スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
毎年忘れる開設記念日
えっいつのまにか七周年……?


ブラウザのアプデの影響なのか若干挙動が変わっててやりづれぇ


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

彼らは未来を切り開くようです リジェネ問題

目次 現行スレ

206 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ 4615-8864) : 2018/10/04(木) 22:18:57 ID:guTHiPKI00


一応、クリスタニアの小説のほうで、神官に翼を再生してもらった人がいたんじゃなかったっけ?
そういう情報を知らないって感じなのかな?

207 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:15:49 ID:lunOT.NU00


>.>206


                        _
                 / ̄:.`ヽ  ,/:.ヽ、_
                ,': : : : : :.:丶/: : : : : : `:.- .、
                ,': : : : : : : :,:': : : : : : : : : : : :`ヽ、
                  ,. ':.´: : : : : :.,:': : : : /: : : : : : : : : : :.ヽ     _
             /: : : :/ : : : :/: : : : :/: /:/: : : : : : :V: :.ハ    /
             /: : : : :/: : : :,:イ: : : : :/:./l:,':.l: : : :.Λ : V: : '    \      やはりその質問が
           /: :/: : :/: : : ァ'‐l´: : : ,':./ l:`!:マ-: :.{_ }: : :V: :,l     ̄
         ,':./: : : :;/: : :./:::::::V: : : :l::::::l,:{:::::V: : : : : : : :V: l
         Y: : : : ::{: : :/:!:::::::::::ヽ: : {:::::::ヾ::::::V: : : : : : : :V:!           来てしまいましたか・・・
           l: : : /: :V:.ハ:.}:::::::::::::::`r-:::::::::::::::::::ト: : : :.i: : : :l′ 
          ',: :.ハ: : ハj: :l、    ノ  、    l:.V: : ハ: : ,'!
           V  ヽ,'/l: : :l ` ‐     ` -  j: :l: :/ V: l
                 /:.l: : : ゝ u  ___     ,': : l:/-'´:l:.:l
              /: :.l: : : ;l:. >-ゝ- - `z-ァ: : : j: : : : l: :l
            /.-: :.l: : : :l V///-ァ////: : :,/: : : : :l: :l
         -r.'.::/,:イ lヽ: : { {:::V/{_//≫ア: : :/-'^ヘ: :.:ヽ!
        イ´ l: | |::lヘ! l`: } >-:::ァ::< /:./ l.//::/ヽ::ヽ
      /: :l   V ヽ::.ヘ ソ /::::::::/::::::::} ,/´ //::/   ヽ:.',
     l: : : :.l    \:\彡 !::::/l::::::::/   ゞ:::::/      l: l



          _____/  / ̄ ̄ ¨ア
      ,. . ''´ : : : : : : : :〉 ィ  _,, >'´
.    /: : : : : : : :.∧: :.レ' / ̄ヽ    /|
    /: : : : : : : : : :廴): :|/∧: : |: :\ く  Ζ__
    ,': : : : : : : :|: : : : : : : |: :廴)./:!: : い  \  /         >>1も投下する直前に思いだして
.   l: : : ∧: : : !: : : : : : : |: : : :.イ ハ: : : :ド  |  \
.   |: :: :廴): : い: : : : : : |: :: :/ lノ }: :|: :! \  ̄ ̄
   !: : : : : : : ハ |: : : : : :! : / /  !: :|: :|               路線変更するかどうか迷ったみたいだけど
   l: : : : : : : : 入!: : : : : | /   |: :ハ ! 
   |: : : : : : :.(´ V: : : : :!′   l: :! レ 
   }: : : : : : : :`T'' Ⅵ.: : :|     }: :|                 結局、そのまま突き進んで投下しちゃった
   |ハ: : : ,: : : :!  ヽト: :.!l¬__ノ: : |
     ヽ: :ハ: :├―ド「ヽ| ̄ヽト、 : :|
      V / \|   \=‐┐リ \| _                リジェネ問題だね。
.        /        \/    /ム-っ
      ,'          ト、   rj  ' つ
     ,          乂.   `l  に⊃
      !     ┐       〉   ノ  ノ
.     |    |       ,ィ′/  /
.     |    └―  ―'´ !/   /



                      ,. :-―…: ― .-. . . ..、
                 __ /`:‐:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
           ,.-‐: : : :7: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
            /: : : : : :,': : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : ':,       気を取り直しまして・・・
             /: : : : : :,': : : : l: : :,!: : : : : : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : :ハ
         /, -: : : :/: : : : :.l: : ハ: : : : : : : : : : : :.\: : : : : : : : : : ::, 
        ,.:'´: : : : ::,ィ: : : : : :.l: / ‐v:-: :、: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : l      ご指摘の件は確か・・・
.       /: : _: : : : /: l,.:-:、: : :l:,′ ':ヘヽ:.`: : : : : : : : : : \: : : : : : :l
    /:, ィ: : : :/: :/: l: :l: : j : :.l'    、_ヾ;.\: : : : : : :\ : : :ヽ: : : : :.! 
.    // /: : : :,' : ,': : l:.ハ: :ハ: : l     ィオ癶マ、: :ヽ: : : :ヽ: : :ヘ: : :,'       『傭兵伝説序章』収録にある
       ,': : : :.j: : : : : :l:':, l:んハ:.',     ',::-イ:::心、: ヘ: : : : :ヽ: : :}: :!
.     l: : : :ィV: : : : :ハ: :ヘ V::ヘ:':、    Vハ::::ソ V: ヽ: : : :ハ:.リ: .:
       l::., ' l:! V: : :.:' V: :ヽゞソ-〈     ゝ ‐'    V: :ト:、: :.:l: : : :.l       バードマンの戦士のお話でしたよね?
      V     ヽ: : {   ト、:ハ / , 丶     ノ    ィV: : :ヽ:ハ: : : :l
           丶',  l: :`:‐<    r:.、  ̄     /l:/: : : : : :.l : : : ハ
                _  ,:': : : : l:.>::‐- ..-:ァr '´ /: : : : :./:V: : : : ',
         r‐- 、 / ヽ/:._: : :,'l//::::::::::::::/l  ./: : : :. :/´  ̄ V: : : ハ
         `ヽ ヽl l Y ヽ/l l:::::::::::::::,'  /: : : : :./       V: : : ヘ
            \゙ '  ! ゝ.}::l l::::::::::::/ ̄,:': : : : : /        V: : : :.',
.             ,:ヽ、    !::l l:::::::::,'  ,': : : /:/ ,.        l: : : : :.}
.          /.: :ハ   ハ::' V::::::l  l: : : /,´  /            l: : : : /



.




208 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:16:16 ID:lunOT.NU00



             _,.-‐' ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::`ヽ、
          ,.イ´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         / . . : :/: : :/: : : /: ::i: : : ::i: : : : : : ..... . . . . . . . .ヘ
         /. .,ィ'. . / / . ./. . . . /: ::λ: : : :|、..... . . . . . . . . . . . . . .ヘ        確か、ベルディア砦の傭兵で
        /. ://. . /../ . : j.. : : :/: :;/´|ヘ: : : |∨: : : : : :|: : : : : :i: :: : :ハ
      /:;/ /: : :/::/: : : :|: : : :;|: .:|  | ∨: :| ∨: : : : :.| .i : : : |: :: : : :}
     j:;/  /: : ::|: :|:: : : :_;ィ'⌒ |: :|  |  ∨:.:| ⌒ヽ、: : |::|: : : ::|: :: : ::::|       片方の翼を戦いで失ってしまった
     |'´  | : : ::|: ;j:: : : :j: : /  |::j   |   ∨:| \: : : :.:|::|:: : : :|: ::: : :::|
       j: : ::::|::|:|:: : : :|:.:/ __,|/      ヽ| ,__ `ヽ: : :i:|:: : : .:|:::::::::::::|
        |: : ::::|:;|::|:: : :;|:/ ,ィチ;心、        ,ィチ;心、\ト|: : : : |:::::::|:::::|      傭兵さんのお話だったよね?
       |: ::::/リ|::|:: : ;ハ.,イんィ'::i.}      んィ'::;ハ`、 |: : : : |:::::::トi:::|
          |: ::{  |::|:: /:;ハ`弋:tィ:;リ,        V::tィ:;リ,´ |: : : : |:::::::| |:::|
        |:;/  |::V::::ゝλ `-‐'          `‐-'"  _,|: : : : |:::::::| |:.;j      で、たしか砦の幹部のシロフォノさんが
        '"   |::::::::i::::::j                /::|: : : :,|:::::::| レ'
               |::::::i::::::;:ヽ、     r、       ,.イ::::|: : :.:|:|:::::/
            |:::::|:::/|::::::::`:ー-;=r--(`ヽ、-‐':::::;i:::::|: : j:| |:::/         暗黒の民の村の自警団を鍛え上げたら
               |:::;|/ |:::::ハ:;ィ'~ ,.j  {`ヽ,_\:::/|:::/}:.:/::| |/
             ∨  ヽ:|:;ノ  \.__ ,√゛  `ヘ.j:/ j;/`リ
               ,.-‐'´ ̄ {    ,イ:〈      }7 ̄`ー-、           高司祭紹介してあげるとか言ったんだっけ?
              /       \_,,/ |  廴    ..j,ィヘ〃  }
           〈 `ヽ. i        |  | `ヽ、 /   }  .{
            }    Vj      |  |   ノ´    λ  ,〉



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ___,./iilii`≧ー 、、
                   rー--一ァ'´ィiiiiii/iiiiiiノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii> 、_
                  Y、iiiiiiii,イi/iiiiii/iiiiii/iiiiii/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii> 、、
               jiiiヽi,イiii/iiiii/iiiiii/iiiiii;∠iiiiiiiiiiiiiiiii、iiiiiiiiiiiiiiiii、iiiii>.、、
                   くiiiii/iiy´`ヽム/-一'"   `ヽiiiiiiiiiiiii`゙<iiiiiiiiii`ヾー一`
               〉"ii/              |ii|iiiiiiiiiiiiiiiiii`ヽ、iiiiiiii\
                Vii/ __       -─- 、  レ|iiii7<iiiiiiiiiiiii`ヽ ̄`゙`     帝都ドートンにリジェネ使える
                マi  ァx`      チ示     レ' r `Yiiiiiiiiiiiiiii\
                ',', 弋ソj    弋::ソ       弋  }iiii下 ̄ ̄`゙
                 ゙l    ,′           l ζ }iiiiiiiiii\        司祭がいるから
                  ',   /                 |   ノiiiii>'''"`
                   ',  ゝ              ゞイiiiiiiii,′ 
       , - 、         ',    ___      l Viiiiiii|            この任務、やり遂げたら
.       /  .i          ',   f´       |     ∧. Viiii|
     ,′  |            ',  ヽ、   ノ     ,.イ    Vii|
     ,′   j            ヽ   `¨¨´   ,. イ  /    刈、            紹介してあげるよ。
─一 '"i `^ i′               `ーァ--一<     /    ,.イ  ∧
-一  - 、  .ノ              ,.イム1       / >''"     ∧
.     │ ´ l   ,..-─‐----一'";::::,' ゙|    __,彡´          ヽ、
 -- 、_ノ  .l ,.イ::::::::::::::::/::::::::::::::::;'::/ ,ゝ r<             >=`ヘ
     `l  .l::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/::ム∠__,ノ           _,>''"::::::::::::::::::\
    _,.ノ   l:::::::::::::::::/::::::::::::::::::l:/ ,.ィ;;ヽ|      _,.>彳::::::::::::::::::::::::::::;>'"ヽ、
`¨¨¨¨´`7   /::::::::::::::::'┬‐----∥'"|;;;;;;;;;;;|   ,.>''" ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::`ヽ、
___,人__,/:::::::::::::::::::::l::::::::::::::∥  |;;;;;;;;;;ノ'''"´   /::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::`
    _ノヽ ∧::::::::::::::::::::l::::::::::::::∥  ,|;;;;;;;;/     /::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-一''"  _∧:::::::::::::::::::::l:::::::::::::∥ ./;`゙''"|    /::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___,>''"∧::::::::::::::::::::::l::::::::::::∥ /;;;;;;;;;;;;;|   ム斗----───┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       r‐- 、/`ヽ- 、
       ノ   /     `丶、
     , '  ,:' ,|  |      ヽ
    /   / /|   ,}!|     :.
   / ,   /j,-‐ |   ハ_|    、j  !         そうですね。
  ' /   i ,| / | |  | ヽ|`ヽ  ゙i. |
  j./l   !/ V=ミV. | ィ=ミV l l. ,'
  川   |ハ'f、イ|ヽ\! |、イ!}l. | | !          でもその肝心のバードマンさんは
   \ l (l└‐' .厂{  ∟/ '|! /ノ:l
     \! :ト、ー'゛ 。 `ー-- '/l/イ: l
       | :l l  `_,.、r⊆ヽi'"/' !l !           自警団の若者たちを内心、小馬鹿にしてたみたいですね。
     .{ ヽ,ノ l┘ヒ. |ソ′i |.|
     !:l.  |   「 ̄>‐' |′./t:l |
     ,'/゙:、 |、| .λ ゙、/ `ヽ.|          「こんな連中になにができる」みたいな感じで。
     ,' | ヽ トミ、| /:イ、  ゙:、  `ヽ
    /r'  ヽトミ|/彡!ハ  \三ソ、
   / .!、   Y^六^ヾ、`:、  ハ! i.
  ,'  {二二コ  ,{    \ \_/イ  i
  ,' .::/〉┬--' ./ ト、   ノ 〈::::::.. ト、 |
  !、:〈/:::::|  |ア  | `T"   |:::::::. | |./


.

209 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:16:44 ID:lunOT.NU00



        / /   |l /::/       \ \
.      ,イ   |    | |/:::::/   ,イ  ∧  l ヽ \
     /   |    | |:::::/ ィ'"¨/ | /  V 、!  ヘ  ヽ          でも、その自警団の人達が勇気を振り絞るのを
     ,′  |   l | / ,/ / .| /   ∨|ヽ ハ  ヘ
     i    |   〈j::/ ,/ /   l/     Vヘ  |  ,∧
     | | !    ∨ /,>=ミ. /    ,r=く }|  l| ト、',        目撃して、自分の考えが狭かった事を反省
     | | l      V,勹::::ハ '      jr'ハ∨  ||| ヽ
     l|八  ', :|   《{::ト :::ノ|      |{::リ }  /! ト、:|
     | |∧ ヽ/∨ハ   V弋rリ     Vノ ∧/|| ',l!          するんだよね?
     Ⅵ V { V::ヘ    ', ¨´      '  '' |  :|/ リ
      ヽ  V 廴.∨:::ヽ、 ヽ    ( フ   ,.ィ|  :|
          ∨ ト、.∨ト、\  ヽ 、 _ ..< |/八 ,'
          ∨| \{ ̄ ̄\ \/j/}/ |  }/
            ヽ|   |\:: :: :: >- \     /
              ,':: :: ::.// ̄ ̄\
               /:: :: ::/ /         \



                  __  ,. : : ´: :} __,. :--.、
             ,. : : :´ ̄: : : ¨: : : : : : :.l : : : : : : ハ
          ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : Λ
        /: : : : :.,:': : : : : : : : :,: : : : : : : :l: : : : : : : : :ヘ        ええ、それで皆で危機を乗り越えて大団円。
       ,:': : : : :./: : : : : : : :/: :j: : l: : : : :.:l: : : : : : : : : :':、
       /: : : :/: : : : : : : : : ,'_: :ハ: :l: : : : l: l: : : l: : : : : : : ヘ
      ,: : : ,:': : : :,:': : : : :,ァ/: :/ ,: :!:: : : !: l:マ:、!: : : : : : : : ヽ     バードマンの人もちゃんと司祭を紹介してもらって
       l: : :/: : : :/: : : : ´/ , : /   ,: l: : : :l : l V: T: :l: : : : : : : ハ
      !: /: : : :,': : : : : :/ ,:./   Vl:.l : :l: : ! ,:.:lV: V: : : :Λ: : :',
      l:,′,: : ハ: : : : :/ ,':/_ニ-   Ⅵ: :/!: :,__ l:ハ: :.V: : : : ハ: : :.l    ちゃんと翼も元通りって終わりでしたね。
      l': :/l: :.l: : : : :,' ,ァ孑乍z   l::l:/ l :/弐ォ、 !: : l: : : : : :}: : :!
      l: ,': :V:l: : : : ハ,.ィ:℃:しソ   j:〃 j/じぅ叭 !: :j: : l: : :.ハ: ,'
      V{: : :Λ: : : l: l Vこ:.ン    }-{  ヒこ::ソ /:l: ハ: :l: : / }/     で、問題はこのクリスタニアにおける
.        l: : : :ゝト: :l: :.l 、`¨´    / l  `~’  ,: :j/:l l:,: :./  '′ 
       .l: : l: : :l:マ!: l、ヽ、   _ /   ゜ 、__  ィ': : :l //
       ,: :l: : :l: : : : l: > 、 ̄  ` ´_ .、 ,.. .ィ': : : :l/          <リジェネレーション>をどうするかですが・・・
       l: ,': : :l: l: : : l: : xZ/l`  ‐ ァ' ./:´:l : : l:l: : : :l
       l:,′: :lV: : : :lィ//V    ./ /ミz:!: : :l:l: : : :.!
         l/: : :,: :V: : : :l///ハ   / /⌒ Vヘ: :l:l: : : :.l
        /: : : , :ィV: : : l////}- ―l  ´ ̄¨Y//Vl: : : ::l
.      / : : :x《/,Λ: : :.V///ハ  l   ``Y///l: : : : :l
     /: : : : λ V/X: : : V///ハxZ≧x、 r }/// ,: : : : :l



                     ,:': : :\    ___
               __/: : : : : : ':,.-:‐´: : : :ヘ
          ,. .-: : : ̄: : : : :;: : : : : :Λ: : : : : :、: :\
       , .: :´: : : : : : : : : : : : l!: : : ',: : Λ.: : : : : ハ: : : ` :- 、
      /: : : : : : :/: : : : : : :.}: :l,: : : :l: : : :ハ:、: : : :ハ: :.、: : : `: 、          勿論、公式小説で使えている人は
   ,:': : : : : : : : /: : : : : _: -:l: :l V: : l: : : : :l V、: : : :ヘ: : \: :. 、: `:.、
  ,: : : : : : : /,.:': : : : :/: :.:/!: :l ',: :.l: : : : :l', マ:ヽ、: :ハ: : : :ヽ:. ゛,ヽ:.ヘ
  ,': : : : : : :ア´: : : : /: : : :/ l: :.l  V:.l: : : : :l ' ',: : : : : :',: : : : :ヘ: :', ヽ}       使えることを前提として話を進めます。
  l: : : : : /: : : : : : : : : : /_ +‐,'  ',:l: : : : ,'-.l _V: : : : :l: : : : : ハ:Λ
  !: : : :,:': : /: : : : : : : :.〃孑}芯   l: : : :/ ア笊z V: : : :.l: : : : : : l : :l
  l: : :/: : :,': :/: : : : : アヒ:ノト.,Λ  ヽ,':.:/ ;ハ 心 ゙ ハ: : :.l: l: : : : : !.: :!        なのでドートンの高司祭はそのままで。
  ,: :.ハ: : :,{: :l: : : : ,:イ《 VXし_,ハ   ,:メ  _! lじ.J:ハ ,: !: : ,': l, : : : :.l: :,′
.  V:l: : : :ハ: :l: : : /:.:l ヾ ゜うz刈!  r_} ̄! 匕:刈,' l: :l: /!: lV: : :.:/V
  ヾl:/l/: : V: : : {: : l  ` ^ ´     ,'   ゜, `^' .!:,/:イ ,:/ !: :./           問題は明確な描写が無く、推定に頼る
.    V:{: :.:Y `マ:.l: : ',‘、      /    ` 、_{:_;ノ ,/  ,:/
    l:V: :八 lへ!: : :l  ` ー  ´  _γ´)    }: :',   〃
    l',: : : : :ゝ!: : : : :ハ        / }´    ., イ: : ハ                といった場合です。
.    .':.V: : : : :.l: : : : : :l`r  、、   /  '_, . ィ:´:l : l: : l:Λ
   l: : l: : : : :.:l: : : : :.Λl     .フ ./: :l: : ' : :l: : ! : l: :.ハ
   !: : l: : : : :._l: : : : : :,ハ、   / _/ミzl: :l : :': : : : :.l : : ',
.   l: : :l:.:,z≦ニ!: : : : : :.;Λ、、/   ¨`、丁z/: : : : : : : : : ハ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              >"´ ̄ ̄` ヽ、
            /         .V
            /  /   ,... 、  、 .',V
           .,'  // ./"´ `ヽ  ', i .,
           .{  i//./-..._  _..-.', .i.i .l    みゆき ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           .|  {//炒゙  ."炒.}  }.i .}     |    力量で見ればフィランヌさんは使えて然るべきでしょう。    |
           ヘ ', V       |i // リ     \__________________________/
           .} iヽヽ  、_'_   j.レ'//.{
         /// リ.} }|ヽ   .ィ/ //イ {
         /ム"∠./,ィ.jニニニ 7/ / {ii ハヘ
       ./>"´ ハ{ i‐-.._ (.( (川ヽ-.._ヽ\
     ./ /´`ヽムノリ__  ゙ ´`‐、ヽー', .ト、 `ヽ
    / /./   .y.((" |   ヽ /´ j.} }ソ<ij ヽヽ  )
    .リ" /{r‐-ニ.< .)) .{________}__フ ./ ハ } リ } /
    {i { リ..-‐7  (ヽ、 \;;;;;;;;;;;;;( .(/  i {i./ r' .j
     ヽ.Y  ~~{    ~`\;;;;/´~)   .リ .Vハ‐"
     ノ .}   ハ      oヽ、_  ノ  ', j }           >フ
  ,..- "ノ/__ i.j |',` ̄ ̄ ´  /   ."ハ /´Vリ          ./ <r--i
/ ./ .j´   ヽ}.ハ     /i    ./.ハ/ ./,..-'----------‐‐"i /.<二j
{ /  /___  ./ j ハ    /;;;;|   ,'iル.{ ィ"      _... -― ヽ...<ニニj
ヘ .',  ./  /‐"{ (.Vij   ./;;;;;;;|   j、 .ヽ"----‐‐"´        '-"
  ヽ ./  /  /    /;;;;;;;;;;;|  / \
  j./  ./  ./    /;;;;;;;;;;;;;;;;;',     \
-‐"/  /   |   .∠,...-.r==.Y´ヘ      /
  ./  /   |  /;;;;;;| |;;;;||;;;;;||;;;;;;}.',   ./',
 ./  ./    V_」.......i_j....i L_jj-‐"´ヘ ./  .ヽ
. /  /     /          / /     V
./ ./     /         /  /      }i
'  /     /        /   /      ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

210 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:17:14 ID:lunOT.NU00



        -> 、_rイ_/ヽ、
.     /: : /-‐ 7「`丶\: :.\
     /: :. :.レ': /: .イ 小: :|: : : : : : :.\
.    /: : : : |: :ム/: / | ヽ|- 、|: : : : : :.ヽ             じゃあ、フィランヌさんがギャラナイ夫君に
    f: : : : :.| イ / |/ |  ヽ\`|: : .|: :. :.}
    | :| |: : .レ|/=、  |   テミ.l.|: : .|: :ト、l
    |: :l:l: : :|イう }    |┘ヾ|: :|.|: :| l|             リジェネしてあげれば解決だね。
.    } :ヽ: : :,代_ ノ     弋ンλハ|: :| .|
     |: :入: : | ""   __   "" ヒノ: : |
    |:トヽゝ: ヽ、   `´   ノ: ∧: :|
    |.j ', ト ,勹> -- z</|: :/ |./
       \f ムくノ  └l::\レ'  |'
        .{ -‐ユf――/::::::\
      /弋  ,ノ   /:::::::/ \
      Λ  .〉  }|  /:::/   /ヽ
     / \/  ハ //   /   |



                           !......................................................._
                    ,--ー‐─┤:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
                 /:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   }::::::::::::::::::::/::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::: ヘ、:::::::::::::::::::::::::::ヽ     まあ、そうなんですけど・・・
                 レ'´:::::::::::::/::::::::::::::l  `、::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::|::::::::::::::::`、
               /::::::::::::::::,イ::::::::::::::::!   `、─-、:::::\::::::\::::!::::::::::::::::::::',
              /:::::::::::/γ⌒ヽ、:::::::|    `、:::::::\:::::ヽ:::::::\::::::::::::::::::::::,   ただ、それやると随分お手軽だなぁ・・・・と
            /::::,イ:::::/:::::::::/::::八:::::::::::|    _`、::::::::::::::::::`:::::::::\::::::::::::::::,
             //{:::::::|::/::::イ レ' __ヽ、::::|   仡弍ミz、::::\::::::::::、:::::`ーz_::::,'
           〃   |:::::::l::|:::::::小 イ旡ミ、:::ヽ   lて_)`ヾ::::::::ヽ::::::::\:::::\:::::!   ここの>>1は感じてしまったようです。
              {:::::::レ1:::::{.∧i! hrヘヽ:::::\  hfひv「`ヽ::::::::::::::::::!ヽ.:::::}:::l
              |:::::/ {:::::::|| 八 弋::] `ー┘ 弋:::::丿  }::ト、:::::::::::}:::::Ⅳ:::|
               Ⅵ  ∨::::!乂ハ `ー'厂!     `ー'ノ  八リ|\:::::|:::::::::::::|    言うなれば、癒しの力でなんでもなる
                V   \| jゝ、L_ノ ' ゝ. ___,/  ∧::::八::::V:::::::::::::::!
                       ノ:::::i>、  ゚      __/:::::ノ:::::ノ┐::::::::::::::|
                     r<::::::/´) >...‐-‐/:::::__イ_,イ l|::::::::::::::::|    ような感覚が出ちゃうかなとか
                    丿 {/ / |::::://::::/ ̄ ̄¨\\ └、:::::::::::|
           ____,,.z彡/    ゙̄)  ∨/:::::::/       ヽ ヽ  \::::::|
             ̄て::::厂イ      ゙̄)__彡::://         `、`、   ',:::卜、   そんな感じです。
            γ'´::::入  \__二フーァ:::::::l          | l   l:::「`ヽ、__
            (:::::::く\\  `┬' }  /::::ィ'´{          } }   !::::\_  ̄



                     ,:': : :\    ___
               __/: : : : : : ':,.-:‐´: : : :ヘ
          ,. .-: : : ̄: : : : :;: : : : : :Λ: : : : : :、: :\
       , .: :´: : : : : : : : : : : : l!: : : ',: : Λ.: : : : : ハ: : : ` :- 、         ちょっとしたキズとかとそういうのならともかく
      /: : : : : : :/: : : : : : :.}: :l,: : : :l: : : :ハ:、: : : :ハ: :.、: : : `: 、
   ,:': : : : : : : : /: : : : : _: -:l: :l V: : l: : : : :l V、: : : :ヘ: : \: :. 、: `:.、
  ,: : : : : : : /,.:': : : : :/: :.:/!: :l ',: :.l: : : : :l', マ:ヽ、: :ハ: : : :ヽ:. ゛,ヽ:.ヘ     重大な出来事を魔法ですぐに解決とかは
  ,': : : : : : :ア´: : : : /: : : :/ l: :.l  V:.l: : : : :l ' ',: : : : : :',: : : : :ヘ: :', ヽ}
  l: : : : : /: : : : : : : : : : /_ +‐,'  ',:l: : : : ,'-.l _V: : : : :l: : : : : ハ:Λ
  !: : : :,:': : /: : : : : : : :.〃孑}芯   l: : : :/ ア笊z V: : : :.l: : : : : : l : :l     あまりやりたくないなと思ってます。
  l: : :/: : :,': :/: : : : : アヒ:ノト.,Λ  ヽ,':.:/ ;ハ 心 ゙ ハ: : :.l: l: : : : : !.: :!
  ,: :.ハ: : :,{: :l: : : : ,:イ《 VXし_,ハ   ,:メ  _! lじ.J:ハ ,: !: : ,': l, : : : :.l: :,′
.  V:l: : : :ハ: :l: : : /:.:l ヾ ゜うz刈!  r_} ̄! 匕:刈,' l: :l: /!: lV: : :.:/V      >>1はギャラナイ夫の成長もできるだけ
  ヾl:/l/: : V: : : {: : l  ` ^ ´     ,'   ゜, `^' .!:,/:イ ,:/ !: :./
.    V:{: :.:Y `マ:.l: : ',‘、      /    ` 、_{:_;ノ ,/  ,:/
    l:V: :八 lへ!: : :l  ` ー  ´  _γ´)    }: :',   〃          やってみたいそうなので・・・
    l',: : : : :ゝ!: : : : :ハ        / }´    ., イ: : ハ
.    .':.V: : : : :.l: : : : : :l`r  、、   /  '_, . ィ:´:l : l: : l:Λ
   l: : l: : : : :.:l: : : : :.Λl     .フ ./: :l: : ' : :l: : ! : l: :.ハ
   !: : l: : : : :._l: : : : : :,ハ、   / _/ミzl: :l : :': : : : :.l : : ',
.   l: : :l:.:,z≦ニ!: : : : : :.;Λ、、/   ¨`、丁z/: : : : : : : : : ハ



                   , - 、    __
               __.. . -:': : : :v:': : : : : : :ヘ
           ,. : :'´: : : : : : : : : : : l: : : : : : : : ハ
        ,. :'´: : : : : : : : : ,: :i: : : : :l: : : : : : : : :Λ           ・・・とりあえず某所で見た面白い解釈を採用します。
       /: : : : : : : : : : :,: j!: :|: : : : :l、: :l: : : : : : : \
.       ,:': : : :/: : : : : : : :/:.ハ: :l: : : : : ',V: L_: :',: : : : : :ヽ
     ,: : : : /: :/: : : , .ァ: 7  V!: : : :l: :l V: l: :ヽ: : : : : : :ハ       細部は憶えてませんが、「神聖魔法は本来、どのような
     ,′:./: :/: : /:./: /   ':,: : : :|: :l ,: l V: : : : : : :',: :.ヘ
     l: :/: : : ,: : : : : /,: /_z,   }: : :.:|: :l _zV、V: : :l: : : : ',: :ハ
     |:,: : : :/: : : : :/ ,ァ尤芯、 l: : : j: :j乍弐ミ、 : :l: : : : :lヽ: ',     宗派でもすべて使用できるが、その宗派の教義や在り方
     l;{: : : l: : : : ,イ 〃!hレuハ  l: : :/}:/ h_ハリV!: : l: : : : :} V:l
     V!: ハ:{: : : /:.Ⅳ Vし^刈  !:メ_,/ .ヒV刈 ハ: :lV: : :./   リ
     V:l: :V: : :l: :.|ヽ,ヾ辷;ン '′厂!  ‘ <ソ ,ハ:/! }: : /         によって無意識に制限を受ける。だから古の神の
      }:.l : V: : l: :.| 丶、     ノ ‘ 、__  ,ィ:/: lノ/
      l: l: : ,ヘ: {: :.l、    ̄  r‐┐    ̄ ノ: : :!
      l: |: : :l: ヾ!: :l:>.. 、    ゝノ  ,. . .ィ:´:l: : :|            神聖魔法と大陸の神聖魔法に違いも出てくる。」
      l:,': : : |: : :V: l:/z≦} `  -r<: :/: :|: : l: :.:.|
      |!: : : ハ: : : V:l//V'´    .トミハ': : :|:l:.:|: : :.!
     /: : :/: :l: : : :ヘV/,ハ      }//≧zl: :l: : :.:!            とかそんな感じだったと思います。
     ,: : : : : ,ィハ: : : : ヘ//ハ_ -‐ - }/////ミ!: : : :|
    /: : : : :x《VΛ: : : : 丶/ハ    ,///////|: : : :l
.   / : : : : λVΛ \: : : :.V/ハ   ////////!:.: : :l



.

211 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:17:59 ID:lunOT.NU00



               !`ヽ
               l   \___    __
          ,. ヘ    ヽ:`>'´    `ヽ
         /: : : :.\   ハ、 _____ヽ 
         /: :  : : : :.´ヘr.'´: ハ:ヽ: : : : :`ヽ
      /:  . : : : : /: : _,/:: :/  い: : : :.',
         .: : : : : :./:ィ'´:/ : /   l:.ト、: : :l : : :'.          <リジェネレーション>もそういう事なんだね?
       l: : : :l: : : : :l: :///     l/ ヽ: :}: : : :.l
      |: : : l: : : : :.ィ'ラ示       x=ミ }: /: : :!: :|
.       |: : _|: : : :〈 代::ハ     んハ|/: : : :ト. :!          フィランヌさんは、力量は達しているけど
        l:.:.{ |: : : : l 辷ソ      {ゝ-:ハ/l: : :./ '.:l
      l: :`l:.l: : : | :;:;:;    .   ー' ム!: :./  |l
      |∧:| l: : : |、   ‐-   :;:; /ーr ヽ             無意識的な制限をかけているていう感じで・・・
.        l/ `い: : :|:`: ..、 ____,.   ィ ど´ / 
         ∨ヽ:.!`y'ノ  ノrヽム,(´   ノ
           /:.7ヘノ { /  r‐'/:.〉  イ`i
        /l: :| !て V  rイ  !/ヽ./  !
         l !:.{ ! !ーr イ l  / /    ト、
         | l:.| l ! ! ! l ヽ、     | }、



                       ,、   ,ィ'ヽ、
                 __,/ `Y´    ヽ、
             __,.-‐〝       ヘ.  .   \
            ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \         はい。とりあえずこのスレではこの解釈を
            /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
          / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、
       / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧     便宜上、採用したいと思います。
        | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ
       |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉
       j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨    >>1は個人的に成程と思いましたし。
       {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉
       |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /
        |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ      >>203であるように、もしクリスタニアが復活すれば
       |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"
          |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |
        | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |         公式小説でフィランヌさんはリジェネが使えるでしょう。
         j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
       / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、
        / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }    
      j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |



                   ,-、
          ,λ ̄゛`ー‐--.|  ヽ-‐─--.、_
          //        .;|   . :i::.    `ヽ、
            //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、
        /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ      もし、その時までこのスレが完結しなかったら
       /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|
        / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、
     / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ    このスレのフィランヌさんも<リジェネレーション>を
     〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉
     ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'
          |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |      使う事になるでしょうが、その時はこのスレの
        | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |
        `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|
            | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|      フィランヌさんは、心理的にそういう境地に達したのだと
            リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ
          ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ
         / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ    そういう解釈をお願いします。
        / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
       / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )
      \ .:/: : :|  〉      "|. | /  /       |:.:| ::: /



            > 、 ,ノ Υ __ ,/
        , . : ´: / ≧ー┴^ー 、ヽ`丶、
        / : : : : {/´ : : : : }}: : : : \ : : \
      /: : : : : :l :| : : : : j: : :小: :ヽ: : : : : : : :\ 
.      / : :│: : :| :| : : : /|: :/ | ヘヽト. : : ヽ: :} : : ヽ、         それまでにちゃんと終わらせられれば
   /{ : :│: : :l :l : : 厶イ/ j   ',:}ヘ: : : :∨: :'\ ヘ
. /   l: : : :| : : :Ⅴ :7  ,/ /   ヽ、ヽ、: :l : : :', ヽ}
イ    |: : : :l : : : {/  ―      --   ∨:} : : : ',           問題ないけどね・・・
      ヘ: : : | : : : l ,ィ三三    三ミx、ハ/ : { : : :,
  ≠=ー-ヽ{: l : : : :∨´       ,      { }: : |ヽ:│
        |: | : : : : |: :: :.   .ィー-r   .: : }ノ: : :l Ⅵ
        |: l:l : : : :l: :: :.   {  /   .::丿: : : :′j/
ヽ、     Ⅵ:h.: : :|≧r 、  ー' , r:≦´Λ : /
  ヽ     ヽ{\ :l ,」   7^ヽ、Ⅳ j/ } /
   ヽ ヽ、/ヽ.:∧{ヽ、   >ー `ァーvj/
     \ {.:.:.:.:/ , \ ー '´  ,/⌒.:.:/{



.

212 : ◆0u9GXJLSqo (ワッチョイ a2d6-f8e7) : 2018/10/14(日) 17:18:38 ID:lunOT.NU00



          _____/  / ̄ ̄ ¨ア
      ,. . ''´ : : : : : : : :〉 ィ  _,, >'´
.    /: : : : : : : :.∧: :.レ' / ̄ヽ    /|
    /: : : : : : : : : :廴): :|/∧: : |: :\ く  Ζ__          アレ!?
    ,': : : : : : : :|: : : : : : : |: :廴)./:!: : い  \  /
.   l: : : ∧: : : !: : : : : : : |: : : :.イ ハ: : : :ド  |  \
.   |: :: :廴): : い: : : : : : |: :: :/ lノ }: :|: :! \  ̄ ̄          でもさ、データに無いモンスターとか呪文
   !: : : : : : : ハ |: : : : : :! : / /  !: :|: :|
   l: : : : : : : : 入!: : : : : | /   |: :ハ !     ! 十   l7
   |: : : : : : :.(´ V: : : : :!′   l: :! レ    | d- う o     バンバン出してたよね?
   }: : : : : : : :`T'' Ⅵ.: : :|     }: :|
   |ハ: : : ,: : : :!  ヽト: :.!l¬__ノ: : |
     ヽ: :ハ: :├―ド「ヽ| ̄ヽト、 : :|                  <リマンド>とか精霊魔法使える老竜とか
      V / \|   \=‐┐リ \| _
.        /        \/    /ム-っ
      ,'          ト、   rj  ' つ
     ,          乂.   `l  に⊃
      !     ┐       〉   ノ  ノ
.     |    |       ,ィ′/  /
.     |    └―  ―'´ !/   /



                  / ̄ >―───―-
             , -ー─ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
             |: : : : : : l: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : \
.           |: : /: :.:|: : | : : : : l\ : ヽ: :/ : : : : :\: :ヽ
          j/ : /: :.|: : | : : : : |  \/丶: : : : :.ヽ: :\ハ       アレはやる夫さん達を苦しめる手段だから
          /: : : / : : |\|l.: : : :.|、_/_\ }\: : : : : l: . : |:|
           /: : : / : : ∧ :八.: : :│ 行う示㍉ヽ: : : j\: |:|
        /: : : : | : : ,′'x=ミ、 : : l、  |j:_:::_jⅣ:.ヘ : / : :j/:|       >>1的には良いんだそうです。
         |: :/| :│ : | /イ:::ハヽ :{ :>弋_;;;ソ |│:.Vヽ.: : :│
         | :ハ: : ヽ:小'{iヘ_;;;ソfj⌒ヾ、 ''  ̄  ,| j: : :! } : : |
         ∨ ヽ: : ト{ ハ ゞ'´/ ,`-、 `ー‐ '´|/∨:|イ : :│       やる夫さん側が使えなければ良いそうです。
        ヽ   \!/\j__''_ノ ∨_ )     / : : :.|│: :│
               |: :.:ノゝ, __/⌒'ヽ、_ イ.: : : :.:|⊥:.:八        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
               |: :/: :j: : |/ ノ`ーくヽ ∨: : : : : リ'⌒\丶        |         横暴だ―!          >
              ∨: :/ : /   ̄ヽ_)_)‐': : : : :〃    `、:\      ゝ________________,ノ
            / : / /7   Y '´ ,ィ’ : /: :/       |: : :\
             /: : : / ∧{.   ノ // : : /: :/      │: : : :.ヽ    外野、ちょっと静かに。
          /: : : /{ノ ヽ\ー/「 /! : :∧:/       ハ: : : : : :i 
            /: :./ :厂\ \\ヽ∨∧ / 〃          {: ヽ.: : : :|



                  __  ,. : : ´: :} __,. :--.、
             ,. : : :´ ̄: : : ¨: : : : : : :.l : : : : : : ハ
          ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : Λ
        /: : : : :.,:': : : : : : : : :,: : : : : : : :l: : : : : : : : :ヘ
       ,:': : : : :./: : : : : : : :/: :j: : l: : : : :.:l: : : : : : : : : :':       なのでこなたさんは<ヒール>を使えません。
       /: : : :/: : : : : : : : : ,'_: :ハ: :l: : : : l: l: : : l: : : : : : : ヘ
      ,: : : ,:': : : :,:': : : : :,ァ/: :/ ,: :!:: : : !: l:マ:、!: : : : : : : : ヽ
       l: : :/: : : :/: : : : ´/ , : /   ,: l: : : :l : l V: T: :l: : : : : : : ハ    かがみさんもデータ外の古代語魔法は使えません。
      !: /: : : :,': : : : : :/ ,:./   Vl:.l : :l: : ! ,:.:lV: V: : : :Λ: : :',
      l:,′,: : ハ: : : : :/ ,':/_ニ-   Ⅵ: :/!: :,__ l:ハ: :.V: : : : ハ: : :.l
      l': :/l: :.l: : : : :,' ,ァ孑乍z   l::l:/ l :/弐ォ、 !: : l: : : : : :}: : :!   あ、でもナーセルさんは別です。
      l: ,': :V:l: : : : ハ,.ィ:℃:しソ   j:〃 j/じぅ叭 !: :j: : l: : :.ハ: ,'
      V{: : :Λ: : : l: l Vこ:.ン    }-{  ヒこ::ソ /:l: ハ: :l: : / }/
.        l: : : :ゝト: :l: :.l 、`¨´    / l  `~’  ,: :j/:l l:,: :./  '′    公式小説で使っている呪文はデータ外でも
       .l: : l: : :l:マ!: l、ヽ、   _ /   ゜ 、__  ィ': : :l //
       ,: :l: : :l: : : : l: > 、 ̄  ` ´_ .、 ,.. .ィ': : : :l/
       l: ,': : :l: l: : : l: : xZ/l`  ‐ ァ' ./:´:l : : l:l: : : :l           使えるものとします。
       l:,′: :lV: : : :lィ//V    ./ /ミz:!: : :l:l: : : :.!
         l/: : :,: :V: : : :l///ハ   / /⌒ Vヘ: :l:l: : : :.l
        /: : : , :ィV: : : l////}- ―l  ´ ̄¨Y//Vl: : : ::l
.      / : : :x《/,Λ: : :.V///ハ  l   ``Y///l: : : : :l
     /: : : : λ V/X: : : V///ハxZ≧x、 r }/// ,: : : : :l



                   ______ ./`ヽ、__,-‐、
                 ,ィ´          |´    {
                  /    /   j  :|   |     j、
                /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、      ・・・とりあえず以上は>>1の好みです。
             /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
              |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |
             | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |     色々と納得できない所や、矛盾を感じるものも
              |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j
             |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ
             j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|         出てくると思いますが、こういうモノと思ってください。
             | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|
              | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
             |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|        ・・・まあ、ギャラナイ夫君の今後については
             j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
             /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ
           /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、         色々と迷ってますが・・・
          / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉
            / /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|
        / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ、      あ、あとゲリラ投下は許して下さい。




  オチも何もなく釈明終了



.

213 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (スプー fceb-fdd1) : 2018/10/14(日) 17:24:20 ID:9DgDfAJUSd
い…遺失魔法!遺失魔法ですから!

214 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ 4615-8864) : 2018/10/14(日) 20:54:20 ID:cQuounBg00
暗黒魔法は普通の神官も使えるけど、信仰から使うことがないって設定だっけ?
だから、大陸と島で使える神聖魔法が異なるのもそういう理由とかだったような

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 おまけ イッチISを読んでみた (06/01)
  • 国際的な小咄 お知らせ ~ おまけ (06/01)
  • 国際的な小咄 7191 ブリテンがブリカス(狂)に進化したようだ! (06/01)
  • 国際的な小咄 7190 小早川秀秋という男 (06/01)
  • 国際的な小咄 7189 東映スパイダ―マン (06/01)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第65回 (06/01)
  • やる夫は竜の人財のようです 第34話 (06/01)
  • ぼくらのしずかそう 第10話 (06/01)
  • やる夫は吸血鬼と共に歩むようです 第67話 この日が来るのを待っていた (06/01)
  • すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 107 (05/31)
  • すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 106 (05/31)
  • すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 雑談 (05/31)
  • すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 105 (05/31)
  • ご加護なカンジ 12 (05/31)
  • やる夫とテトの異世界冒険記 その7 (05/31)
  • やるおはグラブルお! +47「30連やっててつくづく思うんですが、ウニウス編成分集めるのって狂気を感じますね!ヤバイですね☆」 (05/31)
  • カレドニア千年王記 第19話 女王の紅茶にサンドウィッチを添えて (05/31)
  • やる夫たちでソードワールド ステルスだらけのソードワールド (05/31)
  • やる夫たちでソードワールド 狂信者だらけのソードワールド ~ 心が折れてはいけないソードワールド (05/31)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson18『次は何する?』 (05/31)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson17『ドゥンドゥン調査しようぜ』 (05/31)
  • 目次 ジーク君は半妖の少年のようです (05/31)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 6 (05/31)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 5 (05/31)
  • レミリアと結月ゆかりは地表を掘りつくすようです Re:Story-2『拠点から徒歩数分の不浄物件』 (05/31)
  • ぜくしぃ☆さおりん 没初期案 アフター (05/31)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 63 (05/31)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 62 (05/31)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 61 (05/31)
  • 国内的な小咄 428 飛騨の山奥 (05/31)
  • 国内的な小咄 427 杜の都の広さ (05/31)
  • 国内的な小咄 426 Miso curry milk ramen (05/31)
  • 国内的な小咄 425 高速バスも鉄道も (05/31)
  • 彼らは夜を歩く 第十三話 (05/31)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 7 前編 (05/31)
  • カーきゃん□ 31回目 「夏キャンに行こう 【家に帰るまでが夏キャンです】 そのに!」 (05/31)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 39 (05/31)
  • 娯楽的な小咄 53 カレー作り、モツ編 (05/30)
  • 娯楽的な小咄 52 五里霧中な気分になる趣味 (05/30)
  • 娯楽的な小咄 51 カレー食らい (05/30)
  • やる夫たちでソードワールド 適当なライダー観 (05/30)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson16『もう なにも こわくない』 (05/30)
  • キル夫は翠緑の闇に挑むようです Misson15『背信の魚王』 (05/30)
  • ご加護なカンジ 11 (05/30)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 4 (05/30)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 3 (05/30)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 60 (05/30)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 59 (05/30)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 58 (05/30)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2異世界食堂できない夫
    3気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4英雄を作ろう!4ローグライク異世界転生
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5やる夫はソロハンターのようです
    6あさねこの小話空間6やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです
    7あんこ時々安価で鬼滅の刃7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    9IT業界のやる夫さん9ドクオが異世界転生したようです
    10やる夫たちでソードワールド10ダンガンあんこ
    11やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです11オーバーあんこ
    12アメリカンヒーローアカデミア12やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    13ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1113カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    14アカガネ山のやる夫14やる夫たちは三連星(代理)のようです
    15やる夫はギルドを経営するようです15やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    16あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG16レベルを上げるスレ
    17ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱17ニューダンガンあんこV3
    18できない子とSCP18証言と証拠は安価とあんこの後で
    19めぐみんの楽しい独身生活!19やる夫はLVが上がらないようです
    20やる夫は人形使いと呼ばれるようです20やる夫は学園生活を楽しむようです
    21森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠21できる夫達は呪われた地で抗うようです
    22コンピューター様、情報更新は義務です!!22STALKING!!
    23やる夫は竜の人財のようです23やる夫は光を目指すようです
    24イナズマイレブン/ロリ/ショタ24やる夫の野望
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    26カリブの海と海賊たちのはなし26やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    27やる夫は死なせてもらえないようです27金欠ほのぼの冒険物語
    28白頭と灰かぶりの魔女28やる夫は妖精郷を救うようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29やる夫提督と艦娘の日常
    30やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです30やる太は異世界日記を綴るようです
    31やる夫がロードバイクに乗るようです31やらない夫が霧の街を攻略するようです
    32やらない夫は集われるようです32魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    33蒼星石は亡国の王子のようです33北方人民共和国の興亡
    34正義屋さん34やらない夫は宿を再興するそうです
    35やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです35やる夫ファンタジー
    36やる夫がKenshiになるようです36怪獣育成日記
    37ダンガンカオス37Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイを
    38いきものがかりたち38やる夫、デビルサマナーになるってよ
    39やる夫が時をかけて世界を救うようです39やる夫元・提督と元・艦娘の日常
    40ペンドラゴン40主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す


    過去ログはこちら
    人気ページランキング