦__
            .    \_/ ̄ ̄}⌒ト、 ̄ ̄\  } \ \ \
                  〈__r'⌒i__ノ ∧{\ ̄  \/____)__〉 │
                   | ̄| ̄ \{ ∧ (\   |\  \   |


         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   黄金の魔女が住まう世界から遠いと思えば遠く。近いと思えば近い、ひとの世。
         ┃|
               魔女からすれば、ただびと達住まう世界でもあり、芸術の至宝がちらほらと

               輝く世界であり……。

               そんなひとの世。氷月の或る日。魔女の顧客の一人、千川ちひろが切迫の

               内心を挙動に表さぬ様にと、必死になっていた。

.




261 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:21:29 ID:zmNykOuQSa

                       _
                   .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``丶
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:\
    .              ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                /.:/.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ト、:\.:.: |.:.|.:.:}
                |.:i|.:.:.:i|.:|.:|i.:.:.:{.:.:| ンj\|.:.|.:.:|i
                |:l:|.:{.:.:トk八.:.:.)ノxf示ミ、∨Yハ
                川,.:.Viレ示㍉    Vソ .》.|.:.|))}
               /.:从::{ 《 いソ          川.::ノ           (今日こそ……!
               ⌒7:〈∧     '     ノイ:j/
          _      {.:.:辷乂__   v'⌒ヽ  ,小(              今日こそは、まとまった昼休みを奪取して
          〈 ∨    f⌒乂.:.:.:..く  V⌒ソ イい(
          ヘ ∨^i  乂.:.:.:.:厂.:.:价s。  ̄ ,.ィ(乂              カフェラテとカンパーニュのホットサンドを!
         rく \〉|  √\.:.:ノノイ ) ̄/  〉''Ti=─-  ..,,_
         「\\) ∨ 人_,彡く: : |xく ̄>、 /.: .:| |.: .: .: .: .: /丶    チェックしてた店で、ランチを……!!)
         弋ン'′  〉 Υ.:《///》ヘj √ | ∨.: .: | |.: .: .: .: :/.: .: /
           >、   ハ |、.:√V.:ハ \(\L -‐   ̄|.: .: /.: ノ::′
         rく⌒'ー_二ィ<⌒乂:Y      }      |.:/ : :.⌒ヽ
         |.:.:.: ̄.:.:.:.:√.:.:.::ア'人     L_       |′.: .: .: .: /
          | .: .: .: .: .: }.:.:.:.:/.: .: .:\    ) \    |.: .: .: .: .:./
    .    |.: .: .: .: .:√.:.::′.: .: .: | \_/ /.:∧.   |.: .: .: .:∨
         ノ.: .: .: .: .:/.::::::::{.: .: .:.:.:/| く─‐' .: .: .:.、  |.: .: .: .: 〉
        {.: .: .: .: .: ハ::::::人.: .:.:://|   \ .: .: .: .: \ .|.: .: .: :/
        λ.: .: .:.:.:/.: .:./  `爪{/|    \.: .: .: .: .:\.: .: .:/


         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   ひとの世が上へ下への大騒ぎとなる年の瀬。
         ┃|
               アイドルプロデューサーアシスタントのちひろも、御多分に洩れずの忙しさの中

               大車輪の働きで以て一息入れる昼休みをもぎ取り、小洒落たカフェの売りである

               公園の風景が臨めるカウンター席でオーダーしたものをわくわくと待って居た所。

.

262 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:22:52 ID:zmNykOuQSa



                         / ,ゝイ ⌒ヽ    \ヽ
                        イ/ / /    ヽ     i〉
                       〈 〈 /. | .| || | __l_ヽ/  i〉
                        乂| イ |___ルゞ.,_,.., イ i| ,ゝ、 i〉
                        \|__ヤ   イ0 ノ冫 /イノ〉/
                             弋 弋)  `   / l/ /
                            ハ ヽ_ __   / ヘ〈           ……今日は良い塩梅に冷えてんな。
                           /ゝへ ー  /ヽ( ヘ
                          ( (   >イヘ  》 ヘ\
                            ソ /ト ノ\ V (     > ̄lゝ
                 _,、_  __,,,... -  ゝl:八 l  ゝ  -ー''/ /〉⌒lヽ
             _ ,,--- // /ヽュ、     イ:::(ヽi      / /l:l:::::::::l:::}
      夂-‐ '' "´  ''''ー‐ト、リ、イ  \ヘ /:::::::::( l l   i   / /::/::::::::l::〈
                     ̄\  Y:::〈:::::::{::〉l l  / /::::/::::::::::::l:::l
                      イ\ ゝ、::::::/::ゝヽヽ〈 /l:::::::l:::::::::::::::::/::::l
                      /   V\lヽ:::/::、´~~{ ゝ⌒:/、:::::::::/::::::}
                      丁\ l\l::\{::::〉ーゝ:/:::::::ヽ/::ー::√
                         { ̄゛  i  i::::::::Y:::::::γ::::::::::::::::}:i/::::::/
                      丁> ゝ i::::::::::}::::::::l:::::::::::::::::::〉:l::::/
        Y⌒~~゛゛'''--.....,,,_r マヽ__ヽ_,,,... -`-- ≠ー::l::::::::::::::/::/::/
        ,イヘヽ::::::::::::::::::::::::::(,,_ ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ ̄:〉:::::::):::l
       /::/:丶>::::::::::::::::::::::::l >l\::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::{:::::::::l:::::::::l::::l
      ./::/:::::::::ゞ、::::::::::::::::::::ム_∥::::::::::::::::::::::::::::レ'"~~::}::::::::::::l:::::::::l::::l


         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   「何か、綺麗だけど、スッゴい派手で、カフェとちぐはぐ過ぎるひと、いきなり隣に
         ┃|
               いたんですけど、どーゆー事なんですかネ? 心臓バックバクなんですが!?」

               会社事務員 女性 二十●歳

.

263 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:25:08 ID:zmNykOuQSa



                             __     }
                        . : : : : : : : : : : :ミメ._
                         //: : : : : : : : : : : : : : ヽ
                      // : : : : \ : : /: : : }: : : :.
                         ′7 : /:. :./}:X: : : : :./}: : : : :.
                     {: : : :/7/::::::∠ 彡7/:丁}: : i '`
                          ∧{: /: :/ \___ ::::::::::}.'}: : }:.}
                      八 :{/ |: {    -   \___:/}: /}/
                     ( (\} |: {  /   ヽ ヽ  ハ:}/
     .         /{        _〃:.jI斗/ \     V  ノ/       ……。
            {:乂 Yi:i:Yヽ/.....ミ´/..'{′\.〕ト  ≦ : /
     .        〉 : : }i:i:i{:/ ..........}.......∧  / Vト、 }/ァ
     .       `¨⌒¨¨ ′..........}..{......∧'〈 ⌒〉|ム⌒ヽ
                  ノ{___ .............\...∧ 〉i〈. |..∧.....′
     .            }...⌒........./.......〈.....∧  } ,....ノ',.....}

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   宵にも輝くペリドットのアンティークペンダントを購入してより、ちひろは何度も
        ┃|
              何度も、魔女の宝飾店に行こうとしていた。

              あの見ていると意識が吸い込まれそうになるガス灯看板を目印に、黄金の

              唐草紋様が絡み、豪奢に彩る観音開きの扉を探し回ったのだ。

              しかし、ガス灯看板を再度見付ける事さえ叶わず、年の瀬を迎えていたので

              あったが……。

.

264 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:27:25 ID:zmNykOuQSa




   :::::::::::::|: |: : : : |: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : : |: : : : :|: : :| Y: : : : : /: : : :丿: :/
   :::::::::::::|: |: : : : |: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : : |: : : : :|: : :| .ゝ: : : イ: : : :./: |: : \
   :::::::::::∧.|: : :..:.|: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : :_|>'"´|: : :|  ∨: : : : :/: : : |: : : :.)
   :::::::::〈: : :|: : __.|、: : : : : : : : : :..:| |_| |_: : \: ─二>''"-‐'"  ̄ ̄|: : |   Y: :/.ヽ:: : : :|: : : /
   ::::::::::::ヘ:..|: : : :.|: `:ヽ:、__:,:--\      ヽヽ─''"   ___  |: :.|   ./: / /  Y: ::|: : /
   -、:::::::::|: :',: : : :l-‐'"´´`ヽ、__彡ヽ         イ´ ̄  _,,, ィ'|: :|彡 ,': / .∧  |: :.|:/!
    .\;;人: .',: : : |  __, --- 、_ ヽ         ,,,ィ=チダッハ |:./  ,'::::{ .〈   }: : |: : :l
        ヽ: : : : ',__´     ``ヽ  ヽ       イ (ゞ、__´ 彡' |リ  .l: : |  ヽ   }: :/: /        どぉしたぁ? ちひろ。
         ∨、: : ',ミY ̄ヲテヨハ、  ヘ       ` `‐''"´ ̄     .|: : | ノ.  /: /ィ
           Y |、: ',ハ (ゞ、__..彡'ノ  .',                 ',::::',イ  /: :/          鳩が豆鉄砲喰らった顔してよォ。
            ∨ハ\ ヽ,,`‐''"´ `    ',                 ',::::',  /::::/
          /:::/,               ,                 ヘ:::ヘ':::::/            久々の再会だってぇのに
          /:::/、ハ               i                  /ヘ::::ヘ'
           /:::/ \,            ヽ  .:::      ノ、     /{: : 入::ヽ            笑顔一つも無ぇのかぁ?
     .    /:::/    ヘ                  ,. イ/ ヽ   / |:/  ヽ、::ヽ
        /:::/       ヽ      イヽ __  --‐‐ ´   /       / .|'      ` 、::.、
        /:::/       \      ヽ、 _____ , /     /  |__        ヽ:\
   .   /:::/           \           __      /.     |r'7         ノ::::::)




                        /.:.:.:.:..:..:.:.:|.:l.:.:.: | 丶  |.:|.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:. | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
          .             / .:.:.:.:..:.:.:.:.:l八.:.: |  \ |.:|.:.:.:.:.:.:.: l\.:.: | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
                    .:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|  \l/⌒ヽ|.:|.:.:.:.:.:.:.: |  \l\ .:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.
                     |.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|  //し勹 人.:.:.:.:.:.:.:..:|/⌒^ヽ\.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
                     |.:l.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.|l 《  Nir刎   \.:.:.:.:.: | /し勹  \N\.:.:.::.:.:.
                     |.:|.:l.:.:.:.: |.:.:.:.|l    Vつノ    \.:.: l Nir刎   》 j.:.:.:.:\:.:.:.
                     |人l.:.:.:.: |\:乂_///////// \| Vつ'ノ イ  /.:.:.:.:|.:. \     やっ、あの。
                     八:.:.:.:.|V.:\了/////,///////    /.:.:.:.:.:j:.:.:.::.:.
                       \: |/V.:.:.八 u                    /.:.:.:.:. 八.:.:.:.:.     ……あの、このカフェ、私以外っ!
                           〈:〈:V.:.:.:.丶     、        |  /.:.:.:.:. / ノ\ :.:
                              \:V:.:.:.:. 心、     ¬ー- ´  u /.:.:.:.:. /イ.:.:.:ノ\    お客さん、居ませんでしたよね?
                _         / 〉V.:.:.:.l从.:〕ト             イ/.:.:.:.:. //ヘイ:.:.:.:.
                   ̄二ニ=- 〈//{.:〈V.:. l.:.:.}:.:j//7l「   -<  /.:.:.:.:. ///// \.:.:.
                V        V/\:.Vリ .:.j:.ノ// 八     //.:.:/j////////∧:
                V        V//У}.:.:.:.イ//   ヽ、___/ //  //////////∧
          .        V        V/{.:.:{.:.:.:..ノ,/     /⌒j       ////////////∧

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   ちひろが昼食に有り付こうとカフェに足を踏み入れたのは、ランチタイムにはズレた
         ┃|
               午後二時半。

               冷え込みが厳しい日でもある為か、店内には他の利用客は見当たらなかった。

               だのに。今や、ちひろの隣には奢侈の二文字をドレスに仕立て纏う宝飾店の店主が

               降って湧いたかの様に、居た。

.

265 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:29:44 ID:zmNykOuQSa


                        __
                  _ r―<~"''~、\
                  /'  /    \ \\\
              _/ /  //{   |   \   マ L
               〈:i:i/ /i| /{ 八  ∧ |  〉   ∧ {
             _/ / L/⌒¨¨ ̄/⌒\{  |/  V        居ようが居まいが、関係なんざ
            ∨ / i| |       __ハ Y   /
            人/:i| |/⌒    弋シ⌒| i|⌒〈         有りゃしねぇ。
              \:i| |弋シ⌒        | l| 〈 ノ
                | | :.     、     | |L /          ちひろ。其方の他に今は、妾を
                | |::∧    , 、   /| √
                | |⌒ ゝ    '/,     /              視られぬ。声も聴こえぬ。
                | |    > _'// /rv 〉
                _ {リ㍉     |__(ハ //'/     __
          / -=二 ∨ ∧     |//}/ /'/ // 〉_/二\__
         /二二l ̄ /し⌒ト--´ ̄/ 〈ヒ) / /〉^〈二二二二二
          二二:/ /二'⌒>)ト   {   〈/ //  \/⌒\二
         |二ニ:/ /ニニ〈⌒ヽ|   }   ' / 〉 /⌒〉二二二二
        /=ニ/ /ニ二二V^八   ,     / }っ  〈二二二二二
         |ニ / /二二二 〈⌒7 \/     / 人,ン  〉 \二二二
        人 〈 〈二二二二 | 〈  ,'   / /   ̄\ 二 \二

                          ___
                      _,,..-‐'': : : : : : : : :`: : . .、
                   , -'" : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 . : : : : : : :./: l: : : : : : : l : : : : : : ヽ: : : : : \
                 / : : / : : : /: : l: : : : : : ::ハ: : : l : : : : : : : : : : : .
                 / : : /: : : : l: : : l: : : : : : :l ',: : |ヽ: : : :}: : : : : : : .
                ' : : : { : : : : l: : :ハ : : : : : l 丶: :', V: : :}: : : : : :l: }
              ': /:/:.{: : : :-ハ: :l─V: : : : :l ー-ゝ廴V : } : l: : : l: }
              l:./:.{l: :l: : : :/ ∨-、 V:、: : :',  , -\〉 V:.} : lハ:.、:.Y
              |八ハ: ',: : :' ,ィ犹示ミ ヾ \: ', イ犹示、V: /: l : \、
              |{ {: l: : ',: :l {i' l ルリ}    \ {l ルリ} l〉}:./: :.} : : } ` ー
              ヾ、{: l : : 〉:', ` 乂ツ         乂ツ ' l:./ : : }: : /
                 人l: : :トヘ:', /:./:.   i       /:./: l/l: : : }:/
                 {: : : : :}:ヽ\                 ノ ,l : : '⌒ヽ       ……あぁ。
                 マ : : : }: : :ゝ      _        / }: : /  l}
                ゝ、 : : : : :}:>   ´  `   /  ': :/   ノ        そう、ですか。やっぱり。
              ,ィ={: : :\ : : : } : : : >     < |  .//
             ,イ'' { : : : : \: : : : : : : }   ̄    |ヽ /
             {l  丶: : : : : :ヽ: : : : :人     , -'"入、
             ヾ   /\: : : : : i}: : :}:ヽ >、rく      〉 \
               ノ、: : \: : : }: : :} : Y{ lj 〉、   ./   .〕iト _
               ./l  丶 : : : \:.}: :/: :/{ ̄ ̄`∧  /    l.l      _
             /     \: :r⌒Y⌒く_ {   / ヽ /      」l     ∧

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|    放心と共に、疑念が落ち着く所に落ち着いてしまったと、得心の溜め息がちひろの
         ┃|
                唇から一つ。

.

266 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:31:14 ID:zmNykOuQSa




                  > '' ¨  ̄ ¨ '' <
                > ´    __ ,,,,, __     ヽ
                {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、
              ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }                  > '' ¨  ̄ ¨ '' <
             ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ                > ´    __ ,,,,, __     ヽ
            /   : :ム            r ≦´ V                {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、
     .       {     : ヽ         /     }              ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }
     .      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ              ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
            ヘ           ̄         , '             /   : :ム            r ≦´ V
               .>、               彡       .       {     : ヽ         /     }
               ≧  .,,,,      ,,,  <         .      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
                           ̄¨¨ ̄                    ヘ           ̄         , '
                                                .>、               彡
                                                ≧  .,,,,      ,,,  <
                                                            ̄¨¨ ̄
         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   ちひろが食後のカフェラテを飲む頃には、魔女も何処からともなくのチョコレートを
         ┃|
               飲んでいる。

               チョコレートの華やかな香りが、魔女とちひろの二人だけを包む……。

.

267 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:32:30 ID:zmNykOuQSa


                            ヽ__, -____ }, -── 、==、_-ヽ、__
                             V ー' /-‐'''''‐- 、 ` ヽ、`ヽ__} ヽ
                              } /        ヽ 、 \、 ヽ`ヽ、
                              `/    /       ヽヽ ヽ. ノ、ノ )
                              | l   l l  l  l    l ヽノノ} `V
                              Ll_‐- 、 l  l l l   } 彡 イノノ)       ……なぁ、ちひろ。
                               | ッ=、ヽ /, -─‐- 、 レ'ノ}リ レ'
                                !.、!_゚j    ,rヤ。‐z } / /ゝ/         空から宝石が降って来たなら
    .                            |""r'   ´ ゝ='` //⌒y'´
                                !   、_   """, { { ノ           ロマンが有ると思わねぇか?
    .                      , 、     \ ゝニ='"  ノ,}´
                        , '", '".      \  _,,, - ´ノノノ
                      ,, ',"'".       _,,,,,,,,_r ̄rr-‐':::::::}、  , -─‐-、
                    , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
                 ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
        r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
    .    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
       _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
      <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
      `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
            `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ


        /: :/: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :\: :ノ
       /i: :/: :./: /: : : : : : : : : : : : :∧、: :へ: :ヘ : :ヽ:\
      ∥:ヽ: : /:./: : : /: : : : : : : : : : : ∧ヽ:∧/ ̄: :ヽ∧
      ii∧: 〉∥:.i: : : :.i : : : ヽ: : : : :∨: :.ヘ ∨:i \: : :i: : i
      |:!:ヘ:./:|: i:i: : : :.i: : : : :|ヽ: : : :.i∨: : i i: i ,,≧ミ,,、|: : }
  .    iヘ:./: :i: i:.i: : : :i: : : : :.i斗: : : i ∨: :i .リ∥.心 .}}|: :/               空から、ですか?
       i、\/:i:i:.ヘ: : ヘ: : /:i  ∨:リ ∨リ   {::u::リ .i:∥ ̄\
      /i:〉、∥iヘ:.ヘ: : ヘ/: :i/  ,,≧、 }/   .`´::::::::.ムi::::::::::::::ヽ           想像しただけでも素敵ですねぇ~!
     / i{: :ヽ∥:ヽ:.ヘ: :.ヘ: :|i. /::::::ヽ      ::::::::  .|二 ̄i::::::ヽ
  .     〉: : /:./ヘ: :へ: ヘ ∥):u:::}     ヽ    /::::::::| i:::::::::::ヽ
       ヽー:´ヽヘ ヘ: :ヘ へ >‐ ´:::::::     ,  ./ヘ:::::::i .!二ニ:::::ヽ
  .      ∨:`: :<ゝ、<ヘ,   ::::::::::     / .∧ .ヘ:::::!ー=i i:::::ヽ
         ∨: : : : : \¨\:> 、    ー-  /    ∨::::::::::∧∨ 、:>ー- 、
          \: : _: : \: \: :.>┬ー--   .ノ〉-x 、_>∨::::::::/  ヽ__::::\
           ∨: : : : :  ̄>:\: : : : :\=ニ ̄¨ヘ/、 \_  ∨/    ゝー--- .\ヘ
            \: : : : : :_: : >ー\: ヘ: ヽ,_ヘ ≧-!、 ̄/   _ ゝ二¨ ー  .ヽ }
              ー-´`ヽ、: : : : :>ー: : :}r.、i,-=  \ \   ,」 ヽヘゝ、 ̄    ヘi
                  |:::::::: ̄::({\_ _/ ヽ_/:::`>ヘ、\ .i i i.ヘヘ ヽ     ノi|
          ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━
          ┏╋───────────
          ┃|
          ┃|   チョコレートのカップを魔女が置いた時。切り出された話題は子供、取り分け女児
          ┃|
                同士が弾む様な調子で語らうものだった。

                そんな夢見事に気後れも戸惑いも見せず、ちひろは楽し気に対応する。

                アイドルプロデューサーアシスタントなる立場、常識に捕らわれていては務まらない

                のだろう。

.

268 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:34:47 ID:zmNykOuQSa



           人辻ツY_ノ} |  | |  | | |  |  |  |  | |」|  | く、
          {fY二≧x_|ト|  | |  | | |_|_|_|_| |‐{  |   》
          }{仄} }^Y}」|_| |< ̄ ̄      /  ̄`Y ∧ 〃
          式辷ンjノ}x|/ ̄ ̄\     /_x=ァ─仇厶」《_
          Ⅵ代八ノ´ハ _x==ァx‐ \   ∠仏炒‐^}{\/ 彳       現実に降ると言ったなら
           ^冖t/´ rくい「ミ弋fソ  丶         |\ヘ「’
              厶_」| ∧        l        | ∧|         さて、どうだ?
              |∧〃ヘ、                 |ノ| ̄》
               ∧|\ハ    __ ───ゥ     」 j’
                /  !_乃ヘ、  ゝ──__´ ̄  厶/ /
                \  ̄つxト            イ冗  , ′
                \    ̄〉人>、     / ノ|   /
                      >  `Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y7   \_
       ,ヘ、        /    {二二二二二二心     》        / ̄|\__
   二| ̄   ̄\___  く_   __|二二二二二二ノ゜ー- 彳__/|\/ r─「「 ̄
   二|     iメ   >─冖'´ ̄   ̄弐二二二ソ        ̄   /  》‐┘  込ィ冖



                       _ -‐  ̄ ̄ ‐- _
                   _, -'": : : : : : ̄ ̄ : : : : \
                  ': , -'": : : : : : : : : : : : :"'- 、: 丶
                //: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : 丶:: ヽ
               //: /: : : : : /l: : : : : l: : : : : : ヽ : : : ヽ: ゝ
               l: : :/: : :/ : / j: : : : : l、: : : : l: : :', : : : : ',: :l
              ': : /: : :/l: : j l: : : : : lヽ : : : lヽ: :l: : : : : l: :l
              l : : l: : : l>  ̄ ̄:l、: : l -─-、 l: :l: : : : : l: :l
              l : : l: : : l ヽl  ヽl\j __ \:l ヽ:.l: : : : : l: :l
             /j: : /! : : l            ィ示ュ、 l:>:、: ヽ: l:ノ
            j/l: : : :l : : l   ‐      ん(_,ヾ j : /"'- \
            jl l: : :/l: : l'゙ ヾ==‐'     弋zソ j}/: /: : : / ̄
              l、: : :l: : l ///     ,    /// /: / l: : /      ……沢山、欲しいって
              l:ヽ: : 〉: l            // ,イ: /
             /: : :\:', l\ ,、   ̄ フ    -‐'  !/       思っちゃいます。
             l:lヽ: : : ヽ : / /         /
             ヾ ヽ: : : :V /⌒l>、 __   ´ !
             , -‐ l: : : :/ -‐' ヽ/    / \
            /  //、: : :l  '' ´ l、  /    l` ー 、
              // r‐ゝjl    l‐' X      l  l l Τ ‐、
           l  〈 \  rゝ  j-イ  ̄7- ._   !  l l l  ヽ
           l   > 〉^丶、\l  l--/   /"'‐' ___l l l   l
              l r'/    \ > /  l  /  < ── .l  ,

.

269 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:37:13 ID:zmNykOuQSa


                  _  _ r=-r=-、 __
                _,rf=-, ‐´  ハ  ̄`ヾ-t_
                〈_rf /          \|
                  ゝ y            ハ
                 '     /
                   |     _/ { |    i     !
                   | 川_/ |` | |  j 川 j  リ
                   fヽ! .|テぅぇ乂 ノ/ /〃 /j
                     〉|l  `¨ `   rfチyハイj       今日、これから降るやも知れぬぞ。
                 /.从          `¨.j lノ
                  / \ 、 _' _,   ∧ハ        この冷え込みであればなぁ?
                   (  /ヽ  -‐ '
              r‐厂`Y¨7 ` -===y′ー ´l- 、
             /::::::厂] / ー-  r‐ ' | | _ 」::::ハ
            /::::::::[ ̄] !rァ( _⌒_ ) ,j j_[:::::::::〉
           ノ::::::::::::ヽ「 7=ナ、 f⌒ヽ、jヽ-r‐t/::::::::\
          〈:::::::::::::::::/::::ヽ'、/Lヽ /ヽ/⌒!:::::::::::::∧
           >:::::::::::/::::::::::::ハ/ヽヘ/::::::::::: |::::::::::::::::::〉
         /::::::::/:::::::::::::::::::ヽ-〈 /::::::::::::::::八:::::::::::::〈
        〈::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::〉__]::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
    .     〉:::::´::::::::::::::::::::::::: /:::||:::`ヽ:::::::::::::::::::::\::::::::ノ
         |:::::::::::::::::::::::::> ´ ::::::: ||::::::::::\:::::::::::::::::::::ヽY
         {::::::::::::::::::/ j::::::::::::::: ||::::::::::::::::\:::::::::::::::::::〈
         ∨:::::::/-=ニ二二二二二二二ニ=-ヽ:::::::::::::::j
       -=ニニ=- '二二二二二二二二二二二二二ヽ:::::/二ニ=-


                         __
                      ,.ィ::´:::::::::::-ミ ̄::≧x.、
                   ,.ィ:´/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::メ、>.、
                  ,.::::,.::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::ム
          .       /:::/::::/:::j:::::::::{:::{::::::::::{::::::::::::::::::::V::::::ハ
                /::::':::::/::/.!::!::::::{:::{ v__::{v:::::',::::::::::::V:::::::ム
                ,:::/:!::::::!::j__!::!v::::!V´マ:::メ、:::::!::::::::::::::,:::::::::::,
              /ノ::::!::::ィ:!  v! V::! ` ム、:.、V!::::::::::::::!::::::::::j
              '"´/:::'::,::::ハ:!,zミヽ ヾ!  'んハヾv.}::::::::::|:::{::::::ノリ        ……あ、もしかして、雪、ですね?
               ,:::/:::',::{ 〃!:ハ       vrリ }八::}::::::!::::V:::::ア
               !::' !::::':ハハi Vタ     `´   '::::':::::,'`V:::::ア        確かに、雪は天然に出来た無機物結晶
               i:{ .!:::::::!::,    '        ,'::/::::::' 人ア
                ,! .,:::::::!::!     __     / '}::::::/イ彡'          だから鉱物に分類される事もあるとか!
                 ',:::::!人    ゝ:::ノ   ' ,イ::::/::::::ア
                  V::!::!沁...、      / ,':::/::::ノ
                  V!::!:::::/::::>.、。s<  /:イ::::ノ
                   ヾ:!〉::!:/::::::::::::|     /´ノ ヽ
                  ,ィ::ヽ::Y´::::::::/!  , ィ"   ヽ`メ、_
                   {:::::::_/::::::::::/ (j /       八: :V/≧x、.._
                  _! ̄斗)Y'"' /-ミx、    ,:': : : : V::ア: : : :>.、
               、_(ア"´::::!'´:∨ハ   〉':.、  ,.: : : : : :_,}:}: : :/: : : : ,
              `ーァ'::::::::::::,'.:.:.j/ j--、/  ヽ,.: : : r斗七'":/: : : : : !:.!
               /:/(:::::::::::!-'ア ./  {  /: : : : : :.ヾヽ': :/: : : : : : ノ: :!

.

270 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:39:12 ID:zmNykOuQSa



                           ヽ__, -____ }, -── 、==、_-ヽ、__
                            V ー' /-‐'''''‐- 、 ` ヽ、`ヽ__} ヽ
                             } /        ヽ 、 \、 ヽ`ヽ、
                             `/    /       ヽヽ ヽ. ノ、ノ )
                             | l   l l  l  l    l ヽノノ} `V
                             Ll_‐- 、 l  l l l   } 彡 イノノ)      くひひ……。そぉだ、正解だ。
                              | ッ=、ヽ /, -─‐- 、 レ'ノ}リ レ'
                               !.、!_゚j    ,rヤ。‐z } / /ゝ/        更に妾から言わせれば、研磨
   .                            |""r'   ´ ゝ='` //⌒y'´
                               !   、_   """, { { ノ          せずとも、空から降るロマンで
   .                      , 、     \ ゝニ='"  ノ,}´
                       , '", '".      \  _,,, - ´ノノノ           より輝く、美しき宝石よ。
                     ,, ',"'".       _,,,,,,,,_r ̄rr-‐':::::::}、  , -─‐-、
                   , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
                ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
       r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
   .    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
      _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
     <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
     `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
           `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ



                        ...  -──‐- ..             /\
                     . : ´.:.:>-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``        /  /
                    /:.:.//:.:.>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      \/ />
          .          .':.://.:.: /..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ        </
          .          /.:/.:.:.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.     ┌─┐
                  /.:/.:.:/.:.:/.:.:.:/⌒).:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.    └─┘
          .       /{.:. //.: /.:.:.:/  /.:.:.:.:./.:.:.:. /.:.:!:.:.:. }:.:.
                /.:.У.:.:.{.:.:.{.{.:./ ∠___彡イ.:.:.:.:.:.:/,,}.:.|:.:.:.:.}.:.:.
                {.:.:{.:.:/{:.:.:{:{/       ,}/}/⌒}.:.|:.:.:.:.}.:.:}
                八.:.Y.:.:ノ{.:.:.N x==ミ        }.:.|:.:.:.:.}:.リ
          ...    {:.:.:V{イレ{.:.:.{ 〃〃       ,x=ミ、从|.:.:.:ノ.:.{
               从.:.乂.:.:.:{:.:.:{            〃〃 八.:.:.{.:.从    そう聞くと……。
                {.:\.:.\八.:{        ’   /}.:.:./⌒ヾ
                八:.:.:.\.:.Y.:.圦   { ̄ `ヽ   /   }: /          決して溶けない雪のアクセサリーとか
               {\:.:.: ヽ}.:.:. 心、 ゝ-- ′ /   }/
                 \.:.:..:.:.}.:.:.:}   >-  r  ´              見てみたいですね!
               /⌒\.:.:⌒ソ_    {\___/⌒\
          ..   /................|\.:.:}ノニ)\__人 \..\ ィハ
              |................ | 《三≧≦てイ///「 ̄}....../ / 小
              |.......,,..... └ノ三ニノ⌒ヽ乂//   }.. / '   l| !
          .     V........`ヾ..^⌒\.:.:.:.:.:. }\/}  八{     l| !
              ∨........... \.........\{\{..... \∧...{     l| ト、
          .      ∨................「ちひろ丁........./..../\  i| |..∧
          .     ∨.....\ └‐─‐‐┴‐<../.......... \,ノ j....∧

.

271 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:42:01 ID:zmNykOuQSa



         」 ー  / , く:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:/:.:.:. |:.:.:.|:.}:.:. i:.:.ハ
           { `ー-‐< /  〉:.:/:. |.:.:.: |.:.:.:.:i:.:.:.:.:.|:.:.:.|.:.:.:.:.|:.:.:.::i
         \___ イ{  /:.:./ i:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:|.:.:.:.:|
           }:.:.:|.:.:.:. ̄.:.:.:.:.:{ |_」:.:.:.:」:.:.:._j.:.:.:. ノ.:.:.:}. i:.:.:|.:.:.:.:|.
            /:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.ノ リ _ ̄`丶、  ̄ ‐-':.:」:.: }:.:.:.::}
           \:.:|:.:.:.:.:/ Y:|    { Tぅ㍉、ヽ   _ -‐` Tt:/
           /:.:.{:.:.:.:.{ i |:.{    弋_ツ′     rt=ミ、 ,′
           \:.∨:.::, 八:ヘ            弋_ツ /
             i:.:.\:.:.ヽ_.i\ヽ           {   ,ハ
            └-=:_∧:.八 .|:|        ノ   八:\          有るぞ。既になぁ。
                 \l \:j     r = - ァ  /  .ヽ:ハ
                  _|_彡\   `¨こ´ . /      i:.:|
                  くL.__    、     /       |:.:}
                  /ニ==‐- _>:-イ          ノ:.ノ
      ___           /ニニニニニニニ≧r ´        //
   r<    `   、__   _〈ニニニニニニニニニニ|       {:(
   ニニフ  ̄     | i ´   `¨ ー-=ニニニニj_        `
   ニく   __ -‐= .| |           ̄ ̄  >: _    _
   ニニ\jニヽ/  | |          __      `¨ くハ T  ̄ ¨}_
   ニニニニ〔 ̄ -‐ \\        /   \    ___  } |   / ∨\
   ニニニニニ>ハ  / \ >‐-   _ {     ヽ__/  ∨ j       Lニ\
   ニニニニニニニ弋__ //¨T =‐- 」      }い{    }/       r'ニニニヽ
   ニニニニニニニニニニラ く   } /   人     /∧    ノ\     ノニニニニハ




            /::::|:::/::::::|::::::/.:/:.:::::/メ、:::::::::::::::/ /.::::/.:::::::/ |::::|::::|:::::::::::::|
            ,’:::::|/.::::::::/|::::/.:/::://..::.\::::::/   /.::::/.:::::::/ ::::|::::|:::::::::::::|
           :i::::::::{:::::::/::l:::::::人/<:::::::::::彡ヽ:〉  /.::::/.::::/   |::::|::::|:::::::::::::|
           :|:::::::{:::::/.:/|:::|::| | ィ斥示\     ./::/.:/  _|::::|::::|:::::::::::::|
          : ∧:::::|:::/.::i  |:::|::| l〃|'///,リ     ̄ ̄ ´ ̄ ̄   |::/:::;’:::::::::::;’
          :/:::{:::::Ⅳ::: | {|:::|::|  ;弋'//         ィ斤示、 //.::/.:::::::::::,      ……ッ!
          {:::::.\:}!::: ::Ⅸl|:::l:ノ                  {'///リ i //.::∧ ::::::::::|
          ,}:::::::::..\:::/::::∨|!              乂/ツ :| /.::/.:::::,:::::::|       本当……、いえッ、私!
          ::\::::::::::..\::::::Ⅵ}、             r     .//.:乂:::::/ \::‘,
          /::\::::::::::::::::::::}|:∧    r―   、        /::/.:::::::/    ̄`     その雪のアクセサリーを
          : {::::::::.\:::::::::.∨ハ∧   :|     \       〈/l|:::::::/
           \:\::::::::::::::::l{:::∧  、 \    /     /   |:::{/            見たいです!!
            .}\:`ヽ:::::::::l|:/.:::l:  \   ー      /    .‘:::|
            :人:: \::::\:┃:::: }:|   >―┬― <   ._   Ⅵ
            {:::/\:::: ̄:::`ヽ:::::リ       |\     /   \


.

272 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:44:25 ID:zmNykOuQSa

                       _ __r‐、
                   _r ⌒⌒   `ヽv⌒ 、
                 ノ─‐   r  ̄ ̄ ̄`ヽ ハ _
                 f        - ミ    \ }
             __/ / ̄          \   \
         ィ==ヘ//Y / /       ', ヽ     ヽ     |i
        f/////////∨ ' /      } l ヽ ヽ     li
        {///__////{ ,' ,'  /   / ハ } } } |l |  }
          ゙'''- _r/////{ { '  l{l  /}   l } } } }l |l l l
          ィi〔///////{ ∨ {lf寸 //ノ-‐v⌒`/⌒`l |l}
        {/////////∧ 丶_ノ  ̄       ,ィ´ l、_ィぃ} |ニヽ
         \//f'辷//ハ l }___    f/ ,斗,7仄 { ノ       それよ、ちひろ。
            V'"ノ/////} l }、_辷__=ミヽ  〔`ー彡' V ∨
            {///////} l人`ゝ-’'^¨            l弋
            ``'~-v' 人ー、           ァ '  \
              _ /‐'  `>   、__ __`_"-‐//     丶
          / ̄         >、 `ゝ--‐ //    _  _ ` ー-   --、- 、
         lf               ∨ >--'   ,'    /////〕iト        `ヽ\
         {{     _ --、f´ヽ       |^ハvvvvvv{ノ⌒V\///////〕iト   マ二< ̄
          寸ーこ_/////\_)     _ノ////////|__ /ノ \__ \/////ヽ   ̄\
         /_r─'⌒寸//八 )‐ヤ ´ ゝ======‐'| ー、ヽ  /////\\ ///∧    ¨ヽ
         ////Y^Y⌒////アっ_)ヽ         |   ヽl /乂/////\\'//∧
        ///// ////////{ /{イ、ハ           } {   V////\\/ハ


                            -=====-ミ
                          . : ´⌒^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.、
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                       /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   //.:.:.:.:.: /..:.:.:.: l.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                    //:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.|.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                //:.:.:.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.|.:.l\.:.: |.:.:. |.:.:.:.:.:.:.
                    У.:.:.:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.:.:./|.:.:.:.|.:.|  \|.:.:. |.:.:.:.:|l:.:
                   l.:.:.:.:.:.:.:.:| |.:.:-‐‐/ lト.:.:八|  ‐-ト.:. |.:.:.:.:|l.::!
                   |.:.:|.:.:.:.:.l| |.:.:.:.: /¬|.:./     ¬リノj|.:.:.:.:|l.:.!
                   |.:.:|.:.:.:.:.l| |:.:.:. 勹Y |/    勹Y  |.:.:.:.八乂_
                   |.:人.:.:.:八|イ Vり        Vり  l|.:. /.:个'⌒
                   |.:.:.:..\.:.:.乂__¬冖  ,  冖¬ 八/.:.:. |
                    乂.:.:.:.:{匸Y⌒ww        wwノイ l|.:.:. |        えっ……、と。
                 `Y⌒.:.:丁八      r- ‐‐    广 人.:. |
                    八.:.j.:.:.:{.:{:.丶           /    ヽ|
                  У:.:.:.:.У.:j.:.:.:〕ト     ィi〔
                     {:.:.:.:..:.{.:./:.:.:.:}|       |
                 八:.:.:.:.:.У.:.:.:.:.八       厂二[ ̄....\__
                   /.. ⌒\{.:.:.:.:.:/:.:.}\____/    |...........了..ヽ
                  ∠.............../乂__.:{:.⌒Y  ハ      |.............|.......!
                 {⌒`ヽ...../.........乂.:.:.:.:.:}__///\____|.............|.......!
                  ,..........У...............乂:.:.ノ※V///}  八...........|..... |
         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   それ、とは何であろうか?
         ┃|
               ちひろが虚を突かれた声を漏らすのを、我が意を得たりと魔女は笑う。

.

273 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:46:33 ID:zmNykOuQSa



     :::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
     :ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
     :::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
     >'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
     ::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡
     <::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|          妾の店を見付けられぬ理由はなぁ……
      .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |
          |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ         其方が自身の為に、店を訪れようとは
            \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',
            ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',        せぬからよ。
              //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
               //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ
             ヾ、  マ }_ >      //   /
                )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _‐ ''"
               (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
                 }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
     __   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
     `)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
     <__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y



                     _ ,/: : : : ― : : : :-―: 、:\
                      /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                   /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::.
                    ; : :ィ: : : : : : : : : : ハ: : : : :l: : : :ヽ: : ::.
                  ,:{: :/:|: : : /: : :/: :|::|  : : : : :ト: : : : : : : ::
           .      /: У: |: : ;: : : ィ:_:斗匕 |: : : :刈:_:ハ: :}: : ::.
                  {: : : : : |: : |: 7ムzf示ミ ,: : :ル x=-ミVl: : : |
                人: : : /|: : |:/Y´rぅハ /:/  rぅハ Yj: : :人
                l{ {:\: 入从 { 弋ツ     弋ツ 八: イ:{⌒      ……あっ。
                 {: : :圦い: :\       、    ル': :ノ
                 ,ゝ: : : :ヽ}: :{⌒             从: :/         はい。そう、でした……。
                   {:ハ: : : :ム:个:     r__     八: :{
                 {  ,>ト: : ソ: ハ> 、   , イ..||...\ト、
                ,xr.'........{: : :\:ノ: :} \ ァ    ....||............ハ
                 {......ヽ.....ゝ: : : ヽ:ノ  ノ天!   /....jj........../....}
                {..........Y⌒y⌒厂)..V Y⌒y\/....〃........f......
                  '..........{__〈_人__)......マ〉-〈 /.....《............{.....
         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   黄金の魔女とは、顧客一人一人の内心把握までをも為しているのか。
         ┃|
               ちひろは何度も何度も、魔女の領域の扉を探した。ただ、その内心は、宝飾品が

               目当てでも、かの絢爛の内装への憧れでも無かった。

               魔女の領域をアイドル達が輝く舞台の参考に。その一念であったのだ。

.

274 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 5fd8-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:49:53 ID:zmNykOuQSa


     ‐┐/,.≫‐- .,_
     _丿/  /   \  .,
     ァァ 、,:゙/         ` 、
     /// }/       ',  ゚, ´,
     // /′ ∥  / ;  j  } ; ゚,
     / / i  ″ ′ ′/  j } jⅰ
     _/こ{ i{ ii /- / / / / / }リ
     ‐ 、厶 jj_/_/ノ>≪イ イ//
     .,_ //^'!     ¬ ,′
      i{ {   、   弌そテー(ー         其方の利他の心は、実に好もしく思う。
     、人  ヽヽ   `¨`  \
     `¨', ` 、 jノ      _ /        しかし、それが行き過ぎてもなぁ。
       ':,  ∨  、.,,,____,,..{
        \ }   `¨¨´ノ          ちひろ、其方が手塩に掛ける愛らしき
     Vヽ_,,. ノノ=- _   /、
     .,_ / /   `¨¨ }i          アイドル達は行き過ぎた姿を見て、どう思う?
     ニ〈くニ7   /´‐- ノ
     ニニ心ヽ __rァ「 \)、
     `¨¨¨¨ノ \ ⌒ 、⌒芋ミh、
             `ヽ `、ノ¬‐ム
     \    __,,.    ':, V/ノニ心、
       `¨¨´       ', ∨ー∨二心、
                   ', Γこ{ニニ二ム


                 ./.:/.:/..:/..:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::..\
                /.:〈::/:::/:/.:/:/ 〉::::::::/.:::::::|::::::::::‘,
                ,′l }:://. /.:/:/ /.:::::::/|::::::::;l:::l|:::::l∧
                 ト、人//:|:l|:/:/_/..::::::/ /:/::/:|:::l|:::::|l::|
                 |l::{:::|/:/〉:lⅣ´ ̄ ̄´ 乂/イ l:Ⅵ::::l::::|
                 |Ⅵ:/.::| |:||と)===ミ      \{/,.’:::;:::;’
                 |::ヾ|l:∧|:||         ミ、  /.::::/:::{
              ...人::::Ⅵ::|l从        ヽ `〉_/.::::/\乂     ……はい。
              ::{ {:\::::::Ⅵ::{::.         〈__|:::::/    ̄`
               乂\:.\::Ⅶハ.\< )   .イ:::|l:/
                 .人`ヽ〉Ⅷリ:  ‐=≦_ ; .乂
                〈 _\::::::Y_   | \\\ー.、
              ../.}::| |:r\/ __〉\人_〉: \\∧
              :|::::::}::l└/\Y\>ヘ_:人 |  <<:∧
              :|    \Y /}|::::..\ ∨∧〉   | / ∧
               ,:::::::  `ト:||::::::::/ト、: \/  /∧  人

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   ちひろは魔女に返す言葉も無かった。
         ┃|
               既に、ちひろがアシストするアイドルプロデューサーにも、勤める事務所に居た

               アイドル達にもカフェに行く前に、顔色が優れないと心配の言葉を掛けられて

               いたが、忙しさに取り紛れた返事をしてさえいたのである。

.

275 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 7d78-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:52:48 ID:x4h0LUqQSa


                  ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
                 ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
                 >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
                 \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                    / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ
                 l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ
                  ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./        解れば宜しい。
                      `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ
                      j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′         では、妾は宝飾店にて
                    (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )
                    ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´            其方の来訪を待とう……。
               ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ
              / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._
             j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ
                ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、
     ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
    く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
     廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
            ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
               .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ
            ,'::::::::: i" .', ヘ::::::::ii:::::::::::√´::::ノ    ヘ::ヾ、:::::゙、:::::/シ′
            ,':::::::::::. !‐-! }::::::||:::::::::::l:::::::/''ンュ...__`;;--ャ-‐''"!
           .f:::::::::::. jヽ. | j''":::ヾ、::::::';<´ ̄_ヘ :::::::::::::::゙ヾ、;;;:::::l


                    _. . : : : : 、: : : .、
                   /: : : : : : :、: :ヽ: : ヽ
                  /: : : :/: : : : : ヽ : ヽ: : ヽ
                 ./: l: : : l: : : l: :l : :',: : :', : : l
                /: : l: l:斗l、: :l ⌒ヽ:l: : ゝ彡l
               ノイ: : l/:lV ヾl  __l: : :r、ゝl
                l: : : V ,ィ=    ⌒'l: : :l ): /         ……はい!
                l∧: :∧゙   '   ノィ: :l' :/
                  l: :lゝ.、  マ フ  / : /        必ず、雪のアクセサリーを
                  ',: lノ: :> _ イ: /
                  ヾ: :Y: :/l  /ヽ‐-r-r-、      見に行きます!
                 , イ⌒ノヽl /⌒ヽ l ヽ、/ / ヽ
                 .  l'⌒: 7'l/ 〉 〈 У< l l /   l
                 l  ヾ: l` l /  l/  / /    l
                 l \[千川]、 / / V /  l
                 .,   l ヽ/ . -'"  /   l

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   魔女は、ちひろの返答の後、ちひろの目の前で淡雪の様に消えて行った。
         ┃|
               それが当たり前であると認識された、やり取りであった。

.

276 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 7d78-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:54:21 ID:x4h0LUqQSa



      :                      ゜             o      |;;;;|          :
      _゜_________o__________゜___。_゜___|;;;;|  .     o
                  ゜    。     。o    。  o   ゜.        \    ゜    。
      _______________________________ヽ       :
      _。o___。__o___゜_______o_______。o__。__o_i ゜
      ―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|         。
        ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|  ゜     ○ ;
        ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄||;;;;|      |;;;;|     ○
        ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||    ||;;;;|       |;;;;|○     o  ゜
        ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||    ||;;;;|      |;;;;|    ○
      /||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || : || ::; : l|....|//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :  ゜
      /||  |||  ||/||/||  |||  ||  || ;|| :: ;: l| |/    |||    ||;;;;|      |;;;;|  o
        ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || : ;|l―――l|...|___|||__||;;;;|      |;;;;|  '      .
       ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i|...|―――'!'――-!'、|      |ヽ|    :     ,
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       。       ゜    ゜     ○      o   ゜    '. 。       ゜    ゜     ○
            o              。 。       ゜    ゜     ○  o              。
       。       ゜    ゜     ○      o   ゜      ○ 。       ゜    ゜     ○
      ______________________________________
      ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        o     。     ○     ○               ゜ o     。     ○
      ○               ゜    。  ○    ゜  o    ○               ゜


         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   魔女とちひろの語らいの後。
         ┃|
               ちらちらと、研磨せぬともロマンに溢れ輝くものが空から降り始まり。

               ちひろは足元に気を配りながらも、心浮き立たせながらに事務所へ戻る。

               今の彼女ならば、魔女の宝飾店の目印であるガス灯看板を見付ける事は

               容易であった。

                                                  fine.
.

277 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ ea97-2ecb) : 2018/12/08(土) 20:59:23 ID:X9nwN6hcSa




         \    んィ, -‐―‐-、-,、
             そ〆-──-、 、`く)、
        ―    / /    丶ヽ ヽ ト)
             l i_{ _j___{_|__}_彡ヌ)    ゲリラ投下は以上だ。
         /   `.l >   < リイノ
              {"  _, " ∫ノ      寒暖の差が激しく、降雪の地域もあるだろうが
               ゝ、 _ , イ、
              ,τ´'━'´ (⌒)       身体を冷さぬ様にな!
       ~~┗‐(⌒)‐ ((;;;;卅;;;;;;ソ(;;;;;)
          八.ノ`;;ノ.|;l;;;|;;;;l;;/ ノ八


.

278 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ 5f03-395d) : 2018/12/08(土) 21:05:55 ID:xPZulWSY00
投下乙です。
最近とても冷えるので体にお気を付けて。

279 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ feac-48c2) : 2018/12/08(土) 21:13:17 ID:QvathPPs00
投下乙です
そんな宝石が現実にあったら透き通っていて繊細な細工が施されてそう

280 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ f17d-dec0) : 2018/12/08(土) 21:49:30 ID:ntTP9kk200


281 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ d459-48c2) : 2018/12/08(土) 22:30:57 ID:rxtgwbXA00
おつ 急に寒くなってきたなー 冬到来ってかんじだ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5538 一姫二太郎 (10/18)
  • 国際的な小咄 5537 かす汁 (10/18)
  • 国際的な小咄 5536 カトリックの貞操観念? (10/18)
  • 国際的な小咄 5535 本スレに関する割とアレな本音 (10/18)
  • 国際的な小咄 5534 民主党系列支持者の方には申し訳ないが…… (10/18)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 IFルート (10/18)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 5(終) (10/18)
  • やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです 最終話「やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです」 (10/18)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その16 (10/18)
  • やらない夫とまどかタイタス ラクスの逆襲 その2 (10/17)
  • 新月の夜の幻葬読書会 83 (10/17)
  • 新月の夜の幻葬読書会 82 (10/17)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】雑談:悪趣味初心者の私が考えるにねー? (10/17)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その五 (10/17)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その四 (10/17)
  • 第三次聖杯戦線 1ターン目 コミュターン (10/17)
  • 第三次聖杯戦線 1ターン目 行動ターン⑥ (10/17)
  • 国際的な小咄 5533 韓国の経済実態? (10/17)
  • 国際的な小咄 5532 アフリカ諸国をそのまま先進国にすると (10/17)
  • 国際的な小咄 5531 四川の裏 (10/17)
  • 国際的な小咄 5530 コムド (10/17)
  • 国際的な小咄 5529 NSSが聞いた笑い話 (10/17)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その15 (10/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 裏話 ~ 戦後処理 (10/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その9 (10/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その8 (10/17)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その2 (10/17)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その1 (10/17)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 予告編 (10/17)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第1話 「カミハダレヲエラブベキ?」 その5 (10/17)
  • 国際的な小咄 5528 FPSは確かにそうやな…… (10/17)
  • 国際的な小咄 5527 トマトマトマトトマトマト (10/17)
  • 国際的な小咄 5526 餓死します (10/17)
  • 国際的な小咄 5525 納得いかない平和賞の受賞理由 (10/17)
  • 国際的な小咄 5524 草草&草 (10/17)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン① (10/17)
  • AA劇場・ウィルの冒険 第36話 (10/17)
  • 岸波白野は生まれつきチートのようです 第44話 (10/17)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ41、湯上り (10/17)
  • やらない夫とまどかタイタス ラクスの逆襲 その1 (10/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「教えて、パチュリー先生⑨」 (10/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 沖田さんの裏事情語り……と言う名の補足。 (10/16)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 春 (10/16)
  • 国際的な小咄 5523 先日飲み屋で (10/16)
  • 国際的な小咄 5522 刀削麺 (10/16)
  • 国際的な小咄 5521 鹿肉で悲しくなったことがある (10/16)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その37 (10/16)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その36 (10/16)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その14 (10/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ