スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

あんこくさい連合気張る! オマケ

目次

1948 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2018/11/16(金) 20:26:15.80 ID:H6vlRkui


 オマケ 42年後




                  _____
                /         \
               / .,.、_    __ ,- .ヽ\
             /  | | | |  : | | | `l   \
            /  ,,,==、、| | .|  ! !=,,,|     \     売り上げの【1D30:22】%で世界五周できるの!?
          /    .ll、 )ll|  !. | |l  ll|l  |    \
          |     ゙゙==''      ゙゙=''゙゙      .|
   ___.      |        (__人__)            |   いくら監修を引き受けたからってうれすぎぃ!
   \,      \       |::::::::::::::::::|        /
   /         \       |::::::::::::::::::|       /
    ̄ ̄        〉三三三》     《三三三〈




1949 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2018/11/16(金) 20:30:03.45 ID:H6vlRkui



                  /::::;::::::::::::;::::::;::::://∧::::、:::::::::::、:::::::::、:::::::∧
              /::::/::: ;::::/!:::/i:::////∧ .|\::::::::ヽ:、:::}\:::∧
                 ,::::::;:::: /{:://!//|//////∧}//\:::::| ∧!/∧::∧
              '::::::':: //|///////////////// ∧::|/:∧///Y∧
              i::::::i:::///////////////////.∧ ∧!//∧////∧
             !: : |///////////〃/////:i//i∧/////.∧/////;
               ; !:: !//,:i//:i//i///|//////:|//! ∧/////.∧////:i
           / |:/|:i//{/:从:/|\/{//////:|、/ト、∧/////.∧ム//\
           '⌒レ!/圦/∧:|刄宏-<\i:、// !-zz>‐仭,/i//、∧ Yリ⌒`
             ∨ VIj'N \ `O 及ノヽiミ及ノ´O 〆 `|」!' ヾ;}'          そりゃ【1D10:8ですもん
              {  Li{.   `⌒ . '. . . |. . . \⌒   ,!Lj  /
              ‘, :∧       /. . . ..|. . . . . .i`    .ム  ./
               ‘, ∧     :. . . . . !. . . . ...:    ム_ /。.            当然です
            .。s≦´ ーzヘ     :. . . . ..i... . . . ..:    .,  |:i:i:i∨`≧s。.
          .。s≦´i:i:i:i/ i:i:i:i:i|  .     :.... . . . .. . . . ...:   /  .|i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:i:`≧s。.
    .。s≦´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ i:i:i:i:i:i|  ‘,   :.. -─.. .‐-. ....:   ,   .|i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   寧ろ、あの時代についての生きた声をくださったこと感謝します
。s≦´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ i:i:i:i:i:i:i:|   \ .:. . . . ー . . . . : /   |i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ i:i:i:i:i:i:i:i:i|    .i\. . . . . . . . . . /'     .|i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   ←ゲーム制作会社の偉い人
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|    .∨.: :ー-= =- ': :/       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|     \       /      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i



1 もうすでにハリウッドシリーズとドラマシリーズとコミック移植が決定するレベルの超絶ヒット
2 もうすでにハリウッドシリーズとドラマシリーズが決定するレベルのヒット
3 もうすでにハリウッドシリーズとドラマシリーズが決定するレベルのヒット
4 もうすでにハリウッドシリーズとドラマシリーズが決定するレベルのヒット
5 もうすでにハリウッドシリーズが決定するヒット
6 もうすでにハリウッドシリーズが決定するヒット
7 もうすでにドラマシリーズが決定するヒット
8 もうすでにドラマシリーズが決定するヒット
9 販売前から十シリーズは派生できるレベルのヒット
10 以後20年は戦えるレベルの大ヒット


1950 : 方舟の名無しさん : 2018/11/16(金) 20:33:41.88 ID:hG2XgVhC
下手すりゃやらない夫もまだ生きてるよなあ……

1951 : 方舟の名無しさん : 2018/11/16(金) 20:34:53.02 ID:Q+EnJ8sX
毎年、ボジョレーヌーボーの如く評価される作品


1953 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2018/11/16(金) 20:36:42.94 ID:H6vlRkui



                     /:::::::::::::::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
              /:::::::::::::::::::/:::::::::::八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ,..::: /::::::::::::;::::::::::::::::::::/∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              /:::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::: ′::::::::::::::::::::::::::::::::i|::::::::::::::,
            .::::::;′::::::::::::::::::::: /:::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::′
            ::::::|i:::::::/:::::::::::::::/|:/::::/|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::|
            j:/:::|/:::/:::::::::|::: /‐|' |:/_.|::::|:::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::|
          /::/: イ:::::::: ∧/―‐=ミ.大 |::::::|::::: ∧:::i、:: i:::::::::::::::: |i
         ∠: イ::::/ j|/|:i∨  丶、ヒ! _` j|\ハ:::/ ̄'_「\:! ::::|::::::::::||
            ⌒7:::;' ∧.|:|      ___/  |N/f´ t! `寸::::八 ::: 小
           Ⅵ  {く lノ             |  \ー-‐ "|::/:::/\{
            Ⅵ:,ヾ彡 u            |        イ }/|:::/ \
            W:ハ                ,      /  从j:/       世界規模のドラマシリーズですからね……
              W└┐            ′      / ./⌒}′
               W:.∧     __         /イ
                 W∧      _  丶      ′             寧ろ次回作にも監修欲しいレベルですよ……
               j'          `
            r==7     、         .ィ
              __ノ \   :,  \     _ イ /                 いやー、「日本の覇王」とか、「大韓民国の大天狗」や、「大元の土蜘蛛帝」
        _/ ∨     丶 :,      ̄ ̄   / ∧
      _/: : : :|      `   .._    ,/ {ノ :,             「ソマリアの阿修羅」、「ロシアの黄金王」、「ISの魔王」などの話が聞けて興味深かったです
    /7: : : : : : : :,           r小 厂 ̄    |\




.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ            あー、懐かしい連中だお
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l            まぁ、あの時代優秀なキチガイが多かったからか
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ   今でも様々な物語や研究が盛んというから納得はするおね
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|




                         _____
                        /        \
                      /           \
                     /, --、    .,.-- 、   \
                   / ., ーヽ   ,'. ー-、       \
                  /   ( ー l    l ー )       \
                  |     `ー ノ    ヽ ー '            |
                  |   '⌒(____人____)⌒`        |
                  \      `ー--‐´           /          ISとかやばかった
                    \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                     \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                     ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
                    /:/\::::::/〈/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∠
                     |/:::::::ヽ{二ニ=:::::::::::三≡::::::::::: ̄:::::::::::::\       殺しても殺しても次から次へとカリスマがわいてくるイスラム勢力
                 /::::::::::::::://  /:::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::: | |   |::::::::::::::::::::::::::::/:_....::::::-─-、:::::::::\
              /:::::::_....-‐:::: ̄::::‐-..._::::::   :::::/  、丶\\\::::::::::∨
             /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ̄:::::::::二=/  ノ ノ 丿 .|:::::::::::|
            /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈/、/、/::::レ'::::::::::::|
            |:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ∧:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    何度死を覚悟したことか……
            レ'\::::::::::::::::二ニ=───::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::/
             |ノ-' ̄ ̄ヘ::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::: ̄/
                   〉:::::::::::〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_==ニ::::::/
                    /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    __  -―:::::::::::::::´:::::::::::/,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈




                          _ ,ィ__
                         ,ゝ:::::::::::::: ̄>.、
                      , イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    i::::::::::::::::::,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::|
                     ,::::::::::::::::/ V::::::::::::|、:::::::::::::|:::::::::::::|
                    /::::::::::|::/  V:::::::::::| V:::::::∧::::::::::|
                    jイヘ:::|/――ヽ:j \|一j从/jノト、:::::!
                    ハ Y ー‐_ェァ  ---‐ェメ   |::,ヘ圦
                   ,ィゝ、」   / |  ヾ `゛  j/  〉
                / ̄¨ヽヘJ      I        /_/           うーん、やる夫さん絶対自伝を書いた方がいいですって
              ,イ^ヽ    〉-i      i;       /
           /二二≧、\  { _ハ   _       ,イ
         /二二二二二 |  j,ィ ト、   ̄`  /,小、
       /二二二二二二ニi_|__ノニ∧ト、`ー―‐一' / |ニゝ、            なにせ――「あの」国連総長の息子だったんでしょう?
       二二二二二二二二〉ニ二/二、 ゝ、, ,,,ィ   /二ニヘニ_
     二二二二二二二二/ニ二/二二、  ///∧  /|二二ヘ二二
    ニ二二二二二二二/ニiニニ/二二二、._∧///,∧/ |二二二`_二二ニ
   ニ二二二二二二二,イ二ニ二ヽ二二二入  V//i   |二ニ, イ二二二二ニ    さらに自らは【1D10:1……絶対世界的に自伝は売れますって
   二二二二二二二/二二二二二,,>"二、  |///l    j二<二二二二二二二
  ニ二二二二二二/二二二二二ヽ二二二二  |///|   i二二二〉二二二二二二




 或る意味ラストに至る道を決めるダイス
1 世界連邦総帥
2 国連事務総長
3 国連事務総長
4 国連事務総長
5 ナイジェリア帝国国王
6 ナイジェリア国家元首
7 ナイジェリア国家元首
8 ナイジェリア国家元首
9 ナイジェリア国家元首
10 ナイジェリア国家元首から失脚


1954 : 方舟の名無しさん : 2018/11/16(金) 20:38:16.00 ID:hG2XgVhC
世界統一したのか!


1956 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2018/11/16(金) 20:41:32.33 ID:H6vlRkui



                      _  、
                 -―――\ヽ)}
                 /.::::::::::i::::::::::::::::::::::::: ̄`
                 /.::::::::::::::::|::::::::::::::::\:::::::::ヽ
             _/.:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::.
               7;::::::::::::!::::::::: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::iハ
               /!::/.::::::ト ::::::::::i、\\:::::::::::::i::\_::>
              ,' |/.:::::トl _ヽ::::::| ヽ!,.x、\:::::::{;:-、v、
              ! .〉}::i:∧,‐ャッNヾ ―ャッァ‐、::::::!、 !}、 ゝ
.              {∧/  ` ン i  \` ´  ヽノゝノ、
                 / ヽ}    ノ       "_/
                ∧  丶        ∧!
                      ,... __    {、                     ――貴方が「国連」の最期を看取り
                    ,ヽ  ‐ ` ./ 〉ハー 、_
                  /} ヽ ー‐   ノ/  }:.:.∨:`.:.ー-  _
             ,...:7.:〈   }     /   /.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
            ,. ィ´.:.:.:./.:.:. ! f、ヽ   /7^  /.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          _/.:.:/.:.: /.:.:.:.∧|:ハ i イ´.:.:j!/.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.∧
.         7.: /.:.:.<:.:.:.:./! 丶} !_{:.:./ /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:∧
          !:.:.:.:.:.:.:.:>'.:.:.j!   {:.:.:.:}   j!:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        :.:{:r:.:.´.:.:.:.:.:.:j!    〉ー〈   .j!:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i      今の国際社会を作り上げたんだ
         :.、!:.:.:.:.:.:.:.:.:j!   ./.:.:.:.:!  j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
         ∨:.:.:.:.:.:.:.:.j!   /.:.:.:.:.:| .j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
         ヽ!:.:.:.:.:.:.:j!   i:.:.:.:.:.: l j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
          |:.:.:.:.:.:.j!   .|:.:.:.:.:.:.:! j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
          |:.:.:.:.:.:j!   |:.:.:.:.:.:.:!j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
          |:.:.:.:.:.j!     !:.:.:.:.:.:.lj!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
          |:.:.:.:.:j!    l:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
          |:.:.:.:.j!    ,:.:.:.:.:.:.:,i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
          |:.:.:.:j!    /.:.:.:.:.:.:.j!!:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         /|:.:.:.j!   /.:.:.:.:.:.:.:.j!|:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ー '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    自伝を書く責任は、あると思いますけどね
.          /.:.:.:!:.:.:j!   i:.:.:.:.:.:.:.: j! !:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈 }:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         /.:.:.:.:l:.:./   |:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
.        /.:.:.:.:.:l:./    .|:.:.:.:.:.:.:.:.| !:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       /.:.:.:.:.://     l:.:.:.:.:.:.:.:/ |:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
.      /.:.:.:.:.:/,′    ∧:.:.:.:./   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.f:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     /.:.:.:.:.:/       / ∧/    \:.:.:.:.:\:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /




.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l           じゃあなんで死んだことを忘れるね?
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|




                        //////////////////////>=-ァ
                     /////////////////////////,ヽ"
                    ////////////////////////////,ハ
                 //////////////////////////////ハ
               -=彡///////////////////////////////ハ
                7////////////////////////////////,ハ
                {/////////// マ/////} マ/i、////////////ミx、
                i/l///////l,/  マ////! マ.!ヾ//ハ///////ハ⌒
                 //r=N/斗ーーーマ///!ーーーl/}. V///////\
                 ''"´l  マ ヽ tォ   `"'iリ  tァ N //ハムVム
                     ハ  i       l        ''" /  /ム"''
                >'"ハ .l       i             /  /            引退してから【1D20:12】[最低保証10]年姿を現さないあなたが悪い
              >''"ニニ/ニニハ        、     し   / , 'ニヽ
         斗fチ ニニニニ/ニニィ ハ             , '`"´ニマニ\
     斗fチニニニニニニニニニ/ニニV   ハ   f::::::::::::ヽ   ., '  .lニニマニニ>x
  /ニニニニニニニニニニニニニ./ニニ.V    '.,.   ー    ./    !ニニニマニニニ>x
  ,'ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニV     ヽ  _   //    lニニニニマニニニニニニニ>x     日本としては、もはや歴史上の人の認識なんですよ、あなた
 {ニニニニニニニニニニニニニ/ニニニ.V     ',      /     !ニニニニニマニニニニニニニニニ




               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|      悲しい事実が発覚した件について
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
















































 これは歴史を変えるまでの物語



 国際連合の限界を悟り、より国際社会に介入できる新たなる組織




 国際連邦を作る物語






















 道筋を作ったのは父で




                                .  ― ――
                               .´             .\
                            ∧              :..
                           ∧                   ∧
                           !                    ...::}
                             /   ,j}                 :゙
                              jゝxzイj! ,j{i;,   ,ノj      /
                          l{`{fj}Y_ .ゞフZZス、    /
                            ̄´ナ ∧^t´{チУjf    .゙
                           f¨  〈     ゙ ̄``    /
                          ゝ,.ノ__ゝ、    `,   /
                                 i ー-、`ー――   /レヘ
                                ハ        /  ./ ノ{
                                 ゝ____ .. <  //: :〉
                          _厂{\    !; /////;⌒\__
                            , <////1}   ⌒  ,j ハ.////イ/⌒ー-->‐-
                           ノ゙.:.::/〈_/_ ゝ   ,.У//\///////,///////.
                     /.:.://///>).:..  ノ゙  ///////////.....:://////__゚,
                    く.:.://////  /´   ,/////\//.:::://////////∧
                   _/ {////;/.:  ,/    //////////イ/////////////,i
                    /}//////;/.::..  /   ,/////////./ ///////////////|
                    /::::///////.:.:...   /   ,///////////////////////////|
                 /:::::{///////∠ヽ_,, ヘ   .///////////′.:::::::::////////////|
               {::::://///,/.:.:     イ  ゝ////////////.:{:...::::::′///////////|
            /⌒::{ZZZ/.:.:    __  ///////////////}::...://///////////|
            >.:::::::::/ ̄.:.:   イ     //////////⌒ヽ///{:.../ /}  ///////_丿

















             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \
.       / : : : : : : :.._        _        \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::    |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、      / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ    / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、




 道に届かせたのは息子だ








 やらない夫の、最期の国連総長としての二年が始まる


オマケおしまい


1959 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2018/11/16(金) 20:46:39.63 ID:H6vlRkui


 OP






    何が悪かったのだろうか?








 そう問われるとこう答えるしかない
















   「俺たち」が弱かったのが悪い
















             ‐ ―――――‐‐
          /             へ
         /                   \
      /
      /                      i
       l                      |
       |                       l
      }  ji                       i
      ヽ,仇, ..____ ノ           i
      ヤハ 辷チ:::.ji イ
       !/  ` ̄ ̄             {
     /{       `:      }        i   はぁ
     ゝヘ,       ノ     f      :
       ゝ¨ ̄ ̄       l!     , 斗j{
          l`             ノ_ 斗‐ '_/ }
         l     _ 斗匕 '´  , -'  入
        `ー―::´::::::::::/_,..-'''"   ///ゝ_
         r<ヽ:::_:/' ´      //////\
         |' r<       , -'"/////////\
         |:', | .ヽ    , -'"///////////////\
         └} )ヘl   /'////////////////////\
         /ヽゝ=/ ./ ////////////////////////\



 結局、この大戦争はそんな話なのだ



             . -―――――― .
           /                    \
        /                      ` .
          ,':                      '.
       |:                        |
        |:                    : : l
        |i                      ! :|
       ||                   j.: :|
       ||                    ,.ィZ:.、  |
       |,ィ壬≧ュ.、  .!|   :/    _.イ斗'´    :|
       l  i弋とノ`x-'、::./.:ー=ニえこノl!  `i: |
          ',  ` ー=.:イ.:: ゝ=:'、:... `ー= ''"    ||   ……
         ヾ,  ,       .| | \`    、    |!
           i , '       .!|!        ' .  !
          ll       人        l  ∧
          ∧ゝ --――   ` ――--. 、' /l !、
.        / i\   ______、.   /,/  /\
      /  |  \  `. ̄ ̄ ̄ ´   / /  ,/   \
     /    l   \         /  /  ,/       \
   /      l       ≧、    /    /  ,/       \




 世界を縛る軛がないが故に、世界はいとも簡単に荒れ果てる



   そして、それは国連にはできなかった



  世界を縛るには国連は弱すぎたのだ




                                      ―-
                                    ,.´      \
          _                          /         \
         〈 ハ                            /       、    l
      ハ  ノ  } _                     /      f´`ヽ∨ / j
;';;`二二二二/ゞ // ヽ_        ,.''""''ー 、       r    /    ヽ弋jゞイ  /
~~'''''''"i""/_/  //  / ヽ       /::::::::::::::::::::::`丶、__. ノノ ,,/    イ ̄`¨´/tfj  /
    .{  ト、{   |}  {  .ノ、    /::::_ー::::::::::::::::::::::',', l\,' i   ト、__.  ノ>`゙´
    .ヽ ´ ',  ',   ヽ  }  _/-‐‐-、ヽ.::::ヾ::::;::::}:::::',',゙、_`>  lヽ丶ヽ_`!_ノ
     `ー-ゝ`   __ ー ./ /:::::--‐‐::::::ヾヽ:::::::::::ノ:::::::',',::::ヽーY`ー´
      .//、ー、__ ノ 〉::::::: ̄`:::::::::::::::ヾヽ /:::::::::::',',:::::::'iX}、,     はぁ
     /::::{  〉   ,.'":::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ=ニニ==-、',',:::::::'iX}、
      /:::::::',`ー一´:::::::::::/ト、::::::::::::::::::::::_/:::::::::::::::::::::::::`',',-、_'i.X}、
    .〈:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/ 〉::` 、:::::::_/i:::::::::::`丶、`::、:::::',',`ー-'i,X}、
     \::::::::::::::::::::::::::/ ,' ',:::::| }イ´   ;::::::::::::::::::::::` 、 ノノ:::::::::;iXX}
      `丶、___/:::::ノ::::,'::::/ソ |   ;:::::::::::::::::::::::::::::,´,´:::::::::::;ヽ_/i
        l::::::::::::::::::/.:::::::::/   |     ;:::::::::::::::::::::::::::::', ',:::::::::::,./ |
          \_::::´ソ::::,' /   ',    ',::::::::::::::::::::::::::::i i:::::::::://::}
              `ー、___/    ',    }::::ノ::::::::::::::::,' ,'::::::::::|゚`::ノ
                       ',   イ::::::::::::::::::::,' ,'::::::::::::|:::::ソ
                          ',   ;::::::::::::::::::::,' ,'::::::::::::/::::/
                     ',    ;:::::::::::::::::::l i:::::::::::::|゚::イ
                      ',   ;::::::::::::::::::::! l::::::::::::|::〈




 決めた




   決めざるを得ない











































                        _______
                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,     \
                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,      \
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,        ヽ
                  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      |
                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,        |
               |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      |
               |,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      |
               |,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::     {
                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_____ノ { __しー<
                   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ●   ,)   (●  )
                   ',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::  、    |-<_           国連を壊して、より強い組織
                  //',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;::     |    } /////>.
             fニニニ/;;',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\____,ノー‐'━━━・///|/>.
           >/lニニニ|,';;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー―‐r' lニニ、/////,|////>.
        ><///,l二ニニ!,',;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     / lニニ、//////|//////    そうだなぁ、「国際連邦」
     ><///////,l二ニニ|,,,',;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::    /   lニニニ>、_////|,////
,,><///////////,lニニニニ,|,', ヽ、;;;;;;ヘ、_____ノ   ,',ニニニニ,l////l///
////////////////l二ニニニ| ',   ><,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lノ>-、 ,∨ニニニ'/////,|
////////////////l二ニニニ| .ヽ        >-r弋_ノ ///>  ,'ニニニ'//,|////      とでもしようか
三三ヽ//////////,l二ニニニ|  ヽ         ,'ヽ-ニニ>-'  ',,,'ニニニ'///|///
三三三ヽ////////lニニニニニ|   .ヽ     ,'ニ三>'//|  ,リニニニし-/,|//
三三三三ヘ//////lニニニニニヽ    .ヽ    / ',//////|   lニニニニ|/|/
三三三ニニヘ/////lニニニニニニヘ    .ヽ  |  ,',,/////,|   .|二ニニ,l/,|         さて、と
三三三三三l/////lニニニニニニニニヽ   .ヽ/  .弋ニニニ,l   |二ニニ//,|
三三三三三|/////ニニニニニニニニニ,ヽ       .|///,∧  |ニニニl///|
三三三三三|/////>---<二ニニニヽ       |////,∧ .|ニニニ|///|         各国に交渉していくか




 男は一人決意を固める



 これからの未来へ至る平和のために







おしまい

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ハルヒはツンネコのようです 第58回 (12/08)
  • やる夫はギルドを経営するようです 29話 覚醒するdragon (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです 5人目のPTになる"かも"しれないキャラの安価 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです 第二回 なぜなにミストキャッスル~! 今まで登場したサブキャラ紹介 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.9『ヤムチャしやがって…』 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.8『男のヤンデレキャラって少なくて困った』 (12/08)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その3 (12/08)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その2 (12/08)
  • やる夫とベネット (12/08)
  • やる夫は異世界で皆を助けていくようです 偶にはこんなifの話でも その3 (12/08)
  • 国際的な小咄 6227 まるで話がかみ合わんぞ! (12/08)
  • 国際的な小咄 6226 何だろう……このなんとももにょる感じ (12/08)
  • 国際的な小咄 6224~6225 誤字訂正、してるつもりでも集中力が ~ こんなイッチが提供してます (12/08)
  • 国際的な小咄 6223 ですよね (12/08)
  • 国際的な小咄 6222 北京の料理は (12/08)
  • エデン 第七話:「それでも夢は生きている」 (12/08)
  • やる夫とばくだん 6.戦いをもたらすもの (12/08)
  • BLUE METAL 第十話 「 水のアイオーン 」 (12/08)
  • やらない夫とまどかタイタス おまけ7 (12/08)
  • やらない夫とまどかタイタス 第43話 (12/08)
  • 国際的な小咄 6221 トロツキーの死 (12/08)
  • 国際的な小咄 6219~6220 今回の中国の寿命は ~ ごめん、ふぃた (12/08)
  • 国際的な小咄 6217~6218 スイス人の味 ~ もっと鯉に恋するとかさ! (12/08)
  • 国際的な小咄 6216 外からの力は…… (12/08)
  • 国際的な小咄 6215 地域差があるのか? (12/08)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 埋めネタ (12/08)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです おまけ05 朝の一幕 (12/08)
  • できない子は空虚なようです 第十話 (12/08)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 第二部 番外編 (12/08)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 14 (12/08)
  • カーきゃん□ 22回目 「夏キャンに行こう 【まずは茅野までの旅路】 やるやら編~」 (12/08)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.7『いやぁ、リドルは強敵でしたね…』 (12/07)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.6『いっそサブタイトルは本編に関係なくてもいいんじゃなイカ?』 (12/07)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.5『サブタイトルを最後に回すことで問題は解決した』 (12/07)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.4『接触』 (12/07)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.3『偵察』 (12/07)
  • 国際的な小咄 6214 南アフリカの英語は (12/07)
  • 国際的な小咄 6213 ノックスの十戒の一番今の目線から見ると突っ込みどころ満載かもしれないもの (12/07)
  • 国際的な小咄 6212 我が人生におけるワースト煮魚焼き魚 (12/07)
  • 国際的な小咄 6211 留萌はなぁ! (12/07)
  • 蒼星石は衝動買いされるようです 最終話 (12/07)
  • 蒼星石は衝動買いされるようです 第七話 (12/07)
  • 蒼星石は衝動買いされるようです 第六話 (12/07)
  • 蒼星石は衝動買いされるようです 第五話 (12/07)
  • やる夫が木曜日になるようです 埋めネタ 投下前に気づいたミスシーン集 (12/07)
  • やる夫が木曜日になるようです 埋めネタ『 以前、木曜日だった男 』 (12/07)
  • やる夫が木曜日になるようです 最終話『 安息の日曜日 』 (12/07)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 埋めネタの登場人物紹介 (12/07)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第20話 「掘り下げが偏っていることには、正直薄々気づいていた」 (12/07)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ