スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:雷怖い

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
7/16
逃げ出したスグリは、壊れたデスゲームを 終わらせるようです。
7/14
シオニーが都会deヤック・デ・カルチャー
6/25
キル夫は野球大会で逆襲するようです
やらない夫達はアウトサイダー
5/28
フレデリクなルーナ
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店 第一話

目次 現行スレ

1 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 16:01:04 ID:yRE7pPZ2Sa


                 ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
                ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
                >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
                \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                   / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ     【黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店】
                l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ
                 ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./
                     `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ        ・彼女の店を訪れた人々と、ベアトリーチェとの
                     j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′        やり取りをお楽しみ下さい。
                   (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )
                   ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´           ・このスレはオリジナルですが、AAキャラ元の
              ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ              ネタ等は使用されます。
             / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._
            j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ     ・やる夫スレ作成は初めての素人です。見辛い等
               ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、  不備が有りますでしょうが何卒ご容赦を。
    ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
   く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
    廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
           ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
              .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ
           ,'::::::::: i" .', ヘ::::::::ii:::::::::::√´::::ノ    ヘ::ヾ、:::::゙、:::::/シ′
           ,':::::::::::. !‐-! }::::::||:::::::::::l:::::::/''ンュ...__`;;--ャ-‐''"!
          .f:::::::::::. jヽ. | j''":::ヾ、::::::';<´ ̄_ヘ :::::::::::::::゙ヾ、;;;:::::l
         ,.ィ7:::::::::..' ,'、. ゙j .j゙:::::::_:;;:_`ー/´ヾ´./ヘ .:::::::::::::::::::';ヾ::::::!
   .    //::;'::::::::' / .',./ノ_;、、ニ三ミ シ′  .K ,ハ .::::::::::::::::::::::`::ソ

.




2 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 16:03:21 ID:yRE7pPZ2Sa
第一話は 8月24日 21:00~ から投下予定です。

8 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:02:05 ID:zV0ojbvkSa
では、投下致します。

9 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:03:02 ID:zV0ojbvkSa



           __
         /  ― ハ
        / /rfヱメV
      . ト〔___}ヘ込ノ」
      . ` ー ^ー一'



  ┏┓
  ┗╋━━━━━━━━━━━
  ┏╋───────────
  ┃|
  ┃|  古びたデザインの指輪がある。
  ┃|
       そう、歓楽の巷を行く、大多数の若い女性が指に嵌めるには選ばれない様な。

       しかし、指輪を飾る中石は、現代には新鮮に感じるカッティングと輝きであり

       また輪の部分、腕(アーム)のデザインも目新しく映る。


.

10 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:04:45 ID:zV0ojbvkSa


          ,--、                     __
         ヽW/                   /  ― ハ
        ,-‐^ ^‐-、               / /rfヱメV
       ,' , - ⌒ -, `、      *        . ト〔___}ヘ込ノ」
       | l     .l |    /´ ̄ `ヽ +   . ` ー ^ー一'
       ヽヽ    ,' ,'     l i ´ ̄ヽ .ij
        ``===''      l .!   ノ ii
                   ヽ` ─´ ノ
                   + ̄ ̄

   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|  そんな古びの魅力を放つ指輪が一点、二点、三点……、幾つも整然と陳列されている。
   ┃|
        視界に入れた者の心を捉えて離さないのだろう。ショーケースのガラスを通し、じっと指輪は見詰められていた。


.

11 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:08:15 ID:zV0ojbvkSa



                         , タ.   ヽ、  ‐='"   / !'"
                      ,, ", "      ` ‐ ,,__ ,/,,// i     __
                    , ", "       ,,-=''''''''i、ニ-‐'"  ノヽ,,-'" __`、__
                  , ,,""       , -‐/ , ‐'"゙ゝ_,, -‐'"  /,ィ'" ,-v--'ヾ、
                ,, ,,""        ノ:::::ニ! / .r、  , -‐i  _,,,ノイi,,-'`´::;;:::::::ヽ:::',
       i''''Y"‐- 、__, ,,""        ,-‐":::::::ヽ‐ヽン -(ニ)-‐ .!二 -‐"-':::::::::::::::ヽ:::::::`:ノ
        i  v‐、,, " " 、        ,':::::/:::::;‐"、`}-‐‐/! !`ー'、_!、_'-"::::!!::::::::::::::::!!:::ノ:ヽ,
     ,,-、. i、/  ノ-、   ヽ     , -‐'''''ヽ/::::/:::::::`-':::/-‐'"!!::::::::::::::!`‐-,-、_,,-‐'":::::::::::::i
     (  ノ,,"(_ /  ノ_,,,   i    /:;;=''":::::::!::::!::::::::::::/::::::::::::::!!::::::::::::::::!/:: /:::!!::::::::::::ヽ:::::::::::!
     `ー'   ゝ,!  _ノ _,  ト、  i:::/::::::::::::::;ヽ::ヽ:::::::::';:::::::::::::::ヽ:::::::;; ノ:::::!:::::!!:::::::::::::::i !::::::ノ
            `'''7ヽ  ト、!、,j-!、:::::::::ノノ::`ー──' ──‐' ─":::/::/ ヽ_ヽ:::::::::;;ノ-‐'"
            /`- ', /、 !!:::ヽ::`''''、´:::::::/::j、:::ヾi:::::::l i::::::::::/:::::::i:::/  ,, -' ̄ ̄::ヽ
            /`‐- ', /__,!!::::::::ヽ::::::i-‐'":::/ i::::::::i:::::::l l:::::::::i:::::::::l:::!-=":::::::::::::::::::::::ヽ


  ┏┓
  ┗╋━━━━━━━━━━━
  ┏╋───────────
  ┃|
  ┃|  「おいおい……。そんなに見詰められちゃ、指輪も恥ずかしくって熔けちまうぜ?」
  ┃|
       指輪を一心不乱に見詰める人物に対し、不意に声が掛けられ。


.

12 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:13:40 ID:zV0ojbvkSa

                                 ,
                     _ -─…‐- _    て_
                   > ´: : : :/: : : :。: : \     そ
                 /: :/ι: /: ; ij: : : : : 。:丶   (
                 ,: : :/: :/:,.イ: : : ハ: :|: : : |: : : :.
                i|: ::/: :/'⌒从: ::{ トミx : |: ::|: i}
                 i}:从: :ィ≠ミ、ヽ { ,」厶_V: :| | 八
               _ノイ∧ :{ 辷ソ  )'  r'う ハ 从: }⌒
               ⌒7: 人乂_.:.:.:. ' .:.::``'/: :/))∨ J
                /∧:从⌒ r‐--、 ,ノイ7シ/        ふぁ、うぅひゃあぁッ!?
               ιハ::川ゝu 乂 ノ ⌒7/ィ(
        _r‐√L  __彡:: }リ:| |: )ix  _ 。s个( ))
       | | | / // 〉  /:.:,.厶ィ:| |T \ ̄/ >‐| :| J    _
       |_|_|_し' /  {: :/.:.:{{: ル| /^'< /.:.:.:))Y"'ァァ、 ハ| 「 |_
       {  { /   r7.:.:.:ノ,/´∧/〉<´レ: :彳: { /ノ:::} { { } } } }
        }__ノ´∨  シ/ /´||: ::|/  レ'.:.:.:.:.:》ヽ{/: : : :i { `└リノ
       〈:::.... ∧ 7 ,.イ⌒ヽ|: ::|  /: : ,.ィ㌻⌒Y: : : ハ 乂  /
       ∧::.. / ∨ /.:.:⌒ヽ∧: |/。cS゚⌒: : :ヽ:} : :ノ: :|ヘ \/
      .//∧::::  ヽ{.:.:\.:.:. ̄}ィ()⌒()_ : : : : :Y´: : :/: : : \〉
       //∧\::....人:::::::``'':λ::::´ ̄: : : ニ=-: :j{....:.:/: : : : :∨
        //∧.:.:.:.:.:..:个s。.,__ノ个s。::::=-.:.:.::::::::::j{::::ノ : : : : : /
         / \.:.:.::::/ Y⌒.:.:.{.:.:.⌒≧=‐‐=≦V::{: :{: : : : /
            ゝ '   {\: : :{: : : : : : : : :ノ.ハ \i: : : : ::/
                  {::: :丶 }: :\: : :/: : ∧  \_:/

   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|  ショーケース越しにではあるが、指輪を舐める様に見ていた人物は顔を上げ、素っ頓狂な声をも上げる。
   ┃|
        自分の数秒前までの行為を省みたのか、既に顔は羞恥に染まっていた。


.

13 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:17:49 ID:zV0ojbvkSa


     :::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
     :ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
     :::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
     >'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
     ::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡      ようこそ、客人。
     <::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|
      .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |      そんなにまで指輪が気に入ったってんのなら
          |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ
            \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',      指輪も女の装身具冥利に尽きるものだな?
            ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',
              //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
               //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ
             ヾ、  マ }_ >      //   /
                )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _‐ ''"
               (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
                 }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
     __   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
     `)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
     <__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y

   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|   慌てふためく相手へ、意地悪そうに、しかし婉然と唇を笑みに作り上げ向けていたのは
   ┃|
         指輪のデザインと似た時代の服飾を見事に纏う、豪奢としか言えない存在だった。

         客人と言う言葉から、指輪を扱う店主なのだろうか……?


.

14 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:22:03 ID:zV0ojbvkSa

                  __
               ,.ィ::´:::::::::::-ミ ̄::≧x.、
     (ヽ       ,.ィ:´/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::メ、>.、
   (ヽ        ,.::::,.::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::ム
   .       /:::/::::/:::j:::::::::{:::{::::::::::{::::::::::::::::::::V::::::ハ
         /::::':::::/::/.!::!::::::{:::{ v__::{v:::::',::::::::::::V:::::::ム
         ,:::/:!::::::!::j__!::!v::::!V´マ:::メ、:::::!::::::::::::::,:::::::::::,
       /ノ::::!::::ィ:!  v! V::! ` ム、:.、V!::::::::::::::!::::::::::j
       '"´/:::'::,::::ハ:!,zミヽ ヾ!  'んハヾv.}::::::::::|:::{::::::ノリ
        ,:::/:::',::{ 〃!:ハ       vrリ }八::}::::::!::::V:::::ア
        !::' !::::':ハハi Vタ     `´   '::::':::::,'`V:::::ア
        i:{ .!:::::::!::,    '        ,'::/::::::' 人ア      す、済みません……。
         ,! .,:::::::!::!     __     / '}::::::/イ彡'
          ',:::::!人    ゝ:::ノ   ' ,イ::::/::::::ア       アンティークのアクセサリーって、実物を見るのは初めてで……。
           V::!::!沁...、      / ,':::/::::ノ
           V!::!:::::/::::>.、。s<  /:イ::::ノ         思ったよりって言うのは失礼ですけど、綺麗なんですね。
            ヾ:!〉::!:/::::::::::::|     /´ノ ヽ
           ,ィ::ヽ::Y´::::::::/!  , ィ"   ヽ`メ、_
            {:::::::_/::::::::::/ (j /       八: :V/≧x、.._
           _! ̄斗)Y'"' /-ミx、    ,:': : : : V::ア: : : :>.、
        、_(ア"´::::!'´:∨ハ   〉':.、  ,.: : : : : :_,}:}: : :/: : : : ,
       `ーァ'::::::::::::,'.:.:.j/ j--、/  ヽ,.: : : r斗七'":/: : : : : !:.!
        /:/(:::::::::::!-'ア ./  {  /: : : : : :.ヾヽ': :/: : : : : : ノ: :!




                _____
        _f´ ̄r>: ´//ィ 才  ̄`  .
     .  i  i _ ノ `7  ̄/   `  ̄`  :'.
      / i ̄rf=ミ⌒Y `ヽ    ヽ ヽ ハ
      } / _jr=fハ `ヾー-く  |   ' ∨ハ !:
      〉.」 }彳rfぅ}刈 〉 ハ} i    ∨.∨/从
     : }. { / 廴ゞ=彡イ{.  ノ! ! !:i  ∨イ f豸、
     . Y.∨\_f´__彡イ才⌒i| i |: 孑爻 V仆ハ
      L_.}≠ミ乂__彡._/  八i.斗彳..ィ  ヾ i 丿
       人  }.∨∨ハゞ=彡ハ:{ ≠t以   〉{      惚れた物を買って己の物にするのが買い物の醍醐味。
         `ヽ乂∨∨ V⌒ヾ从 `≠    .イハ
            ` < 八 う`ヾ    え:ソi }      が、ここに有るのは指輪だけじゃない。ネックレスや手鏡、色々と揃えて有る。
               }f´ >-イリ .. ____ 人
               }弐v,  //  .イ__ _ _         見回してみて貰いたいもんだな?
               人::::爻//Lzf才
          > ´   \:.:⌒ヾ:.:.:{
        /          ` ー=彡



.

15 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:27:25 ID:zV0ojbvkSa


             -―‐-  .,_
           /:::::::::::::::::::。::::::_;::==:,、
        , ´::::::::::::::::::::;'゜:::;〃::::::::::::::::\
        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;:::::::::::ヽ
       .:::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::;::::::::ト;::::::'、;:廴
       i::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::i::::::::|:::|',::::::ヽ
    .  |:::::::::::::::::::::::::::{::::::::::i:::::|::::::::|:::} }:::::::::)
    .   {::::::::::::::::::::::::::::i:::::::;イ::::|!:::::j'|:/ !::::::/
       ゛:::::::::::::::::::::::ハ:;::'/:::{ヽ;:::} リ  マ::/
       ',:::::::::::::::::::j::::::::Y..:::::ゝ{::j     }/
        \ .::'⌒t:::::::::.‘,__.::::ル、  人i_     えっ……。
    .       `ーt;::::::ゝ、.::.__\`ヽ__.:'〔
           , 辷ー-´(:::::. ̄.:`::ヘ,:-ぇ
          /  ゙ー-=ニ ゝ-…'⌒ヽ;::::)
         { i   ¦  ´    ,'   ⅵXiフ
          i |   |    :   {     \;j¨ヽ
          ゝ|   l     ゝ ;       ‘,ニム
    .      |:   :       \j     ‘,ーゝ
         |          `゙'.;     亅  i
         !            i「     :. /

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  彼女が指輪の魅力で狭窄を起こされていた視界を周囲へと広げてみれば……。
    ┃|


.

16 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:30:53 ID:zV0ojbvkSa

     |::::|:|     |::|             |i:i|                  |i:i|          |i:| ̄rへ \ |_ノ:::::::_、‐ : ̄::: |:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|i三三三三三三三三三三三三i|i:i|          |i:|  |::::└\| : _、‐''゛|:r''^f^ヽ: |:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   |ZZZZZZZZZZ⊆三三⊇ :|i:i|          |i:|''"´::::::::::::::|:r'゙´f'^i:|:し'〈〉: |:::|:::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:. _|7´| |`Yl__ |i:i|          |i:|:::::/ ̄ヘ:::::|:し'〈〉::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |_:_:_:_:_:_:_:| |_:_:| |{.:.:| |.:.:}| | |i:i|          |i:|:::/::::::/lヘ: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |¨¨¨¨¨¨¨| |¨¨|_|乂|_|乂|_| |i:i|    i⌒i      |i:|/::::::/.:.|.: ',|:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:. ⊆三三⊇ :|i:i| r-<_>‐ュ   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |=======| |=====i| | l   |i:i| { | ̄ ̄ ゙̄| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:   | |.:.:.:.:.:.:.:.:. | |.:.:.:.:.:.:. | | l   |i:i| { |     :| }   |i:|::::::::|三三i|:|:::::::::::|i|i|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|             |i:i|:  八_:_:_:_:____| |_:_:_:____| | l   |i:i| { |:〈〉 .〈〉:| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
     |::::|:|     |::|,_________ |i:i| γ ヽ¨¨¨¨¨:| |¨¨|( )| | | l   |i:i| { | | |  | | | }   |i:|: :():|.:.:.|.:.: |:|:::::::::::|:|:|:::::::::: |:::|::::::::
  .ィシ'⌒刈     |::| | | | | | | | | | | | | | :|i:i|  {   }△.:.:.:. | |: : l:)(:| | | l   |i:i| { |_|_|_|_|_| }   |i:|::::::::|.:.:.|.:.: |:し'⌒´ |.:^⌒し' .:|::::::::
  | |::::_|_|__ |::|_|_|_|_|_|:rrrー‐n_|_|_,|i:i|_乂_ノ|三三|_|_|_|(_)|_|_|_|___|i:i|r弌彑=-─-= rrュi:i|::::::::|::: ┌┴--= ..⊥   _|:::::::
  | |/: : : : : : : : : )⌒ヽ⌒ヽ {i:i{ーー{i{ ̄|:|i:i|丁¨¨¨¨¨,二二二⊥二二二二⊥i..{i:i:|______}:i:}L」_: |<>iL..._:_:__}{: : : : : : : i|::::| ̄
  | |: : : : : : : : /__〉   `Ⅵ─‐{i{i───── くニ=-     ______{i:i:|______}:i:} -=ツ |: :.:.|::x-v-|:|:|¨¨" " '' |::::|:::::::
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ   Ⅵ三Ⅵi         |三三二二二二二二二ニⅥi-───-:iⅣ三|::: : |: :.:.|:::|: 〈〉|:|:|^〈〉^:、::::|::::|:::::::
  | |             ',   Ⅵ  Ⅵi         ̄7i:i7i:i:i:Y^^i⌒゙'ーー┬r:|i:i|──r‐rー|i:|''{込,::::::|: :.:.|:::|::::::::|i|i|:::::::: : |::::|::::|::::::
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  Ⅵ'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  {i:i{{i:i:i:i:} ├---‐┐|::|_|i:i|    |: :|  |i:|弋i:i}:::: |: :.::|:::|::::::::|:|:|:::::::: : |::::|::::|::::::
  |_|__________\,|i:|ニニニニニニニニニニシ′ {i:i{Vi:V__|    < ̄ |i:i| ̄ ̄ ̄`゙`|i:| ̄|i:}‐‐L_: :L」_::::::|:|:|:::::::: : |::::|::::|::::::
    |  |               |i:|‐:|i:| ̄ ̄ ̄|i|¨:|i:|    }i:}:|i:i:|  [ ̄ ̄ ̄|i:|\|i:i|二二二二i|i:|  |i:}   `|- _~"''   _:::::::|::::|::::|::::::
    |_|               |i:| |i:| ̄¨"""|i|'"|i:|"""7i:}゙|i:i:| ̄ . . . . . . |i:|  |i:i|¨¨¨:|i:i|:| ̄|i:| ノリ    |_| ⌒ニ=- _~"'::┘::|::::::
                   |i:| |i:|      |i| |i:|. . : :{V: |i:i:| : : : : : : : : |i:|: : |i:i|: : : :|i:i|:|: : |i:|: :{i:{            ⌒ニ=-⊥二

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  指輪やネックレスが陳列されたショーケースの左側。
    ┃|
         そこには店主と思しき存在と同じく豪奢な、黄金色も眩い内装が広がっていた。

         装飾の施された文机や猫脚棚には、アンティークの様々な品が美を競う様に並べられている。


.

17 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:36:14 ID:76LjhUaISa


              人辻ツY_ノ} |  | |  | | |  |  |  |  | |」|  | く、
             {fY二≧x_|ト|  | |  | | |_|_|_|_| |‐{  |   》
             }{仄} }^Y}」|_| |< ̄ ̄      /  ̄`Y ∧ 〃
             式辷ンjノ}x|/ ̄ ̄\     /_x=ァ─仇厶」《_
             Ⅵ代八ノ´ハ _x==ァx‐ \   ∠仏炒‐^}{\/ 彳
              ^冖t/´ rくい「ミ弋fソ  丶         |\ヘ「’     呆けてねぇで椅子に掛けるなりしな。
                 厶_」| ∧        l        | ∧|
                 |∧〃ヘ、                 |ノ| ̄》       まぁ、色々見ても良いが。
                  ∧|\ハ    __ ───ゥ     」 j’
                   /  !_乃ヘ、  ゝ──__´ ̄  厶/ /        好きにして構やしねぇぜ?
                   \  ̄つxト            イ冗  , ′
                   \    ̄〉人>、     / ノ|   /
                         >  `Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y7   \_
          ,ヘ、        /    {二二二二二二心     》        / ̄|\__
      二| ̄   ̄\___  く_   __|二二二二二二ノ゜ー- 彳__/|\/ r─「「 ̄
      二|     iメ   >─冖'´ ̄   ̄弐二二二ソ        ̄   /  》‐┘  込ィ冖




                /.:.:.:.:..:..:.:.:|.:l.:.:.: | 丶  |.:|.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:. | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
  .             / .:.:.:.:..:.:.:.:.:l八.:.: |  \ |.:|.:.:.:.:.:.:.: l\.:.: | .:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
            .:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|  \l/⌒ヽ|.:|.:.:.:.:.:.:.: |  \l\ .:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.
             |.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|  //し勹 人.:.:.:.:.:.:.:..:|/⌒^ヽ\.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
             |.:l.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.|l 《  Nir刎   \.:.:.:.:.: | /し勹  \N\.:.:.::.:.:.
             |.:|.:l.:.:.:.: |.:.:.:.|l    Vつノ    \.:.: l Nir刎   》 j.:.:.:.:\:.:.:.
             |人l.:.:.:.: |\:乂_///////// \| Vつ'ノ イ  /.:.:.:.:|.:. \
             八:.:.:.:.|V.:\了/////,///////    /.:.:.:.:.:j:.:.:.::.:.        えっ、あっ、ハイ……。
               \: |/V.:.:.八 u                    /.:.:.:.:. 八.:.:.:.:.
                   〈:〈:V.:.:.:.丶     、        |  /.:.:.:.:. / ノ\ :.:       (あれ? 何か、スッゴい場違いな
                      \:V:.:.:.:. 心、     ¬ー- ´  u /.:.:.:.:. /イ.:.:.:ノ\
        _         / 〉V.:.:.:.l从.:〕ト             イ/.:.:.:.:. //ヘイ:.:.:.:.      所に来ちゃったんじゃ?)
           ̄二ニ=- 〈//{.:〈V.:. l.:.:.}:.:j//7l「   -<  /.:.:.:.:. ///// \.:.:.
        V        V/\:.Vリ .:.j:.ノ// 八     //.:.:/j////////∧:
        V        V//У}.:.:.:.イ//   ヽ、___/ //  //////////∧
  .        V        V/{.:.:{.:.:.:..ノ,/     /⌒j       ////////////∧


.

18 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:41:30 ID:76LjhUaISa


                                     _,.. -‐''"~ ̄ノ
                                   ,、‐'''"´_,,.、-‐ァ''"~)
                                / ,ィ孑'´,、-‐'乙-‐イ
                              / / j''_,.ィ_,∠-<イ
                                / ノ-‐づ、'´_ノ-'"_,/
                                 / , ‐フ´ -ノ´ _>‐'ノ
                               / _,. - '´/ ,∠-''"
                         / ,jノ/´ 'フ_,/ ア
                            / /´,っ‐、/´‐'_xく
                             / / 人) イ -‐ _ノ
                           / /う_,'ぅ 丿- '"ソ
                      / ,ノ、,) -'--┬ '"´
                     ム、ヾ,-‐'゙,ニ-<
                          ,ゝ/\ヽヽ、ゾ
                      ,ノ〈、_入_,ト、ノ
                   ,イタ弋 J´^゙''''ー-.._
                   , ‐',イタ  、  ..     `゙'ー ,,,
               ,/ ,イタ   |______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
              /  , ‐‐'~´
                !  (  !
                l .//ヽ___ _.ノ┬―-、.. ;;ン'
               ゙ //   ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
              //`ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
               〃    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
               ′                        ̄ ̄
   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|   優美な衣装とは裏腹に、粗雑で蓮っ葉な言葉使いで促され「客人」は席に着くと
   ┃|
         机に置いてあった、小さな来客名簿へ素直に自身の名前を書く。

         名簿に記された文字は几帳面と可愛らしさが両立し、【千川 ちひろ】とあった。

.

19 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:46:26 ID:76LjhUaISa


                 ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
                ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
                >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
                \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                   / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ
                l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ      ちひろ、ちひろか……。また名前も可愛らしいじゃねぇかよぉ。
                 ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./
                     `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ        指輪を貢いでくれる様なヤツもごまんといそうなモンだが
                     j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′
                   (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )          そこは妾の指輪が気に入ったって事で、ショーケースに
                   ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´
              ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ              張り付いていたのは見なかった事にしてやるよ。
             / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._
            j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ
               ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、
    ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
   く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
    廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
           ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
              .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ
           ,'::::::::: i" .', ヘ::::::::ii:::::::::::√´::::ノ    ヘ::ヾ、:::::゙、:::::/シ′
           ,':::::::::::. !‐-! }::::::||:::::::::::l:::::::/''ンュ...__`;;--ャ-‐''"!
          .f:::::::::::. jヽ. | j''":::ヾ、::::::';<´ ̄_ヘ :::::::::::::::゙ヾ、;;;:::::l
         ,.ィ7:::::::::..' ,'、. ゙j .j゙:::::::_:;;:_`ー/´ヾ´./ヘ .:::::::::::::::::::';ヾ::::::!
   .    //::;'::::::::' / .',./ノ_;、、ニ三ミ シ′  .K ,ハ .::::::::::::::::::::::`::ソ



            ./.:/.:/..:/..:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::..\
           /.:〈::/:::/:/.:/:/ 〉::::::::/.:::::::|::::::::::‘,
           ,′l }:://. /.:/:/ /.:::::::/|::::::::;l:::l|:::::l∧
            ト、人//:|:l|:/:/_/..::::::/ /:/::/:|:::l|:::::|l::|
            |l::{:::|/:/〉:lⅣ´ ̄ ̄´ 乂/イ l:Ⅵ::::l::::|
            |Ⅵ:/.::| |:||と)===ミ      \{/,.’:::;:::;’     ハイ、そうして頂けると有難いです……。
            |::ヾ|l:∧|:||         ミ、  /.::::/:::{
         ...人::::Ⅵ::|l从        ヽ `〉_/.::::/\乂
         ::{ {:\::::::Ⅵ::{::.         〈__|:::::/    ̄`
          乂\:.\::Ⅶハ.\< )   .イ:::|l:/
            .人`ヽ〉Ⅷリ:  ‐=≦_ ; .乂
           〈 _\::::::Y_   | \\\ー.、
         ../.}::| |:r\/ __〉\人_〉: \\∧
         :|::::::}::l└/\Y\>ヘ_:人 |  <<:∧
         :|    \Y /}|::::..\ ∨∧〉   | / ∧
          ,:::::::  `ト:||::::::::/ト、: \/  /∧  人

.

20 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:50:27 ID:76LjhUaISa



     三三三i = }|                        ____
     rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
     ルルル{リイ!|                     _///////\
      ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
             | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
             | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
             | | {rfi{                       }fマ{  |      |!  : : : : :.
             | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
     ====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
             | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
             | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .


   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|  傲慢な物言いの店主が聞くに、群雄割拠のアイドル業界でも大手事務所プロデューサー
   ┃|
        アシスタントとして忙しく働く日々が続くちひろは、今日も満身創痍の疲れ切った

        身体を引きずって帰路に着いている最中、初めて見るボゥッと灯ったガス灯看板に

        フラフラと誘われる様にして重い扉を開けると、陳列されたアンティークの指輪が

        目に飛び込んで来て、魅了されてしまっていたのだと言う。

.

21 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:55:12 ID:76LjhUaISa


                         / ,ゝイ ⌒ヽ    \ヽ
                        イ/ / /    ヽ     i〉
                       〈 〈 /. | .| || | __l_ヽ/  i〉      ふゥン、相当お疲れってこったな。
                        乂| イ |___ルゞ.,_,.., イ i| ,ゝ、 i〉
                        \|__ヤ   イ0 ノ冫 /イノ〉/       ま、激務を日常にしてりゃ、身体だけじゃなく
                             弋 弋)  `   / l/ /
                            ハ ヽ_ __   / ヘ〈         精神も磨り減るのは当然だ。
                           /ゝへ ー  /ヽ( ヘ
                          ( (   >イヘ  》 ヘ\
                            ソ /ト ノ\ V (     > ̄lゝ
                 _,、_  __,,,... -  ゝl:八 l  ゝ  -ー''/ /〉⌒lヽ
             _ ,,--- // /ヽュ、     イ:::(ヽi      / /l:l:::::::::l:::}
      夂-‐ '' "´  ''''ー‐ト、リ、イ  \ヘ /:::::::::( l l   i   / /::/::::::::l::〈
                     ̄\  Y:::〈:::::::{::〉l l  / /::::/::::::::::::l:::l
                      イ\ ゝ、::::::/::ゝヽヽ〈 /l:::::::l:::::::::::::::::/::::l
                      /   V\lヽ:::/::、´~~{ ゝ⌒:/、:::::::::/::::::}
                      丁\ l\l::\{::::〉ーゝ:/:::::::ヽ/::ー::√
                         { ̄゛  i  i::::::::Y:::::::γ::::::::::::::::}:i/::::::/
                      丁> ゝ i::::::::::}::::::::l:::::::::::::::::::〉:l::::/
        Y⌒~~゛゛'''--.....,,,_r マヽ__ヽ_,,,... -`-- ≠ー::l::::::::::::::/::/::/
        ,イヘヽ::::::::::::::::::::::::::(,,_ ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ ̄:〉:::::::):::l
       /::/:丶>::::::::::::::::::::::::l >l\::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::{:::::::::l:::::::::l::::l
      ./::/:::::::::ゞ、::::::::::::::::::::ム_∥::::::::::::::::::::::::::::レ'"~~::}::::::::::::l:::::::::l::::l


                 ,......-=-:-ミ、
                //..::::::::::::::::::::`,
              〃.:/.::/..:::::::::::::::::::::’,
               /.::〃:/.:::::::::::::::|::::::::::::::‘,    チラッ チラッ
            ..::;’::/.::::/:/|::::::|、:::::::::::: :,
            ‘;: |:::::::;:イ::/ |:!::/`\:::::::::::|    _
              Ⅵ::::::リ'芹ノ乂 芹ミⅣ::::/}   __))
             /:::Ⅵ从 以´ , 以 .从:::{丿
      (´ (..,,___    }ヽ\Ⅸ:        /}从}
      ` ー--    `〉::ミ:}:/\ ´ ` .ィ.〈/       はぁ、まぁ、そうなんです、けど……。
             .〉ミr≠ミ}:`  ´{`ト、ー.、
            ./  l|z=‐〈\_/ |:::∨.`ー.、
            ∨⌒ヾ}_\:トく__}¨` | ;’   :|
             ‘,  ∧ひろ/ |  / ,’   :;’
              ,  :∨、`ヽ:|/ .,’   /
              ∨   ∨ :/  :/   ./
             ..∨   ∨ 。・ /   :;}


.

22 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 21:58:47 ID:76LjhUaISa


            ._ _............._
          ,ィシン''"  ¨¨ ヽ、ヽ、
          〈;;メ´  ,,. ィ j!  ヽ__,>、
          / i .i ./| .f.j .ji .|i レ//|
          ! .i k‐トLj〈 ム-ヒ_.jV//j
          ト|..ド ○  _ ○ リレ     何だよ、さっきからチラチラと周りを見やがって!
     . ヾ、   八   /  ヽ rツ′
     .   \、_ {{.>、」 _ レイ        んっとに忙しねぇなぁ!!
         ゞ!i:ト、__ノノ::ノ凡f::'.;:';ヽ
          l l:l:::::::::::.(!::::!::::i;ハ';';::j、
          ヾヾ:::::::::ノi:::i::::儿_〉:::::ヘ、
           ヾ y'´::〈;:ィ:、ィ:乂;::::::::::ハ
           ./::;;:::::::,i::i::.i、ヾ`トャ=彳


                _ ,/: : : : ― : : : :-―: 、:\
                 /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::.
               ; : :ィ: : : : : : : : : : ハ: : : : :l: : : :ヽ: : ::.
             ,:{: :/:|: : : /: : :/: :|::|  : : : : :ト: : : : : : : ::
      .      /: У: |: : ;: : : ィ:_:斗匕 |: : : :刈:_:ハ: :}: : ::.
             {: : : : : |: : |: 7ムzf示ミ ,: : :ル x=-ミVl: : : |
           人: : : /|: : |:/Y´rぅハ /:/  rぅハ Yj: : :人     つ、つい……。お店の内装が凄くって。
           l{ {:\: 入从 { 弋ツ     弋ツ 八: イ:{⌒
            {: : :圦い: :\       、    ル': :ノ     仕事の参考になるなぁって、考えちゃいまして……。
            ,ゝ: : : :ヽ}: :{⌒             从: :/
              {:ハ: : : :ム:个: .    _ _    八: :{
            {  ,>ト: : ソ: ハ> 、   , イ..||...\ト、
           ,xr.'........{: : :\:ノ: :} \ ァ    ....||............ハ
            {......ヽ.....ゝ: : : ヽ:ノ  ノ天!   /....jj........../....}
           {..........Y⌒y⌒厂)..V Y⌒y\/....〃........f......

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  ちひろの事務所所属アイドルの一人に、こうした絢爛豪華な内装や、店主の纏う
    ┃|
         艶めく生地と金糸の綾なるドレスに似通った所の有るファッションと路線で売り出している

         少女が居る為、着席して落ち着いたなら頭が仕事のモードに拐われたのだとか。

         ちなみに、その路線で売り出しているアイドルの「お疲れ様です」は「闇に飲まれよ」となるらしい。

.

23 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:03:52 ID:76LjhUaISa



                     }   /  ヽ  _,,,,,ゝ-‐== 、-‐‐、-、
                     ヽ_,,-'"、__, ‐"- ゝ‐"´`゙ ヽ、`ヽ、ヽ<
                     ヽ} ヽ, '"´   ´`ヽ ‐- 、 ヽ、 ヽ ヽヽ     ……ワーカホリックも極まれりだな。
                       V   / /    ヽ`ヽ ヽ ノヽ、}
                        / / 〃 ./ l  l  ヽ ヽ彡ノ} >,    そも指輪に見蕩れてたんだろう? こう言う店に来たんだ
.                      { { {{ .il  l  li  l l彡シノl lヽン
                       `- r,--、__, ヽ_____-リヾ彡 lリノ      ちったぁ手前ェの身を飾るモンで頭を一杯にしろよ?
                         ',アT 。、   r‐r‐。`ヽ } /_リノ
                         ',`ー'ノ   ‐--'` ノノ }
                          l"" ヽ   """" {{_,ノ        それにだなぁ。ちひろ、其方は……。
.                      , 、  ヽ  ヽ--v、  u ノ,{_
                    , '", '"   ` 、  ̄`´ _, ‐´-'"リ、
                  ,, ',"'".       _, ` ='"-‐^-‐':::::::}、  , -─‐-、
                , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
             ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
    r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
.    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
   _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
  <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
  `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
        `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ


.

25 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:09:23 ID:76LjhUaISa


                                                 _,. -: : :- _
                                               .: : :´: ;=-ァ: :_; : : :.、
                                            ,.∠〃ィ∠、メ./イ: : ,: : :.
                                           斗.:/ {(`怐、レ'/: : :,イ;: : : :!
                                         〃:.}"/    _   |,仆メ、リ: : i :l
                             ァ-、           {i: :!.:i{  ト、   、刈 イ:; :i !V
                          __  ,/トt'゙ |ァ、    _  /八:jイ::|  ぃi    怐イメ、ノ:ハ:.、
    。、                    〈 、Y { !二{ 卜--‐ '////`|: ; : Y.:个。.,     _,;〈,个,、゚ ̄ ̄`ゝ,
   'ニ....ヽ                   ヽlハ トノ  `ヽ ヽ∨//////>rァ<´  /≧=≦_∥|:八〈た_入'゙//,
   二ニ....ヽ                   /  `'     ヽi }/////,{チイ⌒メシ、 ソ !/l}77{( !廴_`ヾ  マ////,
   二二.......≧==- ...,,__, ヘ __  /           V≠ァ'| ̄ ̄`ヽ::ヾ`メ、__V,|}///`乂.i.i.i ̄ヽ マ////,
   ニニ=......ヽ.i.i.i.i.i.i ".i.i.i/    `<i.i.i7            ∨`/|____jハヾV,.ノ/≪≦/////ヽ.i.i.i.i.i,斗≠―
   二二=.........ヽ.i.i.i.i.i.i./        У            ∨/////,∧V<////彡小、/-=≦ゝ<´.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   ニニニ...........ヽ.i.i.i/         /         |    ',、///_,,≦=テテ''´///,j´   /.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二ニ.............ヽ〃          '          j'" ⌒ヽ、 ∨`⌒V////, /////ノ;;   /.i.i.i.i ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二ニニ=...............ll          '           ,'     ', ∨//ム/////, //;;    /.i.i. ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二ニ=................i(      /            ′     , V,oニ=‐'////j};;    .j{ ".i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   ニニニニ............∧\   /            /       。 }l<´/O77//l};;    j′.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i ィ.i.i.i.i
   二二ニニ.............∧ `ー´             /        . j=≧、///\|;;    ′.i.i.i.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i
   二ニニニ=.............∧                イ          V====ヽ///,'〉;;    |!.i.i.i.i.i.i.i ィ.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二二二=.................',              , ´ |           ゚===λ=V//!;;    |.i.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二二ニニ...................、          /  !            ====ヽ=V/,!;;     !.i.i.i.i.i.i/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二二二ニ.....................、     ´  , ヘ、   .i           =====j}∨,.};;   人___/.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   二二二二二=.......................、   / 〃====`三。            .======j}ノ,, <´.i.i.i.i.i.i.i.i丶.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   ` =二二二二ニ.......................、 丿 イ.i=========。           ≧=-<´.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.ヘi.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
      ` =ニニニニ=...................\  /.i.i>、======λ          !.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.ヘ.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i

     ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━━━
     ┏╋───────────
     ┃|
     ┃|  「例えば、こんな体勢だったり……」
     ┃|
          「……はぁっ!?」
.

26 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:12:30 ID:76LjhUaISa


         ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
        /.:.:.:/.:.:/ ̄/.:.:\.:.:.、
      ,.イ.:.:.:/.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.::.           あら、ご褒美が欲しいんですか?
      /::レ'7.:.:.:厶:ー<.:/.:.:.:.!|.:.:.:.:|.:.:|
     _{.:/.:./.:.:./|.:.:/|.:/` ::./ |.:.:.:.:|.:.:|           ふふっ、やぁっぱり、卑しいんですね……。
   . {.:.Y´/|.:.:.{大f矜㍉_彡' j^iト.:|.:.:|
    ∧:{:λ|.:.:.|   ̄`     f矜㍉:从:|
    {.:.:Y.:.:i|.:.:.|      , `’ イ.:乂{__        _
    乂:{ノ´|.:.::|   、     ,小.:.:√     , . : ´: : : :\
    {.:.:.:(.:.人.:.|\  ` ーr<' / 从.:/     /: : : : : : : : : ::
    乂__\.:(\ )iト __ イ `''<.:.:/    /: : : : : : {: : : : /!
    ̄乂___>く_) ̄|>∧   `丶、 ,.:゙ : : : : : : : : ゝ: : : |
   : : \: :<乂_人_√_}\\     ア: : : j′: : : : : : : : : :|
   .: .: .: \ Y⌒⌒ハ^V\ ‘,\  .: : : : /: : : : : : : : : : : : ::|
   .: .: .: .: .:}:|.:.:.:.:./: \V...\}.: .: `y゙ : : : ,′: : : : : : : : : : : : :|
   .: .: .: \j从.:.:/_: : :\.../.: :_ア: : : : : ′: : : : : : : : : : : : : |
   .: .: .: .: :Y.: ∨.: .:⌒¬ У.:_ア: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
   .: .: .: .: .:{.: .: .: .: .: .: .: /__,ア: : : : : : : { .: .: .: .: .: .: .: .: .: : : |
   .:.:\.:\{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./()ア: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : :.|
   .:.:.:.:.:.:.:.:.}iゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:`y゙ : : : : : : : :::::|: : : : : : : : : : : : : :::l    _,. . . : ´ ̄`丶
   、.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:≧=‐-,.: : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : l _,. .. : : : : : _:_:_:_: : : : :::.
   ∨/. /.:.:|.:.:./⌒ア: : : : : : : : : : : : /, : : : : : : : : : : : ::√ : :_:_:/⌒V: : :ヽ: : : : ;
   ///.:.:.:_⊥ノ.: .: /{: : : : : : : : :: : : :::::/, : : : : : : : : : : : 厶イ⌒ヽ: : : : }: : : : }: : ::/
   ∨.:.:/.:.:.:.〈.:.:.:/ニ{: : : : : : : : : : : :::::::/, : : : : : : : : : ::/.:.:.:.}.:.:.:.:ノ.:.:.:ノ.:.:.:.:.:./: : :′
    Y.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:./三{: : : : : : : : : : : ::::::::::|: : : : : : : :/^ヽ.:.イ.:.:.:}.:.:.:_」__.:.:/: : : :|
   . 〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨三={: : : : : : : : : : : ::::::::::|: : : : : : /.:.:.:.:ノ.: ノ.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.:.}: : : : |
     }\.:.:.:.:.:.:.〈三ニム: : : : : : : : : : :::::::::::|: : : : :ノ⌒: : :'´: : : : : : : : : ::.:.:.:.:} : :.::.:|
    |.:.:\.:.:.:.:.|三ニム : : : : : : : : : :::::::::|: : : :/: : : : : : : : : : : : /: : : : : : :/: : :.:.:|
    |.:.:.:.:.:\.:.|三三沁、: : : : : : ::::::::::::,′: /: : : : : : : : : : : /: : : : : :/: : : : :l
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:{三三三介x: : : : ::::::::::::,′ /: : : : : : : : : : : : : : : :_、 ゛: : : : : : :;
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}三三三三 〕iト :::::::::::{: : : : : : : : : : : : : : : :/´: : : : : : : : : : /
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}三三三三三三 ≧s。.ヘ: : : : : : : : : : : : : ,イ: : : : : : : : : : : : :/
   . >───-寸三三三三三ニ=--=ニム: : : : : : : : : :::::/|: : : : : : : : : : :.:/
           } `'<三三三二-二ニ=- {: : : : : : : : :::::,′|: : : : : : : : : : : /

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  「こんな格好と台詞で豚共に汚ェ鳴き声を上げさせんのも、その器量なら出来んだろぉ?」
    ┃|
         「ちょッ!? 何ですか、私そんな事しませんよ!! 豚って、豚って、誰かを虐げてる

         イメージはどこから来たんです!!?」

         「良い。皆まで言うな……。妾には分かる、分かるぞ、ちひろ」

         「何が分かったって言うんですかぁ!!?」

.

27 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:15:16 ID:76LjhUaISa
                     _
                 , -―'":.:.:.:.`ミー-、
             /⌒/:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.\:.丶、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
           , ' :.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.ー-、:i:\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.,
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:..: |:.:.゙ト-l\:.:.:.、:.:.:.:.:.,
         /イ:.:.:.:.:.:i、:.|_,\:.:.:.:.:.|\|  |/ ヽ:.:.Ⅵ:.:. l      も、もぅ、私のバカ!!
             |:.:.i:.:.斗'´   `  .,|ィ竓ミ、  i‘.:.:i .!:.:l
             |:.:.'.:.:.:l ,ィ竓       `゚ l:.:Ⅵ /:./        疲れてるからって、何てお店に来ちゃったの……!
             |:.:.:.'.:.:l:'.゚   `       o .l:.:.:} /:.∧
             |:.:.:.∧|:.}o   r~-、     l:.: 爪:.:.:ノ
             |/   八   }   }   。 ,l:.∧/:く
              /⌒Y^l  ̄`′ u イ}l/:.:.:.:.:.:.ヽ
             r' - 二l'、   ,, / 〉`<:.:/⌒!
             ,′  _」、〕 ´ /  /::::::::i:::`ー--へ
              i    ┬.ノ .廴/   /:::::_L:::::::::::::::::::::\         }\
               _j     {イ  厂\  rく/7 /  ̄ヽ:::::::::::::::::\ r~レ^>7:.:.:ヽ
           _「<    ,ノ:::l ./   ヽl i i  i .「^! .l::::::::::::::::::::::i`Ⅵ:i:r'":.:.:.:./_,
           ./\ `''<_」::: l、∧    ∧_l_.L.ノ― ' ∧::::::::::::::::::::L:.」:i:i:`丶_二ン
         /::::::::`ー―┴〉:l  厂 ̄\廴_ノ  /:::::ヽ:::`ー--::::Y L_」`┘
         /::::::::::::::::::::O:/:: l  /    Ⅵ、――'"::::::::::::::\::::::::::::::└i

                             __
                       _ r―<~"''~、\
                       /'  /    \ \\\
                   _/ /  //{   |   \   マ L
                    〈:i:i/ /i| /{ 八  ∧ |  〉   ∧ {
                  _/ / L/⌒¨¨ ̄/⌒\{  |/  V
                 ∨ / i| |       __ハ Y   /
                 人/:i| |/⌒    弋シ⌒| i|⌒〈      良ォーし、イイ具合に仕事から意識が引き剥がれたな?
                   \:i| |弋シ⌒        | l| 〈 ノ
                     | | :.     、     | |L /       じゃあ……、座って待ってろ。
                     | |::∧    , 、   /| √
                     | |⌒ ゝ    '/,     /
                     | |    > _'// /rv 〉
                     _ {リ㍉     |__(ハ //'/     __
               / -=二 ∨ ∧     |//}/ /'/ // 〉_/二\__
              /二二l ̄ /し⌒ト--´ ̄/ 〈ヒ) / /〉^〈二二二二二
               二二:/ /二'⌒>)ト   {   〈/ //  \/⌒\二
              |二ニ:/ /ニニ〈⌒ヽ|   }   ' / 〉 /⌒〉二二二二
             /=ニ/ /ニ二二V^八   ,     / }っ  〈二二二二二
              |ニ / /二二二 〈⌒7 \/     / 人,ン  〉 \二二二

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|  この宝飾店の主人は、悪戯とからかいを好むのが明らかだった。
      ┃|
           客商売として眉をひそめる行為であったが、ちひろの意識を仕事から解放したのは

           間違いではないのがどうにも性質が悪い。

           と、店主がちひろに待つ様に言い付けると、金に輝く曲線装飾のある扉から奥へと

           行ってしまった。

 .

28 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:18:33 ID:76LjhUaISa



             ``丶、==‐、、.,,_ヽ__ノ
                 ``'''''''''⌒(人}
           .         _、-‐== =- .,_
           .      、 `.oS/⌒)ぅ⌒)h、` 、
                 、`Χヽ__≫…‐-ミ〔_うぃ 、
               ∥∥'^>/∥;;:;:;:;:;;:ハ V/ペ。‘,
           .   i{ ∥ヘ_,゜ {:.:..........:.:.}! }Χぅ i }
           .   {i {Xぅく、「(;::....::;f') リ廴_冫 i}
               ', '/__フ心、 `````,ィiГ Y/ .′
                、乂 Y´ jーア弋フ`‐r‐ァ 。゚
           .     丶 `ヽミヘ、_ノミh、ノ ゛ /
                  `丶 .,,_____,,.、丶`

     ┏┓
     ┗╋━━━━━━━━━━━
     ┏╋───────────
     ┃|
     ┃|  店主がちひろの前に戻って来た。
     ┃|
          その手には、ベルベットのジュエリートレイが持たれ。トレイの上には瑞々しい黄緑色の

          宝石が留められたペンダントがあった。

          店内の明かりを一身に集めて耀いている黄緑の石は、太陽が木立の緑を透かした

          光を一所に凝縮させたが如くの宝石である。

.

29 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:21:38 ID:76LjhUaISa

                         -=====-ミ
                       . : ´⌒^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.、
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                    /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                //.:.:.:.:.: /..:.:.:.: l.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 //:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.|.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             //:.:.:.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.|.:.l\.:.: |.:.:. |.:.:.:.:.:.:.
                 У.:.:.:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.:.:./|.:.:.:.|.:.|  \|.:.:. |.:.:.:.:|l:.:
                l.:.:.:.:.:.:.:.:| |.:.:-‐‐/ lト.:.:八|  ‐-ト.:. |.:.:.:.:|l.::!
                |.:.:|.:.:.:.:.l| |.:.:.:.: /¬|.:./     ¬リノj|.:.:.:.:|l.:.!     綺麗……。ペリドット、ですよね?
                |.:.:|.:.:.:.:.l| |:.:.:. 勹Y |/    勹Y  |.:.:.:.八乂_
                |.:人.:.:.:八|イ Vり        Vり  l|.:. /.:个'⌒
                |.:.:.:..\.:.:.乂__¬冖  ,  冖¬ 八/.:.:. |
                 乂.:.:.:.:{匸Y⌒ww        wwノイ l|.:.:. |
              `Y⌒.:.:丁八      ー ‐‐    广 人.:. |
                 八.:.j.:.:.:{.:{:.丶           /    ヽ|
               У:.:.:.:.У.:j.:.:.:〕ト     ィi〔
                  {:.:.:.:..:.{.:./:.:.:.:}|       |
              八:.:.:.:.:.У.:.:.:.:.八       厂二[ ̄....\__
                /.. ⌒\{.:.:.:.:.:/:.:.}\____/    |...........了..ヽ
               ∠.............../乂__.:{:.⌒Y  ハ      |.............|.......!
              {⌒`ヽ...../.........乂.:.:.:.:.:}__///\____|.............|.......!
               ,..........У...............乂:.:.ノ※V///}  八...........|..... |
               ‘............^⌒\............j※※※{//  /......... /...... |


   ‐┐/,.≫‐- .,_
   _丿/  /   \  .,
   ァァ 、,:゙/         ` 、
   /// }/       ',  ゚, ´,
   // /′ ∥  / ;  j  } ; ゚,
   / / i  ″ ′ ′/  j } jⅰ
   _/こ{ i{ ii /- / / / / / }リ
   ‐ 、厶 jj_/_/ノ>≪イ イ//
   .,_ //^'!     ¬ ,′
    i{ {   、   弌そテー(ー
   、人  ヽヽ   `¨`  \
   `¨', ` 、 jノ      _ /
     ':,  ∨  、.,,,____,,..{       そうだ。
      \ }   `¨¨´ノ
   Vヽ_,,. ノノ=- _   /、        其方にはペリドットが相応しいと思ってな。
   .,_ / /   `¨¨ }i
   ニ〈くニ7   /´‐- ノ        このペンダントを見立てた。
   ニニ心ヽ __rァ「 \)、
   `¨¨¨¨ノ \ ⌒ 、⌒芋ミh、
           `ヽ `、ノ¬‐ム
   \    __,,.    ':, V/ノニ心、
     `¨¨´       ', ∨ー∨二心、
                 ', Γこ{ニニ二ム
              } }.,_ーニニニニ}

.

30 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:24:24 ID:76LjhUaISa


           ___/⌒辷=ミ、
      厶r爻孑=ー-ミ ̄ ` 、 ̄}{i_
    斗}  /  ′   `ヽ`ヾ ヽ{八`ヽ
   }⌒人_/  /   '    ∨    〉、{ 丿
   〉/./ 7   ′    !      ∨ У }!ハ
   辷{ i ! :ii   :! |  i  ハ}_彡  八 }     ちひろ。かの古代エジプトの女王、クレオパトラ七世は
    弋_}!:i |L __j_从__」__i:|!_/ イ {!7
      八i{ ̄`ヽ   斗:≦ ̄_;リ }イ :!i :八     エメラルドを特に好んで自身を飾っていた。
       杙 だぅハ  弋:赱jア 爪 '}/_ノ
       ハ  ̄ |    ̄  //i.乂/       しかし、クレオパトラのエメラルドコレクションの中にはなぁ
      //.∧   :i        //≠ ,
     八乂. ヽ 辷__ァ   {.{イ./         ペリドットも多く混ざっていたと言う……。
       ⌒ヾ   、      イ 圷ハ
        乂   介=≦rーf≠豸:}}
       ((     }ニ二三  _イ
            乂ー=≠   '.
         >'             \

                             ━┓
                             ┏┛
                     ___         ・
                   . : ´     ``  、
              / /          \
                /  /       }        ,
                -‐/}:  ノ} ハ}  }    ′    クレオパトラって、当時世界最高の贅沢が出来る女王様ですよね?
.            j{   :{ {/,ノ/ノイ } ノ}j: }:  }
            八   ,j从爪_}    爪ハ从ノ   }     そんな身分の人が、エメラルドと偽られてペリドットを持ってたんですか?
             {八 \八 Vツ     Vツ 八   八
            {  \从       ’   ノイ /        ……紀元前ですから、エメラルドとペリドットの見分けが付かなくって
              \  人     __    人(
              {\ 个o。. ____ . : ´          混ざっちゃったりしたんじゃないでしょうか?
              八 \ / } ノへ、
           {  \ノ{___ノ¨\__/ `ヽ、
             爻爻}/..イ[二] ノ............‘,
              乂乂j__[/__]/....../.......|
           /|          ̄「..........|

.

31 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:28:09 ID:76LjhUaISa

                   _ __r‐、
               _r ⌒⌒   `ヽv⌒ 、
             ノ─‐   r  ̄ ̄ ̄`ヽ ハ _
             f        - ミ    \ }
         __/ / ̄          \   \
     ィ==ヘ//Y / /       ', ヽ     ヽ     |i      妾の考えではな、かの女王は明確にエメラルドとペリドットを
    f/////////∨ ' /      } l ヽ ヽ     li
    {///__////{ ,' ,'  /   / ハ } } } |l |  }     使い分けていたと見ている。
      ゙'''- _r/////{ { '  l{l  /}   l } } } }l |l l l
      ィi〔///////{ ∨ {lf寸 //ノ-‐v⌒`/⌒`l |l}     ペリドットとエメラルドの違いの一つは屈折率と言って、光の
    {/////////∧ 丶_ノ  ̄       ,ィ´ l、_ィぃ} |ニヽ
     \//f'辷//ハ l }___    f/ ,斗,7仄 { ノ    反射度合いが違う。ペリドットの方が、屈折率が高い。
        V'"ノ/////} l }、_辷__=ミヽ  〔`ー彡' V ∨
        {///////} l人`ゝ-’'^¨            l弋
        ``'~-v' 人ー、           ァ '  \
          _ /‐'  `>   、__ __`_"-‐//     丶
      / ̄         >、 `ゝ--‐ //    _  _ ` ー-   --、- 、
     lf               ∨ >--'   ,'    /////〕iト        `ヽ\
     {{     _ --、f´ヽ       |^ハvvvvvv{ノ⌒V\///////〕iト   マ二< ̄
      寸ーこ_/////\_)     _ノ////////|__ /ノ \__ \/////ヽ   ̄\
     /_r─'⌒寸//八 )‐ヤ ´ ゝ======‐'| ー、ヽ  /////\\ ///∧    ¨ヽ
     ////Y^Y⌒////アっ_)ヽ         |   ヽl /乂/////\\'//∧
    ///// ////////{ /{イ、ハ           } {   V////\\/ハ


              ,......-=-:-ミ、
             //..::::::::::::::::::::`,
           〃.:/.::/..:::::::::::::::::::::’,
            /.::〃:/.:::::::::::::::|::::::::::::::‘,
         ..::;’::/.::::/:/|::::::|、:::::::::::: :,
         ‘;: |:::::::;:イ::/ |:!::/`\:::::::::::|
           Ⅵ::::::リ'芹ノ乂 芹ミⅣ::::/}     と、言いますと、ペリドットの方がピカピカ光って
          /:::Ⅵ从 以´ , 以 .从:::{丿
          }ヽ\Ⅸ:        /}从}        エメラルドはペリドットと比べると光らないって事、ですか。
          `〉::ミ:}:/\ ´ ` .ィ.〈/
          .〉ミr≠ミ}:`  ´{`ト、ー.、
         ./  l|z=‐〈\_/ |:::∨.`ー.、
         ∨⌒ヾ}_\:トく__}¨` | ;’   :|
          ‘,  ∧ひろ/ |  / ,’   :;’
           ,  :∨、`ヽ:|/ .,’   /
           ∨   ∨ :/  :/   ./
          ..∨   ∨ 。・ /   :;}

.

32 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:31:54 ID:76LjhUaISa


           〉:.ー'.::ノ.:/  . : :/ / .:/ :l | :l .:| :.ヽ
          「ヽ.:</厂\: :/ / .:/ :| :| :l .:| : : ',
          \二仄\_ノ/ | :| :|  :l .:| :l .:| : : .l      クレオパトラは、それをこそ利用したとな。
           ノ .:| |l Ⅵ l 厂≧ 、  ̄`  ┴ヘ ノ
           丶.::| |/⌒| |  「「じヘ `  ,. =≦厂    あの時代、屋内での照明は松明や蝋燭だ。そんな弱い明かりでも
           〈人八  | ヽ  `      ヘじリイ
            L、ヽ>ヘ .:        l   八      輝くペリドットを屋内では選んで身に付け、太陽を浴びる屋外では
              └ヘ.;∧|    _ ´  / ヽ _
                イ_丿\ └ニ'′/   ⌒〉     エメラルドを身に付けたと考えている。
               〈爪`ー⌒ヽ __,        /
       , ─ 、     ノ//////厂      /
      仄〉─  >┬ '⌒ ー──ヘ
    //〈 , ─-〈 │  ̄ ̄ 丶    > 、_
   /////八    八 |              厂 Y⌒>¬、
  /////////>   ヽ\    厂 `ヽ ,、/⌒ヽ|  ⌒)/ハ
  //l |///////⌒>/\\_人: : : :=O=: : : : ノ   ///∧



              _ -──-
           /ア:::::::::::::ヽ:::::::::\
          /l_/:::::::::::ヽ::::::::l:::::::ヽ: :.
           /::/::::l:::::/::::}、::::::l\: : :',: .
         ハ/:l::::l::::/l:::/ l:::ハl-‐V: :',: .       使い分けをしていたと……。
           l::l::::l::::l斗セ/ l/ ,jl,犹ミ',:::',: :、
          {:{::::l:::::lVィ犹   弋リ }ll:l::|ゞー      クレオパトラは才女としても伝えられていますから
          乂::(V:::'l{弋リ   、     l:l::|
          {::\∨:\     _   从:{       十分に考えられる、かも知れません。
         人::::::\::〉、  ´   ィ_
         ({ {::::⌒ヽ:::ハ≧ー‐rハ\ 〕iト、     もし、そうだったなら、贅沢な緑の宝石の使い分けですね。
          (ハ、::::::::rュ入-、_/   ', ヾ、  ハ
           / l<⌒ __ノr个个 l≪__ / l
          .,    L==〈:::::::::〉}-{_,,..-‐─┐l.l
         |   \ 《イ_,..-'''"  _,..-''l .}.l
                ∨l___,..-''''"     | ,ハ

.

33 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:34:39 ID:76LjhUaISa

                _ -‐  ̄ ̄ ‐- _
            _, -'": : : : : : ̄ ̄ : : : : \
           ': , -'": : : : : : : : : : : : :"'- 、: 丶
         //: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : 丶:: ヽ
        //: /: : : : : /l: : : : : l: : : : : : ヽ : : : ヽ: ゝ
        l: : :/: : :/ : / j: : : : : l、: : : : l: : :', : : : : ',: :l
       ': : /: : :/l: : j l: : : : : lヽ : : : lヽ: :l: : : : : l: :l
       l : : l: : : l>  ̄ ̄:l、: : l -─-、 l: :l: : : : : l: :l
       l : : l: : : l ヽl  ヽl\j __ \:l ヽ:.l: : : : : l: :l
      /j: : /! : : l            ィ示ュ、 l:>:、: ヽ: l:ノ
     j/l: : : :l : : l   ‐      ん(_,ヾ j : /"'- \
     jl l: : :/l: : l'゙ ヾ==‐'     弋zソ j}/: /: : : / ̄
       l、: : :l: : l ///     ,    /// /: / l: : /
       l:ヽ: : 〉: l            // ,イ: /     ……で、何で私にはペリドットが選ばれたんですか?
      /: : :\:', l\ ,、   ̄ フ    -‐'  !/
      l:lヽ: : : ヽ : / /         /            黄緑色は好きですけど、理由を伺っても?
      ヾ ヽ: : : :V /⌒l>、 __   ´ !
      , -‐ l: : : :/ -‐' ヽ/    / \
     /  //、: : :l  '' ´ l、  /    l` ー 、
       // r‐ゝjl    l‐' X      l  l l Τ ‐、
    l  〈 \  rゝ  j-イ  ̄7- ._   !  l l l  ヽ
    l   > 〉^丶、\l  l--/   /"'‐' ___l l l   l



                  ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
                 ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
                 >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
                 \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                    / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ
                 l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ
                  ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./
                      `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ
                      j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′      何、妾の其方への印象からだ。
                    (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )
                    ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´
               ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ
              / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._
             j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ
                ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、
     ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
    く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
     廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
            ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
               .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ

.

34 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:37:54 ID:76LjhUaISa


          ヽ::::..//.::(/ .:::/.:: /::.}__.: : : : :.: |: : : : : .: : : :ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..:\
           }.:.///ヽー-</:::. }::::: } ..::.:.:.:.: |: : : : : :|.:.:.:.:. |.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ
           乂 ノ////////.::::ノ.::::/ .:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : :|.:..| : :|.:.:.:.:.:. l .:.:.:.:.:.|
              \///////r<:::::::/: / : : : .| |: : : : : :|.:..| : :|.:.:.:.:.:. |.:.:.:|.:.:.|               /´}
              `ー=r≦´.:.:.:.\∧/.:|: : : .| |.|: : |: : |.:..| : :| .:.:.:.:.:.|.:.:.:|.:.:.|                 / ,′
                ノ.:.:.:./⌒∨l: :| `ト、::. |.:.:|: : |: : |.:..| : :|: :..:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.|  「`ヽ         / /
      .         └-、.{ `ヽヽ: :|´、`ー<_|: : |: : |.:..l :.:」-‐ァ'´ ̄/l.:./   |  lー/ ̄\   /  ′
                     }∧ 〈 }/:| {`¨マ=-、ヽ` ̄ ̄ ̄,ィカ ´} ∧!/  ./|  │/  }  \/  ,′
                    `ァイ :|  ヽ弋ソ `     弋ツ ノ /\\. l |  l/ ヽノ-‐ /  /
                     / } !  ヽ    ̄     :   ̄   /   \.、| !  廴_)ー‐'′ /
                 〃::::ハ }ヽ           │     /ヽ    )〉′           /
               .-={ {::::::::∧ ∧            ′   ∧  }  //             /
      . rヘ、   /\/  い::::::::::∧ \   `ニ==‐ァ   ィ´ ヽ///!            /
      _」  `ーく  \   `'==ミ、\:::.`::...    ̄  <    〈 ( / |         /`ー‐、
      :: 〕    \  :.       )):::::::::::::::.>-=≦´   /    \/!. l           /.::::⌒\\
      :::`ニ⌒)    \ :.     r彡\::::::::::::::::::::./   /       |  }          /.::::::::::::::::::::ハ
      ::::::::/{   r─ヘ :.      \  `ー──'′  /       | /        / \ ::::::::::::::::::: !
      :::〃.:::::`ーく⌒) 人 ヽ     `== '   ̄ ̄`          |/           /...:::::::ヽ:::::::::::::::: |
      //.::::::::::::::::∨   \ \                        /       /.:..:::::::::::::ヽ::::::::::::ノ
  ┏┓
  ┗╋━━━━━━━━━━━
  ┏╋───────────
  ┃|
  ┃|   「ちひろ。其方の生業は、夢追う者達に計算し尽くしたスポットライトを当て、輝かせる事の手助け」
  ┃|
        「しかし、照明を当てずとも、舞台に立たずとも、美しく輝く女が居る。それが其方よ」

        「この黄金の魔女、ベアトリーチェが認めよう! 橄欖(カンラン)の石を下げ、耀きを増すが良い!」


                                             ※橄欖:ペリドットの意
.

35 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:40:21 ID:76LjhUaISa



             {: ′ : : : : : : j}: : : : : / ヽ: : : : : : : : : }     }: : : i| : : : : : : : : : : : : : i|
            //{: : : : : : : :/i}: : : : /    ! : : : : : : : /   ___:|: : : i| : : : : : : : : : : : : : i|
              {: :.{: : : : : : : ; |: : : /___   :|: : : : : /:./  xf===|: : /i|: : : : : : : : : : : : : 八
              {: :.{: : : : : : :i| |: : /===ミx |: : : : /:./   / 〃。|: /ヾ|: : : : : : : ___: : : : : : :\
             ∨: : : : : : : l| }: /  〃。ヾ}i: :/}:/      乂丿/ }}|: : : : :/  ,ヽ: :、: :{ー一
  .           ′ : : : : : : l| ノイ{  乂丿ノ/ ノ′        乂|: : ://  _ィ _ }:.:/\',
  .            {: : :∧: :. : 八 乂              `¨¨¨    }: ://  ノ' ` /:/
             八: : :.∧ : : : : \  ¨¨¨´         /////   ノイ/ /´¨¨´/: :\      っ、は……。
              \: : : : : : : : : :\/////    ′               ,、__ . ..イ/ー一
                 {ヾ: :∧: : :.i{ー一                   /::::::|: :./
  .            人: : : ∧: : :{: : 人         r     ヽ      /   :::::|:く
                  \: :.∧:.:.{: :. : :.\     V     〉   /     :八ヾ

  ┏┓
  ┗╋━━━━━━━━━━━
  ┏╋───────────
  ┃|
  ┃|  何と言う大言壮語。いや、もはや豪言壮語の域だった。
  ┃|
       自身を魔女と呼称するベアトリーチェと名乗った店主の言葉を受け、ちひろは圧倒されると同時に

       呆然としてしまっている。

       豪奢な内装、店主の服飾、超然とした物言い、そして、顔を突き付けての賛辞。

       自身を取り巻く全てに、僅かな恍惚をも覚え……。

.

36 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:43:49 ID:76LjhUaISa

               (ヽ        ___
             (ヽ       , -'"::::::::::::::::::⌒ ー、
                    /:::/:::::::::::::::::::::::、:::\:...、
                 /:::::/::::::::::::::::::::l:::::::::::ヽ::::ヽ:::}
                  ノ:::::::':::l:::::/::/::::::ハ:l、::::::::l::::::::l::{
              _,/::::::::::l:斗ぅ'l::ハ:|::::l_l:Ll:::::::}::::::::}:::}
              ̄ 7::::l:::::l:::ハ/ l/ lハ:| V `、:::}::::::::}:/
               l:::::}i::::l::l,ィ尤ハ   lj 尤ハ、Y::::::::l::}    っと、取りあえずっ……。
               l::::ハ:::Y{ ヒツ   ヒツ ,}l::/:::::{ノ
               {::::l::::ゞ:〉 :.:.:  ,   :.:.: //::人:{     えっと、誉めて下さって、有難うございます。
              /::∨-─::\   r ァ  /:::/ノ
             r':{_,,..-─-ミ:/> __ -‐//、        何か、スゴい誉め言葉を別にしても、ペンダントを
            ハ}::/::::::_/《 / __〉 , ィi〔/ ∥
            r'_⌒マ‐ハ/ 》 7f⌒マ、  /  ∥丶      気に入りましたから喜んで買わせてもらいますね!
          /:::::::Lr⌒ /  / /ノ、//V  ∥
          lイ:::::{V  l /\ ./:::::l/  r==‐    〉
           ゝJ   .{ \/./::/    ll   / /
               {   〉/__ ===  /   /
                 rl  l o       /   /
               /l::..\l    o   //
             /   _,,..人 ............/〉  /


   ‐┐/,.≫‐- .,_
   _丿/  /   \  .,
   ァァ 、,:゙/         ` 、
   /// }/       ',  ゚, ´,
   // /′ ∥  / ;  j  } ; ゚,
   / / i  ″ ′ ′/  j } jⅰ
   _/こ{ i{ ii /- / / / / / }リ
   ‐ 、厶 jj_/_/ノ>≪イ イ//
   .,_ //^'!     ¬ ,′
    i{ {   、   弌そテー(ー
   、人  ヽヽ   `¨`  \       あぁ、持って行け。
   `¨', ` 、 jノ      _ /
     ':,  ∨  、.,,,____,,..{        ペリドットも喜ぶ。
      \ }   `¨¨´ノ
   Vヽ_,,. ノノ=- _   /、
   .,_ / /   `¨¨ }i
   ニ〈くニ7   /´‐- ノ
   ニニ心ヽ __rァ「 \)、
   `¨¨¨¨ノ \ ⌒ 、⌒芋ミh、
           `ヽ `、ノ¬‐ム
   \    __,,.    ':, V/ノニ心、
     `¨¨´       ', ∨ー∨二心、

.

37 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:46:34 ID:76LjhUaISa



                _,:'::::::::::::/           |:::::::::::::::::: ;'
               /〈::::::::::::/            |:::::::::::::::: ;'
              ハ ‘t::::::::i'                 |::::::::::::::::'
              〈__> |:::::::::i                 |::::::::::::::;'
            :::..... l| l::::::::::{             l::::::::::::;'
             ::::::l| ヽ-―',::..           !:::::::::::;
              ::ヾ、   ノ::::::::::..           ;::::::::::::'
               :::::` ̄´:::::::::::::::::::......     ,!::::::::::i
                 : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ノ::::::::::::;
                   : :::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::、
                      :::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::',
                      : :::::::::::::::::::::::::ト、 ヽ:::::::::ヽ
                         :::::::::::::::::::ヽ」>、 \, -‐\
                             ::::::::::::::::li     ',:..
                                    :::::::ゞ.     ノ:::::..
   ┏┓                             `  ̄´
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|  ペリドットのアンティークペンダントを購入し、店主に手ずから首に掛けられたちひろは
   ┃|
        自身のバッグと、黒いペンダントケースが入った綺羅びやかな装飾紋様の紙袋を手に

        宝飾店を後にした。

        その足取りは、陶然とでもしているのか少々フラフラとしている……。

.

38 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:50:02 ID:76LjhUaISa

                        ___
                    _,,..-‐'': : : : : : : : :`: : . .、
                 , -'" : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               . : : : : : : :./: l: : : : : : : l : : : : : : ヽ: : : : : \
               / : : / : : : /: : l: : : : : : ::ハ: : : l : : : : : : : : : : : .
               / : : /: : : : l: : : l: : : : : : :l ',: : |ヽ: : : :}: : : : : : : .
              ' : : : { : : : : l: : :ハ : : : : : l 丶: :', V: : :}: : : : : :l: }
            ': /:/:.{: : : :-ハ: :l─V: : : : :l ー-ゝ廴V : } : l: : : l: }
            l:./:.{l: :l: : : :/ ∨-、 V:、: : :',  , -\〉 V:.} : lハ:.、:.Y        (……買っちゃった)
            |八ハ: ',: : :' ,ィ犹示ミ ヾ \: ', イ犹示、V: /: l : \、
            |{ {: l: : ',: :l {i' l ルリ}    \ {l ルリ} l〉}:./: :.} : : } ` ー    (自分の為のジュエリーなんて
            ヾ、{: l : : 〉:', ` 乂ツ         乂ツ ' l:./ : : }: : /
               人l: : :トヘ:', /:./:.   i       /:./: l/l: : : }:/        あんまり考えた事も無かったけど)
               {: : : : :}:ヽ\                 ノ ,l : : '⌒ヽ
               マ : : : }: : :ゝ      _        / }: : /  l}       (でも、あんな風に、スゴい勢いで
              ゝ、 : : : : :}:>   ´  `   /  ': :/   ノ
            ,ィ={: : :\ : : : } : : : >     < |  .//          褒められて……)
           ,イ'' { : : : : \: : : : : : : }   ̄    |ヽ /
           {l  丶: : : : : :ヽ: : : : :人     , -'"入、
           ヾ   /\: : : : : i}: : :}:ヽ >、rく      〉 \
             ノ、: : \: : : }: : :} : Y{ lj 〉、   ./   .〕iト _
             ./l  丶 : : : \:.}: :/: :/{ ̄ ̄`∧  /    l.l       _
           /     \: :r⌒Y⌒く_ {   / ヽ /      」l       ヽ
            / l r=‐-<f_寸 // Y⌒Y   /   , -'"       Λ

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  勢いに乗せられたのは否定しないが、悪い気もしなかったのは事実だった。
    ┃|
         あの恐ろしい程に芝居掛かった宝飾店での出来事は、ちひろの内心に

         夢現の舞台の様に広がり余韻を残し続け……。

.

39 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:53:34 ID:76LjhUaISa

                     ___
                   . : ´     ``  、
              / /          \
                /  /       }        ,
                -‐/}:  ノ} ハ}  }    ′
.            j{   :{ {/,ノ/ノイ } ノ}j: }:  }
            八   ,j从爪_}    爪ハ从ノ   }
             {八 \八 Vツ     Vツ 八   八
            {  \从       ’   ノイ /       (……)
              \  人     __    人(
              {\ 个o。. ____ . : ´
              八 \ / } ノへ、
           {  \ノ{___ノ¨\__/ `ヽ、
             爻爻}/..イ[二] ノ............‘,
              乂乂j__[/__]/....../.......|

   ┏┓
   ┗╋━━━━━━━━━━━
   ┏╋───────────
   ┃|
   ┃|   その余韻から、またしてもちひろの意識は仕事へと移り。
   ┃|
         やはり、あの重厚にして華麗な宝飾店と、絢爛たるドレスを着こなした店主のイメージは

         「闇に飲まれよ」が「お疲れ様です」となるアイドルの舞台構想案の種となる。と、考え

         振り返り、宝飾店のボウッと灯るガス灯看板を視線で探せば。

.

40 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:56:21 ID:76LjhUaISa


                 __
              ,.ィ::´:::::::::::-ミ ̄::≧x.、
           ,.ィ:´/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::メ、>.、
          ,.::::,.::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::ム
  .       /:::/::::/:::j:::::::::{:::{::::::::::{::::::::::::::::::::V::::::ハ
        /::::':::::/::/.!::!::::::{:::{ v__::{v:::::',::::::::::::V:::::::ム
        ,:::/:!::::::!::j__!::!v::::!V´マ:::メ、:::::!::::::::::::::,:::::::::::,
      /ノ::::!::::ィ:!  v! V::! ` ム、:.、V!::::::::::::::!::::::::::j
      '"´/:::'::,::::ハ:!,zミヽ ヾ!  'んハヾv.}::::::::::|:::{::::::ノリ
       ,:::/:::',::{ 〃!:ハ       vrリ }八::}::::::!::::V:::::ア
       !::' !::::':ハハi Vタ     `´   '::::':::::,'`V:::::ア
       i:{ .!:::::::!::,    '        ,'::/::::::' 人ア
        ,! .,:::::::!::!          / '}::::::/イ彡'
         ',:::::!人      ゝ   ' ,イ::::/::::::ア          ……え?
          V::!::!沁...、      / ,':::/::::ノ
          V!::!:::::/::::>.、。s<  /:イ::::ノ
           ヾ:!〉::!:/::::::::::::|     /´ノ ヽ
          ,ィ::ヽ::Y´::::::::/!  , ィ"   ヽ`メ、_
           {:::::::_/::::::::::/ (j /       八: :V/≧x、.._
          _! ̄斗)Y'"' /-ミx、    ,:': : : : V::ア: : : :>.、
       、_(ア"´::::!'´:∨ハ   〉':.、  ,.: : : : : :_,}:}: : :/: : : : ,
      `ーァ'::::::::::::,'.:.:.j/ j--、/  ヽ,.: : : r斗七'":/: : : : : !:.!
       /:/(:::::::::::!-'ア ./  {  /: : : : : :.ヾヽ': :/: : : : : : ノ: :!


.

41 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 22:58:44 ID:76LjhUaISa


       三三三i = }|
       rfzrfzrく=くj::{
       ルルル{リイ!|                     __
        ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}
               | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ
               | | {玄!                    }文{イ
               | | {rfi{                       }fマ{
               | | {セi_____________忙リ
       ====<| | {り>≦i{     __ ノノ
               | | {爿辷之}    .// ̄ ̄
               | | {k八K{   //

    ┏┓
    ┗╋━━━━━━━━━━━
    ┏╋───────────
    ┃|
    ┃|  宝飾店から出て、数歩、歩いただけであった。が。
    ┃|
         ボウッと灯るガス灯看板。そんなものは、ちひろの前に広がる夜の街路の

         どこにも見当たらなかった。

         有るのは、ちひろの首に掛かったペリドットのアンティークペンダントと、バッグと

         共に手に提げた、黒いペンダントケースの入った紙袋だけである。
.

42 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 23:03:26 ID:76LjhUaISa


                                                         r‐ァ
                                                       _ノ (_
                                                      ⌒)イ⌒)  ,.ィ
                                                    ___       /:し'´(
                      ___    ,, .. ,     -‐=           ̄      |!   l、 : : ::::`フ
                          |!                                 |!       ̄`Y´
                       |!                               |!
                          |!                      } ト、           |!
                       |!                   ―く )ヽ  _,      |!
                          |!                      (  :| ⌒)ノ    |!
                       |!                      ,イ  ) /  (      |!
                    |!                    /   /'´  ,ィ     |!
                       / `ヽ                   /しl、     /:::し!    |!
                  }___j                    |  ノ―ァ ノ: ::イ    |!
                   イ    }                  l、(  /-'´: : :::ノ     |!
                                         ⌒)r―''´ ̄       |!
               //     .′                     リ           |!
              ′      {                                 |!
             / /      { ___                              |!
                 ′ノ       `ヽ⌒ ≧=‐-     ___                  |!
                              >  ¨¨´⌒ ≧=‐-     ___       |!        :|し!
               {          } \   〉′                 ⌒  ≧=‐┘     トトJ | フ
               {          }   丶{                              ノ  _ノ
               {          }     {                           ノ厂 ̄
                                                     ('´

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   ……一方、魔女の左手には【千川 ちひろ】と書かれた小さな来客名簿の一枚が取られていた。
      ┃|
            その一枚の紙が、周囲に一切の火種も無しに小さく燃え始める。

            魔女の視線の先には、火によって喰らわれて行く、ちひろの名前があった。

.

43 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 23:07:23 ID:76LjhUaISa

                                 >ー- __
                        __/`ー <        へ
                       __/   /  _ - ー――   ,ヘ \>-、
                        |   |   / >                  \
                        |/  i/\\       /  ,          \
                    /\| /\_ \\     /  /    ,         \
                      ∨/∨、\_ーニニ二三/ -/、  /   /      ∧
                     〉、 {∨\ ‐ニ二三三/ /  `>. //  ,      ∧
                     {`ト、{、ヘ \ ゝ‐、三二/ヽヾミ、〃、\./  /   ,   '.  ヘ
                     ヽ|从ヽ ヘ / ヾλ斗 {  冫爻、 X∧  /  }    i .i∧
                      `<、丶ヽ〉'〃ソ  i ハ  \x'´ヘ、<_,/ _,7   ∥ | i }
                         ∨ヽヘ ゞ'  ノ   )         ///   ∥∥∥
                          ∨ヽ}、_/  /            、ゞ::├<_/ / /
                        ,'´`'∨}(  ( ̄      ,       イ::::丿     ̄/
                          '、 ,'´`Y \∧      \ー-_, ノ:/
                         ヽ、 .{三二∨ト、      ゝ' /ゞヽ_           ……Ci vediamo ancora!
                            |/////丿/\      /    ,つ
                               ,ノ////´/////ト _/  />ー-、-=_
                          ゝ=_////////} > ´ ̄`\  \ `'、 ̄三二ニー
                         /     ̄ ̄、 ̄ ̄「´    i   ヽ、〈_ ヾ,////////
                        /        \  ヽ    /     i ヽ 〈/////
                       /           \_ 丶  /       | /  ヘ/////
                      /ー- _     、_   _, 、_, |     / ヽ _  |///
                    /      `ゝ 、   ̄ ̄ ̄        /  |  ∨////
                  /  >-个´\ゝ、,ヘ` 、_         \, /  〈∨ |////
                 /  /       __ ソ \ ヘ        _ノ、,ヘ  へヘi////
             ヽ ̄´`-‐个 _人_,ゝ、,-' <_    ゝ_    >'´   ,ゝー´///
              〉、_,ゝ、__i´//、////////、 ̄`ヽ-'`'、_,>‐ ̄      _/////////
             ////////|////∧///////∧∨//////∧、   ,-、>'////////
            Y| ∨///∥.|/////|∨//////∧∨//////∧\_,-'///∧、///////
            .|∧ ∨///| .|/////| ∨/////∧ ∨//////∧ ∨////∧∨/////

      ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━
      ┏╋───────────
      ┃|
      ┃|   名簿用紙が火に喰われ切ると、火傷一つ無い白皙の指を振り……。
      ┃|
            魔女は来客の出て行った荘厳さが形を成した扉の向こうに、再会を期待する

            言葉を掛け、自身も店の奥へと消えたのだった。

                                                     fine.

.

44 : ◆Yy5Ow5uI1E (アウアウ) : 2018/08/24(金) 23:11:21 ID:76LjhUaISa
今回の投下は以上になります。
読んで頂けた方がいらっしゃいますならば、有難う御座いました。

45 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/08/24(金) 23:44:47 ID:GCiYue.I00
乙でした
凄い不思議な雰囲気だった

46 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/08/24(金) 23:49:52 ID:07Sd6uA600
乙でしたー!

不思議な読後感がある
面白いです

48 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/08/25(土) 01:04:35 ID:vgA/cD5I00
乙でした
これはいい作品。やる夫スレ初めてと言ってましたが創作自体の経験はあると見た。
次回も楽しみにしています。

49 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/08/25(土) 07:02:08 ID:Qe9qreFc00
乙でしたー
文章がすてき

50 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ) : 2018/08/25(土) 07:57:16 ID:rxAwvmrc00
乙です
こういう雰囲気好きです

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 国際的な小咄 8211 ぐぅのでも出ない (07/29)
  • 国際的な小咄 8210 ニッポンショック (07/29)
  • 国際的な小咄 8209 研究室による (07/29)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 266 《DAY290》 (07/29)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 265 《DAY289》 (07/29)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 23 (07/28)
  • やる夫たちでソードワールド 盾戦士PT! 16 (07/28)
  • やる夫たちでソードワールド 海賊PT 3 (07/28)
  • やる夫たちでソードワールド レイヴンやる夫! 12 (07/28)
  • やる夫たちでソードワールド ごり押しPT! (07/28)
  • やる夫たちでソードワールド コンバットバトラー! 他 (07/28)
  • 国際的な小咄 8208 こういった調査結果があるぜ (07/28)
  • 国際的な小咄 おまけ 昨日自分が転生させられ、こんなチートを押し付けられる夢を見た (07/28)
  • 国際的な小咄 8207 五輪の政治利用について (07/28)
  • 国際的な小咄 8206 大学生向け、就活に使える懸賞論文のススメ (07/28)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 二週目 3 (07/28)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 二週目 2 (07/28)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その7 (07/28)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その6 (07/28)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 3 (07/28)
  • 魔法のプリンセス☆かわしまもも 第7話 (07/28)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第八十五話 才ある者 (07/28)
  • 【◆25NC1ovscM】何かがおかしいシンデレラガールズ (07/28)
  • 国内的な小咄 おまけ じんせいはーどもーど (07/28)
  • 国内的な小咄 1588 みんな! 参加だ! (07/28)
  • 国内的な小咄 1587 私なりの酒の飲み方 ~滋賀~ (07/28)
  • 国内的な小咄 1586 私なりの酒の飲み方 ~関東編~ (07/28)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 7月1週目 その9 (07/28)
  • CUT THE CRAP あとがき (07/28)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 202 (07/28)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 201 (07/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第七十七話 (07/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第七十六話 (07/28)
  • 読者投稿:国際的な小咄RELIEF47 ロシア十人十色 (07/28)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」そにょにじゅぅううう(最終回) 「ファイナルファンタジーVI」 (07/28)
  • 読者投稿:「緑が死んじゃった!」「この人でなし!」 (07/28)
  • 読者投稿:自然保護の意義 (07/28)
  • 読者投稿:なでしこジャパン全選手紹介 その3 (07/28)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 2 (07/27)
  • JINっぽい転移もの 6 (07/27)
  • 国際的な小咄 8205 中国の内陸を何だと思ってるんだ!? (07/27)
  • 国際的な小咄 8204 そりゃ死ぬ (07/27)
  • やる夫たちでソードワールド コボルド冒険者 14 (07/26)
  • やる夫たちでソードワールド やる太の冒険! 6 (07/26)
  • やる夫たちでソードワールド シリアスティエンスPT! 3 (07/26)
  • やる夫たちでソードワールド シリアスティエンスPT! 2 (07/26)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 1 (07/26)
  • やる夫がKenshiになるようです 幕間 『予感』 (07/26)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その5 (07/26)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その4 (07/26)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング