スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
リンクミスの報告は助かるのですが、書いてないURLの質問等は基本的にNGとさせて頂いております。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

新月の夜の幻葬読書会 35

目次

4977 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/07/29(日) 20:52:32 ID:6yqp9eJB
>>4761

__________________________________
|.o                        .o                       o|
|                                                     |
|                           ....                            |
|                        ": : : : i : : : :` 、                     |
|                     ,´: ヽャ==i===z/ :`.,                        |
|                  ,i!γ⌒ヾ: : :γ⌒ヾ: ',                      |
|                     {: : ゞ_..ツ :-: :ゞ_..ツ : }                        |
|                     i: : :、-======-,、: ,' i                         |
|                   i"!:::i!i._{i}`   '{i}.」i!:::!`!                     |
|                    '、.!::i!-‐  .i   ‐-i!:::! ,!                    |
|                       !::i!、  -=ァ  i!:::!"                        |
|                     _,,,。!:i!::` x _ ,i!ィ'::i!::!、 _                       |
|              ._ .,, 。s≦ : : ; {二二二二二ニ}: : ;;≧s。 ,,_               |
|            ', : : : :" : : : ; .:寸二二二ニ〆 : ∥: : : : ∥               |
|               .',: : : i : : : ; .:-:i}二二二{! : - " : : : : ∥   ,‐.            .|
|                }i、: : ::i: : : : 、 : : : : : : : : : : , ' : : ; : : :/',    {: :ゝ、         |
|                 }i:i:.、: :| : : : : ` 、 : ; ; ; ; : : ": : : : ; : /二',  〉''゛{:\          .|
|               .}ニニ`、|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/二二',  ,":i^ヾ、 ;}          |
|               ,'二ニニ} : : : : : : : : : : : : : : :,': : : : :{二二=;-‐'_i¨`; ::}´         .|
|               ,ニニニ} : : : : : : : : : ; : ; : ´ ; : : : : {ニニ,': {: : i´;i;,ノ!´           .|
|                                                     |
|          _  _  __  _  _ ___ __ __            |
|          | |∧| | |,rュ | | \| |└┐┌┘| l二 | ┌‐、ヽ            |
|           | ∧ |. | r‐┐ | | |\ |  ||  | l二 | L..ノ ノ           |
|           ̄  ̄  ̄    ̄  ̄   ̄    ̄    ̄ ̄  ̄ ̄´            .|
|                                                     |
|  ┏──────────────────────────────┓. |
|  │・強い。人類最強レベルというか、ぶっちぎりで最強               │. |
|  │・高名な英雄の子孫で、前国王の息子、王族として教育を受けている  . │. |
|  │・少数の仲間と共に、魔物の軍勢を滅ぼし、世界を平和にした      .│. |
|  │・世界中を旅して、先々であらゆる謎を解き、数々のトラブルを解決した. │. |
|  │・様々な宝物や世界最強レベルの装備を所持                 │. |
|  │・近隣の国家は昔からの友好国で、王族が旅の仲間              │. |
|  │・王位を譲られ国王となった                             │. |
|  │・破壊神を破壊した男                               │. |
|  ┗──────────────────────────────┛. |
|                                                     |
|.o                           o                       o|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       .■───────────────────────■
       .│                                  │
       .│ 【 急募・勇者を追放するだけの簡単なお仕事です 】.│
       .│                                  │
       .■───────────────────────■



結局今週は投下できなかった……
ではどうぞ!



4978 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/29(日) 20:53:34 ID:aBiKdeQN
勇者は世間の見方がわからない

4979 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/29(日) 20:53:53 ID:wuYioDlV
魔法使いさんが死んだ!この人でなし!
そして生き返った(いつもの)

4980 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/29(日) 20:58:48 ID:5GWvy8X9
ぶっちゃけ大英雄で王様って時点で、国民に大人気で人望MAXなのは当然なんだよね
戦闘では苦戦したこともあるって言ってるし
追放する方が戦うより無理ゲーって感(戦って勝てるとは言ってない)

4982 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/29(日) 21:46:29 ID:u6xSxJFN
>>4980
でも追放しないと宰相さまの胃がマッハやぞ(震え声

4981 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/29(日) 21:00:44 ID:8cUHylAX
なんか既視感あると思ったらルーデルにムチャブリされるガーデルマンだわこれ

4984 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/30(月) 00:05:08 ID:9r2rXxyk
描写が増えるにつれてこれ王族的に邪魔でしかねえw
かといって取り込もうにも本人にその気がないうえに王族同士の国際問題てw

4985 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/30(月) 00:06:29 ID:htQxnWro
勇者が鉄砲玉と呼ばれる理由がよく分かるね。
帰ってきたら面倒なのだ。

4986 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/30(月) 00:08:07 ID:/6eGc7KJ
一応帰ってきた場合の対策も作られてはいるんや

時代の流れと共に物騒な方へシフトしただけで…

4987 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/30(月) 09:18:35 ID:NNDfyf+0
婦女暴行未遂の濡れ衣着せようとするのはどうかと思う(目反らし

4988 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/30(月) 09:38:00 ID:pU5oWhv1
破壊神の復活を目論んでた邪教集団のリーダーが善意100%の自称忠臣だった件はまぁうん
勇者を勇者らしく生きさせてやりたい一心で自己犠牲も厭わなかったあたりが本当に酷い(褒め言葉)
勇者直々に斬られて満足気に死んだシーンの勝ち逃げされちゃったな感は異常


5056 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/07/30(月) 23:44:05 ID:rTxvV8HH
ええと次の方が文字化けしてるので後に回して

>>4766


       ___ `ヾ:ァ´:::::::::::::::::::::::....、
      ' ̄ ̄≧/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,ィ㌻イ:::::::::::::::|::::::::::::j::::l:l::l:l:l
          |::::::::::::::::l::::::::::/|::/メ从}
            八:::::::i⌒'|:::::::/.芹fj /:|                          _
             \::ヽr'|:::N ,, ー ゝ|                  -=-    ̄    ̄    -=-
              \:ハ:| |    , /                 -=-                        -=-
                |  :! r―-イ:!               -=-                          -=-
           _-=ニ=-_ |_   レ′             -=-   魔界随一の読心魔族ですが        -=-
           ,イ===-_ ~‐ト、               -=-                                -=-
            /_-ニニニニ-≧s_\             -=-                                    -=-
          ハニ/ニニニニYニ|:::ヽ:`i_           -=-         魔王様の性癖が丸見えすぎて         -=-
         ハ|ニ|-ニニニニニ}ニ|`ー<:::ヽ          -=-                                        -=-
        ,:i:i|ニ|-ニニニニニ|ニ|    `く            -=-                                   -=-
         |:i:iⅣニニニニニヤニニ}::.........:::::}            -=-               能力を明かせません      -ニ-
 .        l:i:i:i{-ニニニニアニ二|::::::::::::::人              -=-                               -ニ-
          |:i:i7ニニニニニ}ニニニ|≧==く:i:i:iヽ             -ニ-                           -ニ-
          ̄|ニニニニ-リニ二ニ|=‐  |ヽ:i:i:|                 -ニ-                    -ニ-
          イニニニニ-ヽ二二|    |  ヾ!                  -ニ-      _   -ニ-
        ,イ/ニニニニニニ-〉二_|    |}、                             ̄― ̄
       ,イニ|ニニニニニニニム二_|    |ニト.、
        /-ニl|ニニニニニニニニヽニ|    人=マ:i\    廿ノL        |            |
                               中 ||    た  │        │ 気  罵  踏  今
                               十 |し     だ   |            |  合  っ   ん   日
                               ___    し   |          |  入  た  だ  は
                                 |\       |  _,.. -─- .._ |  れ  り.  り.  そ
                                 |    口水 ,ノ'´          `|  ろ.  し   蹴  の
                                       止日 |             〈.  よ  て  っ  格
                                の         |           }. ! .貰.  た  好
                                ま    む  j               |    う  り   で
                                ま    際  { --‐- 、  -‐ 、|.    !
                                で    は   〉─- 、      , -‐|
                                良       /.:::::::::::::!  rヘ  /.::::::::}
                                い        /.:.:.:.:.:.:::::j   , -、 {.:.::.:.:.:\
                                //     /.: : : : .:.:::ノ /:l|::.:i 、::.:.:..:. : :ヽ_,.ィヽ._,/
          ヽ                   \.゚ ゚    /、_____,. ´ /..::l|::.:.l `  ..____ノ  {   j
           ヽ                    ヽ/`丶/          '..:.:.:i!::.:.:!        ` ‐-{
            ヽ_________          {.        {..:.:.:ハ:.:.:..!          _,ノ
                           ヽ        }ヾー- 、     丶ノ 丶ノ    ,. -‐.::.: ̄: {
                            ヽ        ! :j . .:..:.:!  /             i{.:.:.:.::.:..:.::...:.}
                             ヽ      ` . ..:.:.::ノ ,′          ゞ:.:.:.:.:.:..:..:.ノ
:::::::::::::::::::::::::::|::::::/_|_/ |::::::::::::::::/|::/ .u  |::::::::/ |::::::::{
:::::::::::::::::::::::::::|::::;'´ |:ハ:|`ヽ__/`:/=-, ,,,ノ |:::::/   !::l!:/
:::::::::::::::::::::::::::|::::!  Ⅳl' |::/|// ` ̄""´~''ヽ |::/ 、、 |:::ノ
:::::::::::::::::::::::::::l::::!三_>―――-ミヽ       \   ヽ {
: :::::::::::::::::::::: ハ::| /   ィ二ヽ  ヽ         ヽ'―‐〈
:::::::::::::::::::::::::' ';l |    { { rァ } }   |-ニ-_   /  ___}                   _________
: :::::::::::::::::::: |    |    ヽニノノ  |ニ三三ニ_,'  /   |                 /
::: :::::::::::::::::: |    | __       /'ニ三三ニ|   !    ヽ                r 、     /=ニニニニニニ|
::::: :::::::::::::::: |  (__)____/        |   !    }              /、=\   /二二____|
.::::: :::::::::::::::: |  (__)____/        |   !    }            / /=ト、_) /ニニニ/__/}_,___|
::::::: :::::::::::::: |      三三三ニ          |   ̄ ̄ (           /  /ニ|  ′ニ/ `¨)/¨¨⌒´|
:::::::::::::::::|::::::|  |                     `ー―。 O -`ヘ__  __/   /二└‐┤ニ/ ー/   r、_,|
'::::::::::::::::|l:::::|    r~ヽ                        |::::::::/l::|.       /二二二 |ニニ|   _, ィ ェェゝ|
ハ:::::::::::: |l:::::|    l   `ヽ_               u. 从::::' ,        `¨¨¨¨¨¨¨|ニ∧て 〇ノ三ニ、|
 ';:::::::::: !|::/    \_,、      ̄`´⌒´ ̄ヽ_ノ       /:::::::;'           {    /ニ三∧    ゞ'^ |
ーヘ:::::::::!|;'   .u    ヽ_,、        ノ      .:' ::::::/.         {   {∨. |ニニ三∧t‐┬トrェェ|
   ヽ::::|≧s。             `ー―--― ´      .イ:::::::::/.          {∨ ∧∨/|ニ三三∧i:i:| {`¨¨ |
    Ⅵ   >s。                     イ::::::::::::/.           ∧∨ ∧/ニ|ニ三三三|i:i:i| \i:i|
.                                            ∧ \/ニ二三三三/i:i://⌒^'''|
                                              ∧ /ニ二三三三/i:i://i:i:i:i:i:i:i|


5057 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 00:12:41 ID:c0C4l+ZO
魔王だけじゃなく性癖ヤバい奴が多すぎるだろこの魔界w

5058 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 00:29:50 ID:YZIPc0u1
「小人閑居して不善を成す」……人間、暇を持て余すと碌なことをしない

文化的に進歩することが幸せとは限らない実例を見せつけられる
初心な独身……おっと、読心魔族という構図であるなあ

5059 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 00:31:26 ID:buQG5rZe
「そのへんから湧いてくる野生のスケルトンを狩ってきて配下の雑兵に仕立て上げる任務」っていう建前だけど
実はその野良スケルトン全部魔王様の分身っていうか体の一部みたいなもんっていうか、うん
足を引っ張るフリして執拗にクツ脱がそうとしてくる狡猾さはまさに魔王

5060 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 02:27:44 ID:EjHFCPDb
悪態ついてる主人公自身がショタ大好きという業の深さ。

5061 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 06:24:43 ID:pWNGZhxB
誰だよ性癖の魔王城って言ったやつ

5062 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 07:46:10 ID:Tx2Ih/+t
・・・これ、とっくに人間側にもバレて無い?
なんかそういう教育受けたっぽいキャラがチラホラと

5063 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 07:47:55 ID:TZhRd+qi
だって隠す必要もないしな!
お互いに特に戦争をする必要性もないのだ。

5064 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 10:54:44 ID:ZhHqf1ob
>>5062
人間側にも性癖やばいのいるからだいじょーぶだいじょーぶ

5065 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 11:30:13 ID:1CrBwf4l
魔王にくっころされるためだけにTS転生してレベル1で魔王城までスニーキングした男の娘勇者とか
元、女で性癖倒錯しすぎで笑ったwww

5066 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 12:30:19 ID:YZIPc0u1
魔王の隠し子という噂があった魔公女がガチだと発覚した理由が
圧迫祭りだとか草も生えない

5067 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 13:53:27 ID:buQG5rZe
「アンデッド特有の虚無感つらい……生きてる実感味わいたい、もっとスリルを、刺激をくれよォ!」が発端のドM堕ちとか
「読心能力強力すぎてもう何が自分の心なのか分かんない……だから初恋の思い出にすがる!」由来のショタコンとか
一応それなりに重いシリアスな背景が意外にあったりするから(震え声)

え、靴下フェチとか半ズボン萌えとか? うん、まぁ、そうねぇ……たぶん素の趣味かなぁ……

5068 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 15:27:27 ID:ZhHqf1ob
と、言うことは……
あの腐った(物理的な意味ではない)魔姫様の趣味にも、まだ語られていないだけで重いシリアスな背景がある可能性が…?

5069 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 17:07:46 ID:eqAnFL1w
>>5068
ヒント:昔初恋今怨敵の人間若公爵様の性癖&過去&出場

草バエねえ

5070 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 18:13:32 ID:dmeOr51P
メカフェチの研究者が新兵器とか言いながらロボ作ってたの、絶対自分の趣味だよな。
潜入工作用とか言ってロボ娘も作ってたし。


5079 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/07/31(火) 21:04:39 ID:eprr0WyB

>>4768


                 ____
こ                   ( ,-、)-ミ
れ               r''"(,,ィ-x_) ノハ
が       >''"二ニ)  ヽY´___ィ  `ヾ⌒ヽ___ ノ}z
ぼ      / ,ィ'ヾ>===ィソソ⌒≪巛巛彡ミ、ゝ─=  __'"⌒゙ヽ
く      (_,イ,イニィ-、≦{==〈くくく≫==--}彡ミ} / ∨ }     ゝ==-''
の       ,'ニ{:,-、::::::゙Θィ::t''" ⌒ヾ_, ノ彡ミ,' {___人__,'    ヽ ヽー、
た      ,イニミvv^^V∨::::爻=彡 ,,ィ=三ミ,イ-''" }_}/⌒ヽ,,,   ィ ヾハ ̄ ̄`ヽ
だ     ,トニミイ  マ,/ソ,'::::爻>=ニミミ≫イ ''" --"   ニニ_ .ノ  }ハ//ー''"
し   ,ィニミイ   マxx/''r/彡ミァ'''") ノ {  ハ {''" ,ィ-、  ヾ',ヽ  ハ | `‘,
い   {ミイ´     ヾ‐''ハ/ミ,イ、`¨乂ー(     ィ‐ミ  イ __>イ 丿.イ   ',
せ   `゚       イ,,ノ{ミイ ノ ソ  )  {乂   ゞソハ ゞ  ) { イ-ハ  ‘,
ん           i{ : ∨ У ,,' イィ  ', 乂ニ==''゙" (( ( iイ、 ゝ‐'  、 } }
た           ,,.ィ  / ,'       ヽ   从  仆 リ i. }  {    リ`ヾ_              __,イ'
く         γ"  { {        ハ ノゞゞー、ムイイ爻イ   ヽ__/"´   `ヽ        ム,斗''" /
          ゝ‐''`ヘヾ     =ニニイ、 丿ノ ノ ノ{((::::::〉    V         ヽ      {.V //  ',
                 i ∧、__ 爻  __ノ}  爻彡''ハ:::::::/.       ',.          }',、     ヽ∨{   `Y
              ,'   {    ゞ''"   リ:::::::::::::::.イ      ノ     )   ) . リ  , ---く}ヾ',   }ム
             ‐''゙乂== ハ ヽ う)     ',:::::::::::イ  彡==-ミ ' ヾ、___ イ  イ イ ゝ‐くニ>イ  }'  ,',' リ
                   {:::::::::ハ        }:::::::::::}      ',   ハヾ、ニニニ>イ イヽ、_   , イ   //'ィ''"ヽ、__ノ
                 ゞ:::::::::乂      ,イ::::::::::::,'         ,イ.  ヾ¨´   〈 /  ≫=≪zzz≠"斗''´ ̄ ̄
                  ヘ:::::::::::{ゝ‐''''''‐ {::::::::::::/    ==ミ  ,イ ) ,ハ,'    ゝ{  〈⌒ノ 丿i  ,'ィ⌒ヾ
                    /  ',:::::::::} }.    i:::::::::/  {   rミハ.}i (   イノ       `ヽ、ニ=イ彡 イ、__ノ
                ,'イ.  {:::::::::| イ.   リ:::::::/乂   、乂彡___イー"/         ニ==≧''゙イ
                从 }:::::::::|   ゝ爻'::::::::ハ  ゝ=--==≪ミリ::::::::::/         ー=''''"
                  ∨::::::::j.   /:::::::::/   { ///,イ:::::::::::,'   乂___ィ、
                     /::::::::{    l::::::::::,'ゝ乂 、乂___   ァzzzzz〈ゝー'
                      ノ:::::::::::',  ,ィ:::::::::::{.          {ニニニニム
                 {ニニニニ}   {ニニニム         ¨¨¨¨´
                     マ三ヤ".   マ三≫"



          ,..--、ィ--< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        , こ、,,、.., >ァ   ハイスピード・オウルナイツ 外伝      ヽ
       (Y::::::::::Oト、ノY                               V
          !:::::;;;r‐弋'ノ    毛 玉 / R U N  A W U Y       .}
           〕                                    /
         弋   Yヽ                              Yヾ
         {:`iー^ー.|:::|一^ー^-^ー^-^ー^-^ー^-^ー^-^ー^-^ー^-ー^-|:::}
         `¨    `¨                              `¨



ではどうぞ(ところでAWUYは誤字だろうか?)


5080 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 21:13:59 ID:32vujqTF
毛玉ァ!!(2ページぶり20回目)

5081 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 21:15:04 ID:T5hiGyW7
毛玉ァッー!!

5082 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 21:19:49 ID:c0C4l+ZO
力入れて洗いすぎて毛が全部フェルトになるとかどんだけだよとw

5083 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 21:23:41 ID:NdfBbZD+
毛玉の逃避行なのに塔飛行と誤字るの辞めろ毛玉ァ!!

5084 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 21:56:28 ID:Tx2Ih/+t
あ~あ、村が毛に呑まれちゃったよ
ソコの爺!禿が治ったと勘違いしてんじゃねえ!

5085 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 22:13:52 ID:T5hiGyW7
ありとあらゆる物が毛玉ァ!!に絡め捕られちまったよ
毛玉ァ魂ィ!?喧しいわw

5086 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 23:12:22 ID:68RpwCO2
ギャグパートもアレだけど恐ろしい位に詰め込まれたシリアス要素
さすが帯で「7巻で壮絶な最期を迎えた僕がどうして笑顔で逝けたのか、どうして厄災と相打ちになれたのか。その答え合わせをしようじゃないか」って言ってるだけある。
そりゃ分厚くもなるよコレ。だが毛玉ァ!お前ギャグパート死ぬほど輝いてるな毛玉ァ!

5087 : 梱包済みのやる夫 : 2018/07/31(火) 23:30:22 ID:XeGKZP0u
毛玉の弱点が純粋無垢な少年少女ってとこ好き
自分の嫌なところを知ってるからこそ子供に甘く、誰よりも未来に託すことが出来た毛玉と子供達との友情が尊い……

5088 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/01(水) 14:38:01 ID:ZLbP5u7A
毛玉ァー!!を本気で怒らせたシーンは圧巻
彼の感知するありとあらゆる『毛』を奪い操る能力はギャグで済まされなかったな
全身の羽『毛』を一瞬で奪いつくされなすすべもなく地上に次々と墜落する鳥たち…
それを優しく受け止め、残酷な言葉を吐く毛玉ァ!!
『けをうばわれ、そらをうしなったとりたちよ
そのぶざまなすがたで、そらをみあげつづけるがいい
そのぶざまなすがたで、いきつづけるがいい』

5089 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/01(水) 17:42:13 ID:dI2hG5ZX
ギャグとシリアスのギャップ激しすぎぃ!?
でもそんなところが好きだよ毛玉ァ!!


5137 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/08/02(木) 19:59:12 ID:LC/kGI2b
こんばんは、今日は架空図書です

5139 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 20:21:24 ID:DjlTznlZ
何時から?


5140 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/08/02(木) 20:23:03 ID:LC/kGI2b

>>4773

いまからさっ!


                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ...:::::::::::::::...ヽ  l:. ./ l lヘ    \
                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::. :::::::::. ヽ .::/ / ト、     \
                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::. :::::::. k/l /  .|       .)
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::. ::::. ノl |/ .:: l       /l
                -,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::::::::::. .l/ .}:::. .: }ト:|      //
                  ''''--,=,,,,,_::::::::::::::::::___:::=-=''" l ,,/|::,-.,/::...     / }
                "''''-<=/_ /  ̄ ̄''''" ./,,,,,|--='''|"  .レ,- |:::::::::::..  / /
                :::::::::;//::::/=,,,,,/,,,,,,=-''/:::::/l:::::: l:::  .ト::/ )::::::::::::::./ /l
                :::/,,,/:::/|:::::::::::::::   /l:::::/,,,|:::: /:::  .|:/./:::::::::/"  ./ |
                /_: : |::./、|::::::/:::::  ./-|:/": ::|::/:|:::: .|.|_./:::,:::://  /  l
                ""''-|/、:|:::/|::::: , .//,-l-'''''"l/"'|:: l.|::::::/-"::::::  ノ  }
                -ゑ\-": :l/:::l:: /l/: : :-=,lゑ=-" l:..//:::/l::::::::::: /  /"
                : : : : : : : : : ::|:/: : : : : : : : :    |/:':::(:::::::::   / //
                : : : : : : : : : : :l:  : : : : : :   /l::::/^l::::::::..:: ....::/ l
                : : : : : : : : : :::::l: : : : :   /:::/へ::::::::..      .|




        【 オリジナル『ジョン=コバックより憎しみをこめて~From John=Cobac with Hatred~』 】




                             , ´: : : : : : : : : ヽ
                             , : : : : : : : : : : : : : 、
                              /: : :/: : : : : : : :\ ∧
.                            /イ: :/: : : : : : : : : : l\|
                              l/l: :, ――‐ 、ヽl
                             //  ̄ \\
                            <, ≦、  ̄ ̄, ≧ >
                         ,      / \    `ヽ
.                          /        (    )     ヽ
                       ,〈    ―- 、 ヽ   ,' , -―‐ l 、 ヽ
                      ∧〉 l / `ヽ ヽ ∨ ,,' /  ' ― l、 l〈∧
                      / `ヽ,l//'   ヽ ∧〉〈'∧ /    l l//∧
.                      /     l/l|    V/_\∨     ,//  ∧
                    /    ,//l/l|    ´, ― 、`     l ///   l
                       /////∧―┬― ==―┬‐┬ l///   ヽ
                    人 {//////∧_l____l___l__l__ !//////、
                    ヽ/////////∧ l     !.    l  l |///イ,  , )
                .     `ヾ///////∧_l____l___l_|_l//ノ' ノ'
.                       {{_ノノ////∧     l     l  l l‐r‐ r'''l
                       从 l//////∧__.l___|__l__l__l  | |
                          l///////∧   l     l  l l lr'__ l
                         l//////////≧z 。 . _ l__|__|__l {/}l l
                         l////////////////____l、ー 'ノ
                          ̄l////////l  l////// lノ  l//ll
                          `}///////l  l///// l   l//ll
                              ////////〈  /////〉 /〉.  l//ll
                              〉////////  }///彡  {.   l//ll
                             }////////,  ///     {




ではどうぞ


5141 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 20:35:46 ID:wguKEQK9
某所で一番No、nonononono!の回数が多かったのが
風呂に入らされるシーンと集計されて草

5142 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 20:37:30 ID:B81MNiwJ
そんなことより作者が洒落で入れた犬溶接マンのせいで
アメリカとの訴訟沙汰はどうなった?(明後日の方を見ながら

5143 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 20:43:34 ID:cNchglFq
復讐は許されないけどとにかく殺すという容赦のないスタイルすこ
許してくれ!なんでもするから!!に対して鉛玉を打ち込んだ後「許した」の軽くて重い言葉よ

5144 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 20:59:56 ID:U02Pe49c
一巻冒頭で世界観説明とかの役割してるプロローグの手紙が結構秀逸な感じ。
「ジョン=コバックより憎しみをこめて、この言葉を贈ろう。苦しんで死ね」
書き方上手くて読んでるときマジでぞわっとした。


5145 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 22:21:15 ID:J9pJObcC
中盤のドチンピラのトラック泥棒の
「ところでこのトラック臭くない?」「臭くないと思うよ」「思うってなんだよ…」
これ伏線だったんだな、全部読んでから気がついた

5146 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/02(木) 23:02:35 ID:U+n4bcxb
しかし、恩人の息子を助けたと思ったら、その子に親の仇だと思われてて撃たれる最期とはな
「あんたは殺した相手の言い訳を聞いたのか」とか「大勢殺しておいて自分だけ許されると思ってたのか」とか言われて
その子の親に関しては無実ではあっても、因果応報なんだよな

5147 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 11:56:43 ID:e3ViGphU
「これは復讐の物語」
まさにそうなのだよなぁ

5148 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 18:05:45 ID:cpIRaYB7
「だからなんだ?」という言葉があそこまで重い作品は思い浮かばんかった。


5149 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2018/08/03(金) 20:40:17 ID:kh33TOrA


日付変わったらこの間言ってた例の企画が始動日なので
お暇な人は是非参加していってね! それはそれとして今日も架空図書そぉい!


>>4774



             _, - '´ ̄ ̄`<                 rnr、.
            / : : : :、、: : : : ヽzヽ、                ヾnゞヽ            ,ゝ-―-、
           i: : : : : : : :` : :i、::ヽヘ               ゞ`ヾヽ         ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
           .{: :i : : i :i 从: :ィAハ: ト'、                   ナ^¨¨ヘ.     ,ゝ'`゙);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メr‐、
           l : i : : ヾリ___Ⅵ ヒテ:ミ、       __,, -- 、  くi   `\. /´,.-‐'´i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ミハ.ノ
           ∨: :r-、(ゞ-'  , 从      / ´::__:: :: ::ヽ、 !、  ,ゞ=ヾ/;;;;;ムy'´゙゙゙`ヽ、;;_メ(,/´/'´!
            >、: ゝ'´(__ -,.ィ´ ヽ、  /´:: :/´   `\:: :: `、 ヘソノメ,'i!;;;;;;;i ゙ー=ミ、 `ヽ`ヽ`ノ /
             ゞ^´ー-`-そ―'イ´-'´:: :: :/´        \:: ';  i,' ノ !、;;;;;ト、ー==ゝ‐メベ-ミヽ、´、
            /:: :: :: :: :: ::二 :_ノ-'`<"´           ヽ::} ヘ/  i`ヽ、`ヽ'´    /´¨,-ヽヾヽ
            >、_ :: :: :: _,,ィ"Tt `ヽ、 /``ー-、            }YY}   ,'  /`ヾ!   / /ィ"メ゙‐、ヾ、     ,ィ.、
          /::|  `ー'´ /  ! i ==`t    ``ヽ、        /…/   i   i     //'´ ´ー――ゝ‐‐‐テ' ̄i_,! )
        /´::/i   _ヽ{   ⊥t_rrr-ト=――--=`ヽ,     ≠ ≠  、 i   ヘ、、、  / /i´        /!、 --,‐' ̄,.`ヽ__
       / :: /  t_r'´_ `ヽ _∠--  l l lヽ、      /  ∠} /   ヘ、、i   ヘ、、 く  i i        /〈 ヽ¨  ;.(-=O=);ヽ.
      /´:: ::/    \\\ \彡__,,rヘ ヽヽ`yー   {> ⌒。Y     ヘ i    ヾヾヽХ!ノ        / |`、`ヽ、   、`-.、"‐.、´ヽ.
     /::: ::: /       `ト\\ \ l l `"T´    / (°~ /^)     ヘ ヘ   、 / iゝ   OOO,/ i、.__ヽ、_ `ヽ-、ヽ、`ヽヽ.
    { :: :: ::{        l :|\、\ `ヽ、   l   ≠ ≠(^Y   /       ト、)  ヾヾ´ / `ヤ‐、-,,  ,/_ !〆    ̄`ヽ、  ヽ.゙`ヽヽ.ヽ
    l :: :: :l         )l  \"4   \ |  /…/  У   {        /ト〈   _,,,..-.ー.─.-.-....、._   _≠‐'         `ヽ、ノ、 ヽ ゙i'
    |:: :: ::|       ,r'´/ 、、  ヽ   _.==`  {ハハ{ (      ヽ      二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、                 ヽ._,〉'
    {: : :: :';  _, -- 'ァ:/ ヽ \ `Y"//,--->   (ノ⌒ヽ、 _ノ、   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     t:: :: >" <>`-'  l      レ //      /⌒ ー‐U }   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
     >-"     /     , -―――- 、._    i   /          /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
  /  / ` ヽ、     /           `ヽ、  {   ___ /  :::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
  `丶,ィ'    ヽ  /                      ヽ (        i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
    /   ,ヘ  |, '                       \)  `ヽ、__  l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、
    /  /  し/, ヘ                      ゝ      | /l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\
   /   i   /   ヽ                   ヽ     l / i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
    i  \/     ト 、       ,-='、':'       ',   //   l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      /   ,ィヽ _ :':;;;;;,:i      .゙、;;;;::',ノ         i      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
          ト、_ 〝'''''′       `''''''"          l         \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
                ヽ                      ノ           ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、
            /7_ ,ノ  (    j     )          /             _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
         / 丶      `ー-‐'´`ー-‐'′       /           _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
        /     >     ``ー- -‐'"        く           _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
       /    /                     ヽ       /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,
            ┏━                                          ━┓
          ┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
          ┃| ̄                                                 ̄|┃
          ┃|           やる夫達は冒険者として生きていくようです               |┃
          ┃|_                                                _|┃
          ┗┓|_                                            _|┏┛
            ┗━                                          ━┛


5150 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 20:43:22 ID:L53Fuo/h
最近は転生物ばっかりだったから、こういう昔ながらのファンタジーものはすごく嬉しい。
村を出たばかりの冒険者見習いの若者たちの物語っていう王道だけどきちんと面白いのも凄いポイント高い

5151 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 20:44:05 ID:EzyFxCDi
酒場での出会いのシーンはやっぱりワクワクする

5152 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 20:52:27 ID:cpIRaYB7
しかしこの世界の住人はある意味チートだよなぁ、努力は確実に報われその数字をカードで見れるんだもの。

5153 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 20:59:36 ID:TbUxV5tZ
冒険者学校ってほどじゃないけどギルドが初心者向けの教導を引退した冒険者がしてくれてるのがいいなw

5154 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 21:22:13 ID:siHnrmV2
序盤は地味に身近な冒険やってくのかと思わせておいて
2回目の冒険の途中でいきなり
生き残った村人全員を引き連れて、数百体の魔物の群れから人類の勢力圏まで逃げる命がけの撤退戦になるとはな
最後のボス戦とか凄い燃えたし
あの冒険の後から、やる夫達が一目置かれる存在になったって描写がいい

5155 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 21:27:26 ID:SMRcYfb7
人間から奪い取ったカードでボスモンスターがカードゲームしてる設定ほんと草
そりゃあ高ランカーを優先的に狙って襲ってくるわ、倒せばキラキラ光る超レアカードをドロップするんだもん

5157 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 22:19:03 ID:8sRz4RLf
>>5155
レジェンドレアのカーバンクルドラゴン手に入れたぜやった!てゴブリンロード笑ってるのすこ

5156 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/03(金) 21:46:44 ID:FpTT8XOo
戦士:やる夫 シーフ:誠 吟遊詩人:KAITO 魔術師:キンブリー マスコット:キュゥべえ
うん、バランス取れたPTなんだよね
ただ、序盤のキンブリーが爆発一点特化すぎて、回復パフデパフ状態異常全部KAITOが担当するはめになって負担デカすぎぃ!?
KAITOもうちょい怒っていいのよ

5158 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/04(土) 01:38:54 ID:ImM+XCf3
>>5156
バフ?

5159 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/04(土) 02:45:02 ID:gchQ5bTH
女好きでシリーズごとに取っ替え引っ替えしてた誠が、最終的に気心の知れた男の娘とくっついたのはマジで驚いたわ…

5160 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/04(土) 08:03:28 ID:g/ATR7wh
初心者の壁、嫌がらせダンジョン作った奴はナニがしたかったんだ?
入り口手前から死なない罠だらけでそれでていて罠にかかった分だけドロップが豪華になるって・・・
それでいて一定回数潜るとドロップしなくなるってどうやって判定してんだ?

5161 : 梱包済みのやる夫 : 2018/08/04(土) 08:44:26 ID:HfpigcXS
>>5160
さらっと書かれた情景描写からダンジョン全体図を類推すると、おおむね直方体で最上層はカマボコ型っつー感じっぽくてな
たぶんあのダンジョン全体が一個のバカでかいミミック(白目)
新米冒険者を支援することで冒険者人口が増えれば、たくさん倒してたくさん冒険者ガチャ回せるもんな……!

関連記事
[ 2018/08/10 15:34 ] ◆iWQK9irtW6総合 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その7 (09/23)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その6 (09/23)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十三話 「ポート・サヴァイヴ」 (09/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その8 (09/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その7 (09/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その6 (09/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その5 (09/23)
  • 国際的な小咄 5269 TV dinnerについて、アメリカ人の補足 (09/23)
  • 国際的な小咄 5268 高転び (09/23)
  • 国際的な小咄 5267 フランス人にメールを送ったら速攻帰ってきたゾ (09/23)
  • 国際的な小咄 5266 いい人な韓国人 (09/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 国際的な小咄について (09/23)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 2ターン⑨ (09/23)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その4 (09/23)
  • 岩崎さんは無口 第62回 (09/23)
  • やる夫は(人間の女の子には)モテない冒険者 (09/23)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 番外編「出番なき者たち」圭一編 (09/23)
  • やらない夫は2038年の警察官 日常パート1 (09/23)
  • やる夫は竜の人財のようです 第4話 (09/23)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第三話 (09/23)
  • 国際的な小咄 5265 このスレを国際系のスレ作りのハードルを下げるといったやつからこんな突込み (09/23)
  • 国際的な小咄 5264 私が想定していたのはそういうことだったんだよぉ(血涙) (09/23)
  • 国際的な小咄 5263 ちょっと今まで議論していた (09/23)
  • 国際的な小咄 5262 旅人が見た衝撃光景 (09/23)
  • 国際的な小咄 5261 あえてこの国の人に聞いてみた (09/23)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十二話 「フィッシュメンタル・スカイボディ」 (09/22)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第四十一話 「エニウェイ・タイマニン・イエス・ディス・ウォー」 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その4 (09/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ12「奇妙な共闘」 その3 (09/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ