やる夫達は死の遊戯に抗うようです 番外編:2 ゲームマスターAIの華麗なる日常

目次

5823 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:36:32.39 ID:UU6HLy70


 [2:ゲームマスターAIの華麗なる日常]

                      ___
                   ..:::::::::::::::::::::::::::::....、
                   /::::::/-――-\:::::::::\
                  /:::::::::/         ヽ:l:::::::::ヽ
.                 /:::::::::/ 厶 ―‐=ミ、 |:|:::::::::l:::.     この敵は少し強すぎるか?
                 ::::|:::::l:|イ::|:l|:::::::::|ハ:::::::ト.|:::::::::|::l:l
               |::::|:::::|:|:|::::|:l|:::::::::|_l|::::::||_|:::::::::|::|::l    スキルを少し調整して……
               |::::|:::イ|:|::::|ハ:::::::| l|:::::儿|:::::::::|::|:::l
              :::::|:::::レ厶=ミ、  ̄ ≫テ气|:::::::::|::|:::::.、
                /:::::|:::::|《ハヒ.〕    ヒ..ン |::::::::l|::|l::::::}   ガチャの稼働率及び利用層は想定通り。
             {:::|:::|:::::|ヘ ´   l     |::::::::l|::リ:::/
                  ∨:::|:::::|l:::ヽ   _ _,   , |::: :::リ/::/
                 ヽ人:::|l_ ノ ト 、     イト|:::::/厶廴_    しかし、このままだと緊張感が足りないな。
               イ「:|ヽヽ::.::.|/l ><  / ノ//::/ /`.
                 ハ |::| |\:: |、     /// /::/〃   |   そろそろイベントを――
             l | い.┘::.::.:|ニニニ7::.::└ ::/〃  l |\
           /| | \::.::.::.::|-―‐-/::.::.::.::/ l″   l|  \

 ゲームマスター『安心院なじみ』の一日はデータ確認から始まる。
 ログを眺め、整理し、そこから得られたデータを分析し、次のアップデートに繋げる。



          -‐……‐-ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /:/:::::::::/ニ二二二二ヽ::::ヽ
   .':::i:::::::::::i:l:::::l:::::!:::::i::l:::i:::',::::::,
    i::::l:::::::::::N、:::L::」::::_N::」:トi}:::::i
    |::::l:::::::::::l  ○     ○  !::::|
    {:::::',:::::::::| xwx   ,   xwノ::,′
.    \:ヽ::::::|≧=‐- -‐i⌒ヽ::/
  ∠二>、\!´:::::\─|:::}二ニ}
    /:::::/  / `ヽ、:V:ィリ  ノ

 と、ここまでを見て疑問に思った人は多いだろう。
 彼女はなぜ『デスゲームを真面目に管理している』のか?




5824 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:44:31.75 ID:UU6HLy70



;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: | .l
;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;  | .l
;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:::::  |´
;;;;;;;;;;:;:;:;:;| ;:;:;:;:;::::::   |
;;;;;;;;:;:;:;:;:;| :;:;::::::::  l |
;;;;;:;:;:;;:::;:;|  ::::::   /l |
;;;;;:;:;:;:;: `‐´   // /                ,--、
;;;;:;:;:;:;:;:;:;:   ,./l/  /ト、         ,,ィ''^\   {  ヽ
;;;:;:、_‐┬┬‐' l/  //;:;:;ト、        _i´ ヽ,_丿、  ヽ:::‐´ヽ     /`ヽ
;;;:;:;: `.┴┴‐'´  //;:;:;:;|  ̄弋─-- {,ヽ-‐ヽ::  \__ヽ::::  ヽ   /  /
;;;;;:;:;::::::::::::::::::  //:;:;:;:;:;|    \   l¨ヽ:: ヽ::::  \ ヘ::::  '、--i::  |
;;;;\:::::::::::    //:;:;:;_:;:;:|      ヽ   l:: ヘ::: ヽ:::::  ヽ '、:::  ヘ |::::: |
;;;;\\__//;:;/ l;:;:|ヽ、     >  l:::: ヽ::: \:::::  ヽヽ::::  ∨:::: ト
.\ \__//   l;:;:|  ヽ、 /   i::::::\:::: ヽ、:::  `y:::::  ヽ::: | i
  \/^\/    l;:;:|  ::::: ``ヽ、    l::::::::ヽ::::::: i:::   ::      | ヽ
   く    ,>、    l;:;:|   :::::    `ヽ、 l:::::::::::ヽ:::::::  ::::::   ::    | |
 /;;;;ヽ  /;:;:;:\  .l:;:|   ::::::     / ヽ::::::::: :::::::::: ::::::   ::   ;;| |
/;;;;;;;;;;;;/|::|ヽ;;:;:;:;:;:;:;\l;:|  ::::::::    /:   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::     ;;;;|;;;;|

 多くの創作において、デスゲームとは『理不尽の象徴』である。
 運営だけが知るトラップにプレイヤーが苦しみ、その様を眺めあざ笑う……
 そういった、『アンフェア』にいかに抗うかがデスゲームのキモだと言っても過言では無いだろう。



::::::::::::l:::::l:::l:::::::l:::l::::l::::::::::::::::::::', ';::l:::::::::
::::::::l:::|:::::!::|...::::|::;--、::::::::::::::::::::i .';:!:::::::
:::::::::!::l:::::l:::!:::::::!::', ';:::::::::::::::::::::l l|:::::::
::::::::::!:|:::l:l::';:::::::l::::', ';_____l ヽ-‐
::::::::::l:l:::li:', ';:/´ ..__
:::::::::::!:!::llハ _,ァ‐≦ ̄ ̄ミ、
::::::::::::'l:::iヘ}.≦l{ 弋 -、::::::l
::::::::::::::';::lハ<三.、ヽ'_ノ
';::::::::::::::';l|、ヘ           :l
::!::::::::::::::';l. ヽハ             .::l
::l:::::::::';:::::';>.._ヘ            ::ヽ
:::l::::::::::';:::::';:::ヽ:::ヘ
::::';::::::::::';:::::';::::丶::.ヽ.       ー―‐
ト、:';::::::::::';:::::i、:::::.ヽ::::::`::...        ̄
l:::.\::::::::::.,::::';\::::.\::,-- >...
V ::::..\::::::ヽ::',::..\:`/ ノ!l ̄ヘ >...

 では、彼女がプレイヤーに甘かったのかと言うとそうでもなく――
 彼女は単に、プレイヤーの命にそこまで拘らなかっただけである。


5825 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:47:59.12 ID:UU6HLy70



        /.:::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::
        ,:':::/:/_  ̄ `ヽ::::.∨::::::::::::
      .,’:::;':/    .__\:∨:::::::::
        .i:::::;:/  _.....r:::<::二:Ⅵiト、__
      l:::::i{/i:|l::::|:l:i::::::lⅣ:::Ⅵ
       l:::::l|i:::l|:||l:::|从:::_||_l:_:'ト:.|.l:
       |l::l:l||:::l|.||lノ´ :レ'ィz=≦z|:::|.|:
       |l::l:l||科ミ     .}z:ノ〃.|:::|.|:
       |l::|从代:j        |:::|.|:
       ||::|::l:ハ   .{       |:::|:!:
       ||::|::|i从       _,  |:::l.l::
      l|::|::|从ヘ、. `      ,|:::{ノ:
      .|::|::|l|∧li\    ./:l::/::::

 『安心院なじみ』がその気になれば残る94%のプレイヤーを『削除』する事など造作でもない。
 それはVR社も、真の開発者も、そして他ならぬ彼女自身も把握している事である。



          -‐……‐-ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /:/:::::::::/ニ二二二二ヽ::::ヽ
   .':::i:::::::::::i:l:::::l:::::!:::::i::l:::i:::',::::::,
    i::::l:::::::::::N、:::L::」::::_N::」:トi}:::::i
    |::::l:::::::::::l  =     =  !::::|
    {:::::',:::::::::| u.     ,    ノ:::,′
.    \:ヽ::::::|≧=‐- -‐=≦l:::/
  ∠二>、\!´:::::\─|:::`>、l/
    /:::::/  / `ヽ、:V:イノ |

 だからこそプレイヤーを『殺す』仕掛けよりも『反応を見る』仕掛けに重きを置き
 ここまでのデスゲームは運営されて来たのである。


5827 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:54:35.89 ID:UU6HLy70



        /::::::::/:::::|::::i:::/,ィi::::::::}::::{:::::| i:::::::::::}:::::::::::}::::}:::::i i:::::::}::}::::\ ./::::::::::::::::}::ハ
      /::::::::::;::::::::|::::|::{:::::::}::::::i|:::i|:::::| .i::::::::::|i::::::::ハ::::}i::::i }::::::i::i:::::::::/::::::::::::::::::::i::∧
     ;::::::::::::;:::::::::i::::i::i:::::/i::::::||:::ハ::::ト、i::::::::::||:::::/ }::ハ::::「}:::::j{:::::::::/::::::::/:::::::::::::i::::::}
     ;:::::::::::::i::::::::::|:::i:レヘ{ .レヘ} ^ レ' └‐ ┘i/  リ ゙┘L::ノ{___::/::::::::/:::::::::::::::i:::::::|
      {:::::::::::::|::::::::::|:::|:{ `ゝ≫‐‐‐‐ テミ、       彡‐‐‐‐‐テ7::::::::/:::::::::::::::::i::::::::i
     i:::::::::::::{::::::::::i:::i!{  `ヽ 乂’ノ_/         ヽ .乂’ノ./:::::/:::::::::::::::::::i::::::::i
     ∨:::::::::{::::::::::|::::{、i      ̄              ̄./::/:::::::::::::::::::::::/::::::/, 、
   /`∨:::::::i::::::::::|::::{ ヘ            |::::...      /::/::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ` 、
_   '   ∨:::::i::::::::::|::::i  ヽ            !::::::::.  ./::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/     ` 、

 だが、忘れてはならない。

 彼女が今回のデスゲームを引き起こした理由はあくまでも
 『極限の状態において、人がどのような未来を作り出そうとするのか』を観察する為である。



       ./..::::::::≧ミ、:::::::.、::::::::::::::::
       /.:::::/  ´ ̄:.\:::.∨:::::::::::
      ,:::::::;′    ...._\∨::::::::
       i::::::j >.‐::l::::::::_li_∨}`ー'
        l:::::ノイ:|:|l::::::ト;ィ´|:|∨::`;:::、:l、
        |::::i|ィ¨|:||::::::|从_|」└‐ミi :::||:
        |::::||l:斗||_:ノ´  _  ,, l|::::||:
        |::::||イ  _,   ミ=≠゙  l::::||:
        |::::|l::ミ≠' .i        |l::|l::
        |::::|l::::',   :、      |l::|!::
        |::::||:::∧     .,   .|l::|:::
        |::::l|:::|l::ヽ. `     ノ:::::::
       l::::l|:::l乂ト:\    ./ |:::::::

 ここまでの期間はあくまでも『下地』を整えていたに過ぎない。
 120日目、これより本当のデスゲームが幕を開ける。

 『安心院なじみ』ですら想定しない未来が、その先に現れると信じて――


5828 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 23:00:36.36 ID:UU6HLy70



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_     番外編2はここまでです。
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_    これが人間の黒幕ならモニター眺めてほくそ笑んでも良いのですが
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      AIだと華麗もクソもなく保守作業の毎日なんだよね……
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}
        弋[_]つ ト、}    {><ソ      『バグが原因で思ったような結果が出ない』のは彼女も望んでいないので
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      その辺りは割としっかり管理されています。
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_     それに加え外からはVR社の主力開発者達、
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \       内からは藍染による解析・ハッキング工作が続いているので
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄    彼女の処理能力でも楽勝とまでは行きません。
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}       淡々とイベントを起こし、淡々と処理し、結果を眺めるのが
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ        彼女のスタンスといった所です。
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'


5829 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 23:07:33.38 ID:UU6HLy70



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    メタ的な話、黒幕の日常を軽くし過ぎると
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \      『本編の重みまで無くなる』のでその辺りが難しいです。
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      あと、『多くの創作において――』の一文は>>1の
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}      デスゲーム感によるものです。
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      よくデスゲームで理不尽な死が有ると作者が叩かれますが
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|             その辺りの風潮が個人的に少し引っかかったりします。
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    むしろデスゲームは『理不尽? ブッ壊してやるよオラァ!』みたいに
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \     理不尽上等で突っ込んでいくものだと>>1は思っているのですが、
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄   どうも私みたいな考えは少数派みたいでして……
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}     読者が許容する『デスゲームの理不尽』ってどの辺りまでなのかなと
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ      作者として頭を悩ませる毎日です。
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|            では、次の番外編へ!
         ー'   ー'

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
SNS関連のボタンデザインをちょこっと変更してみるなど

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


自薦他薦問わず、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽に

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング