スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 崩壊世界の空事情

目次 現行スレ

463 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:34:07 ID:CzsBN0As00


                                      /
                                   /
                                    /7ヽ/
                                  // ´/"          _
                       、        //  /         _ -    - _
                       ヽ      //  /      _ -        _ -
                        ,、   \   /: :|      _ -      _ -
                       /: :`: .、   く\ :|  _ -      _ -
                     `  、_ - 、Z2\\(⊃   _ -
                       _ -      ⊂)7/ \>、 -
                   _ -     _ - _7//ャ/`: .\
             _ -     _ - /: :/ /ミ//  ` 、:/ヽ、             崩壊世界の空事情
          _ -     _ - : : : /: :└- ミ'/: |
       _ -     _ -∧: : : : : :ヽ: : : : :` ': /、
     _ -     _ -   //┌- .._: : : ` ‐-: :_ノ:.∧
  _ -    _ -     //|: : ー- /: : : : : : : : : : : :',
    - _ -       //|// ‐-  _ :、: : : :,、 : : : : ;|
               /「 //      // 、 〈 \:.//
           //|/´: .‐- __//  \` ///7
              / ァl、 : : : : : : : : :ヽ    //7/
           └′ヽ\: : : : : : : : : :.\_//Z/
              ` 、7 ー 、: : : : : : : 「;/
               `ー 、/二ニ= '/ /
                    ̄ ̄ ´77
                        └'




464 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:34:39 ID:CzsBN0As00


                 _   __lヽ/l
                く`ー' ̄、ー--、 i)
      _   __lヽ/l     ̄ ̄. `ー‐‐'     ,-、    ,-,
     く`ー' ̄、ー--、 i)               |. l    / l
       ̄ ̄. `ー‐‐'               |  l    /  l
               ,--‐‐-、       __|  l_,/  |
          , -一 "ヽ   ノ ̄ ̄ ̄ ̄  r‐‐‐ ̄‐-、.  i`l
          ` ー- 、  ̄、ー--、 、 ー─‐---------- 、 / |
                ̄ ̄`ー‐' ` ー- 、         ヽ-'
                          `ー‐‐‐‐ ___
                           ..-'"´ ̄ _______ _ ̄`''-..,,
                         ..-'´___    [::)_____]::l    `''-..,,
                       ..-'"  l x l ィ=<]゚=={_l田  _,__`''-..,,_______
                 ,, --‐‐ '' "iヽ ̄ ̄ ̄ヽ [E)[__ノ i:::l.  ||  ,-‐''"ニニニニニコ___
           ,, --一 '' ´      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ` ー-- ..,,                 、ー────---------------、
                    ` ー-- ..,,_           ` ー- .,,               ヽ
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ー- .,,           ヽ ̄ ̄
                                           ` ー- .,,____,, -''"

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   「人は空を失った」と言い始めたのは誰だろうか。

   人類はかつて、火と車輪を使ってその地上へと幅広く進出した。
   そして次に船で別の大陸へと踏み出し、広大な大海原へとその活動領域を大きく広げた。
   さらに人は機械の翼を手に入れ、その空を自由に駆けることができるようになった。
   ついにはその上、宇宙への進出も果たし、それらすべてを娯楽として行き来することもあった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

465 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:35:44 ID:CzsBN0As00


:::::  :               ` 丶 、      丶、    ',    ,   ,:‘.          。
::                       ` 丶 、    丶、   ',    ’‘     +   ,..
:    ,:‘             ゞ       ` 丶 、 `丶、 ',  :::::  :
.::....                   へ         ` 丶 ,ニ=-=ニ、  ..;....
,:‘.    ..::..           。  ミ二二二二ニ#≡エ≧=,=≦#==宀-== ニ 》
     √    ,=、_+、                      _」孖くニ、´      巛
 ,:‘. 。 l ゙、   〈  Vコ               , - ,ニ¨ ̄   / ̄/'´ ̄ ̄`ヽ    ⊿
  ,   ト-゙、   ヘ ヽ. _,..‐'         /  〈 」 _,. ‐ '〈__∠ -_‐== ニニ、‐-_、 + , .. .
      ト。._iヾ- ⊥ >'´丶、 _         /_, イ_ /  _, ニ -‐l"「 | | 丶、  /  \¬\,:‘.
,:‘. 。  | | ̄¨ ̄{¨ ニ>⊿         {| _ U , ' ´_ ,ニr1|L⊥| 丶、/ _ ̄_ \  \
 :::::::’’.  |ニ |    `7"´   ∴      〈   / ┌'´ | |_,ニl ! | ||_,. ‐'´r   ` ̄ ̄ ̄ \
......      ≠                ' "´l/    | * | l _」 |Lノ ,ニ、 _, ニ -‐‥¬‐-- = 〉
     .                   _,.二|l 彡 L-┘´  「~!  _, ゝ v-‐- 、      ∠
; ', . . : +          ’。  ...∵ ノニニ|l      ,. >≫*巛   _, -\_ノ 〈 ̄`二7/
    。  , .. .    +  . : :...         l ト 、_, '´ _, ‐  弋"´    ∵∂        /
 ,:‘..... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘. △       |ト、 _, ' ´  _,. -‐ァ丶、        , イ
...     ,   ,:‘.         ....       !ヘ ,..- '_"´-//   ` ̄二_ニ.へ\ク
 :::::                , .. .       /,ニ、_三ニ' ∠,‐ァ, .-_ '_,"´ニチ‐¬=\ヽ
 ,   ,:‘. ,   ,:‘.           _ _/∠⊥__, . -‐ ' ̄ ̄\ヽ. /   r‐-〆
                       `ー--‐一' ̄´             _> `ー、‐_'ニ -彡
                                        ,   ,:‘.
      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   しかし戦後、人類はその領域をリセットされることになる。
   地上さえも満足に闊歩できなくなったこの時代、人類は空の支配も失うことになった。

   技術の喪失と共に、これまでになかった要素が、この空を支配するようになったからだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

466 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:37:24 ID:CzsBN0As00


,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
   ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                 '   ,:'   ,: '     '   ,:'
    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       :'  '   ,:',: '  '   ,:'    , ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '
   ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:' '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                 ,:',: '  '   ,:'    ,              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                    ,:',: '  '   ,:'   :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
          '   ,:'   ,: '  '   ,:',  ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
  ,:',: '  '   ,:'    ,              ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
      ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '       ,:',: '  '   ,:'    ,
  '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '        ,:',: '  '   ,:'    ,
      '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'   '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'    ,
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',: '  '   ,:'    ,
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',   '   ,:'
     :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'                       '   ,:',   '   ,:'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   かつてはなかった頻度で、異常な磁気嵐が吹くようになった。
   通信を阻害し、電子機器を狂わせるそれらは、高度な電装系を用いる航空機には天敵だった。
   地図情報も、視界情報も満足にないこの空を、全くの情報もなく飛ぶのは自殺行為に近い。

   さらに開拓の前線に近づけば、より強力なエミッションを伴うブロウアウトが起こりうる。
   この地を空路で突破するなど、もってのほかな理由の1つである。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

467 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:39:27 ID:CzsBN0As00



     __
.      \   `丶__                        ´ ̄ ̄/__
.      \   \ `丶r‐‐、 _                , ´    /   /
         \.,. -、.\  ヾ  ヾ 丶            /    /   ./ ̄/
         /  i.   、  、   、 :ヽ.         /    /   ./  /_
         |   i_  \  :、 :.、  :、     /    /   ./ , "´  /
         |   .i    ̄`ヽ  :、 :',  :.、  ./     /   ./ /   >'
         |     __| 、  ,  ',  i  /   /   ./ / > ´
           /     / .j   ! ',. ',  i  ! ,'  /    / /, ´
        /    /ij__/  .ノ.  ', ', .! .! .i  ./   ./:, " /  }ヽ
          |   / , -r'  ヽ  ', ', ! | i ./   /:/ /   / |
          |  /-r'´  ノ i_j`ー‐r‐t─‐i  i  ./ / ./ __/  !
        ー '   マ ム' / |_ノ i  !  ゝ-'ー'ー'<  /       l
                `ー '´  i    ノ .!         ヽ'  , -、  /
                     ヾ二 ノ              |  {  `ー'
                      `T                | ̄ ̄
                    ゝ、         r──.メ.
                          \     {     ノ ./{
                        `ーt──t─t‐'ー'ーf
                               `ーr-i   `ーァ___j
                              |_/ゞ:、  { .{ ゝ、
                             ゞ_ゞ   ゝ ゞ`゙

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そして最大の脅威となるのが、飛行生物の存在である。

   戦前の鳥類は航空機と比較するまでもなくその存在は小さく弱いものであった。
   しかし戦後、どういう変異を遂げたか不明ながらも、はるかに強力な鳥類が多数誕生
   航空機を敵と認識し、攻撃が可能なほどの脅威的な存在へと変貌したのである。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

468 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:41:29 ID:CzsBN0As00


                              , 斗----―――-- , __
                          , -≦ィ≦´ ̄`/` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`
                        fこr'´ヽ ヽ. ヽ /
                        //ヽ ヽ \ \/
                /〉      //ヽ \ \ ヽ/
              //      //ヽ 丶\ \/
            _/ _/      //∧丶\ \ヽY
           / __/      /// _,〉〉 \ヽ \|
          ,r='彡イ____,,,,,,,/ん′ ,∧ヽ \ ,イ
       _/r°|      ,r'r'´ヾ. _人_〉 >''´八___,
       / ,斗'"ノ∠rー--、_j ij               ィーy′
    _,ィ斗<_, イ    ,r<≧弋_____,   斗-'" ̄´
   ` ̄ ̄´    _r<≧´ー--{
           `'ヘ <ー―--,ハ
              \ー―--ム
               ` <二ニム,
                  ` <, 〉
                      `

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   音速を超えて飛行する種、金属をも貫く刺突を行う種、集団で喰らいに来る種―――
   同じように大空を飛ぶ航空機を、それらの多くは敵と認識してきていたのだ。

   これらは、空を飛ぶことはできてもそれほど丈夫でもなく自由も効きにくい航空機には天敵となった。
   いや、頑丈さも自由度もあるが、それをはるかに上回る生態が出来てしまったというべきだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

469 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:42:56 ID:CzsBN0As00

  ヘ    √ ̄\             /
   ∨⌒′   `ー-、,    .へ._/                      、、、ヽ、
              \   √´             `、、 /{         ミミ ゙ \          。
                   , ┃                  乂⌒>         ミミ、   `ヽ       ´
           /1  √  || \   √ ̄ ̄\        ^⌒           ミ、    \,,__   ´ ゚
        ,ヘ/ 〉 /  _[ロロ]_ ー一'       `ー-、                  彡,    r-ヾ  ,,.ノゝ
     .√     く_,ノ  ヽ][][/              \                  "彡,, l  /
   v^           .|曲|.                                 ノ''"i',_,メκ
                 |:|x|:|                    .             「"´  /´`π
               .|:|X|:|.                              `ー-'
                 .|::|X|::|.              バサ   _,,, バサ
               {ロロロロロ}               "ミヾ::o・ァ''  バサ
                 |:::|X|:::|             バサ∈ゞ';;ノ,ノミ`    バサ
                .| :.|X|.: |.             バサ ヽ,,ヽ,, バサ
               | .:.|X|.:. |
               .|:.: :|X|: :.:|.
              | :.: |X| :.: |
        ‐=≡ ゝ-‐[王王王王王]
     ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
    ‐=≡  / /  /    /\ \//
   ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     ‐=≡    /    /
      ‐=≡   |  _|__
       ‐=≡  \__ \
          ‐=≡ / / /
         ‐=≡  // /
        ‐=≡ / | /
       ‐=≡ / /レ
     ‐=≡ (   ̄)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   だが幸いにも、人類には知恵があった。そして打つ手もいくつかあったのだ。

   飛行中の鳥が自分の場所を知る手段として、電磁波を利用しているとされている。
   その性質が変異後だとかなり敏感になっているらしく、電波が頻繁に飛ぶ地帯には近づかない。
   これら大型変異種の鳥類が都市圏に近づかず嫌悪するのは、この影響があるとされている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

470 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:45:01 ID:CzsBN0As00

                            、                       /
                           ヾ、                     /
         、     /             ヽ                    /
          ヽ、   /              `ヽ                 /
           ヽ 、 ,/                ヽ 、               /
             ,r‐-、-ュ                 ヽ、            /
             ', _ヘ`、、               ヽ、          //
       ,,..、-''"_,,..ュヘ ヾ、               ヽ 、       / "
    -__ r ''" ',   ヘ  `               ヽ       /
   ,,.-''"r '  ── - ‐ ._ _              ヽ,  rュ/
  `-''"        ',  ヘ     ̄ ── - - __  _ ,r''"´ ̄,)
.               r', _,r' ̄ ̄ "" ''''' ──- ,r  `-ゝ- ‐ ''"::r 、-
             `ー-..,,',           ,l_,,. -‐''"`^ゝ::.-''",> ` ─- __
                "''‐ 、‐-、、  __ - ‐ ヽ..,,  ̄ ,/  - rュ       -、  ──- 、、、
                   _,,`- ‐ "´‐- 、、、、 _  ̄ / ─-、、、_     rュ ヽ`'' ‐,、      ̄ ──_
              _,,..-‐''"  ‐ ヽ、       r 、‐/ /    ,r'_ヾ,.-、‐---''"´ ,メ >、
          _,,.-‐''"         `‐-、‐-、、、ヽ,)// ` ‐-、、ヾ_=_',ソ `ヽ-、-‐へ、,ノ   ヽ,
       ─                  `‐、、_,,.- / ´  ̄~フ `゙'' >、 r-、 ',_ヽ-‐''"   ,.- ',
   _─''"                       <^/ / -‐‐-、、` 、,ノ _ ヽ、、、 __ ヽ__`ゝ-'' ,ノ "''-、y,)
   `                         ` / `""''''‐-`ヽ-''"_,,.::;-、、_  ̄.=ニo-''
                            / /"'' ‐ 、、 ___ァ-''"       ̄''"ヽ、、
                            /                     rュ'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ならばと、同じように電磁波を航空機でも広く扱えばいいとした。

   つまり、電子戦用に改修あるいは製造された電子戦ヘリを中核としたヘリ編隊の形成である。
   電子戦機のESM機能を利用し、周囲広域に電波をばら撒いて異常鳥類の接近を妨げるのである。
   これらは同時に編隊の目ともなり、無線中継や行動の指揮機体ともなる。

   さらに機体それぞれに空中での近接戦闘を想定した武装を装備し、接敵時にも柔軟な対応を行う。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

471 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:47:24 ID:CzsBN0As00



                           r-‐┐
 ,...  .   -- ── ── ---' 、、、、,,,,, ... ィィ ィ王 王    __ __ _ __
' '''''' """ ´  二二二 ニニニ = …… 三三 ≡) ) ≧).:.:) ≦三 ミミ ニ二二  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄¨¨¨¨ ``` ` ‐‐‐‐‐‐ -- --
_  -‐  "´_  -‐  ''''""´    i ̄     (1´  {血}  `1) ` 丶、` ... ..、
  ' "´                 |       `==_丘圭ユ=='           ̄ ""‐`- 、 、
                   |_     r-y'´¨ニ三三工ユ__                 ̄ "" =‐-、
                 `Y´⊥___  / /  / ハ   ̄ ̄ \
         rュ__ __    __」 LL L___ソ  / /l  !      \_ __ _,.
        ´  ̄ ̄  ̄`y' /´ ,.ニニ、`ヽ i / / .l  「 ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ`ヽ  ̄
              /i i  ' ( ) iⅥ l l  l  l ./L __ _ _ _ト、!
               i.:| l  '、 三 ノV! l | : :|. l//    .r─‐┐ ̄|
              i.:', ヽ _ニニ_ ノ.: l L: :| _」/ ,r -=┴- -┴  L
  ,.ィ8L , -─────``ー ………ニニニニコ_    L  ,/⌒ 、「ii| ̄ヽ)__ __ __.      ,.ィ8
  〈レ'8^X     )  )    ) )  ,. '´ ̄,' ̄ ̄ ``ヽV    iH{  ! ̄ ̄|__ ) )   )二)==,.ィ8
   ー'´  `¨¨iH ̄ ̄ ̄i l.に´ ̄ ̄i l´     i       i、  __ノノノ  /  。 | i´ ̄ レ'´  i `"´
        l L_ _ _レ'´  ̄`ヽ i |     ',    , ィ´ `二二二フ′   !"´ ̄`ヽL __ 」
      ニ二、:: )、:: )/ . : .: .: .:! i | , . -‐ '"´  ノ    ,.ィ'´ -- __-ノ  . :. :. :.! ニニユュ_
      ニ二、:: )、:: )  . : .: .: .:./  レ'    ,.ィ   "´  「シシ77ノノ rrァィ´   . :. : :.: ./ 、:: )、:: )
         `´/`´ . : . : ..:/-‐'´   //二二ニ_ _ノk王K / l〈 /  . :.: .: .:. /二、:: )、:: )
           '、. : .: .: .: / `ゝ-‐ハ`ヽ//       〈{ 工扛ェ===・ `ヽ.: .: .:.:/
            `¨¨¨¨´   0)) l l 1/        `~~~    l l 1"""´
                     U__ノ                U__ノ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そしてもちろん空対空戦闘に必要なのは、武装のみならず戦闘用の機体である。

   高度な誘導弾はもちろん、広範囲に対する面攻撃を行える戦闘ヘリが編隊に2機いることが望ましい。
   これは機体性能以上に小回りをとる敵に対する相互カバーを想定したものになっている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

472 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:48:40 ID:CzsBN0As00




                    ,
                     ヾ\                       _.―‐
                     ヾ\       __ _ . --― ニニ''"― '¨ ̄
           _________ヾユ´冂三===-- ― ¨  ̄´
 == ==ヾ、= ,〃-- -- -- --―――==|= fユ'´ ||ー
      ヾ、 〃             _,|l_r'└‐'└‐:-.、_
        fユへ、        _ ,r‐:'´:f^ヽ :`'ュ、: : : _:.-‐ 二三.、
       〃dノシ       r'´_: : : : : ヾン: :_.┴' ´r‐ ''"、´  、 {、
      // 'l;:.∧     f: :fノ:,,.: -‐ 'f"´fl´|f二fャ   ム -┸ =ヘ
           'l;:.:.∧     ` 7:f'´:./´|l´l:|仁|l=||_l|: ¨ニ:ニ: : : :¨´ : : :ヽ
          'l;::.:.∧  _ - '":l|: : | ´|l´|:l   !_,||=‐': : |   l: :0: :o : : p: :|
          'l;:.、. Lr'´: : : : :l|: : :L,ル ':|__ゝト、_:ノ: :.ヽ_,ノ::::::::::::::::::_:,ノ
    ,r-- ―  ''"´: : : : -: ―: : :| : : : : : : _Hア三: : : :rァ:.q.:_:q.:ユ-= ''´
   f::::::::::.:.:.: :_:_:_:=ュ: : : : ユ: : : : ¨:.ー:-: ニ:二:_:rァ-‐ ''"´|l |l f´:::}
     ̄ ̄ ̄´     ` ー/广¨ ̄ ̄ ̄ ̄ fn::ユ{           ト、:ノ
               ,h'         |U::ノ
              f::::}            ¨´
              `¨


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   この戦法であれば、問題となる鳥類との接敵はかなり減らすことができ、接敵時も対応ができる。

   しかしながらその運用はかなり困難であり、コストと兵力と技術力といったすべてを要求する。
   ヘリそのものの組織規模での所有や維持整備はもちろん、特に電子戦用機は存在すら希少である。
   汎用ヘリを改修しての代用も可能だが、どのみち編隊を組むほどのヘリを持つこと自体レベルが高い。
   どちらにしても、実行するのに必要な条件が多すぎるのである。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

473 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:50:26 ID:CzsBN0As00

                     ミ
                    ミ
   ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪ミミミ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫>>>>>>>>>>>>>
                 ミ  三  ミ   ミ
                  ミ 三 ミ   |\ミ
               ____ミ三ミ     | |ミ
               /llllllllllll    ̄》_| |ミ
           ,l ̄ ̄ ,l ̄ ̄ ̄. |ll|l ̄|-- /ミ
            ,,| __l__ . |ll| ..| =======
          |/lllllllllllllllllllllllll\|ll| ..| ,-"
         ∠l ̄|, ̄ ̄l ̄ ̄ ̄| |_|=ソソ==>
         @)\ |iiii≡|二二/___/●_) @P ヽヽヽヾヾヾゞゞゞゞ巛ゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゝゝヽ
         'lll,,,,,,ill, ̄ ̄ll!   ii\,,,,,,\,,               \三/
          ゙゙""""""""   """""""             .___lllllllll二)_∥
               _____________   ./ _|_   | ||| ===       -----±-----
                       .__iiii||ii ∥     .|/lllllllllllllll\| |||/           |||||||||-
                       /llllllllllllllllllllllll"     ◇__| ̄ | ̄フ_|_|"◇・          ""  ""
                       ||||||||||||||||7"     =~=” ̄ ̄ ̄=`=`=
                      ="=  -"-


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そして大規模な護衛を伴って空を駆ること、そのコストに見合う活動が可能かどうかも怪しいこともある。
   人員輸送にしても専用の輸送機を追加し、地上攻撃の支援であれば攻撃機を増やす必要がある。
   速度と安全性こそあるが、現状大量の輸送にはなかなか向いていないのが現状でもある。

   さらに、大規模な護衛を伴って空を駆ることは、大量のヘリと武装を維持整備し、修理する必要もある。
   それだけの資金力と技術力、そして継戦能力を備えて初めて運用ができるのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

475 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:57:07 ID:CzsBN0As00


    --  __   i  _, -―  ̄
            _,r'=、―---  ‐‐‐-
       i! ト、゛   ,r'(ミルー-、_             --  __   i  _, -―  ̄
      ,.'<| l_,ィ´ ___   (ハr、                   _,r'=、―---  ‐‐‐-
   r=r==| ===ン (ニu=u=、_}‐           i! ト、゛   ,r'(ミルー-、_
        ` ̄ー'――'―'--‐'   ノノ         ,.'<| l_,ィ´ ___   (ハr、
;:,.,.,_                           r=r==| ===ン (ニu=u=、_}‐
          ....                       ` ̄ー'――'―'--‐'   ノノ
;:;;::''""
   ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,
                                           --  __   i  _, -―  ̄
                                                   _,r'=、―---  ‐‐‐-
      ,...........::――:::::....、、_                           i! ト、゛   ,r'(ミルー-、_
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,ヽ、                        ,.'<| l_,ィ´ ___   (ハr、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、/l:.、                     r=r==| ===ン (ニu=u=、_}‐
   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/l:::.                         ` ̄ー'――'―'--‐'   ノノ
   ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/:::::,  . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''"
  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'::::::::l  ;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
  !:::::::::::::::l:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:::| ,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:;:
  ,:::::::::::::::::l:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::l/,}|:::l  """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"
  l:::l:::::::::::::|:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::, /l/リ             ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;
  |:::|::::::::::::|::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::, イ::|     .. .
  |:::|::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::, /|:::!             . . . . .    .: ..  . .
  |:::|::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l 'l::|::|
  |:::|::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::, |::|::|
  |:::|::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l ,::/リ  ~`゙゙''--、.__,,;;  ,,,,__.、--─--、_____
  |/|::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|_/_ '   ~`y、___ ___ ̄______...,,-‐‐''~       ~` -、....__ ,,,,, ,..............................,,,,-‐‐''~
  l ,::::::::::::,'::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|  `ヽ       ̄  ̄   ̄~^‐-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ.-‐‐~`‐‐‐-、__.....--‐‐""~ ̄ ゙̄w"
  ,::::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|    ', ,,;;;;,,,,;;;;,;;;;,;;,,,,;;;;;,,,;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;..,,;;;;,,,,,;;;;;::;;;:::,,,,,;;;;,,,;;,,,,,,;;;:::::::::;;;;,,,,r-、,.,..,,.,,::;;--
 ,:::::::::::/::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::|     l illlllllliiiiiillllllllllliiiiiiiiiiliiiiiiiiliiii!!!;;;,,,,,;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!iiiiiiiiiiii!!!lll;;;;;;;;;::::::: :::: ;;;


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      そして今日もまた、失ったことすら知らない人々さえも、そんな厳しい空を見上げるである

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

476 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:58:13 ID:CzsBN0As00

                            、                       /
                           ヾ、                     /
         、     /             ヽ                    /
          ヽ、   /              `ヽ                 /
           ヽ 、 ,/                ヽ 、               /
             ,r‐-、-ュ                 ヽ、            /
             ', _ヘ`、、               ヽ、          //
       ,,..、-''"_,,..ュヘ ヾ、               ヽ 、       / "
    -__ r ''" ',   ヘ  `               ヽ       /
   ,,.-''"r '  ── - ‐ ._ _              ヽ,  rュ/
  `-''"        ',  ヘ     ̄ ── - - __  _ ,r''"´ ̄,)
.               r', _,r' ̄ ̄ "" ''''' ──- ,r  `-ゝ- ‐ ''"::r 、-
             `ー-..,,',           ,l_,,. -‐''"`^ゝ::.-''",> ` ─- __
                "''‐ 、‐-、、  __ - ‐ ヽ..,,  ̄ ,/  - rュ       -、  ──- 、、、
                   _,,`- ‐ "´‐- 、、、、 _  ̄ / ─-、、、_     rュ ヽ`'' ‐,、      ̄ ──_
              _,,..-‐''"  ‐ ヽ、       r 、‐/ /    ,r'_ヾ,.-、‐---''"´ ,メ >、
          _,,.-‐''"         `‐-、‐-、、、ヽ,)// ` ‐-、、ヾ_=_',ソ `ヽ-、-‐へ、,ノ   ヽ,
       ─                  `‐、、_,,.- / ´  ̄~フ `゙'' >、 r-、 ',_ヽ-‐''"   ,.- ',
   _─''"                       <^/ / -‐‐-、、` 、,ノ _ ヽ、、、 __ ヽ__`ゝ-'' ,ノ "''-、y,)
   `                         ` / `""''''‐-`ヽ-''"_,,.::;-、、_  ̄.=ニo-''
                            / /"'' ‐ 、、 ___ァ-''"       ̄''"ヽ、、
                            /                     rュ'

   ┏━━━━━━━━━━━┓
      ESCH-57 エスコート
┏━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   MSFも保有する、汎用ヘリコプターの派生として作られた戦前の早期警戒管制機の一種。
   主に制空権保持下における、対ゲリラ戦の地上部隊の支援を念頭に開発・運用された。
   下部や側面等にレーダーや電子戦装備を多数装備し、情報や戦略等の間接的な戦闘支援はもちろん
   味方ミサイルの誘導や敵ミサイルの電子的妨害も可能になる。
   このように、小型である以上限定的ではあるもののながらAWACSとして運用されている。
   
   ただし戦後、その役割は維持しながらも対象が大きく変わることになる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

477 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/23(木) 23:59:06 ID:CzsBN0As00

                    ,
                     ヾ\                       _.―‐
                     ヾ\       __ _ . --― ニニ''"― '¨ ̄
           _________ヾユ´冂三===-- ― ¨  ̄´
 == ==ヾ、= ,〃-- -- -- --―――==|= fユ'´ ||ー
      ヾ、 〃             _,|l_r'└‐'└‐:-.、_
        fユへ、        _ ,r‐:'´:f^ヽ :`'ュ、: : : _:.-‐ 二三.、
       〃dノシ       r'´_: : : : : ヾン: :_.┴' ´r‐ ''"、´  、 {、
      // 'l;:.∧     f: :fノ:,,.: -‐ 'f"´fl´|f二fャ   ム -┸ =ヘ
           'l;:.:.∧     ` 7:f'´:./´|l´l:|仁|l=||_l|: ¨ニ:ニ: : : :¨´ : : :ヽ
          'l;::.:.∧  _ - '":l|: : | ´|l´|:l   !_,||=‐': : |   l: :0: :o : : p: :|
          'l;:.、. Lr'´: : : : :l|: : :L,ル ':|__ゝト、_:ノ: :.ヽ_,ノ::::::::::::::::::_:,ノ
    ,r-- ―  ''"´: : : : -: ―: : :| : : : : : : _Hア三: : : :rァ:.q.:_:q.:ユ-= ''´
   f::::::::::.:.:.: :_:_:_:=ュ: : : : ユ: : : : ¨:.ー:-: ニ:二:_:rァ-‐ ''"´|l |l f´:::}
     ̄ ̄ ̄´     ` ー/广¨ ̄ ̄ ̄ ̄ fn::ユ{           ト、:ノ
               ,h'         |U::ノ
              f::::}            ¨´
              `¨


   ┏━━━━━━━━━━━┓
      UTH-70 グレイホーク
┏━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   戦前で多数の国でも使われたた多目的ヘリコプター。
   ガスタービンエンジンとジェットエンジンを重ね合わせて採用し、巡航速度がかなり向上した。
   また従来と異なる点として、短時間ながらアフターバーナーを噴かしより高速に動くことができる。
   輸送はもちろん、左右のスタブ・ウイングにミサイル等の武装を追加し直接支援を行うことも可能。

                                   S  A   P  S
   しかし戦後、その両翼に付くのは急造の側面向け散弾型近接防護システムであることが多い。
   また超低空飛行や不時着、緊急脱出に備えた装備が搭載されており、機銃座も多弾数なものである。
   これらは全て、輸送する人員と機体を守るためのものになっている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

478 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/08/24(金) 00:00:07 ID:LfqkvmJ600


  /|    ,/;;;;ゝ,
 .| | zー犬'''  '' ヽ,フ
 .| | ヽル /vヽハレ,ハ     今回のおまけは以上になります
 .| | ハレο ο リ ハ
 .| |  丶 _ ''ノレ'      あと2つくらい……かな?
 .| |   ィ/◯ 7'z
⊂ニ⊃イ |   'ィ'' ̄ ヽ    もうすこし
 (,,リ   エニニ| ★ | ,,∧
  廴_ソリ::::::::::ヽ__ノイ 'j
   /:::::::::::::::::::::::::\_,,,,ノ
  ∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       |_|   |_|
.      〒  .〒

479 : どこかの名無しさん : 2018/08/24(金) 00:12:45 ID:0VHm03fg00
乙でした、まるでビックリマンチョコ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その5 (11/21)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その4 (11/21)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その12 (11/21)
  • 国際的な小咄 6005 リスカビジン (11/21)
  • 国際的な小咄 6004 気が弱い女性 (11/21)
  • 国際的な小咄 6003 おおう……もう……香港…… (11/21)
  • 国際的な小咄 6002 Boys, be ambitious (11/21)
  • 国際的な小咄 6001 特に日本政府の発言はない (11/21)
  • 国際的な小咄 6000 ジャンジャンジャーンッ! 実はこいつはこんなやつでした! (11/21)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第七十一話 (11/21)
  • アカガネ山のやる夫 第4話 (11/21)
  • アカガネ山のやる夫 お話その8:ありえたはずのIFの未来 (11/21)
  • アカガネ山のやる夫 お話その7:誕生日プレゼント (11/21)
  • アメリカンヒーローアカデミア 38 (11/21)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第15話「闇のクリスタルを求めて新たな世界へ!」 (11/21)
  • 国際的な小咄 5999 バッサリ! (11/20)
  • 国際的な小咄 5998 二宮尊徳の知名度 (11/20)
  • 国際的な小咄 5997 インドでのアルビノ (11/20)
  • 国際的な小咄 5996 ポパイとかいう畜生 (11/20)
  • 国際的な小咄 5995 嫌いではないんだ……だけどな…… (11/20)
  • 新月の夜の幻葬読書会 86 (11/20)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その12 (11/20)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その11 (11/20)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その10 (11/20)
  • 国際的な小咄 5994 日本の野党さんは…… (11/20)
  • 国際的な小咄 5993 いつもの中国 (11/20)
  • 国際的な小咄 5992 小池百合子がただのおばちゃん? (11/20)
  • 国際的な小咄 5991 イッチは別に力がないキャラが嫌いなわけやないんやで? (11/20)
  • 国際的な小咄 5990 技術の進歩じゃーっ! (11/20)
  • やる夫は光を目指すようです 第九話 「反逆の牙への鎮魂歌」 後編 (11/20)
  • やる夫は光を目指すようです 第九話 「反逆の牙への鎮魂歌」 前編 (11/20)
  • やる夫は光を目指すようです 第八話 「白銀と白金」 後編 (11/20)
  • やる夫は光を目指すようです 第八話 「白銀と白金」 前編 (11/20)
  • アメリカンヒーローアカデミア 37 (11/20)
  • 国際的な小咄 5989 ヤギの乳 (11/20)
  • 国際的な小咄 5988 最近の中国歴史ものの人気は (11/20)
  • 国際的な小咄 5987 歴史修正主義 (11/20)
  • 国際的な小咄 5986 証 (11/20)
  • 国際的な小咄 5985 ワイマール時代の失敗 (11/20)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その11 (11/20)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(47) (11/20)
  • 賭博黙示録 ゼナ 6(完) (11/20)
  • 国際的な小咄 5984 民主三年間 (11/19)
  • 国際的な小咄 5983 気合が入った……? (11/19)
  • 国際的な小咄 5982 アメリカって、怖い(白目) (11/19)
  • 国際的な小咄 5981 あ……この土地、イギリスほどじゃないけどヤバイ…… (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その9 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その8 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その7 (11/19)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ