黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店 第二話

現行スレ

70 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:01:51 ID:jVBjLiP.Sa




          _, -v―_v=_==-_v- 、_
       r_≦=三三ュ<   .>r三三≧ヽ
      〈`777>、⌒ヽ~v`´ v~,r'⌒/ ´〉≧、
       \'//∧  :   i   i   : /  / `,リ!
         ∨/`             '  /  /ソ
         . ∨            / //
         _ゝ,、 /(  λ )ヽノ( ,イv'./ _
     λ ̄ `   >- _\V/_ '-<^ゞC)=ニ二´
    (   ̄ フ ‘-'こ'ん’_いふ_こ-’       ̄j
     `κ´_ /    八    \ _`ν´
          ` ̄ `ー' -ー ´ ̄´               _, -v― v ―― v―-、_
                                  r ≦___,,,,,;,,,,,,,,,;,,,,,,,,,,,,,,;,,,,,,___≧ヽ
                                 〈`777>、⌒ヽ~v' ̄ v~,r'⌒/ ´〉≧、
                                  \'//∧  :   i   i   : /  / `,リ!
                                    ∨/`             '  /  /ソ
                                    . ∨            / //
                                    _ゝ,、 /(  λ )ヽノ( ,イv'./ _
                                λ ̄ `   >- _\V/_ '-<^ゞC)=ニ二´
                               (   ̄ フ ‘-'こ'ん’_いふ_こ-’       ̄j
                                `κ´_ /    八    \ _`ν´
                                     ` ̄ `ー' -ー ´ ̄´

     ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━━━
     ┏╋───────────
     ┃|
     ┃|   黄金に満たされたかの様な絢爛の魔女の領域に、紅茶の香気が漂う。
     ┃|
           カップから匂やかに漂い来たるは、薔薇に菫、鈴蘭を想起させる

           素晴らしいものであり、香気を胸一杯に吸う魔女の心を弾ませるに相応しかった。

.




71 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:04:41 ID:jVBjLiP.Sa


              ト
              |:::\          ,...     ̄ ̄     、
              |::::| |\     ,.  ´              `ヽ、_
              |::::| |::::::\   ´        _/             \
              |::::| |:::::::::::∨      ,.. -―-、                ヽ
              |::::| |:::::::::::/       /     ヽ==== 、___   l    ヽ
              }:://:::::::::〈    ,ィ=/ /:  ̄ ̄\} ̄ ̄` ー 、=ミ、    }
               /://::::::::::::::〉-- 、/ {/: ': : : : : : : : \_    | \ミ、_/
        .      /://:::::::::::/   / /: :.|:|: | : : : |: : : :|: : \_/⌒、 \ ̄\_
            /://::::::::/     / |: : : |:|: ト,: : : {: : : :l、: : :|: \: : :.ヽ }      \
           /://::::::::/ ´ ̄ ̄` | : |: : : |:|:/-\: :\: :|ム斗: : :ヽ : : ∨、___/ }
          `  ̄ ̄ ̄ \   ,:   | : {:|: :.从≧ミ、\: :} ,ィ≦テ下: :.:∨: :∨     /
                  \/  /|: :从: : {弋::i::ソ  ` 弋::i:ソ |: ;: : :∨: :∨:.T  ̄´
                    ー/:∧: : :{\|     、     |:∧: : :∨ : \{
                        /: ,: : \:|: :八      __    八:.\ : \ : } `
                    {: /: |: :/:`: : : :ゝ.   `こ´   イ: : /: : \: }Ⅵ
                      从: /:.∧: : :\: : :>    イ: :|: : {: : :|  ヾ リ
                     {∧:{  \:\〉、: |_ ` ´,..-'-、\:|\j
                          \   ` } _,./  ,、}{ ,.、  \`
                         匸ー< \ / ∨{∧   ` ーr''フ
                         , ´ ̄匸| ||   /=Y:::::Y=、    //乂⌒ヽ
                      /     匸 ||   / /::-、j:、 \  //_乂    ',
                     ,      匸ヽ / /::::::::|::::::\ ∨/_乂     :.
                      /      匸 ∨イ::::::::::::::|:::::::::::\/乂
                    /           /::::: l ̄\|::::::::::::::::::>、         \
                  /        ,:'  ̄\:|::::/ \:::_/  :.        ヽ
                 {          /     ーL_         |          /
               r--=== ミ     {        }_}         ;   ,..=二ニ=〈__,ィ
               \_{---、|\、   /|          //       l   /イ⌒ヽ、/∨、_/

     ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━━━
     ┏╋───────────
     ┃|
     ┃|   また、紅茶だけで無く、魔女と向かい合いに座る存在の容貌も魔女の視覚を喜びに
     ┃|
           満たすに充分である。

           陶磁器の白より蒼い肌、晴れた朝の澄んだ空色をした髪、柘榴石を嵌め込んだかの様な

           円らな瞳。それを縁取る長い睫毛。

           幻想をビスクドールに仕立てたならば。彼女がその具現であった。

.

72 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:07:20 ID:jVBjLiP.Sa

       ,、-、 //ヽ、
       /∧∨/:.:.:.:`:..、    _ , - -ー- 、__
       {,||:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ'´ ̄          `ヽ、
      _|ヾ:.:.::.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ                \
     /〃{||`:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.',_ ,-―‐,-====、-,- 、__    ヽ,
    |//:.:',-、、_:.:.:.:.:.:.:ヽ,-―'ー ' ̄/ ̄/` ヽ/ `ー-`-―-、
   、'//:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:/      `/  /   ノ ヽ_ , / ´ ̄`ヽ、
   「| |::.:.:.:.:.:.',ヾ, -‐' ̄/` ヽ-―' ´ /  /| ヽ ',   ̄`ヽ、 /
   ',ヾ,:.:.:.:.:/-、    / /  /  /-_‐/‐、ゝ ',  ヽ \ ',ヽ/-、
   ヽヽ:.:.:.:.ヽ  l`ー'´ ,'  /l   /,ィ‐--、 `ヽ } 、  ',  ヽヽ'´ `,
    \',:.:.,/  /  / /   ,:' レ  { ゞ。:::/ ゙'  ヽ/‐l-/、./  ', ゝ、 ,l      それで? ここの匂いからして……
     ゝ`ー- '  | { ', |   | | `ー'-     ,,-,-、| |   ト、ヽ-'、
      `ヽ/ /| |  ヽ \ ヽヽ         {::/ '/ ,'   |}ヾ, /    人間を構っていたみたいだけど
      ./ /  | ゝ   \   `ヽ      ` ´/,' /   ,'/-―'
      / /l  /ゝ、 \  }`ー-、-`   ´'   ,ハ/   /ノ        私に相応しい石を磨き上げる事は出来たの?
      |/  | /l   ヽ `ヽノ|i   ヽ、   , <´ ´  //
      ´  ノ/ \  |,-ヽ/‐-、    l`´ ヽ | | / / /
         ´ ,、-、'´、´       \  {、}\ \ヾ、ヽ/
         'ヽ´i ヽ:.:\      \  |  `ー,´ヽ
        / `ヾ-ヽ:.:.\     /\|`ヽ |:.|´_l、



                     _,,!''´`''''''''V、 __,,,,-、_, -‐-‐-、
                   _,,!r--、'''''''', -‐-,/二ニ''''''ヽ--'--、
                   ヽ  !ヽ__ /_,,,,,/,,,,__ ` ‐、 ヽ,)_ `,
                   !__ノ  /‐"/   ヽ  ヽ` -、 ヽノノ、 `!
                   ゝ-,  /   /       ヽ  >'/ ノヽ' }
                     !_,i   l   i  i   i'、彡 /ノ< Y
                      | i  i   i  l  '、 __,',i ヽ,/! i i-{
                       i '、_'、__ゝ-`‐‐'"_,,-‐' } }-'、/
                         '、ー_.  ‐r‐tニア  !ノ  !      紅茶の香りより、食糧の匂いが鼻を擽るってかぁ?
                         `、` ゞ'ノ    ̄ ,,,,, {!、ノ
                          ','''' ヽ     ,    }i ヽ       心配いらねぇよ、とっくに御注文の品は仕上がっている。
                      , タ.   ヽ、  ‐='"   / !'"
                   ,, ", "      ` ‐ ,,__ ,/,,// i     __
                 , ", "       ,,-=''''''''i、ニ-‐'"  ノヽ,,-'" __`、__
               , ,,""       , -‐/ , ‐'"゙ゝ_,, -‐'"  /,ィ'" ,-v--'ヾ、
             ,, ,,""        ノ:::::ニ! / .r、  , -‐i  _,,,ノイi,,-'`´::;;:::::::ヽ:::',
    i''''Y"‐- 、__, ,,""        ,-‐":::::::ヽ‐ヽン -(ニ)-‐ .!二 -‐"-':::::::::::::::ヽ:::::::`:ノ
     i  v‐、,, " " 、        ,':::::/:::::;‐"、`}-‐‐/! !`ー'、_!、_'-"::::!!::::::::::::::::!!:::ノ:ヽ,
  ,,-、. i、/  ノ-、   ヽ     , -‐'''''ヽ/::::/:::::::`-':::/-‐'"!!::::::::::::::!`‐-,-、_,,-‐'":::::::::::::i
  (  ノ,,"(_ /  ノ_,,,   i    /:;;=''":::::::!::::!::::::::::::/::::::::::::::!!::::::::::::::::!/:: /:::!!::::::::::::ヽ:::::::::::!
  `ー'   ゝ,!  _ノ _,  ト、  i:::/::::::::::::::;ヽ::ヽ:::::::::';:::::::::::::::ヽ:::::::;; ノ:::::!:::::!!:::::::::::::::i !::::::ノ
         `'''7ヽ  ト、!、,j-!、:::::::::ノノ::`ー──' ──‐' ─":::/::/ ヽ_ヽ:::::::::;;ノ-‐'"

       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|   ……彼女等の口振りからするに、穏当から程遠い事が察せられたが。
       ┃|
             夢幻が形を取った少女。その可愛らしく、いとけない唇から尊大さを感じる口調で

             魔女が詰問されたが、魔女は何時もの事とばかりにあしらう。

.

73 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:09:54 ID:jVBjLiP.Sa

         「::|「ヽ.     ___
       _|:::||:::::::\,. '"´       ̄`゙'' ー- 、_
      //::::\|::::::::::/ 、/ ̄ ̄`ヽ__     `ヽ.           そう。じゃあ見せてごらんなさい。
     .//:::::::::::::\/ ̄ ̄>-──く.___`ヽ.,__   \
     | |::::::::r-‐'"´>'"´   /        \_]ー-、 |__        アンタの事だから下手な仕事はしてないでしょうけど。
     //:::::::::|  7´    ./   |    ハ _/ イ !    八 |\_`ヽ
     |」___/ .,'     .|、 |∧  / レ'-‐-、|  /  ∨   `|      咲夜、手袋とルーペを。
       /  |      レ>‐、∨    l´`ハ〉イ  |  ハ  __,/  ト 、
      L__ 八 、  |〈 l´ハ     ゝ-'゚ .!  /!   ∨   .|  \
         `ヽ.)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     " |/ .|    \   |    ヽ、
        ∧  `'ー/ ,|"    -‐ '    /   |     ノ  .,'       ';.、
        /  \ /  / ゝ、,        , イ  / /    | (  /         |:::':,
      /,    〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|/レ' __ハノ /.        |:::::::',
  _,.  '":::::/    ) イ  レ' `ヽrく__∧_/  ̄「「    `゙く  /        |:::::::::!
  :::::::::::::::/       `> '"´|/   ハ    ,!]       ∨        ,'::::::::::|
  :::::::::::::;'       /   {7  ./S !   /」 !/        \      ./::::::::::::|
  :::::::::::::!      r'  /)' }|∵/ S | ∵/|  |      「\r、/|  ,:':::::::::::::::|
  /:::::::::::!      |>、/  'ー‐''つ  }{ |_/ ̄  '、    _|_/「\」./:::::::::::::::::::!
  ::::::::::::::',     .//    ‐ァ'   .{}        ト、 ,イ´ _」_/_/::::::::::::::::::::::::::!
  ::::::::::::::::\ / /   _ノ!    }{          /` ーく´   `\::::::::::::::::::::::::::::|


                      / ̄ ̄]_r―┐_
                   _[ 〕ニニ〔/ ̄ ̄辷 ]_
                r┘ア........../⌒........\..\⌒>
              ┌冖>.'............./......................\..\...\
              [ ア......../.../...................\.......\..\_j__/)
          _,ノ)/......../........{........................|..\.......\ ー< ___,
            /'........./..........{..........,........|....|.....}..ヽ........\\
            {.........../...../..{ヽ.../{........|....|川i.....‘,..ヽ........\
         ー=彡゙......厶イ........{__j.l_ |...../|../斗ハ.|..{.........\(\.\
            /..........{.../.......从 八 |../...|/ァ'亦ア|i.|\.........\ );ノ
       .    /./i........{/...).斥茂苡ア人ノ' `¨¨´八}......\.......(\
           レ {......./....{.....\  /'  \    ∧)\(⌒ヾ^
             ノ)/....八.....i..辷     ー     /....〉.......\ \      はい、お嬢様。こちらに。
           ⌒`),.ノ......)ノ./\   ー 一' , f`ー)┐........\
             ⌒V..../{ノ,./}...〕ト    _,/ .h..(_∨}__(\⌒
             //{∨) 从乂} ` ー┐┌‐'’{人(.ヽ...}_
            ___ ′「\V__/{    /W{   ヽ}「 ̄Х_}/ ̄\
           ) \ `'レ宀{___/::{|  /`匸{、    }レ'゙{.....\厂 ̄ ̄)
           (  ノ  /.......{イ::::::::{|_/ /ハ∧\/{:::::::レ⌒V    /ヽ
       .   У\__|.........{/:::::::::{   /{{| |\  {::::::::::::::}  ーく   ‘,
          {     )\ノ{::::::::::::}  {_{{i | [ー') {::::::::::::::}  (´    ,
      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   興奮の為か、少女の背に蝙蝠の飛膜翼が現れ、大きく伸びる。いとけない
      ┃|
            彼女は吸血鬼であった。

            咲夜と呼ばれた、ホワイトブリムを被り、フリルエプロンを着けた小間使、メイドが

            恭しく付き従うのも様になっている……。

.

76 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:19:45 ID:jVBjLiP.Sa

                                       |
                  |                    _ 人 _
                  i    _∧_                 `Y´
             __ _人_ _ ∨                  |
                 `Y´   o 
                 ! * ゚          _........_
         .                    ,。< >< >。,
         .               .  ∧ ,/∨ ,/\/∧
                          ∧∨, / / ∧∨∧
                           ∨∧∨ ,/ ,/ '∧∨
         .                .  ∨/\/ ,∧/, ∨     人
               i           `< >< >´      `Y´
            _ _人_ _ ゚ o         `¨¨¨´              i
             `Y´                            __人__
              i                             `Y´
                                           !

     ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━━━
     ┏╋───────────
     ┃|
     ┃|  魔女が店の奥から二人の前に差し出したのは、可愛らしくも妖美なる輝きを放つ
     ┃|
          ピンクネオンカラーの宝石である。

          豪奢な黄金に満ちる魔女の領域には似つかわしくない純白のルースストーンケースの

          中央に、その宝石はまるで王侯貴族、そう、富める国の王女の如くに鎮座していた。

.

77 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:20:38 ID:jVBjLiP.Sa



  .   /⌒ /ヽ // /            /\    `
     / /  _ィ´/   l{  丶            \  /_
  .  / /  i´ /    、}   ヽ \  -─      \
   / 〈   } 7     ハ    ヘ /`ヽ-─ _    `
   {  `  / l  /   /___ヘ  ト、 {'≠´─ 、ー/ _、
   ゝf´ ̄/ ノ| /  イ´_ -\ヽ ', ヽ彳 いu`ソハ \ ̄ヽ
    /´ l イ l /!   /´,≠示ヽl\ヽ   ̄¨~´  \/ \!
    l/  |/ | ヘ{ !  ハ,ァ´んuリ |  `ヽ    U   f\_ /       ……何て事。
    ヘ.  |! ! | |  /へz=ゞ-'´  、         ヽ / 〈
     ヽ´|,ヘ! ハヘ /  |        , ─_、     /!{  l      宝石なのに、可愛らしい……。
         l |ヘ ヽ   ハ       ´ _      /!| l/∧
         ヽ! }\ l  | ∧              |t l ,'
          冫ノ {|  !  ゝ _        /、_ Y´l´|_
         /´/ ヘヽ | / ヽ  〉 ̄  ャ--< _|/:::\-./::::
       ̄   l ハ `ヽt  / /、   ⊥ヘ-、,_( _|::::::`;t:}::':::
           ヘ{ ヽ   \_!  lゝ,´ ∨}┴f´ _〉一::||::
            ヽ_\  八 /ヽ=_⊥,..-f´::{f:`!ヾゞ'Τ
          /    ̄  ̄_ヽ_}-/:::::::Y:::::::;ゞイ:::::ヽトー-l


                                ̄ ̄ ̄`丶
                      __/                  \_
                     /                    \
          ___   /                           `、
         く__...................`丶        -‐‐-ミ/_____,ノ   -‐‐-ミ
          }..}}.....................\r‐- /       V二く  / ̄ ̄}   |
          }..}}.......................丿‐-{ ̄ ̄`丶   |   |/\   /、〈 ̄`丶
         _}..}}............/ ̄  ___)´ ̄ ̄└--'‐--┘l 斗ヘ 〈_) ( ̄ ̄\
        {.....//.......// ̄〉      / .斗-ミ     |.斗-ミV └-┘    }
        {....{{......//   .′      / '^ r...ハ∨   | r.ハ }    l   /
     .     \\..{′    |     |  { {  V..り \∧| V.り }  丿|__厂
     .      \〉^ ‐--‐丿イ 八 {\{ ////////  んイ 〈      確かに、この花の色にも無さそうな
                  ノ    \〉 八      __       八     \
                   /     |    /`v-ヘ{v  う  /    }         ピンクは可愛いし、スゴいわ……。
                厶イ   |  / / 〈.ノノ/勹 __ . ィ__ ∧  /}ハ |
                  人   八/ /      /__ r ┘ \V__.丿  }ノ
                   }/ 厂L_   /  /V\   }  `丶
                    / _〉  └-勹  //℃Vヘ  }7    `、

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   魔女の見立てと、宝石研磨とカットの仕事に満足したのか、吸血鬼の少女とメイドの
      ┃|
            二人は感嘆の声を上げて宝石に魅入っている。

            吸血鬼の少女はメイドに用意させた白練り絹の手袋を嵌め、宝石を手に取り、ルーペを

            使いながら吐息が掛かる程に見詰めてさえ居るのだ……。

.

78 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:24:12 ID:jVBjLiP.Sa


              _《i:i:i:Y⌒7/廴ノ ⌒Y_ヽ
             /i:i:八i:i:i:i:/__         Y⌒7
              rくi:i:i:i: >''"         ⌒“''*、 ヽノヽ
             }i:i:i:/ /   /  ヽ    \ \ ∨ Y
           ノi:.   /        V/    ヽ   VY〉
           《i:/ / ′    i|          |  i| V乂〉ノ
           八 /.:|i     | i|    |    }  i| |  》Y
              |i /{i     | i|    }     八 }  / /
            八{八__ 人 i|    /   /  /  ′/)/
               ノハx,,,,,_\  /──《__/  /^7/       随分と、お気に召した様だなぁ?
                 /  癶 ぅソヽ    xrt===ァ// ノ
             / 八.∧  ̄      ゞ イ / (/         その宝石の名はペツォッタイトと言う。
            //        、        〈  |
           ( (     \  __      / { {
            ) )      })h、  `  ィ(  | |
            /       リ\   ´ /    |                         γj
           r==厂ヽ_ /i:i:i:i: ≧s。.     八リ                      /
         〈/ニニニヽ廴ノ `~、、i:i:i:i:{   )/               / 〉   ( \  ′
        //ニニニニ∧圦       ̄八   (            ============= 〉 〉/=======
      /ニ/ニニニニニ∧ノ',  ``~、 \廴               / /  /__ ./
     /ニ /ニニニニニニ∧∧         \〉 ⌒ヽ          ノ  、ヽ./ xr‐ {
    《ニニ 《ニニニニニニニ》八       。s≦.\ニ ∨                〈 / x、 》
    八ニニ∨ニニニニニニ/ニW乂≧s。  V    〉》⌒',        ,'    ´    /
    ニ\ニ \ニニニニ ノニニ/廴ノ乂⌒ \ /《)〉  `、      〉、     、丶`
   八ニニ》ニ/ニニニニ∨/ニ.:ニニニニニ|]ニ=- -=≦⌒ ))      { ' ゝ /
     \./ニ/ニニニニニ Vニニ{ニニニニニ|ニ⌒≧s。〉¨´⌒}h、    |    .:


                           _
                       ,,       `  .,
                       /      斗--ミ 、 `  .,
                    '    . ィ⌒Y    r ぅx、  :,
                    . '   ,/⌒| ´ ̄)_ノ と__≧⌒ヽ
             た二ニ=- く  ィ/  .i l   ----―  \  弋二>
            ‘.二二ニ=-=孑^" {/`ト-'/、  ‘.` .,     \  ‘'く
            >≦ニニ. '    )  |// ` .,‘.  ヽ     ヽ   ヽ
           く二二二7 イZ. イ イ  {    ヽ ==彡へ 、 .}    :.    そぉう! ペツォッタイトと言うの!
            \二二{/:::::| / .}  .{Λ _,ィ  、  /i/i(ヽヽV   ハ .l
             `'<二二7     .r、_`¨”   _  ャヘ ‘.‘. l  / }/     この私、五百年の時を過ごした
                `'くア    ヽ| iヽi/i/ r'´    } ./ lイ
                    /'^'、〔\ .厶ヽ\   、    .ノ'  ./ん-、        レミリア・スカーレットに相応しい
                   \ ヽ  \ `  、二 イ  イ }/   l
                       }Λ_〕   .辻  |  l     l      歴史や逸話もあるのでしょう!?
                      /   '   /::::}}V|  l      ‘
                    r‐      /   /厂´  |  .!     ‘.      許可してあげる! 囀ずってご覧なさい!
                    '.    ./   / ヽ   .|   l_t_Oぅ'´
                   t_Oぅ_ /   ' .r‐'    |   .lーr'
                    /./     '  {     .|    l
                       l '      '   ヽ    .|   l
                    -、l     '    _ノ   ‘     ん
                      i二ニl  ./    〔      、  /



79 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:26:34 ID:jVBjLiP.Sa


                     __
               _ r―<~"''~、\
               /'  /    \ \\\
           _/ /  //{   |   \   マ L
            〈:i:i/ /i| /{ 八  ∧ |  〉   ∧ {
          _/ / L/⌒¨¨ ̄/⌒\{  |/  V
         ∨ / i| |       __ハ Y   /
         人/:i| |/⌒    弋シ⌒| i|⌒〈
           \:i| |弋シ⌒        | l| 〈 ノ
             | | :.     、     | |L /
             | |::∧    , 、   /| √       んなモン無ェよ。
             | |⌒ ゝ    '/,     /
             | |    > _'// /rv 〉
             _ {リ㍉     |__(ハ //'/     __
       / -=二 ∨ ∧     |//}/ /'/ // 〉_/二\__
      /二二l ̄ /し⌒ト--´ ̄/ 〈ヒ) / /〉^〈二二二二二
       二二:/ /二'⌒>)ト   {   〈/ //  \/⌒\二
      |二ニ:/ /ニニ〈⌒ヽ|   }   ' / 〉 /⌒〉二二二二
     /=ニ/ /ニ二二V^八   ,     / }っ  〈二二二二二
      |ニ / /二二二 〈⌒7 \/     / 人,ン  〉 \二二二
     人 〈 〈二二二二 | 〈  ,'   / /   ̄\ 二 \二二
      \  '/ニニ二二| ハ /  / YY=-   /\二 〉 二
       \ '/二二二/Z/  /  八        {二二//
        ///二二二ニ∧  /-< |\     /二二\
       |ニ//二二二ニ/  \   \!二\_ノ 二二二 〉
       |=| |ニニニニ/   人  /{二二二{ 二二二 /
       |=| |ニニニ人   /  \ \二二二二二/
          \ \二 /二\      \ \二二/ ̄
          ̄ >}:二二 \   /  \ \=/
        r㍉/_ 〉ニニニ \      ヽ  ヽ
       r― _ マニニ二二 \_____〉_,〉



                    ___
            _ , ' ´ ̄      ̄ ヽ、
            > ゝY⌒く_,--、,--、,  i
            i_,イー'λ⌒´⌒入ヽイ ヽ、
            ,イ´  ,イ-ーレヽイノー-ル、iイゝ
            `ゝイ i (ヒ_i   ヒ_i) iイi´     えっ。
               |.从"" ┌ ┐"".从 i
               ルレゝ.._ ー' ,..イルヽi
           )⌒ヽ、  r´ゝ,  ̄,イ´ヽ、  /⌒(
           `ヽ、 ヽ〈 /^-、Y.,-^ヽ,_〉/ /´
             ⌒ゝ i'  r´§`┐ .iイ⌒´
                 ,'`-´ー.'ー  '-'、
               //       ヽ\





80 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:28:51 ID:jVBjLiP.Sa



                   ,. -───-- 、_
              rー-、,.'"          `ヽ、
              _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l         ……は?
             く::::::::::`i / ゝ-'‐'~ーへ、_ト-、__rイ、
              \::::::::ゝ/ /'´lハ  ハ`ヽリ`ヽ7ヽ__>        私に相応しい宝石でしょ?
                    r'´ ィ"レ{_l ● ヽ/ ● 从ハ〉、ソ
                    ヽ/ ハl小l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃/ ハ         高貴な吸血鬼である私に
                      ノ| レヘ       /ハレ'l |
                     , ‐-ハル'/⌒l,、 __ イル从ルノ,=- -‐.、     相応しい歴史の重みとか
               /::/::::::l::/  /ヘ/0ヽ// ヽ:::::::::|::::ヾ:.\
                  ⌒Y⌒Y|  l ノ::|  l(   〉⌒Y⌒Y⌒





              / // /   |ll. l | | l/}≧=-  _ }i)|l// / ̄`Y|
  __        / //| {/{ l  !ll l N/  -=ニ __∨( ///  ,r┐ }!
  ヽ  ヽ.     \   { /!| |  ',!l l |=ァ'" ̄`ヽ、ヽ/{   〈__ ゞく_ノj
   \  \    ト、_〉 ∨V'\\ヽN {_   (ッ-‐ヘ_ `    -‐=≦ '^     ざああぁんねェン、でしたぁぁああぁッッ!!
     ヽ   \   } /\  ∨ \V\__>く ´ ̄`¨¨ /¨^!     /
       ヽ  \ l/  \__>、 \_/⌒)         ___//     ペツォッタイトに歴史も逸話も、未だ未だ
       \  \   / \/ \\(フ }i)  `ー=二_x≦二>ァ'^Yi|
  .         \  \j   |   }}  V/ \   \ll/ \l//   }リ      有ッりませェーーーんッッ!!!
            ヽ   |   ′  \/ \. \   \  }/   /″
                      ヽ   ̄´^ヽ._  ヽ {   /   /
                             |> ’.  / /
                                ヽ_/ イ




81 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:32:13 ID:jVBjLiP.Sa

            _                                                、
           /´                                                l:}
            /l{                                                //|
         ∧iヽ                                                 }:| |
          l! Vハ                                                  // ,
           l|.  Vハ                                               // ′
         '   Vハ                                           //  '
           ',   Vハ                                              //  ,
             ,   Vハ                                          l }  ,
              Vハ                                         l }
           ヽ  V‘,                                        //  |
             ',   ヾ\                                     //   ′
             ',    .Vハ                 _,                        //   ′
             ';    .Vハ            (〔_        ::               //    '
              ',    ヾ\               )|:}                        //     '
                 ∧.     Vハ           .//,′  :  : .     :         //    ∧
               ' ハ      Vハ          | // ::.  :. .:. :     :         //    ∧ :,
                 ∧.     ヾ\   .:   _j{ 〔ヽ.:::::...:::::.:::: :     :       //    .∧ :,
           ,i   '. ∧       Vハ .:::(  /:/ /\\´ ̄ ̄`ヽ  :   :      //     ∧ :,
            /:|    ' .∧     /Vハ:::::::::. ∨厶ィ⌒ヾーヾ(廴∧ ::.  ,      //\   ∧ :,
            )::|     ,  }! ./  .Vハ : ::.:.. `¨¨´::∨ィ/ _j_\ ヽ\: :(     //   ヽ ∧ :, :,
         /::/     /  ,||    /.ヾ\:::.::....:::..::::イ;;;八〈___〉 八`ヾ:. :::. :.  /'     || ':,  :,
          /::::{     '  / ||   /   \\ .::::::::::: レ'// 〕:::::〔//ハヾ):::. ::: :: / ./ \   !!  :':,  ; ;
        ' ::::ヽ  /  '  |l /  ―‐ 、 \\__,////// `ヾ{、:::: : ::: :/  /    \. ||   :,   :
           /:::::::| ,    ,||.//   .:::::::ヽ  ) /:::ノ/{/// ///∧`ー< ―v′      !!   ,  :
          ./:::::: /,     /:|/'    . : :::::::::::::) /:::::::::ゝ/>― ―く /:ー―...、 l/⌒ヽ     !!!   ;  :
        ::::: : :{  /| /ノ′. : : : : : : : : :::レ___:::::::::::_j⌒´ ̄`ヾ)/:{::::::::::::::::::\{ : : : : \  .{| ::,  .:::.  :
       ノ::::: : :|   {:./:::::::: : : : : : :____{/Y)> ´ ////,   \\ :: ___ :: :: :: :: :: ::::::::\ ∨ , :::::::l ,
      /::;::::: : : |  /:::::::::::::::::::::: : : : \    `¨´ ´   ∨/  /   `ヾく巛)_::::: : ::: :: :: ::::::\∨ ::: :: :/
       / :::::::::::|//:::: :: :: : :: :: ::: :: ::::::厶 '´       /`ヾ /       ヽ ̄  `ヽ:::::: :: ::::: :: ::: ,{ .:: :: ::
      ⌒ヾ:: :: :∨:: :: ::: :: :::: :::..  <............../  / ,     {             ー― 、:::::::::::::::::::::..::::::::::::,   /..,
      \`ヽ:: :: ::: ::: ::::::::: :r≦'⌒ ー―==vー⌒ヽ/ ,     、        \   _\:::::::::::::::::::::::::::/   ,......:::::/
   `ヾ:. .:::ヾ \:::: :: :: ::: :::::\        ∨  ∧/    . : :\,j>‐ 、\___/⌒/ :: :::  .::::: :::/   /::::::/
   \:: :.. :: :: \.::\:: ::: :: :: :: :: ::::::::::::......  , ′ /  \/: : : : : : :/,     |>― '´  /.:::::::::: .::::::/ /::::::/
     \::::.. : :: ヾ:: :: :: :: .. : : :::::::::::::::::::::::Y   /    `¨¨¨¨¨´   ヽ   V ,   ./.::::::::::::: :: :::: :' / ,:: ´
      \:: ::. :: ... : : :: :: :: :: : :: : :: : ::::::::::l'⌒V              ∧  V_/.::::::::::::::::'::::::: :/ ´ /:/
    `ヾ/ ̄\::. ::. :: :: :: :: ::: :: ::::::::::__////⌒ ー━━…… ⌒ー ´∧  V ,:::::::::::::::::::;:::::::/ ' / ,′
       ∨ヽ \::_:. . ::::::::\ ( ,/ ̄ ̄∨/{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,∧   V:::::::::::::::::/,::::/    /
       ∨//  | {: \ )`ヾ `ヽ    }//!::::::::: 、:::::::::::::|::::::::::::::::::/,/, ∧ , ゝ― 、/ (' /    ⌒'
       ∨   ! |    \`ヽ.   \_,j//| ::\::::ヽ::::::: ┃:::::/::::ノ/{  / i//    }   '′   //
    \\ \  | |./⌒ヾ \.   ∨///∧`    \ ノl ,/ ' /' / //{.  , /       /   / / /
  .     \\ \∨'    `¨ヽ`   ∨//'⌒ヾ  \ \)/ /  / ///>// ⌒ヽ   ー   ./ / /
       .\\ \        \   `¨´ \ \  厂`ヾ '   /   '/>' /      \`ヾ  / / /
          \\ \        ー '     \___ノ   {  /\/ヾ´, ./           / / /
            \ \             ¨¨     `¨´               / /


       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|  「……売るってんなら、喧嘩もッ!! 高く買ってやるわよォォォオオオッッ!!!!」
       ┃|
            いとけない少女吸血鬼、レミリアが魔女の領域、空間を軋ませる。

.

82 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:34:33 ID:jVBjLiP.Sa


                     _―=ミ
                     >    \    /ニニヽ              ο   O     / 。
                       厂 ̄ ̄     / ^ヽニ/            ヽ。 O     /      ババッ!!
                     / / /   / / |   ∨ニ\       ο   ヽ  。  //  O_,  。
                \{ /  /:|/Λ.| |  }ニニニ}               iヽ:''"゙゙'':.,/
                   }∨/:(__)::|/:x笏kΛ/ニ{⌒     -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
                    /::::::::::::::::::、    / {ニ〉  _      。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。
               _彡⌒て_に^ー―、 /{乂__/⌒\      O   //`v:: 、j  。 O_,
             ―― ノ⌒ ̄ ト、  ̄ イ  /⌒\_          //。  |   ヽ
                       )〉  |ニ≧≦{ ___ ノ:::::::::::::ヽヽ::\                       __ --- __
                 /     j    / /..:|:{::::::::::::::{ {:::::::\                         {ニニニニニニ}|
                /  _/ _/__ / : :| {:::::::::::::::\\:::::::\                   {ニニニニニニ}|
                 「 ̄ / /  `\: | : : :| :{::::::::::::::::::::\\:::::::\                     ニニニニニ∥
                ノ  //       } | : : :| {:::::::::::::::::::::::::\\::::::}                       乂ニニ⌒ヽイ
                 ∠=‐へし<_ノ   /: :| : : :| {::::::::::::::::::::::::::::/ /                  __ - ニ{ニニニ}
            /「   /{_     {: : | : /Λ ∨::::::::::::::::::::::{ ⊥     /{      __ - ニニニニ乂ニ彡
  .        /ニニL彡 ⌒7 : ⌒`ー T : : | {::::::::\\>へ___ {´  \    {  \  __ -ニニニニニニ=-
          |二ニ/ /___/: : : : : : : :| | : 八 \:::::::/    r‐く \   \  \ __ -ニニニニニニ=- ̄
          |ニニ{{: : \\:..: _ノ: :| |: : : : \\{    ノ  }  }    } -=ニニニニニ=- ̄
          ∨ニ八乂:::::::::| |: : : : : : :| |: : : : : :厂   r 、 }   {   }    {ニニニ=-Τ          ο         / バジジッ!!
             ∨ニニ||: : : :| |: : : : : : :| |: : : : :く   ノ  } }   -ニニ}    ∨ ̄}   乂              O     /      ο
  .         /ニニニ||: : : :| |: : : : : : :\\: : : }  {  〈,}    ∨ ̄}    ∨ノ      }      ο         //  O
          ∨ニニ||: : : :| |: : : : : : : :Λ ∨: :ー‐}   {    ∨ }     `く   __ -}               ,;:''"゙゙'':.,/
             ∨ニΛ: : : :| |: : : : : : : : Λ ∨: :/ {-=Ξ\   \ノ     __ _ -Ξ/    -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
           /ニニΛ : / \ : : : : : : : Λ /  /\ΞΞ__ __ __ __ -=ΞΞΞ /           O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
      __彡二二二/ ∨Λ ∨: : : : : : :/  /ニ{  \ΞΞΞΞΞΞΞΞニ/          O   //`v:: 、
    )ニニニニニニニ/ / / Λ ∨: : : : :/  /ニニΛ   { \ΞΞΞΞΞΞ=-へ             //   |   ヽ
    /ニニニニニニニl / /ニニΛ ∨ : : /  /ニニ/ニ\   \ΞΞΞΞ -    \          /    ο    O
   ∨二二ニニニニニ||/ニニニΛ  \/  /ニニ/ニニニ\    ` ー――く       {         /
    ⌒ヽ二二二二ニ|Λ|ニニニニ\    /ニニ/二二ニ|\           \     乂
       }ニニニニニニニニニニニニ\ /ニニ/ニニニニ|  ヽ  }       \    /
     /ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニ|   }   }         \ /
     }二二二ニニニニニニニニニニニ/二二二ニニ/   八./ /  /´ ̄ ̄`\ {
     }ニニニニニニニニニニニニ=-/ニニニ=-  ̄ /  / / / /
     /ニニニニニニ=-     ̄   /=-  ̄    /  /  / / /
  .  /ニニ=-            _ ―         {   /  /  {
   /ニ=-          ̄ ̄ ̄           \ /  /   乂
  ./                                 {   /       }
  {                                 \ {     /
  \_                             ⌒ー--

       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|  「くひっ、くかっ、くかかかッ! くひひひゃあはははは!! どうした五百年を経た偉大なる
       ┃|
            吸血鬼レミリアァァァアアッ!! 癇癪かぁッ!? 良いぜぇ、妾が特別にお尻をペンペンと

            してくれようぞォォオオオッッ!!!!」

            それを真正面から受け、軋む自らの領域を傍目に超常の力を振るうベアトリーチェ。

.

83 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:36:40 ID:jVBjLiP.Sa

                                       /}  ,、
                                       V::}_/::::〉
                                   /`ヽ、  \:::> ' , 、
                                   `'、::∧   ¨   /:::/
                                     V::::}     {::::'--、
                                       }:::::}   __ ` ─‐'
                          _              /:::/  /:::∧
                         __,r、, イ〈=》 ̄'=!`ヽr、    '- '  /:::/ V:',
                       ,ィ!'   ` } `   ,    ノ  \     {:::/  {:リ
                  ,r '_彡'゙´`' ´  ̄   ≧x /ゞ, -,
                 /      ,        `ヽ/ }
                     /彡'  \ ,人    ,,   / ヽ/ ゝ
                 ,/  , __ノ\ { .   入,/   ‘,彡'
                     |リj  ノ{!ヾx_, { i! }x≦彡'!   ゞ \
                    ,リi!,イ| i l (:・゚) ,リ|ヾ/ (:・゚) ,ノヾ 丶{ ̄`
                 ハ  リ /O='_,'_____ゝ=つ/ヾ ヾ_,
                   //ハ|/メi、  /vヘ/|,ヘv‘, -=彡'リ l{
                 ´,x::::《  ,ィ ヽ{,、__,、_ ,、 } ,イ ,イ-弋!      お二方ともッ……
                     ゞ:{´彡'  /:lゝ‐=== -' (彡'),r':,::ヽ
.                ,、_{゙´ |::}__  {::|  /!,'!|  / } < )':::::::::ヽ      お止め下さぁあああーーッいぃッ!!!
               ,ソ='` <´ ヘ ヾ,r ∨`三|__ { ゞ='-‐ヘ::::::::::》
                    {    |二二/{ニ}`=彡/   ヾ':::/      人間の私を、潰す心算ですかぁぁぁッ!!?
                   ゝ ___  ヾ ニ/:::!乂,/´ ,___, ,イ'´
                    l  ヽ ヽ ; イ ´  /  /'´
                    ,ソ| - ヽ   ヽ  /:/   , __,,
                    { { l    \   ヾ/   /  ̄   {
                  ゝ |   /:\ '  /ゞ'´   ノ
               ,x =`゙゙彡':::::::::::::ヽ__./, イ `、__, イ
        ,ヘ、,vヘ,, イ!, イ|} ノヾ`三 ̄ ̄  ,, イ 彡'、==‐-   、
       ,x≦´ニ二  ̄ ̄!     ,>=-  ‐彡'《={:::::ヾ    /
..     /             /´ ´ `    ‘,,ィ_,::::::::\   }



.

84 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:39:10 ID:jVBjLiP.Sa

                                               __ノ ̄ヽ_
                                             r―< |  /  /⌒>┐
                                            rく \>┴‐7⌒ ―く ノ ̄|
                                       rく \/ //⌒  ̄\ \ ,ノ ̄)
                                          ⊃ /./ //    \  \ \//(
                                           {// / //  / /   \  \ ∨  >
                                        / / / //  / /  |   \   |  V (
                                        ⌒7 | / //  /| |   | |___   \ {  ̄L
                                     ||||//--/-| |   | |\\ \  \ 丿〉
                                        | ||||[/ /_|八 | | | _\ \「 ̄|Λ
                                     八||Λ|_jY _):ハ\N Y"_):ハ`Y|\ \│N
                                    _彡/ \| |∨{  V:り     V::ソ(Y)Τ\ \|
                                  ⌒7|ア⌒(Y)ハ''    丶     ''' (Yノ,ノ | ⌒トー┼
                                       /⌒>'"⌒_(Y)/人    ,    (Yノ| | || |Л人
                                   〈 /    {_(Y)7:::个ト   (\  ィ(Yノ | | | 从|Ν
                                    _」/      (Y)::::::::|八 ___¨\\lノ(Y) | |ノ/「 八|
                                 {_/ ,   <⌒只⌒>| └、  ̄  \只⌒> j/
                                  / {     ∨|∨:::|./_ ̄)     \⌒/
                              /\└<__\_,|{_ノ:| |::/ └┬― 、     | |
                              |  \」 ̄ ̄`\__八リ(__/^\_)7  | Λ
                     __     |   ヽ 」 ̄ ̄ \」/⌒ :::::/ /  |  |ノ::: |   |  |
        | ̄ ̄ ̄\      //´    \_厂\_L|      |/::::::::::::/ Λ_|  |:::::\  |/
        |       \______/ //´ ̄ ̄ノ ̄`>/ /´ |      |::::::::::::〈__/:::::::::::|  |:::::::::|  |
        ∨⌒\ /´ ̄ ̄ ̄/::::::::::::::::::) ̄) /    |      |:::::::::::::::::::::::::::::: |_|:::::::::|  |
    .   |  ∠_:::::::::/:/ :::::::::::::: /厂∨/|  / ,′     ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |
    __   |  ( ̄\><:::::/::::::::::::::/:::/  / |   /      √ ̄ :::::: く:::::::::::::::::::::::::::::ノ  /
    二二二=- _>'⌒ 「 ̄∨::::::::::/ ̄::(/〈   V  /      ;::::::::::::::::::: : \____/  /
    ニニ/⌒\{   Λ /{ ::::: 〈__::::::::/  Λ     ;′    ;\__:::::::::::>┘ \    /
    \(  /二\ / ∨ \::::::::::::::::L / Λ   ;      ,_   二厂(       \_/
    .:::.:\/二/  /  〈_/ '⌒>┐:::::/::::\」 \__;      ′  ̄ ̄ノ ̄ )
     ..::..:.:\{/  ;′    \__,厂V{::::::::::: ̄) ノ|    /    /厂  〉
      ...:..::..:/             」/  〉::::::::::::::く__/|     /   / Λ Λ____
      . :..::..:|          〈   /::::::::::::::/:::: |::L;    /_/  /  V::: \     `\
       ...::..|            \/{:::::::::::::/|:::::::| :/   ,__   _Λ__}:::::::::::\  /___ノ
       .:::.|               /  \::::::::: |:::::::|/    ′   厂{ ノ::::::::::::/ ⌒∨
    .   .:::|         /\[  }\::ノ :/     厂  ̄/ 厂::::::::::::ノ\/ }ニニヽ
    .     ::::\      .....:::..:::..:::...└[ ノ::::::|/      | |  厶イ:/ ̄[ ̄\_ノ ∨ニニノ ̄ ̄\ ___
          ..::..:: ̄ ̄::.::.::::....::..::..::..::..::.>'´_ ┐     ∨ ̄|::::::」ノ 「  ̄     | ̄ ::. ::. ::. ::. :::\
          .::..::..::..::..::..::..::..::....::..::.└<「 /  /^i r 、 \_厂|   ノ         |    ::. ::.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ..::..: ̄/  / _| |___>┘ ノ ̄           |
                .::..::..::..::.\      └L/' ̄ | |..::: ̄ ̄::..::\          |\_____
                   .::..::\            ┘       .::.::.::..       ノ::. :\..::..::..::..::..::..::
                         ::.\               ..::.::.::.::ー― ::. ::. ::. ::.:\

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   「……現在、黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店を送る電波が乱れておる故
      ┃|
            婀娜っぽくも愛い、完全で瀟洒な従者である十六夜咲夜を暫し送ろう」

            「べっ、ベアトリーチェ様! これもお止め下さい~ッ!!」

            「恥じる様も、実に愛いものぞ? 其方も良く分かっておるではないか……」

.

85 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:41:27 ID:jVBjLiP.Sa

     |::::|:|     |::|             |i:i|                  |i:i|          |i:| ̄rへ \ |_ノ:::::::_、‐ : ̄::: |:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|i三三三三三三三三三三三三i|i:i|          |i:|  |::::└\| : _、‐''゛|:r''^f^ヽ: |:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   |ZZZZZZZZZZ⊆三三⊇ :|i:i|          |i:|''"´::::::::::::::|:r'゙´f'^i:|:し'〈〉: |:::|:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:. _|7´| |`Yl__ |i:i|          |i:|:::::/ ̄ヘ:::::|:し'〈〉::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |_:_:_:_:_:_:_:| |_:_:| |{.:.:| |.:.:}| | |i:i|          |i:|:::/::::::/lヘ: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |¨¨¨¨¨¨¨| |¨¨|_|乂|_|乂|_| |i:i|    i⌒i      |i:|/::::::/.:.|.: ',|:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:. ⊆三三⊇ :|i:i| r-<_>‐ュ   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |=======| |=====i| | l   |i:i| { | ̄ ̄ ゙̄| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:.:.:.:.:. | | l   |i:i| { |     :| }   |i:|::::::::|三三i|:|:::::::::::|i|i|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:  八_:_:_:_:____| |_:_:_:____| | l   |i:i| { |:〈〉 .〈〉:| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|,_________ |i:i| γ ヽ¨¨¨¨¨:| |¨¨|( )| | | l   |i:i| { | | |  | | | }   |i:|: :():|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
  .ィシ'⌒刈     |::| | | | | | | | | | | | | | :|i:i|  {   }△.:.:.:. | |: : l:)(:| | | l   |i:i| { |_|_|_|_|_| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:し'⌒´ |.:^⌒し' .:|::::::::
  | |::::_|_|__ |::|_|_|_|_|_|:rrrー‐n_|_|_,|i:i|_乂_ノ|三三|_|_|_|(_)|_|_|_|___|i:i|r弌彑=-─-= rrュi:i|::::::::|::: ┌┴--= ..⊥   _|:::::::
  | |/: : : : : : : : : )⌒ヽ⌒ヽ {i:i{ーー{i{ ̄|:|i:i|丁¨¨¨¨¨,二二二⊥二二二二⊥i..{i:i:|______}:i:}L」_: |<>iL..._:_:__}{: : : : : : : i|::::| ̄
  | |: : : : : : : : /__〉   `Ⅵ─‐{i{i───── くニ=-     ______{i:i:|______}:i:} -=ツ |: :.:.|::x-v-|:|:|¨¨" " '' |::::|:::::::
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ   Ⅵ三Ⅵi         |三三二二二二二二二ニⅥi-───-:iⅣ三|::: : |: :.:.|:::|: 〈〉|:|:|^〈〉^:、::::|::::|:::::::
  | |             ',   Ⅵ  Ⅵi         ̄7i:i7i:i:i:Y^^i⌒゙'ーー┬r:|i:i|──r‐rー|i:|''{込,::::::|: :.:.|:::|::::::::|i|i|:::::::: : |::::|::::|::::::
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  Ⅵ'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  {i:i{{i:i:i:i:} ├---‐┐|::|_|i:i|    |: :|  |i:|弋i:i}:::: |: :.::|:::|::::::::|:|:|:::::::: : |::::|::::|::::::
  |_|__________\,|i:|ニニニニニニニニニニシ′ {i:i{Vi:V__|    < ̄ |i:i| ̄ ̄ ̄`゙`|i:| ̄|i:}‐‐L_: :L」_::::::|:|:|:::::::: : |::::|::::|::::::
    |  |               |i:|‐:|i:| ̄ ̄ ̄|i|¨:|i:|    }i:}:|i:i:|  [ ̄ ̄ ̄|i:|\|i:i|二二二二i|i:|  |i:}   `|- _~"''   _:::::::|::::|::::|::::::
    |_|               |i:| |i:| ̄¨"""|i|'"|i:|"""7i:}゙|i:i:| ̄ . . . . . . |i:|  |i:i|¨¨¨:|i:i|:| ̄|i:| ノリ    |_| ⌒ニ=- _~"'::┘::|::::::
                   |i:| |i:|      |i| |i:|. . : :{V: |i:i:| : : : : : : : : |i:|: : |i:i|: : : :|i:i|:|: : |i:|: :{i:{            ⌒ニ=-⊥二

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|  狂騒の時を経て。
      ┃|
           しかし、全く何事も無かったと、金の曲線と優美な装飾内装が語る魔女の領域。

           吸血鬼の従者が改めて紅茶を淹れ、辺りに芳香が満ちたのを合図に、魔女の

           仕事は仕切り直される。

.

86 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:44:13 ID:jVBjLiP.Sa



     ;;;;;;;;`丶'、                        ヽ
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶'´ヽ、_     ___          ',
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,.. -──`_, ´───`  ,、      !
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´‐-、/ /_,..-、   l,..-‐ 、 \ `ヽ、   /
     ∨;;;;;;;;;;;;;ゝ /:|   |/|: :l}'   |': : \l  ,.-、  \´ヽ、     ……で、ペツォッタイトは可愛いから気に入ったけど
     . ∨;;;;;;;;,∠/: :l: :`ー'l{--l: :|`ー´ \: :、`ー'、:\!__/`ヽ/
     ;;; l;;;;;/.|:/: : :l:.ォ┯━;━、:|    ,ィ━;━┯ァ: : :|: : :l       私に相応しい宝石をってオーダーで、この宝石を
     、; |;/`ヽ/:ハ: :.|:ミ人:::::i::::ノ      人::::i:::::ノ/: : : ハ: : :',\
     ∨'  /:/: :.ヽ:!: :、  ̄ ´       `  ̄´/: : : /: :l: : :l ヾ 、   アンタが選んで磨き上げた理由を教えなさいよ。
     //  l:./l: : :l:\: :\     ´        /: /:./: : :|: : :ゝ ヽ',
     | |  .レ ヽ: :ハ、: : :ハ 、`   ∠ ヽ    ,.イ:./l:./:/l、: l:/.    | |  それだったら囀ずれるでしょ?
     | |    _ ヽ'/ \: :lヒ、 `>‐ - ‐<´lヲ.l/ |/ヽ  ヽ|     | |
     ヽ',   / ヽ/   リ ヒ、 ヽ >`-´<、 /ヲ   l ヽ-、     //
      ヾ  /  /   、、  ゙ `´ /;;;0;;;;', `´    /  〉 |   //


                           __
                     _ r―<~"''~、\
                     /'  /    \ \\\
                 _/ /  //{   |   \   マ L
                  〈:i:i/ /i| /{ 八  ∧ |  〉   ∧ {       妾の店で宝石が欲しいってんなら、従者の入れた
                _/ / L/⌒¨¨ ̄/⌒\{  |/  V
               ∨ / i| |       __ハ Y   /        真っ当な春摘みダージリンを淹れたカップに角砂糖を
               人/:i| |/⌒    弋シ⌒| i|⌒〈
                 \:i| |弋シ⌒        | l| 〈 ノ        ボコボコ入れずに喫っせられる様になれってモンだが。
                   | | :.     、     | |L /
                   | |::∧    , 、   /| √         まぁ、良いだろう……。
                   | |⌒ ゝ    '/,     /
                   | |    > _'// /rv 〉
                   _ {リ㍉     |__(ハ //'/     __
             / -=二 ∨ ∧     |//}/ /'/ // 〉_/二\__
            /二二l ̄ /し⌒ト--´ ̄/ 〈ヒ) / /〉^〈二二二二二
             二二:/ /二'⌒>)ト   {   〈/ //  \/⌒\二
            |二ニ:/ /ニニ〈⌒ヽ|   }   ' / 〉 /⌒〉二二二二
           /=ニ/ /ニ二二V^八   ,     / }っ  〈二二二二二
            |ニ / /二二二 〈⌒7 \/     / 人,ン  〉 \二二二
           人 〈 〈二二二二 | 〈  ,'   / /   ̄\ 二 \二二
            \  '/ニニ二二| ハ /  / YY=-   /\二 〉 二


.

87 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:46:42 ID:jVBjLiP.Sa


             ___/⌒辷=ミ、
        厶r爻孑=ー-ミ ̄ ` 、 ̄}{i_
      斗}  /  ′   `ヽ`ヾ ヽ{八`ヽ
     }⌒人_/  /   '    ∨    〉、{ 丿
     〉/./ 7   ′    !      ∨ У }!ハ
     辷{ i ! :ii   :! |  i  ハ}_彡  八 }    もう一度言うが、このペツォッタイトには未だ歴史って
      弋_}!:i |L __j_从__」__i:|!_/ イ {!7
        八i{ ̄`ヽ   斗:≦ ̄_;リ }イ :!i :八    言えるモンは無い。
         杙 だぅハ  弋:赱jア 爪 '}/_ノ
         ハ  ̄ |    ̄  //i.乂/      ただびとの過ごす時間から遡ると、16年前、人間達に
        //.∧   :i        //≠ ,
       八乂. ヽ 辷__ァ   {.{イ./        発見された宝石だ。
         ⌒ヾ   、      イ 圷ハ
          乂   介=≦rーf≠豸:}}
         ((     }ニ二三  _イ
              乂ー=≠   '.
           >'             \


                 ______
              _rfヱ丁匸^'¬ーュ_      l  /
            ,.xr┘> ´      ` <` t___       ′/
.           / rイ>'’           「`'く L
.        / jT〉'       /         |  丶{__
       / r'7      / 1  /   ,∧    ヽ
.        ′fiy        ′ |__ ′  /' ∧    i
.        |i }f     / l  ,人∧彡イ /´‘, ∧ !
        丿从i      ∧ l ィf竓ミハ.儿/x斧ミV ハ |\_     16年前ですか……。
..   -=彡1 厶    ∧ |人r勿    f_r勿 |Ⅳ | !
         |  И 「 Y ∧‘,             川 人      では、本当に最近になって見付かったのですね。
       ハ / 个1/,ハ`ヽ、         ノイ |∧
.          Ⅳ / l レ |i Yヽ   σ  /リ人_」_
        /厶:イ_人,j_,八_」__ト.. ___ ,イ/  乂フ}
           /   ヽ /ヽ〈Уノー┐ V/亅    八少t
                    r込,/〉  li   マニiヽ__    ゝこY壬}
                __ノ У〈.   l廴__ マリ У`ヽ   くj}`≫

.

88 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:49:27 ID:jVBjLiP.Sa


            〉:.ー'.::ノ.:/  . : :/ / .:/ :l | :l .:| :.ヽ
           「ヽ.:</厂\: :/ / .:/ :| :| :l .:| : : ',
           \二仄\_ノ/ | :| :|  :l .:| :l .:| : : .l
            ノ .:| |l Ⅵ l 厂≧ 、  ̄`  ┴ヘ ノ        正式にペツォッタイトと名を定められる以前は
            丶.::| |/⌒| |  「「じヘ `  ,. =≦厂
            〈人八  | ヽ  `      ヘじリイ         ラズベリルと呼ばれていてなぁ……。
             L、ヽ>ヘ .:        l   八
               └ヘ.;∧|    _ ´  / ヽ _       多種の色を持つサファイアの様にレッドベリルの
                 イ_丿\ └ニ'′/   ⌒〉
                〈爪`ー⌒ヽ __,        /       色の幅の中の一つとして扱われていたってのが
        , ─ 、     ノ//////厂      /
       仄〉─  >┬ '⌒ ー──ヘ                逸話と言えるかも知れねぇ。
     //〈 , ─-〈 │  ̄ ̄ 丶    > 、_
    /////八    八 |              厂 Y⌒>¬、
   /////////>   ヽ\    厂 `ヽ ,、/⌒ヽ|  ⌒)/ハ
   //l |///////⌒>/\\_人: : : :=O=: : : : ノ   ///∧




             _/               `ヽ、
          r‐'' ´ /                        \
          |                         `ヽ
          { _ |                            ',
        /´ 、/ / ̄\   __                l ヽ
        \  <___   \////\_/`\_ __      /   ',
         \/: : /:\___/-- 、////     ∨//\    \  }
            /: : /!: : ::/l::7      r 7TT、  \////>、_,..- ;'、
         |: :/ |: : / {/ \__,. ィ'、'::::::;{;\_ \_//-- 、//_}   なんか……、ラズベリルって名前の方が
         {:/  ,|: :'ハ{「`i‐-ニ_{: ::::|イ´ヽ;::} ̄マ>   \..__ \/ ´
           /  /:{/:∨ 弋zソ ∨:::! `T ‐- _l㍉ァ}:-、_,イl: :Tー'     断ッ然ッ! 可愛くない?
             /: : : .:リ 〃   , ∨ 弋z_ソ|刈//:}: :/: : }リ: :|
          /: : : : : :{          〃  {ソ/: :l /: : /: : .:!       ラズベリー色した宝石って想像もしやすいし!
            {/{: : : : /,\   t--‐┐   u //: : j/: : /l: : : |
          ' マ: ::// : .:丶  `ー '    /: ': : : : : : :/: j/ : :|
            Ⅳ {: :/ / :`i ー-‐ ' T-テ'|アー-'-,-‐-、: : : |
.              ヽ、:}/  `!`  、    /    |オ'   /   ヽ、;!

.

89 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:52:17 ID:jVBjLiP.Sa

                      __,、.. ./: : : : : : `ヽ、
                     /Y::)/: : : : : : : : : : :ヽ:\
                    /:∨::/: : : : |: : ,|----_-}: : |〉
                    ∨::〕}..: : :__ィ´  /,-- リ: .|〉
                     `イ:〉:〈 ,,ィミ`   イニ'' リイ)〉
                      Yヽl イ-''  丶    |/ソ、
                       ゝ)、     __,   ノr'./
                       /`Y、  ` -‐  /r''.(
                        (__ ゝ>、   /|'  `          それは否めんがな。
                           )   ,ヘ. ̄_,, ィ:| __r‐、__
                            | ̄::::::::::::/ハソ':/::::::Y.、      しかし、鮮やかなピンクカラーの宝石は
                             丿-ィ二イ、)/::::{::::::::::}:::\
                     _,,ハYヽ='>'":::/:::::::::\:::::ヽ__:::}:::::::::)     稀少でもある故に、ただびと達からの
                    /<´`::`:::''"::::::::::::{::::::::::::::::::Y::::/::::ヽ::/
                  /:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::{::::::::::::::::::::}:::{:::::::::}:ヘ     支持は少なくない。
                 Y:::{::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::}::::::::::::::::::/::::}:::::::ノ::::}
               /   ∨::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::{:::::::::::::/-:、{:::::/:/
             /___.  ヽ::::::::::::::::::,>-::--:、:〉::::::::イ/:::::::::::/´
           /二   `ヽ|'<>-'´:::::{::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::/
          イノ / __,,、-- |__ ``ヽ、:--、:::::::::::{::::::::::/:::::::::::/
        ィニニニ_/   | ̄}_``ヽ-、_.Y::::`>-、:::::/::::::::::/
      /         〔 ̄/   ̄ ̄ `}}:::::::::::::::::::ヘ::::::::/
   赱/          / ./   __,, }}:::::::::::::::::::::::::::/|
                r‐/─''"´,,、--‐‐}}::::::::::::::::::::::::/-ヘ
                {__ソ ̄ ̄   ,,...}}::::::::::::::::::::::/ /`Y\




           /:i:i:i:i:i:i:i:\     ______
          {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}_ /   __       \         (⌒'⌒)
           {:i:i:i:i:i:i:/ \ `ヽ /ニニト 、     \       (  # `)
        _ {:i:i:i:/、三三\/    丶 \     \     乂___,ノ
        {:i:i:i:i:ヽ/ニニ >           \___  \
         V:i:i:i:/二/     /           \   ヽ
          ∨:〈二/   / 、 /{     八    |  ヽ ヽ  {
          、:i:V  /  /丶 |    / -‐\       |  }ー、}     ……まぁ、名前はどうでも良いわ。可愛いし。
        、_ `/イ  { /三三`|/、   |´三三 \ ノ  |  |ニ}
        \__   ,V i/i/i/   \{ i/i/i/ /   {_  {- '     でも、吸血鬼たる私が持つ宝石としては
           /   l       (_ `   <__  イ  ト|
             |     \      (_      /    /  {       長い長い歴史が欲しかったわね。
             |  |  | >  _ ___ ィ /  /   /
   .         И ハ ト、ト、_,、 _/ |/ }\ l /  ̄)/
            Y |/    //_介 、/´ ヽ´

.

90 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:54:38 ID:jVBjLiP.Sa



  :::::::::::::|: |: : : : |: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : : |: : : : :|: : :| Y: : : : : /: : : :丿: :/
  :::::::::::::|: |: : : : |: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : : |: : : : :|: : :| .ゝ: : : イ: : : :./: |: : \
  :::::::::::∧.|: : :..:.|: : : : : : : : : : : :| | | |: : : : : : : : : |: : : : : : :_|>'"´|: : :|  ∨: : : : :/: : : |: : : :.)
  :::::::::〈: : :|: : __.|、: : : : : : : : : :..:| |_| |_: : \: ─二>''"-‐'"  ̄ ̄|: : |   Y: :/.ヽ:: : : :|: : : /
  ::::::::::::ヘ:..|: : : :.|: `:ヽ:、__:,:--\      ヽヽ─''"   ___  |: :.|   ./: / /  Y: ::|: : /
  -、:::::::::|: :',: : : :l-‐'"´´`ヽ、__彡ヽ         イ´ ̄  _,,, ィ'|: :|彡 ,': / .∧  |: :.|:/!
   .\;;人: .',: : : |  __, --- 、_ ヽ         ,,,ィ=チダッハ |:./  ,'::::{ .〈   }: : |: : :l       ……ならば、聞こうではないか!
       ヽ: : : : ',__´     ``ヽ  ヽ       イ (ゞ、__´ 彡' |リ  .l: : |  ヽ   }: :/: /
        ∨、: : ',ミY ̄ヲテヨハ、  ヘ       ` `‐''"´ ̄     .|: : | ノ.  /: /ィ         問い質してみようではないか!!
          Y |、: ',ハ (ゞ、__..彡'ノ  .',                 ',::::',イ  /: :/
           ∨ハ\ ヽ,,`‐''"´ `    ',                 ',::::',  /::::/            永遠に紅い幼き月、永劫を征く吸血鬼に傅く
         /:::/,               ,                 ヘ:::ヘ':::::/
         /:::/、ハ               i                  /ヘ::::ヘ'             人間の従者、十六夜咲夜よ!!
          /:::/ \,            ヽ  .:::      ノ、     /{: : 入::ヽ
    .    /:::/    ヘ                  ,. イ/ ヽ   / |:/  ヽ、::ヽ
       /:::/       ヽ      イヽ __  --‐‐ ´   /       / .|'      ` 、::.、
       /:::/       \      ヽ、 _____ , /     /  |__        ヽ:\
  .   /:::/           \           __      /.     |r'7         ノ::::::)





                       , <ミ=, ´  ̄ ヘ `>、
                 >==≧ 、 ヽ  ヽ r-、  l _ヘ`>、
               /.´/     r、´ .|' ̄´.| | ̄´|  ト、_, .\     . 人__/
                 〃 ./ _ > 、< ハ .!_ ∟|_ ,|_/  ./ 〉,__ヘ        ⌒ヽ(
              〃 /´  ノヽ ゝ <´./  .//´   `>< /  /ヘ         )て
              リ./ - >、 > ´/  /   / ./    ハヽ、ヾ-、/\   .   __ノ(`
              ノ/./ / / // ,. イ    / /   / .| ヽ ヽ ヘ、/|     `Y^\
             'ノ/ ./´ ≧=ヘレ´ ,.| > ´   > ´.   l  ト、.lヽヽヘ´ヽ
            `ー七' //∠ />´ー,一 ´ /    .ハ  l ヘト、ヘ、ト、∧
              /ソノノ<ノ, フ / /´/  >´    /ハ l ヘ l l',|ヘ'〈
      ヽ      彡ソゝ7 ´/// /-=´_>´  _ ≧ /7 |`ヾ._ゝ.| l | ソ
       `≧==≦´7 lノァ<r= l /|  `/ ト、 7/ノ乂ノ>ソ /  l  | l / ト、
               ハ| i l / 八/≧≠= 、 `ヽ フ/ ∠厶lノ ハ l l´ ./`ヾ
                )_ ´斗/ .イ lヘ夾ソ`k  ´  x=-ァヵ { ト y /ト       ッ!!
               / //  八 ヘ  ̄ ´      ゞ沙ソハ l ノ/.l .| ソ
          、    //`=≦>'>-、         -´彡<`ソ./  ハ ト、         金牛宮の威を司る黄金の魔女、ベアトリーチェ卿!
            `ー一 '.l´   ヘ  ヾ  ヘ      '    人  .Y l  从ヘl
               ノ>  `     .`ヽ. ∠` ー=ー ' ...::::::::ハ ノヘ ゞ '            何なりと!
               r´.7          ト |>`´ イ    l ヽ、Yノ フヘ
                |こl            ヘ    ヘヽ   > .! </ ̄ ̄l
                `l l             ヘ>、  ノ \ヽ.イ ` <     /
             l ̄ l                ヘ  `/ス / 人ヘ||lト、/ ̄7
              ヾ,ス              l`ヽ\\>、----------、

.

91 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:57:26 ID:jVBjLiP.Sa



                      `\⌒ 二二≦./ /⌒
                        / /´ ̄´/ /
               ____ / ∠__/ /
             /´   >────、__/
             ノ   /      __      >─- 、
          /    .イ         {≧> ⌒´ j | ハ\\
     .     /     人       ///  / / ∧ | j  ヽ}              >'⌒ヽ
         /       >一  ///イ /// ///_从       イ{      -=云─イ ∨
        {r──ヘ  (__,   〈ィ'_/{レ//ィj丁 / {リj       |_j }.  ∧    ∨⌒\  ∨
              >  ,ィ′     ∨ 人 ´ ´`  イj.!`≧=‐⌒   | .j /_」ト、    \  \ }
               (  ィ^ヽ___r≦__.イ芹j  /勹j  ∨      / / / ∧_∨   ∧   ∨
                \{_` ̄ ̄ ̄ ̄「{∧ ̄| ド {ィ´_/ / _,∨⌒>┤ .L i. { { ヽ_,ノ  \  \
                        ノ 三ミY´  `ヾ、_// ∧/   {  ゝ{  !八 ∧     ∧    \
                      /  云ミーヘ-、  >‐、}彡´ ト  \ `> 」 ∨ム ∧     _>、_ノ
                    /  _ノ //  ィYV厂 ̄フし jハ   \  |  ′|  ∟   / | /´ ̄ ̄ヽ
                      /  厂  i_/ ∠^≧三彡 /⌒'´ |    ∧ ` ̄ ̄{      j   |´  L_ /
      ̄ ̄ ̄{           / _/   _/⌒ ^//⌒≧′   j       ∧    ` ̄iト─イ  |─ァヘ  /
     \ \ `丁 ̄「 ̄フ_//  >ヘーイ´ >イ⌒||    /  >──ヘ    / ∨   _/´    ∨
       \ \ \_> ´ /  ///{  >─<  jj   /  /  ___>─´   ∨/ \    ノ─┐
     \  \─‐<    ,イ  ノ⌒Y ∨´{ /   `丁 ̄´  / /´     >───へ    \_/  /
       ` ̄ヽ__    /__」/   /⌒Y .|/     /    / /     > ´   \___ \__ /三≧′
          \\/´ ̄´  > '⌒¬┐ .{     /   /  /    /         _\_/ イ
            }⌒    /       .| j′   /   /   {   / _/´ ̄ ̄ ̄ ̄`\ ̄´   ノ
             ∟__/       j /    /   {.    L_/─ ´               ゝ─イ


       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|   「嘘偽りは微塵も許さぬ」
       ┃|
             「妾が磨き上げたペツォッタイト。其方が頭を垂れ、膝を突く吸血鬼、運命の糸を操る

             指を持つレミリア・スカーレットが持つに不足か?」

             「永劫を征く其方の主と共に時を刻むに相応しからぬ輝きであるか? 答えよ!」

.

92 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 21:59:56 ID:jVBjLiP.Sa


                  ,ィ^i^!^i^ト、
                    レ´  ̄ ̄ `ヽ
                 /   ! ト、   .
               、_.イi i  iヽ、\ く´`
                ,イl l i ト、 ヽ. ヽ ヽ
                |il l トjヽ\\ヽ ハ
    .            从 八ハハ ヾハヾヽ}リ
                ,ィ-‐ '‐---‐`: : :iヽ
               / l: : : : : : : : : : : :l l
                |  l: : : : : : : : : : : :| |
               /  .|: : : : : : : : : : : ! ヽ
                〈_  .!.: : : : : : : : : ::l  _〉
               )‐- }: : : : : : : : : : { -‐(
                 `l ̄ゝ.____r ュ___/.l ̄l´
    .            }  // イ__}  \弋 {
                  ,.'// /.{::∧、  \ヾ!
                  ,'〈- ′/ !/:∧\  ヽメ、
    .            {/:\_/   |/ :∧ \/:: :\
                 / : : : : i  |: /::∧  \:: : : :\
      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|  高慢、傲慢、高圧、尊大、傲然。
      ┃|
           それらの言葉を体現した魔女の問いに、咲夜は優美に、あくまでも瀟洒に

           スカートの両裾を摘まみ上げると。

           するりと片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を軽く曲げ

           実に見事な礼をとった。

.

93 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:02:21 ID:jVBjLiP.Sa




                     /...../......../...../..................レヽ.....................................................
               -=彡......{........{.....{.......{........{.......}......从.......................................
                   /.....{................{..................ム彡}/................}..............................
                   |.......{........{.....{.......{.......芹/(_  }..........}..............................
                   |..................{.....{.......{.....ノ.込V   }....ハ..}................../.........   一切の偽りなく申し上げます。
                从ノl.........′.......汽           j/...}}................/...........
                      |.....∧.............込            }............../.............   ベアトリーチェ卿の手による宝玉、ペツォッタイト。
                      |ハ/.i.iヽ.i\{i:i:./             ノ............./................
                      Ⅳハi{.i.i.i.i./i:i:i:..             {................ハ..............   我が主、永遠に紅い幼き月を写したかの如く。
                       }}|.i.i.i./:i:i:i:i:i:.  _ -‐    ∧.........   }....../}
                     ノ八ハ从ノ:i::i::i::i:..  ̄    〈 人_ノ    }/     愛くるしくも、王女の風格を備えた宝石であると
                       イ::i::i::/|:i:iうo。     〈..人..〉 厂しへ厂し
                    _ イ_人,/  ル从ハ从〕爪〈..人..〉 〈 {   /      存じます。
                    _ イ_人,/     ィ==ミ  ,.ィ〈..人..〉   ゚フ"¨´ ` '
                *∽*+_ イ__人/       〃  ,.≫《__〈..人..〉 _彡'
          -=彡%///%_人,/     ミ =《zz彡'´  *∝⇒*/
.            -=彡*∽*+¨´    =ニニ,.ニニニニニニニニ*∝⇒*          /
                       =ニニィニニニニニニニニニニノノ从ル  -=彡
                =ニニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/
              =ニニニニニ‰ニニニニニニニニニニニニ∧    _ , _


.

94 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:04:46 ID:jVBjLiP.Sa


      :::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
      :ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
      :::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
      >'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
      ::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡
      <::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|
       .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |
           |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ
             \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',
             ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',       ……佳き忠臣であることよ。
               //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
                //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ
              ヾ、  マ }_ >      //   /
                 )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _‐ ''"
                (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
                  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
      __   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
      `)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
      <__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   ぽつりと賛辞を口にした魔女は、唇に三日月の弧を引かせて居た。
        ┃|
.

95 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:07:38 ID:jVBjLiP.Sa

                          __
                    _ r―<~"''~、\
                    /'  /    \ \\\
                _/ /  //{   |   \   マ L
                 〈:i:i/ /i| /{ 八  ∧ |  〉   ∧ {
               _/ / L/⌒¨¨ ̄/⌒\{  |/  V
              ∨ / i| |       __ハ Y   /      で、だ。咲夜。
              人/:i| |/⌒    弋シ⌒| i|⌒〈
                \:i| |弋シ⌒        | l| 〈 ノ      その忠臣っぷりのまま、アレを持って
                  | | :.     、     | |L /
                  | |::∧    , 、   /| √       ……いや、抱えるなりして帰れ。
                  | |⌒ ゝ    '/,     /
                  | |    > _'// /rv 〉
                  _ {リ㍉     |__(ハ //'/     __
            / -=二 ∨ ∧     |//}/ /'/ // 〉_/二\__
           /二二l ̄ /し⌒ト--´ ̄/ 〈ヒ) / /〉^〈二二二二二
            二二:/ /二'⌒>)ト   {   〈/ //  \/⌒\二
           |二ニ:/ /ニニ〈⌒ヽ|   }   ' / 〉 /⌒〉二二二二


             }>  ---ラー --    、>ヘ,
          /X´/    {        \」ヽ
         /  ヽ/      ハ         ヽ´ヘ
         >ヘ/ /     | i   ヘ       ハ/__>
        r´ / /  /   |_ i    ヘ    ハ  ヽ_{
        {>´/ /  /  ii | ヽ  i  \   }  ト \_
      /く_/  i i { ム从i   \{\≧\i  i ハ>┬ ´
  .       i  / 人 ヘ<{∧ラハ    仆テ∧>} ィ  i┘ハ
        ノ ノイ  ヽリ 弋_ソ    弋_ソ レ从iリ  ハ
        {/ノ\{\ ム      '      ハ /レ i iム    は……?
        ノイ ヘ >ハ           〈 Y 〉 イ /i リ
          人i> ´ノ/ノ、   ゚    /< Y 〉 イ ∧{      アレ、と、申しますと?
          / イ//〈 >   __  イ  〈 Y 〉リi/
     _ -  ´  ´ <〈 Y 〉 /i      ト从〈 Y 〉/{
   /        ソ〈 Y 〉   リ、   /   〈 Y 〉 {--t
  /       ノf--イ}>=<{__ \__/  }>=<{ 〉 ヽ
  |    r - ´/  ム{ |ノ } ̄ ーt┼r ´  ̄ |_ノ 「{   丶

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   ……アレ、とは。
        ┃|
              魔女の態とらしい視線の流れを吸血鬼の忠実な従者が訝しみつつ

              追って行った先には。

.

96 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:10:19 ID:jVBjLiP.Sa

                               lヽ __
             ト                <  _く
             |  `¨´ {         .      V
       ..    ノ       、                        ____
       .   /     ___\                  .   | ┌ |
           ̄ `ヽ /                        /..└┘
       .        V           _, -― 、 _      _        ,イ`ヽ
                    , - ' ´      ` - 、 _ /:.:.,  ー―' r j
                 , ´"      _       /:.:.:.:´:.:.       `´
                / , _ _ ,-_´、`'´ヽ_ ` '  ̄ '-、l´ /:.:.:.:_:.´ヽ
               , - 、 ヽ_ ,.l:::ヽ-'   `´l`'- ,´''、/¬-、:.:.:.:./
               ヽ^ ー,` /ヽー/-丶、 |-ヽ=ノ¨i` 、:l/_、
                ,`l l  /,,´"゙`,',   ヽノ 《  ゙,,/ `  ヽ´      __/{
               ノ_l ヽ {ゞ==-" ー-'ヽ `゙¨"/ l  l ,',_     〉   >
              ´ ´'、l  ,` 、     ゝ_ ノ  /, ,´ ノ {つ     ― 、/
                  } ノ ヽ、          _/ /_/
                    \ ` ー 、 _ , - ´l_l/- ´
                  , - '.ll`´、 _lヾ,.∨ソ }_ ,`ー'llヽ、
                 /    ゝ- /  の  ヾ' =' '   \
                ´ ̄` 'ヽ/ l-´ヽー - ‐´-゙、_ , - - ヽ
                      /   ヽ   ノ    ヽ
                     ゞヽ           _`ゝ
                    ヽ_`ヽ 丶 _  ,-、 ´〃`
                      `ー゙ヽ_, -、=- '´ ´
                          ∨∨
      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   ……。
      ┃|
            美辞麗句を揃えた賛辞を受け、何かが振り切れてしまったのだろう

            いとけない少女吸血鬼が、素晴らしく器用な体勢で気絶して居た。

.

97 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:14:37 ID:jVBjLiP.Sa


       ‐┐/,.≫‐- .,_
       _丿/  /   \  .,
       ァァ 、,:゙/         ` 、
       /// }/       ',  ゚, ´,
       // /′ ∥  / ;  j  } ; ゚,
       / / i  ″ ′ ′/  j } jⅰ
       _/こ{ i{ ii /- / / / / / }リ
       ‐ 、厶 jj_/_/ノ>≪イ イ//
       .,_ //^'!     ¬ ,′
        i{ {   、   弌そテー(ー
       、人  ヽヽ   `¨`  \
       `¨', ` 、 jノ      _ /
         ':,  ∨  、.,,,____,,..{
          \ }   `¨¨´ノ           ……吸血鬼斃すにゃ十字架要らぬ、ってかぁ?
       Vヽ_,,. ノノ=- _   /、
       .,_ / /   `¨¨ }i
       ニ〈くニ7   /´‐- ノ
       ニニ心ヽ __rァ「 \)、
       `¨¨¨¨ノ \ ⌒ 、⌒芋ミh、
               `ヽ `、ノ¬‐ム
       \    __,,.    ':, V/ノニ心、
         `¨¨´       ', ∨ー∨二心、
                     ', Γこ{ニニ二ム
                  } }.,_ーニニニニ}
                  / /廴フニニニ7
       ―- 、 _,,... -┐゜/=ー(ニニニニ/
         ,.  ∨     }‰ 、ノニニ‐/
         \'⌒ヽノ   { ヽ くニVこニム
       -―乂__ノ'"´ ̄`}/)冖二ヤニニ込、
       _,. ´,ィi{心、ー- /ニニニニ}ニニニ心
       h、,ィ(二二心、/こニニニノニニニニ}


       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|   困惑の声を上げた従者が主人を抱え、慌ただしく魔女の領域を辞した後。
       ┃|
             魔女は、咲夜がレミリアに傅く以前、吸血鬼を滅する狩人を生業としていた

             らしい。と言う、真偽を探ろうとも思わぬ浮説を元に、小さく独り言ちる。

             その独り言ちに、言葉無く煌めきを以て応えたのは、壮麗なる魔女の領域

             であった。

                                                    fine.
.

98 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:18:09 ID:jVBjLiP.Sa
今日の投下は以上になります。
途中、お見苦しい点も有りましたが、お読み頂いた方へ感謝を。
お疲れ様でした。

99 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (アウアウ) : 2018/09/06(木) 22:23:00 ID:x2d8mlUwSa
乙でした。

101 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (バックシ) : 2018/09/06(木) 23:14:12 ID:NRMKKqDQMM
乙でした

102 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/09/06(木) 23:29:33 ID:quP0Tqy200
乙でしたー。
調べてみたけど確かにレミリアのイメージにあう綺麗な石やなあ。

103 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/09/06(木) 23:33:24 ID:g14C9ytU00
乙でした

ペツォッタイトでググったら
2002年にマダガスカルで発見された新鉱物だそうで

104 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/09/07(金) 00:12:14 ID:VV096OBU00

はえー未だに新しい宝石って見つかるモンなんだな

107 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/07(金) 18:48:40 ID:y6FB.ei2Sa



      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::..  .::::::;r='^ア7フ、ー-、::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::;ゞ'' ´ ̄ ̄ ̄` くト、::::::::::
      ::::::::::::∠/  .ィ' !  i ヽヽ\):::::::::
      :::::::::::::::/___/ L._L._ l 彡 イ} 〉::::::::
      ::::::::::::::// /  / `〉彡'ィ }::::::::::     またも「乙」と「感想コメント」が多かったのでな
      ::::::::::く( (xx  xx く(_ ノノィ::::::::::::
      :::::::::::((:::::` ァ_r (/、7ー::   :::    感謝と共に、ちょっとしたオマケをゲリラ投下しようぞ!
      :::::   `::::::::/[X]:l:::::::::::::::::: .. :::
      :::::::::. .::::::::::/:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::ー--‐''::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.

108 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/07(金) 18:50:08 ID:y6FB.ei2Sa




                             -──----、_
                          ,,.'"        `ヽr-‐'7  ♪
                          ,'"           i::::└
                     ((    へ_          /::: ノ
                        ノ ! ゝへゝ_rへ__ゝ∠ i  ハ  ',
                       .〈, /li / ゝ-'‐―´"v` ハ ヽ.
                       ノ レヘ  ノ ハ  ノ    i i      うー♪うー♪
                       /⌒` レ'ヽハヘレ /^ヽVヽノ
                 ♪   〈/ ハ /iヽ    /  }! i
                      ⌒Y⌒Y乂Y!.`〈{_   ノ  }  _」
                        "   /      ⌒Y⌒Y´
                           '"゙ ̄ ゙̄ ヽ、ノ、_
                   ((、   /  .        ヽ、
                    .   /         ',      r>、  ))    ♪
                      ,,rく_        ハ  ゝイン"
                       `'、__ 、   ,   .,,,dr゚'. `
                         ' |゙゙'''‐,iニ,,,,,'''」''\  .゙'(′
                       :::::::゙l、 _,|:::::::::::::::::::::::\ .,,/ヽ:::::::::


             __,,,,....,,,_    _
       ,.ヘ.__''"´  、    .ト`>)`ヽ
      く   \|-─< ̄ ̄八 ー'   ノ、 /\
       |\__./>-─''"´ ̄ ̄`' ー< ,ハ /]
     __ノ-‐へ/ /  /|__ .!  ,     \|‐ァ'
    . |__/| ,'  /´| __/| /! |__ |   ヽ|
      `!   | | /‐r‐‐r└' !、」__ !`|  |'
      |   | .!/|、弋_,リ u   |_lj |/  ,'
      |   |  ⊂⊃     '  ⊂!__/
      |   |    |u   __  U ,ハ ||      ……。
      |   |    ト 、.,  __,,.. イ ! !!
      |   |    |ヽ-、\_|`ヽ、|  ||
      |   ∧   !7\__/ム   /|   ,'|
      |   |/ ヽ..レヘ.__く_八)」`! / .!
      ', | .,' [>l]く]ハ  }| ll |{ [>l]く]
       ヽ| .!  \」 |   {|  |}  | ハヽ!
         `|,     |、  }| ll |{  |__」 ヽ、__
     __/     |___{|  |}    !  / __`ヽ.
     |:::::::/      .!::::!lll|| ll |{    | ,' /r‐-、 ',

       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|   いとけない少女吸血鬼、レミリア・スカーレットの居城にて――……。
       ┃|
             紅く煙る紅魔館と呼ばれる城内では、魔力を纏う存在が確認されている。

             その存在の一人、城内図書館の司書にして居候、レミリアの無二の友と言える

             パチュリー・ノーレッジは浮かれた友人の有り様を見て、冷や汗が伝うのを覚えていた。

.

109 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/07(金) 18:54:02 ID:y6FB.ei2Sa


              /        >'´ /  .i!
            /     ,.-    ,,r=ソ`ヽ、i!
    .       _ ./  ,.-ァ イ ,_r'=シ:::::::ヽ :::: ヽ、
          / フ  / (_ノ.i:::::::::::l :::::::::ヽ :: ヾヽ
         /  l   ゝ、_.._ノi:::::::::i |:::::::::i>i:::::::,>        ねぇ、ちょっと咲夜。
         ヽ_i!ソ .iイ:::::::::::l: :l :::::::|iヽ :: 」 , イ
        </ /レ,イ::l ::::::::: l>|__l __  ̄r''} |         レミィが随分と馬鹿デッカイ飴玉を持って
        /  /.(./|: :l_二イ ニ,rxiト''  ヾj l
    .  ,<`ー=' ./.7::::::::::::::::::代z ソ    , /、         浮かれてると思ったけど、まさか、あれ……。
      ヽ、ヽ/`ヽソ.ノ ::::::::::: l:::::::'`ヽ、   ,/ :: ir 、
       ソ´./ソ' ::::::::::::::: l ::::::::::::: `<´:::::::<`i),コー'/__
        /,'//::::::::::::::::::::ヽ, ::::::::::::::: `i>ヘーレi ::::::::::::: `ヽ、
       _.i!=' ァ':::::::::::::::::::::::: ヽー=' ̄ ̄>ー=>ーl`ヽ:::::::::、一
      / .i! ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ      r ,.> ̄¨゙´ /、:::::::::::l
    .    l .l ::: l :::::::::::::::::::::::::::::i!ヽ      (  ヽ (∨ `ヽノ
         i.l : :i.l .l :::::::::::::::::::::::: l ',',.  |,.二__,ヘ |r'一
      _r'、,.i :∧'; l :::::::::::::::::::::::: l、i! i=))   `<
      ,i i . ∨ ヽヽ:::::::l ::::::::::::: / __i_ヽ `ヽ、 l_______
      |ヾー,__l  .|ヽミ、: l!.::::::::::::,'|l::l|:;o:;;:;|    `ヾ、,:;:;:;:;:;:;:;:;o |
      ヾ_ ヾヨメ._.|::|ニl`ヽi、:::::::/:|l::l|;:;:;:;:;:;ヽ     l :;:;:;:;:;:;:;:;:;|


                 ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
              _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、、
             rヽ,/ /       `ヽイヽヽ,
            r` /  /λ   入、ヽ、 ヽy i
             'y r  イ-‐.ヽ,  ノ‐‐-ヽ、  ヽ, |
            ∠/  / ,r=、i レ' レ,r=-、_!ヽヽ、、i      えぇ、そうですよ。
             /  ,イ}.イヒ_i´  ´.ヒ_,!ア イヽ、ヽ、
            / /くl""    ,    ""{yイ\ ヽゝ    黄金の魔女様に依頼していた宝石です。
            i//{.人    _    ,イiy}イ´/ヽ!
             //y}レヽ..、   ,イゝ|{yレV       何でも、発見されたばかりの稀少な石なのだとか。
             ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
              r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   「あぁ、あの強烈贅沢三昧性格激悪魔女の。通りで……」
        ┃|
              魔女への散々な評価が聞こえたが、パチュリーの表情は合点が行ったと語っている。

.

110 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/07(金) 18:58:07 ID:y6FB.ei2Sa


                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
.              ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
.              }> ´           ムf- }_ヽ
.          __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
.             ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __   そんな事仰らずに……。
.              i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
.              i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii      パチュリー様も宝石を
.              i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、      オーダーしては如何ですか?
               レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
                 〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ
                  〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
               〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/
               }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{
                  |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
                   `| 、:::::::::::::::::/  /::::::::i


             _,..- ‐ -.._
          iγ‐ソ   ,..、    ヽiシヽ
        ,.i ̄ミミi´ ,、/ フヽ_    >コ
       i.└</~ il :: / ::/>ァ'´ ヽ )ーァ
       ヽ_/ノ / :::: | ̄ニ=/ レ| :::: iヽ‐'    私は宝石より本が好きだから遠慮するわ。
        ̄フ / :::: ⊂)  ̄ ̄ ,. ニァi
        / :: i':::::::::::|ヽ、 ./ ̄ミミヽ.っ'-ァ     レミィがオーダーしたのも、レミィ自体の
          l :::: >_:::::::::レ'    `''/''´.;'
          ! :::: <_ ~~i=-ッ、    / / ;'      嗜好では無くて、吸血鬼の習性からと言えるもの。
       ヽ:::::::i::::i=<~ /-ァ'   / /_ノ
        ヽ,-'´'  ヾ'iノ`ヽ、,.../_ソ''i
         <     l><l i i il><l  |
          ー、   i__i_i_i_i_>_,./
           `~~ヽ-'∨  ∨

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   吸血鬼の習性と言ってしまえる貴族気質と、黄金の魔女の嗜好と気質が合致した
        ┃|
              結果のオーダーであった様だ。

              成程、傲慢さはどっこいどっこいである。

.

111 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/09/07(金) 19:02:23 ID:y6FB.ei2Sa


             __ -<       ,>-、_   ___
        ィ´ ̄ ̄           '⌒,    ヽ_/  /
       /                    ノ  }  ハ/
   ヽ _上              ト- く _ ム<-く z 二フ
    V´  ヾ             ヽ辷f´, z:-:‐:ミ__ >ァ
   >{    }!       /´, 二 ≧ 、 }( /:ト: : : :ト ヽ_ ノ
   __人    リ /_ヽ    V: :.|: :|: : ト:-:イ:l:」:l: : }: !: /
      >ぇく (  ハ〉   ∠L:.A:.」: : : ;化;「i:_;ハ: :l: |:l
   r≦_   __ Y: : :丁:オ:l: |: 」 |;从ル^ zf斗ぅ刈: |::
    `¨z  T: : : : : : :l{: :」zf斗ぅ芹      Vツノ|:.l| :l |
       ̄ : : : : : : :.八: 圦ッ ノ      :::::: ルヘ;ハ|    それに、あの黄金の魔女にオーダーするって事は
        }: : : : : : :};个: :廴 :::::::   ノ   ハ
        |: : : : : : :}:.:|:j: : ヽ    _, ィ  i|: :.i       どんな宝石が似合うかって頭を巡らせられるって事!
          : : :;  -┴く: : : : }、  ヘ::)イ: :|!: :.|
        j: :/       \: : } 7: : ェ: : |: :.|!: :.|      ……それって、何だか恥ずかしいじゃない?
         :: :l       ヽ:.マ77vヘ_ ̄ヽ:.l!: :.|
         !: :!           }、:∨:::水::}、  V: :.|
        .: : |          { V:::く:::{:::ト::}ー:、r‐r 、_
   .    /: : :|         ヽ:::::ノ::∧> }_ノ / ヘ
      /: : : :|l          \:/::::〉vヘ 〈 /ノ \

                         __
                    _r-‐┘ ヽ___, - 、
                   j´__r-‐- 、,   ヽ } ̄` ,
                 ノ/,. '´ / ´ヽ , -‐-`ー 、\
                  Y/   / !   ヽ一 、   {  ,
               ,イ/  /  // ハ ト、ヽ   }   7  !
              / Ⅳ  { `メ、!/ l|! ヽ ヽ  ヽ -‐}  |
                /!/´|/ / l | /1l  l! ヽ≠=- .,_!  て l
                 / l! Ⅳイ!,:iレ1マミ、  !  ヽ\ ヽヽノ  ,ハ
              | ,l/ /ヽ1! l fリ  | ィf〒テァ、V1}! / !
                   ! ,イ!/∧jヘl `¨    '、ヒェン メ、戈) {1 ' 、     あらあら、まぁ……。
              / ,|{  }!´j!ヽ、` 、_,    //1_ィヘ! !jハ 〉
              {  / V1メ、!} />,- -‐ イ!/7zj !ハ! lノ レ'
                  ヽ ヽ/1三}`ー- <_j ̄ ̄{ j::::::!1ン1 /  !
                   ,イ  i!} r/:::::::::::::ィzZ/::::::ヽ l/
                  j!1 / ヽj!::::::ヾz // !::::::::::}z ヽ 一 、
                !:レ' ノン:::::/ ハ ! {  j:::::/!   rz =- 、
                 ノ:::::ヽ/::::::::::{ {:::::l ヾ ノ::/ j !   {::::ヾ, て、
               ヽ:::::::::i!::::::::::::l_|:::::|  〉::::! { r-‐'´:::::::::! l ゝ
       ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━━━
       ┏╋───────────
       ┃|
       ┃|   紅魔館の司書、パチュリー・ノーレッジが黄金の魔女に何やらのオーダーをするのも
       ┃|
             近々とは言わないまでも、実現は難くない様だ……。

                                                         fine.
.

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ブラウザによって関連記事に新しい記事が表示されなかったりしているようです。
見かけたらお知らせください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング