スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

NINJAのススメ ~ 戦後の女性 戦前の子 ~ あとがき

目次 洗濯籠

1979 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 22:45:32 ID:Si1pF5cm



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ   じゃ、いつもの頭対魔忍による物語の解説だな!!
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、   ,  ,  .小     「 い つ も の 入りまーす!!」
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二l
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl
. lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二l




1980 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 22:48:29 ID:Si1pF5cm



   { ̄ `丶、   ,,..,. …・・¬ ___  ___ _
   ',     `¨¨´        ゚。: : :У´      \
    \                ゝ∠         }
     \      ,ィ: : :  ̄~`―%,,_____    i    {
       `ーx_,.'´: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : `、 |    ',
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : ∨     i:\
       ./: : : : : : : : :/\: : : : : : : : : : : : '.: 〈     }⌒ヽ
      /: : : : : : : /l: /   ',: : i: : : : : : : : : ',:\    ト、
      /: : : : : i: :/ j/    |:_:∧: : : : : : : : : l: : : \   {: |
      !/! : : :: Ⅳ      j/ ̄i : : : : : : : : :|: : : : }:\ }: |
       |: : : : | =x.       Ⅵ: : : : : : : |: : : :/: : :ゞ}/
       |: : : : |""      rテ心 }: : : : : : : |: : :/: : : :\
      _|: : : : {    、    ヒク /: : : : : : : i:_/⌒ヽ: : :{
     ∠: : : : :/^i      "" /: : :/¨ヽ: : !     !/     「この物語を書くきっかけであり機軸であり
     /: :/ {  | { ̄_j    / : : ム,イ,i゙∨
    ./: :/  |  |>―‐┐ /: :_:/_____              前パートの主人公『ナナ=サン』!
    |/ 「\ , |  |  ,r::7  !,一ァ::::⌒ヽ }
       \┌┴‐ ヽヘ_/__,f'¨/:::::::::::::::∨_             この物語を描いたきっかけのきっかけは確かに
       ┌‐‐一  } {_ノ/:::::::::::::::::::::::ヘ,_〉
      r' ゝ‐―  i ヾ//::::::::::::::::::::::::::::ヘ_〉            雑談のキアラ=サンであったが、それを書く上で
      レ {___У  j  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     ./  /{^{  ⊥ヘ \:::::::::::::::::::::::::::::f′            深めたい事柄を、彼女に演じてもらった。」
     {  /i  ̄ ̄  |^iノ::::::::::::::::::::::::::::ノ
      \〈::|○   /::::〉::::::::::::::::::::::::/
   ,ィ⌒ヽ {::` ̄ ̄´::::::::::::::\:::::::::::::::/
   |な ⌒ァゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   | な/  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   !_,ィ´


1981 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 22:51:55 ID:Si1pF5cm



      |\_____
      |      -‐―――‐< ̄ ̄ ̄\___
      |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、        /
     `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,`丶     /
.      /:.:/:.__|:.: ∧: 、__|:.:.:|:.:.:.:.゚。:.:. ‘,  ./
     /:.:/:.:.:.:.:/Ⅵ:./ |:.:∧:. |:.:.:|:.:.:.:.::‘,:.: ゚。≦
.    //|:.|:.:.:/ __,|/  :!/  Ⅵ: /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:}:.:\     「最初にも行ったかな?(憶えてる人がいるかどうか……)
       |:.| ,ィf笊メ、  ィf芹ミx.:.:.:.:.:.ハリ:.:.:.:.{:.:.:.:.:}
       |:.|   ら::C     ん::C }:.:.:./ヽ{:.:.:. ′/     彼女はいわば『普通の感覚をもった優秀な退魔忍』を演じてもらった。
       ∧|ハ 込炒    :込炒 }/{ん}:.:.:./:./
.     /:.:. 从/i/i/ / ̄`ヽi/i/}:.:. 乂ノ:.:/:./        そう、『普通の感覚』だから『ほとんどの退魔忍が欲しがるものも欲しがる』
.      |/|:.:. 込、u {     } し/:.:.:.:.:「:.:.:.:.:.L
.      |/|:.:.:.:.:ト ≧==≦ ,/:.:.:.:. ∧ハ厂         という”思考”をしてもらったんだ。」
       __,/\_   ‐=≦/ハ}/
      /ニニ|  _{__/_ニニニア´ ̄トミ
      __/二= ノ  |__/[]::::::::::::〉>'´}.- 「ニ‘,
    /ニニ/   r ´::::/:::\/   {.- r┘ニ=゚。
.   /ニニ{    ≧彡:::: ノ   ∨}-r┘ニニニ|
  /二ニ込、 -= /o/..,,__    | r┘二二ニ |



                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }    「その結果」
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ     私だって、旦那さんが欲しいのッ!!
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}    子供も!!家も!!家庭が欲しいのッ!!!
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}    何をしてでも、なんとしてでも欲しいの!!!
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}      「oh……。」
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .
                 ̄


1982 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 22:56:11 ID:Si1pF5cm



.          |__  ________
.          |: : Y´ : : : : : : ノ^´
.   そ     ・ |-=¬冖¬=<__彡イ
..   う    ・ |....................................∠
.   で    ・ |.............../ハ..................`ヽ
   し       .|...j..... l/   V........ !...........     「物語の開始
    た     /./l|..|..|     |...八..|..|........
        /./ |八|     |/ リ|..|........|     ・職人系退魔忍ナナ=サンの退職
  ___/У ∩   三三 ∩ lノ!ノ.....|
  ...人............ 八 |i|   ニニ   |i| l|.....}...ノ     理由は上記の物。」
.   ........\l\lトi ∪   --   ∪ j...,勹
  ....\Y´ |...八            ノイ.....|      「欲しいものリスト
.   .......{L i|....... }    __      }.....|
.   \|乂..|....lハj    ヽ ノ    ノ..|从      ・子供    優先度1位 貰い子でもいいの!!あと誘拐しかけた。
       `|....ト    ____    イ....ノ
  / ”  人ノ^¨^`ソ  L ノ^¨}/        ・旦那さん  優先度2位 旦那さんが1位じゃない理由、生物学的なモノ。
  \ つ _/´¨^¨ヽ `ViViV´ ,ノ¨j
    ___/ニ7ー<⌒\し}u{ ノ⌒^{          ・家庭    優先度3位 子供か旦那がいればそれが家庭だからだ!!」


1983 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 22:58:10 ID:Si1pF5cm



.          |__  ________
.          |: : Y´ : : : : : : ノ^´
.   そ     ・ |-=¬冖¬=<__彡イ
..   う    ・ |....................................∠
.   で    ・ |.............../ハ..................`ヽ
   し       .|...j..... l/   V........ !...........
    た     /./l|..|..|     |...八..|..|........
        /./ |八|     |/ リ|..|........|
  ___/У ∩   三三 ∩ lノ!ノ.....|    「こんな感じのクッソ【新井さん】仕様な優秀な職人退魔忍。
  ...人............ 八 |i|   ニニ   |i| l|.....}...ノ
.   ........\l\lトi ∪   --   ∪ j...,勹     でも職人としていたなら、それなりの功績があるんじゃない?」
  ....\Y´ |...八            ノイ.....|
.   .......{L i|....... }    __      }.....|
.   \|乂..|....lハj    ヽ ノ    ノ..|从
       `|....ト    ____    イ....ノ
  / ”  人ノ^¨^`ソ  L ノ^¨}/
  \ つ _/´¨^¨ヽ `ViViV´ ,ノ¨j
    ___/ニ7ー<⌒\し}u{ ノ⌒^{



                          -‐.... ̄ ̄...ヽ__
                     _ /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.\
                    ノ:.:.:.:.:.::.:./}:.:./⌒~¨¨¨ヽ:.:.:.::.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:从{ 从:{, -‐=ニミ、 ',.:.:..::.:i
                 /ィ:.:.:.:./_,ノ  }!   _____}:.:.:.::.:|
              , - 、      |:.:.:./≦ ___r=ミ///////}¨込-‐、      「そこで兄貴よ。」
           i   ',     |/{:{,イ//////  V/////ノ V/~} }
           |   i      { }V/////     ̄ ̄    〉y/    忙しいってのは罪だねぇ!!!
       /⌒} }   |      i |  ̄ ̄ ヽ `    _   ノ ノ:\        __
  ___∠__|_/___.|      ヽ   r _ -‐ ─''7   }‐{: : : :∨_   -‐: : : : : : : :¨''
 {}___, -‐''¨ ̄}__|.{       /ヽ   \____ ,ノ   ノ V: : : :∨.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : :ヽ: : :
     /  _,. ィ    ヽ___/: : : :.\   ─    /  /}: : : : :.∨.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : }: : :
.   /  /         i: : : : / : : ::.:.:.:.:.:/ヽ     /  ノ /: : : : : : ∨.:.:.:.:.:: : : : : : : : :.| : : : :
   ヽ  、 ______|_/_: : : ::.:.:.:.:.:/ヽ_ `ー─'' ¨__,. < /: : : /⌒ヽV.:.:.:.:.:: : : : : : : : }: : : :
    }              }: : : ::.:.:.:./   >,__rニ_    |: : :./  |.:.:.:.:.\: : : : : : :i : : :/ : : :
    {   , -‐──────': : : ::.:.:./ヽ    ///∧   ./.l: :./ i |.:.:.:.:..:.:ヽ: : : : :.i : :/ : : : :
   /:.ヽ            __,.ノヽ: : : :/  \  .////  ', ./ |:./. i  |.:.:.:.:.:.:: : : : : : : :i :/ : : : :.:.
   /: :/}   __,..-''  ̄{: : : /  〉: : |    \/ 〉〈   ∨ |∧. i  !.:.:.:.:: : : : : : : : :.i | : : :.:.:.:.:.
.  /: : :| | \         〉: :/  /: : :.|      //,ハ     |: :∧ ! |.:.:.: : : : : : : : : : i.| : :.:.:.:.:...
 /: : : :| |         /: :./  /: : : :|      ////ハ     |: : :∧ |: : : : : : : : : : : : :|.:.:.:.:...:.:.:.:..


1984 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:02:05 ID:Si1pF5cm



.   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.::.ヽ
   |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.{~¨¨ヽ:.:.:}
  __{:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.//.://:{{   }:.::|
/ ./⌒Y.:./乂_ // ___,..-}/ }                               「この天狗じゃないし天狗にならないヤクザ天狗、
   { {ツ }/ r=====ミ_r====ミ}j !‐-=  _
   ヽ弋 \{//////  {///>‐┐     ヽ                         前回のツキシマで『退魔忍を別の部屋に隠してたよな!?』
    \ _. `ー─‐  _,x≪  {Ο}    /  \
| ヽ    {.    / ̄     }_|      -‐ ヽ_             /二`ー──冖   一体どうやって?仲が良くないはおろか、嫌ってるじゃん!」
_ ヾ_! _|ヽ   { {{{{_   r¨ V            ミ__ _     l {{{{〕〕〕   |C|
       ̄ヽ / ̄¨'' } /   V { {/       /     ヽ.___{ ∩}──‐┴┤
.        /,{   ‐-ノ /ノ   .V i i                 { ヽ | |ヽ { ̄ ̄
        //     ̄ ̄}|    V /                }\ノ.| |ノノ ヽ
        { |      ̄ ̄}|   / /               / /.{ (_ _ / }
        | |    ー‐─} |  /| ./  /            { | | (_ _ / }
        | | ー─-‐=ニ  /i! |  /             { ', .|  (_ _ /
        ヘヽ__ノ |  /   { i!|`ー-=、             j__ヽ ゝ───'
¨ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄|  | ./    \ i!|    >ー─── ‐-‐=ニ
  |  /    | |/      \|      {
  |  \     |  |       /|      |



       _____    ,ィ…―――――‐ァ
   r―一'         ≫x≦__     /
   \         ,.'´ : : : : : : : : :  ̄`ヽ<
    \      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: `ー‐‐‐/: : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : ゝ
   ゝ: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/  ∨: : : : : : : : : : \
  /: : : : : : : : / : : : : : : : : /|: : :/   |: : :: ,、 : : : : : : :,
  /,イ: : : : : : :7: : : : : : : |: 厶| : /    |: /i: |\ : : : : : : |
 〃i{: : : : : :/| : : : : : : : Ⅳ  |:/    j/ |:.|⌒l`| : : : : |
   |: : : :/i/ I: : : : : : N    l/       j/  j/| : : : : |
   |: : :/    |: : : : : :|   _       ___   レ: : : : j
   ヽ:/   r圦: : : : | ≠⌒ヽ       ィ⌒ゝ j:,イ: : :/     その物語の隙間、お埋め致します!!
        {  乂ゝ:!        ,     i: : j/
        ヽ/: : :ト:\ """  __  """  j: :ゞ
        /: : : : : |ヽ: i    f    l    ,ィ: : :i       「ドーーーーーン!!
         /: : : : : /~ ∨s。   ゝ_ _ノ  /_l: : : |
      ,ィУ: : : :/     〕>     /  | : : :|        このお方が入ればつじつまが合う!!
     i / : : /゙'ヽ、…‐ノ`ヽ ` ̄,〈… ---|: : :/、
     {"{: /    ~゙''%. {    ̄Л \  j_:ノ,.〈        『しかも長年やってた』って設定がAAのおかげで
     /   ¨:≫、.,_   ゝ、   / |___f"´ ,,,イ~ i
     ,′,,,,,_    ≫、,_  ~゙''ヽr‐‐┐ i{  /   |        説得力を増し!さらには張兄貴の過去にも
    /  /   ̄¨=--  ~`。,_/ヘ__」 ゙ゞ i{、\ !
   〈   j         〈 ̄ゝ、_ノi爻 爻゙:, ゙''、 \       触れられた!やったぜ!!」
    ゝ、 }          \/  ;} 爻、 爻、 ゙''、 i
    /  }            ;}  ;} 爻0 爻ヽ、 ゙''、
   ,.'   |         /     ;}  ;} 爻  爻 、゙''、 ',
  /    i       /      ;}  ;} 爻  爻 〉 i  }
 /   /|      ,'       i!   ;} 爻 0爻 / ;  ;}


1985 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:06:29 ID:Si1pF5cm



               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l   「あともう一人大物で過去が不明で
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|    謎の理由で鳳翔=サンを嫁にもらったカーッ!ペッ!!
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|    な態度を取られてもなんも言えない
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |    マナイタの全てを手に入れた社長がいましたね?
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|     過去はどうしよう……!」
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ



       _____    ,ィ…―――――‐ァ
   r―一'         ≫x≦__     /
   \         ,.'´ : : : : : : : : :  ̄`ヽ<
    \      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: `ー‐‐‐/: : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : ゝ
   ゝ: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/  ∨: : : : : : : : : : \
  /: : : : : : : : / : : : : : : : : /|: : :/   |: : :: ,、 : : : : : : :,
  /,イ: : : : : : :7: : : : : : : |: 厶| : /    |: /i: |\ : : : : : : |
 〃i{: : : : : :/| : : : : : : : Ⅳ  |:/    j/ |:.|⌒l`| : : : : |
   |: : : :/i/ I: : : : : : N    l/       j/  j/| : : : : |
   |: : :/    |: : : : : :|   _       ___   レ: : : : j     スピード解決!
   ヽ:/   r圦: : : : | ≠⌒ヽ       ィ⌒ゝ j:,イ: : :/
        {  乂ゝ:!        ,     i: : j/
        ヽ/: : :ト:\ """  __  """  j: :ゞ      「ドーーーーーーン!!
        /: : : : : |ヽ: i    f    l    ,ィ: : :i
         /: : : : : /~ ∨s。   ゝ_ _ノ  /_l: : : |       ハイ解決!張兄貴と絡めてしまいましょう!!
      ,ィУ: : : :/     〕>     /  | : : :|
     i / : : /゙'ヽ、…‐ノ`ヽ ` ̄,〈… ---|: : :/、     ほら!これだけやっても話を掘り下げただけで
     {"{: /    ~゙''%. {    ̄Л \  j_:ノ,.〈
     /   ¨:≫、.,_   ゝ、   / |___f"´ ,,,イ~ i      膨らんでないでしょ!?そうでしょ!?
     ,′,,,,,_    ≫、,_  ~゙''ヽr‐‐┐ i{  /   |
    /  /   ̄¨=--  ~`。,_/ヘ__」 ゙ゞ i{、\ !      隙間にモノ詰めただけよ!!」
   〈   j         〈 ̄ゝ、_ノi爻 爻゙:, ゙''、 \
    ゝ、 }          \/  ;} 爻、 爻、 ゙''、 i
    /  }            ;}  ;} 爻0 爻ヽ、 ゙''、
   ,.'   |         /     ;}  ;} 爻  爻 、゙''、 ',
  /    i       /      ;}  ;} 爻  爻 〉 i  }
 /   /|      ,'       i!   ;} 爻 0爻 / ;  ;}


1986 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/01(月) 23:09:05 ID:EzB+L95J
接着剤扱いで草


1987 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:10:24 ID:Si1pF5cm



  V//////////\辷/_//////////
   ∨///>''´ : : : : : : : : : `丶/////
   ー=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : \ノ
    / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : .
  //: : : : : : :l: : : :∧: : :l: l : : : : : : .
   |: : : :|: : :'⌒:.l:./  ': :ハ⌒丶: : : |、〉
   |: : : :|: |: / V从  V V|: | : : : |     「でもこれは彼女の物語だ。
   |从: :|: |:,ィf芯k   f芯トミ从: :从
     VV|と乂ソ    乂ソっ从/|      彼女の状況こそ、物語の軸だ。
      |: : .     ,     厶: : :|
      |: |:人    _ _   ,ィ : 从|_      ではそれを勧めるのは誰だという話だよ。」
   r‐v'⌒V: |> ` ´  <|: :/'´  \
   |}  ``'V|///≧≦////:./ i ´ ̄ ヽ
    }   r' ̄ ̄ ̄[] ̄ ̄/ヽ _   ノ
    Lハ⌒ V:::::::::::::ノ¨V::::::::::::::::〉 /⌒Y
   _ノ//}─‐V_/| o V__:/ {///ハ
  (///八i⌒ノ::::::::: | _L::::_|   〉////)
   \///( 厶斗ヘ/  ̄`ヾ、//\{////



                  |  |  \ \{\{/    )\_,,ノ___,,厶ィ/ ⌒¨フ
                  |―|       /    /   \     |―}⌒ヾ´
               i⌒ヾ―|    ,,.   '゛   /       \   ハ j
               l ヽ}/ ,.  ´                / ∧ V⌒i
.                /|  レ'´,.    '"       ___,,,...   ''゙   { .y/ |\
              / 八,/ '" __,,.. -- 、二厂 {   __/ ̄ ̄` ヾ/⌒' .′ ヽ      「そこでようやく登場、
          __,:    /  .イ   `ー==='^ 丶  ゞ‐≪゙苡¨¨フ^   / / /:、   :,
    ,.   ''"  /  , :   ィ´:\ }      '"  } .′ ミ         ′  ′::.     :,____  後半パート『主人公』!!
  '"      /  /   i: :{:.:.:.:.:.ハ          ′         /´/:.:.:.:.:.:}     ∨::
           /  | ./ |: :..:、:.:.:{  ;           {         .:ィ゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:}    ∨   オルガ=サン!!
         /   .|/  .|: : : : 、:{  ′      - }           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ′
                {: : : : : \  :,  ,       ′        ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧         彼もまた”知り合い”にする!
.     /             、: : : : : :\′ `ー― ⌒ ー一′ ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ‘,
    /          }\: : : : : : :\:,     ̄ ̄    / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ‘        助ける理由は出来たな!!」
    \            }: : :丶: : : : : : :\       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′  ,
.       \         .}: : : : : : 、: : : : : :.:\ ____ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   }
          \      }: : : : : : : :丶: : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    .}


1988 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:13:47 ID:Si1pF5cm


      「ようやくそろった2人の主人公!戦後、『退魔忍として活躍してきた』女性と戦前、『まだ大人として社会に出ていない』”子”供!!」

                          「この2人が物語そのものであり心臓であるわけだ!!」

                                                            ___、、_
              ̄    ......::::::::::::::::::Y^Y /           /                        _>    ` ヽ ハ         >~~、、
          \      ̄ ̄   >''"  ̄ ̄ ̄ `~< /  \                      ン  < `ヾ }ヽ /}     〈ノ',: { :{ : ハ
           \       /  ⌒            )ト、`ヽ、 ミー--‐ノ               <    ┌.-.-、、‐''''` 、     〈: :人ゝゝ': }!
                `<   /                \)Y  \ \ ̄                ∠   /ア, ''"_,,、、、、、ノ    \_: :ー:∨ /
                ー--‐彡      ト、         \    ヽ ヽ                  ヘ /ィ´ー゚'`'' ,ヵ          ',: : :∨ /
               /         l | \ ヽ|      ヽ    \}                  〈ハl」 : : : : : : :〉}           ', : : : ∨ /
                   /./    | | | l   \-┼--       Y}\ i )                   ゝ:l: : :`ー - /、、         r}: : : : :∨
                   {/   l  |  斗. |     ヽj  ヽl ト    } }  ヽ}               >'''"´ ̄|: }h、: : :¨ :/ 〃 _       {  ̄ ―`Y
                / | | |/ 人| |      丿  从 Y 人j   丿              マ   〈::::|:_:_,,:、>z彡.〃''´ /ヽ__/ヽ、.       {
                    | | |.ト{  _        ,,二,,_  从  \                > マ  「::::::::::::::::::::::/ 〃   /  //   ハ `''<_ノ
                  l   人| /__,,,,_       ~~⌒'''ミ一  ト  Y             /´{   ㍉ 〉:::::::::::::::::://   /   /  /        ',
                  八 l | ,,,x''"⌒      ::ぃ::ぃ/ /l }い. }  .            _{ . {.     ∨::::::::::::::::::/ ̄ 丶  |   {             ,, イ
                  /.  \从 ̄ ::ぃ::ぃ:: "   ,   / /  ハ }ノ          __/   l  / l}:::::::::::::::::/   / ヾ、 /ゝ     _ ‐ ''´
                / / / `ー人    ャ‐''゙ ̄ }     イ / /            /   ヾ V/ヽ ハ:::::::::::::::::|. /―‐┐ヽ  _,、<´
            / /   へ       乂.  ノ  / | /     .       /.     _} _ -∨ム::::::::::/| /乂__ノ   `イ
               / / r-< ヽ Yヽ >- .__  /|  丿_ ~、      /       ノ乂__ノ |ニム:::イ/|   孑   / ,'
             /   {     r-x-┐ァ'":::::}  ̄r‐<^ヾ^Y/  -―ュ  /    \__ .イ  | { . o|ニニ/o. |   {  /  /
                                         . 八 ,ィ====ミく.    | {   |ニニ||.   |   {.      {


1989 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:16:18 ID:Si1pF5cm



           _\      \}  }  ト、 |/′
           \ ̄      : : \  /: :∧/
           ___>   ー…‐=ミ: }  ̄\/〉
            >ー…‐-=ミ‐‐‐‐ァ'  /  \
            >ー=彡 {  / /    ,イ    「なお、子供の方は思った以上に良識的になりました。
            ⌒V´  彡 / /. : :.,ィ,∠}
              V^\/ァ'. : : :,ィ芍¨” {ツ' |    クッソ良心的な反抗期だったな!お兄さんびっくりだよ!!」
              {{⌒ ア: : : / ̄ ´  ‘, .|
              乂,ア: : :/         >      いや、別に親父に恨みがある訳じゃなくて漠然と
              / 7: :/-ミ u   , -ァ,′
         ____/ //............`ヽ、 ∠ ィ゙ ′     『今程度に満足してるのがダセぇ』と思ってただけだから……。
       /     ̄\..........................\ ゙゙__∧
      /       .... \.................   \...|∧     「良識的だな……。」
     {...        ........... \.....      \....〉
     _」_......     ................ `ヽ、      }/〉


1990 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:19:55 ID:Si1pF5cm



              ̄    ......::::::::::::::::::Y^Y /           /
          \      ̄ ̄   >''"  ̄ ̄ ̄ `~< /  \
           \       /  ⌒            )ト、`ヽ、 ミー--‐ノ
                `<   /                \)Y  \ \ ̄
                ー--‐彡      ト、         \    ヽ ヽ
               /         l | \ ヽ|      ヽ    \}
                   /./    | | | l   \-┼--       Y}\ i )
                   {/   l  |  斗. |     ヽj  ヽl ト    } }  ヽ}
                / | | |/ 人| |      丿  从 Y 人j   丿
                    | | |.ト{  _        ,,二,,_  从  \     「まあ進行としては親戚にいる
                  l   人| /__,,,,_       ~~⌒'''ミ一  ト  Y
                  八 l | ,,,x''"⌒      ::ぃ::ぃ/ /l }い. }    妙に気を使ってくる人と子供の間柄に出来たかな!
                  /.  \从 ̄ ::ぃ::ぃ:: "   ,   / /  ハ }ノ
                / / / `ー人    ャ‐''゙ ̄ }     イ / /       それを描写したかったんだ、ラストの展開は決まってたから。」
            / /   へ       乂.  ノ  / | /
               / / r-< ヽ Yヽ >- .__  /|  丿_ ~、
             /   {     r-x-┐ァ'":::::}  ̄r‐<^ヾ^Y/  -―ュ



       / /  / /  /| ∧{ | レソ  从__j レ-从   j  -< ̄ /
        //j   | ∧  トヘ 「ニ∧∧// ! 八/   ヽ  j    ≦
        И   ∨:ハ |∧レ=≠=V:::::{ :::::::ゲ ̄ヾ‐  } /    \
        ハ     ゝ廴   ノ- { }   ヾ     レ  入| ̄    「ただね?ナナ=サンが退魔忍だと
         }     ヽ        l::         /  }j  ヽ
         }  从入い       く:ノ       ノレN |        知るきっかけ、これが本当に悩んだ。
         } /}/j  \{      ___    u /ニj ./
         | /  \::::√    ∠xxxxxx \    ト /        取りあえず情報に詳しいヤツ……AAがあって……
         ノ     ヽ入 u  {x√     j     从
                レヘ    ̄ ̄ ̄ ̄   /ハ           でもこれじゃまだ届かんぞ……!?
                 | \        イ:::::|
            r───{ :::::::>。、   イ:::::::::ハ───        どうすればいいんだッ!!」
           ハ∨/////}::: ::::::::::::::: ̄:::::::::::  / レ//////ハ
           |////////}::::  ::::::::::::::::::j::     レ//////}
           |////////}::::   :::八    , --く////////|
           |////////}::       /フ//////////////
          //////////::::::    /フ///////////////>-


1991 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:22:37 ID:Si1pF5cm



.             /:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|::|_:::::::::::::/  ';:::::::\::::::::\:::::::::::: ',
          / ::::::::::::::::::::::::::::::, -|::::::::::::|::|``マik、"     }::} ::{::::\::::::::\:::::::: ',
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  |::::::::::::|::|:::/ マk、   }/V:{ 、::::::`<_\::::::',
.         '"¨¨¨ア::::::>/::::::::::::',. V::::::::::V', 「~"''<マk、    ヾ、\::__:::::|::::::::::{、::.、
.          /:::/ / :::::::: __rョ__ V::::::::::V',  fッ  ヽlik、    ,,ィ㌻`:::|::::::::::{ ``    「出番だぞミカァ!!!!
.           レ「 ̄二ニ=/::::::::::::\V ::::::::V',ゝ _     ー'_>''"¨ア:::\|、 ::::::{
          |二ニニニ|:::γ⌒ヽ ::|- _:::::',ヾ:.         /ゞ' /::::::::::::: ',\::',      そうだよ!!お前をカチコミさせようか!!!
           ,,。s≦  ̄ ̄|::::乂__,ノ::::|二ニニ- _\        ',`¨´/::::::::::::{、::::', \
.        /:二>――‐|__::::::::::::: __|- 、ニニニニ- _     /  /::::::::::::V', \',       張兄貴の場所だ!!そこにナナ=サンがいても
       /二/: : : :>''"´|:|:::::::::::::|:|.  V 二ニニニニ- _  /:!V:::::::::::V',  `
.      /二/ : : : : .{   ヘ|:|:::::::::::::|:|./   V二二二二二ニ〉´: :V| V::::::: |V!         不自然じゃないよな!?そうだよな!?
     /二/: : :. :. :./\   Lゝ____ノ,」{   /二二二二ニ /: :. :. :リ: :`V::::::| リ
.    /二/: : :. :./{.  \  |::::::|`ヽ',   {二二ニニニ/ : : : : : : : : : V::,' `: .、       よし行け!!僕らのヒューマンデブリ!!」
..   /二/: : : : /  \  `¨¨|::::::|‐-''`¨i´二二二二/: : : : : : : : : : : : :}/: : : : :\
    {:ニ/: : : : /     /``~、、`¨´>''"´}二二二ニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    {ニ{ : : : : {     \    `¨´   イニニニニ/ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /




                -‐‐‐‐-
             _/::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     .
            //:ハ:r、::::::::::::::::::::::::::::}  /~/7    __
               {' ,}  〉}::::::::::::::::::::::::::::l  / / /   .| i ∧
             ;   レ':::::::::::::::::::::::: / ./ / /ヘ   | l l :|
             i  ,イ`ヽ::::::::::::::::::イ . / / /j_ソ`ヽ_. |_l l :|     「その結果勝ったのに愉快なことになってる張兄貴には
            _j∠ニニニニ≧、{  r' / ハ:´≦、_ソ | l l :|r -- 、
        , ≦ニニニニニニニニ≧ 、ゞ三ノ   ,イ   |_l l :| ヾ . }-、  もうどうしようかと……。」
      〃ニニニニニニニニニニニニニ≧ 、ノ   } l l :|   } j . }
       , ニニニニニニニニニニニニ /ニニ∧   ´¨∨      ,
     {ニニニニニニニニニニニニ./ニニニニ∧      }.     /     野生児の扱いなんざしらねえよ!!!
     |ニニニニニニニニニニニニ{ニニニニニ∧    r≦ニヽイ
     |ニニニニニニニニニニニニ|ニニニニニ.∧  /ニニニ∧
     |ニニニニニニニニニニニニ∨ニニニニニ ヽ〃ニニニ ∧
     ∨ニニニニニニニニニニニニヽニニニニニ {ニニニニニ 〉
       .∨ニニニニニニニニニニニニ \ニニニニ iニニニニ./


1992 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:27:36 ID:Si1pF5cm



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''   私、物語を作るときは
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ      『ラストが思い浮かんだら』作る派であり、『そこに向かって走る派』なんだが……
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙    今回のはマジでナナ=サンが退魔忍だと知るきっかけ
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′    には本当に苦労したよ。
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l
       ノ,;;;;゙ト u   `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、       アキヒロ=サンを動かしてようやく光明が見えたけど、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」       それでも足りないんだからちょっと頭捻った。
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;     ミカがいたからよかったけどね!!
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


1993 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:29:58 ID:Si1pF5cm



                   ___、、_
                   _>    ` ヽ ハ         >~~、、
                  ン  < `ヾ }ヽ /}     〈ノ',: { :{ : ハ
                      <    ┌.-.-、、‐''''` 、     〈: :人ゝゝ': }!
                   ∠   /ア, ''"_,,、、、、、ノ    \_: :ー:∨ /
                        ヘ /ィ´ー゚'`'' ,ヵ          ',: : :∨ /     「で、ようやく材料がそろって
                   〈ハl」 : : : : : : :〉}           ', : : : ∨ /
                     ゝ:l: : :`ー - /、、         r}: : : : :∨      加速で来た!あとはラストに向かうんだ!!」
               >'''"´ ̄|: }h、: : :¨ :/ 〃 _       {  ̄ ―`Y
               マ   〈::::|:_:_,,:、>z彡.〃''´ /ヽ__/ヽ、.       {
              > マ  「::::::::::::::::::::::/ 〃   /  //   ハ `''<_ノ
              /´{   ㍉ 〉:::::::::::::::::://   /   /  /        ',
.            _{ . {.     ∨::::::::::::::::::/ ̄ 丶  |   {             ,, イ
            __/   l  / l}:::::::::::::::::/   / ヾ、 /ゝ     _ ‐ ''´
         /   ヾ V/ヽ ハ:::::::::::::::::|. /―‐┐ヽ  _,、<´
.       /.     _} _ -∨ム::::::::::/| /乂__ノ   `イ
     /       ノ乂__ノ |ニム:::イ/|   孑   / ,'
  /    \__ .イ  | { . o|ニニ/o. |   {  /  /
. 八 ,ィ====ミく.    | {   |ニニ||.   |   {.      {




                 {.!
               /´´ h
                {   ノ
              ノ⌒y'
             ':.:.:.:.i:{        ィiノイ__
               ':.:.:.:.:|',        从   ~<
              ,:.:.:.:.: | }      彳ゝ‐-:.:.:.:.ノ
            ,:.:.:.:.:.人、、__  /ニ=-ヽト、iヽ{⌒{
                弋:.:.//:.:.:.:.:.:.⌒ヽ:.:.:.:.〕iト=ニ二二、         「その途中で転んだけど私は元気です……。
              ≧s。:.:.\ヽ、}:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ̄ ̄ノ ≧s。
                 〕h、:.: ノ:.:.:.-=ニヽ!:.:.:./ニニ=-ヽ:.:.:.ヽ    でもこれで親父たちと話す場ができたわけだ。」
                  ヽ,∧_ノ-=ニニニ〕ニニニ=-!:.:./:.}
                     Ⅵ-=ニニニニニ!ニニニ=-}ノ{:.:,
                     Ⅵ-=ニニニニ !ニニニ=-!//:.:,
                     )ノ-=ニニニニ〕ニニニ=-}//:.:.:,
                       /:.-=ニニニニニ!ニニニ=- !/,:.:.:.:.,
                       ,:.:.:.:.-=ニニニニiニニニ=- !'/,:.:.:.:.,
                   /:.:.:.:.-=ニニニニiニニニ=-〕 '/,:.:.:.:,


1994 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:34:55 ID:Si1pF5cm



  V//////////\辷/_//////////
   ∨///>''´ : : : : : : : : : `丶/////
   ー=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : \ノ
    / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : .
  //: : : : : : :l: : : :∧: : :l: l : : : : : : .
   |: : : :|: : :'⌒:.l:./  ': :ハ⌒丶: : : |、〉
   |: : : :|: |: / V从  V V|: | : : : |    「そして、ようやくラストだよ……!!
   |从: :|: |:,ィf芯k   f芯トミ从: :从
     VV|と乂ソ    乂ソっ从/|     ナナ=サンは「家族を手に入れる」。
      |: : .     ,     厶: : :|
      |: |:人    _ _   ,ィ : 从|_     このシーン、このラストが、ずっと考えてたラストだった!!
   r‐v'⌒V: |> ` ´  <|: :/'´  \
   |}  ``'V|///≧≦////:./ i ´ ̄ ヽ   彼女がずっと欲しいと思っていたものは、
    }   r' ̄ ̄ ̄[] ̄ ̄/ヽ _   ノ
    Lハ⌒ V:::::::::::::ノ¨V::::::::::::::::〉 /⌒Y    気づいていなかっただけでずっと持っていた、というラスト。」
   _ノ//}─‐V_/| o V__:/ {///ハ
  (///八i⌒ノ::::::::: | _L::::_|   〉////)


1995 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:36:40 ID:Si1pF5cm



                          ,.
                     __ /_........._
                 ,. '"´         `` ー‐ ¬ _ア´
            ,...:'´:     /           - '´--- .._
          ,...:':.:.:    ...:.:/.:.:.:.                  `丶、
     __... - '".:.:.:.:   _ :.:.:./;.ニ:              _.. -‐ ¬丶
     `` ‐- ァ':   '´ `:ニ'.:.:.:.:.:.:..              ` 丶、
        /.:      .:.:l:.:.   ``      :`:.:-:.:.....       ``¬ァ
       /:.:.: ..:/   .:.:.;ハ!、:.、      .     `丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:. _- '´
.      /:.:.:.:.:.:.:./   .:.:イ!  ヽ:.ヽ    :.:.:.  、    ``   ̄丶 、 _ーz.._
   </:.:.:.:.:.:,:./.:  .:.:./ !|     ',:.ト、:.    :.:.:  ト:、:.:.....    ....:.:.:‐ァ ̄  ヽ、     「そしてそれを決定出来て
   ,彳l:.:.:.:.,:イ:/:.:.:..:.:.,へ ヽ     |/ ヽ:.:.   !:.:. l‐、:.:.:.:.:.:.:._:_:.:.-ァ´      `≧
  ク .l:.:, ' /:.:!:.:.:.:.:/| 〈゙ト、,/  '、'_ ...ニ、:.   ト:.:: !'´!:ヽ:ー:.:.:.:.: ヾ        _ニ-  納得のできる人間が、その場にはいなきゃだめだ。
__/   !/ ,:.:.:.!:.:.:./:.:|  `" 、...   ィ´に!>  , ハ: ,'./:.:',:',:.ト:.:.!:.: /        ,.フ
 フ    /':.:.:.l:.:.:,:.:.:.:',     !    ヽ `  l.: /  |:/:':.:.:.:.!:.:/ l:.:!/       _,.彳    家族を迎え入れるのは家族だからね!!
 'ヘ<, /:.:.:._: ヽ|'l:.:.:.:.',.  ノ       ,' ,':./ /`' .|:.:./://!/'         <
   Y-― '´   .!:.:.ハ:.:',. 、`'´     /'´ /   !:/ './  ′       _ァ ̄`    彼女は家庭と家族を手に入れたんだ……!!」
   ≦        !:.:l !:.:',  ヽニ =‐    /  /' /        _,.-¬^‐
    `ヽ、     ヽl '´.!\ ``  _...  '´,_' /://       ,_..ニ`
     ,ノ       l `  l:.:.:.:.:二:.:ヽ、___/:.:.:/'       _,ィ´
    <...._      ',  |>ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     __ < ̄
       |,ィ    ヽ | /,.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7ィ ト= ア
         /    ,. ⌒! ヽ、  `    / '、ヽ!  /
       ̄彳,.ィ'    !  `    - '_..   ` /
              |_     (.. '´     /
                ̄    `丶


1996 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:39:18 ID:Si1pF5cm



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!     でも最後の最後のシーン、
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'       アレはいったい何ぞ?と言う人へ。
                }//! 、   ,  ,  .小
               {/l.! ヽ   ー  //,l`       あの『ホテル・コンチネンタル』には元ネタがあるんだ。
                    rニ=--、\    ' !ィi
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二l
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl
. lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二l













    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ    私の大好きな『ジョン・ウィック』シリーズだ。
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙      物語の重要な場所だよ。
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「      うん、知っている人にだけ伝わってくれればいい。
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_   アレは……「ホテル・コンチネンタル」なんだ。
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


1998 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:41:09 ID:Si1pF5cm



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'    と言ってもいまさら説明しないなんて言うのは
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'       ちょっとね!
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ    なので簡単に説明しよう!
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |   ジョンウィック世界の『ホテル・コンチネンタル』とは
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___     『暗殺者や殺し屋が利用するホテルであり殺し屋の連合の総本山』だ。
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:


1999 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:44:01 ID:Si1pF5cm



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\      そのホテルには必要なモノは何でもあるといっていい!
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\    武器!弾薬!防具!コネ!そして────
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙     ────”情報”だ。
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′      彼女には、あの映画のホテルの『情報』と『人』と『コネ』の部分を
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、         あの場所でやっていると思ってくれ。
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」         彼女が、あの映画のホテルの『支配人』に当たる……とも
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;      いえるけどね!!
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


2000 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:49:56 ID:Si1pF5cm



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\      ────では、以上で、NINJAのススメ!
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ    戦後の女性、戦前の子を【完結】といたすわけだ!
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \    彼女は子供う作るのか作らないのか?
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //    そのあたりはあえて『書かなかった!』
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /       最初は考えたりもしたが、『野暮』だと思ったのさ!
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /   だからそこは想像に任せるよ!
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /      でも強いて言えば……



             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!    子供に『ゲイナー』を当てなかった理由は、
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!     そういう野暮ったいことを考えたから、
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!       と言うことさ!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ        では明日は早いので本日ここまで!
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',     明日も来れたら、来よう!
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐  そして連絡だ!!
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.


2001 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:51:26 ID:Si1pF5cm



            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i    問題が起きなければ……
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(     水曜に『本編』だ。
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ    20話よ!!もう消えたって無駄だぞ!!
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\      俺は即興でもやるからな!!!
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|


2002 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2018/10/01(月) 23:52:21 ID:Si1pF5cm



             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!    それでは早ければ明日!!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!     遅くとも明後日には会おう!
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!      それでは、オタッシャデー!!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.


2003 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/01(月) 23:53:25 ID:6V3O2KBN
乙オタッシャデー!

2004 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/01(月) 23:55:29 ID:kRVfDr2G
オタッシャデー!

2005 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/02(火) 00:25:13 ID:mbXkgfxa
オタッシャデー

2006 : 梱包済みのやる夫 : 2018/10/02(火) 17:58:44 ID:w18o33RR

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 6196 ロシア人に聞いてみたロシアの軍艦 (12/06)
  • 国際的な小咄 6195 スト、日本の場合 (12/06)
  • 国際的な小咄 6194 先進国から善意の人が来たとして (12/06)
  • 国際的な小咄 6193 イタリア人が気持ち悪がったもの (12/06)
  • 国際的な小咄 6192 日本の自由 (12/06)
  • やる夫はカントーを冒険するようです 第60話 (12/06)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その20 (12/06)
  • やる夫は光を目指すようです 第三十一話 「試される絆」 前編 (12/05)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア500 ユニコーン (12/05)
  • 目次 やる夫がKenshiになるようです (12/05)
  • やる夫がKenshiになるようです 補足で蛇足なオマケ② (12/05)
  • やる夫がKenshiになるようです 第2話 『二人目』 (12/05)
  • やる夫がKenshiになるようです 補足で蛇足なオマケ (12/05)
  • やる夫がKenshiになるようです 第1話 『過酷で、美しい世界』 (12/05)
  • やる夫がKenshiになるようです 予告編 (12/05)
  • 国際的な小咄 6191 黙祷 (12/05)
  • 妖怪人間ユウ 第9話『占い館』 中編2 (12/05)
  • NINJAのススメ ~ DOG FROM GOD ”SIPPEY” ~ 9 (12/05)
  • NINJAのススメ ~ DOG FROM GOD ”SIPPEY” ~ 8 (12/05)
  • やる夫が木曜日になるようです 第八話『 叛逆への叛逆 ( 前編 ) 』 (12/05)
  • やる夫が木曜日になるようです 第七話『 黒い眼鏡の男 』 (12/05)
  • やる夫が木曜日になるようです 第六話『 刑事の物語 』 (12/05)
  • やる夫が木曜日になるようです 第五話『麻呂教授の不可解な行動』 (12/05)
  • アメリカンヒーローアカデミア 52 (12/05)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その1 (12/05)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 模擬戦 (12/05)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 4章 戦後処理 (12/05)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 4章 その7 (12/05)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #60 (12/05)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第21話「月へ飛び立つモノ、地球に降り立つモノ」 (12/05)
  • やる夫はギルドを経営するようです 28話 竜が、生まれる! (12/05)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第七十三話 (12/05)
  • 国際的な小咄 6190 アメリカの自由 (12/05)
  • 国際的な小咄 6189 風邪を引かないためのフィンランド式対処法 (12/05)
  • 国際的な小咄 6188 韓国のヤンキー (12/05)
  • 国際的な小咄 6187 日本のトマトで中国のトマト料理を作ってもらった (12/05)
  • 国際的な小咄 6186 地獄かな? 地獄だったか…… (12/05)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その12 (12/04)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その11 (12/04)
  • 目次 やる夫が木曜日になるようです (12/04)
  • やる夫が木曜日になるようです 第四話『猜疑と露見、やはり猜疑』 (12/04)
  • やる夫が木曜日になるようです 第三話『一週間には、一人足りない』 (12/04)
  • やる夫が木曜日になるようです 第二話『木曜日だった男』 (12/04)
  • やる夫が木曜日になるようです 第一話『サフラン・パークの二人の詩人』 (12/04)
  • NINJAのススメ ~ DOG FROM GOD ”SIPPEY” ~ 7 (12/04)
  • NINJAのススメ ~ DOG FROM GOD ”SIPPEY” ~ 6 (12/04)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十八話 「ノスタルジック・ウォーム」 (12/04)
  • 正義の味方 左衛門 第拾参話「ダンジョンは出るまでがダンジョン。」 (12/04)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 9ヶ月目 (8) (12/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ