スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

冒険者学校の臆病者 教えてネロ教授

目次 現行スレ

189 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:18:18 ID:ihv3AOpk


       _n_,、   .
      └i rヘ〉                ,⊆、   .
      (才P_)      r !          .└ァ厶  
                 ||         .└~┘ .
                 ヽニフ.  
                                r‐─┐ .
                                `ア/  
                                 ヽつ  


          /''7                / ̄ ̄ ̄./    / ̄ ̄ ̄/
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /_____.ノ     .  くノ       /___ノ     /____ノゝ_/

                                 .__n_n__.    n      .__n_n__.    __   
                                 └i n_r┘.. . /厶__    └i n_r┘..   l |  n 
                                  L..つ    └'^ー┘..   L..つ      L.ユ U 




                 ──獣人種と魔物、魔物憑きについて──

.



190 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:18:40 ID:ihv3AOpk


                   ,、,_,、,_
              ,,v ' "´`"  ´'‐ァx、
            ,r'´      ゙"     ミ、
           /              ヾ
              j   ゞ、,、         ,、, ミ
           彳  ミ `ヽ`ー゙ャ、  ソッ/'"´彡 ゞ
          イ  、ャ'   ヽ  `゙´   ,/  ソ ト
          lヽ  ミ `ヾ、 \   /  ノ ,r"7 ミ
          l Yヘミ -‐=,,,,_、  ヽ/ i,,=-―ァ}/Y
           ヽニ゙  `ー--`"ー'=,ノ<@ フ / リ
           `i=、  _  '"´i i'〉´゙ ̄  イノ
              l,ハ,''´,    〈 リ、   /         まず、魔物が本質的に何であるかについて話そう
           /l iヘ/   _,,.....`.,_    メ                  ・ .・ .・ .・ ・  ・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ .・
       ,r</ Yj l \ ´  ̄ ̄ `  イ`t、        魔物とは、獣の形をし、意志を持った魔法とでも言うべき存在だ
    ,=<´ ,/  lノ;,l  i, \    /リ,l ,ハ`>、.      物質としての実体も持っているため、そう捉えるのは難しいがな
   /     ,/   l  i ヘ,  `ー‐ ' ノ/ |  ,ヘ   \
, /     /    |  ',   ヽ     ,/ l |   ヘ   .\ 
       /      |  .',   ',   / ,ノ |    .ヘ    \





                                __,r "´ ̄`ー-,,
                              , '"´        `ヽ
                                  /            ' ,
                            ソヽリ/,rノ,rソ、ッ/       ヾ
                            {/、v,ソ"´  j l"''l/V/`ヽミ、
                                  ',  i! i'´  ヽ '/l/〉 )lヾ,'
                               l' , ノ  ノtチ ァ'  l/ _ノヾ ',
                                  〉、r='´ ̄´   〉 l ヽヘヽ',          だが実際、
         ,ィ                          ヽ', i      `ヽl!  ',゙゙`ヽー-=、        実体を保てぬ程にダメージを与えれば
      ,イ/ .,イ/                           ',-'´ _,イ ヽ/,  ',    7.:.:.:.`ヽ
  .,ィ . l .|  l .l                             ヽ´ ̄   ,イ  ヽ   ',  j ..:..:..:.:ノ::.    その通りの存在と化す
  |゙i | | ノ l ヽヘ                         `ーァ'´    i   ', / ..:..:..:.j:::    肉体なき魔力の塊に
  l ', ,j _,}' '゙i .{、',                     _,r'´ / >、   |    i j .:.:.:../i :
 'ヽi ヽ,´  ,r'{_ノ  }                  , r='´:::::::/   /:.. ヽ  リ:..:....:::/ :.:.:./::ヽ
  ',ゝ、  ,r' /   ./              _,r='´::::::::::::::/  /. . . . . . . . . . . j   /:::::::|
  ', ! ,/  '   ノ               ,r='´::::::::::::::://:/   ./: : : : : : : : : : : /   ./::::::::::
   ヽ='  _, -t'´=、          /  i゙:::::::::::::::::::::/   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.j  /::::::::::::
   ,{`ー'´  .|;;;;;;;;゙i           / ::::::,:::::::::::::::::::::::/ r、 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /::::::::::::::::::
   /;Y   ,-'|;;;;/l          ./::::::::/l:::::::::::::::::/ /::::|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,/:::::::::::::::::::::
  ,〈 ;;;|ー'´  |;/::::::|       .,-‐´::::://:::::::::::::::/ /::::::l゙';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::


.

191 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:18:58 ID:ihv3AOpk


                 _ .._
               . ´ ,.´ 、` ` . 、
             / ´/ ' ヽ丶 ` 丶
             '/ /,.' ;/ ∧ 、ヽ :.  ヽ
           /.,;' ', ,.; /'/バ  ! ; :ヽゞ、  :{.
          '/;'/ ; 'ィ ; !  l i. ! i  ! ヾ! ゙!
           ,/!/,イ;!/!;| ;|lヽ!V∧! ;!} ;..、;リ _
            /.,.'!L_|;!゙ l/リ, ゙ / __!/ ゙V/.; !`´/,!ー――- 、
        _,.., ' ./.、Ni__ヽ、゙ー__,゙   ,/ノ,'///|,'////////j!    そして、そうなった魔物は人間、
       ,'´///  ,.'  ,`  ̄ / !   - ̄ u , イ、////,|/////////,l    或いは別の動物の回路、回廊、経路……まぁ、何でもいいが
     l////      (  l、   \>' ,  !////l'/////////{                   ・ .・
    ,.ノ'//;'          },、 ー_- , / /  ,!'///∧////////,丶、.  そう呼ばれる魔力を司る流れを経由し取り憑く
    {////,!   _   /'_:::丶....../ ,. ' ′.:;;;'/////,l'///////////ヽ. これを魔物憑きという
.     }/┌,┴'"///`, '、/!;;;;;\   '  ..  .;;/,'////,∧////////////}
    l//,}//////////{,'!;;;;;;;;;;:..ー- ′,;;;;;;;;/'///////∧//////////'人
.   ///,l//////////,l/|;;;;;;;;;;;;;;:....::;;;;;;;;;;;///////////////////////\
  ,'////|//////////,}/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///////'///////////////////ハ





                 _ .._
                   ´ ,.´ 、` ` . 、
             / ´/ ' ヽ丶 ` 丶
             '/ /,.' ;/ ∧ 、ヽ :.  ヽ
           /.,;' ', ,.; /'/バ  ! ; :ヽゞ、  :{.  _
          '/;'/ ; 'ィ ; !  l i. ! i  ! ヾ! ゙! __))
           ,/!/,イ;!/!;| ;|lヽ!V∧! ;!} ;..、;リ _
     ((_   /.,.'!L_|;!゙ l/リ, ゙ / __!/ ゙V/.; !`´/,!ー――- 、
       ̄_,.., ' ./.、Ni__ヽ、゙ー__,゙   ,/ノ,'///|,'////////j!     魔物憑きになった者は身体能力の上昇
       ,'´///  ,.'  ,`  ̄ / !   - ̄ u , イ、////,|/////////,l     取り憑いた魔物の能力を得るが、
     l////      (  l、   \>' ,  !////l'/////////{
    ,.ノ'//;'          },、 ー_- , / /  ,!'///∧////////,丶、.   その意志は魔物の侵食に晒される
    {////,!   _   /'_:::丶....../ ,. ' ′.:;;;'/////,l'///////////ヽ.  意気投合し、精神が融和することもあるが、
.     }/┌,┴'"///`, '、/!;;;;;\   '  ..  .;;/,'////,∧////////////}  基本的に殺しあっていた相手に憑くケースが多いため
    l//,}//////////{,'!;;;;;;;;;;:..ー- ′,;;;;;;;;/'///////∧//////////'人 そうなることは稀と言っていい
.   ///,l//////////,l/|;;;;;;;;;;;;;;:....::;;;;;;;;;;;///////////////////////\
  /////!//////////}/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//////////////////////////,ハ


.

192 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:19:24 ID:ihv3AOpk


                                __,r "´ ̄`ー-,,
                              , '"´        `ヽ
                                  /            ' ,
                            ソヽリ/,rノ,rソ、ッ/       ヾ
                            {/、v,ソ"´  j l"''l/V/`ヽミ、
                                  ',  i! i'´  ヽ '/l/〉 )lヾ,'
                               l' , ノ  ノtチ ァ'  l/ _ノヾ ',
                                  〉、r='´ ̄´   〉 l ヽヘヽ',
         ,ィ                          ヽ', i      `ヽl!  ',゙゙`ヽー-=、    さて、ここで獣人種の話に移ろう
      ,イ/ .,イ/                           ',-'´ _,イ ヽ/,  ',    7.:.:.:.`ヽ
  .,ィ . l .|  l .l                             ヽ´ ̄   ,イ  ヽ   ',  j ..:..:..:.:ノ::. 獣人種とは、魔物憑きの子らが
  |゙i | | ノ l ヽヘ                         `ーァ'´    i   ', / ..:..:..:.j:::  変異した新人種だ
  l ', ,j _,}' '゙i .{、',                     _,r'´ / >、   |    i j .:.:.:../i :
 'ヽi ヽ,´  ,r'{_ノ  }                  , r='´:::::::/   /:.. ヽ  リ:..:....:::/ :.:.:./::ヽ.  というのも、
  ',ゝ、  ,r' /   ./              _,r='´::::::::::::::/  /. . . . . . . . . . . j   /:::::::|   魔物憑きになった人間は
  ', ! ,/  '   ノ               ,r='´::::::::::::::://:/   ./: : : : : : : : : : : /   ./::::::::::.   その魔物のベースとなった
   ヽ='  _, -t'´=、          /  i゙:::::::::::::::::::::/   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.j  /::::::::::::    動物の因子をその身に宿す
   ,{`ー'´  .|;;;;;;;;゙i           / ::::::,:::::::::::::::::::::::/ r、 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /::::::::::::::::::
   /;Y   ,-'|;;;;/l          ./::::::::/l:::::::::::::::::/ /::::|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,/:::::::::::::::::::::   身体強化はその延長線上に
  ,〈 ;;;|ー'´  |;/::::::|       .,-‐´::::://:::::::::::::::/ /::::::l゙';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::   あるというわけだ
  ゙i::ヽ!、___/:::::::::|       /.:::,r='´./:::::::::::::::/./:::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


.

193 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:20:05 ID:ihv3AOpk


                ,ッチt=ッ,,_
                  ,'、,、ッ、,  ヾ
               lミ゙` `''"´ツl
                  〉//////ソ           そして魔物憑きの子供は通常、
            _, ='´/、/////,/;\_        能力が発現するか
          , ='´////////////;`=/、_        何も起こらず普通の人間として生涯を全うするか、
      ,;;r;;'´////////////////////`ヽ.     獣の因子を受け継ぐかの三種に分けられる
     //////////////////////////;;ハ
    ./////////////////////////////',.      確率で言えば、能力がおおよそ4割、通常人が4割、獣が1割5分
    .i゙/////////////////////////////;',_
    j///////////////////////////////;ヘ   残る5分は能力の発現と半獣化、両方を持つ者だ
   ./////////////////////////////////;ハ
  ///////////////////////////////////ハ.   結構な確率に見えるが母数が少なく、どんぶり勘定なため
  〈///////////////////////////////////;;〉.  これは正確な数値ではない事を了承願いたい
.   ヽ////////////////////////////////i"´
   .`i////;;i`ヽ///////////////;;Y´`i////;;l
     .l////;{ .〈////////////////l  .{////ハ
    .l////゙i  .j////////////////',  '/////',
     }////;', ノ//////////////// ', .l/////;}
     '/////','//////////////////;', l/////;l
      '/////',///////////////////', l/////;l
     .l/////////////////////////',l/////j
      ',/////////////////////////',////;;l
      .}/////////////////////////;;',////l
     .ノ//////////////////////////;;r‐=、ノ
     ,'//////////////////////////// i .l.、',
    i゙///////////////////////////j Yl .i 〉〉
    l///////////////////////////;;`! l ,lリ';;',
    l////////////////////////////;;`ヽノ//',
     j//////////////////////////////////;;ヽ
    .l////////////////////////////////////;;\
.     l//////////////////////////////////////;ハ
    l///////////////////////////////////////;;';,
    l////////////////////////////////////////;;';,
.   l/////////////////////////////////////////;;';,
    .l//////////////////////////////////////////;;';,
    .l///////////////////////////////////////////;;';,
    ノ////////////////////////////////////////////;;';,
  〈/////////////////////////////////////////////;;ノ
   .`ー-=,,_///////////;;r,/////r='ヽ////////////////;/
        `ー-= ,,_//////|ノ////;;{   '///////////>='´
                |/////;|!////;;リ   ',///`''ー=‐'´
                |//////////;/    .レ'´
                |/////////;;ノ


.

194 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:20:23 ID:ihv3AOpk


                   ,、,_,、,_
              ,,v ' "´`"  ´'‐ァx、
            ,r'´      ゙"     ミ、
           /              ヾ
              j   ゞ、,、         ,、, ミ
           彳  ミ `ヽ`ー゙ャ、  ソッ/'"´彡 ゞ
          イ  、ャ'   ヽ  `゙´   ,/  ソ ト
          lヽ  ミ `ヾ、 \   /  ノ ,r"7 ミ
          l Yヘミ -‐=,,,,_、  ヽ/ i,,=-―ァ}/Y
           ヽニ゙  `ー--`"ー'=,ノ<@ フ / リ
           `i=、  _  '"´i i'〉´゙ ̄  イノ
              l,ハ,''´,    〈 リ、   /           まぁ、獣人と言っても精々耳尻尾が生えていたり、水掻きがついていたり
           /l iヘ/   _,,.....`.,_    メ          五感が鋭く、怪力があり、より深く獣に変化したり出来る程度だ
       ,r</ Yj l \ ´  ̄ ̄ `  イ`t、
    ,=<´ ,/  lノ;,l  i, \    /リ,l ,ハ`>、     完全に人間を辞めているレベルの冒険者その他に比べれば
   /     ,/   l  i ヘ,  `ー‐ ' ノ/ |  ,ヘ   \    大したものではないので、怖がらないでやって欲しい
, /     /    |  ',   ヽ     ,/ l |   ヘ   .\
       /      |  .',   ',   / ,ノ |    .ヘ    \


.

195 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:20:45 ID:ihv3AOpk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           /::\.    〈: : : : : : :\
           |\::::\.   ∨⌒\.: : :\
           |\\::: `ー─ヘ   \ : : :\___
           |  〉 >ミ: : : : :\__: ::ハ: : : : :\: : :\
           |/ ''"..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
            .〉/: : : : : : l: : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : :\
          //: : : /:.:./: :|: : :|: : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
            //: : :.∧:./: : :|: : :|: : : : : :|: : :.l : : : : : : : : : : : : : :∧
            ,'/|: : : {: : :|: : : |: : :|: : : : : :|: : :.l: : : : : : : : : : : : : : : ∧
        ,',' .!.: :..|: : :|: : : |: : :|:\: : : l: : : |: : : : : : : : :.:.|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|: : :L: : :l:: : |: : :ヽ..:.!: : : }: : : :.l: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|x'´lヘ: : |:ヘ:: `ー|=:|=-/|: : : :.| : : :.|: :|: : : : : : :|
        |!  |: : :.从l」 \!小从l」小L__l/l : : :.:|: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  ∨::ハイ示ミ!     ィ才乍ミぅxl.: : : | : : ::|: :|: : : : : : :|
        ll   〉\ 圦トィ}     {、トryメ.l:|: : : | : : :.|::∧..:.: : : : |
        ヽ .∧: ::ハゝン       弋こソ .!:!:: :.:.| : :/:|:..:.:|.:.: : : : :|
            /: : / : :| ゝ      / / / / .l:|: : :/ :/:./:.:.:.:|: : : : : :|
         /: : /: :/人   _        /:l: :./ /::.∧.:.:.:.l: : : : : :|
           /: : /:.://: : :\._ヽ)_____,. / l::/: : ::/:::ハ.:.:. l.:..: : : :.|
        /: : /: ://: / ̄⌒ ̄ __∠,イ: : :l/: : :/⌒`ヽ、:.|.:: : : : :|
       ./:.: l⌒l⌒l⌒ゝ      ̄∠/: : : :  /     ハ|.:: : : : :|
      /: r-{  |  | /    __  /  . . . .// ̄ ̄\ハ:: : : : :|
       /: _ハ \ ヽ. |‐'    /____\/ : : : : : :/       ∧ : : :.|
     ./''´   \)‐'‐′   〈____/: :./: : : :/             ',.: : :|
   ./            〈__/: : /: : : :/ }      ___,∧: :|
   /              `ー/: : /: : :/{ /    ./   ./ ',::|
   {/∨l__             /: : : :/:.:/〉 ∨   /   /   }::|
   {   /l        /: : : : ::// /   ヽ  /   /    /:::|

                                          一般的獣人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

196 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:21:06 ID:ihv3AOpk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      }ヽ
                  /  ,
                     /{   ,
                    ,、/:.{   }i,、}ヽ_j、__________,ィ
              <:./: : ゞ== ': :ゝ'`¨ゝ〉<: : : : :.{
                } : : : : : : : : : : : :}`'`'vハ: : :./
                }:.: : : : : : :,、,==ミ、  ,r'{:/
        _,,..  --==ト、:.: : :<´  z_:_:`} lr=
         ´        }:.:. : : :ノ         rァ{
                 /ゞ: : : ≧=、   ゝ,ァr 入 ̄   `ヽ
                /  ┌≧rュ==ゝ ____。<  \
              /r―v‐vjミーァ、ヽ三三三三ヽ   \
              /`ヽ    }  \\三三三リ    } ヾニニヽ
          /   ’,   \  ハ \三三{ヽ___  ヽゝ==- }
            /    ’,     ヽ ∧   ヽ三}  Vi} λ ゝ=ー{_
          /       i}     ヘ }!    Ⅵ!  {i:ト、{ ` =='' i}
        /        i}     ;}_ ‘,    }ハ ∨i:iト、___,,   i}
      /         ,<〔      ;}_ ‘,\   }, ∨i:i:i:}__   i}
    /       ,, ´ \、      ;} ∨/>、/∧ Vi:i:i} `  i{
  /       /       ヽ: 、    ;} ∨//\∧ V:i:!   i{
  {{     ー=≦〔        Y}    ;} ∨'//,ハ∧ V    i{
  マ       i}          }{     ;} ∨//0}|∧ }ヽ   i|
    マ       {i         ノ'      ;} ∨'/,i}|'/} { ` ー=′

                                     ちょっと先祖返りが激しい例

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

197 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:21:24 ID:ihv3AOpk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           /:「:|
        r y′ l: |
       ∧ ヽ /¨\
       /  、 ゙: : : : : : ヽ
       〈\ }: : :(・):(・)
.      {\: : : : : : : : : : {      ∧
.       ∨〈ヽ: :( 二二 _)    |: レ': ̄|
        /: くノ: : :ー─ィ」      |: : :<{
       ./: : : : : : : : : : : :|     /: : : : : ヽ
      /: : : : : : : : : : : : ::.、  /: : / ̄ ̄
     ./: : : : : : : : : : : : : ト: ∨: : /
    /: :ィ: : : : : : : : : : : :| ヽ:.:/
    〈: <|l: : : : : : : : : : : : ヽ
      \:\: : : : : : : : : : : : 、
      `ト: :\_:_:, ┐: : : : : :i
.        |: :\: : : <{: : : : : : :!

                             こんなのも居る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

198 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:21:42 ID:ihv3AOpk


                   ,、,_,、,_
              ,,v ' "´`"  ´'‐ァx、
            ,r'´      ゙"     ミ、
           /              ヾ
              j   ゞ、,、         ,、, ミ
           彳  ミ `ヽ`ー゙ャ、  ソッ/'"´彡 ゞ
          イ  、ャ'   ヽ  `゙´   ,/  ソ ト
          lヽ  ミ `ヾ、 \   /  ノ ,r"7 ミ
          l Yヘミ -‐=,,,,_、  ヽ/ i,,=-―ァ}/Y
           ヽニ゙  `ー--`"ー'=,ノ<@ フ / リ
           `i=、  _  '"´i i'〉´゙ ̄  イノ              ・
              l,ハ,''´,    〈 リ、   /        さておき獣人種と言うだけあって、獣人の子供が獣人になるケースは多い
           /l iヘ/   _,,.....`.,_    メ
       ,r</ Yj l \ ´  ̄ ̄ `  イ`t、       獣人同士で交わった場合、ほぼ確実に獣人が生まれる
    ,=<´ ,/  lノ;,l  i, \    /リ,l ,ハ`>、.     例えベースとなった動物が違う場合でもだ
   /     ,/   l  i ヘ,  `ー‐ ' ノ/ |  ,ヘ   \
, /     /    |  ',   ヽ     ,/ l |   ヘ   .\
       /      |  .',   ',   / ,ノ |    .ヘ    \





            、(、  -‐v,... .
       、_,. -‐''"         `丶、
       >               \
       / / ,. -‐     /  /;.;.;.;.;.. . . . .ヽ
     ノ  i/   .:::: /.:::/}ハl/{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
   ー‐r  ::.  .::::/j/}/ ノ リ };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
     ヽ  jヽ:. .:/j′  / {  `ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
        ',.|ヽ!ヾ′j / /  ノ  ヘ;:;:;:>‐'^!
.      リ  、V /  , -‐''"´ ,,   ⌒ヾ{ r‐ァ|
        〈ー‐xヽ __ー  、二´         }ノ |
         Yて))l 「`r‐‐      i    ノ ) 〉
.         |`   | l       ゝ、 ヽ.  |ー'' /|      と、ここまで話して来たのだが
        八 , | |          ヘ. ',  ト-'i;;;|
          \ 、j__,   _ . イ  、 ', ノ  ヾ{
           \ 、_- ニ -‐ ´   ヽ/  l   |
            \ ー''"´    }〃   j   }!
                丶       /     {  }|
                  ゝ--一'′    ノ  jlL.....、
           ,.. -‐j`ヽ       { / i }「;;;;;;;\
         ,. ''´ /;:;:;ヽj|        i{ jリ l川`丶;;;;\ー- ..
        /   {;:;:;  jハ |     i {リ {{川リハ  \ ;;;;;;;;;;;;`ヽ
   ,. -‐''/      };:;:  ヽ ヾヽ」 川ハ{ リjjjjj/  ',   } ;;;;;;'   ',ーx


.

11 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 00:50:11 ID:UIYX0IxE
乙です

みんな触れてないけど竜の人の年齢について
うん、あれだ。ワードラゴンとかってワケじゃなかったのね


199 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:22:26 ID:ihv3AOpk


                 _ .._
               . ´ ,.´ 、` ` . 、
             / ´/ ' ヽ丶 ` 丶
             '/ /,.' ;/ ∧ 、ヽ :.  ヽ
           /.,;' ', ,.; /'/バ  ! ; :ヽゞ、  :{.
          '/;'/ ; 'ィ ; !  l i. ! i  ! ヾ! ゙!
           ,/!/,イ;!/!;| ;|lヽ!V∧! ;!} ;..、;リ _
            /.,.'!L_|;!゙ l/リ, ゙ / __!/ ゙V/.; !`´/,!ー――- 、
        _,.., ' ./.、Ni__ヽ、゙ー__,゙   ,/ノ,'///|,'////////j!      >>11
       ,'´///  ,.'  ,`  ̄ / !   - ̄ u , イ、////,|/////////,l      一応、可能性としては存在しうるが
     l////      (  l、   \>' ,  !////l'/////////{
    ,.ノ'//;'          },、 ー_- , / /  ,!'///∧////////,丶、.    現実に確認されたケースは無い
    {////,!   _   /'_:::丶....../ ,. ' ′.:;;;'/////,l'///////////ヽ.   龍の末裔を謳う王家や、そう謳われる勇者であっても
.     }/┌,┴'"///`, '、/!;;;;;\   '  ..  .;;/,'////,∧////////////}   例外なく龍にまつわるモノは発見されなかった
    l//,}//////////{,'!;;;;;;;;;;:..ー- ′,;;;;;;;;/'///////∧//////////'人
.   ///,l//////////,l/|;;;;;;;;;;;;;;:....::;;;;;;;;;;;///////////////////////\  純粋に、技術力の問題かも知れんがな
  ,'////|//////////,}/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///////'///////////////////ハ





                                __,r "´ ̄`ー-,,
                              , '"´        `ヽ
                                  /            ' ,
                            ソヽリ/,rノ,rソ、ッ/       ヾ
                            {/、v,ソ"´  j l"''l/V/`ヽミ、
                                  ',  i! i'´  ヽ '/l/〉 )lヾ,'
                               l' , ノ  ノtチ ァ'  l/ _ノヾ ',
                                  〉、r='´ ̄´   〉 l ヽヘヽ',
         ,ィ                          ヽ', i      `ヽl!  ',゙゙`ヽー-=、       なお、歳経た龍は
      ,イ/ .,イ/                           ',-'´ _,イ ヽ/,  ',    7.:.:.:.`ヽ     自在に姿を変えるが
  .,ィ . l .|  l .l                             ヽ´ ̄   ,イ  ヽ   ',  j ..:..:..:.:ノ::
  |゙i | | ノ l ヽヘ                         `ーァ'´    i   ', / ..:..:..:.j:::    人化した龍と人が
  l ', ,j _,}' '゙i .{、',                     _,r'´ / >、   |    i j .:.:.:../i : .     子を成した話は王家や勇者
 'ヽi ヽ,´  ,r'{_ノ  }                  , r='´:::::::/   /:.. ヽ  リ:..:....:::/ :.:.:./::ヽ.    その類しか存在しない
  ',ゝ、  ,r' /   ./              _,r='´::::::::::::::/  /. . . . . . . . . . . j   /:::::::|
  ', ! ,/  '   ノ               ,r='´::::::::::::::://:/   ./: : : : : : : : : : : /   ./::::::::::.      そしてその信憑性は
   ヽ='  _, -t'´=、          /  i゙:::::::::::::::::::::/   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.j  /::::::::::::       先に言った通りだ
   ,{`ー'´  .|;;;;;;;;゙i           / ::::::,:::::::::::::::::::::::/ r、 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /::::::::::::::::::
   /;Y   ,-'|;;;;/l          ./::::::::/l:::::::::::::::::/ /::::|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,/:::::::::::::::::::::
  ,〈 ;;;|ー'´  |;/::::::|       .,-‐´::::://:::::::::::::::/ /::::::l゙';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//::::::::::::::::


.

200 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:22:52 ID:ihv3AOpk


                ,ッチt=ッ,,_
                  ,'、,、ッ、,  ヾ
               lミ゙` `''"´ツl
                  〉//////ソ         そもそも、龍と人は生命の総量が違いすぎるが故に
            _, ='´/、/////,/;\_
          , ='´////////////;`=/、_      そして、生まれる前の状態、卵と精の状態だとその違いは顕著だ
      ,;;r;;'´////////////////////`ヽ      人の卵は龍の精を受け止め切れず、死んだ卵となり排出される
     //////////////////////////;;ハ.    人の精は龍の卵に影響を及ぼす事が出来ん
    ./////////////////////////////',
    .i゙/////////////////////////////;',_    唯一の可能性は、獣人種、魔物憑きであるが
    j///////////////////////////////;ヘ
   ./////////////////////////////////;ハ.  ……あれを削り切るのは至難の業だろう
  ///////////////////////////////////ハ. おそらくは、実体を保てなくなる前に龍が死に至る
  〈///////////////////////////////////;;〉
.   ヽ////////////////////////////////i"´  例え削りきったとしても、取り憑くことを良しとするか?
   .`i////;;i`ヽ///////////////;;Y´`i////;;l.   これもまた疑問だ
     .l////;{ .〈////////////////l  .{////ハ
    .l////゙i  .j////////////////',  '/////',  故に、龍族は存在しても龍人族は存在しない
     }////;', ノ//////////////// ', .l/////;}
     '/////','//////////////////;', l/////;l . あくまで「現状、確認出来る限りにおいて」だが
      '/////',///////////////////', l/////;l
     .l/////////////////////////',l/////j
      ',/////////////////////////',////;;l
      .}/////////////////////////;;',////l
     .ノ//////////////////////////;;r‐=、ノ
     ,'//////////////////////////// i .l.、',
    i゙///////////////////////////j Yl .i 〉〉
    l///////////////////////////;;`! l ,lリ';;',
    l////////////////////////////;;`ヽノ//',
     j//////////////////////////////////;;ヽ
    .l////////////////////////////////////;;\
.     l//////////////////////////////////////;ハ
    l///////////////////////////////////////;;';,
    l////////////////////////////////////////;;';,
.   l/////////////////////////////////////////;;';,
    .l//////////////////////////////////////////;;';,
    .l///////////////////////////////////////////;;';,
    ノ////////////////////////////////////////////;;';,
  〈/////////////////////////////////////////////;;ノ
   .`ー-=,,_///////////;;r,/////r='ヽ////////////////;/
        `ー-= ,,_//////|ノ////;;{   '///////////>='´
                |/////;|!////;;リ   ',///`''ー=‐'´
                |//////////;/    .レ'´
                |/////////;;ノ


.

201 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:23:25 ID:ihv3AOpk


      ヘ从彡ミミミミゝv彡 彡元ー- ;,,
      l。;;;;;;;;;;; く>   /ノ丿ルルルルルハルハ
    く二三ー三ミミ三くノ  (ルルレルレルルレハ
     ハll~^~^~^^《ミミミミイダオ^""   7ル-く
    彡ガトイーかミ巛ミミ从}h_,  ≠ァ  Vゝ}
   彡从hか   λミミ《从ミ ! i,     ル"i          魔物憑き、獣人種については大体こんなところか
   彡ドブL(,,_,,_,,从ミ从从ドl ヽ    ノ  |
  彡从从彳ミ三ブノノ巛ミミミ从 ヽt-イ    |          差別問題等については専門ではないので扱わん
  彡彡≡≡ミ土彡ヾミミミミミミ从tト、v,,-ト-'"7ヽ-,_      後は適当に答えるとしようか
   巛ミ-'""ド-'ミミミミミミミミミ从:::::::::::::::::::::::/    トー ,_
     };;;;;;;;;;;;,-ぅ ミミミミミミ从::::::::::::,r----/     /     ヽ
     <_)_,-"ソド⌒)ミミミ从::::::ヽ、:/:::::::::::/     l       |
      ド二ノ, - '⌒ヽ从:::::::::::::::∨:::::::::::/     / / /    ヽ
   , - ' " / ヽ ヽ ヽ )ド:;ヾ:::::::::::/::::::::/      l l l      |
 /    丿 へ ヽヽ-';;;;;;;|;:;ヾ___;:|;:;:;:;:ハ,_ _     l l l      |
/,.,.,.,.,.;:;:;:;く  |:;:;:ト-'"";;;;;;;;;;;'|;:;:;:;:;/__:;:/   "'二ヽ-イ l l      |
|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ト-イ:;:;|彡彡彡ドェ|,____人,,,,..|      > l  l l      |
ヾ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:レ"彡彡三三|;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:|      / l  l l       |
   ̄""''--r彡彡彡ミミミミト-,-,-,-,-|     /  l  l  l   _,-'
       く  ,-。,ミミミミミミドl_l_l__l__l_l_l/    /__,-,__|__,- '  ̄  |
      ノ ミト-'巛ミミミミミガl_l l l l |   /      /|      |
    ,- '  彡"ュhuミミミミν" "" |   /      / |      |
    '--ェェhuド-" ドミh-フ_ _ _ |  /      /   |      |
       /   ガソ从 l  l l  l | /       "l  |      |
       l  ュh彡从_l__l l l l l /         |  |      |
       l ド-'"-'";::;:;:H;;;H;;H;;;Hl          |  |      |
      l  '- '"l:::;:;:;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;l           | |      |


.

179 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/17(日) 19:35:42 ID:Fof0056o

ペットロスした孤独な老人がもうちょっと生きられそうだけど気力なくして亡くなるようなもんか


202 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:24:02 ID:ihv3AOpk


                    __,,
                  ,ノ'^⌒ヾ
                    },ゞ、 ,ミミV^\ノ^ヽ  _____
               'ヘ )〕ー/ /⌒¨¨¨´   /⌒ヽ                     /   >>179
                     > ⌒¨´  { {      /    }_                   /{.    これは憶測に過ぎないが
                   「 ̄`¨⌒ヽ. 、\     /⌒¨¨¨¨}                / {. /
                  |    ` ー==ミ.    /、     /                   /. { /   彼の龍は死ぬ手段を
                  {   } }      __彡  ヾ ー '′                   /.  レ     講じていたものと思われる
                   乂  } }    /⌒\}/ ∧                     /   {
                  〕ノ.」   ,/,    \/ ∧                   /     :.    というのも、先に言ったように
                /⌒___彡 L__ノ^) ./V ∧               ,,.. '′      、   「生命の総量が違いすぎる」
                  /⌒´ }__ノ   ]_,/ ./___V ∧       ,,..  '" __
                      ] __ノ /   /   ⌒ヽ :,__,,..  '"    /   `ヽ         彼らは人間と違い、長命だ
                       {   /   /__,,..            /{       、____彡  多少寿命が縮まったところで、
                     〉 〈   /[__             /   、    /⌒       死に至るまでは長いだろう
                        ′  \/______,,,...   __,,.. /     ヽ /
                     i       ⌒´                   ,.           偶々死ぬ時期が同一であった
                     |   {       \                 ′           いうのは少々
                     |    V/       \                :.         無理があるように思える
                     |    V/             ...,,,__          }
                     |    \/,               ⌒¨¨   ー-   」
                     |        \/,                        }
                     |        \/,                /
                     |             \/             /
                     |           \/             ′
                     |                 \,            |
                     |                /⌒ヽ        |


.

203 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:25:54 ID:ihv3AOpk


                                __,r "´ ̄`ー-,,
                              , '"´        `ヽ
                                  /            ' ,
                            ソヽリ/,rノ,rソ、ッ/       ヾ
                            {/、v,ソ"´  j l"''l/V/`ヽミ、
                                  ',  i! i'´  ヽ '/l/〉 )lヾ,'.           だが、面白い考え方だ
                               l' , ノ  ノtチ ァ'  l/ _ノヾ ',           彼らは魔法でもあるが故に
                                  〉、r='´ ̄´   〉 l ヽヘヽ',
         ,ィ                          ヽ', i      `ヽl!  ',゙゙`ヽー-=、       ……と、
      ,イ/ .,イ/                           ',-'´ _,イ ヽ/,  ',    7.:.:.:.`ヽ
  .,ィ . l .|  l .l                             ヽ´ ̄   ,イ  ヽ   ',  j ..:..:..:.:ノ::.    他にはなにもないようだな
  |゙i | | ノ l ヽヘ                         `ーァ'´    i   ', / ..:..:..:.j:::    では、今回はここまで
  l ', ,j _,}' '゙i .{、',                     _,r'´ / >、   |    i j .:.:.:../i :
 'ヽi ヽ,´  ,r'{_ノ  }                  , r='´:::::::/   /:.. ヽ  リ:..:....:::/ :.:.:./::ヽ.    担当。号令を頼む
  ',ゝ、  ,r' /   ./              _,r='´::::::::::::::/  /. . . . . . . . . . . j   /:::::::|
  ', ! ,/  '   ノ               ,r='´::::::::::::::://:/   ./: : : : : : : : : : : /   ./::::::::::
   ヽ='  _, -t'´=、          /  i゙:::::::::::::::::::::/   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.j  /::::::::::::
   ,{`ー'´  .|;;;;;;;;゙i           / ::::::,:::::::::::::::::::::::/ r、 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ /::::::::::::::::::
   /;Y   ,-'|;;;;/l          ./::::::::/l:::::::::::::::::/ /::::|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,/:::::::::::::::::::::
  ,〈 ;;;|ー'´  |;/::::::|       .,-‐´::::://:::::::::::::::/ /::::::l゙';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::
  ゙i::ヽ!、___/:::::::::|       /.:::,r='´./:::::::::::::::/./:::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


.

204 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:26:19 ID:ihv3AOpk


                               ・
                               ・
                               ・
                               ・
                               ・
                               ・



         .┏─────────────┯─────────────┓
            |                          |                          |
            |                          |                          |
            |                          |                          |
            |                          |                          |
            |                          |                          |      'iiリ
            |                          |                          |     ヽ|,/
         .┗─────────────┷─────────────┛  .__)(
                                                          |\ (  )\
                          [二二二二二二]                  l ::::| ̄ ̄ ̄|
                           |       |                    |\|   ....:::::|
                           |       |                    l ::::|....::::::::::::|
          __r‐‐---‐‐ォ_r‐‐---‐‐ォ_r‐‐---‐‐ォ__    __r‐‐---‐‐ォ_r‐‐---‐‐ォ_r‐‐---‐‐ォ
       /   ||::::::::::::::::::||  ||::::::::::::::::::||  ||::::::::::::::::::||   ヽ  |\  ||::::::::::::::::::||  ||::::::::::::::::::||  ||::::::::::::::::::|| ̄
         lニニニニ||::::::::::::::::::||:ニ:||::::::::::::::::::||:ニ:||::::::::::::::::::||ニニニニ」   \|二l|::::::::::::::::::||:ニ:||::::::::::::::::::||:ニ:||::::::::::::::::::||ニニ
          r‐‐‐-----‐‐‐ォ  r‐‐‐-----‐‐‐ォ_r‐‐‐-----‐‐‐ォ_    ___r‐‐‐-----‐‐‐ォ__r‐‐‐-----‐‐‐ォ
    / ̄ ̄||:::::::::::::::::::::::::::::|| ̄||:::::::::::::::::::::::::::::||  ||:::::::::::::::::::::::::::::||  \  |\   ||:::::::::::::::::::::::::::::||    ||:::::::::::::::::::::::::::::||
    /    ||:::::::::::::::::::::::::::::||  ||:::::::::::::::::::::::::::::||  ||:::::::::::::::::::::::::::::||   \ \ \  ||:::::::::::::::::::::::::::::||    ||:::::::::::::::::::::::::::::||


                                         _n_,、   .   r !      _n__     __   
                                        └i rヘ〉    ||     ⊇ ⊆      l |  n 
                                        (才P_)    ヽニフ.    (⊆广     L.ユ U 


.

205 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:27:00 ID:ihv3AOpk
教えてネロ教授、でした

ではまた次回、誰かの事情小ネタでお会いしましょう
それでは良い夜を

206 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:31:02 ID:ypSy9moM


207 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:39:50 ID:VRVMuR36
乙ー
結構な年を重ねた龍が人型になれる。つまり恋は……

208 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:51:00 ID:X1SzRHXA
乙ですー
面白い講義でした

209 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 22:58:03 ID:aMtK6OBQ
乙でしたー


210 名前: ◆z5CobWJQAg[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 23:03:43 ID:ihv3AOpk


>恋は……


          .. z==ニヘ ̄ ' 、
        .:   ´二>=、 /V//,、
        /  /   孑z .ハ ヽY ;
         /  /   斗γ⌒ヽ  V
     、  i,..イ   ,:'入_l{   リハ
     !ー  |  .〃{゚::!ワ  __.z:r!  !
     `ー=イiト. ::i`  ̄   (゚'ハ/i! i !
        リヘ i !:、_  _,r=1リ 人 )    年を食っているのは認めるが
         .::ハト.r!>― <ーイzイゝ-′
       /イ .:リ >.::∀:.L==イ.リ          己は人型に成れるようになってまだ10年すら経ってないからな
        /.ノ .:/! 込/_Y_|   !1          英雄殿とやりあった時はまだ成れてなかったし
      ..ノ/イr-ミ___..。!!__L__ /.:.、
 ≧=z' ( (  !:::::::..`.<::::::..,.´.:::::::イ_ヽ、_     現状、古龍とも呼べん半端者だ
      ̄ ̄≧=-=:::::..>゚.:. <⌒¨´
             了三三ニ)
                 ̄ ̄


.
関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第21話 「渋い声の動物は、だいたい強キャラ」 (12/14)
  • できない子は空虚なようです 第十一話 (12/14)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(48) (12/14)
  • アメリカンヒーローアカデミア 61 (12/14)
  • ロケッ都団が征く!! 第十九話:大惨事スーパーヒロイン決戦 (12/14)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その22 (12/14)
  • 国際的な小咄 6285 ちゅうごくじんうるさい (12/13)
  • 国際的な小咄 6284 蚕の落とし穴 (12/13)
  • 国際的な小咄 6283 理想の速度 (12/13)
  • 英雄を作ろう! ~009話:検証;初期コミュ力オンリーの神はどこまで神格を伸ばせるか~ その2 (12/13)
  • 英雄を作ろう! ~009話:検証;初期コミュ力オンリーの神はどこまで神格を伸ばせるか~ その1 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.19『ミスト・キャッスル』 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.18『シャルロッテ』 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.17『任務達成?』 (12/13)
  • 国際的な小咄 6281~6282 なぜ日本人が除外されると思ったのか…… ~ まって、何そのパワーワード (12/13)
  • 国際的な小咄 6280 ひげ、ひげ、ひげ (12/13)
  • 国際的な小咄 6279 人体って、スゲー (12/13)
  • 国際的な小咄 6278 筋トレしたら (12/13)
  • 国際的な小咄 6277 韓国悪口今昔 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ